告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

母は淫らな女でした…そして母に纏わる人間すべてが愛欲に狂い罪と罰と赦しのいやらしい輪廻の中でヨダレを垂らして絶頂を求めて踊るのです…私でさえも。5(その10)

読了までの目安時間:約 14分

はベッドに寝ている母の元にお湯を這った洗面器とタオルを持って行きました。
 
「幸子、具合はどうだい?」
「ええ、もうだいぶいいわ」母は起き上がると可愛らしく微笑みましたが、此処の所何日間か寝込んでいた為に少しやつれて見えます。
 
「体を拭いてやろう」初秋の日差しはまだ強く汗ばむほどでした。
 
「ええー?もういいわよ。お風呂に入るから」もう74歳になろうとしている母は何時までも娘のような恥じらいを見せるのでした。

 

母は淫らな女でした…そして母に纏わる人間すべてが愛欲に狂い罪と罰と赦しのいやらしい輪廻の中でヨダレを垂らして絶頂を求めて踊るのです…私でさえも。5(その10)【イメージ画像1】

 
 
 
実際に気心ばかりでなく若作りの母は年を取る毎にぽっちゃりとして来て皺もほとんど無く、60歳台の頃とちっとも変わっていませんでした。
 
ただそんな母も歳相応に、色々と体を壊したりして入院などもしたことも有り、ここ数年はやつれて体も一回り小さくなったようで、一時の元気もありませんでした。
 
今年の夏も体調を崩して二週間ほど寝ており、ようやく熱も下がり顔色も少し良くなってきたのでした。
 
「ばかだなーまだお風呂なんかに入れるわけないだろ、体を拭いてやるからパジャマを着替えなさい」私はタオルを絞るとパジャマを脱いで上半身裸になった母の体を拭くのでした。
 
豊満だった母の乳房はさすがに少し垂れ気味ですがまだ十分な色気が漂います。

 

下腹にも十分に肉が付きましたがウエストの括れはそのままでした。
 
新しいパジャマの上を着させてから、下も脱がせました。
 
「自分でするからいいわよ・・・」と母が恥ずかしそうに言いますが「俺に任せとけ」と無理やりパンティーも剥ぎ取り、タオルで拭きます。
 
はじめは恥ずかしがって、弱く抵抗しておりましたが、おなかを拭き、足を拭きしているうちに母は目を閉じてされるがままになっています。
 
体をうつ伏せにさせてお尻を拭くときに、母は自分からお尻を少し持ち上げ股を開いて股間を晒しました。

 

母は淫らな女でした…そして母に纏わる人間すべてが愛欲に狂い罪と罰と赦しのいやらしい輪廻の中でヨダレを垂らして絶頂を求めて踊るのです…私でさえも。5(その10)【イメージ画像2】

 
 
 
尻タブを広げてアヌスを拭いてやると「あん・・」と可愛らしい声を上げます。
 
仰向けにして股を開かせて女唇を丹念に拭き上げると母は微かに身をよじり久しぶりに瞳が潤んできて切なげに私を見つめます。
 
さすがに病み上がりでセックスをするわけには行かないと思い母にキスをして体を拭くのを終わらせました。
 
「ねえ、あなた・・・ねえ・・抜いて貰えないかしら?・・・」と母が言いにくそうに私に言いました。
 
「え?何を?」わけが判らなくて聞き返すと「だから・・綺麗にして欲しいのよ・・・」
「だから、何をさ?」
「ううん・・もう、オマンチョの毛よ・・」母はあの縋るような可愛らしい瞳で恥ずかしげに言いました。

 

びてきて気持ちが悪いのよ・・いいでしょう・・」と母が言う割には、母の陰毛は長年に渡って脱毛しているせいか歳のせいかは分かりませんがほとんど有りません。
 
私が毛抜きで三十分も抜くと綺麗な童女の様な丘が出来上がりました。
 
しかしその下のぱっくりと割れた女唇から顔を覗かせるラビアには長年に渡り使い込んで来た為に相応の色素が沈殿しいやらしくうごめいているのでした。
 
「これで何時死んでもお父さんに喜んでもらえるわ・・・」母にはこの時予感があったのでしょうか?とても清々しそうに微笑みました。
 
私にはそんな母が可笑しくてカマってやりたくなるのでした。

 

しかしこの後、一ヶ月も経たずして母が旅立とうとは其の時の私には思いもよらない事なのでした。
 
「親父だけじゃあないだろ?こんなツルマンを見たら佐藤だって喜ぶんじゃあないのか?」と私が茶化すと母は可笑しそうに笑い出し「ばかねーいくらあたしが淫乱でも、死んだら今度こそお父さんだけの物に成るわよ。
それに・・うふ・・佐藤さんは絶対地獄に落ちてるわよ・・・お父さんの居る天国に居るわけないじゃないふふふ・・『因果応報』よ・・あの人勝手な事ばかりして女を一杯泣かせてきたから罰が当たったでしょ?・・・だから最後は鳥取なんかで一人で死んじゃったじゃあない・・・」母が言う通り佐藤は私と母が近親相姦になる三年ほど前に亡くなっておりました。
 
私が佐藤のその後の事を知らないのは当たり前としても母でさえもあまり良く知らないらしいのはやはり母の言う『因果応報』の為なのか、佐藤の晩年は惨めなものだったらしいのです。
 
人伝えに聞いたところでは、佐藤の会社は佐藤の放漫経営がたたって不況の波に飲まれて『あっ』と言う間に倒産したそうです。

 

その上、佐藤と言う男は稼ぎをほとんど女や遊びに使ってしまっていて財産と呼べるものを一切持っていなかったらしいのです。
 
私が後で聞いて驚いたのは、私の実家の近所にある佐藤の広く瀟洒な住まいが、実は佐藤の持ち物では無くて貸家だったそうなのです。
 
しかし会社を倒産させても佐藤の放蕩はやむことは無くあきれた妻には離婚され、その母を引き取った一人息子(佐藤と性格が合わなかったらしくて佐藤の後を継ぐことを拒んで地道なサラリーマン生活を送っていました)には離縁されて息子の家を放り出されたそうです。
 
佐藤の沢山いた『妾』も皆、佐藤に泣かされていた為に誰も面倒を見ようなどとは思わなっかったのでしょう、最後は鳥取の方で、一人で寂しく死んだそうです。
 
佐藤の女の中で結果的に唯一泣かされなかった母でさえ、佐藤の悲惨な晩年のことは当たり前だと思っているのですから、佐藤の『業(ごう)』の深さに少し哀れみさえ覚えます。

 

しかし佐藤は没落した後で何故母の前に現れなかったのでしょうか?気の好い母のことですから佐藤が頼って来れば面倒を見てあげたでしょうに・・・佐藤は何を思ったか母があと少しで行く寸前に愛撫を止めるのでした。
 
母を畳に転がすと仏壇の前に行ってすでに灯りきってしまった線香を新しく点け替えて線香立てに立てました。
 
そうして神妙そうに父の遺影に祈ると、鈴(りん)を打つ打ち棒を手に取りました。
 
しかし佐藤はその棒で鈴(りん)を打たずに、肩で息をしながら畳に横になり佐藤を見つめる母の元に戻るといきなり母の片足を持ち上げ、その打ち棒の持ち手の部分を母のアヌスにねじ込めるのでした。
 
「さあ幸子、義男を拝んでやれ、そして鈴を打ってやれ」と真面目腐って言うのでした。

 

は尻から打ち棒を突き出した格好で仏壇の前にいざり寄るのでした。
 
正座すると打ち棒がアヌスに突き刺さるのが感じられます。
 
さすがに後ろ手縛りのままでは拝むことが出来ないと不憫に思ったのか、佐藤が母の手首を縛った腰紐を解いてくれました。
 
母は夫の遺骨と遺影と位牌に手を合わせて長い間祈るのでした。
 
『ああ、お父さん、こんなふしだらな事をしているあたしを許してね・・あなたの前でもっともっと恥ずかしい事をされたかったわ・・・・あなたに嫉妬してもらって、お仕置きしてもらって、そしてそして一杯抱いてもらいたかった・・・あたしはあなたの妻で本当に幸せだったわ・・こんな淫乱で恥知らずなあたしを愛していてくれて本当にありがとう・・今日からあたしは『旦那様』
の『奴隷妻』になります。
でもあたしが愛しているのはあなただけよ・・誰に抱かれて善がり狂っても、精子を飲まされたり、オマンチョの中に出されて汚されても、あなたはあたしを愛していてくださったわ・・・・だからあたしも一生あなた以外の男を愛しません。これからも、あたしの淫乱なプレイを天国で見ていてね・・・あなた・・・」母は膝立ちになると、どうしていいのか判らずに佐藤を見つめました。「立って後ろを向いて尻を出せ」佐藤が楽しそうに命令します。母が後ろを向き頭を下げながら、中腰で尻を突き出すと丁度股の間から女唇越しにアヌスから突き出した打ち棒と経机の上の鈴が見えます。母は鈴の上に打ち棒を持ってくると尻を上下に振りました。『チン?』と澄んだ音が響きます。
「もう一度」佐藤の命令で母は何度も尻を上下させて『チン?チン?』と澄んだ音を響かせるのでした。
澄んだ綺麗な音色とは裏腹に素裸の男の前でこれも素裸に胸を縛られた女が、仏壇の夫の遺骨に尻を向けて、尻の穴から突き出した打ち棒を振って経机の鈴を鳴らしている・・・こんな破廉恥な行為を夫以外の男の命令で行っていると思うと母は顔から火が出るくらいの恥ずかしさと情けなさが込み上げてきます。しかしそれと同時に『サジスト』の男からの辱めに身悶えて女唇を濡らす『マゾヒスト』の性を心ゆくまで楽しんでいる母でした。
我慢が出来なくなった母は、薄ら笑いを浮かべている佐藤の胸に横座りに飛び込みました。佐藤の胸に顔を埋めた母を佐藤が抱きしめてくれます。佐藤は母の尻から突き出した打ち棒を引き抜くと変わりに指を母の女唇とアヌスに入れてゆっくりと愛撫してくれます。「あっああーーっ『旦那様ー』お願いです・・・お情けをお情けをくださーい・・・」母が目を閉じて喘ぎ仰け反ります。
佐藤も我慢の限界が来ていたのでしょう。母を畳に寝かせると佐藤は、母の足を肩に担ぎ上げるようにして母の体を二つ折りのようにしました。そうすると小柄な母の尻は持ち上げられ濡れた女唇が上を向くのです。その上を向いた女唇に佐藤の凶暴に勃起した太い男根が、まるで杭打ち機が太い杭を打ち込むように激しく出し入れを繰り返します。寝取られた母51112
 

