告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

子供を親に預けてセックスの相手と遊ぶ信じられんアホママと生でセックスしたった話w

読了までの目安時間:約 5分

子供を親に預けてセックスの相手と遊ぶ信じられんアホママと生でセックスしたった話w【イメージ画像1】

回はこのサイトで女の子のプロフィールを見ていたら「○○近郊で」というタイトルで「遊べる人いませんか?」という、なんとも簡単な書き込みを見付けました。
おいらは○○駅の隣の××駅だったので、すぐにメールを送りました。
 

「きよえさん、はじめまして。××に住むけいたと言います。ヒマしてるので今からでも遊びに行きませんか?いきなり会うのは抵抗あるなら、まずはメルトモからお願いします。」そうしたら、すぐに返事が来ました。
 

 

もヒマしてます。今からでも遊びに行きたいです。」ちょっとビックリしました。
 

 

子供を親に預けてセックスの相手と遊ぶ信じられんアホママと生でセックスしたった話w【イメージ画像2】

通は何度かメール交換して気が合うようなら会いましょう、という感じで話が進むのですが、いきなり相手から誘ってきたのです。
で、メールを返信。
 

「じゃあ、今から出ますね。場所は○○駅でいいかな?時間は何時がいいですか?」すると、きよえちゃんからは「子供を親に預けてくるので、2時でお願いします。
」おいらは心の中で「子供を親に預けて出会い系で遊ぶのか!不良主婦だな」と思いましたよ。
 

 

も、おいらには関係ないので問題なし。
車を駅の駐車場に停めたところで大事なことに気が付きました。
 

待ち合わせの目印を決めていない!で、またメール。

 

の服装は茶色のTシャツにジーパンです。きよえさんの服装も教えて下さい。」でも、返事が無い・・・30分待ってようやくメールが来ました。
 

 

、着きました。ピンクのタンクトップにジーパンです。オレンジのバック持ってます。公衆電話のそばにいます。」公衆電話のあたりを見回すと・・・いました!小さくて可愛い感じの女性というか、若い女の子って感じです。
 

 

レンジのバックを持って携帯電話をいじっていました。
「きよえさんですよね?」と声を掛けると、「はい、そうです。
こんにちは」近くで見るとやっぱり可愛かったです。
 

 

ょっと緊張してしまって「え~と、、、お茶でもし△※□?」と噛んでしまいましたよ。
すると「5時には子供を迎えに行かないと・・・」ん?これはお茶している時間は無いので、ホテル直行していいのかなと、勝手に推測。
 

「では、車で話しながら決めましょう」と言って駐車場へ。

 

して、車に乗ったらすぐに聞きました。
 

「ホテルに行ってもいいかな?」
「はい」これはラッキー!面倒な手順が省かれました。
ただ、きよえちゃんは「この近所だと知り合いに見付かると困る」とのことなので30分ほど車を走らせて、あまり人の来ないホテルに行きました。
 

 

間もあまり無いので、すぐに風呂にお湯を入れました。
お湯が溜まる間、子供のことや旦那のことを聞きました。
 

2歳の娘が一人。

 

那とはできちゃった結婚。
 

親は歩いて5分という近所に住んでいるなどなど。
そんな世間話をしている間に結構、打ち解けました。
 

 

、風呂が沸きました。
「時間、あまり無いよね?一緒に入る?」
「うん、入ろう!」お風呂で洗いっこしました。
 

きよえちゃんのCカップの胸をボディソープで洗っていると「あっ」と感じていました。

 

の方を洗うと、息が荒くなって凄く感じているようでした。
 

僕もムスコを洗ってもらいましたが指使いが上手で暴発しそうになりました。
暴発はヤバイのでベットへ。
 

 

筋に軽くキスをしただけで喘ぎだしました。
本当に感じやすいみたいです。
 

ディープキスをしておっぱい揉んで、アソコに手を伸ばすとすっかり濡れていました。

 

ソコを指でいじっていると「あ、イキそう」と言ってしがみつかれました。
 

ちょっとクリちゃんをつまんだら「あ、あ、あ」とイってしまいました。
「じゃあ、今度は僕のを舐めて」と言うと、すぐに「うん」と言って咥えてくれましたよ。
 

 

