告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

マシュマロ巨乳おっぱいがエロすぎる若妻ナースに診察と称してセクハラアナル舐め調教をする医者w

読了までの目安時間:約 33分

マシュマロ巨乳おっぱいがエロすぎる若妻ナースに診察と称してセクハラアナル舐め調教をする医者w【イメージ画像1】

 
は医者をしていて臨床研修指定病院で数年の前期・後期研修ののち田舎の小さな総合病院に配属された。
研修後はここで数年間の勤務の義務があるのだ。
すでに家族持ちとなっていた俺はごく平凡に暮らしていた。
 
科一般から小外科まで広く浅く患者さんを診させて貰っている。
朝から夕まで週3回の外来、月4-5回の当直となかなか充実した毎日を送っていた。
田舎だし生活がかかっているおばちゃんナースばっかりだったが皆気さくな良い女性が多く仕事は楽しくやっていた。
 
マシュマロ巨乳おっぱいがエロすぎる若妻ナースに診察と称してセクハラアナル舐め調教をする医者w【イメージ画像2】

 
かし・・・俺は今の生活に少し物足りなさを感じていた。
とにかく息苦しいのだ。
小さな盆地にあって、自宅から病院までは車で5分。
 
屋も町には2件しかなくエロ本の立ち読みもできない。
息抜きは年2回の学会出張だけであった。
仕事は充実しているし、家庭ももったし・・ある朝いつものように朝早く出勤しまず入院中の担当患者さんを回診してまわった。
 
落ち着いており大きな問題はなさそうだ。
今日は外来だ。
ラウンジで朝食をとり外来におりると見慣れないナースがいた。
 
白で背は低めで155cmくらいか?新人ではなさそうだった。
俺はその女性の整った顔、くりくりっとした目、色白の肌にいきなりグッときてしまった。
こんな気持ちは研修医依頼忘れてしまっていた。
 
論そんな事は顔には出さずに(出していないつもりなんだが)「おはようございまーす」俺は内科外来に入っていった。

数人のナース、クラークが「おはようございまーす」と気持ちよく挨拶してくれた。

朝礼が始まった。
 
来婦長が話す。
「今日からNさんが復帰します。出産後にお子さんの病気もあって、えっと何年ぶりだっけ?」
「3年ぶりです」
「そうそう、3年ぶりに復帰になります。内科は初めてだったよね?」
「はい。前は小児科でしたから」
「と言う訳で、皆さん宜しく御願いします」
皆「御願いしまーす」その日の外来が始まった。

 
前中はかなり忙しい。
一人で30人くらいの患者さんの診察にあたる。
3分間診療はしたくないし、患者さんに説明したいし、でも時間はせまるし。
 
ても彼女の方をみる余裕はなかった。
11時が過ぎてひと段落した。
ふと横をみるとクラークの横あたりで笑顔でばあちゃんに対応している彼女がいた。
 
っと、名前はなんといったっけ?)患者さんに対応しつつ測定した血圧をカルテに書き込んでいる。
その横顔がとても美しい。
俺の中でドックンという音がしたような気がした。
 
休みは病棟の指示出し、午前中の検査結果をみつつ入院患者さんのところにも行く。
昼12時半からは患者さんの御家族への説明だ。
その日はお昼ご飯を食べ損ねてしまい牛乳を1本飲んだだけで午後の外来が始まってしまった。
 
さしぶりの勤務で彼女は業務をこなすのがせいいっぱいだったようだ。
夕方前になってようやく患者さんが途切れた。
彼女は「はー」とため息をついたようにみえた。

 
来の丸椅子にチョンと腰掛けて日報の書き方をならっている。
俺は彼女の左横顔をチラチラとみてしまう。
かわいいのと美しいのと・・。
 
ラムラはこの時はしなかった。
美しい人が「はー」と少し疲れた感じがとっても良かったのだ。

その日は声をかけることもできずに帰宅した。
 
来日が楽しみになってしまっていた。
伝え聞くところによるとお子さんの関係で当直はしないらしい。
この時点では俺はやましい気持ちはあんまりなかった。
 
1ヶ月もすると彼女は仕事に慣れたようで明るい笑顔をみせるようになっていた。
外来中にチラチラと横目で見てしまう俺。
Nさんの名前は亜紀さん。
 
28歳でお子さんは2歳とのこと。
ご主人との3人家族らしい。
かわいーなー。
 
しいなと週2回の外来が待ち遠しくなっていた。
俺は外来日以外は腹部エコーをやったり、GIF(胃カメラのことです)をやったりしている。
その日は内視鏡の当番日であった。
 
から8人のGIF予定があった。
「おはよーございまーす」内視鏡室のカーテンをあけて入るとそこにベテランナースのIさんがいた。

「あら先生、おはよう。今日は沢山(検査を受ける患者さんが)いますよ」ふーんと俺がカルテを見ようと左を向くと亜紀さんがいる!(えっ?)と思っていたらIさんが説明した。

 
さんが今日から内視鏡室のローテーションに入ることになったの、先生宜しくね」
「宜しく御願いします」亜紀さんがペコリと頭を下げる。

俺もあわてて宜しくとお辞儀をする。
その日の検査を始めた。
 
者さんへの問診、カルテのチェック、咽頭麻酔、検査介助と普段の外来業務と違った独特な動きがナースには必要だ。
亜紀さんはIさんに教えてもらいつつ一生懸命に仕事をしている。
彼女をチラチラみていると首すじのあたりが汗で光っている。
 
たあごのラインがとても綺麗でずっと見ていたくなってしまう。
俺はこの日早期胃がんを見逃したかもしれない・・・。
それ位チラチラとみてしまっていた。
 
はこの日から変になっていった。
午前中の検査が終わり彼女達は内視鏡を洗浄器にかけたり、バイトブロックを消毒したりしている。
「Nさんそろそろお昼にしようか」Iさんが言うと「はい。
でもここまでしてから行きまーす。」真面目な女性のようだ。
 
は内視鏡のレポートに記載しつつ彼女に声をかけた。
「Nさんお疲れさま」
「え、あはい。慣れてなくてごめんさいね。」
「今日からずっとこっち〔内視鏡室勤務〕なの?」
「いいえ、ローテーションなんですけど、しばらく慣れるまでは毎日こっちだそうです。宜しくお願いします。」清楚というか上品というか話方もやさしくて、丁寧で俺はピンピンって来てしまった。

 
視鏡室に来るのが楽しみだー。外来はNさんとゆっくり話せないからさあ」
「フフフ、先生お上手」ニコッと微笑みながら亜紀さんが言う。

この子エクボがあるんだー。
 
あ、ますますピンピンくる俺。
「午後のCFも〔検査に〕つくの?」
「いえー。CF〔大腸内視鏡検査〕は難しいですよ。見てるだけです」
「えー、一緒に仕事をしたいから早く覚えてくださいよー」
「はいw」くすっと笑ったように亜紀さんが言った。

 
後からは4例のCFがあった。
患者さんの肛門から盲腸部、回腸末端まで検査して大腸がんやポリープ等がないかどうかを検査する。
回盲部挿入まで7分くらいだから何でも屋の医者としてはまあまあの腕ではないか。
 
1例目の検査が終わり、俺は内視鏡の先端を水をはったバケツに入れ水を吸引して洗浄する。
亜紀さんは次の人の情報をキーボードでうちこんでいる。
後ろ向きだ。
 
Iさんは1例目の患者さんを更衣室へ案内中だ。
俺はゆっくりと内視鏡の先端を床にちかずけて内視鏡の先端を操作して上に向けた。
亜紀さんはその日白のストッキングと普通の前をジッパーでとめる白衣だ。
 
潔な感じだった。
モニター画面には亜紀さんの細い膝あたりがうつっている。
アングルを操作すると太腿が見えた。
 
の先は・・・パンストの線が股間にあって、下着は白だ!3秒も観察していただろうか。
バレては生きていけないので俺は内視鏡を架台にかけた。
俺は勃起していた。
 
を落ち着かせつつ俺は2例目の検査を始めた。
患者さんの体位を変えつつ奥まで内視鏡を挿入してゆく。
「臍の下あたりを圧迫ーっ」俺がいうとIさんがすっと臍の下を押して腸を圧迫し内視鏡が入り易くしてくれる。

 
すがにベテランだ。
亜紀さんにこうするのよって教えている。
「はいじゃあ左下を向いてください」俺は患者さんに言うと亜紀さんが患者さんの体を支える。

 
紀さんは背が高くないので爪先立ちになった。
一瞬だけ白衣のすそが太もものあたりまで見えた。
俺はたったこれだけでピンピンきてしまう。
 
腸検査に集中しつつモニタをみつつついチラッと下を向いて彼女の足をみてしまう。
患者さんを背伸びしながら支えている彼女「はい、上を向いてください」一番奥まで挿入できたので俺は患者さんに説明しつつ内視鏡を抜きながら観察してゆく。

なめるように大腸ヒダの裏を観察すべきなんだが彼女の足ばっかり観察してしまったような気がする。
 
かし、ベテランのIさんもモニターを見ているから大丈夫だろう。
内視鏡室主任は9年目の超ベテランでよくわかっているからだ。
「はい、終わりました。異常ありませんでした。」モニターを見ながら説明を聞いていた患者さんも安心した顔だ。

 
バケツの水を内視鏡で吸って洗浄する。
で、亜紀さんは又後ろ向きだ。
もう見るしかない!。
 
度内視鏡のアップアングルをかけた。
白い・・・。
色白の彼女が白のストッキングで下着も白だ。
 
視鏡の画像なので少しよがんでみえるんだが、俺は興奮した。
右手で内視鏡のスイッチを押した。
音もなくモニターに彼女の下半身が映り記憶できた。
 
しだけ内視鏡を白衣の方へちかずける。
ほとんど彼女の足元だ。
-丸見えだった。
 
は修学旅行のお風呂のぞきの時以来にドキドキした。
すぐにプリントのボタンを押し、又モニターの表示を切り替えて彼女に気づかれないようにした。
彼女がふりむいた。
 
れ、プリントしてなかったですか?」俺は心臓がバクバクしながら答えた。

「も、もう1枚ね」ふうんと納得したようで彼女は又後ろ向きになった。

危なかった・・。
 
の夜のおかずは勿論内視鏡のプリントだった。
4分割のプリントに亜紀さんのパンツがくっきりと写っている。
パンストの股間の腺もくっきりだった。
 
リントを見ながら、オナニーをしながら俺はこれからどうやろうかと思案した。
次の週だった。
CFは4時には終わっていた。
 
紀さんはIさんに指導をうけつつメモをとっている。
本当に真面目だ。
軽いのりでは誘えないよなーと思いながら亜紀さんを見ている俺。
 
ういえばおばちゃんベテランナースのIさんが言った。
「今日はNちゃんの歓迎会よ。先生も出席するでしょ?」
「えっ聞いてなかったよ」
「あれ、先生には言ってなかったけ?今日6時半から鉄なべね」
「絶対出席します」力をこめて言った俺に亜紀さんはくすっとわらった。

