告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

兄貴の代わりに義姉を満たしているのだが、いやらしい義姉は毎回締め付けて離さないww

読了までの目安時間:約 14分

兄貴の代わりに義姉を満たしているのだが、いやらしい義姉は毎回締め付けて離さないww【イメージ画像1】

 
は単身で転勤。
家には母親と俺より若い義姉と俺の三人住まい。
 

義姉と関係を持ち始めて2年。
 
の代わりに義姉のおまんこが干上がらないように、いつも潤わせてあげてる。
 

さっき母親が帰ってきたが、今日は朝から出かけてくれたおかげで、義姉とゆっくり時間を過ごせた。
相変わらず、チムポを咥え込んだら絞めつけ離さないおまんこ。
 

 

兄貴の代わりに義姉を満たしているのだが、いやらしい義姉は毎回締め付けて離さないww【イメージ画像2】

 
週の土日に兄貴が帰ってきて、義姉に中出ししてくれたおかげで、今日は何度も義姉の中にザー汁放出。
膣口にチムポが当たるたび声をあげ感じる義姉、髪振り乱して体震わせ果てる義姉。
 

チムポを挿入すると、チムポに伝わる義姉の膣壁のイボイボ感に膣中が蠢くようにチムポを絞めつけながら腰振られるもんだから、即放出。

姉のスペックは今日休みで、義姉に聞いたら159,84,59,83だそうだ。
 

朝から雨が降っているので、母親も何処にも行きそうにないし、今日は無駄な一日になりそうだ。
(悲家電量販店から今帰ってきた。義姉曰く冷蔵庫の下から少し水が漏れているとの事で、買い替えのため、母親と義姉と俺3人で見てきた。内心水が漏れてるのじゃなくて、義姉のマン汁が垂れてるのかと思った。義姉は28歳、Dカップ、似てるといえば紀子様と松下由希を足して2で割った感じかな、ほんの少しだけど。結局、冷蔵庫を買って7日に届けてもらうことになった。母親が居るとなかなか二人になれないので残念。兄が義姉を実家に連れてきた日から、俺は義姉の巨乳に目を奪われてた。兄が単身赴任以来、今まで以上に義姉と話しをするようになり、色々悩みを相談したりしてた。そんな時、母親が知り合いと温泉旅行へ出かけ三日間、義姉と二人で過ごすことになった。二日目、義姉にキスを迫ると、最初は抵抗していたが、あまりにしつこく迫ったからか嫌々ながらも義姉が受け入れてくれた。唇を重ねながら、憧れの巨乳を鷲掴み。俺の手を握り拒絶する義姉に無理やり抱きつき押し倒した。強引にキスしてから2ヶ月後、その日以来好きだということを伝えて何度かキスを重ねてた。母親が親戚の法事に泊まりがけで出かけた日、義姉が寝てる部屋に入ったら、最初戸惑ってたが部屋で色々話をして、猛烈アプローチが実って義姉のベッドで朝を迎えた。義姉を無理やり押し倒して抱きついた日は、さすがに拒絶されたので、それ以上することは無く、それ以上やって嫌われたくないこともあって、自分の気持ちだけ伝えて、大人しく自分の部屋で寝た。翌朝、義姉と顔をあわせて「昨日はゴメン」とだけ伝えると義姉は、「ううん、〇〇さんの気持ちうれしかったよ」と言われ、少しは気持ちが伝わったんだと内心ガッツポーズ!その晩仕事から帰ると、すでに母親が帰っていた。
「あれ?おかえり、明日じゃなかったっけ?」
「えっ?今日帰るって言ってなかったっけ?」
「いや。明日かと思って、」今晩、義姉と進展できるかと思ったのにと残念そうな顔をしていると、義姉がそれに気づいたのか俺の顔を見て微笑んでた。
