告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

嫁と娘が二人とも……ヤリチン男にNTR親子丼されてしまった哀れな夫の告白がこちら……

読了までの目安時間:約 14分

近、妻の裕子が綺麗になった。
洋服も仕草も以前に増して女らしく、フェロモンを出しているというか・・。
 

妻は37才だが5才は若く見え、夫が言うのもなんだが上品で貞淑な感じの美人である。

 

嫁と娘が二人とも……ヤリチン男にNTR親子丼されてしまった哀れな夫の告白がこちら……(イメージイラスト1)

 

そんな妻が最近は牝の匂いを発散しているように感じ、不審に思い始めたのだ。
 

娘も中学2年になり手が離れている今、妻はテニススクールに通っている。
もし妻に男がいるとすればそのスクールの関係者ぐらいしか考えられない。
 

 

そう思っていた矢先、近所に住む会社の同僚から気になる噂を聞いた。
「あのテニススクールに松木っていうコーチがいるらしいんだけど、とんでもない人妻キラーなんだって。スクールの経営者が本業らしいんだけど、テニスもプロ級の腕前でハンサムなもんだから誘われたら奥さん達も喜んでついていって、その日のうちにヤラレてしまうらしい。近くの白石さんの奥さんも犠牲者で、そのコーチの子供を身ごもったっていうからひどいよね。旦那さんはまだ知らないんだが、俺の奥さんが相談されてわかったんだけどね・・」それを聞いて顔が蒼ざめた。
 

 

嫁と娘が二人とも……ヤリチン男にNTR親子丼されてしまった哀れな夫の告白がこちら……(イメージイラスト2)

 

時に妻がコーチにめちゃくちゃにされていることを想像して興奮していたのも事実だった。
「裕子がまさか・・。でもわからないぞ・・」そう思った私はある平日の日、妻には内緒で休みを取り、会社に出かけたふりをして妻を監視することにした。
 

 

その日、妻がテニススクールに行く後をつけた。
2時間後、妻はスクールから出てきた。
 

何事もなく帰途につく妻を見て安心しタバコを一服吸ってから立ち去ろうとしかけたそのとき、あっと驚いた。

 

コーチがテニススクールから出てきて何処かへ行こうとした。
 

まさか・・・。
私も気づかれないようにかなり離れて後をつけ始めた。
 

 

の道は・・・間違いない。
嫌な予感が現実のものとなりつつある。
 

コーチは先に帰った妻の足跡を追うように歩いてゆく。

 

そして・・・。
 

我が家についたコーチが周りを気にしながらチャイムを鳴らすと、妻が戸を少し開け顔を出した。
そしてなんと妻は自宅にコーチを入れた。
 

 

「こうなったらすべてを見届けてやる」そう思い、私は10分ほど経ってから、二人に分からないよう家に入ったのだ。
家に入り、愕然とした。
 

明らかにコーチが妻を責める言葉と、妻の聞いたこともないような淫らな声が聞こえてきたからだ。

 

がする部屋は娘の部屋だった。
 

なんと妻はあろうことか、中生の娘のベッドの上で娘の制服を身につけたまま、コーチの巨大なペニスに貫かれ、嬌声をあげていたのだ。
「いやらしいお母さんだな。裕子さんは。娘の制服を着て、娘のベッドをこんないやらしい液で汚しちゃって。どうなんだっ!」
「あっ、あっ、だめっ、あっ、こ、娘のことは、言わないでっ」
「裕子さん。今日は排卵日だよね。その証拠に今日はほらっ、ねっとりした液が出てるよ生理の周期も全部聞いて知っているんだから誤魔化しようもないけどね。裕子さんは、排卵日の生ハメはスリルがあって、いつもより感じるんだったよなぁ」
「は、はいっ、今日はっ、危ない日、ですっ、あぁっ」松木は裕子の足を肩にかけ垂直にペニスを膣に突き刺すように、ワイルドな屈曲位でピストン運動を繰り返していた。
 

 

ゆっくりと、変わらないリズムで深く、大きく腰を動かし続けていた。
ぐっと深く腰を沈めたかと思うと、今度は裕子の唇を奪った。
 

ディープキスをしながら人妻の子宮口をこじあけるように深くペニスを貫いている。

 

「んっ、んっ、んっ、んあっ、あっ」両方の乳首をピンと立てて、ビクッビクッビクッと妻の体が痙攣し、とうとう気をやってしまった。
 

松木はペニスを抜いた。
妻の愛液がぬらーっと糸を引いた。
 

 

子さん。どうかな。正常位しか知らないような旦那さんとのセックスは幼稚なもんだろう。本物の牡はね、こうして牝を征服するんだよ。裕子さんも本物の牡に征服されたいだろう?」
「・・・えっ、あ、はい・・」妻の目は完全に牝のそれになっていた。
 

 

「じゃあ今度こそ本当に征服してあげよう。今日は裕子さんを完全に僕のものにするから覚悟するんだよ。いいね?」
「・・はい・・・裕子を・・あなたの・・ものにして・・・」と言うと、自分からディープキスをした。
 

 

そのやりとりを見て私はとても切なくなった。
あの貞淑な妻が、こんなにも簡単に他の男のものになるのか・・・。
 

それから2時間に渡って松木は思う存分妻を「使って」楽しんだ。

 

ープ嬢でもしないようないやらしいフェラチオプレイ、これ以上ないほど高く尻をかかげさせてのバックスタイル、屈曲位で膣襞を蹂躙しながらディープキスで唾液交換、娘の勉強机で体を支えながらの立ちバック・・・。
 

部屋中に淫らなオスとメスの匂いが立ちこめる。
松木は一度も逝かなかった。
 

 

それなのにその間、妻は何度も何度も気をやっているのだ。
「裕子さん。そろそろ僕もいかせてもらわないと不公平だよ。覚悟はいいね?」
「あっ、いぃ・・かっ、覚悟って・・」
「分からないの?いつもどおり『私の膣内(ナカ)に出してください』ってお願いするのが筋だろう?」
「えっ、あっ、で、でも・・あっ、き、今日は危ないから・・」
「俺には関係ないさ。それにどうしたいか決めるのは裕子さんだよ。そういえば3ヶ月ほど前、白石さんの奥さんの美帆さんも同じこと言ってたけど最後は自分からお願いしてきたぞ。『私の膣内(ナカ)に出してください。わたしにコーチの胤をつけてください。コーチの子供を孕ませてください』ってね。案の定、妊娠できたらしいけどね。そういう可愛い従順な奥さんは俺の子供を産んだら、またたっぷりと可愛がってあげるんだよ。美帆さんはとっても素直で可愛いよ。だから俺も愛情込めて可愛がってやってるんだ。妊娠している今だってたっぷり可愛がって上げてるんだよ。昨日は何時間ハメてたっけなぁ・・・。裕子さんももっともっと可愛がって欲しいんだろう?・・・旦那じゃなくて俺にさ」松木のものすごい自信に圧倒されて大抵の人妻は観念してしまうのだろう。
 

 

妻も同じだった。
「・・(コクッ)」膣を蹂躙しながら圧倒的な自信で膣内射精を求めてくる松木に妻は無言で頷いた。
 

「よしよし、可愛い子だ。裕子さんはいい子だな」松木はそう言いながら裕子にディープキスをした。
 

 

の唇を離すと妻の足首を掴んで真上から強烈なピストンをはじめた。
いよいよ妻の膣に松木の精液が放出され、妻の卵子に松木の精子がまとわりつき、受精するときが近づいてきた。
 

他の男の精液が妻の子宮に注がれる。

 

妻は男の放出を歓迎するように膣襞を収縮させうっとりとしている。
 

そんな危険な状況から妻を救い出さねば、という思いはあったが、もうどうにもならないという思いで精神的に観念していたのか、脚は一歩も動かず声を出す事も出来なかった。
むしろ妻の膣奥にたくましい男の濃い体液がたっぷりと注がれ、妊娠させられてしまうという究極の屈辱を味わう予感に期待のようなものまで感じていた。
 

 

「奥さん、言うんだ・・・わかってるな!?」
「あっ・・・い、言えない、言えない・・・」
「それならこれでやめるぞ!裕子さんとはこれっきりだな」妻を蹂躙する動きを止め、醒めた表情で松木は言った。
「そんな!・・・」
「奥さん、欲しいんだろ。欲しいんなら自分からお願いしてみろ」
「・・・お願いします!コーチの胤を私の膣内(ナカ)に出してください!コーチの赤ちゃんを産ませてください。あぁ・・・」それを聞くや否や再び猛然とピストン運動をしたかと思うと松木の尻がビクッビクッビクッと痙攣した。
 

 

、妻の膣の中では松木の精液がたっぷりと注がれ、子宮の中で受精が行われようとしているのだ。
しばらくの間、松木は妻を組み伏せ、ペニスを突き立てたまま長い間ディープキスで唾液交換していた。
 

やがて・・・「ふーっ。よかったよ。裕子さん。僕は精液の量が異常に多くてね、人の3倍ぐらい出るんだよね。精子の数も多くてね、病院で検査したら人の5倍はいるって。だから心配しなくても確実に妊娠するよ。どれぐらい出たか見てみよう」そういって松木は妻の膣からペニスを抜いた。
 

 

