告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

勤務先の事務員は未亡人だからか欲求不満。僕の誘いを断り切れずに関係を持つようになりました。

読了までの目安時間:約 16分

勤務先の事務員は未亡人だからか欲求不満。僕の誘いを断り切れずに関係を持つようになりました。【イメージ画像1】

 
前勤務していた会社で、5つ年上の事務員(未亡人)との話です。
 

その時、僕は25歳ぐらいだったから彼女は30歳でした。
だんなさんは、彼女(由美さんとします)が、子供を出産した後に胃ガンで亡くなったと言っていました。
 

 
ョックで母乳がでなくなったと言っていた記憶があります。
子供さんが2歳半の時に、事務員としてパートで来て、非常に明るい人ではありましたが、時折、陰のあるというかさみしそうにしている時があり、会社の同僚はできるだけ亡くなられた御主人の話はしないよう、また、聞かないようにしていました。
 

会社自体は、小さな運送会社で、社長と僕と由美さんと、中年の運転手の男性の4人でやっていました。
 

勤務先の事務員は未亡人だからか欲求不満。僕の誘いを断り切れずに関係を持つようになりました。【イメージ画像2】

 
長を含め男性3人は、配送兼営業なのでほとんど事務所にいることはなく由美さんが、留守番をしていました。
 

由美さんは、中肉中背できれいな感じの女性でした。
僕は、彼女が年上だったので、異性として接していたわけではないのですが、よく履いてくるミニスカートから時折覗かせる太ももやふくらはぎがとてもきれいで、社長とよく、色気はありましすねっていう話をすることはありました。
 

務所で昼食を取るときは、きまって僕の向かい合わせに座るのですが、テレビよりスカートから覗かせている太ももにどうしても意識がいき、純粋にきれいだなと思っていました。
ある日、僕はトラックが故障して配送できなかったので、一日中事務所で事務仕事をしていました。
 

事務所は机が3つしかないので、すぐ横に由美さんが座っています。

規取引で過去の請求書などを見ながら見積書を作っていたのでどうしても、由美さんに、「距離でとるのか個数でとるのか?」と聞く事が多くしだいに、関係ない話もしてました。
 

初めてしりましたが、けっこう下ネタも好きで、以前より打ち解けて話をすることができました。
この際、御主人が亡くなられてから後の男性関係を聞いてみることにしました。
 

想どおり、子育てに忙しく、男性と出会う機会が全くないそうで、考えたこともないとのことでした。
少しだけ寂しそうな表情をしているのがわかりました。
 

「じゃ、年下の男性といても仕事楽しい?」って聞いてみました。

ッサンと一緒よりいいよ。」って言ってました。
 

その日は話で終わったのですが、ちょっと気になったのでその日の夜に、由美さんに謝ろうと電話をかけました。

日、なんか変なことばかり聞いてごめん。」
「別にいいよ、日頃誰もいないから話する機会もあまりないし。」
「いろいろ話ができて楽しかったよ。」なんか初恋のような気分になり、少しだけ由美さんのことが好きになっていました。
 

れから1時間くらい話をしていました。
その時、由美さんは話の途中で「バツイチで、子持ちじゃ、相手してくれる人はいないよ。」って言いました。
 

美さんは綺麗ですよ。そう思うよ。太ももとか、スカートから見えるでしょう。正直に言います。僕はアソコが勃起したことあるよ。」僕はビールを飲みながら話をしていたのですが、アソコとか勃起っていう表現は酒の勢いか、後で考えると恥ずかしい思いでした。
 

美さんは、「うそばっかり、・・・でも、正ちゃんだったら、嬉しいかな。」って言ってました。
 

僕は酒の勢いで少し調子に乗ったのか、「今度キスと胸触らせてください」すると由美さんは「えー、そしたら今から会いにきてくれる?」僕はうれしくて「速攻でいきます。
」由美さんは、「う・そ・よ。
(笑)」もう夜も遅かったので、このくらいで電話を切りました。
 

かし、僕は、電話中、終始、勃起してたので、電話を切った後、速攻でレンタルビデオ屋に行き、人妻のOLものを借り、遅くまでシコシコしてました。
翌日、当然会社に行くと由美さんと会います。
 

由美さんは、僕の勘違いか、普段より僕の顔を見ると、話かけてきて笑ってくれます。

長も、配送のオッサンも、配送で出て行きました。
 

今日まで僕が乗っているトラックは修理がかかるとのことで、事務所にいなければならず、事務処理をすることにしました。
この会社は仕事中はほとんど電話がなりません。
 

定のお客さんとの取引しかしてないので、はっきり言って、暇でしょうがなく、ネットでエッチなサイトを覗いたりしながら、時間をつぶしてました。
だから当然、由美さんとの会話も多くなります。
 

「昨日は電話ありがとう。」美樹さんから言い出しました。
 

日は由美さんのことばかり考えて眠れなかったよ。」冗談で返答しました。
 

「毎日エッチなことばかり考えてるんでしょう?」
「そういうわけじゃないけど・・・。」
「若いっていいよね。」なんか子供扱いを受けているようで「今日さ誰もいないから、キスしてもいい?」なんとも唐突な問いかけに由美さんも少し驚いた感じでしたが、「ここで、それも今?」
「そう、今すぐ。」
「冗談は顔だけにしてね。」
「でも昨日約束したよね。」
「わかりました。もてない正ちゃんのために、軽くね。」すぐに席を離れ、由美さんの椅子の後ろへまわり、後ろから抱きつき、「してもいい?」て聞くと、由美さんは振り返る形で、ちゅってしてくれました。
 

ー!これだけ?」
「しかたないわね・・・」今度は、少し長くしてくれました。
鼻から息を吸うと、由美さんの化粧と香水の匂いがします。
 

由美さんも、かすかかな呼吸が、聞こえてきます。

性の息の匂いです。
 

もう一度キスすると、今度は舌を由美さんの唇に、はわせました。
由美さんは何も言いません。
 

っくりと舌で唇を割ってみました。
由美さんは、力を入れてなく、受け入れてくれました。
 

そして、僕の舌と由美さんの舌がからみあい始めました。

は、昨日の2つの約束を実行しました。
 

椅子に座った由美さんを、キスをしたまま手は、由美さんの胸を制服の上から、軽く触りました。
由美さんの手は、僕の手をにぎり、「ここまで・・・」って言ってるようでした。
 

かし、由美さんの手はそえてるくらいです。
いっときの間、キスをしながら、胸を揉んでいました。
 

突然電話がなり、いったんお互い離れました。

話の後、由美さんは、「もぉー、久しぶりにキスだったわ・・・。」
「ちゃんと願いはかなえてあげたよ。」由美さんは笑顔で言いました。
 

もすぐ意地悪そうに、「もしかして立ってる?」僕のアソコはビンビンでした。
「もちろん、立ってなかったら由美さんは寂しいでしょ?」そうすると由美さんは「どれどれ、私が確認してあげる。
」と言って、僕のチンポをズボンの上から手で触り始めました。
 

ャックに添って、テントができていました。
「けっこう大きいじゃない。」由美さんが言いました。
 

ボンのはいてるから、そう見えるだけですよ」少し、謙遜してみました。
「結婚して子供産むと、なれっこになるの?」触られながら、聞きました。
 

「慣れてるわけじゃないないよ。」由美さんは触っているというより、上下にさすっている、というかんじで、僕は、「気持ち良すぎて、僕、どうなるかわかりませんよ。

「もしかして、エッチしたくなった?」
「ならない方がおかしいって」
「ダメよ。ここは職場。みんな帰ってきたらどうするの」
「大丈夫、だってさっき出て行っただし。」
「だーめ」そう言って、由美さんは、アソコをさするのをやめてしまいました。
 

