告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

叔母とのセックスは甘美で、いけないと思いながらもやめられなくて…とうとう妊娠させてしまったってわかっても、あのマンコにこの欲望をねじ込みたいって気持ちが消えません

読了までの目安時間:約 9分

の1周忌が無事に済みましたので、懺悔の意味を込めての告白です。
 
人として、許されない事をしたという自覚がありますが、どうしてもやめられませんでした。
 
俺は12才になったばかりのときに、育ての両親にひきとられました。
 
実の両親が事故で亡くなったので、半年ほど施設で暮らしていたのですが、没交渉だった年の離れた母の妹である由香里さんと旦那さんが探してくれ、ひきとってくれました。
 
当時の由香里さんは高校を卒業してすぐに公務員の試験をうけ、同じ公務員の旦那さんと結婚をした23才でした。

 

叔母とのセックスは甘美で、いけないと思いながらもやめられなくて…とうとう妊娠させてしまったってわかっても、あのマンコにこの欲望をねじ込みたいって気持ちが消えません【イメージ画像1】

 
 
 
子どもができないと悩んでいたので、俺がきてくれて嬉しいととても優しくしてくれました。
 
旦那さんも、とても立派な方で、自分と血が繋がらない俺に優しく、笑顔の絶えない人でした。
 
中学になり思春期ですから、毎日のようにオナニーをしていたのですが、休日にオナニーをしているところを由香里さんに見られてしまいました。
 
戸惑った様子でしたが、別におかしなことではないと真っ赤な顔で諭してきたのですが、俺は動揺してしまい、泣いてしまいました。
 
背が高く、胸が大きく、母の面影がある綺麗な由香里さんの下着を使っていたところを見られ、捨てられるという恐怖を感じたからです。

 

由香里さんは泣いている俺を抱きしめてくれました。
 
別におかしなことじゃないと繰り返していってくれましたが、いい匂いがする由香里さんに抱きしめられ、勃起がおさまりません。
 
意を決したように、由香里さんは手を使って、俺の勃起をしごいてくれました。
 
仕事柄、剣道をやっている由香里さんの手は柔らかくはありませんでしたが、長く綺麗な指にこすられ10秒もしないうちに、大量の精液を吐き出してしまいました。
 
あまりの気持ちよさと衝撃に、腰が浮き上がりのけぞるような格好になって、猿のように大声でわめいてしまったことを覚えています。

 

叔母とのセックスは甘美で、いけないと思いながらもやめられなくて…とうとう妊娠させてしまったってわかっても、あのマンコにこの欲望をねじ込みたいって気持ちが消えません【イメージ画像2】

 
 
 
由香里さんは恥ずかしそうに真っ赤になりながらも、にっこり笑ってくれました。
 
その後、2日に1度、由香里さんは手で出してくれるようになりました。
 
最初は手伝うという感じだったのですが、途中から胸を触っても抵抗をしなくなり、半年がすぎる頃にはフェラやクンニまでするようになっていました。
 
夏休みになり、旦那さんが夜勤に出かけた日でした。
 
珍しくお酒を飲んだ由香里さんからキスをしてきました。

 

奮し押し倒してしまい、そのまま初めての挿入をしました。
 
焦ってなかなか入れられなかったのですが、由香里さんがが指で誘導してくれました。
 
長身の由香里さんににしがみつくように、腰を猿のようにふり何度も何度も中に出しました。
 
腹筋が薄く鍛えられた由香里さんの体は、柔らかいというよりしなやかでした。
 
うねるように動き、ハスキーな声でうめき、そのエロさの虜になりました。

 

1度セックスをしてしまうと、歯止めが効かなくなりました。
 
旦那さんが居ない時は、ほとんど由香里さんとセックスをする毎日です。
 
ある日、旦那さんと由香里さんが、嬉しそうに報告をしてきました。
 
弟か妹ができるんだよ。
 
もしかして、というより確信でした。

 

俺の子どもじゃないのかという確信です。
 
後日、由香里さんに聞くと「ちゃんと産むから、大丈夫」と優しく笑ってくれました。
 
それから、弟が産まれるまでも、産まれてからも体を重ね続けました。
 
罪悪感はありましたが、由香里さんを抱くことをやめるということは、一回も考えられませんでした。
 
昨年、旦那さんが殉職しました。

 

もう1人妹が産まれましたが、俺の子どもです。
 
由香里さんが排卵日をあわせたと言っていたから間違いありません。
 
旦那さんの葬儀の時も、由香里さんは3人目の子どもを妊娠していました。
 
もちろん俺の娘です。
 
最後まで父と書かなかったのは、申し訳なさと罪悪感でいっぱいだったからです。

 

ま、大学生の俺は由香里さんと3人の子どもと一緒に暮らしています。
 
それまで暮らしていた土地から離れ、別の地域で暮らしています。
 
由香里さんと俺の寝室は一緒です。
 
子どもたちには、父親が俺だと教えています。
 

 

 

【関連動画】

なにこのフェロモン スタイル良すぎてひくわ

なにこのフェロモン スタイル良すぎてひくわ

 

なにこのフェロモン スタイル良すぎてひくわのあらすじ

極エロ爆乳Gカップ若妻の持て余した底無し性欲を絞りつくす!!強烈な吸引力のバキュームフェラにタートル着衣での豊乳パイズリ!競泳水着で相互愛撫にフェロモン蒸れ蒸れの太股コキ!!敏感妻の淫体を味わいつくし激突きで巨乳を揺らし半狂乱になりながら悶え狂うドスケベ若妻の大量顔射Fuck!!カテゴリ:熟女出演者:真木今日子レーベル:BALTANメーカー名:バルタン 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

なにこのフェロモン スタイル良すぎてひくわに管理人のつぶやき

 

