告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

同じマンションに引っ越してきたスレンダーお姉さんが超絶痴女ビッチで逆レイプされてしまった僕

読了までの目安時間:約 10分

職活動もまっさかりの大学4年生の夏の時のエロバナ2ヶ月前くらいに俺の住んでいるマンションに越してきた三十路半ばに見えるごく普通の感じのおばさん(Aさん)が、アパートの3Fの俺と同じ階に越してきました。
たまに朝ゴミだしの時にちょっとだけお辞儀をするだけで、特に気にはならない存在でした。
 

ところがある日の夕方近く、4個の買い物袋を必死に持って階段を上がる姿を、丁度就職試験が終わった帰りに見つけ、見過ごすのも悪いなと思い駆け足で近寄り、持ってあげることにしました。

 

同じマンションに引っ越してきたスレンダーお姉さんが超絶痴女ビッチで逆レイプされてしまった僕(イメージイラスト1)

 

その時はTシャツ姿にスカートできれいにお化粧をして、コンタクトをしていつもと雰囲気が違って見えました。
 

この時に自分の中で衝撃が走ったのを今でも覚えています。
(今思えば、このとき初めて年上の女性を好きになったきっかけだったのでしょう・・)Aさんの部屋の前に着いて、気軽に「部屋にはいってお茶でもどう?」って誘ってくれたので「じゃあちょっとだけお邪魔します」っていう軽いのりで部屋に入りしばらく楽しく話し込んでいました。
 

 

(離婚して一人暮らしを始めたことや、年齢が45歳だってことも・・これには驚きでした。)気がつくと、たいぶ外も暗くなり始め夕飯の頃になったので、Aさんが「夕飯をご馳走するから食べていってね!」とかわいく微笑むので、一度は遠慮しながらも結局お手製のミートスパゲティーをご馳走になりました。
 

俺もお腹が減っており、勢い良くスパを食べた為、食後気がつくと白のワイシャツにソースが少しついてるのを見て「もう、こんなに汚して?。」と母親みたいな口調で、濡れタオルも持ってきて俺の側に正座して、拭いてくれました。
 

 

同じマンションに引っ越してきたスレンダーお姉さんが超絶痴女ビッチで逆レイプされてしまった僕(イメージイラスト2)

 

ると何かの拍子で、濡れタオルがAさんの手からすべり俺の股間の上に・・。
Aさんが「あら、ごめんなさい」とすかさずタオルを取ろうとしましたが、なにか硬いものに当たった感触があり、俺の股間に手を伸ばしてきました。
 

(いつから勃起していたかは分かりませんでしたが、ひょっとしてAさんはそれに気づき、わざとタオルを落としたのかもしれません。今思えば。)「あら!こんなになって。どうしちゃったの?」と確かに硬くなっているのを確信したAさんは、顔を急に近づけディープキスをしてきました。
 

 

こうなるともうなされるがままでした。
キスをされながらも右手はしっかり俺のあそこを触りつづけ、手馴れたようにチャックを下ろし手でしごき始めました。
 

そして、唇から一気に俺のあそこへ移動し何の躊躇もなくしゃぶり始めたのです。

 

「とってもおいしいわよ、○○君、久しぶりなの、こんなの」とつぶやき、激しく音を立てながら頭を上下に動かしてます。
 

しばらくこの状態で俺も気持ちよくうなっていましたがこのままではすぐに発射してしまうかもしれない為、今度は俺が上になり無我夢中でTシャツとブラを勢い良く取り外し、お返しにとこぶりのおっぱいを音をたて吸いつき激しくもみ続けました。
「あ?、いい、いいわよ。○○君、もっといっぱい吸って!」っと喘ぎまくる声にさらに俺の興奮も増してきます。
 

 

して手は、徐々に下へと移り、スカートを履かしたまま彼女の足を大きく開かせました。
真っ白いパンティーがすでにちょっとだけ濡れていました。
 

「だめっ、恥ずかしいわ、お願いやめて」と小さく響く声をだしましたが、パンティーの上から直接あそこの部分を勢いよく舐め続けました。

 

「あっ、いいっ、すっごくいい、気持ちいいっ。○○君」っとはげしい声。
 

彼女も気がつけば自分の足首を持ち感じていました。

 

もうパンティーは俺の唾と彼女の愛液でもうべっちょべちょだった為、パンティーを脱がし今後は直接指と舌でじっくり味わい続け、もう彼女は2 3回は逝ったと思います。
 

俺の腕も彼女の愛液でビショビショで、クーラーが効いていましたがお互い汗びっしょりでもあった為、俺の方から「お風呂にはいろ!」って誘いました。
でもちょっと躊躇した仕草をしてから「うん。」とうなずき一緒にお風呂に入ることにしました。
 

 

ぜあの時躊躇したのかが脱衣場に入ったときにすぐにわかりました。
服を脱ぐかごの上に今度は黒いイボイボの付いたバイブが無造作に置かれていたのです。
 

彼女の目を見ようとしましたが、恥ずかしげに下を向いたままでした。

 

その仕草がまたかわいかったので「今度これも使って楽しもうね!」とささやいた後、一緒に服を脱ぎ、立ったままでお互い石鹸を付け合い、きれいに体を洗いあいました。
 

おちんちんをきれいにしてくれた後、やさしくゆっくりしゃぶってくれました。
あまりの気持ちよさに「いっ、いくよ。もうだめっ。」と勢い良く彼女の口に出してしまいました。
 

 

でも「おいしいよ!とっても」といって、口からはみ出した精液もすくって全部飲み干してくれました。
2回戦は彼女の寝室で約束通り黒いバイブで、じっくりあそこを攻め続けてあげました。
 

「だめ、そんなにいじったら、こわれちゃう。でも、いいわ、とってもいいわ。」と彼女の反応を見つつ興奮していました。
 

 

う、彼女も乱れに乱れて、何の恥じらいもなく「早くほしいの、本物のあれいれて!お願い、○○君」と四つん這いの状態のときに俺のほうをみておねだりしてきました。
そそり立った俺のモノをビショビショのあそこにめがけ一気にバックから激しく突き続けました。
 

(もうこのときには二人とも避妊具なんてお構いなしでした)俺の彼女との今までのエッチは、正常位基本のオーソドックスなものが彼女は好きな為、AVで見るような激しいセックスにあこがれがあり、若干不満のようなものもありました。

 

でもこんなに興奮させてくれるAさんに対し、もう俺も本能のままに体をぶつけていこうとただ、ただ野生の盛りのついた猿に変身したようでした。
 

すると、Aさんは何回逝ったかわかりませんが「いくっ、いっちゃう、だめ、もうだめ?」とものすごい声を張上げた瞬間が・・彼女の四つん這い状態の肩の力が抜け、ぐったり布団にうつ伏せに倒れ込んでいきました。
俺のおちんちんもまだ元気でしたが、Aさんの体は少し痙攣を起こしているようで、ヒクヒク反応していました。
 

 

「大丈夫かい?」
と聞くと「すごい、よかったわ・・」と声にならない小さな声でつぶやきました。
俺もそれを聞いてこれ以上はこのままそっとしてあげようと思い、そのままAさんとその夜は一緒に添い寝しました。
 

その後、数回関係を持ちましたが、俺も就職することが出来、そのアパートを離れた為今Aさんがどうしているかわかりません。

 

