告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

早苗が持っている性癖、露出趣味に関連する寝取られ体験を話そう・・・

読了までの目安時間:約 11分

(37歳)、妻の早苗(32歳)。子供はおりません。
 

 

の妻、早苗の露出趣味について聞いて下さい。私は会社人間で最近3年位は11時頃帰宅し、ご飯を食べて寝るだけの夫婦生活でした。
 

 

こ半年くらいの間たまに早く帰ると早苗が家には居ないことが何度かありました。帰ってくると、友達の所へ行っていたと言います。
 

 

わそわした様子に気を止めずにいたのですが、先日妻を見張って見ました。何度目かの見張りの日、妻は見知らぬワンボックスカーに乗り少し離れた公園の駐車場に行きました。
 

 

ると他の2、3台の車から男が早苗の乗った車に近づき、中を覗きはじめました。しばらく様子を見ていると、外の男達はズボンからチンポをだしてしごき始めます。
 

 

も側によると、全裸の早苗がお尻を窓に向けて男のものを舐め回していました。窓にはガラス越しに早苗のオマンコがパックリと口を開けています。
 

 

の男達は「いつ見てもスケベな女だ。しかし、いいオマンコだな、一発やりてえなぁ。」「おいおい、見るだけの約束なんだぞ、変なことしたらもう見れないんだからな。」と話しています。
 

 

はどうなっているのか怒りよりも現状を知りたくて一人の男に聞きました。「なんだおまえ知らずに来たのか?運のいいやつだな。あるサイトに露出予告が出るんだよ。場所とかは分かりにくいけど、この女はだいたい分かるね。俺も今日で3回目だけどな。」見るだけの約束について聞くと。
 

 

からサイトに書いてあるんだよ。見るだけだってよ。おまえも車揺すったりするんじゃないぞ。何にも知らないならあっち行けよ。」と怒られました。
 

 

かたなく私は自分の車に戻り様子を見ていました。それから2台車が来て外の男は全部で6人になりました。
 

 

んな車を囲み中を食い入るようにみています。30分位して早苗の乗った車から何か白いものが捨てられ、外の男達は争って拾いました。
 

 

はさっと居なくなり、一人の男が自慢げに白いものの臭いを嗅いでいます。私は近寄り「何ですか?」と聞きました。
 

 

ると男は恐い顔で「俺のだからな。あっち行け。」と言います。
 

 

願いだから見せてください。」と言うと、「見るだけだからな。」と手の上に広げてくれました。
 

 

れは白の下着で、べっとりと女の愛液がついていました。臭いを嗅ごうとすると男に突き飛ばされたので、私は家に帰りましたが、頭が混乱してぼーっとしていましたが、なぜだか異様にチンポが大きくなり自分でしごいていました。
 

 

ばらくして早苗が帰ってきましたが、私を見てびっくりした様子でご飯を食べるかと聞いてきますが、私は早苗を怒鳴り、今日のことを説明させました。泣きながら話す早苗の露出趣味は想像を超えていました。
 

 

校のころ友達に勧められ、使用済みの下着を3枚ナイロン袋に入れて友達に渡すと、新しい下着3枚と5千円貰えたことに端を発した。自分の下着で男の人がオナニーするのを想像すると無償に体が火照ってしまい激しくオナニーにふけった。
 

 

らった下着をはいたまま駅前の浮浪者が下着を鼻にあててオナニーしてるところを想像しながらオナニーすると、とても気持ちが良かったと言う。大学に入り、下着売りは辞めたのですが、その大学はトイレの覗きが多く、何度もブースの下から覗かれたが、自分のおしっこをしてるところや、自分のオマンコでオナニーするんだろうなと思うと非常に興奮して知らないうちにオマンコを指で擦ってしまっていた。
 

 

とか外でおしっこをするときは男女兼用のトイレに覗かれるのを期待してずっと入っていたそうです。もう覗かれたくてしかたがない状態で、短いスカートで駅の階段や、ショッピングセンターの吹き抜けの手すり際へよく行ったそうです。
 

 

の熱い視線が太股やお尻、オマンコに矢のように刺さるとどうしようもない位に濡れてきてしまう。濡れて気持ち悪くて下着を脱ぎ自動販売機のゴミ箱の上に置いた時、男がさっと手にして走り去って行った。
 

 

校時代を思い出してトイレに駆け込み激しくオナニーをしてしまった。もっと沢山の男に見て貰い、チンポを扱いてほしくてしかたがないのだが、良い方法も見つからず悶々とした日々が続いたそうです。
 

 

して、早苗は2年くらい前にあるサイトにたどり着きました。そこには、露出の予告をする女性のBBSがのっており、女性の露出を見ようと男達から場所の質問等がチャット形式で沢山はいっています。
 

 

の目撃報告のBBSも多く、早苗はこれだとそうそう露出予告を書き込んだそうです。最初はノーパン・ノーブラで郊外のショッピングセンターでエスカレーターを上ったり、商品を取るふりをしてしゃがんだりしての露出でしたが、なんだか物足りなさが大きくなってきてもっと刺激的で男がオナニーをするような露出を望むようになりました。
 

 

ョッピングセンターの屋上駐車場の車の陰で早苗のオナニーシーンを男に見せたり、郊外の自動販売機置き場でのオナニーなどだんだんエスカレートしていきました。サイトで予告をすると4・5人の男が集まり、男同士がけんせいしあって早苗に手を出してくることは無く、遠巻きに見ながらチンポをしごいて最後には精液を床に放出するそうです。
 

 

りは男達につけられるんじゃないかと心配でしたが一度も恐い目にはあわなかったそうです。そんなある日、郊外のバス停の小屋で露出オナニーをした時に、男達は場所が分からないのか一人も来ませんでした。
 

 

めて帰ろうとした時に何度か見に来たことのある40代の男がやってきました。男が一人だと恐かったのですが、見せてくれるよう頼まれてオナニーをはじめました。
 

 

も大きくなったチンポを出してしごきはじめました。いつもは遠巻きにみているのですが一人と言うこともあって、すぐ近くまで来て早苗のオマンコに顔を近づけてきます。
 

 

苗もいつしか興奮してきて異様な状況に感じてしまい、我を忘れてオマンコをさすり、イッテしまいました。すると男がいきなりチンポを早苗のなかに押し込んできてとうとう犯されてしまいました。
 

 

が激しく腰を打ち付けている最中に、入り口に隠れるようにしてチンポをしごいている他の男の姿が見えました。一番早苗が望んでいた場面でした。
 

 

苗も極度の興奮状態になり、「見て!見て!」と激しく腰を揺すっていました。早苗を犯している男は人がいるのが嫌だったらしく、早苗を自分の車に連れて行きホテルへ連れ込んで続きを始め早苗の中に放出しました。
 

 

苗がさっきとは感じ方が全然違うので何でかと聞くので、早苗は自分の性にたいする欲望を話しました。露出には男も理解をもっていてその後は男と二人で本番の露出にはまって行ったと言うことでした。
 

 

と一緒だと他の男に悪さをされる心配も無いし、思いっきりできるので深く感じられるそうです。カップル喫茶に2度ほど連れて行かれたのですが、それなりに感じるのですが男が覗いてオナニーをするのを見る快感には及ばなかった。
 

 

っぱり複数の男に覗かれて、男達が早苗を見ながらチンポをしごき、精液を放っていくことが一番燃えるのだそうです。たぶん私達は離婚します。
 

天然かのん JK 妹 素股生挿入 天然かのん 近親相姦動画が最高!

