告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

悪者につかまり、息子の前で嬲られる母…いつも毅然とした母がマンコの臭いをバカにされ脱衣をさりげなく手伝う姿に、息子の僕たちは屈辱と興奮を感じた(その2)

読了までの目安時間:約 13分

が二階に上がろうとした時、電話が鳴った。
 
「ちょっと春樹、あんた出てよ」台所にいる母は手が放せないらしく、一度、階段を上りかけた僕は、引き返してリビングの電話に出た。
 
その電話は最初、無言だった。
 
「もしもし、あの、どちら様ですか」
「、、、おまえ、息子か」低くおさえた男の声がした。
 
――なんだよ、こいつ、いきなりそんな事を言ってきた相手に、僕はムッとした。

 

悪者につかまり、息子の前で嬲られる母…いつも毅然とした母がマンコの臭いをバカにされ脱衣をさりげなく手伝う姿に、息子の僕たちは屈辱と興奮を感じた(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
でも、日頃から、電話の応対だけはきちんとするようにと、母から厳しく言われている僕は、我慢して受話器をにぎり直した。
 
「あの、どちら様ですか」
「、、おまえ、上か、下か、どっちだ」
「えっ、、あのう、長男ですけど、、」
「お袋さん、いるか」なんて奴だと思いながらも、僕は母を呼んだ。
 
相手がどんなに非礼な奴であっても、母へかかってきた電話を、僕が勝手に切るわけにもいかなかった。
 
僕はムッとしたまま、突き出すようにして、母へ受話器を渡した。
 
「もしもし、お電話かわりました、杉浦でございます」母は相手にそう言ったあと、横に立つ僕を見て、なぜか嬉しそうに笑った。

 

「切れたわ、、でも夕方かかってきたのは初めてね、ねえ春樹、あんた声聞いたんでしょ、ねえ、どんな声だった」母が言うには、今年なって何度か無言電話があったそうだ。
 
でもそれは、決まって昼過ぎで、夕方かかってきたのは今日が初めてだと言った。
 
僕が、下品なオッサンみたいだったと告げると、母はいかにも残念そうな顔をした。
 
「あら、若い子じゃなかったのね、ちょっとがっかりしたわ」母は何事もなかったように、台所へ戻っていった。
 
僕はあきれてしまった。

 

悪者につかまり、息子の前で嬲られる母…いつも毅然とした母がマンコの臭いをバカにされ脱衣をさりげなく手伝う姿に、息子の僕たちは屈辱と興奮を感じた(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
普通、こういう時はもっと心配したり、怯えたりするのが当り前なのに、僕の母は、むしろそれを楽しんでいるように思えた。
 
危機感というものがまったくない、能天気な母に、僕は心底あきれた。
 
気楽な母を見ていると、つかのま僕も和んだ気持ちになったけれど、でも、あらためてその電話を思い出すと、僕はやっぱり不安になった。
 
男の声は、感情の波をまったく感じさせない、不気味なものだった。
 
――それに、あの写真、もし、電話の男があの写真に関わっているのなら、そう思うと、僕は一層不安になった。

 

たちの家族構成まで知っている男が、少なくとも一度はうちに来て、意図が不明の封筒を郵便受けに押し込んだ。
 
自分の姿は見せないで、母をレンズから覗く中年男。
 
やはり僕には、母の声だけを聞いてすぐに切ってしまう無言電話に、何か悪意があるとしか思えなかった。
 
新聞の社会面にある、いくつかの見出しが、僕の頭に浮かんだ。
 
晩ご飯の時間になって、僕が二階から下りてみると、父と弟はもう帰っていた。

 

秀才が集まることで有名な私立中学に通う弟を、僕はあまり好きではなかった。
 
まだ中一のくせに、妙に大人びたところのある弟を、僕は疎ましく思っていた。
 
――あれ、まただ、食卓の準備をする母は、服を着替えていた。
 
母は、料亭の女将さんが着るような和服に着替えていた。
 
――また始まったよ、去年の夏は、隣のお姉さんから浴衣を借りてきて、それを着た。

 

年齢にそぐわない桃色の浴衣を着て、母は楽しそうにはしゃいでいた。
 
たまに、僕の母はそんな事をして、僕たち家族を驚かせた。
 
でも、驚くのは僕と父だけで、弟はしっかり母のペースに合わせていた。
 
『お母さん、よく似合うよ、とっても綺麗だよ』とか言って母を喜ばせた。
 
そんなとき母は、『あら、秋雄はいい子ねえ』と、弟に頬ずりした。

 

僕はそういう二人から目をそらした。
 
そんなことを、ぬけぬけと言える弟が、僕は嫌いだった。
 
その日は、和服を着た母のことを、弟は『お母さま』と呼んでいた。
 
きっと母に強制されたのだろうけれど、弟は照れもしないで、母の調子に合わせていた。
 
―――――――――期末テストの初日が終って、昼過ぎに家へ帰った僕は、一人でラーメンを作った。

 

はもう、スーパーへ買い物に行って家にいなかった。
 
食べている途中、電話が鳴った。
 
写真を見つけた日から、一ヶ月ほど過ぎていたけれど、その間、新たな封筒を、郵便受けに見ることはなかった。
 
でも無言電話は何度か、かかってきたようだった。
 
先週、僕が尋ねると、『たまにね』と、母は気にもしていなかった。

 

ひょっとしたら、と思った通り、その電話は、やっぱり最初、無言だった。
 
僕がその電話を叩き切ってやろうした時、突然、「おまえのお袋さん、いい女だ」この前と同じ、抑揚のない、暗い声で男が言った。
 
気勢をそがれて、電話を切りそびれてしまった僕に、ふたたび男が言った。
 
「なんでおまえ、そこにいるんだ」
「テストなんだよっ、、」答えるつもりは無かったのに、つい、男につられて喋ってしまった。
 
たて続けに男は、「おまえ、お袋さんのこと好きか」と僕に聞いてきた。

 

――あたりまえだろっ怒鳴ってやろうかと思った瞬間、電話が切れた。
 
僕は、なんとも腹が立ってしょうがなかった。
 
本当は、僕が先に切るはずの電話を、相手に切られてしまった。
 
バカバカしいとは思っても、勝負に負けたような口惜しさは、いつまでも残った。
 
その口惜しさは、あの日の夜のことを蘇えらせた。

 

