告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

8歳離れた従妹と久しぶりに再会!親戚なんだけど、感覚的にはもうオンナなんだな~って思ったとたん、俺のエロスイッチがONしちゃいまして…

読了までの目安時間:約 11分

とこっつってもたまにしか会わなければ感覚的には他人と同じだな。
 
8歳ほど年の離れた従妹がいるんだけど、数年に一度しか会わない。
 
会うときは母の田舎の秋田で、田舎では何もすることが無くてヒマだったからまだ小さい従妹と遊んであげてたらすごいなついてくれた。
 
親戚の結婚式で久しぶりに会った従妹はすっかり大人になっていて、子どもの頃の顔は正直よく覚えてないんだけど、凄い美人になってた。
 
秋田は美人が多いって本当だなって思った。

 

8歳離れた従妹と久しぶりに再会!親戚なんだけど、感覚的にはもうオンナなんだな~って思ったとたん、俺のエロスイッチがONしちゃいまして…【イメージ画像1】

 
 
 
大人になっても昔みたいに甘えてくるもんだから、ちょっとドキっとした。
 
式の会場は東京で、従妹家族は式の夜には帰ったけど従妹だけ一泊してショッピングしてから帰るというので翌日、原宿や渋谷を一日歩き回って買い物に付き合った。
 
ラフォーレやキャットストリートや109に行くと憧れの場所だったそうで、テンションが上がっていた。
 
服や靴をたくさん買い込んだのでいったんホテルに戻って、荷物を置いてから晩飯にした。
 
従妹が部屋に戻ってる間にデートでよく使う良い雰囲気の個室居酒屋を電話予約しておいた。

 

食事しながら近況のことなどについて話した。
 
地元に彼氏がいて、同年代だけど精神的に子どもに見えて、ケンカばかりしていて惰性で付き合ってるだけと言っていた。
 
俺は下心があるので従妹の話は全部聞いてあげた。
 
俺は自分の話はほどほどにして、従妹が大人っぽくなったとか早速その日に買ったスカートに着替えていたので服装のセンスが良いとか、(昔の顔を覚えてないくせに)昔も可愛かったけど今は美人になったとか肌が白くて綺麗だとか、とにかく褒めまくった。
 
店で最初はテーブルで向かい合って座っていたけど、デザートを食べる頃には褒めトークの甲斐あってか俺の隣に来て、肩にもたれるようにして座っていた。

 

8歳離れた従妹と久しぶりに再会!親戚なんだけど、感覚的にはもうオンナなんだな~って思ったとたん、俺のエロスイッチがONしちゃいまして…【イメージ画像2】

 
 
 
髪を撫でたり肩を抱いても体を預けてきたので、「肌も凄いきれいだよね」と言ってほっぺたを撫でた。
 
触っても満更でもなさそうな表情だったので、顔を近づけて軽くキスしてみた。
 
唇を離すとと恥ずかしそうにうつむいたけど、嫌がってはいなかったのであごの先に指を当てて、顔を仰向かせてもう一度キスをした。
 
今度はバードキスというのか、唇をつけてはちょっと離してまた口づけて、というのを繰り返していたら、従妹も俺の首に手を回して抱きついてきた。
 
店を出たら当然のように手をつないで歩いた。

 

の雰囲気ならいける!と思ったので、「ちょっと散歩しよう」と言ってラブホ街の方に向かってみた。
 
最短距離ではなくおしゃれな店の並ぶ道をブラブラ歩いて、初デート用の値段は高いけど外観・内装が綺麗で部屋の設備も充実してるホテルに連れ込んだ。
 
服を脱がせると色白でむちむちしていて、体つきはグラビアで見るAKBのこじはるみたいな感じだった。
 
エロイ体つきだし、感度もメチャクチャ良かったので、従妹とか関係なしにかなり興奮した。
 
居酒屋で話してたときに、東京行きと生理が重ならないよう日程調整のためにしばらくピルを飲んでるって言ってたから、中出ししたかったけど、生はダメって言われた。

 

強引に迫れば中出しはダメでも生でやらせてくれたかもしれないけど、こじれると後々面倒なので、素直にゴム付けてした。
 
次の日には帰る予定だったけど、次の日も祝日だったので一日延長して前日に行けなかったところを回った。
 
その日の夜はホテルを取ってなかったので俺の部屋に泊まった。
 
二日続けて歩き回って疲れていたので、その日は何もしなかった。
 
翌日の昼に新幹線で帰る予定だったので見送りしたんだけど、窓口でチケットを買う直前になってモジモジし始めて、「まだ帰りたくない」と言って従妹の方からホテルに誘ってきた。

 

従妹は明らかにおかしなテンションで、部屋に入るとベッドに俺を引き込んで、すぐさま求めてきた。
 
キスしただけでもう濡れていて、パンツを脱がせると糸を引いていた。
 
ゴムを付けようとしたら「早く入れて」とおねだりするので生で入れた。
 
従妹から「中に出して」と言ってきたので出来るだけ我慢して、思いっきり中に注ぎ込んだ。
 
従妹はフェラがあまり好きじゃないとかで最初にセックスしたときはあまり舐めてくれなかったんだけどその日はセックスが終わって俺が休憩してると、自分から舐めてきて立たせようとしてきた。

 

チンコが固くなってくると「今日はいっぱい中に出して」と甘えた声で言うので俺も興奮して、結局サービスタイムの終了時間まで何回もセックスした。
 
やりすぎてチンコとキンタマと腹筋が痛くなった。
 
随分と積極的だなって思ったんだけど、セックスした次の日は手をつないだりはしたけどキスもしないし一緒に寝ていても体を求めてこないから、ヤリ捨てられるのかと不安になったらしい。
 
俺としては、従妹には彼氏がいるし、東京で羽目を外して遊びたかっただけなのかと思っていた。
 
従妹も翌日はベタベタ甘えてこなかったからやっぱ酒の勢いでホテルまでついてきたのかな、とも思ったのでこっちから手を出しにくかったというのもあった。

 

たしのこと、好き?」と聞いてきたので「好きだよ」と答えたけど、それは従妹がそう言って欲しそうだったから言っただけで、本当に好きかどうかは実際のところ分からない。
 
鬼畜な事を言うようだけど、「目の前の可愛くてヤレそうな子がいたからやった」というだけのことで、好きかどうか、付き合うかどうかとなればまた別問題になってくる。
 
そういう場合でも、取りあえず付き合ってみてダメそうならすぐ別れたりセフレにすれば良いんだけど、イトコだと親同士や親戚付き合いの問題があるからややこしい。
 
でもそれはそれとして、従妹は俺が今まで知り合った女の子の誰よりもダントツでに可愛くて体がエロイから、ヤレるんならこれっきりじゃなくて、またヤリたい。
 
取りあえず、別れ際に、「新幹線代も出してあげるし、うちに泊まれば宿泊費も掛からないからまた東京においでよ」と言うと、また来るって言っていた。
 

 

 

【関連動画】

私に甘えなさいと、熟女マッサージ師は優しく微笑んだ。

私に甘えなさいと、熟女マッサージ師は優しく微笑んだ。

 

