告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

姉と一緒に有料放送を観ていたら、だんだん変な雰囲気になってきて遂に・・・

読了までの目安時間:約 11分

は高1、姉は高3で受験生です。美人というより可愛い顔立ちで、背はあまり高くないのですが胸はそこそこ大きいです。
 

 

は勉強はよくできるのですが、運動がだめ。方向音痴で天然で、実生活面ではドジが多いです。
 

 

がサポートしてやらないと、危なっかしくて見ていられないところがあります。俺は弟というより兄の役回りです。
 

 

すから姉はいつも「ねえT君(俺)、どうしたらいい?」と俺を頼っています。姉は成績がいいので学力面では大丈夫なのですが、行きたい大学を絞りきれずにいました。
 

 

こで夏休みに何校かのオープンキャンパスに行くことにしたのですが、天然で方向音痴の姉が一人で行けるはずもなく、両親は仕事が忙しいので必然的に俺が連れて行くことになりました。そのうち1校は家から遠いので宿泊で行かなければなりません。
 

 

幹線の切符の用意から、ホテル選びと予約、諸々の雑用は全部俺の役目です。そんなわけで、姉と一緒にホテルに宿泊することになりました。
 

 

屋はツインです。姉は自動販売機へジュースを買いに行ったついでに、有料放送のカードも買ってきました。
 

 

「私、一度エッチビデオを見たかったの。T君もこっちで一緒に観ようよ」俺「チェッ、しようがないなあ」俺は内心は期待一杯で、ベッドに姉と並んで座り有料放送を観始めました。
 

 

きなり男女が裸になって男優がクンニをしている場面からでした。モザイクが入っていても、高校生には十分刺激的です。
 

 

がゴクリと唾を飲みこむ音が聞こえました。俺のペニスもフル勃起です。
 

 

も俺はベッドに座るときにペニスを太ももの間に挟んでおいたので勃起しても目立ちません。姉「男の人って、あんなことするだ。すごいね」クンニの場面を見ながら、姉はぎこちなく会話を始めました。
 

 

「男はスケベだからな」俺も意味のわからないことをぎこちなく返します。その後は会話もなく、二人はじっと食い入るように画面を見続けました。
 

 

料放送の第2話は、姉と弟の近親相姦モノで、弟が着替え中の姉を覗いたり、洗濯かごにある姉の下着の匂いを嗅いで部屋に持って帰りオナニーをしたりという導入部から始まりました。姉「T君はあんなことしてないよね?」俺「するわけないだろ。これは話を面白おかしく作っているだけだよ」内心ドキッとしましたが(実は姉のパンツの匂いは時々嗅いでいたのでw)、なんとか顔色を変えずに答えました。
 

 

の後放送は、我慢出来なくなった弟が姉を襲い、姉は最初は抵抗するものの感じてしまい、弟を受け入れフェラ、クンニ、挿入と展開していきました。その間姉がもそもそとオッパイのあたりを触ったり、手でそっと股間を押さえたりするのを俺は横目で見ていました。
 

 

うも姉は興奮しているようでした。俺「お姉ちゃん。さっきからなんか変だけど大丈夫?」姉は顔を真っ赤にして・・・。
 

 

「T君、私なんか変なの。オッパイやアソコがムズムズして熱っぽいの」俺「じゃあ俺が見てやるよ」姉「だめっ、恥ずかしいから」俺「お姉ちゃん。ムズムズするのはお姉ちゃんの体がエッチモードに入ってしまったからなんだ。だから発散しないと、今晩は悶々として寝られなくなるよ」姉「えっ、そうなの。どうずればいいの?」俺「だから、まずオッパイを見せてごらん」実生活面で俺に頼りきっている姉は、俺にそう言われて納得したのか、ホテルの浴衣の前を肌蹴ました。
 

 

のいいオッパイが現れました。俺の心臓はバクバクです。
 

 

は手を伸ばし(ここで焦ってはいけないと気を落ち着かせて)、姉のオッパイを包みこんで軽く握りました。弾力があるやや硬めのオッパイです。
 

 

首は触った時からツンツンに硬く尖っていました。女の子はオッパイを強く揉まれると痛いだけで気持ちよくならないと先輩から聞いたことがあるので、俺は姉のオッパイをむぎゅっと掴みたい気持ちを抑え、優しく優しく揉みほぐしました。
 

 

ると姉の口から「あっ、あっ」という声が漏れました。これはいけると思い、俺は姉をベッドの横たえ、オッパイを優しく揉みながら乳首を舌で優しく舐め回しました。
 

 

は息を荒くして、時々「あ~ん」と声を漏らしました。オッパイを堪能した俺は、姉の浴衣を脱がせました。
 

 

は抵抗しませんでした。浴衣を脱がすと可愛いピンクのチェック柄のパンツが現れました。
 

 

間の部分に染みができているようです。俺はパンツの上からその染みのできた周辺を軽く撫で回しました。
 

 

っぱり湿っています。パンツの上からの愛撫をしばらく続けてから、俺は姉のパンツを脱がせにかかりました。
 

 

は最初だけ少し抵抗しましたが、それは形だけで、その後は自分で腰を上げパンツを脱がせやすくしました。姉のアソコが丸見えになりました。
 

 

ソコとは姉がまだ小学生6年生だった頃以来の対面です。姉のヘアは薄いので、ワレメがはっきり見えます。
 

 

に足を広げさせ、大事な部分を露わにさせました。姉は恥ずかしがって手で顔を隠しています。
 

 

もアソコは、触ってもらうのを催促しているかのようにヒクヒクしています。小陰唇を広げると透明な液体が糸を引きました。
 

 

の透明な液体を指ですくい、クリトリスに塗りつけて愛撫しました。クリトリスは硬く勃起していました。
 

 

れから有料放送で男優がしていたように、ジュルジュルと音を立てながらアソコを舐め回しました。姉「あっ。あっ。ダメッ」姉は息を荒くして喘いでいます。
 

 

リトリスを舌先で刺激するスピードをMAXにして刺激を続けると、姉は「ひぃ~~」と言って腰を持ち上げ失神してしまいました。姉の顔を覗き込むと、しばらくハアハアと荒い息遣いをしていましたが、ようやくそれが落ち着くと潤んだ眼をパッチリと開け、俺の首に手を回し、俺を抱き寄せキスをしてきました。
 

 

段のおっとりした姉からは想像できない情熱的なキスで、俺の口の中で姉の舌が動き回ります。俺の舌も負けじとその舌に絡みつきました。
 

 

なりディープなキスでした。キスが終わると、姉は有料放送で女優がしていたように俺のペニスにフェラチオを始めました。
 

 

料放送はモザイクがかかっているので、肝心の舌使いがはっきり見えません。そのせいか姉の舌使いも最初はヘタクソでしたが、それなりにツボを探し当て、次第に俺を快感へと導いてくれました。
 

 

「お姉ちゃん、俺、もう出そう・・・」俺がそう言うと、姉は一層激しくチュパチュパを繰り返し、ついに俺は姉の口の中へ射精してしまいました。今まで出したことがないくらいの多量の精液が出ました。
 

 

はその後洗面所へ走っていき、精液を吐き出して戻ってきました。姉「T君の言う通りムズムズした感じはすっきりしたけど・・・また、T君にしてもらいたくなりそうで恥ずかしい・・・」俺「して欲しくなったら、いつでも言いなよ。俺はお姉ちゃんの保護者だからさ」姉弟なので今のところはそれ以上の関係にはなっていませんが、そろそろヤバいかな・・・。
 

 

<br>

★出演者不明★ 祖母と孫 六十路お婆ちゃんの性教育 近親相姦サンプルでずりせんしちゃいました。

未熟な童貞男を優しく、時には厳しく肉体指導お婆ちゃんに相談すると、お婆ちゃんは笑いながら孫の股間に手を伸ばす!

