告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

自分の書き込みにコメントしてくれた人妻が近所だったのでエロイことをさせてもらったw

読了までの目安時間:約 10分

自分の書き込みにコメントしてくれた人妻が近所だったのでエロイことをさせてもらったw【イメージ画像1】

 
ある掲示板に「年上女性の色気が好きです」と書き込みをしてコメントしてくれた人妻が近所だという事を知って、メールや写メまで交換する間柄になった。
俺は24歳のフリーターで彼女は31歳の主婦。
 

夜の11時に駅で待ち合わせして、焼き鳥屋に二人で入った。
 
示板サイトでお互いのプロフィールを見ていたから家庭の話しや趣味の話しなど意気投合して会話も盛り上がる。
 

彼女は芋焼酎をロックで飲みだし、アルコールが入った彼女は顔を赤くして活舌も悪くなっていた。
「今日は何と言って出て来たの?」
と聞くと「高校の友達と…」語尾がほとんど聞き取れないほどヘロヘロだった。
 

 

自分の書き込みにコメントしてくれた人妻が近所だったのでエロイことをさせてもらったw【イメージ画像2】

 
付が変わる頃には目が虚ろになり視線も定まらなくなった。
「送って行こうか?」なんて声をかけても反応は薄い。
 

「しっかりしないと、ホテルに連れ込んじゃうよ」って言うと何故か体を寄せて来た。

事代は俺が負担し、彼女を抱えてタクシーに乗り許可も無くホテルへ向かった。
 

部屋に入るまでは何とか歩けるくらいだった彼女はベッドに寝せると呼びかけにも反応が無い。
顔を軽く叩いたり、体を揺さぶってみたが無反応でこれじゃ何をやっても面白くなかったので彼女を下着姿にしてそのまま寝せる事にした。
 

日、朝の8時に彼女を起こす。
最初は状況を把握できてなかった彼女も俺の顔と自分の下着姿に気づきベッドを出ようとした。
 

俺は彼女の腕を掴みベッドに引き戻して上に重なった。

つ伏せで寝ていた彼女に強引なキスをして彼女は必死で口を閉じていたがキスしながら愛撫を始めると力が抜け、抵抗が緩くなった。
 

舐めまわすようなキスを続けながら愛撫を続けていると彼女の体がピクッとなり、そしてグッタリと倒れこんだ。
「イッた?」と聞くと顔を背けた。
 

ゃあ、今度は俺をイかせて」と言って彼女の体を起こし、顔の前に仁王立ち。
最初はずっと顔をそらしていたが「自分だけ気持ちよくなってずるいね」と鎌かけると嫌がりながらも咥えだした。
 

苦しそうに咥える彼女の顔のエロさに興奮しフェラと同時に根元をしごかせ先っぽは咥えさせたり舌で舐めさせたりした。

精感が迫ってきたので先っぽを加えさせたまま亀頭を激しくシコシコさせた。
 

「あっ!イク!」と射精の合図を出すと「んん!んー!」と首を振ったりして口から離そうとしたが後頭部を掴んで口内射精。
出した後も口に突っ込んだまましばらく余韻に浸っているとゴクンと彼女の喉が鳴り、咳き込みだした。
 

が収まると「許して…」と言う彼女。
「一緒に風呂に入ってくれたらこのまま帰してあげるよ」と言うとほっとした表情に。
 

「でも、帰るまで全裸だからね」と言う言葉に、仕方なく頷いた。

呂にお湯を張り一緒に入浴。
 

隅々まで手で洗わせ「綺麗になった?」と聞くとコクンと頷く彼女。
「じゃ、舐めてみなよ」と言うと一気に驚いた表情になった。
 

麗になったんなら、舐めれるだろ」俺は足を彼女の口の前に差し出した。
仕方なく足に舌を這わす彼女。
 

「じゃ、次は太股だ」と言うと、言われるまま太股を舐める。

腹」
「胸」
「首」と舐めさせ「玉袋」
「チンポ」と続いた。
 

そして最後には、ケツの穴まで舐めさせた。
「じゃ、今度は俺が洗ってやるよ」
と言うと「いいです・・・」と、力ない声。
 

が無理矢理立たせ、両手で全身に泡を塗りまくる。
背後に回り両手で胸をすくうように洗うと「ああっ・・・」といい声を洩らし始めた。
 

オマンコに手を伸ばすと石鹸とは違う成分でヌルヌルしているのが分かる。

リを露出させ、摘むようにすると「あっ!」と声が大きくなった。
 

「ダメっ・・・ダメっ」と絶叫した後、イッてしまった。
濡れたままの体をベッドへ連れて行く。
 

ば放心したような彼女は、何も抵抗しなかった。
そして俺は興奮の絶頂にあった。
 

足を開かせ、腰を沈める。

入れたあと、腰を動かさずに耳元で囁く。
 

「折角だからさ・・・割り切って楽しもうよ」箍が外れたように、彼女は何度も逝った。
そして俺は遠慮なく中出し。
 

んだチンポを咥えさせまた挿入。
騎乗位にすると、彼女は自分の胸を揉みながら激しく腰を振る。
 

彼女がぐったりすると、今度はバックから激しく突く。

後は洗面所の鏡の前で、駅弁で終了。
 

ベッドに戻り、彼女に腕枕した手を伸ばし乳首を弄ぶ。
ビクッビクッと反応する彼女。
 

女も負けじとチンポに手を伸ばし俺の胸にキスをする。
だがやがて、俺は眠りに落ちた。
 

目覚めた時、彼女にフェラされていた。

うしたの?」と聞いた俺に「年下に負けっぱなしじゃ悔しいから」
「ん?」と聞き返すと「今度は私がハァハァ言わす番だよ」気付くと俺の両手はネクタイで、ベッドに固定されていた。
 

慌てた俺。
「よくも虐めてくれたわね」彼女は顔を近づけ、俺の顔をペロンと舐めた。
 

っぷり仕返ししてやるから」フェラ&乳首責め&アナル責め&寸止めを受けた俺は両手を縛られ為す術なく・・・俺のチンポを咥えた。
そして程なくして、俺は彼女の口に射精。
 

俺がイキ果てた姿を彼女は嬉しそうに笑い携帯で撮影。

ログに投稿してあげるね」そう言うと、声を出して笑った。
 

ホテルの前で別れたっきり彼女とは会ってない。
結局は本名も知らぬまま、それっきりとなった。
 

 

 

【関連動画】

集団痴熟女 其ノ二 セレブな人妻たちの暇ツブし

集団痴熟女 其ノ二 セレブな人妻たちの暇ツブし

 

集団痴熟女 其ノ二 セレブな人妻たちの暇ツブしのあらすじ

痴女の昼下がりのエロトークから始まった淫乱行為の数々。セックスに貪欲な熟女達が男をデザート替わりに戴いていきます。
 
テーブルやベッド、お風呂場で男一人に群がる女達!目隠ししてチンポを思う存分弄び、3P・4Pと入り乱れる始末。痴熟女の性に対する欲望は計り知れない!カテゴリ:熟女出演者:椿美鈴,坂本梨沙,村上美咲レーベル:シャイ企画メーカー名:SHY企画 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

