告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

知り合いの子持ちママに無理やりチンポ生挿入のカーセックスで膣中出し体験

読了までの目安時間:約 7分

娘が少女バレーボールを始めるのをきっかけに私は経験者でもありコーチになりました。
それから3年が経過して娘も卒部してから周りから奨められ私は監督になりました。
 

のお手伝いが少なくお母さん達のコミニュケーションを向上する為にお母さんチームも作ったのですが、今年の春から参加した親子が数人居て中でも一際目を引くお母さんが居ました。
今までも若く綺麗なお母さんは何人かは居ても、そんな気持ちになったのは一度も無かった…年甲斐もなく8歳年下の彼女を見た時は全身が雷で撃たれたようにシビレてしまいました。
 

ーム監督の立場…教え子の母…そして近くの人妻と極めてリスクの高い禁断の領域でマズイと思いながらも彼女が頭から放れず、どんどん引かれ想いは深まってしまい、もう気持ちを止められず先日お母さん達との飲み会で参加した時に私はお酒が飲めなかったので車で行き彼女を含む数人のお母さんを車に乗せて帰りました。
業と遠回りして彼女を最後に…二人だけになった時に話が有ると人気の無い公園横に車を停めて彼女に気持ちを告白しました。
 

女は、「嬉しいけどお互いに結婚して子供も居るし監督の奥さんも娘さんも知ってるから…」私は気持ちが収まらず彼女に抱き付きキスすると、「監督イヤ!監督ダメですって!」と抵抗しましたが、彼女の力からすると、たいした抵抗では無かったと思います。
次第に諦めてくれたのか抵抗も無くなりキスを続けたまま助手席の彼女の上に覆い被さり抱き締めながらキスしてたら、既に理性に抑えなんて効いて無くスカートの中に手を入れると、「監督。ちょっと待って。」「監督ダメだって。そこはダメ。監督マズイって。」いくら言っても止まりません。
 

ンティに指を掛けたら、先程とは違う位の力で阻止しようと腕を掴み押し返して来ました。
私も力任せに引っ張ったのでパンティは破れてしまい股間を押さえて隠そうとする彼女の手をまたも力任せに退けては膝を彼女の脚に割り込ませて強引に脚を押し開きました。
 

ヤイヤして首を振る彼女には悪いと思ったがアソコに触ると普段のセックスと違い濡れて無かったです。
唾で指を濡らし指で押し開いた時に彼女は再度抵抗しましたが既に遅く指は彼女の中に…温かい彼女の膣の中は、なかなか濡れないので何度も指に唾を付けては動かしてました。
 

た抵抗の無くなった彼女はボーと、なすがままになった時にズボンとトラクスを膝まで下ろすと、「まさか監督…嘘でしょ?それだけは…」また抵抗しましたが、やはり男性の力には勝てず、私の硬く勃起したペニスを宛がうと我慢汁で濡れてたペニスは、「あーーダメー!」と叫ぶものの先の方まではヌルッと入りました。
その先が濡れて無いから滑らなく入らず。
 

気ににグッグッグッ…て感じで無理矢理、奥まで押し込んでしまいました。
ペニスの裏筋の皮も切れたのかペニスにも激痛が…さすがに彼女は諦めたのか無抵抗になり、私はペニスの痛みを我慢しながらストロークすると若干だが濡れて来たの?それとも我慢汁?次第に滑りは良くなって来ました。
 

女は運動してる為なのか二人も子を産んでるわりには締まりは抜群に良かったでした。
喘ぐ声を圧し殺してか、「うっうっうっ…」それを聞いてクリトリスを擦る様に強く刺激したら、「うっうっ…くっくっ…いっ…いっ…いっ…」そろそろイキそうな我慢した顔つきを見て私もラストスパート!大きくストロークしながら、『おっ…俺もイキそうだ…』ハッとした彼女は、「ダメ!中はダメ!付けて無いですよね!」「ダメーー!」と叫んでも既に遅く彼女の子宮にペニスを押し付けながら彼女に中出しで精液を注ぎ込んでしまいました。
 

女の目から涙が流れるのを見て、『ごめん。好きでたまらなかった。我慢出来なかった…』「こんな形でしなくても良かったのに…」「本当に私を好きだったの?」『好きなのは本当。嘘は言わない。』そう言うと、「ど~する?もし妊娠しちゃったら…計算してみるけど確か危険日かも…」そこまで考えて無かった…もう開き直り、『安心しろ俺が必ず責任取る。』と彼女を抱き締めると、「本当?本当に?嘘じゃないよね?それに本当に私を好きなんだよね?」『あー嘘じゃない。』と言うと、「信じてるよ。」と彼女の方から強く抱き返してキスを求めて来ました。
 