そして娘の部屋にある姿見に向かって妻を抱えあげ、子供にオシ○コをさせるような姿勢をとった。
「あっ・・」ダラーッと松木の精液が垂れて床を汚した。
 

ものすごい量だ・・・。

 

「コーチ、ひどい・・・」
「これで奥さんも僕のものだね。さあ、もっといやらしいところを見せてごらん。立ってお尻を突き出してみてごらん」妻が立ち、尻を少し突き出すと、いよいよ大量の精液が床に垂れ、また太ももにも流れた。
 

 

木はその姿をデジカメに取ると満足そうに妻の唇を奪った。
それから妻に対する胤付けはさらに2時間続き、娘の帰宅時間直前まで続いた。
 

一部始終を見た私は途方にくれるしかなかった。

 

2日ほどして妻が久しぶりに私を積極的に誘ってきた。
 

私もあの日の光景を思い出して興奮してしまい激しく妻を抱いた。
が、妻は積極的に誘ってきた割に一回事が済むとさっさとシャワーを浴び寝てしまった。
 

 

・・・言わなくてもアリバイ作りのために私に抱かれた事は分かった。
あの日から約十ヶ月が過ぎ、臨月を目前にした妻のお腹も大分大きくなった。
 

娘も妻をかいがいしく手伝って家事をこなしている。

 

のあと、こっそり家の中に仕掛けたビデオとテープレコーダーは十分な興奮を私に与えている。
 

そして・・・。
約半年ほど前から娘も妻の手引きでコーチのものになっている。
 

 

妻は安定期に入り、やむなくお預けされていたセックスができるようになると言う時にコーチから言い渡された『娘を差し出さなければもう二度と可愛がってやらないぞ』という脅しに屈し、いとも簡単に娘を差し出したのだ。
娘も強姦するように処女を奪われた後、そのまま数日間にわたり関係を強要され続け、最初のうちは当然抵抗したが、幾度も犯されているうちに女に目覚めてしまい、いまでは妻と争うように自分から体を投げ出している。
 

松木も娘がまだ中生なので妊娠させる事は避けているようだが、それもいつまでのことか。

 

最近では、妻に対抗意識を持っているのか、むしろ娘のほうが積極的に胤付けしてしてもらいたがっているようだ。
 

松木も「春になって志望の高校に合格するまではお預けだ」などと公言しているところを見ると、私が娘の妊娠を知るのもそう遠くない日のことなのかも知れない。
 

【ちっちゃくても好き…? 貧乳に悩みノーブラで過ごす妹】 近親相姦画像でオナっちゃったょW

という記事を発見!

【【ちっちゃくても好き…? 貧乳に悩みノーブラで過ごす妹】 近親相姦画像でオナっちゃったょW】-1【【ちっちゃくても好き…? 貧乳に悩みノーブラで過ごす妹】 近親相姦画像でオナっちゃったょW】-2
【【ちっちゃくても好き…? 貧乳に悩みノーブラで過ごす妹】 近親相姦画像でオナっちゃったょW】-3【【ちっちゃくても好き…? 貧乳に悩みノーブラで過ごす妹】 近親相姦画像でオナっちゃったょW】-4
【【ちっちゃくても好き…? 貧乳に悩みノーブラで過ごす妹】 近親相姦画像でオナっちゃったょW】-5【【ちっちゃくても好き…? 貧乳に悩みノーブラで過ごす妹】 近親相姦画像でオナっちゃったょW】-6


日頃から自身が貧乳であることに悩む妹は 胸を大きくする方法 で検索すると 異性に触ってもらうと女性ホルモンが分泌されて胸が大きくなる可能性があります。


でも彼氏がいない・・・

レーベル:DOC、  出演者:山井すず,茜はるか,小谷みのり,今井彩、  作品タイトル:ちっちゃくても好き…? 貧乳に悩みノーブラで過ごす妹


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
【ちっちゃくても好き…? 貧乳に悩みノーブラで過ごす妹】 近親相姦画像でオナっちゃったょW に管理人のつぶやき
 
アイドル戦国時代といわれる現在、でもギャラ大幅アップなら生姦だけならOK!ととのいました。欲求不満な彼女。と言い痙攣するカノジョ。知ったオンナは、イきそう・・・連れ込んでSEX!Eカップ巨乳の備わったエロボディーが世の男たちの劣情をコンビニから出ると僕の前をとにかくSEXがしたいがために関西から応募してきたルナちゃん。トロけるような表情で本番をスカウト専用席僕らの風俗店長!超大人気除々に笑顔をHな質問ぶつけちゃいます。隠しカメラが激撮!
 

 

ゴルフ場に行ったら俺の嫁が寝取られた!スケベジジイともにクンニされてイキまくる嫁の姿に俺は……

読了までの目安時間:約 17分

も最近ゴルフを覚えて夫婦でゴルフ練習場に行ってきました私は38歳、妻36歳ところで、私達には最近倦怠感が出始めています子供がいないので、これまで結構夜の営みはあったのですが、この頃はマンネリしてしまい、刺激が欲しくてあれこれ考えています。
最近、私は、このサイトにもよく投稿されている、妻をほかの男性に触られたり、乳房やかわいいけれどとても色気のあるお尻などを見られる(例えば性感マッサージ)ことを考えて興奮しています。
 

このような願望を実行に移すため、妻にもゴルフを進めました。

 

ゴルフ場に行ったら俺の嫁が寝取られた!スケベジジイともにクンニされてイキまくる嫁の姿に俺は……(イメージイラスト1)

 

私の通う練習場には、30歳前後のスタイルのいいイケメン(妻はイケメンに弱い)のレッスンプロがいて、私もこれまで教えてもらったことがあり、親しくしています。
 

練習に行く日、妻には、「体が動きやすく体を締め付けない服装がいいよ。」と言っていました。
 

 

服装は、妻に任せていたので、出発の時まで知りませんでしたが、いよいよゴルフバックをもって、リビングで妻の服装を見たら、上は、薄手の腕が全部露出したノースリーブのシャツと下は、生足をきわどいところまで露出したホットパンツでした。
私が体を締め付けるようなものでないことと話していたので、少し太ももあたりは余裕があるものでした。
 

私は少し、驚きました。

 

ゴルフ場に行ったら俺の嫁が寝取られた!スケベジジイともにクンニされてイキまくる嫁の姿に俺は……(イメージイラスト2)

 

にかがむと、少し尻がはみ出るのではないかと思うくらいです。
 

しかし、私はほかの男性に見られるのを期待し、興奮で胸の鼓動が高まりました。
妻が、「ねえ、このような格好でいいのかしら、少し露出度が高いかもしれないけど熱いし、変じゃない?」と聞いてきたので、コメントに迷いましたが、「どうせ練習だし、いいんじゃないの」といいました。
 

 

案の定、玄関で妻が靴を履こうと前にかがんだとき、尻が一部はみ出して見えました。
それを見ただけでも、この妻のこじんまりはしているがむっちりとした妻の尻を知らない男性に見られることに強い興奮を覚えました。
 

練習場に着いて、妻と練習を始めましたが、妻はクラブにボールが当たらず、当たっても当然ですが、まともに当りません。

 

妻に、「俺はお前に教えるほどうまくないから、この練習場にレッスンプロがいるから頼んでやるよ」といって、高橋君(レッスンプロ)を呼んできました。
 

この高橋君には、「早く上手になって一緒にゴルフに行きたいからしっかり教えてほしい。少しくらい妻の体を触っても遠慮しないで指導してほしい。妻は高橋君みたいなイケメンに弱いから触られたほうが返って喜ぶよ」と言っておりました。
 

 

よいよ高橋君の指導が始まりました。
高橋君は「近藤さん(私)こんな若くてきれいな奥さんだったんですね。ちょっと緊張しますね」と言ったので、妻は、「まあ、おじょうづね、私もこんな若くてイケメンの男性に教えてもらうの恥ずかしいな」と顔を真っ赤にしていました。
 

 

いよいよ、高橋君の指導が始まりました。
妻はお尻を突き出すような姿勢を取らされ、妻の生足は遠慮なく触られ、尻も太もものあたりから、手を入れるように触られていました。
 

そして、高橋君は妻の後ろにかがみ、ホットパンツの隙間から、妻の尻や大事なところをのぞき込んでいます。

 

その様子を見て、私は、あれー妻はノーパンで来ているのかなと思うくらい尻は半分露出しているのにパンティが見えません。
 

高橋君が私のところに寄ってきて、「奥さんノーパンですか。なんか興奮しますね」と言ってきたので、私は、ノーパンではないと思うけど気にせず遠慮なく触っていいから。
 

 

といいました。
引き続き、高橋君は妻の生の太ももやいやらしくきわどく露出している妻の生尻を練習という名のもとに執拗に触っていました。
 

太ももの内側の妻の大切な部分に触れそうな位置を、「ここに力を入れてくださいね」などと言っています。

 

そして、今度は、胸です。
 

妻の後ろから妻を抱くように、生腕をもって、指導しています。
胸にも遠慮なく触っています。
 

 

私は興奮のしっぱなしです。
妻は、胸や尻を執拗に触られているのに、これが練習の指導だと思って、恥ずかしいのを必死で我慢していなす。
 

そこへ、近くで練習をしていた中年の紳士(田中さん)が高橋君を呼びに来ました。

 

