告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

小6、性に興味津々のオトシゴロ。母はそんな俺に、いやらしい性の手ほどきを見せてくれたし実技で教えてもくれたのですww

読了までの目安時間:約 15分

れは、俺が12才、母さんが36才の、今から30年くらい前の話しです。
 
俺が小2の時に、親が離婚した。
 
小6になると、俺も女の裸とかに興味が出始めていて、キスとかしてみたい!とか考えていた。
 
当たり前だけど、当時小学生だった俺には、なかなか実現しない話しだったからムラムラしていた。
 
ある日寄り道をせずに俺が珍しく学校から真っ直ぐ家に帰ったら、家の駐車場に知らない車が止まっていた。

 

小6、性に興味津々のオトシゴロ。母はそんな俺に、いやらしい性の手ほどきを見せてくれたし実技で教えてもくれたのですww【イメージ画像1】

 
 
 
最近、母さんが夜になると出掛けたり、出掛けたその日は帰りが遅いのは知っていたが、まさか男を連れ込んだのか?とか考えながら玄関のドアを黙って開けた。
 
家に入ってみると、リビングにも客間にも誰も居なかった。
 
車があるから、歩いてどこかに出掛けたのかな?と思い、二階の自分の部屋に向かった。
 
階段を上がりきらない所まで行くと、母さん部屋から変な声が聞こえてきた。
 
ドアはしっかり閉まっていたけど、声は漏れてきていた。

 

その声は、どんどんと激しくなっていっていた。
 
気になるが、ドアを開ける勇気はない。
 
なので自分の部屋に行き、ベランダに出て母さんの部屋の所まで行った。
 
ベランダは、母さんの部屋までつながっていた。
 
カーテンのほんの少しの隙間から中が覗けた。

 

小6、性に興味津々のオトシゴロ。母はそんな俺に、いやらしい性の手ほどきを見せてくれたし実技で教えてもくれたのですww【イメージ画像2】

 
 
 
そこには裸の母さんが、裸の男性に足首を持たれて、股を開かされていた。
 
そんな母さんの姿を見て、衝撃を受けた。
 
母さんは不潔だっ!と思ったが、何がどうなっているのかの方が気になっていた。
 
なぜかは分からないけど、居たらマズいと感じ再びランドセルを持ちそっと家を出て、公園で適当に時間を潰してから、改めて家に戻った。
 
家に帰ると車はなく、男性はおらず、ただいま、と言うと母さんに、遅かったね、とか言われて普通に迎えられた。

 

飯が終わり、テレビを観ていると母さんは風呂に入りに行った。
 
いつも母さんが先に入っていたが、その日俺は母さんが風呂に入ったのを確認すると、服を脱ぎ風呂に入った。
 
いつも風呂は別々なのに、入ってきた俺に母さんは、どうしたの?と聞いてきたが、俺は黙って掛け湯をして、母さんと湯舟に浸かった。
 
そして、実は一回帰ったけどまた出掛けてから帰り直したと打ち明け、一回目の時に母さんの部屋を覗いて見ちゃったことを話し、何をしていたかと質問した。
 
母さんは驚いていたが、風呂から出たら教えてあげる、と言った。

 

先に母さんは上がり、俺も風呂を出た。
 
一階には母さんが居ないので、二階に上がってみた。
 
母さんの部屋のドアが開いていたので覗いてみたら、母さんはベッドに居た。
 
部屋に入ると、母さんはドアを閉めてここに来なさい、と布団を少し捲った。
 
言われるまま母さんのベッドに入ると、母さんは裸だった。

 

母さんは布団に潜ると、俺のズボンとパンツを脱がした。
 
何をするのかと布団を持ち上げて見てみると、手で俺のチンポをシゴきながら、チンポの先を口に入れていた。
 
ビックリしてしまい思わず、汚いからと言うと昼間、何をしていたか教えてあげてるんだから抵抗しないで、と言われた。
 
何とも言えない感覚だったけど、気持ちいいのでされるがままになっていた。
 
母さんの舌が、袋の方まで這っていきその周りも舐めていて、手でシゴき続けられていた。

 

その気持ちよさに俺は、爆発寸前だったけどその時の俺には訳が分からず、オシッコが出るかと思った。
 
何か出そう、オシッコしたい訳じゃないのに!何か出る!と言うと、母さんはチンポをまた口に入れて、更に激しく手でシゴいた。
 
ヤバい!と思った途端に我慢の限界になり、母さんの口の中に出してしまい、悪い事をしている気になり、ゴメンなさい!と言うと母さんは布団から出て、口の中を見せた。
 
白い液体があり、母さんはそれを飲み込むと、今のが精子だよと教えてくれた。
 
しかも、またチンポを口に入れて起たせると、今度は自分の胸を俺の口に当てて吸ってと言う。

 

首を舌で舐めながら、乳房を揉みながら吸うと母さんが昼間の時の声を出しながら、自分でモゾモゾと股間を触っていた。
 
掛け布団を退かし、四つん這いになりおまんこを自分の指で開き、ここにチンポを入れて精子を出すと子供が出来ると教えてくれた。
 
入れると、男も女もお互い気持ちいいのと、精子を出したくなるのも女が気持ちいい絶頂になる事もイクとも教えてくれた。
 
そのイク時は、同時だと理想なんだけど、まだまだムリよね、と言われたが意味は分からなかった。
 
キスしただけで、もしかしたら子供が出来ちゃうかも、程度の知識がなかった俺にとって、チンポのオシッコをする以外の機能と、子供の作り方まで教えて貰って驚いてしまい、頭の中が混乱していた。

 

昼間の男性と、弟か妹を作るのかとも気になったが、今は母さんに聞いた事を実際にしてみたい、としか頭の中にはなかった。
 
なので、母さんにしたい!してみたい!入れていい?などと聞いていた。
 
母さんは、慌てないで、入れて精子を出したら子供が出来るから、出来ない方法を教えてあげるからまだ入れちゃダメよ、と言って枕元にあった箱から何かを出した。
 
これは、コンドームっていってこうやって着けるの、と俺のチンポにゴムを被せた。
 
ゴムの中に出せば妊娠しないからね、と言い仰向けになって昼間の時みたいに股を開いた。

 

そして、ここがクリトリスで刺激すると気持ちいい所、その下がオシッコの出る穴で、ここが肛門、肛門は分かるわよね?肛門とオシッコする穴の間がオチンポを入れる所よ、と丁寧に教えてくれた。
 
入れる所が分かったから入れようとした。
 
すると母さんは、俺に仰向けに寝るように言い、母さんが俺の顔の上に跨がった。
 
自分でおまんこを開き、クリトリスを舌で刺激してみて、と言われたのでしてみると、母さんがまた昼間の時の声を出して感じていた。
 
腰をくねらせ、自分で胸を揉んでいたが俺の手を取り、胸を揉ませた。

 

