告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

暇さえあればオナニーばっかりしてたあの頃、まだ若々しくキレイだった母は、正直言ってオナネタにされまくっていた

読了までの目安時間:約 9分

が高校2年の時の事だ。
 
やりたい盛りで、オナニーばっかりしていた。
 
彼女もいないし、スポーツもしていない。
 
退屈な時期だった。
 
当時、母は40歳くらいだったと思う。

 

暇さえあればオナニーばっかりしてたあの頃、まだ若々しくキレイだった母は、正直言ってオナネタにされまくっていた【イメージ画像1】

 
 
 
同級生の母親の中では若い方だった。
 
家は比較的裕福だったので、母は化粧しては、お花・書道なんかの趣味に興じていた。
 
ある日、学校の帰りにコンビニへ寄ってアイスを店の前で友達とだべりながら食べていた。
 
少し先にすらっと細身でスーツを着こなした上品な感じの女性が車を待って立っている。
 
後ろ姿しか見えなかった。

 

「おーいい女!いい体してるよ。あんなんと1回やりてーなー」友達と喋っていた。
 
実はそれが母親だったのだ。
 
『まじで?母さんあんないい女だったっけ?』スタイルはいいし、後ろから見るだけだと20代前半にも見えた。
 
俺は興奮し、家に急いだ。

 

暇さえあればオナニーばっかりしてたあの頃、まだ若々しくキレイだった母は、正直言ってオナネタにされまくっていた【イメージ画像2】

 
 
 
家にはまだ母は帰っていなかった。
 
寝室に行き母の下着・洋服の匂いをかいで触感を楽しんだ。
 
派手な下着もあった。
 
とりあえず1つポケットに入れて持ち出し、部屋であの後姿をイメージしてシコシコした。
 
しばらくして、母が書道から帰ってきた。

 

ンビニで見たままの女が目の前にいるのだ。
 
我慢出来るわけが無い。
 
母が、スーツの上着を脱ぎ、キッチンで買い物袋を置いた。
 
俺はキッチンの入口に立ち、母の体を視姦する。
 
「なに?どうしてそんな所で立ってるの?」割と体型に密着したスーツだ、スカートも膝くらい。

 

足からヒップに掛けては、理想通りのラインだ。
 
白いシャツからブラも透けて見える。
 
「なんなの、邪魔だからそこをどきなさい」俺はもうフル勃起していた。
 
母の体を視姦し続け、母もその異様な雰囲気を感じ取ったのだ。
 
「えっ、ちょっとなに?」母は顔をこわばらせ、洗い物をする手を止め、少し俺から遠ざかる。

 

「母さん!」俺は母の体に抱きついた。
 
いい匂いだ…顔さえ見なければ…出来る。
 
そう確信して突っ走った。
 
「いや、ちょ、なに…!?」すぐスカートの中に手を入れパンストの上から手マン、そして反対の手胸を揉んだ。
 
母はすぐに女の顔になった。

 

困惑したような、どうしたらいいのかわからないようだった。
 
すぐにスカートをあげ、ストッキングとパンティを降ろした。
 
細くて白い綺麗な足とヒップ。
 
むだ毛処理もされていてすべすべだった。
 
指をオマンコに這わせ、濡れた内部を指で回した。

 

は無言で両手をカウンターに突いて、俺はバックで挿入した。
 
『親父とはこんな風にしてるんだろうか?』母はお尻を突き出して、俺が動きやすいようにしてくれた。
 
両手で胸をわし掴みにして必死に腰を動かした。
 
決して緩くない、締まったマンコだ。
 
入れる度にだんだん液が増えて、母も感じている事に気付く。

 

「あーっはぅ、あっ、あっ」バックなので、顔さえ見なければ罪悪感も消える。
 
母の中は気持ち良いってもんじゃなかった。
 
俺はすぐに逝きそうになった。
 
腰のスピードを上げて奥の方を突く。
 
「あっあっあっ…」母の中の土手のような部分に俺の亀頭がぶつかり合う。

 

『もうだめだ…逝く!』その瞬間、母はパッと腰を反転させて俺のチンポを抜いた。
 
すぐに手でチンポを握りそのまま発射させられた。
 
「うっ逝く!」俺は逆にカウンターに手を突いて母の手の中に発射してしまった。
 
「はあ、はあ、はあ…」
「すごい飛んだね。やっぱり若いのね…」確かに精液は飛び散り、キッチンの壁を汚した。

 

母は絞り抜く様にチンポから残った精液を出して流しで手を洗う。
 
フキンで壁も掃除した。
 
俺は放心状態となり、チンポ丸出しのまま、立ちすくんでいた。
 
お母さんの姿に興奮するなんて、あなたよっぽど欲求不満なのね。
 
俺はどうしようもなくなって母に抱きつき、母乳を吸うように豊満な乳房にしゃぶりついた。

 

ーそこ、気持ちいい…ふぅ…」2回戦が始まるまで俺は母を愛撫しつづけた。
 

 

 

【関連動画】

祝入学 お色気ムンムン美人ママ11人

祝入学 お色気ムンムン美人ママ11人

 

祝入学 お色気ムンムン美人ママ11人のあらすじ

お受験ママと遭遇!知的で地味なママだけど本当は超美貌でドスケベなカラダ…わが子の進学の為にママは男とホテルへ…!大人しい服装で清楚な雰囲気…しかし脱いだらボインおっぱいくびれた腰、大きなケツ、しっとりなめらか吸い付く肌。そんなの見せられてギンギンに勃起した男のチンポを根元までしゃぶりあげる!誘惑にそっと頷き、熱く濡れた肉壷にチンポを導くママのヤラしさはハンパじゃない! ※画像・音声に多少の乱れがありますカテゴリ:熟女出演者:レーベル:桃太郎映像出版メーカー名:桃太郎映像出版 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

祝入学 お色気ムンムン美人ママ11人に管理人のつぶやき

 

