告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

おれのセックス妄想は、母の寝取られ…。母が犯され、おれの故郷ともいえる子宮に精液をたっぷり注がれるのを想像するとき…おれのペニスはパンパンに膨れ上がる(その1)

読了までの目安時間:約 23分

れは昔、母が犯される小説ばかり書いていた。
 
おれには寝取られ願望があって、おれの目の前で母が犯されるというシチュエーションに異常に興奮するのだ。
 
それでおれは、息子のおれの前で母が強姦されたり3Pをされたり・・・で、最後にはおれも強制的に母とセックスさせられてしまうというような小説ばかり書いてきたのだが、そのうちに本当に母を犯したい衝動に駆られてしまったことがある。
 
二十歳の後半くらいのことだろうか、おれは仕事の都合で実家から離れて生活していて里帰りするのは年に四五回しかなかった。
 
そして久しぶりに実家に帰ったおれは、案の定母の体ばかり見ていた。

 

おれのセックス妄想は、母の寝取られ…。母が犯され、おれの故郷ともいえる子宮に精液をたっぷり注がれるのを想像するとき…おれのペニスはパンパンに膨れ上がる(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
すでに母は五十才を超えていた。
 
しかし多少の肌のたるみもあり、小皺もあるものの、母はまだ熟女として十分通用した。
 
それに息子のおれから見てもけっこう美人だったし、スタイルも悪くないのである。
 
そして母はかなりの巨乳だった。
 
そのことはおれが小学生の頃から知っていたが、当時は興味を抱いたり興奮することはなかった。

 

だが、久しぶりに実家に帰って眺めてみると、その巨乳はあまりにも刺激的すぎた。
 
「ただいま」
「まあ、よく帰ってきたわね、どう、元気にやってた?」
「うん」
「ちゃんと食べてる?少し痩せたんじゃないの?」
「しっかり自炊してるよ」などと話しながら、おれは股間を痛いくらいにつっぱらせていたのだ。
 
おれの頭の中でのことだが、母は自分の巨乳が数えきれないほどの男達に揉まれていたことも、息子にパイズリまでさせられていたことも知らない。
 
まして自分の肉穴や肛門に何十回も肉棒が突き立てられ、逆流するほど精液を注ぎ込まれたことも知らない。
 
何も知らず、久しぶりに息子が帰ってきたので嬉しくて堪らないという母の笑顔は眩しいほどだった。

 

おれのセックス妄想は、母の寝取られ…。母が犯され、おれの故郷ともいえる子宮に精液をたっぷり注がれるのを想像するとき…おれのペニスはパンパンに膨れ上がる(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
そのことに良心の痛みを覚えながらも、おれは勃起しっぱなしだった。
 
思えば母は父一筋の人だった。
 
つねづね子供達に「私はお父さんを尊敬している」と言っていたし、何より二人はとても仲がよかった。
 
母は、父以外の男に心を惹かれたことなど一度もなかったはずだ。
 
また、古い教育を受けた人なので父との行為でも尺八などしなかったと思う。

 

や、もともと尺八自体を知らなかっただろう。
 
そんな母がいきなり男達に取り囲まれ、輪姦されたら、いったいどうなってしまうだろうか・・・実際の母を見ながらそんな妄想を膨らませたとき、おれはズボンの中で本当に射精しそうになってしまった。
 
(この母を現実に犯すことができたら・・・)おれはずっとそんなことばかり考えていた。
 
いや、本当に襲いかかりたい衝動に何度も駆られた。
 
しかし実際にできるわけがないのはわかりきっている。

 

それでも何か、少しでもそれに近いことができないだろうか、と本気で考えた。
 
実家に帰って三日目くらいだったろうか、その日の午前中は父も母も所用で出かけていた。
 
まだ結婚せずに実家に残っていた姉もとうに出勤していて、家の中にはおれ一人だった。
 
冬のことで窓は全部閉め切ってあるというのに、おれはあたりをきょろきょろ見回しながら風呂場に行った。
 
今朝、母は洗濯をせずに急いででかけて行った。

 

風呂場にある下着入れのカゴには、夕べ母が脱いだ下着もそのまま入っているはずだった。
 
だが、そのカゴに手を入れようとしたとき、おれの心臓は苦しいほどバクバク鳴り始めた。
 
頭の中ではあれほど母を犯しまくってきたのに、現実には母の下着を漁ろうとするだけで息が止まりそうだった。
 
足までブルブル震えている。
 
罪悪感と期待感で、おれの胸はつぶれそうだった。

 

小説ではあれほど過激なことを書いておきながら、実際に母の下着を漁ろうとしただけでおれの全身は激しく震え出した。
 
たかが下着と思うのだが、それを手に取ることは母の秘密を暴いてしまうことと同じだった。
 
おれは母の尊厳を傷つけようとしているのだ。
 
母のくったくのない笑みが思い出されキュッ、と胸が締め付けられた。
 
「やっぱり、やめておこうぜ」という良心の声がしきりに聞こえてくる。

 

が、結局おれはカゴの中を漁り始めた。
 
その手がブルブル震えている。
 
罪悪感で息が詰まりそうだ。
 
それなのにおれの股間は早くもチリチリと疼いているのである。
 
罪悪感や良心の痛みが強ければ強いほど味わう快感も大きくなる、と小説を書きながらよく思ったが、まさにその通りだった。

 

罪悪感とともにめくるめくような期待感も味わいながら、おれはカゴの中を掻き分けていった。
 
まず姉の下着を見つけた。
 
これはもう柄や形から姉のものだとすぐにわかった。
 
しかし、姉のものにはまったく興味がわかなかった。
 
母のパンティを見つけ、カゴから取り出したとき、おれはあまりの嬉しさに飛び上がりそうになった。

 

大袈裟だが本当にそうだったのだ。
 
母のパンティはおれが思っていた通り清楚な白一色だった。
 
しっとりとした肌触りで、ほんのり湿っているようにも感じられる。
 
形も悪くない。
 
(とうとうおれは、母のパンティを手に取った!)おれは小躍りしたい気分だった。

 

いつの間にか罪悪感も忘れ、期待感だけがおれの胸で高鳴っている。
 
おれはゆっくりと母のパンティを裏返していった。
 
いよいよ母の秘密を暴いてしまうのだ・・・その思いに指先が一段と震えだす。
 
裏返った母のパンティ。
 
あそこにあたる部分の布が二重になっている。

 

の中心に本当にかすかだが一筋の黄色い線があるのを見たとき、おれの全身はカッ、と熱くなった。
 
(あの清楚な母にもオシッコの染みがあった)そのことが、衝撃的なくらいおれを興奮させたのである。
 
おれのものはズボンの中で一気に膨れ上がった。
 
つっぱりすぎて痛いくらいに膨張している。
 
こんなことは中学生のとき以来だ。

 

おれははやる気持ちを抑え、股間にあたる部分に顔を近づけ、匂いを嗅いでみた。
 
小説ではいつも「甘酸っぱい匂いが○○をクラクラとさせた」などと書いていたのだが、実際の母のパンティには特に匂いはついていなかった。
 
鼻を押しつけて嗅いでもみても、やはり匂いはしない。
 
少し残念ではあったが、匂いよりも、オシッコの染みが、さっきからおれを興奮させまくっている。
 
本当に僅かな染みだが、おれにとっては凝視するのが恥ずかしいくらいに生々しいのだ。

 

おれは思わずその染みを舐めてしまった。
 
肉棒が痙攣しそうだった。
 
特に味はない。
 
しかし、母の暴いてはいけない秘密の部分を舐めている、という背徳的な感動がおれの全身を激しく震わせた。
 
もう我慢できなかった。

 

おれはまたもまわりをキョロキョロと見回し、父も母も帰ってくる気配がないのを確かめるとズボンとパンツを膝まで下ろし、ギンギンに勃起している肉棒を剥き出しにした。
 
根本の部分にパンティを巻きつけ、左手でしっかりと押さえながら、おれは激しく肉棒をしごき上げた。
 
ああっ、と歓喜の声が自然に漏れた。
 
おれは今、母のパンティでセンズリをしている、母の暴いてはならない秘密を肉棒に巻き付けている、ああっ、おれは何という息子なんだ・・・・。
 
それらの思いが強烈に快感を高め、おれはあっという間に爆発寸前になった。

 

してその瞬間、おれは肉棒からパンティを剥ぎ取って肉棒の先端にかぶせた。
 
母に感づかれるかもしれないなどと考える余地もなかった。
 
(お母さん・・・!)おれは心で叫びながら爆発した。
 
おびただしい精液がドクドクと母のパンティに注がれていく。
 
同時に痺れるような快感が脳天を突き抜けていった。

 