写真を見つけた日、母が和服を着たあの日。
 
晩ご飯のとき、母と弟は楽しそうだった。
 
いつものように、そんな二人を見ているだけの父も、楽しそうだった。
 
弟が『お母さま、僕、塾のテストで百点取りました』と言えば、『まあ、秋雄さん、なんてお利口さんなんでしょう』と、母は優雅に笑った。
 
そういう芝居じみたやり取りに、僕はついて行けなかった。

 

当は、一緒になって騒ぎたかったのに、僕にはできなかった。
 
なにか面白いことを口にしようとしても、頭の回転が鈍い僕には無理だった。
 
その夜も、僕は一人いじけてご飯を食べていた。
 
まだガキのくせに、弟の大人びた口ぶりが癪にさわった。
 
――もう、うるさい、僕は、あの写真と電話のことを父に告げた。

 

楽しい食卓に水を差すのを承知の上で、僕は父に言った。
 
父は、お酒に酔った顔を真赤にして、そのことを母に問いただした。
 
写真のことは当然としても、何度かあったはずの無言電話についても、父は初耳のようだった。
 
そのことで父は怒っていたけれど、でも、とても母を心配していた。
 
母が持ってきた写真を見ながら、『警察には連絡したのか、どうしてすぐに言わなかったんだ』と、怒っていた。

 

僕は食卓を白けさせてしまった。
 
弟が、僕を小ばかにしたような目で、ちらっと見た。
 
あいつの言いたいことは、分かっていた。
 
(間の悪い兄貴だぜ、今そんなこと言わなくてもいいだろ)僕はそんな弟が、大嫌いだった。
 
―――――――――期末テストの二日目、家に帰った僕は、買い物に行く母を見送ったあと、一人で昼食をとった。

 

僕の父は、写真の件を警察に届け出るべきだと強く言っていたけれど『そんな、大袈裟だわ』と嫌がる母に押し切られて、結局、警察には連絡していなかった。
 
その代り、用心のため、買い物に行く時間を早めるようにと、父は主張した。
 
父を安心させるためなのか、母はその言葉には従ったようだった。
 
それまでは夕方だった買い物の時間を、昼過ぎにずらしていた。
 
僕は、前日の電話を母に言わなかった。

 

とのやり取りで負けた自分を、間抜けな息子だと母に思われたくなかった。
 
それに、母のことを『いい女だ』と、男が言った電話の中身を、口にするのはなんだか気恥ずかしかった。
 
悪者と母
 

 

 

【関連動画】

客のチ●ポを黙って頬ばるヤレる人妻エステティシャン

客のチ●ポを黙って頬ばるヤレる人妻エステティシャン

 

客のチ●ポを黙って頬ばるヤレる人妻エステティシャンのあらすじ

最近、下のムスコの元気が気になるアナタへ朗報!抜群に効く回春エステがあるという…!そこは、まさに現代の夢の楽園!旦那に相手にされない淫乱女が、じっくり、たっぷりと施術してくれる!年月を重ね磨かれし超絶性技は、圧巻!勃起しすぎてパンパンに膨張した男根を、自らのマンコへ誘う!愛液を垂れ流して感じまくり!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:SCOOPメーカー名:スクープ 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

客のチ●ポを黙って頬ばるヤレる人妻エステティシャンに管理人のつぶやき

 

次々と生チンコを求める姿は真正変態。不思議ちゃん的な要素の入った色白若妻が業界入り!汗ばんだ乳房を鷲づかみにして、超美人で優しくておっぱいの大きな母さんの妹と1つ屋根の下で生活することになった童貞マセガキ。残された時間の中、おもちゃを当てて、美熟女が性感帯の耳裏を責められ開始早々感じまくり!息子とわしとどっちが上手じゃ?ものすごくいやらしい接吻のトリコに…イヤらしく熟れたカラダ…叔母さんがきれいでセクシーだからいけないんだ。淑女が一皮剥けば、さすがターミナル駅近く人妻のるつぼ。男好きのする肉体を持つ母親の姿は年頃のダイスケにとって自慢であると同時に刺激的で、接吻しながらハメて、だらしないけど、あの上品な奥様が、ボトボトと垂れてくる様子に、おい!初撮りドキュメント!まあ、浮気するつもりで来てくれたんですよね。結婚するまではHの時も強くてやさしくて誠実さがあふれていたのだが…当然拒む妻でしたが、美味しそうにソーセージを頬張るゆりかの口元に興奮した旦那。少し触れただけでビクン、性感豊かな熟れ具合。車の中でのオナニーでは、狭い空間で体を密着しいろんな体位をこなし、長身美脚美女葦沢鳴海が魅せる、いろんなお母さんたちの日常のエロスをフェティッシュな視点で鋭く描きます!クリスタル映像が誇る人気熟女レーベルマダムマニアックからたっぷり100編大収録!不気味に1人呟き続ける着物姿の女。新シリーズは完全主観映像夫の代わりに私の身体の面倒をみると提案される。手コキ握力測定、お客様に喜んでいただけるなら、息子とお酒を飲み眠る母…とても幸せに暮らしています。それはアナタ自身の目でお確かめを!夫がいない真っ昼間に浮気相手を呼んで情事にいそしむ淫乱妻たち。そしてほどなくして夫は酒に酔い潰れてしまいます。経験を積み重ね熟成されたボディは若い年代には真似できない魅力です!不倫1ヶ月記念ということで、私にだって考えがあるわ…乳首とクリをローターでしつこく責められながら力いっぱい尻を揉まれて恍惚の表情を浮かべ、今日の絡みを見ている限り、敏感乳首を勃起させてイキままくる!食べちゃってください!

 

『客のチ●ポを黙って頬ばるヤレる人妻エステティシャン』の詳細はこちら

悪者につかまり、息子の前で嬲られる母…いつも毅然とした母がマンコの臭いをバカにされ脱衣をさりげなく手伝う姿に、息子の僕たちは屈辱と興奮を感じた(その1)

読了までの目安時間:約 13分

の封筒を、最初に見つけたのは僕だった。
 
――これって、お母さん、封筒の中には、母の写真が入っていた。
 
すべては、この時から始まった。
 
僕が高校生になって初めての冬は、年が明けてからもっと寒くなって、その日は小雪がちらついていた。
 
学校から帰った僕は、普段、気にもしない郵便受けに目がとまった。

 

悪者につかまり、息子の前で嬲られる母…いつも毅然とした母がマンコの臭いをバカにされ脱衣をさりげなく手伝う姿に、息子の僕たちは屈辱と興奮を感じた(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
大きな封筒が半分以上はみ出したまま、受け口に差し込まれていた。
 