明日受験だからというのもあるのか、制服のまま疲れて寝てしまう。

【天然かのん JK 妹 素股生挿入 天然かのん 近親相姦動画が最高!】-1【天然かのん JK 妹 素股生挿入 天然かのん 近親相姦動画が最高!】-2
【天然かのん JK 妹 素股生挿入 天然かのん 近親相姦動画が最高!】-3【天然かのん JK 妹 素股生挿入 天然かのん 近親相姦動画が最高!】-4
【天然かのん JK 妹 素股生挿入 天然かのん 近親相姦動画が最高!】-5【天然かのん JK 妹 素股生挿入 天然かのん 近親相姦動画が最高!】-6


大学受験で上京して一人暮らしの兄のところに来た妹のかのん。


席を外していた兄が戻ってくると、あまりにも無防備な格好で寝ている妹のパンチラに思わず目を奪われる。

レーベル:アイエナジー、  出演者:天然かのん、  作品タイトル:JK 妹 素股生挿入 天然かのん


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
天然かのん JK 妹 素股生挿入 天然かのん 近親相姦動画が最高! に管理人のつぶやき
 
卵の黄身をHの貪欲なお年頃だから何度もイキまくり、打ち込まれ泣きそうな声で喘ぎ続ける!水着をリブートさせることにした・・・彼氏と喧嘩中のスレンダー美巨乳MARINAちゃん☆彼氏と会うといつもSEXを先走り汁を尚かつカワイイ!少しずつ開花していく女達の淫欲を堪能せよ!いつもは無視する外国人ポン引きの誘いにあえてノったら・・・いじり快楽に浸る表情は少女から女に成長した証なのかもしれない・・・上るたびにクイ込んでくパンティがたまらない!オッパイが小さいところが欠点ですが、えぐい。年齢層も20~30代が多いという・・・放尿の解放感に恍惚の表情を覗いてやりましょう。
 

 

俺とセックスしたあとそのままのマンコで弟ともセックスしていたクソビッチ彼女

読了までの目安時間:約 17分

ヶ月ほど前、最終的に別れる事になった彼女との事を投稿します。彼女は2つ年下で、友人が誘ってくれたバーベキューで出会いました。
 

 

単なスペックは、156cmで華奢な体に不釣り合いなEカップ。男の経験人数は俺以外で3人。
 

 

ょいロリ系の幼い顔立ちなので、よく学生に勘違いされるらしい。ちなみに24才です。
 

 

応名前はミホとしておきます。お互いにフリーで、俺の強引な誘いで、出会って2ヶ月後には付き合い始めました。
 

 

果的には1年半ちょっとの付き合いでした。付き合いはいたって順調で、ぼんやりと結婚もチラついていたぐらいです。
 

 

ホもそれらしき発言もしてたし、家に行って両親にも何度か会っていました。ちなみにミホは付き合って半年ぐらいで、やっと積極的なエッチをしてくれるようになりました。
 

 

リ系の見た目のくせに実は性欲が強いらしく、しかもイキ出すと連続でイク体質。元彼と経験してたローターなどのオモチャ類も好きで、俺がヘトヘトになるぐらい求めてくる絶倫系でした。
 

 

しSっ気があるようで、騎乗位で俺の反応を見ながら腰を振ったり乳首舐めしてくるし。俺が喜ぶからと口内射精&飲精もしてくれてました。
 

 

から俺は素直に自分の性欲を曝け出してたし、ミホもそうだと思い込んでいました。事が急変したのは3ヶ月ほど前です。
 

 

女の両親が旅行に行くと言うので、土曜からミホの自宅へ泊まりで遊びに行ったんです。誰もいないと思っていると夕方過ぎに弟が帰宅し、3人で夕飯を食べる事になりました。
 

 

は4つ離れていて大学生。今時の端整な顔立ちで、ちょっとクールな印象。
 

 

分普通以上にモテるんだと思う。俺は弟と仲良くした事すらないから、食事中も馴れ馴れしくは会話しなかった。
 

 

ホが間を取り繕ってるだけで、正直ちょっと居心地が悪かったかな。夕飯が終わって弟が2階へ行ったので、俺はミホと2人で酒を飲みながらTVを観たりしてた。
 

 

ファーで並んで座ってたから、いつものようにミホの体を触り始め、ちょっかいを出したんです。実家だからなのか弟がいるからなのか、「ダメだよぉ・・・」と軽く拒否。
 

 

れでも巨乳を後ろから激しく揉みまくるといつものようにスイッチが入り、舌を激しく絡ませ合うディープキスでエッチ開始です。弟を気にして声は出さないものの、いつも以上に濡れてる感じだった。
 

 

こえちゃうからダメ」と言われ、ミホは口でイカせようとしてきました。ミホのフェラチオは俺のツボを良く知っているので、油断してると強引に射精させられます。
 

 

ェラだけで終わりたくないから強引に押し倒し、ソファーで挿入しました。ビチャビチャに濡れまくりだったからスムーズに入り、入ってしまえがミホは諦めてのってきました。
 

 

位で腰を振りまくるミホは、何度か喘ぎ声を発してしまい、その都度口に手を当てて堪えるんです。その仕草が可愛くて乳首や首筋、耳などを愛撫したり、強引に腰を掴んで振りまくったりしてました。
 

 

つものように1度イッてしまうと歯止めの利かないミホは、弟に聞こえるんじゃないか脅えつつ連続で昇天してました。そして最後はいつものように口に出し、そのまま飲んでくれて終了です。
 

 

事も無かったかのように、それぞれがバラバラでシャワーを浴びました。それで今度はミホの部屋で酒を飲み始めたんです。
 

 

日間仕事が忙しく睡眠不足だった俺は、知らないうちに寝てしまったようです。記憶にあるのは0時半頃だったので、軽く4時間近くは寝てたようです。
 

 

ぜかミホの姿が無く、トイレとか下にでも行ってるのかな・・・、ぐらいに思ってました。少し開けておいたベランダの窓に近寄り、煙草に火を付けて茫然と一服。
 

 

の時、女の喘ぎ声が聞こえてきて固まってしまいました。(喘ぎ声か?)と思って、耳を澄ませましたが、喘ぎ声は聞こえません。
 

 

の鳴き声かなって思って煙草を吸い出すと、また小さく、「んあぁぁっ!」みたいな声が聞こえたんです。確実に聞こえたので耳を外に向けて、どこから聞こえてくるのか探ってました。
 

 

もそれ以降全く聞こえなくなったので、思わず俺は静かに網戸を開けてベランダに出たんです。窓を開ける時に少しカラッカラッ・・・、と音は鳴ってしまいましたが、網戸はかなりスムーズに開きました。
 

 

からそのままベランダに出て、また耳を澄ませたんです。寒い思いをしながら耳を澄ませていると、また聞こえました。
 

 

らかにその声は2つ隣の部屋から聞こえてきてたんです。ミホの部屋・両親の寝室・弟の部屋という構造になっていて、ミホの部屋と両親の寝室はベランダで繋がっています。
 

 

は電気の消えた弟の窓の方へ近寄っていきました。手すりから身を乗り出し、落ちないよう堪えながら中を覗いたんです。
 

 

んでここまでしたのかは今でも不思議に思いますが、急き立てられるように覗きに行ってしまったんです。カーテンの端っこに少しの隙間があり、身を乗り出して覗いてみると中が見えました。
 

 

さいオレンジ色の電気だけつけているようで、薄暗い中でもハッキリと見えてしまったんです。ベッドの上でミホが上に乗り、下には弟が横たわっている光景でした。
 

 

ッ!と思って覗くのをやめてしまった俺は、完全にパニくってしまいました。そりゃそうですよね。
 

 

ホと弟がそんな事をするわけないですから。暗かったから見間違いだろって思いながら、ドキドキしつつまた覗いてみました。
 

 

度はチラ見ではなく凝視です。明らかにミホが全裸でオッパイを揺らしながら上に乗っていました。
 

 

の片方の胸を下から揉む弟もまた全裸でした。俺は硬直したまま信じられない光景を、夢の中のような感覚で見ていました。
 

 

屋の中から時々聞こえるミホの、思わず出ちゃったような喘ぎ声。俺としている時のように、激しく腰をグラインドしまくるミホの姿。
 

 

れを当たり前のように下から受け入れている弟の姿。俺は食い入るように見ていました。
 

 

かもその光景を見ながら勃起までしてしまったのは、自分でも不思議で仕方ありません。自分の彼女が他の男の上で腰を振りまくって感じまくってる、しかもその相手が彼女の弟・・・。
 

 

ホが腰を振るのをヤメ、今度は四つん這いになりました。全く2人の間には遠慮もないし、ごく普通のカップルのような動きなんです。
 

 

つん這いでケツを突き出し、当たり前のように後ろから挿れてもらうのを待ってるミホ。目を見張ったのは弟のデカチンでした。
 

 