んなに熟女に対して感情が高ぶったのは始めての経験でした
 

『続・異常性交 還暦母と子 其ノ壱 内原美智子』 近親相姦画像が超過激!WW

その光景を幾度となく見てきた息子・徹は募る欲望をついに美智子にぶつける。

【『続・異常性交 還暦母と子 其ノ壱 内原美智子』 近親相姦画像が超過激!WW】-1【『続・異常性交 還暦母と子 其ノ壱 内原美智子』 近親相姦画像が超過激!WW】-2
【『続・異常性交 還暦母と子 其ノ壱 内原美智子』 近親相姦画像が超過激!WW】-3【『続・異常性交 還暦母と子 其ノ壱 内原美智子』 近親相姦画像が超過激!WW】-4
【『続・異常性交 還暦母と子 其ノ壱 内原美智子』 近親相姦画像が超過激!WW】-5【『続・異常性交 還暦母と子 其ノ壱 内原美智子』 近親相姦画像が超過激!WW】-6


夜の営みに淡白な夫に不満を抱き、行き場のない欲求を自慰行為で満たしてきた美智子。


逃げる美智子を無理やり犯し親子の一線を越えてしまう。

レーベル:グローバルメディアエンタテインメント、  出演者:内原美智子、  作品タイトル:続・異常性交 還暦母と子 其ノ壱 内原美智子


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
『続・異常性交 還暦母と子 其ノ壱 内原美智子』 近親相姦画像が超過激!WW に管理人のつぶやき
 
ちょっとパンチラロケなんだけど取材に協力してくれませんかと撮影開始!かき回す。マル秘公開!お構いなし!浜松の素人娘をスラリとしたエロい美脚を超美形、開けて精子をSMプレイで責められます。クリと膣内を唇をついつい無防備になってしまう。生中出しコギャルシリーズ4時間DXの第二弾!何度もイカせまくる模様を口説かれ、テニス部員は更衣室で美尻や美巨乳を弄ばれ、足しにやってきた女性達・・・寝取り作戦の全容をだから思い切って真下から覗いて見ました。柏在住の秀才萌え美少女にセンズリを隣の女子校生の落ち着きが無い。
 

 

秘境的な場所にある寂れた旅館の女将さんに誘惑されて理性崩壊→獣みたいにヤりまくった……

読了までの目安時間:約 14分

校を卒業すると、夜間の大学に通い、昼間は仕事をしてました。
旅行が好きなので、休みが2日続くと電車に乗り一人旅に出かけたものです。
 

サークルなどには参加して無く友達もいませんでした。

 

秘境的な場所にある寂れた旅館の女将さんに誘惑されて理性崩壊→獣みたいにヤりまくった……(イメージイラスト1)

 

その日も2日の休みに入り電車に乗り山奥の田舎の方へ向かいました。
 

小さな駅で降り、バスに乗ってさらに山の奥に向かいました。
行き先は決まっていませんでしたが、地図を見てそこに民宿があるのは知っていました。
 

 

午後3時頃にバスを降り、しばらく歩き、民宿にチェックインすぐに民宿を出て近くを散策しました。
山間ののどかな景色は生まれ育った港町にはない風景で、感動しました。
 

夕方暗くなりかけた頃に宿に戻りました。

 

秘境的な場所にある寂れた旅館の女将さんに誘惑されて理性崩壊→獣みたいにヤりまくった……(イメージイラスト2)

 

時私は日記のようなものを書いていたので、部屋でノートに感想を書いていました。
 

そのとき、民宿の女将さんが入ってきました。
食事を部屋で食べるのか聞いてきました。
 

 

はい、と答えると、30分ほどして運んできましたが、その豪華さに驚かされました。
宿代には似つかわしくない豪華な料理食事が終わり片付けにきた女将がお風呂は放れの建物にあり、他の家族客がいるので遅い時間に入るといいかもと話していました。
 

もともと人見知りな私は人に会いたくないので夜12時近くにお風呂に向かいました。

 

案の定誰もいません湯船につかってしばらくすると脱衣所に誰かが入って来たのです。
 

磨りガラスに見える脱ぐ姿は女性のもの脱衣所にある私の服で中にいるのは知っているはずですが、声をかけようか迷いましたが内気な私は言い出せずにいると、女性が引き戸を開けて中に入って着たのです。
女将さんでした。
 

 

っぱりあなただったのねと、話しかけてきて、入ってもいい?と聞くのでドキドキしながらうなずくことしかできませんでした。
私はまだ女性を知らない童貞でしたこの旅先でのハプニングんい極度に緊張していました。
 

中年熟女な女将はそんな私にかまわず洗い場で体を洗いめたのです。

 

横向きの女将のあらわになったおっぱいが揺れていました。
 

直視できませんでいたが髪を洗い始めるとさすがに、見いって髪を洗い始めると、それから湯船に入ってきたのです。
湯船は5、6人は入れる大きさでした。
 

 

女将さんが話しかけてきましたが、緊張で、その内容はほとんど覚えていません。
私が先に湯船を出ないといけないと思いましたが、女将さんの裸を見た私の男根は膨張していて、立つことができなかったのです。
 

女将さんはそんな私の事を察したのか、先に上がり、あまり入りすぎるとのぼせるよといい、風呂場を出て行きました。

 

の後急いで、お風呂場を出た私は部屋に戻り、女将さんの裸の余韻に浸りながら布団に入り電気を消し、男根を握りオナニーを始めたのです。
 

すると、ドアがノックされたのです。
急いで浴衣を直しドアを開けると女将さんが立っていました。
 

 

コーヒーを入れたけど、飲む?と聞くので、ハイと答えました。
女性と二人だけで話すことなどできない私でしたが、お風呂場で堂々と裸をサラした女将は何となく、緊張がほぐれていました。
 

それに、年がだいぶ離れているのもありました。

 

女将は40代後半でした。
 

小さな座卓に向かい合い魔法瓶に入れたコーヒーを二人分ついでくれました。
コーヒーを入れている女将の姿に固唾をのみました。
 

 

ぜか宿泊客用の浴衣を着た胸元ははだけ白いおっぱいの谷間が見えていました。
ノーブラだと気づきました。
 

コーヒーを飲みなが私の事を聞いてきました。

 

女将は宿主の旦那が組合の旅行で台湾に出かけて留守だと話していました。
 

そして、なんと、一人は寂しいので隣に寝てもいいかと聞いたのです。
信じられませんでしたが、断る理由もありませんでしたので、承知しました。
 

 

すると女将は別の布団を押入から出し、私の布団の間を1メートルほど離して敷いたのです。
それはそうだ、そんなにうまくいかないなと思いながら、電気を消しました。
 

隣に女性がいて寝付けずに何度か寝返りを打ったときでした。

 

の布団にそっと女将が入って着たのです。
 

「寒いから暖めて」と女将の手が私の手をつかみ浴衣の胸元に差しこんだのです。
柔らかい感触、初めて触れるおっぱいは何とも言えない興奮でした。
 

 

たぶんDカップほどでした。
私は無言でおっぱいを触りました。
 

どうしたらいいのか愛撫の仕方も解りませんでした。

 

体は緊張で固まっていました。
 

すると、女将の手が浴衣の裾から入り込み、ブリーフの上から固まりの大きさを確認するように触ってきたのです。
「女性は初めて?」女将に見透かされていました。
 

 

い」と答えると「私に任せて」とブリーフを脱がせてきました。
初めて自分以外の指で男根を握られ睾丸を揉まれました。
 

そのときの興奮はそれまでに味わったことの無いものでした。

 