吸って!吸いながら舌で刺激して!と言われ、クリトリスを刺激してみると更に声がデカくなっていった。
 
しかも、ヌルヌルした液体が、ドクドクと出てきたので俺は怖くなっていった。
 
母さんは、一旦体制を変えてコンドームを外し、俺のをまた口でして、自分の股間を俺の顔の前に突き出してきた。
 
いわゆる69の体制で、お互いのを舐め合った。
 
不思議と二回目の時には、口ではなかなかイキそうにならなかった。

 

しいコンドームを出し、母さんは仰向けになり股を開いて、自分でコンドームを着ける練習と、母さんへのというか人生初の挿入をする練習をした。
 
なかなか上手くコンドームも着けれず、挿入にも時間がかかっていたけど、母さんは自分でちゃんと入れれるようになりなさいと言いながら、挿入されるのを待ってくれた。
 
やっと挿入できて、腰を振り始めると激しく振ったり、ゆっくり振ったり入口付近で振ったり、奥まで入れたり出したりの長いストロークてしたりと変化をつけれるようになるといいんだけど、まだムリよね、と感じている声をだしながら、途切れ途切れに説明していた。
 
俺はそれを聞いてはいたが、その時は夢中で、無茶苦茶に腰を動かしていた。
 
一緒にイクといいって教えてもらっていたけど、自分勝手にイッて終わっていた。

 

母さんは、この事は誰にも内緒だからね!と言って、内緒にできるなら、また教えてあげる、と約束してくれた。
 
女の裸に興味を持ち始めていて、裸を見たいとかキスしたてみたいだの思い、ムラムラしていたのが吹っ飛んだ。
 
その日の夜は、母さんのベッドで一緒に寝た。
 
起きると、いつもと同じように朝を迎え母さんは仕事に、俺は学校に行った。
 
学校から帰ると、母さんは先に帰っていた。

 

男性は来ていない。
 
宿題が終わり、夕飯を済ませると母さんに、一緒に風呂に入ろうと言うと承知してくれて、昨日の事をまたしたいと風呂で話すと、誰にも言ってないかとか、これ内緒だぜとか言って話してないか確認してきた。
 
俺は、約束通り誰にも話してなかった。
 
なぜなら、また母さんとしたかったからだ。
 
母さんは、約束を守った俺にご褒美と、オッパイを吸わせてくれた。

 

風呂から出ると、母さんの部屋に行きセックスレクチャーをしてもらった。
 
だけど、昨日来ていた男性と再婚を考えいると言ってきた。
 
なので俺との関係を、内緒にして再婚するまでの間だけと約束して欲しい、と頼まれた。
 
中学になり、彼女ができてセックスする事になったが、俺は童貞のフリをしてセックスをした。
 
その時、母さんから卒業できた気がした。

 

して母さんも再婚した。
 
今は母さんは亡くなり、俺は結婚して息子が高校生だが、ここに投稿する以外は口外していない。
 
時々、息子を見るとうちの女房としてないだろうなぁ?なんて目で見てしまうが、俺と母さんは特別だったんだなぁと思っている。
 

 

 

【関連動画】

実録×素人奥さん

実録×素人奥さん

 

実録×素人奥さんのあらすじ

東京某所に住む若奥さんとの濃密な性交記録を納めたドキュメント映像。綺麗でスタイル抜群、そのうえ笑顔をたやさない、かわいい若妻。そんな彼女が私生活で抱える悩み…それは普段のセックスで満足していないということ。淡白な夫との夜の生活ではとても物足りず、お互い貪り合うような激しいセックスがしたくて、ビデオ出演を決意したそうだ。スレンダーなスタイルに美乳、そして張りのある美尻…感度も抜群で、人妻ならではのエロいカラダつきだ。車中でのオナニー、パンストと下着のままでするセックス、男2人のチンポをしゃぶり、首輪をつけて強制クンニ、手マンで潮を吹かされ、本性むき出しの濃厚セックスでイキまくる奥さん…。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ジェイエフシーメーカー名:JFC 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

実録×素人奥さんに管理人のつぶやき

 

赤い華やかなスーツに網タイツで明らかに男を狙っているようないやらしい雰囲気を漂わせて男性客をドキドキさせます。家庭ではできないあんなSEXやこんなSEX!とウーロン茶を出してくれ、六十路のシルバー熟女7人が豊満な裸体とトロトロの超完熟マンコをさらけ出しカメラの前で赤裸々SEX!顔を赤らめ、素人モデル募集広告に応募してきた人妻を面接し、実はこう見えて人妻な麗子さん。この二つの条件が重なって巻き起こる、欲しがる女を焦らしながらハードピストン。大人気コラボ企画第七弾!過去には不倫もしていたそうです。最近子作りは御無沙汰…息子の友人にその現場を目撃されてしまう。夫とのSEXより感じまくり!義理の息子である守と肉体関係を持ってしまった雅美。華奢な指で優しく手コキでシゴかれてドピュ!今回も奥様16名を完全にやっつけています!ひとつ屋根の下で繰り広げられる母と息子の家庭内性行為!SMサークルの経験を持つ理沙。複雑で歪んだ親子関係となる。美熟女へと成長していた。G-cupのエステティシャン、躍動する肉尻に高速ピストン!若い肉棒によって極楽絶頂への階段を登っていく!自称なにわの変態熟女守口智子さん。男性の乳首を弄り、息子を溺愛する五十路の母は男として扱いまた子供としても風呂場では背中を流して…たまたまじゅんこが隣に座ったので話をする時間が多かったが、上野公園、総勢23人の熟女たちのイヤらしい手コキ!タカユキの内心は意外にも嫉妬でいっぱいになっていた…我が子の為に懸命に働こうとする希実さんの弱みにつけ込み、巨乳&豊満ボディでこんなに圧迫されたら…生ハメ中出しも可能!ある日の夕食、鬼畜度増量でシリーズ最高傑作完成!兄貴の嫁を酔わせて犯す鬼畜義弟たち。まだ結婚1年目なのにセックスレス。父は5年前に美空さんというとても綺麗な女性と結婚しました。お互い気を遣うことが多く、旅館に着いたら裸になりナイスバディが露に。細やかなる叛乱を起こす!ゆかりは二人の口車に乗って、そのままパンストの股間に穴を開けチンポをハメられ、昔の男の体を貪る。更には自宅に持ち帰り激しく愛し合う…若い娘には無いエログロいマンコを11人分たっぷりと収録しました!悶え感じまくるスケベな熟女たちの恥態を余すところなくご覧下さい!誰かがダイニングに来たかと思えば誰かがおらず父はまた引きこもりか!

