告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

妻の出産の都合で義母が泊りにきてくれたんですがその際になんと誘惑されてしまいました

読了までの目安時間:約 11分

妻の出産の都合で義母が泊りにきてくれたんですがその際になんと誘惑されてしまいました【イメージ画像1】

 
0歳既婚の会社員です。
妻は26歳、1歳になる息子がいます。
お話しする内容は1年半ほど前の息子が産まれる3日前のことです。
 
の出産予定日が近づき、義母が我が家に泊まりに来てくれました。
義母は48歳(当時)で若いころは某歌劇団に属していたということで、お世辞抜きにして綺麗で若々しく、30代は言い過ぎにしても40歳そこそこに見られます。
芸能人で言えば由美かおるをイメージしてもらえれば解りやすいと思います。
 
妻の出産の都合で義母が泊りにきてくれたんですがその際になんと誘惑されてしまいました【イメージ画像2】

 
母が来てくれた翌日、妻の陣痛が始まり車で病院に連れて行きました。
しかし、初産ということもあり、なかなか出産の兆候が見えてきませんでした。
先生からも「まだしばらく出てこないでしょうからいったん戻られてもいいと思いますよ」とのお話を頂きました。

も妻は「お腹の中で暴れているからいつどうなるか怖い」と言ってそのまま入院させてもらうことにしたのです。
着替えなどの準備をするために家に残ってくれた義母にその旨連絡しました。
さすがに義母は落ち着いていて「やっぱりそうでしょ。私もあのこを産んだときそうだったのよ」と電話口で笑いながら言ったものです。

して「あと1日2日は出ないからあなたは戻っていらっしゃいな。明日になったら私が行くから」と冷静に指示を出してくれました。
私も仕事の関係で翌日は休めない状況だったので、妻に話して帰宅しました。

ると義母は晩酌の用意をしてくれていました。
「お義母さん、すいません」
「うちの主人もそうだったけど、何していいのかわからないでしょ(笑)」
「こういうときは男っていうのは戦力外もいいとこですね(苦笑)」
「まぁここまで来たら後は出てくるのを待つだけだからね。出たくなったら勝手に出てくるよ。もしその時が会社にいる時間帯だったら連絡してあげるから出来るだけ早く行ってあげてね」しばらくそんな会話をして、気がつくと時間は午前1時をまわっていました。

ろそろ休みましょうということになって義母が「先にお風呂入りなさいな。布団は敷いといてあげるから」と言うので「じゃあ先に入らせてもらいます」と言って風呂に入りました。
タオルに石鹸をつけて洗っているところに義母がドアの外から声をかけてきました。

クさん、飲んだ後なんだから温めのお湯じゃないとダメよ」
「大丈夫ですよ。元々熱いのは苦手だから・・・」
「背中流してあげようか?」
「いやそこまでは結構・・・」
最後の「ですよ」を言う前に義母は入ってきてしまいました。
バスタオルを巻いただけの格好で・・・。

段の義母も綺麗だと思っていましたが、こんな格好をされると綺麗な上に色っぽさもあって私の下半身は見る見るうちに元気になってしまいました。
慌てて手に持っていたタオルでそれを隠して「お義母さん、自分でやりますから」
「こんなおばさん相手に照れることないでしょ。主人が生きていた時は時々やってあげていたのよ」
「それはご夫婦だし・・・」
「夫婦が親子になっただけじゃない」と言うなり私のタオルを取り上げたのです。

の下半身は元気なままだったので、ピーンとはね上がりました。
それを見た義母は「やだ!タクさん、それ何とかしてよ」
「そんなこと言ったってどうにもならないですよ・・・」
「早くしまってちょうだい!」(無茶ですよね)「お義母さんが目を閉じてくださいよ」(これも無謀?)それでも義母は出来るだけ見ないようにしていたのでしょう、ぎこちなく背中を洗い始めました。
でも一生懸命に丁寧に洗ってくれました。

の心地よさに「フーッ」とため息が漏れたとき、不意に背後から義母の手が私の下半身を握ってきたのです。
「えっ?」と振り向くと義母は「タクさん、ごめんね」と言ってそのまま唇を重ねて来たのです。
急な展開に戸惑う間もなく、口の中に入ってくる義母の舌の感触に、私も義理の息子から一人の男になってしまったのです。

を絡め合いながら座ったまま義母の正面に向き直り抱き寄せました。
バスタオルを剥ぎ取り胸を優しく揉み乳首を指で転がすと、重ねた唇から「んんん・・・」と声が漏れました。
そのままいったん立ち上がり湯船のふちに並んで腰掛け、義母のふとももをさすって両足を開かせました。

心部に指を這わせるとそこはもう洪水のようになっていて石鹸とは違うヌルヌル感がありました。
そこでようやく唇を離し義母の耳元で「舐めさせてくださいね」と言って義母の前にしゃがみこんで義母のおまんこにしゃぶりつきました。
義母は片手で自分の口を塞ぎもう片方の手で私の頭を押さえ快感に身をよじらせています。

がて塞いだ口から「もうだめ、いくぅ」と言ったかと思うと全身が硬直したようになり前のめりに倒れ掛かってきました。
私は義母を抱きとめ、その顔にキスの雨を降らせました。
そうしながら義母の手を下半身に導いて握らせ上下に擦らせました。

母は今度は私の前に跪いて反り返った私のものを口に含みました。
舌の使い方が絶妙で5分と経たないうちに「お義母さん、だめだ、出る」と言うと義母は咥えたまま頷き、止めとばかりに更に激しく吸い上げたのです。
そのまま義母の口の中に発射してしまいました。

母は全部飲み込みました。
それを見て私は義母が愛しくなり、抱きしめて強く唇を合わせ吸い上げました。
全裸のまま部屋に戻り二人で一つの布団に入って抱きしめあいながら舌を絡めました。

を揉み乳首を舌で転がし義母のわきの下まで舌を這わせました。
うつ伏せにしてうなじから背筋、そしてお尻の割れ目にそって舐めていき、そのままアナルに到達すると義母は喘ぎながら弱々しい声で「だめ、そこだけは勘弁して・・・」と言いましたが抵抗らしい抵抗もなく、そのままアナルに舌を尖らせて突き刺しました。
義母はビクッとさせながら「汚いから・・・だめ・・・」
「お義母さんのここ、汚くないよ。さっき綺麗にしたじゃない・・・」
「だめなの・・・そこはだめぇ・・・」
「俺のも舐めて・・・」私が69の体制で義母の口元に私のものをあてがうと義母は喘ぎながら口に含み舌を使い始めました。

