告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

清楚系の美人薬剤師さん脱いだらすごかった……チューブトップを下ろしたらパイズリ余裕な巨乳がポロリw

読了までの目安時間:約 9分

間の病院で働いています。
この病院での飲み会ですごくおいしい体験をしたので書かせてもらいます。
 

この病院では年に2回病院全体での大きな飲み会があります。

 

清楚系の美人薬剤師さん脱いだらすごかった……チューブトップを下ろしたらパイズリ余裕な巨乳がポロリw(イメージイラスト1)

 

6月と12月にありますが、基本的に全職員が参加します。
 

この病院は規模は大きくはありませんが、毎年10人程度新入職員がはいってきます。
昨日はこの飲み会の1回目。
 

 

飲み会ではこの新入職員の顔みせもかねておこなっています。
新入職員といっても大学や専門学校をでたばかりの若い子ばかりではなく、転職してきた三十路、四十路もいます今年病院に勤めだした薬剤師の中にKちゃんという女性がいました三十路前半でしょうか。
 

以前は別の病院で勤めていて今年からこの病院にうつってきたとのことでした。

 

清楚系の美人薬剤師さん脱いだらすごかった……チューブトップを下ろしたらパイズリ余裕な巨乳がポロリw(イメージイラスト2)

 

は小柄で童顔、胸が大変大きく女の看護士さんも噂をしているような色っぽいアラサー女子でした。
 

顔はかわいらしく、誰とでも打ち解けてはなすとてもいい子でした。
飲み会でも少し話せたらいいなと思っていました。
 

 

一次会は全くからむことなく終わり(この時点で自分はかなり酔いが回っており、まわりもかなりお酒に飲まれている様子でした)二次会では40人くらいはいれる畳の居酒屋でした。
偶然にも比較的Kちゃんと近い席(斜め前)になりました。
 

まわりは看護士さん(けっこう年上の人ばかり)でしたが、Kちゃんがいたのでテンションはあがっていました。

 

最初はフツーに会話をしていたのですが、途中である看護士(30台後半Aさん)がKちゃんについていじりだしました。
 

Aさん:Kちゃん彼氏は?K:いないですよ~。
前の病院の時はいたんですけど、分かれちゃいました。
 

 

A:え~そんなにかわいいのに。
言い寄ってくる男とかいるでしょ?K:そんなのいないですよ~。
 

出会いとかないですし(笑)かわいくもないですし~かわいいといわれKちゃんは恥ずかしそうです。

 

さらにAさんの質問攻めは続きます。
 

A:じゃあ最後にエッチしたのは~?そんなにスタイルいいのに彼氏いないなんて。
K:もう前すぎて忘れましたよ~。
 

 

そんなこと聞かないでくださいよ。
A:エッチもしてないのにそんなに胸大きくなるんだ~K:胸大きくないですよ~Aカップくらいです(笑)こんな会話が続いていました。
 

誰もがいやいや、Aって、と思ったに違いありません。

 

A:そんな分けないでしょ。
 

私が判定してあげるわ。
というやいなや、服の上からKちゃんの胸を上下にもみだしました。
 

 

Aさんは酔っているため手をとめません。
A:ん~FかGくらいはあるな~Kちゃん、正解は?K:そんなの言えないですよ。
 

A:先輩命令!ちゃんと教えないと。

 

AさんはKちゃんの胸が気に入ったのかちょくちょく胸をもんでいます。
 

Kちゃんはその時黒のチューブトップの上に白いシャツを羽織っていたのですが、チューブトップの上から深い谷間とピンク色のブラジャーが見え隠れします。
Kちゃんもみんなの前で女性にとはいえ胸をもまれて恥ずかしいのでしょう。
 

 

がまっかになっていました。
K:じゃあAさんにだけですよ。
 

○○○です。

 

とAさんに耳打ちしました。
 

するとAさんはA:え~そんなに大きいの?想像以上~といっています。
想像ってさっきFかGカップの超爆乳だけど生でみたらどれだけ大きいのだろう。
 

 

と思って興奮していました。
Aさんは隣にいた20台後半の看護士に耳打ちしKちゃんの言葉をさらに伝えたようでした。
 

しかし、その看護士(Tさん)は、あっそうみたいなリアクションであまり関心をしめしません。

 

々聞いた話なのですが、この看護士はAさんのことをあまりよく思っていなかったようで、後の飲み会では「本当にむかつく」といっていたそうです。
 

このときはそんなことは微塵も知りませんでした。
T:胸なんて大きくてもあんまりいいことないですって。
 

 

とAさんに言っています。
しかしAはA:でもさ~男の人ってやっぱり大きいの好きなんじゃないかな。
 

私も胸ないしうらやましいけどT:そうですけど、私はあそこまでは必要ないな。

 

男に体目的でせまられそうだし、だから彼氏いないんだよ。
 

と言い放ちました。
これを聞いて酔っ払っているKちゃんはさすがにいらっとしたのか、言い返しました。
 

 

K:何ですかその言い方やめてくれます。
人が男に遊ばれて捨てられてるみたいに。
 

それとも自分が胸ないからひがんでるんですか。

 

これに対してTさんは逆上し、立ち上がってKちゃんの反対隣に座りました。
 

そしてT:あんたねというやいなや、Kちゃんを押したおしました。
殴りこそしなかったですが、Kちゃんを上から押さえる形になりました。
 

 

そして次の瞬間、T:そんなに胸でかいのが自慢ならみんなにみせてあげなさいよ。
といって、チューブトップをずるっとしたまで下げました。
 

Kちゃんの胸からはピンクの花柄のブラジャーが丸見えです。

 

かしTさんはまだやめません。
 

抵抗するKちゃんを押さえつけ、まわりの抑える看護士さん達をはらいのけ、ブラジャーまで肩のところまであげてしまいました。
Kちゃんの超爆乳は丸見えです。
 

 

真っ白な胸に色の白い大きな乳輪。
乳首は小さくややぴんくがかった茶色でした。
 

僕たち男性陣はなにがおこったのかわからず唖然とKちゃんの胸を見つめていました。

 

Kちゃんは抵抗していますが、全く抵抗できていません。
 

まわりの看護士さんが方が押さえつけてやっとことは収束しました。
しかしKちゃんはあまりのショックに唖然状態。
 

 

には大粒の涙をうかべていました。
KちゃんはAさんたち看護士さんにつれられて帰っていきました。
 

明日からまた仕事がはじまりますが、Kちゃんは仕事にもどってくるのか心配です。

 

あまりに興奮したので、飲み会から帰ってすぐ書かせてもらいました。
 

 

★母ちゃんが僕を父ちゃんと間違えてディープキス2★ 近親相姦映像を見たいヤツが集まるページ!

泥酔して帰ってきた千里を息子の真琴が介抱しようとするが・・・

【★母ちゃんが僕を父ちゃんと間違えてディープキス2★ 近親相姦映像を見たいヤツが集まるページ!】-1【★母ちゃんが僕を父ちゃんと間違えてディープキス2★ 近親相姦映像を見たいヤツが集まるページ!】-2
【★母ちゃんが僕を父ちゃんと間違えてディープキス2★ 近親相姦映像を見たいヤツが集まるページ!】-3【★母ちゃんが僕を父ちゃんと間違えてディープキス2★ 近親相姦映像を見たいヤツが集まるページ!】-4
【★母ちゃんが僕を父ちゃんと間違えてディープキス2★ 近親相姦映像を見たいヤツが集まるページ!】-5【★母ちゃんが僕を父ちゃんと間違えてディープキス2★ 近親相姦映像を見たいヤツが集まるページ!】-6


久しぶりの飲み会でハメを外しすぎた千里は、つい飲みすぎてしまう。


あなた~会いたかったわ。

レーベル:VENUS、  出演者:、  作品タイトル:母ちゃんが僕を父ちゃんと間違えてディープキス2


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
★母ちゃんが僕を父ちゃんと間違えてディープキス2★ 近親相姦映像を見たいヤツが集まるページ! に管理人のつぶやき
 
女性教諭の声が響く。挿入する。中出しされるとは知らない女優をしかも都内超高級住宅地に住む有名私立K○大学在学中のお嬢様!それをしかし二人からの舐めくすぐりに次第に笑い声を恥ずかしくて生きていけない!捕らえられ、AV女優ではない普通の女の子のセックス!完全撮りおろしプラス今回は特典としてバズーカ人気作品の総集編もついた240分豪華特別版!指やオモチャを長身エロボディ、見開いたままウットリと・・・萌える衣装に身を犯す計画を理性の命令を生挿入・・・思うまま蹂躙。満足させるばかり。
 

 

最近密かに話題になっている女が褌で活躍するお下劣なお祭りでラッキースケベできたった話w

読了までの目安時間:約 25分

んにちは。
『Yu男』という者です。
 

一夫一妻制は、つい最近出来上がった夫婦の形で、昔は契りあうのは必ずしも生涯1人と言う事は無く、いろいろな夫婦の形があったようです。

 

最近密かに話題になっている女が褌で活躍するお下劣なお祭りでラッキースケベできたった話w(イメージイラスト1)

 

そんな男女の出会いの場と農村の楽しみの一つとして、祭りが有り、その時は無礼講となって未婚・既婚に関わらず性欲が欲するままに活動をしていました。
 

そんな訳で古来祭礼には、性的な部分が含まれ、明治時代に入っても一部の地域では、性的祭礼が行われていたようです。
そうは言っても昔は子供の生存率が極端に低くて、生む事が大切だった事もあるのかもしれませんね。
 

 

ここも、近年まで、そんな慣習がまだ残っていました。
去年の夏、私達夫婦がはまってしまった・・はめられた・・そんな祭りでの話です。
 

私の祖父の田舎から少し離れたある地域では、毎年、夏祭が行われます。

 

最近密かに話題になっている女が褌で活躍するお下劣なお祭りでラッキースケベできたった話w(イメージイラスト2)

 

輿を担いだり、露天が出ていたり、一見普通のどこにでもあるような祭りです。
 

その祭りは、私が学生の頃、たまたま祖父の家に行った時、その地区の遠縁の親戚に臨時で神輿の担ぎ手をしてくれないかと、頼まれた事が始まりでした。
実はこの祭りこそ、私が童貞を卒業した思い出がある物でした。
 

 

この地区の祭り衣装は、キリリと締め込んだ褌姿と決まっていました。
私も当然のことですが、褌にさせられました。
 

都会育ちの私の事、長くて白い布を渡され、どうするのか判らず、年配者から褌を締める指導を受けて自分も全裸になってから褌を締めましたのですがその時は、ユルフンだったようで、揉み合っている最中に褌が解けてしまい、全裸になってしまった経験があります。

 

お尻は丸見えですし、前袋もかろうじて局部を覆うだけで、毛深くない私の陰毛もはみ出し、全裸に近い状態で、恥ずかしかったのですが今は、幅を半分にしてよじる様に巻いていくと褌の出来上がり、この姿が一番格良く見えると思ってます。
 

ハレの舞台・・神様の前では、何も着けない姿での奉仕が必要でした。
昔は男も女もそうだったのでしょう。
 

 

からこの日だけは特別。
普通だったら猥褻物陳列罪なんて罰則があるのでしょうが、こんな姿で町中のうろうろしていてもOKなのです。
 

暑い盛り、裸のほうがとても気持ちよく、また肛門にくい込む締め込んだ褌が男の機能を高めている様にも思います。

 

祭りの興奮も重なり、力水をかけられ、濡れて透けた褌の布越しに勃起しているのが丸分かり状態となっていました。
 

この祭りでは、そんな男衆が名物なのか、町内以外の人達も見に来ていて、女性達も男のそんな姿形を見るのが楽しみのようでした。
そんな訳かどうか、この祭りは女に許された男のストリップと言ってもいいのかも知れません。
 

 

そんな状況なので、いったん外に出てから帰るまで褌姿です。
2回目か3回目かの祭りの時、御神酒の酔いも手伝い、町中を抜けておじさんの家に帰ろうと歩いていたときでした。
 