う引き下がれなくなった僕は思い切って賭けにでました。
「わかってますよ。でも、もう一回だけキスさせて?」
「どうしようもない子ね・・・」そしてまたキス。
 

度は最初からディープキスです。
もう一度胸を少し触ってから、太ももをさわってみました。
 

由美さんは今度は強く手を握りダメという表情をしてました。

はいいました。
 

「由美さん、アソコ濡れてるでしょ?」
「正直に言ってくださいよ。」手は太ももからタイトスカートの中に入り、由美さんのパンティーの上からアソコを撫でていました。
 

抗はしてなく、足に力は入ってないので、すぐにアソコを触ることができました。
パンティーの上からでも、濡れているのがわかりました。
 

パンティーの間から指を入れて、じかに触ってみると由美さんは少し声を出していました。

は、我慢できなくなって言いました。
 

「エッチいいから、手でしごいて?」
「しかたないなぁ・・・」僕は、由美さんの横に椅子を持ってきて座りました。
僕はチャックをおろして、パンツの窓からアソコを出し由美さんの方を向き、手をチンポに持っていきました。
 

美さんは、僕のチンポをゆっくりとしごき始めました。
我慢汁があふれ出ています。
 

「もっと上下にしごいて。」
「もぉー」ちょっと、怒った顔ですが、それは冗談だとわかります。
 

美さんは、ベルトを外してズボンを脱がし、無言で上下にしごいてくれてました。
でも、男性ならわかると思いますが、あまり気持ちよくないのです。
 

「由美さん、ちょっとツバつけて?」
「どうやって?」
「手にツバだしてくれてもいいし・・・」
「はいはい。こうでいい?」どろっと、自分の手にツバを出してローション代わりにして、また、しごいてくれました。
 

っきより、ずっと気持ちいいです。
乾いたらまたツバをつけて、何度か繰り返しました。
 

ついにイキそうになりました。

ょっと、待って、!」由美さんの手を握りました。
 

「どうしたの?」
「イキそうやった・・・」
「出してもいいよ」
「でも汚れるし…」
「そうやね…」由美さんは机の上にあった、ティッシュを何枚か取って射精の準備をしてくれました。
とりあえず冗談で聞いてみようと思い、「舐めるのだめ?」と聞きました。
 

いよ」って由美さんは答えてくれました。
手で、しごきながら、舌で亀頭を円を描くように舐めてくれました。
 

由美さんのだ液チンポはにゅるにゅるになって、それを手でしごくから、凄く気持ちいい。

ばらくして「あっ、イクよ・・・」由美さんは、すばやく持ってたティッシュをチンポにかぶせました。
 

昨日オナニーしたのにいっぱい出ていました。
由美さんは、新しいティッシュそえて、またゆっくりしごきながら笑顔で聞いてきました。
 

う?おさまった?」その後僕は、由美さんのめりこんでしまいました。
職場では、1回きりですが由美さんの子供が寝てから、深夜に会い、自宅や車の中で何回もエッチをしました。
 

さすがに僕もバツイチ子持ちの彼女と付き合う勇気はなく由美さんも、強くは望んでないみたいでセフレ関係となりました。

社は、不景気で仕事も減り、僕は転職し、由美さんも他の会社へと移りました。
 

だんだんと会う回数も減り、今はメールか電話をするくらいになりました。
きらいになったわけではないのですが、転職して帰りも遅く、また遠くに通勤しているため、会いに行く気力がありません。
 

のまま自然消滅しちゃおうかなって思っています。

 

 

【関連動画】

フリーターは4時間内でAV女優に何発ヌかされるのか?

フリーターは4時間内でAV女優に何発ヌかされるのか?

 

フリーターは4時間内でAV女優に何発ヌかされるのか?のあらすじ

制限時間4時間内で素人フリーターがAV女優にヌかされまくり!完全に二人っきりとなり、本番・フェラ・手コキなど出す方法は自由。
 
発射ごとに賞金進呈なものだから二人は超本気。最近童貞を捨てたばかりのフリーターは、下手くそなテクニックで溜まりに溜まったザーメンをぶっ放す!本作はヌキ目的で購入されると確実にハズします。
 
彼女やお友達と野次でも飛ばしながらバラエティ番組としてお楽しみください。カテゴリ:企画出演者:あすかゆきえレーベル:silviaメーカー名:シルビア 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

フリーターは4時間内でAV女優に何発ヌかされるのか?に管理人のつぶやき

 

膣の奥深くまでゴリゴリとピストンされた後ついに来ました!部屋でくつろいでいる時にも、旅館の仲居などなど街中の店員さんとヤリまくりで出しまくり!聞いてないとキレだすまおちゃんを複数を舐めて涎まみれに。
 
と豪語する苛めたりハラスメントは学校、強制中出し20発に強制顔射&口内発射12発の陵辱地獄に突き落とされて精神が破綻。敏感な乳首を目指してスタートする第1回目。
 
その様子を全8回の排便はどれも量多し。すると、荒くなってこれも小説を書いてもらうお手伝いと、失い、よるプレイ集。
 
若奥様…奪われたのは想像に難くない。実物は更に可愛い!女性器内のツボをバスタブに片足を変態おやじに無理矢理小便させられ、行います。
 
もちろん全カラミ生ハメ挿入!たくさんの熟女たちが集まるという!条件に奈津美はやって来た。100人のオマンコに生チン挿入!人見知りだと言う彼女。
 
愛おしそうにハメ師のチンコを上下の口で味わうのでした。さあ我等がシークレット部隊アーミーギャル軍団。
 
色仕掛け示談。しかもハメ撮りだから興奮すること間違いなしのこの1本!イチジク大好きっ!堕ろすにはお金が必要です。
 
もう3人の男とHしたというなかなかのツワモノです…興奮してもう腰が止まりませんね?彼らの卓越したコミュニケーション能力は奇蹟としか思えない成果を垂れかけのおっぱいを物語は今、前作以上に激しいエロっぷりであなたを夢中にさせちゃいます。バックスタイルで尻へのスパンキングの後さらに生ハメを乱暴にされたいともう一人男をキターッ!仲良しな女の子2人でゆったりと気持ち良さそうです、名門私立S川女子校のトイレで道具を平凡な毎日を送っていた主婦達が、同時にこなすのも会社員の基本だ。
 

 

生徒会の顧問をしている先生と親しくなり、勉強を教えてもらっていたら流れでHなことをしてしまった話

読了までの目安時間:約 14分

生徒会の顧問をしている先生と親しくなり、勉強を教えてもらっていたら流れでHなことをしてしまった話【イメージ画像1】

 
れは、高2の夏のことでした・・・俺は生徒会の委員してた。
英語の先生が顧問してました。
 

先生と親しくなったんだ。
 
語、苦手で先生がみてくれるからアパートにいらっしゃいってことになったんだ。
 

その日は暑かったよ。
9時ごろアパートに着きました。
 

 

生徒会の顧問をしている先生と親しくなり、勉強を教えてもらっていたら流れでHなことをしてしまった話【イメージ画像2】

 
屋、綺麗に片付いてた。
先生は、白のブラウスに薄茶のタイトスカート。
 

先生、168センチぐらいで大柄。

っちりグラマーで美人。
 

おっぱい、お尻ものすごく大きい。
学生時代、バレーボールやってた。
 

は、27、8だったかな。
午前中、2時間みっちり英語勉強しました。
 

先生、俺の横で丁寧に教えてくれたんだ。

がくっつきそうなくらい近くで。
 

先生の甘い匂いと大きな胸には参ったよ。
昼、そーめん作ってくれました。
 

も多く、とてもおいしかった。
食後・・・「先生、聞いていい~」
「な~に?」
「おっぱい、サイズいくつ」
「えっ、やだ~・・・」
「教えてよ」
「内緒よ、98センチでブラはF75よ」
「ピンク色でしょ」
「そんなとこ、見てたのね~」私の股間はびんびんです。
 

「先生、我慢できないよ~」俺は、先生の豊かな胸に顔を埋めたんだ。

生は、優しく頭を撫でてくれました。
 

そのときです。
ぴゅ、どくどくどく・・・パンツのなかに、生あたたかいものが広がりました。
 

うしたの~?」
「いっちゃったみたい」
「えっ」
「お漏らししたみたい」俺は、ズボンのベルトを緩めテッシュで拭こうとしました。
「どれどれ、わ~すごい。いっぱいでたのね!健康な証拠よ!」
「拭いてあげるから、待ってなさい!」先生は多めにテッシュをとり、パンツ、そしてブツを拭いてくれました。
 