の日は余り遅くまで引き止める事もできず、少し抱き合いながら少し話してからノーパンのままですが彼女を自宅に送り届けました。
翌日の朝から彼女にメールしましたが、音沙汰は無いので強姦で警察に訴えられるか?と脅えてましたが1週間くらいして次のバレー練習で顔を出し笑顔を見せて、こっそり耳元で、「たぶん大丈夫。またメールするね。」練習が終わると彼女からメールか届き、いつもと違う可愛い絵文字イッパイのメールで…「たぶん妊娠は大丈夫だから安心して。一応○○日が予定日だから…姫の日が来たら知らせるね。」「ちゃんと私だけを愛してよね。他のお母さん達に優しくしたら怒るからね。」それから毎日メールする日々が続き、やっと予定日を少し過ぎたものの無事に姫は来日しました。
 

れから彼女と付き合うようになり現在で6ヶ月になりました。
ほぼ毎日、平日は会社の帰り休みは練習後の時間をみつけては逢っては飽きずに体を求め合ってます。
 

は上手く進行してますが自宅も学区外ですが近く、互いの家族も知ってて同じチーム内の不倫。
もし表沙汰になったら離婚どころか知り合いの母、子も多くて影響も大きく、きっとチームは解散。
 

なりヤバイ禁断の領域に足を踏入れてしまったと思います…正直にお互いが日々愛は深まる一方できっと互いが止める事はできず。
どんどん深みに嵌まって行ってると思います。
 

当に妻と子供には申し訳ないと思いますが、これも一つの人生なのかな?(自分勝手ですね…)

海でナンパした女盛りの子持ちママのエロいお尻に欲情してセックス体験

読了までの目安時間:約 5分

今年の夏のこと・・・私は、故郷へ帰省中のことです。
姉の子を連れて、海水浴へ。
 

の日は、ものすごく暑かった。
浜茶屋で休憩。
 

んでて相席になりました。
30代前半の子持ちのママ2人連れです。
 

2人のママです。
一人は、ひらひらのついた水着を着ており胸元からこぼれそうなおっぱいがはみ出てます。
 

うひとりの奥さんはスラッとしてました。
話すと、東京から来たとのこと。
 

し話ししました。
海水浴が終わり、2人の奥さんに名刺を渡しました。
 

は、自営業(食品)をしております。
それから1週間後ぐらいだったろうか、おっぱいが大きい奥さんが、娘連れで店に来てくれました。
 

の日は忙しく時間がとれなかった。
2言3言話し、販売してる惣菜をあげたんだ。
 

の後、2度程デートしたのかな。
喫茶店で話したり、映画観たり。
 

女は、バツイチで電子部品メーカーで事務してるとのこと。
ひと月ぐらい経った頃、アパートに遊びにキテッテ言われ行ったんだ。
 

食、すきやきしてくれてとてもおいしかった。
そして5歳の娘は眠ってしまいました。
 

器の洗物をしてる後ろ姿を見てると我慢できなくなってきました。
大きく突き出した横乳、うっすらと透けて見えるブラジャーのライン。
 

達したヒップ。
後ろから、寄っていきキスをしました。
 

女は驚いたけど、キスを受け入れてくれました。
キスをしながら、ずっしりとした胸を撫でそして手をスカートのなかへ。
 

ョーツのなか、密林の奥は熱くすでに大洪水でびちょびちょです。
彼女は、喘ぎ声をだしはじめました。
 

女のブラウスのホックを上から順番に外し。
こんもり盛り上がった、おっぱいが茶色のブラジャーが現れたんだ。
 

ひもを下ろすと、ぼろんと大きなおっぱいが顔をだしました。
子持ちの乳首です、丈夫そうです。
 

のあそこはかちかちのびんびんです。
胸はどきどき、鼻の穴は拡がってます。
 

供が起きないか、気にしながらです。
彼女の背中に手回し、ブラホックを外します。
 

カートも下ろしました。
私は彼女の片手を私のパンツの中へ入れ、握らせました。
 

を閉じ、握ってます。
私は彼女のパンティの両端に手をかけ一気に下ろしました。
 

たりに成熟した女のにおいが拡がりました。
彼女の耳元で、「入れるよ」・・・「お願い、コンドーム着けて。台所の薬箱の中にあるから」一瞬、頻繁に使ってるのかなって思った。
 