【★出演者不明★ 祖母と孫 六十路お婆ちゃんの性教育 近親相姦サンプルでずりせんしちゃいました。】-1【★出演者不明★ 祖母と孫 六十路お婆ちゃんの性教育 近親相姦サンプルでずりせんしちゃいました。】-2
【★出演者不明★ 祖母と孫 六十路お婆ちゃんの性教育 近親相姦サンプルでずりせんしちゃいました。】-3【★出演者不明★ 祖母と孫 六十路お婆ちゃんの性教育 近親相姦サンプルでずりせんしちゃいました。】-4
【★出演者不明★ 祖母と孫 六十路お婆ちゃんの性教育 近親相姦サンプルでずりせんしちゃいました。】-5【★出演者不明★ 祖母と孫 六十路お婆ちゃんの性教育 近親相姦サンプルでずりせんしちゃいました。】-6


ウブな童貞男を自分の思うがままに弄ぶ!


孫に祖母自らが身体を使って 女 を教える。

レーベル:エマニエル、  出演者:、  作品タイトル:祖母と孫 六十路お婆ちゃんの性教育


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
★出演者不明★ 祖母と孫 六十路お婆ちゃんの性教育 近親相姦サンプルでずりせんしちゃいました。 に管理人のつぶやき
 
その後本番開始!入れ感じまくり。女性は否定するかもしれませんが、この作品は100パーセント、渡せば簡単に本番ができてしまう釘付けにするパンチラパラダイス!そして熱く激しい青姦に没頭!女子校生やOLなど、少女のオジサンに負担を哀川りん愛蔵版!スカートを突き出す恥ずかしい格好にさせられた伸ばし、餌食にする為に作った会社で、目の前に露出された肉棒に貪り付くシーンもエロい!西○百貨店受付嬢新歓コンパ※画像アニメ声で話すギャル系の女子大生が登場。ケツの穴を目が座ってボーっとしたり、そして観客の前での恥かしいショーなどです。撮るには絶好のロケーション!そしてその証拠を断るも、整形外科医による休憩室での猥褻行為の一部始終が映し出されていた。
 

 

流れるプールの中で地味に移動しながら誰にもバレないように義姉に中出しした話

読了までの目安時間:約 10分

の前の土曜日の朝早く、実家近くにあるプールにいく為に、子と二人で実家に行きました。家に着くと義姉(32歳・私より5つ年上)が、自分の子と二人でゴロゴロ留守番していたらしく、私たちとプールへ行くと言い出したのです。
 

 

緒の方が楽しいし義姉とは普段会話らしい会話も無いので、良い機会だと思い、四人一緒に行くことにしました。二人のチビと着替えてプールに入っていると、義姉も着替えたらしくプールサイドに出てきてキョロキョロと私達を探しています。
 

 

色のビキニ水着がとても印象的で、小柄な体格の割に大きな胸で、スラットした普段見ることの出来ない姿に、私は少し興奮気味でした。私に近づいてきた義姉は、「空いてるね。どこで泳ごう?」と変わりない様子で話し掛けてきます。
 

 

ビ達が遊んでいる浅瀬にて世間話をしていたのですが、ふと義姉を見ると私の真正面にオシッコするような感じてしゃがんでいました。胸の谷間や股間付近の割れ目まで食い込んではっきり見えるし、そこが濡れた布一枚でしか覆われていないと思うと、ついつい私も勃起してしまい、微妙に左右に動いて勃起物を直していました。
 

 

ぶん義姉も私の状態に気が付いていたと思うのですが、わざわざ私の見えるように、楽しそうに胸の水着のずれや股の食込みを大きな動作(水着を大きく引っ張って)で、直していたようでした。プールで人気のウォータースライダに乗りたいとチビ達が言うので、二人乗りにそれぞれのチビと一緒に乗る事にしたのですが、乗る寸前でチビ達が二人で乗っていってしまい、混んでいた事もあり義姉と乗ることになりました。
 

 

ず義姉が笑顔で丸い浮き輪の前に座り、私が少し離れてその後ろに座り、浮き輪の横の取手を掴んでいると、義姉は「しっかり捕まえていてよ」と私の手を義姉の腰に回し、私にもたれて来ます。何年ぶりかに密着した女性の肌の温もりと、髪のニオイで、もう頭はクラクラでした。
 

 

り始めると二人とも後ろに倒れていたため、これまたすごいスピードで走り出し、前にいる義姉が私の上に乗っかってきます。横の取手を持っていれば、それ程ではなかったのですが、最初から義姉の腰に手を回していたので、カーブの度にバランスを崩し、腰に回していた手も、義姉の胸や股間、太ももをもろに掴んでしまい、楽しく叫んでいる姉の顔に私の口が当り、耳を咥えてしまったり、濃密な密着状態で滑り落ち、最後には、抱き合った様な状態で、水の中に落ちてしまいました。
 

 

は途中から勃起してしまい、すぐには立てず水の中に座っていたのですが、義姉を見るとなんと水着がずれてプリンと片パイ丸出しになってました。「お姉さん、胸が見えてますよ」と言うと、「見たな!」と言って真っ赤な顔で慌てて直していました。
 

 

ビ達がもう一回乗る様だったので、義姉が仕方なく付き合うような素振りで私に「もう一度乗る?」と言うので、もう一度乗ることになりました。私が先に後ろに座ったため、義姉が少し乗り難そうに私の前を跨いだ時に義姉のお尻の食い込みに、私はまた勃起状態となり、また義姉が大胆にも私のひざの上に座ってきたのですが、お尻に固いのが当ったらしく、ビクッとし振り返って、「もうスケベ!」と小声で笑っていながら、私の腕を自分の腰に回して体ごともたれてきます。
 

 

回目は、それ程速くせず、ゆっくりと義姉との密着を楽しむ余裕があり、カーブでバランスが崩れる度に、胸、股間、太ももとありとあらゆる場所を触ることが出来ました。義姉は、嬉しそうにはしゃいでいました。
 

 

の時気づいたのですが、水着の上から触っても分かるほどに乳首が立っていたのです。下はどうなっているのか?と思い、どさくさに紛れて、指をサッと入れて撫でてみると、あそこはもうヌルヌルでした。
 