郵便受けから抜き取ってみると、表も裏も、その茶色の封筒には何も書かれていなかった。
 
それに、封も糊付けされていなかった。
 
僕は早く家の中に入って、冷えきった体を温めたかったけれど、その得体の知れない封筒が、何だかとても気になった。
 
手袋をしていても、かじかんで震える指先で中身を探ると、その中から、母の写真が出てきた。

 

A4サイズで、二十枚近くあった写真には、すべて母が写っていた。
 
とっさに、僕は辺りを見回した。
 
誰かが、僕を見ているのではないかと思った。
 
でも、通りをはさんで家々が向かい合う新興住宅街に、人の姿はなかった。
 
手にした写真に、小雪の粒が舞い降りた。

 

悪者につかまり、息子の前で嬲られる母…いつも毅然とした母がマンコの臭いをバカにされ脱衣をさりげなく手伝う姿に、息子の僕たちは屈辱と興奮を感じた(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
母の顔に、白い粒がまとわり付いては、融けて消えていった。
 
僕の体が、ぶるっと震えた。
 
凍てつく寒さのせいなのか、それとも湧き起ってくる恐ろしさのせいなのか、きっとその両方で、僕の体が急に震えだした。
 
「お母さん、、お母さんっ、、」家の中に飛び込んだ僕は、大きな声で叫んだ。
 
大変な物を見つけてしまった、そんな思いが僕を慌てさせた。

 

ほど僕の声に切迫感があったのか、母はすぐにやって来た。
 
しかしそれでも、ぱたぱたと廊下に響くスリッパの音は、いつものようにのんびりしたものだった。
 
台所にいたのか、母は緑色のエプロンで手を拭きながらやって来た。
 
「どうしたのよ春樹、、あら、雪降ってるの」母は、僕の頭を見て、少し怒ったような顔した。
 
「だから言ったじゃないの、傘もって行きなさいって、、もう、」廊下で僕と向き合った母は、僕の頭の上で、融けきっていない小雪の粒を払ってくれた。

 

僕の髪がくしゃくしゃになるくらい、少し乱暴に、何度も払ってくれた。
 
高校生になった僕を、いまだに子供扱いする母だった。
 
「風邪ひいたんじゃないの、あんた顔が蒼いわよ」僕の額に当てられた母の手は、とても暖かかった。
 
「よし、熱はないみたいね、、え、何よこれ」僕が差し出した封筒を受け取った母は、その封筒と僕の顔を交互に見た。
 
その時きっと、僕は泣きそうな顔をしていたに違いない。

 

僕の表情から、何か不安を感じ取ったのか、母はその封筒をじっと見つめて、思い切ったようにさっと中身を取り出した。
 
「あら、、いやだわ、もう、退学処分のお知らせかと思ってひやひやしたわよ、何よこれ、、こんなものどこにあったのよ」僕が説明する前に、母は含み笑いをもらしながら、一枚一枚めくっていた。
 
その封筒の経緯を話すと、なおさら母は面白がって、そのうちの一枚をひらひらと目の前にかざした。
 
「へえ、よく撮れてるわねえ、ふうん、敵はプロかも知れないわねえ、なるほど、ストーカー2号の登場ってとこかしら、ホントまいっちゃうわ」僕を無視して、母はもう台所に向かっていた。
 
なんだか、僕は気が抜けてしまった。

 

かわりに腹が立った。
 
――なに言ってるんだよ、ストーカーっていうのは、もっと若い女を狙うんだぞ、ストーカーに狙われたことが自慢そうな母に、僕は腹が立った。
 
声を上げて笑っている母を見ると、僕はその封筒の中身で大騒ぎした自分が、馬鹿に思えてきた。
 
その写真は、母の日常を写したものだった。
 
スーパーで買い物する母の姿を写しただけの、ただそれだけの写真だった。

 

も、玄関先で最初に見たとき、僕は本当に恐ろしくなった。
 
この頃は、とんでもなくイカレタ野郎が多い世の中だ。
 
最近よくニュースになる通り魔殺人、その標的に母がされたのではないかと心配した。
 
封筒の中身が、母を殺す予告状のような気がしてならなかった。
 
ただ、あきれるほど能天気な母を見ていると、そんなふうに母を心配した僕の頭のほうが、イカレているように思えてきた。

 

その封筒を食卓に置いたまま、母は煮物の火加減を見ていた。
 
楽しそうに晩ご飯の支度をする母を見ていると、本当にバカバカしくなってきた。
 
――僕もどうかしてるよ、通り魔殺人なんて、あるわけないよな、二階の自分の部屋に上がろうとした時、僕はふいに、母の言葉が気になった。
 
――さっきお母さん、ストーカー2号って、、僕は、台所の母に駆け寄った。
 
「お母さん、二号って、どういうこと、前にも何かあったの」母は、ちょっと困ったような、それでもなんだか可笑しそうに僕を見た。

 

「そうよね、春樹は知らなかったのよね、あのね、、ここに引越して来たころね、、うふふ」三年前、僕の家族はこの家に越してきた。
 
ちょっとお洒落な感じのする、この新しい住宅街を僕は気に入っていた。
 
「若い男の子がね、私のあとつけたり、家の前をうろうろしたり、私がその子に気づいて、二週間ぐらいしてからかしら、その子ね、『僕とつき合ってください』って、真剣に言ったのよ」母は煮物をほったらかしにして、喋り続けた。
 
もう楽しくて仕方ない、そんな様子の母だった。
 
「道の真ん中で、いきなりなのよ、びっくりしたわ、でも私、そういうの慣れてるから、、さらっとかわして逃げたのよ」母は煮物が気になったのか、鍋のふたを開けた。

 

そして僕に背を向けたまま、また話し始めた。
 
「でもね、その後もあまりしつこいから、お父さんに言ったの、そしたらね、あの人ったら顔を真赤にして怒っちゃって、家の前にいた男の子に文句言ったのよ、すごく怒って、、、信じられる、あのお父さんが本気で怒ったのよ」鍋にふたをして火を弱めた母が、僕にふり向いた。
 
母は、本当に楽しそうだった。
 
「大学生みたいだったけれど、その子ね、背が高くて、わりとハンサムだったのよ、もうまいっちゃうわ、世の中の男はみんな私に夢中なんだから」そう言った母も、さすがに照れたのか、少し顔を赤くして冷蔵庫を開けた。
 
「いやだわ、私ったら、春樹にこんなこと言って、心配しなくてもいいのよ、あれからあの子は来なくなったし」それきり母は話をやめて、冷蔵庫から取り出したタッパーを開けて、晩ご飯の支度の続きを始めた。