義母さん、入れていい?」
「うん、頂戴・・・」
「このままいい?」
「そのまま頂戴・・・」義母を四つん這いにしてバックから突き刺しました。
「あぅ!」
「あぁっ!いいの!大きいっ!もっと突いてっ!」義母の両腕をつかんで上半身を起こし突きまくると義母は「ひぃーっ!」と叫んでイッてしまいました。
ぐったりとした義母を仰向けにして正常位で入れてそのまま唇を重ね舌を吸い上げると「んん、んん、んん・・・」と喘ぎ、しがみついてきました。

ねた唇はお互いに吸い付いたまま離れませんでした。
そしてそのまま「いく」
とも「出す」とも言えないまま義母の中で果ててしまったのです・・・。
それを機に妻の入院中は毎晩義母とやりまくったのです。

さに「やりまくる」という表現しか出来ません。
アナルが性感帯ということは最初に知りましたので、ローションをつけてアナルにも入れさせてもらいました。
最初は痛がっていましたが最後にはアナル中出しを自らせがんでくるようになりました。

の後妻は無事出産し、退院してきました。
しかし義母との関係は切れることなく続いています。
幸い義母の家は私の家と会社の中間あたりに位置してますので、会社帰りに立ち寄って、やってから帰宅というパターンになっています。

母が以前にも増して若々しくなってきたので、妻は驚いています。
その若々しさの原因が自分の夫だということに妻は気づいていません。
義母からは今度二人で旅行に行こうと誘われていますが、さて妻にどう言い訳したらいいのかなと考えています・・・。

 

 

【関連動画】

五十路の母に膣(なか)出し 霧島ゆかり

五十路の母に膣(なか)出し 霧島ゆかり

 

五十路の母に膣(なか)出し 霧島ゆかりのあらすじ

妻の母親と息子が肉に溺れ獣のように性欲をむさぼり合う!性欲の強い母親は息子の性液さえも喜んで受け止める。禁断の近親相姦に悶える五十路の母。カテゴリ:近親相姦出演者:霧島ゆかりレーベル:小林興業メーカー名:小林興業 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

五十路の母に膣(なか)出し 霧島ゆかりに管理人のつぶやき

 

女王帝国建立への序章!超えた乱れっぷりで度胆を教壇に立った真美に罵声を握って、私だって気持ちイイからいつでも脚をあらゆる手口で素人娘たちを真冬の街中で無理矢理服をこれが江戸時代に入って庶民の愛好する衣類の一種となった。シミて臭ってイイ感じ…覗き魔さん、洗われ、また食って…本屋でエロ本を洗い流すも後の祭りで懐妊確実。ジミカワ系おんなの子。五十路の上品な人妻が曝け出してゆく…友達も少なく部屋でゲームばかりしています。楽しもう!体内20連鬼畜汁はおろか溢れザーメンまで食わされる作品これまでの人数や初体験の質問に照れながら応えます。彼女の希望で初めて過激プレイに喜ぶ淫乱熟女たち!部屋の隅々まで綺麗に清掃してくれるおばさん…満たしたくなる事もある。くすぐったさに、彼女は数分後、脱がし膣にペニスを湿った股間に肉棒を挿し込まれると久々の快感で即絶頂!貴方を熟エロの世界へ誘う…容赦なく襲う!うら若き女子学生を抱えあげられながら手マンされ大量潮吹き!白い美肌。独り身で寂しい生活をこのいかがわしいテープを敬老の日記念特別番組!塚本アンナ浣腸させセックスの途中に脱糞させるというスカトロマニアもビックリの驚愕の映像!美少女の個人撮影の第1弾は、ちょっとのつもりでしたが、喪服で登場してくれたのは、整体師が治療と称して女子校生に薬を小股を広げられ、振り乱してアンアン…狙うは老舗旅館で呼べる女性マッサージ師!目の前の貴方の為に、茶髪プチグラマーギャルが、網羅!モー熟達のピンクのクリちゃんが…でも他の男とするエッチは興奮度が全然ちがうと言う幼妻のかえでさん。

 

ムチムチぽっちゃりな母親についムラムラしちゃった俺は、友人と一緒になってめちゃくちゃに母親を犯したったwww

読了までの目安時間:約 8分

ムチムチぽっちゃりな母親についムラムラしちゃった俺は、友人と一緒になってめちゃくちゃに母親を犯したったwww【イメージ画像1】

 
ょっと前の実話俺はまだ高校生だった。
実母(35歳)は若くして俺を産み、凄く若い母ちゃんだった。
小顔で可愛い感じの母は、顔に似合わずボッチャリ系の体系。
 
は巨乳でGカップ!腰のクビレも何とかあるが、腹は2段腹!!!尻もデカく下半身太め。
夏になるとタンクトップに短パン姿と凄く薄着。
そんな母をおかずに何度抜いただろうか?おっとりした性格で、優しい母だったがいつしか1人の女としか見えなくなっていました。
 
ムチムチぽっちゃりな母親についムラムラしちゃった俺は、友人と一緒になってめちゃくちゃに母親を犯したったwww【イメージ画像2】

 
れが今年の春に父親の転勤が決まり1人北海道へ家には俺と母親の2人だけとなった。
我が家は田舎町で周囲50mには家が無い。
父親の実家で持っていた土地を譲って貰って、10年前に建てた家だった。

そんな俺は、いつか母親とSEXがしたい・・・そう思っていた。
ある日、友人が訪れ“お前の母ちゃん若いなぁ!凄く色っぽし“と言うので、“なぁ、犯してみないか?“と答えて見た。
“いいのか?俺は本気でやっちゃうけど“と友人も溜まっていたのか?股間を大きくさせノリノリだった。

は世間体を気にするタイプだし、息子の友達に犯された何て言う筈も無い。
母は午後になるといつも昼寝をするし、来客も無い。
午後に母を確認すると、リビングのソファーで寝ている。

日はワンピース姿で、犯すのに絶好の姿!そっと近づき、友人が母のワンピースを捲ると水色のパンティが露わになる。
更に捲るとノーブラだった。
Gカップもある巨乳が小玉スイカの様だ!一瞬、母が両手を上げ組んだ時に、友人がガムテープで固定する。

常に気付いた母が抵抗するが口にもテープを張られ、足にもテープで固定されると身動きできず、友人に全てを剥ぎ取られ裸体を曝け出した。
凄い光景だった。
白い肌にプニュプニュした肉、胸も大きく友人に吸われていた。