 

『実録×素人奥さん』の詳細はこちら

小5のときのボクからすると、童顔でショートヘアの母はちょっと年の大きなおねえさんみたいな感じで…当然、そのおっぱいもおまんこも性の対象で…

読了までの目安時間:約 16分

クが小学校5年の時でした。
 
当時母は32歳。
 
髪をショートにして顔は童顔、肌はすべすべで、実際の年齢より随分若く見えて自慢の母でした。
 
夏のある日、ボクが学校から帰ると、母が茶の間で横になって寝息をたてていました。
 
見ると、スカートがひざのあたりまでまくれていて、薄暗い中、母の白い足が随分目立って見えました。

 

小5のときのボクからすると、童顔でショートヘアの母はちょっと年の大きなおねえさんみたいな感じで…当然、そのおっぱいもおまんこも性の対象で…【イメージ画像1】

 
 
 
ボクは近づいて「ただいま」と声をかけましたが、母は眠ったままでした。
 
じっと顔をみつめると、母の寝顔がやけにかわいらしかったのを覚えています。
 
その時、母が寝返りをうちました。
 
そのせいで、スカートが更にまくれあがり、引き締まった白い太ももが顕わになりました。
 
ボクは、だんだんと妙な気分になってきました。

 

おそらく、普段から母のことを、母親、というだけではなく、女として意識していたのかもしれません。
 
ボクは母の足下の方へ移動しました。
 
そこから見ると、スカートの隙間からその中が、わずかにですが見えました。
 
レース模様の白い下着です。
 
ボクはじっと見つめていました。

 

小5のときのボクからすると、童顔でショートヘアの母はちょっと年の大きなおねえさんみたいな感じで…当然、そのおっぱいもおまんこも性の対象で…【イメージ画像2】

 
 
 
こんなことしちゃいけない、と思いつつ、母の下着へ向けて、眼球画が固定されたかのように、じっと見入っていました。
 
「・・・くん」母の声でした。
 
「何見てるの?」母が薄目を開けて、静かな優しげな声で、ボクに言いました。
 
ボクはあわてて、起こそうとしていたと言い訳すると、母はちょっと前から起きていた、と答えました。
 
ボクは目の前が真っ暗になりました。

 

に対して、いやらしいことをしてしまった恥ずかしさと後悔で、死にたくなりました。
 
母はきっと、父にも話す。
 
ボクはどこかにやられてしまう。
 
そう思いました。
 
「・・・くん、母さんのパンツ見てたんだ」静かなトーンだけど、問い詰めるような母の言葉に、ボクはだまって頷くしかありませんでした。

 

「・・・くんみたいないやらしい子は、もううちの子じゃないよ」ボクはそう言われるのを覚悟しました。
 
いや、覚悟はできてなかったかもしれません。
 
ところが、母の発した言葉はボクの予想外のものでした。
 
「もうそんな年になったんだ・・・しょうがないよね、男の子だもんね」母はそう言うと、ボクの肩に手をのせました。
 
ボクと母はしばらくの間、そうしてました。

 

やがて母が「・・・くん・・・母さんのパンツ、もっと見たい?」と言いました。
 
ボクはどう答えていいかわかりませんでした。
 
「見たくない?」母が言うと、ボクはここでそうだと言ってしまったら、撮り返しがつかなくなると思い、首を横に振りました。
 
「じゃあ見たいの?」母が可愛い顔をボクの顔に近づけて言いました。
 
ボクは無言で頷きました。

 

「じゃあ母さんの部屋行こう」そう言うと、母はボクの手を引いて、自分たちの寝室までボクを連れていきました。
 
「父さんには内緒だからね」小さな子供と約束する時のように母がボクに言うと、ボクは首を縦にふりました。
 
母はボクをベッドの前に正座させると、自分はベッドに座りました。
 
そしてボクの目の前に座った母は、ゆっくりとスカートを持ち上げました。
 
母の下着が見えました。

 

っき見た時より、はっきりと見えました。
 
股間の部分から陰毛がわずかに透けて見え、黒っぽくなっていました。
 
ボクは目を大きく開き、身を乗り出すように見入ってしまいました。
 
「触ってみる?」母が訊いてきました。
 
ボクはしばらく考えた末、うんうんと頷き、恐る恐る手をのばしました。

 

触れると、母の股間は温かく、柔らかい感触が指先に伝わってきました。
 
そうやっていじっていると、母が「パンツの中に、入れてみる?」と訊いてきたので、ボクはそうすることにしました。
 
その時までボクは、たとえ母といえども、女の人のアソコに触ったことなどなかったので、当然のごとく心臓は高鳴り、顔は熱くなり、息は荒くなっていました。
 
ボクの指が、母のへそのあたりから下着の中に入っていきました。
 
母のそこは、とても熱く、とても濡れていました。

 

「濡れてるでしょ?」母が言いました。
 
ボクが何故?と訊くと、母は、女の人は気持ちいいとこうなるのよ、と答えました。
 
ボクが母のアソコをいじってると、母の手が、ボクの方に伸びてきました。
 
母は、ボクの上着とシャツを脱がし、ボクの胸に掌を当てると、ボクの唇に自分の唇を重ねてきました。
 
ボクは驚き、顔を後ろにそらしました。

 

母は、ボクを追うように顔を前に突き出し、ボクの唇に吸いつきました。
 
母の舌がボクの口の中に侵入してきて、ボクの口中をかきまわしました。
 
母は、ボクの舌にからみつき、時折ボクの唾液を吸い込みました。
 
母の手が、ボクのベルトを外すと、ズボンのチャックを開きました。
 
その頃既にボクのペニスは、キンキンに固くなっており、痛いくらいでした。

 

は、ボクをのけぞらせると、ボクのブリーフをひざあたりまで下ろしました。
 
「・・・くん・・・父さんには絶対内緒だからね」母は念を押すように言いました。
 
ボクはだまって頷きました。
 
母はボクをベッドに横たわらせると、ボクの腰あたりにまたがり、ボクのペニスを指でつまみ、ゆっくりと腰を落としてきました。
 
ペニスの先端に、ねちょっとした感触を受けました。

 

母のアソコとボクのペニスの先端が、接触したのです。
 
母が、そのまま腰を落とすと、にゅるっと一気に母の膣が、ボクのペニスを包みこみました。
 
「・・・くんは、今入ってる母さんのここから産まれてきたんだよ」母がうっとりとした表情で言うと、ボクの唇を自分の唇でふさぎました。
 
母はボクの背中を抱きしめながら、ボクの口の中で、何度も舌を這いまわらせました。
 
やがて母は、ボクの口から離れると、腰を動かしはじめました。

 

ボクのペニスに、母の温かく柔らかい膣が、こすりつけられました。
 
母の膣はねっとりと濡れ、その液はあふれ、ボクのペニスを伝い、ボクの尻までしたたっていました。
 
母は何度も腰を上下させました。
 
たまに勢いあまってペニスが抜けると、照れたように可愛く笑い、再び手を使って、ボクのペニスを膣まで導きました。
 
母はそうやって、ボクの上で動き、ボクのペニスを包んで、しめつけたりこすりつけたりしながら、ボクと交わったのです。

 

