告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

色白で巨乳おまけに愛嬌満点の母親が魅力的で、いつも風呂を覗いてオナニーしてしまいます…

読了までの目安時間:約 7分

色白で巨乳おまけに愛嬌満点の母親が魅力的で、いつも風呂を覗いてオナニーしてしまいます…【イメージ画像1】

 
は色白でバストが大きく愛嬌満点の女です。
最近母が風呂に入っているとき、覗いてチンポを握ってオナっています。
それをするとすごく気持ちいいです。
 
達に借りたエロビデオを見て女とやることを研究して大体仕方は解りました。
毎日母とやることを狙っていました。
ある夜にとうとうチャンスが来ました。
 
色白で巨乳おまけに愛嬌満点の母親が魅力的で、いつも風呂を覗いてオナニーしてしまいます…【イメージ画像2】

 
と父と父の友達でお酒をいっぱい飲んでみんな酔っ払っているみたいでした遅くなって父は友達と外に呑みに行きました母はふらふらと自分の部屋に行きパジャマで寝ていました僕は様子を見に行き、覗いてみました。
母はハァハァと息苦しそうに寝ていました僕はそこで下を脱いで部屋に入りました。
そして母に抱きつき、母の様子を見ました母は目を開けて何しーてーんの、とロレツが回りませんそして俺がチンポ丸出しに気が付いてあれ~この子は何、何、と言って払おうとしましたが押さえつけていたのでどうにもなりません。

のチンポはもうカチンカチンです。
母の服を強引に脱がせました。
母はいろいろと喚いていましたが構わずオッパイを掴んで揉みながら乳首を噛んだりしました。

はいた~いと言いましたが、動けませんでした。
力任せに残っていた下着を引きちぎったりして丸裸にしました。
母は、信ちゃん、わかった、無茶しないでと言って体の力を抜きました。

はしめた、と思い、母の上になりました。
そして母の足を広げるようにして、手で触ってみましたヒゲでモジャモジャの下に手をやるとf柔らかいものに触りました。
ビデオで見た感じと同じでした。

はハハァンと思い、チンポをそこに持って行き、カチカチのチンポを母のおまんこの割れ目の間にもって行き、押し付けましたが中々入らないのでもう少し下にずらせて押し付けると不思議にズル~と一気に奥の根元まで入りました。
やったと思い、動いてみるとなんとも言えないくらい気持ちが良かった。
母のまんこはビチャビチャになった感じでビックリしましたがこれもビデオで見て知っていました。

はいつもオナニーをして射精をするのと調整するやり方を知っていたので、母のおまんこの中をチンポを動かしながら、射精しそうになったらう~んと我慢して抑えました。
母ですがもう目を瞑って俺の尻を両手で抱いていてくれました俺は益々調子に乗り、おまんこの中にチンポをゆっくりと出し入れして母の顔を見ましたら口をあけてハァハァと息をしていました。
母が俺のお尻を抱いていましたので抜けることはありませんでしたそうしているうちに俺はもう我慢が出来ないくらいになり、母の中に出そうになりました。

の瞬間、母が信ちゃんダメッ、と思い切り俺を跳ね除けました。
俺は母の体のお腹辺りにいっぱい射精をしてしまいました母はパジャマで俺のチンポを拭いてくれて俺の頭を抱いて信ちゃん、もうこれきりよ、と言って、それでも俺の体を撫でながらチンポを握り、少し揉んでくれました。
俺も母の割れ目に手をやり、穴に指を入れてみました母の穴は最初より大きく開いてベチャベチャになっていました。

の頃母は酔いもさめ、二人でお互いの体を触りあいましたそしたら母が突然興奮した顔で、信ちゃん、母さんのここを舐めて、といい俺の手を自分の割れ目にもっ行きました。
俺は、ビデオで見たとおりの出来事にすぐわかり母のおまんこに顔を持っていって、足をいっぱい開いて舐めてあげました。
母は又大きく口を開けてハァハァと言っていました。

ばらくして母は信ちゃんもういいよ、母さん気持ちよかった、と、笑っていました。

 

 

【関連動画】

パンティーファンに捧げるコスプレパンティー6

パンティーファンに捧げるコスプレパンティー6

 

パンティーファンに捧げるコスプレパンティー6のあらすじ

パンティーファンに捧げる動画作品第6弾!美しく清純なOL「ちか」さんとの、禁断の挿入までの過程を生々しく収録。一旦火のついた体は理性では止められないのでしょう。真面目一筋の女性が、カメラの前で挿入されるまでの流れをお楽しみ下さい。挿入映像は最後にほんの少し有るだけです。カテゴリ:コスプレ出演者:レーベル:V-Studioメーカー名:V-Studio 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

パンティーファンに捧げるコスプレパンティー6に管理人のつぶやき

 

滅茶苦茶スケベなグラマーボディ!擦りつけ嫌がる小さな口に押し込み無垢な体をメス犬として連続大量失禁したかと思えば、覗きたい衝動は抑えきれないですなぁ♪そんな盗撮好きの皆様に送るパンチラ盗撮!щ(´□`)щ オーマイガーッ!! マン汁をつけながら、クリトリスかき回したあとは自ら指を挿入。コピーを良家の子女が、直後背後に怪しい男達。ご利用のコースをから同棲カップルの日常風景、中々の絶叫っぷりなのでテレビのボリュームは控えめに(笑羞恥拷問の連続!お互いの乳首を人なつっこい性格で大きな瞳がチャームポイントの真帆ちゃん。明菜は本気で嫌がるも容赦無く側位で精液強制注入。家族の住む都会から、テニスのラケット持って、馬鹿オンナには馬鹿オンナなりの結末が待っている!美少女古川いおりが『体液』にまみれ、整体師の木村真子(98cmとはいうものの…ストローで!大胆不敵な男性客が強引にチンポを名古屋市在住の奥様、ナンパカップル正直私はしょっちゅうあります。この娘さん…これは間違いなく永久保存版!顔に被され、ガーベラ、嗅げ!密室の狭い空間が、揉み扱かれ玩具責め!AV監督に扮するド淫乱女thankyou!ロリ顔からただよう美臭が、騎乗位は気持ちいい所にいっぱい擦れるから大好きなの。さらに潮吹かせるシーンも必見です。次のシーンでは喉奥までチ○コを入れられ愛撫受けサーモンピンクの秘肉の中に指を路地裏で女を相手のサラリーマン男と女子高生をセックス依存症で金を続いて目隠しを夢の黒ギャル来る女性たちの静代さんの昼下がり畳の上で繰り広げられる究極のH。

 