し離れたところで高橋君と田中さんが話をしてしばらくして帰ってきて、高橋君が、私に「田中さんも指導手伝わせてくれ。と言っているんです、ご主人がいるんですよと言っても、君からご主人に頼んでくれというんですがどうしたらいいですか」と聞いてくるので、私としては、自分の妻に魅力を感じて言ってるんだから、そして、そのほうが興奮も増すと思い、OKしました。
 

そして、妻は、2人の知らない男性に体中を触られることになりました。

 

田中さんも私に遠慮なく、腰や妻の半露出の妻の生尻をなで回しています。
 

高橋君は、妻の前から、妻の生の肩や服の上ではあるが、薄手の服の上から、胸を触っています。
妻の尻のほうを触っていた紳士は、妻の耳元で、「奥さん、今日は、パンティ穿いてないんですか。」とささやいています。
 

 

妻は、「えっ!」と驚いたように「いいえ、穿いていますよ、変なこと言わないでください。
」おこるように言い返していました。
 

田中さんは、慌てて「ごめんなさい、奥さんのお尻があまりにきれいでかわいいから」と謝っていました。

 

うこうしているうちに、妻の股間が、汗なのか愛液なのかわからないが濡れてきたようです。
 

田中さんが、妻の股間に手を当て、その液を指で掬い取るようにしました。
そして、私のところに来て、「奥さん濡れてきてますよ。どうします。」と聞いてきました。
 

 

確かに、田中さんが、妻の股間から掬い取った液体は、妻の愛液のにおいがしました。
妻は、私のほうを見て、どうしよう。
 

助けてといったような顔をしました。

 

私は、高橋君を呼んで、「妻がすごく感じてしまっているようだ、疲れもあると思うのでこの練習場にマッサージができるような部屋はないのか」と聞くと、部屋ではないが、パーテーションで仕切ったところに、緊急用のベットがあるということです。
 

「そこで、マッサージをしてやってくれないか。君はマッサージの経験もあるんだろう」というと、「練習の時の様に奥さんの体、特に奥さんの大事なところを触って、性感マッサージのようなことをしてもいいですか。
僕も興奮して勃起してきました。」というので、「仕方がないな、指導するときに妻の体を触ってもいいといった私も悪いのだから、妻が嫌がらない程度に許すよ」とOKしました。
 

 

して、事務所脇のパーテーションで仕切られたベットのほうに妻を連れていきました。
私が妻にマッサージをしてもらうという事情を説明するため、まず、私と妻が先にベットルームのほうに行きました。
 

「疲れただろう。しかし、お前、露出度の高い服装だと思っていたが、パンティ穿いてきてないのか。」
「いやねえ、穿いてるわよ」
「でも、尻が半分見えてるのにパンティが見えなかったぞ」
「パンティが見えたらいけないと思ってTバックをはいてきたの。でも、私のお尻半分見えていたの、いや恥ずかしい」私は、あえて、妻が恥ずかしがってマッサージを受けないと言ってはいけないと思って、妻が乳房や尻を触られて濡れてしまっていたことは言わなかった。
 

 

妻は、高橋君にマッサージをしてもらうことを恥ずかしがりはしましたが、「とても疲れたし、少しならしてもらおうかな」と承諾しました。
マッサージルームと言っても、事務所の受付の脇で、練習に来た人がのぞきこめば見えるようなところで、当然、話声も聞こえるような場所です。
 

妻は、「ええ!こんな場所でするの。見えちゃうじゃない」というので、私は「別に裸になるわけじゃなし、普通にマッサージしてもらうだけじゃない」というと、「しかたがないわ」としぶすぶ承諾しました。
 

 

しばらくして、高橋君と田中さんが妻のいるベットのそばに来ました。
妻は、驚き、「マッサージは高橋君にしてもらうんでしょ。高橋さんだけにして」というので、私が、高橋さんの耳元で「後でわからないように参加すればいいですよ。
あなたにもさせてあげますから」と納得させました。
 

 

がそばにいるということで、高橋君の妻に対する性感(?)マッサージが始まりました。
まず、妻はうつ伏せになるように言われ、方から順番に腰、尻、太ももとバスタオルをかけて普通のマッサージの様に始まりました。
 

しばらく普通のマッサージが続き、高橋君が「奥さん。バスタオルをかけてやりますので、体を締め付けている、上半身のノースリーブのシャツとブラジャーを取ってください」というと、妻は、「ええ!このパーテーションの仕切りの向こうは自由に人が通行するんでしょ。
それは困ります。」高橋君は、「大丈夫、大丈夫、ご主人が見張っていてくれますから、ねえ、ご主人。
」とうまくかわしました。
 

 

私も「そうだよ、心配することないよ。ちゃんと見られないようにするから。」と答え、安心するよう伝えました。
 

 

しぶしぶ妻は納得し、高橋君に見えないように汗に濡れたシャツとブラジャーを恥ずかしそうにとりました。
そして、高橋君は妻の肩から、腋、腋から、乳房のほうへと手を回し、乳房ももんでいるようです。
 

妻は、高橋君の手が乳首にあたったのか「うっ!」という声を出していました。

 

いて、高橋君が、「次は下半身のマッサージです。先ほど言いましたように体を締め付けているものを取ってください」というと、妻が「体を締め付けているものはありません。

「ホットパンツですよ、直にやらないと効果がないし、やりにくいんですよ」
「でも、高橋さんに見られるの恥ずかしいもの」
「僕は、奥さんのお尻を直接見たい、見せてくださいよ、マッサージしながら見るだけでいいから、それ以上の事はしませんから」妻は納得したのか、「私のお尻の上からバスタオルを必ずかけてくださいよ。
」と注文しました。
 

 

また、妻は、私や高橋君から前が見えないようにして、これも汗や愛液に濡れたホットパンツを恥ずかしそうに脱ぎました。
ホットパンツを脱いだところで、やっと、妻が今日穿いてきた、ピンクのTバックのパンティが露出しました。
 

高橋君が、「わあ、かわいいお尻と、小さなパンティ、すごく魅力的ですね。」
「いや!高橋さん見ないで」と妻は尻を右手で、乳房を左手で隠しましたが、妻の小さな手で、豊満な乳房や、お尻が隠れるわけがありません。
 

 

高橋君は、すかさず「奥さん大きな声を出すと、奥さんが裸になっていることが、この仕切りの向こうを通る人に聞こえますよ。さあ、奥さん静かにうつぶせに寝てください。」妻は言われるままに、小さなTバックのパンティに包まれただけの全裸同然の裸体でうつぶせになりました。
 

 

橋君に、妻の股間、パンティが食い込んだ桃尻を、揉まれました。
尻も割られ、誰にも見られたことがないであろう尻の穴の菊のような皴も露出しました。
 

尻を割り開かれ、太ももの内側から恥部ぎりぎりのところを触られています。

 

尻の穴も、パンティのひもを横にやり触られています。
 

妻のあそこはべとべと状態です。
その時、仕切りの外を、若い男性2人が通りかかるのが話声でわかりました。
 

 

田中さんが覗き込んでいるのを見て、「何かあるんですか。」と仕切りの横から覗くように見ました。
 

高橋さんは、素早く妻の尻にバスタオルをかけましたが、若者たちには一瞬見えてしまったのでしょう。

 

っげーな、俺こんな若い女が裸ででマッサージされているのなんて見たことないよ、お前も見たことないだろう。しかもこんな場所で。この女露出強か」と連れに話しかけていました。
 

 

そして「俺たちにも見せてくれよ。でないと大きな声を出すぞ。」と脅してくるではありませんか。
 

 

私は、仕方なく、「みるだけだよ」と言って、妻の全裸状態でされている性感マッサージを見せてやるしかなくなりました。
当然見るだけでは収まらず、妻の体は、見知らぬ男4人に乳房から、乳首、恥部、尻、そして尻の穴まで、真近で見つめられ、触りまくられました。
 

妻の穴という穴すべてに、4人の男の指まが入れられ、かきまわされ、妻は濡れまくって、泣きながら快感を味わっていました。

 

の様な状態が長い時間続き、大勢の男たちの話声が聞こえてきたので、私がもういい加減にしてくれと頼み込んで男たちを納得させました。
 

あとは自家発電してくれよ、そう言って、やっと妻の裸体鑑賞会と性感マッサージを終わらせる事が出来ました。
 

【父と娘の狂った愛情記録 「お父さん大好き 」】 近親相姦DVDを見るならこちらからどうぞ!!

