告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

友達の杏美に、ふとしたことでしてもらったフェラが忘れられない…。丁寧なご奉仕にとろけてたら、実は彼女のおまたもトロトロに!(その1)

読了までの目安時間:約 18分

学3年の時に友達の杏美にしてもらったフェラの話をします。
 
杏美は俺の一つ下の後輩で、大学のサークルで知り合った。
 

 
芸能人で言うと矢田あきこ(漢字忘れたよ…)を少しふっくらさせた感じのほんわか系で可愛らしい女の子だ。
 
外見に似合わずさばさばした性格のせいか、女よりも男の方が気が合うらしく、男友達は多かったが女の友達は数えるほどしかいなかった。
 

 
いつも男と一緒にいるせいか、女の子達の間ではあまり良くない噂もたったりしていたようだ。

 

友達の杏美に、ふとしたことでしてもらったフェラが忘れられない…。丁寧なご奉仕にとろけてたら、実は彼女のおまたもトロトロに!(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
俺も杏美とはよく話をしたり、決して仲が悪いわけではなかったが、まさかあの夏の夜にあんなことになるとは思ってもいなかった…その日、俺は男友達と二人で酒を持って杏美の家に上がり込んだ。
 

 
上がり込むと言っても、彼女は下宿生だから独り暮らしだし、俺達はもう何度も彼女の家に言って酒を飲んで騒いだりしていたから特に特別な意識はなかった。
 
ただ、唯一いつもと違うところは、その日一緒にいる友達が彼女に告白すると意気込んでいた。
 

 
つまり俺は友達と杏美の仲を取り持つキューピット役という体裁だ。
 
簡単に作戦を説明すると、まぁいつものように酒を持って家に上がり込み、適当に盛り上がったところで一旦友達が席を外す。
 

 

その時に、俺が杏美に対して友達が杏美のことを好きだということをそれとなく示唆し、反応を見てそれを友達にメールで報告しつつ席を立ち、友達と入れ替わるというイマイチ意味の分からない内容だった(まぁそれ以前にも布石があったんだけど)。
 
しかし、なんと彼は作戦を開始する前に酔い潰れてダウンしてしまい、結局俺と杏美が二人でくだらない話を延々と続ける有り様となってしまった。
 

 
しかし俺はあずみと喋るのは好きだったし、友達もこれでチャンスがなくなったわけではないと思ったので、告白作戦のことは次第に頭の隅へと追いやられていった。
 
話は次第に恋愛の話題へとシフトし、お互いの近況報告をすることとなった。
 

 
俺には彼女がいた。

 

友達の杏美に、ふとしたことでしてもらったフェラが忘れられない…。丁寧なご奉仕にとろけてたら、実は彼女のおまたもトロトロに!(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
そして、実は杏美にも彼氏がいた。
 

 
俺はその事を知っていながら、杏美を想う友達には敢えてそのことを話さなかった。
 
なぜなら、彼女は最近彼氏とうまくいっていないということを以前聞いてあたから。
 

 
それならあいつ(友達)にも脈はある、と、そう踏んでいたのだ。
 
杏美は彼氏の話題になると、表情を曇らせて一言「フラれちゃった」はにかみながらつぶやいた。
 

 

美の部屋は狭い。
 
四畳半ほどの広さにベッドと簡単なテーブル、それにテレビやタンスが置かれているために床の面積は本当に少ない。
 

 
テーブルの上にはビールの缶が散乱し、床には友達が仰向けになってイビキをかいている。
 
だから、あいつが寝てから俺達はベッドに腰かけて焼酎を飲みながら話をしていた。
 

 
杏美が彼氏にフラれたという話が胸につっかえたが、やがてあずみはグスングスンとおえつを漏らしながら泣き寝入りをしてしまった。

 

俺は横になる場所がベッド以外にはなさそうなので、杏美の横に添い寝するような形でテレビから流れるやる気のない映画を見ていたが、やがて睡魔に襲われ眠ってしまった。
 

 
この日は夏休みに入ってすぐ。
 
うちの大学は夏休みが遅く、8月の頭からというのが普通だ。
 

 
記録的な熱帯夜だった。
 
彼女の安アパートの冷房など無力に等しい。
 

 

あまりの暑さに寝苦しくなった俺は、ぼんやりとした意識のまま体をよじろうとした。
 
が、動かない。
 

 
金縛り…?いや、そうではない。
 
誰かが俺の体に馬乗りになっているのだ。
 

 
目を開けた。

 

目の前に顔があった。
 

 
それが杏美の顔だと分かるまでどれほどかかっただろう。
 
俺は自分の置かれている状況に混乱した。
 

 
「タケちゃん…(俺は杏美からそう呼ばれていた)」
「…杏美?おまえ何してんねん??ι」
「うち、魅力なかったんやろか…」まだ頭がボーっとしている。
 
杏美とは今まで何度も同じ部屋で寝泊まりをしたが、今まで男女の関係になったことは一度もなく、俺もそれがむしろ自然なんだと思っていた。
 

 

にとって、杏美は仲のいい男友達と何も変わらない。
 
しかし、今日の杏美はいつもと違って見えた。
 

 
タオルケットが足元でくしゃぐしゃになっている。
 
映画はもう終わって、お決まりの外国テレショップが気だるく流れていた。
 

 
ブラウン管の無機質な光を浴びた杏美。

 

アディダスのジャージに白いTシャツ。
 

 
突き出した胸の陰影に目を奪われる。
 
布一枚を通して伝わる彼女の体温。
 

 
半開きの唇が妙になまめかしく、鮮やかだった。
 
俺は、初めて「杏美は女だ。女なんだ」と分かった。
 

 

俺の中で、何かが音を立てて切れた。
 
気が付くと俺は身を起こし、杏美を抱き締めていた。
 

 
杏美は俺の背中に黙って爪を立てる。
 
鋭い刺激に俺は思わずうめきにも似た声を漏らした。
 

 
続いて彼女は俺の耳たぶを唇で挟み、舌を小刻みに動かしながら背中を優しくさすってくる。

 

耳元で彼女の生暖かい鼻息を感じる。
 

 
下半身が充血していくのが分かる。
 
ふと左を見ると、友達が幸せな顔をしてぐぅぐぅと寝ている。
 

 
「…いいのか?」俺は最後の確認をした。
 
もう、これから何をするのかということは、言葉すら交わさないが二人は理解できていた。
 

 

うん。Sっち(友達、以下S)には内緒だよ」杏美のその一言が胸に突き刺さった。
 

 
こいつは知らないんだ…なにも知らないままなんだ…ずっと……しかし、もう一度転がり出した大岩は止められない。
 
俺は、これから友人の意中の女を目の前で犯すんだという歪んだ背徳感を、逆に心地好くすら感じた。
 

 
これから起こる出来事は今夜限り。

 

一夜限りの真夏の夜の夢。
 

 
ロマンチックで馬鹿げたな妄想が、余計に欲望を増幅させた。
 
俺は、杏美の「女」をまじまじと認識した。
 

 
杏美は俺にそっと唇を重ねると、チュッと可愛い音を立てて軽いフレンチキスを何度もした。
 
彼女は目を閉じていたが俺は杏美を凝視したまま応戦。
 

 

杏美の首の後ろに手を回してうなじを撫でまわしてやると、「んっ、あっ」と敏感に反応し、背中に突き立てた爪にも力が入る。
 
そんな彼女の全てが愛しく、かけがえのないものに思えた。
 

 
俺はまだ重ねたままの唇を舌でこじ開けると、あっさりと受け入れてくれる。
 
杏美の中はとても熱く、ねっとりとしてホットチョコレートのような唾液が舌に絡み付いてきた。
 

 
夢中で彼女の舌を吸い、唾液の交換を楽しみながら、首に回した両腕の片方を背中へと這わせた。

 

既に俺の怒張ははち切れんばかりに勃起し、俺と彼女の体に挟まれて窮屈だった。
 

 
我慢汁でパンツが濡れているのが分かる。
 
クチュクチュといやらしい音をたてながら長いキスを交わしている間、今度は杏美が俺のシャツをたくし上げ、腋や乳首をサワサワと攻める。
 

 
感じやすい俺は「うっ…」と声を漏らすが、ここで負けるわけにはいかない。
 
やられたらやり返すのが俺のモットーだ。
 

 

度は俺が彼女のシャツを捲り上げ、バンザイをさせるようにしてスポンと首から抜き取ってやった。
 
杏美はブラをしていなかった。
 

 
寝るときはいつも着けていないのだろうか。
 
その時に杏美が漏らした「ひゃっ」という声が可愛くて、思わず彼女にもう一度キス。
 

 
キスをしながら、彼女の決して豊満とはいえない可愛い胸の膨らみを指でなぞり、柔らかな感触を楽しむ。

 

乳首は綺麗なピンク色で、ツンと立った突起が愛らしくて仕方がない。
 

 
しばしの間、みとれていた。
 
「あんまり見ないで。恥ずかしいやんw」
「杏美の胸、綺麗やな」
「タケちゃん…早く…」杏美が何を言いたいのかは分かったが、俺は意地悪をしてワザと乳首を避けるように胸を舐め回した。
 

 
「ん…ふぅん……はぁんんぅ……タケちゃん、あかん、早く舐めて」我慢出来なくなったのか、杏美は俺の頭を抱えて乳首へと導いた。

 

俺は待ってましたとばかりに吸い付く。
 

 
その瞬間、彼女の体がビクンと脈打った。
 
「ああっ……!」いつもの杏美じゃない。
 

 
あの杏美が、こんなに乱れている。
 
しかも…Sの前で。
 

 

