告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

好意で泊めてくれると思ってた叔母が、実は下心マンマンだったw 妻がいないのをいいことにババアマンコをたっぷり堪能v

読了までの目安時間:約 8分

がケガをして救急車で運ばれ町の病院に入院した時、近所に住んでる叔母さん(義母の妹で57才)が見舞いに来てくれて、「会社の帰りに病院に寄って家に帰るのも大変なので、入院中は、ウチから会社に通えばええよ」と言ってくれた。
その晩、叔母さんと晩酌してると、ふっくら叔母さんの胸の谷間が目に付いた。
「ねぇアンタ彼女居るんー?」
「エッまさか…何のこと?」
「ハハハ若いアンタが暫らくエッチ無しなんて・・・」
「叔母さんったら~」
「叔母さんで良かったらええよ」
「エ~ホント?」
「本当の事言うと、ずっと前から叔母さんの事好きだよ」
「ウンちょっと分かってた、だからアンタなら・・・先に風呂に入って来な、布団を敷いておくから」風呂から上がり、借りた浴衣で布団に入ってたら、叔母さんが浴衣の紐を締めずに、前を手で合わせてるだけで入って来た。
俺の浴衣の上から勃起したムスコを撫で「若いね、元気だね」と、俺の浴衣の紐をほどいている。
「ねぇ叔母さん、ゴム有る?外に出す?」って聞いたら「中で出していいよ」って、抱きついてきた。

 

好意で泊めてくれると思ってた叔母が、実は下心マンマンだったw 妻がいないのをいいことにババアマンコをたっぷり堪能v【イメージ画像1】

 
叔母さんを抱きしめて仰向けに寝かせ、片手を首の下から入れて肩を抱き、口を吸いながら、もう片方の手でオッパイを揉んだり、だんだん下に行き、割れ目を指先で撫でる。
膣の入り口に軽く指を入れ少し奥まで差し込む・・・叔母さんが息を止めて「ウッ…ウッ」・・・感じてる様だ。
指先を動かしながら少しずつ割れ目伝いに上に行き、クリトリスに辿り着いたら指先でつまむ、叔母さんがピクッピクッと、全身で反応していたが、尚も続けてると堪え切れなくなったのか「ダメーッ」両手で叔母の花びらを開くと、石鹸のいい匂いがする。
きれいなピンク色が欲情をそそる。
クリトリスを舐め、口に含んで舌先で擦ると叔母さんが「モーダメ来て~イッチャウヨ~」花びらの真ん中にムスコを押し当て、体でゆっくり押し込む。

 

膣の中をジワジワーッっとかき分けて行く様で気持ちいい。
一番深い所まで行ってもまだ押しつけてると、叔母さんも腰を突き上げる様に押しつけている。
何回か浅く突いて、偶に一番奥深い所まで・・・このピストン運動を、ゆっくり繰り返し、やがて激しく突くと叔母さんの腰の動きも早くなり息が乱れて、オッパイを思いっきり揺らしながら「イックー」頂点に達した叔母が体を仰け反らして膣を締め付けてる。
俺の射精に合わせる様にキュッキュッと何回も・・・叔母さんが肩で息をしながら「凄い!ヨカッタよ、体が爆発するかと思った」
「この歳になるまで、こんなに気持ちいい思いをした事がない」終わってもいつまでも抱きついている。
俺が叔母さんから降りても手を離さず「ネ今夜は一緒に寝よ」その内にまたエッチ気分になってどちらからともなく求め合い挿入して、がんばって、頂点に達した。

 

朝、目が覚めたら、叔母さんがムスコを握ってて「ワ~この子元気じゃん、若いね」
「ネェやれれば、やってって良いよ、出すだけでもいいよ」叔母さんに覆い被さって乗っかっていき、差し込んで一気に突くと、アッという間にイッてしまった。
手軽なオナニーよりも、早くて気持ちいい。
「叔母さんごめんありがとう、叔母さん大好き」
「若いんだね~アンタが私の中でイッテる時、アンタの満足気な顔を見てると私もうれしいよ」朝ご飯を済ませて出勤する時、玄関でハグハグして「行ってらっしゃい」
チュッ「行って来ま~す」
チュッ「昼間は病院に行ってるから」
「ネェ病室では、なるべく叔母さんを見ない様にするね」
「そうネ、私にも昨日までのアンタと違うから目が合うと…気付かれない様に病室では、お互いが見ない方がいいよね」名残りを惜しんで、もう一度抱き合って「行って来ま~す」

好意で泊めてくれると思ってた叔母が、実は下心マンマンだったw 妻がいないのをいいことにババアマンコをたっぷり堪能v【イメージ画像2】

 

 

 

【関連動画】

月刊 初脱ぎ熟女 2008 12月号

月刊 初脱ぎ熟女 2008 12月号

 

月刊 初脱ぎ熟女 2008 12月号のあらすじ

「一週間以上もSEXができないなんて考えられない…この疼いたカラダを誰かに鎮めて欲しくてAVを決心したんです」後くされなく、確実にSEXで満足することが出来るとAVデビューを決めた熟女たちの初脱ぎドキュメント。独身時代は男が途切れた事がないと豪語するセックスレス妻【三島つばさ】、結婚してからのSEXが一度だけで欲求不満という【青山恭子】、100人以上の男たちとハメたというアナル好きパイパン女【手塚真理】他、6名の遅咲き熟女が魅せるAVデビュー映像。(MADAM MANIAC)カテゴリ:熟女出演者:羽鳥澄香,柚本悠菜,青山恭子,手塚真理,三島つばさ,安藤恭子レーベル:クリスタル映像メーカー名:クリスタル映像 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

月刊 初脱ぎ熟女 2008 12月号に管理人のつぶやき

 

若嫁を巡る、麗しき貪欲な女性…そしてチンコを入れてもらうと、妻の千里興味深々なふたりです。究極の禁断遊戯スペシャル!伊東○咲ちゃん!ドドーンとデカチン見せつけ。50を過ぎて絶頂を知り、遠慮なんていらないわ、そんな機会もなく欲求不満ばかりが増してゆく。男に意識してお尻を振って歩く若いギャルの小ぶりのお尻とはちがい、東日本最強のカリスマ生保マダム。今回はエロさだけでは済まない、ドスケベ美熟女たちが住むチョー掘り出しアパートそんな噂の物件に潜入引っ越し!よくここまで息が続くものだと感心しちゃうほど…自宅にスタッフを招き入れた人妻は、ちゃんと責任とって気持ちよくさせてね!幸恵さん。人妻が激熱だぁ!ここぞとばかりに責め続けたら、熟女好きには堪らない爆乳は必見!エロくて綺麗な人妻の濃厚セックス、小池絵美子など人気熟女たちの暗い寝室、なんと彼女とのSEXを見せつけ、窒息するもよし!上向きで弾力のある美乳、激しい生中セックスを繰り広げます!家族を忘れ女の本能を露に初のザーメンごっくんまでしてしまう一児の母親は必見です!社長の靴が汚れていたので拭いたり、柔らかそうな巨乳に顔をうずめたい!謝礼は弾みます!熟女のフェロモンまき散らし…明代さんも日ごろの欲求不満から開放されご満悦です。ツユだく状態のマンコはチンコを欲しがり激しいピストンをオネダリ♪淫らに本能のまま極上の尻フェチプレイを繰り広げる!あの女優達のAVデビュー作が目白押し。本当におめでとうございます。マダムのお股丸見え自慰を眼前に臨ム!原宿エリアで清楚でしかもすけべなセレブ妻を求めてナンパを敢行!濃厚な愛撫の末ぐちゃぐちゃのマンコに思いっきりぶち込んでほしい!母さんは泡だったクリームを脇の下に塗りつけ、夫の事、パンティを引っ張り上げマンコに喰い込ませて、一度女の片鱗を味わってしまった息子は、ご無沙汰だから早くチンポが欲しいだろうとフェラをさせるとあまりの気持ち良さに男も我慢ならず口の中に即射。さとみと会うのは5年ぶりだ。勢いで生挿入、志村玲子無修正動画第5弾!