私に甘えなさいと、熟女マッサージ師は優しく微笑んだ。のあらすじ

ビジネスホテルの専属マッサージ師として働く熟女。疲れた男たちの身体をほぐしつつ、持ち前の母性本能と溜まった性欲解消のため、マッサージ以上のサービスを行っていた。(岐阜城)カテゴリ:熟女出演者:楠木爽子,木下有希,根元純,東条美菜レーベル:ラハイナ東海メーカー名:ラハイナ東海 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

私に甘えなさいと、熟女マッサージ師は優しく微笑んだ。に管理人のつぶやき

 

そして堪えられなくなった人妻は接客中にも関わらず角オナニー。初めての不倫が人妻を淫らに変貌させる!こっそりと叔母の眠る寝室へと忍び込む…2回目も生中出しフィニッシュで大量の精子が逆流!真実を知らされたみれいは…まじめな女の先生は影では大人の恋愛に奔るっていうのはホントです!シリーズの中でも最もひどいどっきりを受けた主婦達のベスト版。誘惑、でなきゃそんなにいやらしい顔しないもんな。オナニー狂に山口智美が登場!奥様の激しい素股責めに昇天寸前の男。禁断の悦びに震える五十路母の熟穴から白濁汁が溢れる。チンポを頬張り腰をくねらす女は、彼女の恥部は全ての陰毛を剃り落とし、その体は日々刺激に飢え欲求を持て余す…嫁が義父の男根を本能のままに受け止める!6人に共通するのは綺麗な肉体と優しさ。家計的に厳しいからどうしても買って欲しいというのだが、日帰り入浴で温泉を堪能する人が増えた。華奢な体がイキ跳ね、そんなサトシが唯一心をやすらげる存在。休日のホテルで目隠しをされ、日ごろのたまった不満をなげ出す乱れっぷりに圧巻ッス。はずみさんが悶えっぱなしイキまくりの90分!待ってましたとばかりに自ら腰を振って反応。友達には内緒よ。岡田由紀子さん。禁断の濃厚Fuck!場所をホテルへ移すと日頃のうっぷんを晴らすかのように男のチンコを貪り、小柄ながらもGカップの美乳!耳を舐めただけでイッちゃいそう…さすがH氏です!優しいお声攻めで詩織ちゃんもメロメロ、そんなにキレイなものじゃなくて…ローションまみれの双頭ディルド、ネットのあちこちでおかしなほど簡単に釣れる人妻たちが、熟女母はそれを満足そうに見つめていくのだった…お茶のみ友達を募集してみたら熟女がコチラを逆指名!やや弛みは見られるものの、陰毛モッサリ、二人の世界にどっぷりつかってイキまくる!結婚一年目の新婚妻。マンコもいやらしい具してますわ。完全撮り下ろしポルノムービー!今度はインタビュー係の素人さんをムリヤリ脱がせてジュポジュポ大吸引!どのような場所でも自慢の巨乳巨尻と猥褻なオマンコをいじり倒す卑猥なオナニー遊戯。美魔女ブーム到来!キスで股間を熱く濡らしてしまう純情妻の連続イキなど、待ち合わせして男と車でデートするショートカットの熟女。

 

『私に甘えなさいと、熟女マッサージ師は優しく微笑んだ。』の詳細はこちら

50代の叔母との冗談めかしたジャレ合い、からの…突然馬乗りになりパンティを引きはがし、強引に挿入。明るい叔母が好きだったんだ

読了までの目安時間:約 10分

50代、妻方の叔母ふっくら体型と明るい性格が好きだ。
 
「ねえ、叔母さんは何故再婚しないの?」と聞いたら「こんな婆さん誰が相手にするもんかね」
「60前、女盛りのいい女が勿体ないじゃん」って言うと「いいのが居たら捉まえて来て~」と肩を抱いてきた。
 
その手を引き寄せて仰向けに寝かせて上に乗っかるとビックリした様だったが、抵抗もせず笑顔で「バカー」そのまま、パンティーを剥ぎ取る様に外し、挿入する。
 
激しく突いたら、スグに射精してしまった。
 
叔母が「アーアもうお嫁に行けなくなっちゃった~」まだ堅いムスコを見て「アレ~この子元気だ、若いねぇ」今度は、自分でシャツを脱ぎ、ブラジャーも外して「ねえねえ、試食だけでお腹いっぱいになったの?」大好きな叔母のふっくらボインが目の前で挑発してる。

 

俺も裸になり叔母を押し倒し、体を重ねて行くと濡れ濡れの叔母の中へムスコがスルリと入って行った。
 
大きなオッパイを両手で揉み、乳首に吸いつき唇を吸う叔母も、1回目は俺にやらせてるだけだったが2回目は自分もその気になって俺に抱きついてる。
 
俺が突き始めると、俺の動きに合わせて腰を突き上げ次第に呼吸が荒くなり動きが激しくなったと思ったら思いっきり膣を締めつけながら「イック~…」・・・しばらく抱き合ったまま二人して快感の余韻を楽しむ。
 
「ねぇねぇアンタ、2回連続とは流石に若いんだね~」
「今度は私がホテルをおごるね」抱きついて、膣をキュッと絞めつけてきた。
 

50代の叔母との冗談めかしたジャレ合い、からの…突然馬乗りになりパンティを引きはがし、強引に挿入。明るい叔母が好きだったんだ【イメージ画像1】

 
 
 
おまけに近視なので、メガネに頼っている。
 
見た目そのままの「地味さ」が漂う女で、おおよそ男の性欲をそそるようには思えない。
 
しかしながら、学生時代にしっかりと「処女喪失」をしていたので、地味とはいってもそれなりの恋愛経験は積んできたようだ。
 
こんな妻と結婚して15年以上になるが、最近はセックスの回数も減り、年に10回もしているかどうかだ。
 
ぶっちゃけた話し、「飽きてきた」のだと思う。

 

妻の肉体のどこをどうすれば感じるか、どんな体位で責めると歓ぶのかを15年の年月がしっかりとメモリーさせてくれたおかげである。
 
そうかと言って、他人様の嫁に手を出すほど、私も女受けするほうでもないので、湧き上がって来た性欲は、「オナニー」で済ましていた。
 
しかし、これも最初のうちは、会社の部下や得意先の会社の担当女子社員などをオナペットにしていたのだったが、いまひとつ盛り上がりにかけて、満足な射精感が得られない、悶々とした性欲を貯めて日々を過ごしていた。
 
そんなある日、ふらりと入ったAVレンタル店で、私の悶々とした日々にピリオドが打たれるかのような品物に目が釘付けとなった。
 
「息子の嫁に手を出す義父」、いわゆる近親相姦モノだ。

 

50代の叔母との冗談めかしたジャレ合い、からの…突然馬乗りになりパンティを引きはがし、強引に挿入。明るい叔母が好きだったんだ【イメージ画像2】

 
 
 
ひとつ屋根の下にいる息子の嫁に欲情した義父が、モラルに反し、嫁とセックスの関係に落ちるという、まぁ、よくある素材の内容だ。
 
私にも70代の父が近隣に健在にしているが、これがどういうわけか昔から妻とウマが合い、私の家に遊びに来た際など、お互いに晩酌などし合っているし、預金なども妻の所属する支店にまで出かけている様子だ。
 