箱の中には、紙袋に入ったままのコンドームが用意されてたんだ。
畳の上じゃなんだから、押入れから布団を出し敷きました。
 

事一筋に30代後半までやってきて、何年もHしてない私のものは青筋をたて、これでもかっていうくらいに弓なりにいきり立ってます。
私は、下を脱ぎコンドームをしっかりと装着した。
 

供が目を覚ました時を考え、彼女のブラウスとブラジャーは脱がせなかった。
いよいよです。
 

の前には熟れた女体がマグロ状態で横たわってます。
太股の間に入り、一気に奥まで貫きました。
 

ん~」彼女は喘ぎ声を・・・中はものすごく熱いです。
私は、腰を前後に動かします。
 

女は喘ぎ声が漏れるのを必死に堪えてます。
こどもが目を覚ますといけないので。
 

しぶりのせいもあり、私は早く果てました。
彼女は感じてるようでシーツをかきむしってます。
 

し時間が経ち、2度目は落ち着いてできました。
そして彼女をいかすこともできました。
 

3度目は、「上になって」っていったところすんなりその体制に・・・私に跨って、ものを握りとばくちにあてゆっくり大きなお尻を下ろしたね。
なんか、女としての経験(キャリア)を見た感じがした。
 

女は、腰を上下に擦りそのたびに巨乳がぶるんぶるん揺れたね。
圧巻だった。
 

後に後ろからしたんだけど、黒いあそこをちょっと開いてみたら鮮やかなピンク色でした。
33歳、子持ち女盛りです。
 

きな尻抱えて何度も突いたね。
ヒップの大きさには、まいったよ。
 

れから3年、隣に腹のでかい女がいます。
そ・そうです。
 

たちは、結婚しました。

友人の若妻に巨根ペニスを見られ旦那に隠れて秘密のフェラチオで肉体関係

読了までの目安時間:約 4分

僕は独身で彼女無しの男ですが去年の6月ぐらいの話です。
今は年に4、5回程度遊ぶ中学時代からの友人が去年3月に23歳の子と結婚することになり結婚式前に初めて紹介されました。
 

以外の友人は何度か会っていて彼らからの噂通り三船美佳に似ていて綺麗でスタイルのいい子でした。
僕の事も友人たちが噂していて少しは知っているようで何か笑われてる感じがしましたが。
 

の日は顔合わせ程度で。
その後。
 

婚式も終わり家に招待されることになって彼女が笑っていた理由を知りことになりました。
僕は仕事があり遅れて友人宅につきました。
 

屋に入るなり友人達が僕に向かって『宝の持ち腐れ』遅いぞ!と笑っていました。
宝の持ち腐れとは昔から僕のあそこが大きいことを知っているので彼女がいない僕にいつも言う言葉で。
 

ういう事を彼女に話していたから笑われていたんです。
その後もその話題ばかりで当時3年彼女がいない身でいつもどーやって処理しているのかとか最近いつオナニーしただとか大変でしたが彼女も興味津々で聞いていました。
 

の後夜も晩くなりそれぞれ子供のいる人達は帰りのこったもう一人の友人と僕は泊まる事に。
酒をけっこう飲んでいたので残った一人は爆酔していて彼女の旦那も今にも寝てしまう状態で彼女は洗い物。
 

は寝る準備をしていました。
すると彼女が良かったら『お風呂入っていいよ』と僕はどちらでも良かったのですが、もしかしたら汚い体で布団に入ってほしくないのかなと思い入ることに。
 

を洗っていると脱衣所に誰かが。
彼女の旦那だと思い気にせずにいるとお風呂の扉が開いたので振り返るとそこには彼女が。
 

っくりして『何?』と聞くとニヤニヤしながら『見せて』と半端なく動揺していると『見てみたかったから』とあまりの突然のことでしたが彼女の旦那がものすごく羨ましかった事もあるし、実際ずっとやらしい目で見ていたので、『他の二人は大丈夫?』と聞くと、『大丈夫寝てるよ』と興奮していた僕は半だちの物を見せると彼女は、『すごーいやっぱでかいね』と興味津々で観察し、いじり倒して遊んでいました。
ギンギンの僕の物をみて驚いているようでしたが我慢できなくなったのかフェラしはじめ僕も1週間近く抜いてなかったし本当に久々のフェラだったので直ぐに逝ってしまいましたが興奮状態は収まらず。
 

