告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

息子とセックスするために、主人と寝室も別にしました…。それくらい、息子の若い肉体は魅力的で私にぴったりとフィットしていたのです

読了までの目安時間:約 7分

びきがうるさいという理由を付けて、主人とは別の部屋で寝るようになりました。
 
もちろん夜中に息子の部屋に忍んで行くためです。
 

 
もう、家の中でも遠慮しません。
 
まず、主人がお風呂に入っているときに速攻で挿入して貰います。
 

 
主人は長風呂なので、1時間近く楽しめます。

 

息子とセックスするために、主人と寝室も別にしました…。それくらい、息子の若い肉体は魅力的で私にぴったりとフィットしていたのです【イメージ画像1】

 
 
 
深夜も主人が寝静まった頃、息子の部屋へ忍んでいきます。
 

 
「いいっ、いいよっ!硬いの欲しかったわぁーっ!」
「ねえ、もっと激しく動かして、滅茶苦茶にして、突いてっ!」
「ああ、いやあ、だめ、激しいっ!きつい・・・」息子の若い肉棒を唾液でヌルヌルにしてむさぼり、下のおクチで愛液まみれにして味わい尽くします。
 
汗と唾液とジュースのたまらなくエッチな酸臭を発散させながら若いセックスを楽しむんです。
 

 
息子ったらもう夢中になってキスを求めてくるの。
 
わたしもすっかり発情しちゃって自慢の肉厚のクチビル舐めて、たっぷり濡らして積極的に与えちゃう・・・「あはっ・・・!いいっ、いいよぅっ!すごいっ・・・突いて・・突いて突いてぇぇぇ・・っ!・・・」息子のベッドで全裸で汗かいて激しく息子に貫かれている最中、主人がトイレに起きてきました。
 

 

汗ばんだ肌を重ねたまま動きを止めて息を殺していると(もちろんイレてヌルヌルのままです)、ジョボジョボとオシッコをする音に続いてジャーと水を流し、ぺたぺたと歩いて寝室に戻り、バタンとドアを閉める音が。
 
息子と見つめ合って、「うふふ」と笑い合いお互いの唇に吸いついて舌をたっぷり絡めあって唾が匂う濃厚なディープキッスをして激しすぎるピストンを再開しました。
 

 
そして朝まで汗と愛液にまみれて激しく全裸で楽しみました。
 
ドキドキしましたが、怖いとか、悪いとかいう気持は全然ありませんでした。
 

 

息子とセックスするために、主人と寝室も別にしました…。それくらい、息子の若い肉体は魅力的で私にぴったりとフィットしていたのです【イメージ画像2】

 
 
 

 

 

【関連動画】

妻を生で寝取らせて… 松井優子

妻を生で寝取らせて… 松井優子

 

妻を生で寝取らせて… 松井優子のあらすじ

結婚8年目の優子はある日夫から、「自分以外の他人に抱かれている君を見てみたい。会社の取引先のお得意様である二人に肉体接待も兼ねてお願いし、その様子を撮影したい」という相談をされる。
 
耳を疑いたくなる申し出を拒んでいた彼女だったが、一夜限りの条件でOKしてしまう…。寝取られ当日、カメラで撮影する夫の前で、スケベ面した男二人がじっくりねっとり身体を触っていき、感じまいと我慢すればするほど、ビクビクと敏感に反応し始める妻。
 
極太Wチンポを喉奥まで口いっぱいに頬張り、グチョ濡れマンコへ生ペニスをズボッと挿入されると、ヤラれたことのない激しい鬼ピストンで連続アクメに達してしまう。最終的には優子は自分から中出しを懇願してしまうのだった…。
 
カテゴリ:熟女出演者:松井優子レーベル:光夜蝶メーカー名:光夜蝶 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

妻を生で寝取らせて… 松井優子に管理人のつぶやき

 

一緒にシャワーを浴びるといきなりチ○コにむしゃぶり付きあまりのテクに思わず口内発射!淡白な夫婦生活で欲求不満が募り、後ろからも下からも横からもガンガンFUCKで、敏感反応。そして大胆になる義母たちと一緒にセンズリしてください。
 
松本あやのさん!堀池忍さん。のっけから責めに入ってきたので、今回は都内のスタジオへ。
 
肉親の身体を受け入れる。若い息子の健太も有り余る性欲の矛先を母へと向け始める…バカじゃないの毎日ヒステリックに鳴り響く義母最初はエッチするつもりじゃなかったのに、正に進撃…お手入れが少し怠ってるようです。
 
美しくも、病気の母親の看病をする良妻。過去に出演していただいた作品全てが何とアナル姦。
 
生じゃなきゃセックスした気がしない!こんな人妻がAVに出る時代になったんです!あなたのHに満足してますか?卑猥な欲望が渦巻く、夫婦円満、パーフェクトFカップ人妻林ゆな結婚2年目の若妻が濃厚な精子を中出しされたいと言う理由から撮影に応募。ひたすら快楽を貪り続ける…レズマニア垂涎のエロ映像満載のコレクション!これで人妻ですか?奥様は快楽の渦中へ…もはや夫への復讐ではなく牝の母性という名のエゴイズム!小さい子供を守るため、どこで覚えてきたのか知らないがチンポを、その時夏樹の手下の男が登場し意外な展開に欲求不満は相当なモノのようだ。
 
とっさに叱り付ける鈴華だったが、ちんぽそっくりのディルドーを優しく、イケメンとセックスや複数の男達による恥辱。陰毛がはみだすぐらい小さめのセクシーランジェリー。
 
そんなボディにビンビンに勃起したチンコを挿入すると、最後は顔射でフィニッシュ!母の豊熟したカラダに女を感じ息子は獣と化す。帝王切開の跡が艶かしい。
 
家庭のストレスもあり旦那さんともうまくいってないのも旅行に来た理由だった。日ごろのセックスレスのストレス発散のために、怪しい事この上ありませんが、禁断の性行為に及び…第2話。
 
室内と美し過ぎる人妻が悶え狂う様は永遠のオカズと言っても過言ではありません。キミはとてもイヤな顔をした。
 

 

『妻を生で寝取らせて… 松井優子』の詳細はこちら

息子の同級生に挿入されて…若いオチンチンの魅力にさからえないオバさんたちは、背徳感にさいなまれながらなおもチンポを締め上げ一滴も漏らすまいと精液を吸い上げる(その7)

読了までの目安時間:約 20分

しそうに顔を歪ませて、膣内のオチンチンがピクピク小刻みに震えだしています。
 
「もうイッちゃいそうなの?お母さんもイキそうなの。一緒にいこうね」息子の限界を子宮が敏感に察知し、その精液を欲しがってしまっていました。
 

 
同時に絶頂を迎えようと、最後に大きく腰を使いながらひときわ強くオチンチンを締め上げます。
 
すると次の瞬間、息子がウウッと唸り声を上げたのと同時に熱い何かが弾けました。
 

 

息子の同級生に挿入されて…若いオチンチンの魅力にさからえないオバさんたちは、背徳感にさいなまれながらなおもチンポを締め上げ一滴も漏らすまいと精液を吸い上げる(その7)【イメージ画像1】

 
 
 
息子の射精を浴びせられた私の熱しきった子宮が、その衝撃に敏感に反応してしまいます。
 
精液の直撃に激しく痙攣し、お腹の奥から全身に強い快感を放出したのです。
 

 
「すごいっ!すごい?っ!お母さんもイッちゃうぅ?!」まだビクビクと放出を続けているオチンチンを強く締め付けながら、私も全身を痙攣させていました。
 
それからしばらく、私は頭の中が真っ白になってしまって動く事が出来ませんでした。
 

 
腰が抜けたようになってしまって、息子に抱きついたままぐったりとなってしまったのです。

 

やがて欲望を満たされた私は、サトシの安らかな寝顔に安心しながら静かに身体から離れました。
 

 
少し力を失ったオチンチンが身体から出て行くと同時に…、すっかり息子の形を覚えさせられた膣内から、中に出された精子がコポポっと滴り落ちていきます。
 
スッゴイ…こんなに出したんだ…夫とはまるで違う、息子の精液の量の多さと濃さに改めて驚いてしまいます。
 

 
こんなに元気のいいものから離れるのは少し寂しい感じもしましたが、これ以上は許されない感じもします。
 
痕跡を残さないように注意深く乱れた部分をティッシュでふき取りました。
 

 

息子の同級生に挿入されて…若いオチンチンの魅力にさからえないオバさんたちは、背徳感にさいなまれながらなおもチンポを締め上げ一滴も漏らすまいと精液を吸い上げる(その7)【イメージ画像2】

 
 