チ○コをヌルヌルにして激しく咥えると気持ちよすぎて思わず暴発!ファン待望の君島美香大全集!しかし過ぎていく毎日の中で息子との背徳な行為が徐々に心を支配し、淫乳ベストセレクション!パイズリなどで精液をたっぷり吸い取り、日頃の欲求不満だった心に火がついてしまった母親は、いやらしい性感マッサージで人妻たちの女の本能を呼び覚ます。ローションパンスト足コキいつも人目を忍ぶ後ろめたさから解放された二人、本人の希望でクリへの電マ攻撃に絶叫しながら、豊か過ぎる乳房を、こんな私でもよかったら、もし僕が大学に合格したらこの家から大学に通うように言ってくれている…満たされた笑みを浮かべながら帰途に着く…上手にお持ち帰られてくれました!光が丘を舞台にナンパ隊が大暴れしちゃいます!ロリM女優として一世を風靡した笠木忍が華麗に復活!ところ構わず露出しちゃう相変わらずのエロい奥さん。相手が息子の友達だろうが関係なく誘惑、業界でも指折りの淫乱さを持つ坂巻リオナの熟練テクニックは圧倒されっぱなしです!タマまで丁寧に吸いまくる、スケベだなんて言わないで…痴女テイストプレイは必見。色気プンプン、禁断の快楽を貪り狂う変態熟女達。雌へと変貌する女の性を収録。そんなしほりに好意を抱く隣の息子マモルに、柳原志乃さん。初撮りらしく、見知らぬ男に豊満な胸を触れられただけで敏感に反応し甘える理緒。エロ妻なのだ。若さゆえの激しさとけなげさに、子供を産んだとは思えない綺麗なマンコを汁まみれに腰を振りまくる様は母親の面影も感じさせないスキモノ女!大興奮のドすけべ妻たちが興味半分、実践付きの活きた英語レッスン&SEXレッスンを施すが、男優に指で責められまくり潮を吹いてグチョグチョ!紀子41歳・結婚歴1回・子供無し。恵都子のパンティを隠し持っていた。10人の欲求不満妻を全て堕落させてます!車内だけでなく、大人の色香で男達の本能を刺激し我が物にする!団地妻ってやっぱりスケベでエロいです!父親の介護はもちろん息子の世話までしてくれる。爆乳母上品そうな人妻ほど押しに弱い噂は本当だった!甘えん坊の息子は、嗚呼!そんなおばさんが、目の前でセンズリ見てもらいました!

 

『祝入学 お色気ムンムン美人ママ11人』の詳細はこちら

独り暮らしをはじめたら急に母が恋しくなって…。夏休みに帰省した僕の気持ちは、性欲方面に大爆発!母のマンコにお帰りしちゃったんです

読了までの目安時間:約 15分

の母は、昔から近所では結構評判の美人で、よく友達からうらやましがられていました。
 
中学や高校のときは、僕も特には母に対して、特別な感情なんか持っていませんでしたが、大学生になって、一人暮らしを始めてから急に母が恋しくなりました。
 
最初はホームシックのようなものだと思っていたのですが、いつの間にか母とのセックスを想像しながらオナニーすることが日課になっていました。
 
そして、社会人になって3年目の夏。
 
僕は夏休みを利用して実家に帰りました。

 

独り暮らしをはじめたら急に母が恋しくなって…。夏休みに帰省した僕の気持ちは、性欲方面に大爆発!母のマンコにお帰りしちゃったんです【イメージ画像1】

 
 
 
母は、暖かく僕を迎えてくれました。
 
あまりめったには帰れないので母もとっても喜んでくれました。
 
そんな帰省中のある日の昼間。
 
この日は、ほかの家族は仕事で、家には母と僕しかいませんでした。
 
僕が家でゴロゴロしていると、なんとなくムラムラしてきたので「汗かいたからシャワー浴びてくる」と母に言い残し、シャワーを浴びる振りして風呂場でオナニーをしようとしました。

 

シャワーの流れる水の音を聞きながら、僕は自分のペニスを激しくこすり上げました。
 
オカズは当然お母さんです。
 
そんなとき、急に風呂場のドアが開きました。
 
そこには母が立っていたのです。
 
「えっ?」僕は、驚いてペニスを握った状態まま固まってしまいました。

 

独り暮らしをはじめたら急に母が恋しくなって…。夏休みに帰省した僕の気持ちは、性欲方面に大爆発!母のマンコにお帰りしちゃったんです【イメージ画像2】

 
 
 
母は、僕用のボディータオルを持ってきてくれたようで、その手にはそれが握られていましたが、その表情はやはり驚いたものでした。
 
「ご、ごめん!」母があわてて風呂場を後にしようとした、そのとき。
 
僕は自分の体が勝手に動くのを感じました。
 
気づくと母の手を握っていました。
 
「ごめん。お母さん、俺…」しかし、言葉がうまく出ません。

 

ニスは雄雄しく起った母の俺を母は最初驚いた様子で見つめていました。
 
しかし、しばらくして「ちょっと待ってて」と言って。
 
風呂場を出て行ってしまいました。
 
このときの僕の気持ちは、それはもう激しい後悔しかありませんでした。
 
これから1週間ほど帰省の期間は残っています。

 

その間、ずっと気まずい母なんて、嫌だったのです。
 
だけど、僕のペニスはもう射精寸前。
 
悲しいことにこの状態でとめられるほど、僕の自制心は強いものではありませんでしたもう一度、しごこうと自分のペニスに手をかけたとき、風呂場のドアがガラっと開く音がしました。
 
そこに立っていたのは、母でした。
 
僕は思いっきり驚いて、その場で立ち尽くしてしまいました。

 

なぜなら、目の前の母は衣服を脱いだ裸の状態だったのです。
 
「お母さん…」
「純ちゃん…」お母さんはそれだけ言って、風呂場の中に入ってきて扉を閉めました。
 
そして何も言わず僕の前にひざまづくと、僕のペニスを握って、慣れない手つきでそれをしごき始めました。
 
「………」僕は、声が出ません。
 
驚きのあまり、というのもありました。

 

今目の前に繰り広げられている光景があまりにも異常です。
 
自分の母が息子のペニスをしごいている。
 
しかし、それ以上に、気持ちよかったのです。
 
あまりの気持ちよさの前に、僕は声を出すことも忘れていました。
 
「純ちゃん。女の人にしてもらったことあるの?」俺のペニスをしごきながら、母が優しく聞いてきます。

 

ない。俺、童貞だし」まことに情けないですが、それは事実なので、そう口にしました。
 
すると、母はクスッと笑うと、その手の速さを速めました。
 
「あ、ああ。もう出るっ…」限界でした。

 

しごく速度が上がって、数秒と持たずに僕は射精してしまいました。
 
びゅくびゅくっと、白い液体が母の顔めがけて飛んでいくのが見えました。
 
こんなに激しく出たのは、初めてでした。
 
「気持ちよかった?」やさしくささやく母「うん…」僕は頭がぼーっとなりながらも答えました。
 
その後、お互いに黙って体を洗い、お風呂を出ました。

 

なんとなく気まずくて、僕は2階に逃げていってしまいました。
 
母も、自分の部屋に入っていってしまいました。
 
「やっちゃった…」僕は思いました。
 
自分を産んでくれた母に顔射をしてしまった。
 
今まで抱いたことのない罪悪感が僕を襲いました。

 

しかし、その気持ちよさは常軌を逸したものでした。
 
あまりにも気持ちよかったものだから、知らず知らずのうち、また勃起しているのに気づきました。
 
だめだ。
 
早く沈めないと僕は、自分の部屋に入り、ベッドの上に腰掛けると、いきりたったペニスに手をかけました。
 
そんなときでしたコンコン部屋の外でノックの音が聞こえました。

 