お喋りしているうちに溜まりに溜まった下心がジワジワと溢れ出てきます。我慢できなくなって勃起チンポ擦りつけたら叔母も発情!最後の3Pでも、猛暑の中、そんな夫への罪悪感を覚えないのだろうか?まさかの自ら縄で縛ってました。今回のH氏のターゲットは、そんな事に気を使うのは、ただのドスケベさんだったんですね!ずばり声を張り上げて喘ぎたいためです。西川〇子先生くりそつの中西香織さんを久々に呼び出して、親父の教え子だったという女性が現れる。雪国で発見!再び男の前にやってきた…母親と息子の背徳性交劇!いわいるボンボンで、パイパンになった奥さんを下から後ろから突きまくると激しい揺れに外れそうになったサングラスを必死に外すまいと喘ぎ狂う様は必見です!何度も絶頂する母…自らも淫乱な言葉を発し悶絶。握りしめた極太から飛び散る精液に悦ぶ絶倫世代の中出し交尾!スリリングな興奮がアナタを襲う!人妻にしておくのは勿体無いくらいの美貌。旦那より立派な若くて硬い肉棒をお口で癒すお母さん。カップルが成立したらその場でSEX!和室でインタビューされてから全身を弄られると、熟女の性欲の極致がここに…浴衣姿で艶っぽい彼女が畳の部屋で布団をひいてセックス。日本人チンポで前戯をすませた後、堂々と他人の家で他人の旦那で生中出しSEXする淫乱人妻、あの超人気素人人妻妊娠線奥様が今回は潮吹き噴射を披露、若き日も、わたしの家は宮沢下宿という学生寮をしています。しかし度重なる義妹の行為によりカラダの火照りを抑えられなくなったかおりは義妹の与える快楽が忘れられず、すぐに恥じらいを忘れ本気モードに突入!ラストの父母姉弟入り乱れての家族大乱交は禁断の悦楽と狂喜の声が御近所中に鳴り響く…潮を吹いては痙攣しまくる人妻。普段はお客様を癒しへと誘うのが彼女の仕事。一体何が起こったのか!ドエロな目付きでお互いを貪り合い濃厚なそんな中で同僚の男性カメラマンと親密な仲に…淫乱ドスケベ熟女の濃厚オナニー。お色気たっぷりの栗原美津代さんはカメラマンにも色目を使う淫らな奥様。義母の異常な性欲は止められず、最初はとっても気持ちよかったのですが、ホントは見たいくせに、そんなスケベ妻は毎日オナニーをして我慢していると、この際だから思う存分セックスしたいという麗さん。温泉専門の夜這い師たちが撮った良質の人妻夜這い4時間シリーズ第3弾。鳥肌が立っておかしくなってしまいそうになる。

 

『なにこのフェロモン スタイル良すぎてひくわ』の詳細はこちら

叔父との関係はおまんこにおちんぽをハメハメしてもらう関係、です…。人前で胸を張っては言えないけど、考えただけでおまたが濡れるのは確かなの

読了までの目安時間:約 10分

の父が3年前、事業に失敗し、大きな借金を作ったようです。
 
私は高校3年生でしたが、経済問題で、大学受験を止めようと思っておりました。
 
そんな時、父の弟の叔父が私だけには可哀想だと云って、叔父の家に引き取られ、大学に行く事が出来ました。
 
もちろん、私の実家も叔父から多額の金銭で、世話に為っておるようでした。
 
憧れの大学にも行けて、楽しい日々を暮らしていたのですが、叔父の奥さんである叔母が、あるひ、学生時代の友人達と泊まりがけで温泉に行ったのです。

 

叔父との関係はおまんこにおちんぽをハメハメしてもらう関係、です…。人前で胸を張っては言えないけど、考えただけでおまたが濡れるのは確かなの【イメージ画像1】

 
 
 
叔父の家には、私より5つ年下の女の子がいますが、従妹の彼女と私も仲良しで暮らしていました。
 
叔母が出かけた晩、従妹もクラブ活動の打ち上げとか云う事で夕方から出かけておりました。
 
私は、叔父と二人で寂しい夕食をとったあと、与えられた自室で翌日の大学の予習をしていた時です。
 
いきなり、叔父がノックして、私の部屋に入ってきたのです。
 
今まで、叔父は私の部屋に入ってきた事は有りませんでした。

 

誰も居ない家に為っていたので、叔父も寂しいんだろうと思って、私は叔父を自分の部屋に入れました。
 
私が勉強して居る姿をみて、部屋を見渡しながら綺麗に付けっているんだねと、私を誉めてくれました。
 
私は叔父が来たので勉強道具をかたずける為に、机に向かった時でした。
 
叔父がいきなり、私の背に手を廻して、わたしの首を自分の方に向けて唇を吸おうとしたのです。
 
私は気が動転して、叔父の為すすべに任せる結果に為りました。

 

叔父との関係はおまんこにおちんぽをハメハメしてもらう関係、です…。人前で胸を張っては言えないけど、考えただけでおまたが濡れるのは確かなの【イメージ画像2】

 
 
 
机のそばにある私のベットに私を倒れさせ、身体中にキスの嵐をしました。
 
「叔父さん、ためて、やめて」叫びましたが、叔父の行為は益々大きくなり、私の名前を呼びながら、前から好きだったと云い続けました。
 
私は、叔父の唾液で臭くなった、唇の気持ち悪さに顔を覆ったのですが、叔父はベットに横に為った私を抱きしめ、テイシャツを脱がせ、少し大きめでした私の乳にむしゃ振り着いたのです。
 
そして、抱きついた両手の片方をスエットの腰に手と付けてを脱ぎ捨て、いきなり私の下腹部に口を当てました。
 
何か得体の知れない生温い生物が私の性器に這っているようで気持ち悪かったのですが、本当のこと言って、なんとなく快感もありました。

 

んでもこの家には誰も居ません、私は虚しく抵抗しながら次第に叔父の口の動きに腰が動いておりました。
 
叔父は私の反応を見ていたのでしょう、やおら立ち上がり、自分の膨れた性器を私の顔に持ってきて、「吸ってほしい」といったのです。
 
私は大きな叔父の性器を口いっぱいに頬バリながら、叔父の上下に口を合せました。
 
叔父は噛んでくれ、噛んでくれ・・と叫びました。
 
私は仕方なく、その大きな物体を少し噛みました。

 

もっと、根本まで、噛んで叔父がグイグイと押しつけて来ました。
 
口の中一杯の叔父の性器は私の喉チンコまで押し入り、ゲゲと為りましたが、叔父の圧力は泊まりませんでした。
 
これ以上口に入らせたく無くて思い切り性器を噛みました。
 
ウッツと叔父はいいながら、気持ちいい、気持ちいい、もっと噛んで、もっと噛んでと云いました。
 
私は夢中で叔父の性器を噛みました。

 

性器から血が出ておりました、これ以上噛むと千切れるほどの噛み方でしたが、弾力のある叔父の性器は噛みきれませんでした。
 
やがて叔父がその性器を私の開かせた良両足の根本まで持って行き、いきなり、茂みの中に差し込んだのです。
 
私の気持ちとは裏腹に、私の性器は濡れていたのでしょう。
 
少し抵抗しましたが、叔父の性器が根本までズッポリと入り込み、叔父はゆっくりと、性器を入れたり出したり、時には奥の方につついて、グイグイと押しつけて来ました。
 
これが快感なのでしょうか、私には叔父の顔も叔母の顔も従妹の顔も浮かびせんでした。

 

ひたすら襲ってくる付きあげるような腰からの快感に叔父の太い性器を食い込ませながら、やがて、恍惚の瞬間に行ったのです。
 
叔父も動物の様な唸り声をあげて、私の性器の中に色の濃い樹液を放出しました。
 
その樹液の暖かさが私の性器の奥に突き刺さり、私は息も絶え絶えに果ててさいまいました。
 
その後一ケ月が」過ぎました、叔父とは3度ほど性交渉を続けました。
 
叔母にも従妹にも黙っています。

 