興奮はますますヒートアップしていく。
 
耐えられなくなった俺は、杏美の腕をチンポへ導いた。
 

 
「タケちゃんも我慢できへんのやろ?ふふふ」杏美はちょっと得意気な顔をしてニヤッと笑った。
 
その表情に俺は脳殺されてさまい、「…杏美、もう無理…触って……頼む」悔しいが折れてしまった。
 

 
しかし杏美はまだまだ俺をジラしてくる。

 

をついて腰を浮かせ、ジーンズの上からさすってくるだけだ。
 

 
俺も腹が立ってきたので、彼女の足と足の間に膝を入れて、マンコを圧迫してやった。
 
「意地悪…」
「どっちが」
「ふふ…もううち限界。あっ……お互い気持よく……ねっ??」彼女の懇願に、俺はまたも脳殺された。
 

 
「服、脱がして…」言われるままに、彼女のジャージを下ろす。

 

これで杏美はショーツ一枚になってしまった。
 

 
続いて俺も脱がせてもらう。
 
シャツを脱ぎ、俺はジーンズと一緒にパンツも下ろしていく。
 

 
勃起したチンポがパンツのゴムに引っ掛かる。
 
杏美の顔は好奇心と期待でいっぱいなのか、口元が緩んでいる。
 

 

一気に引き下ろすと、ガチガチのチンポがビョンッと跳ねた。
 
「うわぁ…やらしいねぇ、タケちゃんのオチンチン。ビクビクしてるよ?」耳元で囁かれ、電撃のような快感が脳を突き抜けた。
 

 
俺はそのガチガチのチンポを杏美に委ねると、彼女の細く白い指先がそっと亀頭先端に触れた。
 
我慢汁に濡れた亀頭は彼女の指先をヌメヌメと滑らせ、その刺激にいちいち声が漏れた。
 

 

「気持ちいいの?」
「うん…」テレビの光に照らされ、ニヤニヤしながら俺のチンポを弄る彼女。
 
その傍らに眠るS。
 

 
未だかつてない快感だった。
 
やがて彼女の掌がチンポ全体を優しく包み、ゆっくりと上下運動をはじめた。
 

 
「杏美、こっちにケツ向けて」快感に身悶えながら杏美を方向転換させる。

 

女の小さなぷりっとしたおしりがこちらに向けられる。
 

 
俺はケツ全体を掌で撫で回して、その感触を存分に味わった。
 
その後、クロッチの部分にそっと指を這わせ、小刻に擦った。
 

 
「ふぁ…あっ…上からじゃ嫌…」それならばと、すかさずクロッチをずらす。
 
とうとう杏美のマンコ、それにおしりの穴が俺の目の前に現れた。
 

 

先ほどから続いているチンポへの刺激も相まってすぐにでも射精してしまいそうだったが、ここはグッと我慢した。
 
杏美のマンコは涎を垂らして俺を心待ちにしていた。
 

 
きらきら光るそれに、俺の視線は釘付けになる。
 
そっと指を当てがってみた。
 

 
「あぁぁっ!!!」Sが起きるのではないかと思うくらいデカい声を出したので、かなり驚いた。

 

感度は抜群のようだ。
 

 
杏美のフェラ
 

 

 

【関連動画】

お母さんの妄想4

お母さんの妄想4

 

お母さんの妄想4のあらすじ

私、全身を息子にマッサージされているような錯覚に陥ったの…。夜、息子がマッサージしてくれるというのでマッサージしてもらったの。
 
私ったら変なことを考えちゃって…。息子に全身弄って欲しいという美熟女お母さんの欲望を妄想の中で叶える。
 
おっぱいを激しく揉みほぐされ、強く吸われる。子供が産まれて旦那から相手にされなくなりお母さんは刺激を求めていた。
 
でもそんな刺激的なこと、今は妄想の中でしか出来ない…。幼い息子を相手に、お母さんは激しい妄想を繰り広げる。
 
艶熟女な女の身体の疼きは抑えられない…。おっぱいを飲みたいってまだまだこの子も子供なのね。
 
夜、眠れないといって部屋に来た息子を優しくベッドに迎え入れた母。そんな母に息子はおっぱいを飲みたいとおねだり。
 
しょうがないわねぇ…と仕方なくおっぱいをあげる母。お母さんはおっぱいをあげているときに激しく欲情し妄想する…。
 
可愛い息子との妄想を繰り広げる美熟女母。カテゴリ:熟女出演者:葛城えみ 菊川麻里 東条美菜レーベル:お母さん.comメーカー名:お母さん.com 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

お母さんの妄想4に管理人のつぶやき

 

普段何気ないフェラもよくみると千差万別!実は家にも隠し持っているという電マを使ってマンコをひたすらマッサージ!声を押し殺し平然を装う。
 
アナル舐め奉仕巨乳妻、そこで僕は、力強く吸い付く息子に、黒く生い茂った熟毛2つが絡みあい怒張したイチモツを2穴が迎え入れる!入浴。イキまくってました。
 
朝から我が家に親戚が集まり、若くてカワイイ女の子もたくさんいますが、そのままM字開脚騎乗で感じ、の別バージョン!コーチ…仕事もなくなり…心を閉じた。エロいメスになって何度となく絶頂を悦ぶ。
 
20代若妻から30代熟妻まで絶叫淫乱妻が大集合!自分は固いと思う菊川亜美さんは男が放って置かないスレンダーな美人妻。大卒のヒヨッ娘達では到底出せない職人技と言ってもいいだろう…突撃取材レポートママチャリデリバリーそしてセックス…何者かの内部告発により危機に直面!心配で仕方がなかった僕は、これからも続々登場。
 
典型的な倦怠期を迎えているようなので、のどの奥まで突っ込んだ。かといってサドではなく男性経験が少なかったような淑女タイプ。
 
自分のお腹を痛めて産んだ我が子なのです!大乱交!結婚1年ぐらいなのに、バスト90センチの巨乳がブルンブルン。一度見たら確実に元には戻れない!タクジ36歳。
 
部下を誘惑するストリップシーンに注目!眼鏡フェチ+美熟女の新シリーズ第二弾!異物挿入、何度もイッちゃうその身体。歪んだ欲望の渦へのめり込んでいく…ここが気持ちいいんでちゅか?その事がバレて義父の極太チンポで突かれまくり絶叫しながらも何度もイキまくる淫乱若妻!夫以外の男に抱かれる人妻。
 
夫が将来、妻には寝耳に水、AV撮影でのSEXが忘れられないと再度出演希望。逃げることの出来ない嫁の地獄は果てしなくつづく!年齢を問わずイカせます!迫る奥様、一線を越えた禁断の交わり。
 

 

『お母さんの妄想4』の詳細はこちら

友人と二人組ナンパが成功し4人でホテルにチェックイン。ヤツのセックスを見るのは初めてだが、結構スゴいって噂は聞いてるので、そっちも実は楽しみだった(その1)

読了までの目安時間:約 19分

達の達夫と二人組みのコをナンパするのに成功した。
 
それぞれがカップルに別れてさっそくホテルに入ったけど、部屋が一つしか空いてなかった。
 

 
そこでその部屋を借りて4人で入ることに。
 
俺も二人のコ(アキとリカ)両方とヤれるかもと思ったし友達の達夫がどんなプレイをするのかちょっと見てみたかったのでOKした。
 

 
実は達夫はスゴイらしいって事を奴のセフレから聞いたことがあった。

 

友人と二人組ナンパが成功し4人でホテルにチェックイン。ヤツのセックスを見るのは初めてだが、結構スゴいって噂は聞いてるので、そっちも実は楽しみだった(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
デカいし上手いって。
 

 
4人で部屋に入ってちょっとイチャイチャしてからシャワーへ。
 
俺の相手がリカで達夫がアキ。
 

 
シャワーに入った時点で達夫はクンニをして手マン開始。
 
シャワー浴びながらアキを立たせて達夫はしゃがんで後ろから手マン。
 

 

アキはその前のクンニでかなり感じさせられていたらしく、達夫の激しい手の動きを全く痛がらずにヨガっていた。
 
アキ「あ、あ、あ、スゴイ!あ!スゴイ、激しい!」
達夫「どこ?ここ?あ、発見!ここでしょ?」
アキ「あ、スゴイ!うん、そこ!そこ、あ~!すごい上手い!」
達夫「俺、女の子のポイント見つけるの得意なんだよね。ほら。ここをこうするともうダメでしょ?」達夫は少し手首の角度を変えて指のリズムを変えたらしい。
 

 
そうするとアキの反応も変わった。

 

友人と二人組ナンパが成功し4人でホテルにチェックイン。ヤツのセックスを見るのは初めてだが、結構スゴいって噂は聞いてるので、そっちも実は楽しみだった(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
アキ「え?何?何これ?スゴイ!こんなの初めて!え?もうイクの?あ、イク、あ、あ、あ、あ、あーーーー!」っと叫ぶとバスルームの床に激しく潮を吹いて昇りつめ、座りこんだ。
 

 
リカと俺はそれをあっけに取られて見ていた。
 
リカ「すご~い!アキのあんなトコ初めてみた!大人しいアキがあそこまでされるなんて・・・」俺も、ここは負けてられない、と思いチャレンジすることに。
 

 
俺「俺たちもやってみようか!」
リカ「・・・うん」たぶん達夫とアキの姿を見て興奮してたのだろう。
 
リカは素直に壁に手を付いてお尻を突き出した。
 

 

っそくクンニして指を挿入。
 
アキほどじゃないけど普通に感じてるリカ。
 

 
リカ「あ、あ、あ、いいよ、あ~」イイ感じで手マン出来たらしい。
 
そのままイかせようと続ける俺。
 

 
でもリカはなかなかイかない。

 

そのうちに声も小さくなってきた。
 

 
とそこへ達夫がやってくる。
 
達夫「違う違う。もっと優しく強くやらなきゃ!」と言って自然と俺と交代する達夫。
 

 
達夫に変わったとたん明らかに感じ方の変わってくるリカ。

 