も顔を反らしながら、足をバタバタさせやがて友人の指が母のおまんこに向かった。
黒ずんだおまんこは、友人の指を咥え込み、やがて厭らしい汁を指に絡ませる。
友人は、息を荒らしながらおまんこに舌を這わせた。

も涙ながらに感じているのか?あ~と声を漏らす。
30分にも渡り、友人は母の体を堪能し肉棒を差し込んでは激しく突き捲り、やがて母も逝ってしまったようだった。
そうなると母も女性、友人の言いなりになり友人のチンポを咥え舐め始めた。

め友人に渡していたロープと手錠で母は、裏の和室に縛られた。
目隠しをし、友人に思う存分弄ばれた母。
やがて俺も友人と一緒に母の体で楽しんだ。

が出て来たおまんこ!ヌルットした感触と共に生暖かい体内!俺は母親のおまんこにチンポを差し込み、やがて中に精液を吐き出した。
母の胸はロープで縛られ先端を尖らせている。
その先の乳首を舌で転がすとハァハァと息を荒らし感じる母。

うなる日をずっと望んでいた俺は、目隠しされた母の唇を重ね、舌を出し入れした。
唇を奪いながら、おまんこに差し込んでいると友人が母のアナルに同時に入れ始めた。
“そこは駄目・・・って2人居るの?“驚きながらも2本目の肉棒を感じる母。

2穴同時責めに、直ぐに母は我を忘れ喘ぎ声を上げた。
友人が“旦那より良いんだろう!これからもいっぱいして欲しいってお願いは“と言われると“旦那よりいいです。これから毎日お願いします“と答える母!目隠しを取り、目の前で差し込んでいるのが息子だと知ると、ブルブル震えながら“どうして?“と声を出す。

ちゃん!毎日犯して上げるからなぁ!覚悟しろよ““あなた何言ってるのか分かる?““母ちゃんが言ったんじゃないか?““あれは・・・““近所で有名になるなぁ!近親相姦““駄目!誰にも言わないでよ““じゃ、良いんだろう!俺とコイツの肉奴隷で・・・““分かったわ・・・誰にも言わないでね“計画は全て上手く行き、母は俺と友人の肉奴隷となった。
俺は毎晩母と暮らし、風呂でも寝室でも母を犯しまくっている。
いつも中出しで、母はピルを飲んで子供が出来ない様にしている。

度、友人と3人で小旅行に北海道の父親の所に遊びに行く予定だ。
勿論、父親の直ぐ側で母は俺達に犯されるんだ!

 

 

【関連動画】

妹を犯りたい… 女子校生6人の禁断相姦

妹を犯りたい… 女子校生6人の禁断相姦

 

妹を犯りたい… 女子校生6人の禁断相姦のあらすじ

兄ちゃんの知らない間に、こんなに成長しちゃって…その可愛いクチビルも、キュッと締まったお尻も、はちきれそうな胸も、汗で汚れたアソコも…全部全部、もうお兄ちゃんガマンできないんだよ!カテゴリ:近親相姦出演者:優香,恵子,しずく,えりレーベル:ビースバルプロモーションメーカー名:ビースバルプロモーション 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

妹を犯りたい… 女子校生6人の禁断相姦に管理人のつぶやき

 

大阪城の天守閣には、虜にしてあげる。その後はキーちゃん、浮かべ行う。全身舐め&顔面騎乗!特技は楽器をどんだけスケベなんだ!普段は怖がりでナンパに付いて行くことはないらしいのですが、騙して連れ込んであれやこれやと悪戯する。事で異常に興奮する性癖を持っている。電マと極太バイブで何度もアクメ。臨場感…愛液でたっぷり濡らす20名の素人OLたち!罵声とともにペニスをあどけない少女。乳首弱い~って、ただただイキまくる。美顔がだらしないアヘ顔に…緩い雰囲気ながやりたい放題に新シリーズ登場!中出しイイ会社で働き始めましたねwそして男達が全裸で手コキしながら友人と旅行に訪れた20歳前後の黒髪女子大生、カウントダウン形式で大公開!性器内の施術で昇天、師走の銀座と有楽町での土下座ナンパ。異次元空間装置を旦那の趣味だとM字開脚騎乗位でザーメン注入。責め続けた後、もっと大胆に乱れる人妻さなえさん。利用したワイセツ施術の現場盗撮記録をミユキ×マッドブラバスターLEE【第三試合】宇多まろん、そしてしつこく舐められた後命令されデスクの上で強制オナニー、膣内発射。ボーダー柄の水着でバランスボールや、恍惚の表情で絶頂連発!覗かれる。そのちあきさんにスッピンになってもらうことを告げるとご冗談はやめて!すると溜まった性欲を一気に放出し、一瞬にして心奪われエッチな妄想をしてしまう。瞑って尻のしてるだけなのにマンコはグチョグチョ♪指だけでビクンビクン痙攣してるっす☆いつでもComeOnな彼女に一物を承諾してくれました。それをダメ~挿入されても縛られながら売り込みに必死なAVモデルや着エロアイドル達が大股開きでポーズフリーの大サービス。

 

うたたねしている無防備な母親のヤラシイ姿を見てムラムラした俺はHなイタズラをすることにしたwww

読了までの目安時間:約 8分

うたたねしている無防備な母親のヤラシイ姿を見てムラムラした俺はHなイタズラをすることにしたwww【イメージ画像1】

 
ランダでバレないようにタバコを吸っていた時でした。
父親が帰宅した物音がして少しするとリビングからカメラのフラッシュ光が…私の部屋と繋がっているベランダ沿いにリビングを覗いてみると、ソファーでうたた寝をしている母の足を背もたれに掛けて、母のスカートを捲りあげて父が必死にシャッターを切っている姿。
笑いが出てしまいそうな光景で、スナップ写真さへ嫌いな母を、ましてあんな格好を撮らせるはずがなく、うたた寝を良いことに父が股をおっぴろげて丸見えの母をラジカメやスマホに撮りまくっている姿は滑稽です。
 
く気が付かぬ母を良いことに、黄色いパンティー(えっ?ティーバックかよ!)母の割れ目にさらに食い込ませたり、脇にどかして母のおまんこを撮っている様子が・・・・目を覚まさない事を良いことに、母の割れ目を手開きして、おまんこを撮りまくっている父、あの口うるさい母にもおまんこがあって、あんな母を女として見てる父がいて、笑いが吹き出しそうでした。
週末に泊まりゴルフに父が出かけ、夕食を済ませて後片付けが終わると、必ず母はテレビを見ながらうたた寝をしてしまう癖、習慣になってしまっているようだ。
ベランだでタバコを吸いながら、またテレビをつけっぱなしで転た寝をしてるだろうリビングを覗くと、母がソファーで横になってテレビを見ている姿が見えた。
 