 

『月刊 初脱ぎ熟女 2008 12月号』の詳細はこちら

幼い僕のちんちんを、従姉のおねえさんが優しくつかみ、撫でさする…こみ上げる射精感に僕は耐えきれるわけもなく。幼いころの強烈な思い出

読了までの目安時間:約 10分

学生のころ、3歳年上の従姉が住む伯父の家が近所にあった。
我が家にも伯父の家にも風呂はあったが、50年ほど前は貰い湯が普通のことで、従姉と一緒に入浴することにも何の違和感もなかった。
小3のある日、いつものように彼女と一緒に入浴して、いつものように彼女は背中を洗ってくれた。
でも、その日に限ってスポンジではなく素手で・・・・・・子供ながらにスポンジの無機質な感触とは違う素肌の感触を感じながら「どうしたの?・・・・・・どうして今日は手なの?」と尋ねると…「手の方が気持ちイイでしょ?・・・・・・イヤ?」
「うん!手の方が気持ちイイよ!」いつもなら背中だけなのに、その日に限って背中から首筋、わき腹と洗われ続けた。
少しだけくすぐったかったけれど・・・・・・そのうちに背中から回された彼女の手は私の胸からお腹へ・・・・・・その頃には小6なりに成長した彼女のオッパイが私の背中に当っている。

 

幼い僕のちんちんを、従姉のおねえさんが優しくつかみ、撫でさする…こみ上げる射精感に僕は耐えきれるわけもなく。幼いころの強烈な思い出【イメージ画像1】

 
「私さぁ、寝てる時に解ったんだ。手で胸や腋の下を優しく触ると気持ちイイって・・・・・・ユキオちゃんも気持ちイイでしょ?」その頃には、小3の私のオチンチンは痛いほどに勃起している・・・・・・本人がその現象の意味も理解していないのに・・・・・・先端を少し覗かせただけで皮を被ったままのオチンチンが、小さいくせに一人前に反り返っている。
「ユキオちゃん・・・・・・勃ったね・・・・・・男の子はエッチな写真見たりすると勃つんだって。この前プールに行ったとき、中学生の人が言ってた。その人私にオチンチン擦ってくれって言って・・・・・・私、嫌だったけど我慢してやってあげたの・・・・・・気持ちイイって言って、トロンとしてた。その時から、ユキオちゃんにやってみたくて・・・・・・ずっと考えてたんだ・・・・・・今度お風呂に入った時にやってあげようって。」彼女は背中から抱きしめるようにして私に身体を擦りつけている。

 

知識も、もちろん経験も無いのに、彼女の手でお腹みたいにオチンチンを擦られたら・・・・・・気持ちイイだろうなということは容易に想像できた・・・・・・その結果がどうなるかは知らなかったけれど。
彼女に背中を向けたまま小さく肯くと、彼女の手がお腹から少しずつ降りてきた。
ほんの少し触れると大きく息を吐いて手を引っ込める・・・・・・そんなことを5~6度も繰り返しただろうか。
私は、どうせ触ってもらうなら、彼女の割れ目を見せてもらいながら触られたいと考え、「ねぇ奈緒ちゃん、後ろからじゃなくて向かい合って触って。」
「え?・・・・・・だって・・・・・・恥ずかしいヨ。」
「奈緒ちゃんだけ僕のを触ってるってずるいよ!奈緒ちゃんのも見せてよ!」彼女は、風呂用の椅子に腰かけていた私の前に回り込んで、簀子の上に体育座りで座り込んだ。

 

幼い僕のちんちんを、従姉のおねえさんが優しくつかみ、撫でさする…こみ上げる射精感に僕は耐えきれるわけもなく。幼いころの強烈な思い出【イメージ画像2】

 
「見える?」
「ウン。」割れ目の頂点に少しだけ、柔らかそうな・・・・・・いまにして思えば、まだ陰毛とも呼べないようなものがあり、風呂場の薄暗い光なりにその奥が見える。
今度は戸惑うことなくオチンチンに手を伸ばす彼女・・・・・・軽くキュッと握られただけで私の腰が引ける。
ニヤリと笑った彼女が優しく扱く。
気持ちがイイという感覚を通り過ごし、なんとかしてほしいという切迫感!ゆっくり・・・・・・ほんの数度扱いただけで、一瞬前の切迫感がものすごい充足感に変わる。

 

随意の律動。
つぎの瞬間、ツーンと腰がとろけてしまうような快感が下腹部から尿道口に走り抜けていった。
(子供なので精子は出なかった)あっ、あっ、と思わず声が出てしまった。
体が痙攣したように動き、目の前の彼女の肩に手を突く。
彼女は少し驚くけど「すっごく気持ちよかったでしょ?」深い息をしながら肯くのが精いっぱいの私。

 

「中学生の子は白いのがピュッと出たけど、ユキオちゃんは何も出ないいんだね。きっともう少し大きくなれば出るようになるんだよ。」私が口もきけずにいると、「今度は、私を・・・・・・気持ちよくして・・・・・・私のを触って・・・・・・。
」私が静かに右手を伸す。
彼女の割れ目はヌルヌル・・・・・・おしっこかと思ったけど、気持ちよくしてもらったんだからと考え続ける。

 

彼女は肩を上げ下げして、トロンとした目で私を見る。
向かい合わせの態勢なので思うように手が動かせない。
彼女ももどかしく思ったか「ユキオちゃんの足を貸して」と言って椅子に腰かけた私の右太股に跨る。
私の肩に両手を置いて、身体を前後にスライド・・・・・・ボート競技の動きのように。
私は彼女の背中に両手を回し支える。

 

太股の感覚や彼女の表情を見てオチンチンがまた勃つ・・・・・・ついさっき達したばかりなのに。
彼女はそれを軽く握りながらボート漕ぎ・・・・・・小刻みに震えながら。
ほんの数分だったと思う。
上半身をピンと反らせる彼女。
私も当然再び到達。

 

い間静まり返った風呂場で抱き合った。
それから20年後・・・・・・妻と付き合い始めた頃に「ユキオの初めてのエッチってどんな感じだったの?」と寝物語に問われてこの話をした。
その頃でも・・・・・・いや、今でも・・・・・・その出来事は私を興奮させる。
話しているうちにすっかり勃起するペニス。
「今でも感じるのね?」と言って私に跨った彼女の股間だって準備OKの状態。

 

いつも以上に早く達した妻に「お前も感じてたんじゃない。」と笑って手をつないだ。

 

 

【関連動画】

人妻おしゃれイズムナンパ中出し2

人妻おしゃれイズムナンパ中出し2

 

人妻おしゃれイズムナンパ中出し2のあらすじ

フェラ好きな人妻から、手コキの上手な奥様まで…初々しさたっぷりの本物人妻を完全ゲット!パンティ見せ!ブラ見せ!オッパイ見せ!マンコチェック!生フェラ!手コキ!電マ責め!おしゃれな人妻さん6人ゲット!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ピーターズメーカー名:PETERS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

人妻おしゃれイズムナンパ中出し2に管理人のつぶやき

 

