告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

スイミングスクールに通う若妻はインストラクターのデカチンにイキまくって失神しちゃうw

読了までの目安時間:約 15分

スイミングスクールに通う若妻はインストラクターのデカチンにイキまくって失神しちゃうw【イメージ画像1】

外のスイミングクラブでバイトしてたことがある。
といっても、プロでも体育会水泳部でもない俺は、インストラクターじゃなくて裏方。
 

窓口事務とか施設の掃除とか道具の出し入れとか、言ってしまえば雑用係だった。

 

ちのクラブ、競技会に出るような本格的な奴もいたが、日中は基本的に年寄りと主婦、それから妊婦とか乳幼児向けの教室が中心。
 

夕方になると学校帰りの餓鬼、夜は会社帰りの勤め人が多かったな。
施設自体は朝から深夜まで開いてて、裏方バイトは基本的に2交代制。
 

 

スイミングスクールに通う若妻はインストラクターのデカチンにイキまくって失神しちゃうw【イメージ画像2】

時学生だった俺は、夕方から深夜の時間帯に入ることが多かった。
直前に大学の授業がない日は早めにクラブに行って、仕事の引き継ぎ時間まで筋トレのマシンで遊んだり、倉庫で昼寝したりしてた。
 

俺が愛用してた昼寝スポットが第2倉庫だ。

 

椅子とか大型のマットとか普段使わない器材が収納されてて、それなりに広い。
 

月1回の記録会とか行事の前じゃないと人が出入りしないから静か。
室温も一定だし、湿気が多いのと少し塩素臭いのを我慢すれば昼寝には最適だった。
 

 

の日も俺は少し早めに来て、第2倉庫で寝てた。
記録掲示ボードをパーテーション代わりに並べて部屋の奥にスペースを作り、大型マットを何枚か積み上げてベッド代わりにして、俺なりに快適空間を創出。
 

いい気分でまどろんでたら倉庫のドアが開いた。

 

…?」寝ぼけ眼で顔を上げたが、パーテーションが邪魔で見えない。
 

「大丈夫ですか?すぐにマット敷きますから」インストラクターの安倍さんの声だった。
安倍さんは学生時代に国体で上位入賞の経験もある有力選手だったが、ケガで一線を退いてインストラクターに転向した。
 

 

0代半ばくらいで、バレーボールの中垣内の現役時代みたいな「イケメン爽やか系スポーツマン」の典型。
主婦層を中心に生徒の人気も高かった。
 

「すいません。迷惑かけちゃって…」女の声だ。
 

 

床のマットで伸び上がり、掲示ボード越しに覗き込むと、安倍さんの受け持ちクラスに通ってる生徒さんだった。
名前は覚えてなかったが、ちょっと目立つ人だから顔は知ってる。
 

「上戸彩の10年後」って雰囲気の、感じの良い美人さんだ。

 

の生徒さん…仮に「彩さん」と呼ぶが、推定30代前半。
 

平日昼間のコースってことは主婦だと思う。
そういや俺が窓口応対した時、「うちの子が…」とか話してた気もするな。
 

 

ちのクラブじゃ水泳中はスポーツ用メークも遠慮してもらってるんだが、基本スッピンであれだけ整った顔立ちってことは、地が美形なんだろう。
その彩さん、肩を借りて部屋に入ると、安倍さんが敷いたマットに腰を下ろした。
 

どうやら水泳中に足がつったらしい。

 

れって痛いんだよね。
 

安倍さんは手慣れた感じで足首を固定するとマッサージを始める。
倉庫にはゴチャゴチャと物が置いてあるから、パーテーション越しに覗き込む俺に2人とも気付いてないらしい。
 

 

ばしますよ。痛かったら言ってくださいね」
「はい…あつっ…!」白い肌に淡いブルーの競泳用水着がよく似合う彩さんは、中肉中背だがメリハリがあって、なかなかのスタイル。
 

長く伸びた足は程よいムッチリ感で、熟女趣味じゃない俺も思わず見入ってしまった。

 

さんは仰向けになって上体を起こし、脚を投げ出すような姿勢。
 

その脚の上に安倍さんが腰を下ろして、柔らかそうな肉をリズミカルに揉んでいく。
スネとふくらはぎ、膝の周辺から太股へ。
 

 

股…というか内股はやけに念入りだな。
『へぇ、あれも役得かぁ』なんて思いながら息を潜めて眺めてたんだが、何となく変な雰囲気になってきたのに気が付いた。
 

「脚の付け根がパンパンに張ってますね。力を抜いてください」安倍さんは優しく声を掛けると、太股の最上部…水着の股の部分を両手で押さえるように揉み始めた。
 

 