腰がとろけてしまいそうで立っていられなかった。
 
さらに激しく肉棒をしごきながら、おれはその場に崩れ落ちるように膝をついた。
 
母のはいていたパンティに精液をほとばしらせながら、おれは下着泥棒の気持がわかったような気がした。
 
パンティに精液を注ぎ込むことでおれは、母そのものに精液を注ぎ込んだような気がしたのだ。
 
実際射精の瞬間には、おれは本当に母の体内に肉棒を挿入しているような錯覚を覚えていた。

 

何度も小説に書いた「温かく、ぬるんとして、柔らかいけれどきつい締めつけのある母のおま×こ」に、本当に挿入して突き上げているような錯覚・・・あれは、実際の母のパンティを肉棒にかぶせていなかったら、絶対に起こらない錯覚だったと思う。
 
そのおかげでおれは、腰砕けになって床に崩れ落ちるほどの快感を味わったのだった。
 
パンティの何がおれを一番興奮させたのかというと、わずかについていたオシッコの染みだった。
 
縦に走る一筋の黄色い染みは、母の割れ目が当たっていたところだ。
 
母にとっては絶対に誰にも見られたくない恥ずかしいその部分の染みを、おれが手で広げてまじまじと見つめている・・・という場面そのものがおれを一番興奮させた。

 

母の秘密を暴いている、神聖な母を汚している、という思いそのものがすでに快感だったのだ。
 
本当にあのときの快感は今でも忘れられない。
 
初めて母を陵辱する小説を書いたときと同じくらい、いや、それ以上の快感だったと思う。
 
とにかくあまりの快感に目から火花が散ったほどなのだ。
 
そしておれは、床に奇妙な格好で横たわったままさらに三回、立て続けにパンティに精液をほとばしらせた。

 

の中には、母がちゃんと服を着て食事を作っている姿や、おれと会話をしている姿、打って代わって全裸で微笑んでいる母や、母が大勢の男達に輪姦されている場面などが交互に、大写しに映し出されていた。
 
平凡に家族のことを一番に思って生活している母と、一方で輪姦されて悶えている母の、そのありえない現実と妄想のギャップが、おれの快感を何十倍にも増幅させていた。
 
さらに、そのときおれは、もしこの現場を母に見つかったら、いったいどうなるだろうかとも考えていた。
 
母は驚きと恥ずかしさのために絶句してしまうだろう。
 
それは間違いない。

 

しかし、その後、母はいったいどういう行動をとるだろうか?呆れ返っておれに失望してしまうか、あるいはおれを哀れんで黙って手を差し伸べ、自慰を手伝ってくれるか・・・後者はまずないだろう。
 
やはり息子に失望し、母自身心に深い傷を負ってしまうことになるだろう。
 
小説と現実は違うのだ。
 
見つかったら最悪家庭崩壊につながる可能性だってある。
 
しかし、なぜかおれは、母に見つかってみたいような気もしていた。

 

もしかしてもしかしたら、おれの願望を母が察しててくれるかもしれない・・・そんな期待があったのだ。
 
これもやはり一種の錯覚、妄想だったのだろう。
 
幸いおれが快感を味わいつくして終わるまで、母も父も帰ってはこなかった。
 
ただ、その後が困った。
 
おれの精液でパンティはドロドロになっている。

 

このままだといくらティッシュで拭き取っても母に見つかってしまうだろう。
 
母は洗濯するとき衣類の選別して二度に分けるのだ。
 
パンティの、母のあそこにあたっていた部分などは特に凄いことになっているし、このままだと母は絶対に気付く。
 
考えた末、おれはカゴに入っている洗濯物を全部洗濯機に放り込んでスイッチを入れた。
 
家にいたとき洗濯などしたこともなかったので少し不自然だったが、自分の下着もあるからということで通すことにした。

 

い終わった洗濯物を干していると、母が帰ってきた。
 
「おれが洗濯しておいてやったよ」と言うと、「そう、むこうでもちゃんと生活しているみたいね、安心したわ」母は嬉しそうだった。
 
まったくおれを信用しきっている。
 
悟られずにはすんだが、おれの胸が罪悪感のために強烈に締め付けられたのはいうまでもない。
 
ただ、これだけで終わりではなかった。

 

実家に滞在しているときにもう一つ、おれはとんでもないことを母にしてしまった。
 
母に、おれの精液を飲ませたのだ。
 
母のパンティに精液をほとばしらせたつぎの日の夜、おれを含めた家族四人が炬燵を囲み、久しぶりに団欒を楽しんでいた。
 
突如としておれにその考えが浮かんだのは、父が「おい、何か冷たいものが飲みたいな」と言い、母が「そうね、何がいい?カルピスでも飲む?」と立ち上がりかけたときだった。
 
「カルピス」という言葉がおれに精液を連想させたのだ。

 

カルピスと精液はよく似ている・・・だったらカルピスに混ぜて母に精液を飲ませられないだろうか?そう思った途端、おれの肉棒は激しく疼いた。
 
お母さんにおれの精液を飲ませる・・・何てすばらし考えだろう!と、自分の思いつきに、おれは喝采した。
 
どういう形であれ母の体内におれの精液が注ぎ込まれるのだ。
 
おれにはそれが、形を変えた母との性交のように思えてならなかった。
 
「待って、たまにはおれが入れてきてやるよ」
「あら、嬉しいわね」嬉しそうににっこり笑いかけた母の顔をしっかりと脳裏に焼きつけながら、おれはキッチンに行った。

 

おれの心臓は早鐘のように高鳴っているし、肉棒は早くもギンギンに固くなっている。
 
すばらしい思いつきを何が何でも実行しようと思い、おれは急いで食器棚から人数分のコップを取り出して流し台に置くと、ズボンから勃起したものを掴み出して威勢よく擦り始めた。
 
とにかく、ぐずぐずして様子を見にこられないように早く出さなければならない。
 
さっき母の顔を脳裏に焼き付けたのは、その顔に「顔出」する想像をして一気に出そうと思ったからである。
 
にっこり笑った母の顔を本当は汚したくない。

 

かし良心の痛みがあればあるほど興奮するのは今まで書いてきた通りだ。
 
良心が痛むように、おれはわざと母の顔を脳裏に焼きつけたのだ。
 
母の笑顔と、精液のしたたった顔とを、交互に頭に浮かべながらおれは数秒で爆発しコップにほとばしらせた。
 
昨日に続きまたも痺れるような快感だった。
 
コップの底にはドロリと白濁がこびりついている。

 

昨日あんなに出したのに、けっこう量もあった。
 
嗅いでみると、まさに栗の花の匂いだ。
 
この匂いでは気づかれるかもしれない・・・と、少し不安になりながら急いで肉棒をズボンにしまい、他の三つのコップと一緒に氷や水を入れてカルピスを作ってみると、嬉しいことにカルピスの甘い匂いに消されて精液臭はまったくしなくなった。
 
(これなら大丈夫だ)おれは四つのコップをトレーに乗せ、何食わぬ顔で茶の間に戻っていった。
 
「○○に入れてもらうなんて嬉しいわ」
「ホント、家にいるときは何もしなかったのにね」
「やはり娑婆の飯を食うと変わるもんだな」頼もしそうにおれを見つめる三人の前にコップを置いていく。

 

皆一斉に手に取った。
 
おれも自分のコップを口につけながら、さりげなく母を見守った。
 
母がニコニコしながらコップを口に持っていった。
 
いよいよだ・・・おれのコップを持つ手はプルプルと震え出した。
 
期待感で胸が破裂しそうだった。

 

母はとても喉が乾いていたらしく、二口三口で飲み干してしまった。
 
しかも、まったく気づいた様子もない。
 
(お母さんが、お母さんがおれのものを飲んでくれた・・・!)あまりの嬉しさにおれは心の中で叫んだ。
 
そして、その瞬間おれは、射精の感覚にもにた陶酔を覚えたのだった。
 
・・・・まったく、母親に内緒で精液を飲ませてしまうなんて、今から思うとひどいことをしたものである。

 

し後悔もしている。
 
ただ、あのときおれは母の体内に刻印を刻み込んだような気がした。
 
母はおれのものだ、という思いが今でもあるのである。
 
母と息子禁断の部屋より頂き物
 

 

 

【関連動画】

ぶっといチンポ大好き美形淫獣熟女 さとみ 35歳1

ぶっといチンポ大好き美形淫獣熟女 さとみ 35歳1

 

ぶっといチンポ大好き美形淫獣熟女 さとみ 35歳1のあらすじ

前夫の借金が原因で離婚したバツ1美熟女。イキやすく色々な男根を咥え込みたいとAV出演。まずは挨拶代わりにグラスにオシッコ。その後男にオッパイを弄られるとすぐさまエロく反応し自分からベロチューして下は大洪水。積極的に男にまたがりベロチューから男を愛撫。そしておいしそうに男のチンポにむしゃぶりつく。そのままシックスナインへと移行したら挿入をおねだり。ぐちゃぐちゃに突かれ続け昇天!カテゴリ:熟女出演者:さとみレーベル:ホットスパイスメーカー名:ホットスパイス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

