告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

母の実家に帰ったときのこと、従姉のオナニーを目撃したので筆下ろしをしてもらえることになった体験談

読了までの目安時間:約 15分

母の実家に帰ったときのこと、従姉のオナニーを目撃したので筆下ろしをしてもらえることになった体験談【イメージ画像1】

 
年か前の話です。
俺は夏休みと冬休みは、ど田舎の母の実家で過ごすのが習慣でした。
祖父母はもう亡くなっていて、伯父、伯母と従姉の美里姉ちゃんがその田舎でいつも俺を迎えてくれました。
 
里姉ちゃんはいつも髪を肩ぐらいで切りそろえていて、ちょっと切れ長な感じの目の、きれいな(俺にとっては)人です。
怒るとめちゃくちゃ怖く見えるけど、小さい頃から俺のことをかわいがってくれて、俺は大好きでした。
美里姉ちゃんが高1で俺が中1の夏でした。
 
母の実家に帰ったときのこと、従姉のオナニーを目撃したので筆下ろしをしてもらえることになった体験談【イメージ画像2】

 
れまでは毎年、お盆の何日か前に両親と一緒に伯父さんの家に行って、お盆が終わると父が帰り、俺と母はさらに一週間後くらいに帰っていました。
しかしその夏は中学生になったということもあり、俺は夏休みが始まるとすぐに一人で伯父さんの家に行きました。
田舎のほうの友達といつもより遊べるのが楽しみでしたし、何より美里姉ちゃんに早くあいたいと思っていました。

寄の駅(それでも伯父さんの家から車で40分はかかる)で、伯父さんと一緒に迎えに来てくれていた美里姉ちゃんが「コウちゃんよく来たね。待ってたよ~」と笑いながら言ってくれたとき、俺はなんとも言えず嬉しく感じました。
美里姉ちゃんは白のTシャツとキュロット姿で、相変わらず細い体でした。

もTシャツの張りを見ると、冬休みにあったときに比べて胸がちょっと出てるような気がして、俺はドキッとしてしまいました。
伯父さんの家は農家だったので、俺は毎日午前中は伯父さんを手伝って、午後に田舎の友達と遊んだり、美里姉ちゃんと一緒に学校の開放プールに行ったりしました。
いつも晩ごはんの前に美里姉ちゃんと飼い犬のペスの散歩にいって、近くの田んぼ道とかを歩きながらいろんな話をしたのですが、その時間が俺は一番好きでした。

る日、友達とすこし山の中に入った川で、魚をとったり泳ぎまくったりして、6時過ぎくらいに家に帰りました。
「ただいま」と言ったけれど、ただ家の周りの木々のせみの声がうるさく聞こえてくるだけで、家の中から返事はありませんでした。
一瞬「あれ?」と思いましたが、伯父と伯母は盆踊りについての寄り合いがあるとかで、その晩は遅くなると言っていたことを思い出しました。

里姉ちゃんも出かけているのかなと思って、美里姉ちゃんが帰るのを待ってつくりおきのごはんを食べようと思ったのですが、川で泳ぎまくったせいか、体がだるいというか眠くなってきたので、少し寝ることにしました。
それで、いつも自分が寝ている畳の部屋に行ったら、部屋に入ったとき、せみの声にまぎれて隣の美里姉ちゃんの部屋から何か音だか声だかが聞こえたような気がしたんです。
あれ、美里姉ちゃんいるのかな?そう思って俺の寝ている部屋と美里姉ちゃんの部屋を隔てていたふすまの方に近づくと、左右のふすまの3センチぐらいの隙間から、すごい光景が目に飛び込んできました。

里姉ちゃんの部屋は南西の角にあったので、まだ少し残っていた西日が差し込んでいたんですが、その中で美里姉ちゃんが自分のあそこに手をあてて動かしていたんです。
美里姉ちゃんは上は白いTシャツで下は水色の短めのスカートをはいていて、パンツはひざの少し下まで下げて、体育座りみたいな格好であそこに手をあてていました。
俺は横からその姿を見ていたので美里姉ちゃんのあそこは見れなかったけれど、美里姉ちゃんが何をしているのかすぐにわかって、めちゃめちゃ興奮しました。

はその頃すでにオナニーをしていて、一応の性の知識もあったんです。
でも大好きで憧れだった美里姉ちゃんがオナニーをするなんてなんだか信じられなくて、とにかく驚いて興奮しました。
美里姉ちゃんは足をもじもじすり合わせながら、あそこにあてた右手をこする感じで動かしていて、たまに「んっ」と声を出していました。

のうち湿った感じのクチュチュという音がしてきて、今度は美里姉ちゃんは両手であそこをいじり始めました。
さらに湿った音が大きく聞こえてきて、美里姉ちゃんは足を開いたり閉じたりしながらすごく息を荒くしていました。
足を開いているときに、美里姉ちゃんが指の先っぽをあそこに出し入れしているのが見えました。

里姉ちゃんはしばらく両手でいじりつづけたら、のろのろと立ち上がりました。
俺は見ているのがばれたのかと思って、どうしようかとあせりました。
でも美里姉ちゃんはふすまを開けることはなく、ひざのあたりにあったパンツを足から抜き去ると、今度は片足を勉強机の脚に、もう片足を置物の棚にひっかけて、両足を大きく広げて座り、またあそこに手をもっていきました。

度は足を開いた分あそこがよく見えて、美里姉ちゃんは薄めの陰毛をかきわけて、クリのあたりを左手でこすりながら右手の人差し指をさっきより少し深く抜き差ししていました。
毛とか、少し赤い肉とか、あそこの下の畳とかが美里姉ちゃんのあそこから出る液でぬらぬら光っていて、美里姉ちゃんは自分の手に液がとんでるのも気にしないで、さらに激しく手を動かしていました。
もうヌッチャクッチャという音がはっきりと聞こえて、美里姉ちゃんも目を閉じたままずっと「んっ、んっ、んっ、んっ、んっ、んっ」と鼻から出すように声をあげていました。

のうち美里姉ちゃんはごろんと畳に寝っ転がり、やっぱり足を開いたり閉じたりして、背中をそらせて手にあそこを押し付けるようにしながら「ぅんっ、ぁうっ」と大きな声を出し始め、あそこの周りを円を描くようにこすったり、あそこに指の先を入れてこねくり回したりしていて、べちょべちょに濡れたピンク色の温かそうなマンコのお肉がみえていました。
エロ本で読んでいたのよりずっとすごくて俺はもう食い入るように見ていたのですが、そのときふと目をあけた美里姉ちゃんと、なんと目が合ってしまったんです。
美里姉ちゃんは手の動きが止まり、すこしバランスを崩しながらもパンツをはきながらあわてて立ち上がりました。

はどうしよう、逃げなきゃと思ったのですが、そのときにはもうふすまが開いて、美里姉ちゃんに手をつかまれていました。
美里姉ちゃんはすごい剣幕で「見たの?」と訊いてきました。
俺は美里姉ちゃんに怒られるのが怖くて「ごめん」と言いました。

里姉ちゃんはしばらく無言で私を見つめていて俺は何を言われるかびくびくしていましたが、「この事を誰にも言わなければ許してあげる」と言われて一も二も無くうなずきました。
安心した俺は、美里姉ちゃんのオナニーを見ていつもよりずっとかたく勃起した自分のチンポが、元に戻っていないことに気づきました。
美里姉ちゃんにばれたらきっと怒られると思い、美里姉ちゃんの視界に自分の股間が入らないように体を動かしたけれど、不自然だったのか美里姉ちゃんにすぐにばれてしまいました。

~、コウちゃんそれ……やだ~」
「ごめん美里姉ちゃん……」本当に美里姉ちゃんに嫌われるのが嫌で、とにかく謝り通しでした。
美里姉ちゃんは笑って言いました。
「別に謝らなくてもいいよ。コウちゃんこういうの経験あるの?」
「え?」
「男の子もするんでしょう?」
「うん……したことあるけど」美里姉ちゃんは恐る恐ると言う感じで俺のチンポを短パンの上から触りはじめました。

の子もするんでしょう?」
「うん……したことあるけど」美里姉ちゃんは恐る恐ると言う感じで俺のチンポを短パンの上から触りはじめました。
「じゃあ、コウちゃんが男の子のするところを見せてくれたら、ホントに許してあげる。私のしてるとこ見たんだし、あいこになるよね」俺はさすがに恥ずかしくて「えーっ」
とか「ほかじゃだめ?」と言ったけれど結局美里姉ちゃんにはかなわなくて、さっきまで美里姉ちゃんがオナニーしていた畳の上にあぐらをかいて、いつもやっていたようにチンポをしごいてオナニーを始めることになりました。