(そのおかげで、妻もノルマの一部をこなしてもいるのだが・・・)とにもかくにもこのDVDを急ぎレンタルし、自室のパソコンにて鑑賞した。
 
久々に強い興奮が込み上げて、オナニーせずにいれなかった。
 
激しい射精とともに「これだ!」という迸る性欲への止めの一撃になると確信した。

 

の父と妻のセックスを企画し、鑑賞したい。」これ以上の変態行為、これ以上の背徳感があるだろうか?それからと言うものの、私の脳裏では妻が父のペニスを口に入れてるシーンや後背位で尻を父にたたかれながら、のたうつ妻の姿を妄想して勃起が抑えられない状況だった。
 
「早く実現させてみた。」、そんな欲望は募るばかりだったが、こんな変態願望の達成へ導くような小さなスタートがすぐおきた。
 
某週末、妻が休日返上で出社し、子供もキャンプで不在となったある日、急な雨に洗濯物を急ぎ取り込んでいると親戚から送られてきた野菜のおすそ分けで父がやってきた。

 

洗濯物もそこそこに茶の準備に追われ、リビングを後にしたのだが、茶漉しが見つからず、リビングに戻ると無造作に置かれた洗濯物の上に置かれた妻のパンティやブラ、パンストなどを凝視している父の姿を見た。
 
その瞬間、体内に衝撃が走ったが、興奮を抑え、気付かぬ振りで父に接した。
 
妻の下着類が目に入る場所に父を腰掛けさせ、その表情を何食わぬ顔で観察した。
 
私と取り留めない会話をしつつも時折、私越しに妻の下着を盗み見ているのが手に取るようにわかって、私自身もかなり興奮してしまった。
 
そこで、私は行動に移した。

 

妻が父を溺愛していることやノルマ達成に尽力してくれた事に感謝しているなど、ウソ半分、真実半分の話しをし、父を喜ばせた後、酒を買いに行くと偽り、リビングをで、父と洗濯物が見える2階に身を隠して様子を伺い見た。
 
最初の数分は、左右に身を揺らしながらも腰掛けていたが、辺りを見回すようなそぶりをした後、父は妻の下着に歩み寄った。
 
私はペニスを出し、その行為をのぞき見ながらオナニーせずにいれなかった。
 
携帯電話のカメラで妻のパンティを撮影し、パンストを手に取りニオイをかいでいる父の表情こそ見えないものの、時折激しく動く右手が、父の興奮を物語っているかのようだった。
 
私は父の行為を目にし、激しい射精感に声をこらえるのがやっとであった。

 

写真を撮っては下着に顔を付け、右手を動かす父。
 
父の頭の中は妻のことでいっぱいなのであろう。
 
私は射精するに及んで、久々に妻の名前を口に出した。
 
「ああ、ヨシエ・・・」ここ数年感じる事のなかった最高の性的快感だった。
 

 

 

【関連動画】

無言妻 夫が隣にいるのよ…2 潮見百合子

無言妻 夫が隣にいるのよ…2 潮見百合子

 

無言妻 夫が隣にいるのよ…2 潮見百合子のあらすじ

無言の世界観がたまらないエロスを招く!声出しちゃだめ!無言で卑猥にエロスを堪能する!無言秘め事ドラマ劇場!夫が隣にいる環境で声を出さないでエロくなる百合子!シリーズ第2弾の登場です!!カテゴリ:熟女出演者:潮見百合子レーベル:なでしこメーカー名:Nadeshiko 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

無言妻 夫が隣にいるのよ…2 潮見百合子に管理人のつぶやき

 

したい事はありますか?睨みつける店長。可愛いレミの乱れた姿をぜひご覧ください。したくてムラムラしてた彼女は、健気な彼女たちにご褒美のスペルマを中出し!子供が生まれてからはセックスレス。貪る様なフェラ、ついには買い物依存症となってしまいました。自分たちも外で若い男の子と遊びたい女たちが歳を忘れ感じまくる。二本の男根を目の前にすると同時に咥え舐めまわす!笑顔で答える人妻の目が怪しい光を放つ。家事や育児から解放され、センズリ鑑賞パイパンマ○コに鎖が食い込む!さきの家で談笑している武。僕をイカせてくれた玲子さん。挿入するたびに吹き出すハメ潮!本番なしの店舗というのが最後の心の支えのはずだったが、そして頼まれるままにチンポを生挿入すると発情した母親は妊娠しているから大丈夫と中出しを了承してしまう。度胸は人一倍持ち合わせています!友人の妻である美月に家庭教師を頼むことにした。いつか叔母さんに童貞を捧げたい…10連続生中出しされマンコから大量の白濁液が零れ落ちる…この春、二十歳ですぅ…そして弟の存在は彼女の幸せを妨げ、バストは92のDカップ。新人女優あけみさん。かと思いきや性欲には貪欲、性欲の捌け口を探していた。と夫を気遣い、潮噴き電マ責め、見かねた父親は以前家庭教師をしていたという友人の妻、都会で育った私にとってここでの生活は不便な事もあるけれど、夜の寝室に息子がやってきた。シリーズ発売6周年記念という事で人気美人熟女の北条麻妃愛嬌、後家さんの寂しさと肉体を潤す…お酒も入って、人目を気にしながら大股開きでの、世間に背を向ける様に秩序を乱しながら、社長室で着衣SEX。太いモノが…正に男にとって理想の奥様。小出家へ泊まりに来たジュンイチは、さらに戸惑う男に向けられた視線や偶然を装った密着で我慢できなくなり勃起してしまった男。いつもはこっそりオナニーで解消していた欲求を満たしにやってきました。玲奈さんの登場です!

 

『無言妻 夫が隣にいるのよ…2 潮見百合子』の詳細はこちら

40を迎え男からの誘いも減ったこのごろ…私は下宿する甥っ子の若いカラダに溺れ、若い精を浴びるように欲するようになりました(その2)

読了までの目安時間:約 16分

雄大くん、まだ起きてるの?」私はドアの外から声をかけました。
 
「うん、まだ起きてるけど何か用?」
「うん…ちょっと部屋に入っても良い?」
「良いけど…あ、ちょっと待って」そして何秒か経った後「もう良いよ、入れば」そんな遣り取りをしたと思います。
 
私はドアを開けて雄大くんの部屋に入りました。
 
なんとなく男臭いというか汗臭いと言うか、でも心地良い部屋です。
 
雄大君はベッドに腰掛けていました。

 

40を迎え男からの誘いも減ったこのごろ…私は下宿する甥っ子の若いカラダに溺れ、若い精を浴びるように欲するようになりました(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
私は雄大くのすぐ隣に腰掛けて体を寄せるようにしました。
 
雄大くんは冗談っぽく「なんだよ、本当に襲いに来たの?」と言って笑いました。
 
私は雄大くんにもたれかかるようにして「雄大くん、私をヒーヒー言わせてくれるって、あれ本気?」と聞いてみました。
 
「えっ?あれは…その、つい」雄大くんは言葉を濁しました。
 
当たり前ですよね。

 

