告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

出会い系で浮気な若妻のオマンコにザーメン中出し射精で膣口の動画撮影!

読了までの目安時間:約 3分

私は22歳の人妻です。
この間、夫が浮気していると分かり、頭にきて私も出会い系に登録してしまいました。
そして、26歳の会社員の遼平と知り合いました。
彼はこの時、彼女と別れたばかりで、すぐにエッチを求めてきました。
私が人妻と分かると興奮していました。
冗談に「中出ししちゃおうかなぁ~」と言われたので、一応、安全日に会いました。
エッチ当日、会ってすぐにホテルに行きました。
部屋に入り、いきなり全裸になるように言われました。
言われた通り全裸になり、オッパイを揉まれました。
揉みながら、私のオマンコを見てきましました。
「どこ見てんの?」「ん?一番おいしいとこ!」「ん?それじゃ、分からないよ~!」「嘘つけ!ピンク色で穴があるとこだよ!子供が出てくるとこ!言ってみ?」「オマンコ?やだ~!エッチ!オマンコ好きなの?」「もちろん大好きだよ!愛香って可愛いからいっぱい見せて?」「もう!どぉ~しよ~かなぁ…?」「じらすなよ!今だって我慢できねーんだから!早く見せろよ…ピンクのマンコ!」そう言って、オマンコを開かれてしまいました。
「すっげーピンクじゃん!人妻って言ってもさすがは22だな!穴が締まらなくなるまでするぜ!」すでに濡れていたオマンコにFUCKされました。
旦那より気持ち良いオチンコでした。
「あーー!!遼平さんのすごいよ!旦那より良い!」「そうか!じゃあ、今日から俺の女にするからな!」「いいよーー!遼平さんの好きにされたい!いっぱいして!」更にピストンが激しくなりました。
そして、彼に射精感がきました。
「ああ!愛香!マンコの中にいっぱい出すぞ!」「ええっ!中出し?」「この間、言っただろ!おとなしく出されちゃえよ!いっぱい気持ち良くしてやるから?」「もう…分かった!して良いよ!」その日は何時間もかけてエッチして5回出されました。
携帯で精子が垂れ流れる膣口を動画で撮られました。
最近は定期的にエッチして、お互い愛し合っています。
この前、エッチの後に「今度危険日に中出しさせて?」と聞かれました。
「ええっ!できちゃうよ?」と言うと、「本気で子供つくらせて!」と言われました。
彼の子供を産みたい気持ちはありますが、やはり旦那のことを考えてしまします。
今は安全日にしか出させていませんが、彼は「危険日にしたい」と言っています。