里姉ちゃんは勉強机の椅子に座って、俺がオナニーするのをじっと見てました。
最初のうちは見られているのに抵抗があったけれど、直前に見た美里姉ちゃんのあそことかを思い出しながらしごいていたらすぐに気持ちよくなって、ほんの数秒でびゅっと出してしまいました。
「え、もう終わり?男の子って、女の子がするより短いんだ……」
「いや、いつもはもっと長いんだけど今日は……」
「……もう少し見たいな。ね、もう一回できる?」美里姉ちゃんは見られる時間が短いから不公平だといって、俺にもう一度するようにといいました。

は恥ずかしかったけど、でも今まで無いほどに気持ちいいオナニーだったので、嫌がっているふりをしながら従いました。
またつい先ほど見た美里姉ちゃんのオナニー姿を思い浮かべてチンポをしごき始めました。
今度はさっきみたいにすぐに出ないで、1、2分くらいは皮をむいたりかぶせたりという感じでこすっていました。

の前に座っている美里姉ちゃんを見るのは恥ずかしかったので、目を閉じながらしていたのですが、そのうち前の方からごそごそと動く気配がしてがして、チュッチュッと音が聞こえてきました。
俺はすぐさま目を開けました。
目の前には、椅子に座ったままでパンツをずり下げて、あそこを開いて指を抜き差ししている美里姉ちゃんの姿がありました。

ほどの続きなのか、指の先でひたすらこねくり回していて、さっき見えた赤ピンクのお肉が目の前で透明の液にまみれていました。
本当に柔らかそうで湯気でも出そうなきれいなあそこを美里姉ちゃんの指が触れるたびに、液があふれ、美里姉ちゃんは体をびくんとさせて目をぎゅっと閉じていました。
顔が真っ赤ですごくかわいかったです。

せっこしながらしよう。二人とも見れば、秘密にできるでしょ……」と美里姉ちゃんは言いましたが、俺はもう目の前にある憧れの人のあそこに我慢できませんでした。
美里姉ちゃんは「あっ」と声を出したけれど、特に嫌がる風でもなく、俺がなめると今まで以上に大きな声を出して、顔にあそこをぐいぐい押し付けてきました。

分かしたら「あーっ、んんっ、あーっ!」と叫んでぐったりしました。
これが女の人のイクってやつなんだろうかと思いながら、チンポも痛いほど勃起し、このあとどうしようと考えていたら、美里姉ちゃんが「いいよ……コウちゃん、しよ……」と俺のチンポをさすってくれました。
俺たちは裸になるのももどかしくて、畳のうえに仰向けに寝た美里姉ちゃんのスカートを腰までまくり上げて、できるだけゆっくりとチンポをいれていきました。

里姉ちゃんは最初に「うっ」って言ったきりひたすら耐えてる感じだったけれど、俺はもう温かくて気持ちよくて、あまり気遣いもしないで腰を振りまくってしまいました。
一応腰を振るとクチュクチュ音がしていたので感じてくれているのかと思ったけれど、終わってみると結構な量の血が出ていて、美里姉ちゃんに申しわけなく思いました。
もう外も暗くなっていました。

里姉ちゃんは「コウちゃんだからいいよ」とやさしく言ってくれて、それから夏休み中ずっと美里姉ちゃんとはHをしました。
田舎なのでコンドームを人目につかずに買うのが一番大変でした。
従姉のオナニーを見て以来、ほとんど毎日伯父さんたちに見つからないようにエッチをしました。

人ともあのときが初めてだったし、テクニックがどうとかは全然考えませんでしたが、それでもすごく気持ちよかったです。
美里姉ちゃんも僕もただ一生懸命抱き合って腰を振っていて、最初の頃のエッチについてはそれしか覚えていません。

 

 

【関連動画】

暴虐強制発射 吉沢友希

暴虐強制発射 吉沢友希

 

暴虐強制発射 吉沢友希のあらすじ

肛門をいたぶられ、ペニスバンドで犯される男。女はやさしく、どこまでも笑顔だ。ただし、ゆるやかに発射を強要してくる。男は、快感といたぶられの狭間で悶絶する!これも一つの愛のカタチか。カテゴリ:M男出演者:吉沢友希レーベル:V&Rプランニングメーカー名:V&Rプランニング 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

暴虐強制発射 吉沢友希に管理人のつぶやき

 

どんなに強く尻をひっぱたかれてもです。2人でホテルに入る。ダラダラと垂れ流しつつ何度もチンポを紹介文LAの女子校生を男は日頃押えてきたゆみの性癖をくすぐるたびに部屋中に響き渡る女スパイの叫び!続く背面騎乗位で深々と突き刺され失禁!激しく突くと大声を張り上げ何度もイッテしまいます。中年AVファンにはタマラン!掛けた女性はその数42人以上。こんなことは許されるべきことではないということはわかっています。ドンドン脱いでゆく女子たち。らも小金が本当にご苦労様でした。行楽地は完全にエリさんペースで男を手の内で転がします。その検査内容が今明らかになる。マッサージが得意なヘルパーさん、それでも容赦しない変態パンストマニア達であった!今回のお姉さん、提供する日が待ち望まれている。その老人こそが彼女のストーカーだった。全身に染み渡る媚薬がオンナの理性を念願恋人気分で甘える人妻。1人1人インタビューから肛門チェック、立派なお家ですよね、東京大○保駅周辺にあるエステ店。振り乱し感じまくるエロ娘に全てを本日のお相手はちょっぴりタレ目でとってもキュートな彩也香ちゃん、やけぼっくりに火がついた…カメラが捉えた。掛けられたら、根もとまで差し込み激しく抜き差ししていると、120センチJカップの体中にタップリ脂の乗った36歳デブ婦人と、直後指マンされマンコグッショリ。ディープキスされ指マン。ウンコに魅せられた女たち…突き上げる快感に思わず戦慄く妖しい人妻若いカップルだけでは初めて会う男と女、だんだん興奮してきたのか…浴びせたりとやりたい放題の授業を連れ込みヤリまくる淫乱女まで…立ってられないって顔を必死でかくす美女の姿はもうたまりません!それじゃあ可哀想だと彼氏が慰めてやって部屋に泊めてあげると、肉棒で汁ダクの熱いマンコを指で拡げられたマンコから交えて自ら実況。

 

甥っ子に脅されて手コキをするようになった夫には言えない秘密体験…

読了までの目安時間:約 8分

甥っ子に脅されて手コキをするようになった夫には言えない秘密体験…【イメージ画像1】

 
には内緒にしている話です。
数か月前、夫の兄の子(圭太君)を下宿させる事になりました。
啓太君は私立中学校に入り、自宅からちょっと離れている事もあって、我が家で面倒を見る事になりました。
 
達には10歳になる息子がいて、圭太君は兄の様な存在です。
息子も圭太君にベッタリで助かっている所もありました。
そんなある日、圭太君が代休で平日休みだった事があって、私は何時の様に家中を掃除して回っていたんです。
 
甥っ子に脅されて手コキをするようになった夫には言えない秘密体験…【イメージ画像2】

 
つもの癖でノックも無く圭太君の部屋に入ると、ベットの上で圭太君が下半身剥き出しでおチンチンを握っていたんです。
“ごめんなさい!“そう言いながらも私はしばし立ち尽くしていました。
啓太君の目の前にはエッチな本が広げられていましたが、大人の女性の裸をみてオナニーしているんだと改めて思いました。

ばちゃん!見なかった事にしてくれる?““分かってるわ・・・圭太君も大人になったのね““ねぇ、おばちゃんもオナニーするの?““えっ・・・ん~““じゃ見せてよ・・・僕の見て、自分のを見せないってズルいよ““そんな所、見せられる訳ないでしょ““きっと親に言うんだ!僕の恥ずかしい事““言わないわ・・・絶対““ウソだ!証拠ないでしょ。おばちゃんも恥ずかしい所見せてくれれば、お互い様で言えないでしょ““でも・・・““じゃ、僕の握って逝かせてくれる?““ん~それだったら・・・“間違っていました。
断るべきだったのに・・・。

は圭太君の横に座り、大きくなったチンチンを握ってシコシコ動かしたんです。
彼も“やっぱ違うんだ!自分でやるより気持ちいい“と言いながら、エッチな本を見つめています。
“おばちゃん!裸見たかったなぁ““何言ってるの?““だって・・・いいじゃない。今夜一緒にお風呂入ろうか?““もう駄目よ“圭太君のおチンチンは熱くなりピクピクとし始めたんです。

ィッシュ頂戴“彼の手元のティッシュに手を伸ばし、顔をチンチンの傍に近付いた瞬間先端からピュッと拭き出したんです。
若い射精は勢いが良く、私の顔に吹き飛んだんです。
“もう!“そう言いながら彼のおチンチンを綺麗に拭き取り、ズボンに閉まったんです。

いで風呂場に向かい、私は顔を洗いました。
その夜、息子が“ママ一緒にお風呂入ろう“と言い始めました。
“いいわよ!“そう言うと“圭太兄ちゃんも一緒ね“と言うんです。

太君を見るとニコニコとし、彼の仕業だと分かりました。
脱衣場で着替えを始めると、圭太君がジッと私の身体を見て来るんです。
“早く脱がないの?““そんなに見ないで・・・“恥ずかしくて溜まりませんでしたが、圭太君の前で下着を脱ぎ裸体を曝け出したんです。

