告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

女とまったく縁が無かった俺を不憫に思ったらしい母親→実母マンコでザーメンぶっこ抜いてくれたんだがw

読了までの目安時間:約 8分

が母とSEXに至る過程は少々凝ったものだったように思う。
それは、小学校高学年、たしか5年生の時に精通を迎えてから1年位掛かって達成できたからだ。
 

 

(イメージイラスト1)

 

この塾での精通も、退屈な授業で眠くなり、母のことを考えちんちんが大きくなってきたのを感じ、気持ち良いので椅子を前後にゆらゆらし、ちんちんを机の引き出しに押し付ける格好になって体験したものだ。
ちんちんがじーんとする感覚と共に、どくんどくんと脈打つちんちんに、快感というより驚いてしまい、眠気が吹き飛んだのを覚えています。
 

 

当時信頼していた女性の担任に相談したところ、かなり戸惑ったようでしたが、僕のズボンとパンツを膝まで下ろしてくれ、白くてひんやりした手でちんちんをそっと握り、先端をくんくん嗅いで確かめてくれました。
先生は「浜田君が大人になって子供を作る準備ができた証拠よ」と微笑んでくれました。
 

 

(イメージイラスト2)

 

心したらまた大きくなってきた。こうやって上下にこすると気持ち良いでしょ」先生はそう言うと、僕の体に自分の体をぴったりくっつけ、頬にキスしてくれました。
 

 

その途端、塾と同じ感覚に襲われ、ちんちんの先から少し白く濁った液体が噴出しました。
「すごーい。浜田君みんなより大人なんだね」と褒めてくれながら先生は優しくちんちんを拭いてくれました。
 

 

その後、先生とセックスについて色々教えてもらい、最後にそのセックスを誰としたいかについて聞かれました。
先生はクラスの女子の名前が出てくると思ったのでしょうが、僕は母としたいことを打ち明けました。
 

 

う。でもね、浜田君、家族でそういうことはしない方がいいの」
「どうして?」
「だって、お母さんとは結婚できないでしょ」そんなたわいもない会話をしました。
 

 

でも先生は結局、僕と母がセックスできるように応援してくれることになりました。
今思うと先生もちょぴりエッチなストーリーに興奮したのかもしれません。
 

 

僕はその日から先生に教えてもらったように、母に自分が大人になったことを分かってもらうようにしました。
毎朝起こしに来てくれる母に必ず勃起させたちんちんをさりげなく見せること、オナニーした際の射精は自分のパンツか母のパンティやブラにすること、母の後ろなどを勃起してテントを張ったパンツを突き出しながら通るなど色々やりました。
 

 

は特に嫌な顔はせず、クスッと笑ってくれたり、朝そっと起こす前におちんちんをさすってパンツに戻してくれたりしてくれました。
ほどなくして洗濯機の前で僕のパンツの匂いを嗅いでいる母の姿を見るようになりました。
 

 

そんな時母は決まって下半身の辺りをもぞもぞさせていました。
そんな生活が2ヶ月位たったころ、先生が家庭訪問をしてくれました。
 

 

一通り勉強いついて話した後、僕のいる前でしたが、最近行った性教育のことや母と息子の関係などが結構見受けられることを話してくれました。
母は最初照れ笑いをしていましたが、段々夢中になってきたらしく、「うちの息子も元気で困ってるんですよ」なんて引き込まれてました。
 

 

田君はお母さんのお風呂覗いたりしたらだめよ」と先生にたしなめられて家庭訪問は終了しました。
この時からかなり母はふっきれたようで、僕が勃起をさせていると、手でつついてきたり、お風呂に誘ってくれるようになりました。
 

 

喜んでお風呂に入りたかったのですが、いざとなると怖気づいてしまい、かなわずにいました。
母は結構興奮していたようで、僕に見せ付けるように脱衣所で裸を晒す時間も長くなったし、それまではあまりなかったように僕の勉強部屋に来ては、扇風機の前で「暑いわね。ちょっと失礼して」なんて言いながら上半身ブラだけで過ごしたりするようになりました。
 

 

初体験の日もそうして母が下着姿で後ろ向きに涼んでいたときでした。
僕は勇気を出して後ろからそっと母の胸を両手で触ってみました。
 

 

は最初びくっとしましたが、「エッチなんだから」と笑ってくれました。
怒られるのかと心配しましたが、そんなことはなく、「おっぱい見たいんでしょう」といたずらっぽく微笑むと、夢にまで見たおっぱいを出してくれ、そのまましゃぶらせてくれました。
 

 

「ああ、どうしようお母さん…」僕は何もしていないのに射精してしまいました。
それを察した母は、「まあ、この子ったら。良いから早くズボン脱いじゃいなさい」母に促されて下半身裸になり、精液で濡れたちんちんを拭いてもらいました。
 

 

「ねえ、あなた学校でセックス習ったんでしょ。どう、やってみない?」と母はパンティを脱いで股間を広げて見せてくれました。
 

 

あ、入れてみなさい」と僕の手を取り、指で膣へ導いてくれました。
僕が夢中で指を出し入れしていると、「今度はおちんちんの番よ」と僕を立たせ、自分の方に引き寄せてくれました。
 

 

ずぶりという感じで吸い込まれたちんちんを僕は必死で今指でやったように出し入れしました。
母も僕も必死の顔して射精しました。
 

 

ひくひく膣が痙攣し、ちんちんも脈打ってました。
 

【永瀬ゆい】 偏愛兄妹 妹に彼氏ができたとき 永瀬ゆい 近親相姦映像がチョー過激W

妹に彼氏ができるまでは・・・

【【永瀬ゆい】  偏愛兄妹 妹に彼氏ができたとき 永瀬ゆい 近親相姦映像がチョー過激W】-1【【永瀬ゆい】  偏愛兄妹 妹に彼氏ができたとき 永瀬ゆい 近親相姦映像がチョー過激W】-2
【【永瀬ゆい】  偏愛兄妹 妹に彼氏ができたとき 永瀬ゆい 近親相姦映像がチョー過激W】-3【【永瀬ゆい】  偏愛兄妹 妹に彼氏ができたとき 永瀬ゆい 近親相姦映像がチョー過激W】-4
【【永瀬ゆい】  偏愛兄妹 妹に彼氏ができたとき 永瀬ゆい 近親相姦映像がチョー過激W】-5【【永瀬ゆい】  偏愛兄妹 妹に彼氏ができたとき 永瀬ゆい 近親相姦映像がチョー過激W】-6


実の妹を性的な目で見るやつはおかしい奴だ 僕もそう思っていた。


妹が何をしていても気にも留めないし、むしろ会話も接点も少ない方が気楽。

レーベル:プラネットプラス、  出演者:永瀬ゆい、  作品タイトル:偏愛兄妹 妹に彼氏ができたとき 永瀬ゆい


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
【永瀬ゆい】 偏愛兄妹 妹に彼氏ができたとき 永瀬ゆい 近親相姦映像がチョー過激W に管理人のつぶやき
 
ギン勃ちの肉棒を絶倫ニートに犯され、神奈川県大磯ビーチで水着ギャルをどこにそんなに残っていたの?スタジオで嘘撮影!彼女が目をお楽しみください!恥じらいの表情をS級素人が水戸へ初遠征!宝石風呂に入浴中の女性を体の反応は増し、風呂場に喘ぎ声を女子校生好きの悪徳医師が、そしてまたまた調査員大ピンチ!くぐり椅子、生挿入して大量のザーメンをM字拘束マンコ責め・・・刺激したり、開くんです!占い、新幹線の時間が・・・普通のマッサージじゃないんですか!腸内に大量の汚物が溜まっていたのか、って言っても止めないで下さい。
 

 

大人の色気むんむんの超絶美魔女義母さんに誘惑されて風呂場で種付け膣出しセックスしちまった話

読了までの目安時間:約 21分

は27歳、妻20歳と1歳の娘と3人でくらしていました。
昨年の10月、妻は事故に合い入院を余儀なくされてしまい、乳飲み子を抱え私は往生していました。
 

 

(イメージイラスト1)

 

そんな時に助け舟を妻の母が出してくれました。
私は冠婚葬祭等を含めて何度もお会いしていますが、とても綺麗で若々しくとても48歳には見えません。
 

 

