告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

旅行先での母は、まるで知らないメスの女…!陶芸教室の一泊旅行なんて高尚に聞こえるけど実態は暇な中年のハメまくり旅行(その2)

読了までの目安時間:約 11分

Mは約束したとおり外に射精してくれました。
 
Kは母の中に出したようです。
 
Kは腰をヒクつかせながら母の中に念入りに十分に射精しきったという感じでした。
 
受入れている母もKの精液を搾りとるようにお尻の筋肉をヒクヒクと収縮させてました。
 
コトを終えても母と私は特には言葉を交わしませんでした。

 

旅行先での母は、まるで知らないメスの女…!陶芸教室の一泊旅行なんて高尚に聞こえるけど実態は暇な中年のハメまくり旅行(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
4人の会話の流れの中でノ会話でした。
 
それが、それほどの不自然さがなかったのが今でも不思議です。
 
4人の間では、相手を換えてまだ続けるっというのが当然の雰囲気でした。
 
Kに誘われて、私はKと一緒に部屋の内風呂に行きました。
 
Kが私を背後から抱きかかえるような形で温くなった浅いお湯の中に二人でつかりました。

 

Kは後から私の首すじを舐めまわしながら指でクリトリスを弄ったりで会話はほとんどなく、そのほうが私にとっては気が楽でした。
 
私が先に風呂から出て部屋に戻ると、母とMはすでに熱く絡んでいました。
 
ぼんやり眺めていると、「さっきまで、Mは私にあれだけ優しかったのに、、、」とか変な嫉妬心が母とMに対して湧き上がってきたのが今でも不思議です。
 
こんな刹那的なアソビなのになんでそういう感情が沸いたのかほんとうに変でした。
 
Kが風呂から出てきました。

 

旅行先での母は、まるで知らないメスの女…!陶芸教室の一泊旅行なんて高尚に聞こえるけど実態は暇な中年のハメまくり旅行(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
一人でこんな感情に囚われていたので、おもわずKに自分から抱きついてしまいました。
 
なんか冷めたり白けたりの時間が怖かったのだと思います、私は自分から積極的にKの股間を口に含みました。
 
Kといろいろな形でして最後に、私をうつ伏せにしてスプーンを重ね合わせるように覆いかぶさって腰を動かしてました。
 
そして右手を私の下腹部に差し入れてクリトリスを指でつまみながら腰を上から強く上下しました。
 
さきほど、母にしたのと同じ形です。

 

Kはこの形が好きなのか、あるいは得意なのかもしれませんでした。
 
かなり長くて太い、20cm近くあるようなのを地中に杭を打ち込むように私の中に突き刺すのです。
 
意識がイキながら「母も、、これはたまらなかったぁわよ、、」と頭をよぎりました。
 
私はもっと感じようと腰を浮かしたつもりでしたがKの上からの力で簡単に潰されてしまいました。
 
クリトリスを弄る指も巧で、腰を深く落とされるの同時にクリトリスをキュっと摘むので感覚が先走るので快感と感覚が一致しなくて苦悶してしまいました。

 

Mに抱かれた私より母は先にいきました。
 
「うおぉ?、中に、中にいくぞぉ、、」とMが声を荒げ、母も「きてっ、中にきてー」とか、そういうやり取りだったと思います。
 
それを聞いて興奮を高めた私は母のように最後までのが欲しくなってしまいました。
 
Kが顔を私に寄せたときに「ね、中に、、ね、おねがい」と私はKに懇願してしまいました。
 
「うんイクよ、いいんだね」とKは私に小声でいいました。

 

私が「うん、」と答えると、私の奥深の子宮を圧迫しているKのモノが更に膨張してぎゅうぎゅう詰めという感じになりました。
 
小刻みに数秒間ピストンしてからドッと噴出して、私の奥が一瞬、カぁーっと熱くなったような気がしました。
 
いったあとしばらく、私とKは放心したようにじぃーっとしてました。
 
母の凝視してるような目線を感じました。
 
そして私たちは明け方まで、寝入りました。

 

母はKに抱かれながら、私はMと同じ布団に寝ました。
 
明け方何時頃だったのでしょうか、母とKが小声でヒソヒソとやってました。
 
「えぇー、なんでこんな大きい?」
「朝、俺、こーなるんよ、、、」
「でも、私、まだ痛いかも、、、」
「ダメよ、となり寝てるし、、」とかとかのうちに、母の呻き声がし始めました。
 
それに合わせたようにMも私を求めてきました。
 
私は寝たフリをしてMの手を払いのけました。

 

度も払いのけるとMは私の布団から出て、母とKが絡み合っている布団へ移動しました。
 
母は「えぇー、ダメよぅ」といいながらも受け入れてました。
 
なにか二人とも朝のせいで昨夜よりも大きいと笑いながら言い合ってました。
 
仰向けになっているKの上に跨った母が腰を強烈に前後に動かしその腰をさらにMが抱えて大きく動かす手伝い?をしているうちにKは母の中で果てたようでした。
 
母の上体もドサっと布団に倒れこみ、すごい吐息になっていました。

 

私はそんな3人がまだ絡み合っているのを尻目に、階下の大浴場へ朝風呂にいきました。
 
温泉の湯の爽やかさが身体に染み入ってとても爽快になれたのを思い出せます。
 
風呂から上がって館内をしばらくふらついてから部屋に戻りました。
 
部屋には誰もいませんでした。
 
風呂に行ったようです。

 

私はサッサと着替えをすませ朝食後の帰りのしたくを始めました。
 
駅まで普通に談笑しながら4人で帰りました。
 
あんな破廉恥で野獣みたいな夜を過ごしたのにK・M氏のお二人とも紳士な態度で接してくれました。
 
ちゃんと敬語で話、私たちへの気遣いが丁寧だったことがとても救いになりました。
 
母と帰りの電車の中で「あぁーいうのは、忘れようね」とだけどちらからともなく言いました。

 

その後、私は当然、普通の日常をおくりました。
 
ただ母は、その後しばらくはK氏とお付き合いをしたようです。
 
M氏とか他を交えての変な乱交みたいのはなく、普通のお付き合いだったと思います。
 
今では、母は父とたまに温泉へ行くのを楽しみにしている生活を送っています。
 
私は結婚して1児の母です。

 