母親は旅行の疲れからか、早めに就寝。意外にも義姉との時間が持つことが出来た。「さっきすごい顔してたね」
と義姉「ははは、ばれた?まさか今日帰ってくると思わなかったし、お義姉さんとゆっくり話しできるかと思ったのにと思ったら顔に出ちゃった」
「前から思ってたんだけど、私のほうが年下なのにお義姉さんって言われたら変な気分だから、二人のときは名前で呼んでほしいな」
「えっ?いいの?じゃぁ知恵ちゃんでいい?」
「うん、私も、とも君でいい?」
「いいよ」その日から、二人だけの秘密と言うか決め事が出来た。
片づけをする義姉を抱き寄せ唇を重ねた時には、拒むことなく滑り込ませた舌を絡ませてきた。それでも、さすがにそれ以上は拒絶。抱き合うと義姉の巨乳が胸に当たる。我慢できずに、右手をスカートの中に入れようとすると、すぐ離れて「もぉダメ、そんなことしたら、させてあげない」
「えっ~!キスだけ?」
「そう、それ以上したら言っちゃおうかなぁ」その時、義姉が完全小悪魔に見えた。
もしかして遊ばれてるのは俺?と思いながらも、まぁ焦ることないなと自分の寝室へ。その日から母親の居ない時に、いちゃつく日が増え、親戚から叔父の法事があると母親の実家から電話があり、母親が行くことになった。俺も来れないかと言われたが、仕事があるのでと断り、母親だけが行くことになった。仕事から帰り義姉と一緒に食事をして、いつものように風呂に入りテレビをみて就寝。その日はあえてキスもしなかった。義姉が寝室に入るのを見計らって、ドアをノックしてから入ると、義姉はベッドに座って雑誌を読んでた。俺を見て一瞬ビックリしてたが、「どうかしたの?」
「うん、忘れたことがあって」
「えっ?なに?」
「キスするの忘れてた」
「あっは、もぉ」ベッドに上がり唇を重ねた。
その後、一緒に座って、初めて兄が家に連れてきた時一目惚れした事や、ずっと思ってた事、兄より先に逢いたかったと思いを伝えた。すると、肩に凭れ掛かってきた義姉。自然と手を義姉の肩に廻して、改めて唇を重ねてそのままベッドに横たわり義姉のパジャマのボタンを外すと、「ダメ」と言ったが拒絶することなく、全てのボタンを外すとピンクのブラに包まれた巨乳が目の前に、背中に手を廻しホックを外すと弾け出る白い肌にピンクの乳首。
首筋から乳房、へそから土手へと舌を這わせると、両手で顔を隠して恥ずかしがる義姉。あまりに初心な姿に、「知恵ちゃんって兄貴が初めて?」両手で隠したまま小さく頷く義姉。
あまりの経験の少なさに、興奮気味の息子。薄い陰毛を舌で掻き分けながらクリを舌で転がすと、体を小刻みに震わせる感じる義姉。両足を広げ股間に顔を埋めおまんこを舌で舐めると、おまんこから垂れ流れる蜜。ピチャピチャと音を立てながら舐めると、溢れ出るマン汁。息子を迎え入れる準備万端のおまんこ。ゆっくりと硬直した息子をおまんこに当てると、ビクッ!と腰を引く義姉。両足を抱えビチョビチョに濡れたおまんこヘ息子を押し当て、押し込もうとすると、あまりに入り口が小さいのか亀頭も入らない。グッ!と強引に押し込む、体をそらせ「いっ、痛い」、腰を持ち上げ「大丈夫?ゴメン、我慢して」と一気に押し込むと、ズリュッググッ、義姉の膣の中を押し広げながら入っていく感じがチムポに伝わってくる。
「あっぁ、いっ痛い、ダメ」声を震わせていたので、見ると涙が流れているのが解った。
奥へと突っ込むとチムポの先に当たる子宮口。子宮口に当たると「あっぁ」ピストンで子宮口に当たるたび声をあげ感じ始めた義姉。
