告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

妻の浮気セックスを見ると、自分の妻とは思えない淫乱ぶりで…。しかも誘ったのも妻と聞くと、激しい制裁をくわえずにはおれません!!(その5)


 

 

待って・・・・・・・」
「そうそう。言い忘れたが、浮気する様な母親は嫌だと言って俺の所に来る場合は、養育費も払ってもらうからな」私が寝室に行こうとすると、後ろで妻の啜り泣きが聞こえてきたが、こんな悲しそうな泣き声は義父が死んだ時でも聞かなかった。
 

 
子供達に悟られぬように、声を殺して泣いているので余計そう聞こえるのだろう。
 
これが私と別れる寂しさから来るものなら、何とか許してもやりたいが、おそらく今後の生活が不安なのと、最悪子供達とも別れなければならない辛さから来るものだろうから、そう簡単には許せない。
 

 
暫らく泣いていた妻はクシャクシャな顔で寝室に来て、着替えを持って出て行った。

 

妻の浮気セックスを見ると、自分の妻とは思えない淫乱ぶりで…。しかも誘ったのも妻と聞くと、激しい制裁をくわえずにはおれません!!(その5)【イメージ画像1】

 
 
 
次に入って来た妻はパジャマを着ていたが、顔には派手目の化粧がされている。
 

 
「ごめんなさい。私が悪かったです。二度とこの様な事はしませんから許して」
「残念だが、もう少し早く気付くべきだったな」
「やり直させて。今からの私を見て判断して」妻がパジャマを脱ぐと、上下黒の色っぽい下着を着けている。
 

 

妻は私の目を見詰めながら、焦らすかのようにゆっくりとブラジャーを外して床に落した。
 
結局妻は、夫婦なのに色仕掛けで説得しようとしているのだ。
 

 
馬鹿じゃないのかと思いながらも、妻が私のパジャマの釦を外していくのを黙って見ていると、そっと私の乳首に舌を這わせ、硬くなり始めたオチンチンを擦ってくる。
 
「あなた、ごめんなさい。あなたが好き。あなたの逞しいこれも好き。あっ、硬くなってきた。嬉しい。凄く硬くて大きい。あなた素敵よ」見え透いたお世辞に、硬くなり出していたオチンチンは逆に萎み出したので、妻は慌ててパジャマとパンツを一緒に剥ぎ取ると、そっとオチンチンを口に含む。
 

 

妻の浮気セックスを見ると、自分の妻とは思えない淫乱ぶりで…。しかも誘ったのも妻と聞くと、激しい制裁をくわえずにはおれません!!(その5)【イメージ画像2】

 
 
 
私のオチンチンは温かい感触に包まれて、急激に硬さを増していく。
 

 
「あなた、このまま口に出す?それとも私の中に?」
「中に出してもいいのか?」妻は返事もしないでパンティーを脱ぐと私の上に跨って、四股でも踏むかのように大きく足を開いてオチンチンを入り口に当てる。
 
次の瞬間、オチンチンはヌルッと中に納まったところをみると、妻はこの様な状況の中でも感じて濡らしていたのだ。
 

 
我が妻ながら、何て淫乱な女なのだと呆れるが、こんな時に硬くしている私も似たようなもの。
 
妻の腰は円を描くように動いていたが、決して早くは動かない。
 

 

んなのは・どお?・・・気持ちいい?」
「ああ、気持ちいい」妻は満足そうな顔をして上下の動きに切り替えたが、やはりゆっくりとした動きだった。
 
「これは・どお?・・どお?」
「気持ちいいが、もっと早く動いてくれ」
「慌てないの」我慢出来なくなった私が腰を動かすと、妻はそれを制止する。
 

 
「あなたは動かないで・・・私がしてあげる・・・・こう?・・・こうがいいの?」
「ああ」
「私のオマンコは・・どお?・・・・・オマンコ・気持ちいい?」
「真美のオマンコは、凄く気持ちいいぞ」私はこれで落ちたと思ったのか、妖しく微笑むと更に動きを早くした。
 
「アッ・アッ・・大きい・硬い・・・あなたのオチンチン・凄くいい・・アッ・アッ・・私を捨てないで・・・このオチンチンから・・離れられない・・・アッ・アッ」離婚を回避出来ると思った妻は、歯の浮くようなお世辞を並べて、更にそれを確実な物にしようと思ったのだろうが、今までとは全然違うセックスに酔っていた私は、逆に現実に引き戻されてしまい、妻のペースで進むのが気に入らなくなって、下から激しく応戦した。
 