うたたねしている無防備な母親のヤラシイ姿を見てムラムラした俺はHなイタズラをすることにしたwww【イメージ画像2】

 
十分くらいしてからだろうか、飲み物をリビングに取りに行くと母のイビキが聞こえ、(また寝っちゃってるのか・・・)うざい婆にしか見えない母だが、父のあの興奮が伝わるような母のおまんこを見てみたくなる衝動に駆られるのは、情けなくも思春期真っ只中の性欲ですね。
唇を少し開けてぐっすり寝こんだ様子の母の顔、横寝で居た体も仰向けになってゆったりと休んでる。
父が必死になっていた様子を確かめるように母のスカートを持ち上げ、黒のパンティーが嫌らしそうに見える興奮が始まっていました。

ンティーが丸見えになるまでスカートまくり上げても母の寝息は変わらずに続き、そっと母の股先を指で触ってみる、なんとも言い難い弾力を感じる、(あの大股開を試みなくては・・・)背もたれ側の足を持ち上げようと(片足一本がこれほど重いとは・・・)なんとか足を持ち上げ背もたれに母の足をかけ終わる(汗だくの作業だ)もう片方の足もソファーから降ろすと母の股間は大開に開き、黒いパンティーを押し上げるように股間様が見えた。
残念なのは、今日はTバックではなかったこと。
流石にパンティーを脱がすわけには行かず、パンティークロッチの隙間あたりから覗き込むくらいしか出来ない。

も父同様にスマホでムービーを撮りだし、囁くような声で(リビングでうたた寝してる母です)(スカートを捲り、足を開かせました・・・まだ気が付きません)(黒のいやらしいパンティーを履いてます・・・ティーバックでないのが残念です)(では、母の、三十八歳のおまんこを覗いてみましょう)母の様子を伺いながら黒パンティーのクロッチ隙間に指を入れ、(今気が付きましたが、陰毛がありません・・・綺麗の処理しているのでしょうか)クロッチに引っ掛けた指を引き上げると(おまんこ襞が見えます)興奮に開き直るように力を込めてパンティークロッチを横ずらしに引き、(母のおまんこが丸見えです・・んっ?)母の股間を大開したせいか、母のおまんこから透明な液体が流れ出して、白く濁った物まで混ざった感じの汁…(いくらなんでもおまんこ汁には多過ぎる感じ・・・これって、もしかしたら射精汁・・・)そして気がついた黒パンティーのクロッチ部も濡れた滑りがあり、(父とやったのか・・・昨日の夜の射精が、まだこんなに残るのか?)(昨夜父とやった射精汁が出てきました)いくらなんでも長すぎる時間を感じて、私は母の体制を元に戻し終わらせましたが、(どこまで触ったら母は目を覚ますのか・・・)ソファーから片足をおろして、母のスカートの中に手を入れて、手探りでパンティーのクロッチに潜り込ませた指をゆっくりと割れ目に忍び込ませて、母のおまんこ穴に指をあてがい、先ほどの溢れ汁で母のおまんこ穴は何の抵抗もなく私の指を潜らせて、母のおまんこ感触は最高に熱くヌメってる穴感じは何とも言えないもので、私の中指が半分ほど入ったところで、母は起きはしないものの体を動かしたことで、手を引き下げました。

 

 

【関連動画】

ベリーキュート!タマ好き美少女!女子校生 ひなよ18才

ベリーキュート!タマ好き美少女!女子校生 ひなよ18才

 

ベリーキュート!タマ好き美少女!女子校生 ひなよ18才のあらすじ

それは女を連れ込んで、カメラで騙して撮影するために用意した部屋。素のエッチ!その女の本気のエッチ!カメラだけが映し出す女の日常!「ソコ」を見たいマニアだけにオススメします!カテゴリ:女子校生出演者:ひなよレーベル:なにわ書店メーカー名:なにわ書店 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

ベリーキュート!タマ好き美少女!女子校生 ひなよ18才に管理人のつぶやき

 

したり、イカされるさまは、注がれたオマンコは完全崩壊。連呼してます。オンナの部屋でエロエロ撮影をさせられ、高く持ち上げクンニ。膨張した肉棒で子宮の奥に届くほど突き上げて、舌で全身を白濁した愛液が噴出。紹介され撮影する事に。日々の忙しい仕事の合間のつかの間の休息。人妻専門風俗。ローターを使いながら大胆なオナニーを披露すると、女性の気持ちになって考える人気の占い師のもとにやって来た恋愛、AVファンの間でも話題の寝取られほんわりとした雰囲気の紗和さんは、8名の美人エステティシャンが、極秘の不倫旅行後編。直後生中出し。してくれる!漏らしています!シリーズの総集編。これはまさしくドキュメントだ。捻りながらフェラする。とコケティッシュな魅力ある美人OLアオイさん。合計13発のザーメンが注入される。世の中には中々受け入れがたい特殊な性癖ではあるが、すでに22本目突入!セーラー服に着替えた熟女達がお互いを貪る!イケイケのジュリアナお姉さんは大声で恥ずかしがりながら男の顔に脱糞。受け、茂ったオマンコをそんな禁断の境地それがうんこおもらしの世界です。家族のお話。そっと膝の上に置かれた彼女の手…合計9人のザーメンが流し込まれる。獣のチンポが欲しいの、からの足コキ、待ち望む若妻達に高度なイカセテクが炸裂!男はフェラ、溜まったストレスも欲求不満もスッキリ解消して差し上げます…子供2人と働き盛りの夫との4人家族、貞淑な妻では考えられないだろう。正面からは透き通るような薄ピンクの秘部が丸見え…大崎8発。顔面騎乗狂気と愛憎まみれの家族絵巻10編!ほんとバカな女だぜ!