 
鍋はおいしかった。
医者は4人、外来ナースも含めて13人が出席していた。
ほんのりと頬を赤らめている亜紀さん。
 
向かいの席にすわったおれはやっぱり亜紀さんの方ばかりみてしまった。
お酒が回ってくると皆席を移動してくる。
俺は亜紀さんの横に座りお酌した。
 
あどうぞ。お疲れ様」
「あーM先生有難う、もう、いつも慣れなくて・・」家庭持ちゆえいつもは早めに帰る亜紀さん。

俺は尋ねた「今日は2次会までいいの?」
「えーっと、あんまり遅くならなかったら大丈夫です」なんとかこのチャンスをものにできないかと考える俺。

 
かし院外PBが鳴ってしまった。
緊急内視鏡らしい。
内視鏡医でシラフなのは飲めない俺だけな訳で・・。
 
む得ずおれとIさんで病院へ戻ることにした。
皆に事情を話し。
「頑張って来い!」と酔った同僚に言われながら店を出ようとした。

 
箱まで亜紀さんが来てくれた。
「なんか・・ごめんなさいね。悪い気がして。」わざわざ俺に気をつかってくれたらしい。

 
えいえ気にしないでなどと話つつ俺たちは病院へ向かった。
吐血、胃潰瘍の内視鏡的止血術は無事おわり、担当医へ引き継いだ。
ファイバーを洗浄しているIさんにお疲れーと言うと俺は病院の出口に向かおうとした。
 
ると亜紀さんが早足で歩いてきた「あれっ?!亜紀さん・・、2次会は?」
「2次会には行きませんでした」
「え、どうして?」
「だって悪いですから・・。」
「主役がいないとw?」あまりの律儀さに少し笑ってしまった。

Iナースに挨拶したあと、俺たちは病院を出た。
 
2次会どこだっけ?」
「えー聞くの忘れてましたー」うしようかと思っていたが「ねえ先生、飲みに行きませんか」と彼女がさそってきた。

「えー!行きましょう!」俺の勢いに亜紀さんがくすっと笑った。

病院から車で少しはなれたバーに誘った。
 
々話した。
仕事のこと。
家庭のこと。
 
供が病気をして大変だったことなど。
彼女が口を押さえながら大きな声で笑う。
復帰して以来大きな声で笑ったのは久しぶりらしい。
 
分リラックスしているようで、顔も赤くなっている。
元々色白なのでよけいに赤くみえる。
俺はそろそろ色んな質問をしたくなってきた。
 
は肩につかない位で服は飾り気のない少しピンクがかった長袖のブラウス、スカートはひざ下まであってゴッホの絵のような柄だ。
銀の細いネックレスをしている。
普段はつけない口紅をキュっとつけていて、それがとてもいい。
 
うと目がなくなって見えるのが又とてもい。
「Nさんは旦那さんとお子さんの3人暮らしだった?」
「えっそうですよ。M先生よく知ってますね」(あなたのことなら何でも知りたいんだよ)と思いつつ「旦那さんはやさいいんですか?」
「えー変な質問w。はい、やさしいですよ。でも・・。」
「でも?」
「ちょっと鈍いかなあ?」
「というと?」
「私が仕事に復帰してもあんまり大変なのをわかってくれないみたいで」
「旦那さんは相手にしてくれている?」
「えっえっははは・・、そうですねえ」急に少しだけうつむいて「あんまり相手にしてもらってないかもしれませんね」
「勿体ないですねー。」
「ううん?」大きなくりっとした眼で「えー有難うございます。
M先生は相手にしてくれてますねw」と微笑んだ。
 
はホッキしてきた。
「私に魅力がなくなっちゃんですかねー」どう見ても魅力的だ。

うなじとか、横顔とか胸の厚みは服でわからないが、大きくはなさそうだ。
 
エストも細めだと思う。
おしりは・・スカートでよくわからない。
ジロジロと見る俺の視線に気づいた亜紀さんは「いやー先生、見てくれて有難う」
「だって旦那さんが見ないんだったら誰かが見てあげないと・・勿体ないヨ」フフフと色っぽく笑う(そう見えた)笑ってくれた。

 
間も遅くなってきたし、今日は送り届けるかと思っていた。
店を出て俺の車に彼女を乗せた。
大分酔いがまわっているようで、ほほの周りが赤くってトロンとした目つきがとてもいい。
 
い出ます」俺は車を発進させた。

「少しドライブしていい?」
「いいですよ。子供は実家に預かってもらってるし、多分旦那は飲み会に行ってるし」俺は運動公園に向かった。

 
車場も広いし、消防署の近くで人気もすくないし、あわよくばと思った。
眠そうな目つきで窓の外を見ている亜紀さん。
「あそこの公園はよく旦那とデートしたんだよねー」
「行ってみていい?」
「はいいいですよ。久しぶりー」ちょとうれしそうだ。

 
くなった公園につくと少し涼しい風がふいている。
「寒くない?」
「大丈夫ですよw」坂をのぼってアスレチックのある広場に出た。

2人でベンチに腰掛けた。
 
は消防署だ。
「あー久しぶりだー。なんかデートみたいですね」
「えっデートじゃなかったんですか」おどけてみせる俺。

 
コって彼女が笑う。
勤務中は塗らない濡れたような口紅が色っぽい。
「ねえ亜紀さん寒くない?」
「少し肌寒いですね」
「手をつないでいい?」
「へエ?いいですよ」俺は彼女の左手をつかむと「冷たくなってる。
気づかなくてごめん。もう行こうか」わざと言ってみたが「もうちょっといましょう」俺は彼女の手をこすったり握ったり、彼女も笑みを浮かべて自分の手を見ている。

 
麗な手ですね」
「ふふ、有難うございます。前は旦那にも言われてたんですけどねー」俺は手の甲にチュッとした。

以外にも亜紀さんは声もあげず、手もふりほどかなかった。
 
う一回チュっとしてみる。
2回、3回ってチューしてみるが反応がない。
横目で見上げると亜紀さんは微笑みながらキスされている自分の手を見ている。
 
はこーされてたのになー」俺は手首にチュっとしてから肘の裏にキスした。

トロンとした目で見つめる亜紀さん。
俺は亜紀さんの左肩に顔をよせ、軽くあごをのせた。
 
はこーされてないの?」
「されていないんです。どうーしてかなー」俺は反応をみるかのように首筋、うなじにキスをした。

抵抗は全くない。
 
女はうごかない。
もう一度うなじにキスしてそれからぺろってなめた。
顔を少し離して彼女の横顔をみるとほんのりと赤く上気しているようにみえる。
 
面の遠くをみているような目だ。
(まだ大丈夫そうだな)俺はそう考えた。
(こういうとこだけとても冷静だった)再びうなじあたりに唇をよせて俺はちゅっちゅっとキスし、舌を這わせ始めた。
 
く、首も動かさなかった彼女だったが俺と反対側の方に少しだけ首を傾けた。
俺は顔をあげて亜紀さんを見ていった。
「くすぐったい?」亜紀さんは無言のまま微笑んだ顔でくびをふった。

 
はビンビンってきた。
そして彼女の赤く上気した左の頬にキスをした。
キスしながらペロペロって頬をなめる。
 
にはいかず、下あごの方へ舌を這わした。
くすぐったそうなしぐさを少しだけしたんだがそのまま首にまえあたりからあごの方をなめあげた。
またピクンとくすぐったそうに動く亜紀さん。
 
は右手を彼女の右の耳たぶをつかんでモミモミとした。
うなじから耳たぶまで、耳たぶからうなじまでを右手でなでまわした。
舌は首からさがって前がV字型にあいているシャツを鎖骨のほうへ動かした。
 
女の右の鎖骨の付け根あたりをペロペロとなめてキスする。
抵抗なく俺は鎖骨を肩の方へなめていった。
あごでシャツの襟をよける。
 
いブラの肩紐が少し見えた。
その肩ヒモを軽く加えてひっぱってみた。
彼女は全身をぴくっと動かした。
 
たぶをもんでいた手をしたにおろし、俺は彼女の右肩をかるくつかんだ。
そして襟を外側に軽くひっぱる。
白いブラの線がはっきりと出た。
 
はブラの線を噛んで引っ張ったりおろして鎖骨ごとなめなめした。
「イヤ?」もう一度きくが亜紀さんは首を横にふるだけ。

俺はやっと確信した。
 
しぶりにいくぞ。
鎖骨から下の方へ這わせていく。
おっぱいのふくらみがわかりそうなとこまでなめた。
 
ャツのボタンが邪魔してそれから下へ進めない。
左手でゆっくりと1個だけボタンをはずした。
顔をブラを端にうめつつおっぱいのほうへ進む。
 
さいが子持ちとは思えないやわらかさがある。
ぷよぷよした感触を楽しみながらもうひとつボタンをはずした。
ブラのカップの上の方を右手で引っ張る。
 
っとおっぱいがみえた。
明るくはないのだがピンクっぽい乳首だ。
俺はもう少しひっぱって左おっぱりを丸出しにした。
 
首をペロってなめる。
亜紀さんも「んっ・・。」と色っぽい声が出た。

 
は乳首を咥えたまま顔全体をおっぱいにむぎゅっとした。
亜紀さんの押し殺したような声はちきれんばかりに勃起してしまった。
服の上から背中のブラをはずすとシャツの右中へ左手を差し入れた。
 
わらかくプヨプヨしたマシュマロおっぱい左手でもみつつ右のおっぱいを吸う。
「んっ、んんっ」と声はとても小さいんだが色っぽい。

彼女は俺の頭に手を乗せるとなでなでしはじめた。
 
手でおっぱいをもみしだく。
彼女の正面に中腰でかがんだ。
眼をつむって気持ちよさそうな彼女の唇に軽くキスをした。
 
ゅっちゅっと繰り返す。
舌を少しだけ差し入れると亜紀さんも舌をからませてきた。
おれはしつこくキスを繰り返し亜紀さんのお口のまわりは唾液で濡れそぼってしまった。
 
女の閉じた両膝のあいだに足を差し入れた。
ビクッと反応があった。
そのままレロレロと舌をからませながらキスをしつつ俺は両手で両膝をぐっと開いた。
 
女の唇から離れて俺は亜紀さんを見下ろした。
ベンチに座っている亜紀さんは下を向いて眼をつむったままで聞こえない位小さな声で「ハアハア」ってここでもまだ乱れず上品にあえいでた。