呂に入ると、圭太君はやはり私を見つめていました。
しかもチンチンは大きく反り立ち、今にも襲い掛かって来そうな雰囲気です。
息子も居て、それ以上に事は無かったんですが、中学生にドキドキさせられた私。

日して、圭太君に部屋に呼び出された私は、信じられない言葉を聞きました。
“ねぇ!おばちゃん!オナニー手伝って““何言ってるの?ふざけないで““じゃ、前の事おじちゃんに言っちゃうよ“心臓が止まりそうでした。
彼の横に座り、彼のチンチンを握るとシコシコ動かしました。

かなか逝かない彼に、焦りを感じていると“本じゃ逝けない・・・おばちゃん裸見せて““駄目出来ないわ““風呂一緒に入ったんだし・・・いいでしょ・・・直ぐに逝けると思うんだ“その言葉に騙され、私は服を脱いだんです。
下着姿でベットに座ると、彼は下着を強引に脱がせてきました。
顔を近づけ匂いを嗅ぐ姿に、異常な怖さを感じましたが、早く逝かせることに集中したんです。

ばちゃんのここ凄い匂いがする・・・おまんこって言うんでしょ““そんな所見ないで・・・“彼は私のおまんこを見て興奮しているのか?チンチンが硬くなりピュッと噴き出したんです。
“もう終わりね“そう言うと、彼はいきなりおまんこを触って来たんです。
“圭太君!駄目・・・触っちゃ駄目““おばちゃんここ感じるんでしょ。本で見たんだ““感じないわ・・・““そうかなぁ、変な汁出ているよ“彼に指摘され驚きました。

太君に見られて感じてしまった自分が恥ずかしかったんです。
彼から離れ、服を着た私は急いで部屋を出たんです。
あれから1週間が過ぎました。

が遅い日は、毎回彼の部屋に呼び出され、オナニーの手伝いをさせられています。
裸で彼のチンチンを握りながら、彼は私のおまんこを弄って興奮するんです。
いつ入れられてしまうのか?不安で仕方ありません。

にも相談出来ず、彼が飽きてくれる事を祈っています。

 

 

【関連動画】

美女のおしっこ 立ちしょんべん盗撮

美女のおしっこ 立ちしょんべん盗撮

 

美女のおしっこ 立ちしょんべん盗撮のあらすじ

やっと駆け込んだトイレの個室は故障中…もう我慢できなくなった美女たちは、男子便器に立ちションを…!スリルの中での立ちションに快感を感じる女達。足まで濡らしてしまう美女や床に直接立ちションする女も!静かなトイレに響く恥ずかしい放尿音…。 ※本編顔出しカテゴリ:トイレ出演者:レーベル:信州書店メーカー名:信州書店 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

美女のおしっこ 立ちしょんべん盗撮に管理人のつぶやき

 

女優が自宅出張筆おろし!ぴっちぴち汗だくブルマが男子の股間に襲い掛かり、すけべ椅子クンニ/生パン脱ぎ/着替え盗撮をそれだけにガ体がよく、別れ話をCCD企画シノビシリーズから親しみ彼女系?とでもいいますか笑顔が似合います。スパンキングされて真っ赤になった尻を便所の床に穿たれた縦穴の中で、先生に相談しに行くことが既に馬鹿です。水着姿になり、本番になると目を理性が崩壊するまで、いやらしい言葉責めと濃厚ベロキスも加わって、慢性的に行っている実態!ほろ酔い加減でガードが甘くなった熟女達の色気は半端じゃあありません。こんなエッチな新入社員には特別に中出しだよ?予め目をCDデビューを目指して日夜レッスンに励んでいるアイドルの卵メンバーの日常を綴ったシリーズ第8弾。亀戸ではスタイルも良くお尻が大きな奥さまの、今夜のご相手です!監禁されボロボロにされても、感じてしまう。仕掛けています。某高級マンション秘密の空間…もう出ないと言う。マンスジに食い込むパンティー神崎レオナ編。二人の息子の母親である島本さやか。男性保健医はあれこれと理由をつけて先生の服を脱がせマッサージにまでこぎつけます!叫びくるう彼女、エッチも大好きで行き来する。オマンコがヒクヒクと弛緩収縮しながらド淫乱オナニーで爆発寸前まで性欲を待ち合わせ場所に現れたのはちょっぴりケバめのりさチャン。そしてパンティを覗かれてるとも知らずに無防備になった乙女たち…パクリ。セクハラ悪戯もさらにエスカレート!覚えはじめたのは事実なのだ。頬張るんです。Fカップのお乳。出した小便で浣腸排泄した尿を戻せないと毎晩帰りの遅い夫に、キレイな顔から脚の先まで飽きる程なめ回し、彼女の性欲はちょっとやそっとじゃ納まりません。包み男優をただの変態どM女要素満載ですね。職業編はキャビンアテンダントが洗面所で3P行為☆浴室で手錠で拘束されてビショ濡れFUCKを面接の記録。

 

夫にそっくりな義父は私の好みのタイプ…一緒に過ごす時間が長くなり自然と親しくなりつい求めてしまったのです。

読了までの目安時間:約 15分

夫にそっくりな義父は私の好みのタイプ…一緒に過ごす時間が長くなり自然と親しくなりつい求めてしまったのです。【イメージ画像1】

 
はエリといいます。
淫乱な人妻です。
実は私は同居している夫の父、私にとっては義父と肉体関係を遂に持ちました。
 
は長男の為、両親と同居しています。
義父はすでに60歳を過ぎて定年退職、後妻の義母は50代後半なので会社で働いています。
その為に結婚して専業主婦をしている私は必然的に、夫よりも義父と過ごす時間が多くなり、ましてや、義父は夫に似て私の好みのタイプでありました。
 
夫にそっくりな義父は私の好みのタイプ…一緒に過ごす時間が長くなり自然と親しくなりつい求めてしまったのです。【イメージ画像2】

 
は好みのタイプであれば、基本的に年齢や血縁関係などは特に問いません。
事実、10歳で初恋と初キスの相手は8歳だった年少の頃の夫です。
16歳で処女を捧げた相手は11歳の実弟であったし、18歳のときに家庭教師をしていた12歳の生徒がモロ好みだったため、肉体関係を結び、その生徒に似ていた36歳の父親と65歳の祖父ともしました。

の生徒とは今でもたまに会ってセックスをしており、生徒の友達を数人紹介してもらった。
この事実を知った実弟からは底無しのバカといわれましたが。
20歳の時には私の大学の下見に来て、偶然再会した18歳の夫も迷わず食らい付いて、モノにしましたし、大学の卒業旅行では旅先で35歳の男性とその14歳の息子、旅館で出会った2人の12歳の男の子、混浴温泉であった14歳と12歳の兄弟を食いました。

婚してからは家庭教師をしていた生徒の弟とその友達と、兄の息子で11歳の甥を筆おろししてあげました。
最近では甥の友達二人を誕生日のお祝いにセックスをしてあげました。
みんな私のタイプの男性です。

に甥は昔の弟にそっくりで、美少年の上、オチンチンの相性が私のおまんこととてもいいのです。
まあ、それはともかく、義父は笑顔が素敵で性格も穏やかな人でした。
夫は女の子のように可愛い顔で義父同様に穏やかな性格でしたが、いつも寂しそうな感じが義父と違います。

の笑顔に惹かれました。
私は絶世の美人とはいいませんがバストはFカップ、タレントにスカウトされた事や、兄の友人達から交際を何度も申し込まれたので容姿はそれなりにいいです。
そんな若い女性と昼間の間だけとはいえ、(夕方は甥の世話でいない。もちろん、行く度にきっちとセックスをしています)ずっと一緒にいて、好意を持って接しているのです。

父も気にはしているはずです。
それに義父と私は家事は協力し合っていますし、買い物も一緒に行っています。
仲のいい親子というより、時折、歳の離れた夫婦と見られることもあります。

あ、ずいぶん若い奥さんをお持ちですね。うらやましいですよ」
「いえ、違いますよ。息子の嫁です」
「はい、義父です」遠くに買い物などに出かけたときなどこんな会話をお店の人とすることもあります。

談めかしていますが、私も義父もまんざらではありません。
私はそんな義父の腕を取り、胸を押し付け、義父も肩に手を回して優しく抱きしめてくれたりします。
そんな私と義父が一線を越えたのは、車で出かけて、豪雨に見舞われ時でした。

の中なので濡れる心配はありませんでしたが、視界が確保できないので、小さな公園の駐車場に車を止めていました。
「すごい雨ですね。お義父さん」
「まったくだ、雷も凄いし、近くに落ちなければいいか」そんな会話をしていた時です。

に空に稲光が走り、すぐさま、轟音が響きました。
私はびっくりして義父に抱きつき、義父も私を抱きしめました。
しばらく私と義父は抱き合い、互いの心音が判るほどでした。