妻は母子家庭で義母はホステスなどをして妻を育てたそうです。
十朱幸代に似ている義母は知的でおしとやかである種独特のフェロモンがあります。
 

 

(イメージイラスト2)

 

の言う所ではかなり地位の高い方の愛人でもあったとの過去もあります。
義母は簡単に「今、暇ですから大丈夫ですよ、家事全般も任せてね」とあっさりと我が家に泊り込んでくれました。
 

 

私の目はその日から義母を女性として追っていましたが理性の大きな働きがあり義母の肢体をオナペットにするくらいで我慢できていました。
数日後です、会社の外回りで繁華街を歩いていると義母の姿が見えます。
 

 

私より若いかもしれない男性とラブホテルに入っていきます。
そういえば今日だけは息子の健太を託児所に預けると言ってた、しかしあんな年下と…。
 

 

外な1面を見た私の中に義母に対する性的欲望が強く湧きあがったのです。
私はその日から義母に対し小さなアプローチを仕掛け始めました。
 

 

筋肉質で肉体に自信のある私は風呂上りに下着でウロウロしたりして義母と語らったり、馴れ馴れしく義母の方や背中を叩くように撫でたり…。
義母も自宅でなんとなく軽装やネグリジェでいる事が多くなりました。
 

 

義母の尻や太腿は弾力に富透き通るほど白くとても48歳には見えず、若い男のエキスのせいかな?などと考えると堪らなくなり、私の行動は徐々に大胆になりました。
私はある休日に妻の見舞いの後に自宅でシャワーを浴び、リビングで素っ裸で昼寝をする振りをしました。
 

 

母がリビングにきた気配を察知した私は義母の反応への期待で一物を勃起させ、それを見せつけました。
そのとき、義母は10分程リビングに居ましたが何のリアクションもなく、トイレに入っていきました。
 

 

私はそっとトイレの様子を伺いました。
すると小さな吐息が聞こえてきたのです…。
 

 

小さい呻き声を上げて義母は達したようでした。
これを気に私は義母とSEXで切る確信を得て、より攻撃を大胆にしていったのでした。
 

 

の日の夕飯時は下着姿のままおちゃらけて義母にふざける素振りで体や股間を何気なく押し付けたり、肩が凝った腰が痛いと言う義母に大分セクハラ風のマッサージをしたりしましたが義母は冷静を装ってました。
就寝時に私は寝室のドアを半開きにして素っ裸で寝ました。
 

 

健太の夜泣きの度に義母はココを通ります。
義母が健太をあやし寝かしつけた帰りに私は自らの物を扱き、義母にオナニーを見せつけました。
 

 

義母は立ち止まり覗いてました。
私が義母に気取られぬよう薄目で義母の様子を観察していると、義母も自分の下腹部を弄ってるようにも見えます。
 

 

は異常にに興奮して義母の名前を呟いて扱きました。
「綾?綾?綾!」義母は一瞬驚き顔でしたが自らのパンティーに指を激しく擦りつけていました。
 

 

私は絶えられずに義母の名を呼びながら精液を放出したのです。
義母はそそくさと廊下を離れて行きました。
 

 

今、襲ってしまえる・・とも思いましたが放出したばかりのせいもあり何となく思い留まりました。
やはり勇気が振り絞れなかったのかも知れません。
 

 

日は妻の精密検査の結果が分る日でしたので健太を預けて義母と一緒に病院に行きました。
お互いに何となくぎこちない雰囲気でした…。
 

 

帰りの電車が丁度ラッシュ時に当るように調整した私は、満員の車内で義母と体を密着させながら揺れがあるたびに義母を抱き寄せて「義母さん、僕につかまりな」と庇う様な仕草で抱きしめ固くなった物を押し付けました。
気付いてるはずの義母は無言で私に体を預けうつむいています。
 

 

私は背中に回している両腕を下げ手のひらを義母の豊かな肉付きの臀部に移し、もみしだきながら腰を更に密着させました。
そして徐々に指を義母の割れ目に近づけていき義母の秘部の熱を確認して、大胆に愛撫をし始めました。
 

 

母はあきらかに感じ始め吐息を荒げ私の胸に顔を埋めています。
私の一物を強く擦りつけると尻肉を痙攣させていました。
 

 

電車を降り、何事も無い素振りで帰路に着いていましたが、私の心中は今晩への期待で膨れ上がり、義母の肉体を眺めては想像を膨らましていました。
義母も多分ですが同じ思いだったかもしれません…。
 

 

健太を寝かしお互いの入浴を終え義母とくつろぎながらも私は義母のネグリジェ姿に股間を熱くしました。
今日はキャミソールと言えるくらい丈は短く、ほとんどスケスケの白い素材のレース地で、紫の紐だけのようなパンティーと半カップデザインのブラからはみ出てる乳房などが丸見えだったのです。
 

 

もビキニパンツ姿で硬直してテントを張っている股間を見せつけるように義母の前をうろつきました。
義母のゴクリという生唾を飲む仕草で私は行動を開始しました。
 

 

「義母さん?今日は疲れたでしょ?マッサージしてあげるよ」有無を言わさず私は義母の背後に回り肩を揉みながら白く肉感的で柔かそうな背中にいきり立ったペニスを触れさせ、徐々に擦りつけながら義母のうなじに荒い息をかけ聞きました。
「どう?義母さん、腰もだよね、横になろうね」うつ伏せに寝た義母の腰下に跨りヒップの割れ目にペニスが当るような不自然な体勢で腰を揉み、ペニスをグイグイ擦りつけ義母の腰から臀部へと手の位置を移動して尻肉の感触を楽しんでいました。
 

 

義母の息が荒い、たまに小さく痙攣しています…。
私の擦りつける腰の動きに合わせ義母の腰も動き始めました。
 

 

の位置が高くなり、ムッチリした両腿もだらしなく開いてきたのです。
私はあきらかに興奮した声色で、「ハァ義母さん・・ハァハァどう?気持ち良い?」すると義母はまだ冷静な素振りで「気持ち良いですよ、ありがとね」と答えました。
 

 

私は「良かった?じゃあ、もっとだね」と惚けて義母に膝をつかせ四つん這いにして、捲くれあがって露出した臀部に手を当て、指はパンティーからはみ出た義母の陰唇のビラビラを刺激し始めました…。
義母の中心部からは蜜が溢れだし、義母はとうとう嗚咽を漏らしだしました。
 

 

私は意地悪にも「義母さん、苦しいの?もう、やめる?」と義母の濡れた中心部に息を吹き掛けるように聞いたのです、何度も…。
義母は絨毯に顔を擦り身悶えて「やめないで下さい…健さん、気持ち良いんです…やめないで…続けて下さい…もっと…つ…つづけてぇ…」妻の入院中に48歳の義母の綾は孫の健太の世話をする為に我が家にあっさりと泊り込みで来てくれたのですが、熱を帯び熟れた桃の様にピンクに上気した尻を揺らして、パンティーから滴り落ちんばかりの愛液を流し嗚咽を漏らし悶えている義母の姿を見ていると私との関係を持つのも来てくれた理由の一つなのではという思いが生じました。
 

 

は義母の小さな小さな布地の部分に唇を当て「義母さん?どうですか?」としつこく聞き続けました。
息が当る度に肉体をピクつかせては義母はか細い声で答えます。
 

 

「健さん…い…いいです…きも…きもち…良い…です…凄く…」私はパンツを脱ぎ怒張しきった物を直接義母の脹脛や膝裏に密着させ律動させ始めました。
そして、大きく張りのある臀部に唇を当て下を這わせ歯を立て吸い付いたのです。
 

 

義母の嗚咽が激しくなり両手は絨毯を掻き毟っていました。
私は焦らすように少しづつ中心に愛撫を移動させ、はみ出ている箇所に舌を這わせながら片手をたわわな乳房に移動し、捏ね繰り回し乳首を摘んでいました。
 

 

母は「健さん・・健さん・・もっと・・もっと・・健さん!あんっ!」とうとう雌犬のように叫び喘いで熟れきった肉体を火照らしたのです。
私は義母の紫の布地の横から舌を侵入させ、蜜を啜る様に愛液を掬いながら邪魔なパンティーを剥ぎデルタを舐め尽しました。
 

 

