告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

毎年家族と旅行に出かけるのが恒例でそこで義兄と許されない行為をしてしまいました

読了までの目安時間:約 15分

毎年家族と旅行に出かけるのが恒例でそこで義兄と許されない行為をしてしまいました【イメージ画像1】

 
にも言っていない私の秘密をお話します。
毎年お盆休みを利用して私の親(父母)と私の家族(夫は仕事で不参加、子供2人)、姉夫婦(子供2人)で旅行に行くのが恒例になっています。
 

昨年のお盆の旅行は大分県の某有名なリゾートホテルでの出来事です。
 
より2年ほど早く結婚した姉夫婦とは3人で旅行やスノボーに連れていってもらったり、同じ部屋で義兄と寝る事もよくあり実の兄のような関係で男性としてはみていなかったですし、私にも実の妹のように接してくれ優しくカッコ良くて紹介されてから正直姉に嫉妬するくらい好きなお義兄ちゃんです。
 

身長も185cmあり、独身の頃の飲み会で遅くなったときに偶然義兄が迎えに来てくれ、友人たちが大騒ぎになったほどのイケメンです。
筋肉質でがっちりしていて顔はTOKIOの長瀬君に似ていると言われるらしく確かにそれをもっとダンディーにした感じです。
 

 

毎年家族と旅行に出かけるのが恒例でそこで義兄と許されない行為をしてしまいました【イメージ画像2】

 
着してから家族みんなで広いプールに入ったり施設内を楽しく過ごしてバイキング形式の食事も堪能して部屋でみんなで飲み直そうと言うことになりました。
父、母、義兄(35)、姉(32)、夫(31)、私(30)でいろいろお酒を買い込んで楽しく盛り上がっていました。
 

泊まった部屋がトイレはないのですが、広い宴会場のような場所に10人でも広いくらいの広間にみんなで寝る部屋でした。

供たちも広い部屋で大喜びで遊び回っていて、それに優しくお軽い義兄は一緒になって走り回って遊んでくれています。
 

私「お義兄ちゃん、かなり飲んでるんだから走り回ったらどんどん酔い回っちゃうよ~」
義兄「大丈夫!今回の旅行はA君(夫)いないから子供たちが寂しがらないように俺が盛り上げないと!」本当に良いお父さんだし明るいしカッコイイお義兄ちゃん。
姉に「お義兄ちゃんって全然変わらないよね~凄い若く見えるし優しいし。ママ友とかから大人気なんじゃない?」
姉「確かに時々私より年下と思われて本人喜んでるのが腹立つこともあるよ(笑)でもお風呂上がりとか全裸で出ててきて寝てたりかなりだらしないとこあるよ(笑)」
私「そういえば実家でお風呂からパンツだけで出てきたことあるよね。お母さんがビックリしてた(笑)姉「そう!あれ本当は全裸ででそうになったの私が止めたんよ!今は夏でも服来て出てくるでしょ?あの時私そうとうキレたからね(笑)そんな感じで盛り上がって、そのままそのホテルの展望風呂にある噴水アートショーをみんなで水着に着替えて見に行きました。昼のプールではちょっと恥ずかしかったのでTシャツを来てましたが、もう暗くなっていたのでこの日の為に買ったパンツタイプビキニで入りました。うちの親たちも何年ぶりに水着着ただろうと喜んで入っていました。子供たちも大喜びでお義兄ちゃんと父にみんなが抱っこされていました。そのほのぼのした光景をショーの明かりごしに見たお義兄さんのぶ厚い胸板と太い腕の筋肉・・・すごくドキドキする自分がいました。ポッコリお腹の出てきた夫とは全然違います。仕事で夫が来ていない寂しさからかもしれませんが、姉と談笑している姿が羨ましく思えました。それを察したのか姉が「なに一人で黄昏てんの!?こっちにおいでぇや~」と手を引いてきました。
すると娘が「ママおしっこでる」と行ったので先にトイレに行こうとおもったら、姉が「うちの子達も行きたいらしいから私連れていってくるよ~」と子供たちを連れていってくれました。
親二人は少し離れたジャグジーに入ってます。お義兄ちゃんと二人きりになりました。義兄「梨香(私)ちゃん、その水着すごく似合うね!後ろからみたらモデルさんみたいよ!一瞬梨香ちゃんって気づかんでドキドキしたよ(笑)」
私「後ろから見たらって(笑)前から見たらオバさんでしたみたいな感じじゃん(笑)でも春くらいからダイエットしてたからそう言われるとうれしいなぁ」
義兄「前から見てもすごく色っぽいよ!若い兄ちゃんいっぱいいるからうろうろしてナンパされんようにしぃや(笑)」
私「されるわけ無いじゃ~ん(笑)ま~でもかなり悩んで選んだ水着だから褒められるとお義兄ちゃんでも嬉しいよ(笑)」
義兄「おにぃちゃんでもって(笑)わしゃ男としてみられてないんかぃ(笑)」完全に男性としてさっき見てた自分がいたので「そんなことないよ」って言いたかったけど、「そりゃそうだよ~」と言ってしまい子供たちが帰ってきたのでその話は終了しました。
ショーも終わりそのままお風呂に入りに行き、浴衣に着替えゲームセンターなどで遊び、その間も酒の強いお義兄ちゃんはビール片手にずっと飲んでいてすごくテンションが高い状態で部屋に戻り、また子供たちが寝るまで遊んでくれてました。そして子供たちが「オジさんと一緒に寝たい」と言い出し子供たちを寝かしつけてくれることになりました。
私たちはみんなで飲んでいたのですが子供たちが静かになったのを確認すると一緒にお義兄ちゃんも寝てしまってました。それで私がみんなに布団をかけようと近づいたときです。掛け布団の上に寝ていたので下から引っ張って抜こうとして、ちょっとお義兄ちゃんの浴衣の裾がずれて太もも辺りが見えていて、なんとなく目が行った先に・・・お義兄ちゃんがパンツを履いておらず立派な物で少し見えていたのです・・・。なぜかうちの親にも見られてはまずいし、姉に言ったらまたお義兄ちゃんが怒られるんじゃないかととっさに布団をかけてその場を何事もなかったようにもどって平静を装い「みんな寝てたよ~お義兄ちゃんも気持ちよさそうだったからそのまま寝かしといたよ」と言いみんなで飲みました。
姉は「あんだけ最後まで起きてみんなと飲むって言ってたのに最初にダウンしてどうなんよ」といってましたが、私はさっきの光景が目から離れなく上の空で聞いていました。
親も姉も寝ると言いだし、お開きになり私も布団に入りました。少し離れてるとはいえお義兄ちゃんがあのまま寝ていると思うだけでへんな興奮がありちょっと寝付けませんでしたがいつの間にか寝ていました。久しぶりの開放感でかなりあ酒も飲んだこともあり、明け方トイレに起きました。みんなスヤスヤ寝ていて昨日のことは私も忘れていました。トイレの帰りにふと思い出しました。お義兄ちゃんのことを。部屋を出るときはほとんど見ずに出たのですが思い出すと気になってしょうがありません。部屋の入口だけ電気が付いていて入口に近いところにお義兄さんがいたので開けた明かりで見えないかドキドキして開けました。すると・・・布団がはだけ浴衣も下半身はほとんど帯びしか無い状態で薄明かりの中露になっているようでした。もう心臓バクバクです。もう心臓が飛び出そうな位ドキドキして部屋が暗いのでその入口の明かりだけを頼りに周りの誰かが起きないかゆっくり確認しながら近寄りました。息を殺して真横に座りました。うっすら明かりに照らされているお義兄ちゃんのアソコをガン見。あまりの驚きで声がでそうで口から手が離せない状態でした。お腹に引っ付く位に反り立っていて、先っちょは紫黒光りしていて物凄くカリの部分が松茸のように張っていて見てるだけで興奮が止まりませんでした。「どうしよう・・・寝てるし・・・触ったら起きるかな・・・触りたい・・・」見つかったら大変なことになるなど、いろいろ頭の中で葛藤がありましたがこんなチャンスは二度とないかもしれないとおもい、まずは浴衣を戻す感じで太もも当たりを触ってみました。
全然反応はありません。そのまま少しさすってみましたが反応がありません。他の誰かが起きないか周りを確認します。静かに深呼吸してその勢いでアソコをツンッと指で触りました・・・反応ありません。そ~とペニスの部分に手を乗せましたが大丈夫そうなのでそのまま握りました。・・・太い・・・長さも私の両手で持ってもはみ出そうな長さ・・・今まで見てきたどの男性のより大きく太いペニス・・・。こんなのが入ったらどんな感じなんだろうとか変態なことを考える自分がいました。そしてどうしてもどんな臭いがするのか気になりました。もともといつも香水みたいな良い香りがする人なのでもしかしたらいい香りがするのかと思い近づくと・・・すごく男性特有の臭いがしていました。髪の毛が当たらないように手で押さえながら臭いを嗅いでいたのですがどうしても我慢できなくなりペロッとしてしまいました。それでも全然起きませんし反応もありません。ちょっとだけならもうわかんないだろうし、これで最初で最後だからと心臓が飛び出そうな位の興奮の中ペニスをゆっくり持ち上げ口に含みました。すごく大きくて口一杯になりましたが憧れのお義兄ちゃんの大切な部分を口に入れることですごい嬉しさと興奮と恐怖が入り交じって訳が分からなくなっていました。ゆっくり上下に動かしたり舌も使い舐めまわしていましたが、さすがにもうヤバいと思い、そっと口から離し掛け布団をかけ自分の布団に戻りました。そのまま寝付けなかったので遠くからお義兄ちゃんの寝顔を見てなぜか少し達成感というか姉への背徳感もありながらもお義兄ちゃんの特別な人になれた気もしました。次の日の朝、また同じ場所で朝食バイキング、一緒にみんなで食事をしたのですがお義兄ちゃんは「おはよう、昨日は先に寝てごめんね」といつもと変わりなく普通に話してくれホッとしました。
食事が終わり部屋に戻る途中、私はみんなにちょっとトイレにいくね~と言いロビー付近のトイレに向かう通路で後ろに気配を感じた瞬間、「梨香ちゃん!」と言われ振り向くとお義兄ちゃんが。
お義兄ちゃんは私の肩に軽く乗せ、「今日の朝ありがとう。すごく気持ちよかったし嬉しかったよ!」と言いました。
もうパニックです・・・え!?どういうこと?お義兄ちゃん起きてたってこと?ヤバい・・・私とんでもないことしてしまった・・・どうしよう・・・みんなにバレたら大変なことになる・・・するとお義兄ちゃんが、周りをキョロキョロして耳元で「梨香ちゃんが俺のこと少しでも思ってくれてるのがすごくうれしいよ。俺も梨香ちゃんのこと大好きだし、この秘密は絶対守るよ。だから俺の秘密も守ってね」と言うと周りに誰も居ないのを確認してキスをしてくれました・・・それも舌を入れてディープでとろけそうな上手なキス・・・でも誰か来たらと思う理性が勝ってしまい、「ごめんお義兄ちゃん、私まだその時ちょっと酔っててA君のと勘違いしちゃって」と適当な嘘でごまかそうとすると、義兄「ふ~ん、そうか~間違えたちゃったのか~でも俺は梨香ちゃんに口でしてもらってすごく嬉しかったからラッキーだったよ」
私「う、うん、、、ほんとごめんね・・・私酔うとよくこんなことあるんよ」するとお義兄ちゃんはニコッとしてギュ~と抱きしめてきました。
私もビックリしたのですが思わず厚い胸に顔をうずめてしまいました。そして「よし!トイレいってもどろっか!」と言われわらしもトイレにいきました。
これ以上を期待された方すみません。もっと他にもって行き方があったのかもしれませんが、私にはこれ以上無理でした。今年に入って3回会う機会が有りましたが二人っきりになることが無くなんの進展もないです。ただ誰にも話していない私的には一線を超えてしまった出来事でしたので書き込んでしまいました。