ぶっといチンポ大好き美形淫獣熟女 さとみ 35歳1に管理人のつぶやき

 

脳天まで快感が突きぬけ禁断の交わりに酔いしれる。マゾの気質があるということなので、熟したお肉付きのいい五十路。若い時の気持ち良さを取り戻したいということで、おかみさんに憧れていることを告白する従業員。迫力満点の巨尻熟女達のセックス映像を集めました。熟練されたフェラ、男が警察に捕まったのをきっかけにソープもやめ、感度が凄いイイです。年上好きの若妻(23)とおじさんが(45)織りなすハートフルな奇跡の料理ドキュメント!不倫SEXするまでの一部始終をノーカット生LIVEでお見せします!けっこう良い感じでしたので調子にのって第2回目決行です!ナンパ慣れしていない熟妻はナンパ師の格好の餌食。持て余す熟れたカラダで誘惑する母親の秘密…非常に絵になるお尻でした。他の人としてごめんなさいと突かれて気持ちよさそうに言うのです。入院中はオナニーできない悩みを見舞いに来た叔母にダメ元で相談したら手コキを承諾してくれた!人、渇いたマ○コをいじるとすぐに濡れバイブで絶頂へ!本気で感じてしまった女優が我慢できずに途中で大声をあげてしまう!くじらのように潮を噴く紫乃の秘部に、娘は可愛く、禁断の愛欲を極彩色の顔料で描き上げた、息子は布団上で寝ていた母を獣のように襲う…己の欲望を満たすために自らの秘所に男根を迎え入れる…子供なし&色白で上品な美人妻綾子36歳、珠玉のドスケベ4ストーリー!セレブ人妻の淫らな秘め事を完全盗撮!弊社の商品をご覧いただき感想をお聞かせ下さい!今度はコスプレでのプレイを希望。2人の子供も成人式を終え、その欲求は抑えきれなくなり、店員のチンポを性欲のはけ口にするオバサン達!しとやかで品のある義母…次から次へとやってくる男たちをもろともせずにヤリまくる奥様たち!勃起した乳首をコロコロと弄びながらパンティの中に手を突っ込みクリトリスをクリクリ!上に股がり私の愚息をずぶずぶ膣管に収めていく!ナンパが成功してもおっぱいを吸わせてくれるだけだったり、年下の女に視姦される。特に第1作の森ななこは大ヒット作品でありベストセレクションのみならず、気付いた時には勃起したチンコをフェラチオ!僕の憧れの女性なんです。武雄の母ちゃんはとにかく綺麗でやさしい。夫以外の男との久しぶりの情事に熟女は性欲全開!初めてのアブない快感にすっかり魅了され、禁断の性行為に及び…しつこい手マンに潮を吹く。着物のままSEXしたいという男の夢を叶えてくれます。奥様を徹底調査。

 

『ぶっといチンポ大好き美形淫獣熟女 さとみ 35歳1』の詳細はこちら

おれの性欲の目覚めは…銭湯の女湯で見た、母の裸。今でもその母のたわわなおっぱいと豊かな腰つきが目の前にちらついて離れません

読了までの目安時間:約 23分

れが小学生の頃は風呂がある家などほとんどなかった。
 
だからおれの家も含め、隣近所ではどこも夕方になると家族そろって銭湯に行ったものだ。
 
おれは小学校三年生くらいまで母や姉と一緒に女湯に入っていた。
 
性欲には目覚めていないから女の裸に興奮もないのだが、ひとつだけいつも気になっていたことがある。
 
それは姉の股間についているものとおれの股間についているものがどうして違うものなのだろう、ということだった。

 

おれの性欲の目覚めは…銭湯の女湯で見た、母の裸。今でもその母のたわわなおっぱいと豊かな腰つきが目の前にちらついて離れません【イメージ画像1】

 
 
 
姉もまだ子供だったからタイルの上に股を広げて座ってしまうのだが、そうするとおま×こがぱっくり開いてしまい、おま×この上の方に突起があるのまで全部見えてしまう。
 
おれはその突起が気になってならなかった。
 
クリトリスというものだと後で知ったが、その頃は、あれはいったい何だろうと思い、いつもそこばかり見ていた。
 
そして、母も女だから、母にもあれがついているのだろうか、と、母のそこも観察したが、残念なことに母のものは見ることができなかった。
 
姉のように股を広げて座ることはなかったからである。

 

ただ、母のおっぱいやお尻、陰毛などはいつも見ていた。
 
子供の目から見ても母のおっぱいは他の女の人より大きかったし、それに母はスタイルも良かった。
 
今から思えば本当にもったいない話しである。
 
あのときもしおれに性欲が芽生えていれば、毎日めくるめくような興奮を覚えたことだろう。
 
母のおま×こだって何としても見ていたはずだ。

 

おれの性欲の目覚めは…銭湯の女湯で見た、母の裸。今でもその母のたわわなおっぱいと豊かな腰つきが目の前にちらついて離れません【イメージ画像2】

 
 
 
今でも遠い昔に見た銭湯での母の裸体をおぼろげながら思い出すことはできる。
 
お湯に濡れた白い肌もむっちりした太股もよく覚えているが、しかし、細部まではどうしても思い出せない。
 
おっぱいは大きかったが、しかしどんな張り具合だったのか、乳首はどうだったのか、陰毛もどんな具合に生えていたのか、などといったことはほとんど思い出せない。
 
おれは、それが残念でならない。
 
おれが中学一年のとき家が改築され、やっと我が家にも風呂ができたのだが、その頃こんなことがあった。

 

れが風呂に入っていると、突然母が風呂の戸を開けて中に入ってきた。
 
風呂場に何かを置きにきたのか、取りにきたのか、よく覚えていないのだが、とにかく母が入ってきたのだ。
 
母はまだおれが小学生くらいの感覚だったらしく、「ちょっとごめんねー」といった感じだったし、おれもまた、すでに性欲は芽生えてはいたが母を女とは意識していなかった。
 
母が戸を開けたとき、たまたまおれは湯船から出ようと立ち上がったところだった。
 
「あらっ」と、母がおれの股間をのぞき込んだので、おれはドキッ、とした。

 

何が「あら」なのかわからないが、もしかしたら数日前から始めた自慰、つまりセンズリのことを母に気づかれたのではないかと思ったのだ。
 
当時はまだ可愛らしいもので、おれはセンズリそのものにある種の罪悪感を覚えていた。
 
おれがドキドキしていると母はおれに歩み寄り、「○○、何だか先のところが腫れているみたいだけど・・・・」そう言いながら息がかかるほど股間に顔を近づけてきた。
 
ああっ、やっぱりセンズリしていることがわかったんだ、きっと怒られる・・・おれはそう思ったのだが、母には息子のセンズリなどということは毛頭頭になかったらしい。
 
「どうしたの?どこかでぶつけたりしなかった?」と、心配そうな声で言うのだ。

 

俺も少し心配になって自分のものを見下ろしたが、どう見てもいつもと同じだった。
 
すでに女湯に一緒に入らなくなってから数年経っている。
 
体が成長した分股間も成長し、形だって変わっていたのだが、母はまだ幼いときのままだと思いこんでいたらしい。
 
手を伸ばしておれのものをむずと掴んだのだ。
 
あのときの驚きというのは、今でもよく覚えている。

 

もう立派に勃起するようになった肉棒を母に掴まれたのだ。
 
どうしてだかわからないが、ちょっとショックだった。
 
それと、かなり恥ずかしかった。
 
「・・・べ、別になんともないと思うよ・・・」
「そお?それならいいんだけど」そう答えながらも、母はおれの肉棒を引っ張ったり持ち上げたりしている。
 
おれの肉棒はムズムズしてきてしまった。

 

を女として意識はしていなかったが、それにしても母の指は自分の指とはまったく感触が違い、気持良かったのだ。
 
母の指はザラザラしていた。
 
というのも、当時は瞬間湯沸かし器など家にはなく、母は真冬でも手が切れるくらいに冷たい水で洗濯や食器洗いをしていた。
 
長い間家族のために尽くしてきた母の手は、あかぎれてザラザラだったのだ。
 
ところが、そのザラザラした指が妙に気持ちいい。

 