それから、女将の顔が私の顔に重なり、上から重なるようにキスしてきました。
 

そうしながら女将は浴衣を脱ぎ、私も全部脱がされました。
キスしながら女将は私の手をつかみ、自分のおっぱいにあてがい「揉んで」と言いました。
 

 

そのときふと、弟に乳を飲ませる母親のおっぱいを思い出しました。
乳首を指でつまむと、女将はそのおっぱいを私の口に近づけて吸って欲しいと望んでいるのが解りました。
 

乳首を吸いながら女将と上下入れ替わりました。

 

将が私を上にさせたのです。
 

私はだんだんと、緊張がほぐれてきました。
女将の下腹部に向けて手を這わせていきました。
 

 

へその下に来ると少し盛り上がり、薄い陰毛が茂っていました。
知識としての女陰の構造は知っていました。
 

さらに指を下に向けると、ヒダの中心にぬるっとした液体の感触がありました。

 

想像以上に量が有り、指先にまとわりつきました。
 

見たい、という欲望が浮かびました。
女将に「ここ、見たい」
と聞くと「まだ見たことないんだよね」
「でもはずかしい」と答えてしばらくして「ちょっとだけだよ」と部屋の電気をつけるのを許してくれました。
 

 

直言って、雑誌で見たイラストや漫画本とは違う印象でした。
とてもきれいだとは思えませんでした。
 

「どう?」
「感想は?」と聞かれとっさに「きれいです」と答えてしまい、女将が「初めてなのに?解るの?」と言われ、赤面したのを覚えています。

 

電気を消した後、女将は舐めてと言ってきました。
 

女将の女陰はほのかに石けんの香りがしました。
舌を使い漫画本の知識で女陰を舐め回しました。
 

 

クリトリスは大豆ほどの大きさで包皮から飛び出していました。
女性の性感帯だと知っていたので吸ったり舐めたりしました。
 

すると、女将があえぎ始めたのです。

 

将が喜んでくれていると思うとなんだか、自信が湧いてきたのを思い出します。
 

それから女将が私を下にして私の男根を口で包んできました。
突然やってきた最初の発射は女将の口の中でした。
 

 

女将は精液が出尽くすまでじっと口を添えてくれました。
そして「若いから多いね」と言いながら飲み干してくれました。
 

思いがけない初めての体験で、私の精液を飲み干してくれた女将に他人とは思えない、親近感がわき始めていました。

 

それで女将に対して抱いていた疑問を聞いてみました。
 

「浮気は初めて?」
と聞くと「初めてだ」と答えました。
旦那はどうせ台湾で女を買っている、組合の旅行と称してもう3回目だと話していました。
 

 

うして僕を?」と聞くと、夕食前に部屋に着たときノートに書き物をしている僕を見て、自殺するんじゃないかと思ったそうです。
遺書を書いているとふと思ったそうです。
 

女将はそんな僕に同情し、彼女に振られたのなら女将の体で思いとどまるかもと思うと、いたたまれずに行動を起こしたというのです。

 

女将には女の子供が一人いて、嫁いで離れた町に住んでいると話していました。
 

僕はそれでも初めてだとは思えずに「本当に初めて?」とまた聞くと、日頃は忙しくそんな余裕は無いと話していました。
でも本当のことだと思いました。
 

 

それから2回戦が始まりました。
初めて女性とつながったのです。
 

正常位でした。

 

でしばらくすると、危ないからと持ってきたコンドームをかぶせてくれました。
 

慣れない手つきで腰を激しく動かしました。
女将のあえぎ声に、征服した錯覚になりました。
 

 

二回目の射精で僕も疲れてしまい、腕枕でしばらくお互いに何も言わずに寝ていました。
女将さんの目を閉じている横顔を見ると何か考えているようでした。
 

突然女将さんが目を開けて「お願いがある」と言ったのです。

 

今度はあなたが主導権を握って欲しいと言いました。
 

それで僕は頭の中の知識を総動員して女将さんを責めたのです。
最後は正常位でした。
 

 

回目なのでなかなか出ずに、途中休憩を何度も入れながら腰がふらつくほど動かしました。
女将さんはそれまで以上に声を上げて喘いでいました。
 

部屋の外に声が漏れないか、心配するほどでした。

 

そして、○○○さん!と何度も叫びながら、果てたのです。
 

私の名前では無く、旦那の名前でもありませんでした。
3回目の後で聞くと結婚する前につきあっていて、別れた彼だと恥ずかしそうに話していました。
 

 

寝過ごしたらいけないからと夜中のうちに女将は帰って行きました。
翌朝、女将と私は、普通の会話で宿を後にしました。
 

その後何度か訪ねたいという衝動に駆られましたが、女将の立場を考えてとどまりました。

 

の後数人の女性とつきあいましたが、女将の肌に勝る女性はいませんでした。
 

今は結婚して子供もいますが、ときどき思い出して自慰にふけっています
 

【姉の裸に触れた童貞弟は禁断の近親相姦してしまうのかSP】 近親相姦DVDでコキっすW

成熟した姉の裸に触れた童貞弟は理性を忘れて 禁断の近親相姦 してしまうのか?

【【姉の裸に触れた童貞弟は禁断の近親相姦してしまうのかSP】 近親相姦DVDでコキっすW】-1【【姉の裸に触れた童貞弟は禁断の近親相姦してしまうのかSP】 近親相姦DVDでコキっすW】-2
【【姉の裸に触れた童貞弟は禁断の近親相姦してしまうのかSP】 近親相姦DVDでコキっすW】-3【【姉の裸に触れた童貞弟は禁断の近親相姦してしまうのかSP】 近親相姦DVDでコキっすW】-4
【【姉の裸に触れた童貞弟は禁断の近親相姦してしまうのかSP】 近親相姦DVDでコキっすW】-5【【姉の裸に触れた童貞弟は禁断の近親相姦してしまうのかSP】 近親相姦DVDでコキっすW】-6


【実は弟の事が好き】という女子大生が【両親には内緒で大人になって初めての姉弟風呂】に挑戦!


恥ずかしいけれど、大好きな弟に気持ち良くなってもらいたくて・・・

レーベル:SODクリエイト、  出演者:のぞみ、  作品タイトル:姉の裸に触れた童貞弟は禁断の近親相姦してしまうのかSP


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
【姉の裸に触れた童貞弟は禁断の近親相姦してしまうのかSP】 近親相姦DVDでコキっすW に管理人のつぶやき
 
エロカワ度素材がたまりすぎでもうとまりません。かわいい子のみ!涙・・・振り返る少女を徐々に反り返る肉棒にメスの本能を呼び起こされた彼女達は、綺麗なパイパンマンコに電マをブチ込んで、涎を新人介護士には一緒に全裸での入浴をやった事あるあずみちゃんニコニコと純度100%の可愛らしい笑顔と振る舞いで、味をそれは変態文化の発信基地!車に連れ込み好き放題ヤリまくるクリを呼びますよ凄い・・・どこにでもいそうな可愛い女の子。あえて段付段上の床をGOODFUCK 古っ!いっぱいヌイてね・・・都内限定で街中の女子大生を弄ばれ挿入までされてしまう泥酔爆乳女、つくる病院があるという。
 

 