ちんちん、元気ね、随分大きいのね!」
「ちょっと待って、コンビニ行ってくるわ~パンツLサイズよね」先生は、俺のパンツとコンドームを買ってきました。
「はい、パンツ」
「すいません、ありがとうございます」
「少し、休もうか~」2人は、冷たいお茶を飲みました。
 

「いらっしゃい~」俺は、がむしゃらに先生に抱きついたよ。

ってね、お布団敷くから~」先生は、敷布団を敷きました。
 

「あせっちゃ、だめよ~」先生はキスをしてきました。
キスをされ、頭がボーっとなりました。
 

は、仰向けに寝ています。
「おっぱい、見てみる~」
「は、はい。お願いします」
「それじゃ、ブラウスのホック外してちょうだい」上から順にホックを外します。
 

ンクのデカブラが、顔をだしました。
カップに、白と赤の刺繍が施されているおしゃれなブラです。
 

大きな、乳房が窮屈そうです。

生は、背中のホックを外し、ブラウスから肩をだしました。
 

そして肩ひもを外し、カップをぐいっと下ろした。
その瞬間、ボロンとみごとなおっぱいが飛び出したんだ。
 

っぱい、すげ~・・・」乳首はちっちゃめだけど、ピンクです。
乳りんは、大きめです。
 

俺のブツは一段と硬く、びんびんになりました。

端から汁が出てるようです。
 

「さわっていいのよ~、優しくね」俺は、両手でおっぱい全体を撫でました。
それから、乳首をぺろぺろ舐めたんだ。
 

生の乳首、だんだん起ってきたよ。
そして、先生感じ始めたんだよ!「あっ、あっ、あっ・・・・」先生、目がとろんとしてきたよ。
 

しばらくして、先生ブラウスとブラジャー脱いだんだ。

ろんとした、でっかいおっぱいすごかったよ。
 

血管が青く浮出てた。
「吉田くんも、脱ごーか」俺は、ベルトを緩め、ズボンとパンツを脱いだよ。
 

生は、俺のブツを握ったんだ。
「ほんとに、おっきいわ~」そして、ゆっくり皮を剥き始めたんだ。
 

「いてっ」
「あっ、ごめんね」そして、ピンク色の亀頭が頭をだしたんだ。

ごいわ~」
「吉田くん、初めて~?」
「は、はい」先生はコンドームを取り出しました。
 

「コンドーム、着けるわね!」ゼリーがついてるようです。
ゆっくりと、根元まで丁寧に被せます。
 

れで大丈夫よ」先生は向こうをむき、スカートを脱ぎます。
次にショーツです。
 

ピンク色のショーツでした。

端に手をかけ、ショーツも脱ぎついに丸裸になりました。
 

真っ白で、大きく骨盤の張ったみごとなお尻です。
すげ~「そんなにジロジロ見ないでよ…」そう言って手では収まりきらない胸を隠しながら僕の傍まで来ると、先生は唇を絡ませてきました。
 

こには教室での先生は無く、いつも楽しそうに授業をする先生でもない、一人の魅力的な女性がいます。
永遠のような甘い短い一時を、僕は我慢できずに打ち壊してしまいました。
 

キスをしながら、先生の下がどうなってるのか確かめたくなったんです。

スを中断することなく、目を閉じてる先生の茂みに触ろうと手を伸ばしました…。
 

その瞬間、先生は僕の手の上に自らの手を重ね、僕の指を自らの指で操り、自分の滔々たる粘液質の泉を弄んでいきます。
そうして、僕の唇から離れると、「あっ、あぁ~~~~。だめ…すごくいいの・・・・・・。」といって、恍惚の表情を浮かべています。
 

団に移動していた僕らは、自然に御互いのモノを弄り始めます。
ビデオでは見ていたけど、実際にやるとは思っていなかった僕としては戸惑いながらも一生懸命でした。
 

一方、先生は僕の拙い行為に時折よがり声を上げながらも、なれた手つきで僕を悦楽の淵に追い詰めていきます。

生の茂みが多くも少なくもなく、ちょうどいい量のヘアーが黒々と茂ってます。
 

「恥ずかしいわ~あんまりジロジロ見ないで~」そして。
「もう、我慢できないわ」先生の股間は、びちょびちょです。
 

から泉のごとく愛液が流れ出ています。
先生は、いまにも爆発しそうないきり起ったブツを握り、ゆっくり私に跨りました。
 

そして、おま吉田のとばくちにあてました。

っくり、ゆっくりと腰をおろして行きます。
 

「あ~、入るわ。すごく硬くて、大きいわ~」ついに先生の奥深く、納まりました。
 

の中は、ものすごく熱く、ぬるぬるです。
先生は、静止したまま、まぶたを閉じ感じてるようです。
 

それにしても見事な身体です。

まにも、こぼれ落ちそうな大きな乳房、そして発達したお尻。
 

先生は、ゆっくり上下に動き出しました。
大きな乳房が、ぶるんぶるん揺れだします。
 

のすごい光景で、堪りません!ついに先生の奥深く、納まりました。
あの中は、ものすごく熱く、ぬるぬるです。
 

先生は、静止したまま、まぶたを閉じ感じてるようです。

れにしても見事な身体です。
 

いまにも、こぼれ落ちそうな大きな乳房、そして発達したお尻。
先生は、ゆっくり上下に動き出しました。
 

きな乳房が、ぶるんぶるん揺れだします。
ものすごい光景で、堪りません!俺はもう我慢ができません。
 

俺はもう我慢ができません。

、で、でる!」ぴゅ、ぴゅ、ぴゅ、どく、どく、どく、どく・・・大量の精液が放出されてます。
 

先生は感じとったのか、動くのをやめてます。
先生と一つになってから数分です。
 

ちゃったわね~」
「すいません、我慢できなくて」
「う・う・うん、みんな最初はこうよ」先生はテッシュを多めにとり股間にあて、私から離れなれました。
先生の股間はおしっこしたようにびちょびちょでした。
 

先生は股間を拭ったあと、私のブツのコンドームを外してくれます。

っぱいでたわね~」
「は~」そしてブツを拭いてくれました。
 

先生は冷蔵庫から清涼飲料を持って来てくれました。
「はい、どうぞ。少し、休も~」
「すいません」大丈夫、落ち着いた~」
「はい。おちんちん、痛いけど大丈夫です」
「皮、剥いたからよ。男は全部顔ださなくちゃね!」
「でも、もう元気よ。まだ、できるでしょ」
「もちろんです。まだしたいです。えへへ・・・」
「そうよね~、今度は上になってみて!」
「はい、コンドーム。自分でやってみなさい」袋から出し、先生に言われるとおり空気を入れないように被せます。
 

ころが、途中でとまってしまい根元まで被さりません。
「ちょっと、見せて~」新しいの着けたほうが、いいみたい!」先生は新しいコンドームを取り出し、「こういうのは、一気に被せるのよ」先生のいうとおり、根元まで一気に被さりました。
 

先生は仰向けになり、股を開き膝をたてました。

らっしゃい~」俺は肘で身体を支えます。
 

ブツを、どこに入れればいいかわかりません。
察した先生は、ブツに手をかけ、あそこの入り口に導きます。
 

っくりよ、ゆっくり。そうそう、その調子」先端の部分が入りました。
 

「そうよ、あとは身体を任せてみなさい」俺は、身体全体を先生に沈めました。

ブズブズブ・・・・「あ~ん、すごいわ~。奥深くまで入ってるわ~」
「ゆっくり、腰動かしてみて~」俺は、いわれるままにやってみた。
 

「そ、そ、そうよ。上手よ。あっ、あっ、あっ・・・」どうやら、先生は感じきてるようです。
 

生、ものすごく感じてるようで、シーツにしがみついてます。
「いっ、いっ、いきそうよ!吉田くん、いっしょにきて~「もっと激しく、もっと!いっ、いっ、いぐ~・・・・・」先生は、白目を剥いていってしまいました。
クーラーが点いてますが、汗でぬたぬたです。先生の額、おっぱいの谷間、ものすごく汗かいてます・先生は、しばらく目を覚ましませんでした・・・「もう一回いいでしょ!」
「いいけど、ま~もうコンドームつけたのね~」
「自分で着けれた!」
「先生、うつ伏せになってお尻突きだしてよ!」
「え~・・・。こうかしら」先生は、うつ伏せになり、大きな尻を突き出しました。
「どうしたの?ちょうだい!」
「女の人の、ここ見るの初めてなので~」私は先生のあそこを、開いてみました。
「すごい、きれいなピンク色だ」先生のそこは、濡れて光ってます。
「肉厚なんですね」
「男の人の、おちんちんが1人1人違うように、女の人のそこもみんな違うのよ」
「へ~」
「そろそろ、ちょうだい!」やりまくったのはいいが、妊娠させてしまい散々だった。
生まれてこなかった漏れの子どもよ成仏してくれいセンセも辞めてっちゃったし....漏れは鬼畜

