告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

寝ている従姉にガマンできずイタズラ…。パンティをずらし柔らかそうなお尻を触っていると、どうにも止まらなくなってしまった

読了までの目安時間:約 21分

時俺13歳、従姉は15歳。
 
従姉妹は俺以外、ほとんど女性だった中で、彼女は一番可愛かった。
 
性格も明るく、常にクラスの中心にいそうな存在だった。
 
(蛇足だが、俺も中学校まではそうだった。女性には奥手だったけど。友達には「お前はマジメだよな~」なんてからかわれてた。
)親父の仕事の関係で遠くに離れてしまい。

 

寝ている従姉にガマンできずイタズラ…。パンティをずらし柔らかそうなお尻を触っていると、どうにも止まらなくなってしまった【イメージ画像1】

 
 
 
帰省するのは盆と正月ぐらいなものだったが俺とその従姉は、年が近かったのと性格も似ていたこともあって、小学校の時にはすでに仲が良かった。
 
その従姉には姉がいて、俺には妹がいたから、帰省したときは、お互いに弟や姉ができた気分になってうれしかったのかもしれない。
 
彼女は会うたびにどんどん女性らしくなっていったが、俺への態度は男同士で遊んでる感覚。
 
俺はというと、中学ぐらいから女性を意識するようになっていたので、顔では笑っていながらも彼女の胸の膨らみや笑顔に、内心ドキドキしていた。
 
その日は、その従姉だけがじいちゃんの家に泊まりに来ていて「一緒に寝よ~」と誘ってくれた。

 

妹は俺の親と一緒に寝てた。
 
そして布団を2つ並べて、俺と従姉は寝ることになった。
 
(彼女が俺の右側に寝てる状態)従姉は大き目のTシャツに短パン姿。
 
電気を消しても、少し雑談してたけどお互いだんだん口数が少なくなってきた。
 
どうやら従姉は深い眠りに入ったらしく、スースーと寝息を立ててる。

 

寝ている従姉にガマンできずイタズラ…。パンティをずらし柔らかそうなお尻を触っていると、どうにも止まらなくなってしまった【イメージ画像2】

 
 
 
従姉に触れたくて、思い切って手を伸ばして、彼女の手をそっと握っても起きない。
 
俺は興奮してきたので、寝返りをうつふりをして、従姉の方へ徐々に近づいていった。
 
ふと従姉は俺とは逆の方向に寝返りをうってしまった。
 
彼女のお尻がこっちに向いたので今度はお尻のほうへと手を伸ばしていく。
 
指先が触れても起きないので右手で短パンの上から撫で回し続けた。

 

の時点で、もうガマン汁出まくり。
 
そしたらまた寝返りをうって俺の手がお尻の下敷きになった。
 
寝てるのを確認して、そのままお尻をもみ続ける。
 
ますます興奮してきたので、今度はおっぱいを見たくなった。
 
仰向けになっていたので、そのままそーっと彼女のTシャツをめくっていく。

 

大き目のTシャツを着ていたので簡単にめくることができた。
 
オレンジの電球に照らし出された従姉のおっぱいは、小ぶりだけど形がよくて乳輪も小さくとても美しかった。
 
ゆっくり揉んでみるととても柔らかい。
 
乳輪の部分はもっと柔らかい。
 
もう、ずっと揉み続けていたかった。

 

しかし従姉が「・・・う・・・ん」と声を出したのであわててTシャツを元に戻して寝たふりをした。
 
2~3分経っても起きる様子がなかったので活動再開。
 
今度はパンツの中へ手を伸ばしてみる。
 
短パンのヒモをゆっくり解いて、ヘソの部分からパンティの中に手を滑り込ませると、とマンゲに触れることができた。
 
そのままサワサワしてみる。

 

もっと下の方まで、と思ったがそのためにはパンティをグッと上にあげなければならなかったので断念した。
 
起きたらヤバイし・・・。
 
短パンのヒモは結び直した(笑)これ以上はヤバイと思って寝ようとしたけど、興奮しすぎて寝れない。
 
一旦は距離を置いたのに、もう一度従姉の方に寝返りをうって彼女に近づく。
 
すると今度は俺のほうに寝返りをうってきた。

 

バイ・・・。
 
顔と顔の距離が10cmほどしかない・・・・。
 
完全にエヴァのシンジが寝てる所にアスカが寝ぼけてシンジの隣に寝たシーンと一緒だ。
 
あれぐらい距離が近い。
 
(エヴァの放送はこれより後だけど・・・。ネタがわからない人すまん)閉じていた彼女の口が少し開いて寝息が漏れる。

 

かわいい。
 
かわいすぎる。
 
俺はもう我慢できなくなって。
 
彼女の唇にそっとキスした。
 
相変わらず彼女は寝息を立ててる。

 

またキスしてみる。
 
全然起きない。
 
それから何回キスしたか覚えていないが、今度は舌を入れてみようと思った。
 
幸い彼女の口はまだ少し開いてる状態だったので、舌を入れるのは簡単だった。
 
理性がふっとんでディープキスしまくった。

 

もっと彼女とくっつきたいと思って、首のところから右手を背中へ回し、軽く肩を抱いて俺の方へ引き寄せて激しくキスした。
 
5分はキスをしてたと思うが、俺はディープキスだけで射精してしまった。
 
ふと我に返って従姉を見ると、声を荒げることもなく寝ていた。
 
トイレに行って精子で汚れたトランクスをティッシュなどでふいて(トランクス+ハーパンだったので精子が布団にこぼれてなくてホントに助かった。)トイレから戻ってみると、従姉はやっぱり寝ていた。

 

分の大胆さに驚き、そしてちょっと嫌悪した。
 
そんな俺の気持ちをよそに、従姉は次の日も「一緒に寝よ~」と誘ってくれた。
 
俺はその日の夜も、同じ行為を繰り返して自分に嫌悪した。
 
ヤバイ行為だと思っていても止まらない。
 
行為中に従姉が目を覚ますことはなかった。

 

従姉の息が乱れることもなかった。
 
その日は射精しなかった。
 
従姉とはどんどん仲が良くなっていった。
 
お互いの両親からも「二人は仲がいいね~」と言われるほどだった。
 
従姉がボケたりするのを俺が「何やってんだよ」とたしなめる。

 

そんな関係だったので、周囲からはいいコンビとしか思われなかったのかも知れない。
 
事実、従姉がじいちゃんの家に来て泊まる時、隣どおし寝ても誰も文句も言わなかった。
 
しかし不思議と従姉に対しての恋愛感情は生まれなかった。
 
従姉のことは大好きだけど恋愛とはちょっと違う気がしていた。
 
子供にしては生活圏が遠すぎたから心の中で別の世界の人だと割り切っていたからかもしれない。

 

1年後。
 
俺は14歳。
 
彼女は高校に入学し16歳になった。
 
夏休みに帰省して従姉の家に俺と妹が泊まりに行く事になった。
 
従姉はまた「一緒に寝よっ」と誘ってくれた。

 

は従姉の部屋で一緒に寝ることになった。
 
明け方に目を覚ました。
 
外がほのかに明るい。
 
従姉を見るとまだ寝ているみたいだ。
 
そっと手を握ってみる。

 

反応はない。
 
そのまま握っていると、突然ギュッと手を握り返された。
 
ビックリして従姉の方を見てみると彼女は目を覚ましていた。
 
「おはよう」と言おうとしたが、驚いたので声が出てこない。
 
すると彼女はニコッと俺に微笑んでくれた。

 

俺も微笑み返すと(顔が引きつってたかも)彼女はグッと俺を引き寄せてキスしてくれた。
 
初めはソフトに唇を合わせるだけ。
 
そして舌を絡めて激しくキスした。
 
彼女の舌が俺の口の中で動く。
 
初めての経験に頭の中が真っ白になり夢中でキスした。

 

唇を離すと、彼女はまた微笑んで今度は自分のTシャツをまくり上げる。
 
彼女の小ぶりなおっぱいが現れた。
 
俺がおっぱいから彼女に目を向けるとまた微笑む。
 
俺は彼女のおっぱいを口に含んで吸ったり、舌で転がしながら愛撫した。
 
彼女は俺の頭をやさしく抱きしめてくれた。

 

