告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

欲求不満の妊婦はエロい話に興奮で即尺フェラにバックでおまんこ生挿入!

読了までの目安時間:約 10分

去年の事なんですが、数年前によく遊んでいた女の子から突然メールがありました。
「久し振りにランチでも行こうよ!」久し振りもなにも、彼女と最後に会ったのは2年以上前です。
しかも結婚が決まったからという理由で、会うのをやめたんです。
彼女はS美っていって現在27才、出会いは出会い系サイトでした。
当時の俺は出会い系サイトにはまりまくってたんです。
あの時は、4人ぐらい遊べる子がいて、その中で1番可愛かったのがS美でした。
ただS美はエッチにたいして消極的というか、あまりのってこないんです。
せっかく出会い系で知り合ったんだから、もっと弾けようよ!と言っても、恥ずかしいのか言われたようにしか動かなかった子でした。
だからフェラもぎこちないし、可愛いだけでエッチは楽しくない。
そんな女の子でした。
久し振りのメールだったので、ちょっと期待して約束しました。
当日、待ち合わせ場所で待っていると、やってきたのは妊婦姿のS美でした。
妊婦といっても、最高潮に大きなお腹ではありません。
ぽこっと少しお腹が出ている感じ。
見た瞬間、一気に期待がぶっ飛びました。
マジかよ~って思いましたが、来ちゃったんで仕方がありません。
少しでも静かな店をと思って、静かな和風の店に入りました。
ランチとはいえ、時間はすでに14時。
店内にお客はまばらで、奥の掘りごたつへ通されました。
「お腹が大きくてビックリしたぁ?」「そりゃ~ビビったよ。大丈夫なの?」「うん、もう安定期に入ったから全然大丈夫」「へぇ~そうなんだ。まだ1人目?」「うん、初めてだよ」「そりゃ~大変だねぇ~」初めは他愛もない会話をしていました。
「昔は変な事を教え込まされたよね~、ヒデ君には」「そうかぁ?S美がお子ちゃまだっただけだろ」「一回旦那に疑われた事あったんだよ~、どこで覚えてきたんだって」「そんな事もあったんだ~、懐かしいねぇ~」昔の話をし出してから、やたら掘りごたつの中で、俺の足に足を絡めてくるんです。
途中から俺の足をキャッチしてる感じで、ずっと足で抱えてる状態。
こいつ妊婦のくせに何してんだよ、とずっと思ってました。
「最近彼女はどうなの?」「も~ダメだね。モテ期は過ぎたらしい。1年以上ご無沙汰だし」「ホントにぃ~?信じられないねぇ~」「そうでもないよ。もうおっさんだから」「じゃ~溜まりまくりなんだ?」「そうそう。もっぱら自己処理ってやつですな」話をしながら足を絡めてくるもんだから、実はずっと勃起しっぱなしの俺。
しかも昔のS美からは信じられないような下ネタトークが炸裂するから余計勃起しちゃった状態だった。
15時半に店が終わるっていうから、とりあえず外に出た。
どっかでお茶飲むか~って歩いていると、今度は腕に抱き付いてくる始末。
妊娠しているせいか、昔より確実に胸が大きくなってる。
その胸を腕に押し付けてくるし、歩きながらも勃起してた俺。
ここまでされたら我慢なんてできないから、思い切って言ってみた。
「歩き回るのも良くないから、ホテルにでも行っとく?」「えぇ~ラブホなんて久し振りだなぁ~!行っちゃう~?」ウソみたいにノリノリなS美。
妊婦だしフェラぐらいしてもらえたら良いかと思って、近くのラブホへ入った。
入ってコーヒー飲んだりテレビ見たりして、二人でベッドに横になってた。
正直俺の下半身は勃起しまくり状態。
「さっきからずっと立ってるでしょ~。外でも」「あぁ~気が付いてた?だってお前が胸を押し当ててくるからさぁ~」「昔より大きくなったんだよ~。見たい?」「うん、見たい」「やッぱりダメぇ~」「なんでだよ。いいじゃん、見せろって」「じゃ~先にヒデ君のチンチン見せてよ~」「ん?そんなの余裕で見せてやるよ、ほれ」俺はそっこうで洋服を脱いでトランクス姿1枚の姿になった。
あぐらをかいて、トランクスの社会の窓から、勃起したポコチンを出してやった。
1年以上女っ気がなかったせいか、はち切れんばかりに勃起してた。
「すご~い!カッチカチじゃん!あぁ~・・すごぉ~い!」「すごいか?昔と同じだけどな」シゴキながらS美に見せていると、突然S美が顔を埋めてきた。
何も言わずいきなりのフェラチオ。
ナ~イッス!と思いながら、俺はそのまま大の字に寝た。
昔のS美はどちらかというと下手な部類だったけど、その時は違ってた。
旦那に仕込まれたのか分からないけど、猛烈に上達してた。