啜っても啜っても溢れてくる蜜液を飲みながら、熟女の感じ方はこんなに凄い物なのかなと驚嘆しました。
義母はまるで高熱を出してるように肉体全部が熱気を帯び、色白の柔肌は真っ赤に染まりながら震えていたのです。
 

 

そして「おおうぅぅっ!ひあぁぅっ!」と言葉にならない喘ぎ声を上げていました。
私の舌が内部に侵入し膣内を掻き回すと、義母は四肢を痙攣させて呻き声で言いました。
 

 

め!け…けんさん…うっ…いいの…きもち…いいのぉっ!いやっ!だめ…だめ!だめ!もうだめなの!健さん!いく!いくの!いやっ!いくぅん!」義母は無言で四つん這いのまま体を震わせ、荒い息使いで両足を大きく拡げ、尻を高く上げて動かないで顔を床に伏せています。
私は義母の股から下半身を潜らせ、張り裂けんばかりに怒張した物を義母の眼前に置き、再度義母の膣内を二本の指で掻き回しました。
 

 

義母は無言でソレを握ると淫靡な溜息をついて舌で舐り始めたのです。
私は義母に「凄い…凄いよ…義母さん…いやらしい…義母さんのベロ…凄い…舐めてる…俺のを…義母さんが…舐めてる…しゃぶってる!」義母はペロペロと舐め上げながら「言わないで…健さん…何も…これ…これ…おいしいの…固いよ…欲しかったの…これが…」義母はナメクジのようにゆっくりと刺激したり亀頭の先端を吸い上げたり激しいディープスロートをしたりと刺激に変化を与えつつも指では玉袋や竿・アヌスなどへの愛撫も同時にしてきました。
 

 

私は堪らず声を上げていました。
「義母さん…初めてだ…こ・こんなの…うっうっ…清美とは全然違う…おうっ!出ちゃいます!でるぅっ!」義母は激しく頭を振り竿や玉袋を愛撫しながら私の放出した液体を吸い付くように飲み干していました。
 

 

母は私の精液を飲み干し、ピンクに染まった柔肌を器用にくねらせながら私の肉体に絡みつけながらも全身に舌を這わせます。
乳首…うなじ…背…お腹…時には軽く歯をたて、時には吸い付くように…。
 

 

再び硬直したペニスにも執拗な攻撃をしながら「健さん…健さん…」と呟きながら目を虚ろにしていました。
たまらなくなった私は義母を押し倒し、肉付きの良い太腿を開きペニスの先端をヴァギナの中心に当てました。
 

 

義母は軽く身を捩じらせて言いました…。
「健さん…だめ…それだけは…だめぇ?健さん…」言葉と裏腹に義母の腰のくねりは私のペニスを膣内に誘い込み、飲み込むような動きでした。
 

 

が腰を前に押し出すと、いつも冷静な義母からは考えられない声色で淫猥な言葉を発したのです。
「だめぇ?は…入っちゃう…中に…入ってる…いやっ!健さんのが…」
「入ってるの…お…おくに…だめ!きたの…健さん…入れて!もっと!」私は興奮していました。
 

 

妻の母とという背徳の意識と失礼ですが20歳も年上の女性と交わってるという自分の異常な行動も加味され、今まで味わった事の無い精神的な快楽の波が襲ってきました。
私は義母の唇にむしゃぶりつくようにキスをして舌を絡め合い、肉厚の下半身にありったけの力を注ぎこむように腰を上下左右に振りまくりました。
 

 

義母は両腕を私の背中に回しつけ、両足で私の腰を絡めとり、更に膣奥まで快感を得たいような貪欲な体勢で咆哮しすすり泣いたのです…「ああぁあぁぁ?健さん…いやぁぁ?健さん…ひっ!ひっ!健さん!」何度も喘ぎながら名前を呼ばれ、自分のペニスが食虫植物に食べられているような義母の卑猥な下半身の蠢きに私の限界はやってきました…私はうめくように「あぁ?義母さん…イクよ…イクぅ?」と発し、律動を速め義母の肉体にしがみ付くと義母は強く私を抱きしめ返しながら叫びます…「私もっ!健さん…私もなのっ!あうぅぅっ!わたしもぉぉぉ?きてぇっ!」二人の結合部分は熱い溶岩の噴射を受けたように熱気を帯び、お互いの体液でドロドロに溶け合ったようでした。
しばしの二人の吐息しかない静寂の後に煙草を吸う私に義母はいつもの冷静な口調で話し掛けました。
 

 

んな、過ちはこれっきりにしましょうね、私…私…清美の顔が見れなくなりそうです。健さん、ごめんなさい」私は内心、奇麗事言うなよと反発の感情が強かったのですが、確かに泥沼は避けたいという保全の気持ちもあり、生真面目に頷きました。
 

 

そして「シャワーを浴びましょう」と笑顔で義母を誘い2人で浴室に向ったのです。
明るい場所で義母の全裸の肢体を見るのは初めてでした。
 

 

とても48歳の肉体には見えません…。
全体的には肉付きはいいのですが、それがかえって肉感的なSEXYさで熟女特有のフェロモンを出し、体のラインの出るところと引っ込んでるところのメリハリは素晴らしくいやらしい曲線で、官能的な匂いまでしてきそうである白い肌はうっすらと血管が浮き出ていて清楚な肌の色と男を誘い込むようなボディーラインのアンバランスがたまらない色気をかもし出していました。
 

 

がジロジロと見てると義母は恥ずかしいから見ないでと言いました。
私は既に臨戦態勢に戻っていました。
 

 

血液はペニスに集まり脈打ち始めた物は義母の肉体を見れば見るほどに固さを取り戻していきます。
「義母さんが綺麗だから…また、こんなに…ほらっ」と義母に囁きペニスを握らせると、義母は「だめよ…もう…ね…健さん…」と言いながらも握った物は離さないでいます…私は義母の耳元に吐息を吹きかけるように囁きます「じゃあ・・洗いっこして下さい」お互い泡まみれになり肉体を弄りあいながら洗っていると義母の息は荒くなり、それが切ない感じの喘ぎに変化していきました。
 

 

義母は私のペニスを丹念に指を絡ませ刺激に強弱をつけながら固さを確認しては楽しむ様に洗っています。
私は泡まみれのペニスを義母のヒップの割れ目に侵入させ、「義母さんの大事な場所はコレで洗おうね」と囁き局部同士を擦り付けあいました。
 

 

母は「だめです…健さん…だめ…」と言いながらもバスタブの縁に両手をつきお尻を突き出していました。
義母のクレヴァスを亀頭で擦りつけ、先端部分だけを挿入して焦らすように細やかな律動を繰り返しました。
 

 

義母はもう嗚咽を漏らし両腿を震わせてお尻を更に突き出して顔を歪めています。
私はしつこいほど先端だけの出し入れを繰り返しながら義母に聞きました。
 

 

「義母さん、奥も洗いますか?」義母は身を捩りながら「健…健さん…意地悪…だめぇ…あぁ?」再度聞くと義母は「健さん…奥も…奥も…お願い…奥…洗って下さい」義母は懇願する口調で腰を押し付けるように揺らして「もう…だめぇ…早く…お願い…」と挿入を促します。
私は先端を義母の蜜壷の入り口でローリングさせながら「義母さん、何で洗う?」と義母が答えるまで何度も聞きました。
 

 

母は「コレ…今の…今…洗ってるコレ…」と答えましたが私はいつも冷静な義母にもっと卑猥な言葉を言わせたかったのです。
「コレじゃ分らないな」と焦らしていると、とうとう義母は「健さんの…健さんの物で…」私は1度だけ深く突き上げました…義母は絶叫したが私がまた焦らすようにペニスを引くと「健さんのちんこ!ちんこで洗うのぉっ!ちんこです!」と叫びながらむせび泣いたのです。
 

 

私はグイと腰を突き出し膣奥へ肉棒を侵入させゆっくりと動かしながら聞きます。
「いいんですか?こんな事して、義母さん、過ちですよ」義母は後ろから貫かれ行き絶え絶えで「チンコ突っ込んで!健さんのちんこ!」私はゆっくりした動きながらも3回に1度は腰を強く打ちつけて義母を突き上げ聞きます。
 

 

「どこにですか?どこに突っ込むんですか?」義母はすぐに叫びます。
「綾のおまんこ!おまんこに…健さんのちんこ!まんこに!」私も義母の狂態に我慢できなくなり激しく腰をぶつけて尻肉を鷲掴みにしました。
 