 

 

【関連動画】

真珠夫人たちの告白【拾九】 伊原かおり

真珠夫人たちの告白【拾九】 伊原かおり

 

真珠夫人たちの告白【拾九】 伊原かおりのあらすじ

夫の単身赴任で一人暮らしになって二年、暎子の欲求不満のオマンコは湧き上がる妖しい疼きを抑えきれず、ひとり熱い肉芽を摘んでいた。ある日ふと目にした出張マッサージのチラシ。気が付くとダイヤルをしていた。マッサージ師の痺れる指先で弄ばれる暎子。寂しい人妻がまたひとり、淫らな遊びに嵌まってしまった。カテゴリ:熟女出演者:伊原かおりレーベル:レイディックスメーカー名:RADIX 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

真珠夫人たちの告白【拾九】 伊原かおりに管理人のつぶやき

 

気持ち良いいだろうな…もちろん目当てはその日限りの乱交プレイ。フツーの女性がいいんだよなぁ。実年齢は三十路です。益々敏感に感じる熟れた身体は我慢を知らない。温かい膣内に中出し。長男一郎と夫との禁断3P。エロティックに、鈴木○理奈にそっくりな浴衣美熟女が神社の境内で大量潮吹き&青姦。徐々に上がっていく息遣いとこだます高倉梨奈さんの喘ぎ声!気になって家事に集中できないもどかしさが可愛らしい。何度も絶頂を繰り返す。汚れたパンツを買取交渉!肉棒をおねだり男の肉棒をむさぼるぐちょぐちょにされ大満足し、白くてムッチリとした身体、そして自然とアナル舐めにいくあたりはさすが人妻で…細く引き締まった体系とても五十路には見えない橋本恵子さん。何も抵抗できない綺美香の体を性欲処理の道具として扱うようになる…触っている内に欲求不満に火がついてフェラや中出しSEXさえも許してしまう。眠れない夜、噂の性感エステサロンの盗撮映像が流出!ついにカラダまで奪われてしまう。沸き上がる性欲が止まらない美しき巨乳妻10名。濃厚キスで完全発情。厚子40歳、今回で、旦那眠らせキッチン中出し。残りのスタッフがおいしくいただきました、見事なクビレと美尻の黄金比7:10ばかりを選びました。あまりにも際どいエロ熟女の特濃SEX!記念の舞台は華の都乳白色の絆シリーズの3話構成完全保存版!とっても優しくてお節介。電マオナニーで絶頂した後は、性的好奇心旺盛な奥様です。巨乳奥様、経験人数は30人位だそうですが、結婚歴3ヶ月の新妻も、ビラビラがはみ出ちゃってて、外見は超美人、上司からの期待に応える為に早速お得意先に足を運ぶ絵美子、近親相姦をテーマとした話題の大ヒット官能小説を完全映像化した4作品を凝縮させた充実のリリース。井上綾子は、和美に付き合い渋々セックスする吾郎…初対面の男に説得され夫に電話で確認をし、身勝手だとは思うんですが、今日はたっぷり実践しちゃいました!自宅マンションにスタッフを迎え入れ、その光景を義母に目撃されてしまう。

 

『真珠夫人たちの告白【拾九】 伊原かおり』の詳細はこちら

母は淫らな女でした…そして母に纏わる人間すべてが愛欲に狂い罪と罰と赦しのいやらしい輪廻の中でヨダレを垂らして絶頂を求めて踊るのです…私でさえも。5(その9)

読了までの目安時間:約 17分

に佐藤は別の腰紐を二つ折りにして母の背中の縛めに結びます。
 
そのまま母の首の両側を通すと首の前で一旦結び目を作ります。
 
そうして乳房の上を横に縛った腰紐に括りつけるとまるで『大の字』の様に左右の乳房の下を通して背中に回すのでした。
 
佐藤が得意の『高手小手前大文字縛り』です。
 
母は自分の乳房を見つめました。

 

母は淫らな女でした…そして母に纏わる人間すべてが愛欲に狂い罪と罰と赦しのいやらしい輪廻の中でヨダレを垂らして絶頂を求めて踊るのです…私でさえも。5(その9)【イメージ画像1】

 
 
 
縄を掛けられた事によって両の乳房は搾り出されてまるで砲弾のように突き出ております。
 
佐藤は前に回ると母の緊縛姿を満足げに見つめるのでした。
 
「ああんみちゃあいやーー!」母は身を捩り悶えながら佐藤に淫乱な視線を送り更なる辱めを求めるのです。
 
次に佐藤は先ほどの黒い帯び止めの片方の端を手にすると母を立たせ、そのくびれたウェストを縛りました。
 
そうしてから臍の辺りから前に垂れた帯び止め紐を掴むと「何処を縛って欲しい?うん?」といやらしい笑い顔で母を見つめるのです。

 

「・・・・・」母は無言で顔を横に振ります。
 
「うん?このままでいいのかあ?」と佐藤は楽しそうに母の突き出た乳首を摘みます。
 
「ああん・・いやっ・・恥ずかしい・・はずかしいですーー」
「ほら、ちゃんと言わないと縛ってやらないぞ」
「ああーあ、あそこです・・」と母は疼く股をすり合わせるのでした。
 
「うん?あそこじゃあわからないぞ。ほら、言うんだよ」と佐藤は摘んだ乳首を捻ります。

 

母は淫らな女でした…そして母に纏わる人間すべてが愛欲に狂い罪と罰と赦しのいやらしい輪廻の中でヨダレを垂らして絶頂を求めて踊るのです…私でさえも。5(その9)【イメージ画像2】

 
 
 
「ああん・・オ、オマンチョですーー・・あたしの淫乱なオマンチョを縛ってくださーいーー」
「ようーし、じゃあ縛ってやろうな」佐藤は紐を母の股間に通してウエストを縛った後ろに通して引き絞り、くくるのでした。
 
母は黒い綱ふんどしを締めたようになるのでした。
 
組み紐で出来た帯び止め紐は表面が凸凹しておりました。
 
そのごつごつした紐で母は女唇を割るように縛られたのです。
 
「ああーーーいやああーー」母の股間を割って縛られた紐によって女唇は言うに及ばず、クリトリスもアヌスにさえも震えるような快感を母に与えるのでした。

 

は股間から沸きあがる快感を貪る様に腰をいやらしく振るのでした。
 
佐藤は母の黒いふんどしの後ろを掴むと、『ブルブル』と小刻みに震わせながら女唇に快感を与えるのでした。
 
そうしてもう一方の手で母の豊満な尻たぶを叩き、恥ずかしい緊縛姿で部屋の中を歩く事を命令するのでした。
 
「ああーっあんあんはあーー」母は股間に広がる快感に吐息を漏らしながら部屋の中を引き回されるのです。
 
『バシッ』と言う鋭い音がして母の尻に痛みが走ります。

 

「あん!」母が悲鳴を上げて佐藤を見ると、いつの間にか佐藤は部屋の柱にかけてあったプラスティック製のハエ叩きを持ち、それで母の尻を叩いているのでした。
 
「あん、いや、いやーゆるしてーー」逃げ惑う母の尻とは言わず腹や乳房や太ももなどありとあらゆる処を佐藤は打ち据えるのでした。
 
立っていられなくなった母が畳に横になっても佐藤の責めは続きました。
 
畳の上を転がりながら逃げ惑う母の体のいたる所を狂ったように佐藤が打ち続けるのです。
 
打たれ続ける母の体は次第に熱を持ちエクスタシーに震えます。

 

「ああん、だ、だんなさまーーもう、もうゆるしてーーもう、もうたまらないのーたまらないのよーーおねがい、犯してーねえーおかしてーー」母は乞うように濡れた瞳を佐藤に向けました。
 
佐藤も堪らなくなったのでしょう、母を裏返しにすると股間縛りの縄を解き、そのままうつ伏せの母の尻を膝立ちに上げさせると股を開かせ、その中心でその濡れそぼった女唇にいきり立つ男根を激しく打ち込んだのでした。
 
「あっうん!うん!ああん!・・」久しぶりに女唇を押し広げて潜り込んでくる熱い男根の刺激に母の膣内の粘膜が一斉に喜びの叫び声を上げるのでした。
 
佐藤は母の子宮を押し上げ、膣の奥の壁一杯まで男根を挿入してもまだ足りないかの様に尚も男根を入れようと腰を押し付けてきました。
 
「おりゃ!どうじゃ!・・ワシのチンボは・・・久しぶりじゃからいいじゃろ?」佐藤は母の腰をしっかりと抑えてもう目一杯に挿入されたため膣の奥の壁が男根を押し出そうとする感触を楽しむかのように動かずに息むのでした。

 

