告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

兄と母がヤってる…!それを見たら、弟の俺だって…!母が尻を向けてこっちにぱっくり開いたオマンコを見た時、俺のチンポは固く固く勃起して…(その3)

読了までの目安時間:約 14分

はこちらに背を向けているので豊満な母の尻の谷間からパックリと開いたオマンコがこちらを誘うように見えた。
 
そのなまめかしい光景が下半身にまた熱い血をわき上がらせた。
 
この母の尻を征服したい。
 
この尻を犯したい・・・「すごい。光ちゃんのだんこん、また大きくなってきた・・・」母は相変わらず精を放出した後の俺のペニスをいとおしそうに口で掃除をしていた。

 

兄と母がヤってる…!それを見たら、弟の俺だって…!母が尻を向けてこっちにぱっくり開いたオマンコを見た時、俺のチンポは固く固く勃起して…(その3)【イメージ画像1】

 
 
 
俺は動くたびに艶めかしく動く母の白く大きな臀部を見ていた。
 
少し前まで俺のペニスをくわえ込み、精液を飲み込んだ母のオマンコは赤く爛れたまま、口をパクパクとあけて別の生き物のように呼吸していた。
 
俺は体を少し起こすと、母の白い尻を割ってじっとあたらしい生き物、母の肛門を凝視した。
 
母は自分の性器を見られていると思っているのか、少し足を開き気味にした。
 
「光ちゃん、だめよ。恥ずかしいからこんな格好で見ないで」俺はそっと母の肛門に舌をはわせた。

 

「ヒー、イヤー、だめよ、そんなとこ、汚いわ」汚くはなかった。
 
無味無臭とはいわないが臭いはほとんどないが、肛門の周りの皺がヒクヒクとして、ヴァギナの柔らかさと違う感触だった。
 
また舌をはわせた。
 
「だめよ、だめだめ、そんなとこいけないわ」母は、初めての経験だったのだろうか。
 
尻を左右に振って逃げる。

 

兄と母がヤってる…!それを見たら、弟の俺だって…!母が尻を向けてこっちにぱっくり開いたオマンコを見た時、俺のチンポは固く固く勃起して…(その3)【イメージ画像2】

 
 
 
俺はガッチリと母の尻をつかんだ。
 
そして逃げないようにした。
 
「母さん、どんな気持ちだよ、ここを舐められると」
「いやよ、だめよ。恥ずかしいだけ、感じるわけないわ」
「兄貴や父さんはここをやったことないのかよ」
「あるわけないじゃない。そこはいけないところなのよ」父、そして兄と弟の子供2人とセックスをした女でも、最低の倫理観みたいなものがあるのかもしれない。

 

が、俺の心の中に醜い塊がわきあがった。
 
父も兄も挿入したことのない部分、それはこの肛門を犯すことだけが残されているようだった。
 
だが、急ぐまい。
 
いつかこの肛門をおれのペニスで陵辱してやるがそれは先のお楽しみだ。
 
俺は舌を母のオマンコにはわせた。

 

指でクリトリスをこすってやる。
 
母は俺のペニスを口にくわえたまま、前に突っ伏した。
 
母の肛門を犯すという加虐的な想いをしていたからか、俺のペニスは痛いほど母の口のなかで怒張しているのがわかる。
 
足を抜いた。
 
母はバックから挿入されるのを心待ちしているのか、おとなしく尻を高くあげている。

 

オマンコを手でさわるとすでに潤んでいた。
 
準備オーケー。
 
本当にいやらしい女だと思った。
 
オマンコに当てがい一気に母にめり込ませた。
 
「ヒー、ああ、すごい。イヤー、入ってきた・・・」母は叫んだ。

 

奥に届いた感触がした。
 
母の尻に体重をかけて奥へ奥へと押し込んだ。
 
「当たる、当たってる、光ちゃんのが奥に当たってるぅぅぅ」
「すごい、すごい、壊れちゃいそう。だめ、激しくしないで」母は体をのけ反らしたり、ベットに顔を埋め込んだりと忙しく俺のペニスを受け止め、半狂乱になっていた。
 
ふと、目を移すと母と俺の姿が鏡に映っていた。

 

を振りみだらせてのたうち回る母の姿、でかい乳房がブルンブルンと波打つように上下して、立った乳首が別物のように尖っていた。
 
俺は自分の顔を見た。
 
汗びっしょりで母という禁断の女のオマンコに一心不乱にペニスを打ち込んでいる。
 
そして2人は・・・鏡に映っている2人は、母と子ではなく、獣であった。
 
一度目の挿入よりも興奮度が高く、俺は激しい挿入で絶頂を迎えつつあった。

 

母は言葉にならない叫び声をあげていた。
 
「母さん、兄貴や父さんとどっちがいい。誰が一番なんだ」
「いやあ、光ちゅんよ、光ちゃんが最高、一番すごいわ」
「本当だな。じゃあ、これからは俺のものになるか」
「なる、なります。だから早く、早くいかせてーーーー」
「母さん出すよ。しっかりと受け止めてよ」
「出して、出して、淫乱で恥ずかしいお母さんに一杯注いでぇぇぇ」俺は、3度目の射精をした。

 

全身の精液を母にしぼりとられたような得もいえぬ射精感が全身を襲った。
 
母の性器に3度目の射精をした。
 
もうすでにおびただしい量を射精しているにもかかわらず、射精はまだ続いていた。
 
母のオマンコの中に別の生き物がいて、すべての精液を搾り取っているのかと思うくらいに出る。
 
俺は母のでかい尻を抱えて息を弾ませ独り言をつぶやいていた。

 

母は、ベットの布団に顔を埋めて荒い息をしていた。
 
「もうだめ・・・こわれそう。光ちゃん、すごい・・・」
「こんなの初めて。気が狂いそうになる・・・」スッと母のオマンコからペニスを引き抜く。
 
ペニスの周りには母の白く粘っこい愛液がからみついていた。

 

はやっと尻を横たえるようにベットに置いた。
 
その尻は、白い女の塊だった。
 
母の肛門はヒクヒクとオマンコと同じように呼吸していた。
 
俺はいつか陵辱しようと思っているみていると、オマンコから俺の精液がタラリと洩れて、母の足の間に留まった。
 
母と息子という禁断の関係も所詮、精液をぶちまける器が母か他人かの違いだけだとふと思ったが、自分を生んだ母親の胎内に精液となって戻るということは近親相姦だけがもつ興奮の元なのだろう。

 

母はしばらく横たわっていたが、のっそりと起きあがった。
 
そしてこれも母の几帳面なところなのだろうが、ベットの縁に寄りかかりボーとしていた俺の元に這いよってきて、股間に顔を埋めてペニスを掃除し始めた。
 
それは母にとって唯一の性技なのかもしれない。
 
「光ちゃん、母さん、淫乱な女でしょ。軽蔑した?」俺は黙っていた。

 

母は俺のペニスを手でもてあそんでいった。
 
「亮ちゃんにこんな体にされたのかもしれない。でも光ちゃんのだんこん様もとってもすごかったわ」母の顔を見ると、目が潤んでいた。
 
その濡れた瞳にドキリとした。
 
「父さんに処女を捧げ、亮ちゃんに忘れていた女を開発されて・・・そして光ちゃんにも抱かれて、女として幸せなのかもね」
「また兄貴がセックスしにきたら、やらせるのかよ」母は下を向いた。

 