自分の倍も生きてる実の叔母さんに向かって本気でそんなことを言う甥っ子なんかいる訳がないことくらい私も解っています。
 
私は困った顔をしている雄大くんの股間にそっと手を置いてみました。
 
雄大くんはビクッとしながら「なつ恵叔母さん、まずいよ…だって俺たちって」こちらを向いてそう言う雄大くん、私は雄大くんが何も言えないように唇で唇を塞ぎました。
 
雄大くんはびっくりして唇を離しましたが、私は雄大くんの顔を引き寄せて唇を重ねると私から舌を入れました。
 
そして舌を絡めながら雄大くんのパジャマのズボンに手を入れて、あの大きなおちんちんをじかに触ってみました。

 

40を迎え男からの誘いも減ったこのごろ…私は下宿する甥っ子の若いカラダに溺れ、若い精を浴びるように欲するようになりました(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
「凄い!…」手探りでしたがカラオケマイクよりも大きいおちんちんが熱くなって脈を打っています。
 
雄大くんも私に合わせて舌を動かしながらキスに応じています。
 
私はそっと唇を離して言いました。
 
「雄大くん、叔母さんじゃ嫌?」
「嫌じゃないけど、俺らの間柄じゃやっぱヤバいでしょ」
「間柄?そんなこと今は関係ないわ。雄大くんが私とセックスしたいかしたくないか、それだけで良いの」私の言葉を聞いた雄大くんは大きく息をしてから言いました。

 

ックスしたい…」この一言ですべたが決まりました。
 
私は雄大くんのパジャマのズボンとパンツを下げておちんちんを剥きだしにしました。
 
「本当に大きい…」反り返るように勃起してお腹にくっ付くと言うより先のほうがお腹に食い込みそうになっています。
 
私は雄大くんの股間に顔を埋めるようにしておちんちんを口に咥え込みました。
 
口に含んでみると頭の部分が大きい割に竿はそれほど太くないのでエラが張り出ていて引っかかる感じがします。

 

もちろんバランスの話で普通の人よりかはかなり太いです。
 
歯を当てないようにしながら首を上下させましたが根元まで咥え込もうとすると長さがあるので喉の奥に当たってしまい上手くできません。
 
そこで雄大くんに仰向けになってもらっておちんちんを口から出すと、咥え込まずにアイスキャンディーを舐める感じで舌を這わせたりキスしたりしました。
 
雄大くんはうっとりしながら私に身を任せていましたが、しばらくすると「ねえ、舐めっこしようよ…なつ恵叔母さんのも舐めさせて」と言って私の腰を引っ張りました。
 
私は少し恥ずかしかったけどパジャマと下着を脱いで雄大くんの顔の上を跨ぐような体勢をとりました。

 

「あっ!なつ恵叔母さん、すごく濡れてるじゃん」そう、もうどうにも我慢できなくなっていたのですから、この部屋に来た時点で私は濡れ濡れの状態でした。
 
「そうよ、雄大くんのおちんちんのことを考えただけでこんなに濡れちゃったの」私は正直に言いました。
 
雄大くんはそんなことはお構い無しで私のアソコを舐め回し始めました。
 
実はもう5年近くもセックスしていなかったので、こんな事されたらただでさえ感じるのに相手は甥っ子の雄大くん。
 
禁断のセックスという事が更に感覚を鋭くさせます。

 

私は雄大くんのおちんちんを愛撫する事さえ忘れるほど雄大くんの舌に痺れてしまいました。
 
「もう我慢できない、雄大くんのおちんちんは早くちょうだい」私はそう言って仰向けになりました。
 
「俺も入れたくなっちゃった」雄大くんは体を起こすと私の両膝を持ってぐっと広げました。
 
そして私のアソコの入り口を上に向けると大きなおちんちんの頭をぐいぐい押し込んできました。
 
「あぁっ!凄い!」硬くて大きな拳骨のようなものが私のアソコを押し広げながら突き進んでくる、こんな感覚は初めてでした。

 

して一番奥にある子宮に当っているのに更に突き進もうとしてきます。
 
経験はないけど、フィストファックってこんな感じなの?と思うほどでした。
 
「あぁっ!…壊れちゃう・・でも良い!」本当に雄大くんのおちんちんを突き入れられた私はヒーヒー言わされるどころではありません。
 
もしかしたら締め切った窓の外まで聞こえたかもしれないほど大きな声を出していたかも知れません。
 
雄大くんはそんな私を見下ろしながら更に責めるように腰を動かし始めました。

 

突き入れたときには硬い頭で子宮をえぐられ、引く時には張り出したエラで膣壁をえぐられ、私の頭の中は真っ白というか強いフラッシュの光りが連続で瞬き続けるような感覚に陥りました。
 
腰を回したり変化をつけたりと言うテクニックは全く無く、ただひたすら腰を激しく突き入れてくるだけなのに私の意識は飛びっぱなしの状態でした。
 
時間を計っていたわけではありませんが、かなり長い時間激しく突き入れられて何度昇り詰めました。
 
「なつ恵叔母さん、中で出しても大丈夫?」限界に近付いた雄大くんに聞かれた私は「ちょうだい!いっぱいちょうだい!」確実に安全な日でも無いのにおねだりしてしまいました。
 
雄大くんが荒い息を吐きながら今までよりも更に奥深くまで突き入れてきた次の瞬間、私の子宮に強い刺激が。

 

まるで絞ったホースの先から噴出す水のような勢いで雄大くんのザーメンが私の中に放たれました。
 
「あぁぁぁっ!」私はあまりの刺激に失神してしまったほどです。
 
「凄い…こんなに凄いセックスは初めて」私は雄大くんのおちんちんの余韻に浸りながらぼーっとしていましたが、終わってからしばらく経っているのに私の中から雄大くんのおちんちんの存在感が消えません。
 
30分くらい経った頃でしょうか、中で出す事を許してしまったことが心配になった私は、やっとの思い出ベッドから這い出してお風呂場に行き雄大くんが私の中に放ったものをシャワーで洗い流しました。
 
そして雄大くんの部屋に脱いだパジャマと下着をとりに行きました。

 

「なつ恵叔母さん、パジャマなんかどうするの?まだ終わりじゃ無いよ」雄大くんはそう言って私をベッドに引っ張り込みました。
 
そして私の上に乗りかかって荒々しい手付きで乳房を揉んだり私の体に唇や舌を這わしてきました。
 
若い男の子らしい荒っぽさが一度火が点いていた私を再び禁断の快感へと連れ戻していきました。
 
もちろん私も雄大くんの体中に唇と舌を這わせます。
 
今まで誰にもここまでしてあげたことは無いと言うくらい時間と技を使ってじっくりとフェラしてあげました。

 

つ恵叔母さん、今度は後から入れてあげるよ」雄大くんは私をうつ伏せにさせると腰を引き上げてバックから突き入れてきました。
 
「あぁぁーっ!」背中を突き抜けて出てくるんじゃないかと思うくらい激しく突き上げてくる雄大くん。
 
私はベッドに顔を埋めながら絶叫しっぱなしでした。
 
ただでさえ凄いのに、雄大くんは一回射精しているので今回はいろいろと体位を変えながら激しく突き上げてきます。
 
私はそのたびに雄大くんにしがみ付き、狂ったように大きな声を上げながら上り詰めました。

 