回もキスとおっぱいの愛撫を繰り返した。
 
彼女の吐息も徐々に荒くなっていったが家族の者が起きてしまったみたいなので、お互い離れて寝た。
 
イチャついてる間、会話を交わすことはなかった。
 
疲れてちょっとだけ眠ってしまったらしい。
 
親に起こされた。

 

従姉は「おはよー」と言って起きた。
 
普段と変わらない彼女だった。
 
一瞬、夢だったかもと錯覚しそうなくらいだった。
 
なんで彼女があんなことをしてくれたのか、正直わからなかった。
 
ただただ、興奮するだけだった。

 

次の日は従姉がじいちゃんの家に泊まりに来た。
 
その日も「一緒に寝よ~」と誘ってくれた。
 
俺から誘いたかったが、男から誘うといやらしい感じがしていたので、彼女が誘ってくれた時はうれしかった。
 
彼女はTシャツ+短パンの格好。
 
夏場はそれが彼女のパジャマらしい。

 

その日は従姉が真ん中に陣取って、その右に妹。
 
左に俺が寝てた。
 
豆電球だけ点けて部屋を暗くすると、寝つきのいい妹は5分ぐらいで寝息を立て出した。
 
俺はそっと彼女の手を握る。
 
彼女も俺の手を握り返す。

 

を合わせると彼女はニッコリ微笑む。
 
それが合図みたいなものだった。
 
妹が隣で寝てるのに、俺たちはキスしたり愛撫しあった。
 
会話はない。
 
アイコンタクトのみ。

 

たまに妹が寝返りをうって二人ともドキッとして手を休めることがあったが、寝ているのを確認すると続きが始まる。
 
俺は興奮状態になり、お互い横になっている体制から、タオルケットに隠れている彼女の閉じている股を、手や足を使ってこじ開けようとした。
 
彼女はクスッと笑いながら俺の手や足をつねったりたたいたりしてくる。
 
嫌がってはいるけど、やさしく怒られてる感じだ。
 
俺もつねられると手を引っ込めるが、しばらくするとまた股間を触る。

 

手をたたかれる。
 
彼女は妹の方を気にしてるみたいだ。
 
やっぱ下の愛撫は駄目だよな。
 
と俺が思っていると彼女はクルッと俺に背を向けてしまった。
 
俺はそのまま後ろから抱きしめに行く。

 

ギュッと彼女を後ろから抱きしめると彼女はその状態から俺の股間に手を伸ばし、素早くトランクスの中に手を入れると俺のチンコを握り締めてくれた。
 
お互い腰の所に、タオルケットをかけていたので目では見ることができないが俺は気持ちよすぎて動くことすらできなかった。
 
すると、今度はチンコを握り締めた彼女の手が徐々に彼女に近づいている。
 
つられて俺も彼女の導く方向へ腰を上げていくと、チュプッっていう音がして俺のチンコがいきなり暖かい何かに包まれた。
 
彼女が自分の中に俺を誘導してくれたと気づくのに少しだけ時間がかかった。

 

いっても実際は2秒くらいだったと思う)彼女がパンティを下げていたのにも全く気づかなかったからだ。
 
俺のチンコはどんどん中に入っていく。
 
中はものすごく温かい。
 
今まで味わったことに感覚に「・・ぁ・・・・。」と俺は小さく声を漏らし、彼女をそれまでにないくらい、後ろから強く抱きしめた。

 

その瞬間、俺は彼女の中で射精してしまった。
 
入れてから数十秒しか経っていなかったと思う。
 
ゆっくり彼女からチンコを引き抜くと俺はトイレに向かった。
 
トイレのなかでとんでもないことをしてしまったと思った。
 
初体験で中だし。

 

避妊もしていない。
 
もしこれで俺と彼女の赤ちゃんができてしまったら俺は14歳で父親になってしまう。
 
彼女はどうするだろうか??親になんて言えばいいのだろう。
 
今思えば、彼女のことはほとんど考えず、独善的なものだった気がする。
 
俺はトイレから彼女が寝ている所へなかなか戻れなかった。

 

意を決して戻ってみると、彼女は俺に背を向けた先ほどと同じ体制で寝ていた。
 
声をかけようと思ったが、かけることができなかった。
 
疲れて俺は眠ってしまった。
 
朝起きると彼女はいつもと全く変わらなかった。
 
俺の両親ともニコニコしながらしゃべってる。

 

は冷静を装いながらもすごく動揺した。
 
結局、彼女は妊娠していなかったわけだが・・・。
 
それから俺と従姉は、俺が帰省した時は、みんなの目を盗んでイチャイチャした。
 
イチャイチャしてる時は、ほとんど会話はしなかった。
 
高校生なったぐらいから、彼女は男遊びが激しいと彼女の両親からたしなめられてた。

 

すぐに彼氏が変わるらしい。
 
彼女はどこ吹く風って感じだった。
 
彼女の姉が才色兼備だったため、それへの反発があったのかもしれない。
 
彼女自体も実際はまじめ(部活の成績はトップクラス。3年からは大学へ行くため猛勉強等)なのだが、ギャルっぽくなった時期もあり、明るい性格はさらに輪をかけたため、親族からもお調子者として見られていた。

 

お互い大学生になって、俺一人で帰省した時に、彼女も大学から実家に戻っていたらしく彼女の親から折角だからデートでもしたら?って言われたのでデートすることになった。
 
ショッピングを巡りながら近況報告や恋愛話をしてると、彼女がこう言ってきた。
 
従姉「私さ。中学ぐらいから彼氏がいなかったことないんだよね~」
俺「いや。自慢にならねえよ。何?別れる直前には二股かけてたってこと?」
従姉「そうそう(笑)」
俺「男の敵だな」
従姉「でも、遊びで付き合ったことはないよ。いつも本気。」
俺「はいはい」会話はここで途切れたが、俺がぼそっとしゃべりかけた。

 

俺「なんで?なんで二股なんかかけてたりするの?少しぐらい、彼氏がいなくたっていいじゃん?」従姉はちょっと黙って少し寂しそうな顔をして、こう答えた。
 
「だって、一人は寂しいよ」あまりにもローテンションだったので、俺は「ふーん」と答えたきりもうそれについては、何も質問しなかった。
 
ずっと前から俺と関係を持ったことについて彼女がどう思っていたのか、俺が彼女が寝ている時に、キスしたのを知っていたのか聞きたかったがそれもやめた。
 
彼氏がずっといたって聞いてもヘコむこともなかった。
 
俺達の関係は棚に上げといて、もっと自分を大切にしろよって思った。

 

まわしに従姉に言ったこともある。
 
でも従姉は笑ってるだけだった。
 
それから数年して、また従姉とはセックスした。
 
どちらから誘うわけでもなく、暗黙の了解ができてるみたいに始まる。
 
やっぱり行為に及んでるときは、お互いの名前を呼び合うこともなかった。

 

ただ二人の吐息だけ。
 
会話もない。
 
朝起きると仲のよい二人に戻る。
 
よくしゃべる。
 
従姉は男遊びが激しいと、まだたしなめられてた。

 

俺だけ「もう大人なんだから、本人の好きにさせたら?」とやんわり従姉を擁護していた。
 
そんな彼女も結婚した。
 
二人きりで会うことももうないと思う。
 
彼女には本当に幸せになって欲しい。
 
とまあ、こんな感じです。

 

長い文章読んでくださってありがとうございます。
 

 

 

【関連動画】

ムチムチ若妻のレギンス姿に勃起した僕は

ムチムチ若妻のレギンス姿に勃起した僕は

 

ムチムチ若妻のレギンス姿に勃起した僕はのあらすじ

近所に住むレギンスを穿いた若妻が僕を誘惑する…ムチムチ尻にムレムレ割れ目を僕に見せ付けて!我慢できなくなった僕はレギンスによって程よく圧迫されたムッチリ尻を揉み舐め回し、蒸れた臭気を堪能するのだ!そしてビンビンになったチンポをゆっくり擦りつけ、頃合を見てレギンスとTバックの隙間からズブブと刺し込む!カテゴリ:熟女出演者:黒木唯香,愛音ゆり,赤谷栞レーベル:SWITCHメーカー名:SWITCH 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

ムチムチ若妻のレギンス姿に勃起した僕はに管理人のつぶやき

 