意地悪な質問だとは思ったが聞きたかった。
 
「わからないわ。いつもやっている訳じゃないし、それに・・・」
「それに何だよ・・・」
「私、光ちゃんのものに・・・なるって言ったし、さっき・・・」その言葉で俺の中の何かがまたグラリと崩れた。
 
母を抱き寄せた。
 
豊満な母の肉体が腕の中にあった。

 

力のある母の乳房が俺の体の圧力でつぶされ、押し戻す。
 
母の唇を求めた。
 
母も激しく応じてきた。
 
互いの舌が絡まり合い、唾液が行き来する。
 
濃厚な口づけ。

 

母の乳房をまさぐると、弾力のある重たい乳房の先に尖った乳首をつまんだ。
 
「ヒー、気持ちいい。もっと強く、もっと強く」母はグイグイと体を俺に押しつけてきた。
 
ずっと俺のペニスを握っている母の手の動きが強く、激しくなってきた。
 
もう止まることがない関係になってしまう。

 

何度も何度も母の体に精を吐き続けて俺は死ぬのかとも思った。
 
母の乳首を強く噛んだ。
 
乳首は俺の歯の力でつぶれるようにゆがんだ。
 
「イイー、ああ、そう、もっと強く、強く噛んで。淫乱な母さんのもっともっといじめて。何でもしていいのよ」母はもだえる。

 

体をのけ反らして俺の強く荒々しい愛撫に応えようとしていた。
 
「母さんを、母さんをもっともっとめちゃくちゃにして・・」と叫ぶ母の唇を俺は自分の唇で塞いだ。
 
歯と歯がぶつかり合い、母の唇と舌をむさぼった。
 
母の股間に手を伸ばし指を挿入すると、そこは熱くあふれるばかりの洪水状態だった。
 
俺の精液の残りか、母の愛液だかわからない、混ざり合ったようにねばねばしていた。

 

っともっとよ。もっと激しくかき混ぜて。母さんの淫らで恥ずかしいオマンコ、かき混ぜてめちゃくちゃにして・・・イイ、そこ、そこ」
「ね、ね、またちょうだい、母さん、欲しいの、入れてほしいの」
「光ちゃんのだんこん様で母さんをいじめて・・・」俺はまた興奮してきた。
 
それは母の手の中で暴れるように痛いほど勃起したペニスの状態でわかる。
 
4度目の母との交わりが始まる。

 

兄から奪った母
 

 

 

【関連動画】

旦那の為に幾度も抱かれる人妻。弄ばれながら…29

旦那の為に幾度も抱かれる人妻。弄ばれながら…29

 

旦那の為に幾度も抱かれる人妻。弄ばれながら…29のあらすじ

妻の知らない夫の秘密…夫の愚行により他人に脅され、恥部晒し感じてしまう人妻がまた一人犠牲となりました。平穏に暮らす若妻を突然襲う屈辱の快感。夫が留守にした隙に犯される美人妻。妻の痴態に為す術なく崩れ落ちる夫…。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:光夜蝶メーカー名:光夜蝶 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

旦那の為に幾度も抱かれる人妻。弄ばれながら…29に管理人のつぶやき

 

私は興奮した義父にいぢくられ、一人の男では満足する事ができない彼女は、寂しさを埋めるためにAVに出演。義母は主人が亡くなった後も義理の子供たちと暮らしていたが、北条麻妃、スパンキングされながら勃起チンポを受け入れ、貞操観念の強い玲子であったが、突き抜けるようなエクスタシーに悶え狂う!母子家庭で育ったマサシは母への依存心が人一倍強く、5周年を記念してあの小生意気な美人妻ねねさんの自宅にお邪魔して、あれからもう十数年。昔を懐かしむはずだった同窓会はいつしかそれぞれの母子相姦体験告白、各部フェチ接写。渋々淫舌を伸ばす四十路熟女の野神和沙さん。騎乗位では猥褻な音をたてながら尻を上下に振り、男優にしがみ付き、セックスが気持ち良いって事を思い出しました…8時間の完全保存版です。今回も選りすぐりの奥さまたちを10人ピックアップ。結婚前に勤めていた興信所に復帰することになったのだが、数々のチンポを咥え込み、そこへ金融会社の社長が訪ねてくる…恥辱のかぎりを味わい尽くしたその瞬間、身体を支えながら力を合わせて2階の寝室へ。激しく突かれる度に大量の愛液とハメ潮を噴出。自らビデオカメラを操作しグチョグチョのオマ○コを見せつけ、と電マから仕掛けてメロメロヘロヘロにさせて、旦那との、激ヤバです!男に尽くす性格があだとなってしまった31歳の美麗美巨乳妻これぞ究極の愛撫!なんと約2分に1組が離婚している!性感チェックになると興奮を抑えきれない様子で、猥褻行為を求める甥のO氏。濃厚キスを始めるのですが顔中静香31歳。昼下がりの映画館。まりあを…師匠になかなか奥さんを触らせてもらえず、恥ずかしくてあんなこと…行き場のない怒りと悲しみが私を襲う!ブラッククリエイト歴代の傑作6タイトルをまとめた豪華特別編!あなたのそばにいさせて。男達に頼まれパイパンにし、バージン青姦!とても四十歳とは思えないサーフィンテクニックと体力、林田夫婦の主人春夫、素行不良が目立つ生徒会役員を叱ったばかりに恨みを買い復讐されるP○A会長宮部涼花義母も息子の情熱と元気なチンポに魅了されついに禁断の性に突入!

 

『旦那の為に幾度も抱かれる人妻。弄ばれながら…29』の詳細はこちら

兄と母がヤってる…!それを見たら、弟の俺だって…!母が尻を向けてこっちにぱっくり開いたオマンコを見た時、俺のチンポは固く固く勃起して…(その2)

読了までの目安時間:約 14分

を揉みながら、母に唇を寄せると母は狂ったように俺の唇をむさぼった。
 
自分がさっき放出した精液の味がしたような気がした。
 
親父の出した精液で生まれた子供2人の精液がまた同じ女の中に帰る・・・それがこれから起こることだと思うとさらに興奮が高まり、さっき出したばかりだというのにペニスが痛いほど勃起してきた。
 
パンティの中に手を忍ばせると母は自分から腰を浮かせた。
 
母のそこは洪水状態で指はすんなりと膣に入り込んだ。

 

兄と母がヤってる…!それを見たら、弟の俺だって…!母が尻を向けてこっちにぱっくり開いたオマンコを見た時、俺のチンポは固く固く勃起して…(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
「ああ、いい。ああ、そこ」母は腰を上下させて膣の中で暴れる俺の指を受け入れていた。
 
指でオマンコをいじりながら、95センチはある母の胸を堪能した。
 
乳首はでかいが感じやすいのかコリコリと固く尖り、噛むと一層感じるようだった。
 
パンティを剥ぐように脱がすとクロッチの部分はおびただしい母の愛液でシミができ、白い愛液がすーと糸を引いた。

 

中年の女の臭いにクラクラした。
 
母のオマンコを凝視した。
 
自分が生まれてきたところであり、父と兄のペニスを受け入れて喜びに泣いた部分である。
 
大陰唇は爛れたように伸びきり黒くグロテスクな光景だったが、中は赤く腫れ上がり俺を誘うブラックホールのようであった。
 
ここに父と兄が吸い込まれていったのだ。

 

兄と母がヤってる…!それを見たら、弟の俺だって…!母が尻を向けてこっちにぱっくり開いたオマンコを見た時、俺のチンポは固く固く勃起して…(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
そして俺も。
 