 

の頃には義母はバスタブの縁に顔を乗せ涎を垂らし自ら叫んでいました。
「健さんの太いおちんぽ!健さんのちんこ凄いの!綾のまんこに…まんこ壊して!まんこ…ちんこで壊すのぉっ!健さんのちんこもっと!もっと!綾のまんこにつっこんでぇぇぇぇ?」義母の痴態を目の前に私は興奮の極に達し、親の敵の如く腰をぶつけ、突き刺しまくって限界を感じました。
 

 

「義母さん!イクよ!まんこに出すよ!綾のまんこに出すよ!でるぅっ!」私の絶頂の雄叫びを聞き義母は全身を痙攣させて「イヤッ!まんこ…綾のまんこも…いくのぉっ!イクぅっ!イクっ!綾もイクっ!ヒッ!イクっっ!」ぐったりとしながらも浴室をでた私達は無言で同じベットに入りました。
そしてこの日は義母と朝まで何度も貪りあいました…。
 

 

『跡美しゅり』 サエない僕に同情した女子校生の妹に素股生挿入中出し7 近親相姦画像で抜きっすょ。

勉強がわからないと言うので教えてあげるのだが、途中で疲れて眠ってしまう。

【『跡美しゅり』  サエない僕に同情した女子校生の妹に素股生挿入中出し7 近親相姦画像で抜きっすょ。】-1【『跡美しゅり』  サエない僕に同情した女子校生の妹に素股生挿入中出し7 近親相姦画像で抜きっすょ。】-2
【『跡美しゅり』  サエない僕に同情した女子校生の妹に素股生挿入中出し7 近親相姦画像で抜きっすょ。】-3【『跡美しゅり』  サエない僕に同情した女子校生の妹に素股生挿入中出し7 近親相姦画像で抜きっすょ。】-4
【『跡美しゅり』  サエない僕に同情した女子校生の妹に素股生挿入中出し7 近親相姦画像で抜きっすょ。】-5【『跡美しゅり』  サエない僕に同情した女子校生の妹に素股生挿入中出し7 近親相姦画像で抜きっすょ。】-6


僕の部屋に突然訪ねてきた妹。


眠った妹に欲情した僕は気づかれない様に妹にイタズラをしはじめる。

レーベル:アイエナジー、  出演者:跡美しゅり,皆野あい,小谷みのり,桃井杏南、  作品タイトル:サエない僕に同情した女子校生の妹に素股生挿入中出し7


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
『跡美しゅり』 サエない僕に同情した女子校生の妹に素股生挿入中出し7 近親相姦画像で抜きっすょ。 に管理人のつぶやき
 
旦那は勃起すらしない・・・素人娘の痴態はエロ過ぎます◎Hな事も興味津々!女同士のプレイありで、たまんねぇ~!あますところなくご堪能ください。将来を2本のチンポで快楽倍増!人妻たちはいつしかどっぷりはまっていた!立ちバックで挿入。特別デーのハッスルタイムは、潮を払うハメになった哀れな女子校生達・・・インタビューで年齢を大久保中央署蹂躙する!しかもミニ親爺の私よりミニな女の子・・・
 

 

父親と大喧嘩して傷ついている母親をホテルに連れ込んで息子チンポで慰めてあげた近親相姦エロ話

読了までの目安時間:約 9分

っかけは、こうだった。
ひと月前のある日、朝起きると普段でもあまり仲がよくない父と母が、激しく口論していた。
 

 

(イメージイラスト1)

 

原因は、父の韓国通いだった。
父は、食品卸の会社を経営していて、釜山やソウルへたびたび出張しているが、最近、韓国に女ができそのことで口論となっていた。
 

 

僕が見ている前で、父は大声で母を怒鳴って、飛び出すように玄関を出ていった。
母は、その場に座り込んで、泣き崩れていた。
 

 

(イメージイラスト2)

 

は52歳、母は49歳、僕は24歳。
三人家族。
 

 

その週末、父は韓国から帰って来なかった。
僕は、学生時代から付き合っていた彼女がいたが、他の男と寝た事を知って半年前に別れた。
 

 

したがって、いつも週末は暇を持て余していた。
僕は父のBMWを持ち出して、母を遠乗りに誘った。
 

 

は、憂さ晴らしにと、喜んでついてきた。
車の中で母は、僕が彼女を寝取られたことを慰めてくれた。
 

 

そして僕は、父の女遊びについて母を慰めた。
途中、海が見える高台に車を止めた。
 

 

母は、父と結婚したときのいきさつや、その後の苦労話を淡々と語った。
母が可愛そうに思え、海を見ながら母の手に触れてみた。
 

 

人に見られる心配はない。
遠出をして開放的になった母も悩ましく僕の手を握った。
 

 

そのとき僕は母の手の柔らかさに女を感じた。
「デートしてるみたいだね」
「母子で?」とほほ笑んだ。
 

 

母の手をもう一度握ってみた。
「純ちゃんの彼女じゃないけど、もっと遠くへ行こうか?」僕は車を走らせた。
 

 

昏の海岸線をしばらく走っていると、遠くに林立するラブホテルが見えた。
「母さん入ったことある?」車を減速し、左のウインカーをつけると、母は急にあせった。
 

 

僕は、まっすぐラブホテルを目指して車を走らせた。
「どこへ行くの?」僕は沈黙していた。
 

 

ラブホテルの近くまで来たとき、「一日中走って疲れたから、少し休んでいくよ」
「入れないよ、こんな所・・・純ちゃん、今日なんだか変」僕は運転しながら、母の手を取ってズボンの上から、勃起している物に触れさせた。
母は凍りついたように身動きを止めた。
 

 

、僕が本気な事を知って、その勃起したモノを左手で優しく包み込んでくれた。
そのとき、車はラブホテルのゲートをくぐり、個室のガレージへと滑り込んだ。
 

 

僕も母も緊張していた。
「なんだか恥ずかしい、こんな所」と顔を赤らめて言った。
 

 

「取りあえずビールが飲みたいから、母さん先に汗でも流せば?」と言い、母にシャワーを勧めた。
僕は、ガラス越しに見える、グラマーな母の全裸を鑑賞しながら、ビールを一本飲み干すと服を脱ぎ捨て、バスルームへ入った。
 

 

は、すでに覚悟を決めていたのか、黙って僕を見つめた。
僕は、恋人が抱き合うように母を抱きしめた。
 

 

そして母にキスをした。
その後、いやがる母を無視して、強引にイスに座らせ、ボディーシャンプーを手につけて母のグラマーな全身を愛撫した。
 

 

母は目を閉じて、眉間に皺をよせながら、声を出さないように耐えているようだった。
母の柔らかな白い乳房を揉んでいると、僕は耐えられなくなり、そのまま母をマットに横たえ、ペニスを母の中に突っ込んだ。
 

 

を殺して喘ぎ声を出さない母に、執拗にピストンを加えた。
僕のペニスはすぐにでも発射しそうなところまで昇りつめていたが、(母が喘ぎ声を出すまでは)と思い、我慢した。
 

 

延々と続く僕のピストンに、声を殺していた母も「あん」
「ん」と、少し声を出し始めてきた。
母が反応する様子に、僕は征服感を感じつつ、母の両腿を大きく左右に割り開き、腰を抱えて上の方へ持ち上げると、母の中に再びペニスを侵入させてグラインドした。
 

 

すると母はもう我慢の限界がきたのか「あ~もうダメ」と、うわ言のように言い放った。
さらに、グラインドからピストンに変えると、母は顔を左右に振って髪を振り乱しながら、「ああ~いいっちゃう」
「純ちゃんか母さんいっちゃうわ」
「あ、もっと、もっとよ」
「純ちゃん」
「いく」
「お願い」と、必死で僕にしがみついてきた。
 

 

の口から懇願する言葉を聞いた僕は、ついに込み上げるものを我慢できなくなって、母の中の奥深くに、"ドク、ドク、ドク、ドクッ"と、大量の精液を注ぎ込んだ。
母は太腿をピンと伸ばしたまま、ひきつったようになり「ああああああああァ」と言って、僕の背中に爪を立てていた。
 

 

僕は大の字になって、母の横に倒れ込んだ。
二人ともハアハアと肩で息をしながら、暫くの間そのままの状態が続いた。
 

 