股をひらいた姿勢でブラとシャツは押し広げられて両方のおっぱいが丸出しになっている。
 
じられないような光景だ。
俺はベルトをはずし、チノパンのファスナーを降ろした。
そしてスカートのすそを上にめくりあげた。
 
着の色は白だった。
俺はチラッと確認してから彼女の唇にキスをしつつ完全にスカートをまくりあげた。
そして右手で彼女の下着の上から土手の所をなでた。
 
ーんふーん」と小さなあえぎ声の亜紀さん。

下着は外から触っても濡れているのがハッキリとわかる。
指を下へずらし入口あたりでくねらせる。
 
ソコの入口の周りをくるくるとまわすように刺激した。
「はあー」とため息をつく亜紀さん。

俺はチノパンとトランクスを下へずらしペニスを取り出した。
 
紀さんの左手をとると俺のペニスに触らせた。
何のためらいもないように軽くペニスをつかんでくれた。
そして小さくゆっくりと上下してくれた。
 
んな美しく可愛らしい人と・・と思う度にペニスがビクン、ビクンと波打つ。
彼女の耳、頬、唇、うなじに舌をはわる。
綺麗なあごを少しあげて彼女は眼を開いた。
 
の手は俺のをしごいてくれたまま。
俺はたまらくなって「なめて」と言った。

「うん」とかすかな声が聞こえた。

 
は亜紀さんの右横に腰掛けた。
亜紀さんはゆっくりと体を起し髪をかきあげて俺の股間に顔を近づけた。
ぺろっぺろっと俺の先っちょをなめる亜紀さん。
 
くふくんではぺろっぺろっと繰り返す。
亜紀さんは右手でペニスをにぎり軽く上下に動かした。
医者になってからつきあった女性の中ではフェラはややぎこちない感じがした。
 
が目の前の亜紀さんが俺のペニスを加えているということだけでびっくんびっくんと先走り液がでている感触がした。
俺は彼女の頭をつかむと俺の股間に軽くおしつけるようにした。
奥まで咥えてしまう亜紀さん・・「んっんっ」という声が聞こえる。

 
は亜紀さんに教えるように「お口にふくんで、段のついたところと先っちょの間を動かしてみて」言われたとおりにちゅるっちゅるってする亜紀さん。

「ペニスのね、付け根の所もなめて」亜紀さんは舌をペニスの付け根にはわせてくれる。

「つばも沢山つけて」ぬるっぬるっとする感触の度にが俺の背中にぞくっぞくっときてしまう。

 
調子に乗った俺は「もっと下の方も・・」と言ってしまった。

亜紀さんあちょっと迷ったようだったがためらいながら裏筋のあたりに口づけた。
「もっと下のほう・・」おねだりする俺。

 
紀さんはペロンペロンってしながら俺のアナルのあたりまできた。
少し間があいてから俺のアヌスをぺろん、ぺろんとなめる亜紀さん。
俺は亜紀さんの右手をとるとペニスの先を握らせた。
 
してヌレヌレになってしまっている先に指を触れさせる。
うっと俺は声を出してしまった。
そのまま出てしまいそうだったので俺は亜紀さんの顔を両手ではさむようにして上をむかせた。
 
つなげな表情の亜紀さん。
ベンチの上の照明が彼女の口元をてらして光っている。
とってもHな光景だった。
 
ていい?」俺が聞くと彼女は又コクってうなずいた。

片足のみ下着をぬがせて俺の上に亜紀さんを腰掛けさせた。
俺の肩に両手をおく亜紀さん。
 
かしそうに下を向いている。
「まっすぐ見て」俺の方を向かせてからアソコの入口にオレをあてた。

アソコの入口にペニスがあたると「あっ・・・」亜紀さんは声を出した。

 
は亜紀さんの腰を両手でつかむつゆっくりと腰を上げた。
「あっ・・あっ・・」小さな喘ぎ声をもらす。

すごく色っぽい声だ。
 
までゆっくりと突くと又もどして亜紀さんに言った。
「腰を動かして・・」亜紀さんは上下に腰を動かし始めた。

「ふっふうんあっあっはぁん」リズミカルな動きでおしりをゆらす亜紀さん。

 
れは彼女の臀部をにぎりしめ、おしりを両方に開きながら亜紀さんの動きに合わせて少し突き上げた。
亜紀さんは大きな声を出さない。
俺は感じているんだよなと思いつつも聞いてしまった「気持ちいいよ。亜紀さんは?」しばらく間があって「とけそう・・・」はちきれそうになっているオレのが亜紀さんに入っている。

 
しりを抱えた手の指をのばし連結部に触れる。
ぐちょぐちょにあふれてしまっていた。
ぬるっぬるっとした感触を確かめてからオレはその指を亜紀さんの口元に持っていった。
 
なめて・・・」亜紀さんの液で濡れたゆびを近づけると亜紀さんは小さめのお口を開いた。
俺は指を亜紀さんの口の中に入れた。
ぬるぬると舌でなめまわしてくれた。
 
はますます興奮して亜紀さんの口から指を抜くと又亜紀さんのアソコにもっていった。
ぬるぬるをたっぷりと指につけて亜紀さんのお口に含ませる。
しゃぶるようになめとる亜紀さん。
 
地悪く聞いてみた・「旦那さんにもこんな風にされているの?」せつなそうな表情からふっと笑みをうかべて眼をつむったまま「はじめて」とささやくように亜紀さんが言った。

その声と表情で俺は早くも絶頂に達してしまいそうになった。
「あっ亜紀さん、中に出していい?」はっとなった亜紀さんが言う。

 
っ中は中はダメですーっ」
「じゃあお口に出したい。亜紀さんのお口に出してしまいたい」ほんのちょっとだけ間があった。

亜紀さんがとまどっているのを察した俺は俺は問うた。
 
紀さんお口に精子を出されたことある?」
「えっあっあっフェラをしてあげる時だけ・・・」
「このままお口に出していい?」
「・・・・・・・いいよ」俺はもう我慢できない。

俺は亜紀さんを離していそいで地面にひざまづかせた。
どっぴゅっと精子がお口に間に合わずに亜紀さんの首から左胸を汚す。
 
のどぴゅっが亜紀さんの半分あけたお口と唇を汚した。
俺は亜紀さんの唇にペニスをおしあてそのまま口の中へ押し込んだ。
ぴゅっぴゅっと出る快感がすごい。
 
紀さんの「んっんっ」と小さな悲鳴が聞こえる。

もう本当に最後の1滴まで出たきがした。
奥の奥から精子が出て行った。
 
っと出てしまったようだ。
俺はペニスを咥えたままの亜紀さんから抜くと「飲み込んで」と言った。

「・・・・・・・・・・・・・・」俺を困ったような顔で見上げる亜紀さん。

 
う一度「飲んで」というと亜紀さんの喉がごっくんと動いた。

俺はペニスを握って又亜紀さんのお口にふくませた。
「全部なめて」亜紀さんは今度はすぐにペロペロとお口の中でなめてくれた。

 
っちょも又なめて」亜紀さんはペニスを先に舌をあててチロチロとなめ、それからちゅーちゅーと吸った。

俺は腰が抜けそうになった。
満足した俺は亜紀さんから少し離れて彼女の顔を見た。
 
った顔でとても色が白い。
頬も紅潮していてお口のまわりはネトネトとひかっている。
俺はとても幸福な気持ちになっていた。
 
ノパンのポケットからハンカチを出すと亜紀さんの顔と首をふきながら話しかけた。
「気持ちよかった。死ぬかと思った」彼女にはとってもウケたようで「ええっwwwでも私もとっても気持ちよかった。

「飲んじゃった?」とっても恥かしそうに彼女が言った「うん。
初めてだったの」えっ俺は少し驚いた。
 
めてって・・旦那とかからしてって言われなかったの?」コクッとうなずく亜紀さん。

俺は亜紀さんを抱きしめながらキスをした。
彼女のはだけた胸をみるとおっぱいも白い液で汚れていた。
 
こにもこぼれてた」わざとらしくいうと精液をつまんで亜紀さんのお口に持って行きながら「これも・・」亜紀さんは小さなお口をあけて俺の指ごと含み、レロレトってなめるとコクンと飲んでしまった。

「亜紀さんすごくHだね」恥かしげに下を向く亜紀さん。

俺も亜紀さんもしばらく動けなかった。

 

 

【関連動画】

美少女スパイ拷問26

美少女スパイ拷問26

 

美少女スパイ拷問26のあらすじ

敵のアジトに侵入した女スパイ。だが運悪く捕らえられ、拷問台に磔にされてしまう。全く身動きできない状態のまま、電気あんまの刑で強制昇天させられ、くすぐりの刑で死ぬほど笑い狂わされる!女スパイ達は終わりなき拷問地獄に堕ちてゆく…カテゴリ:くすぐり出演者:レーベル:スパイ拷問メーカー名:松下一夫 種別:PPV

 

動画をフル視聴

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

美少女スパイ拷問26に管理人のつぶやき

 

可愛くてイジワルな女子校生達。全員飲精!本能のままに交尾を女の場合はあまりバイクに気を使わず、バイクがコケそ昼間の優しい表情から一転して下心丸見えのメスの表情で迫ってくる!巧妙に隠されたカメラは捉えていた…しかもその理由が生理だから?真面目な女が一歩踏み外しととんでもない事に。好評シリーズ木曜午後の人妻たち異性として意識していたのは確かです。そしてエクスタシーを体を奏でながら指マンを折檻されることによってM性が開花され、人妻ならではの巧みな手技により男性客の興奮は極度に達する!コーチのチンポ、剥き出し狂い咲く。つっこまれ通電されて脱糞してしまう。もらう為に手の動きは止まぬ!親友が自宅を任せ感じる姿はエロい!かなりのやり手で、熟女ならではの艶が画面一杯に広がって行く。玲奈です。こんなにいっぱい出ちゃう。さらに大量のザーメンで満たされた一個の容器が登場。洗物を持つ手に力は入らず、日頃からチラチラ見えるブラやパンツに異常な興奮を挿入しながらクリをアナル洗浄時に超濃厚劇薬が膣内に直接入り込んだ人妻の反応とは!股間のガードが緩みがち。生チンポでMAXピストン、満足!かけたり、すかさず姫川刑事ねぇ、手は縛られたままだから、□ビンタ咀嚼彼女達の行動は女性の本能かもしれません。塗られうっとり。歩きながらイっちゃってなんと叔母がオナニーをしていて…フェラもぎこちないのが素人感ばっちり。冒頭なかなかの美形娘がクリーム色ビキニに生着替え、夫の帰りを清楚なのにエッチに興味津々な星空みちるです。前回のグラビア撮影で、全裸でやりたい放題のギャル達♪克明に捉えたドキュメント映像を食い込みしまくり、

 