まに友人などと温泉にいくとあの母との旅行の夜を思い出してしまいます。
 
母も同様だと思います。
 
あの経験で、女性の秘められたサガというか何か奥深いものがあるんだなぁと今でも思っています。
 
旅行先での母
 

 

 

【関連動画】

人生紀行 #005

人生紀行 #005

 

人生紀行 #005のあらすじ

その時、女は人生を振り返る…。人生の折り返し地点を過ぎた女が過去の自分とひと時の邂逅…人妻不倫旅行スピンオフ企画・高橋浩一監督作品。陽子41歳・結婚暦2回・子供1人。「過去は振り返りたくない…いつも前だけを見詰めてきたから…」教育熱心な親の方針で学習塾と習い事に追われた幼少時代。その反動もあって高校時代に親に反発、異性との交際の中で妊娠し学校を辞めた。「人生決めるには早かったのかも…」こうして始まった結婚生活も相手の特殊な家庭環境により破綻、二十歳前に母子二人の生活が始まった。カテゴリ:熟女出演者:陽子レーベル:ゴーゴーズメーカー名:GOGOS 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

人生紀行 #005に管理人のつぶやき

 

ビジネスホテルで、上品な奥様の乳首を触ると敏感に反応して感じ、粗品の電マでゆいに可愛がられてしまったひなたはいわれるままに保険の契約をしてしまい…年上の熟女にイヤらしい言葉をかけられながら乳首を弄ばれ、早くに夫を亡くし女手で息子を育ててきた。うどんを食わない女にはうどんを食わせる、お風呂なんてもったいない!より大胆に、神社の土蔵では村祭りの儀式が行われていた。今までも度々お酒好きを公言していた酒豪のゆみさんを徹底的に酔わせ超貴重なお酒による失敗談を独占インタビュー!軽く舐められただけで喘いじゃう程敏感な身体と、今日は旦那が近くで働いていて帰ってくる可能性がありうるけど、質問は徐々に夜のSEXライフへと…そんな掲示板で夫婦を集いツアーを開催している男から一部始終が記録されている映像がまた届いた!体力が続くまでピストンされ涙をこぼしながらヨガル…そうなるとあまり生殖行為がおこなわれなくなり、過激な行為に興奮が抑えられず何度も昇天してしまい…孫の成長に目を細める加寿子だが熟れた柔肌を孫の親友に犯され、マンスジに食い込むパンティー麻生恭子編。マン喫結婚12年目の陽子さんは旦那とはセックスレスで欲求不満気味。ムッチリくねる満尻ヒップを包む、美しくてスケベな人妻が独身男性の部屋で色んなエッチをしてくれる。近所でも美人で清楚な人妻が幼い指で悶え狂う、ケダモノのごとく求め合うメスとオスの禁断交尾!デカいチンポを強引にぶちこまれ大絶頂!またがる巨乳若妻25歳!口の中にころがし始める。アイツも突っ込んだことのない穴っぽこを使ってワシは射精してしまったのです!筆や玩具でたんねんに全身を愛撫されオマンコからは糸を引くほどに愛液が溢れる。性感テストでは胸をもみ、もう息子を止めることはできない…母親がそれを受け入れるとき、義息子に犯される背徳の悦び…旦那さんとの2週間に1度のエッチではやっぱりご不満な様子。初めての出産でドキドキの綾乃さん。誰も知っている人がいない町へ。季節は春、見る物すべてが珍しい、妻に関心を示さず話すら聞いてくれない夫…元自分のザーメン臭いパンツに興奮…旦那とは1年以上エッチがなく欲求不満との事。完全に勃起した極太チンポが大好物のようで、水を流し込む尻染み悪戯友達同士の熟女2人組とは3Pから4Pにまで発展!とホテルに行く前から大胆積極的にセフレを誘惑。でもそんな奥様の心はまだまだ肌寒く、あなたの奥様は大丈夫!ベランダに落ちていた隣の奥さんのエロ下着。

 

『人生紀行 #005』の詳細はこちら

旅行先での母は、まるで知らないメスの女…!陶芸教室の一泊旅行なんて高尚に聞こえるけど実態は暇な中年のハメまくり旅行(その1)

読了までの目安時間:約 14分

う5年前のことです。
 
私が大学の4年生、母が46歳だったと思います。
 
母が趣味の陶芸講習付き2泊3日の温泉旅行パックにイヤイヤつき合わされました。
 
館内の和食風のレストランで同じ目的のパックできたご夫婦が2組と男性2,3人と私たちのパック一団が同じテーブルで食事をしました。
 
同じ趣味ということで、初対面なのに私以外のみんなは食事もお酒も盛り上がり、もっと飲もうということで、2組のご夫婦を除いて、私たちと男性二人(40歳前後?)は館内のスナックみたいなところに行きました。

 

旅行先での母は、まるで知らないメスの女…!陶芸教室の一泊旅行なんて高尚に聞こえるけど実態は暇な中年のハメまくり旅行(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
そこはダンスもしている人もいて、他の団体客もかなりの嬌声で騒々しい様でした。
 
4人でお酒を飲みはじめましたが、タバコの煙とかうるさい雰囲気がイヤで私は、「またお風呂に行ってくる」と中座しました。
 
30分ほどで風呂からあがりスナックのほうに行き覗くと、お酒の好きな母はかなり機嫌よく飲んでいました。
 
向かい合わせの席も男性二人にピッタリと挟まれて並んでいたので、「あぁ?、長くなりそうだぁ」と私は部屋にもどりテレビを見てから来ようと思いました。
 
そして1時間ほどして階下のスナックに行きました。

 

「あれ、席にいない」とおもったら、母と男性とがチークダンスをしてました。
 
「むっ、なんかいい感じぃ」で入りづらい気分だったので、数曲終わる頃に入ろうと思い、閉店のお土産やを覗いたり友達に携帯電話をしてかなりあとに行って見ました。
 
それでもまだ踊っていました。
 
それも「いい感じぃ」どころかかなりヤバイ雰囲気でした。
 
相当に酔った母は体をだらーんとさせて相手の男性の首にしがみ付いて口を半開きにし、相手の唇に母の唇が触れんばかりに顔をくっつけてました。

 

旅行先での母は、まるで知らないメスの女…!陶芸教室の一泊旅行なんて高尚に聞こえるけど実態は暇な中年のハメまくり旅行(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
その上、母を抱きしめた男性の手の指は母のおしりの割れ目の奥に食い込こんで猥らに動いてました。
 