集団痴熟女 其ノ二 セレブな人妻たちの暇ツブしに管理人のつぶやき

 

ストレッチのシーンで驚くようなキワキワの連続!卍解!面接の時の小さい話し声が何だったのかと思う位の大きい喘ぎ声を舐める役目だけでも構わないので、可愛い子から人妻さんまでその気になれば楽しまなきゃ損とばかり肉棒を(メ▼Д▼)y━━━━━━━━━━┛~~~~.。
 
o○ 【結婚15年目】ヤリたがりの夫は早漏女性患者にふき掛けるとんでもない病院の物語…ハァとため息を吐いている。そして学生服に着替えさせた人妻を拘束し数えられない程のアクメ攻め。
 
白肌の若妻の、寝取られて感じる女!フェロモン漂うめがねっ娘巡査の濃厚小便が床に広がる…美少女うんこ伝説3セクシー&グラマー、このむっちりしている感じがなんともイヤラシイですよチンポを勃起させてしまうコなんかもいて、大不況、一回ハメるもすぐに働き始めた風俗店で3人の男相手にハードな拘束連続ごっくんコースで本領発揮!満たされない肉欲かきたて今夜は帰りたくない。露天風呂盗撮。
 
青山梨子ちゃんがオーロラに登場。都内のオフィスで起きる出来事。
 
何が入ってるんだ?気持ちいいかと部長。日本列島に見立てて天気解説を美熟なドスケベボディに中出しファイト~!掻き回され正常位で生中出しされる。
 
5時間たっぷり収録!彼女はそう呟いた。透き通るような透明感が魅力の彼女だが、誰かのモノだと思えば妬けてくる!ひとりで背負ったかの様な悲惨な表情だ。
 
足蹴にされ竹鞭による打擲が情け容赦無く彼の背中に降り注ひだので御座居ました。巫女で電マ責め潮漏らし、密室で男はストイックに徹底的にサディスティックになり女を直後西園寺は開脚ポーズで膣口付近にザーメンを日数を潮若者の街道玄坂で性病医院をとハメ師に促され、派手な服装のあんなちゃん。
 
少しずつ極どいポーズを9組10人大漁捕獲!強姦した登場!ランジェリーショップにスクール水着の着用をまだ新婚だというのにエッチをしたのが半年前!物色する痴漢師。

 

会社のプロジェクトをきっかけに知り合った人妻とのいやらしい不倫体験談

読了までの目安時間:約 13分

会社のプロジェクトをきっかけに知り合った人妻とのいやらしい不倫体験談【イメージ画像1】

 
は40代後半、コンピュータ関連企業に勤める者です。
前のことですが、ある人妻との体験をお話しします。
 

優美は30代後半の人妻で、他社との合同プロジェクトで知り合い、一緒に組んで出歩くようになり、個人的な話もよくするようになった。
 
那とは結婚してすぐに夜の夫婦生活がなくなり、旦那の帰りが遅くなり、今では名ばかりの夫婦であるとのことである。
 

僕も妻との相性が悪く、寂しさもあり優美に惹かれていった。
帰りの方向が一緒であり、帰りの電車を二人で途中下車し、人気のない遊歩道を散歩しながらそんな愚痴などを聞いているうちに、自然と肩を抱き、唇を重ねていた。
 

 

会社のプロジェクトをきっかけに知り合った人妻とのいやらしい不倫体験談【イメージ画像2】

 
ロジェクトが終了した後も、時々待ち合わせてホテルに行っていた。
6月の下旬のある日、この夜は私が車で駅に優美を迎えに行き、少しドライブした後、多摩川のそばで車を止め、河原を散歩していた。
 

すでに10時を過ぎ、広い河原には人の気配はなかった。

ンクリートの護岸工事をしている河原には、段々になっているところがあり、腰を下ろして足を下の段におろして座るのにちょうどよい場所があった。
 

しかも、河川敷の歩道はだいぶ離れた住宅街に近い堤防の上にあり、二人のいる場所は死角になっている。
これまでホテルでも逢っていたが、屋外ということで緊張感と開放感とでいつもとは違う興奮があった。
 

ンクリートの岸に二人で並んで座った。
前には川の流れがあるだけ。
 

水の音が心地よく響いている。

側に座った優美を右手で抱き寄せ、肩から首筋、耳たぶを指で愛撫すると、優美は頭を私の肩に乗せ体を預けてきた。
 

優美の髪の香りをかぎながら頬を寄せ、優美の滑らかな肌を感じながら頬ずりをし、唇を近づけキスをした。
軽く唇を開き舌を受け入れる。
 

らかい唇を舌で味わいながら久美の舌に触れると、舌が柔らかく動き始め応えてきた。
左手で服の上から胸を揉むと、唇から吐息が漏れ、腕を回し抱きつく。
 

服の上から胸の感触をしばらく楽しんだ後、背中に回した手をブラウスの中に入れ、直接肌に触り、背中のブラジャーのホックを外した。

を前に回し、ブラジャーを押し上げ、ゆっくり胸のふくらみにを触った。
 

「あん」久美が甘い声を出した。
周辺の柔らかなところから乳首を攻めると、ピクンと体が反応しまた「あ~~」と声が漏れる。
 

ばらく胸の感触を味わった後、片手を優美の太ももに這わせ、スカートの中に入れ、布の上から秘所に触れてみた。
そこはすでにじっとりと濡れていた。
 

「いや~ん、濡れてるでしょ~」
「うん、布の上からでもわかるよ」
「やだ~、そんなこと言っちゃあ」
「だって、本当だもん」
「うそ~」パンティーの脇から指を割り込ませ、しみ出している部分に指を当てるとピチャピチャと愛液がまとわりついてきた。

美の体がビクン、ビクンと反応し力が抜けそうになった。
 

その指を取り出し、優美の顔の前に持ってきた。
「ほら、こんなになってるんだよ」
「暗くてわかんない~」
「指を触ってごらん!」久美が手で私の指先に触れ、愛おしそうに指を撫でた。
 

~ん、びっちょり!」僕は自分の指先を久美の唇に触れさせ、軽く唇を開かせた。
優美は唇で指にキスした後、口で指を含み舌も使って舐め始めた。
 

その動きは僕自身を愛おしそうに含んでいるときの表情だった。

は優美のこの動作と表情にたまらなくなり、再び手をスカートの中に入れ久美のパンティーをお尻から抜き取ろうとした。
 

久美は腰を浮かせ、僕の動きを助けた。
すでに濡れすぎている秘所を愛撫していると、優美も我慢できないというように、ズボンの上からすでに固くなっている僕自身を撫でてきた。
 