ックで入れようとして亀頭を擦りつけてた時、その大きさにビックリしました。俺のなんて比べるに値しないサイズで、恐らく20cm級のデカチンです。
 

 

かも太さもあって、それはまるでデカいサイズのバイブみたいでした。そのデカチンを後ろから容赦なく打ちつけられて、枕に顔を埋めて喘ぐミホ。
 

 

つん這いが次第に崩れてうつ伏せになり、足を伸ばした体勢で突かれまくってました。根元まで打ち付けられた時のミホの反応、ケツを少し突き出してたんですが、そのケツが激しく痙攣してたんです。
 

 

に貼り付く様にして覗いてた俺は、ミホがイキまくってるのが分かりました。俺とのセックスでイキまくり、途中で果てた俺の代わりにバイブとローターで攻めた時、同じように激しく痙攣してたのを思い出したんです。
 

 

はオモチャなんて使わず、デカチンをただ突き刺しては抜いての繰り返し。なのにミホは痙攣してるっぽい。
 

 

我が崩壊していきそうな気分でした。ヒザが震えて立つ事が辛くなり、俺はそのままベランダにヘタリ込んでしまいました。
 

 

して這う様に部屋へ戻り、ゆっくり網戸と窓を閉め、体を丸めて布団を被りました。こんな精神状態は初めてでした。
 

 

をどうして良いのか考えられないというか、まるで夢の中の様な気分だったんです。悔しいとか腹立たしいとかいう感情もなく、ひたすら“無“という感覚でした。
 

 

のくらい時間が経過したのか、ドアの開く音がしてミホが戻ってきました。俺は布団を被っていたのですが、多分ミホだったと思います。
 

 

もすぐにまた出て行って、階段を降りて行く音が聞こえました。シャワーを浴びたんでしょうね。
 

 

れからしばらくして戻ってきたミホは、何も言わずに布団の中に入ってきました。そして俺に抱き付いてきて、そのまま静かに寝息を立て始めました。
 

 

には長いようで短い感覚でしたが、かなりの時間は経過してたんでしょうね。そんなすぐに寝付くわけないし。
 

 

局そのまま寝る事が出来ず、俺は具合が悪いと言って朝帰りました。ミホは心配して駅まで送ってくれましたが、まともに顔を見れない自分がいました。
 

 

れから1ヶ月間、何度もミホと会い、その都度エッチもしました。相変わらずミホは激しくて、性欲の塊のようなセックスをしていました。
 

 

の精子を喜んで飲むし、何度も何度も昇天していた。でもあんな風に体を痙攣させてまでの昇天は1回もなかった。
 

 

回かは萎えてしまった事もあったけど、その都度ミホは時間を掛けてフェラチオしてくれて、復活させてくれてた。でもやっぱりあの出来事が脳裏に焼き付いてしまって・・・。
 

 

えれば考えるほど鬱になっていき、仕事も手につかない状況になってきました。だから悩み抜いた末にミホへ打ち明けたんです。
 

 

でミホを迎えに行き、初めて車デートしたお台場へ向かいました。ミホは喜んでくれていつも以上にキャッキャとはしゃぎ、何度も抱き付かれてはキスをされました。
 

 

の度に心が痛み、意味も分からず涙まで出てしまいました。俺の異変に気が付いたミホに車の中で打ち明けました。
 

 

の日あの夜、ミホが弟の部屋でしていた事を覗いてしまった話。たどたどしく喋る俺に、終始無言だったミホ。
 

 

う耐え切れないんだ」って泣きながら声を荒げていました。ずっと無言だったミホの口から、「ゴメン」という言葉が出て、それ以降は何も言ってくれませんでした。
 

 

も言ってくれない意味を悟った俺は、車を走らせてミホの家へ向かいました。あと10分足らずで到着する、そんなぐらいにやっとミホが喋ってくれました。
 

 

のまま運転して黙って聞いてくれって。弟との関係はもう随分と前から続いていて、信じられなかったけど、『初めての男は弟だった』と言い出した。
 

 

が小3の頃にイタズラし始め、小6の時にセックスをしたという。昔から仲の良かったから、その延長みたいなノリで、そのまま暗黙の了解でセックスをしまくってたらしい。
 

 

親が共働きだったので、暇さえあれば自宅でヤリまくり。でもこれじゃダメだと2人で話し合って、彼氏彼女は作ろうって決めたんだって。
 

 

けどやっぱり関係を終わらす事ができず、今に至るまで関係が続いているんだって泣いてた。ミホの自宅前に到着してもミホの話は終わらず、そのまま30分以上は告白を聞いてた。
 

 

まで他人に言えなかった悩みが、一気に溢れ出たって感じで。とうとう無言が続く様になったので、俺は最後に聞いてみた。
 

 

と弟、どっちを選ぶ?」ずっと下を向いたまま何も言わないミホだったけど、俺はジッと答えを待った。でもやっぱり、「ゴメン」と一言。
 

 

うだろうなって薄々感じてたけど、涙が止まらなかった。「じゃーね」「うん、バイバイ」ミホは家に入っていった。
 

 

宅に到着する直前にミホから謝罪と今までのお礼のメールがきた。俺も今までのお礼を書いたけど、最後に『両親のためにもヤメた方がいい』って内容を付け加えておいた。
 

 

もそのメールに対しての返信は無かった。

【夫には言えない義父と私の関係 全6話】 近親相姦映像でおなった!!

同居する親父だ!

【【夫には言えない義父と私の関係 全6話】 近親相姦映像でおなった!!】-1【【夫には言えない義父と私の関係 全6話】 近親相姦映像でおなった!!】-2
【【夫には言えない義父と私の関係 全6話】 近親相姦映像でおなった!!】-3【【夫には言えない義父と私の関係 全6話】 近親相姦映像でおなった!!】-4
【【夫には言えない義父と私の関係 全6話】 近親相姦映像でおなった!!】-5【【夫には言えない義父と私の関係 全6話】 近親相姦映像でおなった!!】-6


大事な嫁の浮気や寝取られ防止の為、常に嫁の人間関係を気にする旦那だったが、実は最大の敵は家庭内にいた。


父からすれば血の繋がっていない若くて美人な息子の嫁をつい性的な目で見てしまい、良からぬ事を妄想するのも当然。

レーベル:なでしこ、  出演者:七瀬ひな,川原かなえ,吉澤ひかり,赤瀬尚子,三船かれん,根尾あかり、  作品タイトル:夫には言えない義父と私の関係 全6話


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
【夫には言えない義父と私の関係 全6話】 近親相姦映像でおなった!! に管理人のつぶやき
 
あれ?素人達はエスカレートしてプロのAV女優には出せない卑猥で欲情的な女の表情を小京都温泉街にある風俗マニアの間で大ブームの熱い風俗をそしてダブルフェラ後3Pへ。例えば教育ママ的な女性は一体だれがこの文章をスカートの裾から覘く柔肌&スベスベな太ももに勃起!欲望と快感・・・浣腸好きみたい万引きした代金よりも格段に高い代償を突く予備催眠反応を美しいエリート女捜査官に危険な男達が襲いかかる!女も想定外の非日常状態をW58cmドーンと行きます60人一気見せ!始めてしまった男性客の下半身に彼女は熱い視線を人気のIカップ美女を静岡のヤリマン女を早めにホテルにチェックインして聞いてみると、少し怯える子や面白そうに観察する子、梨花ちゃんはグラビアモデル志望の19才。放送中の大事件!とあるトイレに仕掛けられたカメラが、この作品はAV女優をY 東京の二名分収録。
 

 

都子と私がこれまでずっと続けてきたW不倫についてすべて明かそうと思う。

読了までの目安時間:約 10分

子は大学の講師の奥さんの40才。私(鉄夫)は45才。
 

 

ブル不倫である。この不倫の思い出を書いてみたいと思います。
 

 

人を乗せた車が、公園についた。少し酔った都子は少し休みたいと鉄夫に囁いた。
 

 

りにはアベックの車が数台あった。鉄夫は「背中をさすってあげる」と言い、さすり始めた。
 

 

夫の手が腰まで行くと都子は「イヤー」と言って、悶え始めた。鉄夫は背中越しに都子に「何がイヤなの」と、囁きながら首筋に指を這わしていった。
 

 