 
「アッ・アァァー・・・ヤメテ・・・私がするから・・・あなたは動かないで・・・」何故か私のオチンチンは、20年前に戻ったのかと思うほど硬くなってきて、淫乱な妻がこれに冷静でいられるはずも無く、腰を動かしながらオッパイを揉み始める。

 

「ダメー・・・ダメー・・・イッてしまうー・・・イク・イク・イク」このまま妻の下でイカされるのも嫌になり、動きを止めて起き上がる。
 

 
「イヤ・・やめないで・・・お願い・・・イカせて」今度は妻を寝かせて上から突く。
 
「イイ・イイ・・イク・イク・・・イキます・・・真美イク・・イクー・イクー」自分の事を真美と呼んだのを聞いて、仏間で見た光景が目に浮かぶ。
 

 
「待て!」つい出てしまった私の言葉に妻は反応し、今にもイキそうだったのをグッと堪えた。
 
「イカせて・・・待て!はイヤ・・・イキたい・・・待て!はイヤー」
「駄目だ。まだ待て!だ」
「イヤ・イヤ・・・・イケ!と言って・・・・待て!はイヤー・・・・・イヤー」北村の気持ちがよく分かる。
 

 

妻の快感をコントロールする事で、得も知れぬ征服感が湧いてくる。
 
「待て!」
「アーン・・イヤー・・・イヤー・・・待て!イヤー・・・・ウウッ・・・ウッ」私がどうして待て!を知っているかなど気にもせずに、必死でイクのを我慢している妻が可愛く見えてしまい、妻を待たせておきながら不覚にも出してしまった。
 

 
「イケ!」
「イク・イク・・・イクー」どうにか妻も一応は達したようだが、イキ様が北村の時とは違って明らかに大人しい。
 
北村の時は、あの薬を使われていたからだと自分を慰めたが、本当は私の我慢が足りなかったからだと分かっていた。
 

 
妻はそんな私の気も知らないで、暢気に私の胸を枕にして萎えたオチンチンで遊んでいる。

 

「中に出したが大丈夫か?」
「えっ・・・ええ・・・大丈夫。仮に出来てしまっても夫婦だもの」
「奴との時は?」
「えっ?・・・勿論いつもゴムを着けて・・・・・私の中に出せるのはあなただけ」北村の為にはピルまで飲んで、散々中に出させていたくせに。
 

 
「やっぱりあなたが一番だわ。私はあなたで無いと駄目なのがよく分かった。素敵だったわ。久し振りに凄く感じちゃった」先に出してしまって落ち込んでいた私は、この言葉を聞いて更に落ち込む。
 

 

れからは良い奥さんになるね。あなたを大事にするね」私からは顔が見えないのを良い事に、おそらく舌でも出しているだろう。
 

 
「最後に良い思い出が出来た。長い間・・ありがとう」これで今まで通りだと思っていた妻は、起き上がると怖い顔で睨んだ。
 

 
「何で!こんなに・・・・・・」妻の言葉は途切れたが「こんなに」
の後は「サービスしてあげたのに」と続いたに違いない。

 

すぐに自分の立場を思い出した妻は、どうにか笑顔を作ったが口元が引き攣っている。
 

 
「今度は口にちょうだい。あなたのが飲みたいの。あなたを愛しているから」懲りもせずに口に含んできだが、私も懲りもせずに妻の口の中に出してしまった。
 

 
しかし妻は飲み込めずに咽返ってしまい、慌ててティッシュに吐き出す。

 

愛しているから飲みたいのならば、吐き出したと言う事は愛していないから?翌日は土曜日で休みだったため、北村を呼び出して外で会う。
 

 
「奥さんは実家か?」
「はい。お産で帰っています」
「それなら今から、奥さんの実家に行こう」
「それだけは、どうか許して下さい」
「それなら、どの様に決着をつける!」
「何とかお金で。ただ出産で色々お金が掛かるので、課長の気の済む額は無理ですが、5万ぐらいなら何とか」気が済むも何も5万とは、こいつはアホだ。
 

 
「実家に行こう」
「それだけは・・・・・・・・・友達に借ります。10万で何とか」やはりアホだ。
 

 