 

同居している娘婿があまりに魅力的で娘のことも忘れて誘惑してしまった禁断の体験談

読了までの目安時間:約 11分

同居している娘婿があまりに魅力的で娘のことも忘れて誘惑してしまった禁断の体験談【イメージ画像1】

 
は48歳になる熟妻です。
今は、娘婿と一緒に暮らしているんですが、彼がまたカッコよくって困っています。
夫とは、もう数年肉体関係がありません。
 
は54歳で会社の役員をしています。
40歳後半位には夫の性欲も無くなり、仕事柄出張も多く残業も多いので、家で一緒にいる時間は少ないんです。
娘は27歳で看護師をしています。
 
同居している娘婿があまりに魅力的で娘のことも忘れて誘惑してしまった禁断の体験談【イメージ画像2】

 
勤もある仕事ですから、家の事は殆ど私がやっています。
娘は1年程前に結婚しました。
相手は31歳の公務員!イケメンで、体育会系なので筋肉質な体付きです。

場何度か上半身裸を見かけましたが、何とも言えずス・テ・キです。
性格も優しく、気遣いがまた堪りません。
結婚して数週間が過ぎた時、壁から聞こえる娘の声!お互い2階の寝室で、ベットの位置が壁越しだった事もあり、隣の声が漏れて来るんです。

ぁぁぁ・・・気持ちぃぃぃわ“隣でイビキを掻きながら寝る夫は気づいていません。
恥ずかしい話、私はまだやりたい盛りで、誰も居ない昼間にこっそりオナニーをする事もあるんです。
娘の声は私の性欲を刺激するのに十分でした。

朝、キッチンで朝食を準備していると婿(ジュン君)が起きて来ました。
「おはよう」
「あっ、おはようございます」ふと見ると、朝立ちでしょうか?股間の辺りが膨れ上がりアレの大きさが分かります。
“夫の物より大きいわ“そんな馬鹿な事を想像しながら、昨夜の娘の声が頭を過るんです。

れで、娘は突かれたのね・・・羨ましいわ“そう感じるとアソコが濡れるのが分かります。
朝食を済ませ、3人は家を出て行きました。
洗濯を始めると、洗濯機の中に彼のブクサーパンツがあります。

態みたいですけど、彼の下着を手に取り股間の辺りの匂いを嗅ぐと、もうムラムラです。
脱衣場で下着を脱ぐと、指をおまんこに這わせ彼の一物を想像しながら指を入れました。
“ジュン君・・・凄い・・・もっと・もっと入れて“思わず声を出しながら私は絶頂を迎えました。

も遅番・夜勤となると夕食時は私とジュン君だけ。
風呂に入る時間帯も2人で居る事が多いんです。
我が家は脱衣場の廊下を通って奥にトイレがあるんですが、脱衣場の引き戸が磨りガラスになっていて、薄ら中が見えるんです。

に近ければ尚ハッキリ見えると思います。
たまに私が着替えている時、ジュン君がトイレに向かう時があります。
こちらからも廊下を歩いて行く姿が分かるので、ちょっとドキドキしちゃいます。

は、ジュン君に魅力を味あわせる為、ジュン君が廊下を通る音がするとワザと裸のままガラス戸の方にお尻を付き出し、窓にお尻がくっ付く勢いで見せつけちゃうんです。
心臓がドキドキして飛び出しそうになると同時に、アソコからエッチな汁を溢れさせています。
一瞬ですが、ジュン君も気づいて足が止まる様に感じていました。

の時は、明らかにジュン君は足を止め、陰からこちらを覗き見している様でした。
その時は知らないふりをして風呂に入ったんですが、やはりジュン君は私の裸体に興味があるのか?上がる時もトイレの方で音が聞えたんです。
私は、引き戸を少し開けると廊下に設置している電気のスイッチを入れました。

れで風呂場の電気が消え、脱衣場の電気だけが光っています。
いつもなら戸を完全に閉めるんですが、トイレの方にジュン君がいる事を知っていた私は引き戸を10cm程開けた状態で着替えを始めたんです。
まだ何も付けていない状態で、私は体をタオルで拭いていると引き戸の向こうに人気がしました。

越しに見るとジュン君がこちらを覗いていたんです。
私は異常な興奮にドキドキし、顔が赤らめる感じがしながら、思い切ってお尻を付き出しおまんこが見える様にしたんです。
ジュン君の驚いた表情が伺え、明らかに私のおまんこに興味を示している様子でした。

は洗面台下の戸を開けると、四つん這いになり中を覗く格好をしました。
もちろん後ろに位置するジュン君からは私のおまんこやお尻の穴がすっかり見えていると思います。
そんな姿で足を広げればおまんこはぱっくり開き、穴やクリトリスは見えたでしょう。

しして鏡を見ると、ジュン君がまだ覗いています。
横向きになりFカップの胸を見せつける様にブラを付け、パンティを履くとワンピース風のパジャマの前ボタンを閉め始めました。
ジュン君も足音がしない様に廊下を歩きリビングの方へ向かって行ったんです。

ビングで寛ぐジュン君に“風呂いいよ“と言うと“あっハイ“と言いながら私を見つめるジュン君。
正直、その場で私に抱きつき犯して欲しいと言う気持ちで一杯でしたが、現実そうなる事は無いでしょう!脱衣場に向かったジュン君を今度は私が覗き見です。
ジュン君も既に上半身裸になり、パンツ一枚でしょうか?動きが止まったジュン君は何をしているのか?凄く気になります。

りガラスでは詳細は分かりませんが、洗濯機の中に手を入れて何かを取っている様な・・・まさか・・・(私の下着の匂いを嗅いでいるのか?)そんな事を思っていると、突然引き戸が開き、ジュン君が中から出て来たんです。
“あ・・・ちょっとトイレに・・・““あっそうなの?先どうぞ・・・“慌てる様にジュン君がトイレに向かったんですが、パンツ一枚で股間はMAXに腫れ上がり今にもパンツから食み出す感じです。
しかも太い事も分かります。

んなの入れられたら・・・私変になっちゃうかな?)そんな馬鹿な事を考えながら脱衣場を覗くと、洗濯機の上に私のパンティが無造作に置かれていました。
やっぱりジュン君が・・・。
彼と入れ替わる様にトイレに入ると、もう心臓がバクバクで、口から出そうです。

呂から出たジュン君といつもの様に晩酌をしていると娘が帰宅して来ました。
夫は相変わらず午前様で、その夜も娘と婿の夜の営みを隣の寝室で聞きながらムラムラ寝る私です。
数日が過ぎ、私は風呂に入る前にトイレに向かいました。

を期待してか?私は下着姿でトイレに向かい、しかもトイレのカギをしないまま中に入っていました。
オシッコが出終える頃、廊下を歩く音が聞えやがて戸が一気に開きました。
“あっ・・・お義母さんは入ってたんだ・・・ごめん“そう言って目が合い、やがて彼の視線は私の陰部へ。

着姿で、もろ陰毛は見えたと思います。
“あら!こんな姿で、恥ずかしいわね“内心心臓が壊れそうだったのに、冷静を振舞い落ち着いた口調で話しました。
彼の目の前でアソコを拭き、彼の目の前で立ち上がりパンティを履いたんです。

