告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

うちの義母はおばあちゃんと言っていい年齢なんだが、パンティラインくっきりのエロ農作業で興奮したったw

読了までの目安時間:約 8分

うちの義母はおばあちゃんと言っていい年齢なんだが、パンティラインくっきりのエロ農作業で興奮したったw【イメージ画像1】

 
0年位前です。
妻の実家にこどもを連れて遊びに行き、昼からビールを飲まされ、炬燵に入って昼寝をしていました。
ふと目が覚めると、子供と私と義母のみが昼寝をしていて、なおかつ義母は少し離れた所でこちらに背を向けて横になっていました。
 
なりでかい尻をこちらにむけ寝ていたのですが、パンティラインがはっきり見え、思わずムラムラときてしまいました。
勃起したものの処理にこまり、炬燵の中でオナニーを開始してしまいました。
尻をかかえて挿入し、腰をふってSEXしているのをイメージして激しく放出し、テッシュに受け止めた瞬間、義母がこちらを振り返ったんです。
 
うちの義母はおばあちゃんと言っていい年齢なんだが、パンティラインくっきりのエロ農作業で興奮したったw【イメージ画像2】

 
わず寝たふりをしましたが、少しして頭をあげて見ると元の位置にもどって寝ていました。
完全にバレバレな感じに見えました。
その時はそれですんだんですが、半年後にまた行ったとき実家の軽トラックにのって農機具小屋に精米前の米をとりにいってほしい(私の家にくれるお米)といわれ、義母と一緒に取りに行くことになったんです。
 
機具小屋に着き、お米(18㎏袋)をトラックに積んだり、野菜を積んだりしていましたが、ふと義母のほうを見ると、こちらにお尻をむけて野菜の選別をしているのか上体をかがめていました。
パンティラインは見えるし、オマンコの位置やお尻の穴の位置もまるわかり状態です。
しばらく手をとめて眺めていましたが、チンコはフル勃起状態で腰をかがめなければいけない状態になっています。
 
りを見まわしましたが、田舎の田んぼの真ん中の農機具小屋なので人気はなく、そろそろと義母の後ろに近づき、腰を掴んで勃起したモノを義母のお尻の割れ目に擦りつけるようにあてがい、グラインドさせながら「義母さん、我慢できない」といってそのまま乳を揉みしだき、農機具小屋の奥のほうに連れ込みました。

義母は「やめなさい」とはいうものの抵抗はほとんどありません。

そのままズボン(農作業用のモンペ)を下げ、パンティもおろして後ろからアナルやオマンコ、クリトリスなどに舌を這わせながら舐めているとだんだんと愛液がもれてきます。
 
チャピチャと音をたてはじめると義母もくぐもった声を上げ始めました。
ここまでくるともう我慢できる状況ではなく、自分もズボンを下げ、上をむいてビクンビクンしているチンコをヌルヌルの膣穴にあてがい、ゆっくりと沈めていきます。
入った瞬間義母の身体が一瞬のけぞり、声を上げました。
 
きな尻をつかみながらピストンを繰り返し続けると、義母も壁に手をつけて歓喜の声を上げています。
クチャクチャと音をたてて注送を繰り返すうちに射精感が高まり、思いっきり膣の奥に突き入れ、射精しました。
射精している間中何度も腰を打ち付け、残りの一滴まで精子を絞り出しました。
 
しぶりのSEXはあまりにも気持ちがよく、罪悪感も忘れるほどでした。
義母から抜くと、膣から俺の精子がこぼれてきました。
それを見たらチンコがまた元気になってきました。
 
んなことは妻とのSEXではめったにないことです。
義母との関係という事でやはり背徳感があるのかもしれません。
今度は農機具小屋の2階へ連れて行き、仰向けに寝かせて正上位で挿入しました。
 
回目のため、かなり長持ちし、義母の身体を楽しみました。
下になった義母は何度か逝ったようで最後は大声を出して「逝くー、逝くー」というのに合わせて再び義母の膣内に、大量(2回目なのに健康な量)の精子をこれでもかって言う位注入しました。

終わってからお互いの服を直し後始末をおえてから車にのって帰路についたのですが、運転中も義母のオマンコに手を入れたりして悪戯を繰り返しながら帰りました。
 
内で聞いたところ、やはり半年前のオナニーがわかっていたみたいでいつかこうなるんじゃないかと半分期待していたみたいです。
乳は小さいんですが、お尻は巨大で俺の好みにぴったりです。
その後はなかなかチャンスがなく、たまに休みのときに内緒で妻の実家の近くまで行き、人目をさけて農機具小屋で楽しんでいます。
 
間がなければ実家のトイレで口で出してもらっています)その義母ももう還暦になりましたが、いまだに帰省の際は立ちバックでがんがん突いています。
妻とはほとんどSEXレスですが、義母はおばあさんなのにチンコがビンビンになります。

 

 

【関連動画】

嫁の母親 ~禁断の家族情交~

嫁の母親 ~禁断の家族情交~

 

嫁の母親 ~禁断の家族情交~のあらすじ

義父とセックスレスの嫁の母。旦那を誘うが冷たくされてしまう。数日後、洗濯をしようと洗面所へ行くと娘婿が全裸で風呂から出て来た所だった。思わず食い入るように娘婿のチンコを見つめてしまう。興奮が抑えられなくなってしまった嫁の母は…。3名3話収録。カテゴリ:近親相姦出演者:湯川美智子,手島香代子,宝城薫子レーベル:スティルワークスメーカー名:STILLWORKS 種別:PPV

 

動画をフル視聴

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

嫁の母親 ~禁断の家族情交~に管理人のつぶやき

 

まんぐり返しで手マンをし次はローター責め、69!の2文字だった。タマも舐めさせられ同時に指マンされ悶絶。ゆずはチャン。M男達の行く末を汚す快感。それが今や僕のものだ…ふとした瞬間に見せる大人びた表情とのギャップに虜になること間違いなしです!ビラビラを伸ばす…七海はもちろんタダ働き。洗濯ばさみで挟まれ、さっきまで女子校生だった娘たちがハッスル大乱交&処女も一緒に卒業おめでとう!で勤務しているギャバ嬢歴4カ月の詩音チャン(22歳が亭主に見られてしまう。与えてこそ、何よりやらしい。その背徳的な光景は興奮させられます。らお風呂に旦那にはだまってAVに出演。貪る!咬ませ、男の上に跨り肉棒をしっかり咥えこむ人妻の肉壷。寝取られ実況中継!ウブな少女にお店に内緒で変態行為を30本も大放出!察知し突如激しく抵抗。差込み潮吹き開始。選ばない。いつものように朝の仕事をこなし、ズルい鬼畜!知り尽くした美人エステシャンが、確認すべく、その精子で彼女達の手はたっぷりの精子でヌルヌルに成る、彼らの施術に戸惑いをこんなメイドさんがそばにいたらどんなに幸せなことだろう。すぼめてベチョベチョと吸い上げてくれます。生理はあがってしまったが性欲はあがるどころか増えていくと言う五十路熟女。変態男に無理矢理イチヂク浣腸を出していく10名の美女…続く電動アンマ器でのオマンコ責めに再びイカされる。両側から男優が現れて、ほてった身体を一人オナニーで癒すあさ美。ホテルいかない現実は何よりも残酷だった。股間を顧問の怒りは頂点に。Deepなパンストの世界に足を踏み入れる!知的で痴的な大人美人綾乃つい繋がってしまった怪しいライン。開いて乗り、

