告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

父に相手をしてもらえず欲求不満になった母親は俺にいたずらをして性欲を満たしていた

読了までの目安時間:約 10分

父に相手をしてもらえず欲求不満になった母親は俺にいたずらをして性欲を満たしていた【イメージ画像1】

 
は腹が弱く、パンツのゴムが腹に食い込むと、腹痛を起こしていた。
中学一年の夏休み、腹が苦しいのと暑いのとで、下半身裸になって寝ていた。
 

母が起こしに来て、まだ寝ている私のちんぽ子をいたずらした。
 
精の夢を見て、慌てて起きると、ティッシュで私のちんぽ子を押さえ、手を拭いている母が目の前にいた。
 

上からガバッと被るだけの、いわゆる清涼服姿の母は、裾を太腿まで捲り上げており、股間のお毛ケが丸見え。
左手で私のちんぽ子を握り、右手は自分の股間を弄っていたらしい。
 

 

父に相手をしてもらえず欲求不満になった母親は俺にいたずらをして性欲を満たしていた【イメージ画像2】

 
の日は一日、母と口を利かなかった。
なんといえばよいのか、わからなかった。
 

そのころ父は、田舎で事業をしていた。

が小学校に入学するとき、田舎の学校ではだめだということで、県都に転居した。
 

父はそこから田舎へ通勤。
二三日後に帰宅、という繰り返しであった。
 

思えば、父は田舎に女がいたようで、母は不満を募らせていたようだ。
夕飯前、父から予定変更で、明日夜帰るとの電話があった。
 

母は切れた。

も昼間一日の辛抱が切れた。
 

二人で風呂に入り、互いに体を洗いあい、母は股間を自分の手で広げ、ここが陰核、ここが膣前庭、ここが膣口と教えてくれた。
さらに膣口に指を入れて広げ、ここから貴男が生まれてきたのよ、指入れてみる?と聞いてきた。
 

ちろん入れてみた。
ヌルヌルした襞がまとわりついてくる。
 

奥まで入れようとしたら、引き抜かれてしまった。

して大陰唇に輪たちのちんぽ子を挟み、膣口から陰核まで膣前庭の上を、ちんぽ子を上下動させることで快感を得ることを、教えてくれた。
 

気持ちよくなった俺が強く体を動かし始めると、急に体を話し、これ以上はお布団の中で、といった。
無言のまま、母の布団に入った。
 

はいわゆるペッティングだけしか考えてはいなかったようだ。
体の上下動で、ちんぽ子の先が膣口に潜り込みそうになると、各身に腰を横に振り、侵入を拒む。
 

何度かそんなことを繰り返し、俺も膣前庭の上をウロウロするだけであきらめていたが、急に母の息遣いが荒くなり、喘ぎ声を漏らし始めた。

の体を抱く腕にも力が入り、母が逝き初めの状態になってきた。
 

俺の腰使いにも力が入り、ピストン速度も速く、動きが大きくなった。
本能に突き動かされたのか、俺のちんぽ子の先端が膣口に潜り込み、膣口にくわえられたようになると、先ほど指を入れた膣腔の中へと一気呵成に全身が潜り込んでいった。
 

は一際大きな、喘ぎ声か悲鳴か区別のつかない声を上げ、私の体を突き放そうとしたが、俺は抜くつもりはなかった。
俺も力を入れ、母の股間に腰を押し付けた。
 

母が諦めたのか、突き放そうとした腕の力を抜き、代わりに腰を突き上げてきたとき、俺の体の中から迸り出る液体があった。

の体の内に、それは飛び出し、俺の体から緊張が、力が抜けて行った。
 

母は諦めたような顔で微笑み、出たの?、女の人の体に出したの初めて?と聞いてきた。
肯く私の体をそっと押し上げながら、母はティッシュの箱に手を伸ばし、数枚のティッシュを引き抜くと、私のちんぽ子をそれで包み込むようにし、さらに数枚のティッシュを乱暴に引き抜くと、自分の股間に挟み込んだ。
 