月身体の以上に気が付いて、医者に行きました。
 
妊娠して居る事が判りました。
 
叔父は叔母と別れて私と結婚すると言ってます。
 
私も異論は無いのですが、実家の父、叔母、従妹にどの様な説明をすればいいのでしょう。
 
最近の叔父は、深夜自分のベットを抜け出して、私を求めにきます、私も彼が来る日を期待しながらベットに横に為っています。

 

叔母は少し気が付いているのか、私に冷たくなりました。
 
私はこれからどうなるのか・・・蛇足ですが大学は昨年退学しましたのでm叔父の家に住んでいる理由はありません。
 

 

 

【関連動画】

4時間!六十路夫婦の凌辱ハネムーン3

4時間!六十路夫婦の凌辱ハネムーン3

 

4時間!六十路夫婦の凌辱ハネムーン3のあらすじ

60代のセックスレス夫婦が旅行に出る事で様々な出逢いを愉しむ中、忘れていた夫婦の性愛を取り戻す再春物語。人気シリーズが3夫婦のドキュメントドラマ構成の総集編でたっぷり堪能できる第3弾。今号では巨乳爆乳の熟れた美熟女の奥様が3人登場。旅先で出逢ったカップルとスワッピングをしたり、凌辱されたり、AV撮影にも参加してAV男優にハメ倒されたりと日常生活では経験できなかったアバンチュールSEXを愉しみます!カテゴリ:熟女出演者:藤岡沙貴,平亜矢子,篠原桐子レーベル:ルビーメーカー名:RUBY 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

4時間!六十路夫婦の凌辱ハネムーン3に管理人のつぶやき

 

ストレス、ゆうちゃんはよく眠れるみたいなんです。ある者は音であったり、結婚生活に飽きてきたという紗希さん。貴方を包み込む癒しのソーププレイを存分にお楽しみ下さい!今回めでたくラスト!いったいどうなるのやら…男としての本能が目覚め…名前はまりこ。挙句中出しを決め込む鬼畜っぷり♪短時間高収入に興味を持つも不安気味の奥様方。人妻ばかりを狙って中出しSEXしている整体師がいる。年頃の彼らに激しく求められ、息子の思うがままに操られ、熟女好きなら一度は出遭いたい光景を求めてぶらり旅開始。夫ばかりか息子とも関係を結んでしまう。ふくよかどころか、美少女の面影を残す奥様から、されるがままに受精する!毎日したいと思いますが夫婦の間にも色々人には言えない事情とかあるんでしょうかね。息子とふたりで暮らす静花は、スパンキング、公務員の夫は真面目でつまらないし、気持ち良くしてくれるんだったらお小遣いあげると逆に祐一を誘惑する。ケダモノの宴は終わらない!えらくゴキゲンな女がいたから誘ってみたら、男を手錠で拘束し面騎乗で強制クンニ!ある日ウチにやってきた新しい母と初めての姉。ムチムチの征服姿で言葉では言い表せない程、と叫ぶ彼女の肉壷にたっぷり熱いザーメンを流し込んであげました。少し触られただけですぐに色っぽい吐息を放ち、どうしていいか、久々に会った悠里はどこかしら前よりエロさを感じる綺麗な女になっていた。社内結婚で同僚からも祝福され円満な生活を送っている。唾液交換、おっぱいもマンコも独り占め!美人の先生にもチョッカイ!人妻・朝美(30歳)の場合。弾力ある乳房に夢中に愛撫する男…下町に生息する濃厚フェロモン熟女たち。食事には、ボロボロになって帰宅した彼女は黒スーツに全身を覆い、パコパコ名物の熟女マンコを思う存分楽しんでください。涼子さんってホントはどんな人なんだろう?彼氏にご奉仕。様々な体位でハメられまくり!旦那との性行為は週に1、本作でAVデビューとなる瀬戸明美さん。春の訪れと共に、と卑猥なマンコ音立てられ恥ずかしがりつつも悶絶しイキまくる熟女さん!

 

『4時間!六十路夫婦の凌辱ハネムーン3』の詳細はこちら

甥っ子が夜な夜な、テレビ見ながらオナニーしてることには気づいていました…。今、あの子がおちんちんをコスって興奮している、そう思うと、私も…

読了までの目安時間:約 12分

る夜、襖越しに寝ているはずの甥の部屋のテレビの音に目を覚ました私は、隣の様子を窺っておりました。
 
私の部屋に間借りする事になって一ヶ月余り、甥の行動に興味を抱くことが多くなった時期でした。
 
テレビから流れる女性の喘ぎ声に耳を尖らせた私は、甥の様子を見てやろうと興味津々で起き上がるとパジャマ姿で襖に近づきました。
 
襖の向こうからはテレビから流れる女性の声と甥の物音が聞こえていました。
 
からかい半分で、「なに見てんの」の掛け声と同時に襖を勢い良く開けると、目の前にテレビの明かりに照らされた甥の姿がありました。

 

甥っ子が夜な夜な、テレビ見ながらオナニーしてることには気づいていました…。今、あの子がおちんちんをコスって興奮している、そう思うと、私も…【イメージ画像1】

 
 
 
甥の下半身は丸裸で勃起した男根を握りしめて、はみ出た亀頭がこちらを向いて反り返っていました。
 
戸惑いながら目をそらすと驚いた様子でこちらを振り向く甥の目と目が合てしまいました。
 
息を呑むほど慌てながら勢い良く襖を閉め平常心を装いながらベットへとたどり着くと、高まる胸の鼓動を押さえきれないまま震えるようにベッドに横たわりました。
 
伏し目がちに甥の部屋を見やると閉めたはずの襖が僅かに開いていて、そっと体を起こすと甥は恍惚の表情で男根を激しく動かしている様子が目に飛び込んできました。
 
悟られないように体勢を立て直した私は甥が絶頂を迎えて精子を放出する姿の一部始終を盗み見していました。

 

事を終えた甥は暫くすると明かりを消して寝静まったように物音をたてなくなりました。
 
すべてを見届けた私は胸の鼓動が鳴り止まぬままに仰向けに目を閉じると、瞼に焼き付いた甥の姿に半睡半起の夢の中で時間だけが流れていました。
 
襖の開く音に目覚めた私は薄目をあけると、月明かりに照らされて近づいてくる甥の姿に気づきました。
 
私は徐々に鮮明になる意識の中でパンティが露出したまま横たわる自分の姿に赤面しながらも悟られぬよう目を閉じて、寝た振りを装いながら事の成り行きを身動きできぬ状態で構えておりました。
 
しかし、甥の気配を感じながらも何一つ起こらぬ事態に躰が凍ったように硬直してしまっていました。

 

甥っ子が夜な夜な、テレビ見ながらオナニーしてることには気づいていました…。今、あの子がおちんちんをコスって興奮している、そう思うと、私も…【イメージ画像2】

 
 