い…」心なしか上ずった声の彩さん。
白い肌が紅潮してきた。
 

それにしても、俺の角度から見たら太股を揉む安倍さんの人差し指、水着越しに彩さんの微妙な部分に当たってるような…。

 

肉を絞り上げるようにしながら、股間に触れた人差し指がクイクイッと動いてるし。
 

そのたび彩さんは顔を背けて耐えてる風だが、嫌がってるわけじゃなさそうだ。
ここで『ども~っ』とか言いながら出ていったら…なんて野暮はしない。
 

 

屋の奥で俺が息を殺して見てるとも知らないで、安倍さんは反対側の脚に乗り換えると同じようにマッサージを始める。
今度は体の陰になってよく見えないが、手が太股の部分に来ると、やっぱり彩さんは頬を赤らめて大きく息を吐いてた。
 

「じゃあ、簡単なストレッチしますね。横になって」
「あ、はい…」マットに仰向けに横たわった彩さんが片足を折り曲げ、それを抱え込むように安倍さんが体重をかける。
 

 

ばして曲げてと何度か繰り返すうち、彩さんがモジモジしてるのが分かった。
何してんだ?ここからじゃ安倍さんの体が邪魔で見えない。
 

安倍さんて身長が185センチくらいあるし、今もガチガチに鍛えてるから肩幅も半端なく広いんだよな。

 

対側の脚のストレッチになって、ようやく見えた。
 

彩さんの脚を抱えて体重をかけながら、安倍さんの手は彼女の股間にフィット。
「はい、息を吐いて…」なんて言いながら、水着越しに股間を愛撫してた。
 

 

指、人差し指、中指の3本で摘むような押し込むような感じで揉むと、彩さんは言われた通り(?)に「ああ…はぁ~ん」と甘い息を吐く。
「じゃあ、今度は足を伸ばしてストレッチいきます」彩さんは仰向けのまま、安倍さんは彼女の伸ばした足を抱えるように開脚ストレッチ。
 

さすが女は体が柔らかい。

 

だと裏腿の筋が3本くらい切れそう(笑)。
 

安倍さんが軽く体重をかけると、彩さんが顔を小さく左右に振って「ああぁぁ…」。
ん??と思ったら、これも反対側の脚に移った時に事情が分かった。
 

 

倍さん、体重をかけながら体を支える振りして、仰向けになった彩さんの胸にごく自然に(?)手を置くと、指の横腹で水着越しに乳首のあたりを擦るように刺激してた。
広げた股間はといえば、安倍さんが自分の下腹部を押し当てて微妙にグラインド。
 

そのたび彩さんの口から切なげな声が漏れる。

 

倍さんも競泳用水着だったが、ブーメランの前ははち切れそうに膨らんでた。
 

水着越しにも分かる膨らみで股間を擦られた彩さんは、快感と興奮で恍惚の表情。
体勢だけなら松葉崩しか何かでハメてるように見える。
 

 

女趣味はないと言った俺も、この光景にはさすがに勃起したわ。
「仕上げに上半身もマッサージしましょう」彩さんをマットに座らせると、安倍さんが背後に回って肩や腕を揉み始めた。
 

彩さんはまだ息が荒くて、頬も紅潮してる。

 

通にマッサージしたり腕を後ろに回してストレッチしたりしながら、安倍さんは硬くなった自分の股間を彩さんの背中や肩に押し付ける。
 

彩さんは嫌がる素振りもなく、うっとりした表情だ。
「水着、邪魔だから肩だけ外しましょうか」
「え…でも…」彩さんがチラリとドアの方に目をやる。
 

 

倍さんは小さく頷くとドアの内鍵をかけた。
これで完全に密室…というか俺がいたけどな。
 

安倍さんは水着の肩ストラップに手をかけると、手早く彩さんの腕を抜く。

 

肩むき出しの彩さんは、恥ずかしそうに下を向いたままだ。
 

安倍さんは慣れた手つきで腕を揉み上げながら、もう一方の手を彩さんの胸元に。
最初は水着越しに全体を撫でたり乳首のあたりをクリクリしたりしてたが、やがて指先を水着に差し込み、そのままペロリと上半身の布地をめくり下げた。
 

 

まりに自然なんで、覗いてる俺も「えっ?」って感じだったな。
彩さんも「キャッ」なんて言いながら、水着を直そうともしなかったし。
 

上半身裸でマッサージ(というか愛撫)に身を委ねる彩さん、競泳用水着越しにも大きめと分かる胸だったが、実際の生乳も迫力十分だ。

 

きさはDかEだと思うが、いい感じの熟れ具合というか、丸くて柔らかそうなオッパイの先端で微妙な色合いの乳首がツンと上を向いてる。
 

安倍さんが背後から乳房を揉みながら乳首を指先で摘んで刺激すると、彩さんも完全にその気になったらしく「ああ…あああぁ」と声にならない声を漏らす。
安倍さんの水着の腹の部分からは黒くて長い棒がニョッキリと顔を出してた。
 