よえちゃんはフェラが上手でまたまた暴発しそうになりました。
ヤバっと思って「じゃあ、入れるね。外に出すから生でいい?」と言って正常位で挿入。
 

 

供を産んでいるとは思えないほど締りが良かったです。
少しピストン運動したところで、きよえちゃんが「バックで…」次はバックでピストン、ピストン。
 

そうしたら今度は「私が上になりたい」騎乗位になったらきよえちゃんの凄いグラインドで僕は暴発寸前。

 

!ちょっと待って」と言って結合したまま休憩。
 

最後は正常位で一緒にイきました。

階下に住んでいる新婚夫婦がいつも喧嘩していて、うるさいなと思ってたらパジャマ姿の若妻が助けを求めにきたw

読了までの目安時間:約 4分

階下に住んでいる新婚夫婦がいつも喧嘩していて、うるさいなと思ってたらパジャマ姿の若妻が助けを求めにきたw【イメージ画像1】

んでいるマションの丁度俺の真下の家。
夫婦仲が超悪いらしく夫婦喧嘩が絶えなくよく怒鳴り声が聞こえてきた。
 

新婚で引っ越してきた直後から、週に数回の割合で怒鳴り声が聞こえたり、物を投げるような音が聞こえていた。

 

DV夫なのか?それともDV嫁なのか?何でこんなに相性悪いなのに結婚したんだ?ってレベルの新婚夫婦である夜、いきなり部屋のドアが叩かれて、開けたら下の奥さんが立ってた。
 

「助けてください!」ってパジャマ姿で、飛び出してきたらしい。
びっくりしたけど、向こうは時々挨拶を交わした時に、俺に優しい印象を持っていたみたいで、頼ったということらしい。
 

 

階下に住んでいる新婚夫婦がいつも喧嘩していて、うるさいなと思ってたらパジャマ姿の若妻が助けを求めにきたw【イメージ画像2】

ばらく部屋で喧嘩の原因とかをあれこれ聞いてみた。
(つまんないから書かないけど)奥さんは23才で、小柄で可愛らしい感じの若妻。
 

旦那も同い年。

 

は37歳で単身赴任中。
 

ビール飲みながら話を聞いてやるだけで、泣いたり甘えたりしてきた。
それで据え膳なんとかで下の部屋に旦那がいるのにこの人妻とHしちゃったw旦那は高校の頃から付き合ってる同級生だそうで、彼女の経験は旦那だけ。
 

 

数はこなしてるものの、奉仕するようなセックスしか経験なく、俺が舐めまくったら必死で声を我慢していた。
フェラでは当然のようにアナルを舐めるし、腹に出した精液を掬って舐めたのは、ちょっと引いた。
 

どんな仕込まれ方をされてきたのか想像してしまって。

 

わったあと「こんなに長い時間をかけてセックスしたのは初めて」と喜んでた。
 

結局、離婚して引っ越していくまで、3ヶ月くらいは1日おきにやらせてもらった。
嫁とは違う若い体を堪能。
 

 

後には「私の実家の近くに来ることがあれば、また会ってください」ってメールが来たよ。
ちなみに、階下の部屋の人妻としてしまった話のつづき。
 

彼女の容姿は持田真樹のような顔立ち。

 

ょっと貧相な体つきだったけど、体の相性はよかったと思う。
 

旦那は板金工の見習い。
高校時代から付き合っていて、処女喪失は19才の遅め。
 

 

年かは処女を守りたくてフェラと手コキだけだったらしく、やたらとテクニックが身に付いたらしい。
朝、昼休み、放課後と三回抜いた日もあったとか。
 

セックスしたら結婚という意識があったみたいで、結婚したのを後悔してた。

 

那のセックスはフェラをさせて挿入は1曲ぶん(5分以内)らしく、何度も体位を変えながら俺として驚いたんだとか。
 

セックスはほとんどホテルでしていたけど、離婚が確定してからは「実家に帰る」と言ってこちらの部屋に泊まることもあった。
こちらも単身赴任中だから、気を付けることはいっぱいあったけど、引っ越し直前には旅行にも行ってみた。
 

 

も若く見られるから二人で並んでも違和感はなかったと思うけど、浴衣で温泉街を歩いたりして楽しかったなぁ。
もちろん夜は、混浴露天風呂につかって、明け方までセックスしまくった。
 