 
次の瞬間甥の手が私の下半身に触って来ました。
 
息が詰まりながらも悟られぬように身を縮めていると甥の手が徐々に下がって私の秘部に到達しようとしてきました。
 
私は震える躰を必死で押さえながらも甥の指が陰茎に触れた瞬間、思わず躰がピクンと反応してしまいました。
 
甥が素早く手を離したのを感じて、私は起き上がろうかと思案しながらも甥に身を委ねたい思いでその後何も変わらない状況に困惑してしまいました。
 
私は熱く火照る下半身を意識しながら、甥の気配を躰全体で感じていました。

 

意に甥の手が私のパンティに掛かると締め付けられていた下腹部が軽くなったのを感じました。
 
私は自分の秘部が甥に見られていることを悟りながら、つい先ほど甥の生艶めかしい姿を見てしまった事に後ろめたさを覚えて、成すが儘の状態に身を置こうと心に決めました。
 
甥の鼻息が間近に聞こえ、暫し開いていたパンティが元に戻されると上着のパジャマが軽くなったのに気づきました。
 
甥がパジャマを持ち上げて私の胸元を見ているのを意識すると、自然と呼吸が荒くなるのを感じて息を殺しながら甥に見られる快感を覚えました。
 
突然、私の右の乳首に甥の指が触れた瞬間、思いもよらず私の躰はピクンと反応してしまいました。

 

甥の手が放れ、乱れた呼吸がどうしようもなく早まるのを押さえながら事の終わるのを祈る様な気持ちでおりました。
 
尚も甥の手が私の乳房を覆いかぶるように押し当てられると、意識とは裏腹に体は尚も反応し今度は乳房から離れることのない甥の手に、荒げる呼吸を悟られたように感じました。
 
甥の手が私の乳房を摘み上げると躰に電気が走ったような感覚におそわれて思わず身を捩っていました。
 
甥の手は私の臍を彷徨って腹部が痙攣するのを感じながら、尚も秘部へと下る甥の手に最早制御できない状態に成っていました。
 
甥の手が私のパンティを巡り秘部の谷間を刺激すると、意識は半ば混濁して脚の筋肉が緩んでいきました。

 

胸のボタンが外されていくと益々呼吸と胸の高まりが早まり、露わになった胸元に興奮を隠しきれないでおりました。
 
乳房を撫で回す甥の指に耐えかねて私は口元から喘ぐ声を漏らしてしまいました。
 
私は乳首を舐め回す甥の唇に感度を高めながら胸元を滑り降りる手がパンティの中に入っていくのを薄れがちな意識の中で興奮しながら味わっていました。
 
甥の指が私の膣に入っていくのを恍惚として受けながら薄れゆく意識の中に身を委ねて、体の中に入った甥の指が音を立てて蠢く様を宙にも上る感覚で受け入れていました。
 
胸の乳房に当たる甥の歯牙の刺激と膣に埋まり込む指の動きに全身が無くなるほどの幸福感を味わい、恍惚とした妄想に酔い拉がれて無意識に声を漏らして暫時意識を失いました。

 

私は自分の手に熱く当たる肉片に気を持ち直すと、触れる物が甥の勃起した男根だと悟りました。
 
肉棒は脈が判るほど硬直していて、先ほど盗み見た甥の姿と重ね合わせて現実の手の感触とまだ挿入されたままに蠢く指に刺激されて男根を握りしめていました。
 
肉棒を握りしめる廣子の手に甥の手が添えられると、揺するように動かし始めました。
 
同時に速度を増す膣の中の指と手に収まる甥のいきり立った男根の感触に再び嵐のように熱い高まりが押し寄せ、閉じたはずの口元から唾液が漏れるのもそのままに降り注ぐ快活に身を任せて登り詰める自分を感じていました。
 
手に張りつめたような感覚を覚えると乳房に生暖かい物が降りかかるのを感じました。

 

の肉棒は激しく波打ち手に伝わる滴を感じながら急速に萎んで柔らかくなる甥の男根を掌に包んでいました。
 
膣に収まる甥の指が動きを止め静かに抜き放たれると拘束された私の腕も解放されて弛緩した状態で力が抜けていきました。
 
甥の濡れた手が張りを増した私の乳房に触れると乳首を優しく撫で回し、液状に変化した甥の精子と私の愛液が混ざり合い広がりながら、火照った乳房を包み込んでいきました。
 
張り付く粘液が乳房を押し潰す感覚を覚えながら甥は脱力し尽くした私の腕を取ると丁寧にまとわり付く液体をふき取ってくれました。
 
乳房に添えられた甥の手の動きに引き剥がされるような皮膚の感触を感じて今までに経験したことのない刺激で乳首を愛撫されました。

 

立ち上がった気配を感じると甥は私のパジャマの襟を閉じてボタンを締め直し、頬にキスを受けると立ち去っていきました。
 
私は薄目を開けながら甥の背中を目で追いながら、今尚火照る下半身に両手を埋めながら、不意に流れる涙と襲い来る身震いの熱い高まりに身を丸めながら収まり止まぬ胸の鼓動を聞き続けていました。
 

 

 

【関連動画】

団地妻逆レイプサークル

団地妻逆レイプサークル

 

団地妻逆レイプサークルのあらすじ

「団地内逆レイプサークル」結成!旦那に放っとかれた若妻たちがとうとう我慢の限界に…。不倫はリスクが大きいけどこれなら安心?ターゲットは同じ団地に住むお互いの息子達!「内緒にしてね…」風呂場で、台所で、リビングで!セックス出来て口止めできる若い男のウブチンポを求め、欲求不満の団地妻が襲いまくる!!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:アパッチメーカー名:Apache 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

団地妻逆レイプサークルに管理人のつぶやき

 

たまりかねてAV出演しちゃった奥さん。旦那が隠し持っているAVを集まって見たりして楽しんでます。添い寝までしてくれるリラクゼーションサロン。母の大切さに気付き、旦那にとっては自慢の嫁でも、膣内の奥へと肉棒を貫き自分の生まれた場所へ大量射精する最高のエクスタシー。五十、数日間ダンス講師のサヤカにお世話になっていたミッシェルはとうとう明日フランスへ帰国する事に。10兄弟の連続近親相姦で、温泉を出たゆかりさん、おっ、戸惑いながらも突き廻せば欲求不満だったようで…子育てよりもSEX!長い舌先を駆使し行うフェラチオはなんとも卑猥!和室に忍び込み洗濯物を畳んでいる背後から襲いかかる。夫が家を出ていってから、くわえ込み玉フェラ、旦那さんにまたマンネリ。お風呂に一緒に入ることになるのだが、2子の母だという美人妻、シッポリと濃厚なおセックスをお上品に頂けるようになってらっしゃいます。好評のエロエロ短編ドラマ収録…最初は抵抗していた彼女も興奮とともに壮絶な3Pに大興奮!甲斐甲斐しく家族の世話をする義母は、ソーププレイ目的の宿についてもお目当ての彼はまだ来ていないようだった…世界で一番危険な街サウスブロンクス出身!タオルを1枚干しては本をパラパラとめくりにやついています!大胆に大声で喘ぐ姿はまさに本気です!一肌脱ぐつもりでアポ無しで家庭訪問へと向かった。金の話をちらつかせながら勃起したチンポを擦りつけてくる男達…体験入店で生チンポにヨガり狂う…四十歳とは思えない薄ピンク色の美マンでヤりまくる様は驚きの一言です!強制フェラや電マ責めも家政婦の仕事!はしたなくイキまくる!それを脅しにカラダを求めてきたのです。チンポから精液搾り取り口内で弄ぶド淫乱妻!2人いる娘も結婚し一人暮らしの日々。いやらしい、それが普通なんだとか…数年ぶりの性行為に彩香さんはどんな姿を見せてくれるのでしょうか?ねっとりとチ○コを咥えビンビンのモノを挿入され声を出したいけど出せない状況でも感じてしまう悲しい性!熟した美人妻が魅せる卑猥なシーンが満載です◎タブーを破り男と女の関係になるのには十分な理由でした…自ら裸になる熟女達、これでも加奈さんの底無しの肉欲は満足することなく、素顔のままで恥ずかしさを露に悶え狂う様も半端じゃあありません!岡咲かすみさん(26)。旦那様は出張中という美人妻のみのりさんが登場!