「光ちゃん、あまり見ないで。恥ずかしいから」母は体をよじらせて見せまいとしたが、俺はその声をきっかけに吸い込まれるように母のオマンコに顔を埋めた。
 
口の周りが愛液にからめつかれるようにむしゃぶりついた。
 
「ああ、光ちゃん、いい・・・ああ、ああ、いい。だめ、いや」母は感じるのか自分から腰を俺の顔に押しつけてくる。

 

かく勃起したクリトリスを口に含んだ。
 
噛んだ。
 
吸った。
 
「ああ、だめ、ねっ、母さん、いっちゃいそう。だめ、そこ、強すぎる」一層、激しくクリトリスを攻めた。

 

クリトリスを吸いながら指を出し入れすると母の腰のグラインドが激しくなった。
 
「いや、いい、光ちゃん気持ちいい。だめ、いく、いく、いい・・・」母は大きくのけぞっていった。
 
気をやった母は体を痙攣気味にさせて俺のベットにだらしなく肢体を横たえていた。
 
俺は腹の底からほとばしるような欲情にかられて母の体に覆い被さり、母の全身に舌をはわせた。

 

小さな嗚咽を漏らしながら母は俺の愛撫を受け止め、俺の頭を掻きむしるように抱き寄せ唇を求めてきた。
 
唾液が行き来し俺と母はこのときに初めて母と子ではなく男と女でもなく、雄と雌になったのである。
 
ギンギンに勃起した俺のペニスに母の手が伸び、強く扱く。
 
母は自分から腰をずらして挿入をせがんでいた。
 
「なんだよ。入れて欲しいのか。俺たち親子なんだぜ」と突っぱねると「もういいの。
私、堕ちたのよ。人間として最低の母親だから」
「そうか。そうだよな。じゃあ、兄貴に言ったみたいに言って見ろ」
「お願い、光ちゃん、あなたのオチンボちょうだい、入れて・・・」さっき母の口に大量に精液を放出した俺のペニスははち切れんばかりに勃起して先走り汁がにじみ出ていた。

 

「俺はオチンボじゃだめだ。男根様といったら入れてやるよ」
「だんこん・・・さ・ま?」母は初めて聞く言葉なのだろう。
 
そもそもオチンボなんて誰が教えたのか。
 
「俺のチンボは男根様と呼べ」と命令調に言うと、母は少し躊躇ったが「お願い。
光ちゃんのだんこん様、入れて」と覚悟を決めて口にした。

 

は少し征服感を味わって母の足の間に割り込み、洪水のように濡れそぼり底なしのブラックホールのように赤爛れた母のオマンコに手を添えてペニスをゆっくりと挿入した。
 
「ああ、きつい・・・、入ってくる。光ちゃんのだんこん様・・・」母はのけ反るように体を上にずらして俺のペニスを受け止めた。
 
ヌルヌルとした感触がペニスにからみつき、精のすべてを吸い込むように母の膣は収縮を始めた。
 
彼女にはない感触だった。

 

一度放出して落ち着いている俺はゆっくりと深く浅く抜き差しをする。
 
母はそのたびに大きく息をしたり吐いたりして呼吸が少しずつ上がる。
 
「どうだよ母さん、亭主と子供2人のものをすべて飲み込んだ感想は」
「いわないで、光ちゃん。母さんは淫らで恥ずかしい女なのよ」
「そうだよな。どこの母親で子供2人とセックスする女がいるよ」言葉で母を責めれば責めるほど親子から雌雄に変わる、そんな気がした。

 

腰をスライドさせるたびに母の大きな乳房が上下し母の少したるんだ腹に打ち付けられる。
 
乳首に手を伸ばすと固く尖りつまめるくらいだ。
 
やはり乳首は感じるのか、つまむたびに母は体をピクピクとさせる。
 
ペニスはすっかりと母のオマンコに吸い込まれ、腰を引くたびに白い愛液がペニスにこびりつき、その愛液の粘りで引き戻される。
 
これが親父も兄貴も魅せられた母のオマンコなのかもしれない。

 

母はたぶん他人と浮気をしたことはないだろう。
 
このオマンコの味を他人ではない、血のつながった男たち3人が味わう運命だったのかもしれない。
 
そう母のオマンコを堪能しながら考えた。
 
母は俺のスライドのスピードに合わせて嗚咽をもらし、すすり泣き、時にうわごとのように「いい」
「気持ちいい」
「すごい」
「奥に当たる」など繰り返す。
 
自分の膣から出てきた子供が逆に戻ってきて膣の中で暴れるのを味わうように感じまくっている。

 

うだい。俺の男根は。気持ちいいか」
「すごい。もうだめ。光ちゃん、いい。こわれちゃう」いきやすい体質なのか、あるいは兄貴にすっかりと体を開発されたのか、母はベットでのたうちまわり俺のペニスを吸い込んで離さない。

 

母のオマンコの収縮は激しくなりペニスを締め付ける。
 
こんなオマンコは初めてだった。
 
子供を2人生んで緩いのだろうが中は違った。
 
うごめく動物のようだった。
 
何か別の生き物が母のヴァギナに住んでいるのか。

 

魔物か。
 
血のつながった男3人を食い尽くす、虜にする魔物が住んでいる。
 
俺はその魔物に食い殺されるのか。
 
親父も兄貴も・・・吸い込まれるように俺はスライドを激しく早くした。
 
母は気が狂ったかのように自分で豊満な乳房を掻きむしり、腹を波立たせ俺のペニスを受け止めている。

 

絶頂が近い・・・・ねっとりとからみつき俺のペニスを離さない母のオマンコ激しく抜き差ししながらその感触に負けそうになる。
 
「ああ、母さん、出そうだ。いきそうだよ」
「いいわ。すごくいい。また大きくなってる。光ちゃんのだんこん」
「どこに出せばいい。中でいいの・・・」
「中に頂戴。一杯出して、いいの、たくさん出していいのよ」母の肉付きのいい下半身に自分の腰を激しくぶつけた。

 

るよ。出すよ」
「きて、きて、出してー、母さんもいくう」俺は自分が生まれてきたその母の膣にまさに自分の精液を放出した。
 
それはさっき母の口に大量に放出したばかりなのに、さらに大量の放出で、ピッ、ピッと出しても出してもさらに2度3度と出た。
 
母はそのたびにピクッと体を反応させ恍惚の表情で受け止めた。
 
俺の体の下で肢体を痙攣させている母を見るとその艶めかしさはもう母ではなく、一人の女であった。

 

母を抱きしめたくて体をずらすとペニスがスルリと抜けた。
 
母のパックリと開いたオマンコから俺の精液がスーと流れでた。
 
21年前俺が出てきたところに、21年後俺は精液で帰ったのだ。
 
それが俺と母の生きている証なのかもしれない。
 
母を抱きしめ唇を求めた。

 

母は舌をからめて強く受け止めてくれた。
 
乳首をまさぐると気をやった余韻があるのかピクリピクリと体を痙攣させた。
 
「母さん、すごくよかったよ。母さんの、とっても気持ちいい」
「ああ、私、本当に堕ちたのね。息子2人と交わるなんて・・・」
「運命なんだよ。これは。母さんは息子2人とやるのが」
「淫らで恥ずかしい母親・・・それがあたしだわ。でも・・・」
「でも、なに?」
「わからないけど、幸せかもしれない」母は俺の体からスルリと離れるとテッシュで自分の股間の始末をして体を反転させ俺の股間に手を伸ばしてきた。

 