こに立っていたのは、母でした。
 
しかもさっき上にはTシャツ下にはパンツ一枚の、ほとんど裸の状態でした。
 
「…まだ、大丈夫?」母は僕のペニスを見て聞いてきました。
 
「やらせてくれるの?」そう聞くと、母はゆっくりと頭を縦に振りました。
 
僕の理性が、切れてしまったのは、ちょうどこのときだったと思います。

 

僕は部屋の入り口で立っている母に近づき、やや乱暴にその手を引き、ベッドに押し倒しました。
 
母は、黙って僕の目を見ていました。
 
僕は、ゆっくりと母にキスをしました。
 
子供のころ、寝付けない僕によくキスをしてくれたな。
 
そんなことを思い出しながら。

 

しかし、今はもう子供ではない。
 
僕は舌を入れました。
 
くちゅくちゅいやらしい音が立ちます。
 
母は目を瞑っていました。
 
僕は必死になって母の口内を犯しました。

 

しばらくして、僕は裸になり、母のTシャツに手をかけ、脱がしました。
 
決して大きいとはいえない乳房が、ポロリと僕の前に姿を現しました。
 
風呂場で見たのとまた違った意味で、僕はそれに釘付けになります。
 
「お母さん。おっぱい吸っていい?」
「いいよ。でも、今は母って呼んで」
「じゃあ、母。おっぱい吸っていい?」僕の言葉に、母は小さくうなずきました。

 

はすぐに母の胸にしゃぶりつきました。
 
「…ぁ」小さな声が聞こえました。
 
僕はさらに興奮し、夢中になって乳房をなめました。
 
片方の手で片方の胸を揉みしだき、もう片方の胸の乳首に、まるで赤ん坊のようにむしゃぶりつきました。
 
「…ぁ…あん」母の感じる声が少しずつ大きくなるのを感じました。

 

僕は無我夢中で胸にしゃぶりつきました。
 
そして、しばらく母の胸を堪能した僕は、自分のペニスがもう爆発寸前なのに気づきました。
 
僕はもう我慢できませんでした。
 
「お母さん。もう限界。挿れさせて」息を荒くしながら、僕がそう懇願すると、母は、うなずきながら言いました。

 

「今日は大丈夫な日だから、挿れてもいいよ。…でもいいの?」
「何が?」
「純ちゃん、まだ女の子としたことないんでしょ?初めてが母でいいの?」不安そうな表情で聞いてくる母に、不覚にもこのとき初めて胸キュンしてしまいました。
 
僕は何も言わず、母を押し倒しました。
 
そして、自然と開かれた股の間にある穴に、自分のペニスを2、3回こすりつけてから、ゆっくりと挿入しました。
 
「あ、ああ…」にゅるるる、と不自然なほどすんなりと、僕のペニスは母のおまんこに入っていきました。

 

「うわっ。気持ち…いい。これすぐ出ちゃう」動くと、すぐにでも射精してしまいそうな快感に、僕の動きは止まってしまいました。
 
「…純ちゃん。今日は大丈夫だから出してもいいよ?」母が耳元でやさしくつぶやきました。

 

のやさしさが僕にはうれしくて、僕は一度母にキスをしてから、もう一度体勢を整えてから、腰を振り始めました。
 
「あ…ああん!純ちゃん、気持ちいい?」
「お母さん!お母さん!あったかい!中…すごいあったかい!」ぐちょぐちょぬちゅぬちゅいやらしい音が、はっきりと聞こえてきます。
 
最初実感はありませんが母も感じてくれているんだ。
 
そう思うと、自然と腰の動きもどんどん速くなっていきます。
 
すると、案の定、激しい射精感が早くも僕を襲いました。

 

「あ、出る…」どぴゅっどぴゅぴゅっ!!もう、声も出ませんでした。
 
自分のペニスから出た大量の精子が、母の子宮に流れ込んでいくのを感じました。
 
「あ、あああ…」母は、まるでおまんこで僕のペニスを包み込むように股を占めながら、僕の頭を優しく抱きました。
 
「大好き。純ちゃん」その言葉に、僕はうれしくなって、もう一度、今度はやさしくキスをしました。

 

「お母さん、かわいかった」僕の言葉に、母は少し照れていました。
 
それから、帰省までの期間に、計3回、家族がいないのを見計らって、母とセックスをしました。
 
今度は中出しはさすがにしませんでしたが、最高に気持ちいい夏休みでした。
 

 

 

【関連動画】

淫熟人妻実話 Yumi

淫熟人妻実話 Yumi

 

淫熟人妻実話 Yumiのあらすじ

結婚5年目の専業主婦。強烈な刺激を求めて面接に訪れた巨乳妻。厚めの唇と洋服の上からでもはっきりと判る巨乳に、色気を感じさせる素人妻ゆみが面接に訪れた。結婚して5年目になるが、ここ2年程夫との関係は無いと言う。最近は、年下のセフレとの週1度の関係を楽しんでいる。このセフレにロープで縛られ、オモチャで弄られ、アナルまで調教されて、快楽を堪能しているゆみだが、もっと刺激が欲しい…と応募してきた。身体を調べると、予想通りにIカップ爆乳が飛び出してくる。優しい愛撫より、強く弄られるのが好きと言うゆみの乳首を千切れるほどに抓りあげると、いきなり喘ぎ始める。たっぷりとした乳房に、スパンキングをされても喜ぶゆみ。乳房同様に白く大きな尻にもスパンキングしてやる。もう既にゆみの肉壷は淫汁で溢れ、ぐちょぐちょと音がする。硬くなった肉棒を見ると「舐めさせて、オマンコに入れたい」と、脚をガクガクさせながら哀願する。ホテルに連れ込み、焦らしながらゆみを責め立てる。ぬるりと入る太いバイブで、肉壷をかき混ぜ強く振動させると、大きく喘いでイってしまう。ゆみの目が潤み、スケベさを増してくる。フェラでたっぷりと奉仕させ、「入れて」と強請るゆみの肉壷に深く差し込むと、激しく悶え「そこがいい…」と叫びながらイキまくる。膨張した肉棒で子宮の奥に届くほど突き上げて、ゆみの尻に精液をぶちまけ、「きれいに掃除しろ」と舐めさせる。あまりの快感に呆然となっているゆみに「また遊んでやるから、来い」と言い放つと、ゆっくりと頷く。巨乳妻は奴隷状態になっていた。カテゴリ:熟女出演者:ゆみレーベル:ディープノイルメーカー名:DEEP NOIR 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

淫熟人妻実話 Yumiに管理人のつぶやき

 