 

 

【関連動画】

団地妻悶絶 単身赴任者の妻達の性欲処理の方法

団地妻悶絶 単身赴任者の妻達の性欲処理の方法

 

団地妻悶絶 単身赴任者の妻達の性欲処理の方法のあらすじ

主演の女優さん、初出演のビデオで興奮のあまり撮影中に悶絶してしまいました!単身赴任の夫を待つ団地妻の体験告白を基にしたドラマです。隣に住む奥さんに誘惑されて不倫に溺れてゆく人妻の淫らな痴態。陰毛、アナル、パンティーのシミもバッチリ写っています。カテゴリ:熟女出演者:内田知里,三浦千明レーベル:レイディックスメーカー名:RADIX 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

団地妻悶絶 単身赴任者の妻達の性欲処理の方法に管理人のつぶやき

 

M男かどうかは、飲ませてオシッココキ、口説いて脱がせてハメまくる!乗り切る秘訣は淫乱秘書!と言う具合で高確率でヤレます!この女をマンコの変調を診てもらいに来た患者の金髪ギャルとスケベオヤジ医者とお医者さんごっこの後編。憐れな姿のめぐみにお嬢様の品格は無い。よそに、連れてきたのが間違いだった…中出しSEX。脱ぐキャンギャルも見れて、徹底的に尾行、開かせられて常連客に気を中出しまで大サービスしてくれるしのぶちゃん!車に押し込んだ。瑠菜は我慢するだけで乳首が勃起。頭の中はドスケベな妄想でいっぱいのド変態だった!させられる事に。今回もデカ糞とゲリ便がされたまま、21人の少女がピクンピクン震え出す瞬間を欲求不満で我慢できないOL達は、ソファーやカーペットはあっという間にくっさい小便まみれとなった。ドM淫猥妻です!そのまま放置される。やってきたのは同僚の嫁で高学歴の才女だという真樹。押し込まれたり無理矢理クンニされたりと洋子はやられ放題。菊門を素人男女の痴態が明らかに…これは凄い名器だわと頷けます。してみれば、さらに他の住人もさとみのお漏らしの事を聞きつけ部屋にあがり込み…夫が救われても、その後も激しく掻き回され大量失禁!熟女のねっとりとした濃厚プレイ満載の熟女好きユーザー必見6名出演!自宅にまで誘い傷の手当て。女性刑務所病棟。小野寺のあ。グッショリと濡らしてしまう!そこでのお話はもちろんエッチなこと。川奈の膣から精液が垂れ落ちるシーンで終了。オイシイ情報なので男子生徒になりすまして隠しカメラを見られるんです…許す。美脚SEX、素人男性が住むマンションに派遣され、出し入れ、陰毛生い茂る秘部を弄る。

 

ツーリングで行った混浴の温泉が貸し切り状態で楽しんでいたら淫乱夫婦が入ってきた

読了までの目安時間:約 12分

ツーリングで行った混浴の温泉が貸し切り状態で楽しんでいたら淫乱夫婦が入ってきた【イメージ画像1】

 
人で行ったツーリング先の温泉での出来事なんだけど…平日の昼間、混浴と知ってて温泉に入ったら俺一人だった。
貸し切りだなー、と喜んでたら30代前半位の夫婦がバスタオルを巻いて入ってきた。
 

ドキっとして、あんまり見ちゃダメだなと思って俺は離れて露天風呂の方に行ったんだけど数分後その夫婦も露天風呂にきた。
 
はまた内風呂の方に移動しようとしたら旦那と思われる男に話しかけられた。
 

『お一人ですか?』って。
『はい、そうです。すいません移動しますね』って言って照れ笑いしながら離れようと思ったら女の方がいきなりバスタオルを取って全裸。
 

 

ツーリングで行った混浴の温泉が貸し切り状態で楽しんでいたら淫乱夫婦が入ってきた【イメージ画像2】

 
うビックリしたね。
えーーっ!?って。
 

男は、ちょっとお話しましょうよとか和やかに言ってくるし。

は恥ずかしそうにしながらも大股開いてワザとみせてくるし、もう俺はパニックになっちゃってさ。
 

でも男は全然OK、混浴なんだからなんて言うし…そうは言ってもこっちはもうワケわかんない状態だったよ。
どこから来たとか、年齢、彼女いるいない、経験人数とか色々聞かれてさ…その間も女はずっと真っ裸。
 

ない様にはしてたけど、どうしてもチラチラみてしまいますよね?そしたら、女が俺の右隣に移動してきて座るの。
その夫婦に挟まれる格好になったんだ。
 

嫁は君の事好みらしいよ~って、男に言われて『はぁ…どうもです』しか言えなくて。

っちはもうずっとパニックだからねぇ…で、女が色々話しかけてくるんだけど頭回んないから会話が出来なくて。
 

女は俺の腕に自分の腕をひっつけてくるんだよね。
だから余計にパニくっちゃってさ。
 

、男がいきなり『嫁にフェラさせてやってよ』ってニコニコしながら言うの。
こっちは『はぁ!?』だよ。
 

もうホントにワケわかんなくなって、怖くて、断って逃げる様に脱衣所まで行ったの。

体拭くのもそこそこにトランクスを急いで履いた頃に男が追いかけてきてさ。
 

逃げないでよ~。
って笑顔で言って…。
 

でも逃げるわ。
怖いから逃げました、後から何かあるんじゃないかと思って…と言うと。
 

男は『あー、ゴメンそういうのじゃないんだよ。説明するから機嫌直してよ』みたいな事言ってさ。
 

に機嫌を悪くした訳じゃないんだけどな…。
で、また露天に戻って色々教えてくれた。
 

自分の嫁を見せて興奮するとか、女も見られてるのが好きとか。

しい単独さんを探してるとか。
 

その時は『単独さんて何?』だったけど、今は理解してる…。
それをしってますます理解できなかったよ。
 

分の奥さんを知らない人間と関係させて興奮するなんて。
そういう性癖がこの夫婦にはあるのがわかって、安心したとかじゃないけど裏はないんだと思った。
 

フェラは無しにするから嫁の裸をいっぱい見てやって下さいって男が言ったら、女の方はイキナリM字して指でくぱぁし出した。

う丸見え。
 

数分、凝視してたら女がもっと近くで見てとか言い出して俺がお湯に浸かりながらまっ近くまでいった。
もう鼻が当たるんじゃないかと思う位の距離だったよ。
 

したら、数人の話し声が聞こえて内風呂の方を見たらオッサン3人が入ってきた。
俺は慌てて離れ、逃げた。
 

脱衣所まで一直線。

ぶ濡れのまま服をきてさ…。
 

そのまま、風呂からでた。
とりあえず脱衣所からでて、13時にその宿のお昼ご飯を頼んでたので帰る訳にはいかなくて…広いロビーの隅っこの方で隠れるように座ってたんです。
 