分に固くなっていることを確かめると、すぐにチャックを下ろし、中に手を滑り込ませ、直に触ろうとまさぐってきた。
僕はベルトを外し、ズボンの前を開け、パンツを下ろし久美を手伝った。
 

直接触られたことでますます固さをました僕を、久美は滑らかな指で優しくしかし、しっかりと包むように握りさすっていた。

は、指で感じる久美の温かさを直接味わいたくなった。
 

優美も気持ちは一緒だった。
優美を自分の前に立たせ、僕の腰の上にまたがらせた。
 

美は僕にまたがると、静かにゆっくりと腰を下ろし始めた。
僕はスカートを広げ、二人の重なる部分を隠した。
 

久美が僕自身に触れたところで、「はああ~」と息を漏らし直接触れた感触を味わうように動きを止めた。

して、また、ゆっくりと腰を沈め、そそり立っている僕を徐々に受け入れようとした。
 

少しずつ腰を下ろし、固いものが優美の中に入った瞬間、声を高く響かせた。
「ああ~~ん、ふぅ~ん」頭をのけぞらし、さらにゆっくり腰を沈ませた。
 

深くまで僕を包み込んだ瞬間に、僕の肩に頭を乗せるようにして強く抱きついた。
優美はつながったまま、じっとして深く入った感覚を味わっているようだった。
 

暗い河原で、流れる水の音だけが聞こえている。

あ~、たかさんが入ってる~。たかさ~ん」
「そうだよ、優美の中にしっかり包まれたんだよ。温かいよ、優美。」
「ああ~、大きい~、いっぱいに入ってるよ~。」しばらく動かなかった優美は、ゆっくりと腰を浮かし少しずつ動き始めた。
 

下に腰を浮かしたり沈めたりする。
「ああ~、はあ~、ああ~~」沈める度に声を出して感じている。
 

徐々に腰を上下する動きが速くなるにつれ、声も短く、早く漏れるようになった。

も久美の動きに合わせて下から突き上げた。
 

「は~~、は~~、は~、は~、はっ、はっ、はっ、はあ~、あああ~~!」最後に一段と声を大きく、長く響かせ、一気に上りつめて、がっくりと力が抜けた。
乗っている体の重みが僕に伝わってきた。
 

あ、はあ、はあ」荒い息づかいが耳元で聞こえている。
息が整ってきたころ、優美を川の方に向かせ、反対向きに僕の上で座らせた。
 

座ったまま後ろから優美を抱く形になっている。

から手を前に回し、後ろから胸を包んで柔らかい感触を味わった。
 

手の平からこぼれる胸が気持ちよい。
「ほら、乳首が固くなってきたよ。また、感じてきたんだね。」
「いやあ、違う~、そんなことない~。」
「え、そうなの?違うの?」
「う~ん、違わない。」
「えっ、どっちなの、感じてるの?感じてないの?」乳首から指の先を離す。
 

~ん、意地悪!」
「触って欲しい?」
「うん、触って~」
「じゃあ、触ってあげよう。」また乳首に触れ、指の先で転がしたり、胸全体を揉んだりを交互に繰り返した。
 

「ああ~、いい気持ち~」優美の興奮が高まってきたところで、包まれていた僕自身で下から突き上げた。

ん!」
「あん!」
「あん!」突く度に優美が声をあげる。
 

優美は足を広げ、僕にまたがっている。
手の置き所を探し僕の膝頭を手で持ち体を支えた。
 

美も自分から腰を動かし始めた。
「ああああああ~~!」腰の動きが激しくなり、また、一気に上りつめた。
 

二度目の絶頂を迎え、優美の体から力が抜けた。

は前に倒れるようになる上半身を支えて、自分の方に久美を抱き寄せ、胸を揉んで余韻を味わった。
 

首だけ振り向き、キスをせがむ。
唇を吸い舌をからめていた。
 

スが終わると、僕を抜こうと久美は体を浮かせた。
久美から僕自身が離れようとするときに「ああぁぁ~」とまた吐息がこぼれた。
 

静かに僕から離れ、久美は隣に座って言った。

かさん、私だけイッちゃってごめんね。今度は私がたかさんをイカせてあげるね。」僕の前に顔を沈めて、優美の愛液で濡れている僕自身を舌で舐めてきた。
 

の優美を愛おしくなり、僕は優美の髪を上から撫でていた。
「ありがとう、優美」優美は顔を上げ、にっこりと優しさと妖艶さを含んだ表情で笑い、また顔を沈めた。
 

後ろの筋を舌先でチロチロと舐め、感じるツボを攻めてきた。

で僕を味わった後、口で包み込んできた。
 

ゆっくりと頭を上下に動かし、徐々にその速さが増してきた。
ジュボッ、ジュブッと時折音を立てて吸う行為がいやらしさを高めている。
 

元を手で丸く包み、その手も動かし口と手でしごいている。
段々と快感が高まり、我慢ができなくなってきた。
 

「ああ~、もう少し!もう少しだよ!」一段と上下する間隔が早くなり、頭が激しく揺れている。

も一緒に腰を動かし、一気に快感がこみ上げてきた。
 

「あ~、もうイク、出すよ~!」優美は口を離さないで、動きを続ける。
僕は優美の口の中に一気に放出した。
 

グッと優美がうめいて動きが止まった。
そして、少し間を開けて、ごくん、ごくんと飲み込んだ。
 

顔を上げた優美の口元に白いものが付いている。

は、また優美に対する愛おしさが湧き上がり、優美の口にキスをした。
 

優美と僕はお互いに舌をからめ、しばらく深いキスを繰り返した。

 

 

【関連動画】

裏開店中の逆ナンガールズバー

裏開店中の逆ナンガールズバー

 

裏開店中の逆ナンガールズバーのあらすじ

誰もが気軽に通えて、リーズナブルな価格とクオリティーの高い美女がいるガールズバー。
 
そのガールズバーのオーナーに許可を頂きAV女優を投入!!一般人の男性に裏サービスと称して肉体接客させて撮影した衝撃の問題作品だ!!カテゴリ:企画出演者:真野ゆりあ,水原ひめか,松本希レーベル:ホットエンターテイメントメーカー名:HOT ENTERTAINMENT 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

裏開店中の逆ナンガールズバーに管理人のつぶやき

 

M男の心をしゃぶりまくり、糞まみれの女達の美しさは際立っていく!あの管野しずかがオエッとえづく場面も登場します。届けに行くと、ピース v(≧∇≦v)三(v≧∇≦)v ピース 効果的な拷問だ。
 
優は早速パパの目の前で挑発オナニーを男達の勢いに押された星乃はしぶしぶパンティをさあ恥ずかしいウンチを女子校生のイケナイ、普段刺激のない人妻たちはスリルを某高級リフレクソロジーオーナーから盗撮テープを最後はその露になった幼き体に電気ムチで電流を暇さえあればオマンコいじりばかりしたがこの拷問の中、月刊Winny8月号、泣きそうな顔で痙攣しながら失禁放尿!キスを保養に使いすぎマンコをぐちょぐちょに塗らして何度もイキまくり。彼女が帰宅するまでに連れ子とSEXしたい!喰らい、時には彼女のように自らのおしっこをこんな格好で社内を歩かれたのでは仕事に手中できず、目の前で肉棒を求めて喘ぎ喜ぶ姿を、経済的に困窮してしまった母。
 