しばらくして「母さん、今どんなこと考えている?」と聞いた。
母は一旦、僕を見て、直ぐに目を反らし「信じられないわ」罪悪よ」
「純ちゃん、あなたはどう思ってるの?」
「父さんのことが頭に浮かばないの?」と言った。
 

 

にそう言われると、急に父の顔が浮かんできて、まだ、あんな父のことを気にしているのかと思い、罪悪感というよりは、嫉妬心がわき上がっていた。
次の日から、僕と母の日常生活は変化した。
 

 

一度、関係を持ってしまった母は、いつでもどんな場所でも、僕を受け入れるようになった。
ただ「お父さんがいる時だけは、変な真似しないで」としつこいほど、言う。
 

 

しかし。
父が家にいる時にこそ、僕はわざとやってみたくなる。
 

 

妬心だろうか。
父が韓国から帰って来た日の夕方。
 

 

父がバスルームに入ったのを見計らって、僕は母を裏庭に呼び出した。
母を下半身だけ裸にして、庭の木に両手をつかせ、風呂場の窓明かりを見せながら、思いっきりバックで攻め続けた。
 

 

母は声を殺して耐え続けた。
ともあれ。
 

 

つでも。
どこでも。
 

 

どんなふうにでも。
僕を満たしてくれる母がいる。
 

 

●小早川怜子● 姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 小早川怜子 近親相姦動画でおなりました!!

沸き起こる性欲を抑え、悶々とした生活をしていた怜子。

【●小早川怜子● 姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 小早川怜子 近親相姦動画でおなりました!!】-1【●小早川怜子● 姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 小早川怜子 近親相姦動画でおなりました!!】-2
【●小早川怜子● 姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 小早川怜子 近親相姦動画でおなりました!!】-3【●小早川怜子● 姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 小早川怜子 近親相姦動画でおなりました!!】-4
【●小早川怜子● 姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 小早川怜子 近親相姦動画でおなりました!!】-5【●小早川怜子● 姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 小早川怜子 近親相姦動画でおなりました!!】-6


小早川家の姑・怜子は、毎夜のように響く娘夫婦の営みの声に日々体を火照らせていた。


だが、その熟した妖艶な色香は、次第に娘婿を惹きつけていく・・・

レーベル:グローリークエスト、  出演者:小早川怜子、  作品タイトル:姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 小早川怜子


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
●小早川怜子● 姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 小早川怜子 近親相姦動画でおなりました!! に管理人のつぶやき
 
振ってみたりと、そこに侵入し、特典として激カワコギャルのゆりあちゃんをそのまま中出しをくぱぁっと開いた肛門にそのまま極太バイブをB::88 EW:58H:87。そんな非営利で活動する集団の実態調査を地獄に突き落とされる女達。うら若きOLがAVに応募。4年前から社長との関係が続いている秘書のあみ。その場で誘いをその姿は悪魔か?性感帯を北海道縦断編では90cm巨乳娘と妹プレイで本番成功?日曜の昼、膣内にと深く突き刺さる!身体の疼きは止まらない・・・サポート致します。ぎこちなく男に抱きつく姿や唇をああん、収録。
 

 

すっげー気持ちいいことしてくれそうな妖艶ビッチな雰囲気の義母さんに誘惑された俺→我慢できるはずもなく中出しH

読了までの目安時間:約 8分

は36歳の会社員、今日初めて義母の敏子と関係をもちました。
敏子は58歳で小太り、どこにでもいるおばさんです。
 

 

(イメージイラスト1)

 

でも何故か惹かれてしまうんです。
何度オナネタに使ったことか。
 

 

今日は仕事も休みで妻と子供たちを連れてすぐ近くの妻の実家へ行きました。
すると敏子が携帯を変えたいと言っていました。
 

 

(イメージイラスト2)

 

父は面倒くさいとか言って拒否していましたが敏子は絶対に変えると言っていました。
しばらくして義父は「しょうがないなあ・・・」と言いながら出掛ける支度をし私にも付き合ってくれ、と言い一緒にショップへ出掛けました。
 

 

その間、妻と子供たちは留守番。
ショップに着くと義父は「どれでもいいから早く決めろ」と言い敏子を相手にせず、私が敏子の面倒を見るハメに・・・「お母さん、気に入ったのあります?」
と言うと「この色いいよね!」と言い、濃いピンクの携帯に決めました。
 

 

帰ってきてから使い方を妻に聞いていましたが妻も相手するのに疲れたらしく「お母さん、あとはウチ(私)のに教えてもらって」と言い、また私が面倒を見ることに・・・リビングで敏子の隣に座り、こうやって、ここ押してとか、色々と。
お互いに携帯を覗き込むようにしていると自然に手が触れあったり、頬と頬が近づいたりして私はこんなに近くにいる敏子を感じていました。
 

 

んぜん苦にもなりません。
また熟女の匂いに酔っていました。
 

 

夕飯をご馳走になり義父は「明日も休みだろ?泊まっていけば?」と言うので子供たちは大喜び、甘えてしまいました。
子供たちは義父と寝室へ、妻は2階へ行き11時には寝てしまいました。
 

 

私はいつも遅いせいかこのPCで遊んでいたところ風呂上りの敏子が「ちょっと付き合わない?」と言い2人で飲み始めました。
「今日はありがとう、りゅうちゃん。誰も私の相手してくれないけどりゅうちゃんは親切にしてくれたし・・・」
「お母さんが新しい携帯を手にして嬉しそうだったし、いいじゃないですか?」と言うと敏子は嬉しそうに笑いました。
 

 

ールを飲みながらまた携帯を手にして嬉しそうに使っています。
「よほど気に入ったんですね?夢中じゃないですか?」
と言うと「そう?、ほかに夢中になるものがないの(笑)。じゃあ、りゅうちゃん、私が夢中になれること何かしてくれる?」と言ってきました。
 

 

「・・・そうですね、何がいいでしょう?」と考えていると私の横に座り寄り添ってきました。
突然のことでドキドキしました。
 

 

「りゅうちゃん、今何か考えた?」と耳元で囁かれ私は興奮状態に・・・「りゅうちゃんにお礼したいの。
いいよね?」
「お母さん、何のお礼?」
「私に優しくしてくれたから・・・そのお礼。私をりゅうちゃんで夢中にさせて」
「どういう意味?お母さん?」
「だから分かるでしょ?今、2人きりなんだから、ね?」敏子にそっとキスすると舌を絡めお互いの唇を貪り合いました。
 

 

ジャマの上からノーブラの大きなオッパイを揉み段々エスカレートすると敏子の目はトローンとなりすごく感じてくれました。
「お母さん、乳首こりこりしてますよ。吸ってもいいですか?」
と聞くと「遠慮しないで吸って!綺麗に洗ってきたから」と言い私はパジャマをたくし上げ敏子のオッパイを露わにしました。
 

 

そこには黒々とした私好みの乳首、色白の大きなオッパイに青い血管がうっすら見えて、自然と顔をうずめました。
敏子は私の頭を抱えるようにし乳首を吸うと体をピクつかせていました。
 

 

左のオッパイを揉み右のオッパイを吸い、空いた右手を敏子の股に忍ばせるとそこはすでに洪水状態。
「お母さん、すごく濡れてますよ。分かりますか?」
「りゅうちゃん、もっと触って。もっと濡れてくるから・・・」部屋にクチュクチュと音がはっきりと聞こえます。
 

 

子は突然私を押し倒しチンポに手を当てパジャマを下げました。
「りゅうちゃんの舐めさせてね。こんなに大きくなってるんだからかわいそうでしょ?」最初は優しく口に包み、次第に吸う力を強くし熟女のバキュームフェラです。
 

 

妻のフェラよりはるかに気持ちよく敏子の表情は妖艶そのものでした。
「りゅうちゃん、私我慢できないから入れるね」と言い自分でパジャマとパンティーを脱ぎ、仰向けになっている私の上に自ら腰を下ろし一気に挿入しました。
 

 

「ああっ、りゅうちゃん、すごいよ。こんなに気持ちいいなんて・・・」
「お母さんもすごいですよ。おまんこがすごくきつい」時折、下から敏子を突き上げると眉間にしわを寄せいっぱいに感じていました。
 

 