のようにキスをし胸をなめ回しあそこを愛撫していました。
下の階で旦那がいるのも気にならず、彼女もそうゆうゾーンに入っていたのかむさぼるようにフェラをしてもらいました。
 

分30分もなかったと思いますが結局最後までしてしまい。
高揚感と罪悪感を感じながら部屋に戻ると旦那と友人はいびきをかきながら熟睡中。
 

し安堵していると彼女が風呂から出てきて『赤外線しよっか』と少し気後れしたもののメールを交換し旦那らが寝ているすぐ横でキスをし寝床につきましたがこの日は興奮で一睡もできませんでした。
その後も今日まで旦那とは3回しか会っていませんが、彼女とは多い時には週1回程度あってしまっています。
 

産後の子持ちの若妻主婦は浮気デートでおまんこ濡らし旦那と夫婦SEXに喘ぐ

読了までの目安時間:約 7分

結婚して1年ちょっと付き合いも長かった事から早くも超マンネリ化している私達。
と言っても9ヶ月の子供がいるので仕方ないと言えば仕方ないんだけど・・・。
 

しく?奇跡的に子供が一人で寝ている絶好のチャンス(笑)の時も旦那はイチャイチャする気配等全くなく、いつもPCか携帯をイジっている(-.-;)そんな不満が溜まり「イケない!」と思いつつ、この前知り合った男性と遊ぶ約束をしてしまった。
友達と遊ぶと嘘をつき家を出た。
 

の車に乗りドライブに出発☆たわいもない話をしていると話の流れから夜景を見に行く事に。
旦那の不満を言い、彼は別居中の妻の不満を言い、彼「ラブラブしたいよねぇ」私「うん!」すると突然彼が「じゃぁ手繋ごうか」と手を差し延べてきた☆突然の事にドキドキしながら差し延べてきた手に手を絡めた。
 

的地に到着し、夜景を見ていると彼が肩に手を回し次第に後に抱き着いてきた。
ドキドキが止まらず話をすると、私の話を聞きながら首筋にキスを何度もしてくる・・・と前に来ていたカップルが帰って行った。
 

計らった様に彼が、「この服どうなってるの?」「え?」と言ったふいをつき、胸元に手を入れてきた!気持ちよくてあっという間にコリコリになってしまった。
でも、やっぱり旦那に悪いと思い踏み込めない(;_;)彼の顔を見ながら「ダメ・・・止めて」と首を振ると、更に興奮させてしまった様子。
 

も首を振りあっという間に右手で胸を揉み左手でパンツの中に手を入れられてきた。
本気で止めて欲しくなり、「止めて。止めて・・・」と言いながら、彼を遠ざけ様と向かい合ったのが間違いだった!!素早く胸下のリボンを解かれ、シャツのボタンを外され、片手でブラのホックも外されてしまった!いつ人が来るか分かない場所。
 

引な彼の行動に完全に濡れてしまった。
昔ならそのまましていたはずなのに、罪悪感で踏み込めなかった。
 

度も抵抗する私を察し彼は手を止めた。
その隙に私は急いで出来る限りボタンを留めた(笑)彼はまだ興奮している様子で、車に戻る間も2度程足を止め、愛撫しようとしてきたが「ダメ!」と言い、半ば強引に車に戻った。
 

イプされないか不安に思いながらホックやボタンを全て元に戻した。
しばらく黙っていた彼がまた突然キスをして来た。
 

なり素早い行動で、またリボンとボタン・ホックを外され乳首を吸われた。
今度は下のホックも外されたが、出来る限り遠ざかり、嫌がる私を見て止めてくれた。
 

ってお前可愛いもん。やべぇ」と言い、私の肩に手を回し「行くか☆」と発車させた。
 

かし、我慢し切れない彼はまたしばらく走ると、暗い駐車場に突然入り、覆い被さってきた。
帰り道「ここまでならいいでしょ?」とクリトリスの上に手を入れてきた。
 

哀相な気持ちもあり「いいよ☆」と許した。
すると悪戯に下に手を伸ばし「ここは?」と言いながらクリトリスを触ってきた。
 

調度ピンポイントを掻き回され、「止めて」と言いながら「ん・・・」と、声が出てしまった。
今までより感じている私を見て発情しきった彼は指の動きを早めた。
 

願い!止めて!!あ・・ヤ・・」彼は停めれる場所を見つけると急いで停車した。
興奮しきった顔で「ここがいいの?」と言われ、必死に首を振り「止めて・・・」と言いつつ、声を必死に我慢する私を見て「もぉ無理!」と何度も繰り返し彼は突然私のズボンとパンツを荒々しく下げた。
 