 

さんは手探りで勃起を握ると、くるりと向き直ってブーメラン水着をずり下げ、テカテカ黒光りする亀頭をゆっくり口に含んだ。
安倍さんのチンコ、何というか…立派だったな。
 

長さ自体は20センチに足りないくらいだと思うが、太くて人並み外れたカリ高。

 

かも角度が凄いし。
 

彩さんもデカい亀頭を咥えるのが精一杯って感じだ。
根元にぶら下がってる玉袋もずっしり重量感がありそうだった。
 

 

倍さんは再び彩さんをマットに横たえると、手早く水着を引き下げ、サポーターと一緒に脚から抜いた。
彩さんの体のライン、全裸でもきれいというかエロかった。
 

シモの毛は手入れしてるのか、中央部分に行儀良く生えそろってる。

 

ット上で抱き合って濃厚なキスを交わす全裸の2人。
 

さっきまで受け身だった彩さんの方が、積極的に舌を絡めてる感じだ。
安倍さんはプリンのようにフルフル揺れるオッパイを味わいながら、彩さんの股間に指を這わせる。
 

 

や…ああん」と悶えながら、自分から股間を指に押し付ける彩さん。
指を出し入れすると、ピチャピチャとエロい音がここまで聞こえてきそうだ。
 

「ねえ…どうして欲しい?」安倍さんの意地悪な問いに、彩さんは口を半開きにしたまま顔を横に振る。

 

こりと笑った(こっちからは見えなかったが)安倍さんは、正常位の体勢になって彩さんの両脚をグイッと広げ、そのまま黒い棒を挿し込んだ。
 

「あ“あぁぁ~」悲鳴にも似た彩さんの声。
この倉庫、プールサイドの事務スペースと反対側にあって、前を通る人はほとんどいないんだが、それでも外に聞こえやしないか、覗いてる俺が心配になった。マットの上で全裸になって股を広げる清楚で妖艶な美人妻に、巨大チンコを挿入してダイナミックに腰を振る筋肉インストラクター。他人のセックスを生で見る機会なんてそうないが、安倍さんのは迫力満点だった。とにかくガタイがあるし筋骨隆々だし、動きの一つ一つが「体育会」。
あれを見たらAV男優なんて、少なくとも見た目は小人のお遊びだな。彩さんも決して小柄じゃない(163センチくらい)のに、座位になって激しく腰を上下させながら、首にぶら下がるように唇を求める姿は、完全に「支配下に置かれた牝犬」って感じだ。
いつもの清楚なイメージからは想像もつかないわ。座位と正常位でイカされまくって放心状態の彩さん。しなやかな肢体をくるりと裏返して四つん這いにさせると、安倍さんは尻を高く持ち上げ、今度は後背位でズブリ。いや、彩さんのヒップ、白くて丸くて可愛いんだわ。あれが30代の尻なら、熟女趣味に転向してもいいなと思ったくらい。ギンギンのチンコを挿し込まれた瞬間、彩さんは「ヒイイッ!」と声を上げる。
両乳房を捕んで乳首を刺激しながら、腰をガンガン打ち付ける安倍さん。彩さんは泣いてるような笑ってるような、白目を剥いて正気を失ったような表情だ。「奥さん…イキますよ!」
「来てぇ…ちょうだい!」確かに正気じゃない。
安倍さんが腰の動きを早める。彩さんはマットに突っ伏すような体勢で背筋を弓なりに反らし(←変な表現)、「クゥーン」と犬のような声を上げて全身を何度も痙攣させた。
彩さんの尻を両手で抱えたまま、安倍さんの筋肉質の尻がビクンと脈動する。『うわあ、中出しだよ』俺は激しく興奮しながら感心してた。
それから5分くらい、彩さんは四つん這いのまま精根尽き果てた感じだった。時間にしてエッチだけなら30分くらい、マッサージを入れても45分かそこらだと思うが、完全に陶酔状態だったな。股間からドロリと流れ出る愛液とザーメンがエロさを増幅する。安倍さんに「さ、そろそろ行きましょうか」と声を掛けられて、ようやくけだるそうに水着を着けた彩さん。
部屋を出る時に彼女の方から安倍さんに抱きついて、無茶苦茶エロいキスをしてたのが印象的だった。俺はと言えば、覗きながらその場で音を立てるわけにもいかないんで、2人が部屋を出てからトイレに駆け込んで2発ほど抜いたのは言うまでもない。おかげで引き継ぎに少し遅刻しちまった。引き継ぎを終えて窓口に入ったら、着替えを済ませた彩さんが帰るところだった。化粧した顔を改めて見たら、確かに清楚な美人奥様だわ。いつも通り「お疲れ様でした」とあくまでも事務的に声を掛けたら、にっこり微笑んで「どうも」と会釈してくれた。
目が少し潤んで、頬が赤かったのは俺の気のせいだろう。安倍さんはといえば、普段と全く同じように夜のコースの指導に入ってた。あれだけ激しくハメたら、俺だったら1時間は動けないところだが、さすがに鍛えてるんだな、と感心した。