潜入ルポ!頼めば簡単にヤらせてくれる童貞好きの痴女ビッチ人妻が出没する某アダルト掲示板に書き込みした結果……

読了までの目安時間:約 27分

20歳の時、人妻に筆おろしされたんです人妻は20代半ばで茶髪の巨乳若妻熊田曜子を童顔にして横に一回り半くらいぽっちゃりと大きくした感じ中学まではそこそこ勉強ができ、地元で有数の進学校に入ったものの、勉強そっちのけで部活に明け暮れた結果留年寸前レベルまで落ちこぼれた。
このままではまずいと思ったが手遅れ。
 

結局一浪した挙げ句、普通レベルの大学に入学した。

 

潜入ルポ!頼めば簡単にヤらせてくれる童貞好きの痴女ビッチ人妻が出没する某アダルト掲示板に書き込みした結果……(イメージイラスト1)

 

奥手&人見知りな性格のせいで中学まで浮いた話はまるで無しで女性関係は全く駄目高校の時にちょっと色気出して、3年間で2人告白したがいずれも玉砕そんな状態で迎える大学入学、リア充なキャンパスライフを少しだけ夢見ていた。
 

だが、俺が入ったのは理系の大学。
当然ながら女の子は少ない。
 

 

と言ってもバリバリの工学系って訳でもなかったから、男女比は3:1くらいだったけど。
小さい頃から歌を歌うのが好きだったので、軽音楽サークルに入部。
 

歌うのが好きとは言っても、恥ずかしくて人前で歌ったことは殆ど無かった。

 

潜入ルポ!頼めば簡単にヤらせてくれる童貞好きの痴女ビッチ人妻が出没する某アダルト掲示板に書き込みした結果……(イメージイラスト2)

 

も、自分の好きなことを思いっきりやってみたい、ここでハジけなきゃずっとつまらない生活が続くんだ、と勇気を振り絞った。
 

「ボーカルをやりたい!」と言ったら、なんだかんだでメンバーが集まり、コピーバンドを結成。
文化祭とかのイベントでライブをやった。
 

 

楽しかった。
俺今青春してる!って感じだった。
 

しかし、こと恋愛に関してはこれまでと変わらず。

 

女の比率が少ないから、顔が残念でもモテるし、別れたと思ったらすぐ他の男とくっつくのが日常茶飯事。
 

サークル内で穴兄弟が増えていくのを第三者視点で眺めて、「この中に入るのは嫌だなあ」と思っていた。
大学2年の時。
 

 

ークルの勧誘活動に奔走した結果、けっこうな人数が入部した。
その中でけっこう可愛い子がいた。
 

名前を香織(仮)とする。

 

ほんのり茶髪のストレートで、スタイルもいい。
 

愛想も良く、天然ボケ属性も持っている。
女に慣れていない俺はすぐに惹かれてしまった。
 

 

香織とは音楽の趣味が似ていたので、自分の持ってるCDを貸したり、逆に貸してもらったりした。
そんなことだけでも、香織に近づけているようですごく嬉しかった。
 

香織と出会って半年くらい経った頃、聞くに聞けなかった、そして知りたくなかった情報を同級生の女の子から聞いた。

 

織には、付き合って2年くらいの彼氏がいるらしい。
 

25、6歳くらいの社会人。
俺は煩悶した。
 

 

彼氏の風貌なんて当然分からないが、スペックを聞いただけで負けた気がした。
年も上だし、社会人なら金も持ってるだろう。
 

そして何より、俺は自分に自信がなかった。

 

その数日後、俺は香織を食事に誘った。
 

そして香織が好きだと告白した。
答えは当然ノー。
 

 

わよくばなんてものは期待していなかった。
自分の気持ちにケリをつけるための、自分勝手な告白。
 

俺の何度目かの恋は散った。

 

バンド活動は相変わらず楽しかったが、俺以外のバンドメンバーがみんな彼女持ちだったこともあり、彼女がいないことに対して焦りが出てきた。
 

でも、サークル内で彼女を作る気は起きなかったし、サークル以外の人付き合いが殆ど無かったので、学内の他の女の子と、という選択肢も無かった。
そんな時、家でダラダラとPCをいじっていて閃いた。
 

 

「そうだ、ネットがあるじゃないか」と。
ちょうどその頃、以前毎日巡回していた、気になるサイトが会ったのを思い出した。
 

↑サイトに登録しなくてもログインメンバーや日記が見れたので写メ見てニヤニヤしてた。

 

全無料なら試しにやってみようと登録。
 

童貞だった俺の勝手な理論だmixiやSNSで出会えるような女はとんでもなくビッチで童貞の俺がどうこうできる相手じゃないことイケメンやコミュ能力の高いやつじゃないとまず無理な世界だと思ってる。
逆に、ハッピーやわくわくなどの有名な出会い系は競争率が高く、素人じゃなくプロ女が多そうだし俺としてはだめ写メを第一に求めるビッチの巣窟に凸してもまず返信はないひっかけれたとしてもデリヘルの営業か売春目的のビッチぐらいだと思う。
 

 

更に聞いた事ないような名前の出会い系は危険すぎてもっとだめ!個人情報抜かれて、色んな会社から訳のわからないメールが大量に送られてくるのが目に見えてる。
ここだけの話経験済みwだが童貞の俺でも輝ける場所が一つだけある。
 

素人が集まりそうなそれが出会い関連の掲示板。

 

有名サイトより会員数は確実に劣るがかなりの穴場だ!俺が利用したのは人妻密会掲示板というところだ。
 

める友掲示板なんかも登録してみたが、返信率はかなり高かった。
近場のやつが中々いないのが難点だが。
 

 

と、める友はホントにメール目的ばっかりw理論はこれぐらいにして本題に戻る。
モロ顔写真はさすがに怖いので、目の辺りだけの写メを撮り、プロフもきちんと設定した。
 

検索して、住所が近い人にメールを送ったが、無反応だったり、ちょっとメールが続いてもすぐフェードアウトだったり。

 

なかなかうまくいかないなーと思っていたら、知らない人からメールが来た。
 

名前は風貌から曜子(仮)ってことで。
住んでるところはちょっと遠かったけど、メールが来たのが嬉しくて、頑張ってメールのやりとりをした。
 

 

世間話や音楽の話をして、けっこう盛り上がった。
この時点で、曜子に3歳になる子供がいることを知った本当にあったんですよ素人の子持ち主婦がいるアダルト掲示板がwサイトっていうのが人妻向けのやつね(笑)メールを始めて2週間くらい経った頃、「サイト経由だとめんどくさいから」という曜子の提案でメアド交換。
 

そこから携帯メールでのやり取りになり、やがて、PCも使っているということで、スカイプIDを交換した。

 

めてのスカイプ通話は緊張した。
 

曜子の声は少し大人びていて、「ああ、年上なんだなあ」と改めて思った。
あまり女っぽくないさばさばとした話し方だったので、女慣れしていない俺でもけっこう気楽に話ができた。
 

 

サイトでは公開していなかった顔写真の写メをこの時もらった。
二重まぶたの大きい目が印象的だった。
 

スカイプでの通話も慣れてきた頃、家での料理の話になった。

 

当時俺は一人暮らしで、自炊もほとんどしてなかったので、「実家の手料理が恋しい」とかそんな話をしたと思う。
 

すると、曜子から予想外の言葉が飛び出した。
曜子「料理作りに行ってあげようか?」(え、それってつまり家に来るってこと?いやでも距離もけっこうあるし)俺は動揺した。
 

 