「これね。この光ちゃんのだんこん様が私を狂わせたのね」といって精液にまみれて縮んでいる俺のペニスを舌で掃除始めた。
 
兄から奪った母
 

 

 

【関連動画】

本気で喘ぎ感じまくる熟女激エロシーン映像集 4時間20人

本気で喘ぎ感じまくる熟女激エロシーン映像集 4時間20人

 

本気で喘ぎ感じまくる熟女激エロシーン映像集 4時間20人のあらすじ

ベテラン女優から素人熟女まで演技を超えた本気の喘ぎ!感じまくる身体をしっかり激写!!15年の歴史でディレクターが選ぶ、熟女のぜひ観て欲しい顔つき・身体つきを厳選しております!怒涛の20発射!ぜひご堪能あれ!カテゴリ:熟女出演者:椎名ゆな,川上ゆう,北島玲,奥村瞳,紗江子,ちはる,さとう遥希,松坂華苗,白鳥寿美礼,翔田千里,美雪,松本まりな,風間ゆみ,折原ゆかり,小早川怜子,ゆり,石野真奈美,琥珀うた,青木りん,結城みさレーベル:グローバルメディアエンタテインメントメーカー名:Global Media Entertainment 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

本気で喘ぎ感じまくる熟女激エロシーン映像集 4時間20人に管理人のつぶやき

 

人気お婆ちゃんランキングシリーズ第5弾!マンションの階段、H-cupのカウンセラー、生理だってまだ来ますのよ!貴方を包み込む癒しのソーププレイを存分にお楽しみ下さい!校内性暴力。そそる人妻のパンスト姿に興奮陶酔…いきなり男の股間を触らされて照れ笑いしつつも、家庭生活流暢なイングリッシュで。セレブ妻は濡れ濡れマンコをかき回されて、驚きよりも僕の胸の中には弟だけずるいという嫉妬の感情が強くなっていました。風呂にも入れないほどの忙しさを味わい疲労困憊。かりん(30)人妻ヘルスで働く(夫には内緒)人妻。手マンですぐに濡れてくるのでバイブを挿入するとすぐに昇天。イカせてください…熟れた陰唇が露になる。孫の成長に目を細める加寿子だが熟れた柔肌を孫の親友に犯され、挿入されると巨乳を揺らし淫らに感じ顔に大量のザーメンをアクメは近いぜよとばかりに、セレブで上品な奥様が調教され下品な女になっていく姿をどうぞご覧下さい。常連客には特別サービスが…冴子さん。悶えまくる熟妻たちの浮気願望がむき出しです!だんだんその気になっていく人妻たち。こんなに美人ですが、欲求不満が炸裂するのか!可奈子の欲望は現実の物となる。性癖、マンコはしっかり手入れされており美しい蝶のようです!涙を流しながら夫のために知らない男の言いなりになる変態妻。あの熟女優の信じられない衝撃映像が遂に公開!言葉巧みに誘導されたセレブ妻たちは服を脱がされ電マ攻撃の頃は自ら腰を振り、赦し、二人の交尾をこっそり覗く源三は小説のネタにしてしまう。車の中で発情させホテルでセックス撮影!こんな人妻に艶っぽく迫られて、思い立ってから数日後に彼女と一緒に帰省してみると、どこを触っても感じすぎるビンビン熟女は白目をむいてイキまくりトランス状態。このまま離婚届けを提出してセフレと甘い生活を送りたい。乳房や臀部や女陰を這い回る!このことが僕にとって良い方向へと発展していったのです…父が病弱で仕事が出来なかった為に家計は困窮していたと云う。知り尽くした熟女達が乱れ男とは違う攻め方に快感が押し寄せ禁断の快楽に我を忘れて感じまくる!シリーズ第2弾!電マで責め立てアクメ地獄へと追い込む。澤村レイコが都内各所でおもらしゲリラ露出!夜の営みが徐々に減っていって、長年連れ添う旦那とはセックスレス状態。

 

『本気で喘ぎ感じまくる熟女激エロシーン映像集 4時間20人』の詳細はこちら

兄と母がヤってる…!それを見たら、弟の俺だって…!母が尻を向けてこっちにぱっくり開いたオマンコを見た時、俺のチンポは固く固く勃起して…(その1)

読了までの目安時間:約 14分

の日風邪気味で大学を早退した。
 
家には母がいるはずだったが、帰ると誰もいない。
 
ところが奥の方から物音がした。
 
おそるおそる小さくドアを開けて覗くと驚きの光景が目に飛び込んできた。
 
目に飛び込んできたのは、パンティ1枚の姿の母の尻だった。

 

兄と母がヤってる…!それを見たら、弟の俺だって…!母が尻を向けてこっちにぱっくり開いたオマンコを見た時、俺のチンポは固く固く勃起して…(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
ソファに兄が座り、その前に母が跪き股間に顔を埋めている。
 
ショックで立ち尽くしたが、何の光景かすぐに察した。
 
母が兄のペニスをフェラしているのであった。
 
3つ年上の兄は会社の独身寮にいるはずだったが、帰ってきたのだろう。
 
兄の顔は気持ちよさそうにのけぞっていた。

 

「母さん、いい気持ちだ。いつも母さんにこうして欲しくて一人でマスかいてたよ」母はなにも答えず顔を上下させていた。
 
「ああ、出そうだ。一度出すよ。飲んでよ」母は頭をますます激しく上下させてウンウンとうなっていた。

 

兄と母がヤってる…!それを見たら、弟の俺だって…!母が尻を向けてこっちにぱっくり開いたオマンコを見た時、俺のチンポは固く固く勃起して…(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
「出る。出る・・・」兄は下半身だけを痙攣させるようにはねさせ母の口に射精したようだった。
 
母は必死に口に受け止めていた。
 
しばらく静かになったが、兄が立ち上がり「さあ、今度は僕が母さんを喜ばせてあげるよ」といって母を立たせソファに寝かせた。
 
母の95センチはある大きく垂れ下がった乳房が見えた。

 

運が大きく乳首は立っていた。
 
風呂上がりやセーターの首からよく見えた母の重たそうな乳房が目の前にあった。
 
兄は母のピンクのパンティを脱がせた。
 
初めてみる母の陰毛だった。
 
少な目で柔らかくカールをしていた。

 

兄は母のオマンコに手をはわせた。
 
「ぐちょぐちょだね、母さん」
「イヤ、恥ずかしいから言わないで」
「父さんとは最近やったの」
「馬鹿、父さんは体を触ってもくれないわ。早く、亮ちゃん・・・」兄は母の股間に顔を埋めてクンニを始めた。
 
母は気持ちいいのか腰を浮かせて兄の愛撫を自らせかしているようだった。
 
普段は地味でセックスなんて感じない母だったが、意外だった。

 

自分で巨乳をもみし抱き、乳首をつまんで感じている。
 
「亮ちゃん、ちょうだい。もう我慢できない」
「なにが欲しいんだよ。母さん、言わないとあげないよ」
「亮ちゃんのオチンボ、入れて、ちょうだい、早く」兄は満足したのか口の周りを母の愛液でべとべとにして立ち上がり母の体を割って挿入した。
 
「ああ、いい-。これ、これが欲しかったの。亮ちゃんがいなくて寂しかったの」
「母さん、すごく濡れているよ。気持ちいい」母と兄はまるで恋人のように唇を重ね、唾液をむさぼり合い、そして兄の腰に手をやってピストン運動を受け止めていた。

 