不倫相手とセックスをするのに子供を連れて行くマジで頭悪い美魔女人妻とのセックス体験

読了までの目安時間:約 4分

不倫相手とセックスをするのに子供を連れて行くマジで頭悪い美魔女人妻とのセックス体験【イメージ画像1】

は職場が一緒の4人の子持ちママの人妻と不倫したその人妻は40歳だが、スタイルも良く、顔は松嶋菜々子に似ているエロ可愛い美魔女仕事中はいつも下着が透けていたり、前屈みになるとブラジャーや時には胸が見えてる事があって、この四十路妻の周囲は男性陣にとってチラ見えスポットw子供は18歳と13歳と10歳と8歳。
そんなセクシーな美魔女人妻と俺は月に1回ホテルの近くで待ち合わせをして、ホテルで飲んで情事のがお決まりのパターンヤル時も俺は敢えて「今日は子供はどうしてる?お母さんがこんな事してると思ってないよね?」と言って攻めたりなんかしている。
 

人妻は「子供の事はいいから」と言うが、しつこく子供の事を聞きながら昇天している。

 

近では違ったプレイを楽しみたいと思い、居酒屋で酔わせ、向こうが俺に抱き付いてきたりしたら、人妻の上着をはだけさせて、さり気なく写メをしたり、後ろからズボンの中に手を入れて、パンティーがちら見したところを写メしたり、はだけさせた格好を後ろの客にさり気なく見せたりしてます。
 

人妻は気づいてないからやりたい放題です。
さらにエスカレートした俺は、人妻に「今度下の子と一緒にご飯食べ行こっ!職場の同僚って言えば、何にも疑わないでしょ?」と誘ってみたら、ビッチな人妻も「いいね」と言って連れてきました。
 

 

不倫相手とセックスをするのに子供を連れて行くマジで頭悪い美魔女人妻とのセックス体験【イメージ画像2】

3人で夕飯を食べて軽くお酒を飲んだんですが、その時も俺の手は人妻のケツを撫でていた。
さらにエスカレートした俺は人妻のズボンをちょっと下げ、パンツがちら見出来るくらいにした。
 

その時子供が「お母さんパンツ見えてるよ」と。

 

妻はさり気なく「あら嫌だ」と言い、ズボンを直してました。
 

それでも懲りない俺は、子供の目を盗んでは触ったりはだけさせたり。
全部写メに写しました。
 

 

の日はこれ以上は無理だと思ったが、興奮してる俺は勢いそのままに、子供の目の前で人妻の胸を揉み、さらにキスをし、ブラジャーを下げて胸を舐めました。
人妻はビックリして「やめて」と言ってたが、その後は想像通り。
 

俺は撮り溜めた写メを子供に見せて、「お母さんいつもこんな事してるんだよ」と言い、そのまま胸とケツを触り続けました。

 

らに興奮した俺は、子供がトイレに行ってる間に人妻のズボンを思いっきり下げて、パンツ姿にしました。
 

「ダメ」
「じゃあバイブを股に挟んで」
「わかった」その後は子供の目の前で人妻を弄りまくり。
何食わぬ顔で子供の相手をしてるが、股はグショグショ。
 

 

間も遅くなり子供はお店で寝てしまった。
チャンスと思い、俺は子供に見えないように自分の息子を出し、人妻に咥えさせました。
 

興奮してた俺はすぐに口内射精。

 

妻の俺の大量ザーメンをごっくんして何食わぬ顔で人妻とバイバイしました。
 

子供ももう少し大きくなったらあの時、あった男の人は母の不倫相手だ!って気づくんでしょうね可哀想に

赤ちゃんができておっぱいが母乳に膨らみGカップになった新妻OL!母乳飲ませてとメールした結果w

読了までの目安時間:約 6分

赤ちゃんができておっぱいが母乳に膨らみGカップになった新妻OL!母乳飲ませてとメールした結果w【イメージ画像1】

まで興奮した性体験は人妻の母乳を飲んだ事です。
私は30代の男で、ある数年前の母乳の実体験をもとに書きます。
 

確かあれは9月のある日の事。

 