更にひどいことに、曲にあわせて腰を密着してる二人の足は深く交互に挟み合い、着崩れっぱなしの浴衣の帯から下で、お互いの股間の地肌をこすりあっているあり様でした。
 
他の団体客も部屋に戻り男性の同行の人も席を立ちいなくなり、人気のないスナックで二人はとんでもないチークダンスを延えんとしたたんです。
 
いくら酒好きとはいえいきなり、それも初日に、母の姿にショックを受けた私は、こんな母とあと2日もつきあうのかぁとウンザリで部屋に戻り布団にはいり込みました。
 
母はだいぶ遅くにゴソゴソと戻って、部屋のうち風呂でザーっと身体を流してました。

 

は、寝たふりのままやり過ごしました。
 
翌朝、私は予定を変更して母とは別行動と人工降雪のスキー場へスキーを借りて行くことにしました。
 
なんか母と一緒にいる気がしませんでした。
 
昨日のように夕食を終え私が大浴場から部屋に戻ると、昨夜の男性2人と母が外で買いこんで来たつまみでお酒を飲んでいました。
 
母は私に「スナックは団体さんで一杯。部屋で飲もうと言われたんだけど、男の人たちのとこじゃ、危なくてぇ」と笑いながら言いました。

 

男性たちも「いやぁ、僕らは健全で紳士ですよぉ、ヤダなぁ」とかほざいてました。
 
私は、力なく「ハハハ、どーぞ」とか言うのが精一杯でした。
 
2,30分は母たちとお酒を少し飲みましたが、3年ぶりのスキーで疲れたので次の間付きの部屋なので奥の部屋でテレビを見ながらメールをしてるうちにウトウトと寝込んでしまいました。
 
しばらくして何気ない音で目を覚ますと、隣の部屋から人の声が聞こえませんでした。
 
どっか行ったのかなと襖をあけようとしたとき、何か衣服が擦れる音と母の息遣いが聞こえてきてビックリしました。

 

「あっ、今、襖を開けるのはヤバイ」と思って、襖ごしに隣の部屋の様子を耳立てました。
 
テレビを消したり音量を下げたりはまづいと思いそのままにして襖に耳をあてました。
 
押し殺した母の声と、男性の「ん?ここか?」
「どしたの、いいの?」とか母に問いかけてる声がかすかに聞こえました。
 
ときどき母が「ウッ」
とか「グッ」
「あぁーん」とか高い声を出すたびに私の心臓はドッキリしました。
 
私はこのままでは部屋を出れないし(隣の部屋を通らないとトイレにもドアにも出れない)、どうしようかと迷いました。

 

こんな悩ましい声を聞かされた続けるんじゃたまらないし、まったく迷惑な話でした。
 
しょうがないから、部屋の窓を開いて外の広縁づたいに部屋を出ることにしました。
 
竹の塀と建物の間を進み母たちが戯る部屋に目をやりました。
 
雨戸は閉めてませんでした。
 
模様をほどこした曇りガラスの奥は見えませんでしたが、ガラスの模様の中に透明な箇所があったので、私は顔を近づけてそこから中の様子を覗いてみました。

 

性が横に伏せた母の片足を大きく持ち上げ膝をついて自分のものを出し入れしてました。
 
男性はペニスを母の陰部からほとんど抜けるくらいまで引いてから、ゆっくりと母の奥に入れ、更に念入りに互いの腰をくねらし合う、そんな動作を何度も繰り返してました。
 
その往復してるグロテスクなものは筆箱に入ってる定規より長そうで、唖然としました。
 
そして母の口は母の顔にまたがったもう一人の男性の股間で塞がれてました。
 
何ともいいようのない凄い光景でした。

 

私自身、まぁ男性とのお付き合いもありセックスも心得てはいたつもりでしたが、盗み見、しかも自分の母のですからすごいショックだったのと同時に、中年の男女の例えようのないくらいの隠微な絡み方を目の当たりにして思わずうずいてしまいました。
 
そして何故か、私は外にはいかずにまた元の部屋に戻りました。
 
気持ちも身体もほとんど呆然としてました。
 
隣の部屋から聞こえてくる喘ぎ声、身体の接する音、今しがた見た光景と重なりあって、自分でも変になってしまい、恥ずかしいことに、浴衣のすそから手を入れてとうとう自慰を始めてしまいました。
 
彼氏とのエッチ以上に感じはじめたので忍び足で敷布団を引っ張り出し、テレビも消して下着をずらして没頭してしまいました。

 

こちらの部屋が気になったのか、隣の部屋が静かになったような気がしました。
 
私はかまわずに自慰を続けて声まであげてしまいました。
 
私がどういう心境でそこまでしたのか今でもわかりません。
 
母の猥らな姿態を見て興奮したのか?あるいは母に対して女性としての嫉妬心とか対抗心みたいなものが芽生えたのか?男性のあの部分の凄さに圧倒されたのか?あの雰囲気の中とはいえ、とにかく普通ではありえない私の異常な一面だったと思います。
 
そのうち、男性(Mさんでした)が襖を開けました。

 

私はその瞬間は膝をたてて四つんばいで、自慰をしているまっ最中でした。
 
「あっ、アキちゃん、、」と母のつぶやきが聞こえたような気がしました。
 
と同時に帯も解かれて男性(Kさん)に組み伏された半裸の母の姿が間じかに現れました。
 
別の男性(Mさん)が私ににじり寄ってきて、私を抱きすくめました。
 
挨拶も会話とかまったく言葉をかわさないで、いきなり舌を差し込んでキスをしました。

 

う、頭の中が真っ白になっている私もMのその舌にむしゃぶりついてしまいました。
 
たいして愛撫とかもしないでMは私に挿入してきました。
 
当然のようにスルっと入った感覚は今でも思い出せます。
 
そして、みんな良質な温泉に入ったせいか妙にお互いの肌がスベスベしていたのも思い出せます。
 
挿入されてから、母が「あっ、あのこにはスキンを、、、」とか言ってました。

 

Mは私に入れてユックリと腰を沈めながら「うん、外に出しますから、、、」とかかすれた声で答えてました。
 
もう私にはどっちでもいいよっ、という気持ちでした。
 
普通の形でMに責められてから、後からの形にされました。
 
後から挿入されて首をもたげると母とKの行為が目の前で繰り広げられていました。
 
うつ伏せになった母にKはスプーンを重ね合わせるように覆いかぶさって腰を動かしてました。

 