三十路のおっさには、体力的にはきつかったけどwでも、自分の家庭や将来のある彼女のことを考えると、もう会わないほうがいいんだろうね。

 

ょっとこの若妻は恋愛体質で相手に依存する傾向あったからあのまま付き合ってたら面倒臭い事になってそうだったし

ヤクザみたいに怖い顔した男たちが屈強な体を持って子持ちママのアナルを犯しつくすレイプ話

読了までの目安時間:約 7分

ヤクザみたいに怖い顔した男たちが屈強な体を持って子持ちママのアナルを犯しつくすレイプ話【イメージ画像1】

学生の時の事です姉(小◯校6年生)とリビングで夏休みの宿題をしていました。
当時、40歳の母は普段は優しい人なのですが、勉強や行儀には厳しい教育ママでしたその時は夏休みで、ラジオ体操が終わって帰ると、午前中は勉強しなさいと宿題をやらされていました。
 

当時の家は庭もあり、大きな家だったと記憶しています。

 

ンポーン呼び鈴が鳴って母が玄関に向かいました。
 

一瞬だけ母の「キャー」という叫び声が聞こえた気がして振り向くと、「旦那は何処だ!」と怖そうなヤクザみたいな声がして、ドタバタと争ってるような気配がしました。
当時の僕は全く何が起こってるのか想像もつきませんでしたが、姉が泣きそうな顔をしてたのを覚えています。
 

 

ヤクザみたいに怖い顔した男たちが屈強な体を持って子持ちママのアナルを犯しつくすレイプ話【イメージ画像2】

の瞬間、リビングの扉が開いて坊主頭でサングラスをしたヤクザみたいな男の人が入ってきて「お父さんはどこや?」と聞いてきました。
僕は首を横に振りました。
 

同時に数人の男の人達もドカドカとリビングに入ってきましたが、母も引きずられるように連れてこられ、リビングの真ん中に転がされました。

 

の人達は父を探してるようで、母に詰め寄っていました。
 

でも母は「知らない」
「会社に行ってる」と叫んでいました。
その時は男の人達が何を言ってるのか、なぜ父を探してるのか全く分かりませんでした。
 

 

の人達はドカドカ2階に上がって行きましたが、父を探してるようでした。
その後も家に数人の男の人がやってきて、10人以上僕の家にいたと思います。
 

母はずっと泣きながら僕と姉を抱き締めていました。

 

の人達は家中の部屋を探し回っていました。
 

何人かは携帯電話で誰かと喋っていました。
全員ドスの利いた怖い喋り方で人相も悪く、僕は声も出せず震えていました。
 

 

ばらくして坊主頭の人が母の耳元で何か囁きました。
その瞬間、母の顔が引き攣ったようになりました。
 

坊主頭の人が周りの男の人達に何か指示するような事を言い、そのうちの2人に僕と姉を逃げないように押さえつけろと言いました。

 

と姉は母から引き離され、壁際に連れていかれました。
 

「恨むなら旦那を恨みなよ」坊主頭の男の人は確かそう言ったと思います。
男の人達が母を囲み、泣き叫び抵抗する母の衣服を引き千切り、パンティーを脱がせて母の口に捻じ込みました。
 

 

は何が何だか全く理解できず呆然としていましたが、姉は泣きながら下を向いていました。
母は必死に抵抗しているようでしたが、男の人達は大勢いて両手両足を掴まれて動けません。
 

すると何人かが裸になり、抵抗出来ない母の胸を揉み、股間に手を持っていき乱暴していますそして男の人の1人が母の両脚を拡げ、身体の上に密着するように乗りました。

 

に母が暴れ出したかと思うと静かになりました。
 

その時は小◯校3年生だった僕は意味が分かりませんでしたが、母は男の人に犯されレイプされたのでした。
その後も男の人達は交代で母を犯し続けました時々見える母の顔は涙と鼻水でグシャグシャでした。
 

 

れでも隙を見て逃げようとしたり抵抗したりしてましたが、男の人達の力には敵うはずありませんでした。
男の人達の大きなチ◯コが母の股間に何度も入れられるのを僕はずっと見てました。
 