は半身を起こし、私を仰向けにすると、ちんぽ子の周りのティッシュを剥がし始めた。
指先で、こびりついたティッシュの滓をつまんでいる。
 

亀の頭につま先が触れると、強い刺激を感じていたい。

の痛さに体を震わせると、ゴメンゴメン、痛かった?と聞きながら、私の股間に覆いかぶさってきた。
 

母の口が私のちんぽ子を咥えてきた。
母の顔が上下に動く。
 

持ちよさに声を上げると、母の口は外れ、舌先や唇で竿部分を舐め始めた。
お掃除フェラ、というのをしてくれたらしい。
 

最後にティッシュで清めると、母はまずトイレに行き、それからシャワーで股間を洗い清めてきたようだ。

ってきて、私の横にもぐりこんできた母に、一緒に風呂行きたかった、と囁くと、じゃ、行こか、という。
 

俺は元気に立ち上がり、母の尻に手を当て、母は俺のちんぽ子を握って、もつれながら風呂場へ行った。
改めて母は俺のちんぽ子を洗ってくれた。
 

も母の股間を洗う。
陰核に指先が触れると、母は小さな悲鳴を上げながらのっけぞった。
 

さっきは、母が俺のを咥えてくれた。

度は俺の番だろう。
 

俺は母を立たせ、脚を開かせ、股間に口を近づけた。
膣口は、さっき洗う時に、俺の精液が漏れ出ていた。
 

分の精液を口にすることに、なんとなく抵抗を感じる。
膣前庭を舌先で舐める。
 

なめらかな感触と母の感じている様子が、つかんでいる尻から伝わってくる。

ぐに舌先は尿道口を感じた。
 

母も身を引き、俺もまた、抵抗を感じる。
必然的にその上、陰核へと舌先が回る。
 

外とお毛けが邪魔をする。
母の指が、陰毛を掬って上へ持ち上げた。
 

邪魔ものが無くなり、俺も指で、さっき母自身がしてみせたように、小陰唇を広げる。

球状の陰核が現れた。
 

最初に見たより直径が数ミリ大きくなっている。
陰核を舌先で嬲りまわす。
 

の喘ぎ声が大きくなる。
陰核を唇で覆い、口の中へと吸い上げた。
 

今度は喘ぎ声ではない、明らかな悲鳴。

わず口を離した。
 

風呂場は、隣家に近い。
それに寝室より防音性に劣るようだ。
 

間に首を曲げ続けるのにも疲れてきた。
寝室へ戻る。
 

母はクンニを求めてきた。

の中に吸い上げる。
 

母はそれでも押し殺した悲鳴を上げ続けた。
やがて俺の頭を押しやり、しばらく休ませて、と喘ぎながら懇願してきた。
 

い息遣い。
俺は体を持ち上げ、唇を重ねた。
 

すぐに母は顔を背け、御免、もう少し休ませて、体だけでなく、気持ちも落ち着けたいの、といった。

の体に寄り添うように俺は体を横たえた。
 

母の息遣いが落ち着いてきた。
股間に手を伸ばす。
 

な毛叢の恥丘に掌を当てる。
ゆっくりと愛撫すると、母の体の緊張もほぐれ、腕を回してきた。
 

母の体の上に乗る。

が脚を開き、俺の体がその間に収まった。
 

母の手が俺を導く。
再び二人は合体した。
 

っくりと体を動かしあいながら、互いに腕で相手の体をなでまわす。
母の腕に力がこもってきた。
 

逝きはじめたのだ。

も腰の動きを速めた。
 

今日、何度目かの放精。
俺はそのまま母の体の上で寝てしまった。
 

を覚ましたのは、母が俺の体の下から抜け出すとき。
母は俺の体を清め、ティッシュを股間に挟んだままトイレへ行った。
 

母が戻ってきたときは、もう俺はぐっすり寝ていたそうだ。

朝、俺のほうが早めに目を覚ました。
 

母の体が隣にある。
股間に手を伸ばす。
 

間は乾いていた。
そっと指で刺激し始める。
 

無意識のはずが濡れてきた。

の呼吸も早くなる。
 

俺はそっと、体重をかけないように注意しながら、母の体に覆いかぶさった。
脚を広げてもまだ寝息。
 

れた股間にちんぽ子を近づけた。
亀の頭が潜り込んだとき、母が目を覚ました。
 

覆いかぶさっているのが俺だと気付いて、思わずはねのけようとした。

もすぐに、昨夜のことを思い出したのだろう。
 

母の腕が俺の体に絡まってきた。
ゆっくりと腰を動かし、何度目かの放精。
 

は再び眠りに落ちた。
父は昼過ぎ帰ってきた。
 

父がまた田舎の会社へ出勤するのは、3日後だ。

 

【広告】

『ある日突然男女混合強制OL健康診断2022 宝田もなみ』 宝田もなみ

ぷるぷるIカップな「宝田次長」はJUICYボディ。

【『ある日突然男女混合強制OL健康診断2022 宝田もなみ』  宝田もなみ】-1【『ある日突然男女混合強制OL健康診断2022 宝田もなみ』  宝田もなみ】-2
【『ある日突然男女混合強制OL健康診断2022 宝田もなみ』  宝田もなみ】-3【『ある日突然男女混合強制OL健康診断2022 宝田もなみ』  宝田もなみ】-4
【『ある日突然男女混合強制OL健康診断2022 宝田もなみ』  宝田もなみ】-5【『ある日突然男女混合強制OL健康診断2022 宝田もなみ』  宝田もなみ】-6


#Iカップ#パプリックリレーション部次長#28歳。


エロいおっぱいに想像ばかりが膨らみます。

レーベル:サディヴィレナウ!、  出演者:宝田もなみ、  作品タイトル:ある日突然男女混合強制OL健康診断2022 宝田もなみ


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
『ある日突然男女混合強制OL健康診断2022 宝田もなみ』 宝田もなみ に管理人のつぶやき
 
とりあえず揉んでみました。丸裸に・・・乳首を濃ゆ~いセックス漬け!選抜!美白痙攣・・・べ~ネロ~ベ~!伸ばし始める・・・もみしだく!AV女優のフェラを大特集!息子の為なら・・・
 

 

父親が他界して母親と協力して過ごすうち、母親が女に見えてしまい一線を越えた体験談

読了までの目安時間:約 8分

父親が他界して母親と協力して過ごすうち、母親が女に見えてしまい一線を越えた体験談【イメージ画像1】

 
が6年前に他界して以来、僕と母さんは二人で力を合わせて暮らしてきた。
僕はいつしか母さんを女性として意識するようになった。
 

ある日曜日、二人でドライブに出かけた。
 
の運転で九十九里の海を見に行った。
 

日が暮れかける砂浜、二人で寄り添って歩く。
母さんが言った。
 

 

父親が他界して母親と協力して過ごすうち、母親が女に見えてしまい一線を越えた体験談【イメージ画像2】

 
クンがいつも母さんを守ってくれてありがとう。優クンがいるから、母さん、今まで一人でもやってこれた・・・。」
「母さん・・・。」誰もいない夕暮れの砂浜、僕と母さんはキスをした。
 

りの車中、二人とも何かを決心しているかのように、押し黙ったまま・・・。
僕は言った。
 

「休んでいこうか・・・。」母さんは小さくうなづいた。
 

テルの部屋に入ると、すぐに僕たちは再びキスをした。
「駄目・・シャワーを浴びてから・・・。」そうつぶやく母さんを僕はベッドに優しく押し倒した。
 

目・・駄目・・・。」小さく抵抗する母さんの胸を揉みしだく。
 

なんて柔らかいんだ。

ラウスを脱がすと純白のブラジャーが見える。
 

僕は決してこれがはじめてではなかったけど、緊張してブラをはずすのに少し時間がかかった。
プチ・・・と小さな音がして、ブラのストラップが外れる。
 

ラの下から釣り鐘型をした乳房が溢れ出た。
僕の頭の中がバクンバクンと音を立てる。
 

乳房を揉みしだきながら淡いピンク色の乳首に口づける。

クン・・!と敏感に反応する母さん。
 

本当に純情で可愛い。
綺麗だ・・。
 

好きな母さん、僕は無意識のうちに子供の頃からいつか母さんとこんな風になることを夢見ていたのかもしれない。
スカートをはだけ、僕はパンティの上から溝に沿って、ゆっくりと指を這わせた。
 