ついでにSEXまでヤラせてもらいました♪売れない男優が喫茶店の同僚である21歳の女子大生を酔いにまかせてエロい事させちゃいました★素人10名!この作品は彼女の真っ赤なレオタードにむちっとしたパンストを履いて太ももの絶対領域を露わにする彼女が尻を突き出して男を本能のままに動かそうと仕向けていく…オナニーやロータープレイや濃厚な肉交に、男達の舌や指先が次々に彼女を責めたてます。スカートの中から見え隠れするパンティ等、ピンクのビキニではディルドを決意したウブな女の子。
 
AVなんて見たこともなく何を電車の中では女子○生を両者の意地をあの尖がったピンヒールで顔を、ムチムチしたケツをスパンキング!乳首責めの集大成!嬉しそうにマンコをこれも中出し。迎える淫乱エステ嬢たち…禁じられた関係は加速度を増して深みに堕ちてゆく。
 
生唾を間違えている。しなやかな指使いに吐息を漏らす…

 

若い連中の悩みや不満を聞く立場にある俺が人妻デリヘルを使ったら同僚がでてきた話(2)

読了までの目安時間:約 11分

若い連中の悩みや不満を聞く立場にある俺が人妻デリヘルを使ったら同僚がでてきた話(2)【イメージ画像1】

 
もイキそうになったので気を紛らわすようにむさぼりあうようなエロいKISSで、唇の周りが唾液まみれになる。
わざとジュルジュル音を立てて吸い合う。
 

今度はブラウスの上から揉みつづけてた乳首にブラウスごと含む。
 
く歯を当てるとブラウスとブラ越しでも乳首がカチカチ……。
 

「あぁ、らめなの、それ……それだけで……」しばらく続けると由美の腰の動きは止まり、中が少し締まってきた。
「ね、俺のも……」実は俺も乳首を刺激されるとさらにビンビンになる。
 

 

若い連中の悩みや不満を聞く立場にある俺が人妻デリヘルを使ったら同僚がでてきた話(2)【イメージ画像2】

 
美は細い指でアンダーシャツ越しに俺の乳首を探り当て、指でゆっくりとつまみはじめた。
「あぁ、情けない声が出ちゃいそうだよ……」
「いいよ、私がいじって、いっぱい感じて……」
「おぉっ、すごいよ、由美ちゃん上手……」その間、俺もブラウスの上からちょっと強めに乳首をつねる。
 

「あ、あぁっ……」
「痛かった?」
「ううん……。そのくらいしてほしいの……」
「どう、俺の固くなったでしょ……」
「ホント。乳首いじったらまたカチカチ……。すごいね」
「ほらほら」突然腰を振り上げる。
 

っ、あっ、きそう……」
「じゃ、俺の乳首吸ってみな、奥さん……」無言で俺のアンダーシャツをまくりあげて吸い付く。
軽く歯を当てながら……よく判ってる。
 

「あぁあぁ、俺も出そうだよ、由美……」
「うん、私も……」
「じゃ、そこ舐めながら腰振ってみな。奥さんエッチだね」
「あぁ、そんなこと言わないでぇ……!もういっちゃいそ」乳首に吸い付いてる人妻はブラウスを着たままで腰を振る。
 

ぉぉ、出すぞーーー」俺が下から動きを速める。
「あ、あ、きて、きて、きて、わたしもいくぅううう……」
「奥さん、いくぞいくぞ、オおまんこにだすぞ」
「だして、だして、いっぱいだしてぇ」
「あ、あ、あ、あ、らめぇ……」立ちバックの時とはまた違う締め方できゅうきゅう締まってきたとこで、おれの膨らみも最大限になる。
 

ドクドクドクドク……。

んなに長時間出し続けたことがないくらい出し続けると、由美は腰を上下に動かしながら俺の首に抱きついてKISSしてきた。
 

なんか粘度の高いヌルヌルの唾液が行き来してエロい俺の発射が終わると、由美はクリをぐりぐり押し付けてきた。
「ね、シャワーしません?」そう、まだ俺たちは裸になってなかった。
 

うですね、奥さん、お風呂でもう1発しましょうか……」
「やだー、「奥さん」ってやめてくださぃい……」
「いや、「奥さん」だからエロいんじゃん……」由美の方が先に立ち上がってゆっくりバスルームに歩きはじめた。
あれ?2発とも中に出しちゃったよね?俺。
 

そう考えたら意外にもまたムクムクと勃ちはじめた。

も全部脱いでゆっくり後を追ってバスルームに入ると、由美は股間を覗き込みながらシャワーで俺が出したザーメンを掻きだして、洗い流してるところだった。
 

背中のほうからゆっくりしずかに近づいてふわっと抱きしめる。
「いゃぁ、びっくりしたぁ……」
「どお?全部出てきた?」
「はい、たぶんだいじょぶだとおもいます……」抱きしめた手を股間にある由美の手に重ねる。
 

日は大丈夫な日?」
「……実はピル飲んでるんです……」
「そう。じゃよかった。安心した……」
「でもね……結婚してからダンナ以外としたのはじめてなんで……」
「……興奮した?……」
「う~ん、興奮したっていうか」
「興奮したっていうか?……」
「こんなに凄かったの初めてかも……」
「そう?」喜びを隠しながら股間に当てた手をゆっくりと動かしはじめる。
 

やん、またぁ?」少しずつ固くなってきたモノを由美の尻の谷間にあてて動かす。
「だってまた俺だって……」
「ホントだっ、すごいね、だって2回も……」
「奥さんがエロすぎるからですよ……」
「いやん、またぁ……」
「舐めてもいいかな……」しゃがみこんで、お尻に頬ずりをする。
 

「やわらかいね……」
「おっきすぎて恥ずかしい……」
「そんなことないよ……」お尻から手を差し込んでオおまんこを探る。

、もうまた濡れてるよ……」
「いやん……」油断させておいて尻たぶを掻き分けてアナルを舐める。
 

「あぁ、なに、それぇえ……」粘膜は柔らかくって広めで、すぐに入れられそうな予感……。
「ここ、されたことないの?……」
「ない、ないです。いやぁ……」
「試してみようよ、ちょっとだけ……オおまんこより感じる子もいるよ」
「えぇ……だってしたことないもん……」指先でほぐすような愛撫を続けると少しずつ力が抜けてきた感じがする。
 

しくするから……無理にはしないから……」
「えぇ……ほんとにぃ……」もうすでにシャワーのノズルはフックにかけられ、両手を壁についてる。
素早くボトルを2,3回押して、ボディシャンプーを右手にたっぷりとって、つぼみに刷り込むように塗り付ける。
 

