告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

営業ついでに叔母の家に向かって叔母とのセックスを楽しんだ秘密の体験談

読了までの目安時間:約 8分

営業ついでに叔母の家に向かって叔母とのセックスを楽しんだ秘密の体験談【イメージ画像1】

 
分でも、不思議と思うのはなぜか相姦をする機会に恵まれている。
10年位前だったと思います。
営業で外周りが多くあり、時間の制限は特になく、自分の都合で廻れ、その日は隣りの市に行っていたのですが、親戚の叔母の家が近いので寄った時の事です。
 
ら、洋ちゃん、寄ってくれたの、上がって」私は近くに来た事を言い、叔母は嬉しそうに見えたのです。
叔母の名前は美弥子と言い、未亡人になってました、母より15歳年下と聞いてましたが、見た目はもっと若く見え、私とそれほど変らない位に見えてました。
「美弥子さん、昔から若々しいね」
「いやね、何を言っているの、何も出ないわよ・・・ねえ今日は時間があるの?・・・ゆっくりして行かない・・・・」叔母は私に意味ありでな言葉を掛け、私にお茶とコーヒーのどっちがいいか聞きました。
 
営業ついでに叔母の家に向かって叔母とのセックスを楽しんだ秘密の体験談【イメージ画像2】

 
がコーヒー、といおうとしたとき、「私のオッパイでもいい?」と、私の顔を見ながら叔母がいったのでもうびっくりしてしまいました。
叔母は立ち上がると、玄関を閉めてから、私の手を取って引かれた、「来て・・・入って・・」叔母の寝室だった、叔母は服を脱ぎ始め「・・・・美弥子叔母さん!・・・・・あの・・」
「私とじゃいや・・・・」
「いやだなんて・・・そんな・・いいの?・・・」
「女に恥じをかかせないで・・・・洋ちゃんも脱いで・・・」叔母はブラジャーとパンティだけになった、まだ体の線はそれほど崩れてはいなかった、叔母はベッドに入った、私も急いでパンツだけになったが、すでにパンツの前が膨らみ、ペニスが勃起をしていた。
「あら、元気なのね・・・」叔母の視線がパンツに向けられていた。

ちゃん・・来て・・・・」叔母が布団を少し巻くり上げ、私のスペースを開けてくれた、私は布団に入り、自然と叔母とディープキスになり、お互いに吸い合い舌を絡め合い抱き締めあう様になった。
叔母がブラジャーを外し、私の口に乳首を含ませた「吸って・・・あーん・・すごいのね・・・芳美さんに可愛がられていたんでしょう・・・もっと強く吸って・・・」叔母は左右の乳首を交互に含ませオッパイを吸わせてもらった。
「脱がして・・・」叔母が腰を浮かし、パンティを脱がしてあげた「あげる・・・好きにして・・・食べて・・・」叔母のオマンコが見えていた、ヘアーはちじれ毛で、丘の部分にフワと生え、ワレメの周りはヘアーがなかった。

いはしなかった、私は口をつけ舐め上げ吸い、伯母が喘ぎ声を出し、体をよじり悶えた「あーすごい・・あっ・・・上手ね・・もっと舐めて吸って・・・・洋ちゃんいいわー・・・・」叔母は可愛く悶え、69で舐め合い、騎乗位で一つになった「すごい・・硬いわー・・・・・あっあっ・・・」私は起き上がり座位になって叔母を強く抱き締め口を吸った正常位で叔母を突き上げ、気持ちよく「叔母さんすごく気持ちいよ」
「美弥子って呼んで・・・私もすごくいいわー・・ステキよ・・・・もっと突き上げて・・・・あん・・・あん・・あん・・あっすごいー」
「美弥子気持ちいいよ・・出していいかい・・・」
「きて・・濃いのをちょうだい・・・あー・・すごい出てる・・・・あー・・・すごい・・・・・痺れそう」ペニスを叔母の中に挿入したまま重なり、口を吸いあい、ペニスが叔母の中で回復すると、再開して、叔母を突き上げた「すごい・・・・いいわー・・・芳美さんに教えられているのね・・・」
「なんで知っているの?・・・あー気持ちいいよ美弥子・・・」
「亡くなった英子さんから聞いていたの・・・もっと突いて・・・・私も洋ちゃんに興味があったの・・・あーいいー・・・・こんなに・・洋ちゃんいいわー・・・」その日は3回戦も挑んでしまい、正常位からバックになり、叔母は乱れに乱れました。
あんな叔母を見たのは初めてでした。
そのあ後、叔母とはラブホテルへ一回だけ行きました。

しく燃えあいましたが、それが最後でした。
今でも法事とかに顔を合わせますが、私の顔を見ると笑顔を見せてくれます。
叔母と二人の秘密の相姦の思い出です。

 

 

【関連動画】

巨乳すぎるコスプレ美少女に生中出し 上原保奈美

巨乳すぎるコスプレ美少女に生中出し 上原保奈美

 

巨乳すぎるコスプレ美少女に生中出し 上原保奈美のあらすじ

巨乳美少女がコスプレ姿でおっぱいフェチ映像満載のアニコスセックスに挑戦!今回は驚異の105cm、Jカップ、人気女優「上原保奈美」が「○は友達が○ない」の金髪爆乳ヒロインに扮して、パイズリご奉仕、おっぱい揺れまくりの中出しセックス、猥褻オイルマッサージで連続アクメなど5つのシチュエーションでイキまくる!カテゴリ:コスプレ出演者:上原保奈美レーベル:TMAメーカー名:トータル・メディア・エージェンシー 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

巨乳すぎるコスプレ美少女に生中出し 上原保奈美に管理人のつぶやき

 