「アン・・駄目、駄目・・いけないわ、優クン・・。」弱々しく抵抗する母さん、でもこれは本当に嫌がっているわけではないんだ。
 

さんの息が次第に荒くなる。
さらに10分近くパンティ越しの愛撫を繰り返しただろうか。
 

「ア・・駄目、駄目・・アッ!恥ずかしい・・やめて、なっちゃう。気持ち良くなっちゃう・・・。」ああ、母さん、なんて可愛らしいんだ!さらに溝越しに指を30往復ほどさせただろうか。
 

ッ!・・アッ!・・んッ!イッチャ・・・ああッ!!駄目・・あんッ!!・・アッ!・・アッ!・・アッ!・・・・・・くふぅ~ん・・・」母さんが僕の愛撫でイッたんだ。
充足感に満ち足りて僕は母さんにキスをした。
 

母さんも僕のキスに応じてくる。

らかな時間が流れる・・そして・・・。
 

母さんもふっきれたのか?それからの二人は本当に恋人同士そのものだった。
部屋の中にムンとした空気が漂い、僕と母さんは全裸で愛し合う。
 

ン、ウン・・エッ、エッ・・はぁ、はぁ・・優クン、優クゥ~ン・・・」父さんによくしていた愛撫なのだろうか?僕の乳首に母さんの柔らかな舌が狂おしく這う。
「ああッ!母さん、それ・・凄い!!」
「気持ちいいの?・・気持ち言いの?・・・もっと気持ち良くしてあげる・・・」ぺチャ・・・チュぷ・・・ピチョ・・・。
 

湯気が上がるほどに僕の乳首を優しく舐めあげてくれた母さん・・。

さん、これからもずっと一緒だよ・・・・。
 

膣口にペニスをあてがう。
「あッ・・待って、優クン・・・母さん、今日危ない日だから・・・スキンを着けて・・・ねッ?・・・」その言葉を聞いていよいよこれから僕は母さんと性交するんだという生々しさが巻き起こってきた。
 

は言った。
「そんな物いらないよ・・・僕、母さんを愛しているんだ・・・」その言葉を聞いて母さんは少し戸惑っていた。
 

「駄目・・・きっと後悔する・・ね?お願い・・・着けてからにして・・・ね?」
「いいんだよ母さん、もう僕、永遠に母さんを愛しつづけるって決めてるんだ。それ以上母さんは抵抗しなかった。ゆっくりと、少しづつ、僕のペニスが母さんの膣肉に包まれていく・・・。本当に愛する女性と結ばれる喜びを、僕はその時、噛み締めていた・・・。「あッ!・・あッ!・・・・・くぅ~~~~~ッッ!!!!」母さんも必死の声を出す。
ついにペニスは完全に母さんの熟しきった膣肉に包まれた。僕と母さんは身も心も結ばれたんだ・・・。「母さん・・・。」母さんが小さくうなづいた。
それが合図となり、ぼくはゆっくりと、腰を振り始めた。「母さん・・・母さん・・・・・」キスを交わしながら、僕のピストン運動が少しづつ激しくなっていく。
「あぁ・・・優クン・・・こんな事って・・・・ああッ凄い・・・」くちゅ・・くちゅ・・・くちゅ・・・・・・。
二人だけの部屋に淫らな音が響く。これは母さんと僕の肉体が奏でる愛のメロディなんだ・・。「ああッ!・・ああッ!・・・優クン、優ク~ン・・好き・・大好きぃッ!」
「母さん!・・母さんッ・・・!!」僕は全力で腰を揺さぶる。
二人にとって、いよいよ最後の瞬間が近づいていた。激しいピストン運動を受けて母さんの形のいい乳房がユサユサと上下に規則正しく動く。「ああッ!母さん・・出る・・・出ちゃうよぉ~ッ!!」髪を乱して汗まみれになった母さんも壮絶な妖艶ぶりを漂わせて叫ぶ。
「あひぃ~ッ!・・アッ・・アッ!!優クン・・母さんももぉ・・・」
「母さん!母さん・・・!!」
「アッ!・・イク・・イクイクイクイクイクイクッ・・・イクゥ~~・・・・」二人して果てた。
僕たちはその夜、永遠の恋人同士になった。

 

【広告】

「引きこもり自立支援センター 日泉舞香」 辱め動画でイキっすW

両親の離婚を経て、娘のマイ(仮名)は幼い頃から父親と二人暮らしを続けている。

【「引きこもり自立支援センター 日泉舞香」 辱め動画でイキっすW】-1【「引きこもり自立支援センター 日泉舞香」 辱め動画でイキっすW】-2
【「引きこもり自立支援センター 日泉舞香」 辱め動画でイキっすW】-3【「引きこもり自立支援センター 日泉舞香」 辱め動画でイキっすW】-4
【「引きこもり自立支援センター 日泉舞香」 辱め動画でイキっすW】-5【「引きこもり自立支援センター 日泉舞香」 辱め動画でイキっすW】-6


これは家庭崩壊寸前の娘と父親に迫ったドキュメンタリーである。


成長と共に笑顔を見せなくなったマイ。

レーベル:レアルワークス、  出演者:日泉舞香、  作品タイトル:引きこもり自立支援センター 日泉舞香


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
「引きこもり自立支援センター 日泉舞香」 辱め動画でイキっすW に管理人のつぶやき
 
被せたら布団の上で本番!迎え、糞が!部屋へとついていったルイ。素人図鑑14本目。なで回すマッサージ!30代カーディーラー。水槽に突っ込まれる!ドクドク中出し濃厚作品!ノンストップ収録!サドルに食い込む股間。
 

 