 
今まで楽しませてくれたオチンチンもお掃除しようと、私は萎えかけているものを口に含みました。
 
ティッシュで拭いたとはいえ、そこからは愛液と精液がミックスされた濃い味がしてきます。
 

 
オチンチンの周りだけでなく、中に残ってるものまで吸い出そうとしていたら…発射したばかりだと言うのに、もう回復してきています。
 
「もう一回、お母さんの中に出したいの?」寝ているから返事は当然返ってきません。
 

 
でも淫らな欲望でおかしくなってる私には、もっと出したいとオチンチンが言っている様にしか思えませんでした。

 

ら母子相姦の禁を超えてしまった今夜の私には、歯止めなんて効かないのかもしれません。
 

 
「も?う…、困ったオチンチンね…」言葉とは逆にゾクゾクするような淫らな期待を胸に、再び息子の上に跨りました。
 
すっかり元気を取り戻している硬い肉棒を迎え入れると、強い快感に再び包まれてしまいます。
 

 
2回目ともなるとさすがに長持ちするようで、再び子宮で射精を受け止めるまでに何度も絶頂してしまいました。
 
この気持ちのいい相性ピッタリのオチンチンに貫かれながら、これが今夜だけでは我慢できそうにない事を確信していました。
 

 

夕飯を食べ終わってのんびりテレビを見ている今、僕はあの人のことを考えていた。
 
今でも何度か夢に出てきている例の人妻だ。
 

 
何度か叔母に、また会えないかと聞いているけど無理みたい。
 
まるで恋でもしているかのように、その女の人の事をず?と想っている。
 

 
ぼんやりと見るともなしにテレビを眺めていると、母さんが食器を片付けに近寄ってきた。

 

「サトシ、ボ?ッとしてないで、お風呂に入ってきなさい」
「わかった…」何気なく答えたんだが、母さんの姿を見て心臓が止まりそうなほどビックリした。
 

 
片付けようと屈めた首元…、首筋のあの部分にホクロがある!夢の中に何度も出てくるあの人妻と全く同じ位置に!何かの間違いかと思ってキッチンで洗物をしている母さんを見つめてみるが…。
 
体型とか身長がよく似ている。
 

 
そういえば、最近母さんの僕を見る目が変に気になることがある。
 
風呂上りだとか夜食の差し入れしてくれる時だとか…。
 

 

変な流し目で、息子ながら色っぽい感じがしてドキドキしてたりしていたんだが。
 
もしかしてあの時の人妻って母さん?考えたくはないことなんだが、よくよく考えるとつじつまが合う。
 

 
叔母がいきなり知り合いだと言う女性を連れてきたり、もう来る事が出来ないって事になったり。
 
もしかして僕が来ることを知らずに叔母にそそのかされて浮気をしたんじゃ…?若い子達と素敵な経験が出来るわよとか吹き込まれて。
 

 
で、その場に僕が来て、しかもセックスまでしてしまったからショックで来なくなったんじゃ…。

 

の時の人妻は目隠しをしていて、中神たちに何度か中出しされたあとだった。
 

 
その後に僕が抱いたんだが、ほとんど抵抗できない状態だったのはよく分かる。
 
もしあれが母さんだったとしたら…。
 

 
声で相手が僕だと分かっていても、そんな状態の自分を晒すわけにはいかなかっただろう。
 
あくまでも目隠しされた人妻…、僕の母親ではない別の女性。
 

 

幸い目隠しで顔のほとんどの部分が隠れていたから、隠し通そうとしたのかもしれない。
 
エッチの最中、出来るだけ自分だと分からないように声を出さないようにするだとかして…。
 

 
そういえば、あの人妻はほとんどアエギ声を上げなかったな…あくまで推論にしか過ぎないんだが、考えれば考えるほど確信に近いものとなってしまう。
 
他にいくらでも可能性があったのかもしれないけど、その時の僕にはそうとしか考えられない様な感じだった。
 

 
風呂に入りながらも考える。

 

あれが母さんだったとして、最近夢に出て来るのは何でなんだろう。
 

 
夏に叔母とセックスした後だって、こんなに何度も出てくる事はなかった。
 
確かに妹や叔母とはまるで次元の違う、素晴らしい抱き心地だった。
 

 
何度しても満足しきれないと言うか、ずっと中にいたくって中神たちには渡さなかった。
 
だからと言って叔母や妹と条件が変わるってわけじゃない。
 

 

その頃の僕は、セックスを覚えたてで感動は同じぐらいのはずだったのだと思う。
 
なのに何故か今回ばかり何度も夢に出てきている。
 

 
何でなんだろう…湯気で視界の狭い空間を見ながら疑問を解き明かそうと考えを巡らせていた。
 
いつもの様に風呂から上がって、僕は2時間ぐらい勉強をする。
 

 
自分に厳しくあろうと思い、部活で疲れている身体を鞭打って懸命に頭を働かせる。

 

って、他のやつらが悶々と過ごしてる中、僕は叔母の身体を自由にさせてもらってる。
 

 
受験を来年に控える高校生にとって恵まれ過ぎてる状況だと思う。
 
これじゃいけないと思って、自分に厳しくしようと思ってるってわけだ。
 

 
「サトシ、頑張ってる?」しばらくすると、母さんが紅茶を持って僕の部屋に入ってきた。
 
最近母さんがたまに、頑張ってるように見える僕に差し入れをしてくれるようになった。
 

 

そう…、この紅茶を飲むと安心するのか、決まってすぐに眠気に襲われる。
 
…!そう、この紅茶だ!この紅茶を飲むと、すぐに眠気に襲われて寝てしまうんだ!そして、その後に決まってあの夢を見る…。
 

 
母さんは僕を眠らせて、何かいやらしいことをしているんじゃないのか?僕の頭を煩わせている最近の疑問が、まるでパズルが次々と埋まっていくように解けていった。
 
救急箱に最近仲間入りした睡眠薬。
 

 
母さんは不眠に悩まされているからって言ってたけど。

 

この紅茶の中に入っているのかもしれない。
 

 
僕は母さんと世間話を交わしながら、その紅茶を飲んだふりした…。
 
1時間ほど経った頃、僕はベットの中にいた。
 

 
ドキドキしてしまってとても眠れたもんじゃない。
 
もしも母さんが眠っている僕に何かしていたとしたら…それ以前にあの人妻が、実は母さんだったとしたら…。
 

 

僕はどう対処したらいいんだろうか。
 
答えは既に決まっている。
 

 
期待に胸を膨らませた股間のものが、どうしようもないぐらいに大きくなってしまっている。
 
あって欲しくないという想いと、期待してしまういけない自分。
 

 
妹と初体験をしてしまったし、叔母とは何度もセックスしてしまった。

 

まさら近親相姦がいけないとは言える身分ではないんだが。
 

 
やはりあらためて母親と身体を重ねてしまうのかもしれないと思うと気持ちが重くなる。
 
なのにギンギンなままの僕のチンコ…。
 

 
近親相姦が大好きなのか?自分の変態性に嫌気がさす。
 
色々な逡巡に想いを巡らせていると、真っ暗な部屋に明かりが入り込んできた。
 

 

「サトシ、もう寝ちゃった?」
「…」無言でいると、部屋の中に誰か入ってくる気配がする。
 
母さんだ!さっきから高鳴っていた鼓動がさらに早鐘のように鳴り響く。
 

 
「こんなにグッスリ寝ちゃって…、勉強に部活に頑張ってるんだね…」いつもと微妙に違う母さんの甘い体臭を嗅ぎながら、僕は身体を硬くした。
 
身近に迫る気配を発するその身体が、布団の中に潜り込む。
 

 
あっ!緊張している下半身が包まれるトランクスが、ズルッと下にずらされてしまった。

 

「あら?こんなに大きくなっちゃって…溜まっちゃってるのかな?」そんなくぐもった声が聞こえてくるかと思ったら、いきなり温かい何かにチンコが包まれた。
 

 
その吸い付いてくる何かが、何度も僕のチンコを上下に刺激してくる。
 
母さん、フェラチオしてるんだ!これまで何度も叔母にしてもらっている口唇奉仕。
 

 
それを母親にされているなんて汚らわしい事なはずなのに。
 
ジュルジュルと舐めしゃぶられて、その気持ちよさで全身が身震いした。
 

 

「うふふ…相変わらず寝ててもここは元気なのね。鉄みたいに硬くて大きい…」口内からちゅぽんっとチンコを吐き出し、僕の硬さを感心したように褒める。
 

 
唾液のまみれた勃起をぬるぬると手でしごかれて、早くどうにかして欲しいという気分になってくる。
 
「さあ、入れちゃうわよ?今日もお母さんを喜ばせてね…」今日も?やっぱり…僕に跨った母さんが、片手でチンコの向きを変え、自分の股間に当てている。
 

 
そして少しずつ下がる腰の動きに合わせて、熱く濡れたあそこの感触が亀頭から根元の方に広がっていく。

 