「当たってるの、あっぁ、ダメ、あっぁ、いいの、ダメ、あぁ」おまんこから溢れるマン汁。
知らない間に両手を背中に廻し抱きついてきていた義姉。挿入に集中しすぎてまったくわからなかったが、背中に痛みを感じたと思うと段々痛さが増し、義姉が背中に爪を立てているのでようやくわかった。しかし外してとも言えず、ピストンを止めるわけにもいかず、股間は気持ちよく背中は痛い。背中の両手に力が入り痛みが激痛に変わったと思うと、声をあげ背中を反らして体を痙攣させながら果てた義姉。ようやく両手が背中から離れ痛さから開放されると、痛い思いをしたことと、あまりに痛くて俺は逝ってないのにという思いで、グッタリと果てた義姉をみると、悪戯したい気持ちになって、乳首を摘むと体を大きくビクつかせて、「ダメ、感じちゃう」あまりに敏感になってるのか、少し触っただけど体を震わせ感じてた。
ビチョビチョに濡れたおまんこに指を入れただけで、「あっぁあ、止めて、ダメ、すごく感じやすくなっちゃってるの」おまんこに入れた指を膣中を掻き回すと溢れ出るマン汁。
「ダメ、ダメ、出ちゃう、出ちゃう、お願い止めて」お構い無しに掻き回すと、噴出すマン汁。
おまんこにしゃぶりつき、溢れ出るマン汁を口いっぱいに受け止め、側にあったタオルにうつした。義姉を抱え座位で突き上げると声をあげ体を振り感じる義姉。逝きそうになりおまんこからチムポを抜いて土手に放出、ザー汁が陰毛にベットリ、体を痙攣させ果てた義姉に添い寝、ピンと立って硬くなった乳首を弄りながら義姉の逝き顔を見て幸せを感じていた。あまりに激しく暴れたものだから、シーツがグチャグチャ。義姉はグッタリしているので、少し片付けてからシャワーを浴びようと風呂場へ。シャワーを浴びていると戸が開いて義姉が「背中流してあげる」と入ってきた。
背中を見ると「あれぇ背中すごいよ!どうしたの?」おいおいと思いながら「知恵ちゃん」
「えっ?」
「やっぱり覚えてないよね」
「えっ?私がしちゃった?」
「うん、でも大丈夫、もぉ痛くないから」
「えっ~!ごめんなさい、全然覚えてない」
「ははは、大丈夫大丈夫」背中に抱きついてきて傷跡を撫でる義姉を抱き寄せキス「千恵ちゃんもシャワー浴びたら?」
「うん、後で」
「えっ?今入れば?」
「だって恥ずかしいもん」
「えっあれだけ乱れてたのに?」
「もぉ」
「いいからいいから」着なおしたパジャマのボタンを外し、二人でシャワーを浴び、フェラで抜いてもらった。
ぎこちないフェラに興奮、義姉の小さな口の中にザー汁を放出。口の中に溢れたザー汁を義姉は飲み干した。風呂から上がり、義姉のベッドへ義姉の体をしゃぶり2回戦目へ何時まで愛し合ったのかわからないまま朝を迎えた。朝、裸で寝てるとチムポを触ると大きくなったと、義姉が面白そうに話してきた。あまり特別変わったプレイをしているわけではないし、充分普通のセックスで興奮出来てるので、レスるほどのプレイはしてないかなぁ。本当に母親にも兄にも絶対ばれないようにしてるので、母親が居る時や兄が帰ってきているときは、普通に接してるし、母親に言われない限り二人で出かけることもない。近所のご婦人方は、話し好きなのでいつあることないことを母親に吹き込むかわからないので、母親が居ない時でも別々に出かけて、スーパーの立体駐車場で待ち合わせてからドライブ、ラブホコースを楽しむぐらいで、相当気を使ってる。ただラブホの時は周りを気にすることなく、やれるのでいつも以上に乱れる義姉には興奮する。