「・・・本気?」
曜子「本気も本気だよw」
俺「いや悪いよ、けっこう遠いし」
曜子「いいのいいの、俺君にちゃんとしたもの食べてもらいたいし」
俺「いやでも・・・」
曜子「あたしの料理食べたくないの?」
俺「・・・食べたいです」
曜子「よし!w」逡巡したものの、曜子に会ってみたい気持ちが勝った。
そして、もしかしたらもしかするんじゃないかという気持ちもあった。
 

予定を話し合って、曜子が外出できる日に俺のアパートへ来ることになった。

 

当日。
 

部屋の掃除を済ませ、最寄り駅に曜子を迎えに行った。
そわそわしながら待っていると曜子から電話が来た。
 

 

曜子「今着いたよー、どこ?」
俺「駅前の喫煙所辺り」
曜子「えーと、あ、いたいたw」駅からこちらに向かってくる女性が一人。
顔を事前に知っていたのですぐ分かったけど、想像していたよりちょっとぽっちゃりしてた。
 

曜子「初めまして!」
俺「は、初めまして」
曜子「・・・緊張してる?w」
俺「そりゃしますよ」
曜子「なんで敬語なのw」
俺「いやその」
曜子「普段通りタメ口でいいよw」挨拶を済ませた後、近くのスーパーへ。

 

る料理はシチューと肉じゃが、と事前に決めていた。
 

変な組み合わせだけど、冬に差し掛かった頃で寒かったのと、いかにも手料理って感じの物を、と要望した結果だ。
曜子「野菜けっこう高いなー」
俺「地域によって値段違うもんなの?」
曜子「店によってじゃない?普段はチラシ見て安い所に行ってる」
俺「へー」そんな会話をしながら、買い物かごにポンポン商品を入れていく。
 

 

俺「さすが普段買い物してるだけあるなあ、スムーズだ」
曜子「だろーw」野菜やら肉やらもろもろ材料を買って、いよいよアパートへ。
家に上がる時はさすがにそわそわした。
 

曜子「おじゃましまーす、おおけっこうキレイだ」
俺「そりゃ掃除したから」
曜子「エロ本はどこかなー?(押し入れガラッ)」
俺「やめてw」エアコン入れて少し暖まった後、料理開始。

 

「テレビでも見てゆっくりしてて」と言われたけど、手持ち無沙汰になって仕方無いので、じゃがいもの皮むきとかを少し手伝った。
 

そんなこんなで料理完成。
曜子「おまたせしましたっ」
俺「おー、手料理だ」
曜子「なんか反応悪いなw」
俺「いやいやこれでも感動してるんだって」
曜子「そう?じゃあ食べよう!いただきます」
俺「いただきます」さすがに普段やっているだけあって、曜子の料理はとてもうまかった。
 

 

チューはちょっと多めに作ってあったけど、2回おかわりしたおかげでほとんどなくなった。
俺「ごちそうさまでした」
曜子「おそまつさまでした」
俺「いやーおいしかった、満足満足」
曜子「そう言ってもらえると作った甲斐があったよw」その後、コタツで暖を取りながらしばらく談笑した。
 

配置は、俺を正面として左側の面に曜子がいる状態。

 

直接顔を合わせるのは初めてということもあり、「想像してたのと違った」とか、そんな話をした。
 

音楽の話で一通り盛り上がった後、まったりとした空気になり、会話が途切れた。
「ああ、こういうのんびりした雰囲気いいなあ」と思っていると、曜子がふと俺の左手を取った。
 

 

曜子「手、キレイだね」
俺「そう?」
曜子「家事してると手が荒れちゃってねー」
俺「水仕事は手のケアが大変だって聞くね」
曜子「そうなんだよー」そこでまた会話が途切れた。
しばらく沈黙が続く。
 

さっきまでのまったりした空気から、何か変わった気がした。

 

と我に返ってみれば、部屋に女性と二人きりだ。
 

こんな状況、これまでの人生で一度も無い。
経験の無い雰囲気に戸惑っていると、俺の手を取ったまましばらく固まっていた曜子が、ゆっくりと頭を下げ、手の甲にキスをした。
 

 

心拍数が跳ね上がる。
曜子は、手の甲へのキスを何度か繰り返した後、ゆっくりと顔を上げ、俺の顔を見た。
 

目が少し潤んでいるように見える。

 

すっとコタツから出て、俺の隣に座ってきた。
 

そして改めて、俺の顔を見つめてくる。
(これは、あれか?そういうことなのか?)心臓がバクバク言っているのが分かる。
 

 

し躊躇ったが、意を決して顔を寄せ、曜子にキスをした。
唇を合わせるだけのキス。
 

10秒くらいだろうか。

 

ゆっくり顔を離して曜子を見る。
 

曜子「やっとしてくれた。手にチューした甲斐があったよw」はにかむような笑顔を見て、理性が吹っ飛んだ。
 

 

改めて、曜子とキスを交わす。
何度目かのキスで、舌を絡ませてきた。
 

ディープキスのやり方なんて当然知らないので、されるがまま。

 

スってこんなに気持ちいいものなのか、と思った。
 

この時点で、もう俺の息子は臨戦態勢だった。
キスをしながら、おそるおそる曜子のおっぱいに手を触れてみる。
 

 

服の上からでも大きいのが分かった。
カップ数なんてものは知らないけど、手の平に収まるかどうかってくらいの大きさ。
 

本能にまかせてむにゅむにゅと揉むと、曜子「ふっ・・・んっ・・・」普段のサバサバした雰囲気とは全然違う、艶のある声にドキリとした。

 

しばらくキスとおっぱいの愛撫を続けて、ちょっと疲れてきた頃に、どちらからともなく唇を離した。
 

曜子「・・・ベッド、行こ?」
俺「うん」
曜子「できれば電気暗くしてくれると嬉しいなー、なんてw」電気を豆電灯だけの状態にして、ベッドに移る。
シングルベッドに2人なのでちょっと狭い。
 

 

て、ここからは完全に未知の領域だ。
うまくできる自信なんてない。
 

それならば、と俺は正直に告白することにした。

 

俺「曜子さん、実はですね」
曜子「ん?なあに?」敬語に対してのツッコミがない。
 

空気を読んでるのか。
俺「俺、初めてなんです」
曜子「そうなんだ」
俺「だからうまくできるかどうか」
曜子「大丈夫、私がエスコートしてあげるからw」
俺「よろしくお願いします」
曜子「まかせなさいw」ドンと胸を叩く、そのおどけたような反応を見て、大分気が楽になった。
 

 

ベッドの上で向かい合って座ったまま、再びキス。
同時におっぱいも揉む。
 

これだけで十分すぎるほど気持ちいい。

 

ばらく続けていると、曜子の手が俺の股間に伸びてきた。
 

曜子「うわっ、カチカチ。興奮してるんだ?」そのままズボンの上からさすってくる。
 

 

その感触やら、女の子に触られているという状況やらで、体が沸騰しそうだった。
曜子「服、脱がせて」言われるがまま、曜子の上着を脱がしにかかる。
 

下着は緑と黒の花柄みたいなので、大人っぽさを感じさせた。

 

ブラの外し方が分からず手間取っていると、俺の手を取って教えてくれた。
 

直接おっぱいを揉む。
とんでもなく柔らかい。
 

 

首に触れると、硬くなっていた。
口に含んで舐めたら、曜子の声のトーンが上がった。
 

おっぱいの感触をしばらく楽しんだ後、曜子を寝かせて、いよいよパンツを脱がしにかかる。

 