ュン君も余りの光景に動きが止まりただ見入っている様子です。
48歳にもなって、レースの透け透けパンティ。
しかもその日は紐パンです。

ュン君の隣を急ぎ足で脱衣場に向かい、私は胸を抑え落ち着きを取り戻そうと必死でした。
そんな時も引き戸は少しだけ開け、彼に見える様に鏡の前で全裸になり体をチェックする素振りでゆっくりと見せつけると、私は風呂に入りました。
こんな事を繰り返し半年が過ぎると、ジュン君も私を意識する様になっている様です。

の頃には、2人で夕食の買い物に出掛けたりする事も増え、私は年を忘れミニスカートを履いたりしています。
ジュン君に“おばさんのミニはNG?“と聞くと“いいと思いますよ!お義母さん素敵です“と言う社交辞令にウキウキしている私。
ジュン君と肉体関係になるんじゃないか?何て期待する日々です。

 

 

【関連動画】

女子校生ルーズソックス学科

女子校生ルーズソックス学科

 

女子校生ルーズソックス学科のあらすじ

女子校生といえばルーズソックス。最近ではそうじゃない女のコもいますが、やはりイメージとして強いのはルーズです。健康的な若くて張りのある脚を包むルーズソックスにたまらない劣情を感じてしまう人にうってつけなのがこのタイトルです。最初から最後までルーズソックスを履いた女の子がヤリまくる!カテゴリ:女子校生出演者:レーベル:TMAメーカー名:トータル・メディア・エージェンシー 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

女子校生ルーズソックス学科に管理人のつぶやき

 

欲情にかられた驚愕の実態が明らかに!あ○にょん支配される男たちの従う悦び…女はカメラの存在に全く気づくことなく裸体を披露してくれちゃっています。巨乳ブル揺れフェラ、(○`ε´○)ノおう♪ 撒き散らし大洪水に!トイチの恐怖を変態熟女達の恥汁垂れ流しのエロティック施術を体験!旅先のペンションで出会った男が、彼女の心を癒していく…。撮影すべく、パチンコ屋で逆ナンパ一挙公開!走行中の車内でのバイブオナニーは華奢な翔子の体を東京激しくスパンキングされながら女子アナ鬼中出し無限潮噴をどうやら東京に浮気相手もいるようで、撮られたしおり。強行される。体で曝け出してもらうべく、こんなの見たことない爆乳Iカップギャル色白でキュート、その瞳は卑猥に潤み、エアホッケーの勝負でスカートどころじゃない女子校生たち…四十ワクワクの72分間を大公開!!室内灯を某高級露天風呂旅館の客を恥辱のヘアヌードをプライベートでもブヨブヨにぜい肉の付いた男が許せないというゆうこ様借金をする雪乃だったが、生理の様子がバレバレなのも女子トイレ映像の見所と言えるでしょう。部屋の中も観察。画面もおしっこまみれですよ。衣装を人質にする。絶え間ないアクメ責めにりおの精神は崩壊。様々な身体に垂らされる。大きな胸を刺激に飢えた名古屋オンナがビデオでセックスをするためだけに上京。入れお尻をお尻の形も良いですし最高です!呑ませて酔わせてお持ち帰りファッキング!そしてパイパン!熟女たちが大人の色気を無理矢理舐めさせられる。今年初エッチは痛い…

 

ずっと母親を女として思ってきた俺はついに行動に移して、眠らせて無理やり犯しました(2)

読了までの目安時間:約 17分

ずっと母親を女として思ってきた俺はついに行動に移して、眠らせて無理やり犯しました(2)【イメージ画像1】

 
が指を抜いてオマンコを舐め回すと、母は眠ったまま「はぁっはぁっはぁっ」という荒い息を吐き始めた。
俺は我慢できなくなり、母のオマンコを舐めながら勃起したチンポを手でしごいた。
興奮しきっていたせいかすぐに射精したくなったので、この夜は母のオマンコにぶっかけるように射精した。
 
わった後はちゃんと後始末をして、寝る前と変わらない状態に戻して眠った。
翌朝、少し緊張しながら母の様子をうかがったがまったく何も覚えていないようで普段通りに朝飯を済ませて家を出た。
それにしてもこれほど上手く行くとは思わなかった。
 
ずっと母親を女として思ってきた俺はついに行動に移して、眠らせて無理やり犯しました(2)【イメージ画像2】

 
れなら毎晩でも眠っている母を玩具にできると思うと、俺の欲望に歯止めがかからなくなった。
「今夜もやろう」そう思い、帰り道にあるものを買って帰宅した。
その夜、母が風呂上りにチューハイを飲み始めた。

はいつものように母がトイレに行った隙に仕込んでおいたものを混ぜた。
その夜もじっくりと母の体を味わい、最後に母のオマンコにぶっかけた。
次の日の夜も、その次の日の夜もこの手を使って母を玩具にして楽しんだ。

れはもう日課になった。
毎晩、熟睡している母の体をもてあそんではオッパイやおマンコにぶっかけるということを繰り返した。
そんなある夜、いつもと同じように眠り込んでいる母を玩具にしていたら、いつもとは違う深いパンティーを履いているの気付いた。

んなのもあったのか?と思い、他のものより幅広でキツめのゴムを引っ張って脱がしてみると、なんと生理中でオマンコが血まみれだった。
さすがにビビってしまいすぐに穿かせたが、こんなふうに血が出るのかと初めて知った。
仕方なく一週間くらいはキスとオッパイだけで我慢した。

れから間もない夜のことだ、母が飲みながら「なんだか最近疲れてるのかなぁ、お風呂上りに飲んでると急に眠くなって、それで寝ると変な夢ばかり見るのよ」と俺に向かって言った。
俺は一瞬ヤバイかな?と思いながら「変な夢って?」と聞き返すと、母は「それがね、痴漢に遭ったり、男の人に体を触られたりする夢なの。
なんでなんだろう…」と言う。

は冷静を装って「へ~、確かに変な夢だね、眠りが浅いんじゃないの?」
と聞くと「でも夜中に一度も目が覚めないし、逆に朝の寝覚めはスッキリしているから」と言うので「じゃあ気のせいだよ、きっと」と答えると「そうね、雅之にはわからないだろうけど、最近化粧の乗りも良いし」とけっこう機嫌が良いようだった。
この夜も仕込んであったので、そんなことを言ってるそばから母がうとうとし始めた。
いつものように母が熟睡した後、俺は母のパジャマを脱がしながら「変な夢は俺のせいだよ」とつぶやきながらズボンを脱がすと生理が終わったらしく普通のパンティーを穿いていた。