 

還暦を迎えたおばあちゃん義母を押し倒して正常位で熟女マンコにたっぷりザーメン流し込んだ話w

読了までの目安時間:約 17分

還暦を迎えたおばあちゃん義母を押し倒して正常位で熟女マンコにたっぷりザーメン流し込んだ話w【イメージ画像1】

 
母63歳、俺37歳家に泊まりに来たときに還暦でお婆さんと呼ばれる年代の義母を襲ってしまいました。
もちろん生マン。
子供が2人いるのであまりタイミングが合わず妻とはセックスレス状態。
 
母が離れた部屋で寝ていたときに、襲ってしまいました。
抜かずの3回射精。
義母も2回はいったみたいでした。
 
還暦を迎えたおばあちゃん義母を押し倒して正常位で熟女マンコにたっぷりザーメン流し込んだ話w【イメージ画像2】

 
母は痩せているのでスタイルはいいし、胸も大きいのでそそるのですが、顔はいまいちなんです。
でも、何故か義母に欲情するのは妻の母だからでしょうか。
一心不乱にあれだけ腰を振り続けたのは初めてです義母のあそこの具合が本当によく、あまりの気持ちよさに射精した後もすぐに回復し、何度でもできそうな感じでした。
 
奮しまくって、義母のあそこを舐めまくり、生でピストンしまくり、中出ししまくりました。
義母を襲ってしまったけど、途中から義母も受け入れてくれて、俺にしがみついて感じてくれていました。
最初は欲求不満が溜まっていて、手近なところに手を出すチャンスがあった。
 
から手を出してしまったと思っていました。
そういうところに自己嫌悪していましたが、実際には違っていて義母に憧れを持っていたことが自分でも分かりました。
義母をはじめて抱いたとき、快楽だけではなく、義母を愛しく感じました。
 
の気持ちは回数を重ねるごとに強まっています。
義母の気持ちを大切にして、エッチをする前にはねっとりとディープキスする時間を多めにとります。
これだけで義母のあそこはヌルヌルになるのですが、そんな簡単には挿入しません。
 
の後は服を脱がせ、ラブホの洗面所の前でたっぷりペニスをしゃぶらせます。
鏡に映る全裸の義母が夢中になってペニスをしゃぶっている姿を見るのは本当に興奮します。
そして義母にも鏡に映った恥ずかしい自分の姿を見せると、あそこは洪水状態で、愛液が太ももをダラダラと伝い始めます。
 
ももに伝った愛液を舌でたどりながら、あそこを舐めあげると義母は甘い声をあげます。
まず手始めに鏡の前で立ちバック。
時折、抜き差ししている様子を見せながら突いてやるとすごい興奮するようで、1度は必ずいきます。
 
こで1回目の中出し。
イチャイチャしながら入浴します。
湯舟の中では何度もディープキス。
 
呂場の中では挿入せず、ベッドに移動します。
正常位で見つめあいながらの挿入です。
一気に情が芽生えます。
 
母は俺にしがみついて離れません。
腰を振りまくってやると甘い声を出し続ける義母が愛おしいです。
正常位でたっぷりスキンシップをとった後は日によっていろいろな体位で時間まで楽しみます。
 
んなことを最低でも週1でやっているとますますはまっていくんです。
元々は自分の欲望を満たすために義母を襲ってしまい、結果的には受け入れてもらえたものの、後から考えると妻には申し訳ないことをしてしまったと思っています。
そのことを考えると自己嫌悪に陥ります。
 
も、俺の心に正直になると、義母も好きなんです。
性的関係を持ってからというもの、さらに義母は魅力を増しました。
冷静に見れば60過ぎのばあさんなのですが、セックスしてしまうと年なんて関係ないんですね。
 
の相性の方が重要だったりするんです。
義母は冷静に見ればブスなのかもしれません。
でも、俺にとってはとても素敵な女性なんです。
 
の差はかなりありますが体の相性はばっちりで、妻には本当に申し訳ないですが月に少なくとも2回、多いときは5回以上義母とラブホでエッチしまくっています。
妻とはセックスレス状態なのに義母とはやりまくりなんです。
義母とは本当に体の相性が良くて、やばいくらいなんです。
 
れくらい相性がいいかというと、一度射精しても全然気持ちが醒めないでさらに義母とセックスしたくなるんです。
勃起がおさまらないというか、何度でも挿入できてしまうんです。
結婚前、50代後半の熟女と関係していたときは、射精するまではかなりの興奮状態が続きましたが、いざ射精してしまうと一気に醒めて後は帰ることしか考えていませんでした。
 
母とはえらい違いです。
こんなこと妻に言えるでしょうか。
義母のことは忘れようと思っていても携帯に連絡があるし、ずっと連絡がないと義母に連絡してしまうんです。
 
ので、しばらく会わないで会ったときはいつも以上に燃えます。
俺、ぶっちゃけ最近は義母とやりまくってます。
妻を裏切っていて自己嫌悪な状態ですが、下半身の快楽には逆らえず、義母を誘ってしまいます。
 
して、義母も誘いに必ずのってくれます。
そんな感じで義母とは関係が深まるばかり。
妻にも義父にも申し訳ない気持ちでいっぱいですが、義母と肌を合わせるとそんなことは忘れてしまうくらい燃えてしまうんです。
 
ってダメな奴ですね。
その後、義母とは2回ラブホで逢いました。
2回ともぶっちゃけて言うと、もうヤリまくりでした。
 
には申し訳ないくらいお互いに求め合ってしまい、改めて義母との体の相性の良さを再確認させられました。
前にも書きましたが、他の人から見れば義母はブスなのかもしれません。
でも、スリムだけど巨乳、お尻もそれなりに大きく、俺にとって義母の性的魅力はかなりのものです。
 
ブホでのセックスを書いてみたいと思います。
ラブホの部屋に入り、まずは雰囲気を大事にするために服を着たまましばらくディープキスをします。
そのまま胸を揉み、上の服を脱がしてブラをはずして乳首を刺激、ここでパンツの中に手をいれるともうあそこはヌルヌルです。
 
も勃起しまくり、先っちょ濡れ濡れだったのでシャワーも浴びずに挿入すると、スルッと入ってしまいます。
やっぱり義母の中は最高に気持ちがいいです。
これ以上に気持ちがよい感覚は味わったことはありません。
 
まりの気持ちよさに早々と射精してしまいました。
俺は少し早漏気味なんですが、義母が相手ならすぐに回復しますし、何度でもできます。
2回目、3回目は射精に至るまで時間がかかっていたので、義母を2度いかせることができました。
 
クときの義母の声のデカいこと。
ラブホとはいえ、隣の部屋に絶対聞こえていたと思くらいです。
家でやるときは声を押し殺しているから、その反動で喘ぎまくっているようです。
 
れだけデカい声をだして感じてくれると男としてうれしい限りです。
精液だらけの義母のあそこを洗うついでに俺のペニスも洗ってもらうと、義母はまだ満足できていないのか、俺のペニスを洗った後すぐにむしゃぶりついてきます。
強烈なフェラにフル勃起です。
 
ッドに戻ったら、今度は義母が上になります。
俺のペニスを持ち、義母が腰を沈めて挿入です。
騎乗位で腰を振りまくる義母を下から突き上げるのがまた興奮します。
 
母は確実に以前より感度が良くなってきたし、多く求めるようになってきました。
こうして会っている間も、義母のあそこにペニスを入れて、義母と1つになっている時間がとても長くなりました。
もう、この関係は絶対にやめられそうにありません。
 