それまで僕はチンコもオマンコもオシッコするためだけのものと思っていたのでビックリしました。

 

ばらくして、男の人の1人が母にチ◯コを咥えろと言いましたが、母は口を喰いしばり抵抗していました。
 

坊主頭の男が姉を連れてくるように若いお兄ちゃんに命令しました。
「やめて!お願いだから娘には手を出さないで!」と叫んでいました。
 

 

も泣きながら必死に逃げようとしましたが、すぐに全裸にされてしまいました。
姉の股間には少しだけ毛が生えていました。
 

「お前が言う事聞いて何でもするなら娘には手を出さない」坊主頭の男の人がそう言うと、「分かりました、何でも言う事聞きます何でもします」と母が答えました。

 

はダイニングから持ってきた椅子に股を開かされたまま紐のようなもので括られました。
 

それから母は男の人達のチ◯コを舐めて口に含んでいました。
男の人達は四つん這いの母の後ろからチンコを入れて体を動かしていました「そこは・・・」母が呟くように言った直後、「ギャー!い、痛い!」母が叫びました。
 

 

の人達は終始笑っていました。
四つん這いの母の後ろから挿し込んでいたチ◯コを抜いて立ち上がると、母が崩れるように床に落ち込みました。
 

「もうオマンコはガバガバのユルユルやから、アナルへ突っ込んだった」と男の人は言いました。

 

ゃあ俺もアナルSEXするかー」それから母は口とマ◯コとお尻の穴へいっぱいチ◯コを突っ込まれて失神してしまいました。
 

母が失神して気を失ってる間に、男の人達は母との約束を破り、姉にまで手を出しました。
泣いて母に助けを求める姉は、無残にも男の人達の玩具にされてしまったのです。
 

 

が目を覚ました時には姉は気を失って床に倒れてました。
半狂乱の母もまた翌朝まで大勢の男の人達の性玩具にされていました。
 

そしていつの間に来たのか、ビデオカメラを持った男の人がそれを一部始終撮っていたと思います。

 

日になって坊主頭の男の人の携帯に電話が入り、父が見つかったみたいだと言って男の人達は出て行きました。
 

その日は母も姉も僕も呆然と昼過ぎまでしていましたが、母が姉と僕を抱き締めて夜まで啜り泣いていました。
後日聞いた話ですが、父は元々銀行員でしたが不正疑惑で銀行を退職して転職したのですが、その会社は評判の悪い会社だったようです。
 

 

の会社の経理をしていたのですが、会社のお金を横領していたようで、最後に何百万円ものお金を持って逃げたらしいのです。
それで怒った会社の人達が父を捜しに家に押しかけ、腹いせに母や姉を強姦し、ビデオやカメラでその様子を写し、母に口止めさせたという事でした。
 

今は離婚して母子3人でアパートに住んでいますが、母はあの会社に事務員で仕事しています。

 

日疲れた顔をして帰宅してきます。
 

高校に進学した姉も、アルバイトでその会社に放課後行っています。
父の所在は僕には教えてくれません。
 

美熟女ママたちが何故か学校関係者でもない塾講師に「裏口入学を」と体を差し出す奇怪な話

読了までの目安時間:約 6分

美熟女ママたちが何故か学校関係者でもない塾講師に「裏口入学を」と体を差し出す奇怪な話【イメージ画像1】

の講師をしているんだけど、勘違いして色々色目を使ってくる生徒のお母さん達が結構いる。
お受験ママの必死っぷりはかなり凄い。
 

大学卒業後に今の勤めいている塾に就職したのだが、小さい塾ながら地元の有名な大学への合格率がかなり良い。

 

れで裏口入学のコネやルートがあると勘違いしてる保護者が結構いるんです。
 

ボクらのような下っ端はよくわかりませんが、いまどき、そんなのまだあるんでしょうか?それに頼むなら社長とか、塾長とかだと思うのですが、なぜか講師のボクにお願いしてきます。
もちろん、ほとんど丁寧に断るのですが、中には断らない時もあるんです。
 

 

美熟女ママたちが何故か学校関係者でもない塾講師に「裏口入学を」と体を差し出す奇怪な話【イメージ画像2】

れも毎年、1人か2人。
断るか、断らないかの判断は頼みにきた人と子供の成績です。
 

そう、ボク好みの美熟女な母親で、合格しそうな子供の時だけです。

 