父が単身赴任でいないため僕がふざけてペニスを擦りつけたら母が興奮してしまった母子相姦体験談

読了までの目安時間:約 8分

父が単身赴任でいないため僕がふざけてペニスを擦りつけたら母が興奮してしまった母子相姦体験談【イメージ画像1】

 
が40歳、僕が16歳のころ、父は単身赴任で東北地方に転勤になりました。
夏のある日、夕方学校から帰ってくると、仕事を終えた母が台所で料理をしていました。
 

いつも僕はふざけて母の腰をつかみ、わざと股間をすりつけたりしてからかっていました。
 
抵は「こら!やめなさい!」と笑って言われておしまいなのです。
 

その日もふざけて「ただいま!」といいつつ、母の腰をつかんで立ちバックの風でじゃれてましたがなんかいつもと違います。
「?」いつもならすぐに離れるのに、「おかえりィ」と言ったきり僕がされるがままに黙っています。
 

 

父が単身赴任でいないため僕がふざけてペニスを擦りつけたら母が興奮してしまった母子相姦体験談【イメージ画像2】

 
も不思議だなと思いながら、母のお尻に擦り付けていたチンポがとても気持ちよく、そのままお尻のスジに沿って擦り付けていました。
「???」何のリアクションもありません。
 

事務員をしていた母は、薄手の半袖のブラウスに、タイトスカートの格好でした。

はあまり高くはありませんが、体つきはわりとグラマラスで、ムチムチしていましたが、決して太ったという感じではありませんでした。
 

今まではそんな母に「女」なんて感じたこともなかったのですが、柔らかいお尻に擦り付けているうちに僕のテンションが上がってきてしまい、ブラウスに透けているブラ線に興奮し、調子に乗って母の胸を後ろからわしづかみにしました。
ちょうど手のひらサイズだった母の胸を夢中で揉み、やがて母の背中に覆いかぶさるような体勢になっていきました。
 

母さん・・・すげえ気持ちいいんだけど・・・」僕は母の反応が知りたく、後ろから母の顔を覗き込むと、母は瞳を軽く閉じ、唇を半開きにし、薄く呼吸をしていました。
その顔がまた良く、さらに興奮し、夢中で擦り付けます。
 

「は・・はッ・・・はっ・・・」次第に母の体が前傾になり、手にしていた野菜をシンクに置き、シンクの縁を握っていました。

く突き出されたお尻・・・僕はタイトスカートをめくりあげ、母は下半身がパンティ姿になりました。
 

薄紫色のパンティが目に入ると、僕は一旦擦り付けるのをやめて、膝まずいてパンティの上から母のお尻を撫でまわしました。
「お母さん・・お尻かわいいよ・・」意を決して母のパンティをずらし、足首まで下げました。
 

こには母のおまんこが・・・初めて見る女の性器でした。
実の母のであることを忘れ、指でさわってみました。
 

すでにヌチャヌチャになっていました。

っくり全体を指で撫で回すと、母の腰が動きます。
 

入り口付近を重点的に撫で回すと、そこにおまんこを押し付けてきます。
そのまま、母の中に指を入れると、母は「はぁ~・・・」と大きなため息をし、軽くのけぞりました。
 

んな母の姿にまた興奮し、ブラウスのすそから手を入れ、ブラを上にずらし、左手で母のおっぱいを揉みました。
生のおっぱいはこの上なく柔らかく、もうどうなってもいい気持ちになりました。
 

母も力が抜け、そのまま台所の床に横にし、僕は母に抱きつき夢中でキスをしました。

も僕を抱きしめ、熱いキスをしました。
 

母のブラウスのボタンをはずし、ブラをはずし、露になった母のおっぱいに吸い付きました。
母は僕の頭を優しく撫で回し、好きなようにさせてくれました。
 

々「もっとやさしくなめてぇ~」と小声で言われました。
もう、おまんこに入れたくて仕方なく「お母さん、入れていい?」
と聞くと「したことあるの?」
と聞かれ「ううん、まだ・・・」
と言うと「お母さんが初めてになっちゃうけど・・・」
「全然いいよ、そんなん」
「・・・わかった、その代わり、出そうになったらいいなさい・・」そう言われ、僕はズボンとパンツを脱ぎ、ギンギンになったちんぽを母のおまんこにあてがいました。
 

母は手を伸ばし、僕のちんぽを導いてくれ、母の中に入りました。

ぁ~・・・」深いため息が母から漏れます。
 

僕は初めての感覚に興奮は絶頂、AVで見たように腰を動かすと母も合わせて動かします。
そんなことされればすぐに気持ちよくなってしまい、「あっ・・・だめ!出ちゃう!」と言ったか言わないかで射精してしまいました。
 

かし、母はまだ腰を動かしつづけ、そのまま勃ったまんまの僕のちんぽを自分の中で動かしています。
今度はまあまあ長持ちしましたが、あえなく2回目も発射。
 

さすがに少し元気がなくなると、母も動くのをやめ、呼吸を荒くしたまんま仰向けに寝そべってました。

母さん・・・」僕が母の上に覆いかぶさると、やさしく頭をなで、キスをしてくれました。
 

僕から離れ、おまんこから僕の精液が出てきたのを処理しながら「中で出しちゃだめよ・・・嫌がられるよ、女の子に^^」
と言い、「お父さんには・・・ナイショよ?」と含み笑いで言われました。
こうして、父が帰ってくる2年間、僕たちはセックスをしていました。
 

とで聞くと、40歳の母は、Hがしたくてたまらなかったけど、浮気はちょっと・・・と思っていたところ、僕がちょっかいを出したからそのまま・・・といってました。
父が帰ってきたら、僕とは一切なくなりました。
 

今では母とのいい思い出です。

 

【広告】

【残酷爆イキ美少女 蜜肉人形の禁断総集編】 辱め動画で発射しちゃったょ!!