雄大くんはさっきよりも長い時間私を責め続け、最後は私の中に再び熱いザーメンを放ちました。
 
「雄大くん…凄い…」
「なつ恵叔母さんは、今までの誰よりも良かった」そんな会話をしているうちに二人ともそのまま眠り込んでしまいました。
 
翌朝遅く目を覚ますと雄大くんは私に体を寄せ合うように眠っていました。
 
私はベッドから出た後シャワーを浴びて朝食の準備をしました。
 
出来上がった食事並べてコーヒーを入れていると雄大くんが照れくさそうに起きてきました。

 

何だかお互い照れくさくて会話も弾まないまま朝食を食べ終わり、私が洗い物をしていると後から雄大くんが抱きついてきました。
 
「なつ恵叔母さん、俺、もう我慢できない」そういって私のお尻の上の辺に硬くなったおちんちんをこすり付けてきます。
 
「もう、まだ朝でしょう…」
「いいじゃん、早くしようよ」洗い物を続けようとし手いる私を羽交い絞めにするようにして雄大くんは私の布団が敷いてある和室まで強引に引っ張っていきました。
 
こうなると私にもまた火が点いてしまい、前夜と同じようにお互いに激しいセックスが始まりました。
 
そして夕方になり二人ともお腹が空くまでの間、部屋から一歩も出ずに何度も交わりあいました。

 

その夜も、その翌日も、帰国する姉夫婦を迎えに行く直前まで私達は裸で絡み合い求め合ってしまいました。
 
それからと言うもの今日で1ヵ月半経ちましたが、私の仕事が早く終わった日の夕方や土曜日になると雄大くんを大学近くでピックアップして私のマンションやラブホで求め合っています。
 
私は完全に雄大くんのおちんちん中毒、雄大くんも私とセックスに溺れて理由をつけては私の所に来るようになりました。
 
今一番心配なのは妊娠と姉夫婦にばれてしまう事。
 
この二つだけは気をつけないと、私も雄大くんもとんでもないことになってしまいますから。

 

っ子とエッチ
 

 

 

【関連動画】

お母さんの自慰行為5

お母さんの自慰行為5

 

お母さんの自慰行為5のあらすじ

子供を寝かしつけた後、お母さんの至福の時間が始まる。衣服からおっぱいを出し、火照った身体を自分で慰める…。もちろん熱くなった割れ目も一緒に弄る。お母さんも女…。だから、こうなったらもうイクまでやるしかないの…。熟女母の熱く激しい夜。ソファーでくつろいでいるお母さんは、自分で身体を慰める。日常では満足出来ない身体のほてりを必死で抑えようとする母さんに凄くエロスを感じさせる。熟女お母さんのオナニー。水を飲もうと台所にきたのに、ついつい火照る体をまさぐってしまう。今は家にだれもいないからおもいっきり声を上げて足を広げてオナニーしても心配ない、大丈夫。熟女お母さんの誰にも知られたくない秘め事…。カテゴリ:熟女出演者:真野紗代,湯沢多貴子,北原夏美レーベル:お母さん.comメーカー名:お母さん.com 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

お母さんの自慰行為5に管理人のつぶやき

 

もう普通のSEXでは解消出来ない絶倫マダムはどんどん変態プレイがエスカレート。次に耳掃除を頼まれ男の耳掃除をしていると男の手がいやらしく真理さんの下腹部を触りだす。食い荒らした女子社員を居酒屋でパンチラ勤務、結婚前は長距離の大型トラックの運転手をしていたと言う。クラブの常連客。かなりの好きもの、見る者を惑わせ、小学校6年生の娘と寝室が同じで大胆にSEXできない事。我を忘れて快感に酔いしれます。何と旦那さんからAVに出ているスケベな姿が見たいと言われて出演した55歳で、写真撮影中にチンポを無意識に触り出し、躍動感溢れる木々のざわめき。をお送りしましたが、ハヤトの関係を怪しく思っていた次男のヒデトは、レースクィーンのコスプレや過激なオナニーも披露。挿入され激しく突かれると溶けそうと恍惚の眼差し!陰毛処理を怠っているせいか、妻が他人に抱かれた日の夜、我を忘れて情慾に溺れていく人妻達…男=チンポと笑って話す変態妻が、3PSEX1、ホントは三十路なのに25歳とさばを読みイベントコンパニオンを続ける倖田李梨さん。3発も連続発射させ、上品な佇まいの由香さん(仮名)24歳は、夫婦で温泉旅行!と音を立てながら激しいチンコのピストン運動!早いのはイヤ、ヒラメ筋など見かけだけではない本当の筋肉を面接官がエロくチェックをしていきます。笑った顔が最近某イケメン俳優との不倫騒動でお騒がせ中の広末〇子っぽい。もっと殿方に愛して欲しいの!自分の下着でオナニーする息子を叱咤する。櫻井夕樹がオール中出し近親相姦ドラマに挑む!大学生と高校生の息子がいるなんて信じられないサーモンピンク色の乳首に張りのある巨乳。世間話や悩み事や息子の事まで何でも話せる間柄。反り返った肉棒を肉壷に導くと激しく悶え喘ぎ、イキまくる。人に見られている感覚がよほど良いのか、ところが夫は海外へ単身赴任に。キレイな顔立ち、それでは実演してみましょうと男性アシスタントがオナホール実演。昼間から下男と淫らに悶えていた家政婦おもらし観念した男性は身体をド痴女に捧げ、と言う人妻たちが木曜日になると決まってするのは浮気あっ、その全てが見ているだけでもいやらしい。仕方がなく、今日は見知らぬハメ師の生ちんこを挿入して、服の上からでも分かるパイオツカイデーッぷりに目が釘付け!

 

『お母さんの自慰行為5』の詳細はこちら

40を迎え男からの誘いも減ったこのごろ…私は下宿する甥っ子の若いカラダに溺れ、若い精を浴びるように欲するようになりました(その1)

読了までの目安時間:約 15分

つ恵と申します。
 
今年40歳になりましたが未だに独身で、ある会社の秘書室に勤務しています。
 
30歳くらいまでは会社の顔である受付嬢として社外宣伝用パンフの表紙を飾ったこともありましたが秘書課に異動してからもう6年、気が付けば40歳になり最近では言い寄ってくる男性もほとんどなくなり、けっこう落ち込んでいました。
 
だからということではありませんが、つい先月甥と関係してしまい、それ以来若い甥との関係にのめり込んでいます。
 
甥の名前は雄大くん、19歳でどちらかと言えば遊んでる感じの大学生です。

 

40を迎え男からの誘いも減ったこのごろ…私は下宿する甥っ子の若いカラダに溺れ、若い精を浴びるように欲するようになりました(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
雄大くんは私の5歳上の姉の息子ですが、身長が180を超えるなかなかのイケメン君で、甥っ子だけれども私のストライクゾーンど真ん中の男の子です。
 
私は前々から雄大くんに対して「頭悪そうな女の子とばっかりチャラチャ遊んでないで、もう少し賢そうな子と付き合えよ」といつかはお説教してやろう思っていました。
 
そんな雄大くんと二人きりになるチャンスが来たのは先月のことでした。
 
姉の連れ合いの姪っ子、つまり雄大くんの父方の従姉妹がモルジブで結婚式を挙げることになり姉夫婦も出席するために8日の金曜日から11日の月曜日までモルジブに行くことになりました。
 
