告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

薄手のブラウスに短いスカートで家の中をうろうろしている義妹、女子大生。親族といっても、俺もオトコだーっ!ふたりきりになった俺、豹変!

読了までの目安時間:約 7分

初はちょっとやばかったかしれん。
 

薄手のブラウスに短いスカートで家の中をうろうろしている義妹、女子大生。親族といっても、俺もオトコだーっ!ふたりきりになった俺、豹変!(イメージ画像1)

 
家族全員が出かけ、義妹と2人きりになった日曜日の昼下がり、俺はついに制御不能になってしまった。
 
薄手のブラウスに短めのフレアスカートで家の中をうろうろしている義妹を見て、もう自分を抑えられなかった。
 
薄手のブラウスに短いスカートで家の中をうろうろしている義妹、女子大生。親族といっても、俺もオトコだーっ!ふたりきりになった俺、豹変!(イメージ画像2)

 
初めて嫁の両親に挨拶に行った時、大学生になったばかりの義妹も一緒に出てきて、その時から俺の下半身は暴走モードになるのを必死で堪えていた・・・。
 
姉妹とは思えないほど義妹の性格は大人しく、髪は長くて色白で、清楚な感じで細身だが、胸はそれなりに大きかった。

 

そんな女子大生を見て、義妹は直ぐに俺の心のアイドルになり、嫁の実家で同居となったのだから、煩悩と戦う苦行のような毎日を強いられる事となった。
 
?当然の事ながらそんな事はおくびにも出さず、俺はずっと優しい義兄を装って嫁の家族と接してきたが、その時はある日突然やってきた。
 
意を決して部屋のドアをノックし、義妹が無防備に出てきたところに抱きつくと、一気に唇を奪った。
 
「お義兄さん!?」義妹は抵抗するのも忘れて、ただ、ただ、「お義兄さん!」を繰り返した。
 
ベッドに押し倒し、ふくよかな胸に手をやった時、義妹は初めて抵抗を示した。

 

「お義兄さん!ダメ!どうして?」
「法子ちゃん、いつも俺達の夜の声を聞いて、オナニーしてるよね」カマをかけて、そう言ってみた。
 
すると、義妹は一瞬目を泳がすと耳まで真っ赤になって、抵抗が弱まった。
 
すかさずスカートの裾から手を入れて素足の太ももを撫で上げると、俺の手を阻むように押さえてきたが、一気にショーツの中に指を忍び込ませて、亀裂をまさぐると微かに湿っていた。
 
「濡れてるね」そう言ってみると、義妹は一層顔を赤らめて顔を背けたので、俺の手を押さえる力が抜けた。
 
俺はそのままショーツを掴んで尻の方から卵の皮を剥くように剥ぎ取ると、再び抵抗が始まったが、俺は義妹の股間に顔を埋めて、割れ目に舌を這わせた。

 

「ダメ・・・お義兄さん、やめて・・・」しかし、俺は義妹の腰をがっちりと抱え込んで、ひたすら義妹の亀裂を舐め続けた。
 
俺を押しのけようとする義妹の力はどんどん弱まり、まだ、未発達の陰核に集中して刺激を与え続けると、軽くイッたのが分かった。
 
「法子ちゃん、イッたね」義妹はそれを否定するかのように首を横に振ったが、目を閉じて体を震わせているが分かったので、その隙にブラウスのボタンを外してブラも脱がせると、スカートだけを身に纏った義妹が目の前に横たわった。
 
細くて長い足が、スカートのすそから伸びている。
 
俺も全裸になって、そのまま形のいい乳房に吸い付きながら割れ目にグッと押し込むと、途中まですんなり入ったので、後は一気に貫いた。

 

まで届いた瞬間、義妹は俺にしがみつき、「動かないで!お願い!」と言って、痛みを堪える表情を見せた。
 
俺はそのまま動かずにいたが、義妹の表情が和らいだところで、少しずつ腰を動かし始めた。
 
義妹は再び痛がってみせたが、俺はそのままピストンを続けてそのまま中で放出した。
 
「お義兄さん・・・どうして・・・」義妹は、少し血の混じった白濁液が自分の膣から流れ出てくるのをティッシュで拭いながら訊いた。
 
俺はそれには答えずに、義妹の後ろから腕を回して抱き締めた。

 

家族が戻ってきても、法子は普段と変わらぬ様子で振舞っていた。
 
それから何日か経って、会社帰りに義妹を呼び出した。
 
駅で義妹を車に乗せ、運転しながら聞いてみた。
 
「法子ちゃん、怒ってないの?」
「・・・」義妹は目を伏せまま、何も言わなかった。
 
俺は公園の近くに車を停め、体をひねって義妹の顔を見ながら聞いた。

 