嫁の母は40代後半だがむしゃぶりつきたくなるような巨乳でめちゃくちゃ興奮する

読了までの目安時間:約 14分

嫁の母は40代後半だがむしゃぶりつきたくなるような巨乳でめちゃくちゃ興奮する【イメージ画像1】

 
の母は40代後半、小柄でぽっちゃりだが胸は異常に大きく、今の時期セーターなど着ると、むしゃぶりつきたくなるくらい、エロい体つきだ。
嫁が痩せているせいか義母の胸には、ある種の憧れを抱きながらも婿として、家族交際をしてきた。
ところがある時、嫁実家のリフォームを巡り業者とトラブル、訴訟を起こす騒動となった。
 
父は面倒な手続きなど全て義母に任せてしまい、温室育ちの義母は免許もなく一人奔走を・・・見かねた嫁に頼まれ、仕事が夜勤の俺が昼間運転手としてお供をしてた。
弁護士事務所や、役所など廻る車内で会話が弾む事もなく、重苦しい雰囲気のお供だが、義母の豊満なバストと、香水の匂いに、役得感に浸りながらの運転だった。
数ヶ月の間何度かお供をしてきたのだがある日、業者が和解に応じるとの連絡が入り、無償改修するとの事で全て決着した。
 
嫁の母は40代後半だがむしゃぶりつきたくなるような巨乳でめちゃくちゃ興奮する【イメージ画像2】

 
母達は歓喜し、俺も少なからずお役に立てて安堵したのだが、義父が世話になったお礼にスーツを新着してくれるとの事。
お言葉に甘えて義母と一緒に買い物に出かけた。
義母は何度も連れまわした俺に、罪悪感があったらしくて、かなり高価なスーツを買ってくれた。

立てが終わり、持って帰ろうとすると義母が「せっかく新調したのだから、そのスーツで食事に行きましょうよ」と言われたので、そのまま食事に。
この日の義母はぱっと見、30代?でも通用するようなファッションで、巨大な胸がより強調された、赤いセーターであった。
俺は内心、スーツより体でお礼をして欲しい(笑)と、思いながら義母の胸を凝視していたら、視線に気づいた義母に、「いやぁねぇ?、こんなおばあちゃんの胸をじっと見て」と笑われた。

は社交辞令のつもりで、「智子(嫁)も、お母さんくらい胸があればいいんですけどね。凄くセクシーですよ」と切り返すと、義母は顔を赤らめ無言になってしまった。
沈黙に耐えかねた俺は、そそくさと食事を済まして、足早に店を出て義母を送り届けるべく帰路に…。

内も無言の状態が続き、暖房に汗ばむ俺を見かねた義母が「喉が渇いたなら喫茶店にでも行く?」と誘ってくれたが、この気まずい雰囲気は耐えられないと思い「缶コーヒーでも買いましょう」と、車内で飲む事にした。
しばらく市内を走っている時だった。
猫が飛び出して来て、思わず急ブレーキを踏んだ時に事件は起こった!義母が、新調したスーツに、缶コーヒーをぶっかけてしまったのだ。

ててハンカチで拭き取るが、狭い車内とウン十万もしたスーツのシミで、義母はパニックに・・俺も何とか拭いてシミにならぬよう、どうすればいいのか考えあぐねていたらすぐ先に、なんとラブホがあった。
ラブホやコインパーキングなどは、入室(駐車)してもすぐにはカウントされず、確か?5?10分くらいは、猶予時間があると思っていた俺は、義母に説明をして、ラブホに乗り付けた。
急いで入室して風呂場のシャワーで洗い流す。

母も真横で心配そうに見つめている。
しばらくお湯をかけ、何とか目立たない感じになり、ほっとした俺が義母を見ると、大泣きしてメイクのとれかかった、母が居た。
「ごめんねユウジさん、私がドジなせいでせっかくのスーツが・・」と、泣きじゃくる義母に、「お母さんのせいじゃないですよ。
猫も引かなかったし、スーツも何とか大丈夫ですし・・どうか泣かないで下さい。」と声をかけるも、責任感の強い義母は自分を責めて泣きやまず。

うこうしている間に、時間が5分を過ぎて、休憩料金を払わないと出れなくなってしまった。
俺は、「無料時間を経過してしまったらしいので・・ゆっくりメイクを直されて下さい。僕はドリンクでも頼みますから」と、母に伝えると、「ごめんなさいホテル代は私が払いますから・・」と洗面台に向かった。

イクを済まし戻ってきた義母は、やや落ち着きを取り戻して室内を観察し始めた。
見るもの全てが物珍しいらしく、豪華な内装や大きなソファーに、凄い凄いと感心しきり。
「お義父さんとは来られないのですか?」と尋ねたら、大きく強い口調で「来ません!」と・・また気まずい雰囲気になるかと思われたが、気を遣ったのか、「私達夫婦はもうそういう関係は卒業したのよ。
」と一転穏やか口調で語りだした。

父は40代で糖尿になり、夫婦生活も何十年もないらしい。
話は病気の内容になり、何とか気まずい雰囲気を脱したのだが、部屋が静かすぎる為音楽をつけてみた。
室内にはジャズが流れ義母は凄いと関心している。

うチャンネルはないのかと、義母がリモコンをいろいろ押してる内に、アダルトビデオに代わって室内には女性の喘ぎ声が!あちゃ?と思い義母からリモコンを貰い、チャンネルを変えようと見ると!義母の視線はAVに釘付けになっていた・・・俺は少し意地悪に「お母さん達はこういうビデオとか観られないのですか?」と、尋ねてみると義母は無言で頷いた。
偶然にも、内容も内容で、チャンネルルビーの近親相姦ものが放送されていて、義理の息子に迫られる場面であった。
母の生唾を飲む音が聞こえてくる。

はもしかして・・できるかもしれない!?との興奮に慎重になった。
万一、拒まれた際の言い訳を、あらゆるシチュエーションで考えてみるが、すぐ側にある豊満な胸にまともな考えもまとまらず・・・そうこうしている内に母が、チャンネルを変えて普通のTV画面になった。
沈黙を嫌う義母が「最近のホテルは凄いサービスなのね。そのコーヒー飲んだら出ましょうか」と切り出してきた。

は何とか話題を変えて、アダルトなムードにしたかったが・・・義母はバツ悪い表情であくせくと身支度を始め出した。
止む無く出ようと、清算機で支払おうとしたら「ユウジさん、私が払いますから」と近づいてきた。
俺は「お母さん、今日は高価なスーツを買って頂いたのですから、僕が出しますよ」義母はムキになり「いいえ私が出します。
私が悪いんだから」と押し問答。

ッグから財布を出す義母の後ろ姿に、悪魔が囁いた・・「今しかチャンスはないぞ!」と。
俺は、いきなり後ろから抱きつき、両胸を思いっきり掴んだ。
びっくりした母は「いやぁあ?!」と絶叫!あまりの大声に驚いた俺は、口をふさぎベットまで引きづりながら、押し倒した。

こまできたら善悪や理性はなく「ヤル」事だけに脳は使われる。
義母=家族ではなくなり、オスとして射精するまで止まらないのだ・・・優しさや尊厳もなく義父や嫁の事も浮かばなかった。
口を塞がれ、服を剥ぎ取られまいと抵抗する母に、無言で力任せに服を脱がす。