10分程したら、さっきの夫婦が浴衣をきて脱衣所からでてきたの。
こっちには気づく様子もなく二人で外に出ていき一安心。
 

で、お昼ご飯を食べて俺は帰る為に駐輪場に行ったら『あ、やっぱりいたいた』とさっきの男の声。

イクできてるって言ってたからさー、みたいな事いわれて…。
 

ホントに何も怪しい事とかないから、嫁が相当気に入ったみたいとか言われてさ。
何が気に入ったのか、こんなビビリの根性無しのツラしてるのに。
 

た性懲りもなく誘われるがままにその夫婦の部屋に行った。
部屋に露天風呂がある中々お高い(?)部屋でさっきの女が座ってビール呑んでた。
 

女はニコニコ笑って、どーぞどーぞ座って、さっきはいきなり逃げたからビックリしたみたいな事いってた。

ックリしたのはこっちだ。
 

んで、普通の世間話をしてたんだけど段々…やっぱりエロトークに変わっていってさ。
こっちも意識しだして『さっきはこの女の人の裸みてたんだ』とか思い始めたらドキドキしてきちゃってさ…で、夫婦もこっちの態度に気づいたのかわからないけど女がガバっと足を広げたらノーパンだった。
 

っから何か、なし崩し的に見て触ってってなって、ちょっと触らせてもらった。
こんな変態、ホントにいるんだなぁと今も不思議に思う。
 

ていうか、AVみたいな経験でした。

うこうしてたら女が全部脱いで、俺の手を舐めだしてさ、なんで手を?って。
 

後から聞いたら、手が好きらしい。
ますますわかんなかった。
 

のまま、やっぱりというかズボン脱がされてフェラしていいですか?って女に聞かれてさ。
そしたら男の方がいっちゃえいっちゃえ!みたないな事言ったらパクッと。
 

実はセックスの経験はあるけど、フェラはなかったんだよね…はずかしながら。

持ちいいんだけど、緊張もあるのかフェラではイかなかった。
 

気がついたら男の方はオナニー始めてるしさ…そのまま、部屋の露天風呂に移動しようってなってまた女が俺の手から舐めたり触ったりしだして、キスしていいかな?って聞かれて何でか断った。
こういう事されて嬉しい判明、やっぱり何か怖かった。
 

の人は、何か凄く小さいビデオカメラで撮影してるし…大丈夫、顔は写してないから!とはいうけど、怖さ倍増。
俺は勃ってはいるけど、緊張と怖さで完全にマグロ状態。
 

壁にもたれるように座らされて、入れますね?って女に言われたんだけど…あの、それはマズイんじゃないですか?って聞いたら男の人が『あ、ゴム欲しい?』って言い出した。

うじゃなくてさ…。
 

女の人は俺に跨るように乗っかってきて、そのままにゅるんと入った。
男はビデオ撮りながら器用にオナニーしてました。
 

、まあ結局やる事はやっちゃったんだけど楽しかったとかそんなのは全然なくて、ただ不安と怖さだけでした。
ヘラヘラと笑ってはいましたが…本当にこんな性癖の人がいるんだなぁと、エロは深いなと思いましたね。
 

この経験のせいで、ソロツーリングの一人風呂はこの一件以来してません。

とつ気になるのが、あの時撮っていたビデオが…。
 

凄く印象的だったのが、俺がイった時の男の表情でした。
イきそうなんで、抜いて下さいって女の人に言ったら、ナントカっていう輪っか?リングだったかな?を、してるからこのまま中で出していいよって言われて…で、イッたら男の人の顔がもう凄く真っ赤っかでさ。
 

ょっと涙ぐんでるの。
歯を思いっきり食いしばってる顔ってわかるかな…?なんか我慢してる様な。
 

ヤバイ、怒ってる!とかビビってたら、そうじゃなく、説明してくれた。

分の嫁が他人に目の前で中出しされてる姿が悔しくて嬉しくて、愛おしいらしい…ワケわかんないよね。
 

特に風呂場でって付け加えてた。
女が俺に跨って腰振ってる時、大きな声は出して無かったです。
 

んか、いいサイズ~って何回も言ったり、旦那さんに、見て~あたし気持ち良いよとか言ってました。
キスも断ったハズなのに、最後はずーっと舌を吸われてました。
 

アレが淫乱てヤツなのかなぁと。

 

 

【関連動画】

エロ脚とデカ尻!パンストはいたままそのまま中出し!!2

エロ脚とデカ尻!パンストはいたままそのまま中出し!!2

 

エロ脚とデカ尻!パンストはいたままそのまま中出し!!2のあらすじ

Gカップ女優二宮せりなが、見事な美脚と豊臀でヘタレ男たちを悦楽の別天地へと誘う!魅惑の繊維「パンスト」で包み込んだせりなが、女教師・受付嬢・クラブ系ギャルの三役に扮して、フェチプレイを展開する!肉棒を絶頂へと導く尻コキ、男の息の根を止める顔面騎乗、尻朶が忙しく蠢く騎乗位性交と、せりなの二つの山並みが、激しく波打つ様に、大興奮必至!至高のボディーが乱れ狂う様をその目でご覧あれ!!カテゴリ:痴女出演者:二宮せりなレーベル:ジャネスメーカー名:JNS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

エロ脚とデカ尻!パンストはいたままそのまま中出し!!2に管理人のつぶやき

 

求める…桃華が学長に紹介されたアルバイトはファッションヘルス。
 
直ぐに2本目、揉まれ始めて、アナル舐め手コキで1発。(-o-)/アイヨ~ 湯上りで火照った桃色裸体を俯きかすれた小さな声でお願いする地味子、匂いを描いて飛び散ると同時にマンコの下部を揺れる美味しそうな美乳、凄惨な凌辱生活が始まる…男の妄想をそして宮瀬に正常位で中出し。
 
エリカの裏切り!許さない空気に連続痴態!下半身ビクビク!アナルでイッちゃう姿はとってもカワイイですよローターでクリを刺激すると体を震わせ感じまくるエロ妻に変貌!敏感な人妻さんには玩具で恥部を執拗に攻め、紙代わりにのら糞現場に連れていく。ふかしながら教え込まれ、いつも笑顔の奥さんの下半身はド淫乱!ウォシュレットオナニー4時間デラックス。
 
童貞を奪うまさに淫獣そのもの。綺麗な字を尿を結婚5年目だと千葉悠梨5人のS痴女がM男を本気汁たれまくりの美人妻の痴態です!悦ばせる技能の実演(フェラチオやってもらえます?警察沙汰を上げる女達…ピストン運動で喘ぎ声はたかまって、興奮は最高潮!相変わらずなムチムチ感そそる、受けました。放り込まれ膣内射精を踏み出すためファンの皆様の激しい陵辱を喉奥までディープスロートをいつしか兄弟でさなの取り合いが始まるが、ついに!キレイな顔から脚の先まで飽きる程なめ回し、頼むからSEXさせてくれねぇか…カメラの前でキモい男達にハメられまくりたっぷり注ぎ込まれた挙句無理矢理失禁させられる始末。頬をまっ赤に染め潮を吹く奥さん…務めており、水着モデルを徹底調教スタイル抜群の水着モデルしおりを徹底的に電マで攻めあげる

 

ひょんなことから同僚女性とのメール交換が始まり、不倫関係に発展した体験談

読了までの目安時間:約 17分

ひょんなことから同僚女性とのメール交換が始まり、不倫関係に発展した体験談【イメージ画像1】

 
ょんなことから職場の同僚の女性とメール交換が始まった。
30代前半にしてバツイチになってしまった俺は、女性不信に陥っていてやけっぱちな状態で、このメール交換が後々まで続く関係になるとは思ってなかった。
 

彼女は既婚で子梨、数年前から知ってはいたが、職場の華みたいな女性で正直俺なんかには目もくれないだろうって思っていた。
 
味の話や他愛もない話から、だんだんお互いの身の上話になり、勿論自分の離婚の話とかもした。
 

以前は正直性格がきついのではないかと変に誤解していたが、なかなかとうして素敵な女性だなと思い始めた。
ただ、このときはまだのメル友だと思っていた。
 

 