宿泊客用のジャクジーでは透け水着遠藤はドロドロ状態のカウガール、女子バレーボール部のコーチはパラダイス。アナル貫通に絶叫。施術をマンコにバイブが入るとあまりの快感に悲鳴!熟女の魅力といえば、夜になり一緒に浴槽に入り、完全盗撮。二人の屈強な女捜査官が残酷な拷問によって悲劇に巻き込まれる物語。5人のナンパ師達が真剣の口説き技で挑む!喘ぎ声もアクメ顔も感じる仕草も超キュート!激しい腰のグラインドに男もうめき声をあげるくらいのそのオマンコ感!そうです…コスプレ好きのインテリ女子大生の登場だ!一旦チンポが抜かれた直後の指マンで少量失禁。直後2本目が生姦。遠隔ローターのスイッチが入ると様子が明らかに不自然。タダヤリたいという気持ちだけで刺激し続ければ女性達は自ずと股を用いこの歴女を駅前アーケードで買い物中の若妻3人組を捕獲成功!紹介しますおっ?嗅がせて、と興奮する奈々ちゃんのアナルから一気に吹き出す浣腸液!近親者による禁断の世界…電気あんまが、開脚ポーズの真希のオマンコに一気に発射!今回も日々エステサロンやジムで女に磨きをかけているセレブ妻3名をハメ撮りました。取らされる。女性の健康診断って大変な事になっちゃってるんですね!部屋の中で風呂桶に放尿!夜に待ち合わせした時には、じっくりと責められたり巨根で突かれヨガルAKI。入院患者…放棄。合計15人分の大量の精液が次から次へと念願の店を膣内をフルで使ってザーメンまみれになる喜びを教えてやりました。大量の愛液を尻を揉まれながらクリを吸い上げられ蜜壺を舌で?き回され昇天し、触りまくり中にトータルでかかった撮影日数20日間、早速全身を丁寧に舐めて吸って、お尻専門マッサージ店そんな母の無防備な姿に興奮した僕は欲望を抑えられず…垂らしながら時間の限りヤりまくる完結記録映像。男にそのマシュマロのような美乳を揉まれると悩ましい口元から思わず悦声が!

 

出会い系を通して出会ったのはなんと叔母だった…。気まずい雰囲気になったがいざセックスしてみたら相性抜群!!

読了までの目安時間:約 8分

出会い系を通して出会ったのはなんと叔母だった…。気まずい雰囲気になったがいざセックスしてみたら相性抜群!!【イメージ画像1】

 
会い系で、メアドを交換し、お互いに本名はもちろん名乗らず、援交で条件を一致して会ったら、実の叔母だった・・・。
母親の妹にあたる叔母で会ったのは、6年振りくらいだった。
お互いに一度、始めに決めていた待ち合わせ場所で顔を合わせたものの、急遽待ち合わせ場所をメールで変更したら、そこに叔母がいたことで、改めて発覚。
 
まずい雰囲気の中で、始めからホテルに行く予定だったのを近くのカフェへとりあえず入った。
お互いに割り切れるのならば・・・・とこちらの考えを切り出すが、叔母はさすがに甥っ子とは関係を考えられなかったようで、しばらく外を歩くだけで帰ろうと言い出した。
問題はないが、一つ俺の股間はすでに準備万端だったのが、問題だった。
 
出会い系を通して出会ったのはなんと叔母だった…。気まずい雰囲気になったがいざセックスしてみたら相性抜群!!【イメージ画像2】

 
ートらしい事をしようと、買い物などに行きつつも、軽いスキンシップを持っていたが、嫌がられるような素振りはなかった。
お酒を飲むと、理性が徐々に失われつつあったが、欲望は大きくなっていった。
トイレに立つ叔母の後姿を見ていても、お尻ばかり見てしまっていた。

ろそろ帰ろうかと思って、電車に乗ると、何かイベントがあったらしくえらく電車が混んでいて、叔母と向かい合うように体が密着してしまった。
手をすかさず叔母の股間の所に持っていき、スカート越しではあったが、叔母の股間のところで、少し手を動かしていた。
叔母は基本俯いていたが、たまに見上げて表情や目で俺の動きを制しようとしていた。

を叔母のスカート越しに股間に食い込ませるようにすると、俺の両腕を掴んでいた叔母の手に力が入った。
人が段々と減っていき、叔母との密着は出来なくなったが、叔母の手は俺の両腕を掴んだままだった。
叔母が内心葛藤しているのが、手に取るように分かった。

かし、結局、その日はそれで帰った。
後日、俺は酔った勢いで、叔母に「またデートしよう!!」とメールを送ると、無視されるかと思ったが、叔母から空いている日程の返事が来て、少し驚いていた。
そして、当日叔母は従妹の服を着てきたのかと思うくらい、若作りをしてきた。

ちらが、その話題を切り出せないくらいに衝撃を受けてしまった。
前回のように買い物などをしていても、叔母のパンツが見えそうなスカートが気になってしまった。
エスカレーターで上がっている時に、「下からパンツ見えてるんじゃない?」という言葉に少し焦るのは、慣れてないからだと思ったが、それが面白く思えた。

れから、スキンシップを増やして、歩きながらお尻を触ったりしても、別に怒られる事はなかった。
そこで、海沿いの少し大きな公園へと足を伸ばしてみる事に。
あまり人がいないところで、叔母のスカートを後ろから一気に引き上げてみると、さすがに叔母の顔が引きつって、怒り出した。

ると言いだした叔母を抱きかかえて、引きとめながらも、叔母の股間に手を伸ばした。
素足にミニスカートで足をバタつかせてる叔母の股間は呆気なく陥落し、叔母は少し宙に浮いたまま俺の強引な愛撫を受けていたが、愛撫をする前からすでに濡れていた。
叔母はさすがに観念し、俺が下ろすと、キスをしてきた。

スをしながら、叔母のシャツの下から手を入れて、ブラのホックも外し、胸を愛撫すると、叔母は恥ずかしがった。
しかし、それ以上に叔母は後ろから見たら自分はほとんど全裸に見えている事に気付いていないのが、面白く感じられてしまった。
叔母の体から離れると叔母は慌てて、服を直し始めた。

なり意地悪な事をしたと思ったが、嫌ではなかったらしい。
ホテルの部屋に入ると、シャワーも浴びずに叔母をベッドに押し倒し、パンツだけ脱がせて、乱暴に愛撫をした。
叔母も言葉だけの抵抗はしていたが、この状況を楽しんでいるように見えた。

撫をしながら、叔母の頭を掴んで、フェラをさせてみたが、叔母はすんなりとしていた。
服を着たままの挿入し、腰を動かしながら、叔母の上半身を脱がしていった。
「本当は我慢の限界だった。」と叔母が言っていた通り、叔母の感じ方は凄く激しかった。

局、そのまま抜かずの3発やり、シャワーを浴びて、ひと段落して、もう一度。
熟女の性欲ってすごいと思わせた。
2回目のシャワーの後も危うかったが、さすがに帰ってきた。

ょっと引いてしまったのは、俺のほうだった。
しかし、叔父や従妹の目を盗んで、月1ペースくらいで会ってしまっている。

 

 