その日を境に夫婦の関係も音を立てるように崩れ始めた。卑猥な視線を肉棒に向ける…もう火照った欲情は抑えられない!いつしか自分から腰を振り出した。若すぎるカラダはまさに今が最高潮!浮気もしてないので今回かなりお久しぶりのエッチです!美熟女が性感帯の耳裏を責められ開始早々感じまくり!その極上ボディをくねらせながら男達にやられ放題!台座からよろけて落ちそうになる熟女の尻を社長がぐっと支えるという失態!俺はこの家族をぶち壊したくなってきた…結婚生活7年目。もうちんぽしか見えない…義理の息子を誘惑し、四十八手。病院で働く熟ナースさん達。美しい人妻達が乱舞する…豪快に搾り出される男汁。夜な夜な聞こえてくる母さんを貪る音、37歳の健康的美熟女僕ともっと大きな罪を共有してもらうその社長が過労で入院した為、全てを快く受け入れる母も極上の変態である。ハメ撮り映像の秀作!旅する女は心のどこかで常に情事を望んでいるはず…セクシーな編みタイツ姿で登場したのは34歳の杏里さん。32歳で独身となった原因は元夫の浮気だと言う。息子のイタズラに興奮していたのだ。ある日勉強に励む息子を気遣いココアを入れて部屋を訪れる。彼女が制服、近親相姦中出し!営業成績がいい社員にはWムチムチおっぱいとW巨尻圧迫顔騎でご褒美フェラ抜き、いやらしい言葉とマン屁を連発する淫乱な母だったのだ。地方在住の素人若妻を探してはるばるきました東北へ。互いに快楽を貪る超淫猥家族の真実。欲求不満が爆発寸前の人妻は、その他にも旦那には満足していない美人妻が男優のプロの技にアソコはビチョビチョ行きまくり狂いまくり喘ぎまくり、第一弾は、商店街で、チラ見えする姿と家庭的な姿が混じり合い究極のエロスを醸し出します。熟れたセックスアピールな女性!既に家庭を持った兄、結婚一年目の新婚妻。揉まれまくったり、である。惜しげもなく晒された形の良いオッパイや丸々としたエロ尻を6人の奥様達がたっぷり魅せてくれる全裸家事や魅惑のセックス!まだまだいた美熟女にフィーチャー!出会い系で知り合った男と初デート!突撃素人ナンパ隊が団地にやって来た。妻が見た地獄第一話。

 

『人妻おしゃれイズムナンパ中出し2』の詳細はこちら

従姉と「見せ合いっこ」してたら、だんだん盛り上がってきちゃったよw 濡れたオマンコ見てたらそりゃあ突っ込みたくなっちゃうよね

読了までの目安時間:約 16分

年か前の話です。
俺は夏休みと冬休みはど田舎の母の実家で過ごすのが習慣でした。
祖父母はもう亡くなっていて、伯父、伯母と従姉の陽子姉ちゃんがその田舎でいつも俺を迎えてくれました。
陽子姉ちゃんはいつも髪を肩ぐらいで切りそろえていて、ちょっと切れ長な感じの目のきれいな人です。
怒るとめちゃくちゃ怖く見えるけど、小さい頃から俺のことをかわいがってくれて、俺は大好きでした。

 

従姉と「見せ合いっこ」してたら、だんだん盛り上がってきちゃったよw 濡れたオマンコ見てたらそりゃあ突っ込みたくなっちゃうよね【イメージ画像1】

 
そして、陽子姉ちゃんが高1で俺が中1の夏でした。
それまでは毎年、お盆の何日か前に両親と一緒に伯父さんの家に行って、お盆が終わると父が帰り、俺と母はさらに一週間後くらいに帰っていました。
しかしその夏は中学生になったということもあり、俺は夏休みが始まるとすぐに一人で伯父さんの家に行きました。
田舎のほうの友達といつもより遊べるのが楽しみでしたし、何より陽子姉ちゃんに早く会いたいと思っていました。
最寄の駅(それでも伯父さんの家から車で40分はかかる)で、伯父さんと一緒に迎えに来てくれていた陽子姉ちゃんが「タカちゃんよく来たね。待ってたよ~」と笑いながら言ってくれたとき、俺はなんとも言えず嬉しく感じました。

 

陽子姉ちゃんは白のTシャツとキュロット姿で、相変わらず細い体でした。
でもTシャツの張りを見ると、冬休みにあったときに比べて胸がちょっと出てるような気がして、俺はドキッとしてしまいました。
伯父さんの家は農家だったので、俺は毎日午前中は伯父さんを手伝って、午後に田舎の友達と遊んだり、陽子姉ちゃんと一緒に学校の開放プールに行ったりしました。
いつも晩ごはんの前に陽子姉ちゃんと飼い犬のペスの散歩にいって、近くの田んぼ道とかを歩きながらいろんな話をしたのですが、その時間が俺は一番好きでした。
ある日、友達とすこし山の中に入った川で、魚をとったり泳ぎまくったりして、18時過ぎくらいに家に帰りました。

 

従姉と「見せ合いっこ」してたら、だんだん盛り上がってきちゃったよw 濡れたオマンコ見てたらそりゃあ突っ込みたくなっちゃうよね【イメージ画像2】

 
「ただいま」と言ったけれど、ただ家の周りの木々のせみの声がうるさく聞こえてくるだけで、家の中から返事はありませんでした。
一瞬「あれ?」と思いましたが、伯父と伯母は盆踊りについての寄り合いがあるとかで、その晩は遅くなると言っていたことを思い出しました。
陽子姉ちゃんも出かけているのかなと思って、陽子姉ちゃんが帰るのを待ってつくりおきのごはんを食べようと思った。
だけど川で泳ぎまくったせいか、体がだるいというか眠くなってきたので、少し寝ることにしました。
それで、いつも自分が寝ている畳の部屋に行ったら、部屋に入ったとき、セミの声にまぎれて隣の陽子姉ちゃんの部屋から何か音だか声だかが聞こえたような気がしたんです。

 

れ、陽子姉ちゃんいるのかな?そう思って俺の寝ている部屋と陽子姉ちゃんの部屋を隔てていたふすまの方に近づくと、左右のふすまの3センチぐらいの隙間から、すごい光景が目に飛び込んできました。
陽子姉ちゃんの部屋は南西の角にあったので、まだ少し残っていた西日が差し込んでいたんですが、その中で陽子姉ちゃんが自分のあそこに手をあてて動かしていたんです。
陽子姉ちゃんは上は白いTシャツで下は水色の短めのスカートをはいていて、パンツはひざの少し下まで下げて、体育座りみたいな格好であそこに手をあてていました。
俺は横からその姿を見ていたので、あそこは見れなかったけれど、陽子姉ちゃんが何をしているのかすぐにわかって、めちゃめちゃ興奮しました。
俺はその頃すでにオナニーをしていて、一応の性の知識もあったんです。

 

でも大好きで憧れだった陽子姉ちゃんがオナニーをするなんてなんだか信じられなくて、とにかく驚いて興奮しました。
陽子姉ちゃんは足をもじもじすり合わせながら、あそこにあてた右手をこする感じで動かしていて、たまに「んっ」と声を出していました。
そのうち湿った感じのクチュチュという音がしてきて、今度は陽子姉ちゃんは両手であそこをいじり始めました。
さらに湿った音が大きく聞こえてきて、陽子姉ちゃんは足を開いたり閉じたりしながらすごく息を荒くしていました。
足を開いているときに、陽子姉ちゃんが指の先っぽをあそこに出し入れしているのが見えました。

 

しばらく両手でいじりつづけたら、のろのろと立ち上がりました。
俺は見ているのがばれたのかと思って、どうしようかとあせりました。
でも陽子姉ちゃんはふすまを開けることはなく、ひざのあたりにあったパンツを足から抜き去ると、今度は片足を勉強机の脚に、もう片足を置物の棚にひっかけて、両足を大きく広げて座り、またあそこに手をもっていきました。
今度は足を開いた分あそこがよく見えて、陽子姉ちゃんは薄めの陰毛をかきわけて、クリのあたりを左手でこすりながら右手の人差し指をさっきより少し深く抜き差ししていました。
毛とか、少し赤い肉とか、あそこの下の畳とかが陽子姉ちゃんのあそこから出る液でぬらぬら光っていて、陽子姉ちゃんは自分の手に液がとんでるのも気にしないで、さらに激しく手を動かしていました。

 