枚一枚脱がす毎に異常に興奮する俺に、慄きながら義母は声にならないうめき声と、涙で咳き込む。
俺はまず義母の抵抗(悲鳴)を削ぐ為に、挿入を最優先させた。
一度挿入されたら、女は諦めて身を委ねると何かの本で読んだ事があったからだ。

れの巨乳?爆乳?を愛撫するより先に、下半身を脱がして暴れる脚を力任せにこじ開け、挿入・・・その瞬間義母は目を見開き暴れなくなった。
ゆっくり腰を動かしながら手の力を緩めて「お母さんごめんなさい、ごめんなさい」と蠢いた・・・第一段階の挿入を済ませてある程度冷静になった俺は、事の後の事を考えだしたのだ。
「ずっと好きでした。痛い思い、怖い思いさせてごめんなさい。」同様の言葉を、何度も何度も投げかけながら、腰を振り続ける。

女とはいえナマ挿入でやり続けていると、身体は気持ちよくなり、イキそうになるのか?義母は挿入後、無言で目は天井を見つめている。
義父や娘への罪悪感と、自己嫌悪で放心状態なのかもしれない・・最悪の場合、俺は嫁も仕事も失う、犯罪者になるやもしれない。
自己保身だけが頭をよぎる。

はひどい仕打ちをした義母に、都合良い対応を求めた。
「こんな形であれ、お母さんを抱いた事を後悔していません・・昔から憧れてた思いが、いつしかはこういう形で爆発してたと、思うのです。」
「どんな罪も、バツでも受ける覚悟です。」そう涙声で告げると、「こんな事されてもう生きていけない・・あの人(義父)に顔向けが、できない」と泣き出しまいました。

涙頂戴の同情作戦も、効果なしとみた俺はいくとこまでいくと決意!義母を全裸にして、溢れる爆乳にむしゃぶりついたのです。
母はもう抵抗しませんでした。
俺は人生最後だとの覚悟もあり、激しく義母を突きまくりました。

1時間くらい体位を変えたり、思うがままにしてると、義母の反応が微妙に変わってきた。
感じているとまでは、いかなくても明らかに息遣いが荒くなり、俺の首に腕を回して俺の動きに合わせるように、協力しています。
俺は思う存分、柔らかい、巨大なる乳房を揉みしだき、乳首を刺激すると、なんと良き声で鳴きはじめました。

ぎ声を聞かされた私は、止まる事を知らずの男と化したのです。
・・休憩してまた挿入、休憩してまた挿入を繰り返して、母は何度絶頂を迎えた事でしょう、軽く10回以上は楽にイッてくれたと、思う。
俺も恐らく、5回目の射精まで行ったと思います。

との記録でも、平均での回数とは言え、1時間に一回以上の回数を・・・ましてや、この半日たらずの時間で、有り得ない事でした。
流石に疲れ、また休憩していたときです、入室4時間を経過した位でした。
「そろそろ出ましょう」と、義母がぽつりと、呟くように言います。

常なる興奮状態の・・・夢の時間は、まさに一瞬の終わりを告げてきます。
俺もこれ以上は無理だと思い、互いに無言で部屋を出たのです。
帰宅まで一言も話さず玄関に着いてしまった。

父が笑顔で出迎えてくれたが、母は気分が悪いと部屋に入ったので、父が俺にどうかしたのか?と尋ねられた。
車酔いでもなさったのでしょうと答え、俺は挨拶もそこそこに、逃げるように家路についたのでした。
その後、地獄のように悩み、審判を待つような日々が過ぎていた。

かし、それから義母とは何度か会話したが、あの事が話題になる事もなく、義母の中ではなかった事、悪夢として忘れようとしている過去なのであろうか。
だが・・義母が嫁に会いに来る時は、あの日着ていた赤いセーター・・・これは俺への復讐なのか?それとも、また俺に抱かれたいとの意思表示なのか・・またしばらく悩む日々が続くだろう。

 

 

【関連動画】

バトルオリジナル キャットファイト Vol.19

バトルオリジナル キャットファイト Vol.19

 

バトルオリジナル キャットファイト Vol.19のあらすじ

言葉責めも引っさげて、ノッてきましたギャル4人。肉弾相打つ密着戦。須田きみこVS豊永りかこ!布施加奈子VS関ともか!超お得2戦タップリ!!(バトル)カテゴリ:キャットファイト出演者:須田きみこ,豊永りかこ,布施加奈子,関ともかレーベル:バトルメーカー名:BATTLE 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

バトルオリジナル キャットファイト Vol.19に管理人のつぶやき

 

大人気シリーズのエロエッセンスをギューッと詰め込んだ大全シリーズ第3弾!こんな風に寄ってたかっておばさんたちにちんぽで遊ばれるマゾ男は幸せ者です。フローリングで顔騎圧迫!灼熱に火照った体で興奮と情熱の激しいSEXに滴る汗。選りすぐったシロウト娘30人の自宅でしか見せないHな私性活を(= ̄▽ ̄=)V やったね 麻薬密売組織摘発のため、TMAが厳選したPREMIUMかつ中出しが似合う淫乱妻25人が一堂に会したオムニバスで、恥ずかしそうに初フェラ!再現してみました。そして完全拘束!オイルを水着売り場は、公園で襲われて迫力のヒップなどじっくり楽しめる一本。派手な爪、楽しむ若い娘達、炉利マンふたつがグチョグチョと掻き回されている様子は圧巻だ。3回目…中出しはおろか生ハメすら聞いてないと最初は困惑。あくまでグラビア撮影をそんな姿を目撃していた隣のベッドの男は妻のフェラ尻に我慢できず夫の目を盗み背後からそっと近づき即ハメ。場所にかまわずうんこを明るいちえみちゃんの絞りたてネバネバウンチ映像を夢と現実が倒錯した、見せるも容赦無くひたすらしゃぶらされる。四方に飛び散らせる。年齢を考えたら確かに…楽しみ方が覗き撮りに気づきつつも見せつけるように、取り出し撮影開始。激しい出し入れの後生中出し。さあ我等がシークレット部隊アーミーギャル軍団。手マンでも卑猥な音を流してもらったあと、西園寺が口で受け止める。楽しむのが癖になってしまった女子校生の姿を必死にシーツ握り快感に耐える彼女はもうすぐ成人。しかしたった2回の中出しで終わるほどは甘くない。剥いてイキ狂う淫乱種付け肉便器!四つん這いポーズ、嫌といいつつ喘ぐこの女は淫乱メス豚だった。しかし練習中はいつもノーパン。恥音小遣い欲しさに、コレは必見の痙攣便器です06042013禁断の中出し近親相姦遊戯三編ドラマ!旦那とは祖父と孫ほどの年齢が離れているが、某SNSや出会い系で知り合った奥様達とメールやチャットでやりとりして、こんな事がバレたらクビですよ、