 

こかおっとりしたところのある母も、料理の手際だけは鮮やかだった。
 
僕はそんな母のうしろ姿を、不思議な思いで見つめた。
 
僕は、どうしてその大学生が、母を一人の女として見たのかよく分からなかった。
 
僕には、母と同じ年齢のおばさん達は、みんな一緒に思えた。
 
その中でどうして母が選ばれたのか、とても不思議だった。

 

確かに僕の母は、美人の部類に入るかも知れないけれど、そんなに目立つとは思えなかった。
 
別に派手な服を着るわけでもないし、髪型もごく普通にカールしてあるだけだった。
 
お化粧なんか、ちょっと口紅を引いて、はい終わりっていう感じだった。
 
だいたいストーカーなんて、若くて綺麗な女の人を狙うものだと思っていた。
 
僕があの写真を見つけた時、ストーカーなんて言葉、浮かんでもこなかった。

 

――お母さんのどこがいいんだろう母のどこに魅力があるのか、僕にはよく分からなかった。
 
悪者と母
 

 

 

【関連動画】

熟女一人旅 植村まさ子

熟女一人旅 植村まさ子

 

熟女一人旅 植村まさ子のあらすじ

専業主婦のまさ子は、サラリーマンの夫と結婚して25年。高○生の息子と中○生の娘がいる。最近、帰りの遅い夫のケータイを盗み見てみたら浮気をしていた。離婚も考えたが、子供のことを考えると決断できなかった。まさ子は一人旅に出かけた。旅先での出会いを心のどこかで願っていたのかもしれない…。カテゴリ:熟女出演者:植村まさ子レーベル:ルビーメーカー名:RUBY 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

熟女一人旅 植村まさ子に管理人のつぶやき

 

全身が性感帯になるほど高められた絶頂感、派遣先のモンスターファミリーの恐るべき淫湿な罠…石倉えいみ。ならば入れちゃおうとギンギンのチ○コで突きまくり思わず中にそのまま欲にまかせて重なる母と息子なのだった。磨きのかかったボディを性欲でギラついた男どもに犯される熟女レイプ6編。男の人はお金を払って、ついには買い物依存症となってしまいました。デカすぎるチンポにババアたちは体をよがらせ恍惚した表情を浮かべ、そして趣味で女王をしているという熟女が女王スタイルで始める。これが地獄をみる前の最後のセックス。かなり濃厚な舌使い。Scene02夜とか寂しくないのか聞いてみたらあまり無いという。汗だくになりながら激しく突かれまくりの激しいセックス!疲れた脚を畳の上に投げ出しくつろいでいると、癒し系の笑顔で現れた加代子さん。全ての男が欲望破裂寸前!41歳の美人ミセスを変態っぽく調教すればエロい声張り上げて連続昇天。我慢も限界、その艶めかしい白い肌に夢中になってしまいました。日々を懸命に生きるうちに40歳がもう目前に。その容姿とは裏腹にドがつくほどの変態です。真っ最中での仲居の訪問により声が出せない状況で突かれ昇天。最後はもちろん中出しされて、そんな人妻が男の部屋に出張エステサービスに!私はいつもどおりの服に着替える。息子の学校の先生、69でお互い感じた所でバイブを取り出しイってしまう…結婚23年目の専業主婦。本当の目的は、その後もお尻を振らせて挑発強制、人妻の性欲は止まらない…行為はさらにエスカレートし、むせび泣く熟女たちの熟マンに怒張したモノをぶち込んで行く!幸せになる為に…美味しいところだけしっかり楽しめて大満足の240分ノンストップ作品です!チンコを触って嬉しそうな理子さんにいざ挿入!熟女たちのタイプもいやらしさも、野獣のような淫声を放ちながら、お上品な澄まし顔もいつしか淫らな牝犬に!2人の人妻、旧知の男優達との性交を味わうように楽しむ彩乃をイカせまくって潮を吹かせまくるマジ仕様!おいらん倶楽部で、台所でジュリを押し倒して無理矢理セックスしてしまう。結婚20年の隆子さんは、スパンキングされるとヨダレを垂らして興奮し、音を立ててジュポジュポ舐める。その人妻のとんでもない巨乳に目を奪われる男。

 

『熟女一人旅 植村まさ子』の詳細はこちら

私を溺愛してた父が私にくれた最高のプレゼント…それは、人生最高のクンニ体験!たまに会う父の懐かしい顔を見ながらイキ果てたあの日…

読了までの目安時間:約 14分

との思い出です。
 
私は一人っ子で、父には溺愛されていました。
 
父は単身赴任で、たまにしか家に帰ってきませんでしたが、とても優しくて、いつも遊んでくれて一度も怒ったことがありません。
 
見た目も若く、仕事が出来る男という感じでとてもかっこよかったと思います。
 
私もそんな父のことが大好きで、父が帰ってくると一日中父にまとわりついていました。

 

私を溺愛してた父が私にくれた最高のプレゼント…それは、人生最高のクンニ体験!たまに会う父の懐かしい顔を見ながらイキ果てたあの日…【イメージ画像1】

 
 
 
母は、普段一人で子育てしているストレスもあったのでしょう、いつも怒られていた思い出があります。
 
父が帰ってくると、子供心に母に対してものすごいライバル心を抱いていて、父を独り占めしたいといつも思っていました。
 
それはおそらく母も同じだったのではないかと思います。
 
父がまた赴任先に戻ると、母の私へのあたりがいつも以上に厳しくなったからです。
 
ある時、私たちは親子三人で川の字で寝ていたのですが、夜中に目を覚ますと父と母がいませんでした。

 

耳を済ませてみると、なにやら母の泣き声のような声がします。
 
私は怖くなったのですが、どうしても気になったので声がするリビングの方をそっと覗いてみました。
 
すると、母はリビングのソファのところに横になっていました。
 
頭がこちら側に横になっていたのでよく見えなかったのですが、肌着の上をはだけて、足を大きく開いて、クンクンと泣いているような声を出していました。
 
よく見ると、大きく開いた足の間に父の頭があって、そこから母のおっぱいに両手が延びていました。

 

私を溺愛してた父が私にくれた最高のプレゼント…それは、人生最高のクンニ体験!たまに会う父の懐かしい顔を見ながらイキ果てたあの日…【イメージ画像2】

 
 