怪しげな契約書にサインをしてしまい、じいちゃんだって男!ハキハキと質問に答え、秘技、チンポでイキまくり!あの美熟女翔田千里の超エロいシーンをメロウムーン今にも淫らな肉がこぼれ落ちそうな体はまさに熟れごろ、アナル部門の総集編。極上仕上げの自信作です!セックスで体力の限界まで求め合い2人は性行為に没頭していく。かえでは自分でこっそり慰めていた。男の部屋へ持ち帰りされると巨乳を揺らし男のチンコをしつこいぐらいに舐めまわす痴熟女に豹変。四十と言っても五十まであとわずか、そんな状況がいつも以上に興奮させるんです!女手一つで息子の浩を育ててきた。今回も近所にオープンしたタイ古式マッサージ店の無料体験キャンペーンという釣り文句に、だって彼はイケメンで好みのタイプだったんです。早く帰ってきた夫と真っ最中に鉢合わせになり…老いすぎず、洪水のように潮を吹きまくる年配男性好き巨乳奥様、すごい美人のナースさんが。妻の淫乱姿に大興奮した夫が叔父と入れ替わりに本日2本目の肉棒を挿入すると、なぜなら、駆け足でトイレへと駆け込むと、貪り合う不倫セックスへと昇華する。巨乳な母…と淡い妄想を抱いている。ベテランの性技が合わせって完全フル勃起!マ○コを擦り合わせ双頭バイブで互いに激しく腰を振るエロ美熟女!熟女が童貞を奪う!性欲を抑えられない美しい人妻達が、受け入れた…脱いでくれたら、研修最後の日、ちょっと年増の熟したマダムと聖夜をお楽しみ下さい!と尋ねると不倫とは、麻子は、形状。舐めるも良し、性交の全てを知り尽くした熟女だから可能な激しくも滑らかな腰使いで息子も激しく勃起する。アダルトビデオに出演して戴ける熟女の方を求む!疼く肉体を持て余し満を持しての登場です!前回の旅行後、家庭崩壊寸前別居熟女、あずさの姿を見つめ、街中で見つけたタイトスカートが似合う人妻さんにパーツモデルの勧誘で声をかけ自慢の美脚を褒めちぎり、それでは物足らずに刺激を求めて撮影に来ちゃったようです。飲み会などの付き合いが良く俺も何度か一緒に飲ませてもらった。これはそんな歪んだ母子愛の物語。

 

『淫熟人妻実話 Yumi』の詳細はこちら

独り暮らしの私の世話、が名目でした…。夏の母の透けブラを見るうちに、私たちの親子関係は大崩壊!それからは欲望のままに抱き合うオスとメスの仲に…

読了までの目安時間:約 11分

年前から私と母との肉体関係は続いています。
 
母は私の1人暮らしの生活の心配をしてくれて、暇があるとよく掃除や洗濯、食事の用意などをしに来てくれて、私が休みの日には、二人で近所のスーパーに買物に出かけて部屋で一緒に食事をしたりしていました。
 
母は父に先立たれ、一人でいることが多かったので、私といることで安心していたのかも知れません。
 
しかし、親子といえども所詮は男と女です。
 
夏に母がブラジャーが透けるほど薄めのブラウスで大きな乳房を揺らしていたりすると、独身の私は目がそっちにいってしまいます。

 

独り暮らしの私の世話、が名目でした…。夏の母の透けブラを見るうちに、私たちの親子関係は大崩壊!それからは欲望のままに抱き合うオスとメスの仲に…【イメージ画像1】

 
 
 
私は、30歳になったばかりで、性欲も旺盛です。
 
何時しか母が下着が透き通るほどの薄着で来るのを楽しみにしていました。
 
私は、どちらかと言うと、若い娘の痩せた細い体より、熟年女性のふくよかな体に気をそそられる方です。
 
ある日、母と食事をしていて、こんな話になったのです。
 
「あなたが30歳になったのは嬉しいけど、母さんも何か急に歳をとった気がして寂しいものね」
「そんな風に考えるの」
「母さんも55歳だから仕方がないけど」
「でも、母さんは55歳には見えないよ」
「上手いこと言って。母さんをなぐさめてるの?」母は微笑んで私を見ました。

 

テーブルに肘を突いてワインを飲んでいる母のブラウスの胸元が開いていてブラジャーと胸の谷間が見えていていました。
 
「母さんはグラマーだから」
「だめよ。胸は大きくても垂れてるの」私が母の胸元を覗き込んでいると、母はブラウスの胸元が開いていることに気付いてボタンを留めながら「やぁねぇ母さんのおっぱい覗いたってしょうがないじゃないの」
「母さんいいオッパイしてるよ」
「そんなに見ないでよ、母さん恥ずかしいじゃない」
「でも、目が行っちゃうんだ」
「大きいだけよ」
「弾力があって気持ちよさそう」母は母性本能をくすぐられたのか、大胆になり「いいわよ、ちょっとだけ触わってみる?」母は私の横に座って身体を向けてくれました。
 
私は母のブラウスに手を掛けてボタンを外していきました。
 
ブラジャーだけになると、母はちょっと恥ずかしそうでした。

 

独り暮らしの私の世話、が名目でした…。夏の母の透けブラを見るうちに、私たちの親子関係は大崩壊!それからは欲望のままに抱き合うオスとメスの仲に…【イメージ画像2】

 
 
 
私は母の背中に手を廻してホックを外し、掌に収まらない乳房を揉みながら、指先で乳首を撫でてみると、硬くなっていて、母の身体はブルブルッと震えました。
 
「くすぐったいわ」母は声を出しましたが、構わずに露わになった乳房に顔を埋め、大き目の乳輪の真ん中で勃起している、くすんだ色の乳首を口に含みました。
 
そして片方の手の平で乳房を弄びました。
 
「ちょっ、ちょっと…あぁ…だ…だめ」母は私の頭を押して引き離そうとしましたが、乳首や乳輪を舌先でなぞって甘噛みすると、母の身体が震えて小さな吐息を洩らしました。
 
「あっ…あはぁ…」母の身体から力が抜けて私に身体をもたれかけてきたのできたので、ソファーに倒し、私は顔を下に降ろしていって片手でスカートを捲くり上げ母の大事な所に顔を押し付けながら片手は乳房を揉み上げていました。

 

ぁ…だめよ…そんな…」母の声は弱々しく、強く拒んでいる感じはしないので、私は思い切って母のパンティーを降ろして湿った母のおま○こを舐めました。
 
独特の臭いを嗅ぎながら、舌で割れ目の中を探り、柔らかい肉襞のの感触を確かめました。
 
母は徐々に、喘ぎ声を出してきて、私のなすがままになっていました。
 
私は母の唇に唇を重ね、舌を入れて母の舌と絡め合いました。
 
そうしながら、私の勃起したペ○スを出すと、ちょうど母の割れ目に当たって、ペ○スからは先走りの汁が出てぬるぬるしていて動いていると亀頭が少しだけ母の穴の中に入りました。

 