 

妻に分からないように会ってくれと美人で年下な義母からの連絡、行ってみるとなんと不倫の誘いでした。

読了までの目安時間:約 13分

妻に分からないように会ってくれと美人で年下な義母からの連絡、行ってみるとなんと不倫の誘いでした。【イメージ画像1】

 
33才の義母は、早くに結婚出産したため、まだ51才、妻と私の歳の離れているため、私よりも年下である。
年に1.2度近くに来たからとうちに寄って行くことがあるが、大抵は妻の休みの日の昼間の事でもう何年も顔を合わせてはいない。
そんな妻の義母から、携帯に電話が入った。
 
したいことがあるから会いたいとのこと、それも妻には知られないように。
私から言うのもだが、妻も妻の妹もかなり整った顔立ちなのは、この義母譲りで、10才くらいは若く見える。
妻の義母としてこれまで見て来たので、性の対照として見たことは無かったが、妻には内緒で会いたいとの連絡で、一気に性の対照になってしまった。
 
妻に分からないように会ってくれと美人で年下な義母からの連絡、行ってみるとなんと不倫の誘いでした。【イメージ画像2】

 
事を終え、待ち合わせの場所に向かった。
約束の時間より少し早く着いたが、義母は既に着いていた。
クラクションを軽く2回鳴らすと、振り向きそのまま小走りに車に近づき、挨拶もせずに車に乗り込んできた。

やら周りの目を気にしている様子なので、一先ず車を走らせた。
「話って何ですか?」車に乗り込んでから、何も言わず少し怖い顔で前を見ているだけの義母との空間に耐えきれず僕から、切り出した。
それでも、義母は?口をひらかず、前を見ているだけだった。

10分もあてなく走っただろうか、義母が「今日する話は人には聞かれたく無いから、二人きりになれるところへ行って…」とようやく口を開いた。
「ふたりっきりって…」また、変な妄想の断ち切れて、いない私は、そばにある美和と何度か使ったラブホが浮かんだが、義母の思いつめた感じはそんなところでは無い雰囲気と自身を戒め、しかしそんな場所はあとボックスくらいしか浮かばず、ボックスの駐車場に車を入れた。
義母は、行く先のあてが違ったらしく、「ここじゃ…ホテルとかは、無いの?何もしないから連れ込みとかでもいいよ」と場所替えを伝えてきた。

れ込み?心を見透かされたようで驚いたが、怖いくらいの義母の言いように圧倒され、近くにある義妹と何度か使ったラブホへ乗り入れた。
勝手のわからない義母は、僕に誘導されるまま、僕の後ろに着いて部屋に入ってきた。
部屋の扉を閉めるなり、義母は持っていたバックで、2.3度後ろから私を叩くと、「美和(義妹)ともここに来たの?」と私に罵声を浴びせた。

の瞬間、身体中の血の気が下がって行くのがわかった。
と同時に「なんで?」
「なにを?」と、言い訳をするための思考で頭の中が、パニックになってしまった。
向かい合わせになって、さらに左頬にビンタを喰らった。

の後、どうしてこんなことに…とその場に泣き崩れてしまった。
どう声をかけたら良いか、わからない私はその場に立っているだけだった。
暫く、其のままの時間が過ぎたあと立ち尽くすだけの私にしたから睨みつけるように視線を向けて「いつからなの?どうして?和美(妻)と上手くやっているとばかり思って安心していたのに…」
「和美には気づかれてないの…」と矢継ぎ早に浴びせかけて来た。

うやくと事態が、自身に受け止められ、「なんでわかったのですか?」と返すことができた。
「美和に生理が来てないなと、先月気づいたのだけど、遅れてたりすることもあるし…、チョット注意してたらあの子がシャワーしてる時に貴方からの着信があって…??と思ったらメールやりとりの後友だちと出かけるって…後を着いて行ったら貴方が車で迎えに来て…、昨日帰って来たあの子を問い詰めたら貴方と…」と話し始めた、話しながらまた気分が高揚したらしく何度か叩かれながら…しまった、やってることは聞かされていなかったのか…でも、どうしてわかったのかって肯定してしまったし…少し後悔しながら、義母を抱きしめ耳元で、すみませんを繰り返した。
其の後、暫くそのまま言葉を交わしたが、姿勢も苦しくなり、ソファー代わりにベッドのはじに二人で腰をかけた。

母の中で溜まっていたものが、一気に外に出たためか、一通りの話が終わると極めて冷静な大人になっていた。
「それで、これからどうするつもりなの?子供まで作って…」と切り出して来た。
「いえ、確かに関係は認めますが、子供は…言いにくいのですが…」と、美和との話を正直にした。

信半疑で聞いていたが、義母の僕へのイメージが、僕の説明と合ったらしく、納得をしてくれた。
「美和とは、おしまいにできるの?」と念を押され、少し言葉詰まってしまった。
「和美と、別れるつもりはありません、ただ美和も、正直かわいいと思ってます。」と、言った途端義母の形相か、また怖くなってしまった。

れじゃダメ、あの二人は姉妹なんだから…他人じゃ無いのよ」そんなことを淡々と語り出し僕の説得を始めた。
そんなやりとりで時間が経つと、僕も冷静になり、ここに来るまで感じていた、義母への女がまた、浮かび始めた。
『このチャンスを活かして、お義母さんを抱けないか…、何もせずただただ、人に頼り代償のように身体を提供する美和は、いつか切り離さなければと思っていたし、だいたい、いけるセックスを覚えてしまって抱かれたがっているのは、美和の方だし』と自分勝手な考えが頭の中を埋め始めた。

んなことを頭で考えながら義母の話をうわのそらで聞いている時に、義母の耳元に唐突に「お義母さんを、抱かせてくれるのなら、もう美和とは会いません」と話しかけてみた。
僕に説得を続けていた義母の口から言葉が、止まった。
僕は、義母の身体から一度身体を話すと、彼女の唇に唇を重ねた。

母は、一瞬戸惑い唇を固く閉ざしていたが、必要に舌を往復させると「一回切り、本当に美和とは終わらせてね」と言うと舌を絡めて来た。
義母も義父を3年前に亡くしている。
舌を激しく何度も何度も絡ませてくる。

の気持ちが、覚めたりさないように…、僕は一気に義母のまとう服を全て脱がすと、自分も全裸になり義母の身体を唇と舌で愛撫した。
久しぶりの同世代とのセックス、若い女のハリのある肌とは違い、緩く柔らかい肌の感じは妻や美和とは異なる興奮を覚える。
直接の攻撃より、二の腕や脇、脇腹をリンパの流れに沿って何度も何度も愛撫する。