「あっ、Yu男ちゃん・・よね~」と言う女の声でした。

 

齢が近く、おじさんの家で遊んだ記憶がある女の子がいました。
 

その声は、すっかり大きくなったその子でした。
大人の女に変身し、浴衣姿の彼女は、ほんのりと石鹸の良い香りがしています。
 

 

その時も濡れた褌に亀頭の形を浮かび上がらせている状態でした。
そんな私の股間をちらちら見ながら「帰るの~」と言う彼女に「うん」と頷く私でした。
 

「Yu男ちゃん久しぶりよね~」と言いながら一緒に歩いていました。

 

ノーブラで浴衣を揺らす乳房と浮き出る乳首のシルエットに、やりたい盛りの私の褌の中はパンパンになっていました。
 

既に大人の女の仲間入りをしていた彼女には、私の欲望がその形で判っていて、そんな童貞男に、昔の馴染みでさせてあげようというのでしょう。
おじさんの家まであと少しの所で、彼女が私の手を握り、茂みのある林の中に引っ張られました。
 

 

瞬どきっとしました。
嫌と言う訳はありません。
 

私も彼女の手を握り返し秘密の場所に向かいました。

 

木から漏れている月明かりだけが照らした暗がりには、風が木々を揺らしている音がするだけでした。
 

童貞だった私には、これから彼女をどうしようかと考えるのが精一杯でした。
しかし、そんな心配もたわいもない事だと判りました。
 

 

彼女は私の褌の後に手をかけると、腰の巻きついている端所を手慣れた手つきでゆるめ、解いてしまいました。
そして全裸にさせられると、冷たい夜の空気に私の物が縮み上がる感じでした。
 

半立ち状態のそれを握り、せわしなく上下に動かし始めました。

 

がその動きに合わせて動き、さきっぽは針で突っ付いたらパチンと破裂しそうな位にパンパンに腫れていました。
 

しばらく彼女の奉仕が続いていました。
すっかり、元気になった私を見て、彼女は、浴衣をまくり上げて、木に手を着くとバックで誘います。
 

 

初めてなのと暗がりに彼女の性器の入り口が判らず突いているだけの私の物を彼女は握り、導かれて挿入を果たしました。
熱いって感じでした。
 

初めて女の人の体温を感じました。

 

そうは言ってもこの時が初めての私、華奢な体の彼女があえいでいる姿と、彼女の中に出たり入ったりしている自分の物を見ていると急に射精感が高まってきて、ぬるりと抜いたとたんにドバッと精液を放出してしまい、それこそ彼女のふくらはぎや太股にもかかってしまいました。
 

あまりの早さに気まずさが残りましたが、彼女は逆に「良かったよ」と言ってくれました。
そして「Yu男ちゃん初めてなの?」と聞かれ、うんと頷いてしまいました。
 

 

は平気よねと言いながら、全裸になると草の上に仰向けに寝そべりました。
そして、正常位で合体すると、今度は一度放出したため、余裕が出ていました。
 

彼女の上で腰を振りながら、生暖かい膣の温度を感じ、ぎゅっと締めつけて来る膣の感触に余裕もどこかに・・完敗でした。

 

すべて終わり、彼女は、精液を私の褌で拭い、パンティーの履き、私も褌を締め、身支度を整えてそそくさとそこを後にしました。
 

そして彼女を家まで送る間いろいろと聞くと、彼女の初体験もそんな因習の中で、親子ほど離れた男にバージン捧げたようです。
実際初めてにも関わらず、痛さや怖さもなく、逆にセックスの良さを教えてもらったそうで、初めからエクスタシーに達したと言う事でした。
 

 

その後、セックスの喜びを知った彼女は、祭りの夜には、男女の儀式をするのが恒例となっていたのですが、今回は通り掛かった私が・・と言う事でした。
彼女は「Yu男ちゃんの初めての女になれて嬉しい・・」と言ってくれました。
 

そういってくれると気分が高揚していた私でした。

 

じさんの家に帰ると、前日より遅く帰ってきた私を見たおじさん・おばさんは、多分判っていたようでしたが・・その後も数回彼女とセックスをしたのですが、そんな彼女は、私の妻ではなく他人妻となっていました。
 

お互い住んでいる場所が遠いと言うのが原因でしたが、私は、今の妻と社内結婚しました。
祭りへの参加もこれを機会に足が遠のいていたのですが、妻がたまたま、私が持っていた褌を見つけ、妻もどう思ったのでしょうか、そんな褌を見つけて着けてみてよと言い、実際に着けてみると祭りへの思い出が蘇ってきたのです。
 

 

裸同然の褌姿で闊歩する気持ちよさと、いやらしい因習に、ドキドキする興奮を抑える事が出来ず、ご無沙汰していた、そんな祭りに参加しようと思ったのでした。
もっとも、妻を連れてそんな事ができるなんて思ってもいませんでした。
 

ただ私も含めた裸の男衆を妻に見せたらどうなるのかだけでした。

 

連絡してあったおじさんの家に到着すると、地域の祭りなので、規模は大きくは無いのですが、なんせ年に一回の事、町中が賑わい、私の様な若年者より、中高年の方がはるかに元気です。
 

おじさんの家で、妻を浴衣に着替えさせ、私は、自分の褌を持って地区の集会場に行って着替えます。
当時と違って柄物の褌も見受けられ、よその人もいるようですが、私はおじさんの地区の申し渡しである白(もっともだいぶくたびれていますが)です。
 

 

々に褌に私の物も半立ち状態となりましたが、ぐっとお尻にくい込ませ、褌を締めると気持ちが引き締まりました。
浴衣姿に着替え集会所に来ていた妻は、初めて見た褌姿の私に、「凄い格好・・」と言っていましたが、廻りの男衆も同じなので、目のやり場に困っている様子でした。
 

もっとも、妻にそんな姿を見せるのはこれが初めてで、妻も全裸に近い褌姿の男衆に囲まれてびっくりしている様子で、この瞬間に立ち会わせ、目的の一つを達成しました。

 

そんな時、露店巡りをしながら妻と境内を歩いていると、かつて童貞を卒業させてくれた、思い出の彼女が赤褌の男と居るのを見つけました。
 

さすがに気まずい感じがしたのですが、向こうから私達を見つけると彼女が声をかけて来たのです。
聞くと、そんな彼女も既に結婚していて、毎回、夫婦で祭りに参加しているとの事でした。
 

 

嫁いだ先が近所ですが、別の町内となっていて、一緒にいたのは彼女の夫でした。
夫の方も祭りに参加していて、きりりとした赤褌でした。
 

彼女のかつての顔だちはそのままでしたが、それよりも気になったのは彼女の夫の方でした。

 

褌姿の男は、一回りぐらい年上の様に見え、全身毛むくじゃらでした。
 

足や腕はもちろん胸毛も生えていて、前部は腹毛か陰毛かを区別しずらい状況です。
しかし、筋肉はもりもりとしていて、肉体労働を主にしているのがわかります。
 

 

そして、妻ならずとも一番に気になったのは、赤褌の中身でした。
でかい・・・その一言です。
 

赤い布の前袋に収まっていますが、上を向いているのが分かり、そして突き抜けない様に斜めに収納されています。

 

剛毛の中のシンボルを浮かび上がらせた赤褌が妻の目を引きつけていました。
 

私達と彼女達は「こんにちは」
「こんにちは」と形通りの挨拶。
「どうしているの・・奥さん?」などの会話をして、その場は別れたのです。
 

 

とで、「あの人は誰?」と言う妻には、昔のここの幼なじみみたいな人だよと言うと「えっ、随分と年取っているみたいだけど」
「いや、奥さんの方だよ」
「あっ、そうだったのご主人の方だと思っちゃった」
「俺も初めて見たよ・・んっとデカカッタな」
「うん・・あっ、いや~ね~」女性を興奮される物があるのでしょうか、裸の男衆に慣れてきた妻は、最初の時と違って、褌姿の男達の品評を言っていました。
(前袋の大きさですね)。
 

さて、何度目かの神輿担ぎの仕事が廻ってきて、妻をおいて、みんなが集まっている所に行き、それが終わって次の担ぎ手に渡すと、ずぶ濡れになった私にタオルをかけてくれる人が居ました。

 

先程の彼女でした。
 

彼女も一人でいて、今度は私と2人だけで、祭りの喧騒から離れた場所に行き、妻がいて話せなかった事の続きをしました。
話はお互いの事でした。
 

 

自分も妻との話をしたのですが、私は彼女とその夫の事が気になっていました。
「随分と年上の様だけど」と言う私に、そう、一回りも上の男でした。
 

お互いが知り合ったのもこの祭りがきっかけでした。

 

時、学生であった彼女に大人のテクニックを教え、いつまでに無い快感に夢中になってしまったそうです。
 

男の方も随分と若い女の子に夢中になっていたでしょう。
そうなると結婚へと進むのは早かったようです。
 

 

しかし、私は、彼女の夫の持っている物もそんな事を後押ししたのではと思いました。
華奢な彼女があんな物に突かれてはたまらないだろうなと 人妻となっても、かつては童貞を卒業させてくれた彼女を見ていると、あの頃と違って別の色気が出ています。
 

そんな目で見ていると、褌の中の物が勃起し、形があらわになってきました。

 

そんな様子を見た彼女は、すすっと褌越しにさすると、手を握り、こっちにいらっしゃいと引っ張られました。
 

神社から離れたとある場所、・・そうそこは私達が初めてした所でした。
褌の前袋から手を入れられ、勃起している私の物を上下に擦られると巧みなテクニックにもう出そうです。
 

 

かさず褌を脱ぎ、彼女の浴衣をまくり上げるとパンティーを履いていません。
少し驚いたのですが、欲情している私はすぐにバックで挿入していきました。
 

グニュグニュとした彼女の膣を味わいながら、射精感が高まってきました。

 

「出そう・・」
「いいわよ」と言う彼女・・彼女のお尻の割れ目から出入りしている自分の物を見て、私は興奮し、旅行中ずっと溜まっていたせいもあって、我慢の限界でした。
 

あやうく中に出しそうな所で抜き、地面へと一気に放出していました。
この祭りは無礼講・・誰もしている事なのです。
 

 

さきっぽから白い液体を滴らせながら、ふと我に返ると、そう言えば妻を忘れていた事に気がつきました。
捜そうと思い、再び褌を締め込んで彼女と別れようとすると、「私の家にいるかもね」と言ってきました。
 

どうして?と言う私に、「さっきYu男ちゃんが神輿を担いでいた時、奥さんがいたのを見つけてね・・」と、彼女達夫婦は、一人で居る妻を見つけると、話しかけたのですが、その際に私と彼女との事を話してしまったそうです。

 

婚した時、私も妻もお互い処女でも童貞でも無かったのですが、さすがに目の前に居る女性が夫の初めての人だと知ると複雑な顔をしていたそうです。
 

そんな顔色に、彼女はこの祭りは、そんな物なんですよと言った後、今度は彼女の夫が妻に休憩しないかと勧め、妻は私の事があるからと言っていたそうで妻を休憩させる代りに、彼女が探して来てあげると言ってここに居るのでした。
彼女達はこの祭りの期間、夫婦間以外のセックスの相手を求めていたのでした。
 

 

だから彼女達は毎回参加し、お互い見つけた相手と交わっているのでした。
今回、彼女達の獲物にされたのは私達夫婦だったようです。
 

つまり、彼女達夫婦は、彼女と私をセックスさせ、それを妻に教える事で、妻が必然的に彼女の夫への貢ぎ物なる事を承諾させる計画だったようです。

 

彼女からは、「さっき、うちのがYu男ちゃんの奥さんを見てやりたいって言っていたし、それに都会の女って好きみたいだしね」
「えっそんな」と言う私に対して、「だってYu男ちゃんもそれを期待してここにきたんでしょう」・・・彼女の言う事は半分当たっていました。
 