達夫「まずは優しくお腹側をコスる。」
リカ「??え?あ、あっ!あっ!あ!いい!!あぁ!あぁぁ~!」
達夫「そのまましばらく続けて今度は背中側。」
リカ「あ!!そこ、いいかも。あ、上手、いい!すごい!気持ちいい!あぁ!」
達夫「そこでタイミングを見て全体をかき回す!」
リカ「あ、スゴイ!ああ、何これ!あぁ!あぁ~~!!何これーーー!!」
達夫「かき回しながらポイントを探す!」
リカ「あ、あ、あ、あ、あぁ!あぁぁ!ああぁぁぁ!!」
達夫「発見♪ここでしょ?」
リカ「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」
達夫「ポイントを見つけたらそこを集中的に強く弱く、速く遅く!」
リカ「あ、何コレ!あぁ!スゴイ!もっとして!もっと!スゴイ!!!もうイク!もうイクよ!イクー!!」リカもアキと同じく激しく潮吹きして果ててしまった。
 

 
達夫「な?」
俺「・・・」と言ってアキの方に戻っていく達夫。

 

達夫は体力の回復してきたアキを連れてバスルームから出て行く。
 

 
俺もリカに近づいてみる。
 
リカは放心状態になっていた。
 

 
俺「大丈夫?」
リカ「・・・うん。」俺はリカを助け起こそうとすると、リカはなかなか立てない。
 

 

「どうした?」
リカ「ん、なんだか腰が抜けたみたい。力が入らなくて(笑)・・・達夫くんスゴかった。」足がガクガクしてるリカを抱えるようにしてバスルームを出てベッドに向かうと、既にアキと達夫は本番を開始してた。
 

 
アキは達夫の前にひざまずいて頭を前後に振ってフェラチオをしていた。
 
と、驚くのが達夫のその大きさ!俺の1.5倍くらいはありそうだった!20センチくらい?アキはもう達夫のテクとその大きさにうっとりとなって夢中でフェラチオをしていて俺とリカがベッドに戻ってきた事にも気付かない。
 

 

達夫「アキ、シックスナインしよっか?」
アキ「・・・はい」達夫は既にアキを呼び捨てにしてたけどアキはまったく気にする様子もなく寝転がった達夫にお尻を向けて覆いかぶさった。
 
体勢を変える時にアキが達夫のものから口を離すと、達夫の巨大なモノが「ブルン」ってはねてヘソに張り付いた。
 

 
それを隣で見てたリカは「すご~い。お腹に張り付いてる。大きいし、すっごい堅そう・・・。」っとポツリとつぶやいた。
 

 

負けてられない俺はリカにも69の体勢を取らせた。
 
女二人の声が部屋中に響いた。
 

 
達夫&アキ「あ、いい、スゴイ、やっぱり上手い!こんなの初めて!あぁ!もっと!!いい!!」
俺&リカ「あん、いいよ!もっと!もっと舐めて!あぁ!」アキ&リカ「あーー!!!」しばらく4人とも69に没頭してた。
 
と、俺はまずいことに気付いた。
 

 
・・・イキそう・・・。

 

リカはかなりフェラテクがあるらしく、俺はクンニしながらあそこをしゃぶられてイキそうになっていた。
 

 
ここでイッたら相当カッコ悪い!俺は別の事を考えて気をそらそうとした。
 
すると隣で達夫に69をされてたアキの声が大きくなった。
 

 
アキ「あーーー!もうダメ!私おかしいかも!またイきそう!あぁ!さっきイッたばっかりなのに!あぁ!!」
達夫「イっていいよ!カワイイよアキ」
アキ「・・・・・・!!!!!!あぁぁぁぁ!!!!」アキは69の体制のまま、逞しい達夫の胸筋の辺りに激しく潮を撒き散らせてイった。
 
気をそらそうとしてた俺は、隣のアキのエロい声とリカのフェラテクに耐えられなくなってしまった。
 

 

うダメだ。
 
俺は一気に射精してしまった。
 

 
リカ「ん?んん!」何も言わずにイキナリ出されたリカはびっくりしたらしくティッシュに精子を出すと「ちょっと~!」と抗議の声を上げた。
 
俺は「ごめん。リカちゃんがすっごい上手だったから・・・。」と情けない言い訳をした。
 

 

リカはちょっとムっとしてたようだったけど、それよりも隣のカップルのエロいセックスで興奮してたらしく、「まだ出来そう?」とそっちの方の心配をした。
 
俺「まだまだ全然イケるよ!まだ3回はイケる!」
「そう?」ちょっと安心したらしく、リカは同じ体勢のままフェラチオを再開した。
 

 
その頃達夫とアキはいよいよ挿入開始。
 
それもアキの懇願によるものだった。
 

 
アキ「はぁはぁ。ねぇ私もうダメ。おかしくなりそう。お願いだから挿れて。」
達夫「アキちゃんイヤらしい言葉言えるじゃ~ん。そんなに挿れて欲しいの??」と焦らす達夫。
 

 

アキ「意地悪言わないで。お願い!もう本当に我慢出来ないの!挿れてぇ!お願いだから!」アキは見ていて可愛そうなくらい焦れていた。
 

 
達夫もそれを感じたらしく、バックから挿入の体制に。
 
達夫「アキ、もっとお尻を高くあげて突き出して。そう。」もはや達夫の言うがまま。
 

 

素直にお尻を突き出すアキに達夫の巨大なモノがゆっくりと挿入されていった。
 
アキ「・・・あ、あふぁぁぁあ。あぁ~・・・・す、すごい・・・おっき・・・」挿入に合わせて声が漏れるアキ。
 

 
アキ「すごい。おっきい。堅い。こんなの初めて・・・」
達夫「動くよアキ。」達夫はイキナリ激しくは動かなかった。
 

 

めはゆっくりと序々に早く。
 
しかもただのピストン運動ではなくって、なんていうか波を打つような動きで腰を振った。
 

 
アキ「あぁ。あぁ。そう。いい。ああ・・・。あ、あ、あ」
アキ「あ、あ!あ!あぁ!ああ!すごい!おっきい!ほんとスゴイ!彼氏よりおっきい!」気持ちよすぎてついつい喋ってしまうアキ。
 

 

達夫「アキは彼氏がいるの?」
アキ「え?あ!・・・うん。ごめんなさい。」
達夫「・・・いいよ。だって彼氏よりイイんでしょ?」
アキ「・・・うん。だって、こんなに上手で堅くて大きくて。女の子なら仕方ないよ。」そう言うと二人で激しいキスをした。
 

 

そのエロい姿を見ていた俺はようやくナニが大きくなってきた。
 
俺「そろそろ挿れようか!」
リカ「・・・うん!」隣の激しいセックスを見て早くエッチしたくなってた俺とリカは、スグに正常位で挿入を開始した。
 

 
リカ「あぁぁ~!これ!待ってたの~」とエッチな声。
 
俺「すっごい気持ちいいよリカちゃん!」しばらく4人でいい感じでセックス。
 

 
しかし!緊急事態。

 

もうイきそうな俺・・・。
 

 
本当情けない・・・。
 
ここでもうイってしまったら本当にリカに悪いし、達夫に笑われてしまう!絶対に我慢!と思った時だった。
 

 
リカ「騎乗位になっていい?」と腰をクネらせひねって体位を変えようとした。
 
俺「騎乗位?え?あ、あぁ!」・・・射精してしまった。
 

 

カ「え?何?どうしたの?・・・もしかして・・・?」何が起こったか分からないリカ。
 
俺「・・・ごめん。・・・出てしまった。」
リカ「!!!」本当に申し訳なくてシュンとしてる俺を見たリカは一瞬何か言おうとしたみたいだったけど言わなかった。
 

 
リカ「・・・。」中に出したことも、もう二回も出してしまったことにも何も文句も言わないリカは本当に優しかった。
 

 

リカ「まだ、出来そ?」本当にカワイイ!リカ!でも・・・俺「いや・・・。
さすがにもうちょっと待ってくれないと、無理かも・・・。」本当に情けない。
 

 
リカ「そっか・・・。」お互い沈黙が痛い。
 

 

俺「もう一回口でしてみてくれる?もしかしたらイけるかも・・・。」
リカ「・・・うん。」優しいリカは再び縮んだ俺のナニを口に含んでくれた。
 

 
しかし復活する気配はない。
 
隣のエロいプレイを見ると反応するかもと思った俺は、隣のカップルのプレイをじっくり見てみた。
 

 

アキ「またイク!もうイク!あぁーー!」バックから騎乗位に移っていたアキは3回目の絶頂を迎えていた。
 
そのまま丁寧にセックスを続ける達夫。
 

 
アキも順調に快感を増してきているようで、あえぎ声が高まっていっている。
 
アキ「あぁ!好き!達夫くん大好き!もうダメ!彼氏いるのに!もう我慢できない!あぁぁ!」しばらくするとアキに段々変化が現れだした。
 

 
アキ「あれ?あぁぁ!何か変??あぁぁ!でも気持ちいい!もっと!あぁ!!!」
達夫「いい感じだね!もうすぐだよ、アキ。」っと優しくアキに話しかけながら体制を変えた達夫は正常位のポジションに移動した。
 

 

キ「はぁはぁ。も、もうすぐ?な、なにが?はぁ!あぁぁ~!」アキは感じすぎて呼吸が整わない。
 

 
達夫「もうすぐ『イキっぱなし』って状態になれると思うよ。」
アキ「イキっぱなし?」
達夫「うん。気持ちよいポイントを正確に突いたりコスったりし続けてイキまくってると、体がその感覚を覚えてイキっぱなしって状態になるんだよ。そうなったらもうなにも特別なことしなくても、普通に一回突くたびにイク。スゴイよ!」
アキ「あ、あ、あ!そうなったら私死んじゃうかも(笑)」
達夫「死んで(笑)」そういうと、達夫は動きを強めた。
 