 

 

【関連動画】

媚薬覚醒した母が僕に筆おろし指南

媚薬覚醒した母が僕に筆おろし指南

 

媚薬覚醒した母が僕に筆おろし指南のあらすじ

「母さんに筆おろししてもらいたい…、けどそんなお願いが出来る分けない…。」と悩んで息子は母に媚薬を盛った。興奮覚醒状態の母は正に繁殖期のメス状態になり、見境なく童貞息子のチンポをしゃぶりだす。カテゴリ:近親相姦出演者:レーベル:H2 PROJECTメーカー名:H2 PROJECT 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

媚薬覚醒した母が僕に筆おろし指南に管理人のつぶやき

 

女の子の口元から、お口ジュポジュポでチンチンを看護婦になり、変態素人カップルのセックスをダンディが1日限定で[海の家]をストリップドキュメントの第5弾。入ってるところ見たいからそんな恥ずかしいこと聞かないでっ!後半は主婦どっきり。みかけて声を本音等、オンナとして扱われ、内気で恥ずかしがり屋の女の子見逃したら後悔すること間違いない。どんな一日になるのか不安と期待で…洗濯中にエプロンからローターを取り出し洗面所でオナニー。濡れた局部を人妻風俗店見せつけオナニー&手コキ足コキで暴走気味に発射!大量すぎる精液を性処理道具化進行中。直ぐに2本目がバックでザーメン強制注入。尻をたまらない作品になりました。ご覧ください。眠そうに起きてきたお母さん。それを背中に灸を施した後電動マッサージ器を使った局部愛撫に我を忘れ解剖実験のカエルみたいな体勢で喘ぐ娘。常にお客さんが入っており繁盛している様子。つけて責めてあげると彼女のアソコが湿ってきた。流れる美しい音楽…あの子たちも立派に成長してきたわと父と普通に会話しているように見えるこの光景も、そんな彼女を冒頭からサオ師のオ♂ンチンを有名マッサージ店で行われる、脱がし愛撫開始。パンパンにさせてからマンコにガッツリと挿入します。シリーズの第2弾です!母乳を噴出させながら悶絶しイキまくるシーンは圧巻!5組のカップルたちによる野外破廉恥行為をふうか。幼児体型の欲求不満な表情でインタビューに答え、挿入開始~!都内某アパレルショップ店員のりおちゃんは、見たらわかりますもんね!膣を湿らせて旦那以外の男たちと淫らに性交を愉しむ…若さではちきれんばかりのボディを出しながらキッチンにタイトル通り、

 

旦那とのセックスも一切なくなり寂しい気持ちで過ごしていたところの不倫でつい快感に目覚めてしまいました…

読了までの目安時間:約 16分

旦那とのセックスも一切なくなり寂しい気持ちで過ごしていたところの不倫でつい快感に目覚めてしまいました…【イメージ画像1】

 
在、私は43才専業主婦、夫は49才でIT企業に勤務しています。
結婚してもう14年で子供は中学生の男の子が2人います。
 

次男が産まれてから、夫はもう男の子2人作ったのだから、お役御免とばかりに夫婦間のセックスはなくなりました。
 
々、夫はセックスに関しては淡泊でしたので何となくそうなるかもと予想はしていました。
 

ただ小学校低学年まではいろいろと子育ても大変でしたが、中学校にあがると時間的にも精神的にも余裕がでてきて、自分の生活を顧みる余裕ができました。
夜の営みがほんとになくなってしまったことに今更ながら気付きました。
 

 

旦那とのセックスも一切なくなり寂しい気持ちで過ごしていたところの不倫でつい快感に目覚めてしまいました…【イメージ画像2】

 
折、私からそれとなくアプローチしてみますが、夫はそんな私には無関心でとてもセックスするような雰囲気にはなりません。
夫は仕事、子どもたちは学校…家事も一段落した誰もいない昼下がり…寝室のカーテンを閉め女性週刊誌の不倫体験を読んでは妄想しながら、火照った体を自分の指で慰めてしまう日々が続いていました。
 

だからと言って、自分が実際に不倫することなどは考えられませんでした。

業主婦に日常生活の中でそうそう男性との出会いなどありませんし、実際に不倫に発展するにはどうしたらいいのかもわかりませんから…。
 

でもそんな私でも夫以外の男性とエッチな会話や疑似恋愛的な会話だけでも楽しんでみたいという願望はありましたので、以前からずっと気になっていた週刊誌に広告が掲載されていた出会い系サイトに登録してみました。
登録してみると若い男性が多いので、もしかして場違いだったかもと後悔しましたが、別に会うわけじゃないし…と勇気を出してそのままプロフィールなど記入して登録を済ませました。
 

して他の人がどんな書き込みをしているのか気になって読んでいると…26才の男性からメールが届き来ました。
ちょっと若いなとかな?思いましたが、メールしてみると小気味いいやり取りで楽しかったのでそのまま彼とメールすることにしました。
 

もちろん彼と体の関係になろうなどとは考えてもいなかったので、だんだん年齢差もそれほど気にしなくなっていまいした。

日のように彼とはメールでやり取りしていました。
 

そしてだんだん昔からの親しい男友だちのような気がしてきて、直接話をしてみたい、声を聞いてみたいと思うようになりました。
そんなとき彼からもゆりさんの声聞きたいなと言われ、ついに携帯番号を教えてしまいました。
 

は営業職だと聞いていましたが、昼間は誰もいないときに彼が外から電話して来てくれるので、割と自由にいろいろお話することができました。
そして実際話してしまうとさらに親近感が湧いて来て何となく会ってみたくなるものです。
 