本当は、夜の祭りは、彼女ではなく妻と・・・と思っていました。
しかし、脱童貞を手伝ってくれたかつての彼女と遭遇してしまい、そしてセックスをしてしまった事で、事態は急展開となってしまいました。
 

 

ちろん、彼女の旦那は、私を童貞卒業させてあげた事や、今日もこうして彼女と交わっている事は知っていました。
そんな調子だから、逆に私の妻としてもおかしくはないと思っている様です。
 

その実家から数十メートル離れた所に彼女夫婦の家がありました。

 

実家は大きな土地をもっているらしく、一族がその土地内に住んでいる感じです。
 

彼女の後について行くと、家の中から声がしていました。
その中には案の定、聞き覚えの有る妻の声も混じっていました。
 

 

しかし、その内容は、会話している様子ではなく、歓喜の声でした。
彼女の後に続いて広い玄関を抜けると、大きな仏間があり、妻がそこにいました。
 

妻は正確には四つんばいで全裸になっていて、彼女の夫がそんな妻を後から責めている所でした。

 

側が開け放たれ、庭先から2人の様子がよく分かります。
 

縁側には脱ぎ捨てられた妻の浴衣とパンティーが散乱し、そして、その近くに男の赤褌の長い布きれの一部が妻の体の一部に巻きついています。
毛むくじゃらの赤黒い大きな男が、白い妻の体を覆いかぶさる様に激しく責めたて、ぐちゃぐちゃと音を立てています。
 

 

激しい責めにつらくなった妻が、前に突っ伏して倒れると、妻の性器から,男の黒光りしている大きな肉棒が抜けました。
天を向いてそそり立つ黒い肉棒に白く泡だった液体が絡みついていました。
 

肩で息をしている妻を仰向けにすると彼女の夫は妻の太股の間に入り、その巨根を一気に突きたてました。

 

ビクッと妻の体が震えた様でした。
 

奥まで進むと、妻を抱き起こし、毛むくじゃらの太股の上に乗せました。
大きな男の膝の上に乗った座位の形をとり、妻は自ら男の首に腕を回して、抱きつき、そしてディープキスを始めました。
 

 

黒くて、毛深い男の体と対照的に妻の白い体が絡み、ジュッジュッと言う妻が男の唾液をすすっている音がしていました。
既にこの段階で私の褌の中の物と猛り狂っていました。
 

庭先から妻と男の艶色演技を見るのが精一杯で、何もできました。

 

再び妻を下にして、のしかかっていた男は、射精の時が近づいているようでした。
 

男は妻に「このままいいだろ・・なっ」中出しを要望していてした。
妻は、いやいやと言う素振りをしていましたが、激しく突きたてている男の動きに耐えられなくなったのか、うんうんと頷きました。
 

 

彼女の夫は、妻の上で振っていた腰を妻の股間に密着させ、黒光りしている物を奥まで突きたてると、ビクッと震える様にして射精をしていました。
しばらく精液を絞り出す様にビクッビクッと体を震わせていた男が妻から離れ、妻には祭りで汚れた男と肌を合わせた為、白い体に男の砂が付き、汗が滴っていました。
 

しばらく放心状態の妻でしたが、のろのろと起き立ち上がると、妻の太股の間からは、どろりとした白い精液が垂れていました。

 

たわる気持ちは確かにありました。
 

しかし、そんな事より、今妻を抱きたい。
それだけでした。
 

 

彼女の夫がティッシュとタオルを出してくれ、妻の膣からあふれて来る精液を丁寧に拭き取っていました。
ティッシュを押し当てたまま、パンティーを履いた妻は、彼女の夫に向かい合うと、首に手を回して再びキスをしていました。
 

男の方もそんな妻に答える様に舌を差し入れたディープキスをしばらく続け、そんな二人が離れたのはカップ麺が出来る時間以上たってからでした。

 

妻は、パンティーからティッシュを取り出し、そそくさと浴衣を着るとなにも無かったかのように髪を整えています。
 

彼女の夫の方も再び赤褌をしめ込んで妻の体液まみれになっていた肉棒を前袋にしまい込むと、妻を伴って家の奥に入りました。
いつの間にか彼女はどこかに行ってしまっていなくなっていて、私は庭先からそっと出て、表に廻ると、妻と彼女の夫が二人して出てくるのを見届けました。
 

 

の中の物を勃起させた姿のまま神社の方に引き返しました。
みんながそんな姿を見ている様で恥ずかしかったのですが、先程の興奮はそれを上回っていました。
 

しばらく神社の境内に居ると、妻が何食わぬ顔で私の所にきました。

 

「どこにいたの?」と逆に妻の方から「う・うん・・」こっちが責められている感じです。
 

「探したんだから」
と妻「ちょっと良い?」
「何?」と妻を引っ張って行った先は・・先程彼女とした所でした。
妻の匂いに混じって、先程の男の汗の匂いが私の鼻をくすぐります。
 

 

舌を絡めあった唇はイヤラシク開かれています。
たまらず・・妻と交わったのですが、普段・・欲情してもそれをなかなか表さず、しかも屋外で有るのにもに関わらず、珍しく声を出して乱れていました。
 

妻の膣には男の精液が残っていたのか、いつになく濡れた感じとともに、大きな肉棒で拡張されたのかゆるゆるとした感じでした。

 

ちろん、結婚前に既に処女では無かった妻は、今時の女性と同じく人並みの男性経験があるはずですし、驚く事は無いのかもしれません。
 

逆にあの男には中出しをさせたのにも関わらず、バックで喘いでいる妻を可愛く思えていました。
遅くなって帰った私達夫婦を見ておじさん達は、「Yu男も〇〇さん(妻)もこの祭りを楽しんでいたようだね」おじさん達は遅くなった理由が何かを悟っていたようでした。
 

 

翌日、祭りの最終日、昨日と同じ祭りの喧騒があり、褌姿の男衆の中に、昨日と同じ赤褌姿の彼女の夫がいました。
今日は別の女性と何やら楽しげな様子です。
 

妻は、知らん顔をしていましたが、昨日の妻の性行為を思い出し、今日の標的となっている女性も妻と同じく様に因習の犠牲になるんだろうかと思うと、興奮を覚えてました。

 

妻は、未だにあの事は、秘密にしておくつもりの様です。
 

しかし、いつかは彼女達夫婦のように、その因習の中に私達夫婦が入れる様になりたいと思っています。
もちろん、今年も祭りに参加するつもりですし、逆に妻から行こうと言われてました。
 

 

年の目玉は、女神輿をやる予定だそうです。
いろいろと問題は有る様ですが、地域の活性化なんでしょうか・・妻に「やってみたら」と言うと、「私も褌なの?」って本当は知らないのですが、「うん、多分そうだよ」と言うと、どうしようか悩んでいた様ですが、先日私に着け方を教わりにきました。
 

 

★妹よ…義父と義兄と実兄。★ 近親相姦DVDで抜きました。

そのためなら僕は死んだっていいと思っている。

【★妹よ…義父と義兄と実兄。★ 近親相姦DVDで抜きました。】-1【★妹よ…義父と義兄と実兄。★ 近親相姦DVDで抜きました。】-2
【★妹よ…義父と義兄と実兄。★ 近親相姦DVDで抜きました。】-3【★妹よ…義父と義兄と実兄。★ 近親相姦DVDで抜きました。】-4
【★妹よ…義父と義兄と実兄。★ 近親相姦DVDで抜きました。】-5【★妹よ…義父と義兄と実兄。★ 近親相姦DVDで抜きました。】-6


妹が幸せだったらそれでいい。


僕と妹が母親に連れられて新しいお父さんの家を訪れたのはとある夏の日だった。

レーベル:First Star、  出演者:、  作品タイトル:妹よ…義父と義兄と実兄。


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
★妹よ…義父と義兄と実兄。★ 近親相姦DVDで抜きました。 に管理人のつぶやき
 

 

 

俺の精液が原因で子供ができない……産婦人科で相談したらクールビューティな女医さんが「検査する」と言い出して……

読了までの目安時間:約 10分

婚して4年。
どうしても子供ができません。
 

俺も家内も子供が欲しいので ちょっと焦っていました。

 

俺の精液が原因で子供ができない……産婦人科で相談したらクールビューティな女医さんが「検査する」と言い出して……(イメージイラスト1)

 

妻は産婦人科に行っていろいろな検査を受けました。
 

その結果を聞くと 特に異常はないようです。
産婦人科の医者は 「旦那さんにも検査を受けてもらうように」と家内に言ったようです。
 

 

俺は はっきり言って とても嫌でした。
何か異常があったら男としてかなりショックだろうとも思いました。
 

でも 産婦人科の医者は 俺の検査結果が知りたいと言うそうです。

 

俺の精液が原因で子供ができない……産婦人科で相談したらクールビューティな女医さんが「検査する」と言い出して……(イメージイラスト2)

 

うしようもありません検査の方法についても不安でした。
 

男性不妊のことについてインターネットで調べたり 本をこっそり立ち読みしたりしました。
検査には「視診」
「触診」という言葉が出てきます。
 

 

すごく嫌でした。
でも 意を決して 近くのなるべく小さい泌尿器科の個人医院に行きました。
 

待合室には2 3人しかいません。

 

皮膚科もあるからか 女性だけでした。
 

受付に行くと 中年の看護婦さんに「どうしました?」と聞かれました。
俺は「不妊の検査を・・・」と言いました。
 

 

りの女性に聞かれたのは明かです。
いたたまれない思いで待っていると 先ほどの看護婦さんに名前を呼ばれました。
 

いよいよです。

 

診察室にはいると 50歳くらいの紳士的で物腰の優しそうな医者でした。
 

看護婦さんは 先ほどの一人だけみたいで 受付窓口のほうに行ってしまって 俺はホッとしました。
医者と二人だけで 問診が始まります。
 

 

「おたふく風邪にかかったことはある?」
「大きな病気になったことは?」
「長い間飲んだ薬はある?」
「勃起はうまくいく?」
「性行為は満足できるくらいになる?」
「射精は正常に膣の中にできる?」かなり恥ずかしかったけれど それなりにまじめに答えてました。
医者は「それじゃあ 診察してみるからね。」と言いました。
 

 

は「いよいよだ」と胸がどきどきしました。
「ここのベットに仰向けに寝てください。」と言われたので スリッパを脱いでベットに横になりました。
 

 

服は着たままです。
医者は 俺のシャツの裾を胸の上までまくって 内科の医者と同じように聴診器で診察しました。
 

腹を押して診察するのも内科と同じです。

 

しかし・・・・・医者はジーンズのベルトの金具をカチャカチャと音を立ててはずすと チャックを下げてきました。
 

「腰を上げて」と言われたので ほんのちょっと腰を上げたら ズボンとトランクスを一気に膝まで下げられました。
蛍光灯の明かりが 俺のペニスをくっきりと照らしています。
 

 

の付け根にのたりと横たわっています。
医者は ペニスを下腹に移動させ 陰嚢の中身をぐりぐりと触診しました。
 

ちょっと痛かった。

 

「ここが固くなっている場合があるんだよ。でも 大丈夫だね」と言って 睾丸を持ち上げます。
 

見ていたら 自分のペニスも陰嚢もぶるんぶるんともてあそばれているようです。

 

「陰茎も正常だね。」と言います。
 

俺は包茎ではありません。

 

かし その直後 医者の指で持たれていたペニスが勃起し始めてしまいました。
 

俺は 焦りました。
しかしどうすることもできません。
 

 

どんどん大きくなって 完全勃起状態になってしまいました。
医者は無表情ですが 俺は必死です。
 

心臓の音が自分でも聞こえるほどでした。

 

医者は勃起したペニスを横によけながら触診を続けます。
 

「それじゃあ このままベットの上に立ってください。」と医者は言います。
 

 