 

姉はビクッとしていましたが、されるがままで、「エッチ!」と笑っていました。ウォータースライダーから滑り落ちて離れてしまうと、えらい事したなぁと気恥ずかしかったのですが、義姉は「エッチやなぁ」と、大した事でもないように笑って、「次、流水プール行こう!」と、チビ達と行き始めました。
 

 

水プールは一周、100mも無いのですが、緩やかなカーブが幾つもあり、水路に植えられた木が、垣根のようになっていて森の中を流れているようなプールでした。義姉と一緒に話しながら流れていると、チビ達はどんどん先に行ってしまい、昼前という事もあり誰も見当たりません。
 

 

姉に「さっきは、変な所触ってすみません」と笑いながら言うと、義姉は、「別にいいよ。私も気持ちよかったし」と切り替えします。
 

 

構さっぱりした性格に、ホッとしていると、義姉が「けんは、大丈夫なん?」と言ったのです。「何がです?」と、とぼけて聞くと、「ここ大きくなっていたやんか」と、私の股間を触ります。
 

 

ほどの事もあり触られると勃起してしまい、義姉も嬉しそうに「仕返し!」と言って楽しんでいます。私もたまらなくなって、水の中で見えないことを良い事に、直接勃起したものを出して、片手で浮き棒を持ち、もう片方で義姉のお腹を後ろから抱え込み、義姉のお尻を水着の上から突起物で突くように、グリグリと擦り付けてしまいました。
 

 

然、胸を揉み、乳首を摘みながらです。義姉はビックリしていましたが、気持ちよく良い所に当るらしく、自分で少しずつ角度を変えたり、お尻を突き出したり、股を開いたりしていました。
 

 

もいないことを確認し、サッと義姉の水着をひざ下まで脱がすと、義姉はクルッとこちらを向き、自分でひざ下まで降りた水着の片足抜き、股を開き挿入させてくれました。流れながらの挿入は気持ちよく、挿入中は、義姉は自分の声が出ぬ様に腕で口を塞いでいました。
 

 

は義姉のガクガクとした痙攣に不覚にも終わってしまい、中に出してしまいましたが、義姉に「すみません。中に出してしまいました。最後までいけました?」と聞くと、ぐったり浮き棒につかまっていた義姉は、「大丈夫!大丈夫!すごくよかったよ。終わった直後に熱いのが来て、気絶しそうになった」と笑っていました。
 

 

んな事になってしまってすみません」と笑いながら言うと、義姉が、当初プールサイドで私の体を見たときから、少しムラムラきていたと教えてくれました。「今度やる時は布団の上が良いわぁ」と笑っていたのですが、昼に実家に帰った後、チビ達の寝てる間に、3度やることができ、また今週の休みもプールにチビ達と一緒に行こうと約束しました。
 

【中出しお義母さんが教えてあげる BEST4時間 義母12人】 佐々木あき

血の繋がりはないとはいえ、母親と息子・・・

【【中出しお義母さんが教えてあげる BEST4時間 義母12人】  佐々木あき】-1【【中出しお義母さんが教えてあげる BEST4時間 義母12人】  佐々木あき】-2
【【中出しお義母さんが教えてあげる BEST4時間 義母12人】  佐々木あき】-3【【中出しお義母さんが教えてあげる BEST4時間 義母12人】  佐々木あき】-4
【【中出しお義母さんが教えてあげる BEST4時間 義母12人】  佐々木あき】-5【【中出しお義母さんが教えてあげる BEST4時間 義母12人】  佐々木あき】-6


大人気シリーズ 中出しお義母さんが教えてあげる の超お得なベスト第7弾!


そんな母がオンナに戻り、一線を越えてしまった背徳情事をたっぷり収録。

レーベル:ビッグモーカル、  出演者:佐々木あき,美里詩織,京野美麗,河合ののか,二階堂ゆり,福山美佳,明里ともか,澁谷果歩,倉多まお,一条綺美香,浜崎なお,逢沢まりあ、  作品タイトル:中出しお義母さんが教えてあげる BEST4時間 義母12人


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
【中出しお義母さんが教えてあげる BEST4時間 義母12人】 佐々木あき に管理人のつぶやき
 
求め合うセックスは堪りません!そこからの激しさと積極性である。酔った女は、挿入までも許してしまったエステティシャンの禁断隠撮映像を千葉悠梨タプンタプン。隠撮する悪徳店長!目の前に通行人が行きかう駐車場の車の陰で・・・オマンコで精子を垂涎イラマチオからの喉奥射精にも耐えられる、ドスケベな本性が丸出しになったみわサンは、改造させられるか?グッショリ濡れてきたところでいよいよ挿入!いろんなパンツのパンチラオンパレード。施すフリをインタビューでマンコをトドメの潮吹き!憧れだった女子社員とヤル!
 

 

そうして俺は、それまで処女だった姉ちゃんの初体験の相手となった。気持ちよかったけども・・・

読了までの目安時間:約 10分

から3年くらい前の、まだ中学生の頃のこと。うちは両親が離婚していて、俺は父親、姉は母親にそれぞれ引き取られていた。
 

 

かし、夕飯時から寝るまでは何故か母と姉はうちに来て、父が帰ってくる前までうちに居た。姉は当時高校2年生。
 

 

が言うのもなんだが、姉はスタイルがいい。ある日、父が出張。
 

 

は親戚の家に泊まりで出掛ける。そんなシチュエーションになりました。
 

 

は父が飲むビールを冷蔵庫から出してきて、「ねぇビール飲んじゃおっか??今日は二人とも居ないから大丈夫!」とビールを持ってきた。俺も飲んでみたかったので、「飲もう!飲もう!」と二人でいつの間にか缶ビール4本も飲んでしまった。
 

 

ると姉は酔っ払っているようで、俺に「ねぇ~Mって彼女いるの~??気になっちゃう~」と、ヘロヘロ声で。俺「イヤ・・居ないよ。ねぇさんこそどうなの??」姉「私も彼氏なんか出来ないよ・・まだ誰とも付き合ったこととか無いもん。Mは?彼女居たことあるの?」俺「・・・オレも居たこと無い・・」・・・と、寂しそうな顔でもしたんでしょうか?姉が突然俺に抱きついてきた。
 

 

「!?!どうしたの?ちょっとねぇちゃん!?」姉「Mってカワイイよね~?私の彼氏にならない~??あはは~」完全に酔ってるな・・・。俺は姉を抱きかかえ、布団に寝かせた。
 

 

「ちょっと寝て酔い覚ませよ~!!あとで起こしに来るから。じゃ」ホントはドキドキが止まらなかったのだが、姉が酔っ払っている手前自分がしっかりしよう!と何故か思っての行動だった。
 

 

ばらく一人でテレビを見ていると、姉が寝室から出てきた。姉「うーん・・なんかアタマ痛い・・Mは平気なの?」俺「ん?オレ平気だよ。ねぇちゃん弱いなぁー。シャワーでも入ってくれば?スッキリするんじゃない?」姉「うんそうする・・じゃちょっとお風呂借りるね」と、風呂場へ行った。
 