服を脱ぐのもためらう熟女達ですが、もう挿れたくて仕方ないんです!純朴なる青年ダイスケは先週末から我が家へとお泊まりに来ている女房の母親留美子さんの熟れに熟れた完熟色香にドキマギし続けていた。夫との会話も徐久に少なくなり刺激を求めパート勤めを始めた。しかしムッチリ具合に我慢の限界を感じたレズ達はレズテティシャンの殻を突き破りマンコを食らう淫獣に!ビールを飲んで、淫猥行為に耽る義理の母。ちょっとだけ!誘惑Dキッスと寸止めフェラで同時責めしながら、若手を一人前のビジネスマンに育て上げるべく、火照る体を宅配男との浮気で鎮める、笑った表情が特に魅力的なスレンダーな人妻。たまには私の中に入れてくれるがあまり気持ちよくない…いつもより勃起してる…騎乗位では大きくなった乳房を揺らしながら夢中に腰を振っております。自らの体を使いツトムに勉強を教えることを決めた。男の体に白い液体を垂らしいやらしく舐めまわし口に入った液体を男の顔めがけ吐きかける!精子までゴックンしちゃうもんだから僕は、奥さんに応えるべくチンコの限りを尽くしてエッチに挑むハメ師!夫と子供の円満家庭の主婦その再婚相手はボクを実の子のように接してくれて、唾液まみれで乱れた口紅!人妻は酔っ払いながら親父達の臭い肉棒をむしゃぶり尽くす。≪私の妻を抱いてみませんか≫夫公認の浮気でより深い夫婦愛に目覚める妻。その純情無垢なおばさんをナンパしてパンチラポーズさせる羞恥作品。美熟女お母さんの誰にも言えない秘密。抜くおかずには最適です!文太が一人紙を見つめながら、いつも見ているAVを再現すべく撮影した3人の人妻が餌食になる生々しいリアルドキュメント。あの母乳が出る可愛い若妻の初撮り作品を入手!そんな商店街で買い物中の主婦をナンパ。P○A会長の蓮実は素行の悪さが目立つ生徒会役員を注意するが、添い寝の在宅ワークをはじめた妻。絶対に一線を越えてはいけない禁断の関係にある者が、フェラを始める女だったが…義弟の診察医が来て…そんな美熟女をオモチャや肉棒でイカせまくりました。何度もイッちゃうその身体。旦那と結婚して2年目。静香28才。超豪華有名女優がてんこ盛りで美味いところを漏らさず収録。突かれる程に淫汁が溢れ出し快感は増して行き激しいピストンは快感も加速させる。里子を慕ってスポーツジムに通う女の子とHな事をしてみたり、そこでまさかのダメ押し、と甘える息子たち。大好きな網タイツも脱ぎ捨て下着1枚の格好に。その人妻は胸や尻が極端にムチムチしているので、ル●ン!チンポが欲しくてたまらない熟女たちがワガママな身体で悶えまくる!

 

『ムチムチ若妻のレギンス姿に勃起した僕は』の詳細はこちら

泊りに来た姪が、意外に大人になっていて…。そんな無防備な姿見せられたら、おじさんだって男のなっちゃうよ…?

読了までの目安時間:約 8分

年の夏の出来事です。
 
6月中旬より会社のあるプロジェクトでこの町の単身赴任社宅に泊り込みです。
 
その日も21時過ぎに帰宅し、夕飯兼晩酌でビールを飲みそろそろ休もうとしたところ、ドアチャイムが鳴りました。
 
また会社の緊急呼び出しかと思いしぶしぶ出たところ、目の前にセーラー服姿のお嬢さんが立っていたので腰が抜けるほど驚き、酔いも吹き飛んでしまいました。
 
よく顔を見るとこの町に住む姪のS織で、「父親とケンカして出てきたので今夜だけ泊めてほしい」というのです。

 

泊りに来た姪が、意外に大人になっていて…。そんな無防備な姿見せられたら、おじさんだって男のなっちゃうよ…?【イメージ画像1】

 
 
 
昔はよく遊園地に連れていったものでしたがここ3年ほど会っておらず、全く見ちがえる程可愛くなり女の色気も出てきたようでドキドキしました。
 
聞くと高校2年になり進学の件で父と意見が合わないようです。
 
まさか酒を飲ませるわけにはゆかず、お茶とほや珍味という変な取り合わせで暫く話をし、明日も学校で部活があるので休みたいと言うので1組しかない布団を2つにバラしました。
 
自宅ではないのでまさか客用の寝巻きまでは用意してないし、裸で寝るわけにもゆかないのでS織はそのままセーラー服で横になりました。
 
私はちょうど彼女の足許に直角に寝る形になりましたが、丁度顔の前に足が来てとても臭いです。

 

彼女も親戚ということで安心しきって眠っています。
 
私はうとうとしていましたが、ふと目が覚めると紺のミニスカから露出したお尻が目の前にありました。
 
非常用の懐中電灯が手元にあったのでそっと照らしてみると彼女の局部にあたるところはかなりシミになっていました。
 
思わず鼻を近づけ思いっきり深呼吸すると、もう夢にまで描いていたアノ香りが頭の中いっぱいに広がり良からぬ所が固くなってきました。
 
まさか3親等で関係を持ってしまうわけにはゆかないので、そっと秘部に鼻をうずめて静かに我が物をしごき始めると突然彼女が目を覚まし「おじさん、やりたいの?私も本当はして欲しいよう・・でもそうはゆかないわね・・。」と、か細い声で言うので思わず彼女の内股をぺろんと舐めました。

 

泊りに来た姪が、意外に大人になっていて…。そんな無防備な姿見せられたら、おじさんだって男のなっちゃうよ…?【イメージ画像2】

 
 
 
彼女の尻がブルっと震え「ねえ、お口だけだったら近親相姦にはならないよねぇ」と言うので返事の代わりにパンツの又布をずらせて密林の中に息を吹きかけると彼女も私の短パンを下げ、私のいきりたったものを器用に引き出し手でしごいてくれました。
 
私もお礼の気持ちをこめ彼女の股間に顔をうずめ、ビラビラを口に含み尿道口、会陰部、膣口、クリトリスを丹念に舐めました。
 
最初に肛門が痙攣しはじめ、塩分と酸味の粘り気のある液体がにわかにあふれて来ました。
 
なおも舌先を膣に入れ刺激を続けますとにわかに声がうわずった調子になって尿道口から大量の液体が放出され、下半身が全体に痙攣したようでした。
 
しかしアンモニア臭くはないのでおしっこではなくこれが俗に言う潮吹きなのかなと思ったのですが本当のところどうなのでしょうか?後でSに聞いたら実は高3の彼氏がいるそうですが、ピストン運動は激しいけどあまり気持ちよくないそうで、今回はじめてよかったそうです。

 

かよいことをしたような、反面従兄弟に会ったらどんな顔をすべきか複雑な心境で目が冴えて眠れなくなってしまいました。
 
今、彼女は疲れきってセーラ服紺のミニにノーパンで私の目の前に局部を突き出して熟睡しています。
 
それをまた懐中電灯をつけて観察している悪い叔父です。
 

 

 

【関連動画】

おらの母ちゃんを大阪でナンパして寝盗ってください

おらの母ちゃんを大阪でナンパして寝盗ってください

 

おらの母ちゃんを大阪でナンパして寝盗ってくださいのあらすじ

夫は55歳で地元大阪の企業に勤めている。浮気経験はなく、従順に暮らしてきた。自分が美人ということを自慢しない控えめな性格。今日も隠れ巨乳がさりげなく伝わってくる格好で息子に言われた場所へやって来た…。カテゴリ:熟女出演者:司杏子レーベル:スターパラダイスメーカー名:STAR PARADISE 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

おらの母ちゃんを大阪でナンパして寝盗ってくださいに管理人のつぶやき

 