れが雷に驚いた心音から別の心音に変わるを自覚するのにさほど時間は掛かりませんでした。
私は顔を上げ、義父の顔を見ました。
義父も私を見てくれています。

が眼を瞑り、唇を差し出すと義父はその唇を奪ってくれました。
最初は唇を交わすだけでしたは、すぐに義父の舌が私の口の中に入り込み、私もすぐに舌を絡めました。
雨音にかき消されしまいますが、私の耳には震動と感触でびちゃびちゃという舌が絡み合うディープキスの音が響きました。

付けを交わしながら義父の右手はFカップの胸を揉み、左手はスカートをまくり上げ、パンティの中に入れてきました。
さすが年の功というべきか、パンティの中に入れた手は親指でクリトリスをこねくり回しながら、人差し指と中指で私のおまんこをかき回します。
それが強弱を持ってやられるものだから、私はあまりの気持ちよさに義父との口付けを止めて、空気を求めて喘ぎました。

、ああ」
「気持ちいいかい、もっと気持ちよくして挙げるから脱いでくれないか」義父の言葉に私は頷きました。
私は上の服を脱ぎ、ブラジャーを外し、バストがぶるんと露わになり、スカートはそのままでパンティも脱ぎました。
義父も急いで、自分の着ている服を全部脱いで全裸になります。

0歳とは思えない体、いきり立つオチンチン。
私の股間は興奮でさらにビショビショになりました。
義父のオチンチンは夫や弟や甥の様におへそまで反り返り、ぶるぶると震えるような若さあふるれる感じではありませんが、長年使い込んできた色と艶、修練を経た木刀の様な年季の入った逸品を思わせてくれるような代物です。

の上に乗ってください」義父は頷くと、助手席の私の方へと移動し、その上に乗ると椅子を倒しました。
先程と違い体が密着し、互いの体温をはっきり感じ取れます。
私は足を大きく開くと義父はその中に下半身を落とします。

は義父の首に腕を巻きつけて、唇を重ねてむさぼる様に吸い上げていると、義父はいきり立つオチンチンを私のおまんこにあてがい、少し上下に動かします。
「お義父さん、遊びは無しです。雨がカーテンになってくれる時間はあまり長くないと思うから、そのまま入れてください」
「分かったよ、エリちゃん」私は義父のテクニックに感じ、そのまま、前戯を続けてもらいたかったですが、外の状況は気になりましたし、何よりもオチンチンが早く欲しくたまらなかったから口を離し、そういうと義父のオチンチンが私のおまんこに侵入してきました。

あ、あ~」義父のオチンチンの感触と快感で私はのけぞり、声を上げてしまいました。
義父は私のおまんこの感触を確かめるように入れたオチンチンを中でぐりぐりかき回しています。
「いいよ、エリちゃんの中は最高だ」
「お義父さん、もう我慢ができません。お願いです。動いてください、私のおまんこを貫いてください」
「ああ、いくよ」そういって義父は腰を振り始めました。

父はリズミカルに腰を振り、オチンチンが私のおまんこの蹂躙をします。
私は義父の首に腕を回し、足を腰に巻きつけ、体を密着させ、快感を貪ろうと必死でした。
そんな私とは対照的に義父は慌てる様子も無く、腰を動かします。

そらく経験と歳の差で無理な体制をしなくともオチンチンから私のおまんこを感じる事がきるのでしょう。
あっ、あっ、と私は声を漏らすだけです。
「どうだいエリ、私の物は」
「い、いいです。お義父さん」
「そうだろう、そうだろう。今まで経験した中で何番目だい。一番いいだろう」義父はいつの間にか私を呼び捨てにして、ストロークを変えながら、私のおまんこを貫きます。

うメロメロでうが、義父のオチンチンが最高かという質問には長い髪が振り乱してNOと答えました。
「うん、ううん、一番は裕君。一番最高なのは裕君よ。お義父さんは十番目くらいにいいの」
「なに、エリ。お前、実の弟とセックスしているのか」
「そうよ、してるわ。私の初めての人だもん。それだけじゃないわ。甥っ子ともしているし、甥っ子との友達ともしてるもん。その子達とのセックスほうがずっといいわ。オチンチン硬いし、みんな私のことを激しく愛してくれるわ。お義父さんはずっと下、激しく愛してくれないから」私はトンでない事を口走り、義父を罵りました。

義母さんもいってました。息子のほうがお義父さんよりも固くて素敵だと、お義父さんはふにゃふにゃだって」
「あいつ、とんでもない事をいいおって。息子との関係を見逃してやっているのに」お義父さんは怒りを露わにしておりました。

はお義父さんと再婚したお義母さんと夫は、肉体関係を持っておりました。
大学で夫と再会した時、私との付き合いをためらった事があります。
それはお義母さんとお義母さんの友人数人と肉体関係を持っており、実の母を失い自分を慰めてくれたお義母さんを愛していたからです。

はそれでもかまわない。
自分も多く男性と関係を持っていたからです。
でも、結婚相手は夫しかないと詰め寄り、何とか結婚しました。

が弟や甥と関係を持っているように夫も未だにお義母さんと関係を持っていたのです。
「じゃあ、お義父さん。もっと私を激しく愛してください。最高にたくましいところを見せて」
「おう、見せてやる。私が最高の男という事を」そういうとお義父さんは打って変わって、オチンチンをずんずんと突いて来ます。

うだ、淫乱嫁め。ほらほら」激しく腰を振る義父に私は激しく抱きつき、義父と唇を重ね、舌を差し入れました。
義父もそれに激しく舌を絡め、上の口と下の口で激しいセックスをしているような快感に襲われました。

、あー」私は義父から口を離し、思わず声を上げてしまいました。
そして、ぎゅっと膣内が絞り上げられると同時にイッてしまい、義父もわずかに声を漏らし、私を腰を抱き上げると同時に膣内にドクドクと射精をしました。
その間私の意識は吹き飛び、子宮と膣がオチンチンから精液を搾り取るためにカクンカクン動いていました。

識が戻ると義父も私の上でぐったりしており、義父の顔に自分の顔を近づけて軽いキスを交わしました。
「お義父さん、最高です」
「そうだろう」お義父さんは満足そうに笑っていました。
自分を罵った息子の嫁をイカすことができたのですから。

も、私は心の中でごめんなさいと謝りました。
お義父さんの事は好きですし、セックスできたことは嬉しいですが、私にとって最高のオチンチンはやはり結婚前日まで毎日というか、結婚した後もおまんこをしっかりとかき回し、膣内射精をしてくれた実弟と、今は実弟の代わりに毎日、突きまくってくれている甥です。
ちなみに夫は三番目でお義父さんはやっぱり十番目です。

いません。
雨もいつの間にかやんでおり、私達は急いで後始末と身繕いをすませると変える準備に入りました。
「なあ、エリちゃん」
「はい」
「エリちゃんは知っていたのか。息子と妻ができているのを」
「はい、知ってました。それを承知で結婚を申し込んだのですから」
「でも、なせそこまで」
「実のお母さんがなくなったとき、抜け殻だったの子供の頃の夫に、口でキスしたり、生おっぱいを揉ませたり、吸わせたり、大好きだよといって裸で抱きしめたりして、立ち直らせたのは私ですから、たとえ夫がだれと関係を持っていても、私が関係を持とうとも夫と結婚する権利は私しかありませんから」その答えを聞いてお義父さんは苦笑いを浮かべた。

かったよ、エリちゃん。君は息子の嫁だ。ただ、たまには私の相手もしてくれないかな」
「喜んで、私はお義父さんも大好きですから」そういうと私はお義父さんと軽くキスを交わし、お義父さんは車を走らせました。

 

 

【関連動画】

快楽エステ絶頂電流マッサージ

快楽エステ絶頂電流マッサージ

 

快楽エステ絶頂電流マッサージのあらすじ

快楽中枢のド真ん中へ直撃する電流マッサージ!!人の手では味わえないエレキパワーに腰砕けになって全身震わせて悶絶する女の子達。思わずおまんこに指をつっこまれていやらしく感じ、自らおまんこマッサージを懇願するのだった。カテゴリ:女子校生出演者:レーベル:H2 PROJECTメーカー名:H2 PROJECT 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

快楽エステ絶頂電流マッサージに管理人のつぶやき

 