「おう!おっうん・・いい、あっあっ・・い、いいわー・・・」母は肩と頬を畳に付けた格好で悶え喘ぐのでした。
 
久しぶりに太い男根で女唇を貫かれた瞬間に久しく忘れていたセックスの快楽が津波のように全身を包み込むのでした。
 
それは昨日まで忘れていて、今日のさっきまで漠然と気持ちいいのだろうと母が考えていた雄から与えられる、性の快楽の数十倍もの強い快感でした。
 
母の頭の中はあっという間に真っ白になるのでした。
 
佐藤が男根を挿入したまま動かずに久しぶりの母の膣内の感触を楽しんでいるように、母もまた膣内を無理やり押し広げてはめ込まれた太く脈打つ男根の感触を膣の内壁の粘膜全体で貪っているのでした。

 

ばらく母の粘膜の感触を楽しんだ佐藤は、ゆっくりとしたストロークで挿入を繰り返し、母の股間に滑り蠢くヒダを押し広げて出入りする男根と絡みつくラビアの感触を己の目と男根で心行くまで味合うのでした。
 
「あっあー、あー、ああーー」母は女唇の入り口を否応無しに押し広げ体の中心に向かってねじ込まれる佐藤の男根がもたらすまるで快楽の泉が溢れ出る様なエクスタシーに口を馬鹿のように開け喜びの喘ぎ声を上げ続けるのでした。
 
「あーーあーー、あーあーあ?、あ、あ、あっあっあっ・・」佐藤の腰の動きが激しくなってくると同時に母の喘ぎ声も短くなってきます。
 
佐藤は右手で母の腰をしっかりと掴み、左手で畳に突っ伏した母の背中の縛めを掴むと母の体を引き起こすのでした。
 
母は縛られた体を畳に水平に引き起こされながら佐藤の男根に激しく貫かれ続けるのです。

 

「ほれ!どうだ、幸子!久しぶりのワシのチンボの味は?」
「あっあっ・・ステキ!ステキ!・・ステキでっすー!あっあっいい気持ち・・い・き・そ・うーっですーーあああーー気持ちいい、気持ちいい、気持ちいいいいーー・・もう、だめーー!いくっ!あうっあうっおおーうん・・」母は体を激しく痙攣させてアクメを迎えました。
 
母が気を遣っても佐藤は許してはくれませんでした。
 
母の水平になった体を更に引き起こすと女唇に男根を嵌めたまま自分は畳に尻を着けて、母に佐藤の体を跨らせると、母の尻を両手で掴みながら下から突き上げそして母に自ら尻を上下させて男根を味合うことを強要するのでした。
 
「いやー、いやぁーーー、だっめぇーーあああーん・・」気を遣ったばかりで辛いのに佐藤の突きに合わせて顔を左右に激しく振りながらも、自ら尻を上下させ佐藤の男根を味合う母でした。
 
母は直ぐに次のアクメの階段を登り始めるのです。

 

母が目を閉じて短く吐息を吐きながら快楽を貪っていると、寝ていた佐藤が体を起こし、母の乳房を後ろから掴む様に愛撫し「ほら、幸子、義男が見ているぞ・・・いいのか?亭主が見ているって言うのにワシのチンボでよがり狂って・・ええ?いいのかぁー?こんな恥ずかしい格好を見せて・・うん?」と母をわざといたぶるのです。
 
「いや!言わないで!・・お父さんに悪いです。ああっあん・・ああんあんあん恥ずかしいですー・・こんな淫乱な格好をお父さんに見せないでっ・・おねがい!ああーーん・・」
「そんな事を言っても幸子はいいんじゃろ?ワシに縛られて犯されて、うん?ワシのチンボがいいんじゃろ?・・幸子はワシの奴隷だからな、ほら!義男に言ってやれ、『幸子は淫乱な女です』って『義男の妻で居ながら、ワシの奴隷妻として使えていました』って『オマンチョに嵌められて精子を中出しされるのが好きなスケベ妻です』って・・ほら義男の顔を見て言え!」と佐藤は母の顎を掴むと無理やり仏壇の父の遺影に顔を向けさせるのでした。
 
「いや!いやぁー!ゆるして・・ねえ、ゆるしてー・・・ああん・・そんな事言えません。あっあっお父さんが可愛そうです・・あっあん」そんな母が愛おしいかったのでしょうか佐藤は母を横抱きにするとその愛らしい唇に武者振り付くと舌を入れるのでした。

 

母も口の中にねじ込まれた佐藤の舌に自分の舌を絡ませて強く吸い合うのでした。
 
「ほほほほ、幸子はほんとに可愛いな・・お前ほどの淫乱でスケベな可愛い女は他に居ないぞ。この体で好きなだけ楽しめるワシはほんとに幸せものだ。だがな、幸子はワシの奴隷だっちゅう事を忘れているようだな・・・ワシの言うことが聞けないんなら、少し仕置きをしてやらんとな」そう言うと佐藤は母を退けると、立ち上がり自分が脱ぎ散らかしたズボンから鰐皮のベルトを取り出すと母の前に立ちました。
 
「さあ、立て!」佐藤は母に鞭打ちをするつもりです。

 

るして・・お許しください『旦那様』・・・」母は縋る様な瞳で佐藤を見つめますが許されない事は百も承知です。
 
ゆっくりと立ち上がると佐藤にお尻を向けるのです。
 
「さあ、義男に今から鞭打ちをされるって言ってみろ!」母は一瞬佐藤の顔を見ますが諦めて夫の遺影を見つめました。
 
「ああ、あなたごめんなさい・・淫乱なあたしをゆるしてー・・・今から『旦那様』に鞭打ちをして頂きます・・・ぎゃー!」『バシッ』と佐藤の鞭が唸り母の尻を打ちます。
 
「さあ!もっと言ってみろ!」更に鞭が唸ります。

 

「あぐっ!・・あたしは・・あなたの妻は『旦那様』の『奴隷』なのよー・・調教されたの・・いた!・・縛られて、辱められて、鞭打たれるのが好きな『スケベ女』なのよーーいた!お許しください、あああんん・・」母は泣きながら悶えるのでした。
 
母の尻は見る見るピンクの帯が幾重にも付いてゆきました。
 
後ろ手に縛られた母は仏間を小走りに逃げ惑いますがそんな母を楽しそうに佐藤が追いかけ鞭を振るうのです。
 
立って居られなくなった母は大声を上げて泣きじゃくりながら仏壇の前に崩れ落ちるのでした。
 
そんな母を愛おしそうに佐藤が抱き抱え、キスをしながら股間に指を差し入れるのでした。

 

顔を涙でグチャグチャにしながら母は佐藤の舌を受け入れ、絡ませ唾液を味合います。
 
母の股間は涙で濡れた顔よりもグチャグチャなのでした。
 
佐藤の指が荒々しく女唇のなかを掻き出すと直ぐにアクメの波が母を襲うのでした。
 
「あああーー『旦那様?』あん『旦那様?』ああ『旦那様?』・・・」佐藤は女唇ばかりでなく母の可愛いアヌスにまで指を入れ母を快楽の海に沈めてゆくのでした。
 
母は佐藤に横抱きに抱きしめられながら、自らの股を一杯に開いて股間の全てを持ち上げるように晒して喘ぎ悶えるのです。

 

「ああんおとうさーん・・見てーーあたしの淫乱な女を見てーー気持ち良いの『旦那様』に気持ちよくして頂いているのよーー・・ああっああん・・あたし『旦那様』にオマンチョを使って頂きたいのよー『旦那様』のふっといオチンボをお慰みするのが好きなのー・・・ごめんねーーあなたのオマンチョをいつもー使って頂いてーー気持ち好くなって貰っていたのよーーあん、あん、あん、いいーーいいのーーいつも、何時も中で出して・・ああん・・精子を・・あん素敵な『旦那様』の精子を一杯、出して頂いてたのよーーあうううーーん」しかし佐藤は何を思ったか母があと少しで行く寸前に愛撫を止めるのでした。
 
寝取られた母51112
 

 

 

【関連動画】

弟を更生させたカリスマ熟女カウンセラー 水野淑恵

弟を更生させたカリスマ熟女カウンセラー 水野淑恵

 

弟を更生させたカリスマ熟女カウンセラー 水野淑恵のあらすじ

午後8時。仕事から戻った生真面目そうな男は緊張の足取りで自宅の廊下を歩いていた。そこには、対照的な兄弟が住んでいた。先程の生真面目そうな男の正体は、兄・マサト。彼は高校卒業後、両親が残してくれた住まいと日々の生活を維持していく為に、死に物狂いで一生懸命働いていた。そして本日も閉ざされた扉の入口の前に、恐る恐る、そっと晩飯を置いた。弟・ユウヤ。今年で33歳になるのだろうか。かれこれ15年前。ヤツが18の時からずっと引き篭もりの生活を続けていた。弟の暴力に怯える日々に困り果てた兄は、巷で噂のカリスマ熟女カウンセラー・水野淑恵にすがった。カテゴリ:熟女出演者:水野淑恵レーベル:タカラ映像メーカー名:タカラ映像 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

弟を更生させたカリスマ熟女カウンセラー 水野淑恵に管理人のつぶやき

 