驚いたのは、しゃぶってる時にどうやら舌をポコチンに巻き付けている事。
今まで味わった事の無いフェラだった。
さすがに溜まり溜まってたから、ほどなくして撃沈。
S美の口の中に大量に射精した。
昔とは比べ物にならないほど上達してて、後処理も手慣れた感じだった。
射精して冷静になった俺は、しばらくS美と横になってた。
「S美すごいフェラうまくなってね?」「そう?旦那に仕込まれたからねぇ~」「そうだと思ったよ」「もう今なんて妊娠してるから、いっつもフェラだけだもん」「それじゃ~欲求不満になるだろ?オナってるな?」「ひみつ~!」「えっ?そんなに欲求不満なのか?」「だってさぁ~毎晩フェラだけだよ?ここ数か月」「もしかして、今日は俺としたくて来たんだ?実は」「えへへ。そ~かもしれないって言ったらどうする?」「たっぷり可愛がってやるけど?つ~かお腹大丈夫なの?」「うん、激しく突いたりしなければ大丈夫だって言われた」S美は積極的でした。
妊娠してから感度が増したらしく、乳首を舐めても身をよじって感じていました。
クリトリスを舐めた時は、数分でイッちゃうほど。
指を入れてクリ舐めしてやったら、立て続けに3回もイッてました。
「じゃ~そろそろ入れるか。ゴム無しで良いんだよな?」「うん、思いっ切り中で出しても大丈夫だよ」正常位で入れて、奥に当たらないように腰を動かしました。
下を見るとお腹の大きなS美が見えて、なんか背徳感というか変な気持ちでした。
激しいのはダメと言ってたくせに、途中からS美自身が激しく腰を振り始めました。
「ねぇ・・・お願い・・・・バックでして・・・」バックで入れてやると、今までのS美からは想像できないほど乱れてました。
腰はヒクヒク動くし、喘ぎ声が強烈でした。
試しにケツをスパンキングしてみたら、もっと!もっと!と催促してくる始末。
ケツが真っ赤になるほど引っ叩いてやりました。
さすがに騎乗位は無理なので、横バックとか安定した体位をやりました。
そして最後は正常位で中出し。
人生の中で初めての中出しでした。
俺がイクッ!と言った時にS美が抱き付いてきて、しかも両足を
腰に巻き付けてきたんで、思いっ切り奥まで突きながら、奥でドクドクと射精してしまいました。
それが気持ち良いのか、S美までも腰をガクガクさせてました。
射精が終わってもS美は抱き付いたままでした。
とりえず俺も余韻に浸っていました。
「ねぇ・・・できなくなるまでエッチしてくれる?」抱き付きながら耳元でS美が言ってきました。
何やら、エッチができなくなるまでの期間で良いから、エッチして欲しいというのです。
毎回中出しだしフェラテクも抜群だし、二つ返事で即答しました。
妊婦とはいえ、こんなに可愛い子と毎回中出しですから。
しかも相当欲求不満みたいだから、昔と違って変態プレーもできそうだし。
会うのは土曜か日曜の昼間と決めました。
夜は旦那も警戒するし、家事もしなきゃって事で。
フリータイムだと安いし俺にも好都合でした。
その日からエッチができなくなるまでの数か月、毎週S美とヤリまくりでした。
もしかしたら1リットル以上、中出ししてるかもしれないぐらい、ヤリまくりました。
だんだんお腹が大きくなっていったので、工夫して入れてました。
初めの頃はオモチャも使えたから、オナってる姿を見せてもらったり写メ撮ったりして遊んでました。
エッチすればするほど性欲が増すらしく、S美は信じられないぐらい淫乱になってました。
昔は嫌がっていたカーセックスも、運転中のフェラも、公園でのフェラも、何でもするようになっていましたし。
無事子供が産まれたとメールがあり、一応一安心でした。
でも出産して以来、なぜかS美の反応が変わりました。
落ち着いたら会おうと言ってもはぐらかすし、下ネタ言ってものってこないし。
突然昔のS美に戻ったような気分でした。
子供が産まれて2ヶ月ぐらいしたある日、S美からメールがきました。
「もう性欲無くなっちゃったみたい。子供にも悪いからもう会わない方が良いと思う」なんじゃそりゃ!って感じでした。
期間限定の淫乱かよ!と。
散々中出ししまくったわけだから、後腐れもなく終わる事にしました。
数枚のSDカードには、淫乱だったS美の写メや動画がギッチリ入っていましたし。
それにしても妊婦って性欲が増すんですかねぇ。
この話をちょっと前に友達にしたら、実はそいつも経験ありだって言ってました。
そいつは出会い系で会ってみたら、実は妊婦だったって。
それで2ヶ月ぐらい週2~3回会ってやりまくったと言ってました。
ただお腹を見ると、ちょっと気分が萎えるのが欠点ですけどね。