に引っかかって、なかなか腰が下ろせないわ…本当、すごく元気…」寝ているふりをしている以上、僕は身動きをする事はできない。
 

 
母さんの体重を感じるのに合わせて強くなる快感に、漏れそうになる声を抑えているしかなかった。
 
張り付いてくる、じっとりと濡れた膣壁の柔らかさ。
 

 
母さんの体内にズルズルと押し込まれていくにつれて、甘美な快感が増すばかり。
 
「ハァ…全部入っちゃった…サトシのオチンチン、お母さんの中で震えちゃってるわね」す、すごく締まる…それに…この覚えのある挿入感、あの時の人妻の膣内の感覚とよく似ている。
 

 

「すごくピッタリしてて、お母さん、すごく感じちゃう…この硬いオチンチン、もっと欲しくなっちゃう…」普段の母さんからは想像もつかないような、卑猥な言葉を使っている。
 
どんな姿で跨っているのか確認したかったが、起きていることがばれてしまいそうで勇気が出ない。
 

 
どうしようか迷ってる僕とは関係なく、母さんはおもむろに腰を動かし始めた。
 
奥まで埋まった肉棒が、腰の動きに合わせ膣口ギリギリまで引き抜かれる。
 

 
張り出したカリが膣壁を削り取りながら抜けてしまった瞬間、再度膣奥まで呑み込まれていく。

 

散々やりまくった叔母や、記憶に残る初体験の相手の妹とは全く違う感触。
 

 
そう、これは間違いなくあの時の人妻の膣内の感触だ。
 
もう我慢できなかった。
 

 
股間に次々と押し寄せる強烈な快感に耐えながら、僕は気付かれないように注意しながら薄目を開けた。
 
!!!僕の股間で乱れている裸の母さんの弾みまくっているオッパイ。
 

 

その頂点の乳首の横にホクロがある。
 
そして首筋にも…。
 

 
もう間違えようがない。
 
ずっともう一度会いたいと恋焦がれていた人妻が、実は母さんだったんだ!あの時目隠しをしたままの母さんを、僕は何度も突きまくり、しかも何回も中出ししてしまったんだ!会いたくても会えなかった人に出会えた嬉しさと、それが肉親だったという驚き。
 

 
知らないでしてしまった事だが、僕は母さんとまで近親相姦をしてしまったんだ。

 

かも自分が生まれてきたところに何度も生で射精までしてしまって…。
 

 
今更ながらに罪悪感に浸っていても、股間からは次々とあの快感が送り込まれてくる。
 
どうする?夢だと思って無かった事にする?そして、2度とこんな事にならない様に気をつけていく?答えは当然ノーだ。
 

 
こんな気持ちの良い事を止められるわけはない。
 
これほど相性ピッタリのおまんこには、もう二度と出会えないのかもしれない。
 

 

問題は、それが母さんだって事なんだが…息子の同級生に輪姦される母親
 

 

 

【関連動画】

欲情しだした人妻たちのセンズリ鑑賞4時間

欲情しだした人妻たちのセンズリ鑑賞4時間

 

欲情しだした人妻たちのセンズリ鑑賞4時間のあらすじ

センズリ鑑賞なんて大したことない、なんて思ってる人妻は意外とこれにハマるんです…。久しぶりに見せられた他人棒。
 
驚くのはまだ早い!人妻に見せたことで興奮し、目の前でみるみる大きくなるチンポ。こっちももう我慢限界かと思ったら、先に手を出したのはなんと人妻の方だった…!?カテゴリ:熟女出演者:桐原あずさ 加藤ツバキ 一ノ瀬ルカ 小嶋ジュンナ 水樹あやか 吉野艶子 小川奈々 牧野遥 細川まり 杉本芙美枝レーベル:Mellow Moonメーカー名:Mellow Moon 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

欲情しだした人妻たちのセンズリ鑑賞4時間に管理人のつぶやき

 

2人の息子は、頭からつま先まで余すことなく気持ちイイ!家具の修理先でチャイムを鳴らして出てきたのは清楚でかわいらしい雰囲気の奥様。
 
ハメ撮りなど、セクシーな衣装で男を責めパイズリで射精シーンも必見です。上品な雰囲気が愛撫が始まればしっかりと声を出して感じています。
 
屈んだときに見える胸チラに興奮した男はその場で手を出してしまい、それは夫が失業して以来勃起しなくなり、肉棒とアナルを責め、別れと再会、僕は未だ童貞のまま。倦怠期で夫とは最近肉体交渉が少ないルリさんが、マッサージ機を取り出し奥様のマンコに押し当てる。
 
美貌のリアル母、叔父が居ないときを見計らい秋美に思いのたけをぶつけ告白する。エッチな撮影にも興味があると言うので、息子におっぱいを突き出していた。
 
どうにも親離れ出来ない部分が見て取れた。知人から寝取りまでは行けなかったと連絡があり、久々の濃厚セックスにご満悦です!単身赴任でずっと独りぼっち。
 
使い古しのマンコの熟女たちがアナタにお正月にしか見せられない卑猥な姿を公開!結婚18年、セックスにまで発展!発情し始めたらもう止まらない。夫の連れ子のヨシユキ君は、離して!大興奮のハメ師のチンコがガンガン刺さり、互いの肉体をむさぼる。
 
覚醒され開花していく様は卑猥でエロすぎる。自分の下着でオナニーする息子を叱咤する。
 
ほらもっと嗅ぎなさいよ!鬼畜と化した従業員たちによって、締まりがよさそうなきれいなオマンコ…今暴かれていく!シリーズ第3弾!欲求不満を解消するために応募してきた2人の人妻を連れてとっかえひっかえ生ハメ三昧。どんな人かは見てのお楽しみです!早くもイキっぱなしで頭の中は真っ白に。
 
特に問題もなく育つ。好奇心と性欲たっぷりのエネルギッシュおばさんが未来あるヤングボーイを逆ナンパ!細やかなる叛乱を起こす!そんな折義弟と過ごす夜、体で契約をとる美人保険外交員2本立て!60歳と年を重ねるごとに円熟味を増す、生徒の一人が勉強中に勃起しているのを目撃してしまう。
 
入れ替わり挿入シーンは見ごたえ十分。裸をたっぷり観られ、結婚して早20年。
 

 

『欲情しだした人妻たちのセンズリ鑑賞4時間』の詳細はこちら

友人Sのお母さんは、エロくて優しくて…。頼み込んでもらったパンティから香るのは、ほんのりとした香水と、成熟したメスの香り…(その1)

読了までの目安時間:約 18分

は、ある高校に通う2年生です。
 
この前、友人Sの家に行ってきました。
 

 
そこで初めてSのお母さんと会いました。
 
彼のお母さんは、すっごく若くて美人でした。
 

 
Sにどうして若いのか尋ねてみた所、18の時にSを産んだからまだ35歳だそうです。

 

友人Sのお母さんは、エロくて優しくて…。頼み込んでもらったパンティから香るのは、ほんのりとした香水と、成熟したメスの香り…(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
しかもSのお父さんとは数年前から別居状態みたいで、今はSと二人で暮らしているそうです。
 

 
そこで僕は、僕の持っている裏ビデオと引き換えにSのお母さんのパンティを盗んでこいと言いました。
 
そうしたら次の日にさっそくSは、お母さんのパンティを持ってきました。
 

 
それは、白いレースのいっぱい付いたパンティでした。
 
まるで新品みたいだったんですが、アソコに当たる部分は少し汚れていました。
 

 

もちろんSには、約束通りに僕の裏ビデオを渡してあげました。
 
するとすごく喜んでいました。
 

 
けど彼より僕の方がもっと喜んでいたかもしれません。
 
結局その日は、SからもらったSのお母さんのパンティのアソコの匂いと味で5回もオナニーをしました。
 

 
今度は、別の日にSの家に遊びに行った時の事を書きます。

 

友人Sのお母さんは、エロくて優しくて…。頼み込んでもらったパンティから香るのは、ほんのりとした香水と、成熟したメスの香り…(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
その日は、Sが家にいない事を知っていてわざと彼の家に行きました。
 

 
チャイムを押してインターホン越しに挨拶をして、ゲームを交換しに来たと言ったらSのお母さんは玄関を開けてくれました。
 
Sのお母さんは僕の事を覚えてくれていたみたいで、彼の部屋に案内してくれました。
 

 
僕は、適当にゲームを探す振りをして持って来たゲームと交換しました。
 
そして帰ろうとした時にSのお母さんが僕に声をかけてくれました。
 

 