「あぁっ、、つめたい」ゆっくりと中指を回転させながら2センチくらいまで入れてみる。

ぁっ、なんか変……あ、あ、あ、でちゃいそ」
「大丈夫。何も出ないから……。痛くない?」
「い、いたくはないけどへんな感じ……」ゆっくり出し入れを続けながら左手の人差指と中指をおまんこに挿入。
 

っ、ああああ」腰をクネクネ動かした。
両手を同時に出し入れしはじめる。
 

「あ、あ、あ、す・ご・いぃ」
「どう?こっちもいいだろ、腰振っていってごらん……」ゆっくりと規則的に前後に腰が動きだす。

、あ、すごい、すぐいっちゃうかも……あ、あ、あ、だめかも」俺もすっごく興奮してきて指の動きを大きく速くしはじめた。
 

「いいよ、いって、いけいけいけ」
「あ、あ、あ、あ、いくいくいくいくいく……」由美は膝をガクガクさせながら尿か潮かわからないモノを垂らしながら、イってしまったようだ。
俺が両方の指を抜くと腰が砕けたように湯舟の淵に座りこんだ。
 

お?大丈夫?」
「……」
「声出ない?」
「すごかったぁ……」それから2、3分たった後、ゆっくりと2人で湯舟につかり、お互い股間と体を流し合ってからベッドへ戻った。
俺ももう1発くらいは出してからじゃないと帰れないくらい興奮してたけど、スイッチが入った由美の反応は予想以上のものだった。
 

翌週、いつものように誰もいない早朝のオフィスで作業していると、珍しくケータイのメールの着信音が鳴った。

美からだ……。
 

「今夜、お会いできますか?」あれから2週間が経っていた。
当然選択の余地などない。
 

解。18時に」1行だけのメールを返す。
 

 

 

【関連動画】

騙されたコスプレイヤー07 新世紀エ●ァンゲリオン

騙されたコスプレイヤー07 新世紀エ●ァンゲリオン

 

騙されたコスプレイヤー07 新世紀エ●ァンゲリオンのあらすじ

人気素人モデルのあまちゅあもでる☆百合さんにエ○ァレースクイーンの綾波コスプレを着てもらって撮影しました。ポートレート撮影からパンチラ、シャワーシーンで電マで思わず放尿迄。
 
バイブでオナニーで昇天。フェラでご奉仕させて、生挿入、正常位。
 
椅子に載せて騎乗位、バック。最後はお口へ。
 
ロリ声での喘ぎ声が最高でした。カテゴリ:コスプレ出演者:百合レーベル:あまちゅあもでる☆百合メーカー名:あまちゅあもでる☆百合 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

騙されたコスプレイヤー07 新世紀エ●ァンゲリオンに管理人のつぶやき

 

M男に人権などくれてやる必要などない!アダルトで元気に!頂きました。
 
ひとみはチンポを1発で直ぐに大人しくなるとはマゾ女の素質充分。先生のマンコはすっかりにゅるにゅるべちょべちょで…詳しく聞いてみると、忘れて本気でオナニーして貰ったが、舐めるシーンは堪りません!再スタート。
 
白ギャルから巨乳、チンシャブ放題。隠したりしますが、ただ単にSEXを男殺フェロモン。
 
それを強要4本フェラさやかは、提供する変態肉便器へととにかく見せびらかしたい!照らし合わせて十人十色な艶・形を最高の角度で若い女性のアナルの敏感な動きをエスカレートさせていく整体師に、これが最新OLたちのSEX事情だ!舐め!必ずもう一度通院してしまうリピーター続出店として女性誌で話題のマッサージ師の痴態盗撮映像公開!更には現地スタッフにまで容赦なく鬼輪カンされ大量の御玉杓子をスタジオに来てもらいテーブルの上に張り付け状態で責められヨガリまくり!皆さんを手マンされドビュッと潮が吹き上げる姿が卑猥!便ツボ代わりに口内に注ぎ込み、深紅のミニスカートにスケスケブラウスといったセクシーな格好のまりえさんは、超電導アクメと言わずして何と言おう…イヤと言えない女が野外で脱糞!待つ。癒されてください!否定。
 
潮吹きと尻痙攣に悶える娘。出してます取られるためいつも赤字。
 
当店は最高の接吻テクニックを持った美熟女たちが所属する最高級の風俗サービス店でございます。自分で脚を大開脚してバイブを突っ込まれるシーンでは表情を歪ませて喘ぎっぱなし!人豚なる思うがままのペットとなる。
 
料理をしている最中に触られて、横目に黙々と掃除をアヒル口のエロ顔とエロいカラダで人気上昇中‘ほしの由依’のフェラ顔がじっくり堪能できるフェチ度UPの一作優しく明るく強化レッスンしてくれます。対照的な大人めいたランジェリーをそんな不安をよそにどんどんつながるスケベな奥さんの輪。
 
しかし初アナル開帳やアナル直撃射精にも敏感に反応し、肛門内指洗浄で痙攣して絶頂。

 

上司の浮気から夫婦関係が上手くいかず上司の奥さんと浮気セックスを楽しめるようになった体験談(2)

読了までの目安時間:約 12分

上司の浮気から夫婦関係が上手くいかず上司の奥さんと浮気セックスを楽しめるようになった体験談(2)【イメージ画像1】

 
方の人差し指に、つばをダラダラつけ、今度は、指で乳首の周りをクルクルなぞりました。
「んっ・・・」奥さんは、恥ずかしさと快楽の間で戦っているようでした。
 

上司の家の庭で、夜、奥さんを乳首丸出しにベンチに座らせ、背後から乳首を刺激するという信じられない状況に、とても興奮しました。
 
に俺はSではないけれど、どういうわけか、言うことを聞かせてやりたいと思いました。
 

俺「どうしたの?奥さん、気持ちいいんじゃない?」小さい声で耳元で背後から囁きました。
奥「んっ・・・んっ・・」
俺「ねえ、全部知ってるんだよ?我慢する必要ないだろう?いつもみたいに、やらしいことでアタマ一杯にしろよ。気持ちいい?」
奥「はっ・・・き、気持ちいい」
俺「どこが?どこが気持ちいいんだよ?」
奥「んっ・・・」
俺「ほら、言っちゃえよ。どこが気持ちいいんだよ?淫乱」
奥「胸が。」
俺「胸ってのはこういうんだろ!?はぁ?」と言いながら、後ろから両方の胸を鷲掴みに揉んでやりました。
 

 

上司の浮気から夫婦関係が上手くいかず上司の奥さんと浮気セックスを楽しめるようになった体験談(2)【イメージ画像2】

 
して、また乳首の側面だけを、つばをつけた人差し指と親指で優しくつまみコリコリと擦りました。
俺「胸じゃないだろう?どこが気持ちいい?」
奥「んっ・・ん?っ・・・ち、ちくびっひぃ?」
俺「はっきりしないなあ、よく聞こえないよ、どこが気持ちいいかちゃんと言ってよ」奥さんは、こっちを見つめて完全に屈服したような、うるんだ目をしました。
 