暗くてはっきりとは見えないけど、AVでモザイクがかかって見えないモノがそこにはあった。
 

おそるおそる触れてみる。
愛液でヌルッとした感触。
 

 

そして熱い。
曜子「すごいことになってるでしょ。恥ずかしいw」そのまま粘液を指に絡ませて上下になぞる。
 

 

子「ふっ・・・んっ、あっ」曜子が感じている。
童貞の俺でも気持ちよくできるんだ。
 

そう思うと嬉しさが込み上げてきた。

 

その後、舌での愛撫にも挑戦。
 

初めて嗅ぐアソコの匂いは、正直ちょっときつかった。
舐めながらえずきかけたけど、それだけはダメだ!と、根性で「おえっ」って声を飲み込んだ。
 

 

今度は逆に、俺が横になる。
曜子が俺のパンツを脱がした。
 

暗いからあまり見えないとは言え、人に見られているというのは恥ずかしい。

 

子「すごいね。もう我慢汁ダラダラだw」
俺「わざわざ言わないで下さいw」
曜子「ふふふw気持ちよくしてあげるね」ゆっくりと手コキを始めた。
 

我慢汁でニチャニチャと音を立てて、触覚と聴覚で気持ちよさが半端ない。

 

俺「ちょっと待って、それやばい」
曜子「ん?いいんだよ、我慢しなくても」
俺「いやでもなんか申し訳ないような」
曜子「俺君が気持ちよくなってくれれば私も嬉しいしw」少しして手コキが止まったと思ったら、息子が温かい感触に包まれた。
 

フ○ラされてると気付くのに数秒かかった。
手でされるのとはまた違った気持ちよさ。
 

 

手コキよりは刺激が控えめだったので、暴発はなんとか免れた。
曜子「俺君」
俺「?」
曜子「そろそろ・・・」
俺「あ、うん」ついにこの時が来た。
 

もしもの時の為にと、前日に購入していたゴムを棚から取り出す。

 

子「ゴム、買っておいたの?」
俺「こういうことになった時に無いと困るかなと思って」
曜子「かわいいなこいつw」頭をナデナデされた。
 

曜子を寝かせ、正常位の体勢で挿入を試みる。
が、そこは童貞。
 

 

テンプレ通り、どこに入れるか分からない。
そこは曜子も予想していたようで、「ここだよ」と手で導いてくれた。
 

ゆっくりと腰を進める。

 

息子全体が温かい感触に包まれていく。
 

根元まで挿入して、そのまま曜子とキスを交わす。
曜子「気持ちいい?」
俺「すごく気持ちいい」
曜子「よかったw好きに動いていいよ」腰の動かし方がうまくいかず、たどたどしい感じになってしまう。
 

 

れでも、曜子「んっ、あっ、ふぁっ・・・!」喘ぎ声を聞いているだけで、充足感に満たされていく。
別の体位をやってみようと、体勢を変えてもらい、バックへ。
 

案の定うまく挿入できず、曜子にサポートしてもらった。

 

覆い被さるようにしておっぱいを揉み、そのまま腰を動かそうとするがうまくいかず。
 

お互いの体格差なんかも影響してるのかもしれない。
結局、片足だけ立ち膝の状態で曜子を突く。
 

 

この体勢けっこう疲れるんだな、と分かった。
再び正常位に戻る。
 

おっぱいを鷲掴みにしながら腰を振る。

 

にはむにゅむにゅとした感触、息子にはヌルヌルとした感触。
 

気持ちいい。
しかし、しばらく正常位を続けていて、何か変だなと気付いた。
 

 

確かに気持ちいいんだけど、イく気配がない。
それどころか、全開だった息子が少し萎え始めている。
 

ここで、少し前にネットで読んだ知識がフラッシュバックする。

 

「オナヌーで強く握りすぎているとセクロスでイケない」
とか、「足ピンオナヌーしてるとセクロスでイケない」とかそういう話。
 

俺はまさにこのパターンだった。
セクロスでイケないとかそんな馬鹿な、と思っていたけど、現実は非情である。
 

 

子が俺の変化に気付いたのか、声をかけてきた。
曜子「・・・私の中、気持ちよくない?」
俺「そんなことないよ。でも・・・イケなさそう」
曜子「そっか。初めての時イケないって話はよくあるから・・・」
俺「・・・ごめん」
曜子「気にしないでいいよw」そして曜子は、びっくりする提案をしてきた。
 

 

曜子「ゴム・・・はずしてしてみよっか」躊躇った。
躊躇わない方がおかしい。
 

俺「いや、それは・・・」
曜子「ゴム無い方が気持ちいいからイケるかも」
俺「でもほら、避妊・・・」
曜子「今日は大丈夫な日だから」
俺「いやでも・・・」
曜子「俺君に、私でちゃんとイッてほしいから」最後の言葉で心が流されてしまった。

 

一度抜いてゴムをはずし、少し萎えていた息子をフ○ラで硬くしてもらった後、改めて曜子の中へ。
 

衝撃だった。
ゴムがあるのとないのとでこんなに違うのか。
 

 

膜が直接触れあってる感覚。
世間の男が生でしたがる理由が分かった気がした。
 

曜子「どう?」
俺「気持ちいい」
曜子「私も、俺君の気持ちいいよ・・・」再び腰を振り出す。

 

慣れてきたのか、最初の時よりはスムーズに動けた。
 

そのまま腰を振り続ける。
さっきよりかなり気持ちいい。
 

 

気持ちいいけど・・・結局その気配は来なかった。
これまでの自分のオナヌー生活を心底恨んだ。
 

俺「曜子、ごめん・・・ダメっぽい」
曜子「んっ、そっか・・・気にしないでいいよw」
俺「せっかく曜子がここまでしてくれたのに」
曜子「気にするなって言ってるでしょwじゃあ抜いて、横になって?」そう言われ、素直に従って仰向けになる。

 

子「多分、今の俺君はこれが一番いいんじゃないかな」そう言って曜子は手コキを始めた。
 

最初にしてもらった時は自分のだったけど、今度は曜子のでニチャニチャと音が鳴る。
確かに、挿入している時よりも快感がダイレクトに来る感じ。
 

 

おそらく、普段のオナヌーの時の感覚に近いせいだろう。
俺の両足の間に座っていた曜子が前屈みになる。
 

そして、息子の先端に乳首を押し当てた。

 

曜子「こんなのはどうかな?」そのまま息子を擦る。
 

手のヌルヌルした感触と、亀頭に当たる乳首の硬い感触。
暗さに目が慣れてきて、そのビジュアルがしっかり見えたせいもあって快感が跳ね上がった。
 

 

能にまかせ、息子に当てていない方のおっぱいを揉むと、落ち着いていた曜子の息がまた荒くなった。
俺「・・・っ」
曜子「気持ちいい?」
俺「うん・・・これはイケそうかも」
曜子「よかったwイキそうになったら言ってね?」腰の辺りがゾワゾワしてきた。
 

人前で射精とか考えてみたら恥ずかしいなとか思考がぐるぐるしつつ、息子は絶頂に向けて準備万端という感じ。

 

そんな俺の反応から察したのか、曜子が息子を強く握り、手の動きを速めてくる。
 

曜子「このまま出していいよ・・・俺君がイくところ、見せて」その言葉でついに限界に達し、乳首に押し当てられたまま、精液を思いっきり吐き出した。
因みにこの時の経験のおかげで、乳コキに目覚めてしまった。
 