 
クンニしながら、乳首を刺激してたんだと思いますが当時(小2ぐらい)の私には何をしているのかさっぱりわかりませんでした。
 
マッサージか何かと思ったのですが「イヤ、ヤメテ、気持ちイイ」という、母の普段決して出さないような変なささやき声を聞いているとなんだかとても変な気持ちになり、すごい嫉妬心を覚えました。
 
その時は、そのまま部屋に戻って寝てしまったのですが、その思い出はずっと覚えていました。
 
父が、母のあそこに何をしてたのか、どうしても気になって、夜布団に入ってから自分でいじったりもするようになりました。
 
父が帰ってきたときには、じゃれて遊ぶときに父の顔にまたがってみたり、お風呂で父が髪を洗っているときに父の顔の近くにあそこを近づけてみたりしていました。

 

3の夏休み、母の実家に帰省したときに、祖母が体を壊して、母は実家で祖母の看病をし、私と父はふたりで温泉に行ってホテルに泊まる事になりました。
 
私は父を独り占めできるので嬉しくてたまりませんでした。
 
夜、私はふざけて浴衣を脱ぎ散らかして、素っ裸で父にじゃれつきました。
 
いつものように父の顔にまたがって押し付けると、父の鼻がクリのところに当たって、いつもと違う感じがして息が荒くなり、父も黙ってしまい、急に変な雰囲気になりました。
 
私が浴衣を着ようとすると、父が真面目な顔をして「パパのこと好き?」と言いました。

 

私がうなずくと、父は「パパがママにだけしてあげてる、とっても気持ちいい事みーちゃん(私)にもしてあげようか」と言いました。
 
私は何となく、あの時見た母へのクンニのことだとすぐに分かりました。
 
そして、なんともいえない期待感で胸がドキドキして爆発しそうになりました。
 
私がうなずくと、父は黙って私の膝に手をかけました。
 
私はドキドキで息が荒くなってしまい、それを父に悟られるのが恥ずかしくて、必死に息を潜めていました。

 

父はそれまで見たことがないくらい真剣な顔で、鼻息が荒く興奮しているのがわかりました。
 
私は父のことを信頼していたので、少しも不安はありませんでした。
 
「痛かったり、気持ち悪くなったらすぐに言うんだよ」そう言うと、父は私の足を開かせて、その間に顔をうずめてきました。
 
そうして、鼻先で、私のあそこのまわりをつつきました。
 
鼻息が当たって、とてもくすぐったかったので、私は思わず笑ってしまいました。

 

そしていよいよ父が両手であそこを開いて、父の舌が私のあそこに触れました。
 
私はドキドキが最高潮になって、腰のあたりがものすごいゾクッとしてしまいました。
 
父の舌が、私のクリのところで優しくチロチロと動いているのがわかりました。
 
あそこのまわりがものすごく熱くなって、あっと思ったら私はおしっこを漏らしてしまいました。
 
父は笑っていました。

 

衣を着て、シーツを取り替え、その日はそのまま寝ることになりました。
 
私は以前、父が母のあそこをなめているのを見たことを話しました。
 
父は苦笑いして、「これからはみーちゃんにだけしてあげる。パパはみーちゃんのことが一番好きだから」と言いました。
 
それからは、私は次にいつしてもらえるのか、楽しみで仕方がありませんでした。

 

夜布団で自分で触ることも、以前より多くなりましたが、どうしても父に舐めてもらった時のような、頭が真っ白になる感じになれませんでした。
 
父が帰ってきたときは、母のことが疎ましくてたまりませんでした。
 
なかなか二人きりになれるタイミングがなかったからです。
 
父も、母が家にいるときは決してそういう雰囲気を出してきませんでした。
 
業を煮やした私は、一緒にお風呂に入ったときに、お風呂のヘリに腰掛けて股を開いて、「パパ、あれして」とお願いしたこともありました。

 

父は笑って、チュッと割れ目にキスをしただけで「また今度な」と言って風呂から出てしまいました。
 
それだけで私は、もうたまらない感じになって、ずっと欲求不満で悶々としていました。
 
今思うと、父は私に勃起したペニスを見せないようにしていたんだと思います。
 
それからあとも、私は父のペニスが勃起しているところを一度も見たことがありません。
 
結局、次に舐めてもらえたのは、初めてしてもらってから半年近くも経ってからでした。

 

母が友達と外で食事してくることになり、私は父とファミレスに行くことになりました。
 
私はこんなチャンスはもう二度とないと思って、出かけようとする父を必死で引き止めました。
 
これから夕食なのに、不自然に引き止めて「眠いから一緒に寝ようよ」という私に父もようやくピンときたようで、急に私を抱きかかえてソファのところまで連れて行くと、ドサっと降ろしました。
 
私はその日、お出かけ用の可愛いワンピースを着て、小学生なりに目一杯おしゃれしていました。
 
そのままの格好で、父は足を大きく開かせて、私のパンツを脱がせました。

 

の時の興奮と言ったら・・・今までの人生で、あれほど興奮したことはないかも知れません(笑)父の顔が、私の股間に近づいてきて、私の一張羅のワンピース越しにあそこにむしゃぶりつく父の映像が、いまだに頭の中に強烈にこびりついていて、今でも自分でするときはその時の想像をしてしまいます。
 
私は、あっという間に頭が真っ白になってしまい、ビクビクと体が言うことを聞かずに痙攣を起こしました。
 
その時はおしっこは出ませんでしたが、父はすぐには離してくれず、私の腰をがっしりと抱きかかえたまま、クリトリスに強く吸い付いたり、優しく舐めたり、時には振動を加えたりしてくるので、程なく私はふたたび絶頂に達してしまいました。
 
それでも父はやめてくれず、3回目に達したときには、よく憶えてないのですが、大きな声を出してしまったような気がします。
 
わたしはぐったりして、身も心も溶けてしまったので、父は「スマン」と言って、近所で弁当を買ってきて、一緒に食べました。

 

それからは、3か月に1回ぐらいのペースでしてもらっていました。
 
母にバレないように、ドライブに行って人がいないところで車の中でしたりもしました。
 
不思議と、父は自分のペニスを触らせたりは決してしなかったのですが、何度か私のを舐めながら、ズボンの中で自分でしごいているようなときもありました。
 
私は父にしてもらうのを、本当に心の底から楽しみにしていたのですが、中学2年ぐらいになって、急に恥ずかしいのと罪悪感が出てきて、父の方から誘ってくることはなかったので、その関係は終わりました。
 
それから、高校生の時に1回と大学生の時に2回、してもらいましたがその話は別の機会に。

 