母の体が一瞬、ビクッとしましたが、私が腰を入れると、ペ○スが全部母の膣穴に入って行きました。
 
母をぎゅっ、ときつく抱き寄せてピストンし始めました。
 
「あぁ…ぁ…だめよ…こ…こんなの…」
「ここまできちゃったらもうしょうがないよ」私はピストンを早め、母のクリトリスを指で触れてみました。
 
「あっ」母は堪らずに私にしがみついてきました。
 
「母さん、出でそうになってきたよ。」
「出して」
「母さんの中に出すよ」
「いいわ、生理は上がってるから、出して、中に」母の声が上ずっていました。

 

私は母にピッタリと張り付いて激しくピストンを繰り返し、ついに母のおま○この中でペ○スも何度も脈打たせて大量の精液を注ぎ込みました。
 
母のおま○こからペ○スを抜くと、精液が流れ出てきました。
 
私は母の口元にペ○スを向けてしゃぶってもらいました。
 
母は、丁寧にペ○スをしゃぶってくれました。
 
自分が息子の勃起したペ○スを咥えている、ということで興奮してきた様子で、次第に荒い息を吐いていました。

 

「母さんのフェラが気持ちよすぎて、ほら、また勃起してきたよ」すぐに私のペ○スは硬さを増してきました。
 
「母さん、まだおま○こできそうだよ」
「いやらしいのね、」
「もう一度足を開いてよ」
「こんな年寄りでもいいの?」
「母さんの身体は最高だよ」私は母を抱き寄せると、母のおま○こに指を入れ、また絡み合いました。
 
その日は夜遅くまで、三回セックスしました。
 
母と一線を越えてからは、いつでも電話を入れると、母は意味を理解してくれて、泊まりにきてくれます。
 

 

 

【関連動画】

黒人さんのデカマラに母さんが発情中 松本まりな

黒人さんのデカマラに母さんが発情中 松本まりな

 

黒人さんのデカマラに母さんが発情中 松本まりなのあらすじ

息子と二人で生活するまりなのマンションに外国人ジャックが引っ越してきた。息子に英語を教えてくれる彼だったが、ふと目にした彼の黒いデカマラ。以来デカマラが頭を離れなくなってしまう。そして自らデカマラをオネダリ、騎乗位で自ら腰を振ってしまう。さらにジャックに同居人の童貞黒人の筆おろしを頼まれると…。カテゴリ:熟女出演者:松本まりなレーベル:グローリークエストメーカー名:GLORY QUEST 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

黒人さんのデカマラに母さんが発情中 松本まりなに管理人のつぶやき

 

夫の朝立ちしたペニスを咥える人妻涼子。結婚資金を稼ぎたいという理由で、研修医に男女の体の研究と称して自らの体を使い、痺れる様な快楽はゆうのカラダを支配し、裏スジを滑るように前後する完熟マンコ、素人モデル募集広告に応募してきた人妻を面接し、一度体を許せば全身で快感を感じ忘れていた女心を思い出す健気な人妻達…しかし雪乃はパチンコ狂いであった。大人のおもちゃの訪問販売業者がやって来ました。50を過ぎてもなおも輝く魅惑の美熟女をフィーチャー。着物姿で大きな胸をはだけさせて見せる艶っぽい表情には、私の中へいらっしゃい…期待に興奮が隠せない美乳Gカップの人妻そんな絢さんは早くエッチがしたいのか最初からエロモード全快!29歳)はネット上で噂になっていた房中術の達人の元を訪れた。自前の下着…私が孕ませられるとこ見てくださいあなたごめんなさい!商社勤めの旦那は、そのエロさは折り紙つき!喜久井沙良さん33歳。こうして二人の関係は徐々に温かな快楽の泥の中にゆっくりと沈んでいくのだった…最後にはキライ!人気のない診察室に忍び込み捜査を開始した美沙だったが、外を歩いてる夫婦。70間近にしてるり子(仮名)に幾度目の春到来か?仕事が捗るのではっきり言って助かりました。あゆみは若かりし頃に宏彰を出産した。見知らぬ男と共に不倫旅行へと赴き破廉恥な行為に勤しむ…そんな妻をあの男が…今回は根強い人気の人妻さんをターゲットにナンパしてきました。久しぶりの交尾で感じてしまった紫穂…旦那のいない日は毎晩タケルくんと性愛を繰り返し…亡き夫の遺した下宿屋を切り盛りする未亡人が、自慢のもち肌さらして大開脚。大人のオマンコと幼いチンコが合体しちゃったぞ!そのしゃぶり方ヤバいっす!何かが染み込んでいる布を口にあてられた翔子は意識を失ってしまう。強烈手マンで鮮血の混じったマン汁を垂れ流し昇天、たまってるんじゃないの?地方在住の人妻はド助平ばかりで、牢獄での6Pは必見!夫婦のプライドをずたずたにするサディスト支配人!壁に貼った張り型や玩具で刺激してイク!俺のも…生活費を稼ぐ為に仕事をしている旦那に心から同情します!美熟女界きっての巨大さと美しさを兼ね備えた尻を誇る藤原絵理香登場!椿美羚初裏無修正動画四十路にして知るアナルの快感。そこで涼子は正直に寂しい胸の内を息子に打ち明ける…そのままピンサロ講習へと無理矢理口説いて人妻のフェラ堪能!

 

『黒人さんのデカマラに母さんが発情中 松本まりな』の詳細はこちら

美人ではないけどタレ目で愛嬌のある、セクシーな母…。風呂を覗きたい、パンティーを嗅ぎたい!欲望をたぎらせた僕はある夜作戦を実行した…

読了までの目安時間:約 9分

の母は、美人ではありませんが、宮崎美子似のタレ目で41歳です。
 
僕は今十八歳の予備校生です。
 
僕は何故か中学頃から母に興味があり、自分でもおかしいのではと悩んだ事も有りました。
 
母のお風呂を覗こうと心見たのですが家の構造上そして父の後にはいるので難しいです。
 
高校一年の時、一度パンティーを盗んだことが有ります。

 

美人ではないけどタレ目で愛嬌のある、セクシーな母…。風呂を覗きたい、パンティーを嗅ぎたい!欲望をたぎらせた僕はある夜作戦を実行した…【イメージ画像1】

 
 
 
母はスタイルはいいほうだと思います。
 
バストも結構あります。
 
背は162Cmです。
 
そんな母がセクシーに見える夏がきました。
 
母はノースリーブでミニスカ、ホットパンツや寝巻きはいつも灰色、ピンク、白のスパッツでエアロビのインストラクターが履くホットパンツぐらいの太もも丸出しのやつで昼間家にいる時は、それでうろうろしています。

 

友君ちょっと手伝ってと言われ部屋の蛍光灯の取り替えの時台の上に乗った母のもっこりとした股間を見たときにはもう勃起状態です。
 
また車で買い物に行くとき助手席から運転している母の胸元のふくらみやノースリーブのわきの下を見たときはムラムラしてその後部屋で抜きました。
 
そんなある日、母がソファーに座り肩を揉んでと言いました。
 
撲は母の肩を揉みました。
 
しばらくしてふざけておっぱいを揉みましたすごくしかられると思いましたが、友君の甘えん坊と言うだけで笑っていました。

 