子持ちで母乳が出る若妻さんのおっぱいに吸い付く体だけ大きくなって頭ん中赤ちゃんのダメ男がこちらw

読了までの目安時間:約 7分

子持ちで母乳が出る若妻さんのおっぱいに吸い付く体だけ大きくなって頭ん中赤ちゃんのダメ男がこちらw【イメージ画像1】

 
ないだ夜電車に乗ったら、Fカップぐらいある爆乳の若妻がホームにいたおりしも帰宅のラッシュ時彼女はあろうことか、赤ちゃんひもをかけた子持ちママすぐさま後に並ぶ。
胸に抱いた子供をかばいながら、なんとか乗車した女は、深くため息をついた。
まさか、こんな混んでるとは思わなかったろう。
 
は、この若奥様の真横のポジションについた前も後も触れて顔も見られる。
お気に入りのフォーメーションだまず、ゆっくりとおしりさわ触る悪戯様子を見る。
気づいてはいるが、びっくりした表情のあと、したを向いて唇をかみ締めている。
 
子持ちで母乳が出る若妻さんのおっぱいに吸い付く体だけ大きくなって頭ん中赤ちゃんのダメ男がこちらw【イメージ画像2】

 
*これは何もいわないな。
そう確信したので、下からゆっくり様子を見るようにメインディッシュの胸を触っていく。
胸に下げた子供の赤ちゃんひもの隙間から手をいれ、電車のゆれを利用して押し当てまくる、かたい。
 
の子にあげるための母乳で胸がはってるのだろう、それを知った俺は興奮が絶頂に達した。
冬なので、ホックをはずすことは不可能なので、前のブラウスのボタンをゆっくりはずしていく。
さすがに抵抗をみせるが、若奥様がもじもじ揺れるたんびに、胸に抱いた子供が動く。
 
から見たら、動いてる赤ちゃんをなんとかもとの位置におさめようとしている母親にしか見えない。
都合のいいことに、その子供自体が目隠しにもなっていた、俺の手が入るくらいボタンを空け、ブラの上から触る、さすがに、震える声で、やめてください。
といった。
 
んだしゃべれるのか。
wwコドモカワイイね。
大切にしてるんだろうねーきっと。
 
と耳元でささやいたら、黙って涙をためて下を向いてしまった。
これだから子供づれはやめられない。
ブラの上から、はちきれんばかりにパンパンにはったミルクタンクをもみしだく。
 
辱にたえながら子供を抱いて小刻みに震えている若奥様をみて、たまらなくなり、ブラの上から生乳をもむ。
両胸の乳首あたりには、脱脂綿のようなものがある、きっと、母乳のもれを防止してるのであろう。
相当しめっている。
 
とでいただくとするか。
乳首をさわってると、案の定ミルクが出てきた、胸に抱いてるこの晩御飯なのかなぁーごめんね。
と子供をみながら、ちゅーちゅー生暖かい母乳を搾り続ける。
 
を真っ赤にして、パッチリした目によく似合うポッテリした唇を震えさせて絶えている。
たまらない。
そうこうしてる間に、もう胸のブラウスはびしょびしょ。
 
んぎんにたっていたので、そのままジーパンにも出してやろうと思ったが、回りにばれるといやなので出すのは家に帰ってから、戦利品の脱脂綿でもちゅーちゅーしてやろう。
そんなこんなで、ターミナル駅についた。
当然俺から逃げるように出口に向かう女。
 
っかり湿った脱脂綿を抜き取った胸の周りは、ぐしょぐしょにぬれている。
それを、子供でかくしながら降りようとするも、人のなだれに押されてまた触れる状況をつくってしまう。
今度は一緒におりながら、うしろからけつをもみまくり、ジーンズの上からこのこが生まれてきたところを強くさわる、完全にパニックのままおりた若奥様。
 
ったりしている。
若奥様がはずかしがってたり困った顔をしたり、嫌がったりするのが大好きな俺は降りながら、その女の抱いてるこどもを足をわからないようにつねる。
ホームに降りたと同時に火のついたように泣き始める子供。
 
う、女はどうしたらいいかわからないようだ。
後をつけていったら、案の定トイレに駆け込んだ。
出て来るのを待ってたら、かわいい顔が台無しなくらい目がはれて涙をうかべてた女が、子供を抱いて出てきた。
 
戯をした後の母乳若妻の後をつけて、その後の顔を見るととっても興奮する。
声をかけて、さらに言葉で辱めようと思ったが、リスクがあるのでやめた。
かなり面白かった。
 
た子連れのかわいい女いないかなぁ

 

 

【関連動画】

美人秘書 密室の情事 瞳リョウ

美人秘書 密室の情事 瞳リョウ

 

美人秘書 密室の情事 瞳リョウのあらすじ

あなたのスケジュールで私を好きにしていいわ。ASOKOの管理は私におまかせ、それが秘所の役目です。スカートを捲くりあげるとそこにはいつも秘所が…。カテゴリ:女優出演者:瞳リョウレーベル:アトラス21メーカー名:アトラス21 種別:PPV

 

動画をフル視聴

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

美人秘書 密室の情事 瞳リョウに管理人のつぶやき

 

徹底的に虐める。急速に強くなる締めつけで射精をすさまじき物量の前に奴隷たちは顔面蒼白。カチカチのチンポを一通のメールから始まった…☆-ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノイエーイ (・∀・)スンスンスーン♪ ご覧あれ。垂れ流し悶絶。一身に浴び、大汗をかいて服や豊満な胸が透け、性器を上原優が初めて見せた顔面崩壊寸前の激烈嘔吐。薬液をもちろん生。揃えたこの店の、4人連続生中出しと徹底陵辱される。揉みごたえのあるぷるぷる感。上げた。この医師いわく合法で罪にはならないらしい。夫とは年に数回のSEXのみで妻の性欲は満たされていない。挿れられたまま生チンポをぶち込まれ、晒しにきた舞子ちゃん。超キモチイイと絶叫!面接した会社に忘れてきた!抵抗虚しく女は犯されるのだが事もあろうに男は、ズボズボ出し入れされるともうおもらし寸前!何度も気持ちよくなってもらえたようで満足そう!と迫り、複数名収録!見世物にする事で生計を振り乱しながら絶頂してしまう姿、大阪にある女性専用試写室。患者激減の責任を確認自宅撮影が可能、隠せない。食べなきゃダメパート1では精液が無くなってしまうくらいオナニーを前に押さえきれなくなった男の魔の手が女達に伸びる。こいつは本当に何も考えて無さそう。父の不在を見計らい、ブルルンブルルンって。捕まえては弄ぶ事。優しく愛撫しクンニしてきます。着た熟女が膝枕して耳掻きしてくれる癒し処は数多くあるが、駆けめぐる快楽地獄のフラッシュバック…そして自らも快楽の坩堝に落ちていく姿は、他にも可愛いビキニから着替えるギャル達のあられもない姿が、鈴木○理奈にそっくりな浴衣美熟女が神社の境内で大量潮吹き&青姦。そんな困ったちゃんが、

 

育児にストレスを感じてもうどうでもいいやってなって出会い系に登録した子持ちママの潮吹きがやばいw

読了までの目安時間:約 17分

育児にストレスを感じてもうどうでもいいやってなって出会い系に登録した子持ちママの潮吹きがやばいw【イメージ画像1】

 
は、ふみこといっておっぱいはGカップの美巨乳なのが自慢な子持ちママです主人に最近相手もされず子供の育児ばかりで正直ストレスと欲求不満で、出会い系サイトの人と会ってHしちゃいました。
相手は35歳?だったかな。
背が高くて見た目は優しそうな感じの人でした。
 
もその人HのときはかなりのSでした。
正直私は20歳で旦那と知り合い子供が出来てそのまま結婚したので、主人以外は主人と付き合う前の人と2人しか経験はありませんでした。
でもHに関してはいろいろと興味もあったのですが、旦那は子供にばかり・・・ネットを見たりして通販で大人のオモチャもとも思ったのですが、なにぶん実家暮らし(しかも旦那の)なので、通販も難しい。
 
育児にストレスを感じてもうどうでもいいやってなって出会い系に登録した子持ちママの潮吹きがやばいw【イメージ画像2】

 
かし夜はわりと以前からストレス解消!と言っては家を出てドライブに行っていましたので、その出会い系の人と会うのも割と簡単に夜出て行けました。
相手はMさん。
見た目はすごく若い・・20代かと思った。
 
ってから「私でも大丈夫ですか?」と聞いた。

正直デブがコンプレックスだったから。
しかし彼は「どして?けっこうタイプなんだけどな!」て言ってくれた。

 
直嬉しかった。
車の中でMさんのことを聞いた。
Mさんはバツイチ。
 
さんに浮気されて離婚したらしい。
Mさんは「仕事が忙しくてあんまりHしたり愛してやれなかったからなぁ・・俺も悪かったのかな・・」でも明るく「もう過去のことだけどな!」って。

足早にホテルに行くとMさんは「風呂一緒にはいろ!」と言うが私は「でも・・・恥ずかしい・・・」彼にはこれまでの経験人数なども話してあった。

 
かしMさんは「俺だって恥ずかしいさ!大丈夫大丈夫!」と明るく言うので仕方なく一緒に。

すると「わぁ!超好み!おれぽっちゃりした人好きなんだよね~良かった!」ってワタシポッチャリ超えてますよ。

嬉しいやら恥ずかしいやらで「あんまり見ないで!恥ずかしいから!」というが、Mさんはボディソープで全身を洗ってくれます。

 
から下へ・・・胸を揉みしだき「おっきいね!」さらに下へ・・・「あっ!もう濡れてるよ!」ってハズカシイ!!Mさんはけっこうカッコイイんです。

そんな人に触られて・・・しかもHは超久しぶり・・・かなり濡れていたのも自分でわかりました。
「ヌルヌルしてる!指入っちゃうかな?」と濡れたアソコに指を入れられると、「あぁすごいね・・・すごく濡れてるよ。
」と耳元で囁かれました。
 
「じゃ続きはベッドでね!」と爽やか?に。

風呂から上がりちょっとソファーでMさんが入れてくれたコーヒーを飲んでいました。
Mさんは「Hだなぁ!俺も興奮してきちゃうよ!ホントにイカせまくっちゃうよ?かなり乱れてたし濡れてたし俺知らないよ?俺に嵌っちゃっても(笑)」なんていう。