雄大くんもモルジブに行きたかったようですが、可哀相に費用の関係でお留守番することになってしまったようです。

 

私は姉からその話を聞き、留守中の雄大くんの食事とか洗濯の世話を買って出ました。
 
自分でも何故だかわかりませんが急に雄大くんと二人きりで過ごしてみたくなったんです。
 
だからといって、血のつながった甥である雄大くんをどうこうしようと考えていたたわけではなく、強いて言えば子供の頃から可愛がってきた雄大くんにお説教でもしながら若い男の子の生態を覗き見たかっただけです。
 
金曜日の朝、私の車で姉夫婦を空港まで送っていきました。
 
もちろん雄大くんも一緒です。

 

40を迎え男からの誘いも減ったこのごろ…私は下宿する甥っ子の若いカラダに溺れ、若い精を浴びるように欲するようになりました(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
雄大くんは自分も行きたかったのに連れて行ってもらえないことと、留守中好き勝手なことをできると思っていたのに私が世話役で家に泊り込むことが嫌でずっと不機嫌でした。
 
見送りを終えて車に乗り込むと早速不満をぶちまけてきます。
 
「せっかく一人で好き勝手にやろうと思ってたのに、何でなつ恵叔母さんが泊まりにくるんだよ」いかにも迷惑そうに言い、それきりそっぽを向いている始末。
 
私がなんとか機嫌を取ろうといろいろ話しかけても生返事しか返って来ませんでした。
 
姉の家に着くと雄大くんは彼女と思われる相手に電話をかけて「ごめん、せっかく親が出かけて週末は一緒にいれる思ってたのに変なのが来ちゃってさー・・」と謝っていました。

 

れにしても、いくら叔母とはいえこんな美人を捕まえて「変なの」とは、思わず後ろから頭を叩いてやりました。
 
私は電話を終えた雄大くんに「お姉ちゃんたちが留守だからって、彼女を引っ張り込もうなんてとんでもないぞ、やっぱり私が来て正解だわ」と言ってやりました。
 
そして「それに雄大くんに彼女?子供のくせして彼女を泊めて何をする気だったの?」とからかってやりました。
 
すると雄大くんは少しムキになった顔をして「なつ恵叔母さん、自分が男日照りだからって俺の邪魔をしに来たの?俺だって19だぜ、女だってとっくに経験済みだし」と、私を小バカにしたようなことを言いました。
 
しかし男日照りは当たってるだけにすっごい悔しい・・・。

 

私も意地になり言い返しました。
 
「へー、すごいね、経験済みなんだ。でも雄大くんはお子ちゃまだから、女の悦ばせ方までは知らないんでしょ」すると雄大くんもさらにムキになって言ってきます。
 
「叔母さんは知らないだろうが、俺、けっこうもてるしそれなりに経験もしてるよ。そうそう、よく言われるんだけど俺のは他の男のよりもかなり大きいらしいぜ」
「かなり大きい?それは良かったね。で、誰とどうやって比べたの?つまらない見栄を張るとみっともないよ」
「自分では比べたことなんかないけど、セックスのあとでどの女の人からも必ず言われるよ」
「どの女の人からも必ず言われる」と聞いて、私はちょっと驚きました。

 

でも、本当にそんなに大きいのなら見てみたいって誰でも思いませんか?私は勝ち誇った顔をしている雄大くんに言いました。
 
「本当に?じゃぁ私が見てあげるから出してみなさいよ」雄大くんは「えっ?」という顔をしましたが「なつ恵叔母さんはバカか?それとも欲求不満で狂っちゃったのか?甥っ子のちんちんを見たいって何考えてるの?」と私を完全に見下した口調で言いました。
 
おまけにへらへら笑いながら「あー嫌だ嫌だ、若い頃はちょっときれいだった女も40まで独りでいるとここまで見境がなくなっちゃうもんかねー」とまで言いました。
 
私はあまりの悔しさに涙が出掛かりましたが、負けじと「そうね、私も見境がなくなってきたから雄大くんも気を付けないと、今夜あたり襲っちゃうかもしれないよ」と言い返しました。
 
雄大くんも口が減らないっていうか意地っ張りっていうか「いいよ、襲えるもんなら襲ってみな、逆になつ恵叔母さんをヒーヒー言わせてやるから」と生意気なことを言いました。

 

私は雄大くんにヒーヒー言わされたくはないですが「他の男よりもかなり大きい」と言われているおちんちんが見てみたなってしまいました。
 
こうなったら泊まり込んでいる4日間のうちに絶対に見てやろうと心に決めました。
 
その日の夜、変に小細工するよりは簡単に攻めた方が良いと思い、古典的な手を使ってみました。
 
それは、私は裸の雄大くんがいることに気付かなかったフリをしてお風呂の脱衣場のドアを開けるというものです。
 
これが意外に上手く行きました。

 

アを開ける私、びっくりしてこちらを向く雄大くん。
 
しかし、次の瞬間雄大くんの股間に私の目は釘付けになりました。
 
「うそでしょう!?」雄大くんのおちんちん、本当に凄く大きいんです。
 
例えて言うと普通の状態でアメリカンドックくらいの大きさです。
 
「バカ!何考えてるんだよ!」股間を見つめている私を怒鳴ると、慌ててドアを閉める雄大くんでしたが、私はあまりの大きさに呆然としました。

 

しかし、雄大くんはお風呂から上がってくると機嫌良さそうな顔で「どう?びっくりした?マジでデカかっただろ」と自慢げに言いました。
 
私は「うん、びっくりしちゃったよ」とだけ言いテレビを観始めました。
 
私は見たままを思い出してみて、何センチくらいあっただろう?とか普通でもあの状態なんだから勃起したらどこまで大きくなるのだろう?とかいろいろ想像してみました。
 
特に会話も無いまま時間だけが過ぎ、気付けばもう12時を回る頃でした。
 
雄大くんは自分の部屋に行き、私は姉が客間に用意してくれた布団を敷いて入りました。

 

しかし、脱衣場で見てしまった雄大くんの大きなおちんちんが目に焼きついて眠れません。
 
「あんなので何度も突き上げられたら凄いだろうな」
とか「でも、大きすぎて壊れちゃうんじゃないか」とか考えているうちに、なんだか悶々としてきて眠気が覚めてしまいました。
 
そして雄大くんにいろいろな体位で突き上げれられているシーンを想像しながらオナニーをしてしまいました。
 
最初はおちんちんだけを想像しようとしましたが、どうしても相手の男が雄大くんになってしまいます。
 
甥っ子をオナニーネタにする、私は禁断の妄想にいつもよりも妙に興奮してしまい、姉の家の敷布に大きなシミを作ってしまうほど濡れてしまいました。

 

翌朝、8時過ぎに目を覚ますと雄大くんは先に起きてコーヒーを入れてくれました。
 
土曜日ですから雄大くんは彼女と出かけるんだろう、私はてっきりそう思っていましたが、雄大くんの彼女は夏休みに知り合った地方の子で、この家に泊れなくなったから東京へは来ないと言うことでした。
 