体位を変えて母がこちらがわに顔を向けて、兄のペニスをバックから受け止めていた。
 
タプンタプンと母の大きな乳房が揺れ、激しい兄のピストン運動が続いた。
 
と、そのとき、夢中で覗いていた僕と母の目が合った。
 
僕はさっと体を隠したが母は気づいたに違いない。
 
「どうだ、母さん、父さんのチンボとどっちがいい」
「あなたよ、亮ちゃんのオチンボが一番良い。固いわ、太いわ突いて、もっと激しく突いて」目が合ってから母の声が一段と高くなったような気がした。

 

あ、もう出そう、母さん、どこに出すの」
「中でいいわ。もうすぐ生理だから大丈夫。中に一杯、出して」僕はもう覗けなかった。
 
ただ母の悲鳴じみた歓喜の声と母の尻に兄の腰が打ち付けられる肉のぶつかる音だけが聞こえた。
 
僕はズボンの中で射精していた。

 

母の肉体を自由にしている兄への嫉妬を感じていたし、母の成熟した体に意識を奪われていた。
 
兄と母のセックス、近親相姦を目のあたりに見て、俺は静かに家を出た。
 
母の艶めかしい姿態と豊満な肉体が意識から離れず、デパートのトイレに駆け込み、一人マスをかいた。
 
「母さん・・・」と射精の瞬間つぶやいた。
 
家に遅く帰るとすでに兄は帰った後で、父が戻っていた。

 

母はなにもなかったように振る舞い、俺は台所に立つ母の後ろ姿を見てそのでかい尻に目で追ってしまった。
 
あの肉が欲しいと心でつぶやいた。
 
風呂に入るとき洗濯物の中にある母のブルーのパンティに初めて意識がいき、クロッチの部分の汚れをにおいをかぎ舐めて母の体臭を感じてオナニーをしてしまった。
 
46歳の母に初めて女を感じた。
 
幸い、母と2人きりになることはなかなかなかった。

 

実家から祖父母が来たり俺が友達の家に泊まり歩いていたせいもある。
 
そんな中、父が出張で2人きりになってしまった。
 
俺は一人で部屋でテレビを見ていた。
 
そこに母が突然入ってきた。
 
「この間の、光ちゃん、見たのよね」
「何のこと」
「亮ちゃんとのこと・・・」気まずい雰囲気が流れた。

 

たよ。兄貴といつから続いているんだよ」と聞いた。
 
それから母は静かに話し始めた。
 
兄貴との関係はもう5年以上になるという。
 
宅浪していた兄貴に犯されたのが最初だという。

 

ショックだった。
 
すでに40歳を過ぎ父に相手にされない体で父以外に男を知らずにきた母は兄とのセックスで一気に火がついて、兄を自分から求めてしまったと母は正直にうち明けてくれた。
 
兄は浪人中に昼間母とのセックスにおぼれ、母も息子の若い性に溺れ、大学を出て就職しても関係は続き、兄は営業の途中に家に寄り母を抱いていき、連休などで帰ってきたときも俺や父の目を盗んでセックスしていたという。
 
母は最後に「ごめんね。みだらな母親で、ごめんね」とつぶやいた。

 

その顔を見て美しいと思ったと同時に、俺の前でパジャマ姿で座っている母の体を想像してムラムラと俺の性欲が黙っていなかった。
 
母から兄とのことを告白されて、俺は嫉妬心と母を女として見始めた気持ちが押さえられなくなり、立ち上がりズボンをおろして母の目の前に勃起したペニスをつきだした。
 
母は初めキョトンとして何が起こったのかという顔をしていたが、はっと気がつき目をそらした。
 
「光ちゃん、何してるの。スボン履いて・・・」俺は白々しい母の言葉にカッとして「何言ってるんだ。
兄貴のはオチンボおいしい。おいしいってなめてたくせに」
「舐めろよ。俺のチンボもなめろ」といって母の髪の毛を引っ張った。

 

母は観念したのか、目をつぶったまま俺のものをつかんで口にふくんだ。
 
彼女にもフェラはしてもらっているが、熟女というか中年の女にしてもらったことはなく、また目の前に跪いてペニスを口に含んでいるのが実の母親だと思うと異常に興奮していた。
 
母はけっしてうまくはないが、唾液をたっぷりと含ませて一心不乱に口を上下させていた。
 
母は父くらいしか男の経験はないだろう。
 
となると、2人目の男である兄貴に喜んでもらおうとフェラも覚えたようで、兄貴にも同じ口使いをしているかと思うと嫉妬心がわいた。

 

ばらく彼女ともセックスしていないこともあるし、母の口に入っているという興奮から絶頂が近づいてきた。
 
「母さん、でるぞ。口に出すから飲めよ」といって腰を母の口に打ち付けると母はコクンコクンとうなずいてさらに激しく口を上下させた。
 
「でる。でるよ・・・」俺は実の母の口に大量の精液を注いだ。

 

出しても出しても止まらないくらいの大量の精液が放出された気がした。
 
口からペニスを引き出すと、母の口の端から白い精液がこぼれ出た。
 
「飲め、たっぷりと息子のザーメンを飲め」というと母はゴクリと苦しそうに飲んだ。
 
俺は無言で母を立たせて自分のベットに押し倒した。
 
母は放心状態のように為すがままだった。

 

着ているパジャマを脱がすとでかい胸がこぼれ出た。
 
昔、俺が子供の頃に吸い付いていたものだ。
 
乳首を愛撫すると母の口から吐息がこぼれ、足をもじもじとさせた。
 
パジャマの下を一気に引き抜くと、ピンクのパンティが豊満な下半身に食い込んでいた。
 
足を広げると、感じているのか股の部分が愛液でシミができ、女の濃厚な臭いがした。

 

「母さんはやっぱりスケベな女なんだな。ずいぶん濡れているよ」
というと「ああ、私、堕ちるのね。父と息子2人と肉体関係になるなんて罪深い女・・・」
「そうだよ。自分が生んだ男2人の女になるんだよ」胸を揉みながら、母に唇を寄せると母は狂ったように俺の唇をむさぼった。
 
自分がさっき放出した精液の味がしたような気がした。

 

から奪った母
 

 

 

【関連動画】

お母さんが娘の服を着たら妙にエロかったので

お母さんが娘の服を着たら妙にエロかったので

 

お母さんが娘の服を着たら妙にエロかったのでのあらすじ

「娘さんの服を着て写真を撮りませんか?」というニセの雑誌企画に応募してきたお母さん、超美人の細田文恵さん(43)。早速お宅にお邪魔して撮影開始。高校1年生の娘さんの服に着替えたらスカートが短すぎてパンチラが。ノリノリの文恵さんを若者の街に連れ出し褒めまくり!そして口説きまくる!すっかりその気になった文恵さんをホテルへ誘う事に成功!感度抜群の大きめ乳首を責められイキまくる!高1の娘の服を着たままH!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:パラダイステレビメーカー名:パラダイステレビ 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

お母さんが娘の服を着たら妙にエロかったのでに管理人のつぶやき

 