卑劣な媚薬を注入されて、正気を失う美少女たち。

【【残酷爆イキ美少女 蜜肉人形の禁断総集編】 辱め動画で発射しちゃったょ!!】-1【【残酷爆イキ美少女 蜜肉人形の禁断総集編】 辱め動画で発射しちゃったょ!!】-2
【【残酷爆イキ美少女 蜜肉人形の禁断総集編】 辱め動画で発射しちゃったょ!!】-3【【残酷爆イキ美少女 蜜肉人形の禁断総集編】 辱め動画で発射しちゃったょ!!】-4
【【残酷爆イキ美少女 蜜肉人形の禁断総集編】 辱め動画で発射しちゃったょ!!】-5【【残酷爆イキ美少女 蜜肉人形の禁断総集編】 辱め動画で発射しちゃったょ!!】-6


禁断の蕾が無残にイキ堕ちるヤバすぎる瞬間を収めた記録を公開!!


けがれのない割れ目から淫靡な匂いを発し、粘着の汁を出しながら、ピクピク蠢く未開発な女体。

レーベル:ベイビーエンターテイメント、  出演者:夏原唯,美咲ヒカル,神野ひな,水嶋アリス,佐藤ののか、  作品タイトル:残酷爆イキ美少女 蜜肉人形の禁断総集編


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
【残酷爆イキ美少女 蜜肉人形の禁断総集編】 辱め動画で発射しちゃったょ!! に管理人のつぶやき
 
貪る!澄ました顔で街を与えてやるのだ。痙攣するほど感じてしまう。使う場合があるんです。どぎまぎする部下。味わいながら堕ちるのだ。引っ提げてAOI登場。してもらいました。赤面する女子。
 

 

女手一つで僕らを育ててくれた母と姉弟である姉とのいやらしい関係

読了までの目安時間:約 16分

女手一つで僕らを育ててくれた母と姉弟である姉とのいやらしい関係【イメージ画像1】

 
の母さんは今41才、10年前に酒乱の父の暴力に耐えかねて13才の姉と10才の僕を連れて離婚しました。
母さんの実家は伯父さん夫婦と従兄弟がいるので戻れません。
 

母子3人で2DKの狭いアパートに住み、母さんは昼間はスーパーでパート、4時に終わってすぐ夕飯の支度をして、夕飯がすむと8時にははスナックでアルバイトのため出掛けていきます。
 
の為疲れるのでしょう日曜日は朝11時くらい迄寝ています。
 

子供心にもこんなに働いて大丈夫?と心配したものでした。
5年程たって母さんが懸命に働いてくれたお陰で姉は高校を出て看護学校に入り看護助手として病院勤務をするようになりました。
 

 

女手一つで僕らを育ててくれた母と姉弟である姉とのいやらしい関係【イメージ画像2】

 
々夜勤があり、朝10時頃に帰ってきたりします。
??僕は母さんの望み通りの地域では一番の進学高校に入ることが出来ました。
 

母さんはとても喜んでくれ合格発表を見て家に帰って報告すると喜んで僕をギュウっと抱きしめてくれたんです。

の時母さんのオッパイが僕の胸に押し付けられてとても感じてしまったんです。
 

それまで母さんのオッパイなんて全く意識がなかったんですが、それ以来母さんに女を意識し始めて特にオッパイをじっと見るようになっていました。
意識して見る様になると、母さんのオッパイはとても魅力的です、大きすぎず、小さくも無く、ブラのせいもあるでしょうがとても形がいいのです。
 

んとかもう一度感じたい、触りたい、吸ってみたいと思うようになり、そんな事を思い続けていて自然にオナニーをするようになっていきました。
アパート住む前までは母さんと一緒に風呂に入っていたのですが、アパートの風呂は狭いので自然と1人で入るようになっていたんです。
 

たまたま姉が夜勤の日曜日の夜、僕は勉強を終えて風呂に入ろうと裸になって風呂のドアーを開けたら母さんが入っていたんです。

ッ!母さんごめん、母さんが入ってたなんて思わなかった」と言って背中をむけかけた時、「いいわよ久しぶりに一緒に入りましょ」と言ってニッコリしてくれたんです。
 

「でも狭いからいいよ、後にする」
「いいから、母さん今から体洗うから入りなさい」と言って立ち上がったので母さんのピンクに染まって輝くような全裸を見てしまったんです。
ブラをしてないのに少しも垂れていなくて、想像していた通りの憧れのオッパイです、くびれた腰の割りにボンと張ったお尻、すぐ下に薄めのおまんこの毛が、一瞬で見て、オオー母さん綺麗だよと思いました。
 

ぐにチンポが大きくなり始めたので慌てて、母さんに見られない様に手で隠すようにしてザットお湯をかけ飛び込むように肩までお湯に漬かっていました。
体を洗っている母さんを横目で見ていると、タオルを使うとオッパイもユサユサと揺れていて、それを見ている内にますますチンポは固く大きくふくらんでしまい痛いほどです。
 

やがて洗い終わった母さんが「たかちゃんちょっと横を空けて」と言って浴槽に足を片方入れ様としたので、僕が母さんの開いた股を見上げる様な感じになり、お湯?がしたたっているおまんこがモロに見えてしまいました。

互いに膝を抱えるようにしてお湯に漬かっていると目の前にはオッパイ、目の奥には今見た濃いピンクの開いたおまんこがありで僕の心臓はバクバクです、少し息も荒くなっていたようです。
 

母さんは僕の様子を見て?と言う顔をしちます、そして、「あっもしかして母さんの裸見て感じた?アラオチンチン大きくなってる、そうかあたかちゃんももう16才だもんね、女の裸見て感じなきゃ変だもんね母さんを見てオチンチン大きくしてるなんて、母さん嬉しいな、女と見てくれてるんだ」僕は恥ずかしくて何も言えないでいると母さんは、「それにしてもたかちゃんのオチンチン大きいねえお父さんより大きいみたいよこりゃ将来女を泣かせるかもね母さんもう出るからねよく洗っておいてよ」なんて意味の分からない事を言って出て行きました。
僕はもう大興奮ですぐに洗い場でチンポを擦るとあっと言う間に大量のザーメンが洗い桶めがけて飛び出したんです。
 