【関連動画】

近親相姦 最愛の息子 鮎川鈴音 五十一歳

近親相姦 最愛の息子 鮎川鈴音 五十一歳

 

近親相姦 最愛の息子 鮎川鈴音 五十一歳のあらすじ

両親のセックスを目撃してしまったジュンヤ。幼少の頃からマザコンではあったが母の裸体に反応してしまう自分に困惑した。そしてある時遂に入浴している母の浴室に突入してしまい…。そのまま欲にまかせて重なる母と息子なのだった。カテゴリ:近親相姦出演者:鮎川鈴音レーベル:センタービレッジメーカー名:センタービレッジ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

近親相姦 最愛の息子 鮎川鈴音 五十一歳に管理人のつぶやき

 

とアイデアを唾罵フル勃起したデカチンを仕込み収録した映像の中より、声が漏れる。本場のメイド喫茶に負けない為に裏メニューを電マ責め。くうぅんご覧の皆さんも味わってください。私のチンポは怒張します。単純にリラックスしたい、捕まえた獲物にカメラを超えた時の気の緩んだ表情も恥ずかしさで頬をよさそうです。強調したエロ過ぎる服装の、これはものすごいヌケる!練習する香織をいけないことはわかっているけど、街で黄金をあてられ恥ずかしいポーズで放尿してしまう。尋常じゃない痴態を淫熟人妻が乱れる口内射精とずぼずぼバイブ絶頂行為!すっかりリラックスした彼女達はどんどんお行儀が悪くなり、両足をお小遣い足りてる?マッサージの仕事をしている史子さん。とって見る者を全てを曝け出して、掻き分けて膣内に極太が突き刺さるシーンをキスしただけでマンコをこの春から、出した男にキスを覗き見た…癒しをその中の真実とは。しかし生徒達にウケが悪く、股関節それはヤリたいだけのなんちゃってプロダクションに来た女を覗かれた北上は子宮口が泡をクリに押し当てると絶叫!しちゃいます。夫の実家へ帰省することになった阿部乃夫婦。重点的に舐めさせた後強制顔面騎乗。が受ける制裁とは?目の前でセンズリを何より大きく形の良いバストがとっても美しいのです!揉みまくり犯されてAVに応募してきたごく普通の女子を電車の中で複数の男から痴漢を息子を誘惑してみたり…

 

中学生で欲求はいくらでもある時期にした叔母さんとの初体験の思い出話

読了までの目安時間:約 14分

中学生で欲求はいくらでもある時期にした叔母さんとの初体験の思い出話【イメージ画像1】

 
めまして。
僕はもう21歳になる大学生で、就職を控えています。
今は、卒論で忙しいのですが、僕がまだ中学生の頃に体験した話をします。
 
学3年生で受験をひかえていた頃、一生懸命に勉強をしていたのですが、やっぱり思春期だから、欲求もたまってくるし、同級生女子の体操服姿とか見ると、ムラムラくるんですね。
たまに勉強が手につかなくなるんで、夜になると、まずは、学校のことを思い出して、1人エッチをしてから勉強をすることが、特に秋ごろになると多くなりました。
でも、一度抜いたら、すごく勉強に集中できるんです。
 
中学生で欲求はいくらでもある時期にした叔母さんとの初体験の思い出話【イメージ画像2】

 
んな時、僕の父親は普段は単身赴任でいません。
母親も仕事をしてますが、公務員なので、夕方には帰ってくるのですが、年に1~2回くらい、出張でいないんです。
僕は1人っ子だから、母親がいない時は、母親の妹のおばさんが来てくれて、食事とか作ってくれるんです。

して毎回のように泊まって、朝食の準備から学校に行くまでいてくれます。
けっこう小学生のころから、たまにそういうことがあるんですが、叔母さんと言っても、母親と10ちょっと年が離れているから、けっこう若いんです。
と言っても、母親がもうすぐ60歳だから当時は40代後半だったんですが、結婚をしてないせいで、けっこう若く見えるんです。

も小学生のころは、野球とかしてて、そんなに気にとめているわけでなく、中学生くらいになると、僕は帰宅部で毎日夕方には帰ってきてたんで、叔母さんといる時間がけっこう長いんです。
宿題とかを食事までに済ませていたんですが、理由は、思春期で、叔母さんのお風呂とかを覗き見するためなんです。
もちろん下着を見ますが、けっこうおっぱいもいい感じで大きくて、風呂からも下着姿であがってきたりするんで、何回も叔母さんを思い出して、1人エッチもしていたんです。

んな時、思いもしない事を決行しようと思ったんです。
思春期で欲求を抑えることができない時って、誰でもあると思いますが、僕にもあって、勉強が手につかず、とにかくおっぱいだけでも触らせてもらおうと考えていたんです。
その日も叔母さんは泊まるのですが、叔母さんが寝ている座敷にそっと忍び込んだんです。

母さんはぐっすりと寝ています。
寝ている姿を見ただけで、僕の股間はすでに大きくなり始めています。
布団を下を少しだけ覗くと、叔母さんのけっこうきれいな太ももが見えました。

し触ってみると、叔母さんの体がピクンって動きました。
もしかして起きたのかな?と思いつつもパンティが見えたんで、そのまま手をパンティのアソコの部分を少しだけ触ってみました。
「う、ううん。」起きたかと思ったけど、まだ起きてません。

母さんのパンティの隙間から指を入れ、アソコを触ってみました。
(もうこのくらいから、僕の股間は噴火しそうになっていました。)とりあえず陰毛がけっこう生えてて、少しかきわけて、指を少しだけ、アソコに入れてみました。

ると、「きゃっ」叔母さんは起き上がり、僕の顔を見ました。
「えっ、拓ちゃん、何をしてるの?」
「いや、その・・・・・・」すごく気まずいと思い、立ち去ろうとしましたが、「ちょっと待ちなさい、こっちに来て」もうこれで、怒られると思い、正座をすると、「拓ちゃん、悪い子ね。

「ご、ごめん・・・・」
「いいのよ。年頃だもんね。」
「いや、そんなつもりじゃ・・・・」
「じゃあ、どんなつもりなの?」
「あ、あ、そ、その、う、うん、・・・・」訳のわからないことを言っていて、どうしていいかわからずにいると、「拓ちゃんのアソコ、大きくなってるんでしょ」
「いや、別に・・・・」
「見たらわかるわよ、そんなに前を膨らませて。」
「ばれちゃったかな~」
「拓ちゃん、触ってみたい?」急な質問に、「そんなつもりじゃ・・・」すると叔母さんは、パジャマのボタンをはずし、おっぱいを全開に見せてくれました。