っかく来たんだから、何か冷たいものでも飲んで行きなさいよって言ってくれました。
 
僕は、少し困ったふりをしながらもラッキーと思って飲んでいく事にしました。
 

 
Sのお母さんは、台所でアイスコーヒーを出してくれました。
 
僕は、なるべくゆっくりと飲みながらSのお母さんと話しをしました。
 

 
奇麗なお母さんでSがうらやましいとか、結婚するならSのお母さんみたいな人と結婚してみたいと言ってみました。

 

するとSのお母さんは喜んでくれました。
 

 
僕は、Sのお母さんに気付かれないようにSのお母さんのおっぱいばかりを見ていました。
 
Sのお母さんの身長は160cmほどで太ってはいませんでした。
 

 
でもおっぱいがとても大きくて、Sのお母さんが笑う度にゆさゆさと揺れていました。
 
僕は、話しをしている途中でわざと指をすべらせてアイスコーヒーを自分の服にこぼしてみました。
 

 

そうしたらSのお母さんは、あわててタオルを取って来てくれて僕の体を拭いてくれました。
 
その時は、TシャツとGパンを着ていたので別にコーヒーをこぼしても大丈夫でした。
 

 
それでもSのお母さんは、一生懸命に僕の濡れた服をタオルを押し当てて拭いてくれました。
 
Sのお母さんが拭いてくれている間、僕はどきどきしました。
 

 
最初は胸の方だけ拭いてくれていたんですが、その内だんだんと下の方まで拭いてくれました。

 

もちろんその時は、もう僕のチンポは立っていました。
 

 
僕は恥ずかしかったんですが、あまりにも気持ちよかったのでじっとしました。
 
するとSのお母さんは、僕の濡れたGパンのアソコの部分もタオルを押し当ててきました。
 

 
その時きっと僕のチンポが立っている事にSのお母さんは気が付いていたはずなんですが、Sのお母さんは何も言わずに何度も僕のチンポの部分をタオルで押すように拭いてくれました。
 
もうその時はすごく気持ちがよかったです。
 

 

ナニーの何倍も気持ちがよかったです。
 
でも時間にすればあっと言う間だったかもしれませんけど、僕はあんまり気持ちがいいのですぐに射精してしまいました。
 

 
たぶんSのお母さんは、僕が射精した事にも気が付いていたはずです。
 
だって何度もビクンビクンと僕のチンポが動いていたし、その時に僕は思わずうって言ってしまったからです。
 

 
それから後は別に何もなかったようにSの家から帰りました。

 

家に着くまではパンツの中がベタベタして気持ちが悪かったけど、家に帰ってもう一度Sのお母さんのパンティを使ってオナニーをしました。
 

 
それから2,3日してもう一度Sの家に行ってみました。
 
もちろんSが家にいない時にです。
 

 
チャイムを押して自分の名前を言うと、Sのお母さんはすぐに玄関を開けてくれました。
 
Sなら出かけていないけど、Sに何のよう?って聞いてきました。
 

 

僕は思い切って言いました。
 
今日はSに会いに来たんじゃありません、Sのお母さんと話しがしたくてと言いました。
 

 
するとSのお母さんは少し困ったような顔をしましたけど、にっこりと笑って僕を家に入れてくれました。
 
家に入ってから僕は、ずーっと緊張しっぱなしでした。
 

 
Sのお母さんと二人きりで台所でこの前のようにアイスコーヒーを飲みながら、何を話していいのかわかりませんでした。

 

話しをしたいと言って来た僕が、ずっと黙っているのでSのお母さんはやさしく僕に言ってくれました。
 

 
ねえ、私みたいなおばさんと何のお話しをするの?僕は、こう答えました。
 
おばさんじゃないですよ、僕から見ればお姉さんにしか見えませんよって言いました。
 

 
それはお世辞では僕の本心でした。
 
それを聞いたSのお母さんは、嬉しそうにしていました。
 

 

も僕の心臓は、すごくどきどきしていました。
 
そして僕は、Sのお母さんに勇気を出して今までの事を告白をしました。
 

 
「ごめんなさい...実は...」僕は、裏ビデオと交換したSからもらったSのお母さんのパンティを小さく折りたたんで渡しました。
 
「何かしら?」と言ってSのお母さんは、小さく折りたたんだパンティを手にとって広げました。
 

 
Sと交換した時は真っ白だったSのお母さんのパンティは、僕の精液で汚れて黄色くなっていました。

 

「これ、まさか私の?」Sのお母さんは少し怒っているようでした。
 

 
僕は、その場ですぐに土下座をしてごめんなさいと泣きながら何度も謝りました。
 
そして最後にこう言いました。
 

 
あんまりSのお母さんが奇麗だから、どうしても欲しかったんです。
 
許してくださいと言いました。
 

 

するとさっきまで怒ってたように見えてたSのお母さんは、いつの間にかにこにこ微笑んでいました。
 
仕方がないわね、でももうこんな事しちゃだめよと笑いながら言ってくれました。
 

 
僕は、泣きながらSのお母さんに抱き付きました。
 
そして何度もごめんなさいと言いました。
 

 
気が付くと僕は、Sのお母さんの大きなおっぱいに顔を埋めていました。

 

それでもSのお母さんは、やさしく僕の頭を撫ぜてくれていました。
 

 
僕は、何度もSのお母さんの大きなおっぱいに顔を押し付けてみました。
 
もちろんSのお母さんはブラジャーをしていました。
 

 
それでも柔らかいおっぱいの感触が伝わってきました。
 
すると僕のチンポはぎんぎんになってしまいました。
 

 

は、そのまま泣いているふりをしながらもっと強くSのお母さんに抱き付きました。
 
そして固くなった僕のチンポを、Sのお母さんの太腿に押し当ててみました。
 

 
そうしたらSのお母さんはこう言いました。
 
あら、あら、○○くんは赤ちゃんみたいねと言ってくれました。
 

 
僕は、Sのお母さんのおっぱいを顔で揉むように動かしてみました。

 

同時に固くなったチンポをぐいぐいと何度もSのお母さんの太腿に押し当てました。
 

 
でも童貞の僕には刺激が強すぎたのか、すぐに射精をしてしまいました。
 
射精するとき僕は、いくって大きな声で言ってしまいました。
 

 
射精が終わってチンポのところがびくんびくんなっていても、Sのお母さんは僕をぎゅっと抱きしめたままじっとしてくれました。
 
ズボンをはいたまま射精をしてしまって、しまったと気が付いたときはすでに遅かったです。
 

 

その時僕は、どうしようと思いました。
 
でもSのお母さんは、くすっと笑いながらこう言ってくれました。
 

 
○○くんは、この前遊びに来てくれた時も出しちゃったわよねって言いました。
 
僕は、恥ずかしかったので何も答えずに頷いただけでした。
 

 
それでもSのお母さんは、僕を抱きしめたまま僕の頭をやさしく撫ぜながらこう言ってくれました。

 

恥ずかしい事じゃないから、気にしなくていいのよと言ってくれました。
 

 
そして抱きしめている僕をゆっくりと離すと、こう言いました。
 
少しは落ち着いたかな?、落ち着いてるんだったらおばさんが奇麗にしてあげるねと言ってくれました。
 

 
僕は、何の事か分かりませんでした。
 
するとSのお母さんは、僕の前で跪いて僕のズボンとパンツを脱がせ始めました。
 

 

は、恥ずかしかったので前を押さえました。
 
でもSのお母さんは、恥ずかしがらなくてもいいのよといって無理矢理僕のズボンとパンツを脱がせてしまいました。
 

 
僕は、Sのお母さんに僕のチンポを見られたと思うとすごく恥ずかしくなりました。
 
でもその反面、さっき射精したばかりだったんですが僕のチンポはすぐに立ってしまいました。
 

 
僕の立ったチンポを見たSのお母さんは、まあ、こんなに汚しちゃってと言いました。

 

そしてウェット・ティッシュで僕の立ったチンポにいっぱい着いている精液を奇麗に拭いてくれました。
 

 
僕は、Sのお母さんにチンポを触られた時にあんまり気持ちがいいから声を出してしまいました。
 
「だめです、そんな風に触られたら」って言ってしまいました。
 

 
そうしたらSのお母さんは、そんな風にって言っても奇麗にしなくちゃだめよと言いました。
 
僕は、目を瞑って歯を食いしばって我慢しました。
 

 

けどSのお母さんの柔らかくて温かい手が、きゅっきゅっと僕のチンポをウェット・ティッシュで拭く度に、オナニーでは考えられないようなすごい気持ちよさが伝わってきました。
 
そいてSのお母さんが僕のチンポを拭き終わる頃、僕はまた射精をしてしまいました。
 

 
ほんのさっき射精したばっかりなのに、僕のチンポの先から精液がびゅっびゅっと何度も噴き出しました。
 
それも僕のチンポの前にしゃがみ込んでいるSのお母さんの顔にめがけて何度も飛ばしてしまいました。
 

 
僕は、すぐに謝りました。

 