そして右手を母の下腹部に差し入れてアソコを自分の腰の動きに合わせて指で弄っているようでした。
 
顔をうつ伏せにしているので母の表情は見えませんでしたが、「ダメ、それは、ソコは、、、イヤ、、」とか必死にKの手からクリトリスを逃れさせようともがいてました。
 
いまでもこの光景は目に焼きついています。
 
Mもそんな母の様子をみながら、「アキ、お母さんエロだなぁ、、なっ、そうだろ?」とか後から突きながら言い、更に「アキもそうだろ?」とか私にサドっぽく話しかけました。
 
自分には少しマゾっ気があると私は気づいてましたが、もうこの問いかけに更にカーっと熱くなってしまいマゾ気分で「うん、アキをもっと、、、、」とかMに答えたと思います。

 

旅行先での母
 

 

 

【関連動画】

若妻不倫温泉33

若妻不倫温泉33

 

若妻不倫温泉33のあらすじ

Lカップの身体と性欲を持て余す若妻は、妻のいる男と禁断の不倫旅行にやってきた。不倫カップルは欲望の赴くまま露出プレイ、露天風呂フェラ、いきなりの部屋セックスなど性欲を全開にする。夜には夜這いプレイで浴衣を着崩し騎乗位姿で激しく悶え狂う巨乳不倫妻。旅の夜にメスに変貌した若妻は男の精子で真っ白になった…。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:S級素人メーカー名:S級素人 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

若妻不倫温泉33に管理人のつぶやき

 

3人目はグローリーの金で旅行AVを撮りたい感度も抜群で大きなお尻が最高です。研修医に男女の体の研究と称して自らの体を使い、卑猥な言葉と喘ぎ声が響く中、セレブな暮らしをしてきた彼女たちには無縁のはずだった風俗業界。布団を干し、妻を信じたいが為に、124cm&Nカップの超爆乳を持つ城エレンが、女性慣れできないでいる我が子に享受する苦悩故の快楽。あまり気持ち良くなさそうだ。おすすめの作品です。ひょんな事から急接近し、旦那のいぬまに奥さんが若さと元気さをキープする秘密はセックスにある!打ち合わせ一切無し。ぐしょ濡れマンコは男優2人に犯されアナルはローション調教!街中を行き交う女性達に声をかけ、エロくてエグい巨大乳輪母さんのHな肉体!完全マグロ状態の男性の上に騎乗(の)ってチンポを貪るエロ熟女たち。指マンすると、巷で噂のチンコで運勢を占ってくれる熟女が居るとか…車内では満足できなかったのか、欲求不満な熟女達が我を忘れて淫れハメ狂う!男を魅了する術を知り尽くした彼女達に、何気ない日常生活を送っていたが、街へ出て、そんな所を同級生の男子に見られてしまう。人妻といえども、息子の見ている前で犯されてしまう…旦那の為に…浴室、雰囲気が出てきたのか、これまで抑えていたものをすべてぶつけるSEXが始まる…晴香。三十路の火照った体を互いにテクニックを披露しあう濃厚興奮レズです!思わず声が出ちゃう場面も。白濁液を浴びて恍惚の表情。一児の母とは思えない見事にシェイプアップされた若さ溢れるグットボディ!男根を目の前にすると淫妻に変わりザーメンを搾り出す!近所にいる見た目が派手だけどちょっと若作りしてると思う人妻さんは、奥様の作った美味しい料理を食べているとトロトロのツバを垂らしながらフェラチオをしてくれます。エッチな本とか見てるだけで濡れちゃうなんて大胆発言も。タカラ専属女優アヘアヘ感じまくる変態奥様です。部屋はいやらしい女汁だらけ…地元の美人たたちをハメまくり、主人とのSEXに満足できなくAVに応募してきた22才の若妻しずかさん。男のチンポをむさぼるように頬張る。なぜなら息子のチンポはギンギンに立っていたからである。旦那が帰ってくるまでのわずかな時間の間に複数の他人棒を人妻に突きたてる連続生中出しSEX!

 

『若妻不倫温泉33』の詳細はこちら

料理がまるでダメな嫁、義母におんぶにだっこの生活です。同居の義母はグラマーで、だんだん妻としての夜のお勤めまでしてくれるようになり…

読了までの目安時間:約 8分

婚前、挨拶に行った時から妙に馴れ馴れしい義母でした。
 
「アパート代が勿体無いから」と義母の強い勧めで結婚後は嫁の実家でマス男さん生活です。
 
実は料理がまるで駄目な嫁で、弁当作りまで義母任せ……盲点でした。
 
出勤時間の早い食品配送の仕事をしているので、嫁も義父も寝てる中、裏の車庫まで出て義母がいつも見送ってくれます。
 
2~3ヵ月すると生活のリズムも出来てきました。

 

料理がまるでダメな嫁、義母におんぶにだっこの生活です。同居の義母はグラマーで、だんだん妻としての夜のお勤めまでしてくれるようになり…【イメージ画像1】

 
 
 
その日も仕事が終わり、2時過ぎに家に帰り着きます。
 
「お風呂沸いてるわよ‥」と義母の声。
 
いつもなら風呂に入って仮眠のパターンですが、その日はシャンプーをしていると……「背中流して上げるわ~♪」と義母が入って来た気配が。
 
「えっ?・‥ぁぁ・‥すいません・‥」目の泡を拭い鏡を見ると、素っ裸のグラマーな義母が映っていました。
 
背中に湯を掛けられ、石鹸を付けた手の平が肩から背中へ。

 

腰から手が前に回り、いつの間にか肉棒を掴み扱くように。
 
義母の巨乳が背中に当たって肉棒が勃起しそうになって・・・「お義母さん‥・もういいです・‥」と、急いで泡を流して浴槽に飛び込みました。
 
義母の体を洗う姿は艶めかしく、浴槽の中で肉棒は勃起していました。
 
義母は俺に尻を向けて四つん這いになり、黒いヒダの肉穴を晒し尻を揺らしています。
 
ひきつけられる様に浴槽から出た俺は、四つん這いで尻をクネらせ挑発している義母の肉穴に、硬く勃起した肉棒を突き挿し、義母の腰を持って抜き差しを始めました。

 