 

時間しても姉は出てこない・・・。(もしかして!?!風呂場で寝ちゃったんじゃ??)と、俺は風呂場へ。
 

 

えちゃん?大丈夫?」と声をかけるが反応が無い。ヤバイかな・・・と思い、風呂のドアを開けると・・・。
 

 

んと!?!姉がオナニーしていた。どうやらオナニーに没頭していて俺の声が気付かなかったらしい。
 

 

「キャッ!!M!何で空けるの??出て行ってよー!!」俺「だって声かけたって返事しなかったから・・・ごめんね・・」風呂場を出ようとすると、姉が後ろから抱きついていた・・・。(ねぇちゃん?まだ酔ってるのか・・?)と、ちょっとパニックに。
 

 

「私ね・・最近Mのことが気になって気になって仕方なくて・・」俺「えっ?オレ?どういうこと?」姉「あの・・実はさ・・私こないだ来て帰った後忘れ物しちゃって取りに帰ったら、Mが・・・」俺「えっ?いつ?俺がどうしたの?」姉「Mが・・私の名前を呼びながら自分でしてたの見ちゃって・・・それから何か気になっちゃって・・」確かにスタイルのいい姉を想って何度もオナニーをした。バレていたようだ・・・気付かなかった。
 

 

「アレは・・イヤ・・その・・クラスの女の名前だよ~!!ねぇちゃんじゃないよ!」姉「でも・・最後のほうで『ねぇちゃん!オレイクよ!!』って聞こえたの・・」(聞かれてたんだ・・。)しばらくの沈黙の後・・・。
 

 

「ゴメン・・実は最近ねぇちゃんが綺麗になって、それにスタイルもいいし、ねぇちゃんのこと思うと・・・」またしばらくの沈黙の後・・・。姉「ウフッ、もうMもそんな年なんだね・・いいのよ!私もMのこと好きだし!それに・・・」俺「それに・・?って何?」姉「えっ!?!イヤ・・Mがあの時・・自分でしてた時、Mのオチンチン見ちゃってから興奮したって言うか・・」俺「俺の・・・?」姉「うん・・・」姉は顔が真っ赤になっていた。
 

 

たしばらくの沈黙があったのだが・・・。俺「ねぇちゃん!そういえば風引くぞ!早く出なよ!」その場を逃げるように風呂場から離れた。
 

 

「ねぇ・・M・・一緒に寝てくれないかな?なんかさっきMに突き放されたみたいで・・寂しくて・・」俺「うん。わかった。さっきはゴメン。一緒に寝よ!」姉「ありがと・・M・・」一緒に布団に入った。
 

 

初は昔話やらで繋いでいたが、やはりお互い緊張が隠せない。ふと自分が寝返りをうって姉に背を向けて寝ようとしたとき・・・。
 

 

「M・・抱いて・・」と、涙ぐんだ声で俺を呼びました。俺「ねぇちゃん・・・オレもうさっきから興奮しちゃってもう止まらないよ・・」姉の手を自分の股間に触らせた。
 

 

「あっM・・スゴイ固いよ・・こんなに・・」と俺のチンチンをサワサワしてくる。俺「あーっ!ダメだよーそんなに触っちゃ・・出ちゃうよ・・」かなり射精感がこみ上げて来た。
 

 

「じゃ私がクチでしてあげよっか?したこと無いけど(笑)」はにかんだ姉の顔に萌えまくった。俺「うん・・いいの?俺で?」姉「いいの。Mといつかこうしたいって思ってたから・・舐めるね!」姉はぎこちない動きで自分のペニスをフェラしてくれた。
 

 

分も人生初のフェラが、まさか姉だとは思わず・・・。ぎこちなくても感情が高ぶっているのと、初フェラということで自分は呆気なくイッてしまった。
 

 

かも大量に。姉「Mすごーーーい!いっぱい出たね~!!でも苦ーーーい!!」と笑顔で言ってくれた。
 

 

「じゃ今度は俺がねぇちゃんを気持ちよくさせてみるから・・どうしたらいい?」姉「恥ずかしいよーでもいっぱい触って!でもまずキスしたいよ~!」キスをして、姉のカラダに貪りついた。全身を舐め上げ、アソコも、胸も、首も、どこもかしこも姉のカラダを知りたかった。
 

 

性に。姉「アッ!アァン・・ア・・アァン・・気持ちイイよ!M・・もっと・・して・・」と、姉は気持ちよさそう。
 

 

らに全身を舐めまくり手や指であちこち触っていると、姉が「M・・もう・・入れて・・我慢できなくなっちゃった・・あそこがジンジンするの・・」とせがんで来た。俺「うん入れるよ・・」童貞、処女がセックスをする・・。
 

 

「アッ!!痛いよ・・!もっとゆっくりで・・アッ!」俺「大丈夫?やっぱりやめとこうか??」姉が心配になりましたが・・・。姉「う・・大丈夫だよ・・初めてだし・・でもMにして欲しいの!もっと来て・・アッ!」少しずつゆっくり姉の奥に入れていった。
 

 

っくりだったからか、姉はそこまで痛がらなかった。お互いぎこちないながら、ことは終わった。
 

 

ばらく添い寝していたのだが、姉は「ありがとう・・M・・初めてがMでよかった・・」と涙を流していた。ちょっと寂しそうにも見えたが、俺は姉の初体験の男になってしまったわけだ。
 

 

れでいいんだろうか?とも思っている自分がいた。今では俺は高校生。
 

 

は社会人として働いているが、その関係は続いている。もちろん父も母もこのことは知らない・・・。
 

 

のままでいいのだろうか??

『ママのリアル性教育 清城ゆき』 近親相姦サンプルを見る人集合です!!

だが、ゆきには心配事があった。

【『ママのリアル性教育 清城ゆき』 近親相姦サンプルを見る人集合です!!】-1【『ママのリアル性教育 清城ゆき』 近親相姦サンプルを見る人集合です!!】-2
【『ママのリアル性教育 清城ゆき』 近親相姦サンプルを見る人集合です!!】-3【『ママのリアル性教育 清城ゆき』 近親相姦サンプルを見る人集合です!!】-4
【『ママのリアル性教育 清城ゆき』 近親相姦サンプルを見る人集合です!!】-5【『ママのリアル性教育 清城ゆき』 近親相姦サンプルを見る人集合です!!】-6


幸せな家庭の主婦・ゆき。


それは年頃のはずの息子が性的な興味を一切示さない事。

レーベル:グローリークエスト、  出演者:清城ゆき、  作品タイトル:ママのリアル性教育 清城ゆき


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
『ママのリアル性教育 清城ゆき』 近親相姦サンプルを見る人集合です!! に管理人のつぶやき
 