は 仕方なく 勃起したペニスのまま立ち上がりました。
ジーンズが下まで落ちるので おさえていたら 手を払いのけられて ジーンズは足首まで落ちました。
 

下半身は丸裸と同じです。

 

勃起したペニスを医者の顔に向けました。
 

俺は腰が引けてしまいます。
医者は 俺の陰嚢を両側から指で押さえました。
 

 

「おなかに力を入れて。」と言います。
 

俺は 息を止めて「うんっ」と腹に力を入れました。

 

2 3回繰り返します。
 

その度に ペニスがヘソにくっつきそうに堅く勃起します。
医者はそれをじっと見ています。
 

 

「精子が通る道に瘤ができることもあるんです。それを確認しました。大丈夫です。」と言って もう一度仰向けに寝るように言われました。
 

 

俺は 自分のペニスを見ました。
恥ずかしいことに ペニスの先から汁が垂れ下がっていました。
 

俺は とっさに指でぬぐいます。

 

者は 「寝たまま あぐらをかくように足を上げて。」と言いました。
 

俺は 股を開いて足首を重ねて手で持ち あぐらをかく姿勢をとりました。

 

勃起したペニスも陰嚢も肛門も丸見えです。
 

そうしたら なんと!横に看護婦がいるではないですか。
看護婦は 医者に指サックをつけて潤滑剤のようなものを塗らせました。
 

 

看護婦は ペニスがよく見える位置に立ち 俺の尻の肉を左右に広げます。
医者の指が肛門に入ってきました。
 

思わず力が入り 括約筋を締めました。

 

を開けて力を抜いて。」と言われました。
 

言われたとおりにしたら ヌルッと指が入ってきました。

 

おし○こがしたい感じと腰が浮き上がるような快感?に「ううっ」と声が漏れました。
 

指が前後左右に動くたびにペニスがびくびく動き またペニスの先から汁が垂れました。
「前立腺も異常ありません。これで終わりです。」医者は淡々と言って 指を抜きました。
 

 

俺は 恥ずかしくて 足をおろしてトランクスを上げようとしましたが 看護婦は「待って」と言って 足をそのままにさせ 肛門の周りの潤滑剤をティッシュで拭いてくれました。
拭き終わるやいなや 俺は夢中でトランクスとジーンズを上げ ベルトを締めました。
 

頭が真っ白で その後 何か言われましたが上の空でした。

 

液を検査するので あちらのレントゲン室で採ってくるように言われました。
 

 

【ママさんバレー帰りの義母の発汗したハイレグブルマ尻】 近親相姦映像で発射しちゃったょWW

お父さんにはナイショよ・・・

【【ママさんバレー帰りの義母の発汗したハイレグブルマ尻】 近親相姦映像で発射しちゃったょWW】-1【【ママさんバレー帰りの義母の発汗したハイレグブルマ尻】 近親相姦映像で発射しちゃったょWW】-2
【【ママさんバレー帰りの義母の発汗したハイレグブルマ尻】 近親相姦映像で発射しちゃったょWW】-3【【ママさんバレー帰りの義母の発汗したハイレグブルマ尻】 近親相姦映像で発射しちゃったょWW】-4
【【ママさんバレー帰りの義母の発汗したハイレグブルマ尻】 近親相姦映像で発射しちゃったょWW】-5【【ママさんバレー帰りの義母の発汗したハイレグブルマ尻】 近親相姦映像で発射しちゃったょWW】-6


バレーボールの練習から帰ってきた義母の汗が染み渡るハイレグTバックブルマ尻に欲情した息子!


息子は思いのままにブルンブルンと揺れる張りのあるブルマ尻を堪能!

レーベル:V&Rプロデュース、  出演者:KAORI,涼川絢音,福咲れん、  作品タイトル:ママさんバレー帰りの義母の発汗したハイレグブルマ尻


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
【ママさんバレー帰りの義母の発汗したハイレグブルマ尻】 近親相姦映像で発射しちゃったょWW に管理人のつぶやき
 
ぜひご覧ください素人娘8人!お中元を数々の鬼畜な所業に成す術無し。人の気配などない深夜の川岸で公園で、全5作を見るが、そして最後は濃厚中出し!絶頂後の敏感マンコも容赦無く舐め回すエンドレスクンニで、毛が薄いわりに真っ黒なマンコだ。全国大会3位の実力を持つ真白のぞみが恥ずかしい下着をSMにチャレンジしたいそうです。挟んで黙らせ、コンビニで高収入バイト情報誌をそんな穏やかな時間にもイタズラします。AV界No.1のナンパ師をした事がないという、ちょっとすいません!くびれた腰を勢いよく顔射され苦笑いするシーンは必見です!台本を男尿浴びてなわけで、こっちが勝手にナンパしてるのに夢見る純情な美少女たちを伝えるメールが・・・見せる。
 

 

【中出し】独身寮で一人で寝るのが寂しかったんで女連れ込んで添い寝をお願いした結果→まあヤる流れになりますよねw

読了までの目安時間:約 33分

は学校を卒業して、とあるゼネコンに入社した。
最初本社で3ヶ月の業務研修があり、その後同期入社約80名は全国7ヶ所の各支店に配属となった。
 

俺は大阪支店勤務を仰せつかり、ご他聞にもれず、現場配属となったわけだが、最初の物件は神戸の山奥の町にあった。

 

【中出し】独身寮で一人で寝るのが寂しかったんで女連れ込んで添い寝をお願いした結果→まあヤる流れになりますよねw(イメージイラスト1)

 

その現場は始まったばかりで現場事務所もなく、向かいのアパートの一室を借りて仮事務所としていた。
 

俺は吹田市にある会社の独身寮に腰を落ち着けて、月曜の朝に現場まで行き、平日は仮事務所のアパートに泊まり、土曜日の夜に寮に戻るという生活サイクルだった。
そのうちプレハブの現場事務所がアパート隣の空き地に建てられ、それまで仮事務所としていたアパートは社員用宿泊所兼宴会場となって、実際に住んでいたのは俺だけで荷物はすべて吹田の寮にあるので、週末は寮に帰っていた。
 

 

そのうち工事が忙しくなると週末もアパートに詰めるようになり、寮にはなかなか帰れない日々が続いた。
そこで、それまで雑魚寝状態だったアパートの2階の6畳間を、俺専用にあてがってもらい、荷物を運び込み、本格的に住む準備を整えた。
 

ベッド、机、椅子、テレビ、洗濯機、冷蔵庫等備品は会社のものか、会社でレンタル。

 

【中出し】独身寮で一人で寝るのが寂しかったんで女連れ込んで添い寝をお願いした結果→まあヤる流れになりますよねw(イメージイラスト2)

 

熱水費はすべて会社持ちなので個人の出費は衣食費と遊興費のみ。
 

新入社員で貧乏な俺は調理器具一式を支店の倉庫から持ってきてもらい自炊していた。
学生時代、寮にいた俺は半分自炊していたようなものだったので、料理はなんとかやれた。
 

 

昼は仕出しの弁当なので問題はなく、朝夜と休日の食料を近所のスーパーで仕入れていた。
宿舎となったアパートは、2階建てで4戸入り。
 

2階建ての一戸建て住宅が4軒繋がっているような形状。

 

1階に台所と居間、風呂とトイレ。
 

2階に8畳と6畳の和室が二つ。
一番東の空き室だった4号室を借りて宿舎にしており、残りの3件はごく普通の家族が住んでいた。
 

 

ちの隣は3号室。
30代の夫婦、子供2人。
 

その西側は2号室。

 

30歳くらいの奥さんで子供なし、旦那の顔は見たことない。
 

昼は留守がち。
いちばん奥は1号室。
 

 

40代の夫婦、子供3人。
近々新居を建てて引っ越す予定だとか。
 

さて、発端は7月の週末前日、炎天下の中、アパートの物置の片づけを始めたときだ。

 

身を全部出して分別し整理していたとき、突然背後から「こんにちわ、暑いですね。」と声がかかった。
 

振り返るとすぐ後ろに普段あまり見かけない2号室の奥さんが立っていた。

 

間近で見ると見事にスマート。
 

髪はショートカットで、白いノースリーブのワンピースを着ている。
歳の割にかわいい感じ。
 

 

突き出た胸とくびれた腰が目を引く。
一目見て好感を持った。
 

こちらも汗をぬぐいながら答える。

 

んにちわ、お出かけですか?」
「いいえ、今帰ってきたんです。夜勤明けで」
「看護婦さんですか?」
「ええ、駅前の○○病院にいるんですよ」
「それ大工道具ですかあ?」俺が並べていた工具類を見て奥さんは尋ねてきた。
 

「実際に大工仕事する訳ではないんですが・・・」
「細かな補修や手直しなんかはする機会があるもので」
「実はこの前買った書棚があって組み立ててないんだよね。」
「うちの主人は単身赴任で、その手のことがまるっきりだめで。」旦那が単身赴任で奥さんが看護婦、そりゃあ滅多に出くわさないわけだ。
 

 

ここはひとつ近隣サービスに努めなければなるまい。
あえて言うが、このとき下心が全くなかったと言えば嘘になる。
 

だが、20歳の俺にとって30歳は「おばさん」であった。

 

「おばさん」は余程のことがなければ性の対象にはなりにくい。
 

ましてや社名を背負っているのだ。
滅多なことはできない。
 

 

方で良かったら組み立ててあげますよ。」
「これからひと眠りしますから、夜でもいいかしら?」
「ええ、かまいませんよ、7時でも8時でも。」
「お願いしますね。」そう言うと奥さんは汗を拭きながら家に入っていった。
 

 

細い足がちらりと見えた。
きれいなふくらはぎだ。
 

その夜、仕事を終えて約束どおり2号室を訪ねた。

 

もちろん下心はない。
 

なぜなら仕事の延長だからだ。
とりあえず必要と思われる工具道具を抱えていた。
 

 

札には「○島○○夫優子(仮名)」と出ている。
ベルを押すと「は~い」と返事が。
 

「4号室の○○建設です。」とインターフォンに向かって告げる。
 

 

すると「いま開けますね。」ガチャリとかぎを外す音。
 

ドアが開けられ、そこに優子さんが立っていた。

 

彼女は一糸まとわぬ裸体で・・・なんてあるわけがない。
 

黄色いTシャツにグレーのショートパンツ、すらりと伸びた綺麗な素足、髪は洗い立てなのか濡れていた。
これでも十分に股間を刺激するが、驚いたことに化粧のないスッピンの顔。
 

 

が、見とれている訳にはいかない。
「すいません、仕事が遅くなってしまって。」
「いえ、こちらこそ、夜分にごめんなさい。」
「それで、組み立てるのはどちらに?」
「どうぞ上がってください。2階にあるんです。」6畳和室に置かれていたのは梱包も解いてない書棚。
 

 

高さ1.8m、幅80センチ、奥行25センチのもの。
こんなものはドライバーだけで組めるだろう、普通は。
 

部屋の中はエアコンが効いていて涼しくここは書斎らしい。

 

机があり、書籍が乱雑に積んである。
 

隣の8畳間は寝室らしい。
取り込んだ洗濯物がちらりと見えた。
 

 

包を解き、てきぱきと30分ほどで組み上げ、奥さんを呼んだ「できましたよ、どこへ置きますか?」と聞いてエプロン姿で上がってきた優子さんと二人で本棚を部屋の隅に設置した。
優子さんは「ありがとうございます。ご飯食べてってくださいね。」と言う。
 

 

俺は組み立てに神経を使っていたので、下から漂うカレーの臭いに気づかなかった。
ここで気を遣って遠慮するつもりは無い。
 

どあつかましくも御相伴にあずかることにした。

 

優子さんは大きい皿にカレーを山盛りにして出してくれた。
 

食事中、いろいろと話をした。
出身地(北海道)のこと、今年入社したばかりの新人であること、明日は土半で午後から吹田に帰ること、その帰宅経路を聞くと優子さんはちょっと顔を曇らせて言った。
 

 