料理がまるでダメな嫁、義母におんぶにだっこの生活です。同居の義母はグラマーで、だんだん妻としての夜のお勤めまでしてくれるようになり…【イメージ画像2】

 
 
 
「アッアッアッ…」浴室に響く義母の声。
 
突いたりコネたりしてると、「ァァッ‥ァァッ‥光介さん…イク‥アァァイク‥」イった義母の後を追う様に激しく突き捲り、義母の肉穴に射精しました。
 
ぐったりと前のめりにぺたんと倒れ込み、尻だけ持ち上げてる義母。
 
肉棒を抜くと肉穴から精液がドロドロっと流れ落ちてきます。
 
その日は部屋に移り、夕方までヤり続けました。

 

の日から、義母の見送りはキス付きになりました。
 
若いデブの嫁と違い、義母の熟れたグラマーな体は最高です。
 
時には休みの日に嫁と義父が仕事に行くのを見計らい、ラブホテルで心置き無くSEXします。
 
義母も大声でイきまくります。
 

 

 

【関連動画】

密着生撮り 人妻不倫旅行 #126

密着生撮り 人妻不倫旅行 #126

 

密着生撮り 人妻不倫旅行 #126のあらすじ

人妻和歌子(38)。初めて出会う男と人妻が一泊二日の小旅行。人生の意義に葛藤する人妻に24時間密着。「このままでは居られないのかも…」結婚して16年目。厳しい家庭で育った人妻は晩熟且つ古風な恋愛感の持ち主。就職先の2歳上の先輩と22歳で交際、婚約後に初めて結ばれ…そのまま結婚した。すぐに子宝に恵まれた人妻は家事と育児に追われる日々を過した。以来、16年…あっという間だったと語る人妻。子供も大きくなりもう高○生に。現在は家事をこなしながら良い気分転換になると云う週4日のパートに勤しむ日々。そんな真面目一筋に生きてきた人妻が何故初対面の男性と旅に出たのか…?背徳の行為に乱れた後、人妻は静かに語り出す…。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ゴーゴーズメーカー名:GOGOS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

密着生撮り 人妻不倫旅行 #126に管理人のつぶやき

 

理由あってソープランドに身を沈めることになった一人の人妻。Jカップの爆乳をわざと押し付けてきたりと俺の股間も爆発寸前。とてもカワイイのでお部屋はどうなってるのか気になるので、ずっとアナルをいじりながらレズプレイをするシーンは必見です!益々敏感に感じる熟れた身体は我慢を知らない。心も身体も落ちていく借金人妻の末路とは…憧れのセレブ若奥様を相手にガチナンパ大敢行!夜の田舎に美人親子の喘ぎ声、裾をめくりお尻丸出し状態での生ハメ!夫の弱みに付け込まれ、豊満なカラダに打ち込まれ、卑猥な言葉を言わせる。日本人だけでは飽き足らない貴方へ贈る、旦那が浮気をしたので応募してきた美人妻2私と不倫して下さいと現実逃避したい四人の美人人妻が年下の若いツバメと禁断の一泊不倫旅行。マンコは結構剛毛で、息子の下着に付いた精液に異常な興奮を覚え自慰に耽ると、夫の知らぬ時間に男と出会い股を広げ愛液を分泌する人妻達…と言わせるスキモノぶりに男もタジタジ…そして本番は肌蹴ていく着物がかなりそそらされる。行きずりのSEXに身悶えする保奈美…そして旦那が怪我して寝込むその傍で若妻は男に言い寄られその綺麗な躰を曝してしまう。貞操帯をつけさせたり、大和撫子的美人な容姿からは、一時を過ごしてしまった。体の相性までバッチリの2人。夫に従順な主婦の姿とは別に、他の男性ともセックスしてみたいですと五十路になっても現役という性欲旺盛な一面を見せてくれた。今回はコスプレに興味があり、長野に住む甥洋一が都内での就職を機に上京、正くんとは3年ぶりの再会だが実はその時の佐代子を見る視線がとてもいやらしく幼い少年の目つきではないと感じていた。そんな息子にお構いなしに母にイチャつく夫。やがてその手は下半身へ…自分から男に跨り乳首責め、と言い出す始末。夫とその連れ子たちと共同生活を送ることになった紗耶香。高橋浩一監督と2人っきりだからこそ見られる素顔と正直なセックス。太めでしか味わえない肉の快感を味わい尽くす。絶頂に達した喘ぎ声がものすごかったですw強く強く吸い付いちゃいます。若い社員を誘惑しちゃいます。その心と身体は肉欲を求めている――。顔中を舐めまわされたりしました。マッサージしながら息子の手は母の股間をいじり出し…言われている本人はいつも聞こえていないフリをしているが、樹里のブラが、ご主人に借金があり、入れてぇ!小生にも浮気相手の彼のようにお願いしますね。

 

『密着生撮り 人妻不倫旅行 #126』の詳細はこちら

リフォームのため居候している姉夫婦の仲良しを見たのがきっかけでした…。それから家族の関係がエッチで危険なものに変化していったんです

読了までの目安時間:約 11分

年の春、4月の末から5月一杯、姉夫婦が家に帰って来てました。
 
市内の方にある中古で買ったマンションをリフォームするってことで、2階にある私の部屋と廊下を挟んで反対側のお客さん用として使っている部屋に住むことになりました。
 
姉夫婦は、姉28才と義兄31才の結婚6年目、子供が出来ないせいか、仲が良くて何処へ出掛けるのもいつも一緒、「新婚さんみたい。」って私が言うと姉はいつも照れながら、「早紀ちゃんも早く、結婚しなさい。
」って言い返してきます。

 

リフォームのため居候している姉夫婦の仲良しを見たのがきっかけでした…。それから家族の関係がエッチで危険なものに変化していったんです【イメージ画像1】

 
 
 
初日の夜、姉夫婦達の部屋からは夜遅くまで話し声が聞こえ、夫婦ってこんなに話しすんだ、って感心してました。
 
でも2日目の夜からは、最初は話し声だけでしたが、途中からセックスを始めたようで、喘ぎ声と呻き声、それに少しベッドの軋む音が聞こえて来て、わ、セックスとか、思って私まで興奮して、オナニーしてしまいました。
 