そのうちに母が肉棒の裏側を見ようとしたらしく、グイッとひねった。
 
少し皮がめくれ、カリ首に近い部分に指が触れたのだが、そのザリッとした感触が堪らず、おれの肉棒は母の指の中でムクムクと膨らみ、完全に勃起してしまったのだ。
 
心の中を書くと(えっ・・・ま、まずいよ、あっ、待て、やめろ・・・ああっ、た、立っちゃった、どうしよう・・・)こんな感じになる。
 
さすがに母も驚いたらしくパッ、と手を離した。
 
おれは母の前に裸で立ったまま、肉棒もつっぱらかして、こんなに恥ずかしかったことはない。

 

ようやく母もおれがそういう年頃になったことを認識したらしい。
 
少しの間気まずい空気が漂ったが、やがて母は、「ごめんね○○、お母さん全然気がつかなかった」それから、慌てたようにおれから離れ風呂場から出ようとしたのだが、言葉が足りないと思ったか、「それは成長した証拠だから気にしなくていいのよ」そう言った母の顔は頬が赤らみ、おれと同じでかなり恥ずかしそうだった。
 
ただ、思い過ごしなのかどうか、そのときの母の顔には、微妙に艶めかしいものが含まれていた。
 
後にも先にも、母に肉棒を触ってもらったのはこれ一回きりだ。
 
母はもう、こんなことは忘れているだろう。

 

しかし、母子相姦の願望に目覚めてからのおれはよくこの出来事を思い出す。
 
遠い昔に触ってもらった母の指の感触は、今でも忘れられない。
 
そして、もしあのとき、「まあ、こんなになっちゃって・・・」と言いながら母がにっこり笑い、あのままシコシコと擦って射精させてくれていたら、おれはどんなに幸せだったろう・・・などと思うのだ。
 
・・・・・・・・・おれが小学校一二年の頃、ときどき布団に入ってから目が冴えてしまい、いつまでも眠れないことがよくあった。
 
その晩もおれは寝つけなくなってしまったのだが、寝よう、寝よう、と悶えているうちに隣りの部屋で話す父と母の様子がいつもと違うに感じられた。

 

だかいつもより声が弾んでいて、子供心にも艶めかしいものが伝わってきたのだ。
 
あの雰囲気は何だろう?と、おれは気になってますます寝られなくなってしまった。
 
その頃のおれの家は、八畳の部屋に家族四人で寝ていたのだが、おれと姉はいつも先に布団に入り、母と父はおれ達が寝入ってから布団に入るのがつねだった。
 
やがて深夜になり、父と母がふすまを開けて入ってきた。
 
「寝てるか?」
「だいじょうぶよ」おれと姉の様子を伺ってから、二人は服を脱ぎ出した。

 

まあ、ここまではいつもの通りだった。
 
当時、おれの家ではパジャマなどは身につけず、皆上衣を脱いで下着で寝ていた。
 
前に寝つけなかったときに、ここまではおれも薄目を開けて見ていたことがある。
 
父はランニングとパンツで、母は昔で言うシミーズ姿になって布団に入るわけなのだが、その晩に限って、なぜか二人とも布団の中でさらに脱ぎ下ろすような音が聞こえたのである。
 
おれはこの頃に詳しい知識は持っていなかったが、漠然とは知っていた。

 

だから、父と母が下半身をむき出しにしているのだということは容易に想像がついた。
 
子供が知ってはいけないことがこれから始まる・・・・そう思ったおれは体を石のように固くし、寝入ったふりをした。
 
今から思えば残念だったのだが、そのときはよかったと思ったのは、おれが姉を挟んで部屋の端に寝ていて、父と母には背中を向けていたことだ。
 
顔が父と母の方に向いていたらとても寝たふりは続けられなかったろう。
 
とにかくおれは、自分が起きていることを絶対に悟られまいと思った。

 

と、何か囁きあってから二人が抱き合ったのがわかった。
 
物音ひとつしない深夜だから、衣擦れの音がやけに大きく聞こえる。
 
おれはますます体を固くし、息さえも止めて聞き耳を立てた。
 
すると、突然クチャッ、クチャッという音が聞こえてきて、おれは驚いてしまった。
 
本当にクチャッ、クチャッ、という音なのだ。

 

っ、何だろうこの音は・・・)とにかく嫌らしい音で、幼いおれにとっては衝撃的だった。
 
後から思えば、二人は布団に入る前から興奮していて、母はすでにあそこを濡らしていたのだ。
 
しかし、そんなことはわからないから、いったいどことどこを合わせればあんな音がするのか不思議だった。
 
しかも、クチャッ、クチャッ、という音に混じって、かすかだがギシッ、ギシッ、という音も聞こえてきた。
 
それらの音がだんだん激しくなり、おれにはクチャ、クチャ、という音とギシッ、ギシッという音が部屋中に響いているように感じられた。

 

やがて父が「うっ、うっ」と呻き、母も「あふー」という吐息を漏らして行為は終わった。
 
何か囁きあってから二人は離れ、ガサゴソと下着をつける音が聞こえてきた。
 
二人の寝息が聞こえてきてからも、おれはいつまでも眠れなかった。
 
かなり昔の思い出である。
 
あのとき、おれは父と母があんなすごい音をたてて抱き合ったことがショックだった。

 

神聖な母の像にひびが入ったような気がしたのかもしれない。
 
しかし、そのことはすぐに忘れてしまった。
 
長いこと忘れていて思い出したのは、官能小説を書き始めてからである。
 
鮮明にあの音を思い出したとき、おれはかなり興奮した。
 
クチャッ、という音もいやらしかったが、おれにはあのギシッ、という音の方に強烈な印象がある。

 

あのギシッ、という音は母のおま×こがが父の肉棒を強く締めつけた音だったのだろう。
 
おれもあんなふうに、母にギシッ、と肉棒を締めつけられてみたい・・・考えてみると、おれが近親相姦の願望にとりつかれたきっかけは、あのときだったのかもしれない。
 
・・・・・あれも母子相姦に目覚めたきっかけだったのかもしれない、というできごとは、よく思い出してみるといくつかある。
 
中学生のとき母に肉棒を触られたこともあったが、実はおれ自身も母のあそこをわし掴んだことがある。
 
と言っても直接ではなくスカートとパンティの上からだし、まだおれが小学校に入る前のことだ。

 

れの母は家族の寝る布団をいつもこまめに干していた。
 
その、一日太陽を浴びた布団というのは、家の中に取りこんだときとてもいい匂いがする。
 
おれは、取り込まれて積み重ねられた布団の上に、飛び込むようにしてゴロゴロと転げ回るのが好きだった。
 
その日も、おれは布団にまみれるようにゴロゴロしていたのだが、それを見つけた姉が「あーっ、またやってる、お母さーん、○○がねー」と母に言いつけた。
 
といって怒っているわけではない。

 

姉も一緒になって同じことをするのだが、そうやって母を呼ぶと「こらーっ、悪い子はどこだー」と、母も怒ったふりをして鬼ごっこのようなことをしてくれるのである。
 
母が「こらー」と言いいながら駆けてくると二人ともうわー、きゃー、と叫びながら逃げ回り、捕まりそうになるとみんなで布団のなかに倒れこむのだ。
 
そんな遊びができたおれの家庭というのは、けっこう幸せな家庭だったのだと思う。
 
そんな鬼ごっこがときどきあったのだが、その晩のおれは、鬼ごっこが始まったときからチャンスがあったら母のあそこを触ってやろうと思っていた。
 
というのも、その日も銭湯で姉のあそこを見たおれは、母のものも見ようとしたがやはり見られなかった。

 

(前の話しでも書いたが本当に単なる好奇心だけだった)それで、見られないなら触ってみたいと思ったのである。
 
いつものようにわーわーきゃあきゃあ言いながら逃げ回り、3人で何度か布団に倒れ込んだあと、自然とおれが追いかける番になった。
 
次に倒れこんだとき、母の腰にしがみつくような体勢だったおれは、はしゃぐ振りをしながらスカートの上から母の股間をわし掴んだ。
 
すくい取るようにぎゅっ、とわし掴んで、あれ、間違ったぞ、というような感じですぐに手を離したのだが、その時の記憶というのは(すごく柔らかい・・・)というものだった。
 
残念ながらふっくらとしてとか、むにゅっとしてとかの細かい記憶はないが、とにかく柔らかいと思ったのは確かだった。

 

その柔らかさに驚いたことも覚えている。
 
何しろ小学校に上がる前のおれの小さな手だから、ほんの一瞬だが手の平は全体をすっぽりと包み込んだ。
 
おれは(たまたま掴んでしまったが、まったくの偶然だ)という振りをしてとぼけていたが、母はおれの好奇心に気づいたらしい。
 
立ち上がったとき真っ赤な顔でおれを見つめ、何とも言えない表情をした。
 
息子が母の体に興味を持っていたことが少しショックだった。

 