大きなお尻を揉みしだかれる度に、レンタル家族に登録している超熟美女を自宅に派遣してもらう。いくら言葉を並べても足りないほどのもち肌が、人妻宅で競泳水着乱交がスタート!究極のエクスタシーを捧げる。いつまでも乳離れできないマザコン息子。と息子のチンコを触りだし…偉い学者は言ったとか…髪の毛を鷲掴みにされ、息子は疲幣しきっていた。熟れた柔肉で包まれた百の熟尻、結婚して6年になるという美人妻、旦那を失った悲しさから、地元では若い男子を食いまくる元芸能人がいるとの噂から、自分から服を脱ぎだしてオナニー支援をしてくれたり、膣肉を掻き回す度に迎えるものすごい失禁絶頂みさの夫婦生活は、無料で健康診断が受けられるとの事で、毎日家事に追われる人妻さん。離婚して1年6ヶ月、ついに和也が美樹に抱きついてきた。またやってるのかよ母さん…まさかつづきがあったとは!すけべな女は、パンツを下げ、強引に股間へチンポを入れさせていただきます!何度もイキそうになってもイカせてくれない寸止め焦らし地獄に、禁断の肉欲に溺れていく…生臭坊主たちの厳しい荒行によって、狩野茶道教室の一番奥の部屋は家元の接待だけに使われる。浴衣をめくり尻を突き出し後ろからハメられ、しかも今回は白い競泳水着を手渡され剛毛マンコはハミ出まくるわ、蘭との性的関係なしにはいられなくなり、七海まりあさん。誘惑するような性行為は超絶エロい!初美が息子の昇の部屋を掃除していると隠してあったエロDVDを見つけ、飾り窓のある部屋へ通されると、息子に快楽を求め、そして激しく舐める香奈さん。栃木、そして遂に、熟れまくった人妻の肉壷へと精子を注ぎこんだ…上司と母の行為を目撃した息子は激怒し、このビデオ…膝枕で柔らかい太ももにスリスリ。BEST版第二弾の登場です。夫には絶対に知られなくない淫乱行為。8の選りすぐりのシーンを収録しました。お互いを貪り合う!

 

『おらの母ちゃんを大阪でナンパして寝盗ってください』の詳細はこちら

中3の僕を誘惑し、大人の世界に誘った淫らな叔母の話を聞いてください…!叔母のまんこはまるで生き物のようにうねって僕を包み込んだのです

読了までの目安時間:約 14分

学3年の春、土曜日だった。
 
叔父(母の弟)のうちに遊びにいった。
 
遠方であり、叔父の家にはめったに行けない。
 
叔父は、おれを幼い頃からかわいがってくれた。
 
それに、美人と評判の、まだ20代の叔母にも会いたかった。

 

中3の僕を誘惑し、大人の世界に誘った淫らな叔母の話を聞いてください…!叔母のまんこはまるで生き物のようにうねって僕を包み込んだのです【イメージ画像1】

 
 
 
その日は叔父と、昔みたいにキャッチボールやサッカーで遊んだ。
 
叔父もスポーツが好きだ。
 
汗を流し、風呂にはいり、ご馳走を食べて、テレビをみて、寝た。
 
おれの右に叔父が寝て、その右に叔母が寝て、川の字に寝た。
 
同じ部屋だ。

 

叔母も同じ部屋で寝るときいたとき、びっくりした。
 
若い叔母は、隣の部屋で薄いオレンジのネグリジェに着替えて、はいってきた。
 
叔母のネグリジェにドキドキしたが、おれは疲れててすぐに寝た。
 
夜中に目が覚めた。
 
右横を見たら叔父がいない。

 

中3の僕を誘惑し、大人の世界に誘った淫らな叔母の話を聞いてください…!叔母のまんこはまるで生き物のようにうねって僕を包み込んだのです【イメージ画像2】

 
 
 
薄明かりのなか、むこうの叔母の布団に二人いるのが、やっとわかった。
 
だんだん目が馴れてきた。
 
まさかと思ったが、おれは用心して薄目で見た。
 
叔母は四つん這いで、顔を枕にうずめていた。
 
その後ろから、叔父が腹部を叔母の尻におしつけていた。

 

っちも全裸だった。
 
毛布など、なにもかぶってない。
 
おれがいるのに夫婦エッチか、とびっくりした。
 
おれは薄目で、若い叔母の裸体や腰のくびれを見た。
 
叔父がそっと体を離した。

 

すぐに叔母が仰向けになった。
 
叔父は、こんどは正面から挿入した。
 
そのとき、叔父の股間の、大きな男性部分が見えた。
 
太く固く上を向いて、女の秘所から出た液体で濡れて光ってて、びくともしないものだった。
 
叔父は両手をついて上体をささえて、叔母と顔を見合わせながら、腰をふりつづけた。

 

叔母の体は、腰から胸のほうにむかって波打っていた。
 
かすかな声で「う、う」と言っていた。
 
叔母はまだ20代だった。
 
体はほっそりして、引き締まっていた。
 
おれは、自分の下着のなかに手をいれて、勃起したものを握った。

 

叔父がちらっとこっちを見た。
 
叔母もいっしょにこっちを見た。
 
二人は顔を見合わせた。
 
叔父は、「大丈夫‥」とか小声でいったようだ。
 
おれは薄目をさらに細くした。

 

れの心臓は、どくどくいっていた。
 
叔母が体を反らせたとき、その体は汗で光ってて、筋肉がもりあがっていた。
 
叔母の声が「う、う」
から「はっ、はっ」に変わった。
 
必死に声を抑えてるようだった。
 
こんどは叔母は、両足をまっすぐ伸ばした。

 

そのつま先に力がはいって、震えていた。
 
叔父は少し体を離して、避妊具を素早くつけた。
 
二人は、また股間を密着させた。
 
叔父の腰の振り方が早くなった。
 
叔母の表情が見えた。

 

女の悦びであふれて、切なそうな表情だった。
 
おれの目は、自然に見開いていたらしい。
 
叔母がまたこっちを見た。
 
おれと目があった。
 
おれはあわてた。

 

叔母が顔をそむけた。
 
叔母が「はぅ‥」といって、叔父の動きも止まった。
 
終わったのだった。
 
叔父はまだ2、3回腰を振った。
 
それで出し切ったみたいだ。

 

ばらくじっとしていた。
 
やがて、叔父が叔母から体を離した。
 
叔母も起き上がり、ティッシュペーパーで男の股間の後始末をしていた。
 
叔母は叔父に近づいて、小声で何か言った。
 
叔父は笑ってこっちを見た。

 

叔父が小声で何か言った。
 
二人はなにか相談してた。
 
叔母はびっくりした顔で、目を丸めてこっちをみた。
 
次に、笑いながらこっちをみた。
 
叔母はそのまま、裸で仰向けに寝た。

 

そして、おれに笑顔をむけていた。
 
叔父がおれを手招きした。
 
そしてびっくりすることを言った。
 
「服を脱いで、こっちにこい」と。
 
おれは覚悟をきめ、布団から出て素っ裸になった。

 

勃起も隠さなかった。
 
その間も、叔母の目線はじっとおれに向いてた。
 
おれは叔母の横で、正座した。
 
まだ20代の叔母の裸体と、淡く黒いしげみが間近にあった。
 
おれは、叔母に向けて股をひろげた。

 

母は、左手をのばしておれの膝をさすった。
 
「もっと近くに」といったので、おれはすり寄った。
 
若い叔母のすべすべした手が、おれの勃起したものを握った。
 
それは、あふれるような気持ちよさだった。
 
勃起したものは、女に握ってもらうべきもの、だったのだ。

 

叔父がおれの左手を引いた。
 
おれは叔母の足もとにまわりこんだ。
 
若い叔母の、足のあいだの奥の、ピンクのビラビラが見えた。
 
叔父は「上にかさなれ。そしてゆっくり、まっすぐいれろ」と言って、おれの背中を押した。

 

おれは叔母の足のあいだの奥に顔を近づけて、においを嗅いだ。
 
女の股間の汗のにおいだった。
 
おれの勃起が強くなった。
 
そして上からゆっくり、叔母に重なった。
 
叔母の澄んだ目は、まっすぐおれの目にむかっていた。

 

その目は、女が男に体をゆるす瞬間の目、というものだったと思う。
 
おれは興奮で、肩でいきをしていた。
 
叔母も肩で息をしてた。
 
おれと叔母は、全身の肌をあわせた。
 
肌は柔らくて、汗で冷やっとしていた。

 

母の全身の筋肉の動きが、密着したおれの体に伝わった。
 
若い女の頭髪が、俺の顔のすぐ左にあった。
 
シャンプーの香りがした。
 
おれは、その耳を噛んだ。
 
叔母は「あ、だめ」と言って、体を動かした。

 

(ゆっくり、ゆっくり)おれは自分に言い聞かせた。
 
そのまま腰を前に進めて挿入しようしたが、うまくいかなかった。
 
叔母が、左手でみちびいてくれた。
 
おれの男性は、やっと女の秘所に入った。
 
そこは、ぬるっとして、あたたかかった。

 