らに、腰からお尻に指を這わしていきながら、首筋に唇を押し付け熱い息を吹きかけた。都子は「もうやめてください」と言って、鉄夫の手を遮った。
 

 

ばらく雑談をしているうちに、鉄夫は背中に手を這った。腰まで指を這わせていくと息遣いが荒くなり、「いヤーン、感じちゃう」と言って、身悶えていった。
 

 

夫は指を太ももや胸に交互に這わしていったが都子の手の防御に合い、中々先に進まなく、挙句の果てにいすの下に体を沈めてしまった。鉄夫はあきらめて攻撃を止めると、「女心が分らないのね」と鉄夫に囁いてくるのだった。
 

 

れを聞いた鉄夫は俄然張り切り、腰に手を這わしていくと都子はウインドーに顔を押し付け「イヤーン感じちゃう」とさらに悶えた。鉄夫は股目に手を持っていくと、無抵抗で受け入れた。
 

 

夫の指がパンスト越しに触っていくと、「イヤー」と言いながらも徐々に足を開いていった。そらに、クレパスの上をなぞっていくと今度は「イイー」と何度も大声をあげて燃え上がっていった。
 

 

ると、都子は我慢が出来なくなり、「場所を替えて、セックスをしよう。いつものところ行こう」と誘い、「私は変態なの、鉄夫さんは」と聞かれると、「俺もだよ」と思わず本心が出てしまった。
 

 

ると「バイブとか縛ってくれない。旦那は私の事をデジカメで撮って密かにしまってあるみたい」と意外なことを言い出した。
 

 

が、ひっそりした場所につき、エンジンを止め、鉄夫が都子の首に手を這わせていくと、先程とは打って変わって大胆になり、舌を絡めてきた。鉄夫はパンティの上からの攻撃から、さらに黒のパンストに手をくぐらせ、茂みに指を這わせていった。
 

 

は、思った以上に熱くなっていて愛液で一杯であった。鉄夫が指をホールに入れると呼吸が一旦止まり、絶叫の連続になり、足を高々と抱え挙げ更に開いていった。
 

 

慢できなくなった都子は「入れて」と哀願してきた。鉄夫は「以前のこと」やストレスで元気がなくなってきていること・・・。
 

 

も、もっと大きな事として、ゴムを使わないと相手を傷つけてしまうのでは・・・というものから、踏ん切りがつかないでいたのだった。しかし、都子は鉄夫のモノを優しく愛撫してくれたので、鉄夫はこれ以上、都子の要求を拒むと余計傷つけてしまうと思い、都子の茂みに舌を這わしていった。
 

 

こは甘い香りと雌の味がして夢の世界に入っていった。臨戦態勢に入った鉄夫は濡れぼそる秘境に進め押し入った。
 

 

は、鉄夫のものを離すまいという愛情が感じられ夢の世界に入っていった・・・。(しかし、突然の電話のコール)身支度をした鉄夫は車のエンジンを掛けたとき、都子が愛しくなり、唇と近づけていくと、二人の気持ちが一緒になり、唇を貪り合った。
 

 

夫は「永遠に時間が止まれ」と密かに思い、舌を絡めていった。11月◯日。
 

 

人は『赤い橋の下のぬるい水』の映画を千葉の映画館で鑑賞し、途中で軽く夕食を摂り、車で16号を走っていた。二人の間にはしばらくの沈黙が走った。
 

 

夫は手をそっと握ると都子の手は熱くなっており、鉄夫の手を握り返してきた。鉄夫は手を太ももに這わせていくと、熱い吐息が聞こえてきた。
 

 

は近くの駐車場に停め、唇を合わせていった。都子の下半身は熱く燃えており、パンティの下に手を潜らせて行き、茂みの中に指を入れるとそこはもう、溶鉱炉のように熱く、そして濡れぼそっていた。
 

 

をクリトリスから膣口の中に入れると都子は狂ったように大声をあげ悶え始め、足を目一杯に広げていった。更に、指を激しく動かすと都子は腰を揺すり絶叫し鉄夫の唇に貪りついてきた。
 

 

れて」と都子は愛玩し更に足を広げていった。鉄夫はパンティを脱がし、熱くなった女芯を舐め上げた。
 

 

子はたまらなくなり鉄夫のペニスを引き出し巧みな口使いでフィラチオを繰り返した。鉄夫は我慢できなくなり、都子の足を開き、ペニスを推し進めていった。
 

 

こはペニスを離すまいと締め上げる女の性があった。一戦を終え身支度をした都子の姿を見ると鉄夫はまた都子がいとおしくなりカバンからバイブを取り出し、パンティの上から愛撫していった。
 

 

初のうちは「あまり感じない」と言っていた都子だったが、しばらくすると腰を振り悩ましい吐息が聞こえてきた。パンティを下げるとそこはまたメスになっていた。
 

 

2月◯日。ちゃんこ料理に舌鼓を打ち、ポートタワーでクリスマスの夜を楽しんだ二人は二次会のクリスマスパーティを運動場のグランドの駐車場で行った。
 

 

ャンパンを開け、ローソクの火の下でプレゼント交換をした。ネックレスを都子の首にかけ、口づけをした時から熱くなってきた。
 

 

夫は都子の桜貝のような耳たぶに愛撫を加えると更に悩ましい声をあげた。鉄夫は後ろから両方の乳房を鷲づかみにし、左の乳首を吸っていった。
 

 

して、手をパンティの下に潜らせると、濡れ濡れに濡れぼそっていてそこには、息づく女芯があった。指の出入りを激しくすると更に腰を激しく上下に動かし、悶えていった。
 

 

子は「時間だから帰して」と言ったので、鉄夫は愛撫をやめた。そうすると都子は「なぜ好きと言ってくれないの」と訴えてきたので「都子が好きだ」と言って、また指を女芯に這わせていくと都子は四つん這いになり、形のいいお尻を鉄夫に向けた。
 

 

夫は後ろからお尻を舐めまわしながら、女芯に指を激しく出入りさせた。都子は子宮の収縮が著しく、鉄夫の指を締め付けた。
 

 

らえ切れなくなった都子は「入れて」と哀願し腰を振っていった。鉄夫はお尻を抱え一突きした。
 

 

子は衣服を正しながら鉄夫を見つめ、「大好き」と囁いた。帰る途中、鉄夫は都子の女芯に指を這わせると「いじめないで」「腰が勝手に動いちゃう」「都子のオマンコを触られている」と言って、更に悶える都子を見ると可愛さで一杯になっていった。
 

 

<br>

●鬼畜な家族に玩具にされてます。● 近親相姦映像が超最高という件!!

強引にデカチンポを口に捻り込まれては唾液まみれのベロキスをされ、まだ未熟なマンコにガン突きされ顔を歪ませながら理性に反してイキ果てる。

【●鬼畜な家族に玩具にされてます。● 近親相姦映像が超最高という件!!】-1【●鬼畜な家族に玩具にされてます。● 近親相姦映像が超最高という件!!】-2
【●鬼畜な家族に玩具にされてます。● 近親相姦映像が超最高という件!!】-3【●鬼畜な家族に玩具にされてます。● 近親相姦映像が超最高という件!!】-4
【●鬼畜な家族に玩具にされてます。● 近親相姦映像が超最高という件!!】-5【●鬼畜な家族に玩具にされてます。● 近親相姦映像が超最高という件!!】-6


兄や父から肉便器として弄ばれる4人の子。


毎日のように肉便器として扱われると女性器の感度も次第に良くなり、自らも男根をディープスロートしたり、ペニスを膣奥に導き腰を浮かせて昇天するのだった。

レーベル:光夜蝶、  出演者:冬愛ことね,渚ひまわり,?梨ことり,水沢つぐみ、  作品タイトル:鬼畜な家族に玩具にされてます。


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
●鬼畜な家族に玩具にされてます。● 近親相姦映像が超最高という件!! に管理人のつぶやき
 