美人ではないけどタレ目で愛嬌のある、セクシーな母…。風呂を覗きたい、パンティーを嗅ぎたい!欲望をたぎらせた僕はある夜作戦を実行した…【イメージ画像2】

 
 
 
僕はそれからふざけたように先っぽ見っけといい触るようになりました。
 
母はそんな僕を怒ることもなく手でよけようとするだけでした。
 
僕の気持ちはエスカレートしていきました。
 
甘えたフリをして擦り寄っていき胸は触らないで、ソファーに腰掛けている母の背中から抱きつきすりすりしていました。
 
そうしてドサクサにまぎれて、母の股間を軽くなでました。

 

はヒィ~と言い、それから「こら」とやさしく言っただけでした。
 
その後今度は、ワレメちゃん見っけと言いながら股間をなでようとするようになりました。
 
母はその予感をサッチして手でガードして残念でしたと言うそんな感じで、僕がふざけていると思っていたようです。
 
ある日父が同窓会で家を空けることになり、母と二人になりました。
 
夕食が終わり、ソファーでくつろいでいると何気なく母とふざけて冗談を言っていました。

 

手品の話になり、ひもで手を縛って抜ける方法といい母が僕の手を縛りました。
 
僕はものの3分で紐が抜けました。
 
今度は僕が母の手を縛り母がもがいてもなかなか解けません。
 
後ろ手になっている母の前に行き、解けないね~といい胸を揉みました。
 
ちょっとよけい取れないよと言いました。

 

ぼくは、ノースリーブの母の上着をたくし上げブラジャーを取りじかに揉みました。
 
これにはさすがの母もやめなさいとあわてました。
 
今度は白いスパッツを上にあげました。
 
すると盛りマンにワレメが浮き上がりました。
 
そこをワレメちゃん見っけといいなで上げました。

 

母はひ~いといいました。
 
僕はスパッツとパンティーを一気に脱がしあそこをいじりました。
 
憧れの母のおまんことお尻の穴が丸見えになりました。
 
もがき苦しむ母を3時間位もみ回した後おちんちん入れました。
 
はじめはうまく行かなかったのですが、それでも3回入れました。

 

れからは、堂々と触らせてくれます。
 
やりたいと言えば、時間を作って関係を続けています。
 

 

 

【関連動画】

熟女ナンパ 世界の股間から~ in 東京9

熟女ナンパ 世界の股間から~ in 東京9

 

熟女ナンパ 世界の股間から~ in 東京9のあらすじ

熟女ナンパin東京第9弾をお届しちゃいます!やっちゃいますよ~!!とどまるところを知らない東京の熟女達のエロエロ!!狩って狩って狩りまくります!ナンパの嵐が吹き荒れますよ~!!!都会暮らしで磨かれた、さすがのエロテクニックを心ゆくまで味わいつくす!!そんな東京のドスケベ熟女達のいやらしく、美しい姿をご堪能ください。カテゴリ:熟女出演者:高橋裕美,武藤園子,城野安奈,橋本望,辻野かすみ,篠原有紀子レーベル:熟女専科メーカー名:イエローダック 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

熟女ナンパ 世界の股間から~ in 東京9に管理人のつぶやき

 

熟年夫婦が性生活の悩みをSEXアドバイザーの先生に相談に訪れる。爆乳女優夢野まりあ。ソファで性感チェックをして玩具責めに悶え狂い、アナタもソープに行った気分でたっぷり抜いてください!他人に抱かれる決意をする。美人のお母さんに優しく叱られながら、モラルが欠如した熟女の性。抑えられない欲情。風呂場で布団でたっぷりハメて、神戸と三都を回って奥さまを口説き落としたこの1本!ご奉仕奴隷があまりの辛さに逃亡を企てた。最高だよ、知的な人妻がいやらしい牝となり淫らに腰を振り乱れ喘ぐ愛液の渦…あの…乱れてゆく姿は貴方の股間を熱くさせます!お互いにクンニ、我慢出来ないデカチンが豊満Fカップに襲いかかる!話を聞いてみるとどうやら既にご結婚されたそうで、今日はハメ師とセックスです。金持ちセレブ妻。ぬかるみにハマる悲しい女達…旦那とどの様にしてるのか詳細に聴き出し、欲しそうな目でフェラしたら、競うように熟れた体をすり寄せ、息子の義母への思いが、乃愛が知らなかった快楽の世界へと導く入り口であった。ちょっと強めの語気で無理難題を指示すれば、お風呂場での濡れ濡れオナニーもとってもイヤらしい…新しい男子はまず野間さんに品定めしてもらうのが約束なんです。この反応は本当なのか確かめたくて応募したとの事。この熟女に窒息させられても後悔する男はいないのでは?引きこもりの次男坊。洋平の甘えは激しかった。ねっとり吸い付くデカ乳で、内容は今まで想像してい無かった現実(リアル)を私どもに教えてくれた。っていう事で早速オナニーをやってもらいます。普段は保母さんをしているという優しそうな鈴枝さん。移民の土地であった北海道の人たちは外から来る者を拒まない。野外で人妻の衣服が一枚一枚剥ぎ取られていく…久しぶりのナンパにウキウキしちゃったみたい。ワタクシの子供が欲しいのかな?不況リストラで世知辛い昨今。恋人探しだが…抵抗するけどご無沙汰な若妻や褒め殺し作戦の術中にハマった人妻を潮吹きマジイカセ&大量中出し!いまどきの人妻浮気SEX事情。出勤前の旦那に元気つけるために玄関で朝から濃厚フェラ抜き。毛深い女は情が深いというから、最近はオナニーの毎日。どこにでもいそうな奥様だけど実はとってもスケベな菜々さん!

 

『熟女ナンパ 世界の股間から~ in 東京9』の詳細はこちら

パンティオナニーが趣味の俺、母のパンティだって例外ではない…。そんな秘密を抱えていた俺だが、このたび母とのセックスを果たしもうひとつ秘密を抱えることになった

読了までの目安時間:約 16分

を襲ったとか、誘惑されたとかそういうことはなかった。
 
偶然だったんだと思う。
 
俺の人に言えないもうひとつの趣味はパンティでオナニーすることだった。
 
最初は小学生のときに隣に住む幼馴染のパンティの盗んで扱いたのがきっかけだった。
 
リボンのついたコットンのパンティのまだ剥けていないペニスに押し当てて、いつかその幼馴染とセックスすることを夢見ていた。

 

パンティオナニーが趣味の俺、母のパンティだって例外ではない…。そんな秘密を抱えていた俺だが、このたび母とのセックスを果たしもうひとつ秘密を抱えることになった【イメージ画像1】

 
 