かも「なんでもしますから」なんて言われたら、本当に断れません。
 

「じゃあ、詳しい話を」なんて言いながらホテルに行くんだけど、受験に関する話なんかほとんどしません。
だって、裏工作なんかありませんし、ホテルに向かう途中で「私にすべて任せてください」なんて言えば、もうそれ以上、何もありません。
 

 

十路くらいの美熟女という感じの優子さんは、ホテルに入るなり、ボクに抱きついてきて、ムチっとした唇を押し付けて激しいディープキスしてきたんです。
同時にチンコも一緒に触ってきて、さすがのボクでも即ボッキしてしまいました。
 

大学受験しているような若い娘たちとはぜんぜん違います。

 

らに目の前にひざまずくとビンビンのチンコにしゃぶりついてきたんです。
 

自然に仁王立ちフェラの体勢に入り、唾液まみれにしながらすごい勢いで舌を動かして、吸い付くんです。
「おいひい、おいひい」ってうわ言のように言いながら。
 

 

子さんには以前から何度か会っていましたが、普段の清楚な主婦という印象からは考えられないような変貌ぶりでした。
ボクはその変貌振りにも興奮して、思わず優子さんの口の中に発射してしまいました。
 

「あー、濃くておいしいわ。もっと、もっとちょうだい」と、吸い付いたり、玉袋を舐めたり、ズボンを脱がすとアナルまで舐めてきました。
 

 

ナルに舌先が入ってきて、中をツングリされて、すぐに復活してきてしまいました。
いまどきの若い子はエッチに積極的で、いろいろしたり、させたりしますが、アナルの中にまで舌を入れてくる子はさすがにいません。
 

さすが既婚者の四十路のおばさんって感じです。

 

練のテクニックを感じます。
 

ボクも優子さんの大きくて柔らかいおっぱいにむしゃぶりついて、激しく揉みまくりました。
久しぶりのパイズリも堪能させてもらいました。
 

 

も、さすがにおっぱいだけは、発育途上のプリンプリンのおっぱいのほうがいいですね。
もう、ここまでくるとただ体を求め合うだけです。
 

濃厚なディープキスと貪り合う全身リップの嵐。

 

マンできなくなってきた優子さんは「もうダメ!入れて、早くおちんぽ入れて」と懇願してきました。
 

優子さんはボクを押し倒すと騎乗位で入れてきました。
ぐにょぐにょした熱い粘膜に生で包まれたボクは危うくイッてしましそうになりました。
 

 

くてきついマンコも最高ですが、熟れた熟マンも格別です。
優子さんは自分の欲望を満たすかのように激しく腰を振って、チンコを締め付けてきました。
 

ボクも負けじと下から突き上げたり、バックになってお尻を叩きながら突いたりしました。

 

ッちゃう、イッちゃう」と叫んで、いっそうきつく締め付けてきました。
 

さすがにこれには耐えられず、優子さんの中に発射してしまいました。
優子さんはなかなかボクのチンコを離してくれず、つながったままキスをしてきたり、乳首を舐めてきたり、マンコの中を締め付けたりして、ボッキさせるとまた求めてきました。
 

 

格発表が出るまで、優子さんとはこの後も何度か会ってホテルに行きました。
不合格だったらどうしようとヒヤヒヤでしたが、そういうスリルも若い子とSEXしてる時とは違うスリルでたまりません。
 

でも、こういう奥さんがたは子供の合格にかこつけて、自分の欲求不満を解消したいだけの人も多いので、万が一落ちた場合でも、差ほど責められることはありません。

 

ちたら落ちたて、「また今後お願いします」と自分の子供を餌に、ボクに抱かれに来るのですから。
 

こうなると真面目なお受験ママというよりも単なる淫乱痴女なおばさんですよ

パイプカットをして女とヤりまくっているSMサイト常連男が豊満な体つきのエロエロ若妻に大人のエッチを教え込む!