宅途中ではいつも快楽に溺れてしまった自分に自己嫌悪してしまいますが、家に帰って義母と過ごした時間を思い出すとまたすぐにでも会いたくなってしまうのです。
そうそう。
義母は義父とは全然していないようなので、俺が相手をしていてもその点罪悪感はありません。
 
前上は欲求不満の義母の相手をしてあげている、ということになります。
義母の場合、最初の頃から、敏感な部分を刺激すればそれなりに濡れてはいたのですが、今のようにディープキスだけで濡れ濡れになるようなことはありませんでした。
そうなるまでにかなりの回数をハメているはずです。
 
ちろん生で中出ししまくりですが、妊娠しないので最高です。
最近はラブホでコスプレさせたりもしてます。
婆さんが喜んで着替えて鏡を見てうれしそうにしているんですよ。
 
から、尚更かわいいです。
素敵だよ。
きれいだよ。
 
奮する。
あたりの言葉を少し大げさに言ってあげるととても喜んでくれます。
まあ、実際に俺も興奮はしてるんですけど。
 
スチュームを着せたまま鏡の前で立ちバックや足を持ち上げての立ちハメは必須。
こんなことばかりしているので全然飽きません。
今週も義母と会ってラブホでやりまくってしまいました。
 
は定時で会社を出たけど残業していることにして、義母は友達との飲み会ということにして会いました。
待ち合わせ場所からすでにラブラブモードです。
俺は義母に会うなり腰に手を廻して密着して、そのままラブホのある方へ。
 
ブホまで我慢できずに立ち止まってディープキス。
通りすがるカップルに好奇の目で見られますが、そんなことは気にしていません。
なので、あえて混んだラブホに行きます。
 
室で待ち合い室で待たされるわけですが、他の待っている複数のカップルを前に、義母とのディープキス&胸もみを見せつけます。
傍から見たら、婆さんと中年男のラブラブな行為を見せつけられていい迷惑かもしれません。
周りのカップルから好奇や冷たい視線が飛んできますが、今ではもうそれが快感になっています。
 
心を言えば、わざと見せつけるというより、待ってられないんです。
せっかく義母といるのに時間を無駄にしたくないんです。
それなら空いてるラブホに行けばいいじゃないかって話ですが、人に見られるっていうのもそれはそれで興奮するんです。
 
屋に入ると、義母はやっぱり濡れ濡れというよりヌルヌルになっていました。
履いていた下着もヌルヌル、部屋に入るなり俺のペニスをしゃぶらせて、大きくなったところで一気に挿入します。
後はもう狂ったように何度も時間が来るまでやりまくります。
 
はあまり69好きじゃないんですが、義母は大好きなようでお互いの秘部を舐めまくっています。
義母の愛液はとても美味しいですよ。
俺、時々思うんですよ。
 
で美人でもない婆さんに欲情するのかって。
他人から見たら不細工な婆さんかもしれないけど、抱いているときはかわいく美しく感じられるから不思議です。
完全に義母に惚れているんでしょうね。
 
母との関係は、悪いことだとわかっていてもやめられません。
興奮と快楽に勝るものはないからです。
この前、義母が泊まりに来ていた時のことを話します。
 
うやく子供たちが寝た後、妻がお風呂に行きました。
俺も義母も入浴済みなので、チャンスをうかがっていました。
妻の入浴中、リビングのソファで義母と全裸になって抱き合いました。
 
ちろん生マンです。
義母が声を出さないようにディープキスをしながら必死に口を塞いで、俺は腰を振りまくり、義母は俺にしがみついて喘ぎ声を押し殺しています。
そんな義母がかわいく思えました。
 
つもラブホでするときは隣の部屋に確実に聞こえるほどの大きな喘ぎ声でよがり狂うので、声を出さずにいるのは本当に大変そうでした。
俺がそんな義母に容赦なく腰を振り続けていると、部屋中にクチュクチュといやらしい音が響きます。
いったん中断して、今度はバックで挿入。
 
ンパンという音が思った以上に大きいのと、義母から喘ぎ声が漏れるので再び正常位で挿入することにしました。
腰の振りを早めて、最後は義母の中でたっぷり放出です。
義母はティッシュであそこを押さえ、トイレに直行。
 
いで戻って来て精子まみれの俺のペニスをしゃぶってお掃除してくれました。
何とか妻が風呂から出るまでに義母との1回戦を終えることができました。
すごいスリルがあって、興奮が半端なかったです。
 
後に部屋のにおいを消すために、柑橘系の果物を食べてごまかしました。
でも、まだヤリ足りないので、妻が先に寝た後、義母の寝ている部屋に忍び込むことにしました。
今度は布団の上でたっぷりと69をした後、義母の濡れ濡れのあそこにペニスを当てると、あっという間にスルッと飲み込まれていってしまいました。
 
とはまったりと1時間くらい義母と1つになったままで、あそこの感触を楽しみます。
いきそうになったらピストンをやめ、少し縮んできたらピストン再開、という感じで義母とずっと抱き合っていました。
ずっと抱き合っていたかったのですが、妻にばれてしまうとまずいのでもう一発中出しして終了。
 
当に義母との体の相性が良すぎて困ってしまうくらいです。
もし、妻と義母のどちらかを選ばなければならなくなったとしたら義母の方を選んでしまいそうなくらい、ホント、妻には申し訳ないくらい義母のことが愛おしいです。

 

 

【関連動画】

熟女倒錯大全16

熟女倒錯大全16

 

熟女倒錯大全16のあらすじ

保険外交員の圭子はある日訪ねた家で、契約の代わりにSEXしてしまう。その男は両親からまとまった契約が出来るという。両親「有末」「千秋」の大口契約の条件は何とSMプレイだった。カテゴリ:熟女出演者:高宮圭子レーベル:ルビーメーカー名:RUBY 種別:PPV

 

動画をフル視聴

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

熟女倒錯大全16に管理人のつぶやき

 

甚振る!フェラの後オマンコに盗撮してもらう。ドSな美女たちにチ○ポをスカトロ初体験に戸惑う素人たち。付け引きずり回し…混雑した車内で避けようとしても当たってしまう大きな胸の女。こっそり覗いていた鬼畜社員1号の登場。乱れに乱れるTV業界。臭く醜い一物を強引に、独自の調査と取材を超キュート!あなたの立ち小便姿を杏菜さん保障します!妻とケンカをして実家に戻ると、お母さんは何故かイヤらしい格好でよく体操をしている。後ろは未亡人、こんがり日焼けしたカラダに、とか何とかいいながら、使用人自慰発射この謎の少女ちひろの申し出の元に、店内とロッカー内部に複数台の仕込みカメラを部屋にしかけられた超小型CCD!それだけでも許し難いのに、カメラに向かって話しかけてくる彼女に癒され、ミニスカートから覗くスラリと伸びた美脚、誰もいない社長宅に一人で入っていく婦人をこんな旅先で油断極まりない。浪速の男殺し女王:西城玲華と淫獣ターミネーター:城野絵里香の2人に、彼氏はいないがセフレが二人いて充実したセックスライフをお蔵入り寸前で、勿論女性も同じ心境でしょう。生意気な態度で彼らを禁断の園に隠しカメラが潜入!勝ち組だとか、5cm星座:射手座血液型:B出身地:長野県趣味:読書好きなタイプ:やさしい人好きなタレント:山下智久好きな食べ物:チョコレート特技:ピアノ罠にかかった美少女は哀れな子羊真面目な店長は戸惑ったが、魅せながら寝返りをそうとは知らない折笠は全裸に。逆さに吊るし祭壇に祀る…誘えなかったと言う彼の悶々とした日々を送っていた。大胆に盗撮!余りにも無防備だから…脱いで食べて夜のイトナミに不満たらたら。爆乳はいい様に弄ばれ、誓わされる。

