告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

親友の若妻のミニスカ嫁に欲情して子宮にザーメン中出しレイプの秘密体験

読了までの目安時間:約 3分

妻と結婚して6年になりますが、共働きのため、まだ子供はいません。
それどころか、仕事が出来る妻は、海外出張に出たのです。
私はというと、ひとり淋しく過ごすことになってしまいました。
1~2ヶ月くらい経ったある日、親友のYから電話があり、夕食をご馳走になったのです。
Yも結婚しており、25歳のかわいい嫁の愛さんがいます。
自分を不憫に思った愛さんは、たまに私を食事に誘ってくれました。
そんなのが何回か続いた時、Yに急用ができ、愛さんと2人きりになってしまいました。
少し話しはしたのですが、すぐに無言になって、気まずい雰囲気になったので、そろそろ失礼しようかと思って立ち上がったのですが、酒も入っていたせいか、気が強くなっていて、玄関まで見送りにきてくれた愛さんに襲いかかってしまいました。
強く抱き締めて、むりやりキスしました。
愛さんは首を振って激しく抵抗しましたが、顔を押えて舌も入れました。
Fカップくらいありそうなオッパイも揉んで、ミニスカートの中にも手を入れて荒々しく愛撫しました。
愛さんはずっと抵抗していましたが、男の力にかなうわけがありません。
私は口を押さえながら、リビングのソファーに押し倒して、唇や首筋や耳や胸元にさらにキスしました。
舌を入れて口の中を舐め回したり、舌に絡めたり、アソコにも指を入れて掻き回したりしていると、だんだん抵抗が弱くなって、「はあはあ」と熱い吐息が漏れてきました。
引き裂くような勢いで愛さんの服を脱がせ、下着をむしり取ると、全身を舐めました。
特に乳首とアソコとアナルと足は念入りにしました。
愛さんの口からは次第に喘ぎ声が出て、「もっと、もっと」と求めてくることもありました。
クリトリスに吸い付きながら、アナルに指を入れると、愛さんは歓喜の声を上げていきました。
そろそろ大丈夫だろうと、愛さんの股を開いて、ガマン汁が大量に溢れるいきり立ったチンコを入れようとすると、また抵抗しましたが、力任せに突入させると、悲鳴のような、喘ぎのような声を上げました。
私は獣のように激しく深く早く突きました。
何度か突くと、愛さんは艶かしい色っぽい声を上げて私にしがみついてきました。
私もオッパイを揉んだり、唾液を垂れ流しながらキスしたりしながら、激しいだけのピストンを繰り返しました。
そして、限界まできた私は「中に出すぞ」と言い、抵抗する愛さんの子宮に発射しました。
愛さんはすぐに泣き出しましたが、「Yが帰ってくるから普通にしとけ」と言ってから帰りました。
それから食事に呼ばれることはなくなりましたが、Yには内緒で密かに愛さんとは会ってセックスしています。
若くてかわいい人妻とのセックスはマジで気持ちよくて興奮します。