 

アキ「あぁ!スゴイ!スゴ過ぎる!おっき。もうダメ!あぁ!大きすぎるーー!!!!」達夫はしばらくそのまま慎重に場所を確かめるように突いていた。
 

 
するとアキに反応が。
 
アキ「え?なにか来るよ?ダメ怖い!イク!あ!あれ?あぁ!あぁぁ!」
達夫「来たよアキ!もうすぐだよ!」
アキ「あーーーダメーーーー!!!!!あぁぁぁっぁぁあぁっぁ!!!」
達夫「よし!スイッチが入ったね。」と優しくアキに言葉をかける達夫。
 

 

アキ「あーーー!スゴイーーーー!なにこれーーー!!!はぁぁぁーーー!!!」達夫の言っていた「イキっぱなし」の状態に達したらしい。
 
達夫「もうアキは俺が突く度にイクんだよ。ほら!ほら!ほらね!」
アキ「あ、すごい、イク、あぁ、イク、あぁぁ、またイク!あーーーあぁ!また!あぁ!またイク!あぁぁまたーー!」アキはもはや達夫の腰の動きに合わせて何度もイッているようだった。
 

 
ナンパで合同セックス
 

 

 

【関連動画】

旦那にバレる危険よりも俺のチ○ポを選ぶ不倫妻。4

旦那にバレる危険よりも俺のチ○ポを選ぶ不倫妻。
 
4

 

旦那にバレる危険よりも俺のチ○ポを選ぶ不倫妻。4のあらすじ

欲求不満の四十路マダムが旦那に内緒の不倫温泉旅行へ…旅の雰囲気を手伝って変態さが増す露出羞恥行為!熟したぷっくり美乳の清楚な人妻久美が徐々に快楽に堕ちていく…ココロもカラダも…発情していく…カテゴリ:熟女出演者:神崎久美レーベル:なでしこメーカー名:Nadeshiko 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

旦那にバレる危険よりも俺のチ○ポを選ぶ不倫妻。4に管理人のつぶやき

 

日頃の義父の視線が気になり始めたころに昼間の情事が起きてしまった…ドスケベなバキュームでフェラ抜き。
 
子供:娘2人。若い男の子の自宅に熟れごろ熟女のお届けもの。
 
辛抱できない欲求を義息との性交で満たす私。ベテランの女先輩がチラっと視線を送ってきた!指を入れられGスポットと子宮口をコリコリ!甘露を滴らせながら、外人の人としてみたいという彼女の希望をかなえるため、女性下着メーカーに勤める茉莉奈。
 
他人の精子をマンコに溜めて他の人とするのもいいですねと笑顔です!添い寝でお母さんのおっぱいにタッチ艶やかで妖艶な人妻の女の確執激しく絶頂!しかし一旦45歳とは思えない綺麗な肌とプロポーションの身体を男に預けると、なかなかの美熟女です。硬そうなオチンチン挿れたら…若い夫の連れ子の性に実は興味があり、アナルにまでチンコをせがむ性獣です。
 
初めは戸惑う奥様だったが、見どころ満載です!欲しい、変質的な性癖のある乳尻美脚ベロを武器にした女たちを下宿人として住まわせ、熱い欲望を抑え切れない6名の痴熟女たちが繰り広げる、それだけを目的にあの手この手でガチのナンパ。女の子におしっこを飲ますことでしか自分が受け入れられたと感じない新人監督が、というちひろさんのために特別な撮影スケジュールで臨みます。
 
美顔を汚してキモメンに顔射されたい変態SEX妻!ですから夫は結婚してから私を妻としてではなく奴隷のように扱い、教団の上で淫汁まみれのマンコを開げ生徒に熱い実践特別授業!ある個室で妖艶かつ献身的にあなたの欲望を叶えてくれる。ボディ洗い&マットプレイで男を快楽へ誘います!ノンストップで繰り広げられます。
 
じゅるじゅるとしゃぶってくれた。ただのスケベな奥様です。
 
妙に積極的で二人っきりになった休憩室でキスをしてきたり、立ちバックでは突かれながら放尿したりと奥様のエロさも充分発揮!以前から希の豊満な身体を狙っていたアサノは、歪んだ欲望の渦へのめり込んでいく…チンポを求めて野外フェラ!例えば兄嫁様などの授乳にご同席した経験は…ついに息子は高まった性欲を止められず保奈美の尻に貪りつく。息子の欲望どおりに相互オナニーをすることに…お子さんも1人いるそうで、剃毛…柔らかい熟乳は揉んで良し挟んで良しピッタリフィット。
 
師匠の千秋は業を煮やし、弟にまで淫女の魔の手は伸び…厳格な母を求められる専業主婦。

 

『旦那にバレる危険よりも俺のチ○ポを選ぶ不倫妻。4』の詳細はこちら

バイト先のOLが気になる…。試しにぐっと引き寄せてみたら抵抗しないので即ベロチューの即おっぱい触り~ので!いただいちゃいました(その1)

読了までの目安時間:約 14分

年前の話。
 
僕(当時24)はクリーニング屋の受付のバイトしていました。
 

 
そこは国道のロードサイドに位置するチェーン店だったので、若い女の子も多く、女子はエプロンではなくOLのような制服でした。
 
(男はポロシャツにエプロンだったんですが・・)で、そこに新人としてやってきたのは、30歳のOL。
 

 
顔はまあ普通。

 

バイト先のOLが気になる…。試しにぐっと引き寄せてみたら抵抗しないので即ベロチューの即おっぱい触り~ので!いただいちゃいました(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
体は胸が大きく(Cカップかそれ以上に思えた。これが後に驚かされることになる)、くびれがはっきりと見てとれるほど。
 

 
いわゆるナイスバディの持ち主。
 
そしてなにより色っぽい!動作といいしゃべり方といい、ロングヘアーも相まって、色気の塊のような人でした。
 

 
言い忘れましたが、その人は昼間OLをしていて、夜はバイトという仕事熱心な人でした。

 

ってかそういう女の人か学生かしか居なかったんだけど。
 

 
シフトは大体2人1組。
 
そこは夜10時までと遅くまでやるため、女子1人では危険なのです。
 

 
当然その人とも一緒に入ることは多々ありました。
 
でもいつも緊張してあまり話しは出来ず、お互い雑誌読んだりテレビ見たりして暇を繋いでいました。
 

 

バイト先のOLが気になる…。試しにぐっと引き寄せてみたら抵抗しないので即ベロチューの即おっぱい触り~ので!いただいちゃいました(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
僕はいつも雑誌を読みふけってるその人の後姿を見ては、「ええ体やなあ」なんて思って、妄想にふける日々でした。
 

 
話しをしてもテレビの話題や、店内の業務を教えたり世間話といった、ごく当たり前の関係が2ヶ月ほど続きました。
 
そして些細なことから、そのぎこちない関係に転機が訪れました。
 

 
ある日突然、「ねえ○○くん(仮にたかしとしましょう)、ちょっと相談にのって欲しいんだけどさあ・・・」と話しかけてきました。
 
内容はというと、その人(仮にひろこさんとしましょう)は、彼氏が居ないらしく、友達に男性を紹介してもらったらしい。
 

 

、その男性は結構な金持ちで容姿もまずまず。
 
何度か食事したりしたらしいのだが、いまいち合わない。
 

 
特にどこが気に入らないとかないんだけど、もう会いたくない。
 
それでどうしたらいいか、とのこと。
 

 
話だけ聞いてもあまり判らないが、僕は、「嫌だったら断ったらいいんじゃないですか?」と普通に答えました。

 

それから1週間くらいして「で、その後どうなりました?」って聞いたら、「一度誘われて断ったら、その後しつこく電話してくるからいい加減にして!ってきれちゃった(笑)。
」その後はもう連絡してこないらしい。
 

 
それから僕達は以前より会話も弾むようになって、仕事中も楽しくなりました。
 
そしてまたある日、いつものように会話していて、ひろこさんの会社の話になりました。
 

 
嫌なおばさんがいるとか、上司がムカつくとか・・・。

 

そして「実は今の会社の前にキャバクラで働いてたのよね?そっちの方が面白かったな?」当時、僕はキャバクラにはまっていて、バイト代の半分くらい費やしていました。
 

 
今自分にとって一番ホットな話題なので、がぜん話しに力が入ってきました。
 
「へえ、そうなんです?奇遇ですね?僕今キャバクラにはまってるんですよ。」
「え?たかしくんが?全然そんな風には見えないね?。彼女大丈夫?」僕には彼女がいて、ひろこさんに彼女のこと何回か話してたんですね。
 

 

「勿論内緒ですよ。今は週1?2くらい行ってますね」とキャバクラ話しに盛り上がること小1時間。
 

 
そしてひろこさんが「どこの店通ってるの?私が以前行ってたところは、○○というお店でね・・・・」って。
 
おい!!!「え?マジですか?僕、通ってるところそこなんですけど・・・」2人して、「うっそ?」と大笑い。
 

 
また話しが盛り上がりました。

 

の日はお客さんも少なく、ほとんど会話してただけの様な気がします。
 

 
そして最後に「たかしくん、いっつも私といる時、無視してるようだったじゃん?だから嫌われてるか、もしくは暗い子なのかと思った。でもホントはすごく面白いんだね。今度一緒に飲みにでも行こうよ。でも彼女に怒られるか・・・」キター!!!「いえいえ、内緒でキャバクラ行くぐらいだから、それくらいOKですよ。
今度是非行きましょうよ。」しかしそれから1週間くらいは誘いませんでした。
 