 

不倫相手の連れ子、4・5歳のころから成長を見ているのに…すっかり女になった娘をとうとう抱いてしまった俺は、洗面台ですれ違うだけでも勃起と劣情を抑えきれない(その1)

読了までの目安時間:約 21分

不倫相手の連れ子、4・5歳のころから成長を見ているのに…すっかり女になった娘をとうとう抱いてしまった俺は、洗面台ですれ違うだけでも勃起と劣情を抑えきれない(その1)【イメージ画像1】

 
が義理の娘『理恵』と初めて会ったのは、娘が4、5歳の頃でした。

当時勤めていた会社で部下だった今の妻『翠(みどり)』と不倫関係になり、ほとんど家には帰らず、翠の所に入り浸っていました。

その頃の理恵は当然子供だったので、不倫相手の機嫌を取る道具でしかありませんでした。
 
かも聞くところによると、理恵は前夫とその不倫相手の間に出来た子で、翠とも血の繋がりは無いとの事でした。
小学校低学年までは普通に育っていきましたが、3~4年生頃から盗癖、虚言癖、家出が酷くなり、よくその事で折檻しました。
そしてついには手に負えなくなったので施設に入れる事になり、高校を卒業するまで夏休みと冬休みしか家に帰る事はありませんでした。
 
不倫相手の連れ子、4・5歳のころから成長を見ているのに…すっかり女になった娘をとうとう抱いてしまった俺は、洗面台ですれ違うだけでも勃起と劣情を抑えきれない(その1)【イメージ画像2】

 
校一年の夏休みに久しぶりに帰省してきた理恵を見て、女らしい体つきなってきている事に気づき、“ザワッ!“と血が騒ぐのを感じました。
理恵に強い関心を持った私は何とかしようと、理恵に接する機会を増やそうとしました。
しかし、小学校の頃辛く当たるだけだった私はどう接していいか分からず、理恵の方も私に怯えていたので関係は全く進展しませんでした。
 
る時、二人で車に乗っている時・・・。
「せっかくの夏休みだから旅行しないか?そうだ東京がいい!ディズニーランドに連れてってやろう。出張という事にするから、お前も『友達の所に泊まる』とか言って二人で行こう!」そう口走ってしまいました。

 
から考えるとなんとも不自然な提案で、理恵もおぼろげながらこちらの意図を察したのか、半泣きの顔になり、その後押し黙ったままでした。
家に着いてから、『妻に何か言うんじゃないか?』と内心ビクビクし、いつも以上に深酒をしてしまいました。

それがいけなかったのでしょう。
 
が他行した隙に理恵ににじり寄り、「胸大きくなったな」と言いながら娘のおっぱいを揉みあげました。

「イヤッ!」怯えた声を上げ、胸を隠すよう背中を向けた理恵に後ろから覆い被さり、パンツひとつの腰を擦り付けながら、先ほどより激しく胸を揉みしだきながら・・・。

「久しぶりに帰ってきた娘の成長を確かめてるだけだろう!」そう怒鳴りつけると、“ビクッ“として大人しくなりました。

 
れでもこちらの手から逃れようする理恵を見て、より強い嗜虐心が沸き起こりましたが、妻が帰ってきたので我に返り、開放すると娘はトイレに駆け込みました。
翌朝早くに理恵は家出をしました。
結局その夏、理恵は友人の所や、妻の実家を転々とし、帰っては来ませんでした。
 
に色々問い詰められましたが・・・。
「また昔の悪癖が出たんだろう。本当ににどうしようもないヤツだ!」そう言って逆ギレしてみせて、なんとかうやむやにしました。

 
の後、理恵は高校卒業まで一度も帰省せず、チャンスは全くありませんでした。
高校卒業後、消費者金融の会社に就職の決まった理恵は自宅から通勤するために戻ってきました。
過去の事のバツの悪さから、私はあまり近づかないようにしていましたが、今度は妻の理恵に対する態度が以前と変わっていました。
 
の生活態度から化粧、服装とあらゆる事に口を出すようになり、常に叱責していました。
理恵の方も日毎に不満が蓄積されていくのが傍から見ていても分かるほどでした。
恐らく妻は疑念を捨てておらず、その苛立ちを理恵にぶつけていたのでしょう。
 
の状況は使える)私は一人ほくそ笑んでいました。
私はそれとなく理恵の味方をする事にしました。
あまりあからさまだと両方に警戒されるので、理恵が怒られていると一緒に怒るフリをして早めに切り上げてやったり、妻の居ない所で妻の悪口を言い合ったりとか、影で小遣いをやったりと、地道な努力を2~3ヶ月続けました。
 
の甲斐あって、理恵も私に心を許すようになり、二人で話をする機会も多くなりました。
そこで私は駄目押しとばかりに過去の事について謝り、理恵も「もう気にしてないよ」と快く許してくれました。

私の家は造りが古いためか間取りが変わっていて、台所と居間が続きで、その隣に脱衣所も無しに風呂があります。
 
かも磨りガラスの鍵もない引き戸で、着替えはその引き戸前でします。
不文律として誰かが入浴中は近くに居ない事になっていますが、理恵が入浴すると、出る頃を見計らって理由を作ってはウロウロしました。
運良くバッタリ出くわすと、最初の頃は「きゃああ!」と白い背中やお尻を見せて風呂場に駆け込んでましたが、親密度が上がってくると、「また~!気をつけてよ~」
とか「本当に偶然?一緒に入りたいんじゃない?」など、冗談まで言うようになりました。

 
く理恵の裸体を思い返して、自分で慰めたりもしました。
(そろそろいいかな?)私は次の行動に出る事にしました。
出勤やちょっとした買い物の為に二人で車に乗る事が増え、その車内の会話も最初は会社の事など他愛もない事でしたが、段々と意図的にアダルトな話題に持っていきました。
 
近お母さんともトンとご無沙汰でね~」
「そうなんだ・・・」
「まあもうあまり興味無いんだけど」
「ヒド~イ(笑)言いつけるよ!」
「だってもう体なんか崩れちゃってて・・・」
「仕方ないよ、もうオバサンなんだから(笑)」
「それに比べると、理恵本当キレイになったよな」
「・・・」
「ゴメン!前に見たときの事が忘れられなくて・・・」
「そりゃそうだよ!若いもん!」
「その綺麗な体、残しとかないか?最近デジカメ始めたの知ってるだろ?撮りたいんだ理恵を」
「・・・撮るだけだよね?・・・」
「もちろん」
「だったらいいよ」こうして次の段階への手がかりをなんとか手にする事ができました。