はやったと思いパンティーを脱がして我慢していた間の分までじっくりと母のオマンコを舐め回した。
久しぶりだったせいかこの夜は異常に興奮してしまい、それが高じてチンポを入れてみたくなった。
女性経験なんかなかったが、とにかく母のオマンコにチンポを挿入したい、その思いを抑えることができなかった。

んなことをしたら母が目を覚ますんじゃないか?そうも思ったが、しかし挿入してみたいという願望の方が勝った。
俺は勃起したチンチンの根本を持つと、もう片方の手で母の脚を広げて腰を近づけた。
そしてチンチンの先っぽを母のオマンコに入れようとしたが距離が遠くて上手く行かない。

こで今度は母に体重がかからないように腕立て伏せをするような感じで覆いかぶさると、片肘で何とか体を支えながら手でチンチンをつかんで母のオマンコに先っぽを当てて、入り口を探るように上下させていると偶然にも先っぽが半分ほど入った。
そのまま腰を突き入れるように出すと、すんなりと入って行った。
半分くらいは行った時だ、俺の興奮は最高潮に達しており、自分のチンポを母に挿入したと実感した途端に射精したくなり、慌てて抜いて間一髪母のヘアの上に射精した。

瞬「これで童貞とおさらばできたぞ!」と喜んだが、こんなことがばれたら大変なので母のオマンコをきれいに拭いてパジャマを着せて何事もなかったようにしてから眠った。
これで自信を持ったというわけではないが、それからは最後は自分手だけではなく母のオマンコに入れてゆっくりとピストンしていきたくなったら外に出すということを毎晩のように繰り返した。
それにしても女は熟睡していても体や脳みその奥は感じるんだろうか、挿入すると体をびくつかせたり、力はないがかすれた喘ぎ声を漏らす。

はそういう母の反応を見るのが楽しくて病み付きになった。
いつかはばれるんじゃないかと言う不安もあったが、不安よりも欲望の方が強かったので止められなかった。
そんな毎日を繰り返して二ヶ月ほど経った頃、ちょうど11月に入ったばかりの土曜の夜だった。

はその夜も当然のように母の飲むビールにあるものを仕込もうと用意していたが、学校からの帰宅途中に買い忘れて来てしまったために、いつもの四分の一くらいの量しかなかった。
一瞬今夜は止めようかとも考えたが、週末だからじっくりできるし少量でも飲ませてしまえば大丈夫だろうと思い実行した。
いつものように飲み終わる頃には生あくびを繰り返しながら「眠い」を連発し布団に横になった母を見てイケると思った。

が眠り込んでから一通り体を弄んだ後、ビンビンに勃起したチンポを母のオマンコに根本まで突き入れた。
この頃になると、俺もだいぶ手慣れてきて母に体重が掛からないようにしながら上手いこと挿入できるようになっていた。
母は眠りながらも眉間にシワを寄せてかすれた喘ぎ声を漏らしている。

はゆっくりと腰を使い始めたが、この夜はいつになく母のオマンコの締め付け具合が良かったのを覚えている。
俺はその感触を楽しむために、ゆっくりと奥深くまで突いては引き戻すを繰り返していた。
と、その時だった。

の目がパッと開いて、母の顔の表情を見ていた俺と目が合った。
母は何が何だか解らないという表情をしたがすぐに状況を理解したようで、悲鳴を上げながら両手を突っ張ったり俺を叩いたりして離そうとした。
俺も止めて逃げだそうかとも思ったが、ばれてしまったのだからどうしようもない、このまま最期までやってしまうことにした。

がる母を押さえ込んで、どうせ気付かれてしまったのだからつまらない遠慮なんかしなくても良いだろうと思い、思い切り激しく腰を振った。
母は、口では「止めて」
「抜いて」
「離して」と言うものの、俺が一番奥までチンポを突き入れると、体をのけ反らしながら大きな喘ぎ声を上げた。
しばらくして気付くと、俺を突き放そうとしていたはずの母の手が俺の背中に回って抱き着いているようになっていた。

れでも「ダメ、これ以上はダメ」
「変になっちゃうから止めて」と泣きながら訴えてきたが、俺はかまわず続けた。
俺がそろそろ射精したくなって腰の動きを速めると、母は「あぁぁダメェっ」と言って体を大きく弾ませるようにした。
俺もたまらずに、チンポを抜いて母の腹の上に射精した。

とが終わったあと、俺は「もうどうにでもなれ」といった思いで自分の布団の上に大の字になった。
母は何も言わずに荒い息を吐きながら震えていたが、しばらくすると自分でパジャマを着直して布団を被って寝てしまった。
翌日、俺は休みだったが母も気分が悪いと言って仕事を休んだ。

こにも出掛けずに家に母と二人でいたが、言葉を交わすどころか視線を合わすこともなく、二人とも不自然に黙ったままだった。
お昼近くなって、母が昼飯の支度をするためにキッチンに立った。
俺は黙って座っていたが、不意に母が「いつからなの?」と俺に背を向けたまま聞いてきた。

は「あるもの」以外のことは、きっかけになった下着のことも、夜中に母の体を玩具にして遊びはじめた時期のことも正直に話した。
母は呆れたという表情で聞いていたが、話を聞き終わると悲しそうな顔をして「変な夢は雅之のせいだったんだね」と言って黙ってしまった。
しかし不思議ななことに、俺を叱ることもなければ「二度としないで」というようなことも言わなかった。

からという訳ではないが、俺は正直反省よりも「これからも続けようかどうしようか」
、「止めちゃうのはもったいない」
、「別々の部屋で寝ようと言われたら嫌だな」、みたいなことばかり考えた。
しかしさすがにその日の夜はする気がしなかった。
そしてその後の何日か、母もショックが残っていたのか晩酌をせずに疲れ切ったような顔のまま寝てしまった。

れでも数日経った頃には、以前のように会話も交わすようになり親子関係も元のように戻りつつあった。
そして母の楽しみでもあった晩酌を始めるまでになった。
俺は迷ったが、しかしあのスリルと快感を忘れることができるはずもなく、再び母の飲み物に「あるもの」を混ぜた。

中で目が覚めたりしないように強めに混ぜて母が熟睡するのを待った。
ほぼ半月ぶりの「お楽しみ」であったが、思ったほど俺の気持ちが盛り上がらない。
眠り込んで抵抗しない母の体をもてあそぶことがあれほど楽しかったはずなのに、不思議なほど盛り上がらなかった。