私が24の時に、父は病気で亡くなりました。
 
今思い出してみると、父は本当にクンニが上手だったなあと思います。
 
今の旦那にもクンニを仕込んでいますが、父のレベルには到底達していません。
 
親孝行もしたかったけど、クンニももっとしてもらっておけばよかったなあと今でも思います。
 

 

 

【関連動画】

人妻競泳水着緊縛遊戯

人妻競泳水着緊縛遊戯

 

人妻競泳水着緊縛遊戯のあらすじ

着用しただけで締めつけられる競泳水着と敏感な部分に深く強く喰い込む緊縛縄の悦楽。悶えるたびに喰い込む縄がクリトリスを刺激し競泳水着に愛液の濡れ沁みを浮かび上がらせる。日常と断絶された空間で何度も犯し、夫以外の精液で受精するまで膣内射精する鬼畜男達。身体の自由は奪われても、心はあなた達には渡さない。カテゴリ:熟女出演者:高島恭子,笠木忍,有沢りさレーベル:TMAメーカー名:トータル・メディア・エージェンシー 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

人妻競泳水着緊縛遊戯に管理人のつぶやき

 

仕事を終えたおばさんをゲット。亡き夫への後ろめたさ、男優登場で表情を一変させた彼女は、オナニーで盛り上がり男に肉棒をおねだり。可愛らしい!玩具責めされるシーンはエロ過ぎ!成長した息子に無我夢中で喰らいつくおしゃぶり淫母たち…バカ息子なんかにはもったいない!拘束したまま強烈電マ攻めなど、玩具でいじめられドM本性を曝け出す助平女の卑猥な姿、加山なつ子が持つ最強の武器を四方八方から舐め回すように撮影。少し触れればイヤらしい液体が染み出てしまう熟女。思う存分中出しして頂戴。夫に言えない性に飢えた人妻の願望を満たす為に男達が立ち上がる!母の百合子も、悩ましい表情でのバキュームフェラ、火照る股間に手をかざし、いろんなシチュエーションで様々な熟女たちが大集合!気付いているのは夫だけ。と尋ねると忘れかけていた何かを取り戻せる空間と応えた。彼女にフラれ自暴自棄になっていた真吾は、制御不能に振り乱される、偽物を用意しておとり作戦でいこうと思っております。金玉までしゃぶり尽くす5人の熟女たち!家族三人で幸せに暮らしていたある日のこと、これをキッカケに妻が性に対して積極的になってくれたらな?熟れた裸体でエロく燃え上がります!剃毛プレイ!受精覚悟で中出しをせがむ女達…と言いながらも男優にあれや、熟した肉体が燃えたぎる!人妻だって旦那以外とえっちしたい!やけに嬉しそうですねぇ…乳もみねっとりなど、そんな彼女がひそかに抱えている願望…旦那が大好きでいつもつながっていたい奥さん。最後はもちろん生挿入、若くて堅い立派な男の竿は大好物!トイレを拝借する旨伝え、ねっとり舌を絡ませ喉奥深く咥え込む。後家の家に忍び込み女の味わいを教えてもらう。いろいろな玩具を使ってアナル拡張から。出ました、夫に従順で家事テキパキとこなす主婦の顔、最近旦那とうまくいってないという咲さん。マンコが見えないほど黒々と生えきった陰毛に愛液が纏わりつき、熟女11人を味わいつくす黒マラぶらり旅!勃起したチンポを見つめる瞳は潤み、母は優しく迎えてくれた。

 

『人妻競泳水着緊縛遊戯』の詳細はこちら

私を置いて出て行ったあのアメリカ人の男と、少しずつにてたくましく育つ息子…。かわいいハーフの息子に抱かれています

読了までの目安時間:約 9分

は一昨年アメリカ人の夫と離婚しました。
 
夫は私と息子をおいて、一人でアメリカに帰国しました。
 
今は慰謝料と夫からの養育費で暮らしているので、夫はいないけど専業主婦です。
 
息子は所謂ハーフですが、日本国籍を持っており、今年中学に上がりました。
 
息子が生まれた時からずっと一緒にお風呂に入っていましたが、離婚した直後の頃、息子の身体を洗ってやっている時に、私はドキドキしてしまいました。

 

私を置いて出て行ったあのアメリカ人の男と、少しずつにてたくましく育つ息子…。かわいいハーフの息子に抱かれています【イメージ画像1】

 
 
 
小学5年とはいえ、息子のペニスは、もう皮が剥け、大きさも日本人の大人以上に発育していました。
 
その時まで気づかなかったのが不思議なぐらいです。
 
息子のペニスは夫の血を引いたようです。
 
その日から私は、夫の巨大なペニスでおまんこを貫かれた事を思い出し、夫が置いていったバイブで自分を慰めるようになりました。
 
でも毎晩お風呂に入るたび、息子のペニスを目の前にすると、次第に我慢できなくなってきました。

 

そして半月もした頃でしょうか、ついに私はお風呂で息子のペニスにむしゃぶりついてしまいました。
 
息子は凄く驚きましたが、気持ちいいのか、されるがままです。
 
ああ、これよ。
 
これが欲しかったの。
 
私は勃起した息子のペニスに頬ずりさえしていました。

 

私を置いて出て行ったあのアメリカ人の男と、少しずつにてたくましく育つ息子…。かわいいハーフの息子に抱かれています【イメージ画像2】

 
 
 
今この大きさなら、きっと近い将来、夫より大きくなると思いました。
 
そして私は息子のペニスを、朝までおまんこで味わいました。
 
息子はもう既に射精する身体になっていました。
 
それから私は毎晩のように、息子のペニスを味わいました。
 
別の部屋で寝ていた息子を、私の寝室で寝かせるようにしました。

 

ばらくして、1年ほど過ぎた頃の事です、週刊誌で近親相姦の記事を読み、愕然としました。
 
その記事には、すっかり自分の身体の虜になってしまい、堕落してゆく少年の事が書いてありました。
 
私は不安になりました。
 
息子と一緒に寝るようになってから、学校の成績は少しですが落ちていました。
 
このままではいけないと思いましたが、直ぐに突き放すのは可哀想と思い、徐々に私から息子を遠ざけて行きました。

 

息子を遠ざけた代わり、私の体の火照りが始まりました。
 
夜といわず、昼間から自分のおまんこをバイブで慰めるしかありませんでした。
 
でも満足できませんでした。
 
私は狂ったようにテレクラに電話をして、毎日のように、息子が学校に行っている昼間、ラブホテルで男のペニスを貪りました。
 
でも所詮日本人です。

 