出会い系の若妻と生ハメセックスでザーメン顔射の精液まみれで浮気体験

読了までの目安時間:約 5分

出会い系サイトで知り合った若妻(24歳)とアバンチュールしちゃいました。
知り合ってすぐに電話で話してみると、凄くかわいらしい声の女性でした。
なんでも子育てに少々疲れ気味で、息抜きに遊びにいきたいとのこと。
電話の後ろで、子供たちの声がします。
旦那が当直のときに、子供たちを寝かせた後で会う約束をしました。
彼女の家の近くの駅まで行き、わくわくしながら待ってました。
向こうから黒っぽいコートを着たちょっと髪の長い色っぽい女性がやってきました。
とても子持ちには見えず、足が綺麗でミニスカートがよく似合います。
お互いちょっと照れながら、手をつないでカラオケに行きました。
ボックスの中で結婚生活のことや、子育てのことなど色々話を聞いていました。
メールではそんなにエッチな話はしなかったのですが、こうなるとやっぱり男と女です。
僕のほうから自然とキスをすると彼女も受け入れてくれます。
キスしながら彼女の胸を揉むと、恥ずかしそうな反応をします。
他人の妻の唇と胸を、自分が侵してるのだとおもうと股間はビンビンです。
僕が思い切って、「ホテルいこうか」と言うと、「それはだめ」とのつれないお答え・・・。
実は、駅の近くのホテルを調べておいたので、カラオケを出てからそちらの方面に何気なく向かっていました。
その間もずっと口説きながら、ホテルの前まで来ました。
口では拒否していますが、ちょっと強引に手を引くとホテルについてきました。
部屋に着いてまだ渋っていますが、服を脱がせ優しくキスをすると観念したようでした。
子持ちですがスタイルがよく、乳首に吸い付くと「あ、あああ?ん!」と色っぽい声をあげます。
試しにパンティの中に手を入れてみると、もう洪水状態でした。
旦那とは子供が生まれてから、ほとんどエッチしてないらしく久しぶりとのこと。
本当に他人の女とエッチするというのは興奮しますね。
全身を舐め回し、お尻の穴も舐めてあげると「恥ずかしいよ~」と言いながら、マン汁を垂れ流します。
中に指を入れてかき回すと「ビチャビチャビチャ」と潮を噴いてイってしまいました。
「初めて会った男に潮を吹く人妻か・・・。このことを旦那が知ったらどう思うんだろう?」などと考えると僕のチンポははちきれんばかりでした。
話を聞くと、なんでも結婚前に付き合っていた彼氏の子供をおろしたことがあるということ。
今の旦那とも初めてのエッチで子供が出来てしまったそうです。
つまり子供が出来やすい体質だそうです。
となれば、僕も生で入れるしかありません。
「ニュピ、ジュプ、ニュプニュプニュプ」とチンポを入れると、「はぁぁぁぁ~いぃ~あぁぁぁぁ~」と声にならない声を上げます。
僕のチンポはかなりビッグサイズですが先ほど潮を吹いているので、それが潤滑油となって意外にスムーズに入りました。
「あぁぁ~、気持ちいい~」という彼女に僕は容赦なく腰を振ります。
部屋の全体に鏡が張ってあり、僕たちの結合している姿が見えさらに興奮させます。
パンパンパンと卑猥な炸裂音が部屋中に響きわたります。
僕が「旦那とのエッチとどっちが気持ちいい?」と聞くと、恥ずかしそうに「あなたとの方がいい~」と言ってくれました。
正常位、バック、騎乗位等一通りの体位をこなすと、もう彼女は快感でぐったりしていました。
そろそろ僕もイキたくなって、「中に出しちゃおうかな~」と言うと「えっ、それはだめ~」とのこと。
「できちゃったら、旦那さんとの子供として産めば大丈夫だよ」と言うと「だめだよ~」って二人で笑っちゃいました。
「じゃあ、顔に出すから出た精子ちゃんと飲んでね」と言うと「うん」と返事。
「あああ~、出すよ出すよ!ああ~、イク~!!」と彼女の顔に大量発射。
顔中ザーメンまみれのまま、しっかり最後の一滴まで搾り取ってもらいました。
僕のザーメンの量は半端じゃないので凄く驚いていました。
結局この後も、シャワーも浴びず朝まで4回もしてしまいました。
この日以降もたまに会って危険日と言われても、構わず生ハメでエッチしていました。
最近旦那に浮気がばれたらしく、もう会えなくなってしまいましたが、たまにメールしているのでまた機会がないかな~って密かに考えています。
旦那は浮気を知っても、「それでもお前のことが好きだから」って言ってくれたそうです。
夫婦愛ですね。
旦那さんは凄くいい人のようです。
しかし、人妻って恐いですよね。
家では旦那さんに貞淑な顔を見せて子供たちを育てているのに、初めて会った男に潮吹かされて、顔射されて、ザーメンごっくんまでしちゃうんだから。
さすがにこんな濃いエッチしたって旦那が聞いたら離婚だったかも。
とりあえず、チンポ洗わないで4回も生ハメして多分ちょっとは中に精子出ちゃったでしょうが、妊娠はしなくてよかったです。