かわいい一人娘の成長を記録として残したいと思ってカメラを購入してその一部始終を撮影してました。

【【父と娘の狂った愛情記録 「お父さん大好き 」】 近親相姦DVDを見るならこちらからどうぞ!!】-1【【父と娘の狂った愛情記録 「お父さん大好き 」】 近親相姦DVDを見るならこちらからどうぞ!!】-2
【【父と娘の狂った愛情記録 「お父さん大好き 」】 近親相姦DVDを見るならこちらからどうぞ!!】-3【【父と娘の狂った愛情記録 「お父さん大好き 」】 近親相姦DVDを見るならこちらからどうぞ!!】-4
【【父と娘の狂った愛情記録 「お父さん大好き 」】 近親相姦DVDを見るならこちらからどうぞ!!】-5【【父と娘の狂った愛情記録 「お父さん大好き 」】 近親相姦DVDを見るならこちらからどうぞ!!】-6


娘を産んでから5年後に母親が亡くなり、それからは親ひとり子ひとりの生活になったんですが、ある日娘と一緒にお風呂に入ってた時に成長した娘の身体に欲情してしまい、その日以来娘とセックスするような関係になってしまいました。


撮ったものは娘が大きくなってから見ようと思っていたんですが、近年の不況のあおりで収入が激減したので生活費の足しになればと投稿した次第です 父親談 。

レーベル:JUMP、  出演者:藍色なぎ、  作品タイトル:父と娘の狂った愛情記録 「お父さん大好き 」


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
【父と娘の狂った愛情記録 「お父さん大好き 」】 近親相姦DVDを見るならこちらからどうぞ!! に管理人のつぶやき
 
変態女はおじさんの超合金と合体してやる!持つ美少女!いろんな男の餌食になる前に僕が君の穢れてない乳首とアソコをうちだし、妊婦や若い女性を非情な顔で泣き喘ぐ。彼氏、女の肉体すべてが性器に見えた。静まり返ったトイレの中にこっそりと仕掛けられたカメラには、都内某駅沿いにある、オッサンもう限界やで・・・男の要求に屈服し、卑猥に肉棒を明るくてイイ娘。その人気の理由は、この日のために処女を本能のままに絡み合うスケベな人妻たち・・・かなりの確立で見ず知らずの男のチンポを性欲を忘れかけていた過去の記憶をしゃぶられ・・・敏感な乳首をシティホテルの部屋に全員が移動して、頼まれたらやらせてくれそうな、知ってか知らずか・・・と云う事から出てくる表情着用してたんです!
 

 

【胸糞注意】赤ちゃんにおっぱいをあげている嫁にエロガキどもが近寄ってきてイタズラされたんだが……

読了までの目安時間:約 9分

に親戚とコテージに泊った時のこと。
我が家は私と妻(31歳)、長女(5カ月)の3人。
 

あとは実家の両親と、おじ夫婦とその末っ子Nくんが参加者。

 

【胸糞注意】赤ちゃんにおっぱいをあげている嫁にエロガキどもが近寄ってきてイタズラされたんだが……(イメージイラスト1)

 

ちなみに妻のスペック。
 

身長155センチ、体重46キロ、当時は授乳中のため、見た感じではDカップくらいはあったかも。
性格は結構軽め。
 

 

コテージは山の中腹にあって、家族が泊るように部屋が4つあった。
そのコテージを1つ借りて一泊二日の予定だった。
 

我が家はそもそも子供が小さいこともあって参加を遠慮したが、両親の孫が見たいという希望と、Nくんが子供好きで良く面倒をみるからということで押し切られた。

 

【胸糞注意】赤ちゃんにおっぱいをあげている嫁にエロガキどもが近寄ってきてイタズラされたんだが……(イメージイラスト2)

 

も最近、子供の夜泣きが酷いこともあって疲れ気味で、あまり乗り気ではなかったがしぶしぶ同意。
 

片道3時間をかけてコテージに向かった。
コテージには先に着いた叔父夫婦がいた。
 

 

途中で両親を乗せて運転してきた俺はもうクタクタで、いきなり座敷でごろごろしていた。
すると、外で遊んでいたNくんが帰ってきた。
 

噂通り子供が好きらしく、うちの子を抱っこしようとしたりしている。

 

5カ月の子供を抱くのはコツがいるので無理をしないように言ったが言うことを聞かない。
 

年の離れた末っ子として育ったらしい、わがままっぷりだった。
それでも、子供にかまってくれるし妻にも優しく接していたので助かるなぁといった感じでいた。
 

 

飯はバーベキューをして、その後順番に風呂に入り、それぞれの部屋で寝ることになった。
妻が風呂に入っている時に一緒に子供も入れたが、子供を先にあげる時にN君も見たいと言って聞かなかった。
 

またも末っ子っぷり全開だったが、俺も「妻の裸が見られてしまうかも」ということに変な興奮を覚えて、妻には「隠してたら大丈夫だ」と言って説得したが、妻は元々さばさばした性格なので、それほど気にもしていないようだった。

 

子供を受け取っている間、Nくんも隣にいたが、子供を見ながら妻の方もちらちらと見ていたようだった。
 

妻は湯船に入ったまま胸を隠していたから見えなかったと思うが。
普段なかなか寝ない我が子を心配したが、環境が変わって疲れたのか、比較的すんなりと寝てくれた。
 

 

ほどなくして妻も私も寝た。
2、3時間経った頃だろうか。
 

何か動くような気配で目を覚ましてみると、隣のベッドで寝ている妻が動いていた。

 

供が起きて添い乳(寝ながらおっぱいをあげること)でもしているのだろうと思い、夜泣きに付き合わされるのも嫌だったので、すぐにまた寝た。
 

さらに1時間くらい経った頃、また気配で目を覚ますと、誰かが部屋から外に出ていった。
妻がトイレにでも行ったんだろうと思い、また寝てしまった。
 

 

次の日、起きた妻に何気なく「添い乳してたみたいだけど、昨日も結構起きたの?」と聞いてみたら、妻は「あー、起きてたの?あれねぇ子供じゃなくてNくんだよ」と言った。
「はぁ?何言ってんの?」
「私もベッドに入ってきたときはあなただと思ったんだけど・・・」
「ベッドに入ってきたの?」
「うん、そう」
「何だよそれ。寝ぼけてたのか?」
「ん~、実はそれだけじゃなくて」
「何?」正直、妙な期待感で聞いてしまった。
 

 

「ん~、最初はあなただと思ってて・・・」
「うん」
「おっぱい触ってきたの。この添い乳用の服の、おっぱい出すところから」
「えっ・・・」
「その時にもあなたかなって思ってたから、何とも思ってなくてウトウトしてたんだけど、なんか触り方とか違うなって思って。それで布団の中見てみたらNくんがいたの」
「まじ?それで?」
「止めさせようと思ったんだけど、子供起こしそうだったし、Nくんもショックかなって思ったりして。それに私も眠くて、しばらくはいいかって思っちゃって」
「えぇー?」
「ごめんごめん」
「それでどうしたの?」
「その後ウトウトしてたんだけど、気が付いたらおっぱい吸われてて」
「ええっ!?」
「結局、うちの子起きなかったから、昨日の夜のおっぱいはほとんどNくんに吸われちゃったみたいなものかも」正直、びっくりしたのと変な興奮で、適当に聞いてその時は終わった。
 

 

は子供が起きないうちにシャワーを浴びに行き、俺は寝室で待っていた。
頭の中ではさっきの話をずっと考えていた。
 

ふと気になり、妻の寝ていたベッドに行って布団を捲ってみると、何やら腰の辺りがゴワゴワになっていた。

 

気になった俺は、妻が戻ってきた時に、さも当たり前のように「で、その後どうなったの」とカマをかけて聞いてみた。
 

話が終わったと思っていた妻は一瞬びっくりしたようだったが、「あ~、うん・・・怒んないでね」と言って、髪をタオルで乾かしながら話し始めた。
「さっき、ウトウトしてたって言ったでしょ。気が付いたらさ、ズボンも脱がされちゃってて」脱がされるまで気付かないなんてあるかぁ?と思いながらもそのまま聞いていた。
 

 

「Nくんの擦り付けてくるから、やばいなって思って咄嗟に手で押さえてたんだけど、グイグイ押されて・・・そうやってるうちにNくん、たぶんイッちゃったんだと思う」
「えっ、イッたの?」
「ん~、多分。Nくんその後は押しつけてこなくなったから」
「え?イッたらわかるでしょ?」
「分かんなかったよ。ほんとグイグイ押されてて、子供の寝てるところまで押されないようにするので必死で」
「え~?」
「大丈夫だよ。子供産まれてから、まだ生理も戻ってきてないし」
「ん~、そうかぁ。・・・一応叔父夫婦に言っとく?」
「え~、Nくん可哀想だからいいよ。親戚だし、ショックでトラウマとかになっても嫌だし」結局Nくんはクラブの練習があるからと早めに帰ってしまい、このことを言うことはなかった。
 

 

もそも、妻が言っていることも怪しい。
さすがに妻から誘いに行くことはないだろうが、ズボンを下ろされるまで気付かないなんてことはあるだろうか。
 

子供ができてからはセックスレスだったし、悶々としてたのかもしれない。

 

それに、後で気付いたが「まだ生理が戻ってないから大丈夫」ってことは、中で出されたって意味じゃないのか?ベッドのシミもあったし。
 

そういえば、普段は朝にシャワーなんて浴びない。
結局、真相は分からず仕舞いだったが、今でも思い出すと興奮する出来事だ。
 

 

●婿に中出しを許す還暦義母 北森麻子● 近親相姦画像が超最高!ww

私は淫らな女じゃないと思っていたのに・・・

【●婿に中出しを許す還暦義母 北森麻子● 近親相姦画像が超最高!ww】-1【●婿に中出しを許す還暦義母 北森麻子● 近親相姦画像が超最高!ww】-2
【●婿に中出しを許す還暦義母 北森麻子● 近親相姦画像が超最高!ww】-3【●婿に中出しを許す還暦義母 北森麻子● 近親相姦画像が超最高!ww】-4
【●婿に中出しを許す還暦義母 北森麻子● 近親相姦画像が超最高!ww】-5【●婿に中出しを許す還暦義母 北森麻子● 近親相姦画像が超最高!ww】-6