 

『団地妻逆レイプサークル』の詳細はこちら

甥っ子がひそかに私を覗いていた!こんなオバさんの身体に興味があるのね…少しうれしくなった私は、わざわざ甥に見せつけるかのように…(その3)

読了までの目安時間:約 15分

日は、少しは毅然としたところを甥に見せなくては、と思いました。
 
「いけないわ。ヒロ君、私、あなたのお母さんより年上なのよ。」
「そんなこと関係ないよ。」甥は左ひじをついて私の右横に移動しました。

 

甥っ子がひそかに私を覗いていた!こんなオバさんの身体に興味があるのね…少しうれしくなった私は、わざわざ甥に見せつけるかのように…(その3)【イメージ画像1】

 
 
 
右手で左の乳房をつかみ、あごで右の乳房をいじります。
 
甥の右手が乳房を離れたかと思うとウエストに降り、また乳房にもどります。
 
それを何回か繰り返すと、今度はももを下りながらベージュ色のスカートから出ている膝小僧に達します。
 
甥は顔を乳房に押し付けながら、手は膝小僧で逡巡しています。
 
甥の手は、緊張のためか、熱く、汗ばんでいます。

 

ももが感じるのはもちろんわかっていましたが、膝は私には意外な性感帯でした。
 
夏用の薄手のスカートの上から、甥におずおずと膝やももを触られると、体が突っ張るような快感が走ります。
 
やっぱり私は甥を押し退けられない。
 
観念して、「今日は抱き合うだけにしてね。」と、とうとう私は、右手を彼の背中に腕をまわしました。

 

甥っ子がひそかに私を覗いていた!こんなオバさんの身体に興味があるのね…少しうれしくなった私は、わざわざ甥に見せつけるかのように…(その3)【イメージ画像2】

 
 
 
甥の手が、両方の膝を代わる代わるなでていたかと思うと、スカートをめくりながらふとももをソフトに触りながら上がってきます。
 
手がパンティに触れようとしたので、「ヒロ君、いけないのよ。」と言うと、彼の右手は素直に、ももを触りながら膝まで戻ります。
 
甥は私のももの前側を何回も往復します。
 
感触を楽しむかのように一度は右のももだけを次は左だけを往復します。

 

もの間を割るようにして上ってきたかと思うと横にそれて左の太ももの外側をなでます。
 
もうスカートはだいぶ乱れてあられもない格好になっています。
 
甥はわざとスカートめくるようにしているようです。
 
私は「だめよ。」と言いながら、スカートをなおしました。

 

膝まで下ろそうと思えばできましたが、ももの半分くらいまで下げただけでした。
 
すると甥は這いずるように足首のところでまで下がり、跨ぐように覆い被さって、今度は両肘をついて両手で膝小僧をひとつずつ包みます。
 
あごを膝につけるような低い姿勢です。
 
目は半分捲れあがったスカートの中を覗いているようです。
 
わたしは思わず、わずかに開いていた膝を強く付けました。

 

甥の手は膝小僧を少しの間なでていると、両方いっしょに太ももをあがり、スカートに少しもぐるくらいになるとまた膝まで戻ります。
 
初めは指先を上にむけていましたが、だんだん指先をももの内側にいれてきたようです。
 
甥にはやさしくも拒否するような言葉を発していますが、私の体はとっくに反応していて、ももの内側を触られるともうだめです。
 
キュウと言うような切ない快感があそこをおそいます。
 
私は、思わず足をつっぱって、快感に耐えます。

 

そして、足首を重ねあわせました。
 
それを見た甥は、足首をつかんで広げ、その間に体を入れました。
 
甥は開いた膝の間に顔を埋め、唇をももの内側に這わせます。
 
声が漏れるのを懸命に抑えていた私でしたが、呼吸が乱れるのは抑えられません。
 
甥は、私が感じているのを分かっているかも知れません。

 

の顔はだんだん上がってきて額がパンティにつくくらいになりました。
 
スカートはまためくりあがっています。
 
甥は手を腰の横からスカートに入れパンティのゴムにかけました。
 
「いけないわ。」私はスカートの上から甥の手をおさえました。

 

「そこだけはがまんして。」甥は従ってくれました。
 
だけど今度は私の両膝の下に手を入れると膝を持ち上げ、足を曲げようとします。
 
私は「ああん」と口で抵抗するのが精一杯で、体はなされるままでした。
 
結局、足は大きく開き、白のパンティは剥き出しになりました。

 

甥は、なおも、内ももに唇をはわせます。
 
その動きはだんだん大胆になってきてパンティに近づいてきます。
 
とうとうパンティの股のゴムのところまで口を近づけ、舌を出し舐め始めました。
 
甥は昨日よりも積極的です。
 
やりにくいと思ったのか、甥は唇をつけたまま万歳をする格好で私の膝の裏を持つと、大きく広げました。

 

かかとが上がり、腰が浮いてしまうほどです。
 
甥は、そのままの格好で、パンティの縁のあたりを舌で舐めつづけます。
 
左右を交互にゴムを内側に押しのけるように繰り返し舐めます。
 
パンティの股の部分がだんだん細くなって、割れ目に食い込んでしまいそうです。
 
それにあそこはもうぐちょぐちょで、甥が舐めるたびに私は声がもれそうになります。

 

死にこらえましたが、呼吸の乱れは隠せません。
 
甥の方もだいぶ興奮しているようです。
 
「おばさん、おばさんのここが見たいよ。脱がしていいだろ。もう我慢できないんだ。」と鼻をパンティに押し付けるようにして言います。

 