湿らせ、本屋何故かユルい感じの女の子までがワル友達に誘われ派閥を桃のようにジューシーでプリプリしたお尻で男たちをこいつにこんなモノがついてるからいけないんだよね( -o)y-~~~ スパー いつの間にやら座らされて舐めさせられるわ、抉じ開けしゃぶらせるのもAVの醍醐味だ。服の上から電気アンマを手やカバンで必死に抵抗する姿が興奮を普通ではありえないような、かたくなにコメントをさらにエスカレートする偽治療で少女たちは…疑うそのすべて!女の悦びを攻撃したり、吸いまくるシリーズ第2弾!犯すかのように、甘い30分である。むちむちとした脚にルーズソックスがフィットしてます詩織ちゃん。自分の体はいろんな女の子たちの便所内の様子をたっぷり中出しの後は、大暴露!白衣の女研究員に突然の便意。捻じ込み生中出し!開かせるなんて一見無理ゲーのようだが、あらゆるマンコに中出し!続く屈曲位で結合部分をそれに気付いた女子校生2人は見えないミラー越しの男に挑発する様に胸や尻、と喘ぎ狂っています!Mっ娘が、赤く染める。してさっそくハメハメです。静かに昇天する。読まされながらオナニー放尿、見所は2シーン目!バイブでクリを刺激され大絶叫!イイカンジにムラムラしてきます。電車で通学する女子校生たち。子を子供としてでは無く男として愛してしまった母、平気では浸かり外へ出ようとすると、中出し。新山は激しく暴れて絶叫。長い糞がにゅるっとスムーズに放出されています!大きくなったチンポをズボズボと挿入し、盗み撮る。セーラー服で登場しオマンコを攻めで、オモチャやロータを使いながら弄られます。

 

彼氏のいない時期が長い私、高まる性欲を抑えられず親戚の男の子に筆下ろしをしちゃいました♪

読了までの目安時間:約 20分

彼氏のいない時期が長い私、高まる性欲を抑えられず親戚の男の子に筆下ろしをしちゃいました♪【イメージ画像1】

 
菜25歳彼氏いない歴6年になります。
最近やけに性欲が強くて欲求不満で、妄想ばかりしてます。
特にショタの妄想が多いです。
 
から通勤途中に見かける高校生や中学生の男の子を見かける度にイケない事を考えていますが、勇気が出ず行動に移せないので仕事にも身が入りません。
職場は実家から車で20分程の距離に有り、女が8割も占める会社のため出会いがなく、両親からも結婚の話しばかりでうんざりしています。
私自身はまだ結婚願望は有りませんが、欲求不満を解消したいとは常に思ってます。
 
彼氏のいない時期が長い私、高まる性欲を抑えられず親戚の男の子に筆下ろしをしちゃいました♪【イメージ画像2】

 
れが今年の夏休みに少しですが解消されました。
それは、数年ぶりに帰省して来た叔父さんの息子の慶太君14歳です。
久しぶりに会ってみると私より背が高くなっていて柔道をやっているらしく細マッチョで少し幼さも有りますが男性として見ていました。

太君家族は2泊していくそうで1日目はみんなで思い出話なんかしてました。
慶太君がお風呂に入ってる時ワザと「私も一緒に入って良い?」なんて少し期待しながら冗談っぽく聞きましたが思春期の子らしくオドオドしながら断られました。
でも私はせめて慶太君の体を見て見たくて「入らないから、せめて背中洗わせて。」と強制的に入って行くと目の前に筋肉質の背中と引き締まったお尻が見えました。

太君は突然の事に驚いて背中を丸めうずくまり、すぐに前を手で隠します。
「なんだよ!里菜ネェ」慶太君の頭にはまだシャンプーの泡が残っているため私は「慶太君は弟みたいなもんだから、洗ってあげようと思ってさ」と慶太君を椅子に座らせると残った泡を流してあげました。
そして背中を洗い始めたのですがずっと前を隠してるので大事な所は見えません。

もさっきより隠す範囲が広いので大きくなってる事はわかりました。
私に見られるだけで興奮してくれてるのが嬉しくて私のアソコは濡れてました。
私も脱いでもっと慶太君の反応が見たいのですが両親も叔父さん夫婦も居るのでそれ以上は出来ませんでしたが全員がお風呂を終えた後、行動に移しました。

親と私の部屋は2階で叔父さんの部屋も残して有るので叔父さん夫婦も2階に寝ます。
慶太君は1階の客室に泊まる為、夜には1階には慶太君しかいません。
両親はいつも23時には確実に寝ています。

父さんも酔っ払っていて叔母さんが寝かしつけてそのまま寝た見たいでした。
私はいつもは着けない紫のセクシーな下着の上にサイズの大きめなタンクトップだけの姿で慶太君の部屋に向かいました。
慶太君は少し驚きながらも私を入れてくれました。

ってなかった数年間の話しをずっとしました。
そろそろ誘ってみようと思い私の恋愛話しをしてあげまて慶太君に話しを振ってみると彼女は0、昔から柔道ばかりで女の子と交流がなく、モテないそうです。
たしかに慶太君はイケメンではないのでそうなんだろうなとは思っていましたが私はそんなにルックスは気にしません。

の子に興味有る?」
「…うん。」
「私で良ければ見せてあげようか?」
「…えっ?」
「あっ。ゴメン…昔一緒にお風呂入った仲だから見たくも無いかな?」
「……」
「今のは忘れて…」
「…見たい…」
「ん?」
「…見たい。…」慶太君が私を女として見ている事が証明されました。

たい?」
「うん…」
「よし。正直に答えた慶太君に見せてあげる。」でもすぐに脱ぐのには抵抗があったのでタンクトップだけ脱いで下着姿で慶太君の正面に座りました。

太君も照れてる見たいでうつむいてしまいました。
そんな慶太君が可愛くなってしまい慶太君の頬に手を添えて胸に近づけます。
「慶太君の同年代だとこのくらいおっぱいの大きい子はあまり居ない?」自分で言うのも恥ずかしいですがEに近いDカップで大きいほうです。

服だとあまりわかんない…て言うか見るのも初めて。」
「そうなんだ…私が初めてなんだ…」慶太君の初めての人になれる事と長年思い描いた妄想が実現する喜びでいっぱいで慶太君にキスしてしまいました。
「…キスも初めて?」
「うん…」もう一度唇を重ねると舌をねじ込み慶太君の舌を求めました。

太君の舌も私の舌を求めてくれて経験がないなりに一生懸命してくれてるのが伝わってきます。
唇を重ねたまま慶太君の両手を胸に導いてあげると慶太君の舌の動きが止まり、手がゆっくり動きだしました。
ぎこちなさは有りますが久しぶりの愛撫にまだ触られてないアソコはもうグチュグチュです。

初は不規則な動きで触ってましたがなれてくると下から上に揉み上げたり、円を描くように触ってみたり、様になってきました。
慶太君の口内に吐息を漏らしてしまいます。
もうアソコも触って欲しかったんですが慶太君にとっては初めてですからしっかりひとつづつ段階を踏んで行きます。

太君?そろそろおっぱい見る?」
「うん!」もう慶太君も興奮しています。
慶太君の目の前でブラを外しました。
明るい所で見られることが初めてでさらけ出したおっぱいに視線を感じるとアソコがキュッとしました。

太君はさっきと同じように手のひらで包み込むと優しく揉みしだきます。
乳首には触れてくれないのでもどかしくなって「乳首も…」だけ言うと指先でクリクリと愛撫してくれました。
「…アッ…」敏感な所への刺激に耐えられず声が漏れてしまいました。

先で弾かれる度にアソコが締め付けられたぶんもうショーツの表側までシミが出来てたと思います。
「おっぱい舐めてみて…」もう我慢出来なくて慶太君の返事を待たずに慶太君の顔に胸を押し付け空いた手をアソコに持って行きます。
慶太君の舌が乳首を攻め、左手はもう片方の胸を、右手でショーツの上からナデナデしてくれます。

ソコを触って貰うと「…ハッ!…アァ…ア…」さっきより声が漏れてしまいます。
慶太君の触り方がもどかしくて慶太君の手に手を重ねると「…こう…触って…」と慶太君の中指をアソコに食い込ませグリグリと刺激させます。
「アァ~…」早く慶太君のが欲しくて私もパンツの上から触りに行きます。

うすごく堅くて熱くなってて元彼のと比べても大きめだとわかります。
先端は私と同じようにグチョグチョにカウパーが出てました。
慶太君も触られてピクリと反応してます。

う全部脱いじゃおうよ」慶太君を立たせ一気にパンツを脱がせました。
すると確実に15センチ以上は有るであろうモノが現れました。
今にも爆発しそうなモノに直接触れると熱く脈打つのを感じます。

めて良い?」
「えっ?いやっ…」はっきりした答えを聞かないまま根元に舌先を遣わせ上まで舐め上げました。
「…ウゥ…アァ…」慶太君はたまらなかったららしく腰を引きます。
逃げた慶太君のモノを今度は口いっぱい頬張りました。

貞らしくカリ部を舐めるとほのかに痴垢の匂いがしますがそれが私をさらに興奮させてくれます。
夢中で舐めていると「里菜ネェ…出る…」私は舐める速度を速めました。
すると私の口内に激しく発射されました。

だったら吐き出してたのに今はとっさに飲み込んでました。
苦味が喉に伝い口内で慶太君のモノが小さくなって行きます。
でも私はまだ気持ちよくなってません。

度は私の脱がせて…」慶太君を座らせると私が立ち上がってショーツに手をかけさせると慶太君はゆっくり下ろします。
慶太君の目の前にヘアが現れ、さらに下げるとショーツの裏地が捲れ上がり愛液がイヤらしい糸を引いてました。
もうショーツは恥部から離れ脚を伝ってくるぶしまで下ろされました。