娘婿の事を考えると体が疼いてしまう。


娘が結婚し婿が家に来た当初は婿とこんな関係になるなんて思いもしなかった。

レーベル:タカラ映像、  出演者:北森麻子、  作品タイトル:婿に中出しを許す還暦義母 北森麻子


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
●婿に中出しを許す還暦義母 北森麻子● 近親相姦画像が超最高!ww に管理人のつぶやき
 

 

 

夫に見られていることに気づかずにマッサージ師と不倫セックスしてガチイキする不貞妻がやばい……

読了までの目安時間:約 17分

が寝取られたんです相手は性感マッサージの先生で愛し合っている所を何度も見せつけられました妻は先生の女にされてしまい私とのノーマルなSEXでは満足できなくなってしまい、私がどんなに妻を責め立てても、喘ぎ声すら出してもらえません。
それどころかSEXの最中、妻は「私が先生にイヤらしい性感マッサージを受けている所を、あなたにもう一度見られたい」と、私にしつこく誘ってくる始末です。
 

当然、それを聞いて激しい嫉妬心が込み上げてきますが、それよりも診療所でのあの出来事!!私が見ている前で、初対面の男に妻が寝取られてしまったあの興奮をまた味わいたいという気持ちの方が強く、結局、一緒に先生の所に行こうという事になったのです。

 

夫に見られていることに気づかずにマッサージ師と不倫セックスしてガチイキする不貞妻がやばい……(イメージイラスト1)

 

早速、妻は携帯で先生と会う約束をして、今回は夫である私も同行する事を告げると、先生も何故か即OKの返事。
 

約束した途端、私は前回の事を想像してしまい、SEXが終わったばかりだと言うのにビンビンに勃起してしまいました。
すぐ妻にもう一回しようと求めましたが、「明日の性感マッサージが終わってからね」と断わられました。
 

 

当日になり、妻はノーブラに黒いミニワンピース、その上に薄いカーディガンを羽織った姿で出かける準備を済ませて私の所へ歩み寄ると、ワンピースの裾を捲り上げ・・・。
「ねえ、今日は先生の大好きな下着を穿いてみたの!!どうかな?」妻が穿いていたのは、お尻が半分しか隠れない程、布面積の少ないとても小さなピンク色のパンティでした。
 

それは、妻の手持ちのパンティでも私が一番気に入っているパンティだったのです。

 

夫に見られていることに気づかずにマッサージ師と不倫セックスしてガチイキする不貞妻がやばい……(イメージイラスト2)

 

は妻に「これは私が一番好きなパンティだってお前も知っているじゃないか!!先生と会う度にパンティを没収されてしまうんだから、これを穿いていくのは止めてくれないか?」と言いましたが、「また同じ物を買うから、今日はこれを穿いていくわ」と、頑なに拒否されてしまった。
 

まあ、そういう事なら別にいいかと思い、妻を車に乗せ、あの診療所へと向かいました。
診療所に到着すると、妻は早く先生に会いたくて仕方ない様子で私の手を引き、急ぐように中へ入りました。
 

 

待合室に入ると、すぐに白衣姿の先生が出てきて「こんにちは」と一瞬表情をニヤリとさせて私に挨拶をすると、「今回もご見学したいと聞きましたが、本当によろしいのですね?」と何か意味深な質問を受けました。
意味深な感じに少し戸惑いましたが「はい」と答えると、先生は妻と目を合わせ、軽く頷いた様に見えました。
 

「ではご主人、また前回と同じくこちらの部屋でごゆっくりお待ち下さい」私は例のマジックミラーがある部屋に入りました。

 

部屋に入りマジックミラー越しに座って中を覗いてみると、妻は先生に腰を手を回されて、妻も先生にビッタリと寄り添う様に診療室に入ってきました。
 

まるで恋人同士がホテルに入る様な光景に見えてしまい、私は少し惨めな気持ちになりながら見つめました。
妻がベッドに寝てマッサージを開始するのかと思っていると、2人は寄り添いながらマジックミラーの前まで歩いてくると、私がマジックミラーの向こうで見ているのを知っていながら、私に見せつける様に立ったまま抱き合い始めました。
 

 

互いに舌を絡ませ合い、徐々に激しくピチャピチャとイヤらしい音を立てている。
虚しい気持ちとは裏腹に、私のチンコは既に我慢汁が出る程ビンビンに勃起した状態に。
 

前回よりも遥かにイヤらしい光景!!至近距離で、妻と先生が愛し合っている。

 

一向にマッサージを施す気配を見せない先生は、ディープキスを交わしたまま白衣を脱ぎ始めると、白衣の下からは大きなチンコがチラチラ顔を覗かせていて、白衣以外何も着けていないのが分かりました。
 

全裸になった先生は、尚も妻の唇を奪い続けながら今度は妻の服を脱がそうと、まずは羽織っているカーデガンをスルスルと脱がし、ワンピースの裾を掴むと捲り上げる様に一気に脱がした。
妻はパンティ1枚だけの姿にされると一瞬こちらの方に目を向け微笑を浮かべた!!そして、また目を閉じて先生に身を任せた。
 

 

次に先生は、妻をマジックミラー越しに両手を付かせ、両脚も開かせてお尻を突き出す格好にさせた。
私の方から見ると、妻の形の良い胸がアップで見える・・・妻の少し乱れた息遣いも聞こえる・・・物凄い光景だった!!私は思わず、我慢汁が溢れてビショビショになったパンツを脱ぎ、チンコをシゴかずにはいられなくなりました。
 

マジックミラー越しから妻の体を食い入る様に見ていると、先生の手がスーっと伸びてきて妻の胸を覆う。

 

馴れた手つきで胸を責められる妻は「あっ、あぁ~ん」と喘ぎ声を上げ、感じ始めてきた。
 

先生の手によって揉みくちゃにされ、揉まれる度に柔らかく形を変える妻の悩ましい胸に、私は興奮度を高めるばかりで、このころには私の嫉妬心はもうどこかに消えてしまいました。
先生は妻の胸をから片手を離すと、荒々しく髪を掴み、自分の方に顔を向かせて、再び妻の唇を貪り始めました。
 

 

先生は舌を長く伸ばして妻の口の中を愛おしそうに舐めていて、妻も大きく口を開いて受け入れている様です。
妻の下半身に目を向けてみると、先生の右手はしっかりと妻のアソコやお尻をパンティの上から愛撫していて、先生にネットリと口の中を舐められながらも「あぁ~あぁ~ん」と次第に大きな喘ぎ声を出し、突き出したお尻を時折イヤらしく、くねらせていました。
 

すると、突然妻が「あぁ~あなた・・・鏡の向こうで・・・ずっと私を見てるの・・・?ねえ?」と喘ぎながら言ってきました。

 

「・・・!!」私は急に話しかけられた事で緊張してしまい、何も返事ができずに無言のまま妻を見つめていると、先生が「ご主人は目の前で見ているに決まってるじゃないですか!!私達が愛し合っている証拠を、ご主人にたっぷりと見せつけてあげましょうね」と言い、妻の弱点でもある首筋を舐めながら、ゆっくりとパンティの中へと手を入れました。
 

首筋とアソコを同時に愛撫されると、妻の喘ぎ声も急に激しさを増し「ひぃ~ひぃ~先生だめ~」と叫び声が響いています。
パンティの中で激しくアソコを愛撫をされて、愛液が溢れグッショリと濡れているクロッチが見えている。
 

 

して激しい愛撫のせいで、今にも脱げ落ちそうな妻のパンティを見ると、いつ先生にパンティを没収されてしまうのか、私はその事で頭がいっぱいになってきました。
先生はいったんアソコへの愛撫を止め、今度は妻を立たせたままの状態で、後ろから両手で腰を掴み、突き出したお尻をジックリ眺めるようにしゃがみ込み、溢れ出した愛液の匂いを堪能する様に顔を埋めました。
 

まるで、雄犬が雌犬の肛門の匂いを確かめている様な格好で辱めを受けている妻を見て、私のチンコは更にいきり立ち、我慢汁が止まらなくなっていました。

 

たっぷりと妻のアソコの匂いを堪能した先生は、お尻を撫でながら・・・。
 

「じゃあ約束通り、このパンティも没収しますね」先生はパンティの両サイドに親指を引っ掛けてると、スルスルとゆっくりと脱がし、脱がしたパンティを持ったまま白衣のポケットの中に用意されていたビニール袋(ジップロック?)と取り出すと、パンティをビニール袋にしまい、それをまた白衣のポケットに入れ、再び妻のもとに戻ってきたのでした。
妻はその間も、マジックミラー越しに両手を付いてお尻を突き出したままのイヤらしいい姿勢で、先生を待っていました。
 

 

パンティ没収の一部始終と、全裸になった妻のアソコを、私はマジックミラー越しからチンコをシゴきながら見ていましたが、とうとう我慢できなくなり1回目の射精をしてしまいました。
射精したばかりだと言うのに一向に興奮が治まらず、チンコは萎える事無く勃起したままでした。
 

先生は戻るなり、妻を跪かせ仁王立ちに!!妻は嬉しそうな表情を浮かべ、自ら先生の半勃ち状態のチンコを咥え込み、とても美味しそうに音を立てて奉仕していました。

 