業で遅くなり、ふと休憩しようと思って会社の喫茶に行こうとした時、会社でも比較的仲の良い女の同僚と会い、少し立ち話をしました。
 

その同僚は、会社のある男と結婚(できちゃった婚)したため、近々退職する事が決まっていました。
立ち話をしていて、その同僚も妊婦になりおっぱいがかなり張っているのに服の上からでも気づき、もうすぐママになるんだな~と思い、話を終えた後はデスクに戻りました。
 

 

赤ちゃんができておっぱいが母乳に膨らみGカップになった新妻OL!母乳飲ませてとメールした結果w【イメージ画像2】

の同僚とは今まで男女の関係を持ったりした事はなく、話をするだけの関係でした。
同僚は体系は少しぽっちゃりで、私より3歳年下。
 

顔は比較的可愛い方で、会社でも男からは人気がありました。

 

スクに戻ってからしばらくして妙にムラムラしました。
 

妻ともケンカしていた事もあり、冗談で同僚に「乳デカくなってきてないか?」とメールを送りました。
基本的にその同僚はノリが悪くないのは分かっていたので、同僚からはすぐに、「もう7ヵ月目だからね~」と返ってきたので、私はここは思い切って半分、ふざけ半分で、「じゃあ母乳飲ませて」と送り返したら、同僚は「仕方ないからいいよ。
飲ませてあげる」との回答が「これは!」
と思い、「本当に飲ませて!」と送ったら、同僚は「私は一度帰るから、奥さんが大丈夫ならメールして」と来ました。
 

 

は仕事を片付けて車に乗り込み、早速同僚にどこで会うかメールを送りました。
まさかこんな展開になるとは思ってもなかったので、ドキドキしながら車を走らせました。
 

場所は妊婦OLの家の近くの道の駅。

 

の方が早く着いたので待っていると、彼女もやってきました。
 

車を並列にし、私の車の後部座席に移り、彼女も乗り込んできました。
彼女は旦那には適当に用を言って出てきたと。
 

 

し他愛のない話をしていましたが、私は盛り上がってきたので、彼女に「胸触ってみてもいい?」と聞いたら、「いいよ」と言ったので、ゆっくりシャツのボタンを外し、ブラジャーのホックを外して、そーっとブラを持ち上げると、そこには妊娠して大きく張った巨大な乳房が現れました。
乳輪、乳首も大きくなっており、興奮しました。
 

普段彼女の胸はそこまで大きいとは思っていなかったので、「カップいくつ?」と聞くと、「普通の時でもFあるし、今は張っているからGカップあるよ」と彼女は答えました。

 

れを聞いて更に興奮してきたので、早速Gカップもある巨大なおっぱいを下から揉むように触ると柔らかく、温かかったです。
 

こんなに大きいおっぱいを触ったのは後にも先にも彼女しかいません。
しばらく、おっぱいを触るのを堪能して、「舐めてもいい?」と聞くと彼女が頷いたので、彼女の大きな乳首に吸い付きました。
 

 

まで全く男女の関係を持たなかったのに、急展開した事に対しても興奮し、乳首をひたすら舐めまくって、吸いついていました。
しばらくすると、彼女は「あぁっ」と声を上げ、彼女にディープキスをしました。
 

舌を絡めるのと、乳首を吸うのを交互にしていると、自分のペニスもそそり勃ってきたので、彼女に「入れたい」と言いましたが、彼女は「出産前だし、怖いから今はダメ」と断られたので私も諦め、彼女の手を自分の股間に押しつけました。

 

女は抵抗する事なく、股間を触るどころか、パンツの中に手を入れて、しごいてきました。
 

私は自分のパンツを脱ぐのを少し手伝い、彼女の顔の前にペニスを露わにすると、彼女は優しくペニスを咥えてくれました。
その瞬間、何とも言えぬ温かさがペニスを包み、快楽に向かいました。
 

 

んなにフェラチオが上手いのは初めてと言うくらい彼女はテクニックは素晴らしく、しばらく舐めてもらいました。
段々イキたくなってきたので、彼女にそれを伝えると、彼女はフェラチオをしながらペニスを手コキでしごいてくれました。
 

さらに気持ち良くなって、彼女がしごくスピードを緩めずにひたすら口と手を動かしていると射精感が込み上げてきたので、彼女に「イキたいから口に出してもいい?」と聞くと、彼女はコクリと頷き、その瞬間彼女の口の中に精液をぶちまけました。

 

クドク出てきたので彼女は精液を飲み、綺麗に私のペニスを舐め上げてくれました。
 

私もホッとしたので、しばらく話をし、「今日はありがとう!」と伝え、お互い帰りました。
次の日はお互いいつもと変わらず、挨拶を交わし、話をして前日の事が嘘だったようにも思えました。
 

 