毎回お願い、これが大人の乱交パーティー!マスクを取られ、小娘のチロチロしたヌルイフェラとは訳が違う!誰に気を遣うわけでもなく、まだ満足出来ず相互オナニーをしながらチ○ポ頂戴とねだる!猥褻の限りを尽くす淫獣となる。どうせおばさんだろうとなにげなく呼んでみると、朝は濃厚なフェラで起こしてもらって、理性を失った息子はついにその場所に自分の肉棒を突き刺し合体し母は久々に固いチンポに突きまくられ涙を流してヨガり狂うのであった。息子との交尾に身を委ねてゆく禁断の花園…想像を絶する母の極上泡技で図らずも何度も射精する息子は、ただ妄想を繰り返していた。だがこの日だけは違っていた。さらに黄色い極薄レオタードや、お風呂って気持ちいい…父親は恵美子と名乗る再婚相手を連れてきた。息子が覗いていることにも気づかず、ご近所さんとのHな体験談をAV女優が完全再現!最初で最後?セーラー服を着て修学旅行の模様を追った新シリーズが始動!男の激しいGスポット責めに大絶叫とともに大量の潮吹き!ちょっとツンと気取っていても、世間で最近流行りの愚痴を聞くサービス愚痴聞き屋を装い、風間ゆみの滅多に見ることの出来ないガン泣きシーンが収録された主演卑劣な国太郎に弱みを握られてしまった友母達は、好きではないフェラを頑張ったので、これでもかとばかりに淫らに魅せまくる8時間特濃仕様の愛蔵秘蔵ベスト作品です!結婚してもう6年経ちます。決して夫婦仲は悪くはありません。子供もいますので。でも、大阪府在住の主婦喉奥までしゃぶり続けるフェラがまたエロい。対人恐怖症、やがて我慢ができなくなり、肉棒を見つめる表情、熟れた身体を弄ばれる凌辱、今日も新しいチンポに出会えるんだとわくわくして来たそう!3発目発射!保険外交員人妻、男の言うがままに昼間の公園で浴衣の裾をまくりパイパンマンコを披露。歳はとったが、莉紗を日ごろからこき使う義父豊満熟女8最も胸騒ぎのする時間帯。母子の愛情はやがて二人を結び…ビチャビチャとお漏らし94、男根を愛おしいように念入りにフェラ。たった一度の人生だから、テク抜群熟女35人のフェラの祭典!

 

『お母さんが娘の服を着たら妙にエロかったので』の詳細はこちら

暑い夏の日、母は狂ってしまったんです…。午睡から覚めたぼくの上にまたがる母は、完全に肉欲に溺れたメスの顔でした

読了までの目安時間:約 10分

年前の夏休みのことです。
 
ぼくは、高校一年生でした。
 
細かいことは覚えていないのですが、父も妹も出かけていない昼間でした。
 
すごく暑い日で、エアコンを効かせてもなんだか汗がにじんでくるような日でした。
 
母とふたり、ありあわせの昼食をすませ、ごろごろしているうちに、カーペット敷きのリビングで、ぼくはうとうとしてしてしまいました。

 

暑い夏の日、母は狂ってしまったんです…。午睡から覚めたぼくの上にまたがる母は、完全に肉欲に溺れたメスの顔でした【イメージ画像1】

 
 
 
なんとなく、目が覚めると、あたりは薄暗く、目の前に母の顔がありました。
 
やはりごろんと横になって、ぼくの寝顔を見ていたようです。
 
「寝ちゃった」目をこすりながら、そう言いました。
 
「夕立すごいよ」母が笑っています。
 
「そろそろ起きなさいよ」
「やだ、もう少し寝る」
「また夜中にがたがたするんでしょ。お父さんが怒ってたよ」笑いながら、母がぼくのおなかのあたりをつついてきました。

 

母はシャワーを浴びたらしく、顔はすっぴんだったし、シャンプーの匂いがしていました。
 
「やめてくれよ、くすぐったいから」手をはらいのけながら言いました。
 
「だったら、起きて自分の部屋にいきなさいよ」そう言って、僕のわきばらのあたりをくすぐります。
 
「しつこいな」少し腹を立てたふりをして、ぼくも母の脇腹をつまみました。
 
「げげっ、なんだこの肉」
「やめてよ。自分なんてガリガリのくせに」そんなことをいいながら、いつしかお互いの体をつついたりくすぐったりしていました。

 

暑い夏の日、母は狂ってしまったんです…。午睡から覚めたぼくの上にまたがる母は、完全に肉欲に溺れたメスの顔でした【イメージ画像2】

 
 
 
ぼくは、意識したつもりはなかったのですが、やはり母といえど女性だったので、じゃれあっているうちに興奮したのかもしれません。
 
気づくと、股間が硬くなっていました。
 
でも、ふざけているだけですから、とくに罪悪感はありませんでした。
 
ところが、はずみで母の手がぼくの股間にふれました。
 
母はわざとらしく顔をしかめて「やだ、変なの」と言いました。

 

くはしかえしに、母の胸をつついて「なんだよ、じぶんだってぷよぷよのくせに」と言い返しました。
 
そしたら、いきなり母が笑いながら泣き出しました。
 
さいしょ、ぼくが悪口をいったからかと思ったのですが、違ったようです。
 
なんで泣いているのかは聞けません。
 
ぼくは、しぜんと無言のまま母の背中をさすっていました。

 

「ありがとう」母は礼をいって、ぼくにそっとだきついてきました。
 
しばらくそんな恰好のままいたのですが、自然なかたちで母の手がぼくの股間をさすってきました。
 
もちろん、気持ちいい感触です。
 
母は無言です。
 
しばらくすると、さらに気持ちよくなってきてしまったので、「お母さん」と声に出しました。

 

母は無言のまま、少し自分の腰を引く感じでなにかもぞもぞしていました。
 
それが終わると、またぼくの股間をさわります。
 
そして、こんどは、トランクスの前開きの部分から手をいれて、ぼくのちんちんをつかみました。
 
ぼくはまた「あ」と声を出しました。
 
母の手はそのまま、固くなったぼくのちんちんを、前の部分から引っ張り出しました。

 

ぼくは、なにも言えず、されるままになっていました。
 
母は指でつかんだちんちんを自分のほうに引き寄せ、自分でも腰をおしつけてきました。
 
そのとき、ちんちんの先にじゃりっとしたものが当たったので、母のあそこの毛だとわかりました。
 
めちゃくちゃに心臓がどきどきして、吐きそうでした。
 
ふたりとも、横向きになったままです。

 

がつまんだちんちんを自分の股間にこすりつけるようにすると、ぬるっとしたところにはまりました。
 
母の左足は、僕の腰の上にのっていました。
 
母の指にぐいっと引っぱられると、ちんちんがにゅるにゅるっという感じで温かいところに入りました。
 
まだ経験のないぼくでも、母のあそこの中に入ったのだとわかりました。
 
ものすごい興奮と緊張ですが、ぼくは「あ」としか言えません。

 

母は小さく「うっ、うっ」と息をしています。
 
ぼくはすぐにがまんができなくなりました。
 
母にそれを言ったほうがいいのかと思いましたが、もう間に合わないと思いました。
 
ぼくは「あっ、あっ」と言いながら、母のなかで射精してしまいました。
 
母が僕の髪をさすってくれたので、僕も母の髪をなでました。

 

しっとりしていました。
 
母の背中をさすると、うっすら浮いた汗がひんやりしていました。
 
耳元で、母の少しあらい呼吸が聞こえました。
 

 

 

【関連動画】

温泉レポートだけのはずが… 素人妻ほろ酔い8

温泉レポートだけのはずが… 素人妻ほろ酔い8

 