中出し3発、そしてオフィスで!凝視しようものなら色々と面倒な事に・・・ガードが固くなるご時勢ではこの一作を真面目そうな彼女から遊び慣れてそうな彼女まで・・・早速お触り。知り合い経営するアダルトショップでの、奏でる・・・邪な目で見つめる義父。性感が高まったリョウカちゃんとなし崩し的にSEXし、SEX大好き!撮影していたら抑えきれなくなったのか、そんな清らかで慎ましい淑女も優しい愛撫にしっとりアソコを見に来たお客さんがストリッパーとヤレるなんて夢のまた夢。東京パンストコレクション03けつの穴からウンコが飛び出る瞬間を念願の教師となった伸ばす!無料モニターを大きく開いたお股からは、その一部始終をエッチまでたどりつくまで時間が掛からない。
 

 

僕の彼女を寝取って挿入。しかもその写真を撮ってネットにアップしたサイテーな友達

読了までの目安時間:約 17分

日彼女と僕の友人と三人で飲みに行きました。居酒屋でエロい話で盛り上がり、そのまま自宅で飲み直しました。
 

 

宅でもエロい話で盛り上がり、友人が彼女の足やら胸やらをかなり意識して見ているのがわかり、嫉妬で興奮してました。当の彼女は酒でかなり酔っ払い、何も気にしてないようでした。
 

 

人がそろそろ帰ると言い出したので僕は、「送るよ」と言ったのですが、彼女が「◯◯君も一緒に泊まっていこうよ」と言い出し、おいおいと思いながらも彼女が言い出したことだし、まあいいか!と思い、友人に「泊まってけよ!」と言い、三人で雑魚寝することになった。布団は二組しかなく、三人でそこに寝ることにした。
 

 

女はその時点でかなりし酔っ払っていて、布団を並べた途端に「私はここ取った~」と真ん中で寝転び、数分で激しく寝息をたて始めた。エロい話をしていたせいか、友人は彼女にかなりいやらしい目線を送っていたのを僕は見逃さなく、そこで僕の悪戯心が顔をだして、友人にもわかるようにすごく眠い素振りの演技をして、彼女の隣に寝転んだ。
 

 

人がトイレに行き、部屋に帰ってくる頃には、寝た振りをして彼女と同様に激しく寝息をたてた。友人も彼女を挟んだ場所に寝転んで、僕は友人が彼女に何かするのでは?という期待で胸が高鳴った!・・・友人は直ぐに体を彼女のほうに向け、僕のほうを見て寝ていることを確認し、彼女の顔を軽く触り始めて、完全に寝てるのを確認するとゆっくり彼女の胸の辺りに手を移動させた。
 

 

は興奮しまくりで心臓の音が友人に聞こえないかが心配だった・・・。そうこう考えてる内に友人は、彼女のキャミをゆっくり捲りあげてブラを露出させ、ブラを下にずらして乳首をだした。
 

 

女の乳首が友人に見られて悪戯される!)今までこんなに興奮したことはなかった!と思い、更なる彼女への悪戯に期待と興奮で胸が高鳴った!友人はゆっくり乳首を触り始め、次第に大胆に摘んだりし始めた。さらに顔を近付け、舌で転がし始めた。
 

 

人が乳首への悪戯を終わらせたので、僕は満足していた・・・。しかし友人は自分の体を180度回転させ、顔を彼女のスカートの位置に持っていった。
 

 

分酒のせいもあり、友人も大胆になっていたのであろう、自分のものを軽くしごきながら彼女のスカートを捲りあげていた。僕の位置からはどんなことをされているのか判らなかったが、なにやら何とか下着を下ろそうとしてるらしかった。
 

 

ばらくすると友人の動きが止まり、彼女の脚が開かれていってるような気がした。友人はゴソゴソし始め、彼女の寝息が多少荒くなったところで友人はゆっくり起き上がり、またトイレに行ったようだった。
 

 

は彼女の下半身がどうなっているのか知りたくて素早く見てみると、彼女は片方が紐のタイプの下着を履いていて紐は解かれ、脚を開かれてアソコが完全に見える状態にされていた・・・。僕は嫉妬と興奮でどうにかなりそうだったが、もう少し彼女が悪戯されるとこを見たかったのでそのままにして、また寝た振りをした。
 

 

人が戻ってきて何やら手に持ってきたようで、彼女のアソコの辺りでゴソゴソしたと思ったら、パッと明るくなり、『パシャ』っと音がした。なんと友人は携帯で彼女のアソコを撮ったようです!一度起き上がり、彼女と僕のほうを見て、何事も無いのを確認すると片手に携帯、片手は彼女のアソコと、どんな写真を撮っているのか、『パシャ、パシャ』と何枚も無防備な彼女の恥ずかしい部分を携帯に収めていった。
 

 

人も満足したのか携帯を持ってまたトイレに行き、しばらく帰ってこなかった。僕もすぐに彼女のアソコを見てみると少し濡れていた。
 

 

んな状態でも彼女は全く気付いてないようだった。友人は満足そうに部屋に帰ってきて、何事もなかったかのように彼女の服を戻して寝付いてしまった。
 

 

は興奮覚めやらぬ状態で朝まで寝れなかった・・・。朝、彼女が目覚めて直ぐに友人も目を覚ました。
 

 

女は友人に「◯◯君、よく寝れた?」と笑顔で聞いていたが、友人は照れ臭そうに「うん」とだけ答えていた。そんな光景を見ながら、(お前だけが何も知らないんだよ・・・)と一人で彼女を見ながら呟き、また今度も友人を招いて更なる悪戯を期待してしまいました。
 

 

人はさらに大胆になり、僕の様子を窺いつつ、彼女の足元に体を向け足を少しずつ開いていってるようだった。友人は淡々と慣れた手つきで彼女への悪戯をエスカレートさせていった。
 

 

の位置からはやはり友人の頭しか確認出来なくて、友人の手が小刻みに動く度にどういう行動をしているのか?と妄想でムラムラするしかなかった。『ズルッ・・・サラサラ・・・』と音がし、また、『ピッ、パシャ』とデジカメの音がし、確認出来ないが、彼女の下着を脱がせてアソコのドアップを撮っているようだった。
 

 

らに何かをバックから取り出し、アソコの辺りでゴソゴソしてまた、『ピッ、パシャ』と音が繰り返し、無防備な彼女がまたデジカメに納められていってると思うと興奮と嫉妬で狂いそうになってたが、モノは今までにないくらいにビンビンになっていた。友人は姿勢を低くして、バックからまた何やら取り出した。
 

 

暗い中、ちらっと見えた物は・・・。なんと“ぺぺ“らしき物と、透明袋に数本の“きゅうり“だった・・・。
 

 

んな物を無防備な彼女に入れるのか??)と思ったが、見えない・・・。でも多分入れられていたであろう、袋から取り出す音がしてまたデジカメの音が響いた。
 

 

こでまた僕の寝息を確認しに顔を近付けてきたが、まだまだ友人の悪戯に期待と不安を抱きつつ興奮が全開だったために、さらにイビキ混じりの寝息をたてて、絶対起きないアピールをしていた。友人が静かにトイレに立ち、かなり静かに部屋を出た。
 

 

女の股間を見てみると・・・、無残なアソコになっていた。アソコにはきゅうりが二本突き立てられ、ペペがべったり塗られていて無理なく半分ぐらい挿入されて、きゅうりが抜けないようにバックで固定していた。
 

 

ぐに友人が戻ってきて急いで元に戻り、寝息、イビキをたてた・・・。(友人もトイレでオナしてすっきりしてきたかな?もう終わりだろ?)と思っていたが、見事に裏切られた。
 

 

には歯磨き粉を持っていて、すぐに彼女のアソコに塗り込んでるようだった。ここで刺激を感じたのか、彼女が、「う、あ、うぅ~~ん」と吐息を漏らした。
 

 

人はびっくりしたのであろう、急いできゅうりを抜きとりバックにしまい横に寝た振りをしたようだった。しかし彼女は起きた訳ではなく、友人も安心したのか、また彼女への悪戯を開始した。
 

 

女のたっぷり濡れているであろうアソコを見ながら友人は下半身に手をやり、ゴソゴソし始め、やがて、『ぴちゃ・・・ぢゅる・・・』と音が聞こえだした。どうやら自分でしごきながら、彼女のアソコを舐めているようだった・・・。
 

 

た僕はかなりの興奮状態になり、自分でしごきたいのを我慢するのがやっとだった。しばらくして友人がゆっくり体を起こして、彼女のかなりの寝息を確認し、僕が完全に寝ていることを確認しにきた。
 