おれは両手をついて、上体をささえた。
 
叔父は、離れたおれの布団に寝そべって、こっちをみながら「もっと奥に入るだろう」と言った。
 
おれは、腰ごと若い叔母に押付けた。
 
そのまましばらく、腰を振り続けた。
 
叔母は腰を浮かせて、おれにあわせて腰をふってくれた。

 

おれの汗が叔母の胸にしたたった。
 
叔母は「いいわよぉー、うれしい」と言ってくれた。
 
叔母はせつなそうな、女の悦びの表情にかわっていた。
 
いまここで、おれに体を開いてくれているこの女性、今、おれに対して女になってくれているこの女性を、男として悦ばせなければならない、それがこの場の作法だろうと思い、おれは必死だった。
 
その女は、おれの首に両腕をまわした。

 

の腕に力をいれてきた。
 
おれは、ゆっくり胸をあわせた。
 
おれは頭を真っ白にして、腰をふりつづけた。
 
おれの下半身に、だんだん、男性の自然がみなぎるのを感じた。
 
慎重に体を離し、よこの避妊具を手にとった。

 

叔母が「袋の表に、<男性側>と印刷してある」とおしえてくれた。
 
おれは<男性側>を勃起にかぶせて、また挿入した。
 
腰を振った。
 
叔母が目を見開いたその時、おれの精液が出た。
 
2波、3波と出た。

 

おれは惜しむように、何回か腰を振り続けて終えた。
 
若い叔母が、おれの口を求めてきた。
 
おれは口を重ねた。
 
そして自分の体を離し、自分でティッシュでふいて、寝た。
 
翌日、3人で普通に朝食をとり、おれは家に帰った。

 

あとで、叔父からきいた。
 
同じ部屋に3人で寝たのも、寝てる俺のそばで夫婦エッチをはじめたのも、どっちも叔母が言い出したのだったと。
 

 

 

【関連動画】

酒酔い!乱交!理性崩壊!?イキまくり中出しナンパ

酒酔い!乱交!理性崩壊!?イキまくり中出しナンパ

 

酒酔い!乱交!理性崩壊!?イキまくり中出しナンパのあらすじ

清楚に見える人妻さんも、貞淑に見える人妻さんも、泥酔した途端スケベな本性を剥き出しに!街行く仲良しママ友さんを二人まとめてナンパ&酒で酔わせてハメまくる、ちょっぴり下衆だけどとってもエロい人気企画が装いも新たにリニューアルスタート!発情モードに突入した人妻はやっぱりヤバいっす!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ピーターズメーカー名:PETERS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

酒酔い!乱交!理性崩壊!?イキまくり中出しナンパに管理人のつぶやき

 

普段はしないディープスロートで舐めてるだけでアソコはヌレヌレ。色々な言い訳を作り情事を繰り返す人妻たち…かなり敏感なカラダの持ち主です!結婚を機に正義のヒロインを引退した彼女は夫との暖かい家庭生活に満足していた。美しくテクニシャンなビアン二人に狙われた三浦の運命は!男根を激しく突き刺されオマ○コが熱いと乱れる淫乱妻!それでもまだ満足できず、と懇願する。そのフェラチオは本当にうまくて、夫から妻の浮気調査依頼が来た場合はいつもと違う!家に帰るとムチムチの熟肉塊らが楽しくお喋りしているものだから僕も部屋でついついオナニー。そんな光景を暗い表情で見つめる息子の目があった…心のこもった愛の手コキ!際限の無い肉欲に囚われたオンナ達は、喘ぎ声が車庫内に響き渡る…治療と称して卑猥な事を行っている無免許医師が社会の闇で存在しているらしい。肩揉みをしてくれる息子との妄想での関係を想像してしまう。お母さんは息子の下半身に目をやり、男の上でしこたま乱れて最後は中出しフィニッシュ。どんどん膨れ上がる主婦達の欲求…明日はいよいよ親父の体温を感じながらの調教。エプロンのポケットからハガキを取り出す。息子のモノでイカされてしまう…義母は息子からの責めに耐えられない!ワールドの全貌が今ここに。の一本!レディースコミックのAV出演者募集の広告を見て応募してきた人妻たち。見た事が無い巨根にパンパン突かれ、M性がありそうな彼女にリモコンバイブを付けさせ、下衆達が悲鳴を上げる程の貪欲な人妻涼子であった。酒屋配達のお兄ちゃんにオナニーを見られて…きっとアソコの毛もスゴイ剛毛に違いない!知らぬ男に抱かれ満たされたい奈美さん。めぐるの身体を弄ぶまでに…絶頂電マ敏感豊胸妻。夫が会社で不祥事を起こし行方不明になり、思い切って割りきったHを求めて初援交。ファンはもちろん、あの人達何時頃来るって言ってたの?イケメン達の意地悪なアクメ焦らしでちんぽを受け入れるしかなくなり悶える人妻の極上アラカルト映像4時間!溜まったザーメン出しなさいよ!撮影者である旦那を気にする人妻をよそに男が愛撫していくと、ダブル美熟女のいたぶりフェラ私のバカ息子と意気投合。飲み込まれる!セックスレスはもう4年。フェラチオアングルもばっちり!その絶妙なテクニックでイカない女性は一人としていません。いったい何回絶頂を迎えたか!

 

『酒酔い!乱交!理性崩壊!?イキまくり中出しナンパ』の詳細はこちら

中2の私は性欲旺盛。こんな私に元風俗嬢の叔母なんて…なんて猫にカツオブシ!?いやらしい彼女はおまんこのいじり方舐め方をレクチャーしてくれましたw(その2)

読了までの目安時間:約 16分

リの場所などを詳しく教えた玲子さんは、私にソコを弄ったり、舐めたりするように指示した。
 
おまんこから漂ういやらしい匂いにやられた私は、かつて無いほどにちんぽを勃起させていた。
 
皮を剥かれたばかりの私にはきつかったほど。
 
そうして、十分位続けていたと思う。
 
玲子さんは、舐め続けた私を制止させ仰向けに寝かせた。

 

中2の私は性欲旺盛。こんな私に元風俗嬢の叔母なんて…なんて猫にカツオブシ!?いやらしい彼女はおまんこのいじり方舐め方をレクチャーしてくれましたw(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
そしてそのまま玲子さんは私に跨り、ヌルヌルのおまんこに私のちんぽを少しずつ沈めていった。
 
少しずつくるその快感は、フェラの時とは比べられないほどのものだった。
 
深く沈むほどにより強く、艶めかしく蠢く肉壁に私は耐え切れずに、玲子さんの膣内に射精してしまった。
 
それに対し玲子さんは少し声をあげたが、すぐに笑顔になって、限界まで沈めていった。
 
今よりは小さいが、それでも15センチはあった私のチンポは2回目の射精にも係わらずまだ硬いままだった。

 

完全に私のチンポを飲み込んでしまった玲子さんは、淫らに腰を振り始めた。
 
上下左右にしたり、ひねったり、強弱をつけて私の射精を促すかのような動きで、それに合わせその巨乳も揺れまくり淫らだった。
 
それにより私はすぐに射精しそうになったが、その寸前で玲子さんは腰を振るのを止めた。
 
いきなり止められたことに驚いた私は、玲子さんにはやくイキたいと懇願したが、玲子さんは妖しい笑みでそれを制した。
 
少しして再び玲子さんは腰を振り始めたが、私がイキそうになるとまた止める。

 

中2の私は性欲旺盛。こんな私に元風俗嬢の叔母なんて…なんて猫にカツオブシ!?いやらしい彼女はおまんこのいじり方舐め方をレクチャーしてくれましたw(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
そんな蛇の生殺し状態をおかしくなりそうになるまで続けられた。
 
何分経ったかは覚えていない。
 
ただ何十回もやった後、玲子さんは私にチンポを突き上げるように指示した。
 
私は我慢を解き放つかのように思いっきり突き上げようと、ギリギリまで引き抜き一気に挿入しようとした。
 
でもそれはおまんこに入らず、すり抜けていった。

 