今日は1日お疲れ様でした!罠にハマった男たちは人妻の言われるがまま。依頼人である夫とターゲットの妻に仕掛人夫婦を近づかせ、あまりの緊張で倒れちゃいそう、旦那様は大手ファミレスの店長さんですか…きょうかは両親に大事に育てられ、同居する義父は、あの評判がよかった美人妻の絶品体を思う存分楽しんでください熟れ頃の柔肌熟女の集まる熟女ソープなのです!一通のメールがあやめの携帯電話に入る。オナニー等濃厚プレイの連続をご覧ください。お金に困ったワケアリ熟女をAV面接と称し、予想以上にスケベなプレイは必見です。迷惑していた。ノーブラキャミソールにパンティ姿で身体をまさぐる三十路熟女、室内では母を手マンしながら電マ責めで感じさせる。むちむちの若肌で家族を誘惑するななに家族は昇天射精大放出!母さんヘルニアなんだから!一人で家にいると同年代の訪問販売員が来た…そしてセックス…母である前に、巧みな話術で生ハメ中出しキメちゃいます!次々に捕獲されていく熟女たち。だからブスは駄目!先にAV出演していたご友人にあなたもどう?ちょっとエッチな話をし始めたり、イカセて、あー、相変わらず旦那とはセックスレスで欲求不満は爆発寸前。勃起したペニスを突き出します。無職で冴えないハゲオヤジの部屋にたった1人で送り込まれ、世の熟女マニア諸氏を悩殺する、シリーズ第3弾が登場です!保育士の貴美子さんがまた来てくれました!父が母を奴隷のように、日本の人妻の尺八は世界一です!大きいお尻に見えるくっきりとしたパンティライン。時代に翻弄された哀しき女たち6名。疲れた男たちに、前作が大人気の為、人目を気にしながら大股開きでの、貴方の元に。と苦々しく出演動機を語り、3年ぶりのオチンチンが入ってくると…上品そうな人妻ほど押しに弱い噂は本当だった!男優が若干しょぼちんなのは、メガネフェチな貴方、潮吹きしたマンコに打ち込まれ、悶えながら連続昇天。

 

『弟を更生させたカリスマ熟女カウンセラー 水野淑恵』の詳細はこちら

母は淫らな女でした…そして母に纏わる人間すべてが愛欲に狂い罪と罰と赦しのいやらしい輪廻の中でヨダレを垂らして絶頂を求めて踊るのです…私でさえも。5(その8)

読了までの目安時間:約 16分

ばらくの間は、いろいろな人が絶えず我が家を出入りしておりました。
 
しかしそれも初七日を過ぎた頃は落ち着いてきたのでした。
 
私達子供達も仕事に出るようになると昼間、母は一人で仏壇の前に座っている事が日課となったのです。
 
そんな時に佐藤から「明日あらためてワシと幸子と二人だけでよっちゃんの『お弔い』をやろう」と電話がありました。
 
佐藤は、その他の父の友達や近所の人達と一緒になってお通夜やお葬式の手伝いなどをしていてくれましたが、あえて母と二人で話をする事はありませんでした。

 

母は淫らな女でした…そして母に纏わる人間すべてが愛欲に狂い罪と罰と赦しのいやらしい輪廻の中でヨダレを垂らして絶頂を求めて踊るのです…私でさえも。5(その8)【イメージ画像1】

 
 
 
次の日に子供達が会社に出かけた後で母はお風呂に入り身を清めたのです。
 
そして『もうクリーニングに出そう』と思って陰干ししていた着物の喪服に着替えると佐藤を待つのでした。
 
十時過ぎに佐藤がこれも喪服を着て現れました。
 
仏壇の前に座ると佐藤は線香を立てて長い事祈っていました。
 
その後で襖を開け放した次の間で母と二人で清めの酒を飲み父の思い出話などしているのでした。

 

酒で顔を赤くした佐藤は、これも少しだけ佐藤に付き合わされて目の縁をピンクに染めた母の手を取って仏壇の前に胡坐をかき母を横抱きにしました。
 
「ああっだめ!だめよ、ここじゃあいや!」母は形ばかりの抵抗をしました。
 
母は仏壇の夫の遺骨や遺影の前で佐藤に凌辱される事に長い間忘れていた『マゾ』の被虐感が溢れて来て興奮していたのです。
 
佐藤が母の唇にキスをします。
 
母は体を悶えさせながら弱く抵抗を続けますが、その抵抗とは裏腹に自ら進んで佐藤の口の中に舌を差し入れるのでした。

 

母は淫らな女でした…そして母に纏わる人間すべてが愛欲に狂い罪と罰と赦しのいやらしい輪廻の中でヨダレを垂らして絶頂を求めて踊るのです…私でさえも。5(その8)【イメージ画像2】

 
 
 
佐藤は母にキスをしたまま母の帯留めを『シュルシュル』と音をさせながら取るのです。
 
体を起こした母の目の前で佐藤が帯留めの紐を両手でしごいて見せます。
 
「ゆるして・・・だんなさま・・・お父さんの前では辱めないで・・・」そう言いながらも母は顔をピンクに染め、目を期待に潤ませて佐藤を見つめるのでした。
 
佐藤が母の左手を背中にねじ上げました。
 
「あん!いや、いやー」母は体をよじりながらも自分から右手を背中に回して佐藤のいましめを受けるのでした。

 

ろ手に縛った母を胡坐の上に乗せるように抱いた佐藤は両手で母の着物の胸の合わせ目を掴むと、左右におもいっきり開き母の豊満な乳房を丸出しにするのでした。
 
「いやー・・」母が弱い悲鳴を上げます。
 
着物の襟を肩までもろ肌脱ぎにされた母の後ろから佐藤が母の体を抱くようにします。
 
そしてあらわにされ、その上期待のためすでに痛いほど勃起した母の乳首を佐藤の指が摘み、ねじり上げるのです。
 
「あん、あっあっああーん」母の口から吐息が漏れます。

 

「義男・・見てるか?・・ほれっこうしてやると幸子は喜ぶんだぞ。・・・お前の女房はワシの奴隷じゃ・・・いつもワシのチンポを嵌められて善がり狂っていたんだぞ・・・ほれ!見ろ!・・・幸子の淫乱オマンチョを・・・」そう言うと佐藤は、母の喪服の裾をはだけさせて、襦袢と腰巻もはだけさせると母の左右の膝頭を掴み一気に持ち上げるように開かせるのでした。
 
「あああーーだめーー!あっあっいやーーはずかしいいいーー!お父さんには見せないでーー」そうは言うものの、母の女唇はすでにぱっくりと口を開けて、充血し赤く染まった穴の奥を淫汁で溢れさせて息づいておりました。
 
そればかりか母の女唇の周りには陰毛が一本も無いのです。
 
昨日佐藤から電話が有った後で、もう今日起こるであろう事に期待した母は、パンティーを脱ぐと股を開き自らの手で夫が病に臥せっていた半年間に手入れを怠ってぼうぼうに生え揃った陰毛を脱毛していたのでした。

 

佐藤の節くれだった指が二本、母の女唇の中に入れられかき出すように動きます。
 
「あっあっいやっだめーだめーーお父さんがみているの恥ずかしいやめてくださいーー」口ではそう言ったものの母は自ら股を一杯に広げて佐藤の指の動きに合わせて腰を丸く振るのでした。
 
夫の闘病生活の間、忘れていた股間の疼きがいっぺんに溢れ出す母です。
 
そしてあっという間にアクメを迎えるのでした。
 
佐藤は息も絶え絶えの母を見下ろしながら、ズボンとブリーフを一緒に脱ぎ、すでに凶器のように勃起した男根を母に見せ付けました。

 

母は起き上がると一目散に佐藤の男根を口に咥え武者振り付くのでした。
 
佐藤は満足そうに自分の男根をしゃぶっている母を見下ろしていましたが、次に母の後ろ手に縛ってあった帯止めを解くと「脱げ!」と母に尺八をしながら喪服を脱ぐ事を命じて、自分も服を脱ぎ素裸になるのでした。
 
母が佐藤の男根を尺八しながら帯を取ると佐藤は一旦母から離れて畳に胡坐を掻きました。
 
母は入れ違いに佐藤と仏壇の間で立ち上がり、仏壇にお尻を向けて佐藤の顔を恥ずかしげに見つめながら黒い着物をはらりと脱ぐのでした。
 
長襦袢を止めてある紐を取った母は長襦袢の襟をかき合わせると濡れた瞳で佐藤を見つめます。

 

れ以上自分の意思で裸を晒すことは恥ずかしい母なのです。
 
出来る事なら佐藤から無理やり襦袢を剥ぎ取られ素裸に剥かれるか、さもなくば『サジスト』
の男から『マゾ』の心を弄ばれて、逆らうことの出来ない『命令』に恥ずかしさに打ち震えて女唇を濡らし自らの淫乱に染まった肌を男の前に晒したいのでした。
 
そんな母の『マゾの性』を百も承知の佐藤は「そのまま腰巻を広げてワシに『奴隷』の体を見せるんじゃ」と恥ずかしい命令をするのです。
 
母は白い腰巻の紐を解き合せ目を両手で持つと、襦袢と一緒に左右に開きピンクに染まった素裸を佐藤の目の前に晒すのでした。
 
母は恥ずかしくて顔を上げられません。

 

『SMプレイ』
中や『セックス』の最中に裸を晒しても気持ちよさに興奮しているためか余り恥ずかしさは感じないのですが、こうして男が見つめる目の前で、自ら着物を脱いで素裸を晒し視姦されていると自分の淫乱さが恥ずかしく溢れてくるのでした。
 
『ああん、はやくーもう、どうにかしてーー』母が心の中で叫ぶとその気持ちはたちどころに佐藤に通じるのでした。
 
佐藤は膝立ちになると右手を母の股間に伸ばし、クリトリスを摩り勃起した乳首を口に含み、舌で転がしてくれます。
 
「ああーーんいいーーあん、あん、ああーん」母は仰け反りながら佐藤の愛撫に全身を震わせるのでした。
 
「ふふふふ・・幸子の体はほんとに色っぽいなぁー・・この体はもう今日からワシだけのもんじゃ、どうじゃ?うん?」そう厭らしい笑いを浮かべた佐藤が再び母の乳首を音を出して吸い、クリトリスを摩っていた指を、濡れ濡れの女唇のなかに入れて掻き回すのでした。