社宅の若妻と浮気関係になり肉棒を咥え生挿入セックスで秘密の情事

読了までの目安時間:約 6分

単身赴任で社宅にいた頃の話です。
慣れない環境で、妻もおらず、しばらくしてカゼで寝込んでしまいました。
家事も満足にできないので食事もとれず、二日目になるともう自分でも動けないくらいになってしまいました。
死にそうなほど唸っていると、「主人が2日も会社を休んでると言っていたので」と隣に住んでる奥さんが管理人と一緒に来ました。
隣の奥さんは弥生さんといって、25歳の可愛らしい新婚さんらしいです。
薬を買ってきてもらったり、おかゆを作ってもらったり、たまった洗濯物や食器などを洗ってもらったりと看病のついでにいろいろと面倒を見てもらいました。
もちろん、着替えを手伝ってもらったり、体を拭いてもらったりもしました。
弥生さんのおかげで、一晩も寝るとだいぶ良くなりました。
それからというもの、何かあるとちょくちょく私の家に来るようになりました。
料理を持ってきてくれたり、洗濯をしてくれたりと、なんとなく通い妻みたいな感じになりました。
現金を渡すのもいやらしいので、私はちょっとしたアクセサリーなどをプレゼントしていました。
そんなのが一ヶ月ほど続いたある日、2人の間に前とは違う雰囲気というか感情というか、何かが芽生えてる感じがありました。
見詰め合うと、どちらともなく自然に唇を寄せていました。
弥生さんは、見詰め合っている時、聞こえるか聞こえないかくらいの小さな声で「ダメ」と言ったような気がしましたが、キスをするともうお互い止まりませんでした。
激しく抱きあって、舌を絡めました。
首筋を舐めると弥生さんは「ああぁ」と吐息をもらして腰が砕けたようにへたり込みました。
私は寝室に連れて行くとベッドに寝かせて上着を脱がすと、また首筋からキスをしていきました。
白く絹のような弥生さんの肌に痕を残さないように優しく愛撫していきました。
弥生さんは敏感で、ソフトに責めればソフトに責めるほど息を荒げました。
喘ぎ声が出ないように、隣に聞こえないように小指を噛んで必死に耐えていました。
私は、若くて可愛い人妻の体に興奮しきりで、パンツの中で発射してしまいそうなくらいになっていました。
私はなるべく時間をかけて愛撫しているつもりでしたが、スカートとパンストを脱がして、Fカップくらいありそうな肉感的なおっぱいを鷲づかみました。
柔らかいゴムマリのようななんともいえない弾力で、指に吸い付くような感触といい、私は顔を埋めて夢中で揉みまくってしまいました。
パンティに指を這わすと、すごく湿っていて、顔を近付けると「ダメ、ダメ」って私の頭を押さえました。
弥生さんは感じやすい体質らしく、ブラをとって乳首を愛撫していると、パンティがおもらしみたいになっていました。
それを見られるのが恥ずかしいらしく、パンティだけは自分で脱いでさっと枕の下に隠しました。
ワレメを指で触ると熱くヌメっとした愛液が絡みつき、ヘアーや股の付け根辺りをヌルヌルに濡らしていました。
私は触っているだけではガマンできなくなり、嫌がる弥生さんを制して顔を埋めて溢れ出る愛液を舐め取るように全体を舐めまくりました。
しょっぱいような、甘いような味がしました。
クリトリスだけではなく、ワレメ全体が感じるようで、舐めたり、指で責めたりするだけでどんどん溢れさせました。
「そんなにしたらガマンできなくなっちゃう」「主人に聞こえちゃうよ」弥生さんは快感に必死に堪えていました。
あまりいじめるのも可愛そうですが、後から後から溢れる弥生さんの愛液がおいしく、自分でも制御できないくらいでした。
クンニだけで数回イッてしまいました。
「今度は私が、ね」今度は弥生さんが私のモノを咥えました。
全体を何度も往復させるように舐め回した後に深々と咥えると強く吸い付いてきました。
弥生さんの体だけで発射寸前になっていた私のモノは、弥生さんのプロ並のテクニックにガマンできず、口の中に発射してしまいました。
単身赴任後、一ヶ月出していなかったので、自分でも驚くほどの量でした。
弥生さんは、嫌な顔一つせず、それを飲みました。
大量に発射した後も私のモノはまだビンビンのままでした。
弥生さんは、最後の一滴まで吸うとお掃除するように全体を舐め回しました。
その瞬間、またイキそうになりましたが、私は大洪水状態の弥生さんのアソコに入れました。
お互いコンドームなんか持ってなかったので生でした。
ユルマンというわけではないのですが、まるでローションでも使っているかのように中はすごくヌルヌルのグチョグチョで何の抵抗も感じないくらい濡れていました。
そのお陰ですぐに発射せずにすみました。
ピストンするたびに、ズピュ、ズビュとアソコから愛液が潮みたいに吹き出てきました。
弥生さんは、眉間にシワを寄せて喘ぎ声が出ないように必死に快感から耐え続けました。
私はきつく抱きつき、唇に激しく吸い付いて、舌を絡めながら腰を振りました。
弥生さんもきつく抱きついてきました。
私はイキそうになると弥生さんから抜き、顔に発射しました。
弥生さんもイッたらしく、体を弓のように反ってから、体をヒクヒクと痙攣させました。
弥生さんはしばらく動きませんでしたが、15分ほどするとシャワーを浴びて部屋から出て行きました。
それから二週間ほど顔を合わすことはありませんでしたが、単身赴任が終わる半年間、人目を忍んで関係を続けていました。
自分で体験しておきながら、実際にこんなことがあるとは思いませんでした。