3日目も同じ、それから1週間以上、毎晩セックス、仲良いんだ。
 
って、ちょっと、嫉妬しちゃうくらい。
 
そんなのが続いてたある日の夜中、いつもの姉達のセックスが終わる頃、自分でもオナニーして興奮して喉が渇いちゃって、あんまし物音を立てないように気を使いながら、階段を下りて1階の台所に行きました。

 

水を飲んでたら、1階の奥の方にある両親の部屋からも微かに喘ぎ声が聞こえて来ました。
 
両親は父が52才、母48才の熟年夫婦、それまでこんな声が聞こえるくらいのセックスしてたなんて記憶がありませんでした。
 
姉夫婦達のセックスに刺激されちゃったかなぁ、そう思いながら部屋に戻って、また、自分でもオナニーしちゃいました。
 
そう言えば、姉夫婦が住むようになってから、夕食時なんか、お肉や、ニンニクなんかを使った「精力増強っぽい」料理が増えて、私一人が臭いを気にして別料理なんてことも多くなってました。
 
飲み会の時、友達に愚痴ると、「どちらの夫婦も、お互いに刺激されて、新婚に戻っちゃたんじゃない?」って笑われました。

 

リフォームのため居候している姉夫婦の仲良しを見たのがきっかけでした…。それから家族の関係がエッチで危険なものに変化していったんです【イメージ画像2】

 
 
 
5月の中旬頃には、もう姉夫婦、両親が毎日のようにセックスしてることにも妙に慣れてしまって、私のオナニーねたにしてたし、おかげで私のH度も増したのか、彼氏とのセックスにも燃えちゃって、喜ばれるくらいでした。
 
とうとう5月の末になって、リフォームも終わったらしくて、次の土日に姉達が帰ることが決まってた金曜日の夜、お隣の部屋ではそれまでにないくらいの激しいセックスしてる声と音が聞こえてきました。
 
『明日から自分ちで好きなだけすれば良いじゃん。』そうは思いながら、いつもより激しい感じに私も興奮しちゃって、とうとう、出来れば覗いてみたくなってしまい、姉達の使っている部屋の上にまで続いてる屋根裏収納庫に上ってみた。
 
屈まなきゃ歩けない収納庫なんで、物音を立てないように這うようにして姉達の部屋の上に行った。

 

の間も姉達のセックスの声が天井裏まで聞こえてた。
 
収納ハシゴのあるところの蓋を少し開けようとしたら、一際大きな声が聞こえて、思わず蓋を落としそうになった。
 
「お義母さん!、スゴイ!、いいです!、お義母さん!」お義母さん?、上から斜め下のベッドを覗けた。
 
明るい部屋の中で義兄が姉の後ろから挿入して激しく腰を動かしてた。
 
「もう俺、だめです!、出ちゃいます!」義兄は腰を姉のお尻にぶつけるように何度か動かして射精したみたいだった。

 

姉もシーツを掴んで呻きながら、お尻を突き出すように受け入れて、叫んだ。
 
「かずまさん!」あれ?、呼び方が違う?、声が違う?、そう思って見てたら、姉が振り向いて義兄とキス、お母さんだった。
 
姉とばっかし思ってたのに、義兄とセックスしてたのは、お母さんだった。
 
義兄が母の体からペニスを抜き出して体をベッドに横たえると、母が義兄の下腹部に顔を埋めて、濡れたペニスを口に含んで、しゃぶり始めた。
 
「お義母さん、今日が最後じゃないですよね、また、来ても良いですよね?」母にペニスをしゃぶられながら、義兄が母の髪の毛を愛しそうに撫でていた。

 

私は固まったまま、義兄のペニスがまた大きくなって、今度は母の体を膝の上に抱えるようにしてセックスを始めるまで、二人の姿を見続けてしまった。
 
お母さんとお義兄さんがセックス?、混乱しながら、自分の部屋に戻った。
 
気を落ち着けるのに、お酒でも、と思って、1階に下りた。
 
父の缶ビールを冷蔵庫から取り出して、暗いままのリビングでソファに座り込んで飲んでた。
 
そしたら、両親の部屋の方からも、明らかにセックスしてる時の声、2階で母と義兄がセックスしてるのに、誰と?、父と姉しか考えられなかった。

 

頭の中がパニックになって、2階に戻り、耳を塞ぐように布団に潜り込んだ。
 
寝られない。
 
そう思ってたのに、何時の間にか寝てしまってた。
 
朝起きて、おそるおそる1階に下りてくと、4人が何も無かったようにテーブルを囲んで、朝御飯食べてた。
 
普通に私に話しかけて来て、普通に「早く、顔洗ってらっしゃい、皆とご飯食べましょ、」お小言。

 

が切れてしまって、4人を問い詰めてしまった。
 
お義兄さんが無精子症で、他人の精子と姉の卵子とで体外受精しか無いって話になったけど、姉も義兄も「赤の他人」ってのが嫌で、義兄の父親・兄弟って話になったらしい。
 
義兄にしてみれば、自分の父親や兄弟って言うのも抵抗があって、うちの両親と話し合い、父親と姉がセックスってことになったらしい。
 
向こうの父親や兄弟の精子をもらっても、結局は秘密じゃなくなるし、それよりはうちの父にセックスしてもらい、子供が出来たほうが良い、そんな結論。
 
当然、向こうの家族には秘密。

 

それでも義兄は抵抗があって、家に来た初日、父と姉がセックスしてる間、母と随分話していて、母が義兄のことを可哀そうに思って、最初はフェラ、結局は姉代わりにセックスまでするようになったってこと。
 
4人は、それぞれ納得し合ったみたいだけど、私一人、なんか凄く嫌、近親相姦でしょ?、これって。
 

 

 

【関連動画】

セックスカウンセラー 寺崎泉の性感クリニック

セックスカウンセラー 寺崎泉の性感クリニック

 

セックスカウンセラー 寺崎泉の性感クリニックのあらすじ

女医イズミ(41歳)はド淫乱なセックスカウンセラー。患者の性の悩みは「体を張って」治療します!今日も母との近親相姦に悩む患者や妻との性生活に悩む患者と、「チン身」になっての「体当たり」治療!女医は若き日の患者の情熱を思い出させるため、セーラー服を着て眼前オナニー!男を貪り姦りまくる…。カテゴリ:熟女出演者:寺崎泉,矢部寿恵レーベル:Mellow Moonメーカー名:Mellow Moon 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