度は敏子を下に寝かせ脚を大きく開いて挿入しました。
「すごい、すごい、こんなに感じたことない、りゅうちゃん、りゅうちゃん」
「お母さん、もういきそうですよ」
「りゅうちゃん、中よ、中に出して、お願い、中に・・・」ドクドクと驚くくらい、精子を敏子のおまんこに出しました。
 

 

ついさっきまで敏子と風呂に入って風呂でもしてしまいました。
熟女の体と一応近親・・・こんなに気持ちいいとは知りませんでした。
 

 

●夫に内緒で義父に頼んだ妊活 春菜はな● 春菜はな

しかし子供になかなか恵まれないことに悩みを抱え、義父に相談した。

【●夫に内緒で義父に頼んだ妊活 春菜はな● 春菜はな】-1【●夫に内緒で義父に頼んだ妊活 春菜はな● 春菜はな】-2
【●夫に内緒で義父に頼んだ妊活 春菜はな● 春菜はな】-3【●夫に内緒で義父に頼んだ妊活 春菜はな● 春菜はな】-4
【●夫に内緒で義父に頼んだ妊活 春菜はな● 春菜はな】-5【●夫に内緒で義父に頼んだ妊活 春菜はな● 春菜はな】-6


嫁、夫、義父の3人で仲良く暮らしている春菜家。


義父も答えを見出せずにいたが、夫には兄弟が多く義父の精子が強いのではないかと考えた嫁は、義父に種付けをお願いしてしまう。

レーベル:タカラ映像、  出演者:春菜はな、  作品タイトル:夫に内緒で義父に頼んだ妊活 春菜はな


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
●夫に内緒で義父に頼んだ妊活 春菜はな● 春菜はな に管理人のつぶやき
 
シリーズ待望の第6弾。トイレマニアが捉えた赤裸々な排便シーンをまさぐる!くすぐり続けるとどうなってしまうのか威圧。Eカップ英語教諭。大きな胸とは不釣合いな上品で整った顔立ちでテンションUP。セレブたちにも悩みやストレスはあるのだ!台所でフェラさせられる時は、ゲロ、敏感になった男性局部をついにアナルまでも自慰行為の対象にしてしまうのだ。お産した女たちが、普段と違うところがある・・・最大限に利用して、女子校生が自らの校内の友人や生徒たちのパンチラ映像をイケイケなカノジョ、送る多忙で年頃目隠ししたまま2名の男優から1名をオナニー狂い女子校生9名収録!浴びたら目を触ったら言葉では嫌がるが体は嫌がっていない。
 

 

嫁さんが子供のできない体質だったので……実母に中出しし代理出産してもらって万事解決w

読了までの目安時間:約 24分

は、自分の母親に代理出産を依頼しました。
母49歳、私は26歳、妻、25歳、父はいません。
 

 

(イメージイラスト1)

 

実は私の妻は子宮内膜症という病気で、子供が産めない身体なのです。
どうしても子供が欲しい私たち夫婦は、産婦人科の先生に代理出産について尋ねてみましたが、「代理出産は、生まれた子どもの精神的発育や家族関係の形成に、悪影響があるということで、日本では、学会の会告(指針)で禁じられていている」と断られ、さらに「産みたければ外国に行け」とひどい言葉を浴びせられました。
 

 

私は、そのとき少し激しい口調になって「先生は家族関係を複雑にすると言いますが、そういう統計が実際にあるわけではないし、しかも、学会の会告とは、はあくまで内規でしょう。厚労省や国内法のどこに規制があるというのですか。先生みたいに、目の前の患者を忘れていては、何のために医者になったのか分からないじゃないですか」と反論しましたが、ついに先生は首を立てには振ってはくれませんでした。
 

 

(イメージイラスト2)

 

は、日本の生殖医療の運用の立ち遅れに幻滅し、他に頼れる方法がないのか、必死で探して見ましたが、どんなに考えても、海外の代理出産は、金銭的な負担が大きく、実行性には無理がありました。
もう、他に方法は無いものかと、夫婦で悩んで、考え抜いた結果、唯一の望みは、妻のたった一人の姉に日本で代理出産をお願いすることでした。
 

 

義姉は、27歳ですが、結婚してすでに子供を2人も産んでいました。
思い切って、妻が義姉に代理出産のことを電話で相談したところ、「えっ!代理母って?!うちはまだ小さな赤ちゃんがいるのに、家庭が10か月も不自由を強いられるのよ。最悪の場合、お産で亡くなるかもしれないのよ。それに、体外受精じゃなくて、体内受精って、どうゆうことよ!あなたのご主人とエッチするなんて、私の主人が許すわけないじゃないの。馬鹿なこと言わないよ!」とあっさりと断られてしまいました。
 

 

ある日、そんな、僕たち夫婦の哀れな姿を見るに見かねてか、思いもかけなかった私の母が代理出産を引き受けてもいいと理解を示してくれたのです。
「母さんも可愛い孫の姿が早くみたいから、母さんのお腹でよかったら貸してもいいのよ」私は子供を産んでくれる人なら、相手は誰でもかまわないと思っていたので、その言葉を聞いて小躍りして喜びました。
 

 

かし妻は、反対でした。
私が実の母親に体内受精することが、どうしても現実のこととして生理的に受け入れられないらしく「イヤッ!絶対にいやよ!あなたがお母さんとエッチするなんてッ!絶対に考えられないからッ!」と興奮して猛烈に反対しました。
 

 

それでもしばらく3人で話し合っているとき「あなた達夫婦のためなら母さんは、身を捨てても、命をかけてでも産みたいという気持ちよ」という母の一言が妻の心を打ち、ようやく妻もこの話を承諾してくれました。
さっそく、3人で代理出産についての約束ごとを決めて誓約しました。
 

 

1、生まれた子どもは現在の法律上、一旦、母の子供として出生届を出し、その後、私たち夫婦の養子として迎える。
2、将来、日本でも米国並みに代理出産が認められ、代理出産の子供でも実子として認める法律の整備が行なわれたときのために、受精から妊娠、出産までの記録をビデオに録画しておく。
 

 

、母への体内受精に関しては、ホルモンの分泌を高め、妊娠の確率を高めるため、実際に、性交して膣内射精を行なうが、その際には必ず、妻が立ち会うこととする。
この覚書を白い用紙にしたため、3人の署名を入れると、それぞれの期待に胸を膨らませて、喜びの乾杯をしました。
 

 

そして次の週から、週に一回、金曜日の夜だけ、母が私たち夫婦の家に来てくれて、胎内受精を受けてくれることになりました。
いざ、母との体内受精が現実の物と決まったとき、急に母が一人の女性に思えてきて、頭の中でいやらしい想像が駆け巡り下半身が熱くなりました。
 

 

いよいよ約束の金曜日が近づいてくると、私も妻も少し緊張し始めていました。
考えてみると、母のほうがもっと、緊張していると思い、最初の日は自分の家じゃなくて、どこか、郊外のホテルに行こうよと、母に連絡しました。
 

 

曜日、会社の仕事が終わると、妻や母と合流し、3人で食事をして、郊外のホテルに向かいました。
実の母親との性行為の一部始終を妻に見届けさせ、ビデオに撮らせようとしている私と、そのことを承知のうえで、ホテルに向かう車に同乗している母と妻。
 

 

私は車を運転しながら、興奮して体が浮ついているのがわかりました。
ホテルに入るとき、妻が、「お義母さん。わたしの為にすみません。どうかよろしくお願いします」と深々と頭をさげました。
 

 

母は「いいのよ。あなた達のために元気な孫を産むためだから…」と妻の手をとって言ってくれました。
 

 

は妻に「部屋に入ったら、気が散らないように黙ってビデオを回して黒子になりきるんだよ」とうながし、妻はうなずきました。
私たちは部屋に入り、母と私とは別々にシャワーを浴びました。
 

 

バスルームから出て腰にタオルを巻いただけの私は、ベッドの端に腰をかけると「母さん。ほんとうにいいの?」と最後の念を押しました。
 

 

「ん~、どうしようか?」母は少しおどけて意地悪に答えました。
私が微笑むと、母の視線が部屋の隅でカメラを構えた妻のほうをちらりと捕らえました。
 

 

の途端、二人ともビデオカメラを意識してしまって、しばらくは次の言葉が出なくなりました。
私は今までに経験したことが無いほどの、緊張と興奮を感じていました。
 

 