お隣の子持ちママと浮気したセックスで正常位で肉棒生挿入の秘密体験

読了までの目安時間:約 9分

私の妻が友達と旅行に行って、私と子供で留守番をしていた時の話です。
私33歳、妻33歳、子供5歳。
隣の奥さん(綾さん)29歳、旦那33歳単身赴任中、子供5歳と3歳。
その日は、夏の暑い日で妻がいないので子供と二人でテレビを見ていました。
すると、お隣の奥さんが訪ねてきて「奥さんいないのなら、ご飯はどうします?良かったら内にきて一緒にどうですか?」というお誘いでした。
晩御飯食べさせるの面倒だなと思っていたところだったので、「お言葉に甘えて」ということで、お隣に子供と二人でやっかいになることにした。
もちろん隣の旦那はいません。
奥さんは肩口が大きく開いた黒のTシャツにジーンズとういうラフな格好。
ブラの肩紐が見えかくれし、黒のブラであることが確認できた。
奥さんの身長は160cmくらいで、細身。
胸やお尻は適度な大きさで形が良い。
髪の毛は上品な茶色で大きなウェーブがかかっていて肩より少し長い程度。
結構美人なんだけど、大阪出身なので、性格はとてもさばけてる。
そうこうしているうちに、子供3人の大騒ぎの夕食が終わり、そろそろ風呂に入れるのでお開きにしようかと話していたところ、どうしても子供同士で一緒に入りたいときかないので、奥さんが3人まとめて入れてくれることになった。
風呂からはうちの悪ガキがいつもの調子で「おっぱいパーンチ!」とか言ってるのが聞こえてくる。
私の役目は次々と上がってくる子供たちの体を拭き、パジャマを着せること。
3人にパジャマを着せたところで、奥さんが上がってきた。
「あー疲れた。パジャマ着させてくれてありがとうございます~」の声に振り向くと、夕食の時に飲んだビールとお風呂のせいで赤く染まった頬と濡れた髪が最高にセクシー。
格好は白のタンクトップに白のスウェット。
首からバスタオルをかけているので残念ながら胸は見えない。
しかし、子供たちの髪の毛が濡れていることに気づくと自分のバスタオルを取って拭きはじめた。
これはチャンスと胸のふくらみに注目すると、はっきりと乳首がタンクトップを押し上げているのが確認できた。
BカップかCカップぐらいの大きさで、予想通りの美乳。
拭くたびに微妙に揺れるのがまた興奮をさそう。
最後のうちの子の番の時に、息子が、「おっぱいパーンチ!」といいながら、奥さんの胸をわしづかみにしやがった。
「コノヤロー!」とお尻たたきの反撃を食らったので、子供たちは子供部屋に引き上げていってしまった。
そのまま、リビングでテレビを見ながらお茶を飲んでいると、なにやら子供部屋が静かになった。
様子を見にいくと、みんな疲れて寝てしまったようだ。
とりあえず、奥さんの子供はベッドに連れていき、うちの子は子供部屋で布団を敷いて寝かせてもらった。
さて、ここからは大人の時間。
「妻がいなくて暇なのでもう少し飲みませんか?」と誘ってみると、「そうですね」とのってくれた。
ここはチャンスと自分の家から冷酒をもってきて、妻や旦那を肴に飲むことにした。
「旦那と子供をおいて、旅行に行くなんてどう思います?」「うちは絶対許してくれないね。自分はあっちで遊んでるみたいなのに。不公平!」「金遣いは荒いし!」「そうそう、うちもー!」みたいにだんだん盛り上がってきた。
ここまできたら、絶対今日はなんとかしてやると思い、最後の切り札を使うことに。
実は奥さんの旦那が浮気をしてるかもしれないことを妻から聞いていた。
ここを攻めるしかないと考えて、「実はうちの妻が浮気してるようなんだ。今日も本当は男と会ってるかもしれない。最近はセックスも拒まれることが多くて、悩んでるんだよ。」とまずはこちらから打ち明けてみた。
「えー。そんな風には見えないけどねー。勘違いしてるんじゃない?」「うーん。でも、コソコソ携帯のメール打ってるし、どうもそんな感じなんだよね」と少しずつ状況証拠を話していくと、突然奥さんが、「実はうちの旦那も浮気してるみたいなの」と言い出した。
“よし!”と心の中で叫んで、その後はいろいろな状況を聞いていくと、今まで誰にも言えなくてたまっていたものが全部噴き出したようで、突然奥さんが泣き出した。