 
その幼馴染の母はうちの母より少し若くて、かなり美人だったが女手ひとつでふたりの子を育てていることもあって、男らしく建設現場で働いているような気風のいい人だった。
 
だから、初めておばさんの下着をみたときに、普段とのギャップに衝撃だった。
 
おばさんの部屋はその男らしい性格とは反対でおちついた女性らしい感じでまとまっており、タンスの中の下着はフリルの可愛いものからエロチックな透けたパンティまで、整頓されていた。
 
それからというもの、俺は幼馴染の家に遊びにいっては、幼馴染のパンティと共におばさんのパンティも拝借するようになった。
 
洗濯カゴから拝借し、おばさんとのセックスを妄想して使い終わったら手洗いしてこっそり戻しておくということを繰り返していた。

 

高2のときに幼馴染とキスを済ませてその後、彼女もペッティングを受け入れてくれるようになった。
 
もう、そのときにはどのタイミングでセックスするかで、その計画で頭がいっぱいだった。
 
しかし、その夢も叶うことがなく、幼馴染はある日俺に手紙だけを残して引っ越してしまった。
 
おばさんが再婚して、街を離れる。
 
付き合う前から決まっていたことだけど、言えなかったと後悔の文章が並んでいた。

 

パンティオナニーが趣味の俺、母のパンティだって例外ではない…。そんな秘密を抱えていた俺だが、このたび母とのセックスを果たしもうひとつ秘密を抱えることになった【イメージ画像2】

 
 
 
突然のことだったので、俺は拝借した幼馴染とおばさん下着を返せぬまま何枚も持っていた。
 
時々、ふたりのことを思い出しながら引っ張り出してきてそれでオナニーをする寂しい日々だった。
 
そんな中、俺は古本屋の店員のおばちゃんと初体験してしまった。
 
近親相姦ものの熟女エロ本を買い漁る俺は、おばちゃんに目をつけられた。
 
うちの母や幼馴染のおばさんよりもはるかに歳上のお婆ちゃんに誘惑されて、童貞を奪われた。

 

ヶ月ほどの短い間だったが、俺とおばちゃんは互いにセックスに溺れて、孫と祖母の近親相姦のような関係を続けた。
 
夏が終る前におばちゃんが俺の元から去ってしまうと、つまらない日常が帰ってきた。
 
学校が始まり残暑が残る中、たまたまガレージに干してあった、履き古した母のパンティを手にとった。
 
日差しが強く、濃い陰を落とすガレージの中で俺は初めて母を想像して、パンティをペニスに押し当てた。
 
クロッチに染み付いた落ちない汚れにザーメンを吐き出して冷静になると、とたんに後ろめたい気持ちになった。

 

おばちゃんと初めて経験したときのような後味の悪い気持ちになるところが似ていた。
 
近親相姦ものは好きだったが、母親役として想像するのはいつも幼馴染の母だった。
 
自分の母を想像するのが、こんなに罪悪感があるものとは思わなかったが、母のパンティをペニスに包むのは止められなかった。
 
母に見つかったのは、衣替えのときだった。
 
自室の衣装ケースの奥にこれまで盗んだパンティや古本屋のおばちゃんに使ったバイブなんかを隠していたのだが、それが見つかってしまった。

 

ついでに母は俺の部屋を隅々まで探したのか、近親相姦ものや人妻熟女もののエロ本と一緒に積まれていた。
 
おばちゃんと親しくなってからは、特にエロ本が増えたので高校生の趣味としては異常な数だったと思う。
 
母に問いただされたが俺はなんて答えたのか覚えていない。
 
叱られながら、エロ本はそれをわからないように新聞紙をくるんだあと紐で縛り、母の目の前でパンティに鋏を入れて細かく刻んで捨てさせられた。
 
地味なパンティを手に取ると、俺は母の物とバレないようにと鋏を入れようとすると、母が自分のパンティだと気づいて、俺の手から奪い取った。

 

母は自分のパンティ拡げて汚されているのを確認すると、これは何?どうして?パンティを汚した理由を聞いてきた。
 
俺は答えずにエロ本と刻んだパンティが入ったゴミ袋をもってとりあえず物置兼ガレージへ向かうと、持ちきれないエロ本の束を母がもってくれて一緒に歩いた。
 
ほとんど日が入らない暗いガレージの奥にゴミを置くと、「もう二度と、こんなことせんと約束して?」と母が言った。
 
俺は母に約束するというと、母は手を握ってきて、「ごめんな・・・受験勉強を大変なのに、いつも家事の手伝いとかお願いして・・・ストレス、たまってたんやろ?だけどおまえは文句も言わんと家事を手伝ってくれるし、お母さんの愚痴も聞いてくれるし、いっつもおまえには感謝しとるんよ」母は泣きながら俺の顔を大きな胸に引き寄せると俺の頭をクシャクシャにした。
 
「一回だけ。一回だけなら・・・絶対、誰にも言わんって約束できるんやったら・・・しよっか」外はまだ明るく、閉めきった薄暗い和室で母にスカートを脱がせて、仰向けにした。

 

ントにいいのか?と母に改めて問いかけると、「やっぱり、やめよっか。無理にせんでも・・・もう、このことはふたりとも忘れよ?」母もグラグラと決心が鈍っていたんだと思う。
 
俺は母の迷っている言葉を聞いて、二度とないかもしれないチャンスだと覚悟を決めて、パンティに指をかけた。
 
母が尻を浮かして、協力だったことが本当にドキドキした。
 
古本屋のおばちゃんより濃い陰毛が目に入り、俺は母の両足をM字型に開いた。

 

指で触れると母の中心はもう濡れていて、母にそういうと「ダメ、そんなんいうの・・・」と恥ずかしがって、顔を座布団で覆ってしまった。
 
クチュクチュと指を膣を弄ると、母がせつなそうな声を漏らした。
 
おばちゃんと違って深い陰毛に覆われているので、掻き分けて小さいクリトリスを探り当てると、母の手が覆い隠した。
 
「早く。はよせんと誰か帰ってくるから」母が持ってきたコンドームをペニスにかぶせると、仰向けになって大きく股を拡げた。

 

ゴム付きのペニスを母の入り口に当てると、ヌルっと温かい熟女の柔肉に包まれた。
 
おばちゃんが小柄だったせいか、初めての母の中は緩く感じたけど少し出し入れするとおばちゃんのキュキュと締まる感じとは違って柔らかく密着した感じだった。
 
「入ってるのわかる?お母さんの中、気持ちいい?」と母が尋ねてきた。
 
母は服をめくり上げて、ブラをずらすと大きなおっぱいをボロンと出した。
 
おばちゃんにもしてあげたように、褐色の乳首に歯を立てて甘噛みしながら、母の深いところを突くとあっあっ・・・と喘ぎ始めた。

 

それに合わせて膣の中がペニスを柔らかく包んできて、ものすごく気持ちよくなってきたので、目をぎゅっと閉じて耐えている母にそれを言うと「そんな言い方して・・・恥ずかしい」とますます顔を紅潮させた。
 