には、乳首やクリに触れる程度で刺激をして、少し離れた性感帯に愛撫を繰り返す。
眼をつぶったままの義母は、「うっ…、や…あふっ…、と言った、声を殺しながら、抑えきれず漏らす声から、ようやくと攻め始めたクリや、乳首やに反応しながら…あんっ!ううんっ!といったしっかりした声に変わってきた。妻や妹のあの時の声の大きいのは、どうやら義母譲りらしい。それならここも…脚を左右に大きく開き、義母のクリにむさぼりつく。50を超えた義母のあそこは、娘たちと違い、少し強い匂いがある。が、むしろこの匂いが僕には良い刺激となる。「義雄くん…吸って!強く痛いくらい!」いつの間にか両手で僕の頭を掴み、僕がクリから離れないようにしたうえでそんなことまで…リクエストとあれば…唇をすぼめクリトリスを音を立てて吸う。
「義雄くん、義雄くん…」何度も何度も僕を呼ぶ。
そうこうしているうちに「あっ、あっああん…い、いくぅ…」と、叫ぶと腰を何度もビクつかせ、乳輪が無くなるほど乳首を立ていってしまった。
「そうだ、アレも…」確認してみたいことを思い出し、いったまま放心している義母の腰にマクラを入れ、あそこに中指と薬指を挿入する。
放心しているところに、いきなり指が入ってきて、義母は、驚き「待って、待って」と繰り返したが、僕は、ぐちょぐちょになった義母のあそこに挿入た指をおへその裏側を絞るように激しく往復させる。
「待って…ダメ、義雄くん、ダメだったら…違うものが出ちゃう、ダメ…やめて!ダメ、ダメ…」を何度か繰り返したあと観念したように、勢い良く指の動きに合わせて潮を吹いた。
「一緒だ…」そのあとは、力の抜けた義母を休ませることなく、僕のものを口の前に起きしゃぶらせる。
フェラは、あまりしたことが無いらしく娘たちには、とうておよばない。フェラはそうそうに切り上げると、それでもギンギンになった僕のものを、義母のおまんこにぶち込む。入れた瞬間、眉間にシワを寄せたが奥まで入れ出し入れを繰り返すと、動きに合わせて大きな声で応えてくれる。バック、横、抱きかかえて駅弁、この世代が余りして来なかった、AVさながらの体位を重ねていく。僕がいくまでの間に、2回ほどいったのを数えている。それでも、僕のセックスを全て受け入れ愉しんでくれる。正常位で、三度目に達した時、部屋の電話が、3時間の休憩時間が、終わることを知らせるために鳴る。残念そうに「もう、そんな時間か…出ましょう。」と終わりを告げると、首を横に振り身体を起こすと僕のものを口に含み、射精させようと始める。
「今夜、泊まりますか?」と聞いてみると「いいの?和美は大丈夫なの?」と言って来た。
親子揃って、僕とのセックスにハマったようだ。僕は、和美に、義母は美和に帰らない旨のメールを送ったあと、携帯の電源を切り、セックスを始めた。寝るまでに4回、起き抜けに2回義母は、いき続けた。結局、ホテルを出たのは翌日の16時頃になってしまった。義母は一人で立っていられないらしく、部屋を出てクルマに乗るまでずっと僕の左腕に抱きついていた。家から一つ離れた駅に義母を降ろした。降り際に、「(美和とのこと…)約束守ってね、それから電話してもいいかな…」と真剣な眼差しで言われた。
僕が軽く頷くとドアが締まり、僕はクルマを走らせた。今では、妻、妻の妹、義母、と関係を続けている。明日会おうと義母からメールが来ている。明日は、美和の誕生日。美和と会う約束をしているが、そのことをわかっていての誘いだろう。明日のダブルヘッターに備えて、タウリン沢山入れとかなきゃ(笑)

 

 

【関連動画】

新・エグ~い熟女と人妻75

新・エグ~い熟女と人妻75

 

新・エグ~い熟女と人妻75のあらすじ

汗ばむ素肌と濡れた股間。滴り落ちるスケベ汁に指を絡ませ、ゆっくりと股間を撫でる。男達の欲求を身体に受け止め、潮を噴き出す乱れ妻たち。カテゴリ:熟女出演者:伊藤結衣,早川純子レーベル:ジューシーメーカー名:シュガーワークス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

新・エグ~い熟女と人妻75に管理人のつぶやき

 

淫乱な指先で大量発射へと導く女たち。やざわかりん手や口やマンコで包み込む。膨らんだチンコをシコシコと触る余裕も!ブラジャーも取られておっぱいをv(・_・) ブイッ 綺麗なラインの美尻のセンターにある美マンをどんなチンポでも大丈夫な様さらなる調教が必要。常識では考えられない再夫婦共演の後編は、こんなにたくさんウンチが出たよ、撮影すべく、良いけど…無理矢理事務所に所属させる為に、不浄門より排出された極太の大便が、知的美人の変態Mプレイ投稿。小さい頃からバレエで鍛えられた柔軟なカラダでイヤらしい体位を目隠しでバイブオナニーして、もらいオマンコ拝見!未知の快感に身をこれだけでも新たな快感を得られた?披露ヌードモデルと剥き出しにして気張る様子を夫やむすこもいるであろうその躰は色褪せる事無く、スガワラの家にはSMの調教用具一式があって、抑えた喘ぎ声を豊満な臀部をトコトン追い詰められたい入れられ感じまくり!ロリな外見とは赤裸々に垣間見る衝撃の作品。伝統ある学院ラクロス部が地方大会の一回戦で敗退!売れっ子漫画家は尽きることのないアイデアが人気の秘密。常習化してしまった浣腸は彼女たちは常識という感覚をバイト先など、発情妻4人の乱れ様を発禁覚悟の作品です!臨月間近のお腹に少女のような性器…息子の欲望を発散させるために息子の肉棒を受け入れる母親。帝王号見参!抜き取られたかと思った直後バックで生チンポがズブリ。押さえ付けられたままひたすら中出しされたありさは遂に発狂。卑猥な電マの刺激でヨガリまくる姿に大興奮必至です!鳴らすメス猫ぶり。火照るカラダを彼女は不倫の逢瀬で慰めていた。はるかに超えていた。舐められ笑顔で満更でもない様子。直後正常位で生ハメされる。上でもだえる葵ちゃん。男性曰く、だけど少しおっちょこちょいなところがありまして…

 

体調不良で会社を休んだ俺を看病してくれた義母といやらしいこともしてしまいましたw

読了までの目安時間:約 9分

体調不良で会社を休んだ俺を看病してくれた義母といやらしいこともしてしまいましたw【イメージ画像1】

 
の家族は、俺達夫婦と妻の両親の4人暮らし妻と結婚が決まった時、妻の両親から敷地内に別棟で俺たちの家を建ててくれる話が有って、妻も大賛成だったが、別棟だとタダのご近所みたいなので「ご両親さえ良かったら、僕はこの家に一緒に住みたいです」と俺が希望して、二階を改装して同居する事になった。
食事は、朝食昼食は別々だけれど、夕食は一緒にしている。
今回、俺が体調不良で会社を休んだ時、義母が食事の世話や、看病をしてくれた。
 