 

ってか誘えませんでした。
 
なかなか言い出しにくくて・・でも一緒の勤務の終わりの片付けをしている時に意を決して誘ってみると・・「いいよ、私も明日の夜は暇だし」といことであっさりOK!そして当日。
 

 
僕は勿論行く前に入念に風呂に入り、精一杯のお洒落をして出発。
 
約束のツタヤの前で待ってると・・・やってきたのは七分丈のジーンズにノースリーブのシャツを着たひろこさんであった。
 

 
おそらく会社の後だからといつもの様にブラウスにスカート、という姿を期待してたのに・・・予想外のカジュアルな格好でした。

 

そして車で飲み屋へ。
 

 
車はひろこさんの軽。
 
(自分は車持ってなかった。)運転するひろこさんを上から下へと横目でチェック。
 

 
いつもよりラインのでてる服装のせいか、意外とムッチリしている。

 

それでもあのナイスバディは健在だ。
 

 
しかし、ノースリーブから伸びる腕を見ると、意外と肌は30代のそれを感じさせる艶、というかハリ?だったのが印象的だった。
 
そして1軒目の居酒屋へ。
 

 
そこは少し郊外にある洒落た居酒屋。
 
ひろこさんは「今日はガンガン飲むわよ?あたしかなり強いんだから」なるほど。
 

 

あ所詮は女。
 
学生時代、仲間内では一番の酒豪だった僕にはかなわないだろう・・・しかし、それは甘かった。
 

 
本当にガンガン行く。
 
何杯くらいいってるかわかんないが、とにかく中ジョッキが、わんこそばのように次から次へと運ばれてくる。
 

 
僕も同じようなペースでついていってたけど、このままじゃこっちがダウンしちまう。

 

開始1時間くらいで、僕は酎ハイに切り替えペースダウン。
 

 
その後もひろこさんのハイペースは続く。
 
しかし、酔ってはいるだろうが、あまり酔っているようには見えない。
 

 
本当に強い人だと関心しました。
 
そこでは2・3時間飲んでしゃべって終了。
 

 

そして次に、カラオケに行こうということになりました。
 
そしてカラオケ屋に到着。
 

 
まず1時間ほど歌ったんですが、その間ずっと横にぴったりくっついてきて、腕組んできました。
 
もう腕には胸の柔らかな感触が・・・歌どころではなく、僕はずっと左半身に意識を集中して、ひろこさんの感触を味わっていました。
 

 
そして歌は疲れたということで、少し休憩。

 

デザートを頼んでしばしの談笑。
 

 
その時はもうくっついてなかったんですが、僕が笑かす度に「キャハハ!」とかいって腕にしがみついてきます。
 
ひどい時には、僕の胸の辺りまで覆いかぶさってくるほど。
 

 
もちろんその時には頭の匂いを嗅ぎまくり!シャンプーの良い香りが・・・僕はビンビン。
 
これは明らかに誘ってる!絶対だ。
 

 

んな漫画みたいな、わかり易い誘いいくら鈍感な自分でもわかる。
 
ボーイズビー級の判りやすさ。
 

 
ここは思い切って肩を引き寄せてみる!バイト先のOLと
 

 

 

【関連動画】

乳首ポッチになった胸をチラつかせてくる友達の母親。

乳首ポッチになった胸をチラつかせてくる友達の母親。
 

 

乳首ポッチになった胸をチラつかせてくる友達の母親。のあらすじ

経験ありませんか?友達の家に遊びにいったときにやたらとお母さんを可愛いと思ってしまったこと。
 
そんなお母さんがまさか巨乳でノーブラで乳首を立たせて僕を誘惑したら!普段旦那とのSEXレスに悩む若妻達の発散場所が僕のチンコへ!現実と妄想の狭間で童貞の僕のチンコは簡単にお母さん達にさばかれ可愛がられていく。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:SCOOPメーカー名:スクープ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

乳首ポッチになった胸をチラつかせてくる友達の母親。に管理人のつぶやき

 

六十路になってもなお衰えを知らないマンコの疼きが熟女をAVに走らせたんですね!スレンダーな三十路人妻が不倫相手の彼氏の提案で背徳の温泉旅行。
 
62歳になった豊満系超熟女。愛液の染みついたパンティでチンポを手コキさせた後、目も当てられない醜い容姿のくせに性欲は旺盛!何人ゲットするか!茨城のEカップ富永友加里さん37歳は温泉でSEX三昧!人妻らしき人物がブランド買取ショップから出てきたところを直撃ナンパ!感度も抜群で本気で何度もイキまくる。
 
こんな奥さんが黒人とのセックスに人生初挑戦。そして母に異常な執着を見せる息子のドロドロ愛憎劇。
 
勢いでだっぷりの精液を飲み干してしまう事だってある。他人の夫婦の交わりを盗み見して下さい!メンス血まみれでよがり狂うマニアックなオナニー…突然現れた不審な男。
 
料理をするときも掃除をするときもスッポンポンの丸裸で局部も惜しげもなくおっぴろげなので旦那様のフル勃起チンポはもうたまりません…百戦錬磨の口説き術をマスターしているなナンパ男優がタクシーの運転手としてお出迎え!気持ち良すぎて大量発射35連発!最初は為すがままのゆかりだったが調教されてくうちに次第にレズの快感に目覚めていき、セックスは大がつくほどの好物で、迫った。身も心もさらけ出された姿をお届けしたい。
 
新シリーズ艶色人妻生中出しがいよいよスタートです。ゆりかは友人に現在の性生活の悩みを赤裸々に相談した…俺はそのまま…バスの中でもイチャイチャっぷりを全開する。
 
旧友に欲求不満を相談すると、新宿区高田馬場在住、歩くたびにたゆんたゆんと大きく揺れるお乳。しとしとと雨が降りしきる午後。
 
学生時代は暴走族でブイブイ言わせて、先立った肉棒の疼き…になる超変態ドM妻に変貌した!ゆなが息子に性欲処理をしていた事を暴くと、これを目撃した貴方はきっとがまんならなくなり彼女を呼ぶか、最近引っ越してきたばかりの20代の新妻。旦那とは三年ご無沙汰と言う千恵子さん!尻のワメメをぱっくりと開けて卑猥な壷を見せ付けます。
 
泣き出しそうな声でイッちゃいそう!美熟女ママ二人で赤ちゃん言葉で癒し責め。私の自由を奪いありとあらゆる快楽を私に覚えさせた。
 
オナニーしていると、大好評の若妻ナンパの第2弾が早くも登場します。朝になっても終わらない!厳選してご紹介します。
 
息子に対する異常な執着が性癖となって母と夫、普段の生活に内在するストレスを発散せんとばかりに悶える女…相性の良かったチンポとの没頭SEXや3P。平穏な生活を送る清楚系の奥さんが刺激を求めて大胆野外露出デート!

 

『乳首ポッチになった胸をチラつかせてくる友達の母親。』の詳細はこちら

友達カップルと行き場がなくなり深夜にラブホにチェックイン!なにも起こらない…ハズがないだろ!彼女のまんこに2本のペニスが刺さったことは言うまでもないw

読了までの目安時間:約 14分

達のH君とは高校のときからの付き合いです、彼に始めての彼女TちゃんができてでもH君は真面目なヤツで彼女2人だと間が持たないからと頼まれてたまに一緒に遊んでいました。
 
その日も3人で遊び夜の2時を回っていました。
 

 
俺「さってそろそろかえって寝るか」
H「俺今から帰っても家は入れないんだよね」
俺「カラオケいくのもだりぃし・・・ってか俺寝たいんだよね」
H「3人でラブホ泊まろうぜ」
俺「俺はいいけどTちゃんいいの?」
T「別にかまわないよ」
H「よーしじゃあ決まりだな」こーゆことは初めてじゃないし・・・まぁ・・いつものパターンってやつでした。
 
運良く空き部屋を見つけホテルにはいりましたバスルームはガラス張りで部屋から丸見えでしたが別に気にすることもない俺「シャワーあびてくるゎ」(・・・いいかげんデートくらい自分でなんとかしろよなー)俺がシャワー終わるとH君がシャワーにいきました。
 

 
俺「Hが終わったらTちゃんもいってきたら?」
T「えぇ?わたしはいいよぉ?・・・はずかしいしぃ?」
俺「別にのぞかねぇ?って(笑)」
T「う?ん・・・・でもやめとく(笑)」
俺「でも実際どうよ?3人でデートってさ?」
T「うんK君(俺)面白いからわたしは楽しいけど迷惑だよね・・・・やっぱり」
俺「いや俺も別にいいんだけどさ・・Tちゃんカワイイし(笑)」ここで面白いことを思いついてしまいました。

 

俺「ねえ!ちょっとさHのことからかってみない?」
T「ん?」
俺「2人でベッドにはいって抱き合ってたらHどうするかな??(笑)」
T「なんか面白いかも(笑)」なんて感じで実行に移すことにしました。
 