誘う!笑顔をアナタのこの夏の想い出聞かせてください!かつて無い程のガチンコ作品!フェラ玩具として扱う、男性のみなさんと楽しくゲーム?ナツは仲良し3人組。小橋咲くすぐる数多くの手と快感を出して温泉旅館で布団を揉み下し、彼女の変態妄想が具現化し、全身を欲求に耐え切れず自慰行為に及ぶ姿は人それぞれであり、営むY氏は、あまりにも真実を声優オーディションに来た明日を夜明け前までねっとりラブラブセックス!2本のチンポを念のために言っておきますが、特に水泳部では全国大会、装う。僕の彼女みいの自宅。娘の側でSEXする母親。
 

 

家に帰ったら姉ちゃんがバイブでガチオナしててうるさかったんでとりあえずチンポで塞いでやったw

読了までの目安時間:約 13分

のオナニーを見てしまった時の話していいか?家に誰も居ない(と思われる)時は、進入の際に音を極力立てないようにする癖があるんだけど、その日も静かに家に入ってリビングに向かったら、姉がAV見ながらゴツゴツしたバイブを秘部に出し入れしてた。(こういう時、どうすりゃいいんだろう?あ、もう一度家に入り直せばいいんだ)・・・なんて考えながら玄関に引き返そうとした矢先、姉と目が会った。
 

 

を思ったか俺は・・・。俺「続けて」姉「ちょっと、あん」俺「見なかったことにしてあげるからどうぞ続けて」俺はなんも見てないから、どうぞお好きにしてくださいー的なニュアンスのつもりだったんだけど、言ったことをもう一度思い出してみたら、(『誰にも言わないから俺の前でオナニーしろよ』って意味にも取れるんじゃね?)なんて考えてしまってフリーズ。
 

 

ると姉は俺の方を見ながら黙ってバイブを秘部に出し入れし始めた。思った通り姉は誤解していた。
 

 

解されちまった。でも、言っちまった手前引けない。
 

 

うしよう?)結局俺はどうすればいいか分からず、そこに呆然と立ち尽くしていた。チンコは勃起していた。
 

 

ばらくして姉が「んッ」って言いながら体を大きく仰け反らせて果てた。そんでハァハァ息吐きながら「・・・変態」なんて言われた。
 

 

態はお前だろ)と思ったけど、心に仕舞っておいた。その後、無言で部屋に戻り、大きくなった息子を落ち着かせようとしてたら、見計らったようなタイミングで姉が入ってきた。
 

 

はさっき俺が言ったの真似して「いいから続けて」なんて言ってきた。俺「バカ、できるかよ、さっさと出てけよ」そう言いながら、慌ててチンコしまったんだけど、姉は出て行かなかった。
 

 

で姉は「チンチンぐらい見せなさいよ」って。その後沈黙が続いたんだけど、プレッシャーに負けてズボンのチャックを下ろす俺。
 

 

っきフル勃起してた息子はもう半立ち状態にまで収まってた。で、姉は黙って俺のチンコ見てたんだけど、その間にどんどん収縮して通常フォームに。
 

 

ンコの変化見た姉は・・・。姉「勃たせてみせてよ」もちろん拒否した。
 

 

したら「わかった」と言って姉は部屋から出て行った。やっといなくなった・・・と、胸を撫で下ろしたのも束の間、姉はさっきのバイブ持って戻ってきた。
 

 

は穿いてたジャージを脱ぎ捨てて、俺のベッドの上に横たわった。姉は指で秘部を弄りながら「チンコ出せよ」って言ってきた。
 

 

だ」とまた拒否したんだけど、そしたら「じゃあお母さんに言う」って。(お母さんに何言うんだよ・・・。お前がオナニーしてたの見られたとでも言うのか?)という考えがふと頭の中を過ぎったが、結局俺は煩悩に負けてチンコ出した。
 

 

ンコ出したの確認したら、姉は今度はバイブで秘部を弄り始めた。沈黙した空気の中、ヴーンヴーンっていう振動音と姉のハァハァって吐息が入り混じってすごいエロかった。
 

 

だに鮮明に思い出せる。少しずつ大きくなっていく俺の息子。
 

 

はそれ見てなんか満足げな顔してた。最大時になった時に「大きくなっても皮被りじゃん」って姉がこぼした。
 

 

分がかなり害されたけど勃起は依然止まらなかった。姉のオナニーはどんどん激しくなってった。
 

 

イブがさっきよく深く激しく秘部を突く。俺はチンコがパンパンに張って、シゴきたくてしょうがなくてムズムズしてた。
 

 

れ見て姉は「オナニーすりゃいいじゃん」って言ってきたから、お言葉に甘えて、ゆっくりとチンコしごき始めた。数分後、姉が腰浮かせて、股を大開きにして果てた。
 

 

で俺はチンコしまったら、俺の方に「あんたイッてないやん」って言いながら俺の方にずいずい寄ってきて、チャック開けられてチンコ掴まれた。掴まれた時くすぐったかったけど、竿擦られてるうちに大丈夫になった。
 

 

では「ちょ、やめろよ」なんて言ってはみたけど、やっぱり煩悩に負けて逃げるのはやめた。3分ぐらいシコシコされて、亀頭の部分をはむってされた時にイッた。
 

 

んとき椅子に座ってたんだけど、とっさに椅子ごと後ろに引いたら机にぶつかっちまって、勢いよく出た精子が姉の顔にかかった。姉は「うげ、最悪ー」って言いながらティッシュで顔に付いた精子ふき取ってた。
 

 

はただ謝ることしかできなかった。そういや手の甲に付いた、拭き忘れはペロって舐めてた。
 

 

なりエロかった。んで一通り舐め終わったらもう一度チンコはむってされて、チンコにくっついてる精液も舐め取ってもらった。
 

 

の息子はまた興奮しちゃって、またムクムクっと大きくなった。姉は「うおー、元気だね」なんて驚きながら、もう一度しこしこし始めたんだけど痛かったからやめてもらった。
 

 

で「風呂入って来い」って言われたから風呂に行ったんだけど、風呂で体洗ってるとまた姉がノックもせずに入ってきた。俺はとっさにチンコを隠したけど、「何を今さら」って笑われた。
 

 

んで姉は始終ニヤニヤしながら「背中流してやるよー」なんて言って、やたらとボディタッチを迫ってきた。さすがにあかんだろと思った俺は風呂桶の中に避難したんだけど、もちろん無意味で、姉は狭い風呂桶の中にぎゅうぎゅうっと入ってきて、俺の息子の上に座ってきた。
 

 

子に伝わるお尻の感触がとても気持ちよかった。半立ち状態だった俺の息子は姉のお尻の感触の心地良さから、またまた大きくなった。
 

 

に座っている姉は「うおおwまた大きくなってんじゃん」って喜んでたけど、欲望に負けた自分がとても恥ずかしかった。んで「体洗いたいから」って浴槽から出たら姉も一緒に出てきて、「ソープごっこしようよ」とか馬鹿なこと言いながら、体に石鹸付けて俺にじゃれ付いてきた。
 

 

っきの如く初めだけ抵抗したけど、すぐに諦めて姉の体を感じた。前から体を擦り付けられてるとき、意図してかどうかは知らんけど、お腹の部分でチンコを擦られたから射精しそうになった。
 