「お姉ちゃんには、言わなかったんだね」義妹は俺の方を見ずに、コクリと頷いた。
 
「どうして?」義妹は顔を上げて俺を見ると、「そんな事したら、お義兄さんに会えなくなっちゃう」と言った。
 
俺は義妹の後頭部に手をやり、ゆっくりと引き寄せると、優しく口付けをした。
 
「んふ…」息が続かなくなった義妹が声を出したので、一旦唇を離し、今度はその薄い唇に舌を入れてみた。
 
「法子ちゃん、ホテルに行こっか」義妹は、再び小さくコクリと頷いた。

 

先にシャワーを浴び、バスタオルを巻いてベッドで待っている義妹にキスをした後、俺達は並んで横になった。
 
ゆっくりとバスタオルを開くと、形のいい乳房が露わになった。
 
まだ柔らかいままの乳首を口に含んで舌先で転がすと、どんどん固くなり、義妹の息が少しずつ荒くなってきた。
 
全身に手と舌を這わせ、一番敏感な突起を舌先で舐めあげた時、義妹は「うっ」と体を震わせてイッた。
 
「お口でして」そう促すと、義妹はゆっくりと体を俺の下半身へと滑らせて、ぎこちなく口に含んだ。

 

感が高まったところで、喉の奥まで突き立てて、言った。
 
「出すよ」義妹は、一瞬動きを止めたが、直ぐに再び首を前後に動かして、射精を促した。
 
信じられないほどの精子が、義妹の喉に注ぎ込まれた。
 
「飲んじゃった」義妹は、再び俺を口に含むと舌を巧みに動かして、粘り気を取ってくれた。
 
2人で抱き合ってしばらく眠った後、もう一度義妹に入ろうとした時、優しく俺を制して言った。

 

「お義兄さん、ゴムだけ、お願い。大丈夫な時は、ちゃんと言うから」それから、法子とは週に一度、家族の目を盗んで会っている。
 
最初に何度か俺の指でイッた後、シックスナインからアナル舐めをして、最初の挿入を果たす。
 
2、3ヶ月経つと法子はコツを覚えてきて、痛くなるほど俺を勃たせると、奥深くまで飲み込み、腰を擦りつけるようになった。
 
「お義兄さん・・・凄い・・・いい、いい・・・あ、あ、あ、あーっ!」白目を剥いて絶頂を迎えると、そのまま失神する事も珍しくなくなった。

 

「お義兄さん、あーっ、それダメ・・・、壊れちゃう、ああ・・・、イッちゃう、イッちゃう、イクッ!」法子は、うつ伏せで腰を高く上げたまま俺を迎え入れたまま、昇天した。
 

小5の僕の小さな包茎ちんぽを、田中美佐子似の美しい叔母の手が剥いていく…。そんな、そんなことになるなんて思いもしなかった幼い僕は…!

読了までの目安時間:約 11分

から、だいぶ昔のことをお話します。
 

小5の僕の小さな包茎ちんぽを、田中美佐子似の美しい叔母の手が剥いていく…。そんな、そんなことになるなんて思いもしなかった幼い僕は…!(イメージ画像1)

 
小5の時の叔母との経験談です。
 
その当時叔母は、田中美佐子にの綺麗な人で子供ながら、綺麗な人だと思っていました。
 
小5の僕の小さな包茎ちんぽを、田中美佐子似の美しい叔母の手が剥いていく…。そんな、そんなことになるなんて思いもしなかった幼い僕は…!(イメージ画像2)

 
確か25歳くらいだったと思います。
 
ただ、小五というと、特に異性に対する気持ちなどはなく、単に叔母と甥の関係でしかありませんでした。

 

母親とは小6まで結局風呂に入っていましたので、小5の時点では、叔母とお風呂に入るのは、抵抗はありませんでした。
 
むしろ、母親と妹と体がどのように違うのか、非常に興味を持っていたのを覚えています。
 
叔母と一緒にお風呂に入ったのは、家族で親戚の家に遊びに行ったことがきっかけです。
 
なぜかそのときに叔母が、母親にあきちゃんをお風呂に入れてあげるよと言って、母親も助かるからお願い、というやり取りがきっかけでした。
 
先にお風呂に入っていると、何も隠さない叔母が入ってきました。

 

その時に、母親と同じくあそこに毛が生えていたので、大人は同じなんだなーと妙に感心してしまいました。
 
その後、叔母が体を洗ってあげるよ、と言ってくれたので、お願いしました。
 
しばらくすると叔母が、あきちゃんのちんちん見せてと言いました。
 
そして、「あきちゃんはまだ子供だね」、と言いました。
 
「どうして?」と聞くと、「皮かむりだから」と言われました。

 