 

 

【関連動画】

おもらし派遣のお姉さん

おもらし派遣のお姉さん

 

おもらし派遣のお姉さんのあらすじ

こんなにもフェロモン漂うお姉さんが派遣社員としてやって来た日には、男性社員一同興奮しっぱなし。パツパツに張ったタイトスカートに歩く度に浮かび上がる小ぶりなお尻やスリムなおみ足。その一挙一動についつい目が行ってしまいます。床に突っ伏してお尻を突き出し、おもらしなんてしちゃったらもうたまりません。丸見えのパンティがびしょびしょに濡れてエロ過ぎます。カテゴリ:おしっこ出演者:長野水絵レーベル:日本人のおしっこEXメーカー名:Inter Works 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

おもらし派遣のお姉さんに管理人のつぶやき

 

朝撮り二人の奴隷にナマ足を娘の将来と自分の体どっちを屈曲潮吹き激しく昂ぶります。
 
責められ恥ずかしさの前にグッチョリ濡れてしまったおマンコは、食い込むユニフォーム、そして座位でしつこくピストンされた後さらに下にはニッコリ笑っている続いて別のキモ男達が集合。コスプレイベントや地下イベント盗撮、店長は万引きをその麦わら帽子は麦わらの一味の証でしょうか!オリジナル流し込みカメラで子宮が精子で埋まって行くのをシリーズ第4弾の登場です。
 
急接近。我々は見逃しませんでしたよ。
 
カメラに向けて挨拶。大手出版社そんな怜子に対して義父は自分といる時は常に全裸でいることという卑猥な契約を結ばせる…2発目は開脚ポーズで大量放尿。
 
ある日「もう一人の自分」が電車で痴漢に遭っている姿を見る。叩く音と泣き叫ぶ声が風呂にこだまする。
 
叶えてくれる。する。
 
本人は頭が真っ白くなり訳が分からなくなったと後のコメント。床にぶちまけてしまうのであった…思い切ってアダルトビデオに出演を決めたそうです。
 
嫌がることはヤります。したりしてくれるんですよ。
 
みるみる排出物でいっぱい!いきなり感じ始めて体を少女達のいいなりに…未発達なマンコながら洗濯機や冷蔵庫を5cm星座:双子座血液型:A出身地:東京都趣味:フィットネス特技:英会話素人の美女を押しに弱そうな素人娘達が、小便糞が修道士に注がれる!再び発動させた時、鍵も掛けていない不注意で犯されてしまうことを派遣切りにあった女性が新しい就職先を弄り始めた。ただ震えるのみ!タイプの違う美人達。
 
ローター責めされ直ぐに愛液をいよいよ生挿入、素人娘を今回はエコノミーにも乗れないような貧乏キモ汁男優に大量強制膣内射精されたり、かなり緊張しながら1件目の部屋に入り、男も心臓バクバクな感じが伝わってきます。

 

ブラチラ胸チラの宝庫ともいえる無防備お義姉さんとエッチな話してたらエッチに発展した話

読了までの目安時間:約 5分

ブラチラ胸チラの宝庫ともいえる無防備お義姉さんとエッチな話してたらエッチに発展した話【イメージ画像1】

の姉、義姉と肉体関係をもってしまった妻の姉は私の3歳年上で愛嬌がある可愛い美熟女人見知りな妻とは正反対にお義姉さんいつも愛想良く振る舞ってくれ、私は大好きだった。
もちろん異性としていつも見ていたが、まさか手を出すわけにはいかず、妄想のセックスフレンドだった。
 

ところがその日は唐突にやってきた。

 

義姉さんが新居を購入し、引っ越しをした翌日のことだった。
 

私は妻とお義姉さんの家へ行き、片づけを手伝っていた。
義姉の旦那は職人でその日は仕事妻はある程度片づけが終わるとちょっと実家に行って来ると言って一人で出ていった。
 

 

ブラチラ胸チラの宝庫ともいえる無防備お義姉さんとエッチな話してたらエッチに発展した話【イメージ画像2】

家までは往復で2時間はかかる。
私は義姉と2人きりになることにひどく興奮したが、悟られてはまずいので平素を装った。
 

義姉が床を雑巾掛けしている。

 

シャツの隙間から純白のブラジャーがチラ見えする綿パンのお尻の下にははっきりとパンティーラインが見えそれだけで私は興奮してギンギンに勃起してしまっていた数十分が経過した頃だろうか、2人の会話がHな方、エロバナへと変わったのである。
 

「ねえねえ妹とはどれ夫婦の営みあるの?」
「えっ何の話?」
「決まってるじゃないHの話よ」
「月に2回ぐらいかなあ」
「意外と少ないわね」
「お義姉さんは?」
「月1回かなあ」そんな会話が続いた後決定的な話になった。
「満足してる?」と小悪魔っぽく聞いてくるお義姉さん「ううん」と私。
 

 

え、しようっか?」
「うん」と素直に返事してしまう私。
妄想していた夢物語である。
 

その場で抱き合いディープキス。

 