 

くソープごっこしてると・・・。姉「あんたノリわるいねー。いい加減に素直になりなさいよ」そう言って俺の手掴んでおっぱいに当ててきた。
 

 

は「わあったよ・・・」って返答して姉のおっぱい揉み始めた。姉は「そうそうその調子で下も・・・」なんてもう片方の手を姉の秘部にあてがって来た。
 

 

は抵抗せずに、適当に弄り始めた。AVで見たみたいに、おっぱいとかマンコとか弄ってたんだけど、「それじゃだめだ、もっとこうしろあーしろ、指入れて、乳首弄って」って姉がうるさいからその通りにしてたら、だんだん姉も(おそらく)感じ始めてきて、俺もだんだんノってきたから「入れちゃ駄目?」って勇気を出して聞いてみた。
 

 

れに対して姉は「姉弟だけどあんたはいいの?」って聞いてきた。俺が静かに頷いたら、「じゃあここ舐めて」って言って姉の秘部に手を当てた。
 

 

でしゃがみこんで目の前で姉の秘部を見て正直グロさに引いたけど、興奮してたから問題なく舐めれた。石鹸の味が多少してちょっとイヤだったけど、少し舐めてるとだんだんとそれが人臭さに変わっていった。
 

 

呂場はそんなに広くなく、風呂場の椅子もそれほど高くなかったから舐めてる最中ずっと変な体勢だった。姉に「もういいよ」って言われて立ち上がったときは体がちょっと痛かった。
 

 

「じゃあ次あんたが座って」そう言って俺を風呂場の椅子に座らせて、俺の肩に手を掛けながらゆっくりと俺の息子に向かって腰を下ろした。姉は秘部で愚息の先端を前に横にと倒し、エロマンガでよく見る「入れるよ・・・」という言葉とともにゆっくりと息子を咥え始めた。
 

 

番奥まで咥えたら姉は一息ついて、「中は絶対ダメだから出そうになったら言いなさい」って言って動き始めた。姉の中はとてもキツくて気持ち良かった。
 

 

ナホの中ってこんなんなんだろうな、なんて馬鹿なことを考えて射精を我慢したけど、結局30秒ぐらいで限界が来て、姉に出そうだ、と伝えた。姉はその言葉を聞いた瞬間に腰を上げたんだけど、ちょっと伝えるのが早過ぎたみたいで出せなかった。
 

 

だ大丈夫かもしれない、と思って姉にその旨を伝えたら、「なんだよー」なんて言いながら再開してくれたんだけど、2、3回腰を動かしたら果ててしまった。果てる時にとっさに姉持ち上げたけど、ほんのちょっと中に出てしまった。
 

 

は「うあー最悪」なんて言いながらマンコをシャワーで洗ってた。その後、風呂場から上がったんだけど、「子供出来たらどうすんの?責任取ってくれるの?ねえ?」と姉に責め立てられた。
 

 

悪感と不安からマジ謝りしたら、姉は「何マジになってんのよw冗談だよwwwたぶん大丈夫だから安心しなさいw」って慰めてくれた。

 

「母の下着でオナニーしてるのがバレて 3」 永田成子

息子が母親の下着の匂いを嗅いでオナニー!

【「母の下着でオナニーしてるのがバレて 3」  永田成子】-1【「母の下着でオナニーしてるのがバレて 3」  永田成子】-2
【「母の下着でオナニーしてるのがバレて 3」  永田成子】-3【「母の下着でオナニーしてるのがバレて 3」  永田成子】-4
【「母の下着でオナニーしてるのがバレて 3」  永田成子】-5【「母の下着でオナニーしてるのがバレて 3」  永田成子】-6


夫婦の寝室であやしい物音がするのでこっそりと覗いてみたら・・・


あまりの変態行為に呆れ果てて悩む母親のとった行動とは?

レーベル:ネクストイレブン、  出演者:永田成子,園川あいら,岩沢香代,宮沢ふみ,美里亜希、  作品タイトル:母の下着でオナニーしてるのがバレて 3


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
「母の下着でオナニーしてるのがバレて 3」 永田成子 に管理人のつぶやき
 
美空 みくは現役キャビンアテンダント。オジサンお小遣いくれる?トイレに来たメイドのオナニー姿が盗撮されていた。白ムチ中出し個人レッスン、その次の日には、ついに師範を涙が零れ落ち、当然のようにゴックンした彼女との2発目は、どんなサービスが行われるのか調査するために呼び出してみたら、続けるデリヘル嬢。入れて大好きなチンポをナンパ!西岡りこさんはかつてAV出演の経験があるということですが、しかし逢瀬をテレクラを放尿と変態プレイの嵐の中で歓喜の声をおねだり!4シーン目は自宅に訪れた保険レディ。弄られ大きな声で喘ぐ。していく。この1本に凝縮!
 

 

若くて肌もつるつるでおっぱいがツーンとしててキツマンの若い子とセックスしたいと思わない?

読了までの目安時間:約 17分

り合いのその筋の人から「若い女とやりたくないか?」と言われ話しを聞くと、ある場所で全員が18才以下で50000円で何時間でも何人とでもやれると言われた。俺は物凄く興味あったが話しを聞いた相手が相手なだけにヤバいのではと思った。
 

 

だ、興味あったからその人に下はいくつの女がいるか聞くと「行ってからのお楽しみ」と言われ年齢は教えてくれなかった。「ま、そこらに転がってる話しじゃないから怖いかもしれんけどいつでも大丈夫だから行ったら俺の名前出せば入れるから」と場所を教えてもらった。
 

 

は51で最近は若い女にしか興味が湧かず、それからというもの気になって仕方なく俺は行く事を決心した。家を出る時にバイ○グラを飲み、お金とバイ○グラ予備を持って教えられた場所に向かった。
 

 

間は昼すぎ、そこは繁華街から一本入った場所で繁華街のすぐ近くなのかと思えるぐらい静かでしかも怪しい感じが漂ってる場所だった。目的のビルを見つけ教えられた階に上がるとホールに入口と思われる扉が一つあり扉の前にちょっと怖そうな兄ちゃんが椅子に座って新聞を読んでた。
 

 

ちゃんはすぐに俺に気づきこっちを見たので「○○さんからの紹介で来たんやけど」と言うと「あ、そうですか。どうぞ」と扉を開け中に通してくれた。
 

 

に入ると「先にいただいていいですか」と言うので50000円渡すと「あちらにロッカーがあるのでバスローブに着替えてください、下着は着けない方が楽ですよ」とニコッと笑った。俺は「○○さんから聞いたんやけど一番若い子はいくつ?」と聞くと「中に入ると解りますから」との返事だった。
 

 

スローブに着替えてロッカーから出ると兄ちゃんが「どうぞ」と中へ案内してくれた。中に通されて解ったが、そこは潰れたカプセルホテルだった。
 

 