そしたら、叔母さんが、「みんなに内緒にしてくれたら、叔母さんが大人にしてあげる」と言い、私はお願いしました。
 
叔母がゆっくりと皮を剥いていきながら、痛いかもしれないけど我慢してね、ととい言いいました。
 
確かに、かなり痛かったような気がします。
 
その後、先っぽが出てきましたが、まだ表面が赤っぽく、白い汚れがかなり付いていました。
 
それを石鹸水で叔母が手で洗い流そうとしたとき、激痛が走り痛いと言ってしまいました。

 

めんごめんと言いながら、お湯をかけて石鹸水だけおとしました。
 
お湯をかけられるだけでも、腰を引いてしまうぐらいの刺激でしたが、その後仕方ないなーといいながら、突然口にちんちんをくわえられ、舌で汚れをなめ落とされました。
 
ホントびっくりして、その時は叔母が怖い感じがしましたが、大人になる為だと自分に言い聞かせ、我慢しました。
 
その時は、気持ちがいいとかはまったくなく、ただ少し痛だけでした。
 
しばらくその状態が続きましたが、なめながら叔母が「すぐには大人になれないね」と言い、なるべく毎日家に来てと言われました。

 

叔母はその当時花嫁修業中で、家に毎日いるとのことでした。
 
ちょっと怖いけど、いいよと言いました。
 
その日は、お風呂から出て家族で親戚の家でみんなでご飯を食べて家に帰りました。
 
次の日から、私は叔母の家に学校帰りに立ち寄りました。
 
叔母の部屋はちょうど離れになっていて、誰が来ているかは他の親戚の家の人にはわからない状態でした。

 

まして、商店を経営していたこともあって、みんなお店に出て行っているので、昼間は叔母一人でした。
 
叔母に会うと、早速はじめようかといわれ、全部服を脱ぐようにいわれましたが、私が、ちょっとお風呂でもないところで裸になるのは恥ずかしい、と言うと、「しょうがないね~お姉ちゃんも裸になれば恥ずかしくない?」と叔母は笑いました。
 
私がどっちでもいいと言うと、まったくといいながら、少し怒った様子で、扉に鍵をかけに行きました。
 
その後、服を脱ぎ始め全裸になり、すでに裸の私の前に座ると、昨日と同じようにちんちんの皮を剥き、なぜかウチワで仰ぎはじめました。
 
何するの?と聞くと、表面が少し湿っているからと言いながら、仰向けになるように指示されました。

 

不思議に思っていると、仰ぐのをやめた叔母が、しめったガーゼを持ってきました。
 
そして、ちんちんの表面を軽く撫でました。
 
その時は痛いような気持ちがいいような感覚で、不思議な感じでした。
 
しばらくそれを続けられた時に、叔母にちんちんが大きくなってきたねと言われ、勃起状態になっていることに気が付きました。
 
それに気が付くと私は、やっぱりやめようよ、と言ってしまいました。

 

したら、「これこそが大人になる為だから」と叔母はいい、撲はそうなんだと思いながら、少しの痛みと、気持ちよさの中で我慢してました。
 
しばらくして叔母は、今日は終わりにしましょうと言い、服を着始め、また明日も来なよといわれました。
 
しばらくそんな感じで学校帰りに1時間ぐらい叔母のところによっていました。
 
2週間ぐらいだと思いますが、叔母がちんちんを手で触ってきたときがありました。
 
その時は痛みがほとんどなくなったような感じでした。

 

そろそろかな?と叔母が言いました。
 
今まではガーゼだったけど、今度は手でするからねと言いながら、裸の仰向けの私に言ってきました。
 
叔母もいつも裸でしたが、叔母の股間が毛に隠れ、妹のように割れ目が確認できませんでした。
 
早速手で触られ始め、気持ちよさが先行し、早くも勃起状態になると、叔母が早くこすり始めました。
 
私は、初めての感覚にびっくりして、「お姉ちゃんやめて、変な感じ」といいましたが、「それでいいのよ」といいながら、叔母は手を動かしていました。

 

その後、言葉にならない声が自然と出てきて、叔母に口を手でふさがれました。
 
そしたら、なんだか空中に浮いていく感じがしたと思ったら、体が急にピーント伸びてすごい快感が襲ってきました。
 
精通はしていないときなので射精感はなく、ただ気持ちいいだけで体がぴくぴくしました。
 
叔母は、「どうしたの?いった?」と聞きましたが、言葉の意味がわからず「解らない」と答えました。
 
そうすると叔母は、再度激しく上下にこすり始め、また快感に体を反応させていました。

 

叔母は手を止め、「わかった、子供だから出ないんだ」といいました。
 
すると僕のちんちんを手につかんだままで、毛の生えている叔母の股間にあてがい、ぬるっとした感覚で、叔母のあそこに入りました。
 
ふっとため息混じりに「合格だね」と言われ、何の事か解らないけど、とにかくちんちんが暖かくなんとも言えない気持ちよさでした。
 
叔母は騎乗位で腰を動かし始めました。
 
すごく気持ちよくなり、またすごい快感に教われましたが、叔母は上で腰を振りながらすこし「あん、あん」と言っていたような気がしました。

 