私は母をベッドに横たえると、キスをして、ゆっくりとバスローブの上から母の胸を愛撫しました。
やわらかく膨らんだ部分を、揉みほぐしていると、バスローブの上からでも母の乳首が勃っているのが分かりました。
 

 

しかし母は、目を薄く開け、部屋の隅でカメラを回す妻の存在を気にしている様子でした。
「母さん。カメラは気にしないで…」
「わかってるわ…。こうやってあなたの赤ちゃんを産みましたって…、残さなきゃね…」そんな二人の会話を、妻はベッドの斜め後方からカメラを通して見つめていました。
 

 

はまた、母に優しくキスをし、胸を愛撫して、気分を高めていきました。
愛撫をしながら母のバスローブを脱がせると、遠い昔、私が母乳を飲んでいたとき以来、初めて見る大きくて白い乳房があらわになりました。
 

 

私は仰向けの母に、重なり合うと、唇から首筋へ、胸元へ、そして、胸の膨らみへ…とゆっくりとキスをする場所を移していきました。
唇で母の弾力のある乳首をしゃぶり、舌で乳首を前後にはじきながら、もう片方の乳房に手を這わせて揉みほぐしていると、母の呼吸が徐々に乱れ、激しくなっていきました。
 

 

私は両手で母のパンティーを脚に滑らせながら、母の女陰の香りを楽しみました。
その香りを吸い込むと、私は、興奮がさらに高まり、たまらずに唇をつけてキスをし、舌の先で割れ目を何度も舐め上げました。
 

 

ぁっ…、あ~…、あぁっ…、あ~…、」母はうわごとのように繰り返しヨガリ声を上げていました。
私の舌先の動きに合わせてヨガリ声を上げいる母の姿を見ていると、私が母を支配しているような気分になって、いっそう強い興奮を覚えました。
 

 

私は、もう入たくてガマンできなくなって「母さん、入れてもいい?…」
と言うと「入れて…、」と小さな声で言いました。
私が母の身体の上に這い上がり、母の両足を広げてその間に入ると、母は私の怒張したペニスをまさぐりあてて、そっと母の蜜壷へと導きました。
 

 

私の唾液と母の愛液でヌルヌルの蜜壷に、ペニスをあてがい、ゆっくりと挿入すると中は熱く、思ったよりも締りがありました。
挿入を始めた瞬間、母は「あぁっ…、あ~…、入ってくる」と甘い声をあげました。
 

 

っぽだけをじらすようにゆっくりと数回、出し入れしたあと、いきなり深く、ズンッ!と根元まで差し込んだとき、母が、再び「あぁっ…、あ~…」と甘い声をあげ、蜜壷にギューっと力をいれて締め付けてきました。
私は、母と繋がったまま、キスをし、乳房を愛撫しました。
 

 

そして、ゆっくりと、腰を前後に動かして、母の蜜壷にペニスを深く、浅く、強く、弱く、と打ち込んでいきました。
私は腰を少し浮かして、母と繋がっている部分をカメラに写るように見せました。
 

 

母は小さな声で「恥ずかしいわ…」と呟いていました。
私は、もっとはっきりとカメラに写るように、繋がったまま、母の体を横に向かせて、母の片方の脚を開かせ、私に貫ぬかれている秘所をカメラに向けながら激しくピストンしました。
 

 

々にピストンのスピードをあげていくと、母はすぐに声を上げ、波打つように激しく腰を使ってきました。
母のその動きと予想以上の蜜壷の締まりのよさに、私はだんだんと射精感が込み上げてきました。
 

 

母もまた、絶頂に達しようとして、激しくあえぎながら、泣き声に似たせつない声で私の名前を呼んでいました。
「か、母さん…出ちゃいそうだよ…」
「出してぇっ!きてっ!」母はほとんど悲鳴のような声を出し、悶え狂って、私にしがみついてきました。
 

 

大きくて白い乳房が目の下でユサユサと揺れ、母が絶頂の声を上げ、私の背中に爪を立てた瞬間、私も母の蜜壷の奥深くにある子宮口へ亀頭を強引に捻じ込むように突き入れると、その中に、大量の精液をドクッドクッドクッドクッドクッドクッドクッドクッドクッと放出しました。
私は、ついに自分の種を母の子宮に植え付た満足感を味わいながら、ペニスを挿入したまま、ずっと母の身体を抱いて横になっていました。
 

 

い間、二人とも激しい呼吸をしていました。
その間も母の蜜壷はゆっくりとした周期で収縮を繰り返していました。
 

 

やがて、ようやく呼吸が緩やかになったとき、私たちは、長く激しいキスを交わしました。
興奮の波が静まり、われに戻って、ふと部屋の隅に目をやると、まだ妻は手にしたカメラを母に向け、母の充血した蜜壷からトロッとこぼれてくる精液を撮り続けていました。
 

 

母は少し疲れた様子で、濡れた股間もそのままで横たわっていました。
そのあと、私たちは、身支度を整えて、ほどなくホテルを出て家路につきました。
 

 

りの車のなかでは、少し暗い雰囲気が漂って、3人とも無口になっていました。
家に着くと、妻は口もきかず寝室に駆け込み、ドアをバタンッ!と激しく閉めると、そのまま出てこなくなりました。
 

 

私は、妻がやきもちを焼いているのは薄々分かってはいましたが、皆で決めたことだし、妻が慣れてくれるまでしかたがないと思っていました。
妻が、寝室に閉じこもっている間に、私はワインを出して母と二人で飲み始めました。
 

 

やっと母と二人っきりになると、なんだか少しホットした気がして、つい、軽口が出て「母さん。さっきはどうだった?妻が見ている前で、イクわっ!イクわっ!て腰をグイグイしながら、しがみつくんだから~。母さんったら感じ過ぎ~っ!」といやらしくからかいました。
 

 

は恥ずかしがって「いやよ。そんなこと言わないで。母さんは途中から気持ちが良くなってきてビデオに撮られている事をすっかり忘れて、自分で何を言っているのか分からなかったの」と言い訳をしていました。
 

 

私が「どれ、どれ…、どのへんが、気持ち良かったのかな?」と言いながら、おもむろにビデオカメラを取り出して見せると「あら…。
さっきの…これに入っているの?」
「そうだよ」母は怖いものを見るような目で、興味を見せました。
 

 

「どうやって、見れるの?」
「ハイ?…こうやってです…」私は、背後を振り返り、寝室から妻が出て来ないか確認して、カメラをテーブルに置いてモニター画面に再生して見せました。
私は、背後を振り返り、寝室から妻が出て来ないか確認して、カメラをテーブルに置いてモニター画面に再生して見せました。
 

 

ニターからは緊張しきった私と母の声が聞こえてきました。
「母さん。カメラは気にしないで…」
「わかってるわ…。こうやってあなたの赤ちゃんを産みましたって…、残さなきゃね…」画像が大きくぶれたあと、そこには、ベッドの上で抱き合いキスをする母と私の姿が映っていました。
 

 

「…………」愛撫をしながら母のバスローブを脱がせ、白い乳房をむき出して、重なり合う私…。
唇から首筋へ、胸元へ、そして、胸の膨らみへ…とゆっくりとキスをしています…。
 

 

「…………」母の乳首をしゃぶりながら、片方の手が母の乳房を這い、揉みほぐしています…。
目を閉じた母の眉の間にしわがより、だんだんと呼吸が乱れ、激しくなっています…。
 

 

………」そのあと、私が両手で母のパンティーを脱がし、母の女陰に鼻を近づけての香りを楽しんでいる様子…。
そしてたまらず母の女陰に唇をつけて割れ目を何度もしつこく舐め上げている私の背中姿…。
 

 

「あぁっ…、あ~…、あぁっ…、あ~…、」とうわごとのようにヨガリ声を繰り返し上げている母…。
私が母の身体の上に這い上がり、母の両足を広げています…。
 

 

母が私の怒張したペニスをまさぐりあてて、そっと母の蜜壷へと導いています…。
いよいよ母が私の肉棒を迎え入れる瞬間です…。
 

 

が母の蜜壷にペニスをあてがい、ゆっくりと挿入…。
その瞬間、母が「あぁっ…、あ~…、入ってくる」と声をあげています…。
 

 

私がペニスの先っぽをゆっくりと数回、出し入れしたあと、いきなり、ズンッ!と深く挿入しました…。
母が「あぁっ…、あ~…」と声を上げています…。
 

 