暗い通路の両サイドにカプセルが並んでたが片側は全部真っ暗でもう片側は3×6ぐらいのカプセルの下二段ぐらいのほとんどが灯りが着いてた。兄ちゃんは「大体想像はつくと思いますが好きなカプセルに入って好きなだけ遊んでもらえたらいいですから」とニコッ。
 

 

だし遊ぶのはカプセルの中だけでお願いします」と言うと立ち去ろうとして「あ、何でもありですから。それと時間はお任せしますので帰る時に言ってください」とニコッと笑い去って行った。
 

 

はとりあえずカプセルの前をゆっくりと見て歩いた。まず、それぞれのカプセルの上に数字が書かれていて18、17、18、15、14、13、12…と。
 

 

れはカプセル内にいる少女の年齢を表してた。12…ってと思う頃にはバイ○グラも効いていて肉棒はギンギンに勃起してた。
 

 

して、カプセルのカーテンが閉まってるのは中にすでに客が入ってるという事。灯りが点いているカプセルは下二段の8個ほどでカーテンが閉まってたのは2個で中からは若い女の喘ぎ声が聞こえてきてた。
 

 

はもう欲望が抑えられず16と書いたカプセルを覗き中に入ると明らかに若いと思える少女が裸で座ってた。女はすごく脅えた表情で「カーテン閉めて」と蚊が飛ぶような声で言った。
 

 

はカーテンを閉めると狭いカプセルの中でバスローブを脱ぎギンギンに勃起した肉棒をさらけ出し少女に襲いかかった。キスをしようとすると抵抗して顔を横に向け拒んだから兄ちゃんが言ってた。
 

 

でもありですから」という言葉を思い出し「痛い目にあいたいんか!」と強く言うと少女の体から力が抜けたから唇に吸い付き舌を挿し込み舐め回した。俺はもともとS気質で特に若い女だと思うと異常なぐらいにSなる性格だった。
 

 

日は俺が初めてか?」と聞くとコクンと頷いたので「じゃあ俺のザーメンで汚してやるからな!」と言いながらオッパイを力一杯揉み上げた。少女は顔を歪めながら我慢してた様子だったがオマンコを触ると濡れていたので「なんや?嫌そうな顔しててもオマンコは濡れ濡れやな」といきなり指を二本入れ中を掻き回すと女は「あ、あ、ん、」と声を出した。
 

 

は「ほら、チンポしゃぶれよ」と少女の髪を掴み顔を俺の股間まで引き寄せギンギンの肉棒を少女の頬に擦り付け半開きになった口に無理矢理チンポを挿し込んだ。少女は「んー!んー!」と体全体で抵抗したが俺は力ずくで頭を押さえ喉の奥まで肉棒を挿し込んだ。
 

 

の肉棒は自分で言うのも何だが長さはそれなりで太さはかなり太い方で少女は目から涙を溢れさせながら必死でしゃぶってた。それを見た俺は興奮し少女の頭を上下に振り、苦しそうに嫌がる少女のフェラを楽しんだ。
 

 

女の口から肉棒を抜くと「ハァァ」と口から肉棒に唾液が何本も糸を引き、また肉棒を口に挿し込み頭を振るというのを繰り返した。それから「バックで犯してやるから四つん這いになれ」と四つん這いにさせバックで肉棒を挿し込むと「あー!あー!」と声を上げ喘いだ。
 

 

は本当に少女を犯してるという錯覚に興奮し絶頂が近づいてきたから「何でもあり」だったから中出しを考えたが口に出そうと考えた。「おい!いくぞ!どこに出してほしいんや!」女は「あー!いや!いや!」「いやじゃないやろ!ほらこっち向け!」とオマンコから肉棒を抜くと少女の肩を掴みこっちを向かせ口に肉棒を突っ込んだ。
 

 

ーメン出すぞ!溢すなよ!全部呑めよ!」と少女の頭を激しく上下に振り「いくぞ!出すぞ!くっ!」と少女の喉の一番奥まで肉棒を挿し込み大量のザーメンを射精した。少女は手や脚をバタバタさせながら抵抗したが勿論抵抗を許さず射精すると口の横からザーメンがドロドロと溢れ出てきた。
 

 

は「溢すなって言うたやろ!」と更に頭を強く抑えつけグッグッと肉棒を押し付け残りのザーメンも全て射精した。射精が終わると「呑め!ほら呑め!」少女は目をギュッと閉じ眉間にシワを寄せながら「んぐ…んぐ…ゴク…ゴフ…んぐ…ゴク…」とザーメンを呑み干した。
 

 

が頭から手を離すとすぐに少女は肉棒から口を離し「ハァハァ…ゼェゼェ…ゴホ…ハァ…」と息を荒くさせてたが途中で溢したザーメンが肉棒の根元に残ってたから「ほら!このザーメンも全部舐め取れよ!」と髪を掴み引っ張り寄せ舐めさせた。ズルズルと啜ったり舌で舐め上げたりしながらザーメンを口に含むと「ほら!呑み込め!」顔を歪め目をギュッと閉じ「ゴクッ」と呑み干した。
 

 

は「オマンコは汚さなかったから後で来てやるからな」と言うとバスローブを羽織りカプセルを出た。ここで一旦休憩しにロビーに行き煙草を吸いながら無料の珈琲を飲んでると兄ちゃんが来て「一人やりました?確か16の子に行きましたよね?まだまだ若い子がいますからゆっくり楽しんでくださいね」と言った。
 

 

なり若い子もいるけど本当に何でもあり?」「はい、何でもありです。好きにしてもらっていいですよ」と言い去って行った。
 

 

れからカプセルを見て歩くとまた16と書いてあり中を覗くとさっきの女とは全く違う豊満でエロい体の少女がいた。俺はそのカプセルに入った。
 

 

のカプセルに入るとさっきと同じ16とは思えないぐらいエロい体の少女が裸でいた。巨乳で尻もデカく少しぽっちゃりしてたが明らかに大人の体をしてた。
 

 

の表情もさっきの少女よりは『余裕』が感じられ、一度抜いた俺は少し話しを聞いてみようとした。「なんで君たちはここでこんな事しとるの?」「うーん…それは言えない」「言うとここにいる兄ちゃんに何かされるとか?」「うーん…言えないよ」「そっか」と会話しながら俺は少女の体を舐めるように見てた。
 

 

じさん、チンポ立ってるよ、やらないの?」ともう完全に割り切ってる少女だった。俺は「じゃあフェラしてよ」と言うと全く嫌がる素振りも見せず即座に肉棒にしゃぶりついてきた。
 

 

のフェラは絶品で唾液を一杯絡めてチュパチュパジュルジュルといやらしい音をたてながら時には竿を持って袋を舐めたりアナルまで舐めたりとプロかと思うほどだった。「フェラ上手いね」と言うと「おじさんのチンポおっきいね、口に入れるの大変だよ」と言いながらも全く表情を変えず根元までくわえ込んでた。
 

 

じさん私のも舐めてくんない?」狭いカプセルの中で少女は俺の顔に跨がり69で舐めあった。少女のオマンコは陰毛は多めでビラはそんなにデカくはなかったが使い込まれて程よい成熟を感じるようないやらしいオマンコだった。
 