この時点で勝利を確信し、そっと手を握ってみた。
一瞬引いたけど、私の手の中には小刻みに震える奥さんの手が収まっていた。
次は横に座り、肩に手をかける。
拒む様子はなく、こちらに寄り添ってきた。
しばらく、その状態で、「大丈夫、所詮浮気だから、絶対綾さんのところに帰ってくる」「うちの妻も絶対帰ってくると信じてる」「私からもそれとなく、ご主人に話してみる」「今は辛いけど、乗り越えられる」と口からでまかせを言っていたところ、奥さんに次第に笑顔が戻ってきた。
「そうだよね。大丈夫だよね。○○さん優しいね。ありがとう。」の言葉を聞いた瞬間、軽く頬にキスをしてみた。
少し照れた表情を見せたものの、やはり拒んではいない。
次は唇に軽いキス。
奥さんの笑顔が見える。
仕上げに、舌を入れてディープキス。
奥さんも舌を絡ませてきた。
耳へのキスと背中の愛撫で、奥さんの口から「う?ん」と吐息が漏れてきた。
子供部屋からは物音ひとつしていない。
タンクトップの上から乳首の突起を確かめながら胸を揉む。
少しずつ、硬くなってくるのがはっきりと手にとれた。
ディープキスを続ける口元からは、明らかに感じている声が出てきたので、くちびるを離して、タンクトップを一気に脱がせる。
決して大きくはないが、上を向いたきれいな乳房が現れた。
子供二人産んでいるので、ピンクではないが、キレイな茶色の乳首。
乳輪は小さめで乳首も小さい。
(母乳あげてないな)思わず見とれていると、「あんまり見ないで。恥ずかしい。」そんな言葉は無視して、乳首を口に含む。
さらに、吸ったりかんだり、引っ張ったり、こりこりしたりしているうちに、更に大きな声が出るのを我慢して口を食いしばっている。
そろそろ、あそこも準備できてるかなと、パンティーに手を入れると一瞬身を引いて、「そこは、ダメ」そんな言葉をお構いなしに、陰毛の奥に隠れた部分に手を忍ばせる。
「グチュ」「いや~」完全に濡れていた。
キスと乳首、クリトリスの攻撃を続けると、更に淫汁があふれ出す。
次にスウェットとパンティを脱がせて、ソファに座らせM字開脚。
ほとんどお腹のたるみがない、きれいな体。
あこがれの隣の美人妻が全裸で足を広げている。
陰毛が薄くて、その下に広がるおまんこは、キレイな色をしている。
陰毛部分の肉を押して上にあげると、クリトリスが露出する。白くてきれいだ。
そこに舌を這わし、吸うとさっきまで我慢してた声が一段と大きくなる。
「あ~もうやめて~。おかしくなる~」「今度は私の番よぉ」と、私の服を脱がせにかかった。
最後のパンツを脱ぐと、完全にいきり立ったモノが、奥さんの眼前に。
奥さんはためらいもなく、モノを口に含みチュパチュパし始めた。
「どう?気持ちいい?」と上目遣いで私をみる。
気持ちよくないはずがない。
「うん、最高」玉から裏筋まできれいになめてくれる。
下手な風俗嬢よりうまいぞ。
旦那はどんな教育してるんだ?このままでは、口の中でイってしまいそうなので、途中で中断。
「えー。ずるいー」の声も無視してソファに寝かせる。
「ゴムある?」「もう始まってもいい頃だから、付けなくても大丈夫よ」「周期も安定しているし」なんという幸せ。
少し恐かったけど、生の誘惑には勝てずに正常位で挿入。
かなり濡れてはいるものの、最近あんまり使っていないらしく、締まりが良かったのでめちゃくちゃ気持ちいい。
すぐにイってしましそうだ。
(私はどちらかというと早漏)イカナイように調整しながら腰を振っていると、だんだん調子がでてきた。
この分ならいけそうだ。
ピストンを早めていくと、「ああぁぁ~、気持ちいいい~」「あぁ、あぁ、あぁ」と次第に声が大きくなる。
「あぁ、いく~いく~」「気持ちいい~、いくぅ~」の声を3回くらい聞いたところで、私もがまんできなくなり、ティシュに発射。
さすがに中出しはできなかった。
その後はチャンスがなくて、何事もなかったかのようにお隣さんしてる。
奥さんも旦那とうまくいってるようで、一度きりになりそうです。
うちも家庭を壊せないし、まあこれでいいか。
ちなみに妻の浮気の話は全部ウソです。

1 31 32 33
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】