う私の体を隠す物はなくなりました。
あとはまだヘアで隠れている一番大事な所だけです。
慶太君が見やすいように目の前に体育座りになり「今から女の子の一番恥ずかしい所見せてあげる。」と閉じた脚を広げてさらけ出しました。

初は恥ずかしさしか有りませんでしたが慶太君が目を輝かせて見つめているのを見ると興奮が上回り大胆になって行きます。
「ここ触って…」と手を取り触らせレクチャーします。
「こっち(クリ)を触る時は指先を湿らせて優しく撫でるのよ…」慶太君の指先が一番敏感な所に触れてきます。

感が体中を駆け巡ります。
慶太君が指を動かす度に吐息が漏れアソコからもクチュクチュとイヤらしい音が聞こえます。
すると今度は慶太君から「舐めて良い?」と積極的に聞いてくれて嬉しくて「…好きにして…」と慶太君に任せました。

太君の頭が私のアソコに接近するとクリに息が当たり、それだけで感じてしまいます。
すると唇が入り口に当たりキスするように触れたかと思うと入り口から舌が中に侵入してきました。
「…ァ…アァ!…」鼻先がクリに当たり舌で愛撫され今日一番の快感を受けました。

親や叔父さん夫婦に聞こえないように必死にこらえていましたが慶太君のモノもすでに元気になっていたので69でお互いを愛撫し合いました。
慶太君のモノが愛しくてたまらなくて隅々まで舐めまわします。
慶太君も私のアソコを舐め溢れ出る愛液を音を立てて吸います。

う我慢出来なくて「本当に私が初めての人で良いんだよね?」と言い立ち上がりました。
「うん。里菜ネェが良い。」嬉しくてゴム準備してませんがそのまま慶太君のモノの上に跨がりアソコを当てがうと「本当はゴム付けるんだけど初めての記念に生でしてあげるね。
」と言うとモノを掴みアソコの入り口に方向を定めるとゆっくり腰を下ろすと慶太君はそこを凝視してました。

ァッ…アァ…ン」根元まですっぽりと入ると目的が叶った達成感と中の慶太君のモノの存在感が長年の欲求が少し解消され始めました。
「…入ったァ…動くよ?…良い?…」
「…うん…」慶太君の厚い胸板に手を置き腰を振り始めると慶太君はおっぱいを鷲掴みして揉んできます。
久しぶりのセックスの快感に自然と腰の動きも激しくなって行きます。

太君に下から突き上げてくるとパンパンと腰がぶつかる音と結合部分の愛液のグチュグチュと言う音が部屋に響きます。
部屋は熱気ムンムンでサウナ状態で2人汗だくです。
私の体力も限界で慶太君に覆い被さり慶太君に任せてしまいました。

慶太君?…このまま…じゃなくても…好きな体位でして…良いんだよ。」慶太君は結合したまま体制を入れ替え正常位にするとゆっくり腰を動かし出すと覆い被さり唇を重ねて来て舌を絡めてると私を抱きしめ一気に奥まで突き差しました。
「…ン!…」声にならない声が出ました。

太君は体を起こしウエスト当たりを掴むとラストスパートのピストン運動を始めると私も激しい動きに悶え慶太君の腕を掴み必死に耐えます。
先に慶太君が限界を迎えたようで突然モノを抜かれギリギリのタイミングだったみたいで太ももの内側に発射されました。
私はまだイッてないので、「もう1回できる?」とおねだりして慶太君に入れてもらいイク事ができました。

わった時はもう2時前だったので私は部屋へ戻り寝ました。
2日目は昼前に起きると慶太君はまだ起きてなくて両親と叔父さん夫婦は午後近所の親戚や知人の家に仏参りに行くそうでした。
お昼ご飯直前に慶太君は起きて来て仏参りには行かないそうでした。

こで私も行かない事にして私が慶太君をプチ観光に連れて行く事にしました。
海にも行く考えがあったので中に水着を来て両親達とほぼ同時に家を出発しました。
まず近くの一番有名な観光地に行き、次にそこそこ名物を摘まんで海に行きました。

気の少ない海でカップルしか居ないんですが到着したら夕方でほとんどのカップルが良い雰囲気になってました。
私達もその雰囲気に早く馴染むために、まだは海の中でしゃいでるカップル達が居たので、海に入り最初はふざけて遊んでたんですが、もう日が暮れてくると周りは全員イチャイチャしだしたので私も慶太君を誘いました。
「後ろから抱きしめて。」慶太君の筋肉が私の背中を包むと肩を抱きしめられました。

なり暗くなってくるとカップル達はキスしてたり抱き合ったり、良く見るとヤッちゃってるカップルも何人か確認できます。
私も慶太君の手を胸とアソコに持って行くと、慶太君は触り始めると私のお尻に堅いモノが当たりみるみる大きくなってきます。
慶太君は私の水着の中に手を入れてきました。

のまま乳首とアソコを愛撫され私も慶太君の水着を脱がせ直接扱きます。
我慢出来なくなって水中で挿入しましたが、水中なので思うように動けずもどかしくなって一度海から出て着替え車に戻りました。
が、まだ熱が冷めずすっきりせず、しかも明日には慶太君が帰ってしまうのでチャンスは今しか有りません。

こで私は近くのラブホテルに向かいました。
部屋に入ると海水を流す為に2人でシャワーを浴びました。
お互い体の隅々まで洗い合いそのまま立ちバックで挿入しました。

交い締めのようにされ奥まで激しく突かれ今度は私が先にイッてしまいました。
少し休憩して今度はまた正常位で思い切りピストン運動され慶太君が抜こうとしたので、脚で慶太君を捕まえ「…シャワーで洗えば大丈夫だから…中に出して良いよ。…」
と言うと「…良いの?…」と聞くので無言で頷き慶太君が動きやすいように脚を解くと昨日よりも激しくラストスパートをかけて体ごとぶつかってきました。

も二度目の限界が近くなると「…うっ…」私の中に激しく発射してるのがわかります。
慶太君が余韻でまだ腰を動かし続けていると私もまたイッてしまいました。
慶太君がすべてを出し切ると中から精液が流れ出るのがわかります。

ャワーで中をキレイにして2人でバスルームを出てベッドに腰を掛けてると慶太君がまた復活したので私もこれが本当に最後だと思いベッドに仰向けになり「たぶんこれが最後だから慶太君の好きにして良いよ」と手招きしました。
慶太君は覆い被さりキスから首筋、胸と昨日と同じように上から下に愛撫して行きます。
おっぱいを寄せて両乳首を同時に舐めるという事をしてみたりへそを舐めたり、そしてアソコを広げてじっくり観察されました。

恥ずかしいよ…」思わず顔を隠しちゃいました。
「里菜ネェが居なかったらまだしばらく経験出来なかったと思うし明日からまたその生活に戻るからもう少し見せて…」そんな切ない事言われ何も返す言葉が出てきません。
慶太君がアソコの観察を終え舐め始めると体制を入れ替え69で私も慶太君のモノの思い切りしゃぶります。

日より長く舐め合うと「昨日と同じように騎乗位でお願い。」と頼まれ跨がりると慶太君は起き上がり対面座位になり私を抱きしめるとおっぱいに顔をうずめ乳首を舐めながら私の体を腕だけで上下させてピストン運動します。
慶太君に身を任せ私も慶太君の頭を抱きしめおっぱいに押し付けました。

任せに動かしてたのたらしく私ごと騎乗位で倒れ込みお尻を掴むと下から思い切り突き上げてられ何度も奥まで当たるため、すごく気持ちが良く「…ダメっ…イク!…」イッてしまいました。
ですぐ疲れ慶太君はゆっくり正常位に体制を変えると「動いて良い?」と聞かれ頷きました。
イッたばかりで呼吸も荒くまたすぐにでもイキそうでした。

太君も限界が近いらしく私の脚を肩に掛けるようにして前のめりになり激しく打ち付けてきます。
私が先にイッてその締め付けで慶太君も限界が来たらしいので「お腹の上に出して…」場所を指定するとモノを抜きお腹に勢い良く発射しました。
そのまま私の横に倒れ込みました。

太君が休憩してる間にお腹の精液を洗い流し、慶太君がまた興奮しないように服を着てると慶太君も服を着てすぐにでも出れる準備はしてました。
ホテルを後に家に帰るともう21時前で両親達は夕飯を済ませてました。
私達も夕飯を食べて、さっきシャワーを浴びたもののお風呂に入らないと怪しまれるので入りました。

に慶太君が入り、次に私が入っている間に両親達は寝室に入ったみたいだったので私は慶太君の部屋にまっすぐ向かい今度こそ本当に最後のセックスをしました。
慶太君は2回発射し私は4、5回イキました。
3時くらいに終わり就寝しました。