だ、手でこするのとは違いなかなかやめてくれずに怖くなり、死ぬかもしれないと思いながら、快感で声が出ずに、何とか首を横に振りやめてほしいことを訴えました。
 
でも「まだまだ、私を気持ちよくさせて」と言ったのを鮮明に覚えています。
 
その後はいつの間にか気絶したのか、気が付いたときには、叔母は服を着て、お茶を飲んでいました。
 
僕もいつの間にか服を着せられていました。
 
「気持ちよかったでしょう?でもまだまだ子供だね。大人は途中で眠らずに我慢するんだよ」と言われました。

 

「でもつらかった?」と聞かれた時に涙が出てきました。
 
本当にびっくりであのときの叔母が怖かったのです。
 
そのまま走って家に帰ってしまい、ましたが、寝るときに初めてオナニーをしてしまいました。
 
やはり快感が忘れられずにいたようです。
 
それから1週間立ち、私は叔母の家の玄関の前に立ちました。

 

やはり快感が忘れられずにいました。
 
叔母は快く迎えてくれましたが、普通に話をしてお茶を飲むだけでした。
 
僕は勇気をだして「またしたい」と言いました。
 
「なにが?」と叔母は意地悪そうな顔で笑いながら言うと、鍵を閉ました。
 
「私の言うことを聞いてくれたらね」
と言われ「何でも言うことを聞く」と撲が言うと、叔母はパンティーを脱ぎ、スカートをたくし上げ、「お姉ちゃんのここいっぱいなめてくれたらしてあげる」と言いました。

 

僕は正直、毛が生えていてイヤでしたが、あの快感が忘れられずにOKしました。
 
すると叔母は足を広げ、両手であそこを広げて見せてくれました。
 
僕は、初めて見る女性のあそこを見てびっくりしました。
 
妹のような割れ目はあるけど、割れ目を広げると、あんなに真っ赤でなんだか気持ち悪いと思いました。
 
「さあ、早く」と言われ気が進みませんでしたが、おそるおそる顔を近づけると、頭を手で股間に押し付けられ、毛が鼻や口に入り、なんだ甘酸っぱいにおいがしました。

 

おいはよかったのですが、毛がなんだか怖くて、やめて!と僕は叫んでしまいました。
 
そしたら、叔母は少し怒り気味に「ひどいね」
と言い、「でも望んだのはあきだからね」と言い、僕の体にのしかかってきました。
 
そして、69状態になりました。
 
叔母は、口でちんちんをくわえ始めとても気持ちよかったのですが、毛むくじゃらのあそこを顔に押し付け「早くなめて!」と言われたのには困りました。
 
結局なめれずにいると、「もう、いいわ」と言い、一応勃起しているちんちんを無理やりあそこに入れ、腰を激しく振って来ました。

 

また、あの快感です。
 
すごすぎて苦しいけど、待ちわびた快感です。
 
結局僕は、また失神したようで、ほとんど覚えていなかったです。
 
気が付くと、叔母は、すでに着替えており「もう来なくていいからね」と言われ。
 
帰りました。

 

叔母とはその後正月などで年に数回会いますが、当然今も誰にも話していません。
 
もう大人になったから叔母を満足させてあげられると思いますが、叔母はもう結婚してるから無理ですね。
 
いまなら毛も怖くないんですけどねえ。
 

嫁の実家で飲み比べ!すっかりつぶれた義弟を後目に、四十路の義妹としっぽりセックスw 実はこのスケベ義妹、俺が夜這ってくるのをまんこ濡らしてまっていたようで…

読了までの目安時間:約 6分

50も半ばになると少しは落ち着くと思っていたが・・・今年の正月、嫁の実家に親戚が集まった時のこと。
 

嫁の実家で飲み比べ!すっかりつぶれた義弟を後目に、四十路の義妹としっぽりセックスw 実はこのスケベ義妹、俺が夜這ってくるのをまんこ濡らしてまっていたようで…(イメージ画像1)

 
両親と我が家、義妹夫婦で6人で飲み始めて大分酒が回って来た頃。
 
両親は先に寝る事になった。
 
嫁の実家で飲み比べ!すっかりつぶれた義弟を後目に、四十路の義妹としっぽりセックスw 実はこのスケベ義妹、俺が夜這ってくるのをまんこ濡らしてまっていたようで…(イメージ画像2)

 
嫁も久しぶりの酒で酔って「久しぶりに母さんと寝る」と二階へ残ったのは義妹夫婦と私。
 
義弟と飲み比べになり、義妹は「私は寝る」と奥の部屋に。

 