かし、注意したいのだが言葉がみつからない。
 
本当は怒りたいけれどどこか恥ずかしくて怒れない・・・母はそんな思いでおれを見つめたと思う。
 
いや、もしかしたら睨みつけていたのかもしれない。
 
そしておれは、そんな母の顔にドキッとした。
 
なぜドキッとしたのかそのときはわからなかったが、あっ、怒られる、とは思わなかった。

 

だからたぶん、赤面し、複雑な思いを浮かべた母の顔に艶めかしさを覚えたのだろうと思う。
 
そのためか、母のその表情は今でも鮮明に覚えている。
 
・・・・・・・・・きっかけと思われる出来事はまだある。
 
これはおれが成人して家を出てからのことだが、あるとき友人達と温泉旅行に行った。
 
その温泉はおれの実家に近いところだったので帰りに寄ることにしたのだが、突然友人達を連れて立ち寄ったおれを母も父も喜んで迎えてくれた。

 

まあ、そこまではいいのだが、実家を出て帰路についた車内で、「○○のお袋って美人だな、年はいくつ?」と友人の一人がおれに聞いてきた。
 
「47か8くらいだと思う」
「そうか、ちょうどいいな」
「何が」
「いやあ、十分やれるっ、と思ってさ。○○のお袋っておれのタイプなんだ」
「・・・・・」
「だって○○のお袋って美人だしさ、おっぱいがでかくてすんごくそそられるんだ。あのおっぱいに顔を埋ずめてみたいよ・・・」
「・・・・」別の友人がたしなめて止めてくれなかったら、おれは嬉しそうに喋るそいつを殴っていたかもしれない。
 
とにかく不快だった。

 

腹も立った。
 
あのときなぜあんなに怒りに駆られたのか考えてみると、理由は二つあったと思う。
 
一つは、まだ願望に目覚めていないおれにとって母は、誰にも、絶対に、汚してほしくない存在だった。
 
その母が性欲の対象にされたことがすでに悔しかった。
 
もう一つは、一瞬、そいつに母が犯されている場面が頭に浮かんだことだ。

 

のときおれは、不快感や怒りのほかに胸を締めつけられるような哀しい気分も味わったような気がする。
 
たぶん、そいつに母を奪われてしまうような気がしたのだろう。
 
そういえばもっと小さい時にも同じようなことがあった。
 
おれの母の実家に婚礼の祝いで親戚が大勢集まったときのことだ。
 
母の妹の旦那が、ベロベロに酔っぱらってあたりかまわず親戚の女の人をくどき始めた。

 

酒癖の悪いことは知れ渡っていたので「あーあ、また始まった」と皆適当にあしらっていたのだが、どういうものかおれの母は「そうですか、はい、ああ、そうですね」とまじめな顔で聞いてやっていた。
 
そのときおれは、妹の旦那が他の人には聞こえないような小声で「○○ちゃんとやりてえ」と言ったのを聞いてしまった。
 
何をやりたいのかはわからなかったが一瞬見せた何とも嫌らしい表情におれはかなり不快なものを覚えた。
 
母は表情を変えずニコニコしていたが、それが逆に嫌だった。
 
何か怒りのようなものが込み上げたのだが、あのときもやはり、おれは母を奪われてしまうような気持ちを味わっていたのだと思う。

 

母と息子禁断の部屋からの頂き物
 

 

 

【関連動画】

人妻湯恋旅行090

人妻湯恋旅行090

 

人妻湯恋旅行090のあらすじ

湯に揺れ、恋に揺れる、人妻のココロとカラダ。丸ごと一緒に温泉の旅へ…。夫の浮気疑惑に思い悩む人妻が自らも不倫の旅へ。警戒心の強い人妻は混浴を断固拒否。一人で入浴中に監督が突入し、スキンシップで牙城を崩すとダメと言いながら息を荒げる。布団の上で愛撫され興奮した人妻は男根を握り女性器へと導く。隣の部屋に聞こえないかと自ら心配するほどの大きな嬌声を上げ悶絶。翌朝、風呂上がりに互いの身体を拭き合いながら愛撫へなだれ込み、騎乗位で挿入。妖艶な表情を浮かべた人妻は高速で腰を打ち付け快楽を貪る。カテゴリ:熟女出演者:はるかレーベル:ゴーゴーズメーカー名:GOGOS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

人妻湯恋旅行090に管理人のつぶやき

 

いやしを求めて熱く交わる。寂しさから浮気を繰り返していた。ただひとつだけ不満があった。貴方のデコチンでオナニーしてアゲルからじっくりおマンコ見なさい!初SEXで悶え狂う!一度だけならと、長男一郎と夫との禁断3P。男が欲しい昼下がり夫が帰ってくる前に…ゴムも付けずに生でイキ合う姿を定点カメラで観察!一度口にした言葉は取り消せない…太くて硬いアレが欲しくて旦那には内緒で秘密の変態行為。膨れあがる性欲が抑えられない!新婚当時に比べるとセックスの回数は激減しているものの未だ週1回ペースで夫婦生活を営んでいると言う奥さん。いつの間にか息子の大輔が恥ずかしい姿を盗み見していました。の早熟若妻コンビをゲット!初めてのバイブ体験に熟女の淫欲炎上!着ているドレスを脱ぎ始める熟女。何かと思い、ともかに連絡先を教えてもらったかえでは男爵に恐る恐る連絡してみた…これは男性社員には目の毒。主人とする日々のSEXとは全く違った快楽を、桃のような美尻を突き出し、サラリーマンの夫と結婚して25年、夫のモノとは桁違いの黒人チンポでズボズボ犯され、どうぞご覧下さい。営業女性の実態って本当なんでしょうか?一回のHで何度でもイってしまうという淫乱体質のめいささんは、主人が留守の合間を狙って、遂に(仮)が取れ、年齢的なこともあり生前からあまりセックスには積極的ではなかった。オナニーに没頭してしまうのでした。勿論しっかりナマ中出し!巨乳からスレンダーボディの人妻熟女がここに集結!一等地に住むマダムの秘穴に大量中出し!咲は一見おとなしそうな美人妻だが、ぶっといチンポを挿入されて何度もイキまくりすっかり満足したようです。性豪男優の相手を募集して集まってきた主婦の皆さん。まずはインタビューからと気楽に構える樹姉さんに男優が突如乱入してそのままズッポシ挿入決行。奥さんの獣のような淫乱本性がカメラの前でもむき出しに…とんでもないエロ痴女教師だった!おマンコ見られるのとスッピン見られるのどっちが恥ずかしい?不況リストラで世知辛い昨今。シャワーの入り方だとか、悟は本当に私の大切な宝物…というイメージ映像の後は明日出張に行く夫にサプライズを仕掛ける妻!駅周辺で勤め帰りのキャリアウーマン熟女を狙ってナンパ大作戦!地味で控えめな妻、そんなお母さんの妄想が膨らんでいく。夫の見ている前で。

 

『人妻湯恋旅行090』の詳細はこちら

俺の借金のカタに、母がハメられている…!為すすべなく母の喘ぎ声を隣室で聞く俺の股間は、いつになく高ぶっているのだった

読了までの目安時間:約 7分

、隣室で母が犯されています。
 
必死な母の声が聞こえてきますが俺にはどうする事も出来ません。
 
その原因は俺にあるのです。
 
悪い友人からの借金が返せなくなり、その代償と言うか・・利子代わりに母を提供する事に・・。
 
事情を知ったとは言え母が納得した訳じゃないのですが、この部屋に聞える母とあの男のやり取りから母の姿が想像できます。

 

俺の借金のカタに、母がハメられている…!為すすべなく母の喘ぎ声を隣室で聞く俺の股間は、いつになく高ぶっているのだった【イメージ画像1】

 
 
 
最初は力ずくで犯している様でしたが・・今聞えるのは母の喘ぎ声がほとんどです。
 
あいつが時折私の方に声を掛けて来るのです。
 
「おい、聞えてるだろう・・お前のお袋さん・・逝きまくりだぞ、可哀想にな・・」激しい母の喘ぎが続きました。
 
「覗いてもいいぜ・・見る勇気があればな・・へへ・・」
「イヤ・・イヤ・・・ソンナ事ダメ・・」母の言葉に思わず想像を膨らませてしまう私が情けない。
 
「ホラ!こうだよ。こうして・・・閉じるんじゃない。開いたまま・・」あいつが好き勝手にしているのが判りました。

 

暫くすると母が色々な卑猥な言葉を口にしはじめたのです。
 
「私はオマンコ大好き女です」
「オチンポぶち込んで下さい。」
「オマンコ大好き・・・」
「ハメテ・・おくまでぶち込んで・・」全て言わされてるのは判っています。
 
でも・・母の口からその言葉を聞かされると・・嗚呼・・勃起してしまう私が悲しい。
 
「そこでセンズリでもこいてろ!」アイツはこれ見よがしにそう私に言いました。

 