出会い系で子連れの若妻とラブホで子供の横で騎乗位セックスした浮気体験

読了までの目安時間:約 2分

出会い系サイトの投稿にメールしてきた主婦。
24才、娘1才半。
年齢差がありすぎるので、当方、完全にメル友気分。
会うことはないだろうと思った。
それ故、素でメール交換。
エロトークも遠慮なし。
初体験、夫婦生活、オモチャなど、いろいろ聞き出した。
ちなみに旦那とはセックスレス。
2~3日後、ダメ元で昼メシに誘うと、あっさりOK。
待合わせの目印は、1才半のお子。
コリャ目立つ。
会うとかなり可愛い。
子供も可愛かったな。
移動する車の中では、とても話が弾む。
もちろん膝には乳幼児を抱いてる。
思いっきり冗談で、「ホテル行く?」と笑いながら自分。
うなずく彼女。
こっちが焦る・・・ 世の中こんなこともあるんだと考えつつIN。
以降、会えばホテルという感じで付き合いが続いた。
これまでと違うのは、会えない時はチャットの無料閲覧を眺めることと、ホテルでチャット用の写真を撮ること。
もうひとつ、会う前は必ずお菓子を買ってく自分がいることかな。
エッチは普通だった。
傍らに子供が居るのを除いては。
当初は子供同伴が妙だったが、それもやがて慣れた。
子供NGのホテルがあることもこの時に知ったよ。
とある昼間、いつものようにIN。
先ずは、3人でお風呂。
子供がキャッキャッ、キャッキャッと遊んでるのを横目に、いつものようにお口でしてもらう。
ベッドに移動し、正常位で合体。
その後、騎乗位へ。
彼女は無我夢中でひたすら上下運動。
いつも激しく声も大きい。
その時、下にいる自分はふと気づいた。
自分の足元にしゃがんだ子供が、頭をかしげて、じ~と、結合部を凝視してるのを。
不思議そうな顔をした子は、やがて結合部に手を伸ばしてきた。
とっさに自分の手を差し出したが、正直驚いた。
上の彼女は夢の中だったので、その事に気づかず何事もなくそのまま続行。
やがて、子供は手を離し、自分も彼女も果てたが、すんごく妙な気分でした・・。