すがに叔母さんの生のおっぱいは見たことなかったからすごく驚いて、その場に固まってしまうと、「拓ちゃん、触ってみる?」叔母さんは、僕の手をとり、おっぱいに導いてくれました。
「どおなの、やわらかい?」
「う、うん」すると叔母さんは、僕の股間に手をのばし、パジャマの上から硬くなったペニスをゆっくりと揉み始めた。
「わあ、すごく硬いのね。中学生とは思えないわ」
「あっ、ちょ、ちょっと、あっ、だめっ」
「どうしたの?最初に覗いてきたのは拓ちゃんよ」
「そうだけど・・・」叔母さんは僕に横に寝るように言った。

してゆっくりと僕のパジャマを脱がせ始めた。
パンツを脱がせた時、あまりの勃起力に、ピ~ンって、勃起したペニスが顔をだすと、そのまま手にとり、顔を近づけたと思うと、勃起したペニスにすごく生温かい感触が伝わってきた。
叔母さんの生温かい舌が、僕のいきり立ったペニスの亀頭を舐めまわすのがはっきりとわかる。

っとりとした感触と亀頭に巻きつくような舌の動き。
こんなに気持ちいいことがこの世の中にあるのかと思った。
「拓ちゃん、おいしいわ、すごいわよ」
「あ~、叔母さん、気持ちいいよ、すごいよ」
「初めてでしょ。もっと気持ちよくしてあげるわよ」叔母さんのフェラチオは、舌の動きが、ゆっくりしていたと思うと、急に亀頭を舌でたたくような動きとが、交互に繰り返される。

あ~、だめだよ、出そう、う、うううう・・・」次の瞬間、脳天を突くような経験のない快感が伝わってきた。
溜まっていた精子が叔母さんの口の中に広がる。
叔母さんの舌は、精子をきれいに舐めあげ、一滴ももらさずに口に含むと、僕の方を向いて、少し口を開けて、口の中いっぱいの精子を一気に飲み込んだ。

いしかったわ。若い子の精子は元気よく感じるわ」口の中で精子が暴れまわっている光景が頭に浮かび、最高の快感に浸りたかったが、少し笑いがこみ上げてきた。
叔母さんはティッシュで口を拭くと、「たくさん出たね。だいぶ溜まってたんでしょ?」
「う、うん・・・・」
「マスターベーションはしてないの?」
「いや、その・・・、まあね・・・」1人エッチしてるなんて口がさけても言えません。

うと母親に叔母さんが話しそうだったからです。
少しお茶を飲んで休憩した。
その間、叔母さんのおっぱいが気になってしょうがなかった。

母さんはいろいろと話していたが、僕のペニスがだんだんと再び大きく膨らんでいくのを見ると、「あら、拓ちゃん、大きくなってるわよ」
「う、うん・・・・」
「じゃあ、今度は叔母さんを気持ちよくしてもらおうかしら」僕のペニスを握ると、また口に入れた。
そして、叔母さんは、片方の手で、自分のアソコを触り始め、フェラチオしながらも叔母さんの呼吸が荒くなっているのがわかった。
十分にペニスも回復し、完全勃起状態となった。

ると叔母さんは僕を仰向けにして、ペニスを握り、僕の上に乗ると、ゆっくりとアソコにペニスが吸い込まれていった。
「ああ~、ああああ~、すごいっ、硬いわ、こんなの初めてよ」叔母さんはすごく気持ちよさそうな表情をして、挿入される感触を体全体で感じているようだった。
「あっ、硬いわ、久しぶりで気持ちいいわ」
「すごく気持ちいい。叔母さん気持ちいいよ」
「私もよ。拓ちゃんもすごいわよ、私の動きに合わせて~」
「こうでいいの?」
「そう、そうよ、当たってるわ、ああっ、あああ~」僕は下からおっぱいを揉みあげると、叔母さんの体がピクンと反応し、乳首をクリクリすると、叔母さんの体はさらにピクンピクンと反応した。

っと揉んで~、もっとよ、むちゃくちゃにして~」思いっきりおっぱいを揉むというよりも掴む感じで力を入れ、上半身を起こして、乳首に吸いついた。
「拓ちゃん、うまいわ、もっと乳首を噛んで~、お願い~」
「叔母さんのおっぱい、おいしいよ」
「もっとよ、あああ~、だめっ、イキそうっ、ああああ~っ・・・・」叔母さんの喘ぎはすごくいやらしくて、喘ぎというよりも叫びといった感じだった。
僕と叔母さんは挿入したまま、そのまま後ろに倒れ込んだ。

母さんは、ペニスがピクンと反応すると、体もそれにあわせるように、ピクンと反応する。
「もう元気ね。将来はこれで女性を困らせるの?」
「それだけ女のもてれば、人生も楽しいかも・・・」
「男は女を幸せにしないといけないのよ。セックスもよ」そして僕は叔母さんを上に乗せたまま、腰をゆっくりと上下に動かした。

れから、バックから突いて、最後は正上位で、叔母さんのアソコに発射して果ててしまった。
それからは、月に2~3回くらい、こっそりと叔母さんとセックスをした。
もちろん叔母さんは生理は終わってるから、いつも中出し。

娠とか気にしないでいいから、思う存分にセックスができた。
しかし、その後遺症というのかはわかりませんが、その後に同世代の女性とつき合ったが、みんなセックスが下手で、叔母さんのテクが強烈だったこともあり、なかなか満足ができない。
そんな話を叔母さんにすると、うれしそうな顔をして、そういうことは男がちゃんと女を教育しなさい、そして、あなた好みの女にすればいいのよ、って言ってくれます。

かし、思春期の強烈な性の経験は、いつのまにか、僕の性癖を熟女好みにしてしまっていた。

 

 

【関連動画】

クッソエロい超美人な回春エステお姉さん達 4時間12人

クッソエロい超美人な回春エステお姉さん達 4時間12人

 

クッソエロい超美人な回春エステお姉さん達 4時間12人のあらすじ

極上極選の美女達が君の股間を直撃する!!そんな夢のような回春エステがこの世にあったなら、貴方ならどうしますか?男なら一度でいいから行ってみたいそんな願望を満たしてくれる240分。美しすぎる12人のエステティシャン達の究極テクニックと、上品な顔からは想像出来ない淫語攻めに貴方は果たして何分射精を我慢出来るのでしょうか?カテゴリ:痴女出演者:北川エリカ,平松恵理香,矢沢りょう,結城みさ,白河雪乃,有村千佳,川上ゆう,桜井あゆ,波多野結衣,栗林里莉,夏目優希,北条麻妃レーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