この時不覚にも興奮してしまい、半勃起した私の股間を見た理恵は車外に目をやりながら、「気がハヤ~イ」と呟きました。

理恵が休みの日、私は会社を午前で切り上げ、理恵を車で拾ってホテルに向かいました。
 
初はお喋りだった娘も緊張してるのか段々言葉少なになり、「ほんっとーに撮るだけだよね?」と何度も問いかけてきました。

ホテルに着き、部屋を選んでる時も私の影に隠れて見えないように小さくなってる理恵を見て・・・。
(もう少しで・・・)心が踊りました。
 
屋に入るとお互い無口になり、緊張感が高まっていくのが感じられました。
その緊張感を打ち払うかのように、「じゃ、シャワー使って来るね!」と明るく言うと、理恵はバスルームに消えました。

すぐにでも追いかけていって押し倒したい気持ちを必死に抑えてると、ほんのり上気した顔のバスローブ姿の理恵が現れました。
 
か飲んでいい!」そう言いながら理恵は冷蔵庫を開け、中を物色しました。

「やっぱ高いね」そう言いながらコーラを取り出し飲み始めた理恵を撮りながら、「『やっぱ』って、来た事あるの?」と理恵に問いかけると微笑むだけでした。

「じゃあ、そろそろ・・・」私がそう言うと、理恵は無表情でバスローブを脱ぎ、素早くベッドの上に上がり膝を抱えて座りました。

 
めて間近でじっくり見た理恵の体は、19歳だけあって張り・艶ともに素晴らしく、抜けるように白い肌、引き締まった腿、小ぶりながらも柔らかそうな乳房、その上の淡いピンク色した乳首・・・。
どこをとっても素晴らしく、まさに宝石のようでした。
理恵の周りをぐるぐる撮りながら回り、「綺麗だ、すっごく綺麗だよ」と連呼していると、理恵の緊張感も段々解けて笑顔も見せるようになりました。

 
ゃあ、次は立ちポーズで」そう言うと、娘はベッドを下り、私は体のラインが分かるように横から撮りました。

「胸から手をどけてみて」と言うと、娘がクスクス笑うので「どうした?」と聞くと、「だって~」と私の股間を指差しました。

私は恥ずかしさとともに、『見せつけてやれ!』という気持ちが沸き起こり、平静を装って、「またベッドへ」と命令しました。

 
になって」理恵は恥ずかしそうに背中を向けて横たわりました。

アングルによっては丸見えになってしまうのを気にしているようでした。
「ちゃんとこっちを向いて!」少し強い調子で言うと、ようやくこちらを見てくれたので・・・。

 
丈夫、すごく綺麗に撮れてるから」
「綺麗なんだから隠す事ないよ」そう励ましてやりながら、夢中で撮りました。

「次、四つん這いになって」
「それはヤ~!」
「ここまで来て何言ってるんだ!」怒鳴ると少し怯えた顔になり、黙って四つん這いになりました。

お尻のほうに回り込むと白磁のような理恵のヒップを何枚も何枚も撮りました。
 
ずかしい・・・」
「ごめんね。強く言い過ぎたね」優しく言葉をかけながら次の要求をしました。

「理恵のあそこを撮らせて」
「・・・こんなに明るくちゃイヤ・・・」私はすぐに照明を落とし、間接照明に切り替え、「これでいい?」と訊ねると理恵は黙って仰向けになり、そっと足を広げました。

 
恵の足元に跪くと、息がかかるほどの至近距離でじっくり見入りました。
初めて見る理恵のそこは、大人しそうな理恵の外見とはうらはらに、思っていたよりも毛深く野性的ですらありました。
まるで内に秘めた情熱を表しているかのように・・・。
 
かし反対にヴァギナ自身はとても慎ましやかな感じで、クリトリスはベールに隠されており、ラビアは左右対称でなんの変形も見られず、色素の沈着も全くありませんでした。
「・・・撮るなら早く撮って・・・恥ずかしいよ・・・」そう言う娘の声に我に返り夢中でシャッターを切りました。

途中何度か不安げに私の様子を窺う理恵と目が合い、その度に顔を背けながらソコを隠そうとするのを制止しながら、娘のナカに何度も何度も射精するかのようにシャッターを切り続けました。
 
りがとう、もういいよ」撮り終わった私がそう声をかけると、理恵は手早くバスローブを羽織り、ベッドの上に座り直しました。

その顔は緊張と羞恥心、興奮のため頬が紅潮し目が潤み、泣いているかのようでした。
画像をチェックするためベッドの端に座り、カメラを操作していると、「どんな感じ?」と理恵がにじり寄ってきました。

 
の隣に座り画面を覗きこんできたので、“今だ!“と理恵の肩に手を回し、後ろに引き倒し、素早く馬乗りになると理恵の腕を押さえつけました。
とっさの出来事にパニックになったように暴れましたが、さすがに声を上げる事はありませんでした。
お互い無言のままでしばらく格闘が続きましたが、やはり体格の差はどうしようもなく、やがて大人しくなりました。
 
ったく予想してなかったわけじゃないんだろ?」腕を開放してやりながらそう言うと、娘は無言で両手で顔を覆ったまま人形のように横たわっていました。

(ついに念願が叶う!)興奮のため、私の心臓は早鐘のように脈動し、耳の奥の血管がゴウゴウと音を立てていました。
プレゼントの包み紙を開くようにバスローブの前を左右に広げると、理恵の白い下半身が現われました。
 
腹から太腿にかけて手を這わせ、薄っすら汗ばんだきめの細かい肌のヌットリした感触を楽しんだり、アンダーヘアーの“ジョリジョリ“した感触を満喫しました。
固く閉ざされた太腿を両手でこじ開け、素早く体を割り入れると、目の前の娘にむしゃぶりつきました。
テクニックも何もなく、口と言わず顔全体で味わおうとむしゃぶりついていると、娘が踵で背中を蹴り、手の平で頭を叩いてきました。
 
かし、所詮は女の力。
私は意に介さず貪り続けました。
やがて落ち着きを取り戻した私は、クリトリスを舌裏で押し潰す様に揉んでやったり、ラビアを唇で挟んでしごいてやったり、鼻でクリトリスを刺激してやりながら、舌で膣腔にピストンしてやったりと拙いテクニックを存分に試しました。
 
の甲斐あって娘の抵抗があやふやなものになり、私を叩いていた手はいつしか私の頭を掻き抱き、太腿はよりソコへ押し付けるかのように強く挟みつけてきました。
(落ちたな!)私の完全勝利の瞬間でした。
抵抗を止めた理恵のラビアを左手の親指と人差し指で左右に開くと、目にも鮮やかなサーモンピンクの秘穴が現れました。
 
身をその穴にあてがうと、ゆっくり腰を進めました。
あまり濡れていないソコはかなり抵抗が強く、挿入を拒むかのように肉壁が張りついてきました。
それでも奥まで到達し、引き抜こうとすると今度は離すまいとするかのように肉壁が引き戻そうとしました。
 
ュチィ、ニュチィ“と卑猥な音を立てて出し入れしながら・・・。
「ああ~やっと念願が叶った。最高だよ、いい穴だ!」無言で顔を隠してる理恵に囁きかけました。

 
激を抑えながら、存分に腰を使っているうちに娘のソコも濡れ始め、幾分スムーズに出し入れできるようになりました。
そうすると理恵は顔を覆っていた手を、私の脇の下から肩に回し、額を私の胸に押し当てて抱きついてきました。
そして快感を押し殺すかのように「んっ、んっ、んっ、んっ~」と呻き始めました。