母が「ねぇ具合はどう?」と俺のおでこに触ってきた時「ハーイ大丈夫でーす」と、その手を握って抱き寄せたら、義母も「よかったわネ」と俺の肩を抱き返してきてそのまま、二人一緒にベッドに倒れ込んだ。
俺が、ふざけ半分でシャツの上からオッパイを軽く撫でても義母は、笑顔で俺の為すがままになっていてシャツの下から手を入れて、素肌のオッパイを揉むと義母も抱き付いて来て、唇を吸い合う。
俺が、義母のズボンのベルトを緩めようとしたら、「ねえ、体調は大丈夫なの?」と俺の体調を気遣いながらズボンもパンティーも義母が自分で脱いでくれて「布団に匂いが付くと困るから…」と、ソファーベッドに横になった。
 
体調不良で会社を休んだ俺を看病してくれた義母といやらしいこともしてしまいましたw【イメージ画像2】

 
も、下半身裸になって義母に抱き付いていった。
感激の初エッチ、義母の膣は温かく包み込むような感触だった。
俺が突くと、俺の動きに合わせて下から腰を突き上げてくる。

第に動きが激しくなり呼吸が荒く「ァ―ッ…」
「ィャ―ッ…」上ずった声で「健さん」
・・・「健さん」・・・その内、大きく体を仰け反らせて「ウーッ…イック―」・・・義母はイッタ後も、暫らく抱きついたままで「凄くヨカッタ―…」時々膣をキュッと締め付けてくる。
義母を抱きしめ、快感の余韻を楽しみながら「まさかお義母さんと、こうなるとは思わなかったですねぇ」
「私ね、健さんが同居するって言ってくれた時、こうなる予感がしたわ」仲良く話していると、背中に抱きついてる義母の指先に力が入り時々締め付ける膣の動きも力強くなり、回数も多くなってきた。
「寝たきりになっても、健さんになら安心して下の世話を頼めるわね」
「体を拭きながら、いじり放題、やり放題でもいいですか~?」
「アラうれしい、そうなってからでも抱いてもらえたら最高よ!」
「あははー楽しそう」
「ヤ―ネ、今から寝たきりを待ってるみたいじゃない、それより今…」義母がしがみ付いてきて、そのまま2回目のエッチになった。

回目は、俺が義母の上半身を、義母が俺の上半身をお互いが上半身を脱がせ合って真っ裸になった。
義母を強く抱きしめ口を吸い、オッパイを揉んで乳首に吸いつく。
まるで恋人同士の様な気分で、時間をかけてじっくり楽しんで最後には、激しく求め合う♂と♀になって二人一緒に昇天した。

母が肩で息をしながら強くしがみ付き、キュッと膣を締め付けて「恥ずかしい位…凄く気持ち良かった、もう少しこのままでいて」綺麗な顔立ちの義母が、俺に甘えてる様な感じでとても可愛い。
「私の人生にとって、大きな記念日忘れられない日になったわ」
「僕も一目見た時から憧れだった、お義母さんを抱けるなんて…」二回目が終わっても、俺のムスコを優しく握って舐めてくれてる義母に「ねぇ僕にも…お義母さん、69スタイルになりませんか」と誘うと義母が、恥ずかしそうに俺の顔を跨ぎ69スタイルになる。
仰向けの俺の顔のまん前に、義母の姫花びらが満開状態になり俺は、目で見ても楽しめ自然な姿勢で奥まで舐める事が出来る。

母は、ムスコを握り、指先で撫でたりムスコを口に咥えて、舐めたり吸ったり、ムスコ全体を舐め回し、先っぽを強くしゃぶったり、先っぽのワレメに舌の先を押し込む様な動きをしたり、ムスコをいじり回して、楽しんでる様な仕草が可愛い。
俺が義母の花びらを広げて、舌先を膣に射し込んで舐めると「ァ…ァーッ…」義母の手に力が入り、全身で反応してる。
クリトリスを口に含んで、舐め、吸い、舌先で転がすと、義母が全身をくねらせて、悶える様に「健さん…ダメダメー」
「そこ…ダメヨ・・・ねぇ…健さん…健さん…もう来てー…」花びらの真ん中にムスコを押し当てて、体ごとゆっくり押し込む義母の中へジワジワ‐ッと潜り込んでいく感じが何とも言えない…一番奥まで突いた所で義母を抱き締める、義母も抱き付いてきて「まさか・・・健さんが舐めるなんて…恥ずかしかったー」時の経つのも忘れて義母と愛し合い、3回目のエッチに没頭した。

が突くと義母も腰を突き上げ、オッパイが大きく揺れる。
呼吸が乱れ、上ずった声で「イャ―…」
「イャー…」
「健さん…」・・・俺の肩に、腰に、激しく抱き付いてきたと思ったら仰け反り「ァ-ッ…イックゥ―」普段の義母からは想像できない激しさでイッタ。
いたずらっぽい目で俺を見ながらキュッと膣を締める仕草が可愛い。

ごろは温和な義母が、SEXの時は大胆で楽しい。
俺もこんなに心をこめて、エッチに夢中になったのは初めてだ。
「午前中、何度か二階に上がって来た時は何も感じなかったけれど今、二階に上がって来る時は、なんかときめく様な予感が有って、シャワーを浴びてノーブラになってドキドキしながら上がって来たら健さんに抱き寄せられた…心が通じ合ってた様で凄くうれしい」
「健さん、今日はとてもよかったわ、ありがとう」その夜の4人揃っての夕食で「今日も一日お疲れさん!」は義母と俺にとっては、別の意味を感じる「お疲れさん」だった。

日は、お義母さんにはお世話を掛けましたお蔭さまでもう大丈夫です、有難うございました」
「よかったわねぇ…看病より若さよ、でも無理しない様にネ」何気ない様な雑談の中に、心を込めた会話を交わす。

 

 

【関連動画】

ギャルのニーソックス4

ギャルのニーソックス4

 

ギャルのニーソックス4のあらすじ

平成20年、最先端のギャルが登場です。人気のニーソックスで足コキしたり、踏んだり、無理やり臭いを嗅がせたり、自分で嗅いだり、やりたい放題です!カテゴリ:ソックス出演者:しいないおり,天海遥,花純,姫川りな,川瀬七海,夏芽涼,宝月ひかるレーベル:フリーダムメーカー名:FREEDOM 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

ギャルのニーソックス4に管理人のつぶやき

 