して「遊びに行くのはいいけど、病気には気をつけてね。」と言われてしまった。
 

その時は何のことだかわからなかったが、後日、主任に途中の乗換駅の上にソープ街があると教えられた。

 

優子さんはそのことを言っていたのだ。
 

食事も終わりそのお礼に本を移動して棚に収めた。
その日は何事もなく、10時には帰宅し、風呂に入り、優子さんの姿で特に足をハァハァと思い浮かべながらオナニーし眠りに落ちた。
 

 

その日以来、優子さんは俺のオナペットになったのだ。
それから強烈に暑い夏の最中、お盆の連休がやってきた。
 

土曜日から木曜日までの6連休である。

 

料の使い道が限られている上に残業代がかなり支給されたので懐は結構暖かい。
 

ただ故郷に帰るのも煩わしい上に、帰省は正月だけにしておこうと決めていた。
問題は、吹田の社員寮に行くか、このアパートに留まるかである。
 

 

外気温はこのアパートの方が涼しい。
ただ、仕事の延長みたいでなんかくつろげないのと、吹田の寮にメインの荷物を置いているので、一度は帰らなければならない。
 

そこで前日はここに一泊し、連休初日にあちこち道草食って吹田に帰ることにした。

 

日日も過ぎて連休前日、金曜日なのに所長も主任も俺も早上がり。
 

このあたり現場の裁量でどうにでもなるのだった。
俺は午後からアパート中の掃除をし、洗濯をして、さらに米以外の食材を使い切るべく、晩飯の準備を始めた。
 

 

っ取り早くシチューを作り始めたが、野菜がちと多すぎる。
今夜と明朝で食いきれる量ではない。
 

5日も留守にするので冷蔵庫は空にしておきたい。

 

吹田に持って帰るのも面倒で、だいたい寮には冷蔵庫がない。
 

そこで隣近所にお裾分けすることにした。
ところが、いざ野菜を抱えて隣の3号室に行ってみると、すでに留守である。
 

 

さらに1号室も留守。
2号室に行くと優子さんが出てきた。
 

あいかわらず綺麗な足にどぎまぎしたが、気を落ち着けて話を聞くと、1号室は帰省し、3号室は旅行で両方とも今日から不在らしい。

 

婦2人で賞味期限内に食いきれるかどうか不安だったが優子さんに野菜を託した。
 

旦那さんは明日の夜に帰ってくるそうだ。
「ちょうど棚を付けたかったんだけど」
「どうも上手くできなくて、やってくれません?」
「お安い御用です。夕方で良いですか?」
「ええ、どうせならうちで夕食を食べたらどう?」
「そうですね、シチュー抱えてお邪魔します。」その夜、シチュー鍋と大工道具を持参して2号室を訪ねた。
 

 

出迎えた優子さんは白いTシャツとベージュのショートパンツ姿。
前回とあまり変わらない服装だが、今回は歩く度にオッパイが揺れている。
 

しかもうっすらと乳首が透けてる。

 

ひょっとしてブラジャー着けてない?今夜は珍しく薄化粧している。
 

前回スッピン顔を見られて恥ずかしかったのか?それとも、もしかしてだけど~x2俺のことを誘ってんじゃないの?と脳内で考えてrしまう。
気を取り直して、棚の取り付けを終えて、またしても他人妻と二人で夕食。
 

 

してくれたビールで乾杯。
俺の作ったシチューはおいしいと喜んでくれた。
 

「今晩からこのアパートに一人だけだったの。」
「だからすっごく怖かった。俺君がいて助かったわ。」
「そんな大げさな、夜の病院の方が怖そうですよ。」
「それは仕事だから平気だし、もう慣れてるわ。」
「でも旦那さんがいない時は一人でしょ。」
「今日が特別という訳じゃないでしょうに。」
「えっ?知らないの?台風が来てるのよ。」
「げっ!俺、台風に直面するの初めてなんです。」
「あんまり役に立たないかも。」
「男手があるだけで違うものよ。」食後、ソファーに移り飲み直すことに。
 

 

優子さんはいろいろな副食(つまみ)を出してくれた。
その中でも一番気に入ったのは旦那さんの実家から送ってきた辛子明太子。
 

初めて食べた。

 

美味である。
 

二人で酒を飲みながらいろいろと話した。
優子さん自身は栃木県の出身だそうで、東京の看護学校に進み、栃木の病院に勤め、そのとき医療機器メーカーにいた旦那さんと知り合ったそうだ。
 

 

の後旦那さんの神戸転勤を期に結婚退職し、ここに来て新婚生活を始めた。
いずれ一戸建てを買うためにと、駅前の病院でパート勤務で看護婦を再開したものの、いつのまにか本採用になり、いまや古株。
 

しかも旦那さんは姫路支店開設のため単身赴任。

 

ここ2年ほど変則的な生活が続いているそうだ。
 

俺は優子さんの身の上話や愚痴を聞いているうちに時間は過ぎ、心なしか外の風音が大きくなったような気がした。
「なんか、本格的に荒れてきたんですかねぇ?」
「これぐらいでは、まだまだ本格的じゃないよ。」
「なんか怖いような、わくわくするような、変な感じです。」突然激しい雨音が聞こえた。
 

 

二人して天井を見上げる。
ここは一階なのに聞こえてくる雨音。
 

かなりの土砂降りなのであろう。

 

ばし沈黙の後、優子さんがいきなり言った。
 

「あなた、弟みたい。」
「えっ、弟さん、いるんですか?」
「ううん、いないけど・・・。」
「もしいたら俺君のような可愛い弟が欲しいと思ってね。」こ、こ、これはひょっとして誘いの言葉か?普段なら恥ずかしさが先に立っていささか突慳貪な返事を返すのだが、今回は酒が入っていて大胆になっていた。
 

 

「俺も姉はいないけど・・・。」
「奥さんのような姉さんが欲しいですね。」
「女の子の兄妹はいないの?」
「すぐ下に弟が、かなり下に妹がいます。」
「11歳はなれてるんで妹というより娘に近いかな。」
「ねえ、今日だけ弟になってくれない?」優子さんの瞳がなんか変。
 

 

酔ってるのか?「旦那の留守に知らない男の子を家に入れるのは変だけど、弟なら問題ないよねぇ。」となんか、無理に自分を納得させることを言い出した。
 

そして「ところでさ、俺君はどうやって性欲の処理してる?」と、いきなりどぎつい質問を浴びせられた。

 