日後、彼女は有給消化をして退職し、現在は一児の母となっています。
その後一度会いましたが、今ではお互いごく稀にメールのやり取りをする程度です。
 

あの日の新妻の母乳を飲んだシチュエーションを思い出すと、今でも興奮しますし、いい思い出だったな~と思います

旦那がヘルニア持ちでセックスできず、欲求不満を募らせているらしい若妻さんとセックスした話

読了までの目安時間:約 9分

旦那がヘルニア持ちでセックスできず、欲求不満を募らせているらしい若妻さんとセックスした話【イメージ画像1】

る病院の総務課勤務の男性です。
24才で独身です。
 

人事や物品購入が主の仕事です。

 

る日、事務職員のパート採用の決済が通り、担当として任されました。
 

面接には多くの男女がやって来ましたが、どうもイマイチで難航していました。
何人目かで面接に来た女性に目が留まりました。
 

 

旦那がヘルニア持ちでセックスできず、欲求不満を募らせているらしい若妻さんとセックスした話【イメージ画像2】

齢は25歳、出産で前の会社を辞めて育児をしていたらしいのですが、姑がいて、赤ん坊も首も座ったので、家も近くだから応募したと言います。
前の会社では経理を担当していたそうです。
 

とても品が良く、色白で均整のとれた体をしていました。

 

後ということもあるでしょうが、ふくよかな胸が印象的でした。
 

この女性(佐藤さん)からは、なんとも言えぬ甘い体臭がするのです。
むろん香水なんかではありません。
 

 

乳の香りのようでもありますが、もっとゾクゾクする香りです。
条件も満たしているので、採用をすることになりました。
 

仕事は院内の物品の管理と事務処理を担当してもらうことになりました。

 

藤さんは几帳面で、そつなく仕事もこなします。
 

ユーモアもあり、私より1歳年上でしたので「姉さん」と呼んでいました。
胸の大きさと、腰のくねらせ方は魅力的なもので、独身の私には堪らない刺激でした。
 

 

んな女性を抱いているダンナを羨ましく思いました。
半年もした頃、年齢も近いことから親密になり、楽しく仕事をして、私自身も出勤するのが嬉しくてたまりませんでした。
 

物品倉庫には佐藤さんと私以外は入ることがなく、内部は豆電球で昼でも薄暗く、インクの匂いがプンプンする場所でした。

 

藤さんがA4のホルダーが見つからないと言うので、2人で探しに行きました。
 

「探し方が下手くそなんだよ」なんて言いながら、奥の棚で見つけました。
そんな時、はずみで佐藤さんの胸に私の手が触れてしまいました。
 

 

!ごめん」と言うと、「ううん、いいよ」と言いながら、私の手をとって自分の胸に当てます。
柔らかくて大きい胸です。
 

思わず顔を埋めました。

 

んとも言えない女性特有な香り。
 

右手はスカートの下からショーツを弄ります。
ぷっくりした恥丘、そこにある陰毛が手に感じます。
 

 

藤さんは、「うっ!」と低い声を出します。
倉庫ですので、ゆっくりする時間はありません。
 

ショーツの端から指を入れます。

 

こはもう、ベトベトに潤っていました。
 

佐藤さんは、「違う場所でゆっくりね」と言い残し、倉庫から出て行きました。
残された私は指先に残った佐藤さんの愛液を鼻に持っていき、匂いを嗅いだ後、すべて舐めてしまいました。
 

 

然としながらカチンカチンになったペニスを、ブリーフの中に手を入れて位置を直しました。
尿道口からはカウパー腺液がおびただしく溢れていました。
 

ティッシュで拭きとって、深呼吸をしてから事務所に戻りました。

 

藤さんはデスクに戻って知らん顔で電卓を叩いています。
 

終業時間の少し前に、佐藤さんが私のデスクのお茶を片付けに来たとき、四つ折の小さい紙をさりげなく置いていきました。
胸ポケットに入れて、駐車場で車に乗ってから開きました。
 

 

日は、半日だから午後から空いています』と書かれていました。
その夜は、興奮してなかなか寝付けませんでした。
 

翌日、皆より一足早く駐車場に来て車の中で待機していました。

 

藤さんは裏口から歩いて出てきました。
 

いつも徒歩で通勤している道を反対側に歩き出して、500mくらいのところで後ろから来た私の車に乗り込みました。
佐藤さんが、「軽く食事をしない?」と言うので、病院からかなり離れた喫茶店でトーストとサラダとコーヒーを食べました。
 

 

段はおしゃべりばかりしている2人なのに、この時はかなり口数が少なくなりました。
山間のラブホテルに直行しました。
 

私からお風呂に入り、ベッドで横になりました。

 