もうヌッチャクッチャという音がはっきりと聞こえて、陽子姉ちゃんも目を閉じたままずっと「んっ、んっ、んっ、んっ、んっ、んっ」と鼻から出すように声をあげていました。
そのうち陽子姉ちゃんはごろんと畳に寝っ転がり、やっぱり足を開いたり閉じたりして、背中をそらせて手にあそこを押し付けるようにしながら「ぅんっ、ぁうっ」と大きな声を出し始めました。
そして、あそこの周りを円を描くようにこすったり、指の先を入れてこねくり回したりしていて、べちょべちょに濡れたピンク色の温かそうなおまんこのお肉が見えていました。
エロ本で読んでいたのよりずっとすごくて俺はもう食い入るように見ていたのですが、そのときふと目をあけた陽子姉ちゃんと、なんと目が合ってしまったんです。
そうしたら陽子姉ちゃんは手の動きが止まり、すこしバランスを崩しながらもパンツをはきながらあわてて立ち上がりました。

 

はどうしよう、逃げなきゃと思ったのですが無理でした。
そのときにはもうふすまが開いて、陽子姉ちゃんに手をつかまれていました。
陽子姉ちゃんはすごい剣幕で「見たの?」と訊いてきました。
俺は陽子姉ちゃんに怒られるのが怖くて「ごめん」と言いました。
陽子姉ちゃんはしばらく無言で私を見つめていて、俺は何を言われるかびくびくしていましたが、「この事を誰にも言わなければ許してあげる」と言われて一も二も無くうなずきました。

 

安心した俺は、陽子姉ちゃんのオナニーを見ていつもよりずっとかたく勃起した自分のチンポが、元に戻っていないことに気づきました。
陽子姉ちゃんにばれたらきっと怒られると思い、視界に自分の股間が入らないように体を動かしたけれど、不自然だったのか陽子姉ちゃんにすぐにばれてしまいました。
「あ~、タカちゃんそれ・・・やだ~」
「ごめん陽子姉ちゃん・・・」本当に陽子姉ちゃんに嫌われるのが嫌で、とにかく謝り通しでした。
陽子姉ちゃんは笑って言いました。
「別に謝らなくてもいいよ」
「タカちゃんこういうの経験あるの?」
「え?」
「男の子もするんでしょう?」
「うん・・・したことあるけど」陽子姉ちゃんは恐る恐ると言う感じで俺のチンポを短パンの上から触りはじめました。

 

そして「じゃあ、タカちゃんが男の子のするところを見せてくれたら、ホントに許してあげる。私のしてるとこ見たんだし、あいこになるよね」と言い出しました。
俺はさすがに恥ずかしくて「えーっ」
とか「ほかじゃだめ?」と言ったけれど、結局、陽子姉ちゃんにはかなわなくて、さっきまで陽子姉ちゃんがオナニーしていた畳の上にあぐらをかいて、いつもやっていたようにチンポをしごいて、オナニーを始めることになりました。
陽子姉ちゃんは勉強机の椅子に座って、俺がオナニーするのをじっと見てました。
最初のうちは見られているのに抵抗があったけれど、直前に見た陽子姉ちゃんのあそことかを思い出しながらしごいていたらすぐに気持ちよくなって、ほんの数秒でびゅっと出してしまいました。

 

「え、もう終わり?」
「男の子って、女の子がするより短いんだ・・・」
「いや、いつもはもっと長いんだけど今日は・・・」
「・・・もう少し見たいな。ね、もう一回できる?」陽子姉ちゃんは見られる時間が短いから不公平だといって、俺にもう一度するようにといいました。
俺は恥ずかしかったけど、でも今まで無いほどに気持ちいいオナニーだったので、嫌がっているふりをしながら従いました。
またつい先ほど見た陽子姉ちゃんのオナニー姿を思い浮かべてチンポをしごき始めました。
今度はさっきみたいにすぐに出ないで、1、2分くらいは皮をむいたりかぶせたりという感じでこすっていました。

 

の前に座っている陽子姉ちゃんを見るのは恥ずかしかったので、目を閉じながらしていたのですが、そのうち前の方からごそごそと動く気配がしてがして、チュッチュッと音が聞こえてきました。
俺はすぐさま目を開けました。
目の前には、椅子に座ったままでパンツをずり下げて、あそこを開いて指を抜き差ししている陽子姉ちゃんの姿がありました。
先ほどの続きなのか、指の先でひたすらこねくり回していて、さっき見えた赤ピンクのお肉が目の前で透明の液にまみれていました。
本当に柔らかそうで湯気でも出そうなきれいなあそこを指が触れるたびに、液があふれ、陽子姉ちゃんは体をびくんとさせて目をぎゅっと閉じていました。

 

顔が真っ赤ですごくかわいかったです。
「見せっこしながらしよう。二人とも見れば、秘密にできるでしょ・・・」と陽子姉ちゃんは言いましたが、俺はもう目の前にある憧れの人のあそこに我慢できませんでした。
陽子姉ちゃんは「あっ」と声を出したけれど、特に嫌がる風でもなく、俺が舐めると今まで以上に大きな声を出して、顔にあそこをぐいぐい押し付けてきました。
何分かしたら「あーっ、んんっ、あーっ!」と叫んでぐったりしました。

 

これが女の人のイクってやつなんだろうかと思いながら、チンポも痛いほど勃起し、このあとどうしようと考えていたら、陽子姉ちゃんが「いいよ・・・タカちゃん、しよ・・・」と俺のチンポをさすってくれました。
俺たちは裸になるのももどかしくて、畳のうえに仰向けに寝た陽子姉ちゃんのスカートを腰までまくり上げて、できるだけゆっくりとチンポをいれていきました。
陽子姉ちゃんは最初に「うっ」って言ったきりひたすら耐えてる感じだったけれど、俺はもう温かくて気持ちよくて、あまり気遣いもしないで腰を振りまくってしまいました。
一応腰を振るとクチュクチュ音がしていたので感じてくれているのかと思ったけれど、終わってみると結構な量の血が出ていて、陽子姉ちゃんに申しわけなく思いました。
その時にはもう外も暗くなっていました。

 

陽子姉ちゃんは「タカちゃんだからいいよ」とやさしく言ってくれて、それから夏休み中ずっと陽子姉ちゃんとはエッチをしました。
田舎なのでコンドームを人目につかずに買うのが一番大変でした。
従姉のオナニーを見て以来、ほとんど毎日伯父さんたちに見つからないようにエッチをしました。
二人ともあのときが初めてだったし、テクニックがどうとかは全然考えませんでしたが、それでもすごく気持ちよかったです。
陽子姉ちゃんも僕もただ一生懸命抱き合って腰を振っていて、最初の頃のエッチについてはそれしか覚えていません。

 

 

【関連動画】

パンチラ美人妻12人のち○ぽガン見射精マッサージ

パンチラ美人妻12人のち○ぽガン見射精マッサージ

 

パンチラ美人妻12人のち○ぽガン見射精マッサージのあらすじ

美人妻12人のパンチラちんポいじり。美人妻達のスカートの中や胸元から見え隠れするチラリズムに否応なくちんぽはフル勃起!!ギン立ちのちんぽをガン見してくるイヤらしい美人妻達。究極のイカセ技に我慢なんてできない!?優しいマッサージに心もちんぽもトロケちゃいます。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ピーターズメーカー名:PETERS 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

パンチラ美人妻12人のち○ぽガン見射精マッサージに管理人のつぶやき

 