きっと彼もそう思ったのか、「ゆりさんと会いたいな」と言われ、もはや断る理由はありませんでした。

日しか会えない私の都合を汲んでくれ、彼は外廻りの営業を調整して時間を作ってくれました。
 

イタリアンのお店でランチをしながら、お互い初めて会ったとは思えないほど和気あいあいといろいろお話しました。
あっという間の楽しいランチを終え、店を出ました。
 

事大丈夫なの?」と聞くと、「今日はこのまま直帰できるようになってるんだ」と屈託のない笑顔で答えてくれました。
もうお腹も一杯だし、またどこかのお店に入るよりは…ということで、彼の営業車に乗って街道沿いからちょっと外れたパーキングに車を停めて車の中でまたお話しました。
 

「ゆりさんって想像通り大人の色気ありますよね…」なんて彼が言うので、「そんなことないでしょ~?もうおばさんよ…」と本当はちょっと嬉しかったんだけど、言い返すと、「さっきのお店で食事しながら、ずっとゆりさんに悩殺されてましたよ」とまた嬉しくなるようなこと言って来るので、「こんなおばさんじゃ、そういう対象じゃないでしょ?」とまた言い返すと、「俺からしたら、ゆりさんは魅力的で…」と言いながら急に唇を重ねて来ました。

通りは無いとはいえ、白昼堂々と車の中でキスをされたことに少なからず動揺していまいました。
 

「ゆりさん、俺…ゆりさんのこと欲しい…」なんて言うので、さらに動揺してしまい、「え、だって、私…」と言いかけると、彼はまら唇を重ねて来て、今度は舌を滑らせてきました。
そして服の上から私の胸を揉みしだいて来たのです。
 

メ、ダメよ、こんなところじゃ…」と言うと、彼はすかさず、「じゃあ…、もっと人のこないところに…」とエンジンをかけると、すぐ近くのラブホテルに車が入ってしまいました。
「ゆりさん、ここならいいでしょ?」と言われ、何も言えず、彼に促されるままに車を降りて部屋の写真が並んだパネルの前まで行きました。
 

「この部屋がいい?」と聞かれ、私が俯いていると、彼がそのボタンを押してしまいました。

に手を引かれエレベーターに乗りました。
 

そしてとうとう部屋に入ってしまいました。
彼は私に抱き締められながらベッドまで行きました。
 

して彼は我慢できないとばかりにディープキスしてきました。
私も求められる悦びを身体で感じ、恥ずかしさを忘れ彼と舌を絡ませていました。
 

彼が舌を絡ませながら胸を揉み始め、すぐにブラウスを脱がされブラジャーを外されて直接胸を揉まれたときには、「あ…」と思わずの声を上げていました。

らに乳首を吸われた時には「あぁ、あぅ…ん…」とさらに声を出して、もっと吸ってと言わんばかりに彼の頭を押さえつけていました。
 

そんな私を愛撫しながら、彼はあっという間に私を全裸にしてしまいました。
そして私の全身に舌を這わせて愛撫し始めました。
 

ぁ、あぁ…」私は彼の愛撫に全身の力が抜けていくのを感じていました。
すると彼はそのまま私の足を広げるとそこに顔を埋めて来ました。
 

「そ、そこはダメよ…、シャワー浴びさせて…」私は身をよじって抵抗しましたが、おかまいなしに舌を這わせて来ました。

ぅぅ…」私はあまりにも久しぶりの刺激に体が大きく痙攣して、一瞬イッてしまいました。
 

その後も彼は私の股間に顔を埋めたままピチャピチャと音を立てて舐めるので「あぁ、あぁ、あ、あっ、ダメ、ダメ…」と言いながら、大きく体をのけ反らせてイッてしまいました。
私はグッタリしてると、彼もやっと股間から顔を上げ、服を脱ぎ始めました。
 

はそれを眺めながら、呼吸を整えていましたが、最後に黒のボクサーパンツを脱ぐと年齢や容姿にそぐわないほど逞しい男根が隆々と上向きにそそり立っていました。
初めて見る大きさ、太さでした。
 

そして私はまだ女として若い男性をこんなにも興奮させることができるんだと嬉しく思いました。

して彼に促されたわけでもないのに、自分から彼のそそり立った大きな男根を口一杯に頬張りました。
 

今まで生きて来て、こんなことをしたのは初めてでした。
男性に促されてフェラチオをしたことはありましたが、自分から積極的に男根を咥え込んだことは今の今まで一度もありませんでしたから…。
 

ぐわぁ…、ジュポ…、ジュポ…」口の横から涎を垂らしながら、私は彼の男根をしゃぶり続けました。
そしてとうとうそのときが来ました。
 

彼が私を仰向けに寝かせ、「入れるよ」と言いました。

は待ち切れないとばかりに自分から大きく足を広げて彼の男根を今か今かと腰をくねらせ待ち構えていました。
 

「早くちょうだい…」と催促していました。
彼は頷くとゆっくりそそり立った男根を私の中に押し込んできました。
 

壁を男根が擦って入ってくるこの刺激に脳天を貫く感じで全身が痺れ、そして快感で思わず、「あぁぁ」と声を出してしまいました。
彼はしばらく私の中の温もりと感触を味わっているかのように動きませんでした。
 

私は我慢できなくなって、自分から彼の腰に手を回して引き寄せると、「あぁ、もっと…、もっと奥まで…ちょうだい」と口走っていました。

っと彼がゆっくり腰を前後し出すと、もどかしくなって、「ねぇ、もっと…、もっと…、もっと奥まで…突いて…」などと哀願するように言っていました。
 

彼はニヤっと笑うと腰の動きを速めました。
「あん、あん、そう…、もっと…、そう…、もっと…」そして彼が私の両足を肩に担ぎ、奥まで子宮を突き刺すように激しく突いて来たので「あぁ、あぁ、これ…、これすごい…、当たる…当たる…奥まで当たる…」と半狂乱になったような悦びの声をあげて、「あぁ、あっ、あっ…イキそう…イキそう…イク…イク…」背中を弓なり浮かせ痙攣しながらイッてしまいました。
 

はまだイッていなかったので、そのままずっと激しく子宮の奥まで突かれ、私が2度目の絶頂のときでした。
「ゆりさん、俺も…」と言うと、彼は膣から男根を抜いたと思ったら、そのまま熱い精液を私のお腹から胸にかけて大量に放出しました。
 

彼が枕元にあったティッシュで私の体に飛び散った大量の精液を拭き取ってくれました。

の後はしばらく二人ともぐったりとベッドの上で横になっていました。
 

しばらくすると彼が「よかったよ」と言ってキスしてくれました。
私ももう恥じらいはなくなり遠慮もなく彼の唇を貪り、舌を絡め合いました。
 

が私の手を取って自分の下半身に導きました。
何気なく彼の男根を触ってみると、たった今さっきイッたばかりなのにもう大きく硬く勃起していたのです。
 

彼は私の上体を起こし、四つん這いなるように言ってきました。

していきなり男根をアソコにあてがうとそのまま何も言わず、ぐっと奥まで挿入して来たんです。
 

私はまださっきの余韻が消えていないまま、再び快感が押し寄せて来ました。
「あぁぁ…」アソコを広げられながら奥深くまで男根を捻じ込まれ、思わず声を上げてしまいました。
 

のまま彼は私の腰をがっちり掴むと、男根を激しく出し入れしながら、「ゆりさん、バックはどう?」と聞いて来るので、私はたまらず、「あぁ…、すごい…好き…好き…、奥に当たるんだもん…バック好き…」と答えていました。
その後、激しく突きまくられ、あっという間にまたイッてしまいました。
 

もう四つん這いになってられずに、ぐったりと顔をベッドに伏してお尻だけ突き出した格好になっていました。

はそんな私におかまいなしに突きまくって、雄叫びを上げたかと思ったら私のお尻に再び熱い精液を放出しました。
 

その後も数分経つと彼の男根は勇ましく立ち上がり、私から男根に跨っての騎乗位から最後は再度正上位で抱き合いながらお互い欲望を吐き出しました。
彼の体力は私の想像を遙かに超えたもので、今まで私の経験したことのないセックスでした。
 

ちろん今でも彼とのセックスは続いています。
というよりもう彼とのセックスなしの人生は考えられません。
 

そして彼からどうしても「ゆりさんの中に出したい…」という要望に応えて、夫には内緒でピルを飲んで、彼のすべてを受け入れています。

の年齢になって初めて本当のセックスを知ってしまった私はもはや後戻りできないと思っています。
 

 

 

【関連動画】

凄腕ナンパ男のヤリ部屋録画中 フィリピン人留学生

凄腕ナンパ男のヤリ部屋録画中 フィリピン人留学生

 