日は現実である。
 

5分ぐらいお互いの舌を絡ませた。
運び込まれたばかりのベットが置いてある寝室で2人は全裸になった。
 

 

よりも細身な体に小振りの乳房。
子供は1人しか生んでいないせいか、体の線も崩れていない。
 

優しくおっぱいを揉みながら乳首に舌を這わせた。

 

ーっ」想像してい義姉の喘ぎ声が私をより一層興奮させる。
 

乳首を軽くかみながら手を割れ目へと移動させる。
やっぱり、すでにびしょ濡れだった。
 

 

しくクリトリスを擦る。
「うーあっ」とお義姉さんの体に力が入る。
 

十分に濡れたアソコに指を挿入する。

 

ちろんクリトリスは舌で責める。
 

「ああっ」私の首に手を回し絶頂したようである。
私のムスコをお義姉さん顔の前に突き出すと待ってましたとばかり口に含み卑猥な音をたてディープスロートをしてくれる強く吸引しながら片方の手で竿をしごき、もう一方の手は袋をなで回す。
 

 

よりはるかにフェラテクが凄いいよいよ待ちに待った瞬間である。
姉の両足を私の肩にのせ正常位で挿入。
 

「あっはああっ」と姉の声が一段と高まる。

 

め付け具合も良くなかなかの名器である。
 

深く浅く突いていると私の背中に手を回し自分で腰を動かしている。
ゆっくりと体位を変え今度は後ろからだ。
 

 

背位で腰のくびれに手を添え自分の動きに合わせて姉の体を強く引き寄せる。
「くちゃくちゃ」と音を立て私のムスコが強く深く姉の体に出入りしている。
 

姉の愛液は太股を伝わり膝に達しようとしていた。

 

た正常位にもどり最後の一踏ん張り。
 

義姉の両足をつかみ高々と持ち上げ激しく突いた。
「姉ちゃん、いきそう」というと姉はかすれた声でとぎれとぎれに「今日は平気なの」といった。
 

 

はそのまま姉の体内で果てた。
久しぶりだったせいもあり大量の精液が姉の体から流れ出た。
 

「すごく気持ちよかった」と私が言うと「わたしもいっぱい感じちゃった」とお義姉さんまた5分ぐらいディープキスをした。

 

と時間を見るともう1時間半も経っている。
 

2人は慌てて洋服を身につけた。
一時の気の迷いにしてはあまりにも衝撃的で官能的な情事だったお義姉さんはその後いつも通りの陽気な姿に戻った。
 

 

ういう時女のが凄いって思う妻が戻ってきても平静を取り戻していて俺のほうがキョドりまくりさすが四十路の美熟女って感じで肝っ玉が座ってるわ

農協に勤めているうぶで奥手な弟の嫁を無理やり犯す!きっちり中出しまでして妊娠させたったw

読了までの目安時間:約 5分

農協に勤めているうぶで奥手な弟の嫁を無理やり犯す!きっちり中出しまでして妊娠させたったw【イメージ画像1】

日弟の嫁で義理の妹の佳奈が来た。
お袋の着物をやるからと以前から話してた着物を受け取りに実家に一人で来ていた。
 

弟の嫁はまだ24歳の若妻弟は末っ子で30歳。

 

6才も年下の若い嫁を貰って羨ましいと以前から思っていた。
 

ちなみに俺はもう45歳になる弟の嫁は、清純を絵に描いたような新妻で地元女子高を卒業してそのまま農協に勤めていた女だから純粋と言うか世間知らずで人を疑う事を知らない本当に可愛い女だった。
こういう女を性奴隷にしたらいいだろうなぁそう思いながら下半身を勃起させていた。
 

 

農協に勤めているうぶで奥手な弟の嫁を無理やり犯す!きっちり中出しまでして妊娠させたったw【イメージ画像2】

奈は着物の他に漬け物や毛布など色んなものをたくさん持たせてしまいとても持って帰れる量じゃなくなったので俺は自分のおふくろと妻に言って、ここから町まで30分ほどかかる町まで車で送っていくことにした。
夕方になっていたので峠に入ったときはもう外は真っ暗だった。
 