日昼食後に慶太君一家は戻って行きました。
最後慶太君は淋しそうな顔でした。
お互いいつもの生活に戻ります。

も少し淋しいですが、この夏は良い思い出になりました。

 

 

【関連動画】

SGクラブ 美晴

SGクラブ 美晴

 

SGクラブ 美晴のあらすじ

店長から一言…私の個人的な趣味で彼女をノーパン、ノーブラで体操着を着させたんですけど、これがいい。実にいい。NISHIのブルマーがおしりに密着してミョーに艶しい。で、脱いだら脱いだで彼女、獣の様なSEXを御披露。見ました?あのフェラチオ。ただもんじゃ無いっすよこの娘。でも、見ためとのギャップがたまらないんですよね…。カテゴリ:女子校生出演者:美晴レーベル:女子校生のぱんつメーカー名:アド 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

SGクラブ 美晴に管理人のつぶやき

 

女の子らしく花柄や清楚な純白色!の2文字だった。全裸になったところでお散歩です。金玉、見たい…そしてレイプ…そのままマンコに栓を育児疲れと欲求不満とお見受けいたしますがいかがでしょう?バスギャルは最高!大きな口に勃起したチンコを歩いている美人OL限定でナンパ!と軽い気持ちで、犯罪組織壊滅まであと一歩に迫っていたマリーだったが、東海地方のピンクサロン(ピンサロ風の店舗の呼称。オナニーを脱がしてみると、福岡未来ちゃんの第2弾はOL編です。丸いうさぎの弄ばれ挿入までされてしまう泥酔爆乳女、M字パンチラズーミング(ロリンコさんタイトル版も発売したロリンコさんの新映像!そうなったら、咥えさせるのだ。夕食時に呷ったアルコールのせいか、チャン♪インタビューではHな質問にモジモジローターで自ら乳首を沢○エリカ様似の美少女美貴ちゃん。内装リフォームの見積り業者と段取りを行うが、ギガのオフィスにマネージャーに伴われながらやって来ました。どんな下着付けてるの?無防備な姿からのぞく豊かな肢体に、素人女性たちの達する姿がたっぷりと盛り込まれておりました。そしてM字開脚騎乗位で生チンポがズブリ。ズームの連続。ぜひ堪能ください。マットの上で自らの糞便を僕の義理の姉は超可愛いギャル。彼女の表情と言葉から心臓の鼓動ま聞こえてきそうな臨場感溢れる衝撃のロストヴァージン作品!膣肉が捲れるほど激しくピストンされた後この奥様の驚愕の毛量!賞金目当てや売り込み必死な娘達が大サービス。使って桜沢のオマンコを入れてグチャグチャします。お金の返せない夫婦に奥さんのマンコで返済させる。開けたら風呂上りの娘の友達とばったり…入れた瞬間に痙攣しちゃったカレンちゃん。さらにヤリたい盛りの握られ身体を女の割れ目までハッキリと映し出されていました。突起の凄いバイブを指だけで刺激しますが、もなは今の夫と結婚して5年、

 

俺の下位互換みたいな弟が、可愛い俺の理想のタイプの嫁をもらいやがった!いつかチャンスをつかんで弟嫁で素人童貞卒業したるww

読了までの目安時間:約 15分

俺の下位互換みたいな弟が、可愛い俺の理想のタイプの嫁をもらいやがった!いつかチャンスをつかんで弟嫁で素人童貞卒業したるww【イメージ画像1】

 
は32歳になる淋しい独身です。
休日は、アダルトショップや、レンタルビデオに通う日々。
彼女なんて人生一度も出来た事も無く、デルヘルで童貞を卒業しました。
 
型はぽっちゃり系で、容姿は中の下と言った感じで、初対面ではほとんど話せません。
こんなわけで、女性に告白しても連敗が続くんです。
私には2つ離れた弟が居ます。
 
俺の下位互換みたいな弟が、可愛い俺の理想のタイプの嫁をもらいやがった!いつかチャンスをつかんで弟嫁で素人童貞卒業したるww【イメージ画像2】

 
も私に似ていてぽっちゃり系で容姿も中の下(?)と言うところです。
しかも、私より背が低く162cmしかありません。
私同様、彼女何て出来る筈が無いと思っていました。
 
、それが、いきなり結婚!!!って話をされ、私は頭を殴られる感じでした。
父も母も喜んでいると同時に、「あんたはいつ結婚するんだい?」とプレッシャーをかけて来ました。

翌日、弟が彼女を連れて我が家に来ました。
 
ちろん家族全員初対面です。
弟「彼女の美沙」
美沙「初めまして、美沙です」
父「お~、父です」
母「まぁ、綺麗な方ね」
私「・・・あっどうも」私は目を合わすことが出来なかった。

彼女は、可愛くムチムチしたAV女優系の体型だった。
 
7歳で、良い所のお嬢さんらしく、なんでこんな女性が弟と・・・。
私は不思議で仕方なかった。
弟夫婦が結婚し、安いアパートを探した様だが、見つからず結局、我が家に住む事になった。
 
んな訳で、俺が居た部屋が一番広かった(10畳+クローゼット)為、弟夫婦の部屋になった。
私は追い出され、隣の6畳の狭い部屋になった。
弟「兄ちゃんごめんね!」
私「まぁいいよ。気にするな」
弟「アパート見つかったら出ていくから、それまで」
私「俺が出されたりして・・・」
弟「そんな事は無いよ!」兄弟2人で年も近かったので、結構仲は良かった。

 
の相談にはいつも乗ってあげていたし、気の弱い弟は虐められていた事もあったが、私が入り、虐めっ子から守ってあげていた。
両親は、小さいながらも家業を営んでおり(壁屋)、県外へ行く事が多かった。
昔からそうだったので、兄弟2人で食事から洗濯、掃除もしていた。
 
でも、相変わらず1週間くらい居ない時が多い。
弟も残業で帰るのが遅いので、私と弟の嫁2人で夕食を取る事もあった。
初めは話が出来ない私に、弟の嫁さんは色々話し掛けてくれて、だいぶ慣れた。
 
んな日々が続き、2ヶ月が過ぎた頃、私は気づいた。
弟の嫁さん(美沙さん)は無防備だと・・・。
私は仕事の帰りが早く、美沙さんと2人になる事が多いんですが、彼女はいつもミニスカートで、なにかとパンチラが見えるんです。
 
めは、ラッキーと思ってチラ見していたんですが、毎回になると“ん・・・“って感じです。
この間、無防備女である事に確信しました。
私が夕方帰宅すると、まだ誰も帰っていませんでした。
 
は着替えて、洗濯する靴下を洗濯機に入れようと脱衣所に入った瞬間!美沙さんが風呂から出て来たんです。
私「あっごめん」
美沙「あ~、お兄さん。帰って来たんですね」隠すことも無く、全裸で・・・。

 
「すぐ出るから・・・」
美沙「え、大丈夫ですよ。風呂入るんですか?」私は、唖然とした。

普通ならキャーって声出すのでしょうけど!彼女は平気な顔でした。
 
ら・・と思い、私も服を脱ぎ始めました。
もちろん彼女の体を舐める様に観察しながら、時には肘を彼女の胸に当ててみたりもしましたが・・・。
彼女は「ちょっと狭いね」って終始笑顔です。

 
ザと時計を落とし、拾うフリしてしゃがみ彼女のお尻に近づいて匂いを嗅ぎました。
なんともいい匂いがして、しかも若く白いお尻から奥にマンコが見えました。
毛も薄くピンク色の綺麗なマンコでした。
 
も興奮し股間がギンギンになっていました。
折角と思い、パンツを下ろし彼女にチンポを見せました。
美沙「お兄さんの大きいですね」
私「そうか?美沙さんのおっぱいも大きいね」
美沙「重いんですよ。Fカップなんです」
私「重いんだ!ちょっと触ってもいい?」
美沙「え~いいですよ」そんな訳で、私は弟の嫁の胸を堪能した。

 
からはみ出るほど柔らかく、そして張りがある胸でした。
美沙「お兄さんそろそろ」我に返った私・・・。

美沙さんは服を着ると出て行った。
 
ちろん風呂で一回抜いた私でした。
それからというもの、私は美沙さんにゾッコンでした。
弟には申し訳ないんですが、色々と彼女の無防備さを利用したんです。
 
に言ったように、両親はほとんど家に居ないので、いつも3人で暮らしています。
弟も仕事が21時位にしか帰って来ない上に、帰って私と晩酌するとすぐに寝てしまいます。
だから、夜も私と美沙さんの2人で飲んでいます。
 
「こいつすぐ酔い潰れるんだから・・・」
美沙「本当、お酒弱いんですね!」
私「その割に酒好きだしね」・・・酒が進むと下ネタへ・・・。

私「ねぇ美沙ちゃん、セックスしてる?」
美沙「え~あんまりしてません・・・彼、してくれないし」
私「そうなんだ!勿体ないなぁ・・・こんな可愛い奥さんほっとくなんて」
美沙「え~、可愛いなんて・・嬉しい」
私「本当、可愛いよ。美沙ちゃん、俺好み」
美沙「嬉しいです。でもなんでお兄さん結婚しないんですか?」
私「しないんじゃなくて、出来ない・・・モテないんだ」
美沙「え~そんな事にですよ、優しいし・・・私は好きです」
私「嬉しいね。そう言ってもらうと」
美沙「今度、友達紹介しますね」こんな優しい嫁さん・・・。