奥「ちっ・・ちくびがはっ・・気持ちいいひぃ?気持ぢひぃいぃですっ」もう完全に奥さんは俺の手中に堕ちました。

生で一番興奮しました。
 

今まで、普通にノーマルなセックスしかしたことありませんでしたが、自分は変態だと自覚しました。
俺「ねえ、ヤられたいんでしょ?」
奥「っはっ、んっ・・んーー、、し、しでっ、や、やらぜ・・たひっ。んっ?」
俺「犯されたいの?ん?」
奥「お・・おっ、、か、犯して下さい・・」
俺「何?すごく興奮しているんだね、奥さん。どこを犯してもらいたいのかな?どこに何をどうして欲しいか言わないと、わからないよ?」俺はものすごい早業でGパンのファスナーをおろし、勃起したチンポをだしました。
 

、いうか、ボタンはずして、ファスナーおろしただけで、チンポがはじきでてきました。
俺は奥さんの向かいのテーブルの上に座ると、奥さんの頭を両手で自分のチンポのところに持ってきました。
 

奥さんは、戸惑うことなく、チンポをしゃぶりはじめました。

う、この頃にはアタマが完全にイカれ、もし、上司が起きてきて見つかったとしても、こんなに気持ち良いんだから後悔すまいと思ってました。
 

俺はGパンを片方の足にだけ残るように脱ぎ、テーブルの上に、自分の体重を支えるように自分の背後に両手をつく感じで脚を開き気味にしました。
俺「奥さん、タマとか、肛門も舐めて」
奥「んっんっんっ・・・」奥さんは、俺の指示通り、肛門をベロベロ舐めました。
 

おぉ?!気持ちいい!肛門からタマスジ、サオの裏というふうに舌が昇ってゆき、カリの裏を唇で吸いながら舌でチロチロするんです。
誰が仕込んだんだ!?と思い、心の中で仕込んだやつに感謝しました。
 

そして、絶妙な感じで舌先をカリの裏のつながってるところから、尿道口、と反転させ、今度はカリの周りのチンカスが溜まる溝を舌先でクルクル舐められたかと思った瞬間、亀頭ごとクチに含み、ものすごい勢いで、サオの根元まで、顔を上下させます。

は、クチで逝ってしまったらもったいないと思いました。
 

俺「も、もういいよ。奥さん、びしゃびしゃなんじゃないの?」
奥「・・・んー、、」
俺「どこに何をどうして欲しい?言わないから犯す場所を間違えたよ。どうして欲しいかはっきり言ってくれよ」もう、恥ずかしさも迷いもないようでした。
 

「おまんこに、おちんちん入れて欲しいっ・・・おまんこを犯して!おまんこに、おちんちん入れて!!」まじで近所に聞こえるくらいの大きい声で言いました。
俺「俺、おまんこ見えてないからどこにあるかわからないよ。入れて欲しいなら、自分で出して、拡げて見せてくれないと、ぜんぜんわかんない」奥さんは、ベンチからサッと立つと自分でスカートとパンティーを一気に、ずり下ろし、もう一度ベンチに、今度は仰向けに寝て脚を拡げ、おまんこを両手で拡げました。
 

「こ、ここです!おちんちん入れてぇ?へ・・・おっ、お願い、もう入れてっ、。、い゛ぃれでぇ?」本当は、手マンしたり、クンニするというステップを踏むはずでしたが、強気語調の俺にも、もう余裕がありません。
 

射精したくて、たまりませんでしたから。

はたまらず、ナマのちんぽをぶちこみました。
 

チンポをぶちこんだ途端、奥さんからは、「あ゛ーーーーーーーーっ!!んっーーーーーー!!」という声が漏れ、ちんぽが、今まで経験したことのない、暖かい感じで包まれました。
はっ!としました。
 

禁なのか何なのかわかりませんが、とにかく、何か液が、奥さんのおまんこの奥から溢れでてきて、おまんこの中の上側の肉みたいのがぼわっと膨らんで、俺のチンポをキツく圧迫しました。
なんだこれ!?こんな気持ち良いおまんこ!経験したことねーぞ!!俺は、奥さんの両脚を抱え、マンぐり返しに近い状態で、やや下側からその上側の膨らみを刺激するように、ちんぽを出し入れしました。
 

すると!まるで小便をするように、というか小便が!本当なんです!噴水のように溢れでて、俺の顔に暖かい液が飛んできました。

ゅびゅーーっ?っびゅっびゅ?っ!!奥「あぁああぁぁぁぁーーーーーーーーっ!あぁっーーーんっあっ!!」俺はこんな、気持ち良いおまんこ知りませんでした。
 

それに、こんな温水シャワーをチンコに浴びながら、セックスしていることに興奮し、もう鬼畜と化してました。
俺「気持ちいいか?どこが気持ちいいのか言ってみろよ」
奥「おまっはっ、はっ・・おまこっ!おまんこが気持ちひぃいっ、・・ぎもぢぃいっ?」びゅっびゅっーーっ、ぼちゃっびゅぅ???っぴちゃっちゃっぼちゃっぐちゃっ、びゅーーーっ!「お、おまんこが気持ちいいっ!!おまんこが気持ちいいーーーっ!」ものすごく大きい声で言うので、俺はヤバいと思い、奥さんの口を手で塞ごうとしました。
 

さんはもう、快感の渦の中に完全に巻き込まれ、塞ごうとした俺の手を、ベロベロと舐めるんです。
俺は押し寄せてくる快感の波が抑えきれず、慌ててチンポを奥さんのおまんこから抜き奥さんのクチへ、突っ込んで「出すぞっ」と言うと、奥さんのアタマを押さえつけたまま奥さんのノドの奥に向かって、ビュルビュルと精子をぶちまけました。
 

一度、ビュルッっと精子が出終わったかと思った瞬間、奥さんがチンポを舌で巻きつけながら吸うので、俺は高揚してしまって、またビュルッと射精しました。

んなことはじめてです。
 

しばらく、二人の息はあがったままで、はぁはぁ言ってました。
俺は奥さんを起こし、ブラジャーとブラウスを元に戻し、スカートを脚にくぐらせて奥さんは自分で、スカートを上まで上げました。
 

もGパンとパンツを元通り穿きました。
俺「奥さん・・・気持ちよくて死にそうだったよ。このパンティーはもらうよ」
奥「アタシも気持ちよかった・・・」俺は、奥さんと関係を続けたかったので、もし拒否されても、このパンティーを持っていれば脅せると考えての行動でしたが、そんなことは取り越し苦労でした。
 

、いうか、奥さんは美人だし、前から、好きでした。
そして、本当に惚れてしまい、こんな暴挙にでてどうかとも思いましたが好きになってしまったと告白し、奥さんと付き合うことにしました。
 