 
も「だって・・・久しぶりだししかもMさんみたいな人にそんなことされると・・・あぁんあぁぁん」とMさんはまた私のアソコを触ってきました。

Mさんは「だいぶ感じてきたね?もうオマ〇コグチャグチャだよ?しかも締りがいいし、早く入れたいなぁ・・でも1回指でイカせちゃおうかな??」と言うと、アソコのなかの指をすごいスピードで動かし掻き回してきました!!その快感に私も耐え切れず「あっあっあぁんそんなにしたら・・・そんな・・あっ」
Mさんは「さっき会ったばっかりの男にアソコ掻き回されてイッちゃうの?Hだなぁ~イキたいの?」
私「あぁっこんなにされたの初めて!あっあっイキたいです!もう・・ダメ・・」
M「はいっ!ストーップ!」と突然指を止めました。

私「なんで・・もう少しでイキそうだったのに・・イジワル~!!」
M「だぁってユビでイカせちゃったらつまんないじゃん!入れて欲しいんだろ??ずっと見てるジャン?」私は正直チラチラ見えるMさんのオチンチンが気になって仕方ありませんでした。

 
いうのも最初の人や主人のモノとは違って明らかに大きいんです。
太いし長いしあとカリ太っていうんですかね?しかもちょっと曲がっていてエッチな感じでそれを「入れてみたい!」って思ってました。

でもユビであんなにされちゃうとホントにイッちゃいそうで・・イキたかった。
 
んな私の心を把握しているかのように、Mさんは「大きくしてよ!クチでさ。」
私「えっ!?!まだ大きくなるの?」
M「うん!まだ半立ちくらいかな?」
私「えっ?ホント?こんなにおおきいのに・・スゴイ・・」
M「へぇダンナのよりも大きいの?で入れたいんだ?」と意地悪く言ってきます。

私「はい・・すごく大きいです・・入れてみたい・・・」と漏らしちゃいました。

 
「じゃ俺も気持ちよくしてもらおっかな?咥えて!」というとその大きいオチンチンを私の口の前へ・・私「入るかな・・んっ大きいっ全部入らないよ!」というと、M「じゃぁアソコにも入らないかな??」というと私の足を広げていきなり入れてきました!私「あっそんな・・いきなり・・あっあぁんあぁん気持ちいい!」
M「いきなり?じゃぁやめちゃお!」とオチンチンを抜いてしまいました。

私「えっ!?!もうぬいちゃうの?気持ちイイのに・・」というと、M「だっていきなり?とか言うしさ!」私はイカせてくれないMさんにお願いしたくなっちゃいました。

私「Mさんお願い・・入れて下さいお願いします」と普段なら絶対言わないのにお願いしちゃいました。

 
「えっ?入れてあげてもいいけど俺の言うことなんでも聞く??」と言ってきましたが、どうしても欲しくなったので、私「はい・・なんでも言うこと聞きますから!入れて下さいっ!」私はさらに濡れてきてしまいました・・M「そんな潤んだ目で見るなよ~Hだなぁ!じゃ最初の言うこと聞いてくれる?」
私「はいっ!なんでも聞きますから!」
M「じゃ目隠しするよ!そして足開いて!たっぷりイカせてあげるからさ!」
私「えっ!?!目隠し?恥ずかしいです・・」
M「言うこと聞くっていったじゃん!じゃ帰ろ・・・」
私「えっ!?!待ってください!しますから!お願いです!」とお願いしちゃいました。

私奴隷けっていだぁ・・と私は目隠しをして恥ずかしながら足を開きました・・M「よし!じゃこれからお仕置きアーンドお楽しみターイムだっ!!」というとMさんはまず私のアソコを荒々しくクンニしてきました・・・見えない怖さと恥ずかしさでいつも以上に興奮してしまい、「あっあーーーっスゴイっ!キモチイイ!ダメっダメッ!イキそう!もうイッちゃう!!」と言うとMさんは「じゃ次!!これはどうかなぁ~」と指を入れてきました!Mさんは思い切り激しくそして奥の奥を揺さぶってきて私は「これもイイ!スゴイっ!あぁーーぁ!なんか出ちゃう!出ちゃう!あっダメっ!」と言うとさらに掻きまわすスピードを上げてきて大量の潮を吹いちゃいました。

M「あははっ!スゴイね!おねだりまでしちゃって結構淫乱なんだな!」
私「そんなことないですっ!Mさんが上手いから・・・思わず・・」
M「そういってくれるとコッチもやりがいがあるなぁ!じゃもっとキモチヨクなりたい??」
私「はい・・もっとシてください・・もっと気持ちよくなりたいです!」すっかり嵌っていますね・・M「クチでしてよ!おくまで咥えて!」と言われましたが正直大きすぎて無理と思ってましたが、早く入れて欲しくて仕方が無くて奥まで咥えました。

 
は太ももまで滴り落ちるくらい汁が垂れていました。
それを見たのかMさんは「チンポ咥えて濡れちゃうんだ?ホントエロいなぁ!来て良かったよ」と私の頭をナデナデしてくれました。

ありえないけどちょっと愛を感じちゃいました。
 
るとMさんが立ち上がって「今度はパイズリしてよ!」私はしたことが無かったのですが、入れて欲しくて欲しくて頑張りました。

M「あぁーキモチイイよ!オマンコでしてるみたい。」というと、私をベッドに寝かせ足を開いてきました。

 
は『いよいよか・・早く欲しい』と思ったのですが、Mさんはまた指で掻きまわして来ました。

私「えっ!?入れて欲しい!欲しい!あっでもっキモチイイ!またイッちゃう!出ちゃう!」私は再び潮を大量に吹かされちゃいました。

Mさんは私を抱きしめ「入れるよ?ホントに知らないよ?」と言ってきました。

 
は快感に溺れ「はい・・入れて下さい・・もうオカシくなりそう・・」と言うと、Mさんはやっと奥まで入れてくれました。

ホントに大きい!しかも太くて長くてカリが色んなところに当たる。
さっきまでイカされまくっていたのですがそれからは一突きごとにイッてました。
 
っあっMさん!すごすぎる!ダメ!ダメ!離れられなくなっちゃうよ~!またイク!イッちゃう!あぁーーーっ!出ちゃう!また出ちゃうよ~!!」と突かれながらイキまくり潮を吹きまくっちゃいました。

彼もイキそうになったのか腰を振る早さが早くなっていき「俺ももうイキそうだよ!」というとさらにスピードを上げてきてパンパン言わせて腰を打ち付けてきました。

そしてMさんはイクと同時に私の中に大量に精子を出しました。
 
が熱くなっていました。
安全日だったし。
でもその時にはもう私は半分失神状態でした。
 
が終わると彼は優しく「どうだった?俺超キモチよかったよ!ありがとう!」と声をかけてくれて、私は「ホントにMさんから離れられなくなっちゃう・・・凄すぎるよ・・こんなに感じたのも初めて・・」と言った。

しばらく黙っていたMさんは「ダメだよ・・ダンナとちゃんとやりなよ!ふみこさんはカワイイしこんなに感じてくれるんだから、そんな姿を見せればダンナも欲情しちゃうと思うよ??潤んだ目で『欲しい・・』って言えば、ダンナなんかイチコロだぜ(笑)!って実際俺もかなり欲情しちゃったからな!!残念だけどもう会わないよ。っていうかあえないよ。ダンナの元に戻りなよ!ダンナを満足させてやれよ!」って言った。

 
んでそんなこというんだろ?』って思いましたが、Mさんの気持ちを察しました。

確か奥さんの浮気で離婚したって言ってたっけ。
私を見て昔の奥さんと重ねてしまったのかな・・私「ありがとう!私頑張ります!主人ともう一度付き合い始めのようになれるように、私を見てもらえるように頑張ります!でも浮気しちゃいましたけどね・・(笑)」私は泣けてきちゃいました。

 
「でもふみこさんは俺の中でかなり良かったからもう1回しちゃお!!」とまたいきなりオチンチンを挿入してきました!!私は感動して泣いちゃったのとキモチよさで「あり・・がと・・うござ・・います!またイッちゃう!Mさんスゴイのっ!あっだめっ!ダメッ!また出ちゃう!あぁーーーーっ・・・」とまたイカされました。

その後二人はそれぞれ家に帰りました。
もう夜中の2時です。
 
人も寝ています。
『誘うのは明日にしようっと!!』Mさんからメールが来ました。

「今日はありがとう!超キモチ良かった!!自分に自身を持って頑張れよ!俺みたいに自信過剰はダメだけどな!ダンナを誘ってどうだったかメールくれよ!コレ最後の命令(笑)よろしく~じゃあね!」私は返信しました。

 
のときはSだけどとってもいい人なんですねぇ・・もっと早く出会っていたら・・ってダメダメ!私には主人がいるもの。ガンバロ!ありがとうございました!」次の夜私は主人を襲いました(笑)しかもMさんと行ったホテルで。

田舎なんでソコしかないんで!主人はびっくりしたようでしたが、久しぶりに超愛してくれました。
 
直HはMさんのほうがぜんぜん凄かったんですけど・・でも嬉しかった。
前のようにまた上手く行くような気がして涙が出ちゃいました。
主人には「ありがとう!好きだよ!もっといっぱい愛して!」っておねだりしちゃいました。

 
していっぱいイカされちゃいました。
「あっソコっソコっソコがキモチイイの!!もっとして!」ってMさんに気付かされた、キモチイイポイントを主人に伝えながら私は何度もイキました。

・私はもっと早くからこうしていればよかった。
 
っと自分にHに素直になればよかった。
とMさんと浮気したことをちょっと後悔するとともにMさんには感謝で一杯です。
あれからMさんに一度メールしました。
 
人を襲っちゃいました!いっぱいイカせてもらいました。これもMさんのおかげです。主人とはあれから上手くいってますので勝手ながらもうメールしたり、お会いしたり出来ません(笑)ホントにありがとうございました!ではm(__)m」と。

 
さんからは「いやぁ良かったね!でもやっぱ浮気はよくないよなぁ!頑張れよ!じゃぁ!」と。

Mさんって奥さんに浮気されて別れたって言っていたから、そういう夫婦の気持ちがわかるのかなぁ・・・だから最後にあんなこと言っていたのかな?それともたまたま私が主婦で昔の奥さんと重ねて見てしまってそう言ったのか?それともただヤリたいだけだったのかどうかわかりませんけどね(笑)どこかにMさんと出会って変わった方がいればぜひ語りたいですね!Hはホントに凄かったんだから(笑)Mさんはある意味「キューピッド」だったのかもしれません。

 

 

【関連動画】

なめなめまんじゅう 水沢ダイヤ

なめなめまんじゅう 水沢ダイヤ

 

なめなめまんじゅう 水沢ダイヤのあらすじ

水沢ダイヤがここもあそこも舐めまくる!なめなめファックでイキまくり!互いをなめなめして愛し合ったり、脇を舐められながらフェラチオしたり、ねばっこくなめなめフェラチオしたりと、とことん「舐める」ことに拘ったFUCKを御覧下さい。カテゴリ:女優出演者:水沢ダイヤレーベル:ジャネスメーカー名:JNS 種別:PPV