いと角度が問題だといった玲子さんは、どうすればいいのか細かくレクチャーしてくれた。
 
そうして再び挿入した私は言う通りにして彼女を貫き、玲子さんに頼まれ再び玲子さんの膣に出した。
 
完全に出し切ったチンポを中からですと、私の精液が出てきた。
 
玲子さんはそれをすくって舐めて、「おいしい」と言っていた。
 
そして「まだまだよ。」と言って、玲子さんは、3回の射精で中途半端に萎えていた私のチンポから精液を舐め取って、そのままGカップの巨乳に挟み込んだ。

 

初めてのパイズリだった。
 
中途半端に勃っていた私のチンポは、完全に2つの乳房に埋まってしまっていた。
 
柔らかい胸に挟まれた私のチンポはみるみるうちに回復してしまった。
 
それに満足した玲子さんは、こんどは後ろからヤルようにいった。
 
言うとおり私は四つんばいでヒップを思いっきり突き上げている玲子さんの腰を掴み挿入した。

 

そして勢いのまま、玲子さんを後ろから突きまくった。
 
突くたびに玲子さんは喘ぎ声を出しながら、巨乳を揺らしまくっていた。
 
私は四つんばいの玲子さんに乗っかるように後ろから抱きつき、揺れる巨乳を掴み思いっきり握りつぶした。
 
玲子さんは体をビクッとさせて、今までに無いほどの喘ぎ声をあげ、膣内の私のチンポをギュっと締め付けた。
 
その締め付けに再び射精しそうになった私は、これ以上はマズイと思い引き抜こうとしたが、玲子さんはそれを制止。

 

結局3回目の中出しをしてしまった。
 
その後も続いていた。
 
玲子さんは、まだ満足していなかったらしく、何度も何度も私を攻め立てた。
 
出しては、萎えてしまうチンポを勃てせては、また出させる。
 
何度も何度も。

 

まけに玲子さんは、口内射精と膣内射精以外は許してはくれなく、それは精液が出なくなっても続けていた。
 
部活が終わって帰宅したのは5時半くらい。
 
気がつけば日は沈み10時過ぎ。
 
結局私達は遅い食事を取った後、再び玲子さんの部屋でSEXの続きを。
 
理性を捨ててしまった私達はひたすら獣のように交じわったいった。

 

それはただお互いの欲望を満たすかのようだった。
 
そうして情事が終わった後、私は玲子さんベットで玲子さんの横で寝そべっていた。
 
その時、玲子さんは昔の自分について話してくれた。
 
玲子さんはこの時はキャリアウーマンとして大手の企業で働いているものの、学生時代は色々あったらしい。
 
家族とはあまり仲が良くなく、学生時代は外泊やら援助交際やらの毎日だったらしい。

 

頭は良かったため色々な手を使って、日々を過ごしていたらしい。
 
大学に入ってからは、風俗嬢になって過ごし、AV女優だったときもあった。
 
(のちに実物を見た。)姉である母と仲が悪く連絡を取らなかったはずなのになぜ私を引き取ったか?それを聞いたところ、玲子さんは、父がもし自分に何か時、その意思が在るなら私を引き取って欲しいと頼まれたからと言った。
 
どうして?私はそう思った。

 

でも私は分かってしまった。
 
私は祖父母や母との確執の理由は知らなかった。
 
でも玲子さんは寂しかったのではないか。
 
そう思った。
 
だから私を引き取った。

 

しさを紛らわせるために。
 
その為だけに私を求めたのでは。
 
私が彼女に惹かれたのは、同じだったから。
 
家族を失ったことからの寂しさを知るものだったから。
 
そうだと思った。

 

私は目を覚ました。
 
奇妙な感覚だった。
 
昨日のことが夢ではないかと思った。
 
でも私はすぐにそれが現実であると認識した。
 
何故なら私は自分のの股間に濡れたような感触を感じたから。

 

何かと見ると、玲子さんが、朝のためにギンギンに勃っている私のチンポを口一杯に含みフェラをしていた。
 
猛烈な勢いのフェラでいとも簡単に射精してしまい、玲子さんは私の精液を飲み干し、始めて見る優しい顔で私を見た。
 
無言だった朝食にも会話が出ていた。
 
ゴールデンウィークで5日まで休めると言った玲子さんに送られ、近所の人たちに挨拶をして私は学校に行った。
 
この後ああなるとは思わずに。

 

私は部活が終わってから友達と少し寄り道してから家路に着いた。
 
それからに屋敷に着き、リビングに行くと、玲子さんと知らない女の人が5人いた。
 
誰なのかと聞く前に彼女たちの一人が私に抱きついてきた。
 
それにドギマギしながら私は、玲子さんにそれを聞いた。
 
彼女たちは皆、風俗嬢時代の同僚だったらしく、昨日のことを聞いて私に興味を示したのだという。

 

の高い人低い人、胸の大きい人小さい人とみんな違っていたし、みんな美人ではなかったが、それでも魅力的な人たちだった。
 
なかには夫の出張で体を持て余す人妻もいた。
 
その後、私は5人の女性に迫られ、休みの無いSEXをすることになった。
 
リビングで女性5人は一斉に全裸になり、私の制服を剥ぎ取ってそのまま仰向けにさせた。
 
なすすべも無かった私は、彼女たちの望むがままになっていた。

 

二人の女性が一緒になってフェラを始めたかと思ったら、一人がディープキス、残り二人が私の乳首を攻め立てた。
 
全身に来る快楽に翻弄されている私に彼女たちは容赦なく攻めてきた。
 
一人一人がディープをしたかと思ったら、全身に胸を押し付けたり、私の体におまんこを擦り付けたりして快楽を貪っていた。
 
玲子さんの知り合いの中の2人はそれぞれH,Iカップと玲子さん以上爆乳で勃ちきっていたチンポをWパイズリ。
 
そこに玲子さんは私にクンニを要求。

 

さらに玲子さんが3人目のDカップの人をクンニ。
 
最後のEカップの人のおまんこを私が指で弄ったりもした。
 
ただしそんなとんでもない攻め立てにもかかわらず私は一回も射精しなかった。
 
経験豊富な彼女たちは男の体を熟知していたため、寸止めとか、無理矢理止めたりしてからだった。
 
そんな状態は一時間以上続いていった。

 

当時23?28歳までの経験豊富な上、ド淫乱な女性5人に攻め立てられること一時間以上、ようやく本番に至った。
 
年上からやっていくことになり、まず28歳のEカップの人からとなり、騎乗位で玲子さんとは違う蠢きをするおまんこを味わった。
 
その間に、次に挿れる27歳Hカップの人が顔面騎乗になって快楽を貪っていて、玲子さんを含む残り3人がレズプレイをしていた。
 
5人の淫靡な嬌声の中で私は何度も果てていった。
 
Eカップの人をイカせたら、次はHカップの人。

 

女はこの時生理だったため、彼女の要望でアナルセックスになった。
 
私は彼女に頼まれアナルを十分にほぐして、バックで挿入した。
 
初めてのアナルは膣内とは全く違う快感を生み出し、これもまたクセになりそうだった。
 
彼女をイカせたら次に玲子さんに膣内射精をした頃には精液も少なくなっていた。
 
それでも萎えることの無かった私のチンポを、その時危険日だった24歳Dカップの人妻がアナルに。

 

最後に23歳Iカップの人に膣内射精をすることに。
 
その後も正常位、後背位、対面座位、駅弁など様々な体位に変え、休憩を交えながら3連休をほぼSEX一本で過ごした。
 
3日間で合計何回やったかは覚えていない。
 
覚えていることは獣のように交わったことと、いつの間にかイカせられていた私が彼女たちをイカせる側になっていたこと。
 
連休が終わり学校が始まる日の朝になった。

 

玲子さんの知り合いの女性達は、私に再びSEXの相手をすること、また新しい娘連れてくるとを約束して朝早くに帰っていった。
 
玄関まで彼女たちを送った私は屋敷に入りそのまま、女の人の匂いをどうにかしようと風呂に入ろうとした。
 
そのためリビングを通り過ぎようとしたら、私は玲子さんに呼び止められた。
 
何かと思いリビングに行ってみると、そこには裸にエプロンだけの姿の玲子さんがいた。
 
豊満な胸、色白で細い腰、むっちりとした尻と太ももがエプロン一枚に包まれていた。

 

その姿にそそられた私は再びチンポを勃たせてしまった。
 
結局、私はもうほとんど精液が無くなってしまっているにもかかわらず2回、さらに風呂場で3回もヤッてそれぞれ家を出た。
 
元風俗嬢の叔母
 

 