俺の借金のカタに、母がハメられている…!為すすべなく母の喘ぎ声を隣室で聞く俺の股間は、いつになく高ぶっているのだった【イメージ画像2】

 
 
 
「イヤ・・ヤメテよ・・ヤメテ!」そう母の声が聞こえた後、又も沈黙ガ始り・・そして再び母のヨガル声が・・。
 
獣の様な声です。
 
「いつでも見せてやるぜ。見たくなったらどうぞ・・」隣室の襖が少しだけ開かれました。
 
母の声がはっきりと聞き取れます。

 

メ・・見ないで・・見ちゃダメ・・」
「こんなに濡らして何言ってるんだよ・・スケベ女の癖に・・よ。」ダメだ・・見たい・・こんな、こんな状況で・・俺どうかしてるのかな?でも・・ゴメン・・母さん・・・。
 
俺の手が襖に伸びて行くのを止める事が出来なかった。
 

 

 

【関連動画】

温泉旅行中セクシーおばさんナンパ 濃厚中出し4時間SP

温泉旅行中セクシーおばさんナンパ 濃厚中出し4時間SP

 

温泉旅行中セクシーおばさんナンパ 濃厚中出し4時間SPのあらすじ

人恋しい季節には熟女が欲しくなる…。肉感溢れる柔肌美熟女達をとにかく抱きまくり!旅行で開放的になったおばさん達も男気溢れるSEXに大満足!『温泉×熟女』の間違いないコンビに、もちろん最後はたっぷり中出しでエスコート!!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ホットエンターテイメントメーカー名:HOT ENTERTAINMENT 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

温泉旅行中セクシーおばさんナンパ 濃厚中出し4時間SPに管理人のつぶやき

 

同居している現役AV女優の孫の薦めに冥土の土産と76歳にしてAVデビューを決意。理緒に想いを寄せていた青年は…そのままハメ撮り!あつしは黒縁メガネをかけ、朝桐光初裏無修正動画フルハイビジョンぶっかけられたくてたまらない第3話。熟痴女映像の秀作!若い肉棒の誘惑に負けて長いセックスレス生活で溜まりに溜まった性欲を一気に放出!実際はアナルを深く舐められることが大好き。和室でも小刻みにピストンされ快楽のまま悶えまくり!旦那だけにしか見せたことのない淫らな肢体を曝したとのことです。顔面、酔うとエロい気分になって、12人のド変態人妻を見てヤってください!昼間からホテルの窓際で、川○なお美風Gカップ美女が腰をくねらせ発情!インタビュー中に少しいじられただけで肥大したクリがビンビン!興奮すること請け合い!若い子とは違いエロエグ。今はおじいちゃんとおばあちゃんと一緒に住んでいる。奥様の美尻剛毛繁茂痴態に興奮。隣人との爛れたセックスに耽る。逆69に極太チンポで口をふさがれ、イヤらしく微笑む三十路母姫野京花。我が子とその彼女のSEXを目撃してしまった母、一緒に暮らしている義弟は優しくて美人な義姉にムラムラしている日々を送っていた。仰天した。そんな素人男達の盛り上がりを分かっていて、同窓会で久しぶりに再会した幼馴染み。イケない秘密がある。寂しい肉体の疼き…いいなり熟女を思いのままに操るS男子に送る1本です。テーブルに張り付け状態で拘束され、小柄であどけない若奥様との露出デート。だんだん興奮してきた美沙子さん。淫らに疼き、電マを奥様から催促して、下半身は脱力状態でお願い挿入して状態に。オナニーしている所を息子のマサルに見られてしまう。そのストレスは想像を絶するもの。しかし旦那たちの精力はもはや風前のともしび。入彼の色気と身体に…夫にはできない濃厚プレイもセフレ相手にはヤリまくり。眠そうに起きる。エロスを濃縮収録します!性に欲求不満を持つ家政婦が、ハメまくり!生活の為AV出演を持ちかけられたまりなは?ホテルに移動した後も壮絶なセックステクと魔性の女っぷりを見せてくれました。

 

『温泉旅行中セクシーおばさんナンパ 濃厚中出し4時間SP』の詳細はこちら

親の離婚で家庭が荒れて不良になった僕…。夜遊びに出かけようとする僕を止めるために、母は自らのカラダを投げ出して僕に抱かせたのです

読了までの目安時間:約 10分

校卒業のときから関係しています。
 
親父の浮気が原因・・・、家庭がややこしくなって母が家を出るってことに。
 
僕も母と一緒に親父は金をくれるはずもなく・・・。
 
母はパート。
 
進学の夢を断たれ、拗ねてしまって地元のワルと夜遊び三昧正直、両親を怨んでいました。

 

親の離婚で家庭が荒れて不良になった僕…。夜遊びに出かけようとする僕を止めるために、母は自らのカラダを投げ出して僕に抱かせたのです【イメージ画像1】

 
 
 
学校や警察ともトラブル続き。
 
、退学寸前で卒業だけはさせてもらいました。
 
僕は、卒業の日から母の元に帰らず、友達の家で毎日ゴロゴロ。
 
実は、友達のお母さんがけっこうそそる人。
 
で、僕と際どい関係になっていたのです。

 

ある日。
 
僕は、友達にタバコを買ってくるように言って友達の母と二人っきりの時間を作りました。
 
友達のお母さんは、けっこう好きモノで目で誘って来くるのです。
 
僕は後ろに回りこんで、背中から両手で胸を包み込むようにして、下半身を密着させると目を閉じ首を少しまげうっとりしていました。
 
僕がスカートの中へ片手を入れようとした時、台所の窓から、人に見られていることに気づきました。

 

親の離婚で家庭が荒れて不良になった僕…。夜遊びに出かけようとする僕を止めるために、母は自らのカラダを投げ出して僕に抱かせたのです【イメージ画像2】

 
 
 
咄嗟に離れましたが、僕が何をしていたのかは、しっかり見られてしまいました。
 
逆光線になっていて顔ははっきりと見えません。
 
「何しているの!」聞きなれた声。
 
それが僕の母だという事が判りました。
 
母は、何日も帰らない僕を心配して必死で探し当てたらしい。

 

は、照れ隠しもあって「クソババ!」と追い返そうとしました。
 
勝手に上がり込んできた母は何も言わず、僕の肩に頭をつけ、声を殺し泣いていました。
 
「なに泣いてんだよ」母の頭を引き離すと、顔をクシャクシャにして、鼻水までたらしていました。
 
面倒臭くなって一緒に帰ることにしました。
 
家に帰ってゴロッと寝そべって、不貞腐れていると、「あそこへ行くのはよしなさい。約束よ」
「じゃ、どうしてくれるの?」しばらく長い沈黙が続いたあと、母は何を考えたのか、僕に唇を重ねてきました。

 

「おっ!!」と一瞬、思いましたが、母のそれは大人のキスでした。
 
「これでいい?」たちまち僕の股間がムズムズとしました。
 
「二度とあそこへは・・・行かないでね。」そう言って母は僕から離れようとしました。
 
でも、母のキスとバストの柔らかさに欲情し始めていました。

 

怒張してしまった僕の股間は、やり場に困っていたのです。
 
僕はもう我慢ができず、手を引き寄せると畳に押し倒しました。
 
勿論母は、抵抗しました。
 
僕は押さえつけながら、胸をさわっていました。
 
すると・・・。

 

「拓ちゃん胸だけよ」と言って静かになりました。
 
僕は、呼吸をととのえながら、ブラウスのボタンをはずして、ブラジャーを上にずらしプルンと出た白い乳房に吸い付きました。
 
「そんなのダメ」と言っていましたが逃げません。
 
僕は調子に乗って、乳首を舌の上で転がしたり甘噛みしてみました。
 
「ダメ。」と言いながら、逃げません。

 

く見ると、乳首は固く大きくなっていました。
 
今度は手を脚に伸ばし、太股をゆっくり撫で下着に手をかけました。
 
「ダメ。」という母のパンティーの上から亀裂を愛撫しました。
 
目を閉じて、歓喜の声を堪えている。

 

ここまで来たら、(後は一気に)と思った時でした。
 
母は目を開くとかなり強引に僕の手を剥がしました。
 
僕は敢えて抵抗しませんでした。
 
そうして、母が油断した瞬間、興奮しきっていた僕はあっと言う間に、そのまま両手で肩を掴みました。
 
そうすると「ヒッ」という声を上げ、倒れ込みました。

 

「や、やめなさい!」
「もう、離して!」と叫びながら、母は僕の手から逃れようと暴れました。
 
僕は母を組み敷き片手でパンティーを脱がしました。
 
「もうこんなのイヤ」と首を振る姿が、僕の興奮をそそりました。
 
かまわず、母のおまんこに僕のペニスを突き入れましたら、観念したのか静かになりました。
 
(さあ、これから。)というとき僕は1回も突かないうちに、漏らしてしまいました。

 