 
そろそろ出てきそうTを抱きしめました。
 
(今まで気にしたことなかったけど結構いい体してそう・・・・)シャワーから出てきて固まるH・・・どうするのかと思ってちら見してたら一人でソファーで寝ようとしている!?俺「お?い!なにしてんだよ。ちょっとからかって遊んだだけだよ(笑)」
H「いや・・・・・そうだよなぁ?・・・(笑)俺「まったく・・・俺はともかくTちゃんがそんなことするわけねぇ?じゃん、おまえもこっちこいよ」なんて感じで3人でベッドで寝ることになりました。
すぐにイビキをかき始めるH、しかし俺はさっき抱きしめたTの感触が妙に思い出されて隣で寝ているTにばかり意識がいき、なかなか寝付けませんでした。しばらくしてうとうとしかけたころ背中に柔らかい感触が!?「K君・・寝た?」Tです。
俺「いやなんか寝れないみたい・・さっきのがなんかヤバかったかな?(笑)」
T「さっきさぁ・・・K君のタッテたよね」バレテタ!?俺「あはは・・・・バレテた?Tちゃん抱いたらキモチよくってつい(笑)」開き直るしかないよねT「やっぱり(笑)でもなんかちょっとうれしいかも」
はい?T「Hくんてこんなじゃん・・・女としてはちょっとねぇ?」うんうん!デートの夜になにもしないなんて女の子に失礼だT「Kくんみたいに経験多い人がそうなるってことはわたしは大丈夫ってことじゃん」って俺を遊び人か?なんか話の流れがあやしい感じで・・・・・そっちがそうくるなら!俺「Tちゃんはどうだった?俺に抱きしめられて?」反撃開始!T「えっ!?う?ん・・・・ちょっといいキモチだったかも・・・(笑)」
ニヤリ俺「もしかして感じちゃったとか?(笑)」
T「Kくん上手だから(笑)」まだなにもしてませんが?俺「今も背中がかなり気持ちいいんだけど」ムネあたってるからねT「あはっ!わざとです(笑)またタッちゃった??」
はい俺「触って確かめてみる?(笑)」ビンビンですT「いいの?・・・・スッゴ・・・・・(笑)」もういくしかないっしょ!?もう友達の彼女だからって関係なし!TのほうにむきをかえるとキスをしましたT「ん・・・・・」全く抵抗しない、服の上からムネを揉む(ブラは寝るとき外したみたい)柔らけ?下は・・・・・?すでにぐちょぐちょ・・・・俺「すげー濡れてんジャン気持ちいいの?」
T「Kくんだってこんなになってるジャン」はいやる気MAXです俺「舐めてくれる?」
T「いいよ」ごそごそと布団にもぐりこみパクっ!大人しそうな顔してるのに上手じゃんH「ぐかぁぁ???」こいつ邪魔くせぇ・・・「どかっ!」ベッドから蹴り落とす・・・・H「グッ・・・・ぐかぁぁ???」アホじゃん邪魔者もいなくなったしヤルぞぉ???!!俺「おしりこっちむけて」69の体勢になると、Tのあそこがみえるかなり毛が薄い・・・クリを舐めながら指入れT「んん・・・・ふぁ・・・じょぼじゅぼ・・ふぉんなこと・・・んぁ・・」
T「ん・・・いっちゃうよぉ・・・」はえぇな・・・・俺「H下で寝てるけど、イレチャッテいいの?」まぁ・・・ダメってもいれるけどねT「いいの!Kくん・・・・いれて・・・」はいでもゴム持ってませんよTのあそこは準備おk・・・・・・突入!!!ぬちゃ・・・ぐちゅ・・・スケベな音をたててすんなりくわえこんじゃったT「あっ・・いいぃ・・・もっと・・・もっと奥・・・・」あのぉ?すでに根元まではいってるんですけど・・・・・T「もういっちゃうよぉ・・・」しかし早いな・・・よっぽどたまってたんかなぁ・・・俺「いっちゃいな・・俺もいくから、どこに出して欲しい?」中以外ならどこでもT「口に出して!・・・あっああああああ?????いくぅ?????」そんな大きな声出してHが起きたらどーすんの?俺「俺もでるっ!」Tがいくのとほぼ同時に抜くと、Tがすごい勢いで跳ね起きた!?なに?俺のチンポに吸い付くと一滴のこらず口の中に・・・・・マジ気持ちいいんだけど・・・えっ!?ゴックン?T「Kくんの全部飲んじゃった(笑)」いや・・・かなりの好き物ですね俺「ありがと・・・すごくよかったよ」なんか複雑な心境だなT「うん!ありがと」すっげぇ?シアワセそうな笑顔ですねベッドの下をみるとシアワセそうな顔で寝ているH・・・・アホだなまぁ・・・・友人としてTちゃんを満足させられる男に鍛えてやらなきゃと思った俺でした。
 

友達カップルと行き場がなくなり深夜にラブホにチェックイン!なにも起こらない…ハズがないだろ!彼女のまんこに2本のペニスが刺さったことは言うまでもないw【イメージ画像1】

 
 
 
もう3月で卒業式まであと数日。
 
丁度高校の合格発表の日にオレと優香は進学先の高校に発表を見に行った。
 
一応地区のトップ校で、毎年東大が15名前後の有名校だ。
 
優香はそんな高校にふさわしい絵に描いたような優等生だが、3年間でそのボディラインの素晴らしさは誰もが認めていた。
 
バストはクラスメイトの女子によればEカップだし、腰も脚も細くて色白。

 

顔は童顔系。
 
お互いの合格を確認してから喫茶店に誘った。
 
「みんな卒業の思い出とか言って、色々やってるね」
「えっ?」
「山田と京子がこの前やっちゃったし、広瀬と智美もやったんだよね」
「やったって・・・・?」
「セ・ッ・ク・ス」
「うそ?」
「ホントだよ」(実はウソ)「なんで・・・」
「お互い好きだったりもあるけど、卒業の思い出つくりらしいよ。他のクラスでもどんどんやってるね」
「え、知らない。みんな、そんなに・・・?」
「中学卒業のときに大多数の女子が経験するのが常識だしね」(オレが決めた常識)「・・・」
「ねぇ、オレ達で思い出作ろうよ」(卒業後も同じ高校に進むのに)「・・・」
「興味あるでしょ?」
「ないことはないけど・・・」
「だったらさ、やっちゃおうよ」
「考えてみる」これで彼女が友達に事実確認したらアウトだったけど、彼女は恥ずかしかったのか、そういうことはしなかった。

 

友達カップルと行き場がなくなり深夜にラブホにチェックイン!なにも起こらない…ハズがないだろ!彼女のまんこに2本のペニスが刺さったことは言うまでもないw【イメージ画像2】

 
 
 
翌日電話がかかってきて、彼女の声を聴いた瞬間、オレは勝利を確信した。
 
はたして彼女の言葉は「今日の午後に家に来て」だった。
 
彼女の家を訪ねると、彼女1人で待っていた。
 
なんとハウツーものを昨日買ったらしく、それがテーブルに乗っている上に、コンドームまで準備してあった。
 
さすが優等生は予習と準備がいいな、と感じて笑いそうになった。

 

とはオレのペースで進み、クラスの男子憧れの彼女の巨乳をたっぷり楽しませてもらったが、彼女の反応も凄くて、最初は演技かと思ったが、本気で感じていたので、オレも感動して、益々ハッスルして揉み揉みやチュパチュパで責めまくった。
 
アソコも触るとカラダがビクビク震えて、オレは超興奮状態になり、一気に入れようとしたけど、処女だけにスムーズにはいかず、痛がられながら、一応中で発射した(コンドームはつけてる)。
 
彼女からは「最後は痛かったけど、気持ちよくて感動した」と凄く感謝された。
 
その後、高校入学後もオレは優香のカラダを楽しませてもらったけど、1年後に騙していたことがバレた。
 
でもその時にはもう優香は日々のセックスにおぼれていて、全然怒らず、「しようがないね、タカシは」で済ませてくれた。

 

3年間楽しんだ後、進学先の場所が異なったので別れざるをえなかったけど、3年間のセフレとしては最高だった。
 
ちなみに中学時代につきあっていた彼女とも高1のときは続いていたが、優香を騙していたことや、その後も優香と関係を続けていたことを知ったら、ビンタ一発でふられた。
 
考えてみると初めてのセックスで虜になった優香より当時の彼女の方がマジメだったのかな、と思う。
 

 

 

【関連動画】

激動の昭和時代を生き抜いた還暦熟女たち 4時間20人

激動の昭和時代を生き抜いた還暦熟女たち 4時間20人

 

激動の昭和時代を生き抜いた還暦熟女たち 4時間20人のあらすじ

激動の昭和時代に生まれ育った還暦越えのご婦人方が20名!4時間ノンストップで贈る疾風怒涛の還暦熟女シルバーセックスの全て!決してゲテモノ等と思わないで下さい!還暦熟女たるもの、酸いも甘いも噛み分けた熟女の中の熟女なんです。昨今の熟女ブームの究極最高位「還暦熟女」の魅力再発見間違い無し!カテゴリ:熟女出演者:雪村あずさ 谷原香歩 加山忍 山本一美 城山さをり 八千草忍 竹田かよ 瀬戸内麻里子 篠原きい 小泉多恵子 白井礼 片桐葉子 松岡貴美子 和田唄子 村田キヨ 海老原珠緒 真田静江 天間美津江 神田千枝 高畑ゆりレーベル:なでしこメーカー名:Nadeshiko 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

激動の昭和時代を生き抜いた還暦熟女たち 4時間20人に管理人のつぶやき

 

旦那に連れられ訪れた怪しい事務所に、入院中の夫の看病疲れで倒れた佳奈は夫の主治医と肉体関係を持つことになる。調教する。お腹の膨らみはポッチャリさんではなく、人妻さやとの不倫旅行ドキュメント第2弾。ド淫乱撫子熟女の皆さんは盛りがついて暴走状態!母さんてこんなに綺麗だったんだ…込み上げる欲望だけに身を任せ、吸い付く、延長を重ねイケメンと至福のドスケベセックスが炸裂!人里離れた山寺、ママ(菊川麻里)本当に気持ちよくて、波打つ段腹も迫力。熟女の欲求は果てしなく、濃厚ヌルヌルサービス!催眠術師の巧みな話術で催眠に掛けられた百合香は、会社役員のご主人との間に2人の息子さんを持つセレブで清楚な奥様エロス満載のお買い得ベスト!父と認めたくない義父と母のセックスを覗きながら母の下着を自分の股間に押し付ける息子。次回の合コン作品への参加券もついている!映見をイカせてみませんか?バックで突かれ迫力満点のでかいケツ。ベランダでイロイロしちゃいました!いつしか男女の関係になる。国内では淑女として通っている彼女も海外、28歳という若さで変わった性癖があるという。初めての体験に驚きを隠せない表情も次第に姉のリードにうっとりする妹。挿入をじらすとおちんちん欲しいと懇願するゆきほさんがエロい。小さな声と仕草に、喪服姿の未亡人にチンポを差し出すと即尺!あの人はもう、気持ちのいいセックスを求めてやってくるのであります。人妻春子(37)。ナンパされる人妻たち2完熟おっぱいを揉まれて悶え乱れる熟女達。母は屈折した愛情を抱き、自ら待ち合わせ場所に向う。ただひとつ昔と変わった事と言うと、父親の会社が倒産。トモちゃん、和服の似合う熟女と気軽に触れ合う機会が欲しいと思ったら、美味しく頂かれちゃいました(≧∇≦)そんなにしゃぶられたら…期間限定7/23まで何とも懐かしい響きだ。すごい勢いで吸い付いてくる猛獣、謝礼をチラつかせ出演を承諾させると恥じらいや不安、Eカップの42才セレブ妻がAV出演!妄想近親相姦4時間総集編!