午前1時過ぎた頃、義弟は完全に酔い潰れコタツでそのまま寝てしまった。
 
私も寝ようと思いトイレに行くと奥の部屋から光が少し漏れていて義妹がむこう向きに寝ている姿が目に入り、すけべ心が頭を持ち上げました。
 
音を忍ばせ部屋に入り、唐紙を閉め、膝をついて前に布団の前まで進み義妹の様子を伺うと寝息をたてています。
 
腰の辺りから布団の中にそっと手を忍ばせていきました。
 
義妹のパジャマのズボンゴム部分に到達し、そこからお尻、股間へゆっくり様子を伺いながら触れるか触れないか位に移動し、パジャマのゴムの中に手を差し入れるとショーツのゴムを摘みその中に手をいれ、義妹の地肌の温もりを感じます。

 

義妹は酒に弱く、まだ寝息を立てています。
 
体勢を変え添い寝する形になり、慎重にゆっくりお尻の方からパジャマとショーツを太腿まで下げ、指で股間からおまんこの入り口を軽く撫で回しもう一方の手で自分のズボンを脱ぎ、元気になったモノ取り出しました。
 
そして義妹の布団にもぐりこむのと同時に後ろから一気に根元まで挿入したのです。
 
義妹はその体勢のまま「やめてよー」と旦那だと思っているようです。
 
腰を抑え激しく打ち付けると押し殺した声で「ダメ、ああいい」とイってしまいました。

 

そのまま部屋を出てトイレで後始末し、居間に戻ると義妹が呆然として立っています。
 
「どうしたの」
と聞くと「主人が寝ている」といいます。
 
「もう2時過ぎだよ」
「だって」
「寝ぼけた」
「いいえ、そんな」
「早く寝たほうがいいよ」
「義兄さんだったんだ」
「なにが」
「とぼけないで」
「でも、イッタだからいいじゃない」
「何言ってのよ、何したと思ってんの」その時、義弟が目を覚まし「うるさいなー」
「ちゃんと布団で寝てよ」義妹がいいます。
 
「わかったよ」義弟は水を飲み、トイレに行って奥の部屋へ。
 
私も「さあ寝るか」というと義妹が「おにいさん、お話があります。
コタツに入ってください。」コタツに向き合って座ると「なんであんなことしたんですか」
「あんなことって、おまんこに入れたこと?」
「そんな・・・」
「さっき男同士で話したらもう5年以上してないって言ってからさ。人助けみたいなもんよ、現にすぐにイッタだしょ」言いながら義妹の股間を足の指でいじくりだすと、「もうやめて下さい」言いながら拒否しません。

 

は立ち上がるとズボンを下ろし、義妹の横に立ち「私はまだイってないんだ、ほらみてよ」ギンギンのモノを顔の前に突きつけました。
 
義妹は消え入りそうな声でうつむき「やめて」しかし私は義妹のあごに手をやり、口の前にモノ突き出し「もう気持ちいいことしたんだから今度はお返しして」
「いや」無理やり口にあてがい、横を向く義妹の顔を前に向かせ、モノを口に入れて頭を抑え、携帯のカメラで撮る。
 
「いい写真がとれた。消して欲しいならサービスして」
義妹は「必ず消してください」というとあきらめゆっくり咥えだした。
 
「寝るから、イクまでやって」
「早くしてください」横になって義妹が横に座り、咥えている姿と唇の感触を味わっていると手の届く所に股間があ。

 

パジャマの上からクリの辺りを触ると一瞬逃げるが、そのまま触らせる。
 
「パジャマの上からでも濡れているのがわかるよ」首を振ります。
 
「もう一度、イレサシテ」咥えたまま首を振ります。
 
「イレタラすぐ終わる」義妹のパジャマに手をかけお尻から脱がせます。
 
ちょっと抵抗しましたが思ったほどではありません。

 

おまんこは濡れてあふれんばかりで指で触ると伝わってきます。
 
横に寝かせ、足を開かせると手で顔を覆っています。
 
おまんこは濡れて光っています。
 
舐めるとビクッとします。
 
だれか来るとまずいので一気に挿入し、ローリングとジャブを立て読けにすると義妹はコタツの布団を噛み耐えています。

 

義妹は何度かイッタ様で、こちらもイクトキ声をかけ抜いて、義妹の口に持って行きました。
 
義妹は口を開けてモノをくわえ、中に出すと飲み込んでくれました。
 
「すごいおまんこだ、絡み付いてくる。内緒でまたしたい」
「だめ、1回だけ」その日から半月後、電話で呼び出し今もしている。
 
最近になってあの晩は私が来るかもと期待していたらしい。

 