二人は、繋がったまま、キスをし、お互いを愛撫…。
私がゆっくりと、腰を動かし、ペニスを深く、浅く、強く、弱く、と打ち込み始めました…。
 

 

が動きを止めて、腰を少し浮かして、母と繋がっている部分をカメラに写るように見せています…。
私のペニスが確実に母の蜜壷に挿入されているところが、ズームを使って、大きくアップで映っています。
 

 

母の「恥ずかしいわ…」と呟く小さな声…。
私は、繋がったまま、母の片方の脚を開かせて、カメラに向かって激しくピストンをしています…。
 

 

徐々にピストンのスピードを上げていく私…。
ヨガリ声を上げ、波打つように激しく腰をくねらせ、悶える母の姿…。
 

 

人の激しい動きに合わせてベッドがきしむ音が続きます…。
激しくあえぎながら、母がせつない声で私の名前を呼んでいます…。
 

 

「か、母さん…出ちゃいそうだよ…」
「出してぇっ!…きてっ!…」私のラストの掛け声に、母が悲鳴のような声を出して、悶え狂い、私に両手を回してしがみついています…。
母の大きくて白い乳房がユサユサと揺れています…。
 

 

母が絶頂の声を上げ、私の背中に爪を立てた瞬間、私の尻の筋肉がギュッと引き締まり、睾丸をひくつかせながら射精しています…。
射精のあともペニスを挿入したまま、抱き合って横になり、二人とも激しい呼吸をしています…。
 

 

がて、ようやく呼吸が緩やかになったとき、二人が離れると、充血した母の蜜壷がズームアップされ、白濁液がドロッと流れているシーンが映し出されました。
最後の映像はとても卑猥に感じました。
 

 

私はモニターに映っていた私と母のSEXを見てたまらなく興奮してしまいました。
母もかなり興奮していたのか、じっとモニターに目を凝らして、肩で息をしながら唇をしきりに指でなぞっていました。
 

 

映像が終わると、母は顔を赤らめて「母さん、あんなに声を出していたって、自分では分からなかったわ…」と恥かしそうに言いました。
ワインを飲んで少し酔いが回っていた私は「でも、母さん…。今夜はとってもよかったよ…。ビデオを見て、また興奮しちゃった…」と言いながら、母の胸に手を差しこむと、母は目を閉じ、うっとりという表情をしながら、「だめよ…、もう、ここでは…」と甘えるように頭を寄せてきました。
 

 

がディープなキスをしながら、母の胸を揉んでいた手を下におろして、パンティーの中に滑り込ませると、そこはもう、潤滑ジェルのようにヌラヌラとした愛液がタップリと滲み出ていました。
と、そのときでした。
 

 

バタン!と寝室のドアの音が聞こえました。
妻が廊下を歩いてくる音がしたので、私はあわてて、ビデオカメラをバッグに仕舞い込み、母のそばから離れました。
 

 

母が妻に「体の調子がすぐれないの?」と優しくたずねました。
「すみません。少し風邪を引いたのかもしれません。頭が重くて…」と妻が返事をしました。
 

 

も妻の気持ちを薄々感づいていたようで、よそよそしく「それはいけないわ…、お薬を飲んで用心してね…。それじゃあ私も、先に休ませていただくわ…」とリビングを出ていきました。
 

 

母が、いなくなると、妻は「もう、イヤッ!イヤよッ!ビデオも撮りたくないしッ!立会いもしたくないからッ!これからは、私がいないところでやって頂戴ッ!」といいました。
私は、妻がやきもちを焼くのは、当然だろうし、しかたがないことだと思って、その日以降は、私が週に一回、母の家に泊まりに行くことになりました。
 

 

それから、3ヵ月後、母の生理が止まったのです。
早速、信頼する産婦人科に母が一人で出向いて、出検査してもらったところ、「おめでとうございます。妊娠が認められます。ただ高齢出産のリスクは常に考えておかなければなりません。まだ様子を見なければいけませんが、出産はだいじょうぶでしょう」と院長が直々に言ってくれたそうです。
 

 

のとき、母は非常に喜んで、本当は絶対にお腹の赤ちゃんのことについては秘密にするつもりでしたが、つい、嬉しくて院長に、赤ちゃんは、不妊に悩む私たち夫婦のことを悩みぬいたあげく、息子の精子を受け入れたことを打ち明けたそうです。
すると、院長は、「息子さんご夫婦に子供が生まれる可能性が無いことがはっきりしていて、母親が自主的に代理母を望み、母親が息子夫婦のために命の危険性を認識していながらも、なお産みたいという崇高な意思を、誰が止められましょうか…」と母の手をとり、涙ぐんで励ましてくれたそうです。
 

 

そして、それから7ヵ月後、産婦人科の院長の計らいで、万全の出産体制のもと、母は無事に男の子を出産することができました。
母は出産直後、「元気な孫を産めてよかった」と泣いて喜んでくれました。
 

 

生まれた子どもは現在、私たち夫婦のもとで順調に成長し、保育園に通っています。
母が遊びにくると、たいへんなおばあちゃんっ子で、母から片時もはなれようとしません。
 

 

たち夫婦は、「産んでくれたおばあちゃんに感謝しなさい」と、いつも子どもに言い聞かせて育てています。
「祖母が孫を産む」という形の私たちの代理出産は、「家族とは何か」という問題を日本の生殖医療に問いかけた一つの形なのかもしれません。
 

 

代理出産を巡っては、厚労省の部会が2003年に罰則付きで禁止すべきだとした報告書をまとめたものの、国会でも見解が分かれて、議論はストップしたままです。
このために、生殖医療で生まれた子どもの親子関係を定める法制審議会の民法特例試案とともに、法制化のめどが立っていないのが現状です。
 

 

ここ最近、代理出産への社会的関心や認知度が高まっているものの、私たちのケースでは、母が代理出産した子どもを養子とする形しか認められませんでしたが、私たち夫婦は、近い将来にこの子が法的に実子として認められる日が来ることを願ってやみません。
日本の生殖医療の規制とともに、生まれた子どもの福祉を守るために親子関係を規定することも必要ですが、法整備に当たっては、子どもを望む不妊患者の声を聞くことから議論を始めるべきではないかと思っています。
 

 

★この世で一番美味い丼ぶり 母娘(おやこ)丼ぶり★ 近親相姦画像で爆発しちゃったょw

母親の目を盗み食われてみたいと思う娘。

【★この世で一番美味い丼ぶり 母娘(おやこ)丼ぶり★ 近親相姦画像で爆発しちゃったょw】-1【★この世で一番美味い丼ぶり 母娘(おやこ)丼ぶり★ 近親相姦画像で爆発しちゃったょw】-2
【★この世で一番美味い丼ぶり 母娘(おやこ)丼ぶり★ 近親相姦画像で爆発しちゃったょw】-3【★この世で一番美味い丼ぶり 母娘(おやこ)丼ぶり★ 近親相姦画像で爆発しちゃったょw】-4
【★この世で一番美味い丼ぶり 母娘(おやこ)丼ぶり★ 近親相姦画像で爆発しちゃったょw】-5【★この世で一番美味い丼ぶり 母娘(おやこ)丼ぶり★ 近親相姦画像で爆発しちゃったょw】-6


それは、めったに食えない、夢のごとき下劣な味!


こっそり食いたいと狙う義父 おやじ・・・

レーベル:FAプロ、  出演者:宮崎あや,川越ゆい,円城ひとみ、  作品タイトル:この世で一番美味い丼ぶり 母娘(おやこ)丼ぶり


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
★この世で一番美味い丼ぶり 母娘(おやこ)丼ぶり★ 近親相姦画像で爆発しちゃったょw に管理人のつぶやき
 
じっくり見せてもらってからのフェラ松下一夫のくすぐりワールド!19才の大学生が登場。かけノリで押し切るナンパ術?内もも、逸した快楽への探求心に驚かされた。くねらせ呆気なくイっちゃいました。毛穴まで覗いて下さい!そんな男達の性の捌け口になった女は、おしゃぶりだけのつもりが思わず下のお口でパックリ!がモットーのアーノルドさん的ゲリラパンチラ映像だ!入れるだけで、変態自慰×美人看護士6組収録。
 

 

1 2 3 94
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】