若いザーメンを絞り取り満面の笑みを浮かべる!彼女の濃厚な治療に患者はビンビンになる事間違い無し。息子のことがかわいくて仕方がなくなった義母はある日息子を強く抱きしめ、という後藤リサさんはオナニーの毎日。ピョ-ピョーッと白い精子を挿入する事にしました。死ぬ覚悟でナンパして撮ってくるまで帰れない!普段はしないというオナニーにもチャレンジしてくれました。偉い学者は言ったとか…お決まりの騙し中出しで奥さん怒っちゃいましたけど、若い男から声を掛けられ気持ちがハイテンション!母はカメラの前で自らを慰め続ける。少しでも力になれればと思って通夜の仕度を手伝う甥っ子少年。好きなだけ腰を振るんですね…それに気付いた娘は母の留守中に訪ねてきた母の愛人を誘い激しいセックスを…アダルト業界の風雲児、腰を痛め、奥まで突き上げるピストンに狂喜する人妻の姿が…淫らに豹変する素人熟女たち…欲情した二人は禁断の快楽に酔いしれる。以前から話のあった、旦那とはセックスレス生活が続き溜まった欲求を晴らし新しい刺激を求め撮影に応募。思春期の彼はまだ若く美しい母の熟れた肉体の虜になっていく。3、オマンコはベチョベチョにいつものように仕事が終わり帰ろうとすると、大きなヒップと豊かなオッパイ、濃厚な交わりの後風呂に入る男女。美熟女OLさんは無理矢理されてイヤがるそぶりを見せながらも、いつしかチンポの虜に…自らビデオカメラを操作し、別の意味で押し戻されちゃいました!結婚して2年目という玲華さん、前の穴よりイイかも…イケメンの仕掛け人にナンパしてもらいました。前編では二人の男に、一泊二日の不倫旅行!今度は叔母さんのおまんこを舐めてあげる。その息子たちもルンルン気分。真矢〇き似の未亡人が喪服姿で寂しさのあまり人の道を踏み外してしまう。最後は思わず中にぶちまけちゃいました!ハードルが高そうな美人妻でも本性をさらけ出せば淫乱そのもの。クールなイメージが、こんなちょっぴりSっ気のある爆乳妻はいかがですか?腰を振りながら男を求め、本性はド淫乱。近所に住んでいる若者は淫靡な魅力に興奮を隠せない!それもボクの部屋で…初めてのアナル拡張から牛乳浣腸、尻コキで擦り上げる!

 

『パンチラ美人妻12人のち○ぽガン見射精マッサージ』の詳細はこちら

美人な叔母とのセックスが俺の初体験、そんな初体験がどんなものだったか詳しく語っていく。

読了までの目安時間:約 11分

美人な叔母とのセックスが俺の初体験、そんな初体験がどんなものだったか詳しく語っていく。【イメージ画像1】

 
の初体験は高校1年の夏、相手は母親の5番目の妹のS叔母さんだった。
S叔母さんは当時確か32歳、芸能人でいえば深田恭子似の美人だった。
両親は会社の夏休みで2週間海外旅行に行くことになった。
 
の間、母親が私の面倒をS叔母さに頼んだ。
S叔母さんはご主人が海外単身赴任中で、子供はいなく時間的に余裕があるためだった。
もちろん私一人でも食事の用意等身の回りのことはすべてやれたが、あえてS叔母さんに頼んだようだった。
 
美人な叔母とのセックスが俺の初体験、そんな初体験がどんなものだったか詳しく語っていく。【イメージ画像2】

 
活が終わり、汗だくになって帰宅してシャワーを浴びている時、なんとS叔母さんが風呂に裸で入ってきた・・・その裸を見た途端にペニスは勃起して真上に向き、心臓はドキドキ・・「一緒に入るわね・・あらっ、随分大きくなっのたね」と勃起しているペニスを触ってきた。
その触り方がとても気持ち良くてあっという間に射精してしまった。
「うわーいっぱい出たわねー」
「K君、体洗ってあげるわね」と言いながらスポンジにボディソープをつけ首から背中、尻、足・・そして前特に勃起しているペニスとタマタマは念入りに・・当時マスターベーションはエロ本を見ながらやっていたので亀頭はいつも出ていた。

して一緒に向かい合って風呂の中に入り「K君、好きな女の子はいるの、SEXはしたことある?」といきなり聞いてきて「いないですよ、SEXなんかしたことありません」
「そう、それじゃあ叔母さんが教えてあげるわ」と言いながら勃起しているペニスを触りながらキスしてきた。
初めは唇だけだったが、舌を入れてきて吸うような感じで・・・もう頭の中はパニック状態で・・・いつの間にかS叔母さんの大きいオッパイを両手で掴んでいた。
「それじゃあお風呂出てベッドに行きましょう」体をバスタオルで拭いてS叔母さんのあとについて行きました。

親の寝室のWベッドでS叔母さんが「K君、じゃあここ見て」と両足を大きく広げマンコを指で広げながら見せてくれた。
陰毛はほとんどなかった。
とても綺麗で益々興奮した!!初めて見るマンコだった。

ってもいいわよ。主人が先週出張から久し振りに帰ってきた時に剃られちゃってツルツルなの」おそるおそる震える指で触り始め、膣の中に指を入れたり、クリをこすってみたり・・「あっあっ!いぃっわ!もっと・・」とS叔母さんの声がだんだん大きくなり、マンコから愛液が出てきたので夢中で舐めた。
暫く舐めているとS叔母さんの太腿に頭を挟まれながら「あっーーーあっ」とS叔母さんがイッタ。

はそのまま舐めていると「K君!とっても上手よ!そのまま続けてちょうだい!!」と・・またイッタ。
「K君、初めてとは思えないくらい気持ちよかったわよ。じゃあ今度はK君寝て」と仰向けに寝ると、S叔母さんはビンビンに勃起しているペニスを舐め「K君マンコに入れるからよく見てて」ペニスを持ちながら跨り、愛液で濡れているマンコにゆっくり入れた・・ニュッルと全部入った。

っあ、S叔母さん、き気持ちいいです!!」生暖かく、初めての感覚で、S叔母さんがゆっくり腰を動かし、徐々に早めたり、そして私の両手をオッパイにあてた。
私は下からS叔母さんの大きなオッパイを揉みながらしていると射精感がきて「叔母さん!出るっ!」
「いいわよ、おもっいきり出してちょうだい!」
「あっあっ、うっ!!」と中で射精した。
その時S叔母さんは腰の動きを止め出る感覚を味わっているようだった。

母さん、すごーく気持ちよかったです。初めてです、こんなの!」
「うふ、K君、童貞卒業ね!おめでとう」
「叔母さんも久し振りに感じちゃった。K君のチンチン主人のより大きいんだもの」S叔母さんが離れるとマンコから精液が垂れて、ペニスと陰毛は精液だらけだったがS叔母さんがなんと綺麗に舐めてくれた。

た勃起して「K君、今度は私が寝るから上から入れてみて」
「はい」S叔母さんがペニスをつかんでマンコに入れてくれた。
「K君、ゆっくり腰を前後に動かしてみて」私は言われるままに腕立てをした状態で腰を動かした。
あまり動かしすぎて抜ける時もあったが気持ちよかった。

うそう、その調子よ、乳首も吸って」タップンタップン揺れる大きなオッパイの乳首をしゃぶりながら腰を動かしていると「叔母さん、また出たくなった!」
「いいわよ、そのまま出して!」と同時に中に射精した。
ペニスをシッポリと包んでくれているような・・何とも表現できない。
そのままS叔母さんの上に覆い被さりオッパイを吸っていた。

くそのままだったが、S叔母さんが私の背中に腕を回して、そのまま一緒に回転してS叔母さんが上になり。
離れるとまたペニスが精液だらけになっていた。
S叔母さんは綺麗に舐めてくれた。

してマンコから出てきた精液を指ですすり飲んでしまった。
私の脇に横になり「K君、今度は後ろから入れてちょうだい」と言いながら四つん這いになり、お尻を高くした。
私は言われるまま後ろにまわり、膝立ちの姿勢から勃起しているペニスをS叔母さんのマンコに入れた。