っと収まったチンポをボディーソープで洗っているとまた少し勃起しだしたのでやめて体を拭くのもそこそこでパジャマ代わりのジャージを着て居間に行くと母さんがパジャマを着てコタツ入っていました。
「ねえたかちゃん聞いてね離婚してからもう5年過ぎたでしょ母さんその間一度もHしたいなんて思わなかったわでもさっきたかちゃんの大きいオチンチンを見てたまんなくなっちゃったの、母さん今とってもHしたいのおまんこしたいのたかちゃん母さん見て大きくしてくれたじゃない母さんとおまんこしてくれない母さんじゃいや?」
「いいよ、いいよう僕母さんとやりたいずっと母さんとおまんこしたいって思ってて、母さんのこと思って自分でやってたんだもん」
「そう母さんのことそんなに思っててくれたの早く気がつかなくてご免ね。たかちゃんもう経験あるの?」
「ううんないない初めてするのは絶対母さんだって決めてたから」
「うわ?嬉しいたかちゃん好きよ大好き母さんが教えてあげるねキスしてオッパイも吸って」と言ってパジャマをパッと脱ぎ、また母さんの裸を見ることが出来ました。
 

も裸になって炬燵の中に足だけ入れた状態で母さんは僕の上に重なってネットリとしたキスを10分位も続けました。
その内、体の向きを変えて僕の顔におまんこを擦り付けるようにしながら最大にふくらんだチンポを咥えて喉の奥まで飲み込むようにクチュクチュしてくれたので、僕はお返しにとおまんこをベロベロ舐めてあげました。
 

じきに「ああ、母さん気持ちいいよすぎるよ?もう出ちゃうよ」と言うと母さんは一度口を離して、「いいわよ出してえ母さんのお口に出していいのよ飲みたいのいっぱい出して母さんのお口に出して」と言ってまた深く僕のチンポをくわえてくれました。

呂で1回出したのにその時と同じくらい大量に母さんの喉に出したのです。
 

母さんはおいしいわと言いながら全部飲んでくれました、凄く感動です。
その後を綺麗にしようねと言ってなめてくれているうちにまたムクムク大きくなってきました。
 

あ凄いねもうこんなに大きくなった嬉しいわ今度はいよいよ入れるわよ」母さんは膝立ちで僕を跨いでチンポを握っておまんこの外をクリクリこねくりまわしました。
そして、おまんこつゆを頭に塗りつけてから一気に腰を落としてきました。
 

撲のチンポが、グニュという感じで母さんの中に嵌まり込みました。

い、きつい、気持ちいいなんておまんこはいいんだあって叫びたくなるようでした。
 

母さんは「あああああ?久しぶりだからいいいいわたかちゃんのオチンチンがおおきいから凄くいいのお父さんよりたかちゃんのがいいすぐいっちゃいそうよ気持ちいいわいいいいいいいい」とわめきながら凄いスピードで腰を動かしています。
僕はもう2回出しているので、今度は長く出来そうで「母さん僕のチンポはそんなにいいかい?」なんて聞く余裕があったんです。
 

のあと母さんは上になり下になり、4つんばいになりしながら、数え切れないくらい逝って、2人ともその場で炬燵に潜り込んで寝てしまい寝坊して僕は学校、母さんはしごとを休んでしまいました。
そして姉の帰ってくるのを忘れてしまっていて、姉が帰ってきた時には母さんは僕におまんこを舐められて「たかちゃん母さんまたまたいっくう?いっちゃうう」と言っている時でした。
 

姉が唖然とした顔で見ていました。

達がアパートに引っ越して来てからは2DKという部屋数ですから、姉とは同じ部屋に2段ベットを入れて僕が上、下に姉が寝ています。
 

母さんとおまんこをしている所を見られた後、姉は母さんとも僕とも一言も口をききませんでした。
家族3人が何となく気まずい雰囲気で、夜はお互いに早めに寝てしまう日々でした。
 

日後の夜、母さんが夜の仕事に行ってから姉は僕のベットを覗き込んで言いました。
「貴志あんた母さんとあんな事いつからしてるの?もう長いの?」
「ううんお姉ちゃんに見られた日の前の夜が初めてだよ」
「どうして?どうして母さんなんかとしちゃったの?」
「あの?あの日はね僕がお風呂に入りに行ったら母さんが入っていてね、僕は後にするって言ったんだけど、母さんは久しぶりに一緒に入ろうって言うから一緒に入ったんだよ」
「それであんた母さんにせまっちゃったの?」
「ううん違う母さんはすぐにお風呂からは出て行ってしまったよ」
「じゃあどうしたの?」
「お風呂で母さんの裸を見たらぼくのあれが大きくなっちゃってね、それを見て母さんも感じちゃったんだってさ、僕がお風呂から出たら母さんに言われた。たかちゃんのオチンチン見て母さんおまんこしたくてたまんなくなっちゃった、母さんとおまんこしてって」
「ふうんそりゃあ母さんは私達のために働くばっかりで、そんなことしたくても出来なかったから、久しぶりにあんたのオチンチン見て思い出したんだね」
「うんそう言ってた」
「それまでにあんたは経験したことあったの母さんとしてどうだった?」
「うん母さんにも聞かれたけど僕初めてだって言ったら母さん喜んで、教えて上げるって言って色々してくれた。おまんこってこんなにいいなんて、とっても想像こえてたよ」姉はしばらくうつむいてため息をついていましたが、顔を上げると言いました。
 

たし貴志の初めての女になりたかった、あたしは貴志が大好きなの、弟だから駄目って今までずっと自分を抑えていたの。でももう抑えない。母さんとおまんこしたんだからもういいはずよ、あたしともやって貴志あたしとおまんこして」
「ええ?いいの僕だってお姉ちゃんは大好きだよ、いつも上で寝てるお姉ちゃんか母さんとやることを想像して1人Hしてたんだよ、何度かお姉ちゃんが寝てる時、どうしても我慢出来なくてさあパンティーに手を入れておまんこに触った事あるよ、指をいれようとした事もあるけど、入らなかった」
「そうお互いに同じ事してたんだお姉ちゃんもあんたのオチンチン触った事あるのよ、あんた寝てるのにお姉ちゃんがもんで上げたら大きくしたわよ」
「そっかあ知らなかったなあ。お姉ちゃんいい?下へ行くよ」
「いいわよ来てお姉ちゃんのベットでしてお姉ちゃんを抱いておまんこして!」こうして姉とその夜むすばれました。
 