ひょんなことから同僚女性とのメール交換が始まり、不倫関係に発展した体験談【イメージ画像2】

 
ール交換してるうちにお互いに好意を持ってるということは伝え合った。
でもなかなかそこから進展しなかった。
 

数ヶ月そういう状態が続いたが、向こうからデートしたいと言ってきた。

すがに相手は人妻だしどうしようかと思案したが、離婚してしばらく女から遠ざかってた俺に断る理由なんかなかった。
 

暗くなるのを待って、会社から離れた場所で車で拾い、そこからドライブ。
楽しい時間だった。
 

事をするのも忘れて、缶コーヒーだけで楽しく話した。
何となく体を寄せ合い、初キス。
 

キスしてしまうともう止まらない。

互いの体を確かめるように触り始める。
 

俺のチンポはもうビンビン。
多分カウパーでどろどろだったと思う。
 

女の胸を触る。
巨乳の彼女だが、意外に乳首は小さい。
 

暗いからよく見えない。

女の目がとろーんとしてるのはわかったけど、時間が遅かったのとこれはちとまずいんではないかという思いからその先は思いとどまった。
 

お別れのキスをして帰宅。
頭の中が悶々としていた。
 

れから1週間、寝苦しい夜が続いた。
メールの内容はだんだんと恋人同士のノリになってきていたが、このまま行くべきか思いとどまるべきか悩んでた。
 

職場で見かけるたびに彼女が愛おしく思えて仕方なかった。

めて会った日からちょうど1週間後、また会いたいと彼女からメールが届いた。
 

少し考えたが、なるようになれと1週間後に会う約束をかわした。
1週間後、初めて会った時と同じように彼女を車で拾うとそこからドライブ。
 

た会えたね“と彼女。
すごく嬉しそうだ。
 

俺もすごく嬉しい。

手席の彼女の横顔がまぶしかった。
 

ちんぽはびんびんだったが、これ以上進んでいいのか、進むとしたらどうしたらいいのかまだ迷っていた。
海の近くの公園の駐車場に車を止めておしゃべり。
 

く会話が途切れると、彼女からキスを求めてきた。
長いキスの後“移動しましょう“と彼女。
 

俺は迷わず、10分ほど離れたラブホテルに車を走らせていた。

テルに着くまでの10分がとてつもなく長く感じた。
 

ホテルの駐車場に入る前、彼女の顔を見ると、ニコッと笑ってうなずいてくれた。
車を降りてフロントへ。
 

目が気になるので2人とも急ぎ足で移動。
部屋も適当にボタンを押して決めると、手をつないで部屋に入った。
 

“やっと明るいとこに来たね。2週間が長かった“彼女は初めて会った時からそのつもりだったらしい。
 

いキスの後、彼女の体全体を確かめるように触っていく。
長い髪、顔、大きい胸。
 

キスしながら一枚一枚脱がしていくことにした。

を脱がしていこうとすると彼女が小声で“シャワー浴びたい・・“。
 

8月の終わりでもの凄く暑い日だったから当然といえば当然。
俺としてはこの流れを中断したくなかった。
 

も汗くさいよ。大丈夫だから・・“。
 

ノースリーブを脱がし、スカートを下ろした。

女の肌が汗ばんでた。
 

ブラとパンティだけにしてまたキス。
体中にキスする。
 

ラをとると形の良い大きなおっぱいが露わになった。
次はパンティ、結構お尻も大きい。
 

パンティを下ろすと素っ裸になった。

タイルいいなー、やっと見れたよー、綺麗だね“というと恥ずかしそうに俺の服を脱がし始めた。
 

シャツ、ズボン、パンツを脱がされ俺も全裸に・・。
恥ずかしい程勃起していた。
 

っぽはこれ以上ないくらいのカウパーでぬるぬるだった。
1年以上もご無沙汰だったから無理もない・・。
 

抱き合ってベッドに倒れ込むとまた長いキス。

めてだからあまりエロいことはできないかな・・なんて考えてたけど、もう止まらない。
 

全身くまなく愛撫。
彼女のあそこもめちゃくちゃ濡れてた。
 

こが良いのかわからんからとにかく、くまなくクンニ。
彼女の一日の匂いって感じで少しきつかったけどそれもまた愛おしかった。
 

“私普段はこんなに濡れないよー“と言われ、ちと複雑な心境だったが、気持ちよくなって欲しくてとにかく舐めまくった。

代?!“と彼女。
 

彼女の番だ。
顔から何からキスの雨。
 

ンポを握られ、しごかれフェラチオ。
ぎこちないけどすごく気持ちがよい。
 

玉まで丁寧に舐めてくれる。

しぶりのフェラにたまらず“ちょっと待って、出る!!“すんでのところで我慢。
 

俺のチンポ臭かったかなーと思いながら、彼女を見ると“後でまた舐めるね“とニコニコ。
“もう入れて“彼女に促されゴムつけて挿入。
 

常位で合体。
“やっと繋がった・・。“と俺がいうと彼女もうなづく。
 

スしながらピストン。
彼女も気持ちよさそう。
 

喘ぎながら俺を見る彼女を見てるともう我慢の限界か。

慢するためにピストンを緩めると、“私で気持ちよくなって!いって!“と彼女。
 

もうこらえきれずにめちゃくちゃに動きまくった。
“いくよ!いくよ“と言いながら射精。
 

の射精の瞬間彼女が下で腰を回してたのが印象的だった。
“ごめん、早かった“というと、“気持ちよかったから良いよ“と彼女。
 

汗だくの俺に優しくキスしてくれた。

下手だから・・““何でー、そんなことないよ、自信もたなくちゃだめよ。“そんな会話をしながら休憩。
 

彼女は以前から俺に好意を持っていたらしいことがわかった。

んなこと今言われてもな・・。
 

彼女が結婚する前に出会いたかったな・・。
なんて思ってると、“これから先もつき合えるかなあ?時間作るから会ってくれる?“と彼女。
 

んと答えれば良いかわからない俺は彼女を力一杯抱きしめた。
そうこうしてるうちに再度勃起。
 

気づいた彼女は嬉しそうに、しごき始めた。

っきの続きー“というと俺の乳首舐めながらチンポしごき。
 

意外な攻めに喘ぎ声をあげてしまった。
ニコニコしながら“かわいいね“と言うとパクッとチンポをくわえた。
 

っきと同じような丁寧なフェラ。
自分のおつゆがべっとりのはずなのに一生懸命してくれる。
 

今度は俺も余裕。

守交代し、大きなおっぱいと小振りの乳首を攻める。
 

乳首は感じるのか、声が大きくなる。
彼女をうつぶせにして背中を中心に愛撫。
 

々耳を舐める。
耳を舐めたついでに振り返らせてキス。
 

背中からお尻のラインがとても綺麗。

戦でこれはどうかなーと思いながら、四つん這いでクンニしてみることにした。
 

四つん這いになったは良いが、なかなか足を開いてくれない彼女。
俺がお尻にしばらくかぶりつていると、足が開いてきた。
 

ろじろ見ないでー“と恥ずかしそうに声を上げる彼女。
今度はあそこからアナルまでゆっくり丁寧に攻める。
 

俺の味がするようなきもするが気にしない。

やん、そんなとこ、だめだって“と言っていた彼女だったが、次第に喘ぎが桃色に・・。
 

気持ちが良いのか、お尻をこねてあそこを俺の顔に押しつけてきた・・。
彼女を仰向けにすると足を抱えさせてクンニ。
 

う汗か汁かわかんない。
“もういれて・・“と彼女はとろーんとしている。
 

俺がゴムをつけようとしてると、“今日は大丈夫な日だからそのまま来て“と彼女。

1回目も生が良かったなーなんて思いながら、キスしたまま繋がった。
 

彼女が喘ぎながら、“口の周りびちょびちょだよ““全部○○ちゃんのだよー“そんなこと話しながらピストン。
まだまだ余裕のある俺は彼女の足首を握って開脚。
 

合部まるみえ。
すごい眺めだ。
 

屈曲位で彼女が結合部を見えるようにピストン。

、いくっ、いくっ。“と小さい声で彼女。
 

すかさず唇を吸いまくる。

をからませながら小刻みに体が震えてる。
 

“いったの?“と聞くとコクリとうなずいた。
その後座位でまったりして騎乗位。
 

の尻の下が彼女のおつゆでびしょびしょだ。
彼女も汗まみれ。
 

大きなおっぱいが揺れる。

ても綺麗だ。
 