読了までの目安時間:約 9分

パイプカットをして女とヤりまくっているSMサイト常連男が豊満な体つきのエロエロ若妻に大人のエッチを教え込む!【イメージ画像1】

は某無料のSMサイトの常連だ。
私はSMマニア、フェチでして、ここで色んなアダルトな女性と知り合いHをしています。
 

最近だとノーマルプラスアルファの性行為を求める人妻も結構多く、そう言う奥様達を昨年夏頃から10人余りゲットしてきている。

 

さん軽いソフトSMで、大満足していただきました福岡、東京、名古屋への遠征もあったが。
 

大半は京阪神の在住者である。
その一人であるが、先月初めからメール交換をして、お互いの仕事の調整が付いた今月初めに出会ったのが、H美、31歳の若妻である。
 

 

パイプカットをして女とヤりまくっているSMサイト常連男が豊満な体つきのエロエロ若妻に大人のエッチを教え込む!【イメージ画像2】

近い年齢差でありながら私のメールに返信してきて、大人のセックスを楽しませて欲しい。
大人の女にして欲しいとの願望を持っていた。
 

旦那が浮気をしているのが分かり、結婚以来自分を満足させることもない旦那への不満と、浮気された怒りが爆発してSMサイト投稿ではあったが、余りにも過激なメールの嵐の中で、落ち着きとさりげない誘いをする私のメールにホッとして返信してきたそうである。

 

回のメール交換で打ち解け、東京から来た友人と出会う日に、旦那には遅くなると言い、友人には早めに帰らないとダメと嘘をついての出会いであった。
 

大阪梅田から少し離れた下町の私鉄駅の改札口で待ち合わせた。
「着きました」との電話の後、伝えられていた服装の小柄でちょっとポッチャリしているが、なかなか可愛い豊満な奥様が微笑みながら近づいてきた。
 

 

く挨拶を交わし、「食事しようか」と話すと、「いえ、もしよろしければこのまま」と答えてきた。
二人で駅から5分ほどのところにあるラブホへと入り、ちょっと可愛らしい部屋を選んでエレベータに乗った。
 

エレベータでは直ぐに抱き寄せ、キスをすると、直ぐに舌を絡め合う形となり、私のいきり立つ極太ペニスをズボンから引き出し握らせると、イヤらしい顔つきとなって手こぎを始めた。

 

レベータを下りて部屋に向かう間も、ディープキスを続け、彼女はしきりに手を動かしていた。
 

ドアを閉めて靴を脱ぐ前に彼女を跪かせて、極太ペニスを咥えるよう促した。
「凄いわ。大きいですね。私子供産んでいないから、入るかしら」と言いながら、上目遣いで私を挑発するような目で見上げながら、たっぷりと唾液を付けてのディープスロートと唾液に濡れたチンポを巧みに手こぎしてくれ、思わぬ快感に絶頂感が出てきてしまった。
 

 

女をそのままドアに手をつかせ、フレアーの膝辺りの丈のスカートの裾を捲り上げると、黒のTバックが目に飛び込んできた。
グーンと丸くて張りのある白い桃尻に食い込み、何ともイヤらしい光景である。
 

横にずらして、指を淫裂に這わせると、何とも粘性の高い愛液でヌルヌル状態であった。

 

で淫裂、クリを指腹タッチで楽しみ、淫穴への挿入でも楽しんでから、さらに尻を突き出させて、いきり立つ極太をズブリと突き入れ、一気に根元まで突き進ませた。
 

「アァ~大きいワー感じるー」と声を上げて、私のピストンに腰振りを合わせて、極太を貪るように咥え、まとわりつくような締め付けでその快感を楽しんでくれた。
暫くすると「アア、イイ、イイワーイイ、イクー、イクー」と叫びつつ、腰がガクガクと痙攣して、オメコの更なる締め付けが始まると同時に彼女は尻だけを高くした形で上半身が崩れ落ちて二つ折りのような姿になっていった。
 

 

い息をさせつつ、時折身体をヒクヒクとさせる彼女を、繋がったままでベットまで連れて行き、ベット上で四つん這いにさせて、更なる打ち込みで再びアクメへと誘った。
グッタリと倒れ込んで動かない彼女を見下ろしつつ、私は全裸になった。
 

いつものことながら、この時ほどの征服感で充ちた最高の満足はない。

 