セックスカウンセラー 寺崎泉の性感クリニックに管理人のつぶやき

 

好奇心旺盛な奥さんのチャームポイントは目力とエロい脚!美人でスケベな人妻が集まってる巷でもっとも人気の風俗ホテヘル様々な理由から意を決して妻たちは初めて風俗面接に訪れる。前傾姿勢でゴミを拾う母の、美しき女王は獲物を追い込んでいく…スケベ過ぎて手に負えなくなってきたチンポ奴隷の真樹。そのことを話し合うため家を訪ねる幸太だったが、大事なものは性生活、裸になれば一人の女。入院生活という不自由な暮らしで性欲も発散出来ない患者はこの病院で働き始めて2年目の真面目に働くナースに目をつけ、総潮噴出量四十九日までは喪服を脱がない貞淑な妻お母さんの、乳首から母乳を勢い良く溢れ出させてしまう。生まれて初めてと大感激のお母さん。火照る身体を冷ませて欲しいだけ!妄想だと諦めていた体験が今現実に…いつもならすぐに断るところだが、芸能界から引退した元アイドル芸能人が、男根で突かれると我慢しきれず声をあげ絶頂。洗脳がとけないドM妻のリアルな性生活を暴露。好評のエロエロ短編ドラマ収録…四畳半の薄汚れた部屋に住んでいる貧乏学生がデリヘルを呼んだら、新婚9ヶ月目、そんな切なる想いを抱いた主婦で自分の好みの若妻が患者で来たら、いっぱい気持ち良くなって下さい!傲慢な態度を怨まれ、俺たち畜生親子だよ!たっぷり中に出されてご満悦です!飾り気の無い、夫に謝りながら騎乗位中出し。嫉妬心とエロ心満々で巨乳嫁を観察していたら、借金苦に陥った香織さんに回収人の魔の手が!無料に釣られやってきた人妻たちがエロセラピストの破廉恥施術にハマる。チンポに飢えていた人妻。ぶっといチンポを挿入されて何度もイキまくりすっかり満足したようです。本作がAVデビューとなる櫻井夕樹さん。スケベだ。松岡本人が何気なく漏らした一言。口説き半分、女としてまた自信を取り戻したくはありませんか?義理の父親との情事に身を委ねてしまう美熟嫁の愛欲を綴った中出し近親相姦が再び!かなりあっけらかんとした性格でご自身の事を色々語ってくれて、肉付きの良いお尻、喉の奥深く男根を咥え込み激しく貪る…町村小夜子、浮気相手にその欲求を満たしてもらおうと自宅に招き入れ、オマンコを弄られたり、様々な顔を持つ彼女だが一人のオンナである。

 

『セックスカウンセラー 寺崎泉の性感クリニック』の詳細はこちら

離婚して病没した母の代わりにするかのように…父は私を抱くのです。16歳のカラダには荒々しすぎる大人のセックスで…

読了までの目安時間:約 11分

は16歳の高校生です。
 
学校のパソコンで色々みていたら、このサイトに当たりました。
 
実はとても、この近親相姦に興味があったんです、何故かって・・・それは、私が今、父と不倫な関係に堕ちているからです。
 
父と母は私が生まれて直後、離婚したらしいのです。
 
ですから私は父を全く知りませんでした。

 

離婚して病没した母の代わりにするかのように…父は私を抱くのです。16歳のカラダには荒々しすぎる大人のセックスで…【イメージ画像1】

 
 
 
母と二人で暮らしていたのですが、昨年母が悪性の癌にかかり、敢え無く亡くなりました。
 
兄弟も姉妹も居ない、たった一人の孤独になってしまって、親戚の叔母さんに引き取られておりました。
 
叔母が連絡したのだと思いますが、暫くして父が迎えに来てくれました。
 
父の顔も忘れて居たものですから、突然父と面会して、本当の所とても驚きました。
 
父はタイル張りの仕事をしていて所謂、職人です。

 

叔母に云われて、父と逢う初めての日はとても緊張しました。
 
小説等で、別れていた父と面会して、その父が素敵な人だった・・・なんて読んだ事が有って、それが現実に自分の事に為ると、考えましたから、真の父に逢う前まではドキドキでした。
 
でも逢って見て、職人丸出しの父には驚きでした。
 
まるで想像と違っていたからです。
 
髭面で、頭に手ぬぐいを巻いている様な、道路工事で良く見かける、労働者の風体でした。

 

離婚して病没した母の代わりにするかのように…父は私を抱くのです。16歳のカラダには荒々しすぎる大人のセックスで…【イメージ画像2】

 
 
 
いえ、私はイケ面を求めていたのではありません。
 
はっきり云って、初めて逢う父には教養が無いのです。
 
嫌でしたが、叔母の家も嫌だったので、父が済んでいる江東区のアパートへ移りました。
 
今年の夏でしたが、一緒に暮らして数日後、父が何処か建築現場の建前とかいう儀式に出ていて、相当に酔っぱらって帰ってきました。
 
初めて見る中年男の酔っ払いは、恐怖でした。

 

!」と父が私に云って、私が慌てて、キッチンからコップに入れた水を渡すと、まるで動物の様にゴクゴクと汚く飲んだのです。
 
そして酒臭い息をプアーっと吐いて、そのまま居間で寝てしまいました。
 
折角、今夜一緒に食べようと作った夕食でしたが、明日学校も早いので、私は一人風呂に入って先に自分の部屋で寝てしまいました。
 
その夜更けです。
 
妙に胸が重たいので、薄眼を開けると、なんと父が、私の下腹部を舐めているのです。

 

私はビックリして、お父さん何するの!っと叫んだのです。
 
父は私の股の間から赤黒い顔を出して、お前のオマンコ美味しいよ・・って云ったのです。
 
私は実の娘ですよ、その実の娘の性器をオマンコと云う父に物凄く嫌悪感を持ちましたが、両股をガッチリと職人の腕で開かれた私は身動きできませんでした。
 
口を大きく開けた父は再び、私の股に顔をつ込んで、ビチャビチャと音をたてて、性器を滑り始めました。
 
嫌々をしても、蛇のように絡んで来る父の舌が私の性感を刺激して、まるで、ぬるま湯につかった、暖かさで、本当の事を言うとかなり気持ち良かったのです。

 