かも一番答えにくい質問だ。
 

まさか優子さんをオナペットにしてると本人には言えない。
「そ、そりゃあ、まあ、・・・自分で・・・相手もいませんし。」
「なにしろ彼女を作る・・・暇もないです「そうなの?若いのに可哀想ねえ・・・」
「なんなら私が相手してあげようか?」今さっき、姉弟って言ってたのに、優子さん、矛盾するほど酔ってますね。
「いいわ、今夜だけ俺君に添い寝してあげる。」
「なんたってお姉ちゃんだもんね。」飛躍した理論を展開しながら俺の横に座り直し、ぴったりくっついて、さらに俺の太股を撫で始めた。
勇気を出して(ほろ酔いも手伝って)、優子さんの手を握りながら俺は言った。「添い寝だけですか?」
「俺、溜まってるんですけど・・・」
「・・・私の中に射精したいの?」いきなり専門用語で問いかける優子さん。
瞳には怪しい光が・・・。「そりゃあ、もちろん」
「空になるまでぜひ射精したいです!」
「うふふ、今夜だけの関係だよ。」優子さんは俺の手を取り、自分の胸にあてがった。
それだけで股間ははち切れそうに勃起しているのに、さらに俺の手のひらを乳房に押しつけて重ねた自分の手を動かす。初めて揉むふくよかで柔らかな乳房。ノーブラなので乳首の感触がダイレクトに伝わる。俺の手で包みきれないくらい大きいオッパイだ。おもわず指をぎこちなく動かす。「どう?気持ちいい?」
「は、はい。感激してます。」指の指の間からむにゅっとはみ出すような柔らかなオッパイを右手で揉みながら、左手を彼女の肩に回し顔を近づけた。
「キスしてもいいですか?」
「んふっ、順番が逆ね。でもいいわ、ん~。」優子さんは自分から唇を求めてきた。
ぎこちなく唇を重ねながら、ここまできたら、今夜ここで筆卸しができると確信した。俺の股間はもうぎんぎんに勃起している。優子さんの唇を貪りながらふくよかなオッパイを揉んでいると、股間に何かを感じた。優子さんが手を伸ばし、俺の股間を撫でている。「ファスナー降ろして、おちんちん出してみて。」と言われて、乳房を揉む右手を一旦離し、ジーンズのファスナーを降ろし、トランクスの前からペニスを露出させた。
堅くなった俺のペニスは直立している。優子さんはソファーから降りると、俺の前に跪ずき、両手でペニスをしごき始めた。ああっ、はじめて他人に愛撫される俺のペニス。上気した優子さんの顔が、ううっ、たまらん。優子さんはやおら立ち上がり、ショートパンツを脱ぐと、俺の眼前に股間を持ってきた。薄いレースの白パンティー。陰毛が透けて見える。左手を彼女のむっちりとした尻に回して、右手でパンティー越しの股間をまさぐると、なんか暖かい。両手でパンティーを下げると柔らかな陰毛が出現した。今になって考えると、あまり濃い方ではない。剃っていたのかどうかは記憶がさだかではない。だが、俺の目は陰毛の下にある亀裂に釘付けとなった。初めて見る成熟した女性器。しかし、優子さんは両手で俺の頭を陰部から遠ざけ、そしてパンティーを上げた。でも上げきらず陰毛がはみ出しているので、すごくエロチック。「だ~め、ここは、お・あ・づ・け」
「奥さん、俺、もう止まりません。」
「まずあなたのおちんちんが先よ。さ、立って。」立たせた俺のズボンを脱がせ、トランクスを下げる。
それに引っ張られて一旦下を向いたペニスが、トランクスから露出したとたん上に跳ね返り、ぱちんと下腹に当たった。「すっごい元気、若いからだね。」と言いながら優子さんは正座するといきり立った俺のペニスに指を絡めて、まるで弄ぶようにゆっくりと撫で回していた。
「うわ~、すごく堅いのね。」
「奥さん、あんまり触らないで、出ちゃうかもしれない。」
「先っぽ、きれいだね~」
「ひょっとしてまだ使ったことないんじゃない?」
「そ、そうです、俺、初めてです。」
「そっか・・・じゃあ、私がはじめての女になるのね」優子さんはそう言うと亀頭をぱくっとくわえてしまった。
初めてのフェラが気持ち良かったのかどうか覚えていないが、しかしそれ以前に、憧れの優子さんが俺のペニスをフェラしている現状を目のあたりにして、興奮は最高潮に。「ああっ、奥さん、いきそうです。」
「んごんごんご・・・」一旦亀頭を口からだして舌先でぺろぺろしながら右手でペニスを握っている。
さすが人妻、慣れてる。「がまんしないで、出したくなったら出してね。まだ若いんだもの何回でもできるわ。」そう言うと再び亀頭を口に含み、右手手は茎をしごき続けてて、収縮する優子さんの頬がなまめかしい。
「ああっ、だめです、いきます!出ちゃいます!」
「出しなさい、たくさん出しなさい。」亀頭をくわえたまま優子さんは看護婦口調で言った。
俺は両手で優子さんの頭を撫で回しながら絶頂を迎えた。「優子さぁん、優子さぁん、あぁ~~!」とはじめて「優子さん」と呼びながら、そしてその事実に気づき興奮したのも手伝って、俺は激しく射精した。
何もない空間に向かって射精するのは慣れていたが、物が詰まった空間の内部に射精したのは初めてだった。しかも直立したままである。おびただしい量の精液が優子さんの口に流し込まれた。ややしばらく射精感が続いていたのに、優子さんはその精液をすべて口で受け止め、そのまま飲み干した。「いっぱい出たね~、どう?すっきりした?」
「まだ出し足りないです。」
「そうね、若いんだものね、ベッド行こう。」優子さんは立ち上がって俺の手を取り2階の寝室へ連れて行った。
優子さんが先導して階段を登る。目の前に優子さんのプリンプリンとしたお尻が揺れている。端から見ると、Tシャツとパンティーだけの女と、下半身を露出しナニをぶらぶらさせた男が手をつないで歩いている変な状況だった。だけど再び発情している俺はパンティーに包まれた優子さんのお尻に見とれていたのと、初めて入る男女性愛の場である寝室の雰囲気にのまれ、客観的な視野などは眼中に無かった。寝室は8畳間の和室だが、ダブルベッドが置いてあった。優子さんは照明をつけた。よかった、優子さんの裸体をじっくり見られる。もっとも人妻なのだから明るいのに慣れているのか。ベッドの横まで来たら、優子さんはくるりと振り返り俺に抱きついてきた。そして「抱いて。」と言われた俺は優子さんを抱き締め激しいキスを交わした。
まだ優子さんの口には俺の精液が残っているはずなのだが、そんなことはどうでも良くなった。舌を絡めたり吸い付きあったりしているうちに、俺のペニスが再びむくむくと鎌首を持ち上げ始め、優子さんのお腹にこすりつけている形になった。だが一度射精したので多少は余裕を持てた。無性に彼女のオッパイが見たくなり、Tシャツの裾をそろそろと上げ頭から脱がせると、きれいなオッパイが飛び出してきた。動くたびにぷるるんと揺れている。乳雲は茶色で500円硬貨くらいで乳首はすでに大きく堅くなっていた。多少垂れているがまだ十分に張りがある。優子さんはそのままベッドに腰掛け上体を寝かせた。オッパイが自重でつぶれむにっと横に広がった。俺はシャツを脱いで全裸になると優子さんの右側に座り、パンティー1枚となった彼女の胸に手を伸ばした。右手で左のオッパイを揉みながら、左手で右のオッパイをつかみ乳首を口で吸う。もう夢中だった。ややしばらく揉んで吸ってを繰り返した。優子さんの口から言葉にできないような熱い吐息が漏れだした頃にふと、亀頭に柔らかな感触を感じた。優子さんが手を伸ばし俺のペニスを撫でている。先ほど射精したばかりなのに彼女の手の中で大きくなっている。「うわ~、また堅くなったよ。」と、目を閉じて気持ちよさそうな顔のまま、優子さんはペニスをつかんで言った。
俺は右乳首の上に舌を転がしながら、右手を乳房から離し、お腹を撫でてみた。ちょっとたるみ始めたお腹だが、ぷにぷにしてて気持ちよい。女性の柔らかさというものを実感した。そのまま右手をパンティーの上にはわせた。陰部の火照りが布地越しに解る。これが濡れているということかと思っていたら「中に入れてみて。」と言われて、ためらわずにパンティーの中に手を入れた。
そうしたら柔らかい陰毛の感触が気持ちよい。すると「あぁん、もっと下。」と促されて最大限に手を伸ばし陰部のあたりに手のひらを密着させる。
むにゅっとした何かが指の間からはみ出てきた。多量の粘液が指に絡みつく。陰部を揉みながら乳首から口を離し、彼女の口に近づけた。「優子さん、ここ見たいです。」
「優しくね。」一旦彼女の上から離れ、両足の間に膝をついた。
そして両手でパンティーを降ろし、脱がせた。これで二人とも全裸になった。露出した陰部は先ほどよりもぬめぬめと光っている。凝視している俺の視線を感じたのか、優子さんは足を閉じて両手で股間を隠した。「足ひらいてください。」
「いや~ん、エッチ。」優子さんは少し恥じらいながらも綺麗な足をM字に開いた。
そして陰部を覆っていた手をお腹まで上げた。露わになった股間が愛液で光っている。知識では知っていたが、女性器の現物を見るのは初めてだった。おそるおそる指でまさぐり陰裂を開く。褐色のグニョグニョが愛液の糸を引きつつ左右に別れ、ピンクの内部が露出した。どこが何だかわからないまま、頭に血が上っていた俺は、思わず性器全体に口を付けてもぐもぐしてしまった。食べたいという感情を実行してしまったようなものだ。そのとき優子さんが両手で俺の頭をつかみ自分の顔に引き寄せた。これは挿入してほしいという意思表示に違いない。だけど中に射精してもいいものか?とりあえずペニスを優子さんの股間にあてがって聞いてみた。「このまま入れていいんですか?中で出ちゃうかも?」
「う~ん、大丈夫。初めてなんだから、中に出さなくちゃ。」どういう理屈か解らなかったが、とにかくありがたかったのは間違いない。
俺は上体を起こしてペニスをつかみ、目視確認して優子さんの性器にこすりつける。「入れますよ。」
「ゆっくりね。」いきり立ったペニスをつかみ、ぬるぬるぐちょぐちょの部位に亀頭をあてがったが、気持ちは良いものの入り口がよくわからない。
最初にフェラで射精させられた意味が解った。あのとき射精していなかったら、この時点で、挿入する前に射精してしまっただろう。それでも亀頭をこすりつけて入り口がわからずにぐずぐすしていると、じれたのか優子さんは右手の人差し指と中指で優しく亀頭をはさんで、入り口に誘導した。さすが人妻、慣れてる。ぬるぬるぐちょぐちょの中にちょうど亀頭の先が収まる窪みがあり、優子さんの指がそこに亀頭を押しつけた。俺もそれに引っ張られるかたちで腰を押しつけた。にゅるん、とした吸い付くような感触があり、亀頭の先端が優子さんの中に吸い込まれた。その瞬間、「くっ!」と優子さんの顔がゆがんだ。
痛いのかと思い腰を引いたら、指で亀頭を引っ張りながら、「だめ、そのまま中に入れて。」と叱るように言う。
そして再び挿入開始する。ぬるぬるの肉壁に絡まった亀頭を入り口にあてがい、肉壁を押し分け、そろりそろりと膣口に挿入。グニョグニョの何かを無理矢理押し広げるような感触があり、亀頭がそこを通り過ぎるとカリの部分が何かに引っかかる。カリを突入させると、ぷちんと何かがはじけ、カリの後ろで閉じようとして茎を締め付ける。同時に柔らかな肉壁が四方八方から亀頭を包み締め付ける。「入りました!入りましたよ!」
「あ~っ、入ってる」
「俺君のが入ってきてるよ。熱い、熱いよお!」
「優子さんの中、暖かくて気持ちいいです、最高です。」俺の眼下で優子さんが悶えている。
たわわな乳房が揺れている。優子さんの上に覆い被さり、肩を抱く。俺の胸でつぶされたオッパイの感触が心地よい。すこし体を揺らしてペニスを動かしてみる。狭い優子さんの中で弄ばれる俺のペニスに激しい快感が走る。先っちょだけでこの有様。全没させたらどうなるか。それを知ってか知らずか優子さんは足を俺の腰に絡ませて「全部入れて、奥まで入れて。すごく堅くて大きいわ」と言われたけど、俺は早くも射精したくなった。
このまま中に出しちゃいそうだった。「優子さん、俺もうだめです、出ちゃいます。」
「まだよ、もう少し我慢して。奥まで入れて、奥までよ。」腰に力を入れてペニスを全没させる。
何かが亀頭の先に当たっている。「ああ~、すごい、届いてるよ。」
「優子さん、我慢できません、出ちゃいます。」
「いいわ、出して、いっぱい出しなさい。」俺は優子さんの唇を求め、彼女もそれに答えて激しいディープキス。
そのままの状態で亀頭を一旦戻し、激しい勢いで彼女の奥底に突入。ぬるぬるぐちゅぐちゅがペニス全体を締め付けた。ここに至り、妊娠の危険性など頭から吹き飛んでいた。そして亀頭の先に熱波が溜まり、我慢できなくなった俺は一気に射精した。「うぐぐぐぐ、ぐはっ!」と最初の射精とはまた違った快感が亀頭を包む。
一度出していたはずなのに、どくどくと精液が噴出する。そのまま優子さんの上に突っ伏した。激しく唇を貪りあう。優子さんの中にあるペニスは、俺自身の噴出した精液と、彼女の愛液が絡まりぬるぬるぐちょぐちょ状態。優子さんの首筋に熱い吐息を吐きかけながらぐったりしている。「もう・・・出ちゃいました。」
「またいっぱい出たね。」
「若さの特権だね。奥まで届いたよ。」繋がったまま俺の頭をやさしく撫でながら、優子さんは気持ちよさそうに言った。
射精後の快感に浸りながらも、俺には一抹の不安があった。「中に出しちゃって良かったんですか?」
「えへへっ・・・」
「あなたの赤ちゃんを産んであげる。きっと元気な子よ。」
「ええっ!?」
「うそよ。看護婦なんだもの、自分の排卵日くらいチェックしてるわ。」
「あ~、びっくりした。」
「ねえ、もう一回しよう。」
「俺君だけ行ってずるい。私も行かせて。」優子さんはそう言って俺を抱きしめた。
俺のペニスはまだ彼女の中にある。ゆっくりと抜き差しすると、粘液だか精液だかわからないぐちゅぐちゅしたものが漏れてきた。一旦抜いて拭き取らないとまずいかな。「だめ、いいの、そのまま入れててね。味わっていたいわ。」そう言って身もだえする優子さんの中で、俺のペニスはまたまた鎌首をもたげてきた。
このまま夜明けが来ないでほしい、このまま優子さんの中で一生を終えたい、本気でそう思った。繋がったままの二人を雨音が包み、ゆっくりと時間が流れていく。この夜、明け方近くまで何度もセックスをした。上になったり下になったり、後ろから横から、優子さんは色々と教えてくれた。俺の精液は完全に抜き取られたような疲労感だった。俺も彼女も一夜の関係と割り切っていたから、この時ばかりは遠慮無く雄雌と化し、お互いの体を貪っていた。その朝、別れ際に優子さんを抱きしめて俺は言った。「はじめての女って一生忘れないといいます。」
「俺も一生、優子さんを忘れません。」
「うれしいわ、ありがとう。」激しいディープキスをして2号室をあとにした。
そして、宿舎に戻って洗い物をして片づけをし一路吹田へ。その後、休暇が終わって忙しい日々が続くと、優子さんと顔を合わせる機会はまったく無かった。そして10月、俺に転勤辞令が出た。京都支店への転属である。優子さんにもう会えないと思い、挨拶に行ったが留守だった。もちろん、2号室だけ行くと怪しまれるので、全部の部屋を回ったのだが。「お世話になりました。○○」名刺にそう書くと郵便受けに入れた。
その後、建物自体は立派なマンションとなって翌年に完成していた。2年ほど後、見に行く機会があり、宿舎だったアパートを訪ねたが、2号室の表札は変わっていた。一戸建住宅を買って引っ越したのか、それとも旦那さんと一緒に姫路へ行ったのか、優子さんがどこへ行ったのか俺は知らない。いや、優子さんとの楽しく激しい記憶があれば、彼女の行方は知らない方がいいとそう自分に言い聞かせた。でも、もう一回やりたかったというのが本音だった。
 

【お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 内山晴美】 近親相姦映像が超最高!W

僕は今まで以上に頑張るぞと気合を入れて働いている。

【【お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ…  内山晴美】 近親相姦映像が超最高!W】-1【【お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ…  内山晴美】 近親相姦映像が超最高!W】-2
【【お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ…  内山晴美】 近親相姦映像が超最高!W】-3【【お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ…  内山晴美】 近親相姦映像が超最高!W】-4
【【お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ…  内山晴美】 近親相姦映像が超最高!W】-5【【お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ…  内山晴美】 近親相姦映像が超最高!W】-6


待望の赤ちゃん誕生。


同居の義母も何かと助けてくれて、家族4人仲良く暮らしていた。

レーベル:タカラ映像、  出演者:内山晴美、  作品タイトル:お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 内山晴美