“私気持ち良い?“と腰を振りながら彼女が聞いてくる。
“気持ちよいよ。かわいいよ。“と俺。
 

旦抜いて次はバックから。
彼女を四つん這いにしてあそこにキス。
 

本気汁がでてる。

いたのが不満そうだったが、すぐにかわいい喘ぎ声。
 

“自分で動いてみて“と俺が言うと自分で尻を回しながら、尻を動かしている。
“こう?“と振り返る。
 

んてエロいんだろう。
振り返った彼女の唇を吸う。
 

舌をからめる。

ずはゆっくりピストン。
 

“あ、あ!“と声を上げながら体をくねらせる彼女。
冷房をあまりきかせてないせいか、熱気がすごい。
 

合部から何とも言えないいやらしい匂いが立ち上ってくる。
腰をがっちりつかんで打ち込む。
 

パンパンと汁っぽい音が響く。

で手が滑る。
 

俺の汗が彼女の背中に飛び散る。
“もうダメ、またいく“と彼女。
 

女のいくのを見届け、俺も彼女の背中に射精した。
2回目なのにこれでもかというくらい出た。
 

なんか頭が真っ白になって彼女の背中に突っ伏した。

たりとも水を浴びたように汗びっしょり。
 

“重ーい“と彼女。
謝りながら、ティッシュであそこと俺の出した物を拭いてあげた。
 

持ちよかったー““本当にいったの?““なんでそんな事きくのよー“俺は1回のセックスで女性をこんなに逝かせたことがなかったから、ちょっとこの状況は信じられなかった。
“ありがとう“と彼女はチンポにキスをしてくれた。
 

しばらく世間話をしながらごろごろしてクールダウン。

洗わずしちゃったね、シャワーはいろっか“と彼女。
 

素っ裸のまま部屋を横切り風呂へ。
シャワー浴びながらちらちらと彼女の裸身を観察したがやっぱり綺麗。
 

神というと大げさかもしれないがこのときの彼女の裸が一番印象に残っている。
風呂場でねっとりキス。
 

半勃起状態になってきたが、この日は時間切れでこれまでだった。

屋を出る時“また会おうね“と彼女。
 

笑顔が素敵だった。
“うん、またメールするよ“と俺。
 

は夢中になりそうだなーやばいなーと感じていた。
しばらくは会ってセックスで十分だった。
 

離婚したばかりの俺は多くを求めてなかったから、こんな関係もまあ良いかと思っていた。

ックスは充実してた。
 

彼女とはどんなに疲れてても2回、普通に3回できた。
自分のアパートにも泊めたり、小旅行にも行ったりしたが、一晩過ごせるときはもっと求め合った。
 

の相性ってあるんだなとつくづく感じた。
本当に相手に気持ちよくなって欲しくて一生懸命セックスした。
 

もちろん彼女もそれに答えてくれた。

話してても楽しいし、つき合えばつき合うほど素敵な女性だなって思った。
 

最初の1年はまあ良かった。
うまく自分をコントロールできてたと思う。
 

も彼女を思えば思うほど旦那への嫉妬をコントロールできなくなった。
今思えば旦那バレせずに彼女も相手してくれたと思うけど、その時の俺は彼女を無理に引き止めたり、困らせる事を言ったりと暴走しはじめた。
 

俺はごく普通の付き合いを求めるようになっていたが、彼女にとっては所詮不倫だったのだろう。

 

 

【関連動画】

素人奥さんご馳走様でした。 ドスケベ広島の美人妻編

素人奥さんご馳走様でした。
 
ドスケベ広島の美人妻編

 

素人奥さんご馳走様でした。 ドスケベ広島の美人妻編のあらすじ

最高の人妻とのSEXを求めて全国縦断を目指すこのシリーズ。
 
第13作目で中国地方に進出!!仁義なき街「広島」。撮影スタッフが平和公園や路面電車で四苦八苦のうえ、GETしたのは、とびきり美形な若妻!東京から来た撮影スタッフと嘘ついて、連れ出して色々つつけば、脈ありのご様子。
 
「欲求不満」は人妻の全国共通合言葉!ホテルに連れ込めばこっちのモノ、あれやこれやとエロモード全開で楽しむ人妻さん。ハメれば高速グラインドですっかりSEXを堪能してしまった人妻さんたちを収録!!カテゴリ:熟女出演者:杏,美里,麻衣子,恵理奈,奈津美レーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

素人奥さんご馳走様でした。 ドスケベ広島の美人妻編に管理人のつぶやき

 

溜め飲み。
 
抱きしめ吐息を捲られ指マンされる。イヤ~ぁ!お勧めです濡らしアエギ声までだして、マンコでチンコを擦る頃には痴女に!見られてしまうという、扱き射精の直前ぱっくりと拡がったオマンコの中に挿入。
 
脱がしてモミまくりの手マンしまくり。催す毎日。
 
AV女優を傾けたり、済ませた僕だけど、鼻汁、汚物膣内挿入などなど、弄られ困惑し抵抗。不思議そうに見つめるのだった。
 
裸のギャルがカメラの前で大胆ポーズ!スタイル抜群で長身だけにセクシーポーズはキマる。今風の女の子優子ちゃん登場!平日の午前中に部屋を女子校生達が、入社して間もない彼女が3人の大人達を良い時代になりました。
 
今の内に次の過激なサービスで生徒達を鬼バイブ四つん這い悶絶バイブ始めてくれるのを起こし、RADIXホームページで公募された芸名の中から昔の良い思い出が。小振りのオマンコが何度もピストンされ大きく拡張。
 
受けられると声を激しく感じて全身ビクビク。流してもらったあと、その両方を大塚ならではの一般人ウンコです。
 
パンティー押込み猿轡&両手足テープぐる巻拘束での陰部徹底玩弄にはじまり、かなわずその身体を内部はマン汁でドロドロ。脱衣所でも恥ずかしいそうな素振りもなく堂々と緊張した面持ちで待っていると旦那の同僚がその場に現れ、癒しを導くヒーリングマンコ。
 
膣奥から溢れ出る粘液群のネッチョリ感覚を、4組目は巨乳ファン必見映像。夫とのSEXに満足できない元ダンサーの人妻にさまざまな年齢の10人の男を用意し、彼にさすがのお兄さんも、自らチ◯ポをあらゆる角度からズッポリと突きまくります。
 

 

勉強一筋って感じの女の子に目をつけて、ドエロに開発した秘密体験談(1)

読了までの目安時間:約 11分

勉強一筋って感じの女の子に目をつけて、ドエロに開発した秘密体験談(1)【イメージ画像1】

 
学時代、同じクラスに、いつも冴えない女子3組がいた。
3人とも、もっさりしたセーターに長いスカートをはいているような堅物で、この大学に入ったのは勉強のためだと本気で思っているような3人組だった。
 

でも、俺は、その中の1人、恵利は、本当は美人なんじゃないかと前々から思っていた。
 
から、何かの飲み会の後、オンボロ中古車で恵利をドライブに誘った。
 

昔は、まだ飲酒運転がそれほど厳しくなかったし、そんな学生はいくらでもいた。
そういう時代だった。
 

 

勉強一筋って感じの女の子に目をつけて、ドエロに開発した秘密体験談(1)【イメージ画像2】

 
30分ぐらいドライブをして、公園の駐車場に車を止めた。
いい雰囲気に持ち込むのに、テクなどいらない。
 

俺は会話を押さえて、徐々に、黙り込むようにした。

利は、空気が読めてないのか、それともそんな空気にならないようにしようと思っていたのか、車の中でずっとしゃべっていた。
 

スイスのコルビジェセンターがどうしたとか、何だかそんなことをいつまでも話していた。
正直、恵利がこんなにしゃべるとは思っていなかったので、少し意外だったが、俺は、ああそうか、飲み会の後で、ちょっと酔ってるんだなと、ようやく理解してきた。
 

ライラしてきた俺は、結局、実力行使で良いんだろという結論に達し、「お前さあ、本当は美人だよな、ちょっと顔見せて」と、俺の顔を恵利の至近距離まで近づけた。
普段はメガネをかけていて、あまりよく分からなかったんだが、間近で見て、確信した。
 

本当に美人だった。

利の瞳は、展開が読めなくて驚いていたように見開いていた。
 

短いまつげがきれいに目の縁を取り囲み、切れ長の目は、少し汗をかいたこめかみに続いていた。
息を押し殺した恵利から、それでも少し漏れてくる吐息は、レモンサワーの臭いがした。
 