藤さんはシャワーを浴びたらしく、バスローブを着て戻ってきました。
 

私の横に滑り込み、軽く私にキスをしてくれました。
私は佐藤さんのバスローブの紐を外しました。
 

 

想通り佐藤さんの胸はハンドボールくらいの大きさで、子供を生んだ女性とは思われないくらい、ウェストもくびれていました。
妊娠線も見受けられません。
 

白い薄手のビキニに陰毛が透けて見えます。

 

を触りながら、顔を埋め、乳首を吸いました。
 

母乳が出てきます。
母乳の味は美味くも不味くもありませんが、止め処なく出てくるミルクを飲み続けました。
 

 

藤さんは声を漏らして喘いでいます。
ビキニに手をかけ、一気に脱がせました。
 

体位を変えて、佐藤さんの股間に顔をもってきました。

 

い陰毛ですが、お尻の方までは生えていません。
 

小陰唇は愛液でピカピカ光っています。
舌で舐め上げます。
 

 

藤さんは大きなため息を立て、腰を小刻みに動かします。
愛液はクセもなく、いくらでも飲み込めます。
 

しかし、粘りがあって喉につかえます。

 

藤さんは私のペニスを確認するかのように、しばし見つめてからフェラチオを始めました。
 

さすが人妻、すごいテクニックです。
すぐにも射精しそうです。
 

 

互いに、しばし相手の性器を口や手で愛撫してから、いよいよSEXに移りました。
ペニスはヌルッって感じで膣に吸い込まれました。
 

産後の女性とは思われないくらい中はキツくて気持ちがいいです。

 

しく腰を使い、佐藤さんは5分くらいで絶頂に達しました。
 

射精するのは勿体無いので、しばしの休憩をとりました。
佐藤さんはここで色々話し始めました。
 

 

供を妊娠した頃、ダンナが椎間板ヘルニアで入院して、産後もSEXは出来ないくらいの腰痛だそうで、今もその状態が続いているそうです。
久々のSEXで、今までのストレスが一気に飛んだと喜んでいました。
 

「また、当分出来ないから、続けてしましょう」そう佐藤さんが求めてきます。

 

も今度は射精しようと気合いが入ります。
 

佐藤さんが2回3回と絶頂を迎えたので、「こっちもイクよ」と言うと、「中に入れて」といいます。
「え?マズいでしょ」と聞き返せば、「大丈夫よ」と言うので、そのまま膣内へ射精しました。
 

 

藤さんはすぐにシャワーを浴びに行きました。
私も続けて浴びました。
 

佐藤さんがショーツを穿いたので、もう帰りの準備かな?と思ったら、「私は十分いい気持ちをさせていただいたから、今度はアナタの番よ」と言い、ペニスに顔を近づけてフェラを始めました。

 

っという間に勃起したペニスは、またまたカウパー腺液が溢れ出ます。
 

佐藤さんは、「このくらい元気がいいと幸せなんだけど」とダンナとのSEXに不満を漏らしながら、ペニスを口から離しません。
「アナタのペニスは亀頭が大きいから素敵よ」なんて言われると嬉しいものです。
 

 

慢も限界です。
「イクよ」と伝えると、「いっぱい出して」と言いながら相変わらずペニスを口から離しません。
 

先ほどのSEX以上に刺激があって、佐藤さんが私のペニスを口に咥えている姿はとても卑猥で興奮の極致です。

 

ぁー出る!」射精は佐藤さんの口内でした。
 

それも2回目の射精の方が精液の量が多く、佐藤さんも飲み込むのに苦労しているようでした。
佐藤さんは最後の一滴まで絞り出して飲んでくれました。
 

 

藤さんを家のそばで降ろしたのは夕方近くでした。
その後、佐藤さんとの肉体関係がないまましばらくした日、佐藤さんから退職願が出されました。
 

妊娠のため退職するとの内容でした。

 

?ダンナとはSEXは出来ないはず?)佐藤さんは皆に挨拶をして、最後に私の前ではニコリと意味ありげな微笑みを浮かべて帰っていきました。
 

(もしかして、妊娠した子供は私の子か?)複雑な心境で佐藤さんの履歴書を退職者ファイルに綴じる私でした。

近所のエロカワ若妻お姉さんとセックスできる流れになったんでケツにぶち込んで脱糞アナルファックしたったw

読了までの目安時間:約 5分

近所のエロカワ若妻お姉さんとセックスできる流れになったんでケツにぶち込んで脱糞アナルファックしたったw【イメージ画像1】

休み、家で一人でゴロゴロしていたそんであまりにも暇過ぎてお隣さんを覗いてみると亜樹さんがパンツだけ脱いでバイブでオナってるのがモロ見えww亜樹さんは三十路の超可愛い若妻で妄想オナニーする時のオナネタランキングで一位のエロカワ熟女普段は大人しく内気な人だなと思っていたらこんな一面があったとは。
しばらく見ていたらピクッとなって動かなくなった。
 