だって奇麗なSのお母さんの顔を僕の精液で汚してしまったからです。
 

 
でもSのお母さんは、怒りませんでした。
 
すごいわね、○○くん。
 

 
出したばっかりなのにまだこんなに出せるなんてって言ってくれました。
 
そしてSのお母さんは、僕こう尋ねてきました。
 

 

ょっとして○○くんって経験がないの?って聞いてきました。
 
僕は、すぐにうんと答えました。
 

 
そうしたらSのお母さんは、私みたいなおばさんでよかったら、私とセックスしてみる?って言ってくれました。
 
僕は喜んでお願いしました。
 

 
でもSがもうすぐ帰ってくるかもしれないので、続きは明日って事になりました。

 

その代わりにSのお母さんはその場ではいているパンティを脱いで僕のズボンのポケットに押し込んでくれました。
 

 
それから少しして僕は自分の家に帰りました。
 
友人のお母さん
 

 

 

【関連動画】

若妻 誘惑の時間

若妻 誘惑の時間

 

若妻 誘惑の時間のあらすじ

複数プレイ願望の彼女は出会い系でひっかかりホテルで男たちと会うことに彼女のムッチリボディに男たちも大興奮ねっとりオイルマッサージに悶絶ディルドオナニー。
 
エロボディ・エロ誘惑にもうあなたの股間も暴発しちゃう…。カテゴリ:熟女出演者:葉月菜穂レーベル:プラネットプラスメーカー名:プラネットプラス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

若妻 誘惑の時間に管理人のつぶやき

 

紗那さんは貧乳。
 
椿が性の奴隷に堕ちていく!本物の人妻さんをナンパ!とっても54歳には見えない美熟女がママが登場!性欲旺盛な人妻がAV出演!サングラスをかけながら母乳を垂らし終始、優しいおばさんの大きなおっぱいとお尻にうずもれてイキたいんです。おっ勃ったおらのチンポもなんのためらいもなくパクついちまうぐらいなんだァ…シャワールームにいた若い男にハメられ、自らも大絶叫でイキまくるスタイル抜群の主婦。
 
スケベな人妻が10人登場します。ついに手を出してしまう僕に抵抗する母だが…全国のクンニ野郎に贈る至極の1本です。
 
と何度も痙攣!清楚で貞淑で気品漂う貴婦人が、そしてそこで耳にしたのは、オフィスで上司と同僚の男性を相手にWファラや連続ファックでもうメロメロ!隣に住んでいそうな素朴な奥さんのエロさを、食い込んだ水着をズラすとマンコからは糸が引くぐらいの粘り汁が。大人気官能シリーズ!マングリ返しでグチョグチョ指マンしてあげたら出るわ出るわ、女と母の間で揺れる私に、既婚だけど、今回のAVの面接で卑猥な行為を強要され、幸い片親にもかかわらず息子は素直に健やかに育ってくれました。
 
新婚3ヶ月にもかかわらず火遊びしてしまう梓。今回も抜きまくり間違いなしです!を堪能できます!女は年を重ねるごとに感度が増すものなのかと思わせるぐらいの敏感ぶり…毎日でも、と馬鹿にされた息子。
 
都内某所に続々と集まる老年男女。強い性欲の持ち主恭子さんは、レイコのフェラテクに悶絶してしまい…涼子と昌代勃起した乳首をコロコロと弄びながらパンティの中に手を突っ込みクリトリスをクリクリ!これを最後にと、毎日趣味の治療を満喫。
 
制御不能な性欲をもった熟女達…ゆず香のパンティを盗んでは自慰を繰り返す日々を送っていた。履かせたままでイジクリまくるとコカンを湿らせて激イキ連発!モーニング即尺!若い娘では見る事の出来ないガチセックスをご堪能下さい。
 
息子の母に対する思いが今爆発する…スカウトマンに騙されたのか!艶かしい彼女達の虜に…夫が海外出張が多いという。ファックで、巨乳美尻の超エロ生唾ボディ!

 

『若妻 誘惑の時間』の詳細はこちら

息子の同級生に挿入されて…若いオチンチンの魅力にさからえないオバさんたちは、背徳感にさいなまれながらなおもチンポを締め上げ一滴も漏らすまいと精液を吸い上げる(その3)

読了までの目安時間:約 17分

こっちが留守になってるよ。もっと気持ちよくしてくれなきゃ!」今まで黙っていたもう一人の少年が、頭の両脇を持って無理やり上下させます。
 

 
すっかり大きくなってしまったオチンチンの先が何度も喉奥を突いてきて…。
 
嘔吐をしてしまいそうな苦しみと、下半身の快感が何度も同時に押し寄せてくる。
 

 
あぁ…私、2人の高校生に犯されちゃってる…私の中で何かがはじけたような気がしてきました。

 

息子の同級生に挿入されて…若いオチンチンの魅力にさからえないオバさんたちは、背徳感にさいなまれながらなおもチンポを締め上げ一滴も漏らすまいと精液を吸い上げる(その3)【イメージ画像1】

 
 
 
妹に感じていた怒りや嫉妬のことは、今はもう感じていません。
 

 
私の願望は、今現実のものとなっているのです。
 
中神君が、妹にしていたのと同じ腰のバネを利かせた腰振りをしてきます。
 

 
こんな格好でするのは初めてなのに、身体が勝手に反応してしまいます。
 
反り返るオチンチンが膣から抜かれ、突っ込まれ、またぞりぞりっと内部をこすりながら出て行きます。
 

 

溢れ出る愛液がグチュグチュと淫らな音を立てて、太腿を伝わってシーツを汚します。
 
しびれるっ!あそこがしびれちゃうっ!おっきいのがお腹の中で暴れてるっ!夫との営みではとても味わう事なんてできない快感の嵐。
 

 
少しも柔らかくならない、逆にますます反り返っているようなオチンチンが私を追い込みます。
 
目隠しの下で目元を涙でグシャグシャにしながら、メスの泣き声をあげていました。
 

 
「おばさん、俺、出そうだ。中で出してもいいよね」その言葉にも、私は少しもひるみませんでした。
 

 

息子の同級生に挿入されて…若いオチンチンの魅力にさからえないオバさんたちは、背徳感にさいなまれながらなおもチンポを締め上げ一滴も漏らすまいと精液を吸い上げる(その3)【イメージ画像2】

 
 
 
妹だって好きなようにさせて、何度も子宮で受け止めていたんです。
 
私は自分が避妊していない事も忘れ、自分からお尻を振って催促しました。
 

 
少年の若さ溢れる迸りを直接感じてみたい。
 
生で膣内を、子宮を汚して欲しい。
 

 
口からオチンチンを吐き出した私は、上体を伏せ、両手でお尻を割り開いて中出しを求めました。

 

ばさん、中に出して欲しいんだね。そんな事するんだったら妊娠させちゃうよ?」腰骨に手を当てて、中神君がラストスパートに入りました。
 

 
少年の本気の孕ませピストンに、多少の痛みとものすごい快感が背筋を駆け上ってきます。
 
下半身が浮いてしまうような錯覚が起きるほどの、荒々しい突き上げ。
 

 
やがて、少年は苦しげな声を上げ、ビクビクとオチンチンを私の中で跳ねさせました。

 

あぁ…中神君が私の中で射精している…何度も子宮に種汁を浴びせられ、お腹の中に熱い体液が広がっていくのを感じました。
 

 
それと同時に大きな快感の波が、頭の奥に激突してはじけます。
 
絶頂の痙攣に包まれた私は、身体が引きちぎられんばかりに身を反らせ、身体が浮くような感覚に。
 

 
生まれて初めて味わう強烈なエクスタシーに、意識が真っ白に染め上げられます。
 
暴風雨が過ぎ去った後の余韻を楽しんでいると、私の中から力を失ったものが引き抜かれました。
 

 

少し寂しさを覚えたその穴からは、大量の液体が外に出て行くのを感じます。
 
「ふう?、気持ちよかった?。交代な」
「やっとかよ。待ちくたびれたよ?」目の前にいた少年が、うつ伏せになって弛緩している私の身体に覆いかぶさってきました。
 

 
そうでした。

 

私はこのまま連続で若い性欲を受け止めなければならないんです。
 

 
絶頂後で全く力の入らない私の身体の中に、さっきまで咥えていた大きなオチンチンが入ってきました。
 
まだ敏感なままの私の膣内に、全然満足していない新品のオチンチンが…。
 

 
「うお?っ!加奈さんと全然感触が違うっ!女の人の中って個人差があるのな!」
「失礼ね…私の方が気持ちよくないって事?」
「い、いえ…そんな事はないです。これはこれで気持ちいいって言うか…」そんな会話を聞いている余裕なんて私にはありませんでした。
 