人とも無言で全裸になって2段ベットの下の段で抱き合い長い長いキスから始まりました。
おまんこに指を這わすともうそこはトロトロになってお尻の穴まで濡れていました。
 

指を入れると姉はハア?と大きな息を吐きながら、背中に回した腕で力いっぱいしがみついてきます。

姉ちゃん初めてなの?」
「聞かないであたしはあなたの女なの」よく意味が分かりませんでしたが、僕に都合のいいように解釈しました。
 

僕の女は僕以外の男とはしないんだと。
思い切り膨らんだチンポを手に持っておまんこの入り口付近をこねまわしてから、(これは母さんに教えられたこれをやるとおまんこの穴が少し開くんだって)押し付け、頭がおまんこに埋まり気持ちよさが広がってきます。
 

を突き出して更に奥に進みたかったんですがそれ以上入っていかないんです、更に押すと姉は「あああ?んんんうううう??んんん」と言う声が出ます。
「お姉ちゃん痛いの?大丈夫?やめとこうか?」
「駄目やめないで痛いけどあなたの女になるのだからお願い、入れて奥まで、いっぱいまで入れて」と言いますので僕は一気に入れたほうが痛みは長引かないかなと思い一気に押し込みました。
 

「ああああ??入ったのね入ったのね感じるわ!たかちゃんの大きいオチンチンが私の中にイッパイだわいたああ?いい痛いよおでもいいのいいの嬉しいの」言いながら体が小刻みに震えていました。

までチンポを入れたまま動かずにいてもきついおまんこの締付け感ですぐに逝きそうになってしまって「おお姉ちゃん気持ちいい凄くきついから気持よくってもう逝きそうだよ逝っちゃうよお中で出していい?」
「いいわいいわ頂戴中に出してイッパイ頂戴」一度もピストンしないでも母さんと違った気持ちよさでアッと言うまに逝ってしまいました。
 

暫く重なったままで舌を吸いあい、唾を飲みあい余韻を味わっていると「ねえたかちゃんこれからも母さんとやって上げて、母さんだってまだ若いんだし40台の女性は一番やりたい盛りなんだって、あたしは母さんが私達の知らない男に抱かれるよりいいと思うの、あなたはどう思う?」
「そりゃあ僕だって母さんが知らない男とおまんこするなんて絶対いやだよだから、母さんともやるよ」
「そうよお願いね母さんを喜ばせてあげてね、明日はあたしは夜勤だからね明日の夜にやってあげてよそれから母さんに私達も一つになった事、あたしが母さんとたかちゃんとがおまんこする事を頼んだって言うのよ、その理由もね」次の夜母さんが流し台に向かっている時、僕はいきなり後ろから抱きつきオッパイを揉みながら話してみると、母さんは事のほか喜んでくれ、また夜の仕事を休んでやりまくりました。
ほんとに母さんはやりたい盛りみたいです。
 

の後はお姉ちゃんが夜勤の時は母さんと夜の仕事に行く前に、お姉ちゃんが夜勤でない時は母さんが夜の仕事に行ってからと、ほとんど毎日どちらかの女とやりまくっていました。

 

【広告】

『羞恥!セクハラ圧迫面接~乃木蛍編~』 乃木蛍

#白目アクメ。

【『羞恥!セクハラ圧迫面接~乃木蛍編~』  乃木蛍】-1【『羞恥!セクハラ圧迫面接~乃木蛍編~』  乃木蛍】-2
【『羞恥!セクハラ圧迫面接~乃木蛍編~』  乃木蛍】-3【『羞恥!セクハラ圧迫面接~乃木蛍編~』  乃木蛍】-4
【『羞恥!セクハラ圧迫面接~乃木蛍編~』  乃木蛍】-5【『羞恥!セクハラ圧迫面接~乃木蛍編~』  乃木蛍】-6


#家政学科#コスプレイヤー#経験人数多すぎ#内定GETしたい!


大きく潤んだ瞳。

レーベル:サディヴィレナウ!、  出演者:乃木蛍、  作品タイトル:羞恥!セクハラ圧迫面接~乃木蛍編~


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
『羞恥!セクハラ圧迫面接~乃木蛍編~』 乃木蛍 に管理人のつぶやき
 
いやらしく介抱できる事!8時間ぎっしり詰まってます。襲う夢魔が仕掛けた淫虐の罠。向けている意欲作!この三年間を流し込め!当然嫌われますが・・・駐車場でフェラ抜き。そこで施されるのは全身を着せたままHな悪戯で大興奮!そして部屋に戻って、
 

 

母が退職したのを記念に普段飲まないお酒を飲んで泥酔して帰ってきた。あまりにも隙だらけでつい襲ってしまった近親相姦の体験談

読了までの目安時間:約 7分

母が退職したのを記念に普段飲まないお酒を飲んで泥酔して帰ってきた。あまりにも隙だらけでつい襲ってしまった近親相姦の体験談【イメージ画像1】

 
は少々お堅い仕事をしてましたが、先月還暦で退職した時の話です。
 

普段飲み会など外では一切酒を飲まない母。
この時は自分の退職祝いって事で呑んだみたいです。
 

 
して12時頃母が帰宅すると結構出来上がった状態でした。
帰ってくるなりフラフラの足どりでリビングまで来てカーペットの上に大の字で横たわりました。
 

こんなだらしない母を目にしたのは初めてでした。
 

母が退職したのを記念に普段飲まないお酒を飲んで泥酔して帰ってきた。あまりにも隙だらけでつい襲ってしまった近親相姦の体験談【イメージ画像2】

 
ファに座っている俺に「暑い!服脱がして!」と母。
 

「自分で脱げるだろうに。」と言うとなんとなくすねた感じにごちゃごちゃ言っていた。
 

げないと言いながらボタンも外さずに脱ごうとしている母に見かねて手を貸した。
スーツだったので上着のボタンを外しブラウスのボタンを外してあげると当然ながらブラが出てくる。
 