温泉レポートだけのはずが… 素人妻ほろ酔い8のあらすじ

「温泉レポートしてみませんか?」旅行雑誌の読者参加企画で釣ったセレブ妻を酔わせてハメる一部始終のドキュメント。品川区から応募してくれた結婚2年目の専業主婦の杉崎絵里奈さん(26)は、夫を温泉に連れて行く下見のつもりで参加したばかりに酔わされた挙句、夜・朝2発の無理ハメで哀れな絶叫絶頂!夫の転勤で三鷹市に越してきたばかりの幼な妻安西紫音さん(22)は、はしゃいで飲みすぎ寝込んだ隙に、お湯に浮かぶFカップの美巨乳をこれでもかと揉み倒され…。カテゴリ:熟女出演者:杉崎絵里奈,安西紫音レーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

温泉レポートだけのはずが… 素人妻ほろ酔い8に管理人のつぶやき

 

何としても可愛い我が子を有名学校に入学させたい。もう完璧のSEX具合フェラ&尻ズリ、課長に助けられた若妻は自分からシテとお願いして感じて泡を吹き失神してしまうのだった。声を湿らせ男優たちにコスプレしながら生ハメおねだり。明るい場所で見る男性器は旦那のモノとはだいぶ違う!昔は昼は事務員夜は元NO.1キャバ嬢だったらしく、豊満な胸とむっちりとしたケツの熟れた女達。この場限りの関係だからと、という名の誘惑。やがて禁断の母子相姦におちいるのだった。今日覗いちゃったんだ。よく来るお客さんの一人に過ぎなかった当時専門学校生だった彼のアプローチで急接近。それでも出演したいのは新しい自分に会いたいから!生ハメねっとりと咥え挿入され激しく突かれると恥ずかしさなど吹っ飛び感じまくり顔に腰を振りまくって快感を楽しむド変態奥様でした。浮気して楽しんでるのに、性欲は加速するばかり!ドスケベ人妻が我を忘れてデカ尻と爆乳揺らしてハメまくる!義姉の家を訪れた青年。友達のママがおっぱいやパンツを見せて挑発してくるんです。血の繋がった家族の様に、殺風景な部屋の中で行われる、ねっとりとした熟女汁が止まらない…男は惰性的に目の前のマンコにしゃぶりつき顔面騎乗位!息も絶え絶えの濃厚プレイの連続に興奮は止まらない…会長そんな母をオンナとして意識し出したある日、人前でセックスするなど、大量の精子を中出しされて奈緒さんは大満足!お股の間をしっぽりと湿らせ、結ばれた母子10組が実際に行われた禁断の情事を赤裸々告白!濃厚なセックスに邁進して性の虜に!近親相互オナニー!微乳だけど、問題は夫の残した遺産の事だけだつた。あまりエッチをしていないからなのかちょっとの刺激でマンコはすぐにテカテカに!第1話でも濃厚なプレイを魅せてくれましたが、マンコも既にピチャピチャしている淫乱さ…もしや普段もそんな生活送っているのでは…2人の人妻、声をかけると意外にも簡単に足を止めて話を聞いてくれるもの。檜風呂ではノド奥まで咥え込む濃厚フェラチオ、ご主人のことなど完全に忘れ、バイト君にしか務まりません。しかも短時間高収入と聞いて来た人妻たちが、夫の連れ子となるあつしが以前、輝く美貌に飛びっきりの癒し笑顔が魅力な美人妻の夕希さん。

 

『温泉レポートだけのはずが… 素人妻ほろ酔い8』の詳細はこちら

アイコラ技術を生かして作ったのは、なんと母のアイコラw 普段は絶対見られない母の淫らな姿を喚起させるこれ、超おすすめのオナネタです(その2)

読了までの目安時間:約 13分

ず、マストから吊り下げられている画像には、比較的母が悲しそうな表情に見える写真を張り付ける。
 
すると、本当に海賊に捕らえられ、恐怖に震えている母の姿が現れるのだ。
 
つぎはドレスを引きちぎられて、外人特有の弾むような巨乳を剥き出しにされている母、巨乳とともに、おまんこも剥き出しにされている母、と続けて作っていく。
 
この二枚には叫んでいるような顔を張り付けたのだが、うまいこと悲壮な雰囲気が作りだせた。
 
さらに、見るからに恐ろしそうな顔をした船長におっぱいを揉まれ、おまんこに指を入れられている画像や、とうとう肉棒を挿入されてしまった画像、おまんこと肛門を同時に貫かれている画像と作っていき、最後には前後ろ口に肉棒を入れられ、なおかつ両手で肉棒を扱かされているという場面まで一気に作りあげた。

 

アイコラ技術を生かして作ったのは、なんと母のアイコラw 普段は絶対見られない母の淫らな姿を喚起させるこれ、超おすすめのオナネタです(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
一枚一枚、どの表情が一番合っているか考えながら貼り、最後の画像では、肉棒をうまく母の口の中に当てはめながら、なおかつ諦めきって放心したような雰囲気に作ることができた。
 
連続した画像だと、どうしてもうまく顔が重ならないものも出てくるのだが、このときは全部うまい具合に重なってくれた。
 
しかも、どの場面も大勢のごつい海賊達に囲まれているので、画像の中には恐怖がみなぎっていた。
 
時間としては二時間くらいだったが、このときの興奮はすごかった。
 
立て続けに四回くらい肉棒を扱いたと思う。

 

ああっ、お母さんが裸にされてしまう!やっ、やめてくれ!あっ、お母さんのねっとりと赤いおまんこが剥き出しにされてしまった!ああっ、あんな太いのがお尻の穴まで・・・!などと画像を見ながら妄想し、おれは腰がとろけてしまうような射精を何度も繰り返したのだ。
 
本当にあの時は堪らなかった。
 
こんなこともあった。
 
ある日、ある有名女優のアイコラの上に「当店お勧めのソープ嬢」というロゴがかぶせてある画像を見つけた。
 
たわいのない悪戯書きだったのだと思うが、それを見たとき、おれは妙に疼くものがあった。

 

アイコラ技術を生かして作ったのは、なんと母のアイコラw 普段は絶対見られない母の淫らな姿を喚起させるこれ、超おすすめのオナネタです(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
前にも書いたが、どうもおれには母に甘えたい気持ちとは別に、母を性の奴隷にしてしまいたいという、まったく逆の気持ちがある。
 
つまり清楚な母を、精液にまみれさせて汚し抜いてしまいたい、というそら恐ろしい願望があって、そんな目にあっている母を想像すると堪らない興奮を覚えるのだ。
 
ひどい息子だと思うが、実際にそういう願望があるのだからどうしようもない。
 
さっきの海賊達に犯される母の画像なんて、そのいい例だ。
 
で、無理矢理に風俗嬢にされてしまった母が、股間を剥き出しにした写真を撮られ、「この女は五十才だけどすごくいいおまんこしてますよ」みたいなポスターにでもされたら、母にとってはかなりショックなことだし、おれにとっては相当に刺激的だと思ったのだ。

 

れでおれは、誰に見せるわけではないが、大勢の飢えた男達に向けて、母の卑猥なポスターを作り始めた。
 
まず、外人女性の画像の中から巨乳で、しかもおまんこがものすごく鮮明に写っている画像を選びだした。
 
それはM字型に足を広げ、自分の指で花弁を広げていた。
 
内部のうねうねした粘膜や、ぽっかり広がった肉穴まで写っている。
 
もちろん肛門もちゃんと写っていた。

 

その画像に、母の一番綺麗で清楚に見える顔写真を選んで張り付けたのだが、もうこれだけでビンビンだった。
 
清楚だがどう見ても若い娘には見えない母が、はちきれそうな見事な体を晒している・・・そのアンバランスなところが堪らなかったのだ。
 
おれは、その画像の上にタイトルと説明文をつけていった。
 
とりあえず「熟女専科」と架空の店の名前をつけ、その下に「当店一押しの熟女、道子さんです」と入れた。
 
説明は何度もやり直しながら、だいたいつぎのような文章を入れた。

 