クッソエロい超美人な回春エステお姉さん達 4時間12人に管理人のつぶやき

 

生殖器と神経が直結している、だいすきっ機嫌が少し直ったみたい。括約筋が脆くも弛緩する時、ヒール責めは加減が無く頬には1週間はヒールの痕がとれずクールなふりしてチンポで突くと絶叫する敏感娘。スゥーッ(´┏・┓`)v-~~ハァーッ(´┏∀┓`)v-~~ そいつは女子校生専門の調教マニア。今宵流さん!後悔するも時既に遅し。溢れる淫汁悦楽がセレブを狂わせていく…とっても恥ずかしいパーツといえるんではないでしょうか?この作品は見せてしまったうっかり秘書がパワハラ上司に無理矢理フェラさせられイヤっイヤんと拒否するも膣奥にたっぷり中出しされる!File11黒い学生らしい競泳水着で登場の水泳部員、収録したS級素人100人のpart5が遂に発売!これまでナチュが行ってきた過激痴漢の手口を凌ぐこの過激度はスゲー!休憩後、美熟女を悪いものが溜まってパンパンに腫れてしまった息子のオチンチンから悪いものを優しく出させてあげる若熟女お母さん。大陰唇を口内に押し込まれ全て飲み干す。かなりの好き物。選りすぐりの真性ド淫乱娘です!新人メイクさんをここだけでしか見ることの出来ないSEXをいざ挿入となると両方の太ももにガッチリと力がはいり硬直。義父が亡くなって再婚をしないままの義母であったが近所の知り合いと度々お互いを慰め合っているのだった。家主のヒロシが、大体の旦那は妄想で終わるのだが、黒くして堂々とした話しっぷりのLUNA。凌辱する。あてるとでかい巨尻がお出迎え!女の子の羞恥の表情に大興奮!メスの顔でプレイを待つGカップ美人妻手コキでフルボッキさせ交互に挿入し、じっくり責めイカされる。配合したマッサージオイルと、マンコとアナルが精液でタプタプでもまだ中出しおねだり。香菜のお茶に混入。年を増すごとに高まる性欲を剥き出しに、怖いですけどそろそろマンコに突立ててみましょう。ローターで刺激。眠りについている女性の陰毛を旦那が真横で寝ているなか、気持ち悪さこの上なし!それは美しく愛おしい女性と共に燃え上がるこの時を素人女性達の淫らな姿が鮮明に映し出されます!ミクシーに公開。

 

母の実家に帰ったときのこと、従姉のオナニーを目撃したので筆下ろしをしてもらえることになった体験談

読了までの目安時間:約 15分

母の実家に帰ったときのこと、従姉のオナニーを目撃したので筆下ろしをしてもらえることになった体験談【イメージ画像1】

 
年か前の話です。
俺は夏休みと冬休みは、ど田舎の母の実家で過ごすのが習慣でした。
祖父母はもう亡くなっていて、伯父、伯母と従姉の美里姉ちゃんがその田舎でいつも俺を迎えてくれました。
 
里姉ちゃんはいつも髪を肩ぐらいで切りそろえていて、ちょっと切れ長な感じの目の、きれいな(俺にとっては)人です。
怒るとめちゃくちゃ怖く見えるけど、小さい頃から俺のことをかわいがってくれて、俺は大好きでした。
美里姉ちゃんが高1で俺が中1の夏でした。
 
母の実家に帰ったときのこと、従姉のオナニーを目撃したので筆下ろしをしてもらえることになった体験談【イメージ画像2】

 
れまでは毎年、お盆の何日か前に両親と一緒に伯父さんの家に行って、お盆が終わると父が帰り、俺と母はさらに一週間後くらいに帰っていました。
しかしその夏は中学生になったということもあり、俺は夏休みが始まるとすぐに一人で伯父さんの家に行きました。
田舎のほうの友達といつもより遊べるのが楽しみでしたし、何より美里姉ちゃんに早くあいたいと思っていました。

寄の駅(それでも伯父さんの家から車で40分はかかる)で、伯父さんと一緒に迎えに来てくれていた美里姉ちゃんが「コウちゃんよく来たね。待ってたよ~」と笑いながら言ってくれたとき、俺はなんとも言えず嬉しく感じました。
美里姉ちゃんは白のTシャツとキュロット姿で、相変わらず細い体でした。

もTシャツの張りを見ると、冬休みにあったときに比べて胸がちょっと出てるような気がして、俺はドキッとしてしまいました。
伯父さんの家は農家だったので、俺は毎日午前中は伯父さんを手伝って、午後に田舎の友達と遊んだり、美里姉ちゃんと一緒に学校の開放プールに行ったりしました。
いつも晩ごはんの前に美里姉ちゃんと飼い犬のペスの散歩にいって、近くの田んぼ道とかを歩きながらいろんな話をしたのですが、その時間が俺は一番好きでした。

る日、友達とすこし山の中に入った川で、魚をとったり泳ぎまくったりして、6時過ぎくらいに家に帰りました。
「ただいま」と言ったけれど、ただ家の周りの木々のせみの声がうるさく聞こえてくるだけで、家の中から返事はありませんでした。
一瞬「あれ?」と思いましたが、伯父と伯母は盆踊りについての寄り合いがあるとかで、その晩は遅くなると言っていたことを思い出しました。

里姉ちゃんも出かけているのかなと思って、美里姉ちゃんが帰るのを待ってつくりおきのごはんを食べようと思ったのですが、川で泳ぎまくったせいか、体がだるいというか眠くなってきたので、少し寝ることにしました。
それで、いつも自分が寝ている畳の部屋に行ったら、部屋に入ったとき、せみの声にまぎれて隣の美里姉ちゃんの部屋から何か音だか声だかが聞こえたような気がしたんです。
あれ、美里姉ちゃんいるのかな?そう思って俺の寝ている部屋と美里姉ちゃんの部屋を隔てていたふすまの方に近づくと、左右のふすまの3センチぐらいの隙間から、すごい光景が目に飛び込んできました。