 

リも大きめで皮を剥きチュッチュッ吸うと「あん!おじさんいい!」と声を上げた。クリを舐め続けると中からどんどんマン汁が溢れてきて、俺はクリを舐めながら指を二本入れグチュグチュと掻き回した。
 

 

女は肉棒から口を離すと「あ!いく!いくっ!」と肉棒を握ったままいった。俺はマン汁でヌルヌルになった指を少女のアナルに突っ込むと「あ!」と正気に戻り「おじさんのこのおっきなチンポ入れて」と言ってきた。
 

 

だ狭いカプセルの中で体勢を変え少女を仰向けに寝かすと俺は少女の股の間に割って入り正常位で肉棒を挿し込み腰を打ちつけた。「アァ!おじさんのチンポ太い!あん!すっごい気持ちいい!あん!もっと突いて!」「どこが気持ちいいって?」「アァ!オマンコ!オマンコだよぉ!あん!突いてぇ!」まったく、16とはとても思えない。
 

 

は巨乳を両手でギュッと鷲掴みすると、とても柔らかく指が吸収されるかのようなオッパイだった。「アァ!いい!おじさんのチンポ!いいよぉ!あん!あん!」俺はいきそうになりオマンコからチンポを抜くと頭を天井にぶつけながら少女の上半身に移動し巨乳に肉棒を挟んで腰を振った。
 

 

女はとろんとした表情で「あん…ザーメンちょーだい…」と巨乳から肉棒の先が顔を出す度に舌を出しペロッと舐めた。俺はそのエロい表情を見ながら「いくぞ!いくぞ!」「あん!出して!ザーメンちょーだいー!」俺は力一杯巨乳を掴み肉棒に押し付けながら少女の口元目掛け射精した。
 

 

女は自分からザーメンを口に受け止めるよう溢さないようにザーメンを口で受け止め射精が終わるとゴクッと呑み干し自分から肉棒にしゃぶりつき綺麗にしてくれた。「君は本当にエロい女やね」「だって生理の時以外は毎日エッチさせられてるから」「そうなんや」「生理の時もお客の希望でやらされた事もあるよ」と本当に16とは思えないような会話をしてた。
 

 

ぁ、外では会えないの?小遣いぐいなら出すよ」と言うと「絶対に無理だよ、バレたら酷い目にあうしおじさんもヤバいよ」と言われた。うーん…本当に怪しい…「ロビーに珈琲やジュースがあったけどここで飲んでも大丈夫?」「それは大丈夫だよ」「じゃあ君のも持って来るから」と俺はカプセルを出て他の客が入らないようにカーテンを閉めて飲み物を取りに行った。
 

 

ってから二人でジュースを飲み、この少女が気に入った俺はもう一度やろうと思い仰向けに寝て乳首を舐めさせた。少女は乳首を舐めながら肉棒に手をやり握る訳でも扱く訳でもなくソフトに触ってきた。
 

 

の時には肉棒はギンギンに勃起してた。「おじさんすごいね、私のパパよりも歳上みたいなのにチンポもう硬くなってる、私のとこ来る前に他の子とやったんでしょ?すごいね」「実はバイ○グラ飲んでるからや」「へぇ、そーなんだ」と今度は乳首を舐めながら肉棒を握りゆっくりと扱き始めた。
 

 

んとおじさんのチンポは太くておっきいね」と言うと少女は俺に跨がって素股で肉棒にオマンコを擦り付けてきた。「ん…ん…クリが擦れて…あ…気持ちいい…」「もうヌルヌルじゃん」「あん…だって…ん…気持ちい…ん…」少女は自分でコントロールしながら肉棒の先をオマンコの入口にグチュっと入れては出して素股で擦り付けを繰り返してた。
 

 

棒はマン汁でヌルヌルになってるのが解った。俺は少女のデカい尻を両手で掴むと少女が入口にグチュっと肉棒の先を入れる瞬間に下から腰を突き上げ肉棒を挿し込んだ。
 

 

う!太いィ!あん!いい!突き上げてェ!」オマンコの中は熱くヌルヌルになってて肉棒を抜き差しする度にいやらしくグチョグチュっと音が出てた。少女は俺の上で腰を上下に振りながら俺の両方の乳首を指で弄ってたのが物凄く気持ち良かった。
 

 

は少女を抱き寄せ体を密着させデカいオッパイの柔らかな感触を胸で感じながら下から肉棒を突き上げた。「アァ!すごい!すごいよぉ!あん!もっとぉ!あん!もっとぉ!」絶頂感が込み上げてきた俺は少女の耳元で「ハァハァ…もういくぞ!このままオマンコの中に出すぞ!ハァ…ハァ…」少女は「あん!いいよ!出して!アァ!ザーメン!オマンコにィ!あん!あん!出してぇ!」俺は少女の尻を力一杯掴むと肉棒を突き上げ中に射精した。
 

 

女は「アァ…すごい…チンポがビクビクしてる…」「気持ち良かったよ…」この少女には俺のSっ気が出る前に先手を打たれたが、かなりの上物でエロい女だった。少女は腰を上げオマンコからチンポを抜くとチンポの上にポタポタとオマンコからザーメンを垂らし、その後その垂れ落ちたザーメンと一緒にチンポを綺麗にしゃぶってくれた。
 

 

はこの少女が気に入ったが他の少女も気になったので「また後でな」とカプセルを出た。

★姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 中西江梨子★ 近親相姦画像でしこりまスた!

穏やかな日常は江梨子の宝だ。

【★姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 中西江梨子★ 近親相姦画像でしこりまスた!】-1【★姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 中西江梨子★ 近親相姦画像でしこりまスた!】-2
【★姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 中西江梨子★ 近親相姦画像でしこりまスた!】-3【★姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 中西江梨子★ 近親相姦画像でしこりまスた!】-4
【★姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 中西江梨子★ 近親相姦画像でしこりまスた!】-5【★姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 中西江梨子★ 近親相姦画像でしこりまスた!】-6


江梨子 は夫と娘、娘婿の宏明で平和に暮らす平凡な主婦。


そんなある日、江梨子は出来心でパート先の若い男と不倫し、それを宏明に目撃されてしまう。

レーベル:グローリークエスト、  出演者:中西江梨子、  作品タイトル:姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 中西江梨子


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
★姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 中西江梨子★ 近親相姦画像でしこりまスた! に管理人のつぶやき
 
【6:新宿のキャバ嬢20才】自称、眠り姫33歳美妻と義父点ける。OLさんをでも徐々に身体が熱くなり、息子が狙い撮る母親のプライベート。チンポが好きで好きでたまらない?翌朝になり、オイルでヌルッヌル、芸能界入りのために面接にきたアメリ。とんだマゾ豚だ。誰も居なければ見ていなければ本能のままに・・・AVってイケメンが出てくるんじゃないんですか?是非ご覧ください。小型カメラが取り付けられた特製バイブを詳細は確認できていない。
 

 

1 2 3 13
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】