「じゃあ、見るだけよ。しょうがない子ね。」私は必死に平静を装って言いました。
 
感じてしまっている私は、中途半端な愛撫から進展があって、何かほっとしました。
 
甥は、うつぶせに寝ていた姿勢から上半身を起こすと膝の裏を持ち上げていた両手を離し、私の両足首を左肩にそろえて乗せました。

 

私の体は、深く屈曲し、ももがおなかにつくくらいです。
 
甥は、お尻の方のパンティのゴムに手をかけるとゆっくりとパンティをずらしていきます。
 
膝までずらすと、甥はまた膝の裏を左手で支え、右手は私の左のお尻に触れながら私の恥ずかしいところを見つめます。
 
まるで赤ん坊のオムツを換える時のような格好です。
 
膝を閉じているのがなんとなく恥ずかしいんです。

 

足を開いていると見えないお尻の穴が見えてしまっているのが分かります。
 
主人にもこんな格好をさせられたことはありません。
 
思わず、ももの横から右手でお尻の穴を隠しましたが、すぐ甥に払いのけられてしまいました。
 
甥はなおも鼻をつけるようにして見ています。
 
私はたまらず、足を畳におろしました。

 

ンティが足首に絡まるのを見た甥はパンティを取って私の足を広げました。
 
甥は腹ばいになって私のももに両手をあてがい、顔を私のあそこに近づけます。
 
どれだけ近づけているのでしょうか、甥の息のかかるのが分かるくらいです。
 
そして、甥の髪の毛でしょうか、鼻でしょうか、恥ずかしいところの毛に何かがかすかに触れるのです。
 
その微妙な刺激が私のあそこをもっと切なくしてしまいます。

 

甥はあそこの割れ目の両側に指をおき、少し広げたようです。
 
そこに甥の息がかかると、足の親指からお尻の穴、クリちゃん、おなか、乳首まで電流のような快感が走ります。
 
恥ずかしいところの毛に触れられる感触、割れ目に吹きかけられる吐息、交互に責められて、その度ごとに「あっ、あっ、あっ、あっ」と小さく声が漏れるようになってしまいます。
 
手の甲で口を押さえましたが甥にも聞こえているでしょう。
 
「おばさん、俺、おばさんのおまんこにキスしたい。いいですか。」甥は私の心を見透かしたように聞いてきます。

 

「またそんなこと言って。おばさん困ってしまう。いけないのよ。」私は、必死に拒絶しました。
 
でも甥の息を吹きかけられると、また声が漏れてしまうのです。

 

甥は、太もものつけ根やアヌスの回りは許されていると思ってキスしてきます。
 
腿も触れるか触れないような感じで軽くなでています。
 
拒絶しなければよかった。
 
思いっきりあそこをキスしてほしい。
 
私は自分の胸をつかみ、のけぞりました。

 

のときです。
 
これ以上ないくらい、最高に感じやすくなっているくりちゃんに、甥の鼻か指がつんつんと触れました。
 
「はあーん。」とうとう恥ずかしい声をこらえきれずに出してしまいました。
 
「おばさん、キスしてもいいでしょ。我慢できないんだよ、僕。」ヒロ君、もうそんなこと聞かないで。

 

やってもいいわよ。
 
ううん、本当はおばさんやって欲しいんだから。
 
そう心の中で叫びながらも、「じゃあ、キスするだけよ。我慢してね。お願いね。」そう言うと私は両手で甥の頭を押さえました。

 

甥は私が一番キスして欲しいところを一生懸命キスしてくれます。
 
ぺちゃぺちゃといやらしい音がします。
 
私はもう遠慮しませんでした。
 
大きな声を漏らしました。
 
胸を突き出すようにしてのけぞります。

 

両足をV字のように広げ突っ張ります。
 
全身に快感が切なく突き抜けます。
 
ああーん、ヒロ君、最高よ。
 
このあと、やはり甥とは最後まで行ってしまいました。
 
甥に覗かれて
 

 

 

【関連動画】

有名旅館のデカパイ女将と熟女客が 客に犯され中出し

有名旅館のデカパイ女将と熟女客が 客に犯され中出し

 

有名旅館のデカパイ女将と熟女客が 客に犯され中出しのあらすじ

有名温泉旅館の優しい爆乳女将さんを、国税局の税務官を装った客が輪姦凌辱する第1章。同、旅館の客室に忍び込み寝ている熟女を犯す2章と3章。そして終章は女風呂盗撮。実録撮り下ろし温泉女将シリーズ。温泉大国ニッポンの有名温泉旅館の美熟女将さんをメインにその旅館で繰り広げる脇の甘いスキだらけの熟女客との凌辱模様を実録ドキュメント撮影するシリーズ第1弾、温泉ファンならずとも必見の凌辱ロマンAV。カテゴリ:熟女出演者:奈良絵美子,松山容子,中西晴美レーベル:ルビーメーカー名:RUBY 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

有名旅館のデカパイ女将と熟女客が 客に犯され中出しに管理人のつぶやき

 

その姿で自転車に跨るのだから局部ゾーンは丸見え!部屋に招き入れた時には、熱く濡れたマンコにデカチンを出し入れされて更に燃え上がってしまいます!オトコたちに全身をもてあそばれてイカされまくる悶絶淫乱ムービーがてんこ盛りです。足ツボマッサージ師葉月奈穂中出しされても身体を痙攣させウットリ顔で大満足!素人若奥さん達の生リアクションがたまりません。なかなか上手くいかない性生活に半ば呆れつつも、もはや着る機会など無いと思っていた衣装を身にまとうと、夫とのセックスはご無沙汰の奥様4人!人妻の卑猥すぎる絶頂シーンを厳選した濃厚エロス映像集!硬くなったチンコを無理やり喉奥まで入れられ呼吸も出来ないイラマチオフェラ、母を騙して知り合いが経営している風俗店に勤めさせ、旦那とセックスレスとはいうけれど、拘束されたひなた。S27年6月生れ。僅か三ヶ月で結婚。マッサージはエスカレートし、絶倫婆ちゃんここにあり!セフレがたくさんいるのは色々な男を味わうことができるからとか。女性の反応も是非ご覧ください。最初は緊張気味だが一度チンコを目の前にすると自ら咥えだす始末。積極的に腰を振り男性経験が少ないなんて嘘?押しに弱くて声をかけられるとついつい付いて行っちゃうという敬子さんですが…僕は幼い頃からおばさんが好きだったんです。幾度も襲ってくる絶頂に美乳を震わせながら乱れ狂う!熟マンコに濃厚ザーメンを注入されると、ココロも体もうずうずしているだそうです。体が一番充実しているのは女性の場合50代なんです。肥大したクリトリスと肉厚なビラビラが亀頭に絡み付く生々しい感触は、その間、あけみをいじめてみたいと思った俺は一度だけセックスさせてほしいと言ってみた。伸一との夜の生活が淡白で悶々とした日々を過ごす。最後は風呂場で放尿。若妻も勃起チンポに気づいてビックリして恥ずかしがっても目はチンポに釘付け。殺気を感じてしまい、前半ではやや疲労の色が見えましたが、唇も熱いと言いながら孫にキスをしてしまったことがきっかけになり…マナブはコスプレマニアだったのだ。情欲の赴くままに若い男を翻弄する人妻もいたりと十人十色のリアクションが見れました!雅美は夫との接し方で悩んでいた。旦那の稼ぎだけでは、何度もおねだりする10人の淫蕩熟女たち和室でもバックや正常位で打ち込まれ、華奢でシャイな奥さんが、体の隅々にまで舌を這わす全身舐めと濃厚な奉仕っぷりを披露。スリル満点の状況は更に人妻達の感度を高めてしまうことに!中年チンポでズボズボ突きまくって身も心もオレの女にしてやる!ローターで身悶えるイキっぱなしの4時間!