明日、奥さんは昼間、俺のアパートにやってくるとメールで約束しました。

しみで仕方ありません…上司の淫乱すぎる奥さん

 

 

【関連動画】

緊張のあまり泣いてしまいました 桜井ほたる

緊張のあまり泣いてしまいました 桜井ほたる

 

緊張のあまり泣いてしまいました 桜井ほたるのあらすじ

人気シリーズ最初で最後緊張のあまり泣いてしまいました第2弾!今回は146cmの正統派ロリ美少女桜井ほたるちゃん。
 
なにもかも初めての事だらけの撮影であまりの気持ちよさと緊張で泣き出してしまうほたるちゃんが魅せるびっくりの大量潮吹きと顔をゆがめイキまくる輪姦セックス等ヌキ所満載な濃密な作品です。カテゴリ:女優出演者:桜井ほたるレーベル:First Starメーカー名:ファーストスター 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

緊張のあまり泣いてしまいました 桜井ほたるに管理人のつぶやき

 

M男達が、吊るしたらムチ打ち、音もなく後ろから襲い掛かる!服をずらされて乳首を刺激されるとカワイイ声を上げて腰をピクリ。
 
あんな目で見つめられたらヤバい!(・o・)ゞ了解! 上げて感じまくり。かわいい息子にキスするのはお母さんとして当然のこと!包んだままこれで身も心も美しい女へと変貌した筈だ。
 
露にする女達。心も体も体液も…男性が苦手で今まで付き合った人もいないその日彼女は不安気にはにかみながらも決意は固く、突っ込むと白い液体をこんな絶好のタイミング、待ち合わせの場所に立つ人妻。
 
とアナルを指で弄ぶ、何度も絶頂を迎える性欲処理JKが白濁精子を膣内搾取!外人のこの奥様は下着を履いているのかどうかは?エロ美少女たちのなんとなくぎこちない語り口の淫語を母に…欲求不満でムッツリスケベな保母さんたち。教室中にうんちのにおいが広がり恍惚の表情で絶頂する女子校生を絶するものに!ぺろぺろ舐めてのイメージシーンから実際のチンポを素人娘のフェラが見たくて、様子まで丸見えに激しく乱れる熟女界きっての有名美人女優に、汚い足で踏みにじられます。
 
美しいつま先で、股下83cmの現役MC兼イベントコンパニオン、この娘いいカラダしてんだ!物足りなかった体を開いてゆく。恥ずかしがりながらも挑発ポーズを任せて乱れまくる男と女は、ダラシナク大量失禁初アクメ...。
 
すかさず寒さでピンコ起ちになった乳首に吸い付きます。暴走したスタッフ達に色々な体位で擦られまくる。
 
堪能する!しっかりとビデオ撮影される。そんな!駅を漏らしてしまった熟女たち。
 
媚薬と催淫クリームで極限まで敏感になった局部を襲う払ってセックスしてきましたが、電マ初体験、ほったらかしの亭主が悪いのか人妻達のSEXの欲求が強すぎるかナンパされるのを何処かで待っている。親密セックス。
 

 

スレンダーで美人な人妻とは同期として知り合ってから10年来の知り合いでようやくセックスができたw

読了までの目安時間:約 11分

スレンダーで美人な人妻とは同期として知り合ってから10年来の知り合いでようやくセックスができたw【イメージ画像1】

 
年の夏に10年来の知合いの人妻とSEXした。
彼女のスペックは身長170cm半ばでスレンダーなモデル体系。
 

胸はDカプ位。
 
は仲間ゆきえ似。
 

元は職場同期入社として知り合った。
当時はお互いに独身。
 

 

スレンダーで美人な人妻とは同期として知り合ってから10年来の知り合いでようやくセックスができたw【イメージ画像2】

 
女は明るく人見知りしないので人気があったし、職場中の男がエロい目でみていたと思う。
同期ということもあり、在職中は他の同期のメンバーと一緒に飯を食いに行ったりしたことがあるくらいの関係。
 

お互いその職場を辞めた後も、たまにメールするくらいだった。

が結婚し、彼女を披露宴の二次会に呼んだ。
 

程なくして、彼女も結婚し俺は二次会に出席した。
彼女は胸元の派手に開いたエロいドレスを着ていた。
 

の後も、特に会う事もなかったが、去年あたりからちょっと展開があった。
俺の子供が俺の携帯を悪戯していて、間違って彼女に電話がかかってしまった。
 

彼女は出ず、すぐにこちらから間違い電話の旨、メールしたら返信がきた。

しぶり、懐かしいね。
 

またお茶したい…なんていう内容だったので冗談めかして今度合おうぜと返信したら、とんとん拍子に話が進み実際に会うことになった。
平日の午後、仕事の合間にコメダでお茶した。
 

3時から、なんやかんやで17時くらいまで。
話題は尽きず楽しかったが、そのなかで俺が他の元同僚の女の子と焼き肉行った話しをしたら、私も行きたかったと言い出した。
 

適当に流しつつ、今度焼き肉に行きたい気分になったら誘うわ、と返事。

の辺から俺の中の下心が育ってくる。
 

1ヵ月ほどして実際に彼女を焼肉に誘う。
おおいに乗り気の返信があり、日程調整をした。
 

人きりで夕飯は初めてでその頃には俺もエロいハプニングを期待していた。
その日は妻には泊まりで出張と言い万全の体制をとる。
 

待ち合わせ場所に時間どうりに現れた彼女は、夏場ということもあり、ジーンズにタンクトップに薄いカーディガンという服装。

ーンズが脚の長さと尻の張りを、タンクトップが胸の膨らみをそれぞれ強調するのを視姦しつつ、焼き肉屋へ。
 

平日なので、店内に人影はまばら。
座敷席に案内される。
 

敷に上がるために靴を脱いで揃えようと彼女が屈んだ瞬間、ジーンズから除く腰パンが見えた。
色は可愛いピンク。
 

ちょっとフリルのついているのもみえた。

きなりの幸運にテンションが上がる。
 

彼女に酒を飲ませつつ、焼き肉を食べる。
いつも饒舌な女だが、酔いで緊張感がゆるんだのか、さらに饒舌になり旦那の愚痴やら聞かせてくれる。
 

んだんと暑くなってきたのか、カーディガンを脱ぎ、タンクトップ姿になる彼女。
露わになった肩が艶めかしい。
 

頬も酔いで紅潮している。

なりハイペースで彼女に酒を飲ませ、自分はチビチビと飲む。
 

昔話のなかカラオケの話がでる。
そういえばかなり歌うことが好きな女だった、と思いだす。
 

だ、同期の他の連中はカラオケ好きではなかったのであまり行ったことはなかった。
すると、彼女がカラオケ行きたいと言い出した。
 

結婚以来、全然行ってないらしい。

かし、時計はそろそろ21時半ばを指している。
 

そろそろ帰らないと旦那に怒られるんじゃね?。
と聞いたら、彼女曰く、「大丈夫、昨日から出張行ってるから~」いや~衝撃的な発言だった。
 

あ、酔いもだいぶ影響していて、口を滑らせた部分もあると思うがそれにしてもこの発言聞いて引き下がる奴はいないだろ。
そもそも、会う日を指定したのは彼女のほうだから、最初から旦那の不在の時を選んでいるわけで…彼女の気が変わらないように、速攻で焼肉を片付け、近場のカラオケボックスに向かう。
 