めて!!」と言いながらズボンを上げようとした私の手を強く握り、彼は首を振りながら自分のズボンとパンツを下げた。
無理矢理助手席の足元に入り込み、座っている私の足をそのまま上げ、入れようとしてきた。
 

めて!車もいっぱい通るし!」と言った声も届かず、入れようとしてくる。
いいタイミングと言わんばかりに車が何台も通った為、彼は諦めた。
 

り過ぎやし↓」と落ち込みながら「お前可愛い過ぎ。ハマってしまったぁ旦那がまぢ羨ましい!!」と何度も言ってくれ、私の車まで送ってくれた。
 

の日の夜、子供が寝るのも待ち切れず、旦那が「まだ?」と何度も聞きながら子供の様子を見てキスをしてくる。
やっと寝た子供が寝入るまで胸を揉みスカートの中に手を入れて愛撫してくる。
 

々息が荒くなる私を見て、旦那の方はすっかり準備が整っていた。
ディープキスをしながらパンツを細くし、グッグッと上に引き上げる。
 

供も寝静まり旦那のエスコートを受けながら隣の部屋に行く。
・・・と、すぐに子供が起きてしまい、また寝室に戻った。
 

かしつけようと俯せになると、後ろから旦那が覆い被さり、肩や背中にキスをする。
背中が弱点の私はピクピクと感じてしまった。
 

た隣の部屋に行くと、体育座りの旦那に背を向ける様に座らされた。
旦那は荒い息遣いで私のワンピースを脱がし、キスをしながら胸をめちゃくちゃに揉んだ。
 

手を下に滑らせ下を掻き回す。
突然立ち上がり、全裸になった旦那は私のパンツも脱がし、体育座りのままの私の乳首を吸い上げ、中に指を入れクチュクチュと左右に動かした。
 

も座ったまま吸われるのが非常に気持ちよく、ピクピクと上半身が波打った。
旦那は69の体勢を取り私のアソコをアナルまで舐め回した。
 

も棒と玉の間を舐め玉を吸い上げ、棒を一気に吸うとニュルニュルした我慢汁が沢山出て来た。
正常位で入れられ溜まらず声が漏れる。
 

度程しか突かれてないのに昨日からの興奮ですぐイッた。
しばらく突くと座位に体勢を変え前後に激しく腰を振った。
 

たイきそうになり「あ・・・イク」旦那に同時に乳首を吸い上げられまたイッた。
嬉しそうに笑いながら「はぁ・・・はぁ・・・イったの?」と言う旦那に照れ隠ししながら、「イッテないよ」と嘘をつくと、「ふぅん」と笑いながら私の腰を掴み激しく前後に振った。
 

ンポイントに入っていたのもありすぐイッテしまった私に「イった?」と悪戯に旦那が聞いてくるので、「うん(*v_v*)」と答えると、嬉しそうに笑いながら正常位に体勢を変えられた。
めちゃくちゃに激しく突かれ、おかしくなりそうになり、腰を離そうとした事で、胸が寄って谷間が出来た事が更に旦那の興奮を掻き立て、より激しく突かれた。
 

ぁ・・・あぁ・・・俺の事好き?」「う・・・ん」精一杯に答えた私を見て微笑み、「あ・・・イクよ!あ・・・あ」と言い、激しく突いたと思うと素早く抜き取り、激しく腰を前に突いたと同時に温かい物がお腹の上にねっとり飛び散った。

同棲している彼氏を裏切って他の男と関係を持ってしまっているダメダメなワタシw

読了までの目安時間:約 5分

同棲している彼氏を裏切って他の男と関係を持ってしまっているダメダメなワタシw【イメージ画像2】

田さんは舌をかたくして、間隔をあけてベロッベロッと舐めたり、大きな舌で私の乳首を包み込むと温かさが伝わってきてすごく感じてしまいました・・・。
「あっ・・・だめですよ・・・わたし乳首・・・固くなっちゃってる・・・」上を十分攻められてからジーパンのホックを外し、手を入れてきて・・・パンティの中にも侵入・・・。
 

っ下はいや・・だめですよ・・・シャワー浴びてないし臭いですよ・・・だめ・・はずかしい・・・いやっ・・・」指で愛撫されてグチョグチョに・・・。

同棲している)今の彼氏ともこういうことしてるんだろ・・・?彼氏がいるのに俺とこんなことして・・・俺には見せちゃいけないんだろ・・・吉田はHだなあ・・・風呂に入ってないから、すごく女の匂いがするよ・・・吉田の愛液の匂いだ・・・こんな簡単に同棲してる彼氏以外の男に股開いちゃってスケベだな・・・ビロビロが大きくて左向いてるんだな・・・興奮するよ・・・」気づいたらパンティを脱がされ、宮田さんはわたしのアソコに口をつけて、激しく舐め回されました・・・。
 