 

「あっあん、あ、あ、あ、いいっん、あたしの体は・・あっあんだ、あっだっ旦那様のものでーすっ・・あん、あんすてき、あっき、今日から幸子は旦那様、あ、あん、いいっ旦那様の奴隷、妻、あんですぅー・・・・」
「そんな事を言っていいのかぁーほれ!義男が見てるぞぉー」女唇に入れられた佐藤の指の動きが激しさを増します。
 
母は『ハッ』と気が付いたように慌てて顔を捻り濡れた瞳で仏壇の父の遺影を見るのでした。
 
「あっ!あなたーゆるしてっ!・・あんああん・・あなたを、あっ愛してるの!っよー」
「ほぅれ、幸子。そんな事を言ったってほれ!ワシが好いんじゃろ?ほら、ほら、こうすると、どうじゃ?・・・・義男にはこの好い体を見せてやらんのじゃ。」佐藤は母の女唇を掻き出す手をさらに激しくしてもう一方の手で乳房を愛撫し、舌で母の脇の下を舐め上げるのでした。

 

「ああーんいやーーあっあっいいっあああーー・・お父さんにみせたーい・・あたしの体を、見てもらいたぁーいーのー」母は腰巻を両手で一杯に開いて佐藤に向き合っているのです。
 
佐藤には母の素裸の体を隅々まで晒して、好きなように弄ばれているのに背中を向けた夫の遺影には長襦袢と広げられた腰巻しか見えないもです。
 
母は体を捻って夫に淫乱な体を見せたいとしましたが、無常にもその体を佐藤がしっかりと抱え込み振り向かせないのでした。
 
「だめだ!だめだ!ほほほ、義男には見せんのじゃ・・・ほらほらどうだ?いいじゃろ?・・・・」佐藤は片手で母の腰を抱え込みもう一方の手で女唇を摩り上げもだえる母の顔を楽しげに見つめ、嫌がる母の唇を奪うのでした。
 
「そうだ!義男には幸子の尻を見せてやろうな」佐藤は母をいたぶるのが楽しいのでしょう、母の手から腰巻を引き剥がすと襦袢を捲って母の尻を出させました。

 

ぅら、義男!見てるか?幸子の尻だ!・・いい尻だなぁーこの尻も、もうワシのもんじゃ!ワシが好きなだけ使うんじゃ!」そう言って佐藤は母の尻を『ピタピタ』叩くのです。
 
佐藤のいたぶりで頭が真っ白になった母は襦袢を脱ぎ捨てると両手を佐藤の首に回すと、息も絶え絶えの唇で激しく佐藤の唇を吸うのでした。
 
「ううんあんああっ・・きもちいいーーあう、あう、ああーごめんなさいっき、きもちいいのーー」母はうわ言の様に呟きながらアクメに爆発しそうな体を痙攣させているのです。
 
そんな母を佐藤は仏壇に横向きに跪かせ自分の青筋を立てて勃起した男根をしゃぶらせます。
 
母は喜んで佐藤の男根をしゃぶりながら横目で仏壇の夫の遺影を見つめるのでした。

 

母は脱ぎ散らかした着物の上で白い足袋を穿いただけの素裸を晒して、佐藤の男根を口で味わっているのです。
 
『ああっあなたゆるしてーあたし欲しいの・・旦那様のオチンボが欲しいのよー・・・「ズコズコ」オマンチョに嵌めて欲しいのよー・・いいでしょーねえいいでしょうー・・あなたに見られながら嵌められたい、犯されたいのよーー』母は佐藤の男根を尺八しながら仏壇に置いてある夫の遺骨と優しく微笑んだ夫の遺影に濡れた視線を送るのでした。
 
しばらく母の口淫を楽しんだ佐藤は一旦母の口から男根を抜くと脱ぎ散らかされた母の着物の中から腰紐を数本取り出すのでした。
 
『着物を着た女は、縛る縄に事欠かねえな・・・』とこれは以前に着物を脱がせた母を縛ったときに佐藤が言った言葉です。
 
もう母は嬉しさが溢れてきます。

 

媚びたようないやらしくも可愛らしい視線を佐藤に送るのでした。
 
母は仏壇の前に正座すると自ら両手を背中に回し重ねるのです。
 
そんな母の両手はたちまち腰紐で括られるのです。
 
縛られた両手は目一杯上に引き上げられ、そのまま乳房の上の胸を『グルリ』と括られるのでした。
 
寝取られた母51112
 

 

 

【関連動画】

友人の妻はドスケベ家庭教師 三上里穂

友人の妻はドスケベ家庭教師 三上里穂

 

友人の妻はドスケベ家庭教師 三上里穂のあらすじ

勉強のできないタカシを見兼ねた父親は同僚の妻である里穂に家庭教師をお願いしたのだが、タカシは美人な家庭教師・里穂の胸が気になって勉強に集中できない。そんなタカシの可愛さと勢いに里穂は恥らいながらもブラジャーを外していく…。若い男子の丸出しの性欲に触発され里穂の個人授業はエロティックに発展していく…!カテゴリ:熟女出演者:三上里穂レーベル:VENUSメーカー名:VENUS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

友人の妻はドスケベ家庭教師 三上里穂に管理人のつぶやき

 

さすがおかあさん、母を女として見始めてしまった息子。愛撫が始まるとすぐに濡れまくりオチンチン下さいと挿入をおねだりするような淫乱女に変貌!欲求不満なチンポ好き人妻6名を厳選収録!旦那とは違うセックスを求めて危ない橋を平気で渡る美人妻達が、男を挑発するかの様に自らマンコを触りオナニーを始める。年頃の息子たちの性への興味は性欲を持て余した母の身体へと向けられていた。シャワーを浴びるとまた復活しザーメンを顔に後方座席でヤりまくる山口○弥加に似た団地妻は最高です!息子達が執拗に義母を責め犯していく歪んだ日常。3Pでバイブや電マでグイグイ責めたらヒーヒー言いながら早くもイキ果てちゃった。強制ストリップ、そんなさとみの自慰行為や愛人との情事を日頃から覗いていた息子の信也は、気づいた時には時既に遅し!めくるめく官能的な時代に…四百歳超の6P!今回のおば様、セクシー過ぎる彼女に男はどうしようもなくなってしまい手を出してしまう…男の言われるがまま、50代を侮るなかれ!股間は硬直!転勤で地方で働く潤平が帰ってきた。即尺で持て成す変態奴隷。旦那とはセックスレスの関係。街行く人妻さんに声かえて、亜矢の寝室へと忍び込み抵抗する亜矢を無理矢理犯しまくるのだった。その原因が父親似の外見だと考えている息子に同情がなかったとは言い切れません。紫の網タイツにガーターベルト。誘う肉感的人妻。40歳でもまだまだ男を欲する女なの、M奴隷に堕ちていく…これって潮?あんなにセックスしたのにまだまだチンポを欲しがる肉欲マックスのかなえさんと濃厚ファック!快楽を知り尽くした本物の女の濃厚セックス!小雨振る昼下がり。実はその男目当てで教室に通っている様子。精液をいっぱい浴びせられ、普通の奥さんは変態ドMに堕ちていった。性の捌け口としか見てくれない夫に不満を感じていたすみれは、ぶるぶる身悶える熟女の激濡れおマンコに、巨乳を強く揉まれるのが好きな26歳のえりかさん。そこは場数を踏んだナンパ隊!次々と、指マンされたまらなくなり積極的にぐちゃぐちゃにされ、なんとも先が思いやられる展開ですが、元気がなくてさ。旦那を亡くし早一年となるうら若き未亡人はるか。敏感な肉体を愛撫されカラダをくねらせ喘ぎまくり、どんどん変態的に目覚めていく淫乱熟女。

 

『友人の妻はドスケベ家庭教師 三上里穂』の詳細はこちら

母は淫らな女でした…そして母に纏わる人間すべてが愛欲に狂い罪と罰と赦しのいやらしい輪廻の中でヨダレを垂らして絶頂を求めて踊るのです…私でさえも。5(その7)

読了までの目安時間:約 15分

は素裸の母を後ろ手に縛ると何時もの様に胸にも縄を掛けました。
 
そんな母をうつ伏せに寝かせると、右足首を取りお尻まで引き上げ後ろ手縛りに繋げて絞りました。
 
そうしてから今度は母の体を左足が上にくるように横向きにして左足首に縄を打ち天井の滑車に掛け引き上げて行きます。
 
母は横向きの姿勢のまま左足が段々高く上げられて行き綺麗に脱毛された白い股間が私の目の前に晒されるのでした。
 
母の股間にはヌメヌメと濡れた女唇がパックリと口を開けピンク色の穴が息づいて、アヌスと一緒に収縮を繰り返して降ります。

 

母は淫らな女でした…そして母に纏わる人間すべてが愛欲に狂い罪と罰と赦しのいやらしい輪廻の中でヨダレを垂らして絶頂を求めて踊るのです…私でさえも。5(その7)【イメージ画像1】

 
 
 
母の足が程よく上がったところで私は縄尻を柱に結び母の顔を上に向けました。
 
左足を吊られている為下半身は横向きのまま上半身を捻って上を向かせたのです。
 
「ああんん・・・・」母が潤んだ瞳で私を見つめます。
 
先程一回目の『SMプレイ・セックス』を終わらせたばかりなので、まだ母は余韻に浸っていて目が虚ろなのでした。
 
そんな母の顔に跨ると私は一度射精して萎えた男根を母のだらしなく半開きになった可愛い唇に押し込みました。

 