公園ナンパした子持ちのヤンママと生ハメSEXでザーメン中出しの浮気体験

読了までの目安時間:約 4分

サラリーマンである俺が、外回り営業の際に公園でサボっていると、24歳というイケテルヤンママあけみが1歳児を連れて遊びに来た。
隣のベンチに座り込んだ為、ちょっくらナンパ。
「お子さんかわいいですね~」『ありがとうございます』と世間話がはじまる。
しばらくして、ベンチを移動して隣に座る。
「こんなかわいいお子さんだと旦那もイケメンなんでしょ?」『イケメンすぎて、女遊びが激しくて困ってるんです」「そっか、じゃああけみちゃんもしちゃえば?」『なかなか相手がいないよ~』「そんなにかわいいなら、やりたいオーラ出せばいけるよ」『こんなかんじ』とイキナリVネックの胸元を下げ、ブラ全開!!「そんな挑発するとナンパしちゃうぞ~」『されてもいいかも~』俺はスカサズあけみの胸元に手をいれ、予想通りの授乳中の爆乳を揉みしだいてやった。あけみの乳首は、すぐにコリコリとなりいい感じ。が、ここで子供が大泣き・・・・・。その場は近所の目もあるんでアドレス交換して別れることに。その晩、あけみから『旦那今日は長距離で帰ってこないんで遊びに来ない?』とメール。遊びに行くと、市営団地の1階部屋。とりあえず乾杯して、あーだこーだ話し、子供も寝たところで一緒にお風呂。狭い団地風呂だが、余りにも生活観が滲み出していて素人フェチの俺は絶好調!さすがはイケメン遊び人の嫁。今まで逃げられないように尽くしてきた為か、風呂場では男の感じる壺を知り尽くした洗体サービス・潜望鏡などなど次から次に荒業がでてくる。団地の風呂の窓は開いているのによがり出すし、こっちが近所の心配してしまった。風呂場では発射こそしないが、生挿入。ベットではなく、和室に布団をひいて、子供が寝てる横で本格プレイ開始。もう、カラダの穴という穴、頭の先から足の指先まで、信じられないくらい舐めまわしてくれて・・・「たまんないっす、イケメンの妻!!」その後、俺の並以下の疎チンで突き上げると最初は???でしたが、疎チンだが遅漏の俺は持ちが断然よい。聞けば旦那は3分も持たない早漏君。早漏イケメン旦那では、滅多にイケないあけみは、俺の疎チンで潮噴きまくり。授乳中の爆乳タンクにしゃぶりつき、子供のエサの横取り。甘くておいしかったよ。もうメロメロのあけみに未開発のアナルに疎チン挿入。疎チンなだけにスルリと入る。「ああ、疎チンでよかった!」と初めて思う。完全にイケメン旦那を超え、あけみを手に入れた気分で絶好調。かれこれ、3時間以上ハメっぱなしの4回抜きでした。2回目以降は中出し三昧。「生まれてくる2人目は俺のDNAか?・・・イケメンパパにしては不細工な子が・・・」そんな事は、征服者の俺の知ったことか!!なんて思いつつあけみとの甘く激しい時を過ごした。あけみは100回イッたなんて可愛いこと言ってくれる。「これで俺も、人妻寝取りができるイケテル男になったぜ」なんていい気分でした。それからもあけみとは週に1~2回生ハメ中出しでセックスしてます!