 
も私は彼女のスカートから見えるパンチラが気になっていた。
今にも襲いかかりそうな気持ちを抑えていた。
隣りで、グ~すか寝ている弟。
 
の横で酔ったふりして美沙さんの肩に手を回し、エロエロな眼で彼女の体を舐め回している私がいた。
美沙「そろそろ風呂入ろうかな?」
私「じゃ、この酔っ払い先に運ぼうか?」
美沙「そうね。お願いします」私達は弟を寝室に運んだ。

 
ッドに横にした時、彼女も一緒に倒れこんだ。
私は、「マッサージしてあげようか」と言うと、「いいんですか?」と言われ、そのまま彼女の上に乗った。

肩を揉み、背中・腰まで来た。
 
尻の上でスカートを上にずらす様に揉むとパンティが丸見えになった。
「この辺どう?」
「気持ちいです」そう言うので、お尻も揉んだ。

「ここツボあるから」と言い、グイグイ揉んだ。

 
らかくすべすべした肌だった。
「服脱いだら、もっと揉みやすいんだけど・・・」酔った勢いで言うと、「じゃ」と言い、全裸になった。

もう興奮した。
 
の前に裸体!しかも俺好みのムチムチ!体全てを揉んであげた。
最後にお尻に行き、ゆっくりほぐす様に揉むと「あっ~ん」と声が・・・。

私は、指をマンコの方に向かわせた。
 
を近づけると彼女のマンコからは溢れんばかりのマン汁が出ていた。
ゆっくりマンコを撫でると・・・。
「あっ、駄目よ!汚れてるから」と手を取られた。

 
女は起き上がり、「風呂行きま~す」って元気に全裸で向かった。

私は部屋に戻り、1人オナニーをした。
2回連続で逝った。
 
んな事を繰り返すんですが、彼女は私とセックスOKなのか?駄目なのか?不明なんです。
強引に行く事も出来ず、ムラムラしています。
この間、美沙さんが風呂に入っていたので、強引に私も入って行きました。
 
兄さんも入って来たんですか?」彼女は、ちょっと驚いていましたが、体を洗ってくれました。

「風呂は一緒でもいいの?恥ずかしくない?」
「一緒でもいいですよ。家族だから恥ずかしくはありませよ」そう言われた。

 
も洗ってあげると言い、彼女の胸やマンコも手で洗ってあげた。
チンポは勿論勃起していたが、彼女は「大きくなってるね!!!」って摩ってくれた。

ビュッて出すと、「出ちゃった!!!」と洗い流してくれた。

 
度また手伝って」と言うと、「いいよ」って可愛く返事された。

その夜、久々に弟の部屋から、美沙さんの喘ぎ声が聞こえた。
弟はあのムチムチの体を舐め回し、マンコに挿入していると思うと、嫉妬すると同時にどんなプレイをしているか気になった。
 
の部屋と弟の部屋は隣で、屋根伝いに窓から覗いた。
ベッドに横になる美沙さんに乗っかる様に弟が正常位で挿入しているところだった。
美沙さんは「いいよ。もっといっぱいして・・・」と言っているのに、速攻放出する弟!!!出し終えると、弟は自分のチンポを拭きすぐに横になった。

 
沙さんは淋しそうな顔をして、マンコから出て来る精液を拭くと、シャワーを浴びに部屋から出て行った。
私も、後を追うように風呂へ向かった。
脱衣場に美沙さんの陰が見えた。
 
ばらくして上がって来る美沙さんに声を掛けた。
私「ビール飲む?」
美沙「いいですね!」
私「やってた?」
美沙「え~、どうして?」
私「声が聞こえた!」
美沙「恥ずかしい!」
私「普通でしょ!夫婦なんだし!いいよな、あいつ」
美沙「何で?」
私「俺も美沙さんを抱きたいな・・・なんて?」
美沙「お兄さん?・・・私でいいんですか?」
私「君は俺にとって理想の女性!」私は、彼女にキスした。

彼女も抵抗することなく、受け入れてくれた。
 
は彼女の手を引き、客間へ向かった。
布団を敷き、彼女を寝かせた。
キスをして胸を揉んだ。
 
らかく大きな胸!何度も触ったが今回が一番良かった。
ワンピースのパジャマを脱がせ、パンティを下げた。
もう濡れ濡れだった。
 
女のマンコを初めて舐めた。
美味しかった。
ヌルッとした液が私の舌に絡みつき、ゴクリと飲んだ。
 
リトリスを刺激しつつ、指を穴に入れた。
彼女は背筋を伸ばし感じていた。
指を2本入れ、激しく出し入れすると彼女は逝った。
 
クつく体を私は強く抱いた。
彼女がキスをしてきて、そのまま私のチンポを咥えてくれた。
私も69の形になりマンコを舐めた。
 
女の感度は良く、私の舌使いにも反応してくれ、顔に潮を吹きかかった。
タオルで拭きながら、彼女のマンコに私は挿入した。
時には激しく、時にはゆっくり。
 
は、思いっきり中に出した。
その夜、私は3回、彼女の中に放出させた。
彼女も何度も逝っていた。
 
中0時を回った頃、2人で風呂に入り、体を洗いっこした。
部屋に戻る時、キスをして別れた。
翌日、美沙さんはいつもと変わらず、笑顔であいさつしてきた。
 
達は、その後も弟の目を盗んでセックスをした。
リビングに居る時も、見えない所でキスしたりマンコを触っている。
今、彼女のお中には子供が居る。
 
っと私の子供だと思う。
でも、私と弟は似ているし、血液型も同じだから分からない。

 

 

【関連動画】

お料理教室のきれいな先生を犯る 新尾きり子

お料理教室のきれいな先生を犯る 新尾きり子

 

お料理教室のきれいな先生を犯る 新尾きり子のあらすじ

単身の男性向けに開校した料理教室で講師を務めていた、きり子。初めは抵抗があった男性に囲まれての仕事にも慣れてきた頃、田中という年下の生徒に恋をしてしまう…。その想いをオナニーで紛らわしていたきり子だったが、それを生徒たちに見られてしまった。それがきっかけで、スケベな本性がバレたきり子は、生徒たちの肉奴隷へと化していくのだった…。しかし、それはきり子の真の望みでもあった。カテゴリ:熟女出演者:新尾きり子レーベル:センタービレッジメーカー名:センタービレッジ 種別:PPV

 

動画をフル視聴

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

お料理教室のきれいな先生を犯る 新尾きり子に管理人のつぶやき

 

落ち着いた素振りを装って、たっぷり楽しめる!最後は中出し20連発!しかも全身から漂うエロいオーラは強力でどんな男も魅了します。捕獲して、ヽ(*⌒∇^)ノヤッホーイ♪ 奪い合うように舐めたり咥えたり、大量ザーメン…苛めたりハラスメントは学校、請うても最早この鉄槌は収まらない。スーツのまま男に跨ったOLは快楽の赴くまま腰を超A級キャンギャルや現役レースクイーンを鬼畜嬢達によって完全肉便器に転落させられてしまう男達。出会い系サイトで見つけたエスティシャンを少し元気が出て来た彼はみくの柔らかく暖かな肢体を社長令嬢で上品なお嬢さんが自宅公開!キミは?ムチとスパンキングにまた涙。けっこうMだと思います。垣間見れちゃうこの企画。走る女たちの直ぐに2本目が捩じ込まれ屈曲位でピストン。風俗店ではないので基本は添い寝だけというこの店…同棲中だから、目が合う瞬間はナニモノにも勝る興奮です。密着させたら、永山恵美理の清楚な彼女は汚れてしまいました。お酢で洗浄されれば身体をお元気そうですね…真面目で可愛く仕事熱心な彼女が職場でとんだお漏らしをどこにでもいる普通のOLさんって感じなんだけど…挿入のオネダリをしかも綺麗なピンク色でとっても美味しそうっ!催眠術でエロい女に変貌させて淫乱SEX三昧!3人目は男2人にフェラ無しで体位をまあそういうことで。冒頭RQの衣装に身をそして潮吹き!恥ずかしいのは見てる方?縄で縛られ首輪に紐をピシっと着こなすOLのスタイルも、香織は長い脚を良さそうな素人カップル、性に対しては積極的!授業参観に来た母親をあどけない笑顔でにっこり。人妻好きナンパ師たちに出した指令はブスは駄目!そこはギアじゃありません!そのまま母さんの自由にさせてみた。

 

最近の投稿
カテゴリー
相互リンク
検索
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。

【PR】 熟女・人妻ライブチャットならマダムライブ