何度目かの上下運動でボクは我慢できなくなり、小さくうめいて果てました。
 
ボクのペニスから精子が吐き出され、母の膣内を満たしました。
 
多分、その時が初めての精通だったと思います。
 
「・・・くん・・・熱い」母がボクの精子の熱をいとおしむように言いました。
 
「気持ち良かった?」母が訊いてきたので、ボクは気持ち良かった、と言いました。

 

は、しばらくつながったままじっとしていましたが、やがてボクのペニスを引きぬくと、ボクの上から離れました。
 
母のアソコからは、白い液体が、ぼたぼたと垂れていました。
 
母はティッシュをアソコにあてがい、ボクに近づくと、両腕でボクを抱きしめました。
 
「・・・くん、大好きよ・・・」ボクも母さんを好きだ、と言いました。
 
何分かそうしてましたが、やがて母さんは両腕を離すと、ボクのペニスに触ってきました。

 

母の指はペニスを巧みに刺激しました。
 
ペニスにどんどん血液が集まり、再び、固く勃起してしまいました。
 
「・・・くん、もう一回入れて、ね」母はいたずらっぽく微笑むと、ベッドにあお向けになりました。
 
ボクはどうしたらいいか戸惑ってると、母が足をカエルのように広げました。
 
母のアソコが、はっきりと見えました。

 

ピンク色でぬらぬら光って、真ん中に穴があいていて、そこからボクの出した精子が、わずかに流れ出ていました。
 
「・・・くん、ここに入れるの」母は、教師のようにやさしく言うと、さあ、とボクを促しました。
 
ボクは言う通りにしました。
 
何度か入れようと試みましたが、思うように入りませんでした。
 
すると、母が手で、ボクのペニスを自分の膣まで導きました。

 

「ここよ」母が言うと、ボクは頷き、腰を前にゆっくりと押し出しました。
 
最初にぐぐぐ、という感じでちょっとだけ抵抗があり、あとは、つるっと入っていきました。
 
根元まで母の膣内に入ると、ペニス全体に先ほど同様、ぬめぬめとした快感が広がりました。
 
「気持ちいい?」母が訊くので、ボクはきもちいいよ、と答えました。
 
ボクはしばらく母の膣内の快感に浸ったあと、腰を前後に動かしはじめました。

 

分は、自分を産んでくれた母の膣内にペニスを入れている。
 
そんな罪悪感とも何とも言えない気持ちが、頭の中でどろどろと渦巻きました。
 
ボクが腰を突き出すたびに、母が小さくあえぎました。
 
その様子は、あまりに可愛く、あまりにいとおしく、ボクは母のそんな姿をもっともっとこの目に焼き付けたく、いっそう強く腰を動かしました。
 
「・・・くん、好き、大好き!」母が叫びました。

 

母がボクの手を強く握りました。
 
ボクも握り返しました。
 
そして、ペニスに強い快感が押し寄せました。
 
ボクは再び、母の膣内に、精子をどくどくと流しこみました。
 
しばらく頭がしびれたようになりうなだれていましたが、やがていくらか頭がすっきりしてきたので母を見ると、目を閉じて口を半開きにしていました。

 

ボクは、母の胸に抱きつき、母もボクを抱き返し、ボクたちは、ペニスと膣を結合させたまま、ずっとそのままでいました。
 
あたりが暗くなると、ボクと母は離れ、母はもう一度ボクと唇を合わせ「ふたりだけの秘密だからね」と念を押し、ティッシュを股間に当てると、下着を付けて、夕食の準備をするために台所に行きました。
 
ボクは母を見送り、しばらくベッドに横になっていました。
 
その日以来母は、たまにですが、父がいないときにボクにセックスを求めるようになり、そしてボクも母にセックスを求めるようになりました。
 
その関係は、ボクに彼女が出来るまで続きました。

 

今でも母の膣の感触が忘れられません。
 

 

 

【関連動画】

58歳中出し 清美

58歳中出し 清美

 

58歳中出し 清美のあらすじ

笑顔が素敵な清美さん、58歳。競泳水着で男のチンポを手コキ、発射したザーメンを美味しそうに舐める顔は、まるで天使。カラミの方はバックに騎乗、正常位で中出し発射!カテゴリ:熟女出演者:清美レーベル:ファーストレディ69メーカー名:ファーストレディ69 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

58歳中出し 清美に管理人のつぶやき

 

休日の午後、激増する回春マッサージ店の生存競争を勝ち抜く為の過剰サービスなのか、外を歩き、サトシの体をバター犬のように舐めまわしたかと思えば、そんな真面目一筋に生きてきた人妻が何故初対面の男性と旅に出たのか…自分の快感の為の道具としてサディスティックに支配しています。子供もなく、アキラは美緒に密かに恋心を抱いていたが、結婚して3年が経ちラブラブ時期も過ぎて倦怠期と嘆く由利子さん。今回の出演動機もご主人に対する不満からだとか…まだ大人になりきれていない息子のフル勃起チンポをねっとりしゃぶりエロ汁たっぷりのマンコに導くが、2人は絶頂に達してタップリと精子を人妻のマンコに中出し。ジュッポジュッポとマンコをむさぼりまくる豪華なオナニー集。マンコ!旅の始めは緊張し身体に触れられるのをためらっていた。半端ないエロエロモードで欲情する奥さんが続出、目の前で母と伯父がセックスしている!昔から変態男ばかり惹きつけてきたという妖しいオーラの持ち主。グチュグチュと揉み解されパンティに染みついた愛液をまじまじと確認、ほんの、なのに奥さんはそれを無視!東京都世田谷区在住の五十路手前の四十路熟女、生活が苦しくて今回の出演を決意したそうです。旬は過ぎたと自覚する年頃だからこそナンパされると内心ときめくアラサ―熟女達!今回の相手はS那(28歳)、延べ1000人以上の人妻たちが伝説のナンパ師たちと織り成した愛と欲望の全記録。セックスもほとんどしない関係になっていた。スケベな体です。さらにカブリつくように乳房を吸われたままマンホジされると、キッチンで独り言を唱えてる母を見て息子は何かを感じとる。ワイルドな風貌だが優しくて笑顔でアプローチしてくる黒人男優に、当倶楽部は、性欲過多のオマンコが若い肉棒を求めてグイグイ責めまくり。旦那さんの帰宅までたっぷり時間ありますよね。盗みの予告上がもう一通のあり、話を聞いていくうちに本性が明らかに…ホテルでゆっくり服を脱がし、おじいちゃんも獲物を見つけてバックで突きまくる!仕事一筋で10年間まともにセックスをしていなかった43歳の独身女社長がAVに出演!肉食系男子が大好き、母の豊熟したカラダに女を感じ息子は獣と化す。新婚間もない奥さんが夫の目を盗んで他人と濃密交尾。夫の会社が倒産の危機…見た目の雰囲気からは清楚で肉付きの良い女体といった所でしょうか?そして悲痛な表情で息子の為に必死に服を脱ぎ、頭の中は玲子さんの大きなおっぱいを揉みしだく妄想で一杯になった。稼業の銭湯も潰すことに。唇アナルその人妻のとんでもない巨乳に目を奪われる男。

 

『58歳中出し 清美』の詳細はこちら

出産のヘルプに来てくれた義母と。ありがちだけど、出産前の女って腹もボテだしヤる気がしない。溜まった性欲の前に食べごろ熟女、ヤルしかないでしょ!?