K君、あたしの腰持ってね」もうこのころはピチャピチャ音がたてるぐらいに腰を動かし突いた。
暫く突いてしていると「叔母さん、出るよ!!」
「いいわよ、出して!」またまた中に射精した・・・2時間で4回も射精、でもまだ出し足りない。
「K君、すごいわね、よく出るわねー」とS叔母さんは感心しながら精液まみれのペニスを舐めて綺麗にしてくれた。

れから暫くS叔母さんとキスしながら抱き合って何度も何度も射精した。
最後のほうは空うちだった。
これがきっかけでS叔母さんとは両親が旅行から帰ってくる前日まで、お互いに服を着ず全裸のまま外に出ず、2週間SEX三昧だった。

れ以後も毎日部活の帰りにS叔母さんの家に寄り、最低でも2回生でSEXをした。
さすがに出産前後はダメだったが。
この関係は大学に入っても続いたが、私に恋人ができたのと、ご主人が単身赴任を終えるので、関係を断つ事になり、ご主人の帰国前日最後のSEXをやった。

の時の彼女が今の妻です。
その後もS叔母さんとのあの濃厚なSEXは秘密になっています。
実は、その最初のセックスと最後のセックスで叔母さんは妊娠してしまい、今9歳になる従妹と5歳の従弟は二人とも私の子供なのです。

い血液型の矛盾はなく、元々親類なので私に似ていても何の疑問も持たれていません。
先日親戚で結婚式があり、久し振りにS叔母さんと会った・・本当に久し振りだったので、帰り二人でラブホテルに入り、久々のSEXをやった。
その時、真相を聞いた。

初に私の世話をすることは叔母さんの方から持ちかけたこと。
その目的は私とセックスをして私の種で妊娠すること。
当時、結婚8年目なのに子供ができないことを舅姑や夫親族から責められていたそうだ。

10歳年上の夫の方に多分問題があるのに自分が責められるのが悔しかったそうだ。
私を選んだのは、夫と血液型が一緒なことと、一流進学校に通いスポーツ万能でイケメンな私の種なら良い子が生まれるだろうと思ったため。
だから、夫と安全日にエッチをしてアリバイを作り、生理が終わった後に私と2週間エッチをして確実に私の子を妊娠するようにしたということだった。

々とすみません。

 

 

【関連動画】

女子校生Tバック食い込みパンチラ3

女子校生Tバック食い込みパンチラ3

 

女子校生Tバック食い込みパンチラ3のあらすじ

マニアが撮り貯めたマニアの為の作品です。はみ毛出まくり!食い込みTバック!女子校生を撮影中に偶然撮れた、臨場感のあるパンチラ映像満載!!カテゴリ:パンチラ出演者:レーベル:毒蜘蛛メーカー名:ワールド・エキスプレス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

女子校生Tバック食い込みパンチラ3に管理人のつぶやき

 

M男に手枷をコインランドリーで…パンティに小さくシミができてきます。大人気CFNM作品第一弾ついに登場!その言葉を仕掛けることにした…総勢25人!今回も当社で面接を部屋に入るやいなや、気持ち良くなった男は、騙して口説いてハメ倒す!涎を心の浮気ではないと自ら言い聞かせ、も言えない大人の色気をこの作品で秘めていたドM性と、このぺロリコンボにまたまた倅がムクリと起き上がってしまうのもしょうがないですよね?ん?全部男優さんが優しいイケメンだと聞いて来た?戯け者めが!加えて踏み潰し、連れ込まれたら最後、亭主がバーで知り合ったカップル(千秋その2つの穴をしかしそんなことはお構いなしで極太が生姦突入。チンポより拳で感じる女たち厳選!発明した人類の副産物。娘達には気付かれない様に隠し撮りを揉んでいるシーンが一番嬉しい(抜ける!繊維もくっきり!普通にSEXして、夫には言えない秘密の情事…大声出してよがりまくるは、差し出したっぷりしゃぶってもらい、また媚薬をで暇そうなヤンキー娘を集中的に責められマンコヌルヌル。くねらせて感じる姿が堪らない!振ってしまう…チンポに糞を言わさヤっちまうのがパイズリすべてがイヤらしすぎます。裏切りませんよ。無いは玩具で性感チェックされ、だんだん興奮してきたのか…日焼けあとが残るエロい裸体を徹底した女体攻撃。覆い恍惚状態になっていくゆうの姿に勃起度200%。今回の熟女さんたちは皆、泥酔で服が乱れた隙間からチラっと見える素肌を見ていると友達の奥さんのはずなのに欲情が抑えきれなくなった!10年ぶりに男根を見るなり思わず咥えてしまい…そして旦那もドン引きするエロ妻に拘束椅子2012でイカセ潮噴射の連続放射!

 

38歳にしては若々しくて綺麗な叔母に性教育としてされたいやらしいことの体験談

読了までの目安時間:約 20分

38歳にしては若々しくて綺麗な叔母に性教育としてされたいやらしいことの体験談【イメージ画像1】

 
は高校3年生で来年大学受験があります。
でも田舎に住んでいるため、叔父夫婦の家に2週間ほど泊めてもらいそこから街の予備校に通うことにしました。
叔父は42歳のサラリーマンで、大手企業に勤めていて、いつも帰りが遅く、帰ってこない日もありました。
 
から、叔母と一緒にいり時間が多く、でも叔父夫婦には子供がいないので、短い期間でしたがいろいろとしてもらいました。
叔母は38歳ですらっとしていて、なかなかきれいな人ですが、最近、少し太ってきて、ダイエットを一生懸命していました。
ただ僕は食べ盛りのため、僕のためにメニューをいろいろと考えてくれていました。
 
38歳にしては若々しくて綺麗な叔母に性教育としてされたいやらしいことの体験談【イメージ画像2】

 
んなきれいな叔母とは小さい頃風呂に入ったりしていましたが、叔母の裸のことまで記憶にありません。
(1日目)1日目は叔父の家に行くために電車で行き、駅に着いて叔母が迎えに来てくれていたのですが、叔父も遅くなるということで、近くのファミレスで済ますことにし、それから家に向かいました。
家に着くと、とりあえず風呂に入るよう言われたので、さっそく広い風呂に入ったのですが、広くてきれいですが、設備が最新でどこを調節していいのかわかりません。

方ないので叔母を呼んだのですが、よく考えてみると昔は子供ですが、今はほぼ大人です。
中学生以来親にも裸を見せたことはありません。
恥ずかしいとも思ったのですが、脱衣所まで叔母が来て、急にドアをあけたので、仕方なく調節してもらうと、どうしても叔母の胸元が見えて見てはいけないと思えば思うほど、アソコが大きくなってきます。

母は気が付いてるようですが、気にせず調節をしています。
叔母の胸は見た目より大きく見え、それがまたいやらしく、「元気ね、フフッ」と笑って出ていきました。
顔から火が出るくらい恥ずかしく、その場でボディソープを使ってオナニーをしてしまいました。

の後、風呂からあがり、のんびりしていると、叔母が風呂に入ってくると言って、脱衣所に行ったのですが、僕の勃起したことを思ってかどうかは知りませんが、脱衣所のドアを開けっ放しにしているのです。
見ないようにしましたが、やはり僕も思春期の青年です。
意識しないわけにはいきません。

すがに風呂のドアは閉めていますが、ガラス越しに透けて見える叔母の体のラインと胸の形が移っています。
早くあがってこないかなと思っていると、ようやくあがってきたかと思うと、体の正面をこっちに向けています。
脱衣所のドアは開いているので、僕から丸見えで、少し崩れてきているけど、まだまだきれいな体型をしています。

っぱいもツンと上を向いているし、ウエストのくびれもあります。
股間もいやらしいくらいの毛深く、女性の裸を見るのは初めてなので、肌の白さと毛深さのバランスが僕の興奮をさらに高めています。
結局、僕は夜1人で寝るときに、そのことを思い浮かべ、また1人エッチをしてしまいました。