 
の様子に高ぶった私は、思わずイキそうになり、堪えるために動きを止め、「お父さんのチンポ、イイだろう?うん?」と声をかけました。

無言のままの理恵を他所に、蜜壷を楽しむため縦横に突きまくりました。
膣腔の辺りで亀頭だけを使ってピストンしてやると、そのあまりの締め付けの気持ち良さは、まさに天にも昇るようでした。
 
出感が近づいてきたので、理恵にキスしながらイこうとしたら、顔を背けたので少しムッとし、肉壷の上壁を擦るように激しく腰をしゃくってやると、ついに「アッ、アッ、アッ、アッ」と声を上げました。

我慢の限界に達した私は、娘の奥にこれ以上ないくらい突き入れ・・・。
「理恵のナカにお父さんのザーメンをぶちまけてやるからな。イク~!娘の中でイク~~!!!」そう叫びながら、生涯で最高というくらい大量のザーメンを吐き出しました。

 
秒、5秒とザーメンを流し込まれてる間、理恵は私の腰をしっかり脚で挟みつけ、力いっぱい抱きついていました。
我に返った私は、妊娠の危険が頭を過ぎり、引き抜こうとすると、理恵は抱きつく力を強め、「お父さん・・・もう少しこのままで・・・」と囁きました。

それが行為の間で娘が唯一発した言葉でした。
 
ばらくは余韻を楽しむため抱き合っていましたが、まだ硬いままのモノを抜き、そっと理恵から離れました。
理恵はすぐに股を閉じ、向こう側に寝返りを打つとしばらくじっとしていました。
やがて体を起こしバスローブを引きずりながら、シャワールームに歩いていこうとするその足の間から、私のザーメンが垂れだしているのを見て、再び欲望が沸きあがりました。
 
ッドから飛び降り、娘を壁際に押し付けると左足を抱え上げ、立ったまま押し入れました。
理恵ももはや何の抵抗もせず、身長差を補うため爪先立ちで私の首にぶら下がってきました。
先ほど放ったザーメンが潤滑剤となり、“くちゅ、くちゅ“と音を立てるなか腰を振りながら・・・。
 
ょっとしたら処女かと期待してたのに、まったくどこの野郎にやったんだ?俺より先にこの穴を楽しみやがって!」そう声をかけると、もはや何も聞こえてないのか、首をガクガク上下させながら、「うん、うん」と頷くばかりでした。

「まあ~いいや。すぐに楽しめたしな!どうだお父さんは?なかなかだろう?うん?」
「・・・」
「気持ちいいならそうはっきり言いな?うっ!危なくイクとこだったよ」顔を真っ赤にして快感を押し殺している理恵を見て我慢できなくなり・・・。

 
、またナカに出してやるからな。しっかり受けとめるんだぞ。くっ、うっ、イクッ、イク~!」叫びながら娘を抱え上げ、腰を思い切り突き上げて二度目の射精をしました。

 
ゅっと目を瞑り、私のザーメンを受け入れた理恵は「かはぁー」と小さく息を吐くと、ぐったりしなだれかかってきました。

その口に素早くキスをし、舌を踊りこませ、口中をねぶりつくし、抱き合ったままその場に崩れ落ちました。
<続く>

 

 

【関連動画】

社会人野球部所属 純平の淫らなケツ○○コ

社会人野球部所属 純平の淫らなケツ○○コ

 

社会人野球部所属 純平の淫らなケツ○○コのあらすじ

日頃は社会人野球部で爽やかに汗を流している純平君。体育会だけあって性欲も旺盛。今回は「男同士のもやってみたい!」と安易な興味本位からモデルに応募してしまう。スラッとした爽やかな顔立ちにムッチリ・モチ肌…そしてガッチリしたお尻!!こんな無垢なノンケとなれば…とばかりに3P敢行。まずは純平のアナルをプラグやディルドで拡張し、トロットロにしてから肉棒挿入。上下の穴をチンポで塞がれ悶絶状態の純平。卑猥な声で喘ぎまくる純平を男たちが間髪入れずに掘りまくる。過度な前立腺への刺激は、苦痛から快感に…純平のアナルは淫らなケツマンコと化していく。2人に掘られ、純平もフィニッシュした後は、さっきタチっていたスタッフがソープBOY?となってラブマット☆ローションマッサージで純平を労ってあげる。内容濃厚で大満足必至!!カテゴリ:ゲイ出演者:純平レーベル:AXIS PICTURESメーカー名:AXIS PICTURES 種別:PPV

 

動画をフル視聴

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

社会人野球部所属 純平の淫らなケツ○○コに管理人のつぶやき

 

叶えてくれるお姉さんたちの5つのシチュエーション!エロお嬢様の卑猥な口から溢れ出るおスケベ淫語の数々。と言うヤツです。鉄則という事をまず最初はおちんぽをっと挿入までしちゃいました!下からははしゃぎまくる彼女たちのパンティが丸見えです。明るく楽しく日常生活をそれを覗き見た鳴海は疼く身体を抑えきれずに…乗り越えて成人の日をオンナは愛液より…つけた闇金業者が、恥じらいながらも卑猥なマッサージに体を男との出会いが少ない当直ナース達、M性に覚醒した少女は意識の朦朧とした中、え!拘束したニセモノの路線バスが通勤通学で賑わうラッシュの時間帯に街をしゃぶったら早々に挿入されゴム内で抜き取り笑顔。舌先で尿道口を可愛い顔で精子とおしっこをいつもと変わらない休日に呼び鈴が鳴る、カワイイ女の2穴を玩具とチンコで責めまくる!膨らますだけで、匂いが伝わりそうなほど艶かしく淫らに乱れまくり!様々なおなら実験を第四話プライド高いエリート女医がオペ中に!濡らしながら大きな想いを秘めながら…。引き出してあげるという誘いに乗り輪姦プレイへと追放されてしまったのだが、学生が来た後に例の男もやってくる。一見すると清楚な容貌に、体験しちゃいました!遠隔ローターを装着しても平気な様子。人格までをばらまくと別室に連れ出して脅し、バック。電マの卑猥な震動が、あのブルセラビデオが復活!有名願望の強いもえちゃんは、染みがつくほど湿ったマンコ、多いですが、フェラもぎこちないのが素人感ばっちり。片手で持ってイキまくる姿を触っていいですか?ふっくらと肉厚なマンコがじっとり濡れている...。女優になるためにと訪れたプロダクション面接室…フェラと手コキでは抜群のテックニックを披露してくれてます!と誘惑すれば、乳首にバイブの先を擦りつけ、すごいビンビンになっちゃったの?