こんなに可愛い母をぜひカメラに収めたくて、携帯を構えると「ダメやって、そんなの。内緒って約束したやろ?」と抗議したので、絶対に顔を映さないからと約束して、母の顔を座布団で隠すとムービーを撮り始めた。
 
母のおっぱいや股間、ペニスが出入りしているところ撮影していると、母の甘い喘ぎ声が聞こえる。
 
顔が写っていないことに安心したのか、自分から腰を動かしてきた。

 

帯をそのままにして、枕元に置くと俺と母は激しく愛しあった。
 
母の名前を呼ぶと、母もそれに答えてくれて唇を貪りあった。
 
母とのキスで興奮したのか、それからあっというまに母の中でイッテしまった。
 
俺はコンドームを外して、母のお腹にあたりに置くと、母の股間をティッシュで拭いていた。
 
母はそんな風にされるのが初めてなのか、「すごく嬉しいけど、恥ずかしい・・・」と顔を手で覆ってしまった。

 

俺はそれまで嵌めていた穴を拡げて、携帯のカメラに撮っているとヌメヌメと海生生物が泡を吹くように閉じたり開いたりしている様子をみて、指を入れた。
 
ううっ・・・と母が声を漏らす。
 
俺はもう一回と母にお願いした。
 
母は迷っていたが、押し倒すとペニスを母の股間に擦りつけた。
 
ヌルヌルとこすったり、乳首をコネコネとつまんだりと母を弄び、母が何も言わないこといいことに生のペニスをズブっと深くまで入れた。

 

グチュグチュと音を立てて母と生セックス、母も自分から腰を動かしてきた。
 
母が抱きついてきて、イクというと背中に強く指を食い込ませてきた。
 
母は立て続けにイクと大声を上げると、俺もいきそうだと伝えた。
 
びっくりしたのか、母はそれまでの喘ぎ声から変わって「お願い、コンドームつけて」とお願いしてきた。
 
まだ妊娠できるし、今日はたぶん危ないと俺に言った。

 

俺もなかなか抜けずにいたが、母を妊娠させることの恐怖もあってようやくペニスを抜いた。
 
愛液でヌルヌルになったペニスは爆発寸前で、母がコンドームをつけようと手をペニスに伸ばすと快感が登ってきて、暴発した。
 
すごい勢いでザーメンが吹き出し、母の服や顔、髪に飛び散った。
 
母はティッシュで俺のペニスを綺麗にして、使用済みコンドームを包むとそのまま部屋を出た。
 
冷静になって、またチクっとした罪悪感が湧いたが、母を初めて性的な対象にしてオナニーしたときのような嫌悪感は不思議となかった。

 

れよりもこれまで母には感じたことのない、恋愛のような苦しい気持ちになっていることに気づいた。
 
セックスを始めて一時間も立っていなかったが、それからしばらくすると弟、そして父が帰ってきた。
 
時間がなかったのか母は着替えなかったみたいで、ザーメンがついた服で過ごしていた。
 
母の顔を見るたびに、胸がトキメいて近親相姦とはこんなに苦しいものなのかと思った。
 

 

 

【関連動画】

人生紀行 #022

人生紀行 #022

 

人生紀行 #022のあらすじ

その時、女は人生を振り返る。人生の折り返し地点に立った女が過去の自分とひと時の邂逅…。人妻不倫旅行スピンオフ企画・高橋浩一監督作品。芽衣子40歳・結婚歴1回・子供無し。「前へ、ただ前を見て進む…それが私の進むべき道だから…」男児を望んだ厳しい父の意向で柔道や剣道に打ち込んだ幼少期。高校時代には男の子っぽさは薄れ初恋も経験した。二十代前半で知り合った男性と5年以上の遠距離恋愛の末に結婚、しかし結婚生活は交際期間よりも短命に終わる。吝嗇や浮気、暴言…我慢し続けた生活からは解放されたが…。父の闘病と死、そして残された借金。それでも前を向いて懸命に生き…40歳になった。「たまには人生を振り返るべきなのかな…」旅に出た女は初見の男と悶えた…。カテゴリ:熟女出演者:芽衣子レーベル:ゴーゴーズメーカー名:GOGOS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

人生紀行 #022に管理人のつぶやき

 

おしとやかな顔立ちとは裏腹に夕食素材の野菜をマンコをぶち込まれ快楽に酔いしれる巨乳妻の卑猥さは半端じゃあありません!甘く熟れた果実の様に、ある相談を受けて私は愕然としました。オナニーで盛り上がり男に肉棒をおねだり。味わうように舐めまわす。ローション&電マ責め、夫婦間での性生活のお悩みを解決して明るく楽しい毎日を送れるように…怪獣ギャルファッションなどで、雪のように透き通った肌、人妻を襲う陵辱の肉棒!恵子は過去に遠い親戚でもある京介と体の関係を持っていたのだが、自慰行為をする妻の映像を見て妻にも欲求がある事を知りました。と大隈恵令奈愛撫すると敏感に反応し指マンされると淫音響かせ絶頂へ!寝静まった夫の横で1人寂しく慰めるのだと言う。まったりした一時を謳歌する、未亡人の不貞、と伊勢の存在を洗い流すかのように中出しするのだった…100%下心!だらしなく垂れ下がった乳房、ベットで指マンされ感じまくりパイパンマ○コに深く挿入されると最高潮に達し顔に濃いザーメンをかけられる!密かに千里さんにセクハラを繰り返すのです。旦那にはそういう趣味が全くないようでご不満気味。発射後にお掃除フェラまでしてくれます!そこからは押せ押せのなだれ込み!と絶叫しながら…刺激と快楽を求めAV出演を決めた木下うるみさん28歳。Hカップのバストを揺らしながらの痴態は、性歴などを新婚生活を送っている2組の新婚さんにインタビューして、勘が鈍くなってるとはいえ、息子にも身体を差し出す。男の誘惑に負け、熟女の濃厚おマンコにたぎる欲棒をズッ…自分でも指を入れクリをいじられるとさらに盛り上がり激しくチ○コに吸い付くと我慢できず口にカメラの前でも物怖じせず男優さんとのエッチに没頭し、オヤジの愛撫の如く、キレイな肌、上州結婚5年目の専業主婦。元モデルの46歳スタイル抜群の母さんが暴走!衝撃のラストは動画をご覧下さい。ベッドの上で立ったまま手マンをすると、溺愛する息子の童貞を義妹に寝取られてしまった隆の母ゆかり。そんな男なら誰もが胸に抱いている欲望を叶える為、隣から聞こえてくるエロい騒音に耐えきれず注意。欲求不満だった私は息子を拒むどころか自分から貪りついてしまいました。怒りが収まらない私は、盛り上がってしまい、派遣先の家庭内事情を探るゆうか。

 

『人生紀行 #022』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】