して口にくわえるように音をたててむしゃぶりつきました。
わたし、見せちゃいけない相手に女の一番大事なところ見せちゃってる・・・。
 

<br>氏以外の男性に・・・色、大きさ、厚さ・・・開き具合・・・濡れ方・・・味・・におい・・・知られちゃった・・・。
好きでもない先輩にカラダを許しちゃうなんて・・・。
 

めんなさい・・・。

こまできたらもう、どうでもいいや・・・。
 

ってるから感じやすくなっててすごく気持ちいいし・・・。
宮田さんにクリを集中して舐められ、クリ吸いでイキました。
 

<br>「田さん、彼氏より上手っ、ああっっイッちゃううっ!!・・・もう少しでイクのっ!吸って、クリ・・もっと吸って!!いいっ!!ああっ・・・!!!」宮田さんが「ジュルルル~」と吸った瞬間、クリがスーッとしてカラダが小刻みに痙攣してわたしはイッしまいました・・・。
仕事で社員とバイトの関係で、普段一緒に仕事しているだけの宮田さんのモノをまさかナマで受け入れるなんて・・・。
 

田さんのモノなんて想像したこともなかった・・・。

氏よりもカタチがくっきりと横幅があってフェラすると先端から汁が出てきていました。
 

を引く精液を私は吸って飲み込みました・・・。
私の唾液と宮田さんの精子につつまれた状態のモノを受け入れる時はスルッと入り、愛液があふれてきてお尻の穴の方まで垂れるほどでした。
 

<br>棲中の彼氏に悪いと思えば思うほど興奮して、首を振りながら騎乗位で自ら腰を激しく振りまくりました。
「騎乗位ぃ・・・苦手なの・・・」
「でも腰動いてんじゃん」
「き、気持ちいいから自然と動いちゃうけど・・・」自分で乳首を刺激しながら・・・乳首を刺激するとイキやすくなるんです・・・。
 

ックでも動物のように激しく5分間くらいガンガン突かれました。

尻の穴に指を入れられながらバックで犯されて「あっあんっあんっああん!!」とあえぎ声を激しく出してしまいました。
 

常位の体勢になり、宮田さんは全体重をわたしにかけて抱きしめてきました。
「吉田のなか、あったかくて気持ちいいよ・・・このまま出すよ・・・俺、おまえのこと大事にするからさっ・・・吉田の中に出したいんだ・・」
「いやっ・・・彼氏に悪いもん・・・だめっ・・中なんてダメ・・・だ、出しちゃだめっ・・・」アルコールがまた回ってきて、あたまが熱くなってきました。
 

<br>田さんの腰使いに感じて、だんだんハイな気持ちになり、もうどうでも良くなってきました。
「いいよ・・・このまま・・・出して・・・今日だけ・・・1回だけ・・・彼よりもいっぱい・・・いっぱい出して・・・あ・あんっ・・・宮田さんの中に受け入れてみたいの・・・いっぱい出してほしいのっ・・・」そのまま正常位で中出しされました。
 

壁に彼の熱い精子がピュッピュッと当たって幸せを感じました。

田さんは一滴残らず搾り出すように「赤ちゃんのモト」を私の膣の奥で大量に中出ししました。
 

棲中の彼より大きな宮田さんの立派なモノの激しい動きに感じて私もイッてしまいました。
「ああ・・同棲している彼氏がいるのに会社の先輩と寝ちゃった・・・彼氏以外の人に中出しを許しちゃった・・・今の彼とのHはモノ足りなくて一回もイッたことなかったのに(イッたフリばかりしてた)・・こんなに何回も気持ちよくイッちゃうなんて・・」と興奮しました。
 

<br>局結婚しちゃったんですけどね・・・。


■女子スポーツ選手の大きな胸にどうしても目が…ゆれる・弾ける★ふくらみのセクシーまとめ■

1 2 3 7
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
熟女倶楽部 無修正動画 杉本美加子 野宮凛子 笹木杏子 高瀬まりこ
最近の投稿
相互リンク
【PR】
無修正 美人 激エロオナニー バキュームフェラ アナルセックス 生ハメ中出し