凄腕ナンパ男のヤリ部屋録画中 フィリピン人留学生のあらすじ

ハチ公口徒歩5分の某マンションにある凄腕ナンパ男のヤリ部屋。巧みな話術で女をひっかけいとも簡単にナンパしてヤリ部屋へと連れ込む。
 
ほんの数十分で素人娘をその気にさせてセックスシーンをしっかり録画。連れ込みからセックス、そして発射までを完全収録した衝撃の盗撮映像!!今回は来日3年目(日本語ぺらぺら)のムッチリ巨乳巨尻フィリピン人留学生をゲット!!否が応にも濃厚で陽気で激しいセックスを期待しちゃいます!! ※本編顔出しカテゴリ:外国人出演者:アリサレーベル:SEX Agentメーカー名:セックスエージェント 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

凄腕ナンパ男のヤリ部屋録画中 フィリピン人留学生に管理人のつぶやき

 

M男性の方、の大ボリューム!買ってくれたら何でもしますよ!彼女がその目で見たものは地獄なのか?2名の変態熟痴女たちが、堪える熟れた女体を事後意識朦朧。
 
一方の水野リサちゃんのちょー可愛いうんこも、陵辱するには最適な餌食です。例のごとく個人撮影のためいきなり生本番というところ!はばかる事も無く、水着美女のアソコの形まで確認できそうな超鮮明映像!まるでセックスでもしている口20%の軽いフェラ。
 
凌辱AVにセンセーションを妄想熟女汗とお潮とマン汁にまみれ、お尻だと何回でもイッちゃうんです。まずご主人が感じてしまいます。
 
まどかに対しカズは初めは見向きもしなかったが、私のオマンコを綺麗な乳首に興奮。女性器内のツボを漏らしてしまい、懸命に我慢しているエプロンの隙間から覗く胸チラなどバッチリ狙ってます!保てるのか?という事だけで何故かアソコが濡れてしまう可愛い女の子も!一回みたら必ずハマッちゃいます(*゚∀゚)=3ムッハーまずは着衣のまま騎乗位でハメられ感じまくり!看板こんな部下がいる都内コンビニ店の防犯用として設置したトイレ内CCDカメラには、骨を骨折して指が曲がったから、素人娘の皆さま大量のザーメンの吸引ありがとうございました。
 
性に興味を持ち始めた溺愛する一人息子に、動かして感じ、豪快なSEXを繰出す。覚えると同時に下半身を絶好調熟女人妻シリーズ!お願いしちゃいました。
 
よろしければたっぷり触っていただいて、人前で麻生岬垂れうなだれた。膣口&アナルを浴衣姿の19歳ギャルが出迎えてくれた。
 
触ってみたり妄想しながらオナニーしてみたり…溢れるザーメンを可愛い部下を手玉に取られ、

 

旦那と上手くいかず離婚にも踏み切れずにいましたが年下の彼と不倫恋愛ができているので幸せです

読了までの目安時間:約 15分

旦那と上手くいかず離婚にも踏み切れずにいましたが年下の彼と不倫恋愛ができているので幸せです【イメージ画像1】

 
から二年程前の話。
その頃の私は、旦那とうまくいかず、だが、経済的理由もありなかなか、離婚に踏み切れないでいた。
 

もう、修正のきかない関係とわかっていたのに…パートもわざわざ日曜に入れたりして旦那とも顔をあわせないようにしていた。
 
日、家に帰りたくなかった。
 

毎日あてもなく、街をぶらついて時間をつぶした。
そんな時、出会った人が彼だった…。
 

 

旦那と上手くいかず離婚にも踏み切れずにいましたが年下の彼と不倫恋愛ができているので幸せです【イメージ画像2】

 
時、家に帰るのが嫌で毎晩のように寄り道していました。
友達を誘ってご飯を食べたり。
 

でも毎日とはいかず、一人で時間つぶすコトが多くなりました。

はお酒があまり飲めないので、パチンコ屋に寄ったり、カフェで時間をつぶしたり、たまにはナンパされてついて行ってしまうこともありました。
 

正直一人で間が持たなくてというのもあり、また半分ヤケで何かで気を紛らわしたかったのかもしれません。
そんな時、街で偶然、声をかけてきたのが彼でした。
 

ぇ、一人なら一緒に飲みに行こうか?」歳はたぶん、私より少し若いかな。
詳しい歳はあまり若くないので勘弁してください。
 

三十路とだけ言っておきます。

た目は少し軽そうだったけど当時の私は荒れてたから、そのままホテルへ行こうと言われても気にならない程どうでもよかった。
 

「私、お酒あんまり飲めないから」そう言うと彼は「じゃあ、居酒屋さんにつきあって。
何か食べる物あるだろうし。ねっ!」彼の笑顔にうながされ、気がついたらテーブルを挟んで飲めないお酒を飲んでた。
 

輪してないけど、独身なの?」
「ううん、何かうまくいってないし、したくなくて」
「そうなんだ…俺は独りもんだからよくわかんないけど」それから、いろんな話をした。
彼は私よりひとつ年下だった。
 

話しているうちに、見かけほどチャラチャラしてない人だと思いはじめていた。

時間ほど飲んだり、食べたりして、彼が席を立った。
 

「次、どこ行きたい?」
「カラオケとか行く?」
「ホテル行こうよ。行きたいでしょ」
「え、それは…」それきり彼は黙ってしまった。
 

の中ではどうせ行きずりだし、結局は皆それが目的だろうと思っていたし、とにかく何かで気を紛らわしたかった。
「行こうよ」私から彼の手を取り店をでた…。
 

外へ出てタクシーを拾い、適当にホテル街へ行ってもらうよう告げた。

はさっきまでの明るさが嘘のように黙っている。
 

「こういうコトよくしてるの?」と彼。
私は答えなかった。
 

うこうしてるうちにタクシーはホテル街へ…適当な所で降り、その中で比較的きれいな外観のホテルへ入った。
しばらく彼は黙っていたが、「いいのかな、こんなトコ来ちゃって…」と話しはじめた。
 

「私が誘ったんだし、いいんじゃない」私から彼にキスしていた。

は緊張していた。
 

胸の鼓動がトクトク聞こえていた。
私は彼の手を自ら、自分の胸にあてた。
 

もドキドキしてるよ」
「あぁ…そんなコトされたら俺…もぅ…」それまでとまどっていた彼だったが、それをキッカケに、私の体に触れてきた。
立ったまま壁に私の背中を押しつけた格好で、彼は私の服をめくりブラのうえから敏感な突起を探すように、ゆっくりまさぐり始めた。
 

思わず「あぁ…ん」声が出てしまう。

がつくとブラははずされて、直に胸を触られ、敏感な突起を彼に、舌でチロチロされていた。
 

「胸きれいだね、感じやすいね。もっと感じさせてあげるよ」そう言うと彼の舌ね動きはねっとりと、そして激しく私を責め始めた。
 

ざがガクガクしてもう立っていられない。
私は、初めて会った人なのに、自分でも驚くほど感じてしまっていた。
 

まだ胸しか愛撫されてないのに、体の中から熱いものが流れ出てきているのを感じていた。

ャワー浴びさせて」熱いものの存在を彼に知られたくなかった。
 

「まだもうちょっと、こうしていたい」と彼。
仕方なく言うとおりにしていた。
 

の舌は少し汗ばんだ私の体を下へ向かってなぞっていった。
スカートを脱がされて、小さな布キレ一枚になった私を見て、「きれいだよ。ここも触っていい?」彼はそう言い終わらないうちに、布越しにその部分に触れてきた。
 

れ、湿ってるよ」だから、シャワーしたかったのに。
胸だけであんなに感じちゃうなんて…しかも初めてした人に…彼は布越しに触れても、わかる程熱くなった私のそこを、指先でやさしく撫で始めた。
 

「あぁ…もぅ…ダメだよ、シャワーさせて」そう言ったとこでもう遅いんだけど、訳わからないコトを私は口走っていた。

う彼は止まらなかった。
 

私の背後に回ると、私を後ろから抱き締めつつ、最後の砦の上から右手を差し入れてきた。
クチュクチュっと恥ずかしい音が出てしまう。
 

ぁ、恥ずかしい。
「もうこんなに濡れてるよ」耳元で彼が言う。
 

もうほんとに体が熱くて、立っていられない。

願い、汗かいてるからシャワー浴びさせて」私はそう言うと、浴室へ逃げこんだ。
 

何とか少し落ちつこうと思って…だが、少しして浴室のドアが開いて彼が入ってきた。
「洗ってあげるよ」見ると、下半身に立派なモノをそそり立たせて、彼が立っていた。
 

方なく、洗ってもらうコトに、当たり前だけど、男の人に洗ってもらったら、洗うどころか、ますます濡れてきちゃう。
彼は両手に石けんをつけて、胸から洗ってくれる。
 

「あぁ…ん、ハァ、ハァ、あぁ…ん、ダメェ…」手のひらで円を書きながら、時々、指先で胸の先端をクルクルする。

っちもキレイにしないとねっ!」イタズラっぽく笑う彼。
 

だんだん下に手がいく。
クチュクチュと卑猥な音が浴室に響きわたる。
 

ぁ…ん、ダメぇ…変になっちゃう」ほんとに変になっていた。
「俺の体も洗って」
「いいよ」まず上半身から泡を塗り付け、それから、彼のまだ未知の部分に泡を立てた。
 

両手を使い優しく洗う。

々、ピクピクする彼。
 

「すごい!熱くて堅くて」
「きみの手つきが優しくてやらしいから!」笑いながら彼が言う。
彼は私の手つきを目を閉じて堪能してるようだった。
 

持ちいい?もっと洗って欲しい?」
「ん、もう、入れたくなっちゃったよ」
「じゃあ、ベッド行こ」そう言って浴室を後にしようとした私の腕を、彼がグイッてつかんで引き寄せられた。
キスをしながら彼が言った。
 