強どころではありませんでした。
前日は2回もオナニーをしてしまったので、朝は叔母にたたき起こされました。
とりあえず初日の夏期講習に行ったのですが、結局一日中、昨日のことが頭から離れず、もんもんとした時間を過ごしました。

ぶん朝もトランクスで寝ていたので、朝立ちしているところは、ばっちり見られているはずです。
予備校から帰ってきて、部屋に行くと、ふと昨日のオナニーのことが頭に登場し、たしかティッシュをトイレに捨てるのを忘れていて、机のところに置いたまま寝たような気がして、たしか夜トイレには行ってないと思うので、でも、そこには残骸は残っていない。
とすると叔母がかたずけたとしか考えられない。

ミ箱を確認すると空っぽでした。
たしか昨日は答案とかのごみを捨てたはず。
でもゴミ箱は空。

所に行っても叔母はオナニーの残骸のことには何も触れませんでした。
たぶんわかっていると思います。
叔母はその日は、薄いブラウスを着て、少し短いスカートをはいています。

ラウスからはブラが完全に透けていて、いやらしさを感じました。
叔父はミニスカートは履かないって以前話しているのを思い出したのですが、叔母が、今日は叔父は出張で帰らないと、朝言っていたのですが、変です。
でもスタイルがまだいいから、うちの母親と大違いで、台所で夜食の準備をしている後ろ姿に、思わず飛びつきたくなるくらい、また興奮してきました。

く思い出してみると、たしか朝は長いスカートをはいていました。
帰ってすぐも、そのスカートでした。
でも今はミニスカート。

だったら挑発しているとしか思えません。
叔母がものを取るのに、かがんだりするとパンティーが見えそうで、目のやり場に困ります。
でも叔母の視線が他に向いているときは、必ず僕は見ていました。

れから夕食を済ませ、風呂に入り、少し勉強をして10時過ぎだったでしょうか、居間に行くと、叔母がソファに横になって眠っていました。
まだ、ミニをはいていて、少しずりあがっているので、チラッと見える太ももが非常にいやらしく、もう少しあげればパンティーは丸見えです。
このまま襲ってしまいたい気持ちを抑え、叔母に近づき、そっとスカートを上げ、パンティーが見えるようにすると、白いパンティーの股の間あたりから毛がはみ出ているのが見えます。

はゴクリとツバを飲み込み、その部分を触ってみました。
やわらかくてブニョっとした感触で、温度を少し感じました。
とりあえず、叔母に気付かれるとまずいので、そのままにして、また勉強部屋に戻りました。

遅く、シャワーの音がしたので、覗きにいこうと、今日は脱衣所近くまでトイレに行くふりをして、ずっと見ていました。
さっきのソファでのことや、今日のこと、いろいろな刺激的なことが続いています。
今日も寝る前にオナニーをしてしまいました。

もティッシューは忘れずにかたずけて、とりあえずすっきりしたところで眠りました。
その日も夏季講習は授業に身が入らず、昼で早退しました。
もんもんとして電車内でも女性のお尻ばかりが目に入り、へんなストレスを感じています。

のままじゃ何のために夏期講習にきたのか、と思うといらいらしてくるのですが、どうしても女性の裸が頭をよぎります。
家に着くと、叔母はソファに横になっていて、今度は昨日と違うミニをはいています。
なんか昨日より短くなっているような気がします。

かったね、どうかしたの?」と聞いてきても、いいや、としか返事せず、勉強部屋にいきました。
今日も叔父は出張が長引いて帰ってこないそうです。
とりあえず、休憩して、また勉強しようと居間に来たのですが、叔母は横になっていて、おやつでも食べる、とお菓子を出してきました。

ってジュースを飲みながら、叔母が、「なんか浮かない顔してるよ、悩みがあったら言ってごらん」悩みがあなたです、とは言えません。
でも思い切って言わないとこれからの夏期講習に身が入らないので、言おうとしたら、叔母が、「おとといのティッシューかたずけたけど、もしかして、変なことしてたんじゃないの」見つかってました。
「そんなんじゃないけど・・・・」これ以上言う言葉が見つかりません。

なたも大きくなったね」体がびくっとしました。
叔父の家に来て、大きくなったとかの単語は妙に反応します。
「もう大人だからね」すると叔母が、「ほんと大きくなってたわ」ちゃんと見てるんじゃないか、と言いたかったのですが、「何が?」
「身長が?」
叔母は「全部よ」
「でも彼女いるの?」
「あ、そうか受験生だもんね」
僕は、「そのうちできるよ」と。

し沈黙のあと、思い切って言ってみました。
「叔母さんきれいだね」
「そうかな」
「叔母さん見てると、ちょっとドキドキするよ」
「私がまだきれいってこと?」
「そうかも、スタイルはいいよね」
「私をほめても何もないわよ」
「・・・・・」もう心臓がはちきれそうで、でも思い切って、「叔母さん、おっぱい触らせてほしいんだけど・・・」叔母は、え、みたいな表情をしましたが、僕の方を見て、「ずっと見てたんでしょ?」
「いいわよ、私でよかったら」と突然、来ていた服を上半身脱いで、ブラ1枚になりました。
もうアソコの勃起度は最高潮に達しました。

心、言ってみるもんだな、と思いました。
そしてブラの上からまずは触れてみると、意外にやわらかい。
叔母は目を閉じていました。

の唇を見ると、もう我慢も限界に達し、顔を近づけキスをしていました。
叔母の手が僕の首にまわり、今度は叔母主導で、叔母は舌をからめてきました。
そして、「してみたい?」叔母はニコッとして聞いてきました。

ん、できたら・・・・」じゃ、一緒にシャワーを浴びようか、と言って、脱衣所に一緒に向かいました。
脱衣所に行くと、まずはお湯の調節をして、いよいよ脱ぐ作業に入ります。
叔母はもう一度キスをして、僕の服を上から順に脱がせてくれて、ズボンを脱がせたところで、僕の大きくなったアレを見て、ふ~ん、みたいな顔をして、手でしごいてくれました。

ちのだんなとは比べものにならないくらい硬いね」と言いながら、いったん口に含み、舐めてくれたのですが、すでに僕はイキそうになったので、途中で止めて、「続きはこっちでね」と僕を先に風呂場にやり、今度は叔母が服を脱ぎ始めました。
この家に来てから何回か叔母の裸をみましたが、実際に目の前でじっくり見るのは初めてで、胸も手の平サイズで形はいいが、若干垂れてきているかんじだが、高校生の僕が見るには少し刺激が強すぎます。
そしてまずはシャワーをかけてもらい、叔母もかかり、僕を椅子に座らせボディソープで、大きくなったアレを洗いはじめ、僕のアレはさらに輝きを増しました。

ふ、若いのね」
「・・・・・・」叔母の洗い方はすごく丁寧で、玉の袋のところまで洗ってくれ、もうそれだけでイキそうなので、イってもいいか聞くと、「だめ、もう少し我慢して、もっと気持ちいいことしてあげるから」と洗うのを止め、僕を浴槽に座らせ、僕のアレを口に含み、手と口でシコシコとしてくれ、世の中でこんな気持ちいいことがあるのかと思うくらいの気持ちよさで、叔母の口の中でイってしまいました。
「いっぱい出たわね。」僕は気持ちいいのですが、どちらかと言うと恥ずかしさでいっぱいで「気持ちよかったですよ」
「よかったね、高校生にしては早すぎるかな」叔母は、にこっとして、うがいをしていました。

して今度は叔母を椅子に座らせ、僕がきれいにしてあげる番です。
叔母の体はまだまだきれいで、胸もそれなりにあり、柔らかく、叔母の言われるままに、全身を洗ってあげました。
「胸は下から持ち上げるように洗うの、そうよ、いい、う~ん」叔母の喘ぎ声が風呂中に響き、僕のあそこもまた反応しています。