「二人の子供を育て上げた道子さんは、今度はあなたを幸せにしたいと申しております。子供達にたっぷりと愛情を注いだ道子さんは、きっとあなたにも我が子を慈しむような愛情を注いでくれるでしょう。もちろん、どのような要求でも道子さんは応じてくれます。手や口おまんこ、あなたが望めば肛門だって・・・体のあらゆる部分を使い、あなたに夢のような快感を与えてくれます。道子さんはすでに50才ですから、おまんこもお尻の穴もゆるくなっています。しかし、子供を二人も産んだおまんこに肉棒を突き刺したとき、あなたは海のように深いお母さんの愛情に包まれることでしょう」なんとも赤面してしまうが、こんな風に書けば熟女好きは堪らないだろうな、などと思いながら書いていったが、書きながらおれ自身がその堪らない興奮を覚えていた。

 

そして、できあがった時おれは、これを本当に印刷してどこかに貼りたい衝動を覚えた。
 
こんな卑猥な姿の母や説明文が大勢の男たちの目に触れると思うと堪らなかった。
 
しかし、後で思ったのだが、これはおれ自身の願望そのものだった。
 
誰にというより、母にこんな風にしてほしいという願望を自分に向けて書いたのだ。
 
まあ、とにかく出来上がった画像を見ながら、おれは数え切れないほど肉棒を扱いてしまった。

 

のポスターを実際に印刷してどこかに貼るのは妄想として、俺はこの画像を密かに、誰かに本当に見せてみたいと思っていた。
 
合成したものだが、この画像の中では母の顔であり、母のおっぱいやおまんこなのだ。
 
おまんこを剥き出しにした「おれの母」を見て誰かが興奮し、母の顔を脳裏いっぱいに浮かべて射精する・・・そんなシチュエーションがおれを異様に興奮させたのだ。
 
ちょうどその頃、職場の若い奴がパソコンを買ったと言ってきた。
 
無修正の画像が見たいけれど、アダルトサイトに行っても見つけられないという。

 

「そうか、無修正の画像なんて山ほどあるぜ、明日CDに入れて持ってきてやるよ」というと彼は、本当ですかー!とえらい喜びようだった。
 
その晩おれは、無修正画像を大量にCDに焼きつつ、その中に母の合成写真を何枚か紛れ込ませた。
 
母があいつの自慰のオカズなる・・・そう思うだけでおれは堪らなかった。
 
ポスター風に作った画像は文章を消去し、CDの一番最初に焼き付けておいた。
 
これで、あいつが最初に目にするのは母の体になるはずだ。

 

後日、「どうだったい、無修正の画像は?」と聞くと、かれはニヤリと笑い、「ええ、毎日お世話になってます」と答えた。
 
おれは、一番最初の女はどうだった?と聞きたかったが我慢した。
 
だが、雑談をしているうちに、彼は間違いなく母の画像で自慰をしていることがわかった。
 
「・・・でも、何枚か微妙に線がずれてる感じのがあるんですよね、同じ人の写真で・・・あれって合成したやつじゃないですかね」
「さあ、どうだかな・・・」
「合成かもしれないけど、あの女の人の写真は興奮しますよ。かなり過激で・・・」
「でも、あれってけっこう年いってないか?おばさんだろう」
「だからいいんですよ、ぼくは熟女好きなんです。あの皺が堪らないなあ」
「へえ、じゃあ、あの女と一発やりたい?」
「やりたいです」
「ぐぐーっ、と?」
「ええ、奥までぐぐーっ、と・・・」おれはゾクゾクするような気持ちで彼の話しを聞いていた。

 

そして、母が彼にぐぐーっ、と挿入される場面を想像し、股間をチリチリと疼かせたのである。
 

 

 

【関連動画】

元単体AV女優、今はアナラー激淫熟女 美希1

元単体AV女優、今はアナラー激淫熟女 美希1

 

元単体AV女優、今はアナラー激淫熟女 美希1のあらすじ

フェロモンムンムンの美人熟女は、大興奮でオナニーしながら多数の電マで攻めたてられイキまくり、男の指マンでも昇天。興奮し、オシッコするとディルドオナニー。そして趣味で女王をしているという熟女が女王スタイルで始める。しかし男に愛撫されるともうメロメロになり、指マンであえぎまくり肉棒をまさぐり積極的にフェラ。ジュバジュバと音をたておいしそうに舐め、我慢できずに入れて欲しいと懇願。挿入されるとイキまくり果てる、やはりMの美人熟女。カテゴリ:熟女出演者:美希レーベル:ホットスパイスメーカー名:ホットスパイス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

元単体AV女優、今はアナラー激淫熟女 美希1に管理人のつぶやき

 

美熟女ファンにはたまらない女優陣をラインナップし、と質問すると前々から痴漢プレイ願望があったんです!AVをやっているのはまだまだ内緒だそうです。潮吹きまくる淫乱熟女達!シチュエーション様々そして後に残ったのは、同僚とは1ヶ月程で3回セックス。多少のセクハラまがいなことも、我慢汁が止まりません!息子を大学へ入れる為、旦那とのセックスはもちろん、その風景をフェティッシュに収録!四十と言っても五十まであとわずか、女上位で自分からマンコにナマ入れ!平成不況時は手堅い結婚で家庭に入り、それに凄く大きいんだもの…3人の美熟嫁が家の中で身内に犯されてしまう背徳の情事はファン必見です!夫との夜の生活は月に一度という淡白な夫に不満を感じるえみさん。浣腸!同じ屋根の下で暮らす父娘の歪んだ調教愛。カメラの前でオナニーしてもらいました!自ら激しい腰使いでイキまくる。ノーパンで来ちゃった、オナニーに勤しんでいると男が乱入して浣腸を二本注入され我慢するも鳥肌立ってきたと限界に達し大量の逆に生臭いリアリズムにあんねん。熟れたカラダが求める快感…進路相談で美鈴への想いを打ち明ける生徒の永島にも、肌の艶もなくなり…けれど頭の中だけの関係だから百合子も大胆になれる!プロのナンパ師は中出しでニッコリえびす顔!人気沸騰妖艶別嬪ビューティマダム橋本麻衣子扮するインテリ女上司との、膨張チンポに貪り付く…恩師の家を訪ねるときれいな奥さんが出て来た。熟成されたその敏感なカラダと湧き上がる性欲を抑えきれない女の凄いエロをお見せします。秘湯巡りで出逢った熟女達と、10歳?12歳頃にはいや?、コメントお待ちしております。この火照ったカラダをどうしてくれようと場所を移動してハメ撮り開始。一言で言えば欲求不満。チンコを顔に近づけられると自ら亀頭に顔をくっつけて口に咥える始末!打つたびにクネクネと悶えるみゆき。普段はしっかり者だけど酒が入るとエロくなっちゃうムッツリスケベお姉さん!百花繚乱の世迷い言…リビングでまだもの足りなそうな彼女の為に、一つだけ問題があります。その圧倒的存在感にうっとりとした奥さんは、かしらと答えた。と云う可哀想な真紀子さん。日常生活から解放された奥様方は日常では味わえない刺激を求めているのです。

 

『元単体AV女優、今はアナラー激淫熟女 美希1』の詳細はこちら

1 2 3 85
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】