幼稚園のママ友と公園で野外セックスの立ちバックで浮気関係の秘密の体験

読了までの目安時間:約 5分

俺は夜の仕事が多い。
妻も働いていて、幼稚園の子供の行事やお迎えは俺の仕事になる事が多い。
そこで人妻達と会う機会が多いと思う。
ある日友達と飲みに行っていて、偶然隣の席に子供の母親達がいた。
向こうは4人で来ていて、結構飲んでいたみたいで、すぐに同席するように言われてしまった。
他の3人も同じ幼稚園の子供がいるみたいで、そう言われてみれば顔を見た事があるなと思っていた。
向こうは俺の事を知っていた。
男親が迎えに来たり、行事に出たりするのは目立つらしい。
その中で、弘美が俺にやたらとくっついてきたり、話しに割り込んできていた。
今思うと俺を見る目も誘うような色っぽい目をしていた。
母親と言ってもみんな30歳ちょいの女。
それも人妻の色気をプンプンさせた女たち。
俺も友達も乗せられていた。
帰ることになって、それぞれ別れて、しばらく歩いていると、後ろから自転車で弘美が追いかけてきた。
「途中まで同じ方向ですよね、一緒に帰っていい?」「いいですよ、一人じゃ危ないよね」「もう私なんかじゃ大丈夫だろうけど、やっぱり怖いから」自転車を降りて俺の隣を歩いていた。
話しながら弘美を観察すると、胸元が谷間が見えるくらいの服でワンピースがミニ。
下にスパッツみたいなのを履いてたけど、かなりそそった。
「南雲さんって若いよね」俺は弘美と目があって、観察してるのがばれたかと思って言った。
実際若く見えていた。
「えっ~、それって服装のこと?」「違うよ、見た目」「そうかな、でもうれしい、伊藤さんこそかっこいいよ」「うそだよ」「ほんと、幼稚園のお母さん達にも人気あるよ」「南雲さんは?」ダメもとで聞いてみた。
「私もいいなぁ、って思ってましたよ」俺はもう我慢限界。
そうやって歩きながらも体を不自然に寄せてくる弘美にどうしようもなかった。
「ちょっと休んでいこうよ」すぐ近くの小さい公園に連れこんだ。
自転車を止めた弘美の手をすぐに引っ張って公園の奥に連れて行った。
「あ、えっ、だめよ」と言ってたが、ほとんど抵抗らしい抵抗もなく、一番奥のベンチに座らせた。
そしてキスをしていた。
初めは「むぅうう」と舌が逃げ回っていたが、すぐに絡めてきた。
弘美の体を触りはじめると、脱力したようになり俺に体を持たれかけていた。
ワンピースなので下から胸まで全部めくって舐めまわした。
「恥ずかしい、でも気持ちいい」感じてくれていた。
足をベンチに上げて、黒のスパッツに黒のパンティーを脱がせて、マンコを責めまくってやると、自ら口を押さえて声を押さえながら体を硬直させながらイッタ。
「俺にも」とズボンを下ろしチンポを弘美の顔の前に持っていった。
もうギンギンのチンポは反り返っていた。
「大きい」手で持って舐めはじめた。
「硬くて、すごい、こんなの初めて」俺はその言葉に奮い立った。
弘美を立たせて後ろを向かせて、ベンチに手を付かせると一気に後ろから入れた。
「だめ、あふれる、きついよ、ダメダメ」夜の公園でかなり大きな声で言われてしまった。
俺は置いていた弘美のパンティーを渡して口に入れるように言った。
「だって、すごいもの、全部入れられたら壊れそうだし」「大丈夫だよ」俺は思いっきり後ろから突きまくった。
弘美は俺が手でお尻を支えてないと崩れていくくらい脱力して、何度もイッタみたいだった。
最後は弘美のお尻に放出した。
「ものすごいね、こんなの初めて」「俺もよかったよ」「また、会ってくれる?」「ああ」そう言って別れた。
それからしばらくしてのことだった。
子供を幼稚園に送り、家に帰って少しだけ家事をしようかと思っていたら、弘美が走ってきた。
「こんにちは」「ああ」「この前のことお友達に話したら、伊藤さんの大きいモノ見たいっていう人がいるんだ」「えっ」俺は耳を疑った。
誰に話したんだ?「ほら、あの人」少し離れた所に清楚な人妻が立っていた。
顔は知っていた。
子供の送りやお迎えで見た事がある。
いつもスカートを履いていて、清楚な感じの品の言い奥さんだ。
「今度でいいから見せてあげなよ」「いいけど」俺はちょっと怒っていたが、その奥さんを見て、すぐにスケベ心に火がついた。
「ねえ、見せるって事は・・・、わかってる?」「ああ、そっちこそ誰にも言うなよな」「ごめんね、あと3人は待ってるよ、伊藤さんの大きいモノ」俺はゾッとした。
ちょっと考えると人妻といい関係になれるから、得した気分だが、一週間くらいしかたってないのに、もうそんなに話がまわってると思うと、ゾッとしてしまった。
ただ人妻好きの俺は喜ばしいと思う。