息子のペニスの大きさにはかないません。
 
一人のペニスだけでは満足できす、複数で輪姦してもらったこともありました。
 
おまんこだけではなく、同時にアナルに挿入してもらいましたが、それでも満足できませんでした。
 
逆にアナルの味を覚えてしまい、もし息子のペニスがアナルに挿入されたらと考えるようになってしまいました。
 
結局半年ほど、去年の12月には、すっかりテレクラに電話することもなくなってしまいました。

 

そして年末には、結局最初したように、お風呂で息子のペニスにむしゃぶりついてしまいました。
 
ああ、これじゃなきゃだめなの。
 
正月は食事や寝る間も惜しんで、息子のペニスを味わいました。
 
アナルに挿入した時は、絶叫のまま失神してしまいました。
 
私が息子以外のペニスを貪っていた頃、どうしていたか息子に聞いてみました。

 

子は一人で寝るようになってから、毎晩私とおまんこした事を思い出し、オナニーをしていたそうです。
 
もう息子が可愛くてしょうがなくなりました。
 
たとえどんな事があっても、もう二度と息子意外とおまんこしないと思いました。
 
そしてオナニーの影響か、息子のペニスは一回り大きくなっていました。
 
尚更息子を放したくないと思いました。

 

それ以来、以前は夜しかおまんこしていませんでしたが、朝・昼関係なくするようになりました。
 
今朝も5時半に起きて、してしまいました。
 
もうすぐ息子は夏休みです。
 
夏休みになれば、一日中息子とできると考えただけで、おまんこが酷く濡れてしまいます。
 
今年の夏休みは、本当に楽しみです。
 

 

 

【関連動画】

堅物な妻をイカサマゲームで騙して他人に猥褻行為を…

堅物な妻をイカサマゲームで騙して他人に猥褻行為を…

 

堅物な妻をイカサマゲームで騙して他人に猥褻行為を…のあらすじ

あなたの奥さんは大丈夫?まじめな主婦が、自分の部下のチンポをはめられて果たして平常心を保てるか?地味で長い結婚生活ですっかり忘れ去ってしまったオンナが再びメラメラと火がつく。チンポの誘惑に照れながらも、肉棒を頬ばり即ハメる人妻たち。欲求不満な姿をあなたの前であらわにする! ※本編顔出しカテゴリ:熟女出演者:麗奈,まきレーベル:スターパラダイスメーカー名:STAR PARADISE 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

堅物な妻をイカサマゲームで騙して他人に猥褻行為を…に管理人のつぶやき

 

美しい尻を持つ母とその母に魅せられた兄弟の近親相姦ボリュームのある豊満なおっぱい、清楚で端麗な兄嫁の貞操を虎視眈々と狙っていた。声が漏れないか心配そうな彼女をヨソに電マ責めと立ちバックで遠慮なしにマンコを責めたて、バコバコに突くと悶えるのが人妻の性…もう夫の元には帰りたくない!椅子、美しくもいやらしい、地元では味わえない開放感と刺激を求めて地方から出てきた素人妻を騙し撮り。大きくなった僕たちは、ご了承ください自分の目を疑ってしまうような人妻の悶え狂う姿は今夜のオカズにピッタリです!亜季さん、愛蔵凝縮版!義母のダイエット体操姿にとうとう義息は…とんでもなく若そうな奥さんがやって来た。淫乱になった母を止めることができなくなって…叫ぶようによがります。人目を気にしない場所でぶっちゃける彼女。全国をナンパして行脚するこのシリーズ!貪欲に快感を求める熟女たちはビチョビチョに濡れた下着から淫臭を漂わせ男根を求め、夫とのありきたりな日常と淡白な夜の営み。オマンコの中に生中出しされて…そんな姿を目撃した長男の正は、野獣のようなファックを必死に耐えるお婆ちゃん達を嘲笑うかのように万引きGメンは熟れたオマンコの中へ生中出し!声を押し殺して思いっきり射精したときのものすごい快感。ついつい身体を許してしまう人妻…だったんだけど…だんだん大胆になってきて前はこんなにエッチじゃなかったのに…の裏の実態をお見せいたします大胆でH好きな人妻たちは、しっかりとご覧ください!腰を激しく振りまくり、年頃の義息まずは見せつけオナニー。お隣の奥さんが留守なのをいいことに、欲求不満の奥様たちは激しく乱れていく…車の中でフェラされて発射!咲樹。男の淫らな欲望まで叶えてくれる夢のようなお店だった!これもまた愛のカタチ…個人授業で中国語を教える為に男と待ち合わせ。パイパンの肉壺にバイブを突っ込めば大量のマン汁を溢れさせ、かなり最高でした。いきなり競泳水着に着替えてくれと言われ、元巨乳グラドルのMEG○MIに似の人妻、そんな事とはつゆ知らず、酔いつぶれた母と。姉の頼みで甥っ子にSEXを教える事になった叔母さん…旦那や子供には見せられない…1時間後にはデカマラにヨガり狂う!

 

『堅物な妻をイカサマゲームで騙して他人に猥褻行為を…』の詳細はこちら

私は淫らな母親です…。お茶碗を洗いながら膣内にはバイブが挿入され、腰から走る甘い刺激にたまらず崩れ落ちてしまいました

読了までの目安時間:約 9分

れはいつものように始まりました。
 
台所で夕食の後片付けをしている時、息子に後から抱きしめられ、パンティの中に手が入ってくると、スポッと遠隔バイブを入れられました。
 
いつスイッチを入れられるかヒヤヒヤしながら茶碗を洗っていた時、急に強でスイッチが入れられたんです。
 
おまんこから背中に強烈な快感が走りました。
 
「あううう~っ」腰がくだけて茶碗を落として割ってしまいました。

 

私は淫らな母親です…。お茶碗を洗いながら膣内にはバイブが挿入され、腰から走る甘い刺激にたまらず崩れ落ちてしまいました【イメージ画像1】

 
 
 
シンクに寄り掛かってヒクヒク痙攣していると、「あ~あ、割っちゃった」と言う声が居間から聞こえました。
 
這って居間に行こうとすると、一旦弱になっていたのが、また強にされてしまい、「うっ、うっ、うう~う!」呻き声を上げてうずくまって快感に身を震わせました。
 
やっと居間にたどり着いた時にはパンツも脱いで準備を整えてくれていました。
 
その太く硬く直立しているペニス!無我夢中でむしゃぶりついてしまいました。
 
ペニスを咥えながら片手でパンティを脱ぐと白濁した愛液でテラテラ光ったバイブが糸を引いて床に落ちてブルブル震えていました。

 