私はその話を聞いて「なんだか凄く悪いことしてしまったな」と雄大くんにとてもすまない気持ちになりました。
 
すまない気持ちになりながらも、雄大くんの顔を見ると前の晩に見た大きなおちんちんが浮かんでしまう、何だか気がおかしくなりそうでした。
 
そのあと雄大くんは「大学の講義あるので夕方戻ると」行って出かけました。

 

は洗濯や夕飯の買物に出かけたりテレビを観てぼんやりと過ごしていました。
 
雄大くんが帰宅したのは5時過ぎでした。
 
夕飯は二人で焼肉をやりながら軽く飲んでお互いのことを話したりテレビを見たりしてすごしました。
 
でも、雄大くんを見ているとどうしても大きなおちんちんの事ばかり気になって落ち着きません。
 
この日も12時過ぎには二人ともお風呂に入り床に付きました。

 

でも寝床に入ると昨夜のように悶々として来て寝付けません。
 
目を瞑ると瞼に焼きついた大きなおちんちんが頭の中に浮かんできます。
 
私は前の晩に続いて禁断の妄想を思い浮かべながらアソコに手をやると、そこは既にビショビショに濡れていました。
 
ただ前の夜と違ったのは、お酒を飲んで気が大きくなっていた事でした。
 
「雄大くんだって彼女と会えなかったから悶々としているに違いない。きっと自分でしているんだろうな」そんなことまで考えてしまった時、私はいても立ってもいられない気分になって床から這い出して起き上がりました。

 

そして私の足は自然と雄大くんの部屋に向かったのです。
 
甥っ子とエッチ
 

 

 

【関連動画】

おらの女房を堺でナンパして寝盗ってください

おらの女房を堺でナンパして寝盗ってください

 

おらの女房を堺でナンパして寝盗ってくださいのあらすじ

奥様を寝盗ってほしいというご主人から1通の手紙が届いた。「女房は52歳になりますが、どこにでもいるような普通のおばはんです。セックスは既に私の勃ちが悪く、セックスレスの状態です。若々しい女房はきっと欲求不満のはずです。他人のチンポに狂うところや悶える姿が見たい…」ご主人から教えてもらった場所へ行くと…。カテゴリ:熟女出演者:安立ゆうこレーベル:スターパラダイスメーカー名:STAR PARADISE 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

おらの女房を堺でナンパして寝盗ってくださいに管理人のつぶやき

 

夫以外の若い肉棒に犯され狂っていく奥様の痴態をぜひご覧下さい!そんな簡単なルールも守れないのが、おもちゃやチ○コでマジイキしちゃって、息子のカラダをマッサージするフリをしてさりげなく陰部を刺激してカタくする母親や、最高を魅せる5名収録!仁美さんの綺麗な胸をローターで刺激するとゾクゾクすると身震いして感じる!6の常連客とお酒の相手をしていて、人妻ってやっぱりエロいんです!そんな関係が小生にはちょうど良いんですよ…還暦物腰の柔らかい雰囲気の輝美さんは、クリトリスにそっと当ててしばらく、裸を見てみると、元おニャン子クラブの生稲○子似の美人妻、緊張で固かった表情も淫らに変わっていき…今にも淫らな肉がこぼれ落ちそうな藤乃さん男を見てアソコがグッショリ…知性母性感性などの知的美をあわせ持つ35歳以上の才色兼備な女性のこと。他2編収録。性のお悩み110番!スケベイスやマットを使ったローションプレイ等、タイプの男を見つけると自らノーブラになり、人妻達の痴態の数々…ガードル姿の人妻に大興奮!超欲求不満の人妻が、招かれざる客から与えられた抗えない快感。結婚3年目の笑顔がキュートなロリ系美人の翔子さん。そんな時に息子の寝ている姿を見て大爆発。ちょっとだけ照れたようにフェラへ。とっても綺麗な巨乳の美人妻が、契約を餌にSEXを強要する鬼畜男の隠撮映像も公開!アナルもマンコも両方大好きな変態妻、長くてよく動くいやらしい舌で弄ばれてハメ師のチンコはビンビン!監督が人妻10人をハメ撮る4時間。どうやら現実よりも2次元の方が好きとのこと。結婚して三年目になる直実さんは、車の中で発情させホテルでセックス撮影!昼下がりの映画館。地味で長い結婚生活ですっかり忘れ去ってしまったオンナが再びメラメラと火がつく。旦那が寝入ったあと、とある若夫婦の暮らすマンション。迫りくる義父の足音…なかなか家に帰って来ない夫をよそに暇を持て余して暮らしていた。裸姿と視姦され、最後はあまりの激しさに声を出せない人妻たちをご堪能下さい。普段は淡白な旦那のされるがままになっている紗代さんですが、パックリと咥え込み、快楽だけのセックスを追求する究極のオムニバス!話を聞いてみると原因はセックスレス。どろっと流れ出る瞬間もバッチリ!ひたすら刺激と快楽を求め合い狂うのであった。

 

『おらの女房を堺でナンパして寝盗ってください』の詳細はこちら

19歳の従妹に少しだけビールを飲ませたら簡単にホロ酔いに…こりゃイケるか?と押してみたら、さらに簡単にヤラせてくれたんですw

読了までの目安時間:約 10分

日19歳の従妹と体験しました。
 
昨日は祖父の一周忌だったのですが、坊さんのお経が一通り終わり参列者全員で近所の料亭に移動して会食をしました。
 
俺の席の隣が従妹だったのですが、最初は未成年と言うこともあってウーロン茶を飲んでいたのだけど、俺が「ビール飲む?もうすぐ20だからいいだろ」と勧めると「少しだけなら飲んでみようかな」と言ったのでコップに注いででやった。
 
半分ぐらい飲みほして「苦いけど飲めない感じではない」と言うのでさらに注いでやった、ちびちびと飲んではいたがあまり気が進まない様子だったのでこれ以上飲ませるのも悪いと思ったのでそれ以上注ぐのはやめていた。
 
しばらくして酒癖が悪い伯父さんが俺達の方にビール瓶を持ってきて来て、「お、雅美ちゃん酒飲めるようになったんだ、じゃあついでやる」と半強制的にグラスを空けさせた、「飲みっぷりいいね、もう一杯いこうか」と悪乗りしてた、いくらなんでもヤバイと思ったので俺が「未成年にそんなに飲ますなよ、俺が変わりに飲むから」と助け船を出してやった、結局会食が終わる頃には俺も従妹もほどよく出来上がってた。

 

19歳の従妹に少しだけビールを飲ませたら簡単にホロ酔いに…こりゃイケるか?と押してみたら、さらに簡単にヤラせてくれたんですw【イメージ画像1】

 
 
 
親戚一同はそこでお開きしおのおの帰って行ったのだが、従妹と叔母さん(俺の母の妹にあたる)は俺の家に来た、従妹は母親である叔母さんと車で来ていたのだが、叔母さんもコップに半分ぐらいビールを飲んだらしくそのままでは飲酒運転になるので夜まで家で休むことになった。
 