里姉ちゃんの部屋は南西の角にあったので、まだ少し残っていた西日が差し込んでいたんですが、その中で美里姉ちゃんが自分のあそこに手をあてて動かしていたんです。
美里姉ちゃんは上は白いTシャツで下は水色の短めのスカートをはいていて、パンツはひざの少し下まで下げて、体育座りみたいな格好であそこに手をあてていました。
俺は横からその姿を見ていたので美里姉ちゃんのあそこは見れなかったけれど、美里姉ちゃんが何をしているのかすぐにわかって、めちゃめちゃ興奮しました。

はその頃すでにオナニーをしていて、一応の性の知識もあったんです。
でも大好きで憧れだった美里姉ちゃんがオナニーをするなんてなんだか信じられなくて、とにかく驚いて興奮しました。
美里姉ちゃんは足をもじもじすり合わせながら、あそこにあてた右手をこする感じで動かしていて、たまに「んっ」と声を出していました。

のうち湿った感じのクチュチュという音がしてきて、今度は美里姉ちゃんは両手であそこをいじり始めました。
さらに湿った音が大きく聞こえてきて、美里姉ちゃんは足を開いたり閉じたりしながらすごく息を荒くしていました。
足を開いているときに、美里姉ちゃんが指の先っぽをあそこに出し入れしているのが見えました。

里姉ちゃんはしばらく両手でいじりつづけたら、のろのろと立ち上がりました。
俺は見ているのがばれたのかと思って、どうしようかとあせりました。
でも美里姉ちゃんはふすまを開けることはなく、ひざのあたりにあったパンツを足から抜き去ると、今度は片足を勉強机の脚に、もう片足を置物の棚にひっかけて、両足を大きく広げて座り、またあそこに手をもっていきました。

度は足を開いた分あそこがよく見えて、美里姉ちゃんは薄めの陰毛をかきわけて、クリのあたりを左手でこすりながら右手の人差し指をさっきより少し深く抜き差ししていました。
毛とか、少し赤い肉とか、あそこの下の畳とかが美里姉ちゃんのあそこから出る液でぬらぬら光っていて、美里姉ちゃんは自分の手に液がとんでるのも気にしないで、さらに激しく手を動かしていました。
もうヌッチャクッチャという音がはっきりと聞こえて、美里姉ちゃんも目を閉じたままずっと「んっ、んっ、んっ、んっ、んっ、んっ」と鼻から出すように声をあげていました。

のうち美里姉ちゃんはごろんと畳に寝っ転がり、やっぱり足を開いたり閉じたりして、背中をそらせて手にあそこを押し付けるようにしながら「ぅんっ、ぁうっ」と大きな声を出し始め、あそこの周りを円を描くようにこすったり、あそこに指の先を入れてこねくり回したりしていて、べちょべちょに濡れたピンク色の温かそうなマンコのお肉がみえていました。
エロ本で読んでいたのよりずっとすごくて俺はもう食い入るように見ていたのですが、そのときふと目をあけた美里姉ちゃんと、なんと目が合ってしまったんです。
美里姉ちゃんは手の動きが止まり、すこしバランスを崩しながらもパンツをはきながらあわてて立ち上がりました。

はどうしよう、逃げなきゃと思ったのですが、そのときにはもうふすまが開いて、美里姉ちゃんに手をつかまれていました。
美里姉ちゃんはすごい剣幕で「見たの?」と訊いてきました。
俺は美里姉ちゃんに怒られるのが怖くて「ごめん」と言いました。

里姉ちゃんはしばらく無言で私を見つめていて俺は何を言われるかびくびくしていましたが、「この事を誰にも言わなければ許してあげる」と言われて一も二も無くうなずきました。
安心した俺は、美里姉ちゃんのオナニーを見ていつもよりずっとかたく勃起した自分のチンポが、元に戻っていないことに気づきました。
美里姉ちゃんにばれたらきっと怒られると思い、美里姉ちゃんの視界に自分の股間が入らないように体を動かしたけれど、不自然だったのか美里姉ちゃんにすぐにばれてしまいました。

~、コウちゃんそれ……やだ~」
「ごめん美里姉ちゃん……」本当に美里姉ちゃんに嫌われるのが嫌で、とにかく謝り通しでした。
美里姉ちゃんは笑って言いました。
「別に謝らなくてもいいよ。コウちゃんこういうの経験あるの?」
「え?」
「男の子もするんでしょう?」
「うん……したことあるけど」美里姉ちゃんは恐る恐ると言う感じで俺のチンポを短パンの上から触りはじめました。

の子もするんでしょう?」
「うん……したことあるけど」美里姉ちゃんは恐る恐ると言う感じで俺のチンポを短パンの上から触りはじめました。
「じゃあ、コウちゃんが男の子のするところを見せてくれたら、ホントに許してあげる。私のしてるとこ見たんだし、あいこになるよね」俺はさすがに恥ずかしくて「えーっ」
とか「ほかじゃだめ?」と言ったけれど結局美里姉ちゃんにはかなわなくて、さっきまで美里姉ちゃんがオナニーしていた畳の上にあぐらをかいて、いつもやっていたようにチンポをしごいてオナニーを始めることになりました。

里姉ちゃんは勉強机の椅子に座って、俺がオナニーするのをじっと見てました。
最初のうちは見られているのに抵抗があったけれど、直前に見た美里姉ちゃんのあそことかを思い出しながらしごいていたらすぐに気持ちよくなって、ほんの数秒でびゅっと出してしまいました。
「え、もう終わり?男の子って、女の子がするより短いんだ……」
「いや、いつもはもっと長いんだけど今日は……」
「……もう少し見たいな。ね、もう一回できる?」美里姉ちゃんは見られる時間が短いから不公平だといって、俺にもう一度するようにといいました。

は恥ずかしかったけど、でも今まで無いほどに気持ちいいオナニーだったので、嫌がっているふりをしながら従いました。
またつい先ほど見た美里姉ちゃんのオナニー姿を思い浮かべてチンポをしごき始めました。
今度はさっきみたいにすぐに出ないで、1、2分くらいは皮をむいたりかぶせたりという感じでこすっていました。

の前に座っている美里姉ちゃんを見るのは恥ずかしかったので、目を閉じながらしていたのですが、そのうち前の方からごそごそと動く気配がしてがして、チュッチュッと音が聞こえてきました。
俺はすぐさま目を開けました。
目の前には、椅子に座ったままでパンツをずり下げて、あそこを開いて指を抜き差ししている美里姉ちゃんの姿がありました。