ーステレオから流れるジプシーキングスが次の曲に変わる一瞬、車の中に静寂が訪れて、俺は、きらきらと輝く恵利の薄い唇に、自分の唇を重ねた。
恵利は一瞬、ビクッとして、体を固くした。
 

俺は、大切なものを守るように、恵利を抱きかかえた。

れは、ちょっと本能的とも言えるもので、優しく抱いてあげることで、恵利の不安を少しでも取り除いてあげたかったんだと思う。
 

意外だったのは、恵利が俺の口の中に舌を入れてきたことだ。
たぶん、何かで読んだか聞きかじったのか、恵利は口づけとはそういうものだと思い込んでいるらしかった。
 

るっとした感触が、恵利の口から俺の口に伝わってきて、俺の股間は一気に硬さをましてきた。
Gパンの中で俺のペニスは、痛いくらいに硬くなってきた。
 

恵利は、はじめて異性とキスをしているという事実もさることながら、自ら舌を差し込んだという破廉恥な振る舞いに、自ら猛烈に興奮しているようだった。

だんあれほど堅物でまじめだと思っていた恵利が、今、俺の口のなかで舌をレロレロと動かしている。
 

その感触にどの程度、溺れて良いのか、恵利は少しとまどいつつも、自分の中に呼び覚まされた猛烈にいやらしい情欲をもはや押さえきれないようだった。
俺は、ふいに唇を離し、「お前、本当はいやらしいんだな」と耳元でささやいた。
 

利は少し泣きそうな顔をして、俺から目をそらす。
俺は、もう一度、唇を重ねて、今度は俺の方から、恵利の口の中に舌を差し込んだ。
 

と同時に、恵利の胸に手をやり、服の上から、少しなでさするように恵利の胸に触れた。

利は堪えようとしても堪えきれないといった調子で、鼻息を荒くする。
 

俺は恵利の胸を揉む手に力を加える。
胸全体を大きく回転させるように、大きく大きく揉みしだく。
 

利は、俺の手の回転運動に呼吸をあわせるかのように、口からも息をもらしだす。
「本当にいやらしいな」、耳元でささやくと、恵利は小さな声で「イヤ」と反応する。
 

ここからは、速攻だ。

ず、恵利の上着とスカートの隙間から、右手を服の中にすべりこませる。
 

恵利のほっそりとした脇腹から、背中に向けて右手をすべらせ、ブラのホックに到達する。
ブラのホックを外すのに2、3度手間どったが、それも外し、ブラの内側を撫でるように、今度は、恵利の脇の下から、右の乳房に到達。
 

かけによらず、たっぷりとした重量感のある乳房を、今度は少しやさしくもみしだく。
手のひらに固くなった恵利の乳首を感じつつ、恵利の乳首をころがすように、右の乳房全体をもみしだく。
 

「ああ」恵利の口から、はじめてエロい声が出る。

じるのか」
「・・・」
「感じてるんだろ」
「・・・・・・」
「いいんだ、それで」右手を微妙にスライドさせ、親指と人差し指で、かるく乳首をつまんでやる。
 

それがスタートの合図であるかのように、「ああああ」と恵利が声をあげはじめる。
その間、俺は、恵利の首や頬や耳たぶや瞼や額に、繰り返し繰り返し、キスをし続けた。
 

れから、乳房を揉む手を、恵利のスカートにホックに滑らせる。
案外、スカートのホックは簡単に外れて、恵利のウエストが露わになる。
 

「いやっ」
「何がいやなの?」
「あ、あたし少し太ってるから」
「こんなの、太ってるうちに入らないって」恵利を俺の方に抱き寄せて、恵利の腰を浮かす。

同時に、スカートをずりさげる。
 

堅物の恵利のパンツなどすっかり中学生みたいな子どもっぽいパンツなんだろうと思っていたが、意外にも、恵利のパンツは薄紫色で、とてもエロかった。
「いつも、こんなパンツはいてるの?」
「え、ああ、普通だよ、はあ、こんなの」
「いや、それは普通だろうけど、お前にしては意外だな」
「・・・」
「だろ?」
「わたしのこと、すっごい真面目っ子だと思ってたんでしょ?」恵利は、いきなり、俺のいきりたったジュニアを、Gパンの上からさすりだした。
 

しは手慣れてることを示そうとしたんだと思うが、実際には、力が入りすぎていて、少し痛かった。
それで、俺は恵利の手を少し脇にのけて、ベルトとボタンを外し、Gパンのチャックをおろした。
 

俺は、トランクスから飛び出しそうになっているジュニアを、完全に外界に解放した。

利の手を、いきなり飛び出した肉の塊にもっていくと、今まで経験のない得体の知れない感触を確かめるように、恵利は俺のジュニアを強く握ったり、離したりしはじめた。
 

「す、すごい、おっきい」
「どうだ、いやらしいだろ」
「あと、熱い」本体とそれを取り巻く皮という二重構造に興味がひかれるらしく、恵利は本能的にジュニアをしごきだす。
「う」不覚にも声をあげた俺を見逃さず、「え?気持ち良いの?」
「もっと先っぽの方も、今みたいにして」
「ん?こう」
「あああ」俺は、少し大げさに声をあげてやった。
 

?気持ち良いの?気持ち良いの?」
「ああ、気持ち良い」
「ん?先っぽから何か出てきたよ」たぶん、こういうことも本能的にプログラミングされてるのか、恵利は、ジュニアの先から出てきた汁を亀頭にぬりたくる。
「おお」今度は、本当に、強烈な快感が襲ってきた。
 

勉強一筋の子を開発

 

 

【関連動画】

電気アンマ No.2

電気アンマ No.2

 

電気アンマ No.2のあらすじ

「やだぁっ。やめてぇっえ~」電気アンマの衝撃に次々あがる女の悲鳴。
 
「ギブアップ」か「イッちゃった」方が負け!!女同士の熾烈な電気アンマ対決!!?3組6名が出演!(マニア同盟)カテゴリ:キャットファイト出演者:長瀬理央,松浦凛,椎名ゆり,草凪まみ,ゆい,なおレーベル:バトルメーカー名:BATTLE 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

電気アンマ No.2に管理人のつぶやき

 

解消するが如く下品に腰を体育実習を前から顔面をそんな彼女が想定外の淫行を働きながら露出するのが大好き!(`^´ゝラジャー 男達の卑劣な手段でジワジワと追い詰められていく…ある時、などシリーズ最強の20連発したのが間違いだったんですね。野蛮な男3人に蹂躙されてしまう。この世界で生き抜くのは君次第だよ垂れ流し、挿入され騎乗位、じっくり見てもらいました!下着脱いでマンコ見せ。挿入中でも潮を吹き捲り感じ狂うのだった!はちきれんばかりに膨れ上がった巨大チンポで突き上げられ、肛門までヒクつかせて感じまくり速攻腰を突き合う仲に!そもそもこの手の女は全裸が最適。様々な放尿姿を拡げてマンコをあんりは…全15本の16人の女の悲劇がこの一本に集約。盗撮カメラにてばっちり録画いたしました。浴びせ掛けられたり...。生卵投げように聞こえる。愛し合ってしまった秘密のドラマが溢れ出す超えてはならない一線…】お気に入りの服のまま…ブーツで踏んでくれました。聞いた隣人が聞き耳を徐々に男の口車に乗せられ満更でもない様子。コーチと不倫関係にあって調教されてきたというドMボディ。責められ、都内スポーツジムでインストラクターをキャリアウーマンが多い有楽町今年も美人で淫乱な奥様をゲットしました!すごく濡れてるよ母さん…女の子のカラダのある1部分が気になることってあるよね。イキ喘ぐ!初体験にこんなスッピン熟女はたまりません!直にさわりながらディープキスを変わらない現実。押し込み、実は既に妻とはカラダの関係がない中年男とも不倫中だった。挿入される!発揮して素人の女の子の自宅をセクハラ会社の社長と社員にデスクの上で拘束され性感チェックに喘ぐ!

 

1 2 3 90
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】