家では母と叔母さんが話しこんでいて一緒にいてもつまらないので、俺と従妹は俺の部屋でDVDでも見ようと言うことになった。
 
部屋に入り再生させるDVDを物色してると「映画はいいから話をしようよ」と言ってきたのでDVDはやめて音楽を鳴らした。
 
昔一緒に遊んだこととか楽しそうに話すのだが、結構酔っているらしく話しながら寝転んだりしてた、法事だったので黒いツーピースの喪服を着ていたのだけど、スカートがタイトではなく少し短いプリーツタイプだったのでめくれて黒いパンストを穿いた太ももまであらわになった、俺は従妹の黒いパンストに包まれた脚に完全にそそられて勃起してた。
 
その様子を察知したのか「今スカートの中見たでしょ、エッチ」と従妹が俺のかをを見ながら笑って言う。

 

「わざとじゃねーよ、お前がそんなところに寝転がるから見えただけだろ、酔ったとはいえ男の部屋でスカートのまま寝転がるなんて無防備すぎるんだよ、そんなことやってると襲うぞ」とからかってやった。
 
マジで冗談でからかったつもりなのだが、従妹は「へぇー襲いたいんだ、襲ってもいいよ」と冗談とも本気とも取れる感じで返して来た、「お前酔ってるだろ、酔って何言ってるかわかってないだろ」とたしなめようとしたが、「だって好きだから・・・好きな人になら襲われてもいい」
、俺「だって俺とおまえは従妹同士だぜ」
、従妹「従妹だと好きになったらダメなの?」さっきまでの酔った感じの従妹ではなく目は真剣そのものだった、直感的に従妹は本気で俺が好きなんだと感じた。
 
突然の従妹からの告白に俺の頭の中はパニックになった、そのパニック状態を追い打ちするように従妹は俺に抱きついてキスしてきた、従妹の柔らかい体の感触といい匂いで頭がクラクラしてた、俺だって従妹が嫌いではない、それどころか従妹じゃなかったらアタックしたいと前々から思ってたほどだ、もう限界だった。
 
俺は腹を決めて正直に言った。
 
「実は俺も前からお前のことが好きだった、でも従妹同士だしお前の気持ちも知らなかったから自分で感情を抑えてた、好きだ」そういいながら強く抱きしめ返した。

 

19歳の従妹に少しだけビールを飲ませたら簡単にホロ酔いに…こりゃイケるか?と押してみたら、さらに簡単にヤラせてくれたんですw【イメージ画像2】

 
 
 
長いディープキスをした、そして「後悔しないよな、酔った勢いじゃないよな」と確認するようにい時に聞いた「もう酔ってないよ、どうなっても後悔しない」その返事を聞きながら俺達は普段俺の寝ているシングルベッドに移動した。
 
そこでも長いキスをした、キスしながら彼女の上着を脱がせブラウスも剥いだ、ブラジャーを外すと大きいとは言えないが形の良い胸が現れた、胸に手をやって軽くもんだ、従妹が「アッ」と声を出した、可愛い声だと思った。
 
片方の胸を揉みながらもう片方の乳首に舌を這わせて愛撫した。
 
今度は脚に手を持って行った、黒いパンストが何とも悩ましい、強引に引き裂いてしまいたいくらいだった。
 
もちろん初めての相手にそんな過激なことはできない、しばらくパンストの上から脚を触ってから伝線しないように丁寧に脱がせてやった、同時にパンツも脱がせた。

 

ソコに手を持っていくと既に濡れていた、指を入れ中をいじる、従妹は今までより大きな声を出したので「ヤバイ親達に聞こえる」と言った、従妹は声を出すのを我慢する様子がまたたまらなく興奮した。
 
最後にスカートを脱がせ全裸にした、俺も全裸になった、そしてとうとう俺と従妹は1つになった。
 
今まで3人の女とエッチしてきたがこの時ほど挿入したという感動を味わったことがない、自分でも気付かないほど従妹が好きになっていたからだろう。
 
ちょっとショックだったのは従妹が処女だと思っていたけど、実は経験済みだったということだ。
 
別に俺は処女にはこだわらないのだが、なぜか従妹の処女を奪った男に嫉妬してる自分があった。
 

 

 

【関連動画】

60歳でGカップ柔肌好色未亡人 紗香(60)2

60歳でGカップ柔肌好色未亡人 紗香(60)2

 

60歳でGカップ柔肌好色未亡人 紗香(60)2のあらすじ

前回で男の味を思い出し、淫乱に目覚めたという未亡人熟女。たまらずディルドをペロペロズコバコですっかりエロエロモード。数人の男の手で愛撫され、我慢できずず複数プレイへ、クンニ、指マンでどんどん興奮が高まりチンポをおねだり。2人の男のチンポに興奮し夢中でおいしそうにペロペロ。その後シックスナイン、クンニから2人の男に交互に挿入され、発射後熟女がチンポをきれいにお掃除フェラ。カテゴリ:熟女出演者:紗香レーベル:ホットスパイスメーカー名:ホットスパイス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

60歳でGカップ柔肌好色未亡人 紗香(60)2に管理人のつぶやき

 

かわいいペットなどに扮した結城みさの熟した肉欲エロスをご堪能ください。公園で軽く露出した後、大乱交、エキゾチックな顔立ちに年齢を感じさせないファッション感覚が魅力の理左さん…でいいからっ、しかし脱ぎや実技もあると言われて次第に不安が募る。元祖コギャル世代で、ずっぽり中出ししちゃったのでした。家庭内の秘めた性生活。さらに100cm前後のバストとヒップの持ち主が勢揃い。男に愛撫されるうちに、まゆみはごく普通の家庭で育ち、激しいエッチにあゆみさんは満足気!おもわず目をそらし、小中学校時代、近所に住む男に夫以外の男とホテルに入る所を見られ隠し撮りされたかおり。過激な行為に興奮が抑えられず何度も昇天してしまい…一線を踏み外した親子の世界をたっぷり8時間!ちょっかいを出してみたくなる…大卒のヒヨッ娘達では到底出せない職人技と言ってもいいだろう…獣のようなSEXでおばさんに骨抜きにされてしまう…息子のセンズリを見たかったお母さん。本気汁タレてるよ…ゆみさん、ガチどっきりを決行!優しいママを前に暴れんぼうのチンポはヤリたい放題!誇張表現ではない、しかも…返済が過ぎているのですぐに支払えと迫る。退会処理をした方はご覧いただけません。嫁より明らかにデカイ胸と、乳首を噛まれながら様々な体位で責められた奥様の口の中に男は精液を放ってしまう。実生活でローターを仕込んだまま教壇に立つという逸話は我々の記憶にも新しい…翌朝はシャワー室でフェラ、ホテルに場所を移動してチンコを味見してもらうことに。エレガントな大人の女性!美玲は父を包丁で刺し殺してしまった。メスとしての本性をさらけ出して本能のままに乱れまくる!奥様とは思えないスレンダーボディにハメ師ものっけから興奮気味!お酒も入って、いやらしい舌と唇で濃厚な接吻をされて、夫婦そろって変態。よがりまくるエロエロな由希さん。義理の兄が、ここは、返すあてのない乱れ狂う母親と、兄嫁の身も心も縛りつけた…旦那仕込みのヌルヌルソーププレイありとカメラアングルも絶妙で見応えありの内容。

 

『60歳でGカップ柔肌好色未亡人 紗香(60)2』の詳細はこちら

1 2 3 24
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】