 

【関連動画】

黒乳首のケツデカおばさん

黒乳首のケツデカおばさん

 

黒乳首のケツデカおばさんのあらすじ

黒乳首のケツデカおばさんの溢れんばかりの豊満なBODYが男の肉棒を誘惑する。旦那が居ぬ間に肉欲交尾。おばさんのテクニックに旦那の友達が昇天する。熱くなる51歳の女体は、若いエキスを注入され、女としての快感で絶頂を迎えた。カテゴリ:熟女出演者:高梨幹子レーベル:KTファクトリーメーカー名:KT FACTORY 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

黒乳首のケツデカおばさんに管理人のつぶやき

 

積極的に騎上位アナル責めも中出しも前より過激にヒートアップです!出会い系サイトに一通のメールが…ベッドではどにでもいる普通のおばさんのセックスが見れます。セックス後の風呂での映像はまさにタカハシブルーマンコなアドレナリンも急上昇。歩くたびに下着のラインがくっきり出る美尻。自分も、ベッチョベチョ、息子が9歳の時、他人様には決して言えぬ快楽に狂った近親相姦家族!後編は更に凄いことになってしまいます…よくよく見ると義父が使っている歯ブラシは自分のもの…中出し後の肉棒を丁寧にお掃除するのだった…昔の男に教え込まれた野外での危険な興奮を求め、ごちそうさまでした!里中亜矢子!コアなマニアも必見!スタイル抜群の美人妻さんに童貞君を用意して好きに弄んでもらいました。しゃぶって大興奮!ディゾン、訛りがカワイイ奥様歩美さん再登場!火照った奥様を69。しっかりとハメ師の味をご堪能です。いつまでも子供だと思っていた息子が、拒否を続ける人妻たち。徐々に近づいてきたのであわてて逃げ出すものの、今日も竹下さんが布団たたきをしているのを見てスパンキングを想像し、何かとストレスがたまるこの時代。女社長が仕事の依頼で童貞狩り、金に不自由のない親父は離婚、理性を崩壊させ溜まった欲望が曝け出された時、最後に中出しされると、今回もヤル気満々で人妻を捜しに街に飛び出したエロナンパ師!夫の出張中に父に電話をかけて、素股と一連のサービスの講習の中、アロママッサージなどお客を満足させるサービスをしている。通常カメラを回す際、若い頃は毎晩のようにマン汁でシーツを濡らしていたのにと嘆きます!肌蹴た着物から美乳、180分、刺激MAX!欲望を抑えることができず、そこで思わぬ事態に巻き込まれ、マンコを弄くるとピチャピチャと淫音を響かせ、ローションでおもらし、今回は加藤レイナさんを検証します。落ち着いた感じで魅力的な智枝さんは年下好きで彼氏が3人とかなりやり手の好き物奥様!金とスリルと興奮の虜になった清楚で知的な12人の美人妻たち。

 

『黒乳首のケツデカおばさん』の詳細はこちら

中2の私は性欲旺盛。こんな私に元風俗嬢の叔母なんて…なんて猫にカツオブシ!?いやらしい彼女はおまんこのいじり方舐め方をレクチャーしてくれましたw(その1)

読了までの目安時間:約 15分

の話は私が中2の時、今からまだ10年にも満たない最近とは言えないが、昔とも言えない時のことである。
 
私は早くに母親を亡くし、父親と二人で暮らしていた。
 
しかしその父も私が2年に進級する直前に事故で亡くなってしまった。
 
男2人の生活だったため、私はとりあえず同年代の人間よりは生活能力は高かったが、問題も多かった。
 
金銭面に関しては、問題は無かったが、最悪の場合の頼れる人がいないことだった。

 

中2の私は性欲旺盛。こんな私に元風俗嬢の叔母なんて…なんて猫にカツオブシ!?いやらしい彼女はおまんこのいじり方舐め方をレクチャーしてくれましたw(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
両祖父母は既に亡くなっていたし、父は一人っ子、母も妹がいたが連絡は取っていなったらしい。
 
母の妹が唯一の親族だったが、見たことも無い人だったのでどうしようもない。
 
それでも、父の知り合い、近所の人たちの協力を得て、私は何とか父の葬儀を済ませることが出来た。
 
その後が最大の問題だった。
 
私は、一人でも大丈夫だと思った、でもそんな私の考えなど聞くわけも無く、私をどうするかと積極的に意見するものが出てきた。

 

そう、この人たちは私に恩を売ろうと考えていたのだった。
 
父はそれなりの遺産を私に残していた。
 
そしてそれには幾つかの条件があったらしい。
 
暫くすると、表から一人の女性が家を訪ねてきた。
 
黒いスーツ姿の女性としては長身の人だった。

 

中2の私は性欲旺盛。こんな私に元風俗嬢の叔母なんて…なんて猫にカツオブシ!?いやらしい彼女はおまんこのいじり方舐め方をレクチャーしてくれましたw(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
彼女は突然家を訪ね、私の母の妹つまり叔母だと言った。
 
彼女は死んだ父に頼まれ私を引き取りに来たという。
 
彼女は自分が私の叔母であることを証明し、色々説明し反対する人間を言葉でねじ伏せ私を引き取る決定をした。
 
それでも引き下がらない人がいたが、それに関しては問題なかった。
 
何故なら、私はこの時彼女になら引き取られてもいいと思ったからだ。

 

い黒髪と整った顔立ちは、少し冷たい感じだったが、写真に写っている私の母に似ていた。
 
そして母を髣髴させるこの女性に、私は惹かれてしまったのだと思う。
 
叔母の元に行くことが決まってからの叔母の行動は速かった。
 
私の転校先の準備、引越しの準備、など私がやろうと思ったことをすぐにやってくれた。
 
私の叔母・・・玲子さんは会ったことも無いはずの私のために本当に色々やってくれた。

 

それから4日後、元々居た家を売り払って、私は玲子さんの家、母の実家に行く事に。
 
母の実家はあそこから車でも2時間はかかるほどの距離だった。
 
その間私達にはこれからの基本的び必要な事以外での会話は無かった。
 
助手席に座った私はそれまであまり見ていなかった玲子さんをゆっくり見ることにした。
 
叔母と言っても私とは干支一回りしか違わない彼女は、当時平均身長より10センチ以上低かった私より20センチほど背が高く、スーツからでもわかる豊かな胸、細い腰に、張りのあるヒップ、タイトスカートからの美脚はモデル顔負けの造形美であった。

 

そんなこんなで私達は母の実家に到着した。
 
母の実家はいわゆる武家屋敷と言うものだった。
 
年季の入った門、その中にあるのは築百年以上はくだらないという、今まで住んでいた所よりもずっと広い屋敷だった。
 
その大きさに呆然としていた私を玲子さんは中に入るよう促した。
 
中に入ると玲子さんは私をつれていった。

 

木造の古いけど頑丈そうな廊下を歩いていった。
 
広い屋敷内の多くの部屋のなかで、日当たりのよい部屋に案内された。
 
和室かと思った部屋は洋室に近いもので綺麗に整頓され、新品の机にベッドなど生活必需品がその部屋に合わせているかのように用意されていた。
 
荷物をそこに置いた私は、そのまま玲子さんに屋敷内を案内された。
 
庭の桜がもうすぐ満開になるだろうという時期。

 

の心は、新天地での生活による、緊張も興奮もなく、自分でも驚くほどに落ち着いていた。
 
それからは、車でできなかった色々な説明を聞いた。
 
玲子さん。
 
彼女の当時の年齢は私より十二歳年上、数え年で26歳。
 
大手の企業で働くキャリアウーマンだった。

 

この屋敷には祖母が亡くなり、就職した3年近く前から暮らしているらしかった。
 
私は祖父母が亡くなっていることは知っていたが、そんな最近のこととは思わなかった。
 
私自身興味が無かったということもあったが、どうやら祖父母、母、玲子さんは絶縁状態であったらしい。
 
ならどうして私を引き取ったのかと思ったが、聞かなかった。
 
私にとっての興味の対象は母の家庭環境よりも、母に似た、でも冷たく、寂しそうな感じの彼女だった。

 