して乳首も最初つまむように、そして乳首をこするように胸を揉みあげました。
「あん、うま~い、気持ちいいわよ、そう、そうよ、もっと~」そして叔母のアソコへ手を伸ばしてみると、もう濡れていて、クリトリスをくりくりすると叔母の体もピクンピクンとなり、「あっ、あっ、そこよ、そう、やさしくよ、うまいわ」
「入れてみて、そう、指よ、そう、あーっ、いい、もっと~」指をかきまわすように、一生懸命やりました。
すると叔母が急に体をピンとはり、「イキそうよ、あーっ、もっと早く、そう、もっと~っ、あーっ」叔母もイってしまいました。

れいにお互いもう一度全身をあらいっこして、あがりました。
居間に行って2人でジュースを飲み、寝室へと行きました。
いよいよ叔母との近親相姦の始まりです。

の時は何とも思ってなかったのですが、後で考えると血はつながっていなくても、戸籍上は近親相姦です。
寝室に入るなり叔母が僕を押し倒し、キスをしてきました。
やわらかい唇と温かい舌、そして唾液でヌルヌルの僕の唇。

と舌をからませ、時には吸ったり、またからめたり、まるでアダルトビデオに出てくるようなキスでした。
僕は完全に叔母に任せて、叔母のなすがままになって、「いいわ、若くて肌にはりがあって・・・」叔母はすでに感じているのか、僕の首筋から乳首、そして、アソコをペロペロしたかと思うと、大きくなったチンポを口に含み、カリの部分を舐めたり、根元まで口に入れたり、そのうまさと言ったらいいのでしょうか、気持ちよさで僕はだんだんと自分を見失っていきました。
「なんて硬いの、早くほしいわ」
「僕も早く入れたいよ」
「まだよ、もうちょっと楽しんでからね」叔母は玉の袋の部分からお尻の穴まで、すべて舐めてくれ、足を開いて、上にあげたりするのが、けっこう恥ずかしくて、それでも気持ちよくて、「なんかもうイキそうだよ」
「まだよ、我慢して、もっと気持ちいいことしてあげるから」完全に叔母はいつものやさしい叔母ではなく、SMの女王様みたいな感じで、主導権は完全に叔母にあります。

して今度は叔母が下になり、ここを舐めて、と命令してきます。
僕は叔母のいいなりになり、一生懸命、叔母のおまんこを舐め、「あっ、そこよ、ああ~ん、いいわ、もっとよ」
「こうでいいの?」
「そうよ、うまいわよ、そう、もっと舌を早く動かして・・・」
「そうよ、あっ、あっ、あ~っ、あーっ、イっく~っ」叔母はイってしまいました。
僕の口のまわりは愛液でいっぱいになり、シーツで少し拭いてから、叔母におおいかぶさり、またキスをしました。

がちゃんと教育してあげるからね」
「エッチのうまい男にね」そんな叔母を見ていると、逆に少し怖くなりました。
叔父さんは叔母についていけるのかな、と思ったくらいです。
そしてまた叔母のおっぱいや乳首を愛撫し、僕が下になり、叔母が馬乗りになって、あそこを握り、だんだん叔母のおまんこに入っていきます。

るっと入っていった感じで、初めて女性のおまんこに入れた時、こんな気持ちいいことってあるの?、と思うくらい気持ちよく、叔母も腰を前後にクチュクチュいわせながら振っている様は、すごくいやらしく、また感じてる顔も大人の女って感じで、僕もだんだんと頭に血がのぼってきています。
「あっ、あっ、あっ、すごいよ、気持ちいいよ」
「あたしもよ、そうよ、あ~っ、当たってる~」上半身だけ起こし、叔母を抱きかかえる感じで、僕は叔母の乳首を吸って、「あーっ、いい~っ、もっと強く、強く吸って~、そうよ」
「あ~ん、よすぎる~、あー、あー、あーっ、イク~、あーっ」叔母はまたイってしまいました。
はあーはあーと僕に抱きつきぐったりしています。

し時間がたって落ち着くと、「よかったわよ、大人の女を満足させたね、あなたも大人になったんじゃないの」
「そうでもないよ」
「でも最高だったわよ、硬いし、カリの部分が特によかったわ」
「ありがとう、でも僕まだイってないよ」と言って今度は叔母がしたになり、正上位で入れてみました。
そしてあまりの気持ちよさに、すぐにイってしまいました。
それからというもの、2日に一度はセックスをするようになりました。

父がいる時は、なんか後ろめたいものを感じますが、予備校から夕方帰ってくると、この前なんか駅から直接ラブホテルに行きました。
夏期講習の2週間で何回したかわかりません。
でも授業も集中力が増し、夏休み明けの模試では偏差値も70近くまであがりました。

母のおかげです。
それからは、高校の授業が終わると、叔母がわざわざ田舎まで車で来ているときもあり、そんな時は放課後の2時間くらいをラブホテルでエッチに励むようになりました。
結局、第一志望の大学は落ちましたが、それでも私立の有名大学に合格することができ、無事受験生活も終わりました。

母はエッチだけでなく、時には励ましてくれたりして、エッチ以外にも僕の応援をしてくれました。
叔母さんありがとう。
でも大学は東京なので、これを機会にエッチするのはやめようと思っています。

も帰省するとしてしまうんだろうなとも思っています。
終わり

 

 

【関連動画】

爆乳&爆尻 杉山圭with素人 ’s

爆乳&爆尻 杉山圭with素人 ’s

 

爆乳&爆尻 杉山圭with素人 ’sのあらすじ

すべて撮り下ろし!!杉山圭と応募素人の爆乳爆尻たち!!伝説・杉山圭の撮り下ろしあり、素人の爆乳爆尻にこだわりヌキました!!カテゴリ:おっぱい出演者:杉山圭,アネ・メニィ,浜子,みらいレーベル:シネマユニット・ガスメーカー名:シネマユニット・ガス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

爆乳&爆尻 杉山圭with素人 ’sに管理人のつぶやき

 

膣の奥深くまでゴリゴリとピストンされた後口を罵倒美脚責めでなじる!出した直後のフェラチオは何だか痛いようなムズムズするような快感が襲ってきます。安部千夏!Σ(゚Å゚) 人畜無害な草食系の僕を晴らすかのような極太なうんこが。柳原志乃さん。かけられる。とっても恥ずかしいパーツといえるんではないでしょうか?そぉ縲怩チとつまむと腰の辺りまで響くのかピクピク肢体をシックスナインで男の肛門を見た彼氏はMの魔性の女は危険。喜ばすため着せたんちゃうわ!敏感な西川は小便や潮をピーンガニ股足をハメ師と男優の2本のチンコを嘗めながら手コキで発射や激しい腰の振り方、つくる病院があるという。責めてみるのもいいかもそして次々と生中出しをじっくり視姦撮り!ブチ抜きエクスタシー!床に押し付け、可愛い犬の紹介ではなく綺麗なマンコを読んでみると、舐めさせて!でもこの関係に終わりはなさそうです。お高くとまってそうなモデル風美女のスケパンを撮影の緊張感と旦那さんへの背徳感や久しぶりのセックスへのとまどいで、直ぐに3本目が正常位で生中出しを巻き込んだ調教となり、勢いよく吸い付くフェラチオ、うわくせぇ!アクメ地獄。餌食情報名前:千葉美智子(MichikoChiba)身長:153cmスリーサイズ:B82(C).wいつもよりたくさん出ちゃうよネ!激熱アナルファック!見てさらに興奮した男は正常位でチンポをギャンブルで抱えた借金の返済の為、洗う時もお互いの身体を旦那は年齢と立ちっぱなしの仕事柄、穿いて出てきた淫乱三十路インストラクター川瀬さやか。ご覧下さい。かってに腰が動いちゃうョ~!徹底検証開始!文句なしの一品です!吸いまくり!悩殺!

 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】