部下の妊婦OLに告白されて膣内に生挿入で交わる肉欲セックスの浮気体験

読了までの目安時間:約 3分

私の部下の女性(27)が、1年程前に別の部署の男性と職場結婚した。
その後、すぐに妊娠し、それでも本人は出産後も働きたいとの希望でいた。
しかし、旦那から退職するよう言われ、悩んでいた。
上司である私にそのことで、相談してきたのである。
私としては、止めることはまだ考えずに、元気な子供を生むことだけを考えるようにして、今結論を出さなくても、良いのではと言ってみた。
彼女は、目に涙をため、複雑な心境を告白してくれた。
数日後、やはり退職するとのことで、彼女から話があった。
その後、二人で夕食を食べに行った。
彼女の目は、何かを求めているようだった。
あまり遅くなるとお腹の子供にも良くないと思い、タクシ?で彼女の家の近くまで送ることにした。
でも、彼女は、帰りたくないような様子で、私を見つめていた。
何故か私は、そっと、彼女を抱きかかえ、ゆっくり唇を吸った。
気がつくと、ホテルで彼女を再び抱きしめていた自分がいた。
お腹に気をつけながら、でも、何故か興奮している。
服を脱ぎ彼女とシャワールームへ行き、彼女(妊娠8ヶ月)のお腹と大きく張った乳首をやさしくやさしく私の舌で舐め回した。
彼女は、某一流大学出身の女性であるが、入社時からとてもエッチな体つきをしていたことを私は知っていた。
でも、部下である彼女には性の対象としては見ないように特に注意していたのである。
その女性を今こうして愛撫している自分。
彼女は、狂ったように私のモノにしゃぶりついて、舐めまわしている。
「課長、好きでした。私をいっぱい愛して下さい。硬くなった課長のモノを私の中にいっぱい出して下さい。」どのくらい彼女のアソコを舐めまわしただろうか。
「こんな気持ちいいのはじめて。早く入れて・・・。早く・・・。欲しい。生で入れて・・・」私は何度も焦らし、入れては激しく動かし、そして、動きを止め、再び、舐めまわす。
そして何度も同じことを繰り返した。
その度に、「気持ちいい、お腹の子供が・・・でも気持ちいい。こんなのはじめて。苦しい、いやー、気持ちいい・・・」歓喜の絶叫なのか、こんな顔の彼女を見たことはなかった。
まさしく、女だ。
エロイ女。
私は、彼女のお腹の子供に届けとばかりに私の分身を注入しました。
彼女はあと一ヶ月で退職する予定。

出会い系で浮気な若妻のオマンコにザーメン中出し射精で膣口の動画撮影!

読了までの目安時間:約 3分

私は22歳の人妻です。
この間、夫が浮気していると分かり、頭にきて私も出会い系に登録してしまいました。
そして、26歳の会社員の遼平と知り合いました。
彼はこの時、彼女と別れたばかりで、すぐにエッチを求めてきました。
私が人妻と分かると興奮していました。
冗談に「中出ししちゃおうかなぁ~」と言われたので、一応、安全日に会いました。
エッチ当日、会ってすぐにホテルに行きました。
部屋に入り、いきなり全裸になるように言われました。
言われた通り全裸になり、オッパイを揉まれました。
揉みながら、私のオマンコを見てきましました。
「どこ見てんの?」「ん?一番おいしいとこ!」「ん?それじゃ、分からないよ~!」「嘘つけ!ピンク色で穴があるとこだよ!子供が出てくるとこ!言ってみ?」「オマンコ?やだ~!エッチ!オマンコ好きなの?」「もちろん大好きだよ!愛香って可愛いからいっぱい見せて?」「もう!どぉ~しよ~かなぁ…?」「じらすなよ!今だって我慢できねーんだから!早く見せろよ…ピンクのマンコ!」そう言って、オマンコを開かれてしまいました。
「すっげーピンクじゃん!人妻って言ってもさすがは22だな!穴が締まらなくなるまでするぜ!」すでに濡れていたオマンコにFUCKされました。
旦那より気持ち良いオチンコでした。
「あーー!!遼平さんのすごいよ!旦那より良い!」「そうか!じゃあ、今日から俺の女にするからな!」「いいよーー!遼平さんの好きにされたい!いっぱいして!」更にピストンが激しくなりました。
そして、彼に射精感がきました。
「ああ!愛香!マンコの中にいっぱい出すぞ!」「ええっ!中出し?」「この間、言っただろ!おとなしく出されちゃえよ!いっぱい気持ち良くしてやるから?」「もう…分かった!して良いよ!」その日は何時間もかけてエッチして5回出されました。
携帯で精子が垂れ流れる膣口を動画で撮られました。
最近は定期的にエッチして、お互い愛し合っています。
この前、エッチの後に「今度危険日に中出しさせて?」と聞かれました。
「ええっ!できちゃうよ?」と言うと、「本気で子供つくらせて!」と言われました。
彼の子供を産みたい気持ちはありますが、やはり旦那のことを考えてしまします。
今は安全日にしか出させていませんが、彼は「危険日にしたい」と言っています。

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】