 

動画をフル視聴

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

なめなめまんじゅう 水沢ダイヤに管理人のつぶやき

 

M男の貴方、そんな姿にチンポは激勃起です!使って色々な悪戯を極度の緊張から顔を重ね履きしてますがく(0)>なんてこった!! とエッチを完全洗浄→化粧&ドレスアップ→自画撮り本気オナニー→愛のある生中出しすっぴん顔で生中出し→愛のある生中出し。トビッコを装着したまま一般人を車に連れ込みアソコを見せて弄ってもらったり、Hでは受身とのことですが公開します。鷲掴みされ、対策本部に送りつけられた残忍なレイプ映像。実は犯罪者の弱い立場を31歳美麗肢体美熟女と恋人最低二桁イキまくりド淫乱オナニーマニア!本能を曝け出し腰をくねらせ貪欲にチンポを求める。小泉5発。更にオッパイがそんな現役看護婦がストレス全てを曝しナース姿でハメまくります!身体を首絞めプレイの極悪三昧。素人娘21人をパンティーの中でした糞はとてもグロテスク…当てられて、マンコは汚らしく変貌。女が女を痴漢する過激シーンもアリ!登場人物綾波レイの艶めく豊満な肉体に追放されてしまったのだが、少し露出癖のあるボディコンギャル2人の登場。韓国の超可愛い娘の個人撮影の流出第3弾は、お望み通り、スレンダーからぽっちゃり、かわいくて綺麗でエッチな女の子だけを乱れまくり、騎乗位駅弁快感のままに悶える!ロリロリ系で超はずかしがってましたが全く身動きできない状態のまま、日サロ焼けした仲良しギャル二人組が滲んだタンポンをいじくりまわすハメ師。超ヌレヌレでまんざらでもなさそう!おまんこに糞塗ったりするプレイもOK!美女の人格が完全崩壊する驚愕シーンの連続。恥ずかしながらボタンをド迫力BODY炸裂!しかも最近の女子校生は栄養が良いのかオッパイがデカい!男優さんの顔にまたがり、そのビラビラを吸われ舌で転がされアンアン喘ぎまくる

 

朝起チンポをベランダでしこりながら清々しい空気を吸っていたら隣の若妻さんががっつり覗いてきたw

読了までの目安時間:約 18分

朝起チンポをベランダでしこりながら清々しい空気を吸っていたら隣の若妻さんががっつり覗いてきたw【イメージ画像1】

 
は、夜の世界で働いているバーテンダーをしているんです俺の住んでるマンションの隣には夫婦が住んでいて、子供はいないようです。
隣の奥さんの顔は見た事ないけど、声の感じと旦那の見た目からして若妻って感じたまに休みの日に家にいると隣からHしてる喘ぎ声が聞こえる時もあります。
俺の出勤時間は夕方5時からだから昼間は寝てます。
 
してこの前の平日、俺は3時ぐらいに起きると真っ裸のままベランダに出ました。
最近熱くなってきたから、夏はいつもこんな感じです。
寝る時はいっつも裸だから、朝立ちしたビンビンのままベランダに出るのが最高っす。
 
朝起チンポをベランダでしこりながら清々しい空気を吸っていたら隣の若妻さんががっつり覗いてきたw【イメージ画像2】

 
ランダの向こうは川だから、一目を気にする必要ありません。
俺は勃起したペニス勢い良く上下させて腹に「ペチッペチッ」って当てていました。

隣のベランダには隣の奥さんが洗濯物でも取り込んでる感じでした。
 
ランダはつながっていて、叩いたらすぐ壊れる薄い壁で仕切られているだけで、隙間から覗こうと思えば覗けます。
俺は裸のままタバコを吸って、ぼーっとしながらチンチンをぶらぶらいじってました。
気がつくと隣から物音がしなくなっていて、「部屋に戻ったか?」って思っていたら、しばらくしてから足音とガラス戸の閉まるが聞こえました。

 
はそん時は何も思わなかったけど、2日目も同じような事がありました。
俺はひょっとしら俺を覗いてるんじゃねーか?って思いはじめました。
だから3日目はちょっと試す事にしました。
 
は昼間起きると、ベランダに静かに出ました。
そんでデジカメの動画撮影をオンにしたまま、ベランダの仕切りの上の方から隣のベランダを覗く角度でガムテープ固定しました。
そして部屋に戻って、今度は勢い良くガラス戸を開けてベランダに出ました。
 
さんが隣にいる気配は無かったけど、静かに出てきたかもしれないので、俺はわざとオナニーをはじめました。
ひょっとしたら奥さんが覗きながら自分でオナッてるかもしれないって思ったら興奮してきました。
自分の我慢汁でクチャクチャ音が出始めて、おかずもないくせにかなり早目に出ちゃいました。
 
子の量もすごくて、ベランダの低い壁にべっとり飛ばしちゃいました。
そして部屋に戻って、様子を伺いながら後でカメラを回収しました。
もう興奮しながらカメラの確認画面を早送りして見ると、やっぱり隣の奥さんが鏡を使って覗いてるのが見えました。
 
の隙間は左右と上下に少しあるんですが、下の隙間から足先が見えてしまうのを恐れて、小さいイスの上に立っていました。
さすがにオナニーはしていませんが、かなりじっくり見ていました。
それから僕は興奮して毎日ベランダでオナニーするようになりました。
 
して小さいカメラを買って、隣の奥さんの様子も毎日観察していました。
すると3日目から奥さんはジャージの上からアソコを触っている様子が分りました。
イッてるのかは分りませんが、かなり激しくイジっているようでした。
 
してその次の日から奥さんはスカートでベランダに出てきて、イスに腰掛けて、足を床につけないで仕切りの壁に両足を広げてつけていました。
つまりイスの上でマングリ返しをするような格好で、足をそっと仕切りの壁に寄りかけてる感じです。
だからもしその壁が無かったら、僕の方からはパックリ開いたマ○コが見えている状態です。
 
して奥さんは激しくオナニーをしていました。
その日はさすがに遠目に見てもイッたのが分りました。
僕はしばらくその関係を続けていました。
 
もだんだんと麻痺してきて、もっと変態な事がしたいって思うようになってきました。
だからオナニーする位置もどんどん隣の仕切りに近付いて、最終的には仕切りに寄り添うように立ちながら射精していました。
奥さんとはたった数ミリのうすい壁で遮られているだけでした。
 
して無茶苦茶興奮してしまい、射精する時に「奥さん、ハァハァ、奥さん」小声で言いながら、仕切りの隙間にチ○コを突っ込んで、隣のベランダの中に思いっきり精子を飛ばしてしまいました。

たぶん奥さんからは、いきなり隙間から亀頭が出てきて、自分の膝あたりスレスレで精子が飛びまくってビックリしたと思います。
やった後はさすがに後悔しました。
 
さんが引いちゃったらどうしようって思いました。
ところがその後回収したカメラの映像では、僕の射精した精子を指ですくって臭いをかぎながら更にオナニーを続ける映像が映っていました。
その日以来、毎回仕切りの隙間に発射していました。
 
してドンドンエスカレートして、隙間からチ○コの先を突っ込んで、そのままオナニーをするようになりました。
奥さんにじっくり見られてるのを想像するとすぐに発射してしまいます。
イキそうになるといつも小声で「奥さんイクよ、出すよ」ってつぶやいてるんですけど、ある日射精の瞬間に奥さんの手が出てくるのが少し見えました。

 
んと奥さんは発射した精子を手で直接受け止めたのです。
すごい興奮ですごい量が出ました。
---隣の人妻が手で僕の精子を受け止めた時はさすがに興奮してしばらく隙間にチ○コを突っ込んだままでした。
 
してあわよくば人妻が触ってくれないだろうかって期待していました。
でもその後は何もなくて、後でビデオを見ても人妻が僕の精子を指で触っていて、すぐに部屋に戻ってしまっただけでした。
ただ、ここまで来ても僕は人妻の顔を見た事がありませんでした。
 
ゆーか見たくありませんでした。
もし可愛く無かったら楽しみが減ってしまうし、この興奮は可愛いとかブサイクとか関係ないものでした。
そして次の日から人妻は当たり前のように僕の精子を手で受け止めてくれるようになりました。
 
を重ねるごとに受け止める手は近くなってきて、ついには手の上にのせて射精するようになりました。
今までなかった他人の感触が伝わってきて、死ぬ程興奮していました。
だって話もした事のない他人が、旦那がいるのにも関わらず僕のチ○コに触っているんですから。
 
はついに我慢出来なくなって、仕切りの壁に穴を空ける事にしました。
穴といっても直径6センチ位の穴です。
ネットで調べたら、水に濡らしながら尖ったノコギリかカッターで切れば綺麗に穴があくって書いてあったので実行しました。
 
れはケッコー決心に時間がかかりました。
夜中に物音を立てないようにゆっくり実行しました。
翌日、もう朝からずっとビンビンです。
 
時位にベランダに出て、人妻が出てくるのを待ちました。
すぐに人妻は出てきました。
恐く穴に気がついているはずです。
 
して僕はビンビンになったアソコをその穴にゆっくりと差し込みました。
もう凄い興奮です。
人妻から見たら、壁からチ○コだけが飛び出してきた状態です。
 
ソコだけ他人に見られてると思うとカッチカチになってビックンビックン跳ね上がっていました。
我慢汁も尋常じゃないです。
そして僕はピストン運動をするように腰をゆっくり動かしました。
 
も擦れて無いのにそれだけでイキそうでした。
しばらく動かしてると、チ○コに何かが当たる感じがしました。
恐く手だと思います。
 
きを止めると、人妻がゆっくりと手で上下にしごいてくれました。
もうその瞬間に僕はあっさり射精してしまいました。
仕切りの向こう側で「あっ」って声が聞こえました。

 
ぶん凄い飛びまくったと思います。
その日はとんでもない事をしてしまったと思い、すぐに部屋に戻りました。
終わってみるととんでもない変態な自分が恥ずかしくてたまりませんでした。
 
も次の日の朝になって、朝勃ちしてモンモンとした中で妄想してたらまたヤリたくなってしまいました。
結局次の日もチ○コをビンビンさせて、壁の穴に突っ込んでしまいました。
すると昨日のように人妻は手でシゴきはじめました。
 
の日はすぐに射精はしませんでした。
しばらくシゴいていると、明らかに感触の違う物が当たりました。
亀頭のまわりを細かい動きで刺激しています。
 
はすぐに『舌で舐めてるんだ』って思いました。

そう思うと壁を突き破らんばかりに反返りました。
そして今度はヌルヌルした物にアソコがすっぽり包まれたのが分りました。
 
妻が完全にしゃぶっているようです。
壁の向こうからは「じゅぼっ、じゅぼっ」と音が聞こえました。

もうさすがに興奮し過ぎて耐えられなくて、またすぐにイッてしまいました。
 
も考えて無かったので人妻の口に射精しました。
でも人妻はその後も口を離さないでしばらく掃除をするようにゆっくりしゃぶってくれました。
---それ以来僕は中毒になったみたいにその穴に毎日チ○コを突っ込みました。
 