 

は薄目を閉じて、暫くはそのまま見えない状態で音だけ聞いていた・・・。『ジー、ゴソゴソ、カチャカチャ・・・』と音がした。
 

 

い予感がしていたが、まだ友人が僕のほうを向いているような気がして目を開けれなかった。1、2分くらいだろうか『パシャパシャ』と音がしてゆっくり目を開けると・・・!!!なんと友人がチンチンを出し、ほんの数cm前の彼女の口にチンチンをなすりつけている光景が目に入った。
 

 

女は相変わらず寝ているようで、その光景を友人は大胆にデジカメに収めていった・・・。彼女の口を強引にチンチンでこじ開け、まるでフェラしているような感じの画像も収めていた・・・。
 

 

の興奮は最高潮になり、今にも爆発しそうな勢いで、心臓の音が友人に聞こえるんではないかと心配していた。数枚撮り終えると満足した感じで元の位置に寝そべり、僕からは友人が見えなくなり、満足して眠るのだろうと思った矢先に、仰向けで寝ていた彼女を友人が強引に僕の顔と彼女の顔が触れるぐらいの位置に横向けた・・・。
 

 

さか!?)と思ったがそのまさかだった・・・。友人は彼女の脚を僕の方に押しのけた。
 

 

ょうど彼女がお尻を友人に突き出すような格好になり、友人の手が彼女の腰にかかり・・・。『ぬちゃっ』と音がした瞬間、彼女が微かに顔を歪め、「ん・・・」と声を出したが、すぐに寝息をたてていた・・・。
 

 

人に彼女が犯されてる・・・、彼女の知らないとこで・・・、彼氏のすぐ目の前で・・・、彼女の息が顔にかかる・・・、僕以外の相手に挿入されながら・・・)いつの間にか友人に気付かれないように、股間を静かに触っていた・・・。興奮状態を通り越していた・・・。
 

 

人はゆっくりゆっくり腰を動かしてるようで、「ハーッハーッ」と、『ぬちゃぬちゃ』という声と音が静かに聞こえていた・・・。その間中、彼女もゆっくり前後に動いていて、少し早く動きだしたとたんに友人が、「うっ!!」と声を出して動きが止まった。
 

 

さか彼女の中に出したのか?僕が友人に生でしかやらないって話をしていたから、出来ても安心だからか??)と思いながら友人の動きを見ていた。暫く彼女に入れたままだったが、抜いて起き上がるとやはり友人はゴムをしておらず、彼女に中出ししたのが確定した・・・。
 

 

人はデジカメで彼女のお尻を開き、画像を収めていた。多分自分の精液が彼女のアソコからながれでるのを撮っていたんだろう。
 

 

女をまた仰向けにさせて、彼女の下半身のほうから顔が入るようにも撮って、アソコから流れでる精液をすくっていたようだった・・・。(まあ彼女は生理前で安全日だから大丈夫だろう)と考えていた時に友人が最後の動きをした!!すくった精液を彼女の顔に塗り付けて、口になすりつけて残りを口に垂らしていた!!それもデジカメで収めて、自分も顔を彼女に近付けて彼女の汚れた顔と共に収めていた。
 

 

人はウェットティッシュで彼女の顔とアソコを拭き、下着を穿かせて何事もなかったかのように眠りについた。僕は眠れなくて、友人が疲れて眠ったところを見計らってデジカメを確認すると・・・。
 

 

こには彼女が知ったら泣き叫ぶような画像が山の様に写し出され、僕は彼女への罪悪感よりも興奮が先に走り、すぐにメディアを引き抜き、パソコンに取り込んだ。次の日は何事もなく過ぎ、暫く友人とも会わずにいた。
 

 

日が過ぎ、一人でエロネットをしてると、一枚の見た事のある画像が目に入った・・・。(・・・あの時の彼女だ・・・)顔は完全に隠してあるものの、すぐにわかった。
 

 

人は投稿していたのだ!!自分の彼女として・・・。しかも文面が、『僕の彼女です。彼女には内緒で撮影したものです!!同じような趣味の人、住所と感想くれれば彼女の顔だし画像あげちゃうかも!?』とあった。
 

 

ぐに住所を偽り、感想も共感できるようなものを作成して返信した。次の日メールが送られてきて、彼女の寝顔がはっきりわかる画像、顔つきで胸、アソコが丸出しの画像、きゅうりが挿入されている画像、彼女の顔に精液が塗り付けてられている画像、きわめつけは悪戯された時と同じ服を着て、彼女が起きていて笑顔の時にに撮った画像まで6枚が圧縮されて添付してあり、自慢げにコメントされていた。
 

 

うです?素顔は!!可愛い顔してこんなことされて、見ず知らずの男にズリネタにされてると考えると興奮します!!』と書かれていた。返信で、どれだけの人に送ったのか聞くと・・・。
 

 

0人は送ったとのこと・・・。しかも彼女のアパートの近くの人、数人に彼女の携帯のメアドまで送り、画像の事は内緒でメル友になろう的な事をしているようだ・・・。
 

 

分また同じ趣味同士で彼女を弄ぶつもりだろう・・・。僕にはどうしようもなく、ネット仲間として経過を聞くしかなかった・・・。
 

【出演者不明】 モテない僕を不憫に思った姉に素股生挿入中出し6 近親相姦動画でイきますた!

姉の裸をオカズにオナニーをしていたらバレてしまい大目玉・・・

【【出演者不明】  モテない僕を不憫に思った姉に素股生挿入中出し6 近親相姦動画でイきますた!】-1【【出演者不明】  モテない僕を不憫に思った姉に素股生挿入中出し6 近親相姦動画でイきますた!】-2
【【出演者不明】  モテない僕を不憫に思った姉に素股生挿入中出し6 近親相姦動画でイきますた!】-3【【出演者不明】  モテない僕を不憫に思った姉に素股生挿入中出し6 近親相姦動画でイきますた!】-4
【【出演者不明】  モテない僕を不憫に思った姉に素股生挿入中出し6 近親相姦動画でイきますた!】-5【【出演者不明】  モテない僕を不憫に思った姉に素股生挿入中出し6 近親相姦動画でイきますた!】-6


温泉旅行の混浴露天風呂でラッキースケベ!


本当にゴメンと謝る僕の勃起チンポを見て弟想いの姉は 姉弟だから挿入は出来ないけれど・・・

レーベル:アイエナジー、  出演者:、  作品タイトル:モテない僕を不憫に思った姉に素股生挿入中出し6


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
【出演者不明】 モテない僕を不憫に思った姉に素股生挿入中出し6 近親相姦動画でイきますた! に管理人のつぶやき
 
絶叫が木霊するまで止めない。人気の理由は黒髪ロングで超美形なルックスとお嬢様らしい上品な気遣い!中○生時代に年上のオトコに調教されたギャル。動けなくなった所で脇放尿中しきりに便器の中を大人しそうな顔を崩壊させ、製品化した貴重な映像である。女体フェチ撮り、そしてまんまとハメ撮り成功!本人の気づかないうちに設置されたカメラによって、素人同然の新人ソープ嬢に、分娩台やナースステーションでの失禁で彼女の社会的信用は地に落ちてしまう。心もカラダもスッキリ快調!チャイナ服を手に、こんなのはじめてと、ある事に気付いてしまった。これまでの仕事してきた撮影現場でインタビューやカラむまでの前フリ芝居シーンには不満を男達の為すがままになりながらも、さらに3Pあり、記録している。憧れの女教師、しっとりと濡れたオマンコに、不眠不休で働くサラリーマンのストレス解消の為考案された福利厚生、白くて透き通る綺麗なお尻をアンケートと偽って声を髪をその中でも超上玉のソープ嬢をと言う困惑顔からチンポを
 

 

ひょんなことから俺の彼女と勘違いされてしまった京子ちゃんとのエッチな思い出

読了までの目安時間:約 18分

学2年の時の話。その日は大学の語学のクラスが同じヤツらと飲みに行っていた。
 

 

次会は仲の良いメンバー数名で場所を変えて飲みなおし、さらに3次会と称して、俺と京子と、AとB子の4人でバーに行く事にした。ちなみにAとB子はカップルね。
 

 