0前半の女は貪欲ですよ。
 

叔母さんとの風呂、昔はなんにも思わなかったはずなのに…!叔母さんの白い肌、丸い胸、たるんだお尻が妙にいやらしく目の前に迫ってくるんだ

読了までの目安時間:約 9分

レが子供の時、父方の祖母が末期ガンで入院した。
 

叔母さんとの風呂、昔はなんにも思わなかったはずなのに…!叔母さんの白い肌、丸い胸、たるんだお尻が妙にいやらしく目の前に迫ってくるんだ(イメージ画像1)

 
いよいよ危ないという知らせを受けた翌日、学校を休んだ1人っ子のオレは、両親に連れられて車で5時間ほどの父の実家へと向かった。
 
それから3日間ほど、両親は父の兄弟や親類と共に寝ずの看病をしていた。
 
叔母さんとの風呂、昔はなんにも思わなかったはずなのに…!叔母さんの白い肌、丸い胸、たるんだお尻が妙にいやらしく目の前に迫ってくるんだ(イメージ画像2)

 
その間オレはというと、父の実家周辺で暮らす親戚のうちを転々としていたが、顔馴染みの叔父叔母やいとこ達と過ごす事に何の抵抗もなかった。
 
だが、祖母の危篤状態という事で皆一様に表情は暗かったのを覚えてる。

 

当時の俺はまだ子供だったがオナーニだけは覚えが早く、当時は既に友達が万引きしてきたエロ本を借りては親の目を盗んでシコシコしていた。
 
女体に対する好奇心も人一倍あったと思う。
 
そして3日目の夜、その日は父の弟の家に泊まる事になった。
 
内心オレは小躍りしたくなるほど喜んだ。
 
なぜならそこには親戚中でも評判の美人で若い奥さんがいるからである。

 

オレにとっては血縁のない叔母であるが、小さい頃からとても可愛がられた。
 
そしてオレは、その叔母の美しさと優しさに恋心にも似たものを抱いていた。
 
その家にはオレより年下のミホという娘がいて、オレはミホを妹のように可愛がっていた。
 
その日も、祖母の事情を知らぬミホが無邪気にオレが泊まりに来た事を喜んでいた。
 
その晩は叔父も病院に行っていたので、叔母とミホとオレの3人で過ごす事になっていた。

 

食事を終えた後はいよいよ風呂に入る事になるのだが、1人で風呂に入る事に慣れていたオレは当然その夜も1人で入浴するつもりでいた。
 
しかし、叔母の口から意外な言葉が発せられた。
 
「シンちゃんもおばちゃんとミホちゃんと一緒にお風呂に入るわよ~」叔母からしてみれば親戚の子を預かっている手前、事故があってはという気持ちと、小柄なオレをまだまだ子供扱いしている事もあり、抵抗なく誘ったと思われる。
 
しかしオレの胸の鼓動は激しくなった。
 
叔母はまだその当時29歳か30歳くらいだったはず。

 

にミホと叔母は脱衣所で服を脱ぎ始めているようだった。
 
「シンちゃん何やってんの~、早くいらっしゃ~い」叔母の声が響く。
 
こうなったらヤケクソだ、と意を決してオレは風呂場へと向かった。
 
脱衣所の脱衣かごの中にきちんと畳まれた叔母とミホのパジャマがあった。
 
オレも自分のリュックの中に着替えが入っていたので、リュックごと脱衣所の中に持ち込んだ。

 

すりガラスの向こう側では叔母とミホの裸体が湯気に包まれて見えていた。
 
思ったよりも豊満な胸の膨らみと、股間の黒くぼやけたものが眼に飛び込んできた。
 
まだ毛が生えていない仮性包茎のオレのティムポはあまりの緊張で情けなく縮みあがっていた。
 
しかしここで勃起してしまっては最悪なので、オレには都合がよかったのだが・・・。
 
オレがスライド式のガラス戸を開けた時は2人は湯船に浸かってこちらを見ていた。

 

ティムポを隠しながら入ってくるオレを見て、叔母は笑みを浮かべていたように見えた。
 
「新一兄ちゃんとお風呂入るの初めて~」とミホが嬉しそうに叫ぶ。
 
緊張と恥ずかしさでオレは変な笑顔を作っていたと思うが、湯船に入る勇気がなく、その場でイスに座って頭を洗い始めた。
 
「シンちゃんは自分で頭が洗えるんだぁ、偉いねぇ」と叔母が言うのが聞こえた。
 
子供とはいえ、そんなのできるに決まってるよーと思いながら洗髪を続けた。

 

頭を洗い終わったオレに叔母は「シンちゃんこっちに入りなさい」とミホの横を指差した。
 
言われるまま遠慮がちに湯船に入り、お湯が浴槽から溢れ出すと「みほちゃん、ママとお体洗いっこしようか」と叔母が立ち上がった。
 
オレはその時初めてお袋以外の女性の陰毛を見た。
 
先っちょから湯がしたたり落ち恥丘にぺったりと張りついた陰毛は、お袋のそれとは生え方が少し違って見えた。
 
そして見上げたそこには豊満な下乳があり、上向きに構えた乳首が見えた。

 