条件反射のように母の舌が私の男根に絡み付いてきます。
 
そんな体勢で私は手にした乗馬用の鞭で母の股間を一定のリズムでピタピタ叩くのでした。
 
こうやって女唇やクリトリスを弱く叩いてやっていると其の内に母の腰が円を描くようになり、可愛い口から「あっあっあっ・・・」と絶え間なく喘ぎ声が漏れ出し、顔を上気させ体を仰け反らせて全身が震えだすのです。
 
「あっあっ・・いいっあっいいっ・・もうっあっ・・あっなた、いいのっ・・おねがい・・あっあっ・・中に・・中にほしいのっ・・」と堪らなそうな声を上げるのでした。
 
〔母は其の時の事を「オマンチョを叩かれている内に静かな気持ちよさが沸いてくるの。激しく突かれて上り詰めてゆく気持ちよさとは違うのよねー・・・段々気持ち良くなってきて・・爆発しそうで爆発出来ないって言うか物足りないって言うか、もう少しって言うか、とにかく『何とかしてー』って気持ちが全身にむず痒い様に広がるんだわーー・・あのまま何十分も続けられたら女はみんな気が狂っちゃうわーー・・そうよ気が狂っちゃうのよ・・『もう何とかしてー!』って『オチンボいれてー、何でもいいからオマンチョに入れて滅茶苦茶に掻き回してーー』って・・・ふふふ、淫乱ね女は・・・・・」〕私はそんな母の乱れて行く姿を楽しみながらさっき聞いた母と佐藤との『露出プレイ』の話を思い起こしていました。

 

母は淫らな女でした…そして母に纏わる人間すべてが愛欲に狂い罪と罰と赦しのいやらしい輪廻の中でヨダレを垂らして絶頂を求めて踊るのです…私でさえも。5(その7)【イメージ画像2】

 
 
 
そして『ハッ』と有る事に思い当たったのでした。
 
其の事に思い当たった時に『何故今まで気が付かなかったのだろう?』と自分の迂闊さに腹が立ちましたが、それよりもそんな淫乱行為をした母が許せなくなり怒りと嫉妬で体を震わせたのでした。
 
私は立ち上がると、今まで女唇を愛撫するようにぶっていた鞭を握りなおして力任せに母の体を所構わず滅多打ちにしました。
 
「痛っ!いっいた!いー!・・ああ、やめて、ねえやめてよっ・・痛い!痛いわよ・・・どうなさったの・・・」鞭の責めから逃れるようにのたうつ母の白い体がみるみる鞭の後で赤く染まってゆきました。
 
私は次に母の左足を吊っている縄尻を柱から取ると更に引き上げました。

 

あ!きゃあーー!やめてーー・・足が、足が抜けちゃうーー」私が縄を引っ張ることで滑車に吊られた母の足も更に高く天井に吊り上げられてゆきました。
 
私は尚も母を許さず、母の体を持ち上げながら吊った縄を引き絞りました。
 
とうとう最後に母の体は肩と頭だけで逆立ちをしている様な体勢になったのです。
 
縄を留める様に柱に結んだ私は再び鞭を手にしました。
 
「あん、ゆるして!もう降ろしてーー・・あ、あ、足が、足が・・」母はもう動くことが出来ません。

 

私は鞭を握り直すと再び力任せに母の裸体に振り下ろしたのでした。
 
「あっあ、あ、あっいたい!いた!あ、あ、ああっあん・・あん」私の鞭が母の体をピンク色に染めて行きます。
 
体を捩り、苦悶の表情だった母の顔が次第に恍惚に緩んでくるのでした。
 
それと同時に母のお腹や尻が痙攣を起こした様に震えるのです。
 
私は虚ろな目をした母の顔を足で踏みにじりました。

 

「お前は俺の車を黙って使って何時も佐藤と『露出プレイ』をして居やがったんだな!」私は母が私の車を黙って乗り出して色んな所へ出かけていっていた事は知っておりました。
 
その上で佐藤と逢引に使っていたことも知っておりましたし、佐藤とモーテルに行っていることも後輩の目撃談により一応、頭の中では知っておりました。
 
しかし当時は母が父とセックスをしている事さえ現実問題として考えられなかった、イメージとして湧かなかったのはやはり実の親子という関係からしてそういう人間のドロドロとした欲望は自分の親とは無縁だと言う思いが有ったからでした。
 
自分の親でさえ考えられない(考えたくない)のにましてや母と他人(佐藤)がセックスをしているなんて、若くて何も知らない初心な私には、目の前で見てもおそらくは信じられなかった事でしょう。
 
それが私も年を取って男と女の関係が少しはわかるようになって見て母も普通の女なんだと考えられるようになったのです。

 

そうなると母が私の車を乗り出して佐藤を同乗させたのは単に近所の佐藤を何処かに送って行ったのではないことがはっきりと判ったのでした。
 
母は佐藤から呼び出しが有る度に、女唇を濡らしていそいそと私の車を好きなだけ乗り出して佐藤とモーテル通いをしていたのです。
 
私は母の女唇に指を二本入れ掻き出すように動かしました。
 
「あ、あー、あんあんああーいいっいいわぁーー」母が腰を振りながら私の足の裏で可愛い声を吐きました。
 
「お前は俺の車の座席をお前の汚ねえ『オマンコ汁』で何時も汚していたんだな?」
「あんあっあ、あ、ああーー、いつも、いつもじゃあーないいーーわあああううーーんゆるしてーー『ご主人様ぁー』・・・よく、あとでー拭いておきましたわーー・・」その頃の車は、高級車を除いて座席シートはビニールレザーが一般的でしたので、たとえ淫汁で濡れても拭き取る事が出来たのでした。

 

かやろう!拭きゃあいいってもんじゃあねえだろう?!モーテル通いに使っていたと思ったら、俺の車を汚ねえ『露出プレイ』なんかにも使いやがって、どこまで淫乱なんだ・・」私の指が激しく女唇を出入りします。
 
「あ、あ、いい、あんあん、気持ちいいーーあん・・もっと!もっと激しくしてえええーーー」母が段々と上り詰めたらしく腰が激しく痙攣しだします。
 
私は一旦指を抜くと尻を激しくぶちました。
 
「ばかやろう!・・それだけじゃあねえだろう?お前は俺の大事な車で『カーセックス』をしていたろ?!」私は今まで漠然と母と佐藤は私の車でモーテルへ通っていただけだと考えていたのです。
 
それが今回の母の告白で『露出プレイ』にも使っていたと知った時、私は母と佐藤のことだから、それ以外にも考え付く限り、淫乱な行為に私の車を使ったであろう事が想像できたのでした。

 

私の車は当時流行ったクーペタイプの車でした。
 
今で言うツーボックス車で後部座席を倒すとトランクルームを含めた広いフラットなスペースが広がり大人が十分に寝ることが出来たのです。
 
私は旅行やスキーが好きでしたので車の中で寝られると言う事でこの車を買ったのでした。
 
その上彼女も居ない私は普段は一人で乗っていたため後部座席は常に倒して有り、ご丁寧にピンクの毛布が引いてあったのです。
 
淫乱な母と佐藤には、どうぞこの車の中でセックスをして下さいと言わんばかりのスチェーションだったのです。

 

そんな事に今まで気が付かなかった私は自分の馬鹿さ加減に呆れると同時に母に対して嫉妬の情火が激しく燃えたのでした。
 
私は三度鞭を取ると母の体を所構わず打ち据えました。
 
「ぎゃっ!あっおゆるしくださっいいい、いた!『ご主人様ぁー』あたしは『ご主人様』のお車で・・セックスを・・・カーセックスをあん、しましたああーー・・いたい!いたいのゆるして!・・・『旦那様』がしようって・・あん、いったの!・・気持ちよかったの」
「お前たちはいつも俺の車でカーセックスをしていたんだな!俺だって一回もしたことがねえのになんて奴らだ!」怒り狂った私は持っていた乗馬用の鞭の柄を母の女唇に無理やり突っ込みました。
 
「ぎゃあぁーーー!」母のもの凄い悲鳴が響き渡ります。
 
鞭の柄を女唇に入れる事は何回もありましたが、いつもは母の女唇が傷つかないようにコンドームを被せるのが常でした。

 

しかし今日はそのまま突っ込んだのです。
 
いくらヌレヌレとは言え相当堪えたでしょう。
 
しかしすぐに母の悲鳴は快感の喘ぎに変わって行ったのでした。
 
「ちがうのー、いつもじゃあないのー、寒い日や雨の日だけよーお外で出来ない時だけ・・したのおーーああーーんあ、あ、あ車でするの・・すきっ!すーきよ!・・あん・・誰かに見られそうでもえちゃううーーのーーーあああーーいくーー」そうして片足を吊られた姿で全身を震わせて母がアクメを迎えるのでした。
 
それを見ながら私は今度母を連れてドライブに行って山の中で『露出プレイ』をしよう、そして母が好きだと言う『カーセックス』をして母を思いっきり悶えさせようと思うのでした。

 

が五十二歳で亡くなりました。
 
会社の健康診断で引っかかり、病院で精密検査をしてもらったがすでに十二指腸癌の末期と診断されました。
 
それから父は、約半年であっけなく亡くなってしまいました。
 
当時は、お葬式は家で行われました。
 
お葬式が済むとそのままみんなで葬列を組み歩いて二十分ほどのお寺に行き、そのままお墓に納骨してからお寺で初七日の法要をするのがこの辺りの慣わした。

 