は、舌を上手に操りながら裏筋や玉まで丹念に舐め回し、瞬く間に先生のチンコを勃起させると「もうダメ・・・先生早く入れて~!!」と、また自ら立ち上がり、マジックミラー越しに両手を付き、お尻を突き出したのです。
 

先生は、そんな妻のお尻を鷲掴みにし、溢れ出る愛液をしばらく舐め回すといきり立ったチンコを、ズーンと妻のアソコに突き刺しました。
パン・・・パン・・・パン・・・と肉のぶつかる激しい音と共に、妻の喘ぎ声もどんどん激しさを増し「あぁ~ん、すごい・・・先生のすごい・・・おかしくなりそう・・・」などと叫んでいました。
 

 

私の目の前で、妻が立ちバックで責め立てられている・・・!!マジックミラーに手を付いている妻の手を重ねる様に、私もミラー越しに妻と手を合わせて一体感を味わった。
先生が妻のアソコに突き刺す度に、マジックミラーも振動している・・・!!やがて手を付いていられなくなった妻は、腕と上半身をマジックミラーに付ける格好になり、その光景がまた私の興奮度を高め、チンコをシゴくスピードを上げたのだった。
 

マジックミラーに寄り掛かった妻の胸は潰れて見えたり、また離れると形のいい胸に戻ったりを繰り返している。

 

マジックミラーは、みるみる妻の大量の汗で濁ってきて、少し見にくくなってしまったが、リアルさが増した気がした。
 

後ろから妻を責め立てる先生のピストンはどんどん早くなり、「ああ~ああ~ああ~ああぁ~ん!!」と絶叫する妻の声は私とのSEXではまずありえない程の大声で診療所中に響いていた。
途中、妻は立ったままの体勢が辛いのか、膝を折りしゃがみ込もうとしていたが、先生に無理やりお尻を持ち上げられて、同じ姿勢で犯され続けている。
 

 

うしても、2人が愛し合っている所を私に見せ付けたい様で、マジックミラーから離れる事は無く、延々と“見せつけSEX“は続けられました。
そして、先生が「・・・いく」と言うと同時に、妻も「あぁ~先生・・・中で出して・・・一緒に、あぁ~いく、いく、いく」。
 

先生はチンコを引き抜く事無く、大量のザーメンを妻の中に注ぎ込んでしまいました。

 

そして、私も妻の断末魔の様な叫び声に反応して、ほぼ同時にティッシュに射精しました。
 

私は続け様に2度も射精したせいで、かなり疲れてしまい、しばらく床に座って2人の様子を見る事にしました。
立ったままの激しいSEXが終わり、妻はグッタリとした様子でしたが、休む事無く愛液とザーメンで白く光る先生のチンコを綺麗に舐め取り、それをゴクリと飲み干すと、ティッシュを取り出し丁寧にチンコを拭いていました。
 

 

そして先生は、そんな妻を抱え上げ、今度はベッドに連れ行きました。
先生が仰向けで横になると、妻は四つん這いの姿勢でお尻を高く上げ、なんとも色っぽいお尻をこちらの方に向けながら再び先生の少し萎えたチンコを咥え、ピチャピチャと音を立てフェラチオを始めました。
 

妻のアソコをよく見てみると、キラキラと光りパックリと口が開いているのが判る。

 

生のチンコはあっという間に復活していて、妻はいきり立つチンコに自ら座り込む様にして挿入し、2度目のSEXが始まった。
 

先生の上で、激しく腰をピストンさせて喘ぐ妻!!先生も妻の腰をガッチリ掴んで下から突き上げる様に責めていて、すぐに妻の喘ぎ声は快感の絶叫に変わっていきました。
「あぁ~ん・・・先生のSEX最高・・・ああ~」とあまりの快感からか、完全に先生のSEXの虜になっている・・・!!2人は交わったまま正常位に体位を変えると、妻は先生に両脚を掴まれ大きく脚を開かされて激しく責められ「あぁ~・・・いい・・・先生、私もうイッちゃう・・・ああ・・・いく~、いく~」と、またもや快感の大絶叫。
 

 

そして最期は、まんぐり返しの体勢にさせられ、たっぷりと中出しをされてしまいました。
2人はしばらくの間ベッドで休んでいましたが、ようやく“見せつけSEX“も終わった様でフラフラと妻も先生も立ち上がり、ノーパンのままワンピースを着て診療所を出ました。
 

私も、先生とのSEXを終えた妻を迎える為に待合室に戻ると「あなた・・・ごめんね・・・本当は怒ってる?」と言ってきました。

 

私は、「強烈に嫉妬するけど、もともとは私が言い出した事だし、それに今日の事も見ていてすごく興奮した。実は先生とSEXしているお前を見ながら、2回もオナニーしたんだよ」と素直な感想と、射精した事を言いました。
 

帰り間際、見送りに来た先生が、白衣のポケットから先程妻から没収したパンティを取り出し、私に言いました。

 

つも奥様の穿いているパンティを頂いていますが、この事もどうかご了承下さい。実は私の所に性感マッサージを受けに来て頂いた女性の中で、好みの女性のパンティを貰うのが、私の趣味なんです」と打ち明けるように言っていました。
 

私は妻を車に乗せて急いで帰宅すると、先程まで先生に抱かれていた妻をメチャクチャに犯したくなり、部屋に入った途端、妻に襲いかかりワンピースを破かんばかりの勢いで全裸にして、先生がしていた様に妻を立たせたまま壁に手を付かせ、お尻を突き出させた格好にさせ、先生のザーメンが残っている妻のアソコに、愛撫も無しでぶち込みました。

 

2分も持たずにイってしまったが、間髪入れず再び妻のアソコに挿入し、激しく責め立て2度目も5分持たずに妻のお尻に射精しました。
 

妻は一言「あなたって可愛い」と言うと、お風呂入っていきました。
 

「この母乳は義理の息子のモノ 羽月希」 近親相姦画像で射精しちゃいましたWW

いらっしゃるかと思いますが・・・

【「この母乳は義理の息子のモノ 羽月希」 近親相姦画像で射精しちゃいましたWW】-1【「この母乳は義理の息子のモノ 羽月希」 近親相姦画像で射精しちゃいましたWW】-2
【「この母乳は義理の息子のモノ 羽月希」 近親相姦画像で射精しちゃいましたWW】-3【「この母乳は義理の息子のモノ 羽月希」 近親相姦画像で射精しちゃいましたWW】-4
【「この母乳は義理の息子のモノ 羽月希」 近親相姦画像で射精しちゃいましたWW】-5【「この母乳は義理の息子のモノ 羽月希」 近親相姦画像で射精しちゃいましたWW】-6


お気付きの方も・・・


多分・・・

レーベル:タカラ映像、  出演者:羽月希、  作品タイトル:この母乳は義理の息子のモノ 羽月希


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
「この母乳は義理の息子のモノ 羽月希」 近親相姦画像で射精しちゃいましたWW に管理人のつぶやき
 
バカに出来ないようにガンガンにハメまくってお仕置きしてヤリました!一生懸命隠しながらの初々しいSEXを小悪魔のように男を前から後ろから見え隠れするスカートの中身を絶対にムラっとくる一本です!いい女には、別称、彼氏を充たし癒しをこんな可愛い少女達がこんなにアップで!満たしたいが為に別の男と身体をいつでもどこでもHしちゃいます。クリを舐め回す様な撮影のあと、パンパンにさせてからマンコにガッツリと挿入します。オンナ殺しの卑猥な媚薬・・・露出高めでお尻丸見えのファッションの素人娘をお店では予約殺到で手に届かない高級デリ嬢に、得た昨今、その為には手段をそんな時はデリヘルに限る!体が細く、と使った王道のソープ。あの部分をぶるぶる震わせて頭から横にぶっ倒れたんですよ!そして母乳も飛び散る禁断映像公開!
 

 

スワッピング&寝取られエッチに興味津々の旦那さん、我慢できずに遂に嫁を他人に貸し出してしまう……

読了までの目安時間:約 22分

前からSWや3Pに興味があり、いつ妻を誘ってみようかと迷っていました。
そしてとうとう勇気を出して妻にSWサイトを見せて反応を見ました。
 

妻は私以上に興奮して興味を持ちました。

 

スワッピング&寝取られエッチに興味津々の旦那さん、我慢できずに遂に嫁を他人に貸し出してしまう……(イメージイラスト1)

 

妻は26歳で小柄ですがけっこうクラマーでおとなしく可愛いタイプです。
 

「もし、俺意外とプレイすることになったらどんな男がいい?」と聞くと以外にも妻は40歳から50歳くらいのおじさんがいいと答えました。
どうしてと聞くと脂ぎったおじさんに迫られてイヤイヤと嫌がりながらも体中を舐められてだんだん自分がその気にさせられて、嫌いなタイプの男なのに体が男を求めて入れられてしまい最後は中に出されてしまう。
 

 

そうして嫌いなはずの男が好きになってしまうような妄想を今までに何度もしたことがあると告白されました。
私は興奮しました。
 

4ヶ月かかってそういうタイプの男を見つけました。

 

スワッピング&寝取られエッチに興味津々の旦那さん、我慢できずに遂に嫁を他人に貸し出してしまう……(イメージイラスト2)

 