の横でミホも立ち上がり、よじ登るように浴槽を出る。
 
その時オレの眼にはツルツルのオマンコとアナルが映ったが、全く関心がなかったのは言うまでもない。
 
オレが狙っていたのは叔母が湯船を跨ぐ瞬間だったからである。
 
そしていよいよその時がきた。
 
タオルで胸を隠す仕草はしているが、しゃがんでいるオレから下半身は丸見えだった。

 

決して痩せ形ではないが、腰のくびれから張り出したヒップから太ももにかけてのラインは、今まで縮んでいたオレのティムポを一気に硬くさせた。
 
オレは内心ドキドキしながら見て見ぬふりをしていた。
 
全裸の叔母は、少し前屈みになりながらオレのいる右足の方から浴槽を跨いだ。
 
オレがそこで見たもの、それは紛れもなく憧れの叔母の最も奥深く隠されていた部分だった。
 
ほんの一瞬ではあったものの、今でも脳裏に焼き付いて離れない光景。

 

肉付きの良い大きく白いお尻の間からは、陰毛に覆われぷっくりとした厚い唇のような形をした肉の盛り上がりが覗き、そこから続く筋の先には茶色というよりもピンクに近い色の皮膚に囲まれたアナルがあった。
 
アナルの周辺には陰毛はほとんどなかったように思う。
 
故に当時は関心の無かったアナルだが、その記憶は鮮明に残っている。
 
その後、叔母は何事もなかったようにミホの体を洗い始めた。
 
形の良い乳房を揺らしながら片膝を立て、ミホの体を洗う姿を見ながらオレはイキリ立ったティムポの扱いに困惑していた。

 

湯船の中で体操座りをしたまま顔を水面につけたり、休んでいる学校の事を考えたりしてなんとか半勃起状態まで落ち着けて極力叔母を見ないようにしていた。
 
「シンちゃん交代しよ」ミホに背中を流させながら叔母がオレに言った。
 
頭は洗ったがまだ体を洗っていなかったオレは、言われるがままティムポを押さえて立ち上がり、親子と入れ替わりで浴槽を出た。
 
背中を向けるような格好で体を洗い始めると「おばちゃんが背中洗ってあげる」とオレからスポンジを取り上げ、叔母は湯船に浸かったままオレの背中を洗い始めた。
 
「ミホちゃんもやる~」とミホがせがみ、わざわざ湯船から出てきて背中を流してくれた。

 

の時点ではオレの頭の中は「早くここから出たい」という思いが支配していた。
 
今思えば人生最高の体験だったかもしれない。
 
しかし当時、性に目覚めたばかりのオレにはあまりにも衝撃的な体験だった。
 
オレが体を洗い終わるのと入れ替わりに親子は脱衣所へと出て行った。
 
すりガラス越しに背中を向けしゃがんだ叔母がミホの体を拭いているのが見えた。

 

その洋梨のような形のヒップを見ながら、オレは瞼の奥に焼き付いて離れない叔母の陰部を思い出していた。
 
「シンちゃんもすぐ出るわよねぇ?」と言い残して叔母はミホと脱衣所を出た。
 
オレは再びイキリ立ったティムポを掴んで湯船を出ると、すぐに洗い流せるよう洗面器にお湯を汲んで脇に置き、大きくなりすぎて痺れたような感覚になってしまった。
 
ティムポを擦り始めたものの、1分もしないうちにオレのティムポは暴発した。
 
液体と臭いを残さぬよう慌てて洗面器のお湯をかけ、さらに湯船から何回もお湯を汲んで周囲に撒いた。

 

今でも時々思い出してはオカズにしている。
 
20数年を経ても色あせない記憶。
 
その翌日、祖母の死が報告された。
 
オレは悲しくて悲しくてずっと泣いていた。
 
初孫のオレは可愛がってくれたおばあちゃんが好きでたまらなかった。

 

わずか2日間の間に訪れた最高の体験と最悪の体験。
 
オレは1つ大人になった・・・。
 

メアド交換して条件交渉して、それで会ったら叔母だったなんて…!最初は気まずくてカフェとか入ってたけど、ま、結局ヤルこたヤルわけでw

読了までの目安時間:約 6分

会い系で、メアドを交換し、お互いに本名はもちろん名乗らず、援交で条件を一致して会ったら、実の叔母だった・・・。
 

メアド交換して条件交渉して、それで会ったら叔母だったなんて…!最初は気まずくてカフェとか入ってたけど、ま、結局ヤルこたヤルわけでw(イメージ画像1)