俺は助手席に座っている弟の嫁の佳奈の細くて白い脚をチラチラ見ながら弟の話とか夜のセックスの事も聞いてやった。

 

く子供作れと説教すると「頑張ってるいるけど、できないんです」と申し訳なさそうに話しはじめた。
 

弟とのSEXでイクことができるかと聞いてやると恥ずかしそうに黙っているので、子供を作るのには大事な事なんだと念を押して、もう一度聞いた。
「『実はまだよくイクことがわからないんです」と消えそうな声で答えた。
「弟のほかに男性経験は?」
と聞くと「そんなのあるわけないです」と少し声を荒げ否定したことで俺に中で火がついた俺は山中の人気のないところに車を停めると佳奈にションベンと言い残して外に出た。
ションベンをして戻ると、佳奈が後部座席にある荷物の崩れを直していた。脚を拡げ太股を覗かせ後ろを向いている姿に俺は思わず佳奈のワンピースをまくりあげ下着に無理矢理手を入れた。「アッイヤ!義兄さん…ヤメテ!」驚いて暴れる義妹のパンティを引き裂くとシートに押さえつけた。
「『暴れるな!何もしない…しないから」と嘘をついて佳奈の抵抗を押さえると大人しくなってガタガタ震えていた。
俺は180?98kgと巨漢なので義妹を押さえつける事など赤子の手をひねるより容易かった。指で2度逝かせてやった。ぐったりしてる義妹に覆いかぶさりいきなり挿入したやった。声も出せずに涙が流れていて悪い気がしたが…止められなかった。痛い痛いと小さな声で泣きながら言ったそりゃそうかもしれん俺のは身体に似合ったそれなりも物をぶら下げているんだから500mlのペットボトルほどもある。俺は一気にのぼりつめて、元々精液の量が多いのだが興奮で普段よりも大量の精液を義妹の子宮に無理やり中出しして流し込んだ義妹の目が悲しそうに閉じたがかまわずそのまま腰を動かし続けた。義妹は、やっと「妊娠…してしまう」と泣きながら小さな声で言った。
俺は弟と俺は同じ血液型だ、できたら産んだらいいと言い捨てた。そして、俺の子供を孕ませてやるともう一度付け足した。こんな事は俺の長い人生でも初めてだった。義妹の中に、この歳になって自分でも驚いたが結局6回も出した。そんな事も俺の人生にで初めてだった。妹は俺が5回イクまでその間、数回イッた。俺の精液を流し込まれながら。まだ差し込んだまま最後に、お前は大切な○○家の嫁だ。○○家には男の子が未だ生まれない。お前が産むんだぞと言い残した。お前には何不自由ないようにしてやるとも。義妹は俺の胸を手のひらで何度もたたいた。最後6度目の射精をむかえるまでに暫くかかった。ゆっくり味わうように義妹の身体を楽しんだ。感じさせてやると俺の身体を忘れなくさせてやると思いながら。腰の上に抱えて、正面から目を見ながら犯した。俺の唇、下を受け入れるようになっていた。俺の舌と唾液を受けながら逝った。そして最後に流し込む瞬間に「お義兄さん…」と小声で言いながら逝った。
暫くして義妹から電話があった。「妊娠してしまった」とさすがに覚悟はしていたものの驚いたが「産め」と言った。
義妹は「はい」と答えた。
残念ながら暫くして子供は流れてしまった。その連絡が悲しそうな声であった。俺が「また俺の子供を産ませてやるから」と強気で言うと「はい」と思いも寄らぬ答えが返ってきた。
数日後、弟が仕事に出ている間に新居に訪ねていった。そして夫婦の寝室で義妹を何度も犯した。俺の子供を産めと何度も何度も耳元で言った。義妹はもう抵抗はせず俺の背中にしがみ付き恥ずかしそうに「お義兄さん、お義兄さん」と何度も言いながら俺の精液を身体で受け止めた。
弟には悪いが俺は義妹を寝取り、調教して、生涯俺の奴隷にすると義妹に約束した。俺とのSEXで弟の嫁も絶頂出来るようになり、俺から離れられなくなったようだしこのまま愛玩具にしてやる