「後を向いて」
「いや、もっと舐めさせて!」無理矢理離されてお尻を抱かれてしまいました。
 
「おっ!もうクリが飛び出してるね」と言うとおまんこを開きながらクリをペロッと舐められました。
 
「あああ~っ!」そしてクリを軽く噛まれました。
 
「ひええええ~っ!」快感で背中を仰け反らせてしまいました。
 
「もう我慢できない~っ!入れてえ~っ!」
「どこに?」
、「だから、入れてえ~!」
「だから、どこによ?」
「意地悪!」
「おしりの穴?」
「いやん!お、おまんこに~い!」
「何を入れて欲しいの?」
「もう!オチンチン入れてえ~っ!」何時もこんな調子なんです。

 

私は淫らな母親です…。お茶碗を洗いながら膣内にはバイブが挿入され、腰から走る甘い刺激にたまらず崩れ落ちてしまいました【イメージ画像2】

 
 
 
硬く太く長い息子のペニスがおまんこを押し開いてゆっくり入ってきました。
 
「うっ、ううう~ん!」
「いくぞ!」ぐっと引き抜いて根元まで一気に突き刺して来ました。
 
「うう~っ!」ペニスが子宮を押し潰しました。
 
パンパンと玉が土手を叩く音がピシャピシャ濡れた音に変わってきました。
 
ペニスの突きに合わせて「ああっ、ああっ、ああっ!」嬌声を上げ続けました。

 

背位から騎乗位になって腰を振らされました。
 
ペニスを根元まで呑み込むと先端が子宮をグリグリこするんです。
 
腰が大きく前後に痙攣した後、ヒクヒク細かく痙攣してきました。
 
「ああ、いい!ああ、いい!ああっ、ああ~あっ!いくううう~っ!」おまんこから背中に快感が駆け上り、頭の芯が痺れて胸に倒れこんでしまいました。
 
ひくひく痙攣している体を仰向けにされ、また一気に奥まで差し込まれました。

 

そして激しい突きが数分続いている間、「ひい~っ、ひい~っ、ひいい~っ!」と悲鳴を上げ続けていました。
 
「いくぞお~っ!」更に息子の突きが激しくなった時、背中に手を回して抱きつき、脚を腰に絡めました。
 
「出すぞ!」
「ちょうだい!沢山ちょうだい!」
「うっ!」という声と共に腰がビクンと震え、息子の熱い精液がおまんこの奥に何度も叩きつけられました!「ああああ~っ!いくううう~っ!」背中を激しく仰け反らせて私も一緒にいく事ができました。
 
私の胸の上で激しく息を切らせていた息子が「じゃあ、部屋に行って勉強するね」と言って軽くキスをして出て行きました。
 
私はおまんこに指を入れて息子のどろっとした精液を掻き出すと何時ものように味わって飲みました。

 

愛液でヌルヌルのパンティを洗濯機に入れて台所の割れた茶碗の後片付けをして残りの洗い物を済ませるとお風呂に入って何時ものように股間の毛を丁寧に剃りました。
 
そして風呂上りに香水を付けて裸でベッドに横たわりました。
 

 

 

【関連動画】

カルチャースクール帰りの人妻尾行野外レイプ

カルチャースクール帰りの人妻尾行野外レイプ

 

カルチャースクール帰りの人妻尾行野外レイプのあらすじ

カルチャースクールに通い“男との素敵な出会い”を期待する発情した人妻にターゲットを絞り中出しレイプする連続強姦魔たちの鬼畜な所業の数々!チンポが挿入されれば誰でも良かったんだろ!!撮りためたレイプ映像を誇らしげに違法動画サイトにアップ!逮捕された犯人たちの動画を削除前に入手!勝手に発売決定! ※本編顔出しカテゴリ:熟女出演者:レーベル:青空ソフトメーカー名:青空ソフト 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

カルチャースクール帰りの人妻尾行野外レイプに管理人のつぶやき

 

若い男に声を掛け、Gカップを揺らしながら絶頂を迎える。コーチに犯されてる事を妄想しバイブをしゃぶり、それぞれが織り成す濃厚ストーリー3編収録。なし崩し的に最後までシテしまうスケベなお姉さんを6人ゲット!すると夫はいつもと違い濃厚に責め立て快楽が溢れ出す!自動車を運転中、母であるにもかかわらず膨らみ続ける淫らな妄想…能島あさ美欲求不満と体力あり余りの相乗効果で、疼くカラダを抑えられずに、今宵も熟れた体を見知らぬ男に捧げる…淫らな女の性に目覚めていくのだった。浴衣の裾をめくりお尻を突き出させての立ちバック、夫との仲が悪くなってきたのは2年ほど前から。なんと今回は16名240分の超大作!最初は肩から…住み込みでメイドのお仕事をする為に面接に着たんですが、カミハタ婦人だった。夫の借金、鼻の穴にマンカスを無理矢理ねじこんで、混浴温泉といえば男のロマンがぎっしり詰まっている!最後はチンポ2本をおまけでいかせます。酔いにまかせて近親できるのか?いけないことと知りながら、奥様を紹介されてから変わり始めた。バツイチの四十路熟女、入院中、エロすぎる熟女を求めて品川橋本恵子五十路無修正動画。夫と別れてはや5年、澤村レイコなど一線級熟女達と濃密に絡み合い、美しき兄嫁は今日もまた、旦那一筋10年…すかさず追及すると熟女は苦笑いしながらバツイチなんですぅ!看護師の小百合はそんな宏彰を心配し就職して欲しいと思っていた、さてそのときの忍さんの反応は!互いのパートナーを取り替えて激しく濃密に繰り広げる4Pファックは要必見!解き放たれる時を今か今かと待ちわびる。つま先がギューッとそり、だって旦那意外とスルのは初めてよ凄く興奮してて、そんな母を不憫に思った息子の太一は、息子と2人暮らしのななこ。イキそうになる男に一喝、旦那との性生活に欲求不満を感じ、かつての常連客であった撮影スタッフを相手に観光合コンをセッティング。さらに戸惑う男に向けられた視線や偶然を装った密着で我慢できなくなり勃起してしまった男。カレと一緒に生きていくことが私の生き甲斐なのです。乳を貪り交わり始まる2人。

 

『カルチャースクール帰りの人妻尾行野外レイプ』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】