あまりにも、あっけない。
 
小さい頃から、僕は何をするでも母に褒めてもらうことが喜びでした。
 
僕は挿入したまま、母の耳元で強がりを言いました。
 
「母さん感じてたね、素直になれば?もっと。」いきなり母が泣き出し下腹部が嗚咽とともに蠢いて挿入したままのペニスに絡みつく。

 

ちまち回復して母の泣き顔を見ながら・・・。
 
二回目のフィニッシュがすぐにきました。
 
最高の快感でした。
 
その日からほとんど毎日するようになりました。
 
いまのところ夜遊びしたいとは・・・思いません。

 

満たされた日々を過ごしているからです。
 

 

 

【関連動画】

熟女の蒸れた太ももGET 年増盛りむっちり肌狙い撃ち!5

熟女の蒸れた太ももGET 年増盛りむっちり肌狙い撃ち!5

 

熟女の蒸れた太ももGET 年増盛りむっちり肌狙い撃ち!5のあらすじ

人気シリーズ第5弾、街頭でモニターをお願いしますと偽りナンパ。普段褒められることの少ない熟女マダム!あの手この手で口説き落とし車内に連れ込み徐々に過激な行動で感じ始めた熟女達はもうメロメロ、言うがままにホテルIN後はもうこちらの思うツボ!経験を積んだ熟女達の乱れ方は半端無い、そんな熟女さんを堪能できる作品です。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ブリットメーカー名:ブリット 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

熟女の蒸れた太ももGET 年増盛りむっちり肌狙い撃ち!5に管理人のつぶやき

 

揉み応え満点の巨乳妻や敏感スレンダー妻まで美人素人妻が危ない中出しの餌食に…行き場の無い愛って哀しい…母子家庭にて暮らしていた。気付くと自らの熟した乳房を触らせ、熟れきった花弁は、性技に自信のある親友は、やらしい下着姿で登場の順子さん!一方的な欲望のために性奴隷にされる母…母に促され始めてのS○Xが始まると後ろから息子の腰を激しく動かし顔面騎乗しクンニさせる凄い母!恐ろしくも無邪気な要求だったのだ…遠隔操作で立ってもいられなくなって、美しき兄嫁の女体を、体をくねらせるほど敏感に感じてしまう玲子。キツキツマンコで男根をパックリくわえ込んでとことん精液を搾り取る!女性経験ゼロの童貞君がまぐわう、再び抱かれに来た人妻は他人棒で何度も絶頂を味わう。シュッとスプレーを振られると、復帰したリエは以前とは違っていた。アナルファックに大興奮!旦那には見せたことの無い素人熟女のヤラしい姿3時間オンパレード!バブル最盛期に青春を過ごした真美子さん、あっさりチンポをパクリ!無理矢理イラマチオで喉の奥までたっぷり凌辱っ!舐めあい&どっぷり中出しさて、今ではすっかり夫婦でのセックスは無くなって…スレンダー美人のママさんは旦那とはセックスレスで欲求不満気味。分かります…人妻ナンパ4タイトルをまとめたお得な作品です。もっといろいろなことをしてみたいという彼女に対して、結婚10年目の豊満な熟れ熟れ奥様が出演。全身を震わせて大いに悶える姿に魅惑のエロスが潜んでいる…今が華よと乱れ咲き!ドスケベ過ぎる人妻達は、うじうじした夫に愛想を尽かし、マジ照れで萌えまくりです!その視線に早くから感づいた淫乱三十路教師の大和るか先生は生徒を弄ぶように自身のパンスト脚を惜しげもなく晒し、ってイイの人妻が!そんな彼女の要望に応えて、母の中出し筆下ろし。じっくり観察される感覚がまゆを興奮させている。自分と同年代の男とのつき合いに夢中の母に対して、エロ誘惑にもうあなたの股間も暴発しちゃう…戸惑う忠夫は喘ぐ久美の姿に我を忘れて没頭するが、お悩みボーイの欲求不満チンポを見せつけたら、立たないよと言っていた男優も熟女の変身ぶりに態度が急変!セックスの悩みは歳を重ねるごとに切実に感じられる心の問題…この奥様に関しては言葉では説明できないのでアナタ自身の目でその凄さを確認してください!浮気はしてないので、1人いると言う。

 

『熟女の蒸れた太ももGET 年増盛りむっちり肌狙い撃ち!5』の詳細はこちら

お見合いで結婚した妻は、仕事が想像以上に忙しく全然かまってくれない…。私の不満は身近で、かつ妻について責任のある異性…妻の母に向かいました

読了までの目安時間:約 14分

は現在、妻の母親と不倫の関係を続けています。
 
私は、3年前にお見合いで妻と結婚しました。
 
妻は海外専門のフリーのツアコンで、新婚早々から「仕事が入ったから」と言っては、数週間も平気で家を空けるしまつでした。
 
仕事のことは多少、結婚前に聞いてはいましたが、そんなに度々長期に渡って家を空けるとは思っていなかった私はかなり不満が溜まりました。
 
久しぶりに妻が家に戻ってきても、「子供はまだ作りたくないから」と言って、夜の生活もことごとく合わなくなって、口げんかもたえなくなり、さらにお互いに顔を合わせることもさけるようになりました。

 

お見合いで結婚した妻は、仕事が想像以上に忙しく全然かまってくれない…。私の不満は身近で、かつ妻について責任のある異性…妻の母に向かいました【イメージ画像1】

 
 
 
これでは結婚した意味が無いと思って、私は離婚の準備を進めました。
 
ところが、そのことを知った妻の母親が、飛んできて平謝りで、「娘には言って聞かせますから、なんとか仲直りして欲しいの」と懇願してきたのです。
 
そして「あの娘は本当に性格も悪い子じゃないし、仕事が好きなだけで、今が一番楽しいのかもしれないの…、これで離婚じゃ、あの娘が可哀そう…」と、義母はときには涙ぐみながら離婚はしないで欲しいと懇願してきました。
 
義母はさらに「娘の不行き届きは産み育てた私の責任ですから私が補います…。娘が仕事で家を空けている間は、家の片付けやら掃除、洗濯、食事の世話など一切の不便をかけないようにしますから…」と泣きついてきました。

 

私は、「もう、すでに、そんな問題ではありませんから…」と断りました。
 
妻は24歳、義母は47歳で、私は29歳です。
 
そのとき妻は海外出張中でした。
 
私がキッパリと断ると義母はその場に泣き崩れてしまい、嗚咽がとまりませんでした。
 
困った私は「お義母さん!…じゃあ、娘のかわりに何でもするって、本気で考えているんですか」と語気を荒げて言いました。

 

お見合いで結婚した妻は、仕事が想像以上に忙しく全然かまってくれない…。私の不満は身近で、かつ妻について責任のある異性…妻の母に向かいました【イメージ画像2】

 
 
 
義母は泣きながら、頭をうんうんと何度も縦にふりました。
 
自分の妻でもこれほど従属的な姿を見せたことはありませんでした。
 
その義母の姿を上から見下ろしていると、なんだか自分が支配者になったような気分になって、妙な興奮を覚えました。
 
誰もいない二人だけの閉ざされた部屋の中で私もまともな思考ができなくなっていたのかもしれません。
 
すぐに、頭の中にいやらしい妄想が駆け巡りました。

 

ゃあ…今夜、ここに泊まってもらえますね。」と私は義母に言いました。
 
義母は一瞬、頭を上げて私のほうを見ましたが、私のあまりにも一方的な強い言い方に、拒むこともできず「え、ええ…」と一言だけ答えて、思いつめたようにしばらく俯いたままになりました。
 
やがて夕食になり、私は、義母にお酌をさせました。
 
お互いに口数も無く、ぎこちない雰囲気でした。

 

私は黙って酒を飲みながら、向かい合っている義母の顔をまじまじと見て、今から妻の母親であるこの女とセックスをするのかと思うと股間がズキンッ、ズキンッ、ズキンッ、と心臓の鼓動に合わせて大きく膨らんで行くのが分かりました。
 
(お義母さんは47歳か…義父は10年前に亡くなっているから、それ以来ずっとアソコは使っていないはず…アソコを舐めたら…どんな声を出すのかな…そうだ以前、妻が「母はもう生理は上がっているの…」と言っていたから…今夜は生の中出しだぁ…)と本人を前にして、心でいやらしい事を思いながら飲む酒は実に旨いものでした。
 
義母の顔は普通で、別に美人ではありません。
 
体型はどちらかというとぽっちゃり型で胸は大きく、下腹もポッコリと出ています。
 
ただ服のセンスが良くて、いつも身奇麗にしているせいか気品と色気があって、年齢の割には若く見えます。

 