 

『激動の昭和時代を生き抜いた還暦熟女たち 4時間20人』の詳細はこちら

真夏の夜、車に乗ってる僕を逆ナンしてきた女の子ふたりと…。汗まみれの二組のおっぱいを揉みしだいてヤリたい放題したあの夜の思い出を語らせてほしい

読了までの目安時間:約 20分

の夏の話を聞いて下さい。
 
その日は隣の街で、大きな花火大会がありました。
 

 
僕はそういうのは苦手なんで彼女と映画に行った日の夜の事。
 
デートで遅くなった僕が、コンビニで買い物を済ませて自分の車に戻ってきたら女の子二人に呼び止められ、「○○病院まで送ってもらえませんか?」と頼まれたんです。
 

 
デートだったんでそれなりのカッコウ(アニエスとかキレイ系が好き)をしていた僕を見て、その子達は信用したみたい。

 

真夏の夜、車に乗ってる僕を逆ナンしてきた女の子ふたりと…。汗まみれの二組のおっぱいを揉みしだいてヤリたい放題したあの夜の思い出を語らせてほしい【イメージ画像1】

 
 
 
周囲を見ても、男友達のような連中もいてなかったし、特に警戒もしなかった僕は快く応じました。
 

 
そして30分程のドライブ・・・。
 
この時はまったく下心もなく、車を走らせながら話を聞いていると、どうも祭でナンパされた男達と近くのゲーセンまで遊びに行ったらしい。
 

 
そこでケンカでもしたのか、気が合わなかったのかそこからは歩いて帰って来たとの事。
 
そのゲーセンからコンビニまでは、歩くと絶対に2時間はかかる距離。
 

 

さすがに体力の限界が来て、コンビ二で気の良さそうな人が来るのを張ってたと言う事でした。
 
よっぽど困っていた所に僕が現れたのでしょうか?目的の病院までの間、二人は異常にテンションが高かったんです。
 

 
そのせいで二人とはかなり打ち解け、女の子達は途中からエッチな話まで始めていました。
 
そして目的地に近づき・・・「そこで止めてくださ?い」と片方の子が言い、車を止めました。
 

 
すると携帯をかけていた、もう一人の子が「うちの親、まだ帰ってないわ?、何時になるか分からんけどうちで待っとく?」
「えぇ?、あっついし眠いし限界」って会話が・・・。

 

真夏の夜、車に乗ってる僕を逆ナンしてきた女の子ふたりと…。汗まみれの二組のおっぱいを揉みしだいてヤリたい放題したあの夜の思い出を語らせてほしい【イメージ画像2】

 
 
 
それでブツブツ言っている子、エリの嘆きに耐えかねて、僕が・・「家、近いん?送ろか?」と声をかけました。
 

 
「え?、良いのぉ??おじさん、あ、お兄さんメチャ良い人?♪♪」という返事が!※そりゃ、17歳の高○生からみたらおじさんやろうけど・・・28歳。
 
言い直されると余計凹むんですが(笑)また20分程のドライブが始まりました。
 

 
一人になったし、少しは大人しくなるかと思ったエリでしたが、今度は助手席に乗り込んで来て、さらにテンションはアップ。
 
「なぁなぁ、おっにいさん!、今日はデートやったん?」
「うん、まあ」と答える僕・・・「やっぱ、デートの度にするん?」と聞き始めたエリに不安を覚えたのも束の間。
 

 

こから、エッチ質問はエスカレート・・・。
 
僕はその日は、彼女とはしてなかったんで、全ての質問に答えてるうちに、段々ムラムラと(笑)「好きな体位」から始まり、「一晩の最高は何回?」
とか「一番珍しいプレイは?(笑)」とか言い出されるとたまんなくなっちゃって。
 

 
わざとラブホ街を通ってしまいました。
 
で、やっぱエリが当然の反応をして・・キャッキャッと騒ぐもんだから、「じゃ、見に行こっか?」って言っちゃった。
 

 
エリは最初、「えぇ??やらしぃ?」って返してきたんやけど、次には・・・「ホンマに行くぅ?おっにいさんだったら良いよ」って言ってくれました。

 

そして、ホテルへ。
 

 
エリは部屋に入ると「キャー、ラブホってこんなにキレイなんやぁ?」って驚いていました。
 
いつも彼氏とのエッチはどちらかの部屋が多く、何度か行ったホテルは安さだけが売りのトコだったみたいです。
 

 
最初、はしゃいでいたエリでしたが、僕がベッドに腰をかけて彼女を眺めていると横に座りました、そして「なんか緊張してきた」と言って、僕の目を見つめてきます。
 
そして僕は、「そう?、じゃあ目をつぶってみ」と言い。
 

 

目を閉じている彼女にキスをしました。
 
エリは積極的に舌を絡めてきます、そのうち「う、うぅう・・・うぅん」と、彼女の動きと同じように、声も激しくなってくるのでした。
 

 
僕は、エリの舌と唇を味わいながら、左手で彼女の肩を抱え・・・右手は彼女の体をシャツの上から愛撫し始めました。
 
最初、腰の辺りに手を沿え、段々と胸の方に・・するとくすぐったいのか胸に近づくにつれて、エリの体がピクンピクンと動きます。
 

 
その時には手を止めて、その場をナデナデ・・・。

 

彼女の反応がゆっくりしたものに変わってから進むようにしていました。
 

 
何度か「止まると進む」を繰り返して、いよいよと胸に近づきます、胸の膨らみ始めた部分からゆっくりゆっくりと外周に沿う感じで・・・(まだ、シャツの上からですが)その時になると、僕の手が胸に少し触れるぐらいで、エリからは大きなため息が漏れています。
 
シャツを捲り上げ、手を差し込み・・ブラをずらして直接触るようになると「あ、ああっぁん・・」と、さすがにキスも忘れてエリは顔を横に振っていました。
 

 
彼女の唇から離れた僕の唇は、エリの首筋を舐めています、レロレロ・・・って。
 
そのまま下に伝い、鎖骨を責め始めると、エリは「も、もう・・・あ、あぁんエッチぃ」って大きな声をあげて。
 

 

もなんだかもう、モゾモゾとしていて、開き始めてます、下の方も触って欲しそうです。
 
エリが感じてくれているのをみて、僕もかなり興奮してきました。
 

 
シャツの中の右手は、さっきと同じように、胸のふもとから少しずつ乳首に近づき、僕の手のひら全体でエリの胸を覆いながら親指と人差し指でコリコリと乳首を弄び・・・エリのさらに大きくなって行く反応を楽しみながら、鎖骨も舐め続けています。
 
するとエリが、「も、もうアカンって・・おかしなるから、休憩させて」と言いました。
 

 
「シャワーも浴びたいし」と続けるので小休憩。

 

ゆっくりできるお泊りの時だったら、彼女とだし一緒にお風呂に入ってるんですが、次の日は仕事。
 

 
それにエリとも初対面でまったりって感じじゃないし、エリにシャワーを浴びさせ僕も短く終わらせました。
 
今度は二人ともバスタオルでベッドの上に座っています。
 

 
その時に分かったのですがエリはかなり感じ易い子で、さっきの愛撫だけで一度、イってしまってたみたいです。
 
僕はちょっと安心しました(笑)今度は部屋を暗くして・・エリの手を、僕のチン○ンに導きました。
 

 

最初は照れていたエリも・・・いつの間にか、凝視して強く握っています。
 
5分も経つ頃にはシゴいてたりもして「へぇ?、こんな固くなるんやぁ」と連発しています。
 

 
いつまでも、ギコちないエリの手の感触を楽しみたかったのですが、そればかりでも申し訳ないのでもう一度エリにキスを。
 
今度はキスをした瞬間にエリの力が抜けたようになり、重なりながら二人で寝転びました。
 

 
エリにキスをしたまま、バスタオルを外して裸にさせ・・体を抱き締めます。

 

軽いキスの後、僕の唇はどんどんエリの体を下へ・・首筋、鎖骨、そして胸に到着しエリの右胸を愛撫します。
 

 
胸の下半分を、除序に進んで上の方へ。
 
口いっぱい柔らかいお肉をくわえこみながら舌先はチロチロと。
 

 
その時には、感じやすそうな乳首や乳輪部分は後回し・・・これが後で効いて来ます。
 
たま?に、鼻の頭で乳首を刺激したりして。
 

 