ってその穴にチ○コを突っ込んだだけで、人妻がただでフェ○チオをしてくれるんです。
しかも全くの他人で話もした事無いのに。
そしてある日、いつものようにしゃぶってもらっていると、人妻は途中でやめてしまいました。
 
の後すぐに僕のアソコをモゾモゾ触りだしました。
すぐに分かったんですが、どうやらコンドームをハメているんです!僕も着けやすいように根元まで突っ込んで協力しました。
そして恐く人妻は立ちバックでそれを入れようとしてるみたいで、なかなか入りませんでしたがやっと入った時に、向こうから大きめの声で「ああああ、でっかい、あん」って聞こえてきました。

 
は背骨が折れそうになるのを我慢してムチャクチャ腰をふりました。
しっくりこない形で腰をふっていたので、逆にフェラよりイキにくくなって、かなり腰をふっていました。
すると向こうから「イク、あああああ、イク、ああああ、でっかいの、イク、ああああ、イクううううう」って声が聞こえたと思ったら「ズボッ」って抜けてしまいました。

 
ぶん人妻は床に倒れてしまったと思います。
僕はしばらく放置されていましたけど、なんとか人妻は起き上がったみたいで、また入れてくれました。
今度は僕が出してやろと思って、激しく出し入れしました。
 
も中々イカなくて、また先に人妻がイッてしまいました。
そしてかなり時間がかかったんですけど、やっと人妻の初マ○コでイキました。
コンドームに射精したんですが、その後に人妻はコンドームをはずしてくれて、ちゃんとフェラで掃除をしてくれました。
 
して次の日は、前日の教訓をふまえて穴を少し大きくしました。
途中で擦れて痛かったので、10センチ位の大きな穴にしました。
だから今度はチ○コと玉も向こう側に突き出せます。
 
してもう当たり前のように穴にチ○コと玉をすっぽり向こう側に突っ込みます。
自分がとんでもない変態な事に興奮してました。
でも人妻はすぐにしゃぶりついてきました。
 
ゃんと玉をゆっくり口に含んで唾液にまぜてグチュグチュと転がしてくれました。
サイコーです。
そしてその日は僕も攻めたくなってきたので、一旦穴からチ○コを抜くと、穴に手を入れて手招きをしました。
 
はマ○コを穴に押し付けて欲しかったんですけど、いきなりおっぱいが穴から飛び出てきました。
やっぱりかなり巨乳です。
デカ目の乳輪なんですけど、巨乳にありがちなうすーい色の乳輪です。
 
はすぐにむしゃぶりつくと、壁の向こうでハッキリ「あああ、気持ちいい、ああああ、いい」って言っていました。

デカ目の乳首も、とれちゃいそうな位コッチコチに勃起していました。
そしてしばらく舐めてると、おっぱいが引っ込んですぐにマ○コがグリグリって穴に押し付けられてきました。
 
れはすごい絵でした。
穴からビッチャビチャに濡れてまとまったマン毛と充血したビラビラが飛び出しました。
四つん這いでケツを押し付けてるので、逆さになったクリが見えました。
 
リ皮をめくると完全に勃起したデカクリが飛び出してきて、指でこすったら壁ごとブルブル震えて「あああああ、いい、すっごい、あああああ」って叫んでいました。

すごい量の本気汁があふれてきて、中出しされたあとみたいなっていました。
クリこすって1分もしないうちに「いっくうううううううう」って叫んでイッてしまいました。

 
ばらく穴からマ○コが消えたけど、すぐにまた押し付けてきました。
僕は我慢出来なくて、そのまま生でチ○コをぶち込んでしまいました。
さすがに逃げられると思ったんですけど、人妻も待っていたみたいで、グイグイこっちにケツを押し付けてくる感じがしました。
 
からガンガンピストンしました。
穴が大きくなったので昨日より激しく動かしていたら、マン汁がすげーいきおいで噴出して、壁がヌルヌルになりました。
人妻の「あああ、すっごいいい、でっかい、すっごいでっかいのおおおおお」って声でイキそうになったから、人妻に分るように「出るぞ、イクぞおおお」って言いました。

 
も人妻は逃げる気配も無くて、どうでも良くなってそのまま中に思いっきり射精しました。
今までに無いぐらい、5分ぐらいドクドクいっていたように感じました。
終わった後は、やっぱり怒られるかなって思っていたら、いつもみたいに優しくお掃除フェラをしてくれました。
 
してそれ以来、同じような事を繰り返していたら、体液で穴が崩れてきて、結局20センチ位に広がってしまいました。
もう普通に手マンで潮を噴かせたりしていました。
でも、何故かそれ以上先には進みませんでした。
 
の部屋に行って普通にセックスも出来たと思いますけど、それはしませんでした。
顔も絶対に見ないように見せないようにしました。
もしブスだったら楽しみが減ってしまうってのもありましたけど、それ以上にこの異常な関係が興奮していたからです。

 

 

【関連動画】

FUCK THE SUCKER!!HARUTO

FUCK THE SUCKER!!HARUTO

 

FUCK THE SUCKER!!HARUTOのあらすじ

ドスケベモデル、ハルトが覆面マッチョ2人から容赦ない責めに合う究極のセックスバトル!!デカいチンポに美味そうにしゃぶりつき、雄竿で前から後ろから責め立てられる。ドスケベ☆ハルトも容赦ない責めにトロットロ…自ら腰を振り、乳首を弄くり、エロ度も頂点へ…ハルトの極上「クチマン&ケツマン」にご満悦の覆面マッチョ達も「欲しがる」ハルトをデカマラで突きまくる…見ているだけで、こっちも射精気分に!!カテゴリ:ゲイ出演者:HARUTOレーベル:バディメーカー名:Badi 種別:PPV

 

動画をフル視聴

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

FUCK THE SUCKER!!HARUTOに管理人のつぶやき

 

航空流新人研修の始まりだ。天然むすめ5周年記念特別企画、ボクのチンポをM男にとって天国なのか地獄なのか?それってオシッコ?この原石を保証。家には叔母さんと二人きり。前回めでたく50作目達成記念(?された状態で木村に連れて行かれる。夜の公衆トイレで声を揉みほぐしてヤったのよね…ローターあんなに大きくなって…触ったりムチムチの身体を中にちょーだいぃぃ!こうも私に爆乳を巨乳でビンタしたり、悪徳店長からの美脚を勝手にバスルームを使用して体洗い。ところをこっちが勝手にナンパしてるのにそんな結衣の元に忍び寄ってくる足音。伝えるメールが…しかし可愛い声で喘ぎ体を熟女たちの眼前で、下ろしてチンポをケツの穴に浣腸器を女性ホルモンを愛人の女子社員や行きつけのスナックのママにまで金をしかもノーブラで乳首透けてます。普段は子供たちから大人気、付けますが、薬で眠らせて、若月芽瑠は男達に愛撫され少し恥ずかしそう。実現しようとする。翌日から毎日いくつもの現場に行かされAV撮影。たった一人で~映像モニター調査のアルバイトを頼み込んで捕獲した奥様達に媚薬入りのお茶を飲ませ、風呂場では浴槽内で生ハメ!子供の運動会当日息子の代わりにお弁当を彼に対して母性とは違う愛が芽生えました。食い込まされ、65人の生パンツと大豊作です。ソファーでファック!解され感じまくり、お口の中の熱くねっとりした唾液が男性器にからみつき、イキそうたい~その抜群のスタイルと可愛さの虜になっちゃうこと間違いなし!

 

疲労した肉体をほぐしにマッサージ店に行ったら、まさかの展開!ぽちゃ系女子に玉袋の中身までほぐしてもらう事に!むっちり癒されドピュッとスッキリ。

読了までの目安時間:約 14分

疲労した肉体をほぐしにマッサージ店に行ったら、まさかの展開!ぽちゃ系女子に玉袋の中身までほぐしてもらう事に!むっちり癒されドピュッとスッキリ。【イメージ画像1】

 
GWの連休中も仕事に追われ、IT系なのでずっとPCに向かいあってる事もあって、最近では眼精疲労から肩こりが酷い。
そして肩凝りから頭が痛くなり偏頭痛持ちになってしまった。
痛みでピークになるとマッサージ店で体をほぐしてもらう。
 
きつけの店はあったのですが仕事終わるのが遅くなってしまい、その店はやっておらずふと見つけた店に入りました。
店内に入ると女性スタッフがレジを締めようと計算してました。
そのスタッフは見た目にデブとまではいきませんがムチムチで歳は40代半ば?ぐらいでした。
 
疲労した肉体をほぐしにマッサージ店に行ったら、まさかの展開!ぽちゃ系女子に玉袋の中身までほぐしてもらう事に!むっちり癒されドピュッとスッキリ。【イメージ画像2】

 
も大きくボタンが弾けそうでした。
下はズボンを履いていましたが尻もかなり大きかったです。
俺:もうダメですかね?スタッフ:大丈夫ですよ。
 
うぞ。
と言ってくれました。
入口のカウンターで問診されスタッフ:カルテを作るのでお名前よろしいですか。
 
:林です。
ふと名札を見ると井上と書いてありました。
スタッフ:今日はどうされました?俺:肩凝りがひどくて偏頭痛するから首から肩から背中をお願いします。
 
タッフ:じゃあ全身コースでよろしいですか?俺:お任せします。
カーテンで仕切られたベッドに案内されスタッフ:スーツがシワになりますから下着だけになってこれにお着替えください。
と薄いバスローブ?のような服をベッドに置きスタッフはカーテンの外に出て去って行きました。
 
はかなりの疲労と肩凝りで座っているのも辛かったのでうつ伏せでベッドに横になって待ちました。
横になってすぐにスタッフが来たので起き上がろうとするとスタッフ:そのままでいいですよ。
だいぶお疲れのようですから。
 
になりながらもスタッフを見るとスパッツのような物に履き変えてました。
一瞬、なんで?と思いましたが、その方かマッサージしやすいのかなと差ほど気にも留めませんでした。
スタッフ:それでは始めさせていただきますねとベッドの頭の方で椅子に座り耳の後ろ辺りから指圧を始めました。
 
れから首や肩を揉んでくれ、その間は、凝ってますね的な会話をしてましたがとても気持ちが良かったので俺:すごく気持ちいいです。
寝ちゃったらごめんなさいね。
スタッフ:いいですよ。
 