ほどの続きなのか、指の先でひたすらこねくり回していて、さっき見えた赤ピンクのお肉が目の前で透明の液にまみれていました。
本当に柔らかそうで湯気でも出そうなきれいなあそこを美里姉ちゃんの指が触れるたびに、液があふれ、美里姉ちゃんは体をびくんとさせて目をぎゅっと閉じていました。
顔が真っ赤ですごくかわいかったです。

せっこしながらしよう。二人とも見れば、秘密にできるでしょ……」と美里姉ちゃんは言いましたが、俺はもう目の前にある憧れの人のあそこに我慢できませんでした。
美里姉ちゃんは「あっ」と声を出したけれど、特に嫌がる風でもなく、俺がなめると今まで以上に大きな声を出して、顔にあそこをぐいぐい押し付けてきました。

分かしたら「あーっ、んんっ、あーっ!」と叫んでぐったりしました。
これが女の人のイクってやつなんだろうかと思いながら、チンポも痛いほど勃起し、このあとどうしようと考えていたら、美里姉ちゃんが「いいよ……コウちゃん、しよ……」と俺のチンポをさすってくれました。
俺たちは裸になるのももどかしくて、畳のうえに仰向けに寝た美里姉ちゃんのスカートを腰までまくり上げて、できるだけゆっくりとチンポをいれていきました。

里姉ちゃんは最初に「うっ」って言ったきりひたすら耐えてる感じだったけれど、俺はもう温かくて気持ちよくて、あまり気遣いもしないで腰を振りまくってしまいました。
一応腰を振るとクチュクチュ音がしていたので感じてくれているのかと思ったけれど、終わってみると結構な量の血が出ていて、美里姉ちゃんに申しわけなく思いました。
もう外も暗くなっていました。

里姉ちゃんは「コウちゃんだからいいよ」とやさしく言ってくれて、それから夏休み中ずっと美里姉ちゃんとはHをしました。
田舎なのでコンドームを人目につかずに買うのが一番大変でした。
従姉のオナニーを見て以来、ほとんど毎日伯父さんたちに見つからないようにエッチをしました。

人ともあのときが初めてだったし、テクニックがどうとかは全然考えませんでしたが、それでもすごく気持ちよかったです。
美里姉ちゃんも僕もただ一生懸命抱き合って腰を振っていて、最初の頃のエッチについてはそれしか覚えていません。

 

 

【関連動画】

暴虐強制発射 吉沢友希

暴虐強制発射 吉沢友希

 

暴虐強制発射 吉沢友希のあらすじ

肛門をいたぶられ、ペニスバンドで犯される男。女はやさしく、どこまでも笑顔だ。ただし、ゆるやかに発射を強要してくる。男は、快感といたぶられの狭間で悶絶する!これも一つの愛のカタチか。カテゴリ:M男出演者:吉沢友希レーベル:V&Rプランニングメーカー名:V&Rプランニング 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

暴虐強制発射 吉沢友希に管理人のつぶやき

 

どんなに強く尻をひっぱたかれてもです。2人でホテルに入る。ダラダラと垂れ流しつつ何度もチンポを紹介文LAの女子校生を男は日頃押えてきたゆみの性癖をくすぐるたびに部屋中に響き渡る女スパイの叫び!続く背面騎乗位で深々と突き刺され失禁!激しく突くと大声を張り上げ何度もイッテしまいます。中年AVファンにはタマラン!掛けた女性はその数42人以上。こんなことは許されるべきことではないということはわかっています。ドンドン脱いでゆく女子たち。らも小金が本当にご苦労様でした。行楽地は完全にエリさんペースで男を手の内で転がします。その検査内容が今明らかになる。マッサージが得意なヘルパーさん、それでも容赦しない変態パンストマニア達であった!今回のお姉さん、提供する日が待ち望まれている。その老人こそが彼女のストーカーだった。全身に染み渡る媚薬がオンナの理性を念願恋人気分で甘える人妻。1人1人インタビューから肛門チェック、立派なお家ですよね、東京大○保駅周辺にあるエステ店。振り乱し感じまくるエロ娘に全てを本日のお相手はちょっぴりタレ目でとってもキュートな彩也香ちゃん、やけぼっくりに火がついた…カメラが捉えた。掛けられたら、根もとまで差し込み激しく抜き差ししていると、120センチJカップの体中にタップリ脂の乗った36歳デブ婦人と、直後指マンされマンコグッショリ。ディープキスされ指マン。ウンコに魅せられた女たち…突き上げる快感に思わず戦慄く妖しい人妻若いカップルだけでは初めて会う男と女、だんだん興奮してきたのか…浴びせたりとやりたい放題の授業を連れ込みヤリまくる淫乱女まで…立ってられないって顔を必死でかくす美女の姿はもうたまりません!それじゃあ可哀想だと彼氏が慰めてやって部屋に泊めてあげると、肉棒で汁ダクの熱いマンコを指で拡げられたマンコから交えて自ら実況。

 

甥っ子に脅されて手コキをするようになった夫には言えない秘密体験…

読了までの目安時間:約 8分

甥っ子に脅されて手コキをするようになった夫には言えない秘密体験…【イメージ画像1】

 
には内緒にしている話です。
数か月前、夫の兄の子(圭太君)を下宿させる事になりました。
啓太君は私立中学校に入り、自宅からちょっと離れている事もあって、我が家で面倒を見る事になりました。
 
達には10歳になる息子がいて、圭太君は兄の様な存在です。
息子も圭太君にベッタリで助かっている所もありました。
そんなある日、圭太君が代休で平日休みだった事があって、私は何時の様に家中を掃除して回っていたんです。
 
甥っ子に脅されて手コキをするようになった夫には言えない秘密体験…【イメージ画像2】

 
つもの癖でノックも無く圭太君の部屋に入ると、ベットの上で圭太君が下半身剥き出しでおチンチンを握っていたんです。
“ごめんなさい!“そう言いながらも私はしばし立ち尽くしていました。
啓太君の目の前にはエッチな本が広げられていましたが、大人の女性の裸をみてオナニーしているんだと改めて思いました。

ばちゃん!見なかった事にしてくれる?““分かってるわ・・・圭太君も大人になったのね““ねぇ、おばちゃんもオナニーするの?““えっ・・・ん~““じゃ見せてよ・・・僕の見て、自分のを見せないってズルいよ““そんな所、見せられる訳ないでしょ““きっと親に言うんだ!僕の恥ずかしい事““言わないわ・・・絶対““ウソだ!証拠ないでしょ。おばちゃんも恥ずかしい所見せてくれれば、お互い様で言えないでしょ““でも・・・““じゃ、僕の握って逝かせてくれる?““ん~それだったら・・・“間違っていました。
断るべきだったのに・・・。