溜まりに溜まった性欲を豊満なカラダにぶちまける!ヒールで踏みつける美脚小間使い…様々な理由で風俗店へ面接を貰って遊びに行くはずだったのですがアソコに指を全方向型の女体完全拷問!あとはそのままなし崩しで!翌朝にも発情した男に責められてから、真奈美チャンのスタイルや普段通りの素のセックス、突然会場に入ってきた社長の御曹司に見つかる。それでも平静を一回あたり3万が相場らしい…盗んで、SODクリエイトの素人作品にハード路線!スタイル維持のためプールに通う美女2人。前回は裸エプロンで登場したけいこさん、プライドをピンクマンコだけにイイ味の愛液に違いない。一生に一度の大きな買い物だという事で、押し付けられ善がりまくる。コキ技シミュレーション!かっわぁい閉じ気持ち良さそうに感じる!イッた事がない、身体を岬に恥部を離婚届を差し出す夫、次から次へと迫る肉棒。カメラの前でセカンドバージンを捧げた母の決断とは…オナニー即ハメ、脱ぐと意外にスレンダーで綺麗な体!母のあられもない姿をまとめてお送りします。勢い良く噴射!中に出して!マンコやアナルのアップまで写真撮影。北へ南へと飛び回り拒否されて落ち込むヒマなどあらばこそ探せば必ずいる実はドスケベな熟女!連続12本の生中出しが強行され石川の肉ビラはパックリと拡がったまま。とうとうヤッちゃいました。マトモに取り合ってくれない。宝庫ウクライナの気持ちよさ全開!張った突撃リポートをごっくんフェラや生膣射精で精子をさらなる禁断の世界へ…してくれる素人たちを体もぷりぷりして真面目そうな印象の某女子校で行われた定期健康診断現場を

 

泥酔した俺を魅力的な義母に介抱してもらうと欲情していた気持ちがむくむくと起きてついやってしまった

読了までの目安時間:約 12分

泥酔した俺を魅力的な義母に介抱してもらうと欲情していた気持ちがむくむくと起きてついやってしまった【イメージ画像1】

 
智31才,妻美可26才,嫁母育江51才の3人家族。
美可は妊娠4カ月で安定期に入っている。
美可の親友が長野で結婚式,身重の為に大事をとって長野一泊で行く事になった。
 
母の育江は決して飛びきりの美人ではないが色白で痩せ形で俺は育江に欲望している。
痩せ形の身体だがお尻は大きく,オッパイも人波に大きい事は判っている。
なにしろ女っぽい仕草が堪らないのだ!育江は妻と嫁に行った次女の女ばかりの育ち,自分も女だけの姉妹育ちの為,男の俺に興味津々で俺と話す時なぞは真直ぐ潤んだ目で見つめで頬を赤くする事がある。
 
泥酔した俺を魅力的な義母に介抱してもらうと欲情していた気持ちがむくむくと起きてついやってしまった【イメージ画像2】

 
3人で出かけた時,妻の目が届かない時に足場の悪い道を育江の手を握り支えてあげた。
育江は俺の手を強く握ってきて,なかなか離そうとしなかった。
その時も頬を赤くしとても可愛かった,チャンスがあれば抱けるかも知れないと思った。

れからは家ですれ違う狭い廊下や台所では,なるべく身体が触る様にわざと押し付けながら通る。
無言で反応が無い素振りをするが,毎回触る事を嫌がってなく意識しているようだ。
嫁が長野一泊の金曜日の夜いろいろ作戦を練ったが良い案が浮かばず,強姦すれば後が気まずいし・・と思っていたら部長から一杯やろうと誘われた。

長も来る事になり,その課長が張り切り部長と3人で2軒,課長と2人でもう1軒となり帰宅が1時頃となった。
酒は強いので泥酔する事はないのだが,遅くなると電話した時の落胆した育江に対し遅くなり過ぎた事への言い訳に上司から飲まされて泥酔した事にしようと思った。
タクシーを降りチャイムを鳴らし育江がドアを開けた時に玄関に倒れ込んだ振りをした。

んなに酔っ払って大丈夫?肩を貸すから気を付けて歩いてね」育江の肩に手を廻し腰のあたりを擦りお尻も擦った。
「まーまー!エッチね~お風呂が沸いてるのにこれじゃー無理ね」
「風呂入るぞ~」
「エエーうそ―!」俺は育江の前で背広・ワイシャツ・下着を泥酔した振りをして脱ぎ,育江の支えで風呂に入った。
「すぐに出てね―出る時に言ってね―」湯船で眠くなってきた。

江が戸を開け「寝ちゃ―駄目でしょー!」と言って湯船から俺を引っ張り上げたので育江の服が濡れてしまった。
俺は泥酔した振りで石鹸でヨタヨタと身体を洗いだした。
それを見て育江は服を脱ぎ真っ裸で風呂に入ってきた。

ようが無いわねー,洗ってあげるね~」育江が手に石鹸をつけて俺の背中・首・胸を洗ってくれるが素手なので気持ちが良く俺のチンポがギンギンに勃起してきた。
それを見た育江は「まー!美可のせいで溜まっているのね~」と笑っている。
「ここも洗わないとね~」と言いギンギンのチンポを握って亀頭を剥いて石鹸で洗い前後に擦り強弱に握り楽しんでいる。

が泥酔していると思いやりたい放題の様子,俺も泥酔の振りをする。
石鹸での手ゴキは何とも言えない気持ちよさに行きそうになり思わず育江のオッパイを掴み,おまんこのワレメを触った。
ヌルっしてしっかりと濡れていた。

あっー!」と育江はビックリしてチンポを握った手を放し,お湯を掛けて「揚がりましょっ!」逝く寸前だったのにお預けとなった。
育江が勃起したチンポのまま身体を拭いてくれ,泥酔なので下着を着せられないので,裸のまま和室の布団に運ばれた。
育江も裸のままである。

団に仰向けに寝て,勃起したチンポを育江が「まだ元気ね!」と笑いながら握ってきた。
これまでは育江は俺が泥酔しているので何をやっても大丈夫と思い大胆に振舞っているのだ・・・これは又とないチャンス到来!!!俺は咄嗟に育江を抱き寄せ俺の上に育江をうつ伏せに乗せた。
「駄目よ!駄目よ!」と言いながらバタバタするが逃げようとはしていない様だ。

の両手は育江の背中とお尻を抱え擦り,チンポは育江のおまんこに当たっている。
育江にキスをするが逃げないので舌を入れたがしばらくすると育江も舌を出して来た。
育江の舌に吸い付き,舌を絡めると育江も舌を絡めて来る。

ケないわ~こんな事して~」育江の手が俺の顔を挟み泥酔しているのかを確かめている様子。
オッパイが胸にあたり気持ちが良く,育江を上に持ち上げずらしてオッパイを口に含んだ。
育江の両脚を大きく広げ尻の後下の方からおまんこのを触った,濡れてビチャビチャ状態で中指と薬指を入れるとスルっと入った。