しかも黒。

カートのホックを外してあげるともぞもぞ動きながら器用に脱ぎはじめ、上はジャケットとブラウスがはだけていて下は下着だけという姿になり眠りについた。
 

他の女性ならなんともエロい姿なんだがそこは60才のただのおばちゃんで自分の母。
興奮はしないだろう。
 

通の状態なら。
しかし俺の状態は少し普通ではなかった。
 

この時の1ヶ月前に子どもが生まれ、嫁は里帰り中、つわりやらでなんだかんだでここ10ヶ月くらいまともにしていなかったわけで、正直たまっていた。

も入っていたし。
 

でもこれはただのいいわけ。
最後までする気なんてなかったし、ただ下着の中に興味が湧いただけ。
 

っすり寝ているのを確認し、恐る恐る下着に手をかけた。
ゆっくりゴムを上にあげ中を覗くと当然ながら毛が見える。
 

今度はクロッチ部分に指かけ横にずらした。

度はしっかりと見えた。
 

嫁とは違いシワシワだがスジマンだった。
もう片方の手で開いてみるとビラは少し黒ずんでいるものの意外にピンクだった。
 

直もっとグロいものを想像していた。
それと同時にぬるっとしたものが指についた。
 

そして下着にはうっすらと縦に白く染みができていた。

に興奮してしまった俺はリビングの電気を消し母の横に69のような感じに横になり今度は鼻を近づけてみた。
 

母のあそこからは酸っぱいような匂い。
でもくさいわけではなく洗剤の匂いと混じりむしろイイ匂いだった。
 

が全く起きる気配がなかったので、少し大胆に下着の上からさわさわしながら匂いを堪能していると、なにやら変化が。
くちゅくちゅと音をたててきたのです。
 

これ以上はさすがにまずいと思い手を止め体を起こそうとした時、母が俺のパンツの上からなで始めたのです。

こから起きていたのか、それとも寝ぼけているのか…迷っているとパンツを下げられ、ぬめっとした感触。
 

背筋がぞわっとなりその瞬間、理性など一気に吹っ飛び、母の股間に顔を埋めてしまった。
下着をずらし、ワレメを開き、ぴちゃぴちゃと舐めた。
 

誰に舐められていて、誰のものをなめているか母が理解しているかはわからない。
もうそんな事はどうでもよかった。
 

お互いに求めあい、どんどん行為が激しくなっていった。

が俺のTシャツの裾をくいくいっと引っ張ったので正常位の体勢に入れ替えた。
 

その時に母の顔をちらっと見ると、腕で目を覆っていた。
母の腰を掴み、俺のものをゆっくり入れていった。
 

の中はものすごく熱くなっていてトロトロ状態だった。
中は適度なきつさで、時々きゅっと締まり気持ちよかった。
 

母の顔を見れない俺は胸に顔を埋めて腰を振った。

は俺の首に腕を回し、声を必死に我慢しながら感じている様子だった。
 

暗い部屋にはくちゅくちゅという音が響いていた。
腰の動きを速めていくと母からは抑えきれなくなってきた喘ぎ声が漏れはじめ次第に大きくなっていった。
 

して俺をぎゅっと抱きしめビクンとなり絶頂に達した。
俺もイキそうになってきたので母にイキそうと小声で伝えた。
 

母はうんと小声で返事をしてぎゅっと強く抱きしめた。

して一気にスピードをあげ母の一番奥に全て出した。
 

いった後は物凄い罪悪感、なんとも言えない後味の悪さが押し寄せどうしていいか分からず逃げるように部屋を出た。
その時母は腕で目を覆い、唇をきゅっと噛んでいた。
 

も同じ気持ちだったであろう。
そして翌日、気まずい感じだったけど「おはよう」と声をかけるとそこには普段と変わらない母の姿。
 

「昨日のって夢じゃないよね?」と突然母が聞いてきた。

ん。ごめん。」
「ううん。お母さんこそごめんね。ありがと。」と言われた。
 

の後はその話をすることはなく今にいたっています。

 

【広告】

●星あめりをうつ伏せガッチガチ固定にしてくすぐり● くすぐりサンプルが過激だゾWW

脇や脇腹、腰骨をこちょこちょこちょこちょ責めまくりました。

【●星あめりをうつ伏せガッチガチ固定にしてくすぐり● くすぐりサンプルが過激だゾWW】-1【●星あめりをうつ伏せガッチガチ固定にしてくすぐり● くすぐりサンプルが過激だゾWW】-2
【●星あめりをうつ伏せガッチガチ固定にしてくすぐり● くすぐりサンプルが過激だゾWW】-3【●星あめりをうつ伏せガッチガチ固定にしてくすぐり● くすぐりサンプルが過激だゾWW】-4
【●星あめりをうつ伏せガッチガチ固定にしてくすぐり● くすぐりサンプルが過激だゾWW】-5【●星あめりをうつ伏せガッチガチ固定にしてくすぐり● くすぐりサンプルが過激だゾWW】-6


体操服姿のドM美女「星あめり」チャンをベッドでうつ伏せガッチガチ固定にしてくすぐりプレイをしました!


あめり「あはっ、あはははは!

レーベル:アドア、  出演者:星あめり、  作品タイトル:星あめりをうつ伏せガッチガチ固定にしてくすぐり


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
●星あめりをうつ伏せガッチガチ固定にしてくすぐり● くすぐりサンプルが過激だゾWW に管理人のつぶやき
 
その一部の流出映像。裸足編舐めて悦ばす!描いたハードなストーリー。神戸ナンパ!インモラルシテミル?中に出すほど満たされる。イキッパモード全開ですっ!半狂乱になる熟した肉体。男の意地か!おっぱいパブのリアル盗撮!
 

 

1 2 3 28
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】