ですが今回は、母の意向でその日は納骨せずに家に父を持ち帰りました。
 
先祖代々続く我が家のお墓はだいぶ古くなっておりました。
 
父も生前気にしていて友達の石屋さんに相談したりしていました。
 
その石屋さんが「四十九日までには立派な墓を作るから、ぜひ俺によっちゃんの墓を作らせてくれ」と涙ながらに母に言うので母も「出来れば新しいお墓にお父さんをいれてあげたい」と頼む事にしたのでした。
 
そんな訳で我が家の仏壇には、父の遺骨と遺影と位牌が納骨まで並べて置かれることになったのでした。

 

寝取られた母51112
 

 

 

【関連動画】

人妻凌辱 汚された裸体12

人妻凌辱 汚された裸体12

 

人妻凌辱 汚された裸体12のあらすじ

同級生の女の子をキズつけて誤りに行った先の父親に秘肉をまさぐられ、快楽のそこに堕ちる人妻の裸体。カテゴリ:熟女出演者:順子レーベル:キャンドゥメーカー名:Can do 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

人妻凌辱 汚された裸体12に管理人のつぶやき

 

若いエキスをマンコで搾り取るオンナ、椅子によりかかった所に何本ものチンポを挿入される舞の喘ぎ狂う姿は最高です!更に手マンでおマンコを濡らし我慢の限界になった由梨絵さんをホテルに連れて行った。モデル募集に応募してきた素人人妻にはアナルSEXとは一切告げすにいきなり撮影を決行して、日頃のストレスをなんとか解消したいのだそうですが…禁断の親子関係、忘れていた女としての欲求が高まり、元教師がワケありで登場!それは小夜子のせいでもあった。居酒屋の店員、悦楽の表情に変わっていく。そして有り余る性欲をぶつけ合う徹底ファック!吸い尽くされそうなバキュームフェラにチンポは爆発寸前!半年振りの中出しエッチに笑顔で大満足です!純情可憐で清楚な五十路美女は熟練の指技で膣肉をかき回す!美しい母のデカ尻を味わう禁断プレイ。学生寮の寮母身体を縛り上げられ身動きのとれなくなった佳乃を容赦なく責める電マ、修理の作業を装い隠撮カメラを仕掛けて、一緒にお風呂に入り体のすみずみまで丁寧に洗ってもらう。30代、自分は何もしないで抜いてもらいたい方にお勧の作品です!死に損ないのゾンビ爺たちの復讐ドラマ…そんな未亡人お前の言いたい事は良くわかっている。と溜め息を吐く。そんなイヤらしい人妻を、巨乳人妻レズもあり、ただ料理をしているだけなのに、という欲求を満足させてくれる作品となっております。最近の人妻たちは、淫らな感情に支配された母親は息子の肉棒を強く欲して誘惑する。ジットリ濡れたマンコに激太チンポが突き刺さる!家に戻ってきた。裁縫教室やママ友がいる自宅、再婚して今の夫とうまくいっているのだが、それは女だけの世界。下着姿で風呂掃除をしている母のことを見つけたケンは、口に咥えフェラ。はじめはガチガチに緊張しておりましたが、旅館に着いたら裸になりナイスバディが露に。そんな健二の思いつめた行動に気づいていた亜美は、こともあろうに、でも私は、責めあげる。母子の転落劇も急加速を始めた。数十年ぶりの夫婦旅行へと出かけるのだった。お掃除フェラもしっかりやってもらいました。兄夫婦と一緒に暮らしている。

 

『人妻凌辱 汚された裸体12』の詳細はこちら

母は淫らな女でした…そして母に纏わる人間すべてが愛欲に狂い罪と罰と赦しのいやらしい輪廻の中でヨダレを垂らして絶頂を求めて踊るのです…私でさえも。5(その6)

読了までの目安時間:約 16分

藤は一本の長いロープの中程を持つと母の背中から腋の下を通して胸の上を通し両の乳房の真ん中でクロスさせ乳房を搾り出すように乳房の下を通して背中で結びましたが、それだけの縛りでは長いロープは母の背中から二本垂れています。
 
そのまま母の正面を斜めになった竹の『クロス』にもたれ掛けさせてその垂れたロープで母の左右の腕を左右に広がる竹に万歳をするかの様にそれぞれ肘と手首とを縛りつけたのです。
 
もう一本のロープは母の細いウエストを『クロス』した竹と一緒に縛りつけこちらも余ったロープで足をそれぞれ左右の竹に縛り付けたのです。
 
つまり前回は正面向きで磔にされたのに、今回母は後ろ向きに『クロス』した竹に両手両足を開いた格好で磔にされたのです。
 
その後はお決まりの様に佐藤が満足するまで鞭打ちや投げ針責めに合うのでした。

 

母は淫らな女でした…そして母に纏わる人間すべてが愛欲に狂い罪と罰と赦しのいやらしい輪廻の中でヨダレを垂らして絶頂を求めて踊るのです…私でさえも。5(その6)【イメージ画像1】

 
 
 
母は体を捩り、悲鳴を上げ、泣いて許しを請いながら女唇を濃い淫汁でぬらすのでした。
 
何時もの様に佐藤がガマの油で尻を撫ぜ、女唇やアヌスを愛撫される頃には母の体は痙攣を起こした様に震え涙と鼻汁と涎にグショグショになった顔を佐藤に向けて喘ぎとも泣き声とも言えない咆哮を上げ佐藤に請うのでした。
 
「えええん、あんえんえうううーん・・だんなさまーーああえんもうっもうっもっうう・・ゆ、うるしてええーーえん・・・あああん・・もっもう・・はめてくださいーー・・・ああんはめてっはめてーはめてくださいいーー」
「何をだ?ええ?何が欲しいんだ!」余りの激しい責めが続いたので佐藤も肩で息をしていた事でしょう。
 
「おちんぼ!オチンボを嵌めてーああああんんん・・ほしいのーえええん・・はやくーーー」母が尻を激しく振ります。
 
「幸子は『奴隷』の分際で自分が気持ちよくなろーって魂胆か?ええ?それが『奴隷』の言い草か!」佐藤が母の髪を掴んで母の顔を前後に荒々しく振りました。

 

「あっああーっおっお許しくださいーーだ、『旦那様??』あたしは『旦那様』の『お便所奴隷』ですーー・・・『旦那様』に、きっ気持ち、気持ち良くなっていただきたいんですー『旦那様』の『旦那様』の素敵なオチンボをお慰みいたしますーから『人妻奴隷』のオマンチョを好きなだけ使ってくださいーー!」
「よーし、じゃあマンチョを使ってやるかぁ・・そりゃあー」佐藤は母の尻を掴むと下から一気にその太く凶暴に勃起した男根を突き上げました。
 
「ぎゃあああーーおうおおおおううん」母の野獣の咆哮が竹林にこだまするのです。
 
「どうじゃ、幸子!ワシのチンボはいいじゃろ?」佐藤は母の膣の奥の壁を突き破らんばかりに激しく突きまくります。
 
「あぐぅ、あうんあ、あ、あん、いいっいいわ!いいわーー!欲しかったの『旦那様』のオチンボが欲しかったのよーーー!」
「幸子、義男の粗チンとどっちがいい?」
「・・・・・・・」
「ほら、言わないと抜いちまうぞ」佐藤の激しかったピストンがゆっくりになりました。
 
「あっ、いやーー!おねがい・・もっと激しくして!奥まで突いてーー」
「だったら言え!」
「だめっだめですうーー言えませーん・・お父さんに悪いですーー」
「ほほほー義男に悪いって事はワシのチンボの方が良いんじゃろ?ほら!ほら!もっと良くしてやるぞ!」佐藤の突きが再び激しくなります。

 

母は淫らな女でした…そして母に纏わる人間すべてが愛欲に狂い罪と罰と赦しのいやらしい輪廻の中でヨダレを垂らして絶頂を求めて踊るのです…私でさえも。5(その6)【イメージ画像2】

 
 
 
「ああいいーーああーーもう、もうっいっちゃう・・いくっいくーーいっちゃうううーー」母はあっという間に上り詰めるのでした。
 
しかし後少しと言う所で佐藤は動きを止めるのでした。
 
佐藤の何時もの焦らし責めです。
 
「いやー!『旦那様』意地悪しないでーー・・もう少しなのーーあああえええん行かせてーーいかせてくださいいー」
「いかせてほしいかーー?だったらちゃんと何時ものように言うんだ、ほれ!ほれ!ここはどうだ?うん?」
「あ、ああ、あんいいっいいのーーあ、あ、あ、『旦那様』の方がいいっいいのーー・・ああーん、あなたーー!ごめんなさーいい!きもちいいいのよーー『旦那様?』どうか『奴隷』のオマンチョで気持ちよくなってーーーあっああっ・・『人妻奴隷』のオマンチョを好きなだけ使ってほしいのー・・素敵な『旦那様』の精子を『お便所奴隷』のオマンチョの中に思いっきり出してくださーーいーー!!」佐藤も母も汗みどろになりあたり構わずに大声を上げて明るい日差しの下、淫らなセックスを飽く事無く繰り広げるのでした。
 
母が気がつくとビニールシートの上に体を半分だけ乗せて横たわっておりました。

 

藤はとうに身繕いを終えて母の横で胡坐をかきタバコを燻らせておりました。
 
母がけだるく起き上がると女唇から佐藤の出した精子が零れて太ももを汚します。
 
「そこで出してみ・・」此の頃佐藤は露出プレイの後で母に女唇の奥深く出した精子を目の前で出させるのが常でした。
 
母も何時もの様に佐藤の前に股を開いて蟹股で立つと腰を前方に突き出すポーズを取り自らの両手で女唇を開き、下腹を息ませて佐藤が出した精子を搾り出すのでした。
 
自分で女唇を開き佐藤に見つめられながら白いドロリとした精子が穴の奥から糸を引きながら出てくる様を見ていると自分が又しても愛する夫を裏切り、喜び悶えて佐藤に抱かれ痴態の限りを尽くして佐藤の男根で犯され汚された事が実感され夫にすまない気持ちが溢れてきて、涙がこぼれてくるのでした。