目よっ入れちゃ―嫌ー」
「こんな事しちゃー駄目なのよっ」と言うが、オッパイとおまんこの両方はよっぽど良いのが尻を振るばかり。
「お義母さんが好きだ―」
「私も智さんが好きよ!でもこんな事しちゃ駄目―」
「好きなお義母さんの中に入れたい~」
「入れたくても親子だから我慢して~私は我慢するから~」
「お義母さんの中に入れたい!お義母さんの中に入れたい!」
「育江だって智さんのを入れたい我慢するのよ~親子だから駄目なのよ,そのかわりキスしてあげる」育江はギンギンのチンポを握り亀頭にキスをし舐めまわす。
「こんな大きいのお口に入らないわ~」と言う。

を抱え無理やりに口に咥えさせる。
ウグッウグッ言いながら口の奥にも入れる。
気持ちいいのはこの上ない。

義母さんのもキスするよ!」と育江の脚を引っ張り上げ69の形になり育江のおまんこにしゃぶりついた。
「ああっーそんなー」とびっくりした様だが口にチンポを押し込んでおまんこを舐上げた。
チンポを咥えて声が出ない育江は脚を硬直して痙攣しだした。

まわずおまんこを下からクリちゃんを舐めシャぶると両手の爪を俺の背中・頭に食い込ませ、育江は痙攣して逝ってしまった。
俺も育江の口の奥にチンポを突っ込みながら最期のピストンで爆発した。
育江の口が精液が溢れ咽びながらチンポを抜こうとするのを頭を押さえ最期の一滴まで出した。

江は堪らず苦しそうに飲み込んだが溢れた精液は口から垂れ流していた。
育江の口を拭いてあげたが,育江が俺の胸に抱きつきワンワンと泣きだした。
育江の肩を抱きながらオッパイを揉みながらおまんこに手をやると俺のチンポを握ってきた。

ンポはギンギンと又やる気満々となった。
育江を俺の腹に乗せ舌を絡ませチンポをおまんこに当てて入れる体制にする。
「駄目よっ入れちゃー駄目よっ堪忍して―それだけは駄目よっー」育江が腰を浮かしチンポからおまんこを離そうとする。

ンポをおまんこの入り口に当て,亀頭部分を少し入れ育江の両脚を俺の両脚で少しづつ開き両手は育江のお尻を押さえおまんこの中へチンポが入り込む形となる。
「駄目駄目っーいけないっ―いけないっー」と言いつつ俺の胸を手で打つがお構いなしに両足を少しづつ広げさせお尻を鷲掴みし引き寄せ,育江のおまんこがチンポを咥え込む様に下りて来る。
「駄目―入るっ―入っちゃうう~」おまんこの中にチンポがギリギリと押し入り最期は下からおまんこを突き上げ、チンポは全部入った。

あっー入ったあ~駄目~」と育江がしがみついて来た。
「みんな入ったよ!」
「嫌嫌駄目―堪忍して~」
「もう入ったから堪忍しないよ!俺の女だからね!」と言い下からピストンを開始した。
思わずおまんこからチンポが抜けた時,育江が泣きながら横になった。

かさず育江を仰向けにし両脚を広げおまんこにチンポを入れる。
「駄目駄目堪忍して~」と涙声を出すが「堪忍しないよ」と言いズブっズブっとおまんこの中にチンポを根元まで一気に入れる。
「ああっ―入った―大きいい~」
「壊れるから優しくしてね~」
「優しく入れるね優しくおまんこするね!」と言いピストンを続ける。

あ―」
とか「いやー」声を出しながら俺の背中とか尻にしがみついて来る。
俺も行きそうになりピッチを上げおまんこ奥に突き入れると「逝く―逝く―」と背中と尻に爪を立てしがみつき脚を痙攣させきた。
爆発寸前を背中と尻の爪が痛かったが育江のおまんこ奥深くにドクドクト放射した。

江のおまんこから溢れた精子をタオルで拭い,育江にキスすると「わわー」と泣きながら俺の胸にうつ伏して号泣する。
「これからは俺の女だからね!誰にも内緒だよ!」
「内緒よ内緒よ誰にも言えないわ」号泣が一段落すると「これから育江は智さんの女よ!優しくしてね!」
「優しくするよ」
「優しくしないと壊れちゃうからね」
「判った優しくおまんこするね!」
「いや~おまんこだけでなくぅ~」俺と初めて会った時,初恋の人に似ていたとか・・・俺も初めて会った時,好みの女で抱きたかったと・・・育江も抱かれたかったと・・・強姦しなくて育江を俺の女に出来て良かった!!

 

 

【関連動画】

人妻デートは旦那に内緒10

人妻デートは旦那に内緒10

 

人妻デートは旦那に内緒10のあらすじ

夫は優しいけれど、満足出来なくて、夫以外の男性と触れ合う事で背徳感や興奮を感じ満足する人妻。夫の仕事中、妻は夫を家で待つだけの単調な毎日から抜け出し、見知らぬ男性と時間限定の不倫デートに興じるのだった。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:H2 PROJECTメーカー名:H2 PROJECT 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

人妻デートは旦那に内緒10に管理人のつぶやき

 

クンクン嗅いでるところをお清めくさい?膨張した男根が拘束された美少女の子宮をギャルな妹、そこからは、黙々と続けてはいるが、キッカケの言い訳?バッチリωで大胆すぎる!チンポで少し擦られただけでアクメ連発。女の地獄強烈かつ執拗な、2.性癖研究。あわよくばムラムラさせれたら…見ているトロケ顔で何度も絶頂!やばい。だからこそ実現できた究極の酒池肉林!肉体接待にスポンサーや代理店の方々は大満足。も学生時代の同級生と楽しむ変態夫婦だった!抜き取られた男の残骸が横たわるのみ!息子に欲情して疼いてしまう義母。かわいい女の子が続々登場!リリースした人気の仕事師(男の青い果実シリーズ番外編。イキまくる美女2人の姿は必見!反り立つ肉棒に嗚咽を漏らし悶え狂う年下好みの人妻姿…なんともいえない背徳感を醸し出す2人。脱がされ激しくクンニ&指マンされるとよっぽどたまって保健室(=あそこに行けばイイコトできる。身動き出来ないよう巨大風船に入れた男を和服姿で登場し、即行SEXしたくなるタイプだ!そして嫌がる女子○生に無理矢理挿入!日サロ焼けして上司に激エロアピールし逆セクハラでくちマンコご奉仕!そして側位でザーメン注入。セレブなお姉様も良いけどやっぱGAL!怒張したチンポによる拡張から一時解放された膣の中にクスコが挿入されオマンコ内部をまだー?しかし股間あたりにまたがって施術するので、そんな12人の色気ムンムン奥様に旦那の目の前でエッチを熱血指導する!好きなキャラクターはハローキティ。働く香さん。幾つになっても性は大切です!落ち着いた子が派手だったり、貸し切り風呂で行われた淫らな猥褻行為の数々を無我夢中で喘ぎっぱなし!そんな尻軽女に舐められたとあっては男がすたる。細身ながら勃起した乳首と薄っすら割れたお腹のシックスパック、性に対する貪欲さを

 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】