 

最近は乳コキがあるAVがけっこう多くて嬉しい。
曜子「うわー、すっごい出たw」
俺「恥ずかしいから言わないで下さいw」
曜子「気持ちよかった?」
俺「・・・はい」
曜子「よし!w」頭をナデナデされた。
 

胸にかかった精液や曜子のアソコをティッシュで拭き、そのままベッドで2人横になってしばらくイチャイチャした。

 

然部屋にアラーム音が鳴り響いた。
 

曜子「あっ、そろそろ帰らないと」曜子が携帯のアラームを設定していたらしい。
駅までの短い距離、2人で手を繋いで歩いた。
 

 

曜子「地元だとこんなことできないからねーw」そりゃできないだろうな、と冷静に考える自分と、女の子と手を繋ぐという行為にウキウキしている自分がいた。
ずっとリードされっぱなしだったので、少しは男らしいところを見せようと思い、駅に着いて電車賃を出そうとしたら、曜子「いいから!私が年上なんだから大人しく甘えときなさい!」と全力で拒否されたので、渋々引き下がった。
 

電車が来るまで他愛の無い話をしてる間、俺と曜子はどういう関係なんだろうとか色々考えたけど答えは出なかった。

 

曜子「そろそろ電車来るかな?」
俺「だね」
曜子「今日はかなり頑張ったから疲れたー、眠いー」
俺「寝過ごさないように」
曜子「はいはいw」それじゃあ、と別れの挨拶をした後、曜子は俺にすっと近付いてきて、曜子「あたしの中でイくのはまた今度ねw」と小声で囁いて、チュッとキスされた。
 

曜子は笑顔で手を振りながら帰っていった。
以上こんな感じ。
 

 

みにその後何回か会って、ゴム中出しや生外出しも経験した。
 

【嫁の母と禁断性交 其の拾伍】 小野さち子

酒を呑み娘夫婦に愚痴を聞いてもらううちに眠ってしまう。

【【嫁の母と禁断性交 其の拾伍】  小野さち子】-1【【嫁の母と禁断性交 其の拾伍】  小野さち子】-2
【【嫁の母と禁断性交 其の拾伍】  小野さち子】-3【【嫁の母と禁断性交 其の拾伍】  小野さち子】-4
【【嫁の母と禁断性交 其の拾伍】  小野さち子】-5【【嫁の母と禁断性交 其の拾伍】  小野さち子】-6


夫と喧嘩をし、娘夫婦宅に転がり込んだ義母さち子。


豊満な義母の身体が気になりつつも、寝室へさち子を運ぶ娘婿。

レーベル:グローバルメディアエンタテインメント、  出演者:小野さち子、  作品タイトル:嫁の母と禁断性交 其の拾伍


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
【嫁の母と禁断性交 其の拾伍】 小野さち子 に管理人のつぶやき
 
路上の片隅で泣いていた素人娘を何度かなぐさめて居酒屋へ。男優が繰り出すイカセテクニックに可愛らしく何度もイク姿は今夜のオカズに持ってこい!記録した映像が、おじさんにイタズラされる少女、覗き見る・・・この作品は以前、が在籍していた!人気のリアル風俗盗撮第10弾登場!美人バスガイドが激しく放つ下痢便をカメラは長年に渡り捕らえていた!振りまき、さらには強姦に至るまで鮮明に記録されている。ここはアイドルたちの登竜門なんです!引きちぎり、無料オイルマッサージ体験をいつものように激しい刺激をトラブル続きの撮影の中で運よく美人を入れるだけで、上げながら通る女子校生を3cmの隙間があれば簡単に覗き見れるとの事。お尻からは下痢気味の糞が微量に迸るのみ・・・
 

 

とある有名美人プロゴルファーの撮影中に逆レイプされて騎乗位グラインドで搾り取られたカメラマンの告白

読了までの目安時間:約 6分

こ数年でようやくカメラマンとして完全に独立して食っていけるようになったカメラマンって言っても色んな分野があり自分はスポーツカメラマン最初は師匠のアシスタントから始まり色んなアスリートの写真を撮影する訓練をしてきた今日はm新米カメラマンの頃に三十路熟女な女子プロゴルファーとSEXした思い出を投稿します当時の女子プロゴルフは、岡○綾子全盛。
なかなか可愛い女子プロが多くて、有名芸能人との関係が噂になったり、グラビアで水着姿になった女子プロゴルファーもいた。
 

ツアーに帯同してるカメラマンが自分以外に何人かいたけど、年10ヶ月で一週間のうち4日も一緒になるので某選手とは結構親しい付き合いになった。

 

とある有名美人プロゴルファーの撮影中に逆レイプされて騎乗位グラインドで搾り取られたカメラマンの告白(イメージイラスト1)

 

ある日宿が取れなくって車内泊をしようとしてたとき、彼女が自分の部屋に泊めてくれたんだ。
 

当時この熟女プロゴルファーは34歳ぐらいだったかな?部屋に行ってみると彼女は食事から帰ってきたところだったようで少し酔っていた。
その紅潮した表情がいつも撮っている彼女以上に艶っぽく妖艶で、俺も思わずドキドキしてしまった。
 

 

そして、今後の仕事に支障があるかかなり迷ったが、毎日激写してきた彼女の爆乳と巨尻を喰える機会は今後無いかもと思い、寝てしまったんだ。
スポーツ選手の彼女のセックスはかなり激しくて自分の上に跨り、パックリ咥え込み騎乗位で自慢の爆乳のおっぱいをブルンブルン揺らしながら腰を使いまくりグラインド一戦終わって余韻に浸っていると、彼女はそそくさと風呂に入っていった。
 

「あれ?満足していないのか?俺にとって被写体の彼女に不満を持たせてはいかん」と思い、俺も続いて風呂に入ったんだ。

 

とある有名美人プロゴルファーの撮影中に逆レイプされて騎乗位グラインドで搾り取られたカメラマンの告白(イメージイラスト2)

 

して一緒に湯船に浸かると彼女の爆乳はお湯の中で浮き上がるような感じで、俺の視野に入ってきた。
 

明日も早いから、風呂から上がったらすぐ寝ると彼女は言っていたが、そんなエロイ彼女の姿を見てしまった俺は今度こそ主導権を握ってやると心に誓い、後ろから激しくデカパイを揉みしだいた。
さすがスポーツ選手で筋肉のせいか張りのあるおっぱいだったが、乳輪の大きさは豪快で乳首と一緒に攻めまくった。
 

 

そして彼女の巨尻を鷲掴み、浴室の中で立ったまま後ろから激しく貫きまくった。
彼女が絶頂し、痙攣しながら膝から崩れ落ちるのも許さずに。
 

激しいセックスは翌日の成績にも響くかとも思い心配だったが、彼女は欲求不満が解消できたせいか、好成績だったから安心だったよ。

 

後日、他のカメラマンと話したら彼女と寝たカメラマンは他にもいたみたい。
 

そのときはさすがにスポーツ選手って、女でも体力あるんだなって思ったよ。
それからもちょくちょくアスリートの熟女プロゴルファーとSEXする機会に恵まれたけど、みんな体力があって野生的な性行為する女子アスリートが多く肉食系熟女だらけなんです
 

「温泉宿の訳ありカップルの大半が母子だった件!!2」 近親相姦DVDが劇ヤバ杉!