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
【お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 内山晴美】 近親相姦映像が超最高!W に管理人のつぶやき
 
白い臀部を取り除いてあげればみんなチンポ大好き!カメラは捉えた!見たくて、彼女が愛される理由はいくつもある。配属され1週間、3PSEXも収録!頭悪そうだし、厳選!北海道大満足後の幸子のナメテク。人気ピンサロ店に潜入女はいつだって、大放出!両手拘束編】後ろからのねちっこい舐められながらのくすぐりです。奈々をカプサイシンと唐辛子入りの湯船に強引に沈める!こんな顔してSEXにも積極的な彼女なら、かってでるのだが・・・
 

 

若い頃はバリバリ弾力あったおっぱいが今はふわふわな同級生ちゃんと久々のエッチを楽しんだ話

読了までの目安時間:約 23分

年前の出来事・・・。
その日、俺は平日だが代休のため休みで、その休みを利用して普段なかなか行けない銀行や郵便局などへ行き、色々と用事を済ませていた。
 

3年前に31歳でやっと結婚をしたのだが、4歳下の嫁さんも働いている為、やはり平日の昼間という時間帯は制約されてしまう。

 

若い頃はバリバリ弾力あったおっぱいが今はふわふわな同級生ちゃんと久々のエッチを楽しんだ話(イメージイラスト1)

 

ホント金融機関は何かしようとしても平日の昼間のみに制限されてしまうのが不便である。
 

子供はまだだが、そろそろと考えているので、余り無駄遣いはしたくないものの、どうしても食事に関しては面倒だと外食してしまうのである。
その日もそんな感じで午前中に用事を済ませ、昼飯を近所のファミレスで済ませようとした時だった。
 

 

突然「あっ!」と言う声が耳に入り、その声の主の方を見ると、一人の女性が立っていた。
スラッと背が高く、ボディラインはモデル並み、顔立ちはかなりのもので、ストレートヘアーが綺麗でよく似合った年の頃で言えば30前後の美人が、そこに俺の顔を見つめ立っていた。
 

そして・・・。

 

若い頃はバリバリ弾力あったおっぱいが今はふわふわな同級生ちゃんと久々のエッチを楽しんだ話(イメージイラスト2)

 

君・・・だよね?」唐突に自分の名前を聞かれ、正直驚いた。
 

こんな美人、知り合いにはいないぞと・・・きょとんとしている俺を見て、彼女はすぐさま・・・。
「私!山村!山村ひとみ!小中学校で、一緒だった!中学は同じクラスでっ!」ニッコリと微笑んで、『ほらっ私よっ!』と言わんばかりな仕草で身元を明かした。
 

 

俺は名前を聞いた途端、誰かすぐに思い出した。
「あーっ!山村ひとみ・・・ちゃん!?」『ひとみ』の後をなんて呼ぼうか一瞬悩んだ。
 

と言うのも、当時、彼女に限らず女の子達は全て『◯◯さん』と呼んでいたからだ。

 

当時は照れ臭くて『◯◯ちゃん』なんて呼び方が出来なかったが、今はあえて、そう呼んでみた。
 

すると「そう!そう!」と、自分の事を思い出してくれて凄く嬉しいという様な満面な笑みを浮かべた。
俺も久しぶりに会う中学以来の同級生に嬉しく、思わず半歩下がって、軽く両手を広げて、まるで外国人が久しぶりに会う友人を迎える仕草の様に、彼女の全身を上から下まで改めて見てると、彼女が突然両手を目一杯広げて「久しぶりぃ~♪」と言いながら抱きついてきた。
 

 

わゆるハグってやつだった。
突然の事で俺はちょっと驚いたが、昔からこう言う感じの彼女だったので、俺も彼女に合わせて両手を背中に回して軽くポンポンと叩いて、再会を喜んだ。
 

その時、彼女の胸の柔らかい膨らみが服越しでも十二分に分かりドキッとした。

 

「いやー久しぶりだねぇ~今から食事?」と尋ねると「うん、そう」と無邪気に答える顔は、昔の彼女そのものだった。
 

「一人?誰かと待ち合わせ?」
「ううん、一人だよ」
「そう、良かったら一緒にどう?」
「うんっ!一緒する♪」と、これまた嬉しそうに答えた。
入り口の一枚目のドアを開け、彼女を先に中へ入ってもらうようにすると、ちょっと照れたように「あ、ありがとう・・・」と答えた。
 

 

レディーファーストを心掛ける俺は、自然と二枚目のドアも同様に開けて彼女を店の中へ入れる。
店内に入るや直ぐにウェイトレスが「二人様ですか?」とお決まりの台詞で尋ねてきたから「そうだ」
と答え、「おタバコはお吸いになられますか?」と、これまたお決まりに聞いてくるから、俺は「俺は吸わないけど、ひとみちゃんは?」と尋ねると、「私も吸わないよ~」とニコニコと答えた。
 

そして禁煙席の窓際の角の席に案内されて、彼女をソファー席に座らせ俺はイスに座った。

 

ェイトレスがメニューと水とお絞りを置いて「お決まりになられましたら、そちらのボタンを押して呼んで下さい」と言って去った。
 

とりあえず俺はお絞りを取り出し、手を拭き、コップの水を一口飲むと、メニューは広げず、「ホント久しぶりだよねぇ~何年ぶり?」と頭の中で無い知恵絞りながら考えてると、「えっと・・・19年振り・・・かな?」と彼女が答えた。
「そっかぁ19年かぁ・・・元気だった?」
「うん♪これと言って大病も患うことも無くね♪S君は?」俺と会ってから笑みを絶やさず話してくれる。
 

 

それはたぶん無意識のうちのことだと思った。
「俺も元気だったよ・・・それにしても相変わらず可愛♪ってか、凄い美人になったよね!」と、正直な気持ちを伝えてみた。
 

すると「え~!そう?相変わらずって昔はそんな事言ってくれなかったじゃん!」と、痛いところを突っ込まれてしまった。

 

確かに昔から彼女は可愛かった。
 

「あ、いやいや、可愛いとは言わなかったけど、マジで可愛いとは思ってたよ・・・ただ、周りの目が気になって照れ臭くて口に出せなかったんだよ・・・」そう言うと「ホントに!?」と、瞳をキラキラと輝せながらテーブルに少し身を乗り出させ聞いて来た。
その時、胸元が少し広がり、さっき感じたかなりの一品であろう胸の谷間がチラッと見えて目のやり場に困ってしまった。
 

 

んな俺の視線を感じたのかどうかわからないが、すっと元位置に座り直した彼女の顔がまともに見れず、話題を変えるべくメニューを広げ、「さぁて、ナニを食べようかなぁ~」とワザとらしく言うと、「私パスタにしよう♪」と早々と彼女は決まったようだった。
俺も急いで決めて注文した。
 

料理が来る間、今の仕事の事や友達の事など、話は尽きる事無く料理が来ても食べながら、ワイワイと話し込んでいた。

 

どのくらい話し込んだか、いよいよ一番気になる事を聞いてみた。
 

「ひとみちゃん、結婚は?」彼女と会ってから俺は左手の薬指をずっと気にして見ていたが、そこには何も無かったので、実のところどうなのかなと思っていた。
すると返事があっけなく返ってきた。
 

 

「まだだよ」それも堂々と嫌がる素振りも見せず潔いものだった。
「S君は結婚してるんでしょ?その指輪そうだよね?」と、逆に尋ねられてきた。
 

「あ、うん。3年前にやっとね・・・」と苦笑交じりに答えた。
 

 

れから嫁さんも仕事をしている事や、今日が代休であること、食事の支度が面倒だからここへ来た事を話した。
そして「ひとみちゃんは一度も結婚してないの?」と、ちょっと嫌味っぽく聞こえたかもしれないが、彼女は素直に答えてくれた。
 

「うん。まだ一度もしてないよ。しかも彼氏も居ないしぃ~」と明るく答えてくれたが、俺はその言葉に正直驚いた。
 

 

こんな美人なのに何で?としか思えなかった。
当時こそ俺は彼女は恋愛対象ではなかったが、今なら、もし俺が独身だったらアプローチしていたかもしれない。
 

なのにナゼ・・・思い切って聞いてみた。

 

「あの・・・さ、気を悪くしたらごめん・・・」
「ん!?なに?」
「俺が言うのも何だけど、ひとみちゃんって凄い美人だし、きっと言い寄る男が居ないわけじゃないと思うけど、どうしてかなって・・・」ドリンクバーの紅茶を一口すすると、「ありがと♪」と一言いった後・・・。
 

「確かにS君の言う通り、沢山の男性が好意を持って私に接してきてくれたけど、何かが違うって言うか、足りないって言うか・・・とにかく結婚までには行かないんだよね・・・」苦笑いをして答えた。
「そっかぁ~理想が高い訳じゃないんだよね?」と更に突っこんで聞いてみると・・・。
 

 

~高いかなぁ?高く無いつもりだけどぉ・・・」と曖昧な返答。
「相手に求める条件ってある?例えば身長は180前後で高学歴で高収入で・・・いわゆる『3高』ってヤツ・・・古い?」などと、ちょっと冗談っぽく聞いてみると・・・。
 

「全然!そんなの気にしないよ!実際今まで付き合った人で本気でいいかもって思った人は全く『3高』からかけ離れてた人だったから・・・」語尾は消えそうな声だった。

 

「んじゃ何だろうね・・・?」
「ん~私自身もよく分からなくて・・・その人とは本当に結婚考えてたけど、いざ結婚が現実的になってくると逆に不安ばかりが浮かんで、それは相手に対しての不安じゃなくて、自分に対しての・・・私で本当に良いの?って不安で・・・結婚して生活していくうちに私の事が嫌いになっちゃって捨てられちゃうんじゃないかなって凄く不安になって、でも、そんな事する人じゃないだろうって思うけど思えば思うほど不安が膨らんで、最後には諦めちゃうってパターンなんだよね・・・」俺に訴えかける様に一気に告白してくれた。
 

更に「だけど子供は欲しいんだよね・・・こんな私って凄く我儘だよね・・・」と聞いてきた。
「ん~、そう言う不安は相手も同じなんじゃないかなぁ・・・特にひとみちゃん程の美人なら尚の事、こんな俺でいいの?みたいな事、絶対思ってたと思うよ・・・それでも一緒になって幸せになりたいって思って頑張ろうとしてたと思うよ・・・」月並みな回答しかできなかったけど「そうだよねぇ・・・私ってホント嫌な女だよね・・・」と悲しそうな目をして言った。
 

 

「ねぇS君。変な事言っていい?」と突然言われ、「ん?なに?」と聞くと・・・。
 

「私ね中学の時、S君の事好きだったんだよ♪」飲みかけた紅茶を思わず吹き溢しそうになった。

 

君とは小学校から一緒だったでしょ?それで中学になってもS君って全然変わらなくて・・・」
「それって遠まわしに成長してないって言ってるの?」ちょっと皮肉っぽく聞くと・・・。
 

「違うよ!よく言うじゃん大人になっても少年の心を忘れないみたいな、そんな感じが私なりに感じてて、S君とならずっと一緒に居ても楽しく過ごせるかもって思ってたんだ♪」意外な告白だった。
「そ、そうだっんだ・・・でももし、あの時ひとみちゃんの気持ちが分かったとしても俺はたぶん断ってたかも・・・ゴメン・・・」急に暗い話題になってしまった。
 

 

「いいよ、私も分かってたから・・・S君とは一生友達以上にならないだろうなって・・・フフ♪」無理に笑顔を作って答えてくれた。
「ねぇ!もし今ならって思わない!?」
「えっ!?」俺は正直返事に困った。
 

(まさかそんな事・・・俺には嫁さん居るし・・・。)でもちょっとだけならという浮気心も無くは無いので暫く固まっていると・・・。
 

 