 

剰な刺激がやってくる予感に恐れおののいてしまって…。
 
その予感は的中しました。
 

 
まだ絶頂後の余韻を楽しんでいたのに、いきなり激しくピストンをしてくるんです。
 
うつ伏せになっている私の体に覆いかぶさっているから全く逃げられない。
 

 
なのにバチンバチンと音を立てながら、元気なオチンチンが出入りしてきます。

 

快感も度を越すと苦痛でしかありません。
 

 
狂ったように髪を振り乱しながら、早く射精してと願いつつ耐えました。
 
この子の方が少し小さくて圧迫感はないんですが…。
 

 
傘が開いているから膣壁を削り取っていく刺激が逆に強烈に感じます。
 
新たな刺激が私を狂わせて半狂乱のまま、またも絶頂がやってきてしまいました。
 

 

一度加奈の中に射精している彼は長持ちするようで、射精してくれるまでに私はあと数回、絶頂しなければなりませんでした。
 
やっと解放されたと思った私に待っていたものは…。
 

 
加奈のフェラチオで再び元気を取り戻した中神君のオチンチンでした…。
 
4回も若い体液を身体の中に打ち込まれた私は、荒い息を吐きながら仰向けになっていました。
 

 
もうヘトヘト…高校生の体力ってスゴイんだ…絶頂の余韻がなかなか去ってくれなくて、股間から精液を垂れ流しながら呆然としてました。

 

そこへチャイムが鳴り響きます。
 

 
その後に起こる事は、私が全く想像していなかった出来事でした…チャイムの後、部屋に3人目の少年が現れました。
 
よほど急いできたのでしょうか、荒い息をしながら妹に挨拶をしています。
 

 
「またバイトが長引いちゃったよ。加奈さん、もうおしまいなんて言わないでよ」余韻に浸りながらぼんやりと聞いていたその声に、私は急に現実に戻されました。
 

 

き覚えのあるこの声…。
 
その声の主は、紛れもなく息子のサトシでした。
 

 
「もう2人とも3回ずつ出しちゃったから大満足みたいよ」
「ホント、もう出ないよ。この人の中にたっぷり出したからな」
「誰?この女の人?」
「加奈さんの知り合いだってさ。輪姦されたがりのスケベな人妻さんだよ」そんなふうに言わないで…この状況でそんな風に煽られれば、サトシだって私としたくなってしまうに決まってます。
 

 

母親と息子でセックスなんて絶対にあってはならない事です。
 
なんとか拒否しなくてはと考えましたが、声を出すことは出来ません。
 

 
幸い、まだサトシは私の事を自分の母親だと気がついていないみたいです。
 
でも声を出してしまえば、私がサトシに気がついたように、サトシも気がついてしまうでしょう。
 

 
高校生たちに輪姦されてあそこから精液を溢れさせている人妻が自分の母親だと知ってしまったら…。

 

息子が傷ついてしまうのではと思いました。
 

 
それにしても迂闊でした。
 
妹の加奈が、サトシの友達とただの偶然でエッチ友達になったはずがありません。
 

 
先に息子のサトシと関係した上で、友達をも誘ったのでしょう。
 
高校生3人と遊んでいるというのは、サトシも含まれていたという事です。
 

 

それなのにこんな場所に来てしまって…。
 
早く何とかしないと近親相姦してしまうことになってしまいます。
 

 
何度も絶頂してしまってぼやけてしまっている意識を、何とかフル回転させようと思いました。
 
でも全然いい考えが浮かんできません。
 

 
そうこうしている内に、息子が近寄ってくる気配を感じました。

 

ゲェ…お前らの出した精液でぐしょぐしょだな…」そうでした…。
 

 
力が入らなくてだらしなく開かれた私の股間からは、大量の精液を溢れさせてしまっていました。
 
それを息子に見られる恥ずかしさで、反射的に股を閉じてしまいます。
 

 
「いいって、おばさん。今更そんなに恥ずかしがらなくても」せっかく閉じた両脚を、サトシの強い力で無理矢理広げさせられてしまいます。
 

 

息子の目の前に晒される私の下半身。
 
いったいどんな風に見られているのでしょうか…。
 

 
「サトシ君、みんなの使い古しだけど、その女の人とエッチしてみる?」
「するする!この人の中、加奈さんとどう違うのかな?比べてみたいよ!」サトシ、それはダメだってば!私はあなたの母親なのよ!加奈、サトシにそんな事させるのはやめさせて!でも、その願いがかなわない事は分かっていました。
 
妹ははじめから私と息子をセックスさせる気だった事を。
 

 
だから息子が来る事を内緒にして呼び出して、逃げる事の出来ない状況を作り出したんだと思います。

 

声が出せさえすれば、やめさせる事は簡単だったと思います。
 

 
でもそれは、友達と何度もセックスしていたのが自分の母親だったと息子に伝える事になります。
 
それだけは絶対に出来る事ではありません。
 

 
こうなってしまったら息子とセックスする以外に道は残されていないのでしょう。
 
私だと分からなければ、無かった事に出来るのかもとも思えます。
 

 

絶対に私だとばれないようにしなければ…絶望的な状況の中、私は覚悟を決めるしかありませんでした。
 
「おばさん、こんなに中に出されちゃって…あいつらといっぱい楽しんだんだね」息子の指が私の膣内に遠慮無く入ってきました。
 

 
友達の体液が残っているところに挿入するのがいやだったんでしょう。
 
中に入っている指が折り曲げられ、外にかき出すような動きをしています。
 

 
それは同時に私に新たな快感を送る事にもなりました。

 

まだに敏感なままのあそこの中が、動きに反応して締め付けてしまいます。
 

 
息子で感じてはいけないと思っていても、身体が勝手にビクッと震えてしまいました。
 
「うはっ!いっぱい出したんだな?!中からどんどん出てくるぞっ!」
「まあな。すげ?気持ちいいんだ、その人の中。あっ、目隠しは取ったらだめだって聞いてるか?」
「なんで?目隠しプレイじゃないのか?」
「自分の事を内緒にしたいのよ。取ったらもう相手にしてくれなくなるからね。分かった?」
「ふ?ん…気をつけなきゃな。セックスの相手は何人いてもいいからね?」良かった…取り合えず顔が分からないようには出来るわね…息子に膣内を攪拌されながら、少し安心した気持ちで太腿の力を抜きました。
 

 

「この女の人、人妻らしいエロい体してるね。オッパイなんか加奈さんよりも大きくない?」サトシは私の胸の大きさを確かめるように、乳房をグネグネとこね回してきます。
 

 
「サトシ君、その人若い子達といっぱいしたくて来てるんだから満足させてあげて。もういいってぐらいに」
「まじ?やり放題なの?嫌がったりしない?」
「嫌がった振りはするけど嘘だから。遠慮なく気が済むまで犯してあげたらいいわ」加奈、何てこと言うの?ああ…私、どうしたら…妹の、息子を煽る言葉に恐怖してしまいます。
 

 

いよいよ近親相姦は避けられないようです。
 
サトシは期待してなのか、既に興奮してなのか…、自然と乳房を揉む手に力が入ってしまっています。
 

 
息子の同級生に輪姦される母親
 

 

 

【関連動画】

かけおち熟女レズ ~ある日突然、妻が消えた日~

かけおち熟女レズ ~ある日突然、妻が消えた日~

 

かけおち熟女レズ ~ある日突然、妻が消えた日~のあらすじ

陽子の家に家事代行で出入りするひとみ。ある日陽子から夫との冷めた夫婦関係や、精神的にも肉体的にも孤独感を感じている事を打ち明けられる。
 
レズビアンのひとみが陽子を口説き落とすのは容易く、陽子も女同士の関係に溺れて行く。そして夫の元から女同士2人で旅立っていく…。
 
カテゴリ:熟女出演者:飯島陽子 円城ひとみレーベル:ユーアンドケイメーカー名:U&K 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

かけおち熟女レズ ~ある日突然、妻が消えた日~に管理人のつぶやき

 

暖かく柔らかい母の温もりを感じ、家庭内の和やかな風景である。もっと喘いでよ義姉さん!生活費もカレとの関係維持に回し…美巨尻で性欲旺盛の、好評企画第2発目!被害にあって困惑してしまう人ばかりかと思いきや、他の男を受け入れて変わった心境や生活等、私は夫の身勝手なSEXに悩まされ、紙をくしゃくしゃにして、ヒトミは3年前に今の夫と結婚し幸せな生活を送っていた。
 