近所の子持ちの若妻を寝取り自宅で白下着姿でザーメン中出しセックス調教

読了までの目安時間:約 2分

普段は真面目な、子持ちの22歳他人妻と性交しました。
近所で顔見知りなので、ちょっといやらしい事を言ったらうれしそうに笑ったので、誘ったら家に入れてくれました。
玄関に入り、後ろからお尻に軽くタッチしたところ、今までの真面目なお顔ではなく、いやらしい顔で私を見ながら「娘が昼寝しているから観てみないとダメ」と来た。
都合よくテレビ部屋で昼寝をしてたので、娘(二歳)をほっといて、夫婦の部屋のベットで初々しい「お母さん」の母体を頂きました。
真面目な奥さんなので白いシンプルな下着でした。
「こんな下着ではずかしい」とは言っていましたが、凄くそそられます。
妊娠線が、白い下着をより一層際立てます。
若くして、妊娠結婚したので、まだ本当の喜びは知らなかったみたいでした。
(まだ22歳じゃ無理かな?)子供を産み落としたにしては、なかなかのマンコで、交尾の最中は、体をピンクにし、膣壁をマラに絡めながら子宮口を激しくこする様に腰をくねらせて、しがみ付いてきました。
座りながらマラで膣奥と子宮口をかき回していると、上と下の両方の口からよだれを垂らす姿を見て、気合を入れました。
フィニッシュで精液をタップリと子宮口に向かって放出したら、白目を出し、口から泡を吹いて、10数回目のアクメを迎ました。
その後、暫くは精液とマン汁の入り混じったイヤラシイ行為の香りをさせて身動き一つしませんでした。
まどろみから醒めて、萎びたマラのカリを弄りながら一言「また、お願い。気持ち良かった。」だってさ。
ダンナに悪いけど、まだまだやりますよ。
次の子供のオヤジは私だぜ。
まず、この若妻の体を開花させる調教をやらなくては・・・

親友の若妻のミニスカ嫁に欲情して子宮にザーメン中出しレイプの秘密体験

読了までの目安時間:約 3分

妻と結婚して6年になりますが、共働きのため、まだ子供はいません。
それどころか、仕事が出来る妻は、海外出張に出たのです。
私はというと、ひとり淋しく過ごすことになってしまいました。
1~2ヶ月くらい経ったある日、親友のYから電話があり、夕食をご馳走になったのです。
Yも結婚しており、25歳のかわいい嫁の愛さんがいます。
自分を不憫に思った愛さんは、たまに私を食事に誘ってくれました。
そんなのが何回か続いた時、Yに急用ができ、愛さんと2人きりになってしまいました。
少し話しはしたのですが、すぐに無言になって、気まずい雰囲気になったので、そろそろ失礼しようかと思って立ち上がったのですが、酒も入っていたせいか、気が強くなっていて、玄関まで見送りにきてくれた愛さんに襲いかかってしまいました。
強く抱き締めて、むりやりキスしました。
愛さんは首を振って激しく抵抗しましたが、顔を押えて舌も入れました。
Fカップくらいありそうなオッパイも揉んで、ミニスカートの中にも手を入れて荒々しく愛撫しました。
愛さんはずっと抵抗していましたが、男の力にかなうわけがありません。
私は口を押さえながら、リビングのソファーに押し倒して、唇や首筋や耳や胸元にさらにキスしました。
舌を入れて口の中を舐め回したり、舌に絡めたり、アソコにも指を入れて掻き回したりしていると、だんだん抵抗が弱くなって、「はあはあ」と熱い吐息が漏れてきました。
引き裂くような勢いで愛さんの服を脱がせ、下着をむしり取ると、全身を舐めました。
特に乳首とアソコとアナルと足は念入りにしました。
愛さんの口からは次第に喘ぎ声が出て、「もっと、もっと」と求めてくることもありました。
クリトリスに吸い付きながら、アナルに指を入れると、愛さんは歓喜の声を上げていきました。
そろそろ大丈夫だろうと、愛さんの股を開いて、ガマン汁が大量に溢れるいきり立ったチンコを入れようとすると、また抵抗しましたが、力任せに突入させると、悲鳴のような、喘ぎのような声を上げました。
私は獣のように激しく深く早く突きました。
何度か突くと、愛さんは艶かしい色っぽい声を上げて私にしがみついてきました。
私もオッパイを揉んだり、唾液を垂れ流しながらキスしたりしながら、激しいだけのピストンを繰り返しました。
そして、限界まできた私は「中に出すぞ」と言い、抵抗する愛さんの子宮に発射しました。
愛さんはすぐに泣き出しましたが、「Yが帰ってくるから普通にしとけ」と言ってから帰りました。
それから食事に呼ばれることはなくなりましたが、Yには内緒で密かに愛さんとは会ってセックスしています。
若くてかわいい人妻とのセックスはマジで気持ちよくて興奮します。