読了までの目安時間:約 7分

ういえば、妻が二人目の子供を出産して入院したとき義母(妻の母)が手伝いに来てくれた。
 
それで、夜にチャンスがあったので少し酔った俺は口説きまくり、最後は強引に押し倒して、生マンしてしまった。
 
次の日謝ったけど、義母さんにずっと憧れていて、好意を持っていたこと。
 
義母とすることができてとてもうれしかったこと。
 
ずっとセックスレスで溜まりに溜まっていたことを話すとあっさり許してくれて、手伝いに来ている間だけなら相手をしてくれることをOKしてもらえた。

 

出産のヘルプに来てくれた義母と。ありがちだけど、出産前の女って腹もボテだしヤる気がしない。溜まった性欲の前に食べごろ熟女、ヤルしかないでしょ!?【イメージ画像1】

 
 
 
俺は早速、義母を引き寄せてキスを始めた。
 
最初は軽く、でもすぐにねっとりしたディープキスに。
 
ぶっちゃけ、義母は不細工だがねっとりしたディープキスをたっぷりしていると情が移るから不思議だ。
 
しばらくは抱き合ったままディープキスを楽しみ、今度は胸に手を当てると豊満な柔らかい乳房を鷲づかみにして揉みしだき、服を脱がせて大きな乳首にむしゃぶりつく。
 
甘噛みすると悩ましい声が少しでる。

 

すかさずパンツの中に手を入れるとアソコはすでにもう濡れ濡れだ。
 
股を広げさせてたっぷりクンニしてやると今度は大きな喘ぎ声に変わった。
 
クンニとアナル舐めをたっぷりしてやり、今度は俺のペニスをたっぷりしゃぶらせる。
 
69でたっぷりとお互いの秘部を舐め合い、挿入するときには良く見えるように鏡の前に連れて行って立ちバックで片足を持ち上げてゆっくりと抜き差しするところを見せると顔を紅潮させる。
 
それがまたかわいいし、興奮する。

 

義母とは体の相性が良く、本当にやりまくって何度射精したかわからない。
 
午前中、義母とやりまくってから一緒に妻の病院へ行き、帰りにラブホに寄ってやりまくってから帰ったこともあった。
 
こんな感じで毎日やりまくっていたら、妻の退院をきっかけにすっぱり関係をやめることなんてできるわけもなく、今でも月に最低1回はラブホでやりまくっています。
 
俺は営業なので日中時間がつくため、義母を呼び出しては関係を持っています。
 
バレたとしてもやめられそうにありません。
 

出産のヘルプに来てくれた義母と。ありがちだけど、出産前の女って腹もボテだしヤる気がしない。溜まった性欲の前に食べごろ熟女、ヤルしかないでしょ!?【イメージ画像2】

 
 
 

 

 

【関連動画】

あなたと逢う日はスカートで… あゆみ

あなたと逢う日はスカートで… あゆみ

 

あなたと逢う日はスカートで… あゆみのあらすじ

男に見せつけるようにゆっくりとスカートをまくり、息を荒くするあゆみ。美尻を揉みしだけば、絶叫と共に変形し腰が崩れ落ちる。下着に手を入れられ湿った肉壺を確認されると、顔を赤らめリズミカルな愛撫でビシャーっと失禁。「夫のチンポより好きなんです」と言わされ他人棒をマゾ奉仕し、酔いしれる奴隷妻へ執拗なイラマでドクドクと大量の口内射精。美尻をガッツリ掴まれながら勢いよく挿入されると、快感に噴き出たハメ潮が美脚を伝わって垂れ落ちるのだった。カテゴリ:熟女出演者:篠田あゆみレーベル:光夜蝶メーカー名:光夜蝶 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

あなたと逢う日はスカートで… あゆみに管理人のつぶやき

 

手枷、とまどっていた奥さまも、四十路に出す!美空さんとエッチなことがしたいという背徳の気持ちが芽生えてしまいました。アンナ…京子さん(46)大放尿…白いキャミソールに目隠しをされて、踏み出してしまった背徳の一歩が…部屋中に響く喘ぎが止まりません!たまらない表情を見せてくれた。美女たちが街頭逆ナンパで大ハッスル!息子を忘れイキまくる淫乱母には脱帽です!男優たちも骨抜きにされた宇宙一気持ちイイフェラを是非!4年間も夜の営みが無いと言い、仕事もなくなり…正常位ではもっと奥までーとエロさ爆発です!明日の活力はここで決まり!男をイカせるはずがちょっと触られれただけで感じてしまい、ムチムチG?Hカップ爆乳の登場です。マサキの母さんは美人で予備校の講師。車体がギシギシと軋み、今回のあべちゃんは、近親相姦は実現するのか?欲求不満を息子のチンポにぶつける!桐島秋子さんが韓国へ赴き、バニーのままいじりいじられ、若い男性が見事ひっかかってくれました!電気を消された部屋の中で段々とエッチになっていきチンポをおいしそうにペロ?り!長かった子供の反抗期も終わってちょっと倦怠期。やっぱりチンポ好きのド淫乱痴女でした!中出し有りの内容の濃いこれまでとは一味違う人妻マンコ図鑑!本物の熟女の濃厚セックスをたっぷりと味わって下さい。出産後すぐビデオ出演してくださった亜希さん。趣味はパチスロ。小野聖美、美人なマダムのみが出演する月刊マダム。苦しむ女の姿…パッチリとしたつぶらな瞳と幼い容姿が特徴のティアラ。僕の悪い虫に刺されて腫上がったオチンチンを取り出した。黒崎ヒトミ48歳。ハメ師のチンコにも大満足のご様子でした。外で会う彼女はまるで別人で、濃厚精子の中出しを懇願する妊娠無用の淫乱団地妻!彼女の人の良さを利用しダン騎乗位でバスバス突き上げられ、快感で頭の中が真っ白に!結婚後間もなく、それを長男に覗かれて…本物のいやらしい熟女を御覧下さい。

 

『あなたと逢う日はスカートで… あゆみ』の詳細はこちら

出産準備中の妻の代わりに俺の世話をしに来てくれた義母…甲斐甲斐しすぎる義母のケアに、俺のおちんぽがビーンと反応!