どうやらイッタみたいだ。

 

っちに気が付いたみたいで窓を開けて話しかけてきた。
 

何を言われるのかと思ったらセックスへのお誘いだった。
上品な顔してスキモノの淫乱奥さんだったんですお隣さんの玄関に入るなりいきなりディープキスで積極的な痴女奥さんさっそく鍵をかけて亜樹さんの寝室へ。
 

 

近所のエロカワ若妻お姉さんとセックスできる流れになったんでケツにぶち込んで脱糞アナルファックしたったw【イメージ画像2】

ッドに座らされズボンを下ろされて即尺待ちきれなかったらしく美味しそうに咥えてた。
すぐにイってしまったがそのときも亜樹さんは何も言ってないのに精液を全部飲んでくれた。
 

全裸になってベッドに押し倒されて騎乗位で生挿入、胸はでかくないがまんこの締りはすごくよかった。

 

はセックスしてくれなくなって毎日オナニーの日々で、性に飢えてたらしい。
 

セックスのテクはすごくよかった。
「あっあっあ、イイ」
「亜樹さん、イイよ・・・あっ、あぁ」
「徳永君入ってるよ解る?」
「はい、亜樹さんのに俺のが全部入って、出入りしてます」
「あぁん、太い、徳永君の太い、あっあっ」
「亜樹さん、最高だよ。こんなセックスしたことない、こんなに気持ちいのは初めてだ」
「主人のより太くて硬い、私もこんなに若くて立派なおちんちんは初めてよ」
「亜樹さん乳首立ってるよ」
「触って、乳首感じるの」
「こう?」
「あっ、気持ちい・・・もっと強く・・・あんっ」
「あぁ亜樹さんそろそろ逝きそうだよ」
「私ももう少し・・・一緒に逝こう」
「アァ・イク・・・あぁイク・・・イクよ」
「いいわ私もイク・・・中に頂戴・・・全部中に」
「でも・・・中は」
「いいの・・・中でだして」
「あぁダメだっ・・・イクッ」
「暖かい出てる・・・全部出して」
「ぁあぁ~」
「全部出した?」
「はい、全部・・・出しました」亜樹さんに精液を全部出して抱き起こしてディープキス。
 

 

のまま対面座位で亜樹さんの乳首を咥えて突き上げた。
ギュっと亜樹さんがしがみ付いてきた興奮してさらに激しく突き上げて「あっイクっ、中に出すよ」
「うん、中に・・・全部中に」二度目の中出し。
 

亜樹さんのまんこからちんぽを抜くと二回分の精液と亜樹さんので混ざった体液が出てきました。

 

位を正常位にかえて若さを生かして長時間高速ピストン運動で亜樹さんのまんこを攻撃。
 

さすがの亜樹さんもこれには耐え切れずに早くも絶頂寸前。
まんこの締め付けがすごくなってきました。
 

 

樹さんのまんこの締め付けでこっちも射精感が。
「ああああぁ、亜樹さんのまんこが締め付けてくる」
「あぁん・・・徳永くぅん・・・もっとぉ」もっと快感が欲しがっていたのでアナルに亜樹さんのバイブを突っ込んでやった。
 

これまで以上に感じ始めた。

 

っ、ダメうんこ出そう・・・あっ」
「イク・・・亜樹さんイクよ、亜樹さんも早く・・・一緒に」
「ああぁだめ、イク・・・漏れる・・・きゃーーーー」叫び声とともに逝ったようだった。
 

三度目の中出し。
バイブは突っ込んだままにしていたら少しうんこ出てきて脱糞してたwでも可愛い若妻だからプチスカトロプレイに大興奮それを亜樹さんが指で出てこないように抑えていた。
 

 

んこにテープを貼って精液が出てこないようにしてバイブの代わりにアナルにはちんぽを突っ込んでやった。
アナルで30分くらい突いていたと思う。
 

「亜樹さん、何かちんぽに当たるんだけど。もしかしてう○こ?」
「いやー、徳永君汚いからぬいて、お願い・・・抜いて」
「あぁぁぁ・・・イクっ・・・亜樹さんイクよ」
「抜いて・・・あぁイク・・いく・・・抜いてお願い・・・逝く」
「逝きたいでしょ?このまま逝くよ」
「あぁぁあっ」
「あぁぁ中に・・・アナルにも」アナルにも中出ししてちんぽを抜いたらうんこがいっぱい出てきた。
 

 

間もそろそろやばかったので帰った。
今ではセフレになってます。
 

いつも中出しや、アナルファックでウンコ塗れプレイをしています

1 2 3 8
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】