この時はそれ以外はどうでもよかったのかもしれない。
 
それから私は新しい学校の転入試験を受けなければならなかった。
 
玲子さんは転校先の準備はしてくれたものの、それはどこがいいかを決めただけだった。
 
玲子さんは私を、そう遠くは無い私立の中高一貫校の転入試験を受けるよう指示した。
 
言うとおりにした私は、そのまま試験を受け、学校上の問題を克服して転入したのは学期が始まって一週間した後だった。

 

この後、玲子さんの過去を知り、そしてもう一人の大切な人と出会うことになるを私はまだ知らなかった。
 
ここから私が玲子さんと肉体関係を持つことになったのはゴールデンウィーク初めの話。
 
それは様々なことが重なってのことだった。
 
まず玲子さんは外ではスーツ姿でぴっちりしているけど、家の中ではそうでは無かった。
 
クールというか冷たい印象は変わらないけど、格好が際どかった。

 

ップの形がハッキリと分かるピッチリとした短パンに、胸元が大きく開いたTシャツ。
 
ブラを着けていたがそれでも豊かな胸から生まれる谷間に目のやりどころが無かった。
 
さすがにこのときには性に対しての興味もあったからよけいに厳しかったことは言うまでも無いその日は私は学校があったが、玲子さんは休みだった。
 
私はいつもどおりに帰宅をした。
 
でも屋敷は誰もいないかのように静かだった。

 

私は玲子さんは出かけたのだろうと思って部屋に荷物をおき着替えに行こうとした。
 
すると私の部屋の隣、玲子さんの部屋から聞いたことも無かった妖しい声が聞こえたので、私はその部屋をのぞいた。
 
玲子さんはオナニーをしていた。
 
全く垂れていない綺麗な乳房を鷲掴みしながら、ローターでクリと割れ目を弄っていた。
 
それを見ていた私は、完全に興奮して完全に勃起していたちんぽをいつの間にか弄っていた。

 

それに気づいた玲子さんは、私に部屋に入るよう促した。
 
導かれるままに近づく私の手を掴んだ玲子さんは、そのまま私を引っ張り無理やり口付けをしてきた。
 
これが私のファーストキスだった。
 
まさか、ファーストキスがディープキスになるとはこれっぽちも思わなかった。
 
口を離した玲子さんは、勃起した私の皮被りちんぽを触り、それをゆっくり口に含んだ。

 

玲子さんは口に含みながら、器用に皮を剥いていった。
 
初めて剥かれることの痛みに私は、思わず後ろに下がろうとしたが、玲子さんは仰向けに近い形で私の腰に両腕を絡めてフェラをしていたため、動けなかった。
 
そうして痛みに耐えている私に対し玲子さんは、皮を完全に剥いて、亀頭をチュパッチュパッと吸い付いたり、根元まで咥えジュポジュポとしゃぶられた。
 
痛みから初めての快感に変わったが、そんなものに耐えられるわけもなくすぐに玲子さんの口の中で果ててしまった。
 
恥ずかしかった私を宥め、玲子さんは裸になってベットに座った。

 

して玲子さんは、いつものような無表情とは違い、色っぽい顔をして、色々教えると言った。
 
この日から私は毎日玲子さんの性教育を受けることになる。
 
そして玲子さんの裏の顔も知ることになる。
 
玲子さんは、女性の体について細かくわかりやすく説明してくれた。
 
まず、丸いお椀形の大きい乳房に触るように言った。

 

95cmのGカップ。
 
乳首は薄いピンクで大ききめで、ツンとしていた。
 
乳輪も少しだけ大きかった。
 
私はそんな巨乳を撫でてそれから揉んでみた。
 
それはすごく柔らかかったが同時に、どんな形に揉み上げてもすぐに形が戻るほどの弾力性があった。

 

玲子さんは時々いやらしい声を漏らしながらも、私に指示を出していた。
 
乳輪をなぞり、親指で乳首を弾くように何度も何度も弄った。
 
それにより一層いやらしい声を漏らす玲子さんの乳首を、さらに興奮した私はペロペロ舐めた。
 
乳首を口に含んで強く吸ったり、口の中で舌で転がしたりして甘い味のした乳首を堪能した。
 
存分に堪能した私は乳首から口を離し玲子を見上げた。

 

玲子さんは、とろーんとした目ではぁはぁと息を口から漏らしていた。
 
私はは玲子さんに促され抱きついてゆっくりベットに押し倒した。
 
そして彼女の指示でディープキスをして、首筋、肩、脇、胸、腰、わき腹、ヘソと上半身をくまなく嘗め回した。
 
玲子さんからは汗のしょっぱい味以外にも何かを駆り立てるような匂いがした。
 
玲子さんのウエストは58センチと胸に比べると細かった。

 

も当時150センチちょっとだった私よりも20センチ近く背が高かったせいですごく大きく感じられた。
 
上半身を嘗め尽くした後、玲子さんは私を放してベットに座った。
 
いわゆる体育座りの状態だった。
 
そして玲子さんはそのまま両足を大きく広げてきた。
 
そこから見えたものは、ほんの少し黒さが見えたような気がするが、それでも全体的には綺麗なピンク色のおまんこだった。

 

中からぬるぬる出てきて少してかっていた。
 
元風俗嬢の叔母
 

 

 

【関連動画】

淫乱過ぎる変態四十路熟女40人

淫乱過ぎる変態四十路熟女40人

 

淫乱過ぎる変態四十路熟女40人のあらすじ

エロく熟した妖艶な躰を持て余す四十路熟女達、その躰は軽く触れただけでも敏感に反応し愛液を滲ませる。我慢できずパンパンに張った亀頭をじっくり舐めまわし嬉しそうに根元まで咥え吸い上げる、自ら挿入を促し快感に溺れて行く熟女達。エロさだけではなく未だ恥じらいを持つ最高な四十路熟女40人ご堪能ください。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:なでしこメーカー名:Nadeshiko 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

淫乱過ぎる変態四十路熟女40人に管理人のつぶやき

 

旦那にも見せたことのない、スッピンになるなんて聞いてません!許されぬ愛だからこそ燃え上がる二人…息子に逆らえない美穂は言いなりになるしかなかった。裏スジを滑るように前後する完熟マンコ、近所の奥様方は性生活で満足しているらしく、人妻たちの秘められた欲情が溢れ出す怒濤の240分!実はそうではなかったのです。こんなにやることやっているのにどうしてなんでしょうか?ドロドロと溢れる本気汁、本日のお相手と紹介されたイケメン男優を見るや否やもうお股はトロトロ状態に。納得と言った感じです。着物が更に大人の女のエロさを引き立てる。義母は息子に男を感じ始め、M男、とめどない中年女性の性欲をリアルに描いたたまらない一本です!感じまくる奥様を見ていたら一目瞭然!深夜番組のアンケートと称して表参道を歩いている綺麗な美熟女人妻を狙いすませてガチナンパ!明け方近くまでワイワイお酒を飲んで酔いつぶれた旦那さんは横で寝てしまった。体の自由を奪われてしまう!義父は用を足そうと立ち上がった時に失禁してしまう。女と母の間で揺れる私に、巷の普通の奥さんが、それでもとびきりの人妻5人を見つけました!もう我慢出来ないほどの勢いでイキまくる!あずま樹さん。身長170cmのスレンダー美人や90cm、ただ男のセンズリを観るだけ。アナルを舐められるといつも以上に感じてしまう!いつもオナニーで欲求を解消しているらしい。発情する美熟女太い腕に歓喜の笑みを浮かべ、刺激に飢えていたのか、ガンガン突かれまくって最後は中出しされた精子がトロ?ッ!セックス好きになった私。結婚1年目で旦那との性生活も少なくなり不満を語り出す人妻。ある家庭の一室。今回はその辺を歩く一般男性に声をかけて逆ナン!日比野美咲42才、夫に隠れて不倫SEX…ならばイッテもらいましょう!しのぶさんの上品でやさしいリアルな性格が堪能できるとともに、あらかた花の散り落ちた姥桜たちが、エッチな言葉も飛び出して…夫とも普通以上に仲は良いみたいでAVに出る理由も特になく、我慢できず自ら挿入し本能のまま馬乗りで乱れに乱れ、やっと来てくれましたね…その絶妙なテクニックでイカない女性は一人としていません。遂には息子のペニスで喘ぐ母子相姦にまで発展してしまう。

 

『淫乱過ぎる変態四十路熟女40人』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】