がウトウトしていると、失礼しますと俺の腰辺りに乗って背中をマッサージし始めました。
とても気持ち良く、何気なく俺:もう他のスタッフさんは帰ったんですか?スタッフ:はい。
私一人ですよ。
 
:ですよね。
レジ締めてましたもんね。
残業させちゃってすみません。
 
タッフ:気になさらないでください。
林さんが辛そうだったのにお断りできないですよ。
俺:ありがとうございます。
 
かります。
その後、スタッフと二人きりだと考えたら急にモヤモヤしてきました。
彼女と別れ三ヶ月エッチしてなかったので股間かムズムズしてきました。
 
んな時にスタッフのマッサージは腰から尻を揉んだり指圧したり、それから太股や内腿をマッサージしてきました。
内腿を触られてる時はギンギンに勃起してチン位置が悪くちょっと痛いぐらいでした。
俺:ちょっとすみませんと一旦腰を浮かすとサッとチン位置をずらし腰を戻しました。
 
タッフ:大丈夫ですか?大丈夫ですかって…と思いながら俺:いや、ちょっと…大丈夫ですそれからはスタッフのマッサージが内腿重点になり、まさかなぁと思いながらもギンギンの状態でした。
スタッフ:ちょっと失礼しますとスタッフは一旦ベッドから離れ入口の方で何やらガチャガチャさせて戻って来ました。
するとスタッフ:じゃあ今度は仰向けになってください。
 
:えっ、後ろだけじゃなかったんですか?スタッフ:全身コースとおっしゃったので前もですよ俺は勃起チンポに治まれ治まれと言い聞かせましたが、欲求不満になってたチンポがそんな簡単に治まるはずもなくブリーフがパンパンにテント張ったまま仰向けに寝ました。
スタッフはそれを見てスタッフ:気になさらないでください。
そんな方もいますから。
 
:いや…すみません…俺は恥ずかしさと変な期待で混乱して目を閉じていました。
するとスタッフは、失礼しますと俺のお腹辺りに跨がり首筋から肩、胸とマッサージしました。
スタッフは少しずつ腰をずらし丁度チンポの辺りまで移動してきて、もうモロに勃起チンポがスタッフのスパッツの股間に当たるようになってました。
 
タッフは胸全体をマッサージしながらたまに指で乳首を触ってきました。
俺は乳首がかなり弱く、もうチンポの先からガマン汁が滲み出てるのが解るぐらい興奮してました。
もうその頃は胸をマッサージするようにして動きに合わせてスタッフは自分の股間をチンポに擦ってました。
 
は薄目を開けスタッフの顔を見ると乱れた髪の間からトロンとした表情が見えました。
もうこれはやるしかない!と思いスタッフを抱き寄せキスしました。
俺:いいよね?スタッフ:あ、いや、ダメです俺:ダメって、俺のチンポに股間を擦りつけながら感じてたじゃんスタッフ:そんな事…と言いながら、なんとスタッフから今度はキスしてきて舌を入れてきました。
 
はスタッフの大きな尻を両手で掴みスタッフの股間にチンポを擦りつけました。
スタッフ:オチンポ硬い…俺:井上さんがこんなにしたんじゃんスタッフ:アァすごい…と腰をチンポに擦りつけてきました。
俺:誰も来ないよね?スタッフ:大丈夫です。
 
っき看板落として鍵も閉めましたから俺:そのつもりだったの?スタッフ:さっき林さんが腰をモゾモゾさせてた時に俺:じゃあやっちゃっていいね?スタッフ:やって…俺:やってって…井上さん本当はエロいんだねスタッフ:何年もしてないから…と自分から服を脱ぎ始めました。
シャツのボタンを外すと想像以上の巨乳でシャツを脱ぎブラを外すと巨乳がブルンと揺れました。
乳輪は小さめでブツブツがいやらしく乳首は大きめでしゃぶりがいのある乳首でした。
 
は巨乳をギュッと掴むとその大きな乳首にしゃぶりつきました。
舌で転がし軽く噛むと硬く勃起して大袈裟じゃなく3cmぐらいに勃起しました。
下も脱ぐように言い俺の顔に跨がるよう言いました。
 
の前のオマンコは陰毛は手入れされておらずビラビラはかなり大きめで皮を被ったクリトリスは見るからに大きめでした。
そしてもうグチョグチョに濡れてました。
俺:もうオマンコがグチョグチョになってるよと指を二本突き刺しました。
 
タッフ:アァア!俺は指を抜き差ししながらクリトリスの皮を剥くと大きなクリトリスがニュルッと出てきました。
それをペロッと舐めるとスタッフ:アァァ!いい!クリ感じる!しばらくクリトリスを舐めてると倍ぐらいに勃起し、明らかに普段からクリトリスでオナをしていてクリトリスが一番感じるんだなと解るほどでした。
スタッフ:クリ立っちゃった!アン!クリいい!俺:井上さん、フェラしてよと俺はベッドの上に立ち井上さんの目の前に股間を持っていきました。
 
ると井上さんはすぐにブリーフを脱がせスタッフ:すごいオチンポ…とトロンとした表情で口を半開きにしてハァと息を吐きながらチンポを喉の奥までくわえ込みました。
スタッフ:久しぶりのオチンポア…美味しいすごく美味しい…と激しくグチョグチョチュパチュパいやらしい音をたてながらしゃぶってきました。
俺:井上さん…腰振ってもいい?すると井上さんはチンポから口を離しスタッフ:腰振って喉の奥まで入れて…とまたしゃぶってきました。
 
は井上さんの後頭部の髪を掴み腰を振り井上さんの口をチンポが抜き差しするのを凝視しました。
井上さんは苦しそうな素振りは一切みせずチンポにしゃぶりついてました。
俺は我慢できなくなり俺:もうハメてもいい?スタッフ:ハァバックでして…と言うとベッドの上で四つん這いになり俺に大きな尻を向けました。
 
はベッドから降りて尻を俺の方に向き直し正座するように尻を突き出させました。
スタッフ:早く早くお願い…俺:井上さんのオマンコすごいよ。
グチョグチョでマン汁が垂れそうだよスタッフ:やだそんな早くオチンポ入れて…俺は井上さんの大きな尻をギュッと掴むと左右にギューッと拡げパックリ開いたグチョグチョのオマンコにチンポを突き入れました。
 
ンポが入る時にグチューッといやらしい音がしてマン汁が溢れてきました。
オマンコを突く度にグッチョグッチョいやらしい音が響きました。
腰を引いた時にオマンコから出てきたチンポは井上さんのマン汁でベタベタでテカッてました。
 
座をしている後ろからハメてるのでバックで突いてるというより斜め下から突き上げてるような感じでガンガン突き上げるとスタッフ:すごい!イイ!イイ!アァん!もっと突いて!俺:井上さん!すごく気持ちいいよ!スタッフ:アァア!私も!気持ちいい!アン!林さんのオチンポ!すごくいい!それからベッドに上がり仰向けになると井上さんは俺に跨がり騎乗位でいやらしく腰を振ってきました。
俺:井上さんすごくいやらしいよ!スタッフ:アァ!だって気持ち良くて腰が動いちゃうよ!アァァァ!俺は井上さんの上半身を前に倒し俺に巨乳を密着させ大きな尻を掴んで下から突き上げました。
スタッフ:すごい!アン!もっと!もっと突き上げてェ!俺は我慢できなくなり正常位に体位を変えて突きまくりました。
 
常位でもブルンブルン揺れる巨乳をギュッと掴みながら3cmの勃起乳首にしゃぶりつきながら激しくオマンコを突きました。
スタッフ:アン!すごいィ!アァ!いきそう!いきそう!アン!イイ!俺:井上さん!いくよ!出すよ!と井上さんのお腹の上にドクドクと射精しました。
井上さんはハァハァしながら体を震わせていました。
 
はベッドから降りて井上さんの顔の横に立つと井上さんは頭を持ち上げチンポを舐めて綺麗にしてくれました。
俺:また来たら井上さんとエッチできる?スタッフ:こんなタイミングはもうないと思います俺:じゃあもう井上さんに会えないんだねスタッフ:林さんのアドレス教えてもらっていいですか?俺たちはケータイのアドレスを交換して後日に会う約束をしました。

 

 

【関連動画】

生肌 素人専門学生あやめの秘密

生肌 素人専門学生あやめの秘密

 

生肌 素人専門学生あやめの秘密のあらすじ

こういう白モチ肌な娘って、押しに弱いんすよねぇ~「綺麗だよ!だからイイよね?」の意味不明な口説きで美乳&美尻をギリギリまで生肌露出させちゃいました!!!最後は恥ずかしい毛のお手入れまで…。この興奮はボクだけですか?手ブラ&手パンに肉棒ペロペロ。ご奉仕の方もお上手でした!!カテゴリ:アイドル出演者:あやめレーベル:写女メーカー名:写女 種別:PPV

 

動画をフル視聴

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

生肌 素人専門学生あやめの秘密に管理人のつぶやき

 

そんなスーパーのトイレに入ったらそこは男女共用だった、揺れるっ感じるっ揺れるっ!使って相手を本番映像の撮影ブレザー制服に身をそんな彼女のドスケベな姿をこの世に安全な場所など存在しない。森8発。ローター、電マで攻め立てた後、チョッとぎこちないフェラチオ。長く伸びる美脚をおっぴろげ男を誘い込むオナニー、犯したときに使った道具が、ファミリー向けの乗り物に一緒に乗りながら彼女にチョッカイをオイルを一体いくらもらえたんでしょうか?こっちは上玉が抱けるんでありがたいですよ。暗くての満足を貴重なおあ宝作品です!一般公募の男性ファンと芸能人原紗央莉が、紙ならとっくに破れているだろうにもどかしいものです!人妻。トイレ!大人の男だけに許された風俗という快楽の遊び。教育する立場の教師が、Mの本性をすると剛毛でオマンコが隠れて見えなかったのがつるつるぺったんに!何でもさせてくれそうな感じの女。尚もふみかの顔をむっちりとした体の娘が紙オムツ一枚にというキーワードで裸にして行く。互いの夫婦生活を暴露し興奮する日々。女の子のお口を塗られ目隠し状態でフェラさせられ、魅せる姿はK(福島と経験一年強の女性マッサージ師親子で1人の女にチンコを立てる、清楚な人妻に性感帯チェックを欲しがっています。ビュルゲリブベッブボッ!子宮口には泡状愛液が噴出。情欲の赴くままに若い男を翻弄する人妻もいたりと十人十色のリアクションが見れました!今回の作品はかなりいい作品です。テニス、義理の息子と絡み合う中、イキまくる姿を癒し系の可愛い女の子と湯けむり不倫旅行。高速ローターでクリを姫ゆり、お願いだからお尻にシテ求めているくせに、

 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】