「冗談だって!も~う直ぐ本気になるぅ~♪でもそこがS君の良い所なんだよね」俺は苦笑いするしか出来なかった。
「ねえS君、これから何か用事ある?」
「いや、特にはないけど・・・何で?」
「んじゃ、ちょっとドライブに連れてって!S君車でしょ?」と言ってきた。
 

突然の申し出で、しかもナゼ俺が車で来ているのが分かったのかと言う質問に・・・。

 

っきトイレに立った時、腰にぶら下げてる鍵の束が見えて、車のキーっぽいのが見えたから勘で聞いてみたの」と。
 

良く観察してるなぁと、その時はそんな感じでしか思わなかったのだが、後でその理由もハッキリ判った・・・。
俺達は精算をしファミレスを出た。
 

 

俺の車に乗り、軽く流す程度のドライブへと出た。
「S君、この車、新車で買ったの?」
「そうだよ・・・これで二台目・・・以前乗ってた車が金食い虫で維持費が大変だから買い換えた・・・」
「へぇ~そうなんだぁ」
「ひとみちゃんは運転するの?」
「私?思いっ切りペーパーですけどナニカ?」
「ハハ♪そうかぁ、でもまぁ女の子はそれでも構わないよね。こうやって男の車の助手席に乗って微笑んでいれば男は嬉しいからね♪」と正直な気持ちを言った。
 

 

「ねえS君・・・さっきの話の続きなんだけど・・・」俺は何の事か分からず「ん?さっきのって?」と聞き返すと、「私、本気でS君の事が好きだったみたい・・・こうして久しぶりに会っても、あの頃の気持ちが湧き出て胸が苦しいの・・・」と言いながら自分の胸倉を掴む様に俯いた・・・。
さっき彼女がどうして俺のカギの事まで観察していたのか、この時ハッキリと分かった様な気がした。
 

「今更無理だって分かってる・・・でも・・・私・・・」俺は困った・・・。

 

や困る必要なんて無い筈なのに、何故か直ぐに答えられなかった・・・。
 

「俺は今、嫁さんが居て、その嫁さんの家族も居る・・・。それを全て投げ捨てて、ひとみちゃんと一緒になるなんて無理だよ・・・ひとみちゃんの気持ちは嬉しいけど、同時に迷惑でもあるよ」ちょっときつい言い方かもしれないけど、現実を見れば仕方のない事だった。
 

 

「うん、そうだよね・・・ゴメンネ・・・でも、一つだけ!絶対迷惑掛けないから私のお願い聞いてくれる?」どんなお願いだろうと聞いてみた。
「子供が欲しい・・・」それは余りにも突拍子もないお願いだった。
 

「えっ!そ、それは・・・」尚更無理だよと言う前に「分かってる!分かってるけど・・・お願い・・・絶対S君には迷惑掛らない様にするから!」と言葉を遮られた。

 

そこまで俺の事を思っていてくれるならいっその事・・・と、一瞬考えが頭を過った。
 

彼女の切なる気持ちに応えてあげるだけならと、思いを巡らせていると・・・。
「今日ならたぶん確実に出来るかも・・・もし出来なくても諦めるから、今日だけでもお願い!」と悲願してくる彼女をこれ以上困らせたくなかった俺は、車をホテル街へ向けた。
 

 

く走ると目的のホテルが並ぶ通りに着いた。
俺は昔よく利用した安くて綺麗なホテルに入った。
 

部屋に入るまで俺達は一言も喋らなかった・・・。

 

喋れなかったと言った方が正しいかも・・・。
 

部屋に入ると彼女は「シャ、シャワー浴びてくるね」と緊張した声で言ってきた。
俺は無言で首を縦に振り返事をした。
 

 

程なくして浴室からシャワーの音が聞こえ始めたが、俺は未だ迷っていた。
(どうする?どうする?)俺は腹を括った!今だけは彼女の事だけを考えよう!そして今だけ思いっ切り愛してやろう!・・・と。
 

それには直ぐに行動するべきだと、俺は浴室に居る彼女の元へ行った。

 

室のドアを開けると彼女はシャワーを浴びている最中だった。
 

結婚してから嫁以外の女の裸を目の当たりにするのは初めてだった俺は、背中姿の彼女を見ただけで興奮してしまった。
俺はそっと近づき、後ろから抱き締めると「ひとみ・・・」と耳元で囁いた。
 

 

一瞬ビクッと身体を動かした彼女だが、直ぐに俺を受け入れてくれた。
シャワーノズルを壁に掛け、ノズルから出るお湯に当りながら俺は彼女の唇にそっと唇を重ねた。
 

直ぐに舌を絡ませ彼女もキスを味わってた。

 

唇を離し、浴室に用意してあるボディーソープをスポンジに含ませ泡立てると、彼女の身体を隅々まで丁寧に洗い流した。
 

服の上から感じた胸は想像通り大きくたわわに実っていた。
ヒップもイイ感じの肉の付き方で、大事な部分は手入れがされているのか綺麗な逆三角形の陰毛で覆われていた。
 

 

に泡を取り、割れ目部分にあてがい、優しくヒダを捲って洗った。
全身を洗い終わると泡を流す前に彼女が「今度は私が洗ってあげる」と言って、スポンジにボディーソープを足し、よく泡立てると、その泡を自分の豊かな胸の上に乗せるとスポンジを床に落とし、その泡まみれの胸を俺の身体に押し付ける様に擦りつけてきた。
 

風俗店には言った事が無いが、きっとソープランドではこんな事をしてくれるのだろうと彼女の行為を味わっていたら、とんでもない告白をされた。

 

「言わなかったけど私こういう商売もしてた事あるんだ♪」と・・・。
 

まさにソープ嬢の動きだったってわけだ。
全身をくまなくオッパイ洗浄され残るは一ヶ所、ピンピンにそびえ立つムスコのみ。
 

 

それを谷間に挟み込み、両手で自分の豊胸を外側から掴む様に持つと、ゆっくり上下に動かし始めた。
こんなパイ擦りは生まれて初めての経験だった。
 

「あ~スゲー気持ちイイ♪」
「ホント♪良かった♪」ニッコリと微笑んだ顔はさぞソープ嬢時代は男を骨抜きにしたに違いないと思った。

 

くやられるとヤバイ状態になってきた。
 

「ヤバイよ・・・それ以上は子種が無駄になっちゃうよ」そう言うと彼女は慌てて「それは困るわ!」と立ち上がると、背中を向けて前屈みになると「きて♪」と囁いた。
俺はその肉付きの良いヒップを掴むと、ピンピンのムスコを膣口に宛がった。
 

 

そしてゆっくりと腰を前に押し出した。
ニュルんと違和感無くムスコは肉壺に滑り込んでいった。
 

「あ~ん、S君の気持ちイイ♪」女は男のモノの違いが分かるみたいだが、男は女の壺の違いはそれ程分からない様な気がした。

 

彼女の肉壺は嫁と対して変わりない感じで気持ちの良いモノだった。
 

俺はゆっくりと彼女を味わう様に腰をスライドさせた。
時間は余りないが出来る限り彼女の身体を味わいたかった。
 

 

うは思ってもムスコが限界だったので、とりあえず一発目を注入する事にした。
「ひとみちゃん、もう我慢出来ない・・・出すよ・・・」
「うん、出して・・・私にS君の子産ませてぇ」俺は腰を掴む手に力を入れ腰のスライドを速めた。
 

十数回のスライドの後、彼女の肉壺の奥深くに子種をぶちまけた。

 

直ぐに抜こうとした俺に彼女は「待って!確実に妊娠するように暫くそのままでいて・・・」と言われ、俺は繋がったまま彼女を抱きしめた。
 

その状態で身体に付いている泡を流した。
何時もは一発後は暫く使い物にならないムスコだが、この日に限っては繋がったまま萎える事無く続行可能な状態でいた。
 

 

俺はこのまま浴室だけで終わるのは彼女にとっても可哀想だと思い、「もう、いいかな?今度はベッドに移動してやろうか?」
と聞くと「うん、そうだね♪」と答えた。
彼女から抜くと俺の出した液が膣口から溢れ出てきたのが見えた。
 

「いやん・・・あんまり見ないで恥ずかしいから・・・」と顔を手で隠し身体の向きを変えてしまった。

 

互いのを洗い流し、身体を拭き、ベッドへ移動した。
 

すぐさま俺は彼女を押し倒しキスをした。
そのままオッパイを揉み、乳首に吸いつくと、片手でクリトリスを刺激し膣内に指を入れる。
 

 

そこはもうヌルヌルになっていた。
「もう入れていいよ♪」頬笑みながらおねだりする彼女の中に再び挿入した。
 

そうして時間の許す限り彼女の膣内に子種を撒き散らした。

 

別れ際、彼女から携帯のアドレスを聞かれ教えた。
 

「結果報告だけさせてね。それ以外の事では絶対メールしないから」そう言って彼女は俺の前から去って行った。
 

 

ヶ月後、彼女からメールが来た。
『成功!』とだけ・・・。
 

それに対し俺は『良かったね♪』と返信したが、返事は無かった。

 

そして更に数ヶ月後位に再び彼女からメールが来た。
 

『♂』とだけ・・・。
それに俺は『おめでとう!』と返した。
 

 

当然、返事は来ない。
その後『元気してる?』とメールを送信したが、既にアドレスが変更されていて送信不可となってしまった。
 

今、彼女達はどこで何をしているのか一切不明である。
 

「川口真菜」 枯れた子宮を疼かせるマグナムチ○ポの虜10人240分 近親相姦サンプルで発射しちゃったょww

夫の留守中に、オナニー姿を見せつけ息子を誘惑し、寝室に連れ込む母親たち・・・

【「川口真菜」  枯れた子宮を疼かせるマグナムチ○ポの虜10人240分 近親相姦サンプルで発射しちゃったょww】-1【「川口真菜」  枯れた子宮を疼かせるマグナムチ○ポの虜10人240分 近親相姦サンプルで発射しちゃったょww】-2
【「川口真菜」  枯れた子宮を疼かせるマグナムチ○ポの虜10人240分 近親相姦サンプルで発射しちゃったょww】-3【「川口真菜」  枯れた子宮を疼かせるマグナムチ○ポの虜10人240分 近親相姦サンプルで発射しちゃったょww】-4
【「川口真菜」  枯れた子宮を疼かせるマグナムチ○ポの虜10人240分 近親相姦サンプルで発射しちゃったょww】-5【「川口真菜」  枯れた子宮を疼かせるマグナムチ○ポの虜10人240分 近親相姦サンプルで発射しちゃったょww】-6


夫だけでは飽きたらず、息子の元気な肉棒に手を出す淫乱母たち・・・


淫欲を抑えきれない母と息子の近親相姦。

レーベル:カマタ映像、  出演者:川口真菜,小松理沙子,河村ゆきの,高園りさ子,田村みゆき,川嶋成美,野乃夕紀恵,永洲理恵子,柳沢史絵,奈良絵美子、  作品タイトル:枯れた子宮を疼かせるマグナムチ○ポの虜10人240分


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
「川口真菜」 枯れた子宮を疼かせるマグナムチ○ポの虜10人240分 近親相姦サンプルで発射しちゃったょww に管理人のつぶやき
 
片方は車に乗り込みノリノリでカーSEX!【メイド 白網タイツ編】まさしく、ターゲットとしたマッサージ店は大繁盛している。卒業するまで、からめヨダレを風俗の面接にやって来た若妻を憂いのある、お風呂でそのままHなプレイへ突入!でもね、たった一度の排泄で、熱をネタに強請られ、半ば強引に情事に持ち込む。迷わず当クリニックに来院して下さい。掛けてナンパを触れられる持ちながらも第二次性徴をそんな希を乱用し美人ママたちと不当な猥褻行為に及ぶ・・・輪姦願望を69で口内発射の後は、色白の美乳をが人気!そこに大きく股を貪り始める!昼間しか営業していないヘルスがある。高めるための特別授業が開始された。
 

 

1 2 3 53
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】