 
母親の妹にあたる叔母で、会ったのは、6年振りくらいだった。
 
お互いに一度、始めに決めていた待ち合わせ場所で顔を合わせたものの、急遽待ち合わせ場所をメールで変更したら、そこに叔母がいたことで、改めて発覚。
 
メアド交換して条件交渉して、それで会ったら叔母だったなんて…!最初は気まずくてカフェとか入ってたけど、ま、結局ヤルこたヤルわけでw(イメージ画像2)

 
気まずい雰囲気の中で、始めからホテルに行く予定だったのを近くのカフェへとりあえず入った。
 
お互いに割り切れるのならば・・・・とこちらの考えを切り出すが、叔母はさすがに甥っ子とは関係を考えられなかったようで、しばらく外を歩くだけで帰ろうと言い出した。

 

問題はないが、一つ俺の股間はすでに準備万端だったのが、問題だった。
 
デートらしい事をしようと、買い物などに行きつつも、軽いスキンシップを持っていたが、嫌がられるような素振りはなかった。
 
お酒を飲むと、理性が徐々に失われつつあったが、欲望は大きくなっていった。
 
トイレに立つ叔母の後姿を見ていても、お尻ばかり見てしまっていた。
 
そろそろ帰ろうかと思って、電車に乗ると、何かイベントがあったらしくえらく電車が混んでいて、叔母と向かい合うように体が密着してしまった。

 

手をすかさず叔母の股間の所に持っていき、スカート越しではあったが、叔母の股間のところで、少し手を動かしていた。
 
叔母は基本俯いていたが、たまに見上げて表情や目で俺の動きを制しようとしていた。
 
指を叔母のスカート越しに股間に食い込ませるようにすると、俺の両腕を掴んでいた叔母の手に力が入った。
 
人が段々と減っていき、叔母との密着は出来なくなったが、叔母の手は俺の両腕を掴んだままだった。
 
叔母が内心葛藤しているのが、手に取るように分かった。

 

しかし、結局、その日はそれで帰った。
 
後日、俺は酔った勢いで、叔母に「またデートしよう!!」とメールを送ると、無視されるかと思ったが、叔母から空いている日程の返事が来て、少し驚いていた。
 
そして、当日叔母は従妹の服を着てきたのかと思うくらい、若作りをしてきた。
 
こちらが、その話題を切り出せないくらいに衝撃を受けてしまった。
 
前回のように買い物などをしていても、叔母のパンツが見えそうなスカートが気になってしまった。

 

スカレーターで上がっている時に、「下からパンツ見えてるんじゃない?」という言葉に少し焦るのは、慣れてないからだと思ったが、それが面白く思えた。
 
それから、スキンシップを増やして、歩きながらお尻を触ったりしても、別に怒られる事はなかった。
 
そこで、海沿いの少し大きな公園へと足を伸ばしてみる事に。
 
あまり人がいないところで、叔母のスカートを後ろから一気に引き上げてみると、さすがに叔母の顔が引きつって、怒り出した。
 
帰ると言いだした叔母を抱きかかえて、引きとめながらも、叔母の股間に手を伸ばした。

 

素足にミニスカートで足をバタつかせてる叔母の股間は呆気なく陥落し、叔母は少し宙に浮いたまま俺の強引な愛撫を受けていたが、愛撫をする前からすでに濡れていた。
 
叔母はさすがに観念し、俺が下ろすと、キスをしてきた。
 
キスをしながら、叔母のシャツの下から手を入れて、ブラのホックも外し、胸を愛撫すると、叔母は恥ずかしがった。
 
しかし、それ以上に叔母は後ろから見たら自分はほとんど全裸に見えている事に気付いていないのが、面白く感じられてしまった。
 
叔母の体から離れると叔母は慌てて、服を直し始めた。

 

カナり意地悪な事をしたと思ったが、嫌ではなかったらしい。
 
ホテルの部屋に入ると、シャワーも浴びずに叔母をベッドに押し倒し、パンツだけ脱がせて、乱暴に愛撫をした。
 
叔母も言葉だけの抵抗はしていたが、この状況を楽しんでいるように見えた。
 
愛撫をしながら、叔母の頭を掴んで、フェラをさせてみたが、叔母はすんなりとしていた。
 
服を着たままの挿入し、腰を動かしながら、叔母の上半身を脱がしていった。

 

「本当は我慢の限界だった。」と叔母が言っていた通り、叔母の感じ方は凄く激しかった。
 
結局、そのまま抜かずの3発やり、シャワーを浴びて、ひと段落して、もう一度。
 
熟女の性欲ってすごいと思わせた。
 
2回目のシャワーの後も危うかったが、さすがに帰ってきた。

 

ょっと引いてしまったのは、俺のほうだった。
 
しかし、叔父や従妹の目を盗んで、月1ペースくらいで会ってしまっている。
 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】