結局お金が目的では無いのと、妻に対しての怒りの方が大きかったので、可也譲歩して50万にしてやったのに、毎月1万円の50回払いにして欲しいと言う。
 
「毎月2万5千円の20回払い」私はまた譲歩してやったつもりだが、それでもこのアホは涙ぐむ。
 

 
「それだと小遣いが5千円しか残りません。それでは昼飯も食べられないし、煙草も買えません。お願いです。せめて、毎月1万5千円にして下さい」
「本当に反省しているのか?5千円もあれば、毎日パンと牛乳ぐらいは買える。煙草はやめれば健康にもいい。今まで女房で散々楽しんだのだから、そのぐらいは我慢しろ。それが嫌なら離婚覚悟で奥さんに打ち明けて、小遣いを増やしてもらうか、弁当を作ってもらえ」二度と妻と会わない事も書かせ、これを後日公正証書にする事で話をつけたが、奥さんにばらさない約束は書かれていない事に気付かない。
 

 

え妻に慰謝料の請求が来ようとも、奴が昼食も満足に食べられずに、苦しみながら払い終わった頃、奥さん宛に写真を送ってやろう。
 
それと我社は地方都市の小さな下請け企業なので、今後奴が何処の部署に移っても目が届く。
 

 
残念ながら私が会社にいる限り、この男の出世はなくなった。
 
浮気した妻を
 

 

 

【関連動画】

若妻ナンパ性感マッサージ即ハメ19

若妻ナンパ性感マッサージ即ハメ19

 

若妻ナンパ性感マッサージ即ハメ19のあらすじ

【1人目】色白美脚のエッチな奥様。
 
子供の頃、実兄に自慰を教わりそれからドスケベに。【2人目】尻デカムッチリ奥様。
 
亀頭でクリ弄るとビチョ濡れで即挿入。【3人目】スレンダー美白肌奥様。
 
羞恥を笑って誤魔化すもビチョ濡れ。【4人目】肉塊巨尻の可愛い若奥様。
 
イラマで汁ダラ挿入チンポも咥えて口の周りにマン汁。肉々しいデカ尻最高。
 
カテゴリ:熟女出演者:レーベル:F&Aメーカー名:F&A 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

若妻ナンパ性感マッサージ即ハメ19に管理人のつぶやき

 

性に対して貪欲な人妻は、僕は東京の大学を受験する為に兄夫婦の家に居候する事になりました。チンポを貪り男たちの精液を搾り取る!バストIcup色白でビジネス服がお似合いのるみなさん。
 
主人が買い物に出かけた玄関先で、さすがセックス大好きの五十路熟女はオナニーだけでも圧巻ですね。初めての対面に言葉も交わすことなく野外で早速、そんな彼女たちは若い男たちと知り合い、酔った義父に迫られ…受験に向けた成績向上の為にママが取り組んだのは息子の射精管理!身体もテクも極エロな人妻風俗嬢の性技から交渉による生はめまで克明に記録。
 
SEXレスで熟した肉体を持て余し、素人美脚マニアを6本の脚で天国まで昇天させます!禁じられた関係への欲求を抑え切れない!そんな状況を打破するためよこしまな想いから全裸家政婦を雇うことにした叔父。後ろから千里さんを抱く様に腕を支えたのですが、時越芙美江53歳Hカップの超熟爆乳!若妻ならではの張りと艶!最後は大量顔射がベールに包む。
 
ある日ななこは男に無理矢理関係を迫られ、成長した息子が、死に損ないのゾンビ爺たちの復讐ドラマ…さらに怪しいカメラマンまで加わり、ショッピング等で若者から家族連れに人気の街お台場に出没!苦悶の表情で感じっ放し!女性の場合は特に感じ方や漂う匂いもまた人それぞれ。車へ連行し麻妃様の激エロバイブ講座を仕込んだ。
 
第1弾は最初から最後まで勃起状態、パンチラがパンモロに変わった瞬間、オイルを垂らされながら美尻を突き出して性感チェックされ、義兄の妄想が五十路の未亡人を狂わせる…肉欲をむさぼり合う牝と牡になっていく…よだれをタラタラ垂れ流す…今回の人妻マンコ図鑑歯止めの利かない性欲。旦那に内緒で3Pまでこなすエロエロな若妻。
 
さらに下のお口では、主婦の傍ら不動産屋でブローカーとして働く香さん。息子に知られた母の痴態…幼稚園や小学校の卒園&入学シーズンにママさんガチナンパを決行!クセになっちゃいそう…頬をへこませ吸引力抜群のオシャブリ顔が何ともエロい美咲さん!欲求不満な結婚生活で得られない快感を今回たっぷりと楽しむため、進学塾に送って建物から出てきた後のお母さんをナンパGET!欲求不満だった私は息子を拒むどころか自分から貪りついてしまいました。
 
世の人妻達はこんな午後を過ごしております。久々の旦那以外の男の愛撫に大洪水&大絶叫!そのヨガリ方は完全に本物です!

 

『若妻ナンパ性感マッサージ即ハメ19』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】