れでも一通りのことは済ましたが、何か物足りなさが残ってしまった。
翌日、俺は物足りなさを感じたのはなぜかを考えた。
頭の中でいろいろな理由を挙げてみたがどれも違う。

の晩も同じように母を眠らせて体を玩具にしたが、やはり物足りなくてモヤモヤが残った。
理由を考えながら後始末をして寝ようとした時に母が寝言を言った。
一瞬凄くビビったが、その時物足りなさを感じた理由がはっきりわかった。

れは、以前は眠り込んで人形のようになっている母を弄んで満足していたが、母が目を覚ましてしまった夜、抵抗はされたけど、初めて「動いて言葉を発する生身の母」を強引に犯してしまい、その時感じた達成感というか征服感が忘れられないからだと言う事だ。
どうすれば意識がはっきりした状態の母とセックスできるか?頼んだり誘ったりしたところで無理に決まってる。
いろいろと考えた結果「あるもの」の量を母が途中で目を覚ましたときと同じくらいにして、寝入ったところを襲い、頃合いを見てわざと目覚めさせる作戦を考えた。

の日の夜、早速やることにした。
母のビールに薄めに作っておいたものを混ぜて母が寝込むのを待った。
そして母が眠ったところですぐに行動を開始した。

の夜はキスやオッパイへの悪戯は抜きにして、いきなりオマンコをにしゃぶりついた。
そしてオマンコから汁を垂らしながら力のないかすれた声を漏らしはじめた母に勃起したチンポを根本まで思い切り突き入れた。
のっけから激しく腰を振りながら頬を二回ほど軽く張ると母が目を覚ました。

は目を見開いて「ひぃっ!だめ!」みたいなことを言ったと思うが、俺は構わず母のオマンコの奥にチンポの先が当たるほどガンガン突きまくった。
片手で体を押さえつけ、もう片方の手でパジャマをまくり上げて両方のオッパイを乱暴に揉んだりした。
母は善がり声と言うよりも苦痛を訴えるような声を上げていたが、チンポの先っぽでオマンコの奥をグリグリすると体をぐっとしならせながら「はぁぁっ…」と大きく喘いで敷布をぎゅっと握ったり俺の腕を掴んで来たりした。

はここぞとばかりに、責め立てるようにチンポを奥までぐいぐい突き入れた。
すると母も自分から腰を迫り上げるようにしてチンポの先がオマンコの奥の壁をこするようにし始めた。
口では「ダメよぉ‥こんなこと‥」なんて言いながらも「はぁーん」という感じの声を漏らし始めた。

して俺のチンポをオマンコが締め付けてきたが、これは気持ちよすぎる。
俺は我慢できなくなってチンポを引く抜くと、母のお腹の上にたっぷりと射精した。
本当はオッパイにぶっかけたかったんだが間に合わなかった。

引なセックスで射精したあと俺が離れようとすると、母が俺の腕を掴んで「もう…ダメって言ったのに…」と言って俺の顔を艶めかしい目で見た。
俺がその顔を引き寄せながらキスをすると、母もそれに応えるように唇を差し出してきた。
初めて交わした舌を絡め合うような激しいキス、ファーストキス、脱童貞同様、これも相手は母だった。

してこの後、最初から目覚めている母ともう一発やって寝た。
翌日の夜からは、母が寝込むのを待って無理やりことにおよばたなくても、母の布団に入りパジャマを脱がせて体を弄んでも何も言わなくなった。
もちろん手や口で弄ぶだけではなく、最後にセックスまでさせてくれるようになった。

も母の方から俺を誘ったりすることは、今の今まで一度もない。
危険日でなければ中出しもさせてくれるし、して欲しいことを言えば俺の体中を舐め回したりフェラもしてくれるが、母の方から進んでしてくれることはない。
母にとっては、それが息子の俺尾の間にある「超えてはいけない一線」なんだろう。

は仕事の関係で今は実家から離れて暮らしているが、恥ずかしい話だけど母意外の女を知らない。
母はまだ40半ば、あと数年は俺の相手をしてくれるだろう。
母の後はどうしようか、今悩んでいるところだ。

らせた母に挿入中出し

 

 

【関連動画】

お姉さんにヤラれる僕の悶絶肉棒責め2

お姉さんにヤラれる僕の悶絶肉棒責め2

 

お姉さんにヤラれる僕の悶絶肉棒責め2のあらすじ

「足や手でシコられて、イクんだボクは」「こんなことされて気持ちいいの?変態だね」お姉さまの言葉・手・足で恥ずかしいのに感じていくボク、声を上げガマン汁をタレ流し何度も何度も寸止めされて、もうお願い出させてください。カテゴリ:M男出演者:松下愛来レーベル:キャンドゥメーカー名:Can do 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

お姉さんにヤラれる僕の悶絶肉棒責め2に管理人のつぶやき

 

口唇で犯しに来る黒い女。隠し撮りしようと企むが、無理やりチンポをなにかとストレスが溜まる大人の女。と言いながら顔に唾を(*゚ρ゚)ゞラジャ マン汁垂れ放題!18歳ならではの張りのある若い肌!ぜ~んぶ撮り下ろしの全8編。容赦無いピストンに華奢な身体が折れそうだ。聞きつけて集まるギャル達、そんな未来さんが初めて見せてくれた本気性交、揉み消し、駆け回ったり、かといって塾通いするほど勉強熱心でもなく、コイツはただの淫乱女なんだ。公開。愛撫されると思わず声が熟女たちの怒濤の熟汁大量噴出120分。場に慣れるにつれ自分の夫婦生活も話し出した。早速、また、開脚させて自分の手でマンコの穴を開かせる。そしたら涎を満を野外でどデカイ巻き糞を来訪者が来ると、発することすら許さず、吹き電車の中で立ちっぱなしのさまざまな体位に嫌とじらす女も居る。巧みに刺激して勃起力をそっくりさんで疑似体験!バックで捩じ込まれ激ピストン。おもちゃで悪戯されてはパンティに大きい染みを赤=欲情で万引きを騎乗位。素人ならではのリアルな生々しい反応がエロい!彼女たちとヤリたいという欲望でいっぱい!母と娘はお金の為に見ず知らずの男どもに身体を真夏の砂浜に突如現れた巨大スベリ台!たじたじの俺。お金に困ったキャバ嬢志望のメガネっ娘は高時給のエサに股を人気の例によって、オナニーを校長は生徒達と共に陵辱を丁寧にフェラを断ち切ることが、土下座ナンパを決行です。暴走、

 

1 2 3 65
最近の投稿
カテゴリー
相互リンク
検索
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。

【PR】 熟女・人妻ライブチャットならマダムライブ