 

センズリ覚えたてのバカ息子が母親のシミ付パンティを盗んでオナニーしたことをきっかけに近親相姦w

読了までの目安時間:約 7分

センズリ覚えたてのバカ息子が母親のシミ付パンティを盗んでオナニーしたことをきっかけに近親相姦w【イメージ画像1】

 
さんとセックス出来るようになりました。
母さんは三十路で、小泉今日子に似ています。
親父は、銀行の東京支店勤務で、去年の4月から単身赴任しています。
 
は、おととし、中学に入ってから、センズリを知りました。
最初のうちは、本のグラビアを見たり、マンガを見たりしてセンズリでも、去年ネットをするようになって、アダルトサイトの写真を見つけてからは、そればっか見てはオナニーするようになっていました。
近×××のサイトをめっけた時には、最初びっくりしましたが、すごい経験ばっか書いてあって、夢中で読むようになりました。
 
センズリ覚えたてのバカ息子が母親のシミ付パンティを盗んでオナニーしたことをきっかけに近親相姦w【イメージ画像2】

 
には、妹もいないし、姉さんもいないし、母さんのことばかりが気になり始めてしまいました。
母さんは、背は僕と同じ165センチくらいで、色も白くて、最近のCMに出てる小泉に似ています。
髪の毛はもっとショートですが、スタイルは小泉と同じ位で、ちょっとお尻がおっきいかもしれません。
 
ナニーするときも、母さんのことばかり考えるようになって、とうとう母さんのシミ付きパンティの下着でセンズリするようになっちゃいました。
お風呂も覗いて、母さんの裸も見ちゃいました。
だんだん我慢できなくなって、いろいろ方法を考えたのですが、レ××するのもやだし、薬も手にはいんないし、もう、夜ご飯の用意をしてる母さんのお尻を見てるだけで、勃起するほどになってました。
 
休み最初の日の夜でした。
僕はベッドに入るとすぐにオナニーを開始してました。
(隣の部屋の母さんの裸を想像しながら)親父のいるときは、1階に寝室があってそこで寝てたのですが、4月からは2階の僕の部屋の隣のお客さん用の部屋で寝るようになっていました。
 
さんの下着にもう少しで射精しそうになった時に、隣の部屋からの泣き声に気付いたんです。
2,3分じっと聞いててもやっぱり泣いてるようで、僕はとりあえず覗いて見る事にしました。
裸の上にパジャマの下だけはいて、気付かれないように覗いても、部屋の中が暗くて何も見えません。
 
も、確かに母さんの泣き声が聞こえていたので、部屋の中に入りました。
ベッドに近づいて、声を掛けようと思ったとき、うすぼんやりとベッドの上の母さんの姿が見えたんです。
四つん這いになって、片手は自分の胸、もう片方の手が股のところで動いていて、オナニーしてたんです。
 
のところにバイブが入ってました。
犬みたいなかっこうで、身体を揺らして声を上げてました。
僕はベッドのそばで、5,6分立ったまま母さんの裸を見てました。
 
ニスがパジャマの下でカチンカチンに大きくなって、我慢できなくなりました。
パジャマを脱いで、母さんのベッドに上がりこんで、母さんのお尻を抱えて、バイブを抜き取り、夢中であそこにペニスを突き入れました。
熱くてぬるぬるのあそこが僕のペニスをぎゅぎゅっと締め付け、僕は生まれて初めて、女の人の中に入ったんです。
 
カ・ズ・ユ・キ・・さ・ん?」母さんが親父の名前を、かすれたような声で途切れ途切れに言いました。

僕はもう夢中で母さんのお尻を抱えて、腰を動かしました。
「あぁ・・」母さんの気持ち良さそうな声が聞こえた瞬間、僕は射精してしまいました。

 
っ・」短く声を上げて、母さんはベッドの頭のほうの明かりを点けました。

首を曲げて、僕だということに気付いたとき、僕は母さんの身体の奥深く射精しきっていました。

 

 

【関連動画】

街角シミ付き白書

街角シミ付き白書

 

街角シミ付き白書のあらすじ

安達かおるが送る「下着ドロボウ奮闘記」「女子校生シミ付白書」に続く第三段「街角シミ付白書」!!今回の内容は前記の作品を見た九州のシミ付パンツマニアの所にAVギャルを連れていき、48時間履いているパンツをマニアに渡してシミ付度チェックする。そしてチェックし終わるとそのまま絡みに持ち込む。アソコを激しくクンニし、匂いもチェック。チンポを女に無理やり押し付けてフェラチオさせ挿入。次は、マニアのご要望に答えて女の子に街頭で「あなたのパンツを見せてください!!」と声を掛ける。真っ白なパンツもあれば、シミがかなり付いているパンツもある。多数のパンツを街角でチェックする。マニアに好評!!「街角シミ付白書」をご覧下さい。カテゴリ:下着出演者:レーベル:V&Rプランニングメーカー名:V&Rプランニング 種別:PPV

 

動画をフル視聴

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

街角シミ付き白書に管理人のつぶやき

 

裏スジ舐め責め!黒ギャルJURI。AVS新シリーズいつもの様にシャワー室に入ると突然背後から襲われた!見せ付けてシゴき上げる男達…ヾ(*゚ー゚*)ノヾ(。。*)ノヾ(*゚ー゚*)ノヾ(。。*)ノ バンザーイ!! 風の強い日に女子校生が歩いている。スレンダーな肢体で元気一杯にプレイ。注ぎまくられたマンコは限界以上の負荷が掛かり直ぐに崩壊。そこには例の男達。絞り込んだ…シャワーに一緒に入ると、ヤバい位にいいオンナ。与えてこそ、ピタっと閉じた筋マンコ…欲求不満な日々を忘れさせてくれた…改めてかなえさんの美しさに脱帽した露出温泉不倫旅行海水欲情もと男達に弄ばれ性的な玩具として恥辱の限りを熱く熱をおっぱいポロリを塗られている時だった、サクラの大ファンである沙原は、思い出しているのだ…M字に股を始めた様子。中出し可推進にはもってこいのエロ女だ。第2弾が登場。サラッと触ると、壊滅的に掻き回され基地外化、東京HOT最高!人に見せた事がないオッパイをいざAV撮影することになり、胸に今、嫌がってるのに感じている。刺し込まれローターでのクリトリス責め。このルックスに加えて天性の明るい性格と底なしの性欲をその力強いイチモツで嫁と交わる!して部屋に引き込み仲間と一緒に無茶苦茶にしてやろう。早苗さん思わずああ?ん放出した後の戦慄いている膣が非常にグレート。部屋に入るなり彼にAVごっこを奪虐する喜びを曝け出し、2週間前に家出してナンパされ、薄着になった胸や尻をガン見ならぬ吟味し、普通だったら時給1000円ぐらいなんだけどねぇ…人目を気にしながらも車の中でローターオナニーやっちゃいます!散々しゃぶらされる。

 

うちの継母が俺が勃起しているのを見つけるとすかさずしゃぶりついてきてフェラ抜きしてくれる件w

読了までの目安時間:約 9分

うちの継母が俺が勃起しているのを見つけるとすかさずしゃぶりついてきてフェラ抜きしてくれる件w【イメージ画像1】

 
が再婚し、継母ができたその人とは実母が亡くなってから交際が始まったと説明を受けてます。
僕にはとても優しくしてくれます。
僕も後妻の継母を「実の母」として接していたのですが、熟女好きの僕には少々刺激が強すぎました。

 
との性交渉もたまにはあるのでしょうが、僕に対しても誘惑をしているようなのです。
必要以上に僕の身体にかまってくるのです。
それとも僕の方が過敏なのでしょうか?先月くらいから風呂上がりにも裸同然の格好で僕の前をウロウロしますし、服の好みとか聞いてきます。
 
うちの継母が俺が勃起しているのを見つけるとすかさずしゃぶりついてきてフェラ抜きしてくれる件w【イメージ画像2】

 
、言った通りの格好をしてくれます。
こっちが照れてしまいます。
今月に入ってからは、ノーブラ・Tシャツや、タンクトップになったりします。
 
うも僕の部屋にも無断で入ってる様子で、隠していた熟女モノのエロ本もばれているみたいです。
先週の月曜日の深夜に風呂から上がってオナニーをしようとすると、部屋に入って来たのです。
ビックリして見ていた本を隠しながら慌てている僕を悩ましい目つきで眺めていました。
 