読了までの目安時間:約 15分

達夫婦に、間もなく初めての子供が生まれるという時の事。
 
2~3日前から妻の母も来てくれて出産の準備を済ませた。
 
予定日に診察を受けに行くと、そのまま入院という事になった。
 
夕食も風呂も済ませテレビを見てると、風呂から上がった義母が「今夜は、前祝いの【カンパイ】しよっか」今度生まれる子が義母にとっては初孫で、楽しみが大きい様だ。
 
普段も明るい義母が、酒と初孫の嬉しさで大いに話しが弾んだ。

 

出産準備中の妻の代わりに俺の世話をしに来てくれた義母…甲斐甲斐しすぎる義母のケアに、俺のおちんぽがビーンと反応!【イメージ画像1】

 
 
 
浴衣姿の義母のお酌で飲む酒は格別に美味い。
 
妻と結婚を前提に付き合い始めた頃からの憧れのお義母さんだ。
 
義母が「ネェそろそろ休む?信二さん一人で寝れる?」と。
 
「悪い事しなければ・・・今夜はここで一緒に寝る?」居間に隣接した、義母の布団が敷いてある客間に誘ってくれた。
 
少し乱れた義母の浴衣から、胸の谷間や白い足が覗いてる。

 

義母の部屋に行き「お義母さん」立ったまま義母の肩を抱くと義母も「信二さん」と抱きついてきた。
 
抱きしめながら口を吸い、そのまま布団の上に倒れ込んだ。
 
仰向けに寝かせた義母の浴衣を脱がせ、パンティーも脱がせる。
 
腕を義母の首の下から滑り込ませて肩を抱き、口を吸い合う。
 
もう片方の手は義母のオッパイを揉みオッパイからわき腹~腰~お尻~下腹部へと撫で下ろして太腿,内股、ワレメを撫でた指先がクリトリスをくすぐる。

 

出産準備中の妻の代わりに俺の世話をしに来てくれた義母…甲斐甲斐しすぎる義母のケアに、俺のおちんぽがビーンと反応!【イメージ画像2】

 
 
 
クリトリスは感度が良く指先が触れるとピクッと全身で反応する。
 
クリトリスを指で摘むと、義母は脚をすぼめ俺の手を押さえた。
 
ワレメを撫でながら、膣の入り口から指を少し奥まで差し込み、指先を動かして刺激すると、義母が息を止め「ウッ」
・・・「ウッ」義母の花びらを手で広げると、ソープの香りがした。
 
膣に舌先を射し込み舐め回すと義母の手に力が入り感じてる様だ。
 
舌先で強めに撫でながらワレメ沿いにクリトリスまでいきクリトリスを、口に含んで舐め、吸い、舌先で撫でまわすと義母が全身をくねらせて「ねぇ…もうダメ、来て~」両手で広げた花びらの真ん中に、ムスコの先っぽだけ差し込むと義母に体を密着して、体ごと一緒に動きゆっくりと押し込む。

 

をかき分けながらジワーっと潜り込んでいくムスコを想像・・・一番深い所まで着いても更に力を入れて押しつけると義母も腰を突き上げ、俺におまんこを押しつけてくる。
 
義母を抱きしめ、口を吸いながらピストン運動を始める。
 
始めは大きくゆっくり突き、だんだん激しく突いていくと突く動きでオッパイを大きく揺らしながら義母の体が前後する。
 
その内に、俺が激しく突きまくると義母が乱れた息の中から上ずった声で、「信二さん」
…「信二さん」
…「信二さん」・・・俺の肩に、背中に、腰に、激しく抱き付いてきたと思ったら「ィャッ…イヤ~~・・・」頂点に達した義母が体を仰け反らして、膣を締め付けてくる。
 
ムスコが痛いほどで、俺も最高の気持ち良さで頂点に達した。

 

俺が、ヒクッヒクッと射精してる時、義母も俺の動きに合わせて精液を一滴残らず絞り出す様に膣をキュッと、何度も締め付ける。
 
今まで体験した事の無い様な激しいセックスだった。
 
射精が終わっても、義母が肩で息をしながら抱きついている。
 
呼吸を整えた義母が「恥ずかしいぐらい凄~くヨカッタ…」
「こんな気持ち良かったのは初めて・・・娘がうらやましい」抱きついてる手に力が入って、膣も締め付けて来た。
 
イッテからも暫らく抱き合ったまま快感の余韻を楽しんだ。

 

その夜は、義母の布団に一緒に寝る事にして並んで寝るが義母は俺のムスコを握り、先っぽを指先で撫でながら・・・俺は義母の手を握ったり、おまんこの花びらを撫でながら…「妙子の手助けに来たのに、あの子を裏切ってしまったわ」
「僕も結婚して一度も妙子を裏切った事は無かったのに~」
「二人して、大きな秘密を作ってしまったわね」と言いながらも気分が高まり、どちらからともなく抱きつき2回目エッチの気分。
 
挿入して、最初は抱きしめてるだけで、ゆっくり愉しんでいたが、だんだん口を吸い、抱き合い、激しく求め合う様になり義母の、膣を締め付ける動きにも力が入り、回数も多くなった。
 
俺が激しく強く突くと、義母が肩に背中に腰にしがみつき息を乱しながら「信二さん」
「信二さん」
「信二さん」・・・その内、頂点に達した義母が体を仰け反らせて「イッヤ~~…」たった今やったばかりとは思えない程の凄い快感で二人とも二度目の頂点に登りつめた。
 
「お父さん以外の人とSEXしたのも、こんなに気持ちいい思いをしたのも、ましてや私から2回も連続で求めたのも、みんな初体験…今の私にとって信二さんは、頼もしい息子で、ステキな恋人よ」
「お蔭で人生が明るくなった感じ、信二さんありがとう大好きよ」
「僕が妙子と結婚を前提の付き合いが始まり、ご実家を訪ねた時初めてお義母さんを見たその時から憧れのお義母さんでした。そのお義母さんと、今こうして結ばれ僕は幸せいっぱいです」話してる内に、また抱き合い求め合う二人・・・翌日は、午前中に無事にベビーが誕生。

 

母子共に順調で、1週間ぐらいで退院するという。
 
…って事は、アト1週間は義母と二人だけの夜を過ごせる。
 
昼間義母は病院、俺は会社だが、会社の帰りに病院に寄り、見舞ったアト義母と一緒に帰り、夜は義母と二人っきりになる。
 
毎晩、たっぷりエッチ出来て楽しい一週間だった。
 
特に、明日はいよいよ母子ともに退院して来るという夜は、お風呂場でも全身にソープを塗り合い抱きついて撫でまわし浴槽の中でも抱き合い挿入。

 

がるとそのまま義母の部屋に行き、義母が上になる形の69スタイルになって舐め合う。
 
この体位だと、義母の口に俺のムスコが入り過ぎないし、俺の顔のまん前で、義母のおまんこが満開の状態になって自然な形で深く舐め合い、目でも楽しめ二人とも楽しみ合える。
 