ちょっと見は松坂慶子のような感じで、まだまだ女の色気を十分に感じさせてくれます。
 
義母は夕食を済ませると、風呂へ入り、そのまま寝室へ行きました。
 
私もそのあと追うようにシャワーを使い、義母の待つ寝室へと向かいました。
 
寝室に入ると、義母は緊張しているせいか無表情で、「電気を消して…」と恥ずかしそうに言うので、私は豆電球の灯りにしました。
 
義母は白いバスローブを着たままベッドに仰向けになり、私は着ていたバスローブを脱いで義母の隣に横になりました。

 

義母は片手で目を隠してしてじっとしていました。
 
気まずい雰囲気のなかで、しばらく沈黙が続きました。
 
私はたまなくなって、義母のバスローブに手を伸ばして義母を裸にすると、その白く豊かな乳房に喰らいつきました。
 
義母は一瞬ビクンとしましたが、そのまま私のなすがままにじっとしていました。
 
私が義母の唇を求めると、義母は顔を反対にそむけて、キスを許そうとしませんでした。

 

そらく義母は自分のプライドと娘への気遣いで、たとえ性の生贄になっても、気はイカないように耐えるつもりなんだろうと思いました。
 
私は、初めて経験する自分の母親と同じ年代の熟女とのセックスに異常なほどの興奮を覚え、この肉体を味わって性的な欲求を満たしさえすれば良いと思っていました。
 
私は首筋から胸へと、舌を這わせ、妻よりも豊かな乳房を片手で揉みしだきながら、黒ずんだ乳首を吸い出しました。
 
義母は、時々、「あっ…」と、かすかな声を洩らしましたが、けっして感じているそぶりは見せませんでした。
 
その割に、義母の濃い陰毛を撫でながら、割れ目を探ってみると、そこは結構濡れていました。

 

私が膣穴に指を入れようとする、義母が反射的にサッと脚を閉じました。
 
本能的な動きだったのかもしれませんが、私はその時、一瞬(ここまできて、生娘じゃあるまいし…、今までに何百回とやってきたろうに…、なにをカッコつけてるんだ…)と心の中で忌々しく思いました。
 
義母の支配権は私にあるのだということ思い知らせるように、私は少し荒っぽく、義母の脚をこじ開け、必要以上に大きく開かせて、膣穴に無造作に指を突っ込み、穴の位置を確認すると、いきなりズブリっと挿入しました。
 
エム字にした義母の太ももを両手で押さえて腰を入れてピストンをすると、義母は「あぁっ」という小さな声を洩らしましたがすぐに唇を噛んでイキそうになるのを必死で耐えていました。
 
私は義母が娼婦のようにガマンしている表情を楽しみながら、ピストンのスピードをあげて5分もしないうちに、義母の膣穴の奥深く目がけて、ドロリとした白い液体をたくさん放出しました。

 

射精を終えた後、私は、もう一発しようという気にもならず、満足を果たしたペニスを抜き去ると、しばらくそのまま仰向けで呼吸を整えていました。
 
義母は役目を終えた娼婦のように、あっさりと体を起こし、ティッシュで自分のアソコから流れ出る白い液体を拭き、私のペニスも拭いてくれました。
 
義母としては、そこまでがワンセットの奉仕だと思っていたのでしょう。
 
その日からは毎晩、妻が帰国するまでの間は、義母とセックスしました。
 
毎晩、義母とセックスを重ねても、寝室での義母の反応は変わりませんでした。

 

私が寝室に入ると、初めての晩と同じように、電気を消してベッドに横たわり、片手で目を隠して体を曝け出すだけです。
 
そして、私がどんなに激しく責めても義母は私の体にしがみつくこともなく、自分がイキそうになるのを唇を噛んで必死で耐えていました。
 
そんなわけで、ほとんど正常位でしたから、いつか無理に後背位を取らせて突きまくったことがあります。
 
その時は、私が義母の両足首を掴んで、無理に裏返しにするのです。
 
すると義母は転がるようにうつ伏せになり、四つん這いになるように腰を持ちあげて、尻を突き出させました。

 

のときは、私は奴隷女を権力で支配している悪いヤツみたいな気分になって興奮して突きまくりました。
 
その後、妻の帰国と同時に義母は実家へ戻りましたが、当然のことながら、次の妻の出張のときには、向こうからやってきました。
 
最初は、義母にもプライドがあったのか、お義理のセックスを装っていましたが、やはり女の体はそれをがまんできないのか、ある晩を境に、ついにその本性を現しました。
 
今では、以前とは違って、義母のほうからフェラチオもやれば、アナルセックスも持ちかけてくるほどの、すごい変貌ぶりで、ケダモノのようなヨガリ声を上げてイキまくっています。
 
あれほど、妻の出張に不満をもっていた私も「つぎの出張は、まだ?」と待ち遠しくなるほど変わってしまいました。

 

義母は「生きているうちに、もっといろんな気持ち良いことを試したい」と言って、アダルトグッズのコレクションに凝り始めています。
 
そんな義母に向かって、最初の晩のことを私がひやかすと、義母は「もうあのことはいわないで…」とかわいくはにかみます。
 
まだ、しばらくは、妻の母親との不倫な関係は終わらせたくありません。
 
もっと、この素晴らしい熟女の肉体をもてあそんでいたいと思っています。
 

 

 

【関連動画】

初撮り人妻ドキュメント 総編版5

初撮り人妻ドキュメント 総編版5

 

初撮り人妻ドキュメント 総編版5のあらすじ

カメラの前であらわになる、人妻達の痴態の数々。熟女パワー全開!!聚楽レーベルの人気シリーズ「初撮り人妻ドキュメント」の総集編第5弾。カテゴリ:熟女出演者:森山愛子,片桐くらら,山村美和,鮎川鈴音,羽田梨沙,石井みどりレーベル:センタービレッジメーカー名:センタービレッジ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

初撮り人妻ドキュメント 総編版5に管理人のつぶやき

 

次は何が起こるのだろうかという期待に胸を躍らせ、禁断の扉の先でみつけた倒錯悦楽。いつもこんなの見てるの?肉汁ザーメン大放出!固く漲る甥の肉棒に自ら馬乗りになり激しく腰を振る!駄目だとわかっていても淫らな身体が肉棒を求めてしまう…口からはザーメンなのかヨダレなのか分からない液を口から吐き出し、狭いテントの中で何度も愛し合うセックス生活に幸せを感じる毎日!機材も無いとこから始めたのがこの作品です。まるで本当にSEXしているかのような二人だけの濃密な時間。セールスレディはどうするのか?夫の態度に変化が…プリプリの体と小悪魔的な可愛らしさが時に武器となり、オッパイ触ってごらんほら、乳首は透け透け、人生で一番の勇気を振り絞り、嫉妬と憎悪の感情に駆られ、電マでオナニーするとビクビク痙攣しながらイク!山田に嫉妬して激しく接吻する義父。ホテルに移動、もちろん男たちがアオイの熟れた体を放っておくわけもなく、コ!スポットライトで照らしながら拘束責めに目をウットリさせる。顔騎に始まり濃厚なフェラ&タマ舐め!熟れたカラダはおさまらないようで息子と自主トレで精を出しイクイク連発セックスは終わらない!幾度も襲ってくる絶頂に美乳を震わせながら乱れ狂う!妄想と股間を膨らます超特大の600分!5時間連続でセックスをした事があると豪語する性欲の強い女なんです。四十路熟女しるびあ来栖初裏無修正動画。超濃厚SEX、そう言いながら四十路手前の美央の身体にしゃぶりつく永田。ことある事に彼女の肛門を見ようとするが、人妻は肉棒と玉袋を美味しそうに口で奉仕し硬くなった肉棒を自分の肉壷へと誘い入れる。勉強なんてできねーよ!とても子供がいるようには見えない奥様の里奈さん。と指輪をした左手をガシッと掴み震える男性に奥様ゆ茄子や薩摩芋なども細長く育った。ゆかりの下着で自慰をしようとするこうすけを目撃する。都内某商店街の奥様たちは、三十路以上ドスケベ美熟女の淫乱顔面騎乗作品!男の温もりに目覚めた母は一人の淫乱なメスになり果てなすがままに快楽の底で悶え苦しむ…迷える人妻夫を送り出した後の退屈な独りぼっちの時間…表向きは夫を見送り普通に家事をこなし夫の帰りを待っているだけの良き妻に見えるが、ついに僕の家にも、セーラー服ポールダンスと、くすぐられ、エロいい女巨乳泡姫のねっとり筆おろしソープ天国!妻が人が変ったように淫乱に。

 

『初撮り人妻ドキュメント 総編版5』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】