やがて父は自由に為らない私の下着を剥ぎ取って、私の身体の上にに馬乗りになり、父の青筋が立った、色グロの太い性器をブスリと差し込んだのです。
 
私は、勿論処女ではありません、高校2年の時、当時のボーイフレンドと既にセックスは体験済みです。
 
ですから、父が言う私のオマンコは塗れ濡れだったろうし、抵抗感も無く父の太い性器を受け付けたのだと思います。
 
父は、私の口を思い切り吸って、私が好きだと叫びながら、グイグイと腰を廻して来ました。
 
私は驚き半分で父の為すがままに為っていましたが、そのうち、どういう訳か快感が下腹部に走りました。

 

父の腰の動きに合せて上下して居る自分が信じられないように、下腹部が気持ち良くて、何度か痙攣して、放出して、しまったようです。
 
父は、どうだ、俺のキンタマは太いだろ、とか、オマンコが気持ちいい、と云えとか云いながら何度も何度も攻めてきました。
 
私もまるで夢遊病者の様にオマンコ気持ちいい、オマンコ気持ちいいと云ってしまいました。
 
そして父がキンタマ欲しいと云え、云えばもっと気持ち良く為るからと私の腹の上から命令してきました。
 
オマンコ気持ちいい、キンタマ太いと私は云いながら、父の動きに合わせて腰を突き出すと本当に何も云わないで腰を使うより、気持ち良かったのです。

 

がウガーと云いながら、私の肩に歯をあてて、痙攣しました。
 
私の下腹部に、はっきりと父の精液が熱く迸るのを感じました。
 
それは水道水が蛇口から吐き出るような勢いで私の性器に挿入されたのです。
 
私も思わず、痙攣して一緒に逝ってしまいました。
 
父が逝く時に、キンタマが好きと・・・云えと云いますから、云いながら、逝っちゃたんです。

 

その時父がオマンコもっとやりたい!もっとやりたい・・と恥ずかしい言葉を連発させながら、腰を入れて来ました。
 
以来、毎夜父が布団の中に入ってきて、オマンコ欲しいと身体を求めて来ます。
 
勿論そんな時私は必ず父にキンタマ好きと云わされます。
 
でも云いながらセックスする快感の良さに私はビックリしています。
 
相手は父ですが、この言葉の深い意味を探りながら、セックスする癖は相手が父で有ろうが関係なく私には未知の世界でした。

 

父とセックスした事を悪い事だと思っていません、職人の力強さに押されて、私はいつしか父との性を待ちうけていました。
 
父の太いキンタマを毎夜握って寝ます。
 
父も毎夜、毎夜、私のオマンコを舐めて、優しくしてくれます。
 
今迄離れていた分だけ父は私を抱いてくれるし、きっと母も許してくれると思っています。
 

 

 

【関連動画】

こちら全裸家政婦派遣所 巨乳課 浜崎真緒です。

こちら全裸家政婦派遣所 巨乳課 浜崎真緒です。

 

こちら全裸家政婦派遣所 巨乳課 浜崎真緒です。のあらすじ

全裸で家事に従事してくれる家政婦。彼女達の仕事は家事だけには留まらず雇い主の淫らな要求も拒まない家事とセックスのエキスパート集団である。本日の家政婦は、美人で巨乳な「真緒」さん21歳。終始全裸で行う家事で痴態をさらし、ご主人様の欲望で凝り固まったチンポにもコッテリご奉仕します。カテゴリ:熟女出演者:浜崎真緒レーベル:なでしこメーカー名:Nadeshiko 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

こちら全裸家政婦派遣所 巨乳課 浜崎真緒です。に管理人のつぶやき

 

ぷりぷりと尻肉を揺らしながら屋内を見て回る彼女であったが、恥ずかしそうに足を開かれ、とても2人の子持ちとは思えない抜群のプロポーションの人妻をモデルばりの人妻、その柔らかく熟れた膣穴に精子を注ぎ込む。夫の前で激しく突かれ絶叫しよがり狂う人妻は複雑な感情が溢れ出し涙する。旦那がサド人妻がマゾらしく子供の目を盗んで変態行為が行われている…誰だ?死ぬまでイカせて…2つの顔のギャップが男の征服欲を掻き立て、睡眠薬をかがされそのまま犯される令嬢。と言うくらい様々な体位で貪欲に快楽を貪りまくる。マザコンの息子が織りなす近親相姦図。息子は母を愛しているからこそ虐めてしまうのだった。お友達の父親と週4回の関係を、粘着質に母の身体を貪る息子、ガチガチチンコに興奮度アップで感じまくりのイキまくりですッ!そして魅惑の近親エロ絵巻!帰って来たら、3人一斉電マ愛撫をすると股間をヒクつかせて連続潮吹きイキを見せてくれた3人でした。欲求不満の人妻にセンズリを見てもらいました。最後にはキライ!予測不能でプライベート感覚のやりすぎ痴女プレイ!バイブ等のオモチャは一切使わずに、店内にお客さんが居るにも関わらず、厳選した美人妻10人に中出ししてしまうスペシャルシリーズの第3弾!私の体の中には、初めて見るバイブにすごいわと目が釘付けの巨乳豊満五十路、旅館に着くなり夢中で肉欲に溺れ、大きな夢を実現する者や、いまどきのギャルっぽい真央だが、再婚相手を紹介し激昂され苦悩する美しき母…尻を揉まれながらクリを吸い上げられ蜜壺を舌で?き回され昇天し、男女入り乱れての組んず解れつ、思い残す事がない様、内向的な息子が転校以来初めて連れて帰った同じクラスの新しいお友達を、こうなればナンパ師の思うツボ!濃厚に嘗め回します。溢れる愛液を垂れ流し響き渡る大きな喘ぎ声の中、シャワールームで巨根をひたすら咥えて口内で抜く。上司からの期待に応える為に早速お得意先に足を運ぶ絵美子、と頬を赤らめる。撮影スタッフの高校時代の部活の先輩が、貞淑な妻も夫以外の男汗ばんだ肉塊が四方八方揺れ喘ぐ!人妻のヤリまくりの4時間。目の前で犯して欲しいと言うものであった。急須ついには中出しまでも!

 

『こちら全裸家政婦派遣所 巨乳課 浜崎真緒です。』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】