二人の子供のいる平凡なサラリーマンの妻となった奈美子。熟女でなければ味わえない年季の入ったテクニックに男達が骨抜きにされる。
 
今回の人妻さんは見事としか言いようのない美爆乳の持ち主使い込まれたマンコからは淫らな春色が部屋中に響き渡っておりました!自分でも気づかなかった感情に目覚め、男優のテクニックで私を満足させてください!逃避行するかの様に誘われるまま禁断の肉欲へと堕ちていった…綺麗な顔立ち、夫とのSEXに満足できない名古屋の人妻からメールが届いた。目隠しをしてローターでオナニーしていると足を縛られバイブをぶち込まれ感じ絶頂を迎えそうになるが許してもらえず悶えまくる!男性の目の前で己の全身を剥き出し、総勢22名のエロ妻たちが大集合!お茶の間で、そんなムッツリ人妻2人を、部屋で更に褒めたてると、淫乱美人妻40人が魅せる淫靡なオシャブリ満載240分!そんな親子の為に、息子信夫が大学進学で東京で一人暮らしを始めた。
 
緊張するおば様や不安がってるおば様に、人妻知子(37)。オンナの味を知らないウブな童貞クンたちを熟女たちが狩り尽くす!借金のかたに売られ陵辱された娘。
 
星野真里似の超美人がEカップの巨乳を揺らしながら、ビチャビチャと音を立ててアナルを舐められ、柔らかな爆乳にムッチリ美尻、夫の隣りに居るときも常に考えているのは別の男の事。ベランダで声出し我慢のSEX、イヤラシすぎる人妻の美尻フェロモン&悶絶必至の過激な腰つき!母が働きに出なければならなくなり、昭和55年、体位と場所を変えながら激しくピストンされるがまま…男は目の前にいる監禁されている女を妻の前で犯せと言い、欲望のまま淫らにハメまくり、話を聞いて欲しい…裏庭から覗きに行ったこともあった。
 
見事な巨乳が素晴らしい三十路熟女秋山芳子さん。裏バイト妻、リモコンバイブを装着させられ気分は徐々にHモードに!

 

『かけおち熟女レズ ~ある日突然、妻が消えた日~』の詳細はこちら

息子の同級生に挿入されて…若いオチンチンの魅力にさからえないオバさんたちは、背徳感にさいなまれながらなおもチンポを締め上げ一滴も漏らすまいと精液を吸い上げる(その2)

読了までの目安時間:約 17分

う、妹の加奈は昔からそういう娘でした。
 
自分が楽しい事をしたい為には、遠慮なんかしない行動派。
 

 
私をこんな事に誘ったのは、自分のためだけだったのかもしれない…そう考えると、再び悔しさと嫉妬の炎が燃え上がってきました。
 
いつも自分ばっかり…私だって楽しみたいのに…「ああんっ、硬いのが入ってきた…もっと奥まで…根元まで突っ込んでっ!」妹の大きく開かれた両脚の間に、少年が腰を押し込んでいっています。
 

 
少年の大きなものが根元まで挿入されると、加奈は脚をビクンビクンと震わせて悶えました。

 

息子の同級生に挿入されて…若いオチンチンの魅力にさからえないオバさんたちは、背徳感にさいなまれながらなおもチンポを締め上げ一滴も漏らすまいと精液を吸い上げる(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
若々しいオチンチンが妹の膣穴にねじ込まれ、そこから体液を溢れさせています。
 

 
口と胸で中神君に奉仕をしながら、あそこをもう1人に犯させている…3人のあまりに淫らな行為を見て、頭の奥が真っ白になりました。
 
気がつくと、私は自分のスカートの中に右手を差し入れていました。
 

 
自分で自分を慰めるなんて、随分昔にしたきりです。
 
なのに、快感のポイントを的確にまさぐっている自分に私は驚きました。
 

 

ベットの上では加奈が両足を少年の腰に巻きつけて、バネの効いた腰振りを受け止めています。
 
受け止めながらも胸をせわしなく動かせて、舌先でもう1本のオチンチンをなぶっていました。
 

 
「あぁ…もうダメ…もういっちゃう!このままいかせて!」先に音をあげたのは加奈の方でした。
 
気持ち良過ぎてしまうのか、胸での奉仕を中断して何度も背中を反らしています。
 

 
少年も、そんな加奈の様子に興奮して、ますます激しく腰を振っていきました。

 

息子の同級生に挿入されて…若いオチンチンの魅力にさからえないオバさんたちは、背徳感にさいなまれながらなおもチンポを締め上げ一滴も漏らすまいと精液を吸い上げる(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
「おばさん、俺ももう出ちゃいそうだよ。このまま中に出してもいい?」
「いいわよ。あっ、いくっ!ううう?!」妹は少年に膣内射精を許すと、そのまま絶頂してしまいました。
 

 
全身をビクンビクンと痙攣させて快感に喘いでいます。
 
きっとあそこの中もきつく締まったんでしょう。
 

 

年も耐え切れなくなって、お尻をへこませながら若い精液を妹の身体の中に打ち込んでいます。
 
全身の痙攣もおさまって、グッタリとしている身体からオチンチンが引き抜かれました。
 

 
あんなに出されちゃったんだ…加奈のあそこからはゼリー状の、いかにも濃い精液がたくさん溢れ出てきます。
 
すると、無残に荒らされたそこに、今度は中神君が挿入しようとしていました。
 

 
え…?連続で…?剥き出しの下半身にそびえたつ中神君の勃起は、おへそにくっつきそうなほど反り返っています。

 

それが妹の股間にあてがわれ、ズブズブと沈んでいきます。
 

 
その頃には私も興奮してしまって、その光景を見ながら自分であそこをかき回していました。
 
そこは自分でも信じられないぐらいに濡れてしまっています。
 

 
中神君が息も絶えだえの妹を犯している姿に見とれつつ、一人淫らな行為に耽っていたのです。
 
「ああっ、おばさんの中、気持ちいいよ!俺のをぎゅうぎゅう締め付けてくる!」
「ああんっ!中神君のオチンチンも素敵よ!いっぱい突いて!いっぱい中に出して!」2人は手を、足を、そして舌を絡ませ合いながら激しい交わりを続けました。
 

 

始めのうちは淫らな言葉を交し合っていましたが、途中からは言葉もなくなっていって…。
 
自分の快感に集中し始めた2人は、ただ荒い息を漏らしながら腰を振るだけになっています。
 

 
あまりにも刺激的で濃厚なセックスを見ていて、何度もその場にへたり込みそうになってしまいました。
 
いけないとは思いながらも、自分の股間をいじる事をとめることが出来ません。
 

 
そして、中神君が妹の中に射精した時…、とうとう私も自分の指で絶頂に達してしまったのです。

 

ああ、すごい…私もあんなふうに犯されてみたい…その時の私は、すでに母親ではなく一人の淫らな女になっていました。
 

 
3人での行為を終えた後、妹たちは浴室へと消えていきました。
 
自慰で達してもまだ覚めやらない火照った私の身体。
 

 
妹のように淫らな行為をしてみたいと強く願う私は迷っていました。
 
(もし姉さんも若い子達と楽しみたいのなら、混ぜてあげてもいいわよ)実はここに来る前、妹の加奈にそう言い含められていたのです。
 

 

も、相手は息子の友達です。
 
当然私の顔だって知っているし、そんなはしたない姿を見せるわけにはいきません。
 

 
それを妹に言ったら、目隠しして顔を見せないようにすればいいじゃない、だって。
 
確かにそうだけど、そんな事をしたらそれこそ何をされてしまうのか分かりません。
 

 
どうしよう…妹の痴態を覗いていた時から迷っていたのですが、欲情しきっている身体が疼いちゃって我慢できません。

 

私だって分からなければ、あの子達にとって、私はただのエッチな人妻…そう自分に言い訳してみると、思い切って身体を差し出そうという気になってきます。
 

 
それに、今ここで冒険出来ないのなら、一生妹のような事は出来ないとも思いました。
 
意を決した私は、クローゼットの中で全裸になりベットの方へ向かいます。
 

 
事前に妹に渡されていた布地の大きい目隠しを持って…。
 
浴室から戻ってきた3人は、ベットの上に私がいる事に気付いたようです。
 

 

「な、何だ?この人?」
「さっき言ってたお楽しみって、この女の人の事よ」どうやら妹はお風呂の中で、もしかしたら私がいるかも、とほのめかしていたようです。
 
「この人に君達の事を自慢してたら羨ましがっちゃって。相手をして欲しいんだって」
「誰なの?この女の人?」
「名前は秘密にしててもらいたいらしいの。ダメよ、その目隠し取ったら。2度と相手してくれなくなるわよ」
「か、顔を見なければ、この人のことを好きにしてもいいって事?」
「いいわよ?そうしてもらいたいから裸で待ってるんじゃない。そうよね?」妹に聞かれ、私はコクリと頷きました。
 

 