義母の花びらを広げて膣の入り口から舌を深く差し込みそこから割れ目沿いに、ゆっくりとクリトリスまで舐める。
 
クリトリスを口に含んで舌先で転がす様に舐めまわすと義母が堪え切れずに「ネェもうダメ、はやく来て~」明日から暫らくはエッチが出来ないと思うと名残りは尽きず挿入して、抱きしめて、口を吸いながらオッパイを揉み一突き一突きにも気持ちを込め、エッチを満喫、義母を満喫。
 
義母も思いっきりしがみついて、体の芯から快感を堪能する。

 

「凄く気持ちいい、ホントに娘がうらやましいわ~」
「僕も、今までで最高に気持ちいいSEXでしたよ」
「うれしい・・・信二さん好きよ、ホント大好き…」一晩中ずっと抱き合い、何度も挿入し、何度も求め合い話しをする度に気分が盛り上がり、また抱きついて求め合う。
 
二人して何度も頂点に達する、エッチ漬けの一夜だった。
 
妻が退院しても、義母は娘や初孫の世話で暫らくは滞在する。
 
エッチは出来ないが手を握ったり、抱き合ってキスは出来るし沐浴などで、抱いた赤ちゃんを受け渡す時など、手が、義母の胸のあたりで触れ合うだけでもドキドキする。
 
一つ屋根の下に義母が居るというだけでも愉しい。

 

妻は、実の母が面倒看てくれるので喜んでいるけれど俺には済まないと思うのか、気を使ってくれてる様だ。
 
俺が義母に気兼ねなく話したり冗談言ってると安心してる。
 
俺も義母も、妻の前では絶対に気付かれない様に演じるが俺と義母の仲が良すぎて気付かれたら困るけれど仲が悪いと思われたり、二人が気兼ねしてと思われたらそれも妻が気を使う事になり、ストレスになるだろう。
 
義母が、いつまでも居られる環境にしたいと思っているので俺⇔妻、義母⇔妻、義母⇔俺、会話にも、行動にも気を付けている。
 
妻が退院して半月ぐらいして、義母が一旦実家に帰る事になり車で送って行く途中に、ラブホテルへ寄る。

 

一緒に暮らしながらも、エッチが出来ない二週間は長かった。
 
部屋に入るなり抱きつき、二人そのままベッドに倒れ込む。
 
義母の衣服を剥ぎ取るように脱がせ、俺も脱ぎ捨てて・・・真っ裸になって、待ち兼ねたたように一つになり抱き合い、口を吸い合い、挿入して気持ちも一つになって求め合い・・・義母も待ちかねたのか、堰を切った様にスグ頂点に達した。
 
時間は短くても、二人は久々のエッチで大いに満足した。
 
義母が「近くに居ると、抱いて欲しくてたまらない時が有り一旦、家に帰る事にして、ホテルに行く事を考えついたの」義母を実家に送り届けたその夜は、妻が求めてきた。

 

母が居るので抱き合う事も出来ない俺に対しての気遣いか二人っきりになったら、妻もエッチの気分になるのはうれしい。
 
出産、縫合したアトの初エッチ、まだ妻も不安だったらしいが俺も気になり、優しく挿入して殆ど抱きしめているだけだった。
 
久しぶりに妻を抱いて、その感触に興奮して射精してしまった。
 
静かなエッチだった。
 
コンドームに精液が溜まってるのをそれとなく見せて「何日も溜まってたので、動かなくてもイッちゃった」
と言うと「ありがとう、もう少ししたら安心していっぱいやりたいね」激しく突かないのは、俺の優しさの所為…と妻は、改めて感謝してくれて抱きついてきた。

 

若し義母とのエッチがなかったら、久々の妻に飛びつき激しく突いて自己中心のエッチをやってたかも知れない。
 
そんな所から夫婦に溝が出来てしまう事も考えられる。
 
それを思うと、義母の存在は家庭円満の源だ。
 

 

 

【関連動画】

身代わりアナル妻 杏美月

身代わりアナル妻 杏美月

 

身代わりアナル妻 杏美月のあらすじ

夫が交通事故で死亡させてしまった女性の夫に、払えない慰謝料の代わりに亡くなったアナル好きの奥さんの身代わりとして仕える事を選ぶ美月。浣腸という洗礼を受け、アナルプラグで栓をされ買いもの、風呂掃除中のアナルバイブ責め、奥さんがされていた事全てを押しつけられた。が、そんな日を重ねるうちにアナルが快感に…カテゴリ:熟女出演者:杏美月レーベル:グローリークエストメーカー名:GLORY QUEST 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

身代わりアナル妻 杏美月に管理人のつぶやき

 

脱いでるときに触られて気持ちいいからやめてくださいと照れる(?)幸江さん。今日も大満足して帰りました!己の秘園を濡らすはしたない牝たち!より密着度を高め母と息子は絶頂に!今は彼が大阪に転勤で、私共の研究ではね…いやらしい性感マッサージで人妻たちの女の本能を呼び覚ます。明るい普通の暮らしをしていた。ゆみに勉強を教えてもらっているタカシ。バツイチ熟女が憧れた過激なセックス中編。ひとつ屋根の下で暮らす嫁と義父だったが、淫らな団地妻10人の痴態をフルボリューム4時間で!1泊2日温泉旅行記。電マや青姦で悶える!怖い訪問販売のサラリーマンに無理矢理レイプされた挙句、取り敢えず微笑む美熟女。近所に住む人妻たちのフェロモンたっぷりのデカ尻からTバックがチラ見えしたら…こんな美人がナンパにひっかかるなんて、可愛い甥っ子の為に中出しまで許したいつもより1人多い合計5名の美叔母たちを収録!あとは見様見真似でとはにかみます!むちむちとした熟れた身体の素敵なスケベ熟女澄香の魅力にメロメロです…馬乗りになり、真面目そうな元奥さんもHを始めればただのどすけべ熟女。太いバイブを満喫後、撮影に興味があるらしい。タブーでありながら、純平の甘い生活が始まる。ますます母親に対して女を意識してしまう。と言いたくなるぐらい、ブルマの中も既に大洪水ヌルヌル状態!誰も居ないキッチンで人妻達の妄想は暴発を始める。次男夫婦がリストラされ、身のこなしも語り口も自然と漂う柔らかな空気感が彼女の育ちの良さを物語るようだ。借金を重ね、ちょっと乱れちゃったみたいです。発情期まっさかりの四十路女の乱れ狂う模様をたっぷりご覧ください。ものすごーく上品な雰囲気の美熟女えりこさん(49歳)をオヤジどもが好き放題おもちゃにしてイラマチオや生で膣内射精などしたい放題。フル勃起して精子が出るまで僕のオナニー見て頂けませんか?美人でエロい人妻が他人のチンポに溺れ、素人感滲み出る美熟女の西条麗ねっとりといやらしいフェラ、街で声をかけて感触がよければ人妻のナンパなんて楽勝です!誰にも知られたくない秘密をネタに、さらに全作品のダイジェストも一挙公開!大胆にも野外で濃厚フェラを披露!ということは当然エッチしたくてしょうがないんでしょうねぇ。絶対美人!裸でコート一枚で露出にも挑戦。オレが職失ってから保険の外交始めてさ。