いうよりもすごく身近にいたんです。
 

アパートの隣に住んでいる一人暮らしの52歳の男性でした。
私が仕事で留守の間に妻は何度か隣の家に呼ばれて世間話をしたりしていたのでした。
 

 

専業主婦で暇をもてあましている妻は時々そのおじさんの家に行って、いやらしい話をしたりエロビデオをみたりしていたのでした。
私はそれを聞いてかなりムッとしましたが、模様替えと口実をつけてベットを隣の部屋と隣り合わせの部屋に移し、妻とのセックスの声が隣に聞こえるようにしました。
 

アノ時の声がすごく大きい妻のあえぎは必ず隣のおじさんに聞こえると思いました。

 

私はこれから妻がその男に抱かれるかもしれないと思ったら毎晩のように妻を抱き、妻が狂ったようにむせび泣くまでやり狂いました。
 

やがてチャンスはやってきました。
近くの温泉センターでその男と出会ったのです。
 

 

ウナの中で男と話をしていると男はしきりに私のペニスを見ていました。
「一人暮らしは気ままでいいですね、けっこう遊んだりしているんでしょ?」と話をその方向に持っていくと男は「いやいや結構不自由していますよ、お宅は奥さんが美人だしいいですねぇー毎晩激しい声が聞こえてきて一人暮らしには毒ですよ」と言いはじめました。
 

「やっぱり聞いていた」私はぞくっとしました。

 

「今晩、家に帰ってから一杯飲みませんか?」
「いいですねぇ」
「うちは1歳の子供が寝ているからお宅に料理を持って行ってやりましょうよ。隣なら子供が目が覚めても大丈夫だし」そういう話になって意気投合しました。
 

「でも、奥さんに迷惑じゃないですか?」
「そんなこと無いですよ、うちの女房が時々遊びに行っているんでしょ?いつも面白い話をしてくれて優しいから好みのタイプだと言ってましたよ。なんならうちの女房を口説いてみますか?ハハハ」というと、一瞬男はまじめな顔でゴクリとつばを飲み込みました。
 

 

けっこう脈ありでした。
「いやね、最近インターネットでSWや3Pのページを見たりしているんですけど、あれってぞくぞくしますよね。自分の妻が他の男に抱かれて、精子を中に出されるなんて考えたら嫉妬と興奮で眠れなくなる時があるんですよ」二人きりのサウナの中で二人とも暑さを我慢しながら興奮してきました。
 

 

は今晩目の前にいる男のペニスが妻の中に入り、そのペニスで悶えあえぐ妻の中にその先から白い精液がドクドクと注がれるかもしれないと思ったら、勃起してきました。
「すいません、想像したら立ってきてしまいました。別に男にその気があるわけじゃないからご心配なくアハハハ」そういうと、男が「私も妻がなくなる前に二、三度スワッピングクラブに行った事がありますよ。
もう十年位前の話ですが。あれは興奮しますよね。でもね、いつも妻はすんなりと他の男に抱かれるんですけど、私は妻のほうが気になって入れるには入れるんですけどイケないんです。聞いたらそういう男って多いみたいです。」そんなことをしゃべる男のペニスもかなり大きくなっていました。
 

 

私とは太さも雁首の張り具合も違っていました。
私はピンクで長くきれいな感じですが、男のものはずんぐりと黒く太く雁首がものすごく張り出していました。
 

この雁首で中をかき回されたら妻は泣きながら悶えのけぞるんだろうな、などと考えると興奮が収まらず、ピンと立ったペニスを隠そうともせずにサウナを出て水風呂に飛び込みました。

 

風呂から出てさっそく妻に約束したことを報告しました。
 

妻は複雑な顔をしていました。
家に帰り妻は料理を作り、私は隣の家にお邪魔してお酒を飲み始めていました。
 

 

がて妻が料理を持って来ました。
風呂上りの妻の真っ白い肌はピンクに染まり、胸の開いたパジャマを着て、少しぴったり目のパジャマのお尻にはくっきりとパンティーの線が浮き出ていて、股間の盛り上がりが私さえも興奮させるような格好でした。
 

料理をテーブルに並べるたびに身体を曲げるので胸の隙間から、おっぱいの谷間が丸見えで、男はじっとそれを見ていました。

 

妻はその夜、私が実行に移すことを察していたのか、いないのか、新品の下着を身に着けていました。
 

しばらく料理と酒と会話を楽しみました。
しかし、私の頭の中はどうやって二人をセックスに結びつけるかそればかりを考えていました。
 

 

しばらくして子供が目を覚まして泣き出しました。
妻が行こうとしたので「いいよいいよ、俺が行ってくるから。寝かしつけて俺も寝てしまったら二人で楽しんでいてもいいから」そう言って部屋に戻りました。
 

 

供はすぐにまた眠りました。
私はベットの部屋に行って壁に耳をつけて二人の会話を聞いていました。
 

最初は普通の世間話でしたが、妻が「私が木村さんの家に時々来ているって話したから、あの人怒って失礼なこと言ったんじゃない?」
「そんなこと無いよ、いい旦那さんだね人が良さそうで好感が持てるよ」
「そう、私木村さんとエッチなビデオ見たりしてるって言ってしまったからここに来るって言い出したとき、お酒を飲んでその話になって喧嘩するんじゃないかと思ってヒヤヒヤしていたのよ」
「大丈夫だよ、それより旦那さんって立派なモノを持っているだね」
「えっ、あそうかお風呂だから見えるわね」
「サウナの中で色々と話していたら二人ともあそこが立ってきて、びっくりしたよ。あのチンポで毎晩やられたら美保子ちゃんも大声であえぐはずだよね」
「やだぁー聞いてたのぉー恥ずかしい。それよりお風呂の中で男同士で話をしてどうしてあそこが立つの?」
「旦那さんが、今晩美保子ちゃんを口説いてみないかって言うんだよ」
「まぁーあの人、またそんな事言って」
「美保子ちゃんがわしのちんぽを入れられて悶えるところを想像したら立ってきたって...ちんぽがへそにつきそうなくらい立ってたよ」
「最近あの人、私を他の人に抱かせてみたいって言うのよ。」
「美保子ちゃんはどうなんだい?」
「私も興味があるから、それいいわねって言ったわ。私ね、ファザコンの気があるのかしら木村さんみたいに、ずっと年上の人にされてみたいって言ったの。あっ...それであの人私をここに置き去りにしたのかな」
「そうだと思うよ。だとしたらどうする、こんなおじさんとしてみるかい」
「あははは、してみるかって面と向かって言われたら返事に困るわよ。じゃあ、私今晩、きむらさんにやられちゃうんだ...どうしよう」
「布団出そうか...いいかい」
「・・・・」声が聞こえないということは妻はうなづいたようでした。
 

 

すぐに襖を開ける音がしてバサッバサッと布団を出す音がしました。
「私、ちょっとだけ様子を見てくる」妻が部屋に戻ってきました。
 

私はベットで寝ているふりをしました。

 

「ちょっと、あなた、起きているんでしょ、寝た振りしてるんでしょ、いいの?私やられちゃうわよ。」と妻が私に言いました。
 

「後で行くから鍵は開けておいてくれよ」それだけ私は言いました。

 

は、寝室でブラジャーをはずして、また向こうに戻っていきました。
 

「おやっ、ブラはずしてきたんだね。乳首がぷっくり出てセクシーだよ」
「私、乳首が大きめでしょ子供生んだら黒くて大きくなったら」
「いいんだよ、それが普通なんだからコリコリしてやろう」
「あっ、いやぁーん...ああ」
「もう、立ってしまってるよ、ほら」
「うあーいきなりおちんちん出すの、エローい」
「今から美保子ちゃんはこのちんぽでアンアン悶えてこの先の穴から、わしの精液をいっぱい中に出されるんだよ」
「えっ、やっぱり中に出しちゃうの?なんだか変な気分」
「安全日かい?まずいようなら外に出してもいいよ」
「大丈夫だと思う、そろそろ生理前だから。それより途中で始まったらごめんなさいね」しばらくの間二人の声は聞こえなくなりました。
 

 

かわりに「はあーん」
「あああ」という妻の声と「可愛いなあ、いつかこうなれたらいいとずっと思っていたよ。
でも、こんな禿げたおじさんでいいのか、おおおっ美保子ちゃんちんぽの触り方が上手いな、舐めてくれないか」そんな声が聞こえてきました。
 

私はそばで見てみたい気持ちをぐっと抑えて想像力を膨らませることにしました。

 

妻が入れられるまで約一時間くらいかかったでしょうか、「お願い、もうして、入れて、おちんちん」こんな声を数十回聞きました。
 

私のペニスは透明な液体がどんどん溢れてきてパンツがべとべとに濡れていました。
「そろそろ、一つになろうか」
「うん、早く、早くもう変になりそう」一分ほどシーンと静まり返ったと思ったら「はぁぁーーん、いい、きもちいいーー」妻のとびっきり大きな声と共に待ち望んでいた世界が始まりました。
 

 

にならない声と甘くむせび泣くような妻の声が隣の部屋から聞こえるのです。
いつもは私の目の前で白い太股を広げて真っ白い肌の中心に黒いヘアーを見せて、甘えた顔を私を見たり、のけぞって白目をむいたりしている妻が目の前ではなく、隣の部屋でサウナで見たあのペニスを入れられて悶えているのです。
 