び彼女の傍に近寄り、彼女を仰向けにさせて、グレー系のスカートを捲り上げ、大きく両脚をM字にさせて秘部を露わにしてみると、淫毛は少なく綺麗なオメコが目に飛び込んできた。
 

陰唇もさほど大きくなく薄茶色をしており、淫裂と淫穴の部分も綺麗な色をしていた。
そこはもうグッショリと濡れて光っていた。
 

 

の秘部に今度は舌、口、指攻撃を仕掛けたのである。
クリを舐め吸い、時に得意の舌バイブで翻弄しつつ、利き手の左の人差し指と中指を淫穴に突き入れ、その指腹でGスポットをはじめとする快感スポットを撫で擦り、時には軽く突きながらその反応を見、右手はブラウスを押し上げ、お揃いの黒のブラも押し上げて、露わにさせたさほど大きくないうす茶色の乳首を摘み、弄んだ。
 

この複数同時責めに「気持ちいぃ~もっと、もっとして」と喜びの声を上げていた彼女が、左手の中指が探り当てた快感のGスポットへの突き擦りに「駄目、出る、出ちゃうよぉお」と悲壮な叫び声を上げ腰を退こうとした。

 

はガッチリと抑え込んで指攻撃をさらに強めた。
 

「いやぁあ~」という声と共に、ぶしゅーと何とも卑猥な音と共に、多量の粘り気のある愛液が潮となって私の顔へと吹き付けてきたのである。
「イヤー。許しテー」という声も無視して続けると、腰が激しく痙攣し、思い切りオメコが収縮し始めて、細い水流となって失禁も始まった。
 

 

女はかつて味わったことのない深い快感に引きずり込まれるように、果てていった。
私はグッタリとベットに横たわる彼女の両脚を抱え、前に押すように折りたたみ横に押し広げて秘部を露わにし、その中心にある淫穴に極太を宛がって突き入れ、彼女のオメコの感触を楽しむようにゆっくりとピストンを始めた。
 

なかなか具合の良いオメコを楽しんでいると彼女が気が付いて「もう凄すぎます、気持ちいい」とまた反応してきたので、豊満若妻と繋がったまま抱き起こし、座位の形で嵌めつつ、ディープキスを始めると。

 

女は貪るように応じてきた。
 

腰を振ると「イイ、気持ちイー」と身体を仰け反らせて自らも腰を振り、より深い悦びを味わおうとし始めた。
そのまま私の上に跨らせ、騎乗位で楽しみつつ「さあ、服がシワになるよ。このままで脱ぎな」
と促すと「モウー。意地悪なんだから」と言いながらも嬉しそうに腰振りを止めることなく着ている物を脱ぎだした。
 

 

女も全裸になった。
綺麗な身体で、肌も張りがありきめ細かで白い肌に嬉しくなった。
 

はにかみつつも私の上で腰を振り続ける彼女に、時折下から深い突き上げをすると、「あぁ~気持ちいい~」と応じて、やがて激しい腰振りと変わり、「イク、イクー」と今までにない大きな声を上げて果てていった。

 

の後は、11時過ぎまで体位を変えつつ貪り合い、最後に風呂場でも互いに洗い合いながら、また立ちバックで繋がり、彼女が一段と深いアクメへの階段を登り始めると同時に絶頂感が襲ってきて「イクよ。どこに出す」
と聞くと「中に出しテ」と叫ぶ声を聞くや、私は思いきり放出した。
 

久しぶりの射精であり、中出しである。

 

はパイプカットをしているので妊娠の心配は全くない。
 

彼女は一応安全日であったし、私の言葉を信じても良いと思って、中出しがして欲しいという気持ちを素直に伝えてくれたようだ。
次回の出会いを約束して同じ私鉄のホームで反対方向の電車の人となって別れた。
 

 

ぐにメールが来た。
「本当に有り難うございました。こんなに気持ちいいことは今まで経験しませんでした。病み付きになりそうです。この次もよろしくお願いします」との内容であった。
 

 

ートマーク一杯のメールに苦笑した。
ただ旦那がなかなか嫉妬深いようなので、注意深い出会いをしないといけない奥様である。
 

最初はノーマルセックスだったが次からは軽くソフトなSM要素入れて抱いてみるつもりだ

1 2 3 12
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】