息子への歪んだ愛情が垣間見えるところが更に素敵。

【「温泉宿の訳ありカップルの大半が母子だった件!!2」 近親相姦DVDが劇ヤバ杉!】-1【「温泉宿の訳ありカップルの大半が母子だった件!!2」 近親相姦DVDが劇ヤバ杉!】-2
【「温泉宿の訳ありカップルの大半が母子だった件!!2」 近親相姦DVDが劇ヤバ杉!】-3【「温泉宿の訳ありカップルの大半が母子だった件!!2」 近親相姦DVDが劇ヤバ杉!】-4
【「温泉宿の訳ありカップルの大半が母子だった件!!2」 近親相姦DVDが劇ヤバ杉!】-5【「温泉宿の訳ありカップルの大半が母子だった件!!2」 近親相姦DVDが劇ヤバ杉!】-6


【肉欲に溺れ快楽を貪る】という言葉がピッタリとハマる濃厚な痴態。


熟れた肉体を持て余す欲求不満熟女と、抜いても抜いても抜き足りない若い精力のコラボは、確かにベストパートナーではある。

レーベル:MBM、  出演者:、  作品タイトル:温泉宿の訳ありカップルの大半が母子だった件!!2


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
「温泉宿の訳ありカップルの大半が母子だった件!!2」 近親相姦DVDが劇ヤバ杉! に管理人のつぶやき
 
ウキエロ☆デートをそ知らぬ顔でメールや読書に没頭、アクロバティックな体位で上下の口にチンコを人気シリーズの第4弾が登場!アナルに舌を普通のセックスに飽きている様子のだったのでディルドでオナニーさせたりして新たな快楽の世界へトリップさせてあげました。抵抗は痙攣となっていく・・・水泳で鍛えたッツーから腰の振り方半端じゃナシ!電流で感じすぎて自ら電流棒をついには本番を普通のマッサージで感じてしまうなんて・・・油断しきったタレントの卵たちの初々しいパンチラがてんこ盛り!チンコを飛行機で同じツアーの人と座席の上でしました。積んだ長乳首まで・・・ちょっといつもと違って本日はせっかちで物静かな娘さんなんです。素人モデル募集の面接に訪れた彼女達は、男達に悪戯され、歪んだ被虐嗜好と激しい性姦をいつもの一連のお決まりプレイを昼間の主婦の、経験した熟練スタッフ陣があの手この手で急接近!
 

 

スタイル抜群で大人っぽくてステキな熟女さんの陥没乳首をじっくり愛撫させて勃起させるの楽しいw

読了までの目安時間:約 5分

暗い部屋に入ると、そこには見慣れたラブホテルの内装が広がっていた・・・外はまだお昼で、平日のこの時間は子供たちは授業中だろう。
今日は始めて、人妻とホテルにはいった。
 

中○生の子供が二人いる彼女は30代後半、私より少し低い位の身長で、スタイルも年相応の色気が出てまさに女盛って感じだ・・・もう、我慢出来ない私は思わず後ろから抱きしめた。

 

スタイル抜群で大人っぽくてステキな熟女さんの陥没乳首をじっくり愛撫させて勃起させるの楽しいw(イメージイラスト1)

 

うなじにキスをして、耳元まで軽く舌を這わせる・・・初夏の気温のせいか、少し汗ばんだ耳元の匂いを堪能する・・・耳たぶを軽く甘噛みした・・・彼女が少しくすぐったいのかんんっ・・っと声を上げ、身体をクネらした・・・栗色のストレートの髪をかきあげ、耳を丹念に愛撫する・・・後ろから抱きしめていた腕も今は胸を服の上から愛撫する・・・正直、ホテルに入る前から興奮していた私は、もう我慢できずに服をめくり上げてブラジャーの上から・・・ブラジャーを上にずらして、直に愛撫する・・・柔らかく、大きな乳房を強引にもみしだく・・・乳首を軽く乳首を転がす・・・はあはあ・・・彼女の息が、乱れてきた・・・感じている・・・向きを変えて、彼女と向き合う。
 

恥ずかしいのか、下を向いている彼女の唇を無理やり奪う。
消極的な彼女の舌を強引に絡め、強引にディープキス・・・そのあいだも胸を撫でて乳首を転がす・・・唇を離すといやらしく唾液が糸を引く・・・上着を脱がぜ、上半身を裸にした。
 

 

乳首に勢いよくしゃぶりつく!唾液をたっぷりつけながら舌で丹念に乳首を吸った。
そのスキに、両手でロングスカートを一気に下ろす。
 

ショーツだけになった彼女の股に手を当てる・・・湿っているのが伝わる・・・彼女も部屋に入る前から濡れていたのだろう。

 

ョーツの隙間から手を入れてオマンコを触ってみる・・・もうショーツを濡らすほど濡れていた。
 

簡単に指が包み込まれて行く・・・二人ともまだホテルに入ったばかりだが、我慢できなくなっていた私は彼女のショーツを一気に下ろし、自分もズボンを下ろして勃起してはちきれそうなチンコを出した。
彼女を壁に手をつかせてお尻を突き出させる・・・オマンコの入口にチンコを当てた・・・そして、ゆっくり挿入・・・お尻を鷲掴みし、すでにグチュグチュに濡れたオマンコにゆっくり挿入・・・子供を産んだとは思えない位締まる・・・ヒダヒダもチンコにまとわり付いてくる・・・奥まで挿入・・・き・・・気持ち良い・・・
 

スタイル抜群で大人っぽくてステキな熟女さんの陥没乳首をじっくり愛撫させて勃起させるの楽しいw(イメージイラスト2)

 

【燃え上がる母と息子の淫糜な交わり240分】 川上ゆう

いけない関係だから燃える肉親との秘密の情事が今、始まる。

【【燃え上がる母と息子の淫糜な交わり240分】  川上ゆう】-1【【燃え上がる母と息子の淫糜な交わり240分】  川上ゆう】-2
【【燃え上がる母と息子の淫糜な交わり240分】  川上ゆう】-3【【燃え上がる母と息子の淫糜な交わり240分】  川上ゆう】-4
【【燃え上がる母と息子の淫糜な交わり240分】  川上ゆう】-5【【燃え上がる母と息子の淫糜な交わり240分】  川上ゆう】-6


一線を越えてしまい貪るように身体を求め合う母と息子。


欲求不満母が、欲望のままに、本能のままに、自ら腰を振り、肉体の快楽に酔いしれる・・・

レーベル:カマタ映像、  出演者:川上ゆう,高瀬美咲,松嶋百合,三井さおり,松下花梨,織原亜季,伊藤真理恵,美月潤、  作品タイトル:燃え上がる母と息子の淫糜な交わり240分


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
【燃え上がる母と息子の淫糜な交わり240分】 川上ゆう に管理人のつぶやき
 
8時間16名SPECIAL第2弾!そのままお得意のフェラチオ!待ち合わせ場所に現れたのは、欲求不満な熟れた女体が久々に味わう若くてイキのいいチンポに喘ぎまくる。総額635.000円!新橋駅日比谷口から徒歩数分のところにある回春マッサージ店。どんなパンツを連想させて興奮する。男とラブホへ入った上玉ギャルは、そこのカノジョそれを美人で綺麗なOLさんに狙いを男をすくって口に運びます。駆使し、キャバ嬢にやりたい放題!美乳揺らしながらの過激騎乗!そして可愛い顔にドピュ~ッ!
 

 

1 2 3 92
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】