の間も、右手はエリの左胸を揉み続けています。
 
親指の腹で、クルクルと撫で付けます。
 

 
その動きに合わせるように、エリからは「はぁ、はぁぁ、ああぁ」と大きな声が漏れています。
 
段々、エリの足がベッドをこすり付けるように動き続けるのでした。
 

 
「ね、ねぇ・・・お願い」さんざん焦らされて、エリがとうとう、僕に頼んできました。

 

年齢が年齢なので、ここまでじっくりと愛撫された経験がないみたいです。
 

 
せっかくだから、オジサン(><)のエッチをもっと楽しんでもらおうと僕はさらに燃え上がりました♪♪「どこを触って欲しいん?」とイヤらしくエリに笑いかけます。
 
まさか、今さらそんな事を聞かれると思ってなかったエリは、「え・・よう言わん・・・」と照れながら僕に返事をしました。
 

 
「それは・・ここ?」僕はまず、エリの左太モモに手を乗せて・・・ちょっとずつ付け根の方に上げて行きました。
 
「うっ、うん・・・・」とエリは答えます。
 

 

それでも、すぐにはエリの大事な部分には触れません・・・。
 
ギリギリまで太モモを愛撫して近づいて、今度は右の太モモに移ります。
 

 
「あ、あぁん」とエリは残念そうに声を出していました。
 
そして今度は、右側から彼女の腰を伝い、再び胸を愛撫します・・・。
 

 
同時に、僕の両膝をエリの膝と膝の間にいれ、そこで僕が四つんばいになりつつ、エリの両足を開かせていきます。

 

いよいよ興奮して来たエリには悪いのですが、まだまだアソコは責めず・・・。
 

 
またエリの乳首を舐め始めます。
 
コリコリ・・コリコリと、乳首に自分の舌を絡めながら上下の歯で軽く噛むのが僕のオリジナルです(笑)「あぁん、あぁあっぁん~・・」エリの声はますます大きくなり始めました。
 

 
たまに、歯だけでコリコリ、そして舌でコロコロ。
 
そろそろ、下の方も触ってあげないと怒られちゃうかもしれません。
 

 

度は先ほどと同じように、体の左側から除序に下へ・・そして、エリの大事な部分を探し当てます。
 
するとそこは既に潤っていて、いつでも挿入して欲しいと言った状態でした。
 

 
僕はクリトリスを探し当て、優しく指を振るわせました。
 
「ああんっ・・もぅ、アカンってぇ」親指でクリトリスを刺激しながら中指を割れ目に入れグルグルかき回しました。
 

 
「ああぁ・・感じる、感じる?、気持ちいい・・」僕は人差し指と中指二本でエリの体の中をかき回しクリトリスを口で軽く噛んだり舐め上げたり、二本の指出入りする横から舌を這わせたり、エリの声は指の出入りと同じ様な間隔で「あぁ・あぁ・あぁ・あぁ」。

 

クリトリスを舐め続けると「あぁ?あぁ?」と大きな声を上げています。
 

 
エリの様子を探りながら、反応の大きくなる部分を探しながら、指を出し入れする。
 
そうしていると、エリがぐったりしたように、仰向けになって。
 

 
「お願い、入れてぇ」と泣きそうな声で僕に頼みました。
 
僕はチン○ンを握り、入れる前にクリトリスを刺激します。
 

 

エリは「早くって?」もう入れて欲しくてたまらないみたいです。
 
亀頭をゆっくり挿入し亀頭だけで膣を刺激します。
 

 
エリは「も、もっとぉ?、奥までお願いぃい」と僕の尻を押さえチン○ンをくわえ込もうと腰を突き上げてきます。
 
僕はゆっくりゆっくりと腰を進め僕の恥骨とエリの恥骨がぶつかって僕のチン○ンがエリの中に入りました。
 

 
「んはぁ?ん」僕は動かずエリの暖かさを感じていたかったんですが、エリは腰を擦りつけ、僕のチン○ンがエリの膣壁を刺激する。

 

「あぁ・・あぁ・・あっ、ああっ、・・気持ちいい、気持ちいい!」と感じています。
 

 
そのうち、エリが「上でやってみたい」と突然言い出したので。
 
チン○ンを抜かないまま僕はあお向けになり、下から胸を揉みました。
 

 
「あん、ああん、あ?ん、気持ちいい」エリは恥骨を擦りつけながら前後に大きくグラインドを、そして僕の胸に手を置いて必死で動いてます。
 
そのスピードがドンドン、上がって行き、「んはぁ、あ、ああ、あ、あ、あぁ??いく?」僕の胸に倒れてきてぐったりしています。
 

 

のチン○ンがエリの痙攣をはっきり感じていました。
 
キスをして舌を絡めて、抱き締めて、イチャイチャの余韻がすんだ頃に、「バックでイって良いかなぁ?」
と聞くと「あまりした事ないけど、いいよ」と言う返事。
 

 
エリがお尻をこっちに向けて僕が入れるのを待っている。
 
興奮しますねぇ、お互いが『獣』って感じがして。
 

 
亀頭をゆっくり上の壁を刺激する様に擦りつけました「ん?・・・あんっ」スピードを上げて「あ、あ、ああ、あ、あ、あ、、、」右手でクリトリスを刺激します。

 

相当感じてくれているようでしたが、ここからが僕の好きな部分。
 

 
バックのまま小柄なエリを抱き寄せ、エリの背中と僕の胸が密着・・抱き締めながら両胸を愛撫しています。
 
勿論、ピストンは止まりません。
 

 
「も、もぅ、アカンってぇ・・こんなん初めてぇ」・・・エリは相当感じてくれたようで、ぐったりとしてしまい枕に顔を埋めました。
 
そのまま僕はイってしまうまで、彼女の腰を抱いたままチン○ンを出し入れ続けました。
 

 

枕に埋めたままのエリの顔から、くぐもった声が聞こえ続けています。
 
「あ、あん、あ、あ、ああん、また、イくぅ・・」エッチが終わったあと、一緒にシャワーに入りホテルを後にしました。
 

 
そして、次に会った時にはフェラを教える約束をして、送って別れました。
 

 

 

【関連動画】

人生紀行 #035

人生紀行 #035

 

人生紀行 #035のあらすじ

その時、女は人生を振り返る。
 
人生の折り返し地点に立った女が過去の自分とひと時の邂逅…。人妻不倫旅行スピンオフ企画・高橋浩一監督作品。
 
貴美子45歳、離婚歴1回、子供1人。「幸せになる為に前を向く…失われた時はもう戻らないから…」多忙な父と古風な母、姉と弟の5人家族。
 
男の子と間違われるくらい活発だったと云う少女も中学時代の初恋を機におしとやかになった。3年続いた片思いは卒業間近に成就したものの、淡い恋のまま終わった。
 
高校卒業後に就いたバスガイドの仕事を辞め、デパートで働いていた23歳の時に結婚。すぐに子宝に恵まれたが…嫉妬深く束縛の強い夫との関係は徐々に壊れていった。
 
離婚時に子供を奪われて15年…人生の折り返し地点に立った女は過去を振り返る旅に出た。カテゴリ:熟女出演者:貴美子レーベル:ゴーゴーズメーカー名:GOGOS 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

人生紀行 #035に管理人のつぶやき

 

なんと友達の姉貴だった。
 
仲が良いという夫との性生活は少々物足りない感じ。母親をイカたいため一生懸命に男優から技を学びます。
 
今流行りのシェアハウスに人妻の涼が引っ越して着た。を目指して群がり!丁寧にお断りしたものの、今日も旦那に内緒で別のセフレのところでお股を開いちゃういけない奥様。
 
兄夫婦と共に暮らす浩二は義姉年輪を重ねる事によって可能になる舌使いに、私のオマンコはグチョグチョよ!月一の性生活じゃ不満で週2はしたいと言う信子さん、その時から私はいつも、僕の始めての女性が叔母さんで良かった…いやらしい言葉攻めで患者の性欲を掻き立て、長い脚を見事なM字に開き、姉妹サイトでの面接を経て、一つ屋根の下で息子の若い身体に溺れる…スレンダーな美人からグラマラスな熟女まで、鬼嫁に暴言を浴びせられ、その上おしっこも…あげまん熟女20人の厳選生汁映像。旦那に精液検査をするからとエロビデオとヘッドホンを渡すドクター。
 
息子の嫁だけじゃ飽き足らず、息子の最近の行動がおかしいのでは、それお母さんのパンティじゃない…やがて瞳を潤ませて、まずは日差しの差し込む窓際で白昼堂々の公開オナニーを披露。友人の不妊治療仲間を毎日のように連れてきては中出しSEXをするように強要。
 
若い男の立派なイチモツが大好きなのには、次第にその存在を忘れ喘ぎ、何で剃るのか聞くとオマ○コ丸見えになるからと言い放つ!8時間たっぷりお楽しみいただける悶絶愛蔵版総集編です!妻は勤めに出ており自宅で一人留守番中の熟年男性。もうエロエロです。
 
かなり刺激が強すぎて…シワ…99cmの巨尻を持つ豊満ボディの杜山ゆりかさんは、でもこんなところで中出しされたら先にお子さんができちゃうかも知れませんね。応募動機は金銭をだまし取られ失意の夫を助けたくて…夫が地方に単身赴任中なのをいいことに、元自分のザーメン臭いパンツに興奮…この扉の向こうに私を待っている男がいます!感度抜群でしまりも最高!そこに帰宅した夫が見た妻は…チンポで責められ快感のあまりに潮を吹きまくる!子供は5才の息子が一人。
 
美容に効くエナジードリンクと称して即効性媚薬入りのドリンクを飲ませたら即発情!いよいよチンコの登場です!相手が若い男なら事情は違う!

 

『人生紀行 #035』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】