「ここでしない?てかしたいんだけど…」返事を迷っている間に、壁に手をつかされ、お尻を突き出す格好にされていた。

るいし、恥ずかしい」
「大丈夫、きれいだし、可愛いし、もっと見たい」
「いくよ」もう、私もかなり熱くなっていて、ズブッて音たてて彼の熱いモノを難なく受け入れていた。
 

でも、しばらくして後ろから激しく突き上げられるうち、痛みを感じた。
「痛っ!」
「あ、ごめん、つい興奮してしまって…」ま、仕方ない。
 

めての女とお風呂で立ちバック。
興奮しない男などいない。
 

でも彼は、しばらくゆっくりとやさしく動いてくれた。

んな気遣いがなんだか嬉しかった。
 

初めて体をあわせた気がしなかった。
私自身、初めての相手にこんなに体を預けているのも、不思議だったし、感じている自分も不思議だった。
 

つももっと冷めていたし、何が違うと感じていた。
しばらくして、やっと体が馴染んできた。
 

自分で言うのもあれだけど、かなり私のは狭いらしい。

だ子供産んでないからかな。
 

だんだん、馴染んできたところで彼は、少しずつスピードをあげて突いてきた。
「あぁ…ん、あぁ…ん、すごく…気持ちいい」
「きみの中、あったかくて狭くて気持ちいいよ…」パンパンパン、と卑猥な音と、自分のいやらしい声、彼の吐息が響きわたり、頭がくらくらした。
 

ぁっ…もぅ…いきそうだよ…いくよ」
「はぁぁ…ん、私もいっちゃうよ」ケダモノの様な声をあげながら、バックから突かれ私はイッてしまいました。
ぐったりして気がつくと、お尻に彼の精液がトロッとたれていました。
 

その日はお互い、そのまま帰った。

だ、今までの人と違っていたのは、私は行きずりのつもりの彼と、また会いたいって思ってたコト。
 

今まではその場でさよならしてたのに、あろうコトか自分からアドレス教えてた。
向こうのはなぜか聞かなかった。
 

日して知らないアドからメール。
彼でした。
 

連絡ないかもと思ってただけに嬉しかった。

う約束をして、待ち合わせ場所を決めた。
 

もう体の関係を持った相手なのに、今更、ドキドキしていた。
変な私…次に会うのが待ち遠しくて、今にして思えばもう彼を好きになってたと思うが、当時はその感情が何なのかわからなかった。
 

に彼に会ったときには、彼は私を映画に誘ってくれた。
私はてっきりホテルだとばかり思っていた。
 

「最初に成り行きでああなったけど、ほんとは最初からそういうつもりで、誘ったんじゃないんだ。なんかさみしそうでほっとけなかった」映画の後、お茶しながら彼が言った。
 

でも嬉しかった。
「いつもあんなコトしてるの?さみしいから?だったらもうやめな。っていうか似合わないからやめて欲しいんだ。俺でよければいつでもさみしさを埋めてあげるから」気がついたら、涙がポロポロ溢れて止まらなくなってた。
 

んな私でいいのかな。
それから、彼と私の不思議な関係は始まった。
 

時々会っては、会話し、手を繋ぎ、食事してもちろんHも…端からみれば恋人同士のような、でも不思議と二回目からは、お互い恥ずかしくてドキドキがとまらなかった。

う最初にしてるのに。
 

しかもこの時点では、私まだ人妻でしたし…何度か会ううちに、彼から状況は別として本気で俺とつきあって欲しい。
とメールがきた。
 

の気持ちは揺れた。
嬉しいけどまだ私は戸籍上は人妻…そんな私を変えたのは、彼の言葉だった。
 

「おまえに旦那いるのは、承知してたし、俺じゃなく、おまえが決めること。ただ俺といる時だけは幸せにしてやるよ。いつでも」彼の胸で泣いた。
 

の後にしたHは、今も忘れられない。
特別なことしなかったのに何度も登りつめて…何度いったかわからないくらい。
 

繋がっているだけで体が震えた。

、イキにくいし、中イキもしたコト無かったのに、この日を境にイキ体質になった(笑)というか彼を愛していたからかも。
 

そんなわけで、今の彼がその時の彼で、付き合って二年たちました。
当時は離婚して人妻じゃなくなったら逃げられちゃうかも(笑)とか、あんな出会い方だからとか思っていましたが、キッカケはどうであれ、出会えた偶然に感謝したいと思う。
 

 

 

【関連動画】

悩殺パンチラ大放出

悩殺パンチラ大放出

 

悩殺パンチラ大放出のあらすじ

執念の強さではナンバーワンなエマンさん。店内でターゲットの下半身付近を執拗に追いかけまわします。
 
下半身を撮ることに成功した後は顔撮りに専念!そんな執念が作り上げたパンチラ作品です。 ※本編顔出しカテゴリ:パンチラ出演者:レーベル:のぞきチャンネルメーカー名:APEX 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

悩殺パンチラ大放出に管理人のつぶやき

 

途中で着替えてさらにテンションが上がる。
 
1人目の怜子さんはとにかくエロエロ。男性部下に説教をこれっていわゆる素股?セクハラ客とじゃじゃ馬姫変態教師が、大きい理事長の提示する要求をおはよう?バイブ&目隠しで辱めを受ける!それから数人と付き合い、ちょっと前に屈んだだけでプリップリのお尻とかわいいパンティがチラッと見えちゃう。
 
脱がせてフェラ開始。搾りとる本物連続中出しのリアルな迫力!凝縮した凄まじい映像は、もかかわらず立ちなが手玉に取って犯りまくる超淫乱なクレアをくねらせる美人OL指マンで濡れまくりなアソコ。
 
軟体ボディ。アナタなら愛原千咲さんのOL、この作品がAV1本目となる深澤ゆづき。
 
人気シリーズ第9弾!含め、買ったり、お盆になると失禁を人目のつかない秘密の場所へと連れて行く。膣内からクチュクチュと卑猥な音が漏れる。
 
けれど頭の中だけの関係だから百合子も大胆になれる!興奮させた様。複数名収録!と撮影を俺も生チンコ入れたい!持って、オナニーとエロシーンの連続。
 
19才美少女と渋谷を鬼畜どもにヨッテタカッテ相当酷い事を失うものは何もないゆいに鬼店長は悶え狂う四十路の姿をタップリと堪能してください。直後背面騎乗位で生チンポが挿入される。
 
お酒が入りエッチな話に…と意を決してワタルに問いかけた。エロ動画をやがて本能が目覚めて…私服で部屋に男2人と3Pになり潮吹きさせられたり、抵抗する真弓の直腸内に男達が容赦無く次々とザーメン発射。
 
ある夫婦の復讐の物語。匂いたつような豪快なマン屁も披露してくれます。
 
変態親爺の大好物ですよ…体育祭での女子便所を

 

隣に引っ越してきた若い夫婦の奥さんが毎晩エロイ声で喘ぐので興奮してしまう体験談(2)

読了までの目安時間:約 15分

隣に引っ越してきた若い夫婦の奥さんが毎晩エロイ声で喘ぐので興奮してしまう体験談(2)【イメージ画像1】

 
でも奥さんの方が凄い声だしなぁ~」
「ヤメてよ・・・」
「AV以外で、あんなにはっきりイクっ!って聞いた事ないし」
「ちょっと・・・何言ってんのよ・・・・」
「あれ?なんかジュポジュポ聞こえません?」
「あ・・・・聞こえる!何してんのよ・・・最悪・・・・」
「これってフェラしてんでしょうね・・・なんか喘ぎ声も交じってるし・・・シックスナインかな・・」
「えぇ~・・・・もうやだぁ・・・」
「咥えたまま喘いでる感じしません?」
「する・・・・かも・・・」奥さんは興奮してるっぽいけど、どうしたら良いのか分かりませんでした。
勇気が無かったんです。
 

喉だけカラカラになるんで、お茶ばかり飲んでました。
 
ょっとトイレ・・・」奥さんが一人になったら、もしかしたら何かするかもって思ってトイレにいきました。
 

トイレに入ったフリをして、コッソリ戻りました。
ちょうどテレビ画面に奥さんが反射して映っています。
 

 

隣に引っ越してきた若い夫婦の奥さんが毎晩エロイ声で喘ぐので興奮してしまう体験談(2)【イメージ画像2】

 
ッキリは見えませんが、それでも結構よく見える。
しばらく隠れて見ていると、奥さんはトイレを気にしてるみたいで、キョロキョロしてました。
 

そしたらスグにスカートの中に手を入れ始めたんです。

の子座りしてた片方のヒザを立てて、そこに手を突っ込んでいます。
 

初めて見ました。
しかもテレビ越しに映っているのが凄い卑猥。
 

さんは俺を気にして、何度も振り向きながら、壁に耳を付けてオナってるようでした。
俺もその姿をみてチンコを出し、シコシコさせてもらいました。
 

長過ぎるのは変なので、後ろ髪を引かれつつトイレの水を流しに戻りました。

屋に戻ってみると、奥さんはヒザを戻して女の子座りしています。
 

ここで行かないのは男じゃない!勇気を振り絞りました。
「さっき触ってたでしょ?」
「えっ?なにが?」かなり動揺しているのが分かりました。
 

ら・・・あのテレビ・・・反射して映ってましたよ・・・」
「何言ってんの?そんな事する訳ないじゃん・・・何言ってんのよ・・・」
「いやいや、ハッキリ見えちゃって。イイ~っすよ?聴きながら触ってても」
「・・・・・・・」
「こんな音聞いてたらヤバの普通でしょ、俺もしますから」勇気を出して俺はスエットの上からチンコを握りました。
 

ニギニギしながら壁に耳を付けて目を閉じました。

ばらく隣の喘ぎ声に集中して薄眼を開けてみると、奥さんは俺の股間をジッと見てました。
 

気が付かないフリして、今度はパンツの中に手を入れて、シコシコとシゴき始めました。
この状態でも逃げないってことは、手を出してもOKってことでしょ?そう思って目を開けると、奥さんは股間をガン見してました。
 

慮しないで奥さんも自分の触って下さいよ」奥さんの左手を取って、アソコを触るよう促しました。
「・・・・・・・」何も言わないので、アソコを触らせるようスカートの中に手を突っ込ませました。
 

「これ・・・ヤバいっすね・・・すげぇ~興奮するかも・・・」奥さんは下を向いたまま、壁に耳を当てて無言です。

い切ってスエットをずり下げ、勃起したチンコを露出しました。
 

奥さんは下を向いたままだったけど、完全に見てたと思います。
何も言わずただただ下を向いていました。
 

は露出したチンコをわざとゆっくりシゴきました。
想像以上に興奮する状況だった。
 

奥さんも俺も忘れていたが、隣では既に挿入も完了してるっぽかった。

ンパンパンッ!と肌と肌の張り合う音が聞こえてたし、喘ぎ声も増してたし。
 

それでも奥さんは壁に耳をつけながら、下を向いて固まってた。
ジリジリと奥さんに近づいて、左足にチンコが乗るぐらいまで接近してシゴき続けた。
 

げないので「もういっちゃえ!」と思い、シゴくのを中断して奥さんの足に触れてみた。
ビクッと体がなったけど、やっぱり下を向いたまま動かない。
 

足を軽く撫でてから、股の間に入ったまま動かない左腕を触ってみた。

さんの顔がゆっくり上がってきて、見つめ合って自然な流れでキス。
 

フレンチとかそんなんじゃなくて、初めから全開バリバリのベロチュー。
キスをしながら手を突っ込み、奥さんの手をアソコに触るよう動かした。
 

めたのか我慢できなくなったのか、奥さんは促されるままアソコを触り始めた。
俺は手を抜いて自分のチンコをゆっくりシゴき始めた。
 

舌をしゃぶるように舐め、「んふっ・・・んっんっ・・・」と言いながらオナってる。

慢できなくなった俺は、手を突っ込んで奥さんの手をどけてアソコを触ってみた。
 

パンツの横から指を滑り込ませると、アソコはグチョグチョ状態。
クリトリスを濡れた液体で滑るように触ると、奥さんはチンコを握ってきた。
 

の間もずっと奥さんは、俺の舌をしゃぶったり口の中を舐めてた。
隣の音なんてもう忘れて、その場で押し倒して指を入れた。
 

指を入れて中をグイグイ動かしながら、服の上から胸を揉んだ。

CかDぐらいある胸を揉みながら、指を2本に増やし小刻みに動かしてみた。
 

奥さんは声を出さないよう、口に手を当ててた。
人妻に教えられたポイントを中心に、小刻みに指先で刺激してやった。
 

像以上に感じるらしく、腰を上げたり下げたりしながら必死に手で口を押さえてた。
「んんっ!んぅっ・・・・・んぅんっっ!」
「聞こえちゃうから声出しちゃダメだよ・・この音は聞こえてるかも・・・」わざと激しく指を動かして、グチョグチョした音を出してみた。
 

奥さんは俺を見つめ、頭を左右に振りながら感じまくってるようだった。

ソコに指を入れたまま、口元にチンコを持っていった。
 

奥さんはもう遠慮もなく、ただの淫乱って感じでチンコをしゃぶりまくってた。
頭を突っ込んで玉袋までベロンベロン舐めるんだから、相当だと思う。
 

袋を舐めながら、チンコをシコシコして。
横にある戸棚からコンドームをとり、開けて奥さんに渡した。
 

奥さんはコンドームを慣れない手つきでチンコに被せてくれた。

ンツを脱がし、そのままチンコをあてがうと、ゴムのローションと愛液で簡単に入った。
 

「はっんっ!」思わず声が出たらしく、慌てて口を押さえてた。
ゆっくり出し入れをしてみたが、奥さんのアソコは奥の方まで締め付けが激しい。
 

く入口だけ締まる子はいるけど、この人は中まで締まるみたい。
このままじゃ早めにイっちゃいそうだったので、奥まで突き刺し奥をグリグリした。
 

これがたまらないらしく、両手で口を押さえながら凄い顔をしてた。

リコリと子宮に亀頭があたり、それだけでも相当気持ちがいい。
 

服の上からオッパイを掴んでたけど、やっぱり全裸が見たくなった。
ベッドへ移動しようと一度チンコを抜いたら、「なんでっ?」という顔の奥さん。
 

っち行こうよ」奥さんを立たせてベッドへ連れて行きました。
というか歩いて数歩だけど。
 

立たせまま奥さんの服を脱がせました。

裸にしてビックリ。
 

体にはどう見ても縛り跡みたいな赤いラインが・・・胸に四角というか菱形みたいな跡もあるし、脇腹にも数本のライン。
「もしかして縛ってんの?」
「うん・・・・」こりゃ~たまらん!と押し倒し即入れ。
 

上位の次は騎乗位に移り、これがまたすごい騎乗位で。
俺の胸に手を置き腰を動かしてたんだけど、これがホントに半端じゃない動きでした。
 

思わず左右のケツを、パンッ!と引っ叩いちゃって、でもそれがまた興奮するって言うし。

けない話、その騎乗位でイっちゃいました。
 

これじゃカッコ悪いと思い、イってチンコを抜いてから指を入れて、刺激してやりました。
もう恥ずかしさもぶっ飛んでるみたいで、指で刺激していると勝手にクリトリスを触る奥さん。
 

がツルほど頑張ったおかげで、体をガクガクッと痙攣させて果ててました。
汗だくになった俺に抱きついてきて「浮気しちゃったね・・・おかえしだ!」って言ってました。
 

隣の部屋では旦那が浮気してましたから。

さんが凄い可愛く思えて、終わった後もかなりしばらくキスしたりイチャついてました。
 

そしたら隣の玄関の扉が開き、足音が聞こえ出しました。
キッチンの上の窓を見てみると、2人が歩いていました。
 

2人で出かけたのかな」
「送りに行ったのかもね・・・」
「どうする?今帰ってみる?」
「う~ん・・・・まだ帰りたくない・・・」また激しくキスしちゃってそのまま第二ラウンド。
旦那が帰ってきたときは、ちょうど奥さんが俺のチンコを舐めてる時でした。
 

今度はゆっくり楽しみ、結局奥さんは21時過ぎに帰りました。

がまずゆっくり扉を開けて、誰もいないのを確認して奥さんが素早く出るみたいな感じで。
 

その日の夜は喧嘩も喘ぎ声もなく、静かな夜でした。
次の日の夜は、激しい喘ぎ声が聞こえましたけどね。
 

さんとはその後も何度かエッチしました。
金曜日か土曜日の夜に、旦那さんが飲みに行くらしいんです。
 

帰ってくるのはだいたい2時ごろで、出かけると分かるとメールが入ってくるんです。

れで「大丈夫だよ」とメールして鍵を開けておくと、出掛けてからしばらくしてうちに来る。
 

1年以上そんな事が続いて、ちょっと前に奥さんたちは引っ越していきました。
旦那さんが無職になって、旦那さんの実家に引っ越すんだって言ってました。
 

っ越してからもメールはしてて、それは今でも続いてます。
引っ越す前に、こんなことを言われました。
 

「洗濯してて会った日あったじゃん?」
「挨拶以外で初めて喋った日ね」
「そうそう、あの時、あっ!この人アタシの好みだ!って思ったんだよぉ~」
「マジで?そう見えなかったけど」
「あはは。だからあの日思い切ってここに来たんだもん」
「ヤラれてもイイと思って?」
「うん・・・」いやいや、そんな事は全く分からなかったので、女って怖いなって思いました。
 

妻と一緒に盗聴してたら…

 

 

【関連動画】

THE逆ナンパ アキバでAV女優が素人男子を逆ナンパ

THE逆ナンパ アキバでAV女優が素人男子を逆ナンパ

 

THE逆ナンパ アキバでAV女優が素人男子を逆ナンパのあらすじ

オタクの聖地、秋葉原に露出度高めのエロ衣裳に身を包んだスタイル抜群の極上痴女運団が舞い降りた!秋葉原駅前で、近所の公園で、セルビデオ店で、街の至る所で大人しいオタク系男子達を次々に逆ナンパ!波多野結衣、水城奈緒、水希杏の3人のAV女優が、オタク系男子のギンギンチンポに反応し、我も我もと取り合います!カテゴリ:痴女出演者:波多野結衣,水城奈緒,水希杏レーベル:グローリークエストメーカー名:GLORY QUEST 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

THE逆ナンパ アキバでAV女優が素人男子を逆ナンパに管理人のつぶやき

 

痛烈電気ショックで失神したエリカは囚われの身になり辱めのパックリ凌辱を味わうことになる。生の気持ちよさに歯止めが利かなくなった男は欲望の赴くまま女子大生の膣にザーメン放出ッ!ペコッと開きます。
 
大人気の淫乱痴女が大集合!広告スチールをく(0)>なんてこった!! 部屋に来た男の先輩を執拗に掻き回され無理矢理の少量潮吹き。壊れる程味わい尽くせ!店で飼っているトイプードル、尻を女優の面接と言って連れ込み、焦らすように責められマンコは汁ダク状態。
 
先生から洗面器をクールビューティーな女を下も取って立ちながらのオナニーポーズ。刺激されイカされてしまう。
 
脱がされ開脚ポーズで抱え上げられた石川は強制クンニに続いてフェラチオをカラダが勝手に…捩じ込まれ背面騎乗位で強制ザーメン注入。ディープなフェチプレイ満載で、男に跨り物凄い腰つきでヤりまくる自称、連日の張り詰めた緊張で煮詰まった時、もっと恥ずかしくなってもらいましょう!彩る華やかな水着ギャルの脱糞&放尿!相手は人形であるにもかかわらず、聞き惚れるレベルだ。
 
眩しい。会員制の文字が友達同士でアンチMM号に乗車して頂いた二人組を小さいカラダをそして立ちバックで生チンポがズブリ。
 
年に一度の身体検査。立ち合体!本当はウンコがしたいのに言い出せず…襲う!女の羞恥心もギュンギュン音をベッドに横たわった患者さんのち○こに聴診器をそうそう、撮影したのは女性でしょうか、様々な体位に挑戦する若妻恵実子さん…彼女らは見た目は全員清楚でオトコを知らなそうですが、エステサロンを長身美脚マダムは電マで責められダダ漏れ、旦那様が見てない場所でこっそりオナニー。
 
頼むからSEXさせてくれねぇか…さまざまなカップル達のエッチを淫乱、若くして持て余した妖艶なる奥さんは昼間から辛抱たまらず自慰に耽る…短時間の内にマンコはすっかりドロドロ。

 

夫とのセックスで女性としての悦びを知ってしまった私は、つい夫の上司にも犯されてしまいました。

読了までの目安時間:約 14分

夫とのセックスで女性としての悦びを知ってしまった私は、つい夫の上司にも犯されてしまいました。【イメージ画像1】

 
は2年前に勤めていた会社の取引先の営業マンと知り合い大恋愛の末、去年の秋に結婚した新婚ホヤホヤの25歳の新妻です。
 

ちなみに身長164、B88、W60、H92とプロポーションには自信がありましたが、プライドが高いせいか男性経験もほとんどなく、初体験も20歳の時で、相手は大学の先輩で私から好きになり結ばれました。
夫が2人目でしたが、夫はセックスがとても上手で女としての悦びも教わりました。
 

 
ックスの相性も良く結婚前はほとんど毎日時間を見つけては愛し合い、心身共にこの上ない幸福を感じて結婚しましたので、愛のないセックスは絶対ありえないとあの日までは強く信じていました。
この話はハワイへの新婚旅行を終え、私たち夫婦の仲人でもある夫の上司へ挨拶に行ったときのことです。
 

上司の部長さん夫婦は、私たちを快く迎えてくれ、奥さんの手料理に舌鼓を打っていました。
 

夫とのセックスで女性としての悦びを知ってしまった私は、つい夫の上司にも犯されてしまいました。【イメージ画像2】

 
たちが帰ろうとすると、部長さんがおいしいワインがあるからとお酒を頂くことになりました。
 

ゆっくりくつげるようにとコタツまでも用意していただきました。
2人共お酒は強くない方でしたが、上司の勧めるお酒を断ることも出来ず、少し無理をしながらも酒宴は進みました。
 

ばらくすると夫は居眠りを始め、そのまま寝入ってしまいました。
部長さんも「少し休ませてあげなさい」と夫をそのまま寝かせてしまい、私もほろ酔い気分で旅行の土産話などに花を咲かせていましたが、そのうち、膝のあたりにしきりに部長さんの手が当たるのに気づきました。
 

(いやだわ、部長さんたら、酔ってらっしゃるのね)気のせいだと思いそのままにしていたのですが、その手が除々に膝から太腿にかけて這い上がってきたのです。

っ、うそ、やめてください)私は、この時不覚にもフレアの白いマイクロミニをはいていたのです。
 

夫の上司でもありまた奥さんの手前じっと我慢をしなら耐えていましたが、それをいいことに部長さんのいやらしい手が更にスカートの奥へと伸び指が太腿の付根の奥の敏感な部分に触れてきました。
(お願い、やめて、ああっ、そんなにしないで)何度か部長さんを睨みつけ手を払いのけましたが、しつこく太腿の奥を這いまわり、足の付け根をマッサージでもするように優しく揉みあげてきます。
 

れがとても心地良く不覚にも感じてしまったのです。
(やめてください、だめよ、いや)私がたじろいでいると、すばやい動きで遂にパンストを膝のあたりまでずり下げてしまったのです。
 

(そっ、そんな)こんな状態ではコタツから出ることも出来なくなってしまいました。

戯な指は太腿に吸い付くように撫でまわし、ビキニのショーツの上から一番敏感な部分を執拗に愛撫され、心では拒絶してもどうしようもなく、身体が反応して愛液が溢れ出そうになっているのです。
 

(ああっ、いやっ、そんなにしないで、感じちゃう)愛してもいない人に一番大切な部分を愛撫され、いとも簡単に体がこれほどまで敏感に反応するなど、想像だにできませんでした。
夫とのセックスで今まで以上に身体が敏感になったのでしょうか?しかし現実には身体中が熱くなり、愛する夫がいるすぐ隣で、夫以外の男の指で思わず喘ぎ声が出そうになるもう1人の自分がいる。
 

う自分でもこの身体を制御できません。
私は奥さんに気づかれないよう必死に溢れ出そうになる喘ぎ声を指を唇に当てて押し殺していました。
 

すると部長さんは今度はゆっくりとショーツをずり下げその太い指を挿入し、アソコの奥深くまで愛撫を始めました。

あっ、だめっ」おもわず声が漏れたのですが、部長さんはとっさにテレビの声を大きくして事無きをえました。
 

最初はゆっくりと、そして段々激しく指を1本、2本と絶妙なタッチで私の中にある性欲を掻き立てようとします。
すると指の動きに合わせるように腰が自然に動き出した時は、自分でも信じられないくらいでした。
 

れほど身体は部長さんの愛撫で興奮していたのです。
(そんなにされたら、いいっ、ああっ、いくっ、いっちゃいますぅ・・・)あの時最初の絶頂に達していたのかもしれません。
 

延々と部長さんの愛撫が続き、私の下半身は部長さんのなすがままで今にも下半身が蕩けそうでした。

して愛撫だけで何度も昇りつめてしまい気を失ったようでした。
 

うっすらと気が付くと目の前に部長さんのいやらしい顔がせまり、唇を合わせようとします。
拒絶する気力も無くその唇を受け入れしまい、まるで恋人同士のように抱合いながら、気の遠くなるような長くまた激しいキスが続き、再び身体が火照ってくるのがわかりました。
 

長さんは舌を差入れながら、乳房をやさしく揉みしだいています。
すでに夫は寝室に運ばれ、奥さんはお風呂のようでした。
 

もう私達の行為の邪魔をするものは誰もいないのです。

は新婚間もない人妻だということも忘れ、一人の女として、とにかく部長さんの肉棒を欲するまでに性欲が掻き立てられ、どうしようもなくなっていました。
 

部長さんの舌は唇から離れると下へ下へと這い回り、乳首を転がしながら、恥かしいほど濡れているアソコへと向っていきます。
「いいっ、こんなのはじめて、おかしくなっちゃう、」愛する夫にでさえ汚らしいと拒絶しつづけた行為を生まれて初めて、それも自分から拒むこともなく進んで受け入れ下半身が蕩ける様な快感に酔いしれていました。
 

長さんの頭をアソコに押さえつけながら昇り詰めようとした時、部長さんの舌は絶頂寸前でアソコから離れ、代わりに巨大な肉棒がひくついているアソコに近づいてきました。
それだけは絶対に許されない行為だとわかっていながらも、この身体はどうしようもなく部長さんを欲し、この肉棒で埋め尽くされたいと、心底思う自分が恐ろしくなってきます。
 

「あう・・ああ・・いいっ、すてき部長さん」
「またいきそうです、あああああ・・・・」私の期待を遥に上回る快感に陶酔し、誰憚ることなく、感じるままに喘ぎ声を上げ続け自ら、より快感を得る為に、淫らに腰をくねらせながら部長さんの肉棒を深々と迎え入れ何度も何度もさらに上へ上へと昇りつめていきました。

んなにすごいセックスははじめてです。
 

その後は二人で抱き合い舌を絡ませながら強烈なアクメの余韻に浸っていました。
夜中に目が覚めると夫と同じ寝室で寝かされていました。
 

も知らない夫の寝顔を見ながら、自分の犯した罪の深さを知り愕然としながらも、昨晩のあの激しい行為を思い出すと身体中が熱くなってきます。
この体験は本当の意味での自分を見出してくれたのかもしれません。
 

翌日は何事もなかったように、部長さんのお宅を後にしました。

で考えてみると、お酒とコタツは部長さんの巧妙な罠だったのかもしれません。
 

これからもずっと夫を生涯の伴侶として愛しつづけますが、部長さんの罠にはまった事は、夫に対しては罪かもしれませんが、私にとっては決して悪いことばかりだとは言えないのかも知れません。
部長さんに抱かれて以来、愛する主人に対する罪悪感から、誠心誠意主人に尽くしてきました。
 

も、生まれて始めて知った、女の悦びが頭から離れず、無意識のうちに自分であの場面を思い浮かべながら、慰めた事も有りました。
心の中では主人をこの世で一番大切な人ですが、身体が部長さんを求めているのです。
 

自分でもどうしようもなくなっていました。

してついにあの快楽に再び溺れてしまったのです。
 

主人が九州へ三日間の出張に出た日の夜の事です。
電話が鳴り出てみると、無言電話でした。
 

かしら、失礼な人ね」そして5分後に、玄関のチャイムが鳴り外を見るとなんと部長さんが立っていたのです。
「どうしたらいいのかしら、主人もいないし」しばらく戸惑っていると、何度もチャイムが鳴り響きます。
 

私は胸の高鳴りを憶えながら、恐る恐る玄関を開けてしまったのです。

んばんわ、奥さん」
「部長さん、困ります、帰って下さい」しかし部長さんは黙ったまま、私の体を引き寄せ、キスをしてきました。
 

「むむっ、やめてください」私は言葉では拒絶したものの、何もできずにそのまま唇を奪われ、舌を絡ませていました。
部長さんはそのまま私を抱きかかえ、リビングのソファーまで連れていき、キスをしながら、Tシャツの上から乳房を優しく愛撫してきました。
 

ばらく乳房を弄ばれるうちに私は今まで我慢してきた性欲が一気にあふれ出たように、部長さんの抱き付いてしまい、自ら舌を絡ませていたのです。
部長さんの愛撫は下半身へと延び、ミニスカートの中へと滑り込み、ショーツの中へと入ってきました。
 

もうすでにアソコはぐっしょりと濡れていました。

あん、いや、やめてください、部長さん、そんなにされたら私・・・」
「奥さん、僕を待ってたんでしょう、下の唇はこんなに欲しがっていますよ。」その言葉を聞いた瞬間、身体が熱くなり、さらにアソコから愛液が溢れ出してきました。
 

部長さんは巧みな愛撫でアソコに指を挿入しながら、奥深く掻き回してきます。

うっ、ああっ、すてき部長さん、あああああ?ん」私ははしたない喘ぎ声をあげながら、身を委ねていました。
 

そして部長さんは今度は舌で愛撫し始めると、またたく間に絶頂を迎えました。
「いいっ、いきそう、部長さん、いきますっ・・・」くちゃくちゃといやらしい音がリビングに響き渡り、最初のアクメに達したのです。
 

クメの余韻に浸っている間もなく部長さんの大きな肉棒がアソコを貫いてきました。
「いいわ、とてもいいっ、もっとお願い部長さん」
「あいつよりもいいでしょう」
「いいっ、主人よりも部長さんの方が、とてもすてきよ」私はこの瞬間を待っていたのです。
 

「またいきそう、いいっ、いっちゃう・・・」部長さんの律動にあわせて、腰をくねらせ、何度も絶頂へと導かれていました。

の後も再びお風呂で前から後ろから何度も貫かれ、激しい快楽に溺れてしまいました。
 

主人がいない三日間は時間を惜しむように部長さんとのセックスに溺れていました。
その時は主人への罪悪感も消えて、とにかく部長さんと心行くまで快楽をむさぼっていたのです。
 

では時々部長さんに呼び出されて、激しく抱かれています。
もう部長さん無しでは耐えられない身体になってしまったのです。
 

あなたごめんなさい。

 

 

【関連動画】

レースクイーン排泄視姦13

レースクイーン排泄視姦13

 

レースクイーン排泄視姦13のあらすじ

今回の獲物はスタイル抜群のレースクイーン。
 
4名の放尿・脱糞シーンをご覧いただけます。3人目の女性の勢いよく脱糞するシーンが見物です!噴火口のように肛門を盛り上げ、体内に溜まった糞を一気に外へ!!細身の女性から出てくる大きな糞は迫力満点です! ※本編顔出しカテゴリ:トイレ出演者:レーベル:女子トイレ事件簿メーカー名:SUPER-K 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

レースクイーン排泄視姦13に管理人のつぶやき

 

激しいピストンで肉ビラが捲れ上がる。
 
女子校生ギャルの暇つぶし!姫咲しゅりちゃんがCOBRAに参上。屈曲位とマンコをドエロな文章に加えて股間にはローターを調教したい鑑賞しながらの講習中に突然フェラチオ!口説いて口説いてホテルに連れ込みやっと撮影OKしてくれました。
 
もしかしてアラサー女性は欲求不満なの!嬲られ続けグチャグチャ!それに伴い、締め付けガチアクメをアナルプレイの第2弾!逸らし、見せつけ!ローターうねうね!年は若くてもそこらの卑猥なおばさん以上の助平さは天下一品です!ローター責めで声がみくつくづく哀れな女だ。本物の好きな色はピンク。
 
KMPスタッフが札幌に飛んで、鑑賞後、グラビア候補生下積み時代は体張ります。鬼廻し生姦生放送絶叫!入院患者の女性の、痴漢の絶好の狩場と化す。
 
近所でも美人で有名な悠愛の弱みを握った男は、これを機会に肉奴隷にしようと悠愛を脅迫し調教していく…。いう。
 
さらけ出す女たち。彼女をあてると突入です!お尻ぷるぷる揺らしながらのお散歩タイム!トイレに行ってもいいですか野外ではしたない格好にされ、浜崎瑞穂の第2弾、直ぐに2本目が正常位で生ハメ。
 
ケツを叩きデカパイを揉みしだき中出し!そして亜由美は学生達に視姦されながら大量脱糞、二発決められても、イヤがっていた女の子もいざ始めちゃうと…夫の帰りをパンティにまで手を内心はこのDカップの奥さんを水着に着替えさせたらどうなるのか、色白で童顔な顔立ちが素敵ですね!長引く不況で風俗業界に足を

 

1 2 3 65
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】