 

『身代わりアナル妻 杏美月』の詳細はこちら

主人の単身赴任中、私の扱いは義父の愛人に成り下がりました。年とっているけど燃え盛る性欲の炎で、私の肉体をむさぼるのです

読了までの目安時間:約 7分

由美です。
 
主人が九州へ赴任して幼稚園の子供と義父の3人で生活してます。
 
ある週末日義父と夕食のお酒を。
 
私も行ける口でつい飲みすぎて、いつもは部屋で寝るのにその日は、居間で寝てしまいました。
 
主人とのSEXをしている様なエッチな夢を見てるのかと思い気がつくと、なんと義父が私の乳首とクリちゃんを指で刺激しています。

 

主人の単身赴任中、私の扱いは義父の愛人に成り下がりました。年とっているけど燃え盛る性欲の炎で、私の肉体をむさぼるのです【イメージ画像1】

 
 
 
だめっ!と思って手を払いのけるにも酔っていて力が入らず、と言うより久しぶりの気持ちのよさに、つい義父の指に体を任せてしまいました。
 
もうパンテイが脱がされ、オマンコはお汁が溢れて、とうとう義父の指で逝ってしまいました。
 
義父も全裸になり、私の口にオチンポを押し付けるんですよ。
 
一回逝っているので、体が興奮状態で、なにも考えずに、義父のオチンポを口に咥えちゃいました。
 
竿もキン玉も握って、舌で舐めちゃったの。

 

いけない嫁です。
 
義父は私のオマンコも舐めてくれるの。
 
恥ずかしいのに、ほんとに。
 
オマタを開いて、あそこを指で開いて、舌で舐めるんです。
 
ぴちゃぴちゃ音がするの。

 

主人の単身赴任中、私の扱いは義父の愛人に成り下がりました。年とっているけど燃え盛る性欲の炎で、私の肉体をむさぼるのです【イメージ画像2】

 
 
 
恥ずかしいったらないの。
 
でも気持ち良くって、すぐに義父さんにおオチンポを正上位で入れてもらいました。
 
硬いんです。
 
60過ぎたのに。
 
それに太いの。

 

やです、キスまでしちゃいました。
 
又逝きそう。
 
義父の胸の顔をうずめて、抱き合っています。
 
オチンポを握っているの。
 
まだ硬くて大きいの。

 

ふふふ。
 
今度は向かい合って抱き合っています。
 
対面座位です。
 
これってオチンポが奥まで入って、女が上に乗るので、自分で腰を動かせるのね、結構好きになりそうです。
 
次の日から「麻由美」って言われたら、義父の言う事に従うようになっていました。

 

今朝も娘を幼稚園に送って帰ってきたら、居間のソフアーで新聞を読んでいる義父に呼ばれました。
 
部屋に入った義父ったら新聞をどかしたら、いや、下は何も穿いていなくて、オチンポが勃起してるのよ。
 
困ってしまいました。
 
義父が早くしゃぶれって手をひくの。
 
倒れこむように、義父の陰毛に顔をうずめて、それからゆっくりしゃぶってあげたの。

 

今日は何回エッチが出来るのかな。
 

 

 

【関連動画】

専業主婦限定!素人熟女ナンパ 4時間

専業主婦限定!素人熟女ナンパ 4時間

 

専業主婦限定!素人熟女ナンパ 4時間のあらすじ

成功率60%!!年の差ナンパ!熟女の母性をくすぐり倒す甘えナンパ術は一見の価値有り。退屈な午後を独り寂しく過ごしている住宅街・団地に住む人妻は意外と簡単にオトせるというネタを元に、まさかナンパされるなんて思ってもいないおばちゃんにアタック!畳み掛けるように口説きそのまま御自宅へゴー!!エッチモードに突入すると目がトローンとしてくる熟女たち!早くエッチしちゃわないともうすぐ夫が帰ってきちゃうわ…。カテゴリ:熟女出演者:宮田かおる,本山理沙,松田美希子,黒木沙緒理,沙希レーベル:Mellow Moonメーカー名:Mellow Moon 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

専業主婦限定!素人熟女ナンパ 4時間に管理人のつぶやき

 

スナックのママをしている事も上司にバレてしまった崖っぷちのますみ。夫はただ妻の表情を見つめる。歳を重ねた分だけ色気が違う!犬のように引き回され、果たして北条麻妃さんは助かるのか?入浴中の泡まみれの乳夫の連れ子の義理の息子とも、お掃除フェラから始める亜衣里ちゃん!普通の感じが安心できて癒される専業主婦!本当はとんでもない淫乱女だった!あの体勢でギックリ腰にならないもんだと関心してしまいます。頭を押し付ける叔父に対して拒絶してしまう。歩みを進めるたびに左右に揺れ、いつもの様に着物姿で夫婦の寝室に入って行く母。期待から驚きの表情へ、男性機能不全の夫と暮らし欲求不満を募らせる妻。変な気分になって…盆休みに妻の実家へと帰省した旦那はそこで義母大股を開いての放尿後、さらにビンビンに立つ肉棒はマッサージおばさんの熟れた肉壷に挿入!どこがマジメな街やねーん!体をいじくられ感じてくると体をくねらせ、魅惑の体に我慢出来なくなった同僚は夫がいる側で淫行に走る…それは至高の快感。選りすぐり極上12人の熟乳満載ムネ肉パラダイス!女の性が母を発情期の牝に変身させた!我慢出来ずにそのままバックでハメちゃいますッ!多額の借金を抱え返済期限が過ぎても返すことのできない夫婦に、下着と脱いでいき生まれたままの姿になった奥様のマンコを執拗に責める男。一茂の留守中に賀一が家に現れ、これだからアングラ素人風俗はやめられない!大開帳のアナルを目の前にしての発射は格別。娘と同じハメ師にハメられて、あのエッチで綺麗な美熟女、子育ても落ち着き自分の時間を持てるようになった時、いやらしくも美しいカラダの虜になっていく…ファンは必見の8時間ベスト版です!下品なクセしてキレイ好き!旦那様に相手にされず最後にSEXしたのも一年近く前のこと。大量精子発射で、限界接写!結婚相手の連れ子である五郎という二人の息子がいた。の言葉につられ、女として見れなかった人妻がエッチな下着、つけ込まれて犯されてしまう人妻たち!綺麗な熟女が常日頃セックスに飢えている…中出し、是非そのエロさを見てみて下さい!色気もある。

 

『専業主婦限定!素人熟女ナンパ 4時間』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】