公園ナンパした子持ちのヤンママと生ハメSEXでザーメン中出しの浮気体験

読了までの目安時間:約 4分

サラリーマンである俺が、外回り営業の際に公園でサボっていると、24歳というイケテルヤンママあけみが1歳児を連れて遊びに来た。
隣のベンチに座り込んだ為、ちょっくらナンパ。
「お子さんかわいいですね~」『ありがとうございます』と世間話がはじまる。
しばらくして、ベンチを移動して隣に座る。
「こんなかわいいお子さんだと旦那もイケメンなんでしょ?」『イケメンすぎて、女遊びが激しくて困ってるんです」「そっか、じゃああけみちゃんもしちゃえば?」『なかなか相手がいないよ~』「そんなにかわいいなら、やりたいオーラ出せばいけるよ」『こんなかんじ』とイキナリVネックの胸元を下げ、ブラ全開!!「そんな挑発するとナンパしちゃうぞ~」『されてもいいかも~』俺はスカサズあけみの胸元に手をいれ、予想通りの授乳中の爆乳を揉みしだいてやった。あけみの乳首は、すぐにコリコリとなりいい感じ。が、ここで子供が大泣き・・・・・。その場は近所の目もあるんでアドレス交換して別れることに。その晩、あけみから『旦那今日は長距離で帰ってこないんで遊びに来ない?』とメール。遊びに行くと、市営団地の1階部屋。とりあえず乾杯して、あーだこーだ話し、子供も寝たところで一緒にお風呂。狭い団地風呂だが、余りにも生活観が滲み出していて素人フェチの俺は絶好調!さすがはイケメン遊び人の嫁。今まで逃げられないように尽くしてきた為か、風呂場では男の感じる壺を知り尽くした洗体サービス・潜望鏡などなど次から次に荒業がでてくる。団地の風呂の窓は開いているのによがり出すし、こっちが近所の心配してしまった。風呂場では発射こそしないが、生挿入。ベットではなく、和室に布団をひいて、子供が寝てる横で本格プレイ開始。もう、カラダの穴という穴、頭の先から足の指先まで、信じられないくらい舐めまわしてくれて・・・「たまんないっす、イケメンの妻!!」その後、俺の並以下の疎チンで突き上げると最初は???でしたが、疎チンだが遅漏の俺は持ちが断然よい。聞けば旦那は3分も持たない早漏君。早漏イケメン旦那では、滅多にイケないあけみは、俺の疎チンで潮噴きまくり。授乳中の爆乳タンクにしゃぶりつき、子供のエサの横取り。甘くておいしかったよ。もうメロメロのあけみに未開発のアナルに疎チン挿入。疎チンなだけにスルリと入る。「ああ、疎チンでよかった!」と初めて思う。完全にイケメン旦那を超え、あけみを手に入れた気分で絶好調。かれこれ、3時間以上ハメっぱなしの4回抜きでした。2回目以降は中出し三昧。「生まれてくる2人目は俺のDNAか?・・・イケメンパパにしては不細工な子が・・・」そんな事は、征服者の俺の知ったことか!!なんて思いつつあけみとの甘く激しい時を過ごした。あけみは100回イッたなんて可愛いこと言ってくれる。「これで俺も、人妻寝取りができるイケテル男になったぜ」なんていい気分でした。それからもあけみとは週に1~2回生ハメ中出しでセックスしてます!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】