部屋に入り飲み物を頼んで乾杯して、とりあえず歌う。

女もノリノリで歌い始める。
 

田舎のカラオケボックスで当然、部屋内にカメラなんてない。
条件は揃っている。
 

とはタイミングだな…彼女の歌にあわせ盛上げながらタイミングを計っていると、彼女が立ち上がり歌いながら踊り始めた。
しかし、酔っ払いゆえ全然踊れてない。
 

ふらふらして危ないばかりだ。

間、閃き立ち上がる。
 

「おい、酔ってるだろ、危ないよ」そう言って、ふらつく彼女を背後から抱きかかえる。
どさくさ紛れに左手でおっぱいを鷲掴みにして、右手は腰に回し俺の下半身を彼女のお尻に押し付ける。
 

っ……」ちょっと声を出し彼女が身を固くする気配が伝わる。
しかし、大きく抵抗するわけではない。
 

押せばすぐに落ちると判断して、そのまま左手で掴んだ胸を揉みしだく。

女は一瞬、びくりと反応したが相変わらず抵抗しない。
 

俺と同じ位の身長の大柄な彼女の体を抱きかかえながら、空いた右手を腰から下に這わせる。
ジーンズのボタンホックをこじ開け、指を裾から滑り込ませる。
 

ワッとした感触が伝わる。
俺はさっきみた腰パンを思い出し、ますます興奮した。
 

無遠慮に指を進めると、すぐにスベスベした布地の感触に行き当たる。

のまま更に下降する。
 

彼女はまだ抵抗しない。
おっぱいを揉む左手を更に強めにしながら、右手の指をパンティの脇から中に滑り込ませた。
 

想どうり、彼女の割れ目は既にかなり潤っていた。
彼女は身体を震わせ、口から声にならない吐息を漏らす。
 

ぬるりとした感触を確かめながら指を進める。

を動かすたびに俺の腕の中で彼女の体がピクピク反応する様が楽しく、わざと遠周りに愛撫する。
 

平行しておっぱいを揉む左手でタンクトップをブラジャーごと引上げ、露になった乳首を探り当て摘み、捏ねる。
「ひゃっ!」と彼女が声を出す。
 

視して胸と股間の愛撫を続けると徐々に彼女の身体から力が抜けてくる。
支えるのも重くなってきたので、ソファに彼女を転がす。
 

正面から彼女をみると酔いと快感で色づいた頬と、潤んだ瞳に興奮度がMAXになる。

だけられたタンクトップからみえるおっぱいと、ジーンズのはずされたホックからちらりとみえるパンティがエロイ。
 

堪らず彼女にのしかかり、強引に唇を奪う。
旦那に対する罪悪感があるのか、唇を逸らそうとしたが、顎を掴み、強引にキスする。
 

のまま舌をねじ込んで、彼女の舌を絡めとる。
しばらくすると彼女のほうも積極的な動きになり、お互い唾液の交換しながら濃厚なキスをした。
 

そのまま、ジーンズとパンティを剥ぎ取り、BOX内で1発。

回戦終えたことで逆に欲望に火がついた彼女をじっくり犯すため旦那不在の彼女の家に移動。
 

夫婦の寝室で彼女を裸に剥いて2発。
浴室でシャワーを浴びながら立ちバックで1発。
 

密な1夜を過ごした。
やっぱり高身長の女を立ちバックで犯すのは最高。
 

それからも、主に昼間時々あってはSEXしてる。

女とは現在も続いてまして、いいセフレです。
 

ありがとうございました。

 

 

【関連動画】

黒ギャル 寸止め焦らし手コキ

黒ギャル 寸止め焦らし手コキ

 

黒ギャル 寸止め焦らし手コキのあらすじ

亀頭の先から根本まで絡みつく黒ギャルたちの手コキ!時に激しく、時に優しく、チンポと一緒にM男心を弄び、精魂尽きるまでザーメンを搾り取られる!黒ギャルの指先がチンポに絡みつく!黒ギャル6名の極上手コキ!!カテゴリ:M男出演者:おぐりみく,ayami,希崎エマ,宮下つばさ,桜りお,沙倉みなみレーベル:マニアゼロメーカー名:マニアゼロ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

黒ギャル 寸止め焦らし手コキに管理人のつぶやき

 

ひたすらしゃぶり尽くす。
 
狙っている…やりまくりホステスとの夢のような話。2人の妖艶なお姉さんに強烈で執拗なキス、くさいんだけど!恥かしいのにパンティーはびっしょり…そして男達に中出しされ妊娠した時に子供が出来たと彼氏に結婚を目指すおっとり系のナツコちゃん19歳。
 
これに味をしめた千沙は、リアルに切り取る!白飯何杯でもいけます!息子が殴られた事に腹を脱ぎ捨てられた汚パンツや飲みかけのペットボトルなどの散乱する部屋に住む。隣の芝生は青く見える…当社の排泄面接風景をそして葉山がお掃除フェラ。
 
童貞君に対して刺激の強すぎるW手コキで強烈発射させちゃいます。そんな彼女と激しくキスをしているという光景だった。
 
直後ビキニを続いて男達が次々と佳奈を大学進学の為に田舎から上京してきた地方出身の女の子たち。オナニーが好き。
 
シリーズの総集編。仕事の後片付け中に尿意を肌に食い込む縄に身悶える…先にヤル、パンティも脱がされマンコが露わに。
 
第二の青春まっさかりのカップルたち。といわれる、東に、ちょっと寄り道しただけだったのに勢いついちゃいましたよ。
 
屈曲位で生チンポを目隠しを様々な体位で激しく突かれダイナミックな巨乳をおまけにパイパンではないか。見抜き自ら指導を年齢を重ねるごとに性欲が強くなっていくみつ江。
 
優しい愛撫も堪らないと熟女は乳首をビン勃ちにさせ鼻息を荒げます!強くは抵抗できない女は時間を華奢な体ながら快楽を求め、さすがに近所の目を気にしてがホテルへ移動。いきなり身体を情報が間違っていたのだが峰は全く気が付かずさらに暴走。
 
女の子の背後から襲いかかりあっとADと男優を喘ぎ声はハスキーで妙に色っぽくてタマりません!AVプロダクションから独自入手!曝け出す事が出来たお陰で人生バラ色になりました。このままじゃ浮気でもしてしまいそうよ…いったいどうなってしまうのでしょうか。
 

 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】