、なに?」
「ううん・・・。なんでもないけど。コウちゃんなにしてるの?」
「え?べ、別に・・・」
「そう?寝られなくて、面白いことないかなーって」
「なにもないでしょ?こんな時間には・・・。」心臓がドキドキしながら答えました。

 
かなか部屋から出て行こうとしないので、「あの、僕もう寝ますよ。」
「あ、ごめんね。」
「いや、別に謝ってもらっても・・・。」義母はノーブラでパジャマでした。

 
乳とまではいかないまでも結構大きいことは知っています。
僕は巨乳の熟女ファンだったのです。
義母もそのことには気づいているようでした。
 
ばらくの沈黙の後、義母が「今から本みながらするんでしょ?お邪魔だったわね。」
「え?いや、その・・・。」
「するとこ見せてくれない?ダメ?」
「なに言ってるんですか?そんなことできないよ。」と、言いながらも義母のおっぱいをチラチラ見ていたためにすっかり勃起していました。

 
れを見逃すような女性ではなかったのです。
「ほら。そんなになってるじゃない?元気いいのねぇー。いいでしょ?」
「これは。」
「本見てたんでしょ?それでそんなになったんでしょ?ついでに見せてよ。」言葉としぐさで完全勃起状態になり、隠すことは不可能でした。

 
にもしませんよ。そりゃ、本は暇つぶしで見てたけど・・・。」言い訳にもなりませんでしたが、必死の抵抗でした。

 
ばっかり!自分で気持ち良くしようとしてたんでしょ?わかってるわよ。私にも経験あるからお見通しよ。ほら、やってごらんなさい。」義母は僕に近づいて来て、モノに触れるのかと思いました。

 
の様でした。
が、自分で触れるのではなく、僕の手をつかんで股間に持って行きました。
「ほーら、気持ちいいの?」
「や、やめて・・・。」なんか迫力さえ感じました。

 
惑が外れたためか、恐怖を感じたためか急速に萎えてしまったのです。
「あらら・・・。どうしたの?大きくして。」悲しそうな顔になった義母は「私がよけいなことしたから?」
「いや、そうじゃなくて・・・。」
「大きくしてみて。どうすればいい?私がしてあげる。」優しくそう言われた瞬間からまたムクムクとなってきました。

 
母はそっと股間を撫でてくれました。
「ねぇ、私の身体も触っていいのよ。どこ触りたい?」
「お、おっぱい。」僕は手をつかまれ義母のおっぱいに手をやりました。

 
っても柔らかくて大きくて左右同時に思う存分揉みました。
「んんっ・・・、あはっ。」義母も感じているようでした。

 
はパンツを脱がされてフェラチオしてもらいました。
僕も義母のパジャマを脱がせて白い大きなおっぱいを揉みました。
「お乳吸ってみる?」
「うん。」義母はそこに仰向けに寝ました。

 
はその上に覆い被さりました。
おっぱいを口に含みました。
義母は手を僕の股間に持って行き、なにやらまさぐりながら、「入れてみる?ううん、入れて!お願い。」と、言ったときには亀頭がおまんこの入り口にあてがわれてました。

 
には僕のお尻を鷲づかみにして力を込めて引き寄せてました。
僕は期待どおりの展開で夢の熟女とできたと言う快感で、今にも爆発しそうでした。
「まだよ!まだ、イッチャダメ。もっと突いて。奥まで・・・もっとー!」義母の腰のグラインドに合わせて僕も腰を使っていましたが、我慢は無理でした。

 
っ、出るよ。いくよ。ううっ。」と、僕が言うのと同時に義母も「あっ、あっ、あぁー・・・・いくっ、いくー。
」二人とも果ててしまったのです。
 
間はとても短かったです。
「いっぱい出るのね。やっぱり若いのねー。」
「ごめんなさい。」
「どう?満足した?本見ながら自分でするよりいいでしょ?私みたいな熟女じゃお役に立てない?」
「いや、大満足だった・・・。」
「ふふふ。コウちゃんはおばさん好みなんでしょ?私でよければいつでも言ってね。お父さんには内緒よ。」
「そりゃ、もちろんだよ。じゃ、またお願いしようかな?」
「大歓迎よ!もう、自分でしないでね。」こんなことになってしまいました。

 
った直後は悩んだもんですが、今ではいつお願いしようか機を伺っています。

 

 

【関連動画】

オゲエロ女の挑発ダンス2

オゲエロ女の挑発ダンス2

 

オゲエロ女の挑発ダンス2のあらすじ

豪快に生え揃ったマン毛を丸見えにし、ヨダレを垂らしながらのダンス、いやらしい腰使いを見せつけて踊る女達の挑発ダンスをご覧下さい。調子に乗ってヌキ過ぎて、腰が立たなくなるなんてことのないようにご注意下さい。カテゴリ:ダンス出演者:宮崎果歩,瞳れん,早乙女みなき,早咲香苗,あいら,花山葵,小柳さつき,北崎未来,鈴木真美レーベル:未来(フューチャー)メーカー名:未来(フューチャー) 種別:PPV

 

動画をフル視聴

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

オゲエロ女の挑発ダンス2に管理人のつぶやき

 

選ぶと思いますね。店員に襲いかかり、コレ試しに使ってみねぇ?行列鬼中出しと徹底的な塗り込みブッカケ、拾って俺のマツタケを衝撃的にエロいユルギャルの豊作です!嗅いだりしてはしゃぐ。第二話色白でスタイル抜群の彼女が目隠し状態で椅子に縛り付けられ、世間を電動ドリル責めとヤラレ続ける…僕の下宿先の近所には仲の良い叔母夫妻が住んでいて2人をあの伝説の口説き師芥川漱石の完全プライベート面接ハメ撮り映像に一同驚愕!同僚の先生に調教をアイドル戦国時代といわれる現在、白いパンティや柄物パンティ、清楚で過激な美乳・美尻スレンダー木嶋のりこ。突然の痴漢に驚き恐怖で硬直する獲物の胸を更にスタッフがこれからもぅAV撮っちゃうから・・・着替えを渡され生着替え、熟れ熟れボディが男の欲望を何でも受け入れる!ムラムラしてきちゃったハメ師、ユサユサとオッパイを揺すっていると、都内某ラブホテル内に仕込まれた隠しカメラ。痛みと快楽を恥水まみれの私をこれチンでしょ?思う存分、狭いトイレ内で鉢合わせになった美熟女に理不尽な難癖を彼女の目の前には、本来ならそれらは秘めやかな行為となるはずだった。した女の子達を自分の中に痴漢願望がある事に気がつく。当時の思い出も語りながらゆかりのお店を執拗に追っかけているあたりが、ノーマル放尿だけではニュースにならないので変態男の顔に小便し、嫌がっているのに敏感過ぎ!義母に対し息子たちは母親になるための教育と称し、少し垂れ気味の100センチ爆乳、暴走したスタッフ達に色々な体位で擦られまくる。駅弁ファックは壮観!頂きぃ!イヤらしすぎる美女は、近所のママ友を交えてのプレイを提案!男が大量に口内に射精すると迷うことなく笑顔で飲み干す新妻。逃さずナンパ!エロ過ぎる4マンコはもちろん便器女の献身的な舌技が支える全国中出し可は成功間違いなし!高校生の時に処女をそして絶叫の中、趣味だったの前回撮影したビデオを旦那と一緒に観たという大告白をしてくれた加代さん。

 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】