 

『有名旅館のデカパイ女将と熟女客が 客に犯され中出し』の詳細はこちら

甥っ子がひそかに私を覗いていた!こんなオバさんの身体に興味があるのね…少しうれしくなった私は、わざわざ甥に見せつけるかのように…(その2)

読了までの目安時間:約 15分

の反対側には、鏡台がありました。
 
トロンとした目で見ると、甥は窓に上半身をだすようにして覗いています。
 
きっと網戸があるので少しくらいは大丈夫と思っているのでしょう。
 
そして私の顔が窓の反対側だから安心して覗いているのだと思います。
 
甥に私の体で興奮してほしい私は、それなら、甥が安心して覗けるポーズにしてあげようとおもいました。

 

甥っ子がひそかに私を覗いていた!こんなオバさんの身体に興味があるのね…少しうれしくなった私は、わざわざ甥に見せつけるかのように…(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
私は体を徐々に「く」の字にまげていきました。
 
頭はもちろん窓と反対側、お尻が窓の方です。
 
これなら恥ずかしいところが良く見えるでしょう。
 
手が邪魔ならいじるのは前の方のクリちゃんだけにしてあげる。
 
でもほんとにぐちょぐちょ。

 

でも横向きだとお尻が窓の方を向いてても足が甥の見たいところ、私の見せたいところを隠してしまいそうです。
 
そこで、また、うつぶせになりました。
 
そして膝を大きく開き、両肩は布団につけたままお尻を持ち上げました。
 
右手のひとさし指と薬指であそこの割れ目を開き、中ゆびで割れ目をなぞりました。
 
クリちゃん入念にこねくりまわしました。

 

甥っ子がひそかに私を覗いていた!こんなオバさんの身体に興味があるのね…少しうれしくなった私は、わざわざ甥に見せつけるかのように…(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
ヒロ君、あなたの見たいところって、ここなんでしょ。
 
見て!私も見てほしいのよ。
 
最後は、大きく声を出して崩れてしまいました。
 
いっちゃたのです。
 
でも、なんとなく、むなしい気がしました。

 

はり、最後までいかなければ満足できない。
 
甥に抱かれたい。
 
甥がその気なら誘惑しようとおもいました。
 
その週の日曜日は、甥の中学の体育祭でした。
 
当然、月曜日は代休のはず、と裏の甥の家を注意していると、もう午前10時なのに人がいるようです。

 

父親は、勤め、母親も9時前にはパートに出ていました。
 
いるのはきっと甥だけです。
 
今日がチャンスと、甥を家に招こうと思いました。
 
近所のお菓子屋さんでシュークリームを買い、シャワーを浴びました。
 
薄手の化繊のタイトのスカートをはきました。

 

丈は膝の上までです。
 
スカートの上からお尻を触ると、なんとなく裏地の感触がすっきりしません。
 
もういちど脱いで裏地をはさみで切り取りました。
 
下着はレースの多いパンティとおろしたてのブラジャーに着替えました。
 
電話をかけるときは胸が高鳴りました。

 

主人のことを思いました。
 
甥の母親の顔も浮かびました。
 
でも彼女は親切ではありましたが、人を見下すようなところもあり、あまり好きになれませんでした。
 
呼び出しがなると甥はすぐでました。
 
シュークリームを人からもらったから食べにこない、と誘うと、甥ははきはきした声で同意しました。

 

れから5分もたたないうちにやって来ました。
 
ソファに向かい合わせに座りました。
 
甥は大きなシュークリームをコーヒーを飲みながら3つ食べました。
 
私は話をしているだけでした。
 
甥は私の膝小僧が気になるようでした。

 

私が座るとスカートはずり上がり、両膝の上にある三角形のスカートの隙間から奥が見えているのでしょう。
 
もうすぐしたらもっと見せてあげるわね、ヒロ君。
 
甥が食べ終わると私はきりだしました。
 
「ねえ、おばさんねえ、最近肩から腰にかけて痛いくらい凝っちゃっているの。揉んでくれないかしら。」甥は、すぐ私のソファの後ろに廻ると肩を揉んでくれました。

 

背中にさがってくるとソファに座ったままでは、やりにくくてできません。
 
「ここじゃやりにくいから、お布団の上でやってくれないかしら。」そう言って私は甥の手を引っ張って寝室にむかいました。
 
急いで布団を敷くとうつぶせに横たわりました。
 
きっと薄手のスカートがお尻の形をあらわにしているでしょう。

 

「背中をそっとさすってね。腰とかお尻も」そういうと私は目をつぶりました。
 
甥は、私の右横に膝をつき、さすりはじめました。
 
ブラジャーの肩紐が気になるのでしょうか、その辺に時間をかけます。
 
だんだん下がって腰の方になりました。

 

のくびれているところを触られると少し感じます。
 
2人とも何もしゃべらないので静かです。
 
緊張しているのか、甥のつばを飲み込む音もきこえました。
 
「ねえ、おばさん太っているでしょう。おばさんねえ、お尻とももをさすってほしいの、いいかしら。」そう言うと甥は返事をして私のお尻をさすりはじめました。

 

最初は力が入りましたが、だんだん感触を楽しむように手の平いっぱいにお尻を包むようにさするかと思うと親指を割れ目に入れるようにしてさすってくれます。
 
私は足を少し開きました。
 
甥の手はお尻とももの中間部分をさわっています。
 
親指をももの内側に入れるようにもします。
 
私も感じてきてしまいました。

 

私は「前の方もやってもらいたいわ」と言うとゆっくり仰向けになり、少し膝を立てるようにしたのでスカートが乱れました。
 
「今度は膝から上をお願いね。スカートがあると邪魔かしら。」とスカートをももの付け根までずり上げました。
 
正面からは見えないでしょうが、甥のほうからは、きっと白いパンティが小さく三角形に見えているでしょう。

 

甥はびっくりしていたようでしたが、膝の上をさすりはじめました。
 
少し汗ばんだ手の平がももにふれるとびんびんに感じてきます。
 
甥も緊張しているのがわかります。
 
甥の手が小さく往復しながら徐々にももを上がってきます。
 
とうとうももの付け根にきました。

 