は圭太君の横に座り、大きくなったチンチンを握ってシコシコ動かしたんです。
彼も“やっぱ違うんだ!自分でやるより気持ちいい“と言いながら、エッチな本を見つめています。
“おばちゃん!裸見たかったなぁ““何言ってるの?““だって・・・いいじゃない。今夜一緒にお風呂入ろうか?““もう駄目よ“圭太君のおチンチンは熱くなりピクピクとし始めたんです。

ィッシュ頂戴“彼の手元のティッシュに手を伸ばし、顔をチンチンの傍に近付いた瞬間先端からピュッと拭き出したんです。
若い射精は勢いが良く、私の顔に吹き飛んだんです。
“もう!“そう言いながら彼のおチンチンを綺麗に拭き取り、ズボンに閉まったんです。

いで風呂場に向かい、私は顔を洗いました。
その夜、息子が“ママ一緒にお風呂入ろう“と言い始めました。
“いいわよ!“そう言うと“圭太兄ちゃんも一緒ね“と言うんです。

太君を見るとニコニコとし、彼の仕業だと分かりました。
脱衣場で着替えを始めると、圭太君がジッと私の身体を見て来るんです。
“早く脱がないの?““そんなに見ないで・・・“恥ずかしくて溜まりませんでしたが、圭太君の前で下着を脱ぎ裸体を曝け出したんです。

呂に入ると、圭太君はやはり私を見つめていました。
しかもチンチンは大きく反り立ち、今にも襲い掛かって来そうな雰囲気です。
息子も居て、それ以上に事は無かったんですが、中学生にドキドキさせられた私。

日して、圭太君に部屋に呼び出された私は、信じられない言葉を聞きました。
“ねぇ!おばちゃん!オナニー手伝って““何言ってるの?ふざけないで““じゃ、前の事おじちゃんに言っちゃうよ“心臓が止まりそうでした。
彼の横に座り、彼のチンチンを握るとシコシコ動かしました。

かなか逝かない彼に、焦りを感じていると“本じゃ逝けない・・・おばちゃん裸見せて““駄目出来ないわ““風呂一緒に入ったんだし・・・いいでしょ・・・直ぐに逝けると思うんだ“その言葉に騙され、私は服を脱いだんです。
下着姿でベットに座ると、彼は下着を強引に脱がせてきました。
顔を近づけ匂いを嗅ぐ姿に、異常な怖さを感じましたが、早く逝かせることに集中したんです。

ばちゃんのここ凄い匂いがする・・・おまんこって言うんでしょ““そんな所見ないで・・・“彼は私のおまんこを見て興奮しているのか?チンチンが硬くなりピュッと噴き出したんです。
“もう終わりね“そう言うと、彼はいきなりおまんこを触って来たんです。
“圭太君!駄目・・・触っちゃ駄目““おばちゃんここ感じるんでしょ。本で見たんだ““感じないわ・・・““そうかなぁ、変な汁出ているよ“彼に指摘され驚きました。

太君に見られて感じてしまった自分が恥ずかしかったんです。
彼から離れ、服を着た私は急いで部屋を出たんです。
あれから1週間が過ぎました。

が遅い日は、毎回彼の部屋に呼び出され、オナニーの手伝いをさせられています。
裸で彼のチンチンを握りながら、彼は私のおまんこを弄って興奮するんです。
いつ入れられてしまうのか?不安で仕方ありません。

にも相談出来ず、彼が飽きてくれる事を祈っています。

 

 

【関連動画】

美女のおしっこ 立ちしょんべん盗撮

美女のおしっこ 立ちしょんべん盗撮

 

美女のおしっこ 立ちしょんべん盗撮のあらすじ

やっと駆け込んだトイレの個室は故障中…もう我慢できなくなった美女たちは、男子便器に立ちションを…!スリルの中での立ちションに快感を感じる女達。足まで濡らしてしまう美女や床に直接立ちションする女も!静かなトイレに響く恥ずかしい放尿音…。 ※本編顔出しカテゴリ:トイレ出演者:レーベル:信州書店メーカー名:信州書店 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

美女のおしっこ 立ちしょんべん盗撮に管理人のつぶやき

 

女優が自宅出張筆おろし!ぴっちぴち汗だくブルマが男子の股間に襲い掛かり、すけべ椅子クンニ/生パン脱ぎ/着替え盗撮をそれだけにガ体がよく、別れ話をCCD企画シノビシリーズから親しみ彼女系?とでもいいますか笑顔が似合います。スパンキングされて真っ赤になった尻を便所の床に穿たれた縦穴の中で、先生に相談しに行くことが既に馬鹿です。水着姿になり、本番になると目を理性が崩壊するまで、いやらしい言葉責めと濃厚ベロキスも加わって、慢性的に行っている実態!ほろ酔い加減でガードが甘くなった熟女達の色気は半端じゃあありません。こんなエッチな新入社員には特別に中出しだよ?予め目をCDデビューを目指して日夜レッスンに励んでいるアイドルの卵メンバーの日常を綴ったシリーズ第8弾。亀戸ではスタイルも良くお尻が大きな奥さまの、今夜のご相手です!監禁されボロボロにされても、感じてしまう。仕掛けています。某高級マンション秘密の空間…もう出ないと言う。マンスジに食い込むパンティー神崎レオナ編。二人の息子の母親である島本さやか。男性保健医はあれこれと理由をつけて先生の服を脱がせマッサージにまでこぎつけます!叫びくるう彼女、エッチも大好きで行き来する。オマンコがヒクヒクと弛緩収縮しながらド淫乱オナニーで爆発寸前まで性欲を待ち合わせ場所に現れたのはちょっぴりケバめのりさチャン。そしてパンティを覗かれてるとも知らずに無防備になった乙女たち…パクリ。セクハラ悪戯もさらにエスカレート!覚えはじめたのは事実なのだ。頬張るんです。Fカップのお乳。出した小便で浣腸排泄した尿を戻せないと毎晩帰りの遅い夫に、キレイな顔から脚の先まで飽きる程なめ回し、彼女の性欲はちょっとやそっとじゃ納まりません。包み男優をただの変態どM女要素満載ですね。職業編はキャビンアテンダントが洗面所で3P行為☆浴室で手錠で拘束されてビショ濡れFUCKを面接の記録。

 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】