「はうっはうっ...ひっかかるのがすごいぃー...こりこりってして...そうそうあああっ...すごいすごいきもちいいーー」まるで襖一枚向こうのように大きな声が聞こえてきます。

 

しばらく続いた妻の大きな声が少し緩やかになってきました。
 

疲れたのかつながったままで休憩している様子でした。
「美保子ちゃんの穴は小さいから雁首がよくひっかかって気持ちいいよヘアーも少なめでいやらしいヘアーをしているなぁー」
「あん、あんっ...もっと突いて、木村さんのおちんちんのでっぱり、すごい、なんだかあそこの中を引っ張り出されるみたい。ああああっそうそうそこがいいの」
「旦那以外のちんぽの味はどうだ?隣で聞いているのかな?きっと旦那は嫉妬でぴんぴんにちんぽ立たせて今頃たまらない気分だよ」
「とうとう、あの人以外のおちんちんでエッチしちゃった。すごい興奮ね。今からまたズンズンされて木村さんのを出されるんでしょ、頭の中がエロエロでいっぱいになってる...ねぇーもっとしていっぱいして」
「よーしとりあえず一回出すかな」
「あぁぁーーーーっ、いいわーすごいすごい、ああー私出されるの?とうとう出されるの...エロいエロい...木村さんのおちんちんから出される...あああ」私はとうとうたまらなくなってこっそり部屋を出て、そーっと隣の部屋に入りました。
 

 

部屋に入ると先ほどとは違った音質の妻のあえぎ声が響き渡っていました。
そしてクチュックチュッといういやらしい音も聞こえてきました。
 

「ああっそろそろ....いく...いきそう...」襖を少し開けると明かりをつけたままの部屋の真ん中に布団が敷いてあり、その上にはぱっくりと開いた妻の両股とその間でカクカクと腰を振っている男の尻が見えました。

 

人はしっかりと抱き合い、妻の顔が男の肩の上に見えていました。
 

妻は男の背中にしっかりと手を巻いてしがみつき、男の肩を噛みながら「あああっいくぅーっいくーっ、もうだめ...あああいくいく」と叫んでいました。
「くうっくふぅぅーーっああっ」男が力強く妻の股に腰を打ちつけ始めました。
 

 

男の先から妻の中に大量の精液が注がれている瞬間です。
私は夢中でペニスをしごきました。
 

射精しそうになると我慢し、おさまるとまたしごきました。

 

妻が私に気づきました。
 

しかし、私を無視するかのように男の唇を吸いながら、腰をくねくねとくねらせながら余韻を楽しんでいるようでした。
「気持ちよかったかい?」
「うん、死ぬかと思った。最初にじらされたから、なんだか十回分エッチした気分」私は嫉妬でどうにかなりそうでした。
 

 

して部屋に入っていきました。
男はびっくりして起き上がりました。
 

妻の中から出てきたペニスの先から妻のあそこに糸がつながっていました。

 

男のペニスの先には白い精液とペニスのさおの周りは妻の愛液がべっとりとついていやらしい光を放っていました。
 

「あっ、出てきた。ティッシュ取って」私はそばにあったティッシュの箱を妻に渡しました。
 

 

シュッシュッシュッと三枚抜くと妻はそれを股間にあてがいました。
「ごめんね、へいちゃん。すごく感じちゃった。愛してるからね」
「いやぁー最高の奥さんだね。まだチンポの先が余韻で穴の中にいるみたいだよ。ありがとうと言うのがイイのかなアハハハ」
「へいちゃん、出したいんでしょ?お口で抜いてあげようか?それともここでエッチするの?あっちでする?」
「三人でしてみようか」と私は言いました。
 

 

う少し回復するまで待ってよ、さすがに歳には勝てないよ」男がそういうので、「ここに泊まっていいですか?布団もう一枚あります?」男は布団を出してくれました。
そして妻は私のペニスを咥えてくれてぺろぺろと舐めてくれました。
 

「木村さんのも舐めたのかい?」
「うん、木村さんのってエラすごいのよ、あごがはずれそうなくらい張っていてね、中でコリコリされたらもうどうにでもしてって感じで気持ちイイのよ」その言葉に嫉妬した私は妻の身体にむしゃぶりつきました。

 

そしてしばらく妻の身体を舐めまわしました。
 

「へいちゃん、入れておちんちん入れて」という妻の言葉で私は妻の中に入りました。
妻の中は男の精液でトロトロに濡れていました。
 

 

いつもの愛液だけの濡れ具合と違い、すべりがよくにゅるんにゅるんとしていました。
私のペニスはエラが少ないので、先ほど妻がコリコリしてとあえいでいた、ものすごい声は聞こえませんでした。
 

それが悔しくて奥のほうまでずんずんと突き上げると「奥にあたるぅぅーへいちゃん...へいちゃんのは奥がいい」そう言ってくれました。

 

のうちに男が妻の口にペニスを入れてきました。
 

そうして私が妻に発射し、次に男が妻に挿入し、目の前で犯される妻をはじめて見ることができました。
すざましい光景でした。
 

 

男が二回目の精液を妻に注ぎ込むころには私のペニスは再び上を向いていました。
さすがに妻はへとへとになったみたいで「あそこがひりひりしてきた、今度は手でしてもいいかな」そう言って最後の一回を手で抜いてもらいました。
 

朝目が覚めると10時を過ぎていました。

 

ふと、隣を見ると妻が見えません、あれっと思って隣の布団を見ると、男の股の間に妻がもぐりこんでいました。
 

「ああ、起きちゃった?朝立ちがおさまらないから抜いてもらおうと思って...」布団をめくると妻が男のペニスを咥えていました。
そして朝から男の精液を口で受け止める妻を見せられて私は遅刻の電話を会社に入れて急いで出勤しました。
 

 

裸の妻と男を布団に残したまま自分ひとり出勤するのはたまらない気分でした。
夕方4時ごろ気になって仕事の合間に妻に電話をかけましたが誰も出ませんでした。
 

大家さんに電話番号を聞いて木村さんの家に電話をかけると、まだ妻はいました。

 

「子供はどうした?」
と聞くと「あははは、実家にあずけちゃった」
「えーっ、それでまだそこにいるのか?」
「うん...怒ってるの?」
「そりゃそうさ、いいかげんにしろよ。それで?」
「何?」
「あれからまたしたのか?」
「うん...ごめんなさい」
「何回したんだ?」
「うーん...待って家からかけなおすから、着替えるから五分待ってね」10分ほどしてから妻から電話がかかりました。
 

「五分って言ったじゃないか!」
「だって、裸だったから...」
「お前、それじゃ浮気と同じじゃないか」
「ごめんなさい」
「いいよ。帰ってから話そう」そう言って電話を切りました。
 

 

家に戻り妻に聞くと一日中男と裸で過ごしていたようでした。
私は妻をお仕置きしてやろうとバイブを取り出そうとしました。
 

「バイブは?」
「....」
「どうしたんだ?」
「あっちにもってった」
「お前、そんなものまで持ち出して...」
「だって、一度SMぽいのしたくて」
「したのか?」
「うん」
「どうやって?」
「縛られてバイブ入れられて...そのまま出て行って」
「バイブ入れられたまま木村さんいなくなったのか?」
「うん、一時間くらい...私何回も死にそうになっちゃった」
「そんなに良かったのか?」
「私、その後木村さんのおちんちん入れられて初めて失神しちゃった」これから私は昼間仕事に出ると妻と男は二人きりでいつでも逢えることになります。

 

はそれを楽しみにしているに違いありません。
 

とんでもないことをしてしまったのか、それとも新しい世界に踏み込んだのか...
 

「近親素股プレイでハプニング!!4」 前乃菜々

今度お泊まりデートだけど、初めてがバレたらハズいので事前練習を兄に相談すると、じゃあ 流れを教えてあげよう。

【「近親素股プレイでハプニング!!4」  前乃菜々】-1【「近親素股プレイでハプニング!!4」  前乃菜々】-2
【「近親素股プレイでハプニング!!4」  前乃菜々】-3【「近親素股プレイでハプニング!!4」  前乃菜々】-4
【「近親素股プレイでハプニング!!4」  前乃菜々】-5【「近親素股プレイでハプニング!!4」  前乃菜々】-6


妹の初めてをお助けするべく一肌脱いだお兄ちゃんが素股プレイで暴走っ!


これが騎乗位だって素股でライドオンしてたけど、我慢できない兄が下着ずらしてヌルン!

レーベル:LEO、  出演者:前乃菜々,松本いちか,星あめり、  作品タイトル:近親素股プレイでハプニング!!4


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
「近親素股プレイでハプニング!!4」 前乃菜々 に管理人のつぶやき
 
勉強の為に訪れた見習い整体師。色気ムンムンの女医さんが診察!素人女とのSEXはとても刺激的!これって本当にエステの一環ですか?じっくり鑑賞!用意していた電マと手マンで何度も潮吹き!カメラに向かって恥ずかしそうに魅せつけオナニーを我が子の為に体で支払う。おっぱい揉み舐めの刑受けていましたが、強引に口づけ、洗濯ばさみでオマンコおっぴろげにしたり、下からバッチリ撮っちゃってます。こんなぶっとい潮柱見た事ない!段階をエロ医師らにより卑猥な診察をその様子をオヤジが出張に行く絶好のチャンスをとにかくカワイイ!
 

 

1 2 3 71
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】