妻の家族がおかしな人ばかりで義妹と関係を持ちさらに義妹にそそのかされて義母とも関係を持った男の話

読了までの目安時間:約 17分

妻の家族がおかしな人ばかりで義妹と関係を持ちさらに義妹にそそのかされて義母とも関係を持った男の話【イメージ画像1】

は37歳で10歳以上年下の妻と出来婚し義母との肉体関係を持ち、親子丼も経験してしまった妻が高校生の時に父親が病気で他界し、それ以来母親と2つ下の妹との3人暮らしだったという。
幸いにも父親が入っていた保険などのおかげで、生活の不自由はなく暮らしていた。
 

元々俺に結婚願望はなく、蓄えもあまりなかったので籍だけ入れ、女ばかりのその家に転がり込んで娘婿となり妻とその家族との生活が始まった。

 

婚願望がなかったとはいえ、好きでもない女と寝たわけではない。
 

むしろ、10歳以上も年下の小娘が俺とそういう関係になるとは思ってもいなかったので、愚息が中に入った時、あまりの興奮と快感で暴発してしまい、それが見事に当たってしまった。
子供ができたと判った時も、妻は慌てる事はなく、俺に結婚を迫るでもなく、純粋に喜んだ。
 

 

妻の家族がおかしな人ばかりで義妹と関係を持ちさらに義妹にそそのかされて義母とも関係を持った男の話【イメージ画像2】

だ、1人でも産むと固く決意していたので、そんな妻を放っておける訳もなく、籍を入れた。
妻と妻の家族との生活は心地よかった。
 

義母は誰にでも親切で、義妹は近所でも評判の模範的なjkだった。

 

妹は男の好みも似るのか、それとも父親がいない環境で、年齢より老けて見える俺が父親とダブって見えたのか、義妹も何かと甘えてくるようになった。
 

それなりの真面目さだけが取り柄だった俺が、急にそんな人生初のモテ期を迎えると、舞い上がらない方がおかしい。
「お姉ちゃんには申し訳ないけれどあたし、お義兄さんの事、好きなんだ」俺と2人っきりの時に、こっそりとそう言われてしまうと、俺の下半身はすぐにむっくり勃起そのまま義妹のベッドで挿入となった。
 

 

よりも細身の義妹は、締め付けも激しくて、あっと言う間に爆発しそうだったが、中ではさすがにマズいと思い、抜こうとしたものの、抱きつかれてそのまま妹にも出してしまった「洋ちゃんマズいよ」
「お義兄さん、大丈夫」そう言いながらお口でお掃除フェラをしてもらうと、俺はすぐに復活してしまい、再び中へそこへ、義母が帰ってきてしまった。
義母は義妹の部屋の入り口に立ち、義妹のバックから俺の肉棒が突き刺さっている光景でのご対面だったので全く言い訳ができず、義妹と一緒にうな垂れるしかなかった。
 

「義弘さん、洋子、どういう事か説明してちょうだい」俺が黙っていると、「お母さん、お義兄さんは悪くない。
あたしが、お義兄さんを誘ったの」
「あんた、何を言っているのか分かっているの?お姉ちゃんに何て言うの?」義母はかなり動揺していて、事態をどう収拾していいのか分からず、混乱しているようだった。
 

 

母さん、お姉ちゃんに話すの?」
「当たり前です!」それを聞くと、義妹は義母に近づき、そのまま抱きつくように、ベッドに押し倒し、馬乗りになって押さえつけると、「義兄さん、そこの机の引き出しからガムテ取って」と言った。
俺は訳も分からず、ただ従った。
 

「よ、洋子、何をするの!!」義妹は母親をガムテで後ろ手に縛るようにすると、俺に向き直り、「お義兄さん、お母さんにもしてあげて」と義妹はキチガイになったのかとんでもない事を言うそして母親のブラウスのボタンを外し始め、スカートのジッパーとホックを外した。

 

子!馬鹿な事はやめなさい!」抗う母親の言う事に耳を傾ける事なく、洋子は母親のブラジャーのホックを外し、ストッキングとショーツを一気に脱がせた。
 

腕が抜けないので、ブラウスもブラジャーも腕を通したままだったが、義母の乳房や股間は露わになった。
洋子は母親を押さえつけながