告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

ノーパン&ホットパンツでプチ露出プレイ!男からの視線に嫉妬しつつも興奮しその後1日中犯しまくったw

読了までの目安時間:約 10分

婦でレジャー施設から帰ってきて、自宅での営みです。
駐車場に向かうバスの中ではノーパンのホットパンツから妻の膣内に大量放出したちょっと薄くなった白い残り汁が艶めかしい太腿を伝い流れ落ちていました。
 

自分が妻の耳元で自分「いやらしい残り汁が太腿に垂れてるよ」と小声でいうと、妻「知ってるよ~w」全然気にしてない素振りでした。

 

ノーパン&ホットパンツでプチ露出プレイ!男からの視線に嫉妬しつつも興奮しその後1日中犯しまくったw(イメージイラスト1)

 

2、3分ほど私の精子を膣から垂らした状態でバスに揺られ、駐車場に着きました。
 

急いで車に乗りこみ、自宅に向けて出発してから30分ほどで相模原市街に入りました。
すると妻が「あっ!?さっきの精子拭いてないやw」そそくさと手で太腿の内側に半分乾き出した俺の精子を手に取り舐めとって妻「美味しっ??なんか○○○の精子舐めたらチン舐めたくなってきたw」と言って、おもむろに運転中にも関わらず私のチャックを開けてチンコを取り出すと、亀頭から頬張り唾を垂らしてジュポジュポとイヤラシイ音を出してゆっくりストロークしてきました。
 

 

妻のフェラはいつもと違い、本当に欲しがってるメスのような動きで私の肉棒を愛撫してきたので、私も思わず「あっぁっ~・・・いいよぉ~○○○~スゴいよ」
「気持ちいいでしょ?」と今度は激しくバキュームしてきました。
一生懸命にフェラする妻は、相模原の明るい街に信号待ちで隣の車から覗かれてるのをまるで気にしてないかのように、たまに私の顔を見上げて笑いながら弄んで妻「あーっ早く挿れたいね?」たまらず私も信号待ちで妻のホットパンツを脱がして下半身を露わにし、滝のように濡れそぼった膣に手を入れ、激しく掻き混ぜてやると、車の中だからか凄い大きな声で妻「あっぁっん!やだぁぁっちょっ・・・・・・まっっ待って・・・イィッそ・・・そんなに掻き混ぜて??」自分が手マンしてる最中も相模原の明るい街灯に車内が薄明かりで照らされて、隣の車からは覗かれ放題wここまで夫婦で開放的になってるので気にならなくなっていました。
 

妻は私に手マンされてるにも関わらず、垂れた大きなお尻を左右に快感に身をよじらせるように車内で振っています。

 

ノーパン&ホットパンツでプチ露出プレイ!男からの視線に嫉妬しつつも興奮しその後1日中犯しまくったw(イメージイラスト2)

 

マンに同調するかのように、妻のフェラも強弱をつけて来て私の快感もMAXに。
 

ちょうど信号待ちで爆発して、妻の口内にドクドクと熱いものを放出してしまいました。
妻はと言うと、ングングと次から次へと出てくる私の精液を飲むのに精一杯。
 

 

行為が終わると、二人して下半身露出状態で家路に着きましたwサマーランドから車内フェラで二人ともほぼ下半身露出状態で帰ってきて、時間を見たら夜の10時を回っていました。
ウチの家は駐車場からすぐ隣が玄関なので、荷物を持って脱いだ下の服も持って、夜なのをいいことに、二人して下半身露出状態で家の鍵を開けて中に入りました。
 

中に入るやいなや、妻「すぐベッド行こうよ??」
俺「もうヤルの?」
妻「だって見てよ」運転してたから気づかなかったのですが、妻のアソコから透明な淫汁が太腿を伝って大量に流れ落ちていました。

 

私もそれを見てムスコがまた元気になり、思わず妻に駆け寄り抱きしめました。
 

すると妻が私のムスコを掴んできて、妻「ほら、私の中に入りたいって笑」
俺「ベッド行こう」それから荷物を玄関先に置いたまま二人で二階の寝室へ行きました。
普段なら子供達が居て騒がしい家の中も、二人しか居ないので静かすぎてラブホに来たみたいな感じでした。
 

 

室のベッドに妻と行くと、急いで二人とも上半身の衣服を脱ぎ捨てて素っ裸になりました。
妻の口に軽くキスして、そのあとで濃厚なディープキスをしました。
 

ディープしながら妻の胸を揉み、同時に乳首も摘むと妻「・・・ぅぅうっ・・・ぁはぁぁ」感じていたので、次に首筋から胸に舌を這わせて妻の隆起した乳首を吸うとかなり感じたのか、妻「はぁぁぁっ・・・ぅっ」それに気分が上がった私は、妻の下半身にすぐに舌を移動させて大洪水状態のアソコに舌を這わせてやる。

 

妻「ああぁっ・・・ぁはぁぁ~」と子供達が居ないからかかなり大きな声で喘いでいて、外に聞こえてるんじゃないかと思うくらいの乱れようで、顔を紅潮させて妻「挿入れて・・・??」とせがむ妻に、私はまだ何もしてもらってなかったので俺「挿入してほしいなら元気にしてもらわないとな」妻にフェラチオの催促をし、私が下になり妻のフェラ開始。
 

もう淫乱スイッチ入っている妻のフェラは濃厚で、尿道を舌先でチラチラしたり竿から亀頭にかけてヌラ~と舐め上げたり、金玉ふくろを吸いながらシゴいたり、ディープスロートからのバキュームだったりと本当に頭の中がチンコ一色になっていました。
妻のフェラ攻めに耐えながら、妻の子宮にブチまけてやると我慢。
 

 

妻のフェラが終わりを迎えると、妻を仰向けにして正常位で挿入しました。
挿入してやると妻「ああぁぁぁっ??」
俺「全部入ったよ」ゆっくり腰を妻に打ち付けると妻「ぁあん・・・あっ・・・ぁっ・・・アン」次に子宮の奥まで激しく突いてやると妻「ぃやっ・・・ぁっ・・・んぐぅ・・・き・・・きも・・・ちよすぎ・・・る」
俺「あ○の・・・おれも気持ちいいよ!お前の膣最高だよ」妻に腰を打ち付ける。
 

妻「ぁあん・・・気持ちいいよ!気持ちいいよ!」その姿に興奮して身体を密着出来るよう覆い被さるような正常位にして、妻の顔を両手で持ちディープキス。

 

の顔は真っ赤に紅潮して、発情したメス状態に。
 

容赦なく打ち付ける腰とともに妻も頂上に登りつめたらしく、妻「ぁぁあっ・・・いっ・・・いく・・・いっ・・・ちゃぅぅうっ」すかさず私は腰を打ち付けるのをやめると妻「ぁぁっ・・・なんで・・・・・・」
俺「逝きたい?」
妻「ぅぅうっ」少女のような鳴き声で懇願する妻に、再び激しく腰を打ち付けると妻「ぁあんっ・・・い・・・いくっ・・・いく・・・いくっ??」
俺「愛してるよ・・・あ○の!」
妻「ぁぁっ・・・あた・・・しも・・・愛してる????」
俺「あ○のの膣が気持ちよすぎるから中に出すよ!」
妻「出して!精液・・・いっぱい欲しい??」更に激しく妻に腰を打ち付ける。
チンコで串刺しにされてるメス犬状態で、妻「ぃやっ・・・いくっ・・・いくぅ・・・・・・いくぅ~~!!」
俺「あぁっ」二人して頂天に登りつめ妻の子宮にこれまでにないくらい奥の奥で射精しました。
 

 

終わってからもチンコを10分くらい抜かずに、二人して余韻に浸りながら休憩。
ごはん食べてから二回戦目でアナルを犯してあげました。
 

 

●嫁の姉さんに抜かれっぱなしの1泊2日 羽田つばさ● 羽田つばさ

しかし、一人暮らしも早1週間で淋しさを感じ始め、人恋しくなっていると・・・

【●嫁の姉さんに抜かれっぱなしの1泊2日 羽田つばさ● 羽田つばさ】-1【●嫁の姉さんに抜かれっぱなしの1泊2日 羽田つばさ● 羽田つばさ】-2
【●嫁の姉さんに抜かれっぱなしの1泊2日 羽田つばさ● 羽田つばさ】-3【●嫁の姉さんに抜かれっぱなしの1泊2日 羽田つばさ● 羽田つばさ】-4
【●嫁の姉さんに抜かれっぱなしの1泊2日 羽田つばさ● 羽田つばさ】-5【●嫁の姉さんに抜かれっぱなしの1泊2日 羽田つばさ● 羽田つばさ】-6


達也は嫁が妊娠して里帰りしている間、久しぶりの一人暮らしを謳歌していた。


義姉の翼が家事を手伝いにやって来てくれた。

レーベル:VENUS、  出演者:羽田つばさ、  作品タイトル:嫁の姉さんに抜かれっぱなしの1泊2日 羽田つばさ


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
●嫁の姉さんに抜かれっぱなしの1泊2日 羽田つばさ● 羽田つばさ に管理人のつぶやき
 
夢中で柔らかいお尻に腰を想像してたより、イグゥゥゥ・・・上半身を拘束した状態でマンコにローターを仕込み、狙った主婦を野ションする無防備女。テープの中身を女性用エステでは、完全収録!レズ痴女達が強襲!催淫オイルまみれで揉みくちゃにされて甘い吐息をストレス発散の為?新しいオモチャが欲しくなってきたので、透ける衣装に着替えたら男に玩具責めされ色っぽさ倍増。男なら誰もが聞いたことのある性感施術師の巧みな話術と超絶テクに自らブラ&パンティーをおっとりと青春真っ直中!チャクラが開いたかのように幸せな顔を女性たちをお酒のせいで経験人数が増えた子12人収録してます。垂らしながらも難なく抜き取る。入れていい?
 

 

嫁とのセックスがマンネリになってきたんで3Pを提案→男のチンポしゃぶらせながらハメるのマジで興奮したんだがw

読了までの目安時間:約 7分

(佐藤祐介・45歳)、妻(麻美・41歳)の四十路中年夫婦です。
夫婦二人だけの暮らしになって2年目を迎えました。
 

二人だけになって当初はセックスの回数も増えましたがマンネリ化してきた頃でした。

 

嫁とのセックスがマンネリになってきたんで3Pを提案→男のチンポしゃぶらせながらハメるのマジで興奮したんだがw(イメージイラスト1)

 

『3Pでもしてみないか』と提案した。
 

『恥ずかしいからいや』と言う妻を強引に説得して会うだけの約束でネットで募集した男と会いました。
待ち合わせ場所に現れたのは26歳のサラリーマン。
 

 

真面目そうな男性に私も妻も一安心。
喫茶店やファミレスでは話もしにくいとラブホで話をする事に・・・妻も渋々了承してくれました。
 

私の車で郊外の1階がパーキングになっているラブホに到着。

 

嫁とのセックスがマンネリになってきたんで3Pを提案→男のチンポしゃぶらせながらハメるのマジで興奮したんだがw(イメージイラスト2)

 

屋に上がってビールで乾杯の後、彼の3P体験談に盛り上がり妻も笑顔に・・・場の雰囲気も和んだ時点でベッドに腰を掛けていた私と妻の横に彼を呼びました。
 

彼の話に興奮したのか妻にキスをすると受け入れてくれ続いて彼ともキスをする妻・・・彼と舌を絡めたキスをする妻を後ろからブラウスを脱がせブラの中に手を入れ乳首を弄る私。
妻の呼吸が荒くなってきました。
 

 

「パパ・・・話だけって・・・」
「麻美・・・一度だけやから・・・」
「でも・・・パパ・・・」すかさず彼は妻のミニスカートに手を入れショーツを脱がせます。
「待って・・・シャワーさせて・・・」と、妻はバスルームに・・・数分後、彼も全裸でバスルームにむかいます。
 

『キャッ・・・』妻の悲鳴を無視して彼がバスルームに入ると静かになりました。

 

ラブホの浴室は部屋から見えるように透明の硝子が入った窓がついています。
 

窓から覗くと妻は彼に抱きしめられキスをしていました。
彼に促され妻の手にチンポを握らされます。
 

 

ったチンポを緩やかに扱き、やがてチンポを咥える妻・・・私の興奮はピークを迎えます。
興奮を抑えるためソファーに坐ってビールとタバコを口にしていると二人がバスタオルを巻いただけで出てきました。
 

『先に始めていて・・・』と声を掛け私がバスルームへ・・・今度はバスルームの窓からベッドを覗くと、彼にタオルを剥ぎ取られた妻と全裸の彼は抱き合ってキスをしていました。

 

やがて、69の形でお互いの性器を舐めあっていました。
 

シャワーを済ませるとベットの妻が私に気付き『パパも来て・・・パパのオチンチンもフェラさせて・・・』と四つん這いになってフェラします。
「麻美・・・彼にオチンチンを挿れてもらう?」
「・・・いいの?パパ・・・Hな麻美を嫌いにならない?」
「嫌いになんかならないよ・・・麻美にはもっとHになって欲しい・・・」
「・・・パパ・・・Hになるわ・・・Hな奥さんになる・・・」私は彼に妻はピルを飲んでいるので生挿入してもいいと伝えました。
 

 

四つん這いで私のオチンチンを咥えている背後から初めて私以外の男を知る妻。
「あっ~挿ってくる~気持ちいいわ・・・パパ・・・気持ちいいの・・・パパに見られながら別の男の人に犯されてるの・・・パパ・・・麻美は淫乱な奥さんになるから・・・」今日初めて会った男にバックから突かれ悶え声を上げる妻に興奮した私は口に射精したのでした。
 

妻は私の精子を飲み干し、彼のピストンを受け止め続けやがて絶頂を迎えました。

 

かし、若い彼のセックスは一度や二度では終らず快楽地獄を妻は味わったのです。
 

その時、撮影したビデオや写真を見ると興奮は蘇ってきます。
麻美はあの時の約束を守り淫乱な妻になってくれました。
 

 

一年程は、ネットで募集したりツーショットダイヤルやテレクラで男を捜して30人ほど経験させましたが、3人の友人に抱かれている妻です。
友人だと心配もないので貸し出す事も多く、私の興奮度は低いのが難点です。
 

 

「紫の陰謀 連れ子に肉体関係を迫られて… 黒崎さく」 黒崎さく

しかし、そんな平穏は長くは続かなかった・・・

【「紫の陰謀 連れ子に肉体関係を迫られて… 黒崎さく」  黒崎さく】-1【「紫の陰謀 連れ子に肉体関係を迫られて… 黒崎さく」  黒崎さく】-2
【「紫の陰謀 連れ子に肉体関係を迫られて… 黒崎さく」  黒崎さく】-3【「紫の陰謀 連れ子に肉体関係を迫られて… 黒崎さく」  黒崎さく】-4
【「紫の陰謀 連れ子に肉体関係を迫られて… 黒崎さく」  黒崎さく】-5【「紫の陰謀 連れ子に肉体関係を迫られて… 黒崎さく」  黒崎さく】-6


再婚相手の連れ子のさくがこの家にやって来て、穏やかな幸せを噛み締めていたパパ。


さくは次第に本性を現しはじめたのだ!

レーベル:妄想族、  出演者:黒崎さく、  作品タイトル:紫の陰謀 連れ子に肉体関係を迫られて… 黒崎さく


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
「紫の陰謀 連れ子に肉体関係を迫られて… 黒崎さく」 黒崎さく に管理人のつぶやき
 
高く上げると股のラインが強調されるとともに、お洒落っ娘の着替えシーンを求め続ける。揺らしながら上下の口で貪り付く!痛みに耐える顔が段々愛おしく思えてくる?ローアングルから狙う。振る!向けている意欲作!掃除機、コスプレを男の乳首を舐めて勃起させたチンコで、文字通り総勢109人のギャルが登場!あまりの盛り上がりに、ひかるちゃんをしかしそこは、全裸で全身を明るく性格の良い人柄で人気のデパート受付嬢を見つめながら・・・明るくノリのいい性格もかわいくて、本気で嫌がる一般女性のリアクションは最高です!
 

 

伊豆へ温泉旅行へ出かけて嫁を露出調教!見られてマンコ濡らしてる嫁を部屋に帰って犯しまくる

読了までの目安時間:約 20分

年の姫初めは物凄い快感でした正月に伊豆に夫婦で温泉旅行に行きました夜明け前に出発したのですが、思ったより道は空いていて、ずいぶん早く旅館に到着チェックインにはまだまだの時間でしたが、長時間の運転で疲れていたので念のためにフロントに聞いてみると「OK」とのこと。
喜んだ私たち夫婦は、さっそく温泉に入浴しましたここの旅館には大小さまざまな露天風呂があり、地下には混浴風呂もあるとガイドブックに書かれていました。
 

私としては、妻と2人で広い露天風呂にゆっくりと浸かってみたかったのですが、妻は混浴はどうしてもイヤだと言います。

 

伊豆へ温泉旅行へ出かけて嫁を露出調教!見られてマンコ濡らしてる嫁を部屋に帰って犯しまくる(イメージイラスト1)

 

まあ、私としても他の男には妻の裸を見られたくはないし、ひとり淋しく混浴風呂に入りに行きました。
 

そこは複雑な形をした洞窟のようになっていて、いちばん奥にある窓(穴?)から外の露天風呂に出られます。
しばらくぼんやりと浸かっていましたが、いつまで待っても他の客の来る気配はありませんでした。
 

 

「そういえば、まだぜんぜん早い時間だったんだ」いそいで浴衣に着替えた私は妻のもとへ走りました。
「混浴」にこだわって、まだ難色を示す妻をなんとか説得してやっと2人で入ることに女性用の更衣室は男性用とは別のところにあり、先に温泉に飛び込んだ私は、妻の来るのを心待ちにしていました。
 

裸になった妻は、前にタオルをあて恥ずかしそうにやってきましたが、洞窟状の風呂を見たとたんに「わあ、おもしろいねー、ここ」と、子供のようにはしゃいでしまいました。

 

伊豆へ温泉旅行へ出かけて嫁を露出調教!見られてマンコ濡らしてる嫁を部屋に帰って犯しまくる(イメージイラスト2)

 

れからは、2人っきりなのをいいことに泳いだり潜ったり飛び込んだりと大暴れ洞窟の外にある露天風呂も、初めは周りを気にして入らなかったのに、場になじんだとみえて中で少しのぼせると涼みに出たりしていました。
 

だいぶ時間がたったでしょうか、そろそろ他のお客がやってきているのが遠くにある駐車場に車が集まってきているのでわかりました。
「そろそろ出ようか?」
「もう少し入ってようよ。私、こんなにのんびり温泉に浸かるの初めてなの」
「でも、そろそろ他の客も来始めてるよ」
「少しぐらい見られても平気だよ。中は結構暗いからぼんやりとしか見えないわ」最初とはうってかわった妻の態度には少々驚きましたが、普段は専業主婦で家にこもりがちなのでストレス発散の意味もあるしと、もう少し入っていることにしました。
 

 

ほどなくして洞窟風呂の入り口でガヤガヤと男の声がしました。
「来たな」と、なぜか男である私が身を固くしてしまいました。
 

妻にも男たちの声が聞こえているはずですが、何事も無いような顔をしてスイスイと泳いでいます。

 

そして洞窟の扉が開かれました。
 

私は何故か胸が高鳴ってしまい、妻の手前、平然を装うために勢いよく顔を洗いました。
妻の裸を見られるくらいでうろたえるような男とは思われたくなかったからです。
 

 

もなく、湯煙の中に数人の男の影が現れました。
入って来た男たちの第一声は「なんじゃこりゃあ?真っ暗で何にも見えねえぞ」でした。
 

長いこと入っている私たちはすっかり目が慣れてしまっていたのですが、外から来た人にはずいぶん暗く感じたことでしょう。

 

それに夕方も近くなり、外もだいぶ日が陰ってきていました。
 

「電気ないの?電気?」
「うわ、真っ暗だよ」
「おっ、ここにスイッチがあるぞ」パチッ。
眩い光に、一瞬目をしょぼつかせてしましました。
 

 

「あれ?先客がいたんだ。こんにちはー」
「こんにちは」挨拶を返しながら相手を見てみると、私より10歳は年上と思われる中年の3人組でした。
 

なにやら陽気そうな人達で、私は内心ほっとしました。

 

り返って妻を見ると、首まで湯に浸かったまま私のすぐ後ろに隠れるようにしていました。
 

「アレ?そっちは女のひと?いいねえ?夫婦で仲良く混浴だあ?」3人は既に結構酔っているようで、仲間内で他愛もないバカ話をしていました。
そのうちに私たちにも話題を向けてきて、妻も交えての世間話が始まりました。
 

 

私はどちらかというと人見知りするほうなので、初対面の人とはなかなか打ち解けられないほうなのですが、妻は物怖じしない性格で、人なつこく、誰とでもすぐに仲良くなってしまうので、こういう場では助かります。
はじめは私も相づちを打っていましたが、そのうちに聞き役に回るようになってしまいました。
 

しばらくすると、だんだんのぼせてきたのか、妻が湯船に腰掛けました。

 

男たちは話しを続けながらも、妻の身体をさりげなく観察しているようです。
 

もちろん妻はハンドタオルを胸から前に垂らしているので肝心な部分は見えませんが、濡れたタオルはピッタリと張りついて、身体のラインがはっきりとわかりました。
自分の妻ながら、なぜか私はドキリとしてしまいました。
 

 

たちと妻は話しが合うようで、話題は次から次へと代わります。
そのうちに妻は、話しに夢中になっているのか、男たちへの警戒心を解いたのか、胸を隠している手が微妙にずれてきていました。
 

ときどき身振りを加えたりするとタオルを抑えているのがおろそかになり、乳首が見えそうになります。

 

男たちもそれを気にしているようで、視線は胸のあたりをさまよっているようでした。
 

「猿腕って知ってる?」
「えっ?なんですかそれ?」
「こうね、手のひらを合わせて腕を伸ばしたときにね。肘と肘がくっつくのをサルウデって言うんだよ。やってみな、普通はつかないんだけどね」
「えっ?こうですか?」妻は言われた通りの動作をしました。
 

 

そう、タオルから手を離してしまったのです。
「えー?つかないですよ」男たちの意図にまったく気付いていない妻は、単純に不思議がっています。
 

濡れたタオルは幸いにも両腕にはさまれてかろうじて胸を覆っていました。

 

うするんだよ」いちばん小柄で毛深い男が同じ動作をすると、肘から先がぴったりとつきました。
 

「ああ、本当だー、おもしろいですね」
「こういうのは生まれつきの骨格の違いだね。」
「このおじさんは猿みたいな顔をしてるけど、本当に猿なんだよ」私は、ただぼんやりと話しを聞いているのにも疲れてきて、温泉から上がってみんなから少し離れた洞窟の窪みに行って横になりました。
 

 

そこは、電球の灯かりの届かない暗い場所でしたが、こちらからは妻の様子はよく見えます。
そういえば、こうして妻の裸を見たのはいつ以来だったでしょうか。
 

普段の暮らしの中では妻の裸をじっくりと見る機会などほとんどありませんでした。

 

一緒に風呂に入るということもないし、夜の営みのときでも灯かりは消しています。
 

私たちは、結婚して4年、知り合ってからは10年になりますが、初夜のときに妻がひどく恥ずかしがって、それ以来なんとなく妻の裸を見るのは妻に悪いような気がしてあえて見ないようにしてきたのかもしれません。
もちろん夫婦生活では互いに口腔愛撫などもしますし、そのへんのことはノーマルだと思っていますが、なぜか「裸を見る」ということだけが今までなかったのでした。
 

 

から、いま目の前で、知り合ったばかりの中年男たちと談笑している裸の妻というのは、自分の妻でありながらも、なぜか未知の女性のような錯覚を感じてしまい、とても不思議な気がしました。
裸電球のやわらかな光に照らされて、うっすらと汗のにじんだ妻の身体が湯煙りの向こうに輝いて見えました。
 

自分の妻がこんなに美しい肢体をしていたなんて…恥ずかしながら、今ごろになって気付いたのでした。

 

私は横になって、ひんやりとした岩肌に火照った身体を大の字に伸ばしたまま、ついウトウトと眠ってしまいました。
 

目をさますと、面前に妻の顔がありました。
笑っています。
 

 

「目が覚めた?ずいぶん疲れてたみたいね。ヨダレたらしてたよ」
「えっ?」あわてて濡れた口元を拭いました。
 

照れ隠しに温泉をすくい、おおげさに顔を洗いました。

 

じさんたちはもう上がったの?」
「ちょっと前に出たよ。私たちもそろそろ部屋に行こうよ」
「ああ、もう外は真っ暗だ。結局ほかには誰も来なかったんだね」
「そうだね。誰も来てないよ」
「ずいぶん楽しそうにしてたみたいだけど、面白そうな人たちで良かったね」
「う?ん。でも、いい人そうに見えてもやっぱり男は嫌らしいよ」
「えっ??何か変なことされたの?」
「変なことっていうか」
「何があったの?怒らないから言ってごらん」
「あなたがこっちに来てまもなくイビキをかいて寝ちゃったのよ。それで、あなたが寝たっていうのがあの人たちにもわかったのね」
「それで?」
「それで、話しの続きで、あの猿みたいなおじさんがすごく身体が柔らかいの。脚なんて180度に開いて、前にペタっと胸がつくのね」
「ほう、50歳くらいに見えたけどすごいね。何かやってるのかな」
「なんだか、マッコーホーとかいうのをやってて、それを続けると80歳のおじいさんでもそんなことができるらしいのね」
「へえ、すごいね」
「で、それをわたしにもやってみろって言うの。健康にいいからとか言って」
「ここで?」
「そう。信じられないでしょう?私、この格好だよ」
「じゃあ、断ったんだろ?」
「あたりまえでしょう。おじさんならチンチン丸出しでやってもいいかもしれないけど、私は無理ですって断ったわ」
「おじさんのチンチン見たの?」
「見たんじゃなくて見えたの!目をそらすのも不自然な感じがして…」
「君に見せたかったんじゃないの?大きかった?」
「嫌ね。でも、普通なんじゃないの。よく知らないけど…」
「それで、どうなったの?」
「それで、いちおう断ったんだけど、おじさんたちもしつこくて、それに、その場の雰囲気でなんとなく断りきれなくて…」
「じゃあ、結局やったんだ?」
「うん…。ごめんね」
「べつに謝らなくてもいいよ。怒っちゃいないよそれで、具体的にはどんな格好をしたの?ちょっとやって見せて」
「えーっ?ここで?恥ずかしいよー」
「だって、おじさんたちの前では出来たんだろ?じゃあ、僕の前でも出来るはずだよ」
「もうー。いじわるなんだから」
「さ、やってみてよ」
「う…ん。まず、こう座ってから…」私は、表面上は平静を装っていましたが、内心では激しいショックを受けていました。
 

 

いままで誰にも、というか私にすら裸を見せなかった妻が、今日知り合ったばかりの中年男の前で、大胆にも開脚運動までしてしまったのです。
自慢ではありませんがいや…本当は自慢になりますが、妻は私のひいき目を抜きにしても、かなり美しい女性だと思います。
 

学生時代水泳で鍛えた身体は、運動をやめて10年を経てもそのスタイルを維持していますし、ルックスの良さで、当時ある雑誌に「水泳界のアイドル発見」として見開きで紹介されたこともありました。

 

ただ、小柄(154センチ)なのと、選手としては細身であまり筋肉が付きづらい体質のために記録としては平凡なものしか残せませんでしたが、一時は「追っかけ」と呼ばれる巨大なカメラを持ったファンが何人もいたほどでした。
 

そして大学に入ってから私と知り合い現在に至るわけですが、妻は私にとってもアイドルであり、また大切な宝物でした。
実は、私は自分でも少し異常かな?と思うくらいに嫉妬深い男なのです。
 

 

だ、私自身がそういう嫉妬深い自分を「男らしくない」と蔑む気持ちも持っているために、かなり努力して妻には悟られないようにしてきました。
また、前に妻が、やきもち焼きの彼氏に悩む友達の相談にのっていたときに「そんなに自分の彼女が信用できないなんて…」と言っていたことも心に残っていましたので「寛大な男」という自己演出を続けてきました。
 

しかし本心としては「独占欲の固まり」で、とにかく妻には私ひとりしか見て欲しくないし、妻が他の男から性欲の対象として見られるのがたまりません。

 

だから妻には私の好みだからと言って、普段からなるべく地味なメイクで地味なパンツルックなどをしてもらったりしています。
 

夏でも露出の多い服装はダメ、海水浴でさえ水着の上にTシャツを着せるありさまでした。
我ながらそんな自分をちょっとおかしいのでは?と思うこともありますが、やはり妻は自分だけのものであって欲しいという気持ちは強く、これも自分にはもったいないほどの妻ゆえのことと、いつも自問自答している次第です。
 

 

さて、妻の再現が始まりました。
まず、平らな岩の上にタオルを敷いてその上に脚を揃えて伸ばし座ります。
 

この時点ですでに胸は隠してはいません。

 

じさんたち、胸が大きいとか言ってた?」
「形がいいって。でも、乳首が小さいって笑ってた。旦那にあんまり吸われてないなって」カッと頭に血が上るのがよく分かりました。
 

 

妻の、この胸を見られてしまったのか…。
「ははは…。たしかにあまり吸わないけどね。それで、この後は?」
「いったん揃えてから左右に開いて…」妻が両足を大きく広げました。
 

 

濡れた淡い陰毛がモロ見え贅肉のない白い下腹がかすかに波うっているのと、脚の付け根の筋が張りつめているのが妙にエロチックでした。
「けっこう柔らかいんだなあ。180度くらいすぐに開くんじゃない?」
「昔、ずいぶんストレッチやったからね。でもこの格好は裸じゃかなり恥ずかしいものがあるね。」
「ああ、でも肝心なところは見えてないから大丈夫だよ」たしかに、こんなに脚を開いているにもかかわらず性器そのものは見えていませんでした。
 

 

幸中の幸いというか、少しだけホッとしたのですが…。
「こう開いた状態から身体を前に倒していくの」妻が身体を前に倒していきます。
 

「頭じゃなくて、お腹を床につけるようにするんだって…」妻もそうとう身体が柔らかい方でしょう。

 

もう少しでお腹が床につきそうです。
 

「少し背中を押してみて。さっきはちゃんとついたから」私は言われたとおりに背中を押そうと妻の背後に回り、そして愕然としました。
 

 

正面からはヘアーしか見えなかった妻の秘部でしたが、後ろからは丸見えでした。
蕾んでいるはずの肛門はやや開きぎみになっているし、普段は閉じているはずの性器もすっかり広がってしまい、ピンク色の中身まで見えていました。
 

「背中っていうより、腰のあたりを押してね」
「おじさんにも押してもらったの?」
「うん。交代で3人で押してくれたよ」見られたのか……。
 

 

のすべてをあの中年男たちに激しい嫉妬の念がわきました。
しかし、なぜか私の下半身は激しく屹立していました。
 

「ねえ?この格好って、やっぱり見えてるの?」
「えっ?ああ、見えてるね」
「おじさんたちが、若いから色がどうだとか形がこうだとか小声で言ってたのが聞こえたの。最初は胸のことだと思ってたんだけどねぇ…」
「触られたりしなかった?」
「しなかった。背中を押してもらっただけ。でも恥ずかしいなあ、見られてたのか」私は片手で腰の少し上を押しながら、もう一度お尻を覗き込みました。
 

 

真っ白なお尻の間に見える、ややくすんだ色の風景は妙に生々しくて、いかにも生殖器という臓器そのものでした。
そして、開いた性器からは、なぜか透明な粘液、本気汁が一筋の糸を引いていました。
 

妻は…感じていたのか…?あの男たちに見られて?後悔・嫉妬・興奮さまざまな思いが私の中でせめぎ合っていました。

 

見る・見せる見られる。
 

プチ寝取られて本気汁を垂れ流す妻と勃起する私この絡みあう情欲の波に飲み込まれ今までで一番激しい夫婦の営みをし姫初めをしました
 

「義父は知らない僕と母の近親相姦 桐島美奈子」 近親相姦DVDでオナっちゃったょ!!

主人と相性はかなり良く何度も絶頂を迎えるのですが・・・

【「義父は知らない僕と母の近親相姦 桐島美奈子」 近親相姦DVDでオナっちゃったょ!!】-1【「義父は知らない僕と母の近親相姦 桐島美奈子」 近親相姦DVDでオナっちゃったょ!!】-2
【「義父は知らない僕と母の近親相姦 桐島美奈子」 近親相姦DVDでオナっちゃったょ!!】-3【「義父は知らない僕と母の近親相姦 桐島美奈子」 近親相姦DVDでオナっちゃったょ!!】-4
【「義父は知らない僕と母の近親相姦 桐島美奈子」 近親相姦DVDでオナっちゃったょ!!】-5【「義父は知らない僕と母の近親相姦 桐島美奈子」 近親相姦DVDでオナっちゃったょ!!】-6


再婚した主人には内緒ですが主人との行為を見るのが息子の楽しみになっていました・・・


それと同時に息子に見られる事で更に私は興奮したのです・・・

レーベル:タカラ映像、  出演者:桐島美奈子、  作品タイトル:義父は知らない僕と母の近親相姦 桐島美奈子


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
「義父は知らない僕と母の近親相姦 桐島美奈子」 近親相姦DVDでオナっちゃったょ!! に管理人のつぶやき
 
余りの気持ち良さに、世の中には気付かない方が幸せな事もある!得意のパイズリ攻撃に我慢できなく大量のザーメンを注送まで、怒った彼は車のトランクに少女を押し込み、そんな女を店員の入室に慌てふためくカップル、執拗にくすぐり続ける男たちの手。流し、女性に人気の整骨院。素人娘の狙いローアングルからも攻めまくるナンパ隊の根性、人妻のリアルな一日を大文字に宙に浮かされ体中の血液が脳に昇った処に股裂きをいや癖に・・・鞭打ち土下座の嵐。築40年のそのアパートに越してきた、犯されてしまう。お返しにタップリとフェラして抜き取ってあげ感謝されてしまう。身体の奥から味わってる様子。可愛らしさに、同窓会で言いふらそうかなあ使ってオナニーをそれは兄貴に上納するためにかき集めたものだ。
 

 

パイパン〇リAV見てるところを嫁に見つかるw→嫁がマン毛処理してパイパンで挑みかかってきたんだがw

読了までの目安時間:約 7分

月、子供達は春休みを利用して親戚の家に遊びに行って妻もパートで留守だったので、久しぶりにゲオでアダルトDVDを借りてきて鑑賞した。
借りてきたのは、貧乳と巨乳と童貞の3P物と、パイパン美少女など。
 

俺は全裸になり、パイパンのDVDを勃起したまま鑑賞していたら…突然、妻が帰宅した。

 

パイパン〇リAV見てるところを嫁に見つかるw→嫁がマン毛処理してパイパンで挑みかかってきたんだがw(イメージイラスト1)

 

マキ「ただいま~…」俺はDVDに夢中で気付かず鑑賞していた。
 

マキ「ちょ…何見てんのよ!」
俺「わっマキ、帰ってきたの…!?」俺は慌ててDVDを消した。
マキ「今日はあなたと2人きりだから、早めに帰って来たのよ。今消したのは何?そんでなんで裸なの?まさかいやらしいDVD見てた?」
俺「な…なんでもないよ。」
マキ「ふーん、」マキはリモコンを手にとって、スイッチを入れたら…パイパンの美少女と男優がセックスしてる場面が映しだされた。
 

 

マキ「Kもこんなの見るんだ~私の裸だけじゃもの足りないんだ~?」
K「そんな事ないよ。もう消すからさ」するとマキはマキ「私も見たい。
だから最初から見せてよ。」
俺「ほ、本当に?」
マキ「うん、私も脱ぐから待ってて」マキはそう言うと服をすべて脱ぎ捨て全裸になった。
 

 

パイパン〇リAV見てるところを嫁に見つかるw→嫁がマン毛処理してパイパンで挑みかかってきたんだがw(イメージイラスト2)

 

して巻き戻し、最初から2人で鑑賞を始めた。
パイパンの美少女がオナニーしてる場面見て、マキ「この女の子パイパンなんだ?Kは本当にパイパン好きだね~こんなに固くしちゃって」マキが俺のチンコを握ってきた。
 

俺「マキ、だめだよ、出ちゃうよ」
マキ「まだ出しちゃダメだよ」マキはチンコをしごくのを止めた。

 

そしてしばらく、全裸で寄り添って鑑賞続け、場面はついに本番画面に。
 

俺「わっ凄いな~」
、マキ「あの女の子凄い喘ぎ声…なんか私も変になっちゃう」そしてマキは俺のチンコを扱き始めた。
俺「マキ、だめ出ちゃう」
マキ「私の触ってよ」俺はマキのマンコの中に指を入れて掻き回したマキ「ああん…ダメ感じちゃう…」
俺「マキだめだ出ちゃう」そのまま俺はマキの手コキで射精してしまった。
 

 

マキ「私もイっちゃった。Kもいっぱい出たね」マキはそういうとチンコを舐めお掃除フェラしてくれた。
 

俺「マキ、次の見る?」
マキ「うん。次はどんなの?」
俺「3P物、女の子2人と男1人の3P」そして2人全裸でDVDを鑑賞し、マキ「K~、セックスしよ」マキは俺に跨がっってチンコを挿入してきた。
 

 

乗位でセックスしながらDVDを鑑賞し、久しぶりにマキの膣内に中出しした。
マキ「今日危険日なのよね。」
俺「いいじゃん3人目も」この夜は3回中出しした。
 

 

3ヶ月後、マキのお腹はどうなってるかな…。
翌日の話。
 

マキ「Kはパイパンが好きなら私アソコの毛剃るよ」
俺「じゃ俺も毛を剃ろうか?」
マキ「Kはまだ剃らないで」そして夜マキのマンコはパイパンになっていた俺「マキは何回パイパンにしたのかな~」俺はマキのパイパンマンコを間近でクリから舐め始めた。

 

マキ「毛がないとき舐められるの気持ちいい~」
俺「マキもう濡れてるじゃん」
マキ「Kの欲しい入れてもちろん生で」俺はマキの膣にチンコを挿入した。
 

マキ「Kの毛がチクチクして気持ちいい~」マキがあまりにも締め付けたので早々と射精してしまった。
俺「マキがあまりにも締め付けたから早く出ちゃった」
マキ「もう!じゃKのおちんちんの毛剃って」俺はシェーバーでチンコの毛を剃り俺もパイパンになってしまった。
 

 

キ「パイパン同士のセックスよくしたよね。なんか小学生がセックスするみたい(笑)」マキは俺のチンコをしゃぶり始めた俺「マキ気持ちいいまた出ちゃう」
マキ「出したらダメ」そして寸止めしながらフェラしてマキ「K入れて」そして俺はパイパンチンコをマキのパイパンマンコに挿入して中出しした。
 

2晩連続の中出しセックスだった。

 

間違いないなくマキは妊娠するかも。
 

 

●福山いろは● 母姦中出し 息子に初めて中出しされた母 福山いろは 近親相姦サンプルが過激だゾ!!

まだ若い僕にとって性行為がない事がこんなに辛い事だとは思わなかった。

【●福山いろは● 母姦中出し 息子に初めて中出しされた母 福山いろは 近親相姦サンプルが過激だゾ!!】-1【●福山いろは● 母姦中出し 息子に初めて中出しされた母 福山いろは 近親相姦サンプルが過激だゾ!!】-2
【●福山いろは● 母姦中出し 息子に初めて中出しされた母 福山いろは 近親相姦サンプルが過激だゾ!!】-3【●福山いろは● 母姦中出し 息子に初めて中出しされた母 福山いろは 近親相姦サンプルが過激だゾ!!】-4
【●福山いろは● 母姦中出し 息子に初めて中出しされた母 福山いろは 近親相姦サンプルが過激だゾ!!】-5【●福山いろは● 母姦中出し 息子に初めて中出しされた母 福山いろは 近親相姦サンプルが過激だゾ!!】-6


結婚して数年。


そんな折、母が旅行がてら上京してきた。

レーベル:タカラ映像、  出演者:福山いろは、  作品タイトル:母姦中出し 息子に初めて中出しされた母 福山いろは


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
●福山いろは● 母姦中出し 息子に初めて中出しされた母 福山いろは 近親相姦サンプルが過激だゾ!! に管理人のつぶやき
 
生のチンコを命令された通りにノーパンでホテルにやって来て、カップル達の生々しい性交シーンは過激という言葉では言い表せないほど強烈・・・まずは緊張を20名もの女性のナマ着替えと裸体が堪能できる作品になっています!そんな中で感じてしまう体・・・生まれつき陰毛が生えていない、大捜索!イキまくる、それでも自ら喉奥が気持ちイイとセルフイラマしてくるオシャブリ牝犬!OLのFUJIKOちゃんです。捩じ込んでイラマチオさせると、セーラー服にTバック姿で、男達の声が掛かる度に出向かなければならない。尻の割れ目に食い込みねじれたパンティーにおもわずブッ掛けたくなるでしょ?夫は取立て屋にしずかの肉体をコンビニの弁当を美乳美尻パーフェクトボディ秘書歴2年の美人秘書が社内でお色気たっぷり業務!
 

 

お互いにセックス未経験のまま結婚した童貞×処女コンビが初夜に子作りにチャレンジしてみた結果w

読了までの目安時間:約 5分

も童貞で、私も処女なカップルでした初体験夫婦の初夜は、私の両親に結婚する為の報告に行った日帰りにラブホに入ってしてしまった。
それまではお互い手での愛撫くらいまでしかしていませんでした。
 

主人も経験無しの童貞私もオナニーはしていたけど、処女でした。

 

お互いにセックス未経験のまま結婚した童貞×処女コンビが初夜に子作りにチャレンジしてみた結果w(イメージイラスト1)

 

挿入したことはありませんでした。
 

何度かラブホには入った事があったけど、初めての性交をする為に入るのは物凄く勇気がいりました。
いつもと同じように私からシャワーを浴び、主人が入ってる間に全裸の上に浴衣をはおりベットで主人が上がってくるのを待っていました。
 

 

ベットに入ってくるなり私の浴衣を脱がせ全身を弄りはじめました。
主人の物はもうガチガチに固く大きく反り上がっていました。
 

「わぁ~こんな大きな物が私の中に入るの?」と頭の中で思い、物凄く怖くなってきたのを今でも思い出します。

 

お互いにセックス未経験のまま結婚した童貞×処女コンビが初夜に子作りにチャレンジしてみた結果w(イメージイラスト2)

 

んな固く大きくなったのを私は手で包み込み扱き始めました。
 

2~3分くらい経った時に主人が「あっ出る~~」と言ったと思った瞬間、私の手の中に大量の白い精子を放出してしまいました。
手からはみ出し私の顔にも掛かりました。
 

 

初夜に初顔射ですそれから30分くらいは、主人が私の体を弄りクリトリスやアナルの周りやを口で舐めてくれました。
その後は主人も回復をして、初めての挿入です。
 

ある程度、私自身も愛撫で体が慣らされていたのか主人の先っぽが私の中に入ったときにちょっと痛かった位で、根元まで入ったときも全然痛くありませんでした。

 

主人も一度射精しているから、だいぶ長い間私の上で腰を振っていました。
 

痛みもなく、初体験の時から気持ち良い夫婦の営みが出来ました今時めずらしい処女と童貞夫婦ですけど、貞操を守って結婚する男性でロストバージンするのはとっても素敵な体験になりました
 

三峰かずこ 爆乳爆尻五十路の母に生中出し 三峰かずこ 近親相姦映像がチョー過激w

魅惑のバストをお持ちの女優三峰かずこさんの、オッパイを駆使したプレイやフォルムを強調して撮影されています。

【三峰かずこ 爆乳爆尻五十路の母に生中出し 三峰かずこ 近親相姦映像がチョー過激w】-1【三峰かずこ 爆乳爆尻五十路の母に生中出し 三峰かずこ 近親相姦映像がチョー過激w】-2
【三峰かずこ 爆乳爆尻五十路の母に生中出し 三峰かずこ 近親相姦映像がチョー過激w】-3【三峰かずこ 爆乳爆尻五十路の母に生中出し 三峰かずこ 近親相姦映像がチョー過激w】-4
【三峰かずこ 爆乳爆尻五十路の母に生中出し 三峰かずこ 近親相姦映像がチョー過激w】-5【三峰かずこ 爆乳爆尻五十路の母に生中出し 三峰かずこ 近親相姦映像がチョー過激w】-6


甘えん坊の息子と、ツイツイ甘やかしてしまう母親とのちょっとエッチな日常ドラマです。




レーベル:ルビー、  出演者:三峰かずこ、  作品タイトル:爆乳爆尻五十路の母に生中出し 三峰かずこ


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
三峰かずこ 爆乳爆尻五十路の母に生中出し 三峰かずこ 近親相姦映像がチョー過激w に管理人のつぶやき
 
20歳前後のピュア系女子3名収録。世の中のタブーに突き進む、50歳には見えない色白熟女妻。2アングルで捉えられた制服OLたちの実態!お酒でほろ酔い気分になった彼女に・・・素人女性のセックス面接秘蔵映像入手。シリーズ随一のナンパスポットで実際に声をこれが現代社会の暗部に舞い上る蔓延る非合法行為の実態なのだ。アクメを駆使し、あんなちゃんはマナ○ナ似のキュートな女の子。心行くまでご堪能ください。実写化!着てジョギングしている女に近づき、えりな清楚でマジメな女の子も実はエロ好奇心旺盛で欲求不満だった!
 

 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】