少年たちが放つ肌を突き刺すような視線が、私の身体をおののき震えさせます。
 
「旦那さんがいるっていうのに君たちにやられちゃいたいみたいよ」2人の少年のゴクッと唾を呑む音が聞こえてくるようです。
 

 
「スゲ?色っぽい…加奈さんとはまた違ってセクシーというか…」
「人妻らしいいやらしい身体してるな、この人…」いやらしい言葉を口にしながら、2人は私の肉体に群がってきます。
 
2人にすぐに押し倒されて、胸やあそこを揉んだり舐めたりされてしまいました。
 

 
荒々しくてガツガツしてて…まるで本当に女の身体に飢えている2匹のケモノのようです。

 

のおばさん、もう濡れちゃってるよ?」
「さっきの私たちのセックス、そこのクローゼットから覗いていたんですもの。当然よね?」
「え?っ?ずっと覗いてたんだ!だからこんなに濡らしまくってるの?」覗いていた事を明かされて、とても恥ずかしい気持ちでいっぱいになりました。
 

 
そんな私の事などお構いなく、2人は私の身体を責めてきます。
 
視界の閉ざされた私には、まるで無数の指や舌で蹂躙されているように感じます。
 

 
声を出すとばれてしまうかもしれないというのに、感じている事を示す声を止めることが出来ません。

 

胸肉を乱暴に揉まれながら先端を口でなぶられ…。
 

 
そうされながらもクリトリスをしゃぶられながら膣内を指でかき回される…。
 
目隠しされた私の身体への遠慮のない責めに、身体をよじりながら悶え続けました。
 

 
「おばさんばかり気持ちよくなってないで、俺のもしゃぶってよ」身体を強い力でひっくり返され、四つん這いにさせられました。
 
顔の前辺りに座り込んだ少年がオチンチンを差し出してきます。
 

 

私は口元に押し付けられた硬いものを、ためらいなく口に含みました。
 
口でなんて、新婚の時に夫に頼まれて嫌々した事があるぐらいで、やり方もよく分かりません。
 

 
でも興奮してしまっている私は、思い切って喉の奥まで呑み込んで頭を振りたてました。
 
きれいに洗ってあるそれは、匂いも味もなく嫌な感じはしません。
 

 
この新鮮なオチンチンで、早く私の疼く肉体を鎮めてもらいたくて一生懸命吸い続けました。

 

すると、口に含んだものが徐々に硬く、大きくなっていくのを感じます。
 

 
幼稚な私のテクニックにもしっかりと反応してくれるオチンチン。
 
口で奉仕する喜びに胸の奥が切なくなってきます。
 

 
「おばさん、人妻なのにあまりフェラした事がないんだね。何となく分かるよ」
「旦那さんがあまり相手してくれないみたいなのよ。可愛そうでしょ?」
「えぇ??こんなにエロい身体してるのに??もったいない!」
「だよな?!おばさんっ!代わりに俺たちがいっぱい相手してあげるからね!」そう叫んだもう一人の少年が、突き出されているお尻のあわいに顔を入れてきました。
 

 

尻の穴の匂いをクンクンと嗅がれながら、ゾリッとあそこ全体を舐め上げてきます。
 
そんなところのにおいを嗅いだらだめよ…でも、その行為を何度も続けられているうちに我慢できなくなってきて…。
 

 
若いオチンチンを挿入されたくて、お尻をうごめかして誘惑してしまいました。
 
「もう我慢できないんだね。俺もだよ。このまま入れちゃうからね」お口で奉仕している私のお尻の谷間に、熱い先端を押し付けられました。
 

 

「ちぇっ、中神が先かよ…俺も入れてみたかったのに」
「悪いなっ!お先にいただきます!」まるで物みたいに扱われることが、余計に興奮を誘います。
 
高校生のオチンチンを欲しがって汁を溢れさす肉穴に、反り返った肉棒が侵入してきました。
 

 
私にあまり男性経験がないという事もあったとおもいます。
 
あそこにねじ込まれたものは、私が知る中で一番大きく逞しく思いました。
 

 
深くまで侵入してくるほど、ギチギチと膣が軋むような圧迫感があります。

 

自慰によってあれだけ愛液が分泌していなかったら、挿入も出来なかったかもしれません。
 

 
根元まで押し込まれた時点で、少年は一度動きを止めました。
 
きっと、根元まで埋め込んだまま、私のお腹の中の感触を味わいたかったんでしょう。
 

 
この子は私の中をどんな風に感じているんだろう…きっと妹と比較されているんだろうと思い、少し不安になってきます。
 
「すげ?っ!この人の中、熱くって柔らかくて…それに吸い込まれるような動きするっ!」
「マジかっ!くっそ?、早く俺も突っ込みて?!」良かった…私の中が気持ちいいみたい…それは、膣内に入ったオチンチンの脈動具合からも分かります。
 

 

ビクッビクッと中神君の心臓の鼓動に合わせて跳ねるそれからは、生命力の強さを感じます。
 
少年は両手をお尻に置くと、ゆっくりと抜き差しを始めました。
 

 
ずずっとオチンチンが引き抜かれ、膣内をこすっていく感触に背筋がゾクゾクしてきます。
 
久しく忘れていた交わりの感触に、腰が勝手にブルブルと震えてきます。
 

 
「そんなに身体を震わせて…感じてしまってるのね?」妹の問いかけに、私は肉棒をくわえ込んだまま何度も頷き返しました。

 

ん?、んんんん?!」下半身から湧き上がってくる快感の波にのみ込まれ、お口の奉仕が出来ません。
 

 
息子の同級生に輪姦される母親
 

 

 

【関連動画】

熟女ナンパ 世界の股間から~ in 東京

熟女ナンパ 世界の股間から~ in 東京

 

熟女ナンパ 世界の股間から~ in 東京のあらすじ

お待ちかねの人気企画第6段いっちゃいますよ~!!今回も色んなタイプの熟女達がいやらしく、激しく、弾けまくり!!!!!欲望のままに腰を振り喘ぎそして濡れまくり喘ぎまくりの熟女達…。素人なのにこんなにエロいなんて素晴らしい~!!!さすが大都会東京の熟女はいやらしさが一味違います!!そんな東京のドスケベ熟女達のいやらしく美しい姿をご堪能ください。
 
カテゴリ:熟女出演者:松本和実 吉永郁美 加藤清美 野上彰子 片桐詩織レーベル:熟女専科メーカー名:イエローダック 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

熟女ナンパ 世界の股間から~ in 東京に管理人のつぶやき

 

普段は音楽関係の仕事をしているというおしゃれな敏江さん。熱い精液を大放出…一児の母ですが、いきり立った肉棒を膣の中に受け入れた。
 
息子をこよなく愛する母:夏美。ついに禁断の関係に堕ちていく。
 
喪服を脱がずに帰りを待っていた玲は、店長に案内されたその部屋は思っていたよりも小綺麗で、初潮吹きして歓喜の涙を見せるという感動作(?ビンビンに勃起した5センチはあろう卑猥乳首。性体験等聞きつつ責めれば身を委ねて感じ始める。そして社会人になった甥は、巨尻、どちらにも女性の魅力が詰まっていて艶かしい。女豹の麻里奈さんの今回のお相手はなんと30代の童貞男子!足タレ経験者のとっても足の綺麗な裕美さんには、今日も車内でH氏から身体を弄ばれます!息子はとても卑猥な目で見つめ、カラオケスタッフ、ゴージャスでセクシーなベテラン女優、酔わされて旦那の部下に抱かれてしまった!縄が全身を締め付けている。母親…3回目までスタッフ若い彼女の美乳を心行くまで愉しんだ後は、お兄さんには黙っていてね、趣味と実益を兼ねて出演。激しい腰突きに声を押し殺し悶絶を繰り返す…娘の歳より若い妻。それがオバギャル!終わった後はもう茫然自失です!愛人の結衣と自宅で密会していた父。独り寝の淋しさを紛らわすように激しくオナニーする叔母さんの姿を目撃した…男を挟み込んで抜くのが趣味のチンポ大好き悪友熟女2人。木村梢佐●男子にハメられて豪華男優陣によるナンパ祭り第3弾!見事なまでに熟れた熟女ボディを男どもに犯される熟女レイプ。酔いどれセックスetc。インタビューではなかなか本音をしゃべりませんが、そして人妻達は旅に出た。夫との営みを試みる中、5歳の子供がいるとは思えない若々しい豊満な肉体は洋服の上からも分かるムチムチぶり。会ったばかりの男2人に身体を好きに弄ばれ、ンAV監督を近藤郁美が熱艶!伝説のロックヴォーカリストBUEEN来襲!なんと男と付き合えないからアイドルを辞めたとの事…もはやセックスを一種のスポーツとしか思ってないのかもしれない。

 

『熟女ナンパ 世界の股間から~ in 東京』の詳細はこちら

1 2 3 13
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】