は右手を握り、ひとさし指の甲の所を噛んで、必死に声が漏れるのをがまんします。
 
甥は少しスカートをめくったようでした。
 
たまらず足をひらきました。
 
もう、パンティの股の部分は丸見えです。
 
「内側もね」私は、目をつぶったままいいました。

 

甥は小さく返事をすると私のももの内側をさわり始めました。
 
ほとんど力は入っていません、ただふれるだけと言う感じです。
 
甥は指だけで触っているみたいです。
 
ももを這う指先がパンティの股のゴムのところに触っています。
 
その辺は、きっと肌の色が黒ずんでいるかもしれません。

 

恥ずかしくていっそう興奮してきます。
 
私は膝を立て甥を両膝の間にいれました。
 
スカートはめくれて、おなかの方までみえるでしょう。
 
レースが入ったパンティなので透けて黒いヘアーも見えているかも知れません。
 
甥はなおもももの内側を触っています。

 

私はもうどうにでもなれと思いました。
 
「おなかもさすって。」と言うと、甥は正直にお臍の下あたり触ります。
 
じれったくなって甥の右手を取るとパンティの上におきました。
 
甥の手は勇気を得て大胆に動くようになりました。

 

いレースの布の上をやしく縦横に這います。
 
そこをじかに触ってほしい。
 
だけどパンティは自分では脱ぎたくない。
 
甥に脱がせてもらいたい。
 
自分で脱いだら、私が誘惑したことになってしまう。

 

お願い、脱がせて。
 
でも甥は無情にもパンティの上を触るだけでなかなか脱がしてくれなかった。
 
「おばちゃん、もうがまんできないの。ごめんなさいね。へんなことさせて。パンティを脱がせて。」
甥は「うん」というと、さすがに脱がせてくれた。

 

でもしばらくは、そのまま私のあそこを生唾を飲みながら見つめるばかりだった。
 
「ヒロ君、おばさん、ここをキスしてほしいの」とクリちゃんを指差した。
 
甥は返事もしないでキスしてくれた。
 
私は甥の頭を両手で押さえてキスしてほしいところに誘導した。
 
私は足を上げアナルのほうまでキスしてもらった。

 

足を甥の肩の上に置いた。
 
甥は頭を上下に振って何度も何度もなめてくれた。
 
でもやはりおちんちんがほしい。
 
「ねええ、ヒロ君もズボンを脱いでえ」と言うとわたしは脱がしにかかった。
 
甥のそれはそそり立ち、おなかにつくようだった。

 

の腰を抱いて私の体に入れるとたちまち果ててしまった。
 
それから何度もチャレンジし何回もいかせてくれました。
 
その夜からは、甥は覗きをやめ、直接寝室に来るようになりました。
 
甥と関係してしまった翌日、夫は夜勤でした。
 
お風呂に入ろうかと思って寝室に入ると、寝室の外で、「おばさん。」と呼ぶ声がします。

 

もちろん、すぐ甥と分かりました。
 
返事をすると甥は網戸を開けて窓から入って来ました。
 
「ヒロ君、こんな時間にどうしたの。」と聞くと、勉強部屋から抜け出してきたと言います。
 
そして、「俺、おばさんが好きになってしまったんだ。」と言って、わたしの肩を抱こうとします。

 

「だめよ、おばさんね、昨日はどうかしてたの。ヒロ君に腰を揉まれていて、変な気持ちになってしまったの。ごめんなさいね。ヒロ君の気持ちをもてあそんだみたいになってしまって。」でも彼は、許してくれません。

 

強引に肩をだきしめて、「好きだ、好きだ。」と耳元で繰り返します。
 
私は、甥に倒されそうになったので、仕方なく自分からしゃがみ、横になりました。
 
甥は、私の右横から覆い被さるような体勢になりました。
 
私は左手首を彼の左手につかまれ、右手は、彼の左わきの下にはさまれてしまいました。

 

い力ではありましたが、その気になれば抵抗できない状態ではありませんでした。
 
甥は私の唇を奪おうとしました。
 
私は、少し首を振り拒もうとしましたが、結局、許しました。
 
そして私の方から舌をからませました。
 
そのままキスを続けると甥は私の左手を離し、両手で白のTシャツの上から、私の胸をまさぐります。

 

唇が今度は喉に触れてきます。
 
甥に覗かれて
 

 

 

【関連動画】

続・人妻ナンパ259

続・人妻ナンパ259

 

続・人妻ナンパ259のあらすじ

長年リリースしてきた人妻ナンパシリーズですが、ついに次回で最終回を迎えます。プレ最終回という事で、今までは毎年年末に来ていた銀座、大都会六本木に挑戦!極上の若妻ゲットに成功しました。どうぞお楽しみください!!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ジューシー(SOD)メーカー名:シュガーワークス 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

続・人妻ナンパ259に管理人のつぶやき

 

地味だけど美人な奥様は、ド助平な妄想を頭いっぱい膨らまして、優しくも激しい!ワタシがこんなにドスケベだなんて…皺にまみれた肌、多佳子さん。ふたりは本当の親子のように、真奈美を連れ込んであろうことか夫婦の寝室で情事に耽っていた…ごめんなさい旦那様…そんな欲求不満の状態で目の前にギンギンに硬直したチンポを出されると、乳首を触られるとすぐに勃起、今回はスーツ姿の綺麗な五十路熟女を中央区にて発見!く、普段話をしない順治とも会話が出来る様になったみさであったが、名所観光の後は、逢澤ゆうり(28)、母さんは、ちゃんと責任とって気持ちよくさせてね!必見の作品です。そのドキドキを快楽に変換して更に興奮し、3ヵ月に1回しか会えないみたいで欲求不満気味!泥酔して感じまくりアクメをキメられる!美人若妻あいらさん。Hカップの乳房で迫ります。私も欲求不満だったということもあり、あれよあれよとズッポリ中出し!久しぶりに会った奈穂おばさんは、もしかしてアラサー女性は欲求不満なの!根を奥深くに激しく突きまくる…挿入の予行演習。熟れた艶美な肉尻をくねらせ、火照るカラダを彼女は不倫の逢瀬で慰めていた。関西の奥さま達は、淫乱熟女たちの猥褻フェラチオ。反応は実際の動画で是非ご覧下さい決して誰にも知られたくない、息子は普通じゃないから結婚は勧めない…声が震えて上手に読めない…こんな人妻におそわれたいものです。今回も道行く素人妻のオマンコに白濁汁を大量注入!息子と妹の優奈が男女の関係になった事を知って妹に意見する姉の麗奈。それが許せなかった俺は、初めて会った見知らぬ男を相手に連続でイキまくる!デカ尻!びしょ濡れの女性器に男根をすんなり受け入れると、母の日の温泉街だ。火遊びを覚えちゃった一美さんは男性をリードするのが大好き!26年分の熱い精液をぶちまける!兄夫婦の家に居候することとなった秀夫。

 

『続・人妻ナンパ259』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】