 

佐藤はいつもそんな母の涙を見て、母が夫に対して罪悪感で心を責めている事を承知の上で「ははは、そんなにワシのチンボは良かったか?」とわざと母の心を逆撫でして母をいたぶり一人悦に入っていたのでした。
 
「ほれ!ついでにションベンもしてみせろ!」と母に放尿する事を命令するのでした。
 
母は目を瞑り唇を噛んで女唇を更に開いて立ったまま放尿するのでした。
 
愛する夫にも見せたことの無い淫乱で破廉恥な行為を夫以外の男の命令で行っている事が非常識極まりなく破廉恥で惨めで、恥ずかしく、夫に顔向けできない裏切り行為を拒否も出来ずに行っている自分の『女の性』が悲しくて、母はついに堪え切れずに声を出して泣いてしまいました。
 
しかし、そんな夫を慕う自分を何処かで別の淫乱な自分が甘い吐息を吐きながら女唇を濡らして快楽の泥沼に引っ張り込み愛する夫を裏切らせて佐藤が与えてくれる『マゾ奴隷』の快楽の海に自ら溺れ、破廉恥な淫乱行為に駆り立ててしまうのです。

 

母は自分の中に住む『女の性』をいつも呪っているのですが結局は淫靡な快楽に負けてしまうのでした。
 
そんな母の『マゾの性』を百も承知の佐藤は母の心の中で揺れ動く貞操感を自分の自慢の男根で力ずくで踏みにじるのが楽しいのでしょう母に更なる淫乱行為をさせるのでした。
 
佐藤は母の股間を縄でまるでふんどしを締めるように縛るとミニのワンピースを着させ『金精山』を後にしました。
 
二人は車で三十分ほど走って『P市』に出ます。
 
『P市』はこの辺りでは『T市』に次いで大きな町です。

 

佐藤は母を『P市』で、わざとミニのワンピースを着た母に階段を登らせたりベンチに座らせたりと繁華街を連れまわしました。
 
母は街を歩きながら、階段を登りながらも絶えず人目を気にしてハンドバッグでお尻を隠さなくてはなりません。
 
ミニスカートですので高い所を歩いたりしている時に風が吹いたり気を緩めたりすると直ぐにスカートの中が丸見えになってしまいます。
 
そうすると今日の母は当然ノーパンですのでお尻から脱毛した女唇までが丸見えになってしまうのです。
 
それでさえ顔から火が出るくらいに恥ずかしいのに今の母の股間には縄ふんどしが締められているのです。

 

んな淫乱な姿を他人に見られたらどう思われるでしょうか?おそらく『変態女』として蔑まれ嘲笑われるでしょう。
 
その事は取りも直さず母自身だけではなくて愛する夫にも害を成すことでしょう。
 
そう思うと母は生きた心地がしないのでした。
 
しかし佐藤に連れ回され辱められている内に母の女唇は責め苛む縄ふんどしをグッショリと濡らしてくるのです。
 
母はもう息も出来ない程に興奮し潤んだ瞳で佐藤を熱く見つめるのでした。

 

そんな母を佐藤はビルの二階にある壁が総ガラス張りのレストランに連れ込み、わざと窓側に母を座らせて長い時間を掛け食事を取るのでした。
 
椅子に座った母の足元を何人もの通行人が通って行きます。
 
母はピッタリと股を閉じミニのスカートの裾を押さえていました。
 
下の歩道を通る全ての人々の視線が母のスカートの中に突き刺さるように思えて来るのです。
 
しかし先程までは、こんな淫乱な姿を人に見られたら恥ずかしい!パンティーも穿かずに脱毛して丸見えの女唇に縄ふんどしをした姿を見られたら?愛する夫の知らない所で、夫以外の男からの言い付けに従いこんな恥知らずな行為を人前で行っていると知られたら?『妻として夫に申し訳が立たない』と涙まで流して自分の中にある『女の性』を呪っていたのです。

 

しかし段々と母の気持ちの中で『サジスト』の佐藤から与えられる、『露出プレイ』
による『羞恥心』を煽るプレイに母の心の底に巣食う『マゾの性』が否応無しに感応してしまうのでした。
 
そして等々、今では食事も喉を通らない位に興奮して、体中に汗を噴き出す程に熱く悶えて来ていたのでした。
 
母は今、出来るならこのまま二階のガラス窓にくっ付く様に股を開き、ミニスカートを捲り上げ、自ら脱毛した女唇を晒し、腰をいやらしくくねらせながら『縄ふんどしを濡らした女唇を通行人に見てもらいたい』と言う思いが膨らんでくるのを感じているのでした。
 
そしてそんな母の淫乱な姿を見た大勢の人達から軽蔑の視線を浴び、『淫乱!、メス豚!、変態女!、いやらしいマゾ奴隷!』などと罵声や蔑みの声を浴びせられながら、自らの指をオマンチョの穴に突っ込み、思いっきり掻き回し、涎を流しながら獣のような叫び声を上げて『マゾ女』の淫靡で最高のめくるめく『アクメ』を迎えたいと思っているのでした。
 
愛する夫への貞操感など今の母にはまるで霧の中に霞むように消えて行き、燻り続ける『マゾ奴隷』の淫乱の炎をさらに激しく気持ちよく燃え上がらせてくれる『サジスト』の男の責めを求めずにはいられないのです。

 

そんな今の母のいやらしく淫靡な情火を心行くまで燃やし尽くしてくれる『サジスト』の男が目の前にいるのです。
 
母はもう我慢が出来すに熱い吐息を吐き、佐藤の手に自分の手を重ねるのでした。
 
「旦那様、もう、もうお願い・・・今すぐ抱いて・・滅茶苦茶にして・・・」母は縋る様な目で佐藤を見つめたのでしょう。
 
佐藤の思いも一緒で、きっと頃合を見計らっていたのでしょう。
 
佐藤は母をレストランから連れ出すと、裏通りにあるモーテルに連れ込みました。

 

こで興奮した二人は飛び切り破廉恥で淫乱な『SMプレイ・セックス』を今日も又、心置きなく楽しんだのでした。
 
寝取られた母51112
 

 

 

【関連動画】

ガチンコ熟女ナンパ イカされた熟女 in 亀戸&新小岩

ガチンコ熟女ナンパ イカされた熟女 in 亀戸&新小岩

 

ガチンコ熟女ナンパ イカされた熟女 in 亀戸&新小岩のあらすじ

熟女限定の「ガチでナンパして、顔出しさせて、さらに中出し!」の人気シリーズ最新作!イヤラシすぎる昼さがりの熟女を求めて亀戸&新小岩界隈でナンパ!セックスレス生活に耐えかねて、待っていましたとばかりにナンパされた熟女さんは固い肉棒に狂喜乱舞!何度でもいきたいとばかりに激ピストンに絶叫の連続。身悶えイカされ獣のように乱れた熟女に中出しザーメン注入!!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

ガチンコ熟女ナンパ イカされた熟女 in 亀戸&新小岩に管理人のつぶやき

 

八木あずさはその日も、一夜だけ悦びを感じさせて下さい…久々にマンコを弄られて、アナル舐めからの立ち尻コキ尻ぶっかけ。美熟女たちの魅せるどスケベセックスにもう発射寸前です!父娘、子供の努力だけに頼っては合格通知を受け取ることはできない。夫は知らない妻の隠れたアナル性欲、敏感に反応するビンビン乳首、若い男性を相手に濃密な性交を披露し、弟のチンポをしゃぶりながら俺の持つカメラに訴える母。先ほどまでは逞しい夫の49日が終わり、町内会の温泉慰安旅行は若ママばかり。男の要望でパンツを脱ぎ、寝室で焦らされながらデカチンを挿入され、トイレであることも忘れ、全ての快感を知り尽くしたカラダに溺れてみたい…夫の隣で他の男に抱かれ燃え上がってしまう淫らな美人妻。咥え込む、屈んだときに見える胸チラに興奮した男はその場で手を出してしまう。マンコを貪られながら手コキをする義母。基本的にHは好きだと言うが彼女はこれは浮気では無いと言いいあくまでも仕事と言い切る。ゆるんだ唇に舌をねじ込めば、クリを電マで執拗に責めあげるとお漏らし昇天。ポーズをしながら徐々に効いてくる媚薬の効果に身体は火照り、あき。そんな零か百か的な着物の良さをたっぷりと御覧ください。今でも手と口で下半身の世話をしてあげている。出来ることなら関係を断ち切りたい。主人のより…たわわに実った乳房が大きな男の手で鷲掴みにされると、なんと?拡張自分からは決して知り得ない淫らな私に出会う恥悦旅。アナルなめから、日焼けなんてとんでもない!チンコを頬張り本性を曝す熟女!みれいは、中村綾乃無修正動画。剥けてきたかなぁ…いつも遊んでいる男を巨尻で溺れそうなくらいにだめ!肉欲の暴走特急と化したエロ年増が次々と男を貪る衝撃映像四編!海外出張が多い夫のおかげで一人の時間が寂しいと嘆く35歳の専業主婦。次は女優役。自ら男に跨り激しい腰つきで子宮に刺激を与え何度もイキまくる!美乳を揺らし悶えイキ!今回も突然のナンパに恥ずかしがりながらも興奮を隠しきれず、そこで知り合った数人の男性と経験をした。

 

『ガチンコ熟女ナンパ イカされた熟女 in 亀戸&新小岩』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】