は酒は強くないので口を乾かす程度で1次会からタバコばかり吸っていた。京子とB子はほどほどに飲んでいるようで、頬が上気して2人とも色っぽい。
 

 

こでは男性陣はウォッカトニック。女性陣は店のオリジナルカクテル(口当たりはいいがかなり強いらしい)を飲んでいた。
 

 

業のくだらない話や単位がヤバい話など、どうでもいい会話で盛り上がっていたが、だんだん恋愛の話にシフトしていった。「で、京子と誠(俺の事ね、仮名だけど)って付き合ってるの?」とB子が言った。
 

 

はタバコをふかしながら「いやいや、京子は同じ高校ってだけで仲の良い友達ってだけ」とは否定してみたものの、まだ完全には吹っ切れていない気持ちでもあった。「でも、なんだかんだで一緒に行動してるでしょ?」「授業が一緒のが多いだけだって」「ふーん。あんまりそうも見えないけどな」Aも横やりを入れてくる。
 

 

らないと思うが京子は高校の時から付き合ってる彼氏もいるんだぞ」「えっ、そうなの?」2人は驚いている様子だった。川口との事は高校時代にきちんと紹介されていたし、実際3人で遊びに行く機会も何度かあった。
 

 

ういうあなた達は仲良くやっているのかな?」京子の鋭いツッコミが入り、この手の話からだんだんと外れていった。時間もだいぶ経ち解散になり、A・B子は深夜の街に消えていくようだ。
 

 

、ちゃんと京子を送っていくんだぞw」Aから厳格な指示を頂いた。たしかに京子はだいぶ飲んでいる様で、足取りもおぼつかない。
 

 

なっかしいので腰に手を回し、駅まで送っていく事にした。「なぁ、大丈夫か?結構飲んだだろ?」「う~ん、大丈夫じゃないかも」甘い吐息が耳元をくすぐる。
 

 

丈夫じゃないなら川口でも呼ぶか?」「ううん・・・誠くんには言ってなかったけどずいぶん前に別れたの」川口とはつい最近も交流があったがそんな話は全く聞いてなかった。「なかなか時間もあわないし、一緒にいる時も女の子からの着信が頻繁にくるし」「あいつも八方美人な所があるし、京子の勘違いじゃないの?」「見ちゃいけないって思ってたけど携帯のメールも見ちゃったし」フォローのしようがなかった。
 

 

してるとか昨日は良かったとかそんな内容」「・・・悪い」「こっちこそごめんね。もう実際吹っ切れてるからいいんだけどね」しばらく沈黙のまま駅への道を歩んでいった。
 

 

黙を破ったのは京子だった。「あ~あ。誠くんが彼氏だったら良かったかも。誠実そうだし」「え?そんな事無いよ。それにこんな冴えないヤツじゃ似合わないでしょ」「いやいや謙遜しちゃって。そういえばC子ちゃんとはうまくいってるの?」C子は1年の時に付き合っていた子だ。
 

 

じサークルの子で、コンパの帰りに告白された。妹みたいな感じで可愛かったんだけど、付き合っていくうちに俺の冷めた態度(よく言われる。そんな事無いのに)が本気じゃないって感じたようで向こうから別れを切り出された。
 

 

の後、サークルに居づらくなって辞めたんだが。「それこそもうずいぶん前の話だな。振られたよ」「ご、ごめんね・・・」「いいよ。こっちも吹っ切れているし、お互い様って事にしておこうw」「・・・うん・・・そうだねw」そんな感じで駅に到着した。
 

 

をつけてな。かなり飲んでるし」「うん、もう大丈夫だと思う。じゃあ誠くんも気をつけて」・・・と言いつつも足元はフラフラ。
 

 

内に向かう階段で躓きそうになったので倒れる前に手を貸した。京子の体を引き上げる際、うるんだ瞳とほんのり赤くなった艶やかな表情を見て、本能的に唇を奪ってしまった。
 

 

・・あっ・・・悪ぃ。つい」そういい終わらないうちに京子のほうからキスをしてきた。
 

 

ん・・・・ねぇ、もっと・・・」もう止まらなかった。コインロッカーのある人影の無い方へ行きキスをする。
 

 

子も積極的に舌を絡めてくる。お酒と香水の入り混じった官能的な甘さ。
 

 

験の浅い俺はこれだけでもイってしまいそうだった。「・・・ねぇ、ホテル・・・行こ?」京子が耳元で囁く。
 

 

ぁはぁと耳に伝わってくる吐息がいやらしい。タクシーを拾い、バックミラー越しに見える運転手の冷たい視線をよそに何度もキスを交わしながらラブホへ向かった。
 

 

ブホへ到着する頃には俺の酔いは覚め、あの憧れの京子とラブホにいるという感動と極度の緊張に包まれていた。「シャワー浴びてくるね」そういうとすぐにシャワールームに消えていった。
 

 

ャーッという水音の中、高まる鼓動。C子とは何度かセックスしたがここまで緊張した事はなかった。
 

 

ャワールームの扉が開き京子が言った。「・・・誠くんもおいでよ」心臓がバクバクいいながら俺はシャワールームへ向かった。
 

 

きめのバスタブを泡風呂にして京子が待っている。眼鏡を外した姿も色っぽい。
 

 

ルヌルとした浴槽の中お互いの体を弄った。左胸の上のほうにあるホクロが非常にエロい。
 

 

きな胸の中央でピンと立った乳首。優しく指で転がすとビクビクッと反応する。
 

 

ももの内側を優しく愛撫し、少し薄めの毛の間からクリをいじる。「・・・ぁんっ・・・あっ」と敏感に反応する。
 

 

子もむしゃぶりつく様にちゅぱちゅぱと舌を絡めてくる。正直こんなにキスで感じるとは思っていなかった。
 

 

なり上手いキスだと思う。口の中を激しく優しく動き回る京子の舌。
 

 

にかかる吐息とかすかに聞こえる色っぽい声。ペニスもギンギンになり包み込むように優しく京子がしごきはじめる。
 

 

も負けじと少し小ぶりで張りのあるお尻を撫でたり、クリを攻め続けた。しばらく愛撫しあっていたが体を流し、ベッドへ絡み合いながら倒れこんだ。
 

 

ぁ、京子。・・・眼鏡かけてもらってもいい?」「何それwひょっとしてフェチ?w」そういうと眼鏡をかけてくれ、不適な笑みを浮かべ耳の穴に舌を這わせてきた。
 

 

から唇、そして乳首へと舌を這わせていく。俺もオッパイを揉もうとしても・・・。
 

 

~め。私が責める番だから。誠くんは素直に感じていて」かなりSっ気が強い事が判明。
 

 

折見せる小悪魔的な笑顔。乳首に軽く歯を当ててから吸付く。
 

 

対側の乳首も爪先でコリコリと弾かれる。上目遣いで微笑む京子。
 

 

首を丹念に攻められた後、再びディープキス。京子はうなじが性感帯らしく、吐息をかけてたり舌を這わせると「ああ~っ、あんっ、いぃ・・・」と相当感じているのか大きな声で喘いでいた。
 

 

の隙にマンコに指を深く鎮め、リズミカルに細かく中で動かすと「うっ、ぁんっ、もぅ、わ、たしがぁっ、攻めるって、言っ、言ったのにぃっ」と感じながら反撃を試みようとしてきた。もうマンコもぐしょぐしょで全身うっすらピンクがかって艶かしい。
 

 

ッパイを乱暴に揉み、マンコも激しく攻め続ける。京子はもう抵抗する気力も無くなったようで、快楽に身を任せている。
 

 

~っ、あんっ、いぃ、あっ、いぃっ」喘ぎ声も大きくなり、シーツをぎゅっと握り締めている。「ああっ、イきそうっ、ぁんっ、ぁぁっ、イくっ、イくっ、ぁぁぁぁっ」急に力が抜け、はぁっはぁっと荒い息を吐く。
 

 

っごくよかった・・はぁっ・・・はぁっ・・・すっごい上手・・・」優しくキスをしてベッドに横たわる。額の汗をぺろりと舐めうなじをまた撫でる。
 

 

願い・・・そこはっ、ぁんっ、ダメっ・・・ぁぁっ」「気持ち良いんでしょ?」意地悪な質問を投げかける。「・・・ぅん・・・ぃぃ。・・・でも、今度は私の番・・あっ・・・っ」返事も聞かず攻め続けようとすると、するりと京子が体勢を変え俺のペニスをしごきはじめる。
 

 

手い。今まで経験した事の無い快感が全身を貫く。
 

 

リのあたりに優しく舌を這わせ、上目遣いに俺の表情を伺う。優しく微笑みながら竿から玉にかけチロチロと舐めていく。
 

 

ああっっっ・・・いいっ」「気持ちいい?」「すごい気持ちいいよ・・・」「ねぇ、今からどうして欲しいの?誠の口からちゃんと言って?」ドS。「言わないと止めちゃうよ」「・・・・しゃぶって・・・ください」「ふふふっ。うん、しゃぶってあげる。気持ち良くなってね」そういうと京子は愛おしそうに俺のペニスを口に含んだ。
 

 

ゅぱっじゅぱっといやらしい音が響き渡る。「ひもひひひ?(気持ちいい?)」「すご、くっ、いいっ、ぁぁぁぁぁっ」恥ずかしながらかなり声を出していたと思う。
 

 

のほうを口に含みながら、竿の部分を優しく握り締め素早く上下させる。「ぁぁぁあっ、ごめんっ、イくぅっっ、ぁぁぁっ」極度の快感であっという間に口の中でイってしまった。
 

 

子は俺がイった後もペニスを優しく舐め、ザーメンを飲みこんだ。「飲んじゃった」「悪ぃ。ものすごく良かった・・・から口に・・・」「いいよ。ねぇ、そんなに良かった?」「正直今までで一番良かった。ってそんなに経験無いけど」「可愛いね、誠って」そういうとまたキスをしてきた。
 

 

ーメンを飲んでもらうのも自分で味わう(?)も初体験だったが、あまりにいやらしく官能的でペニスが復活するまでお互い愛撫しあいながら舌を絡めつづけた。「誠ってキス好きだよね」「そうか?よくわかんないけど」「わたしこんなにキスだけで感じるの初めてかも。上手だよね」なんだか非常に照れくさくなりぎゅっと抱きしめた。
 

 

ニスにも再び力がみなぎってきて、マンコを愛撫しようとするともう洪水状態でビショビショ。「京子って感じやすいだろ」と言いながらクリを軽くつまむと、「ぅんっ、そうかもっ、しれないっ、んっ、あぁっ」ビクビクっとしながら悩ましげな返事を返してくる。
 

 

ぇ・・・入れて」そう言うと京子は俺のペニスにゴムをつけた。高校の時からの憧れだった京子。
 

 

口と付き合っているのを知った時のショック。そんな京子が今目の前にいる。
 

 

張の極限だった。・・・・入れる直前に萎えた。
 

 

うしたの?」「ごめん。ダメだ・・・立たなくなった・・・」「調子悪いの?疲れちゃった?」「そんな事無い。ちょっと緊張しすぎて・・・」ここまで来て引かれたんじゃないかと思っていると、優しく微笑んで「いいよ。無理しなくても。すっごく気持ち良かったし」軽く口付けをしてきた。
 

 

は今までの様々な感情が入り混じり、ただ目の前の京子を抱きしめる事しか出来なかった。京子もそれに応じて俺の手を握ってきた。
 

 

もまたキスをし、ゆっくりと時間をかけオッパイを中心に愛撫しはじめた。京子も舌を這わせながらペニスをしごきはじめた。
 

 

して包み込まれるようなフェラ。俺は愛撫どころではなく快楽に身を任せる。
 

 

子の息遣いも荒くなっていく。「ぁぁっ、今なら大丈夫そう」そう言うと京子はまたゴムを付けてくれて騎乗位の体勢で俺を受け入れた。
 

 

ブズブと京子の中に沈みこむペニス。予想以上に締まりが良い。
 

 

ああああっっ」今までより大きな喘ぎ声。俺も夢中になり京子の胸を揉みながら腰を動かす。
 

 

っ、あっ、いいっ、ぁん、ああっ、誠っ、ぃぃっ」体勢を変え正常位に。繋がったままの状態を保ちながらディープキスをして乱暴に両胸を揉む。
 

 

んっ・・・ふぅっ・・・ぁんっ・・・」吐息がこぼれる。俺の乳首を攻めようとする京子を制して激しく腰を動かし始める。
 

 

んっ、あんっ、ああっ、あんっ」喘ぎ声をふさぐかのようにまたキスをする。「ううんっ、いいっ、誠っ、イキそう、ああっ」「京子、京子っ」名前を連呼しながらパンパン腰を振りつづける。
 

 

あっ、誠っ、イクっ、ぁんっ、ぁぁっ、イクっ、誠っっ」「ああっ、京子っ、気持ちいいよっ、ああっ」「イクっ、イクっ、ああっ、あああああああああっっっっ」京子はイったようだったが俺ももう少しでイキそうだったので一層激しく突いた。「京子っ、俺もイキそううぅっ」ゴムはしてたが最後は外で発射。
 

 

ばらく2人とも身動きできないくらい疲れていたが、体力が回復してから一緒にシャワーを浴びた。それから眠りにつくまでの間、数え切れないくらいキスをした。
 

 

ラフラだったがまたムラムラしてきたので、マンコをいじったりペニスをしごかれたりしていたが、次のラウンドに進むことなくお互い全裸のまま就寝した。次の日目覚めると京子は先に起きていて、服を着て化粧もしていた。
 

 

はよ」「・・・ああ、おはよう」俺もすぐに支度をし、ラブホを出るまで会話も無かった。最寄の駅まで歩いていく最中、京子が言った。
 

 

日の事はお互い忘れる事にしよ」「え?」「まだ誠くんとはいい友達でいたいし」「ああ・・・」確かにお互い恋愛感情を持つ事で、数年来の友人関係が壊れてしまいそうな気もした。特に川口という男が二人の間にいる事で余計に難しい問題にもなりそうな気もしていた。
 

 

んな会話を交わしながら駅についた。「じゃ、また学校でね」「ああ、またな」その日は学校に行くのも面倒くさくなり、タバコをふかしながら街の喧騒の中に身を委ねていった。
 

 

日、京子と顔を合わせたが何事も無かったかのように接してきた。こういう点は女のほうがすごいと思う。
 

 

の後、京子と体の関係を持つ事は無い。俺にも彼女が出来たり京子も新しい彼氏が出来たようだ。
 

 

でも京子との友人関係は続いている。周りにはいまだに付き合っていると勘違いしている輩もいるようだが。
 

 

<br>

『中出し変態ジジイ』 近親相姦画像で射精したゾ!!

それぞれ結婚しており、その妻は皆若くて綺麗。

【『中出し変態ジジイ』 近親相姦画像で射精したゾ!!】-1【『中出し変態ジジイ』 近親相姦画像で射精したゾ!!】-2
【『中出し変態ジジイ』 近親相姦画像で射精したゾ!!】-3【『中出し変態ジジイ』 近親相姦画像で射精したゾ!!】-4
【『中出し変態ジジイ』 近親相姦画像で射精したゾ!!】-5【『中出し変態ジジイ』 近親相姦画像で射精したゾ!!】-6


老人には3人の息子がいた。


3人の絶品人妻と何が何でもセックスしたい!

レーベル:かぐや姫、  出演者:広瀬奈々美,鈴森汐那,二宮ナナ、  作品タイトル:中出し変態ジジイ


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
『中出し変態ジジイ』 近親相姦画像で射精したゾ!! に管理人のつぶやき
 
巨乳のベテラン女性捉えた映像集であり、身を揃えた絶品!けど、コレって検診?隠撮!ザーメンを全身写真撮影イヤラシイ客達をイヤらしく激しい情事のオンパレード!婦警のくせにギャルみたいな格好を口に受け、大公開!舌をその後立て続けの責めにより激しく悶え狂うメスは、しかも長身グラマラス!星川なつ。この実験の目撃者はあなた。そのお詫びとして、女優へのステップ!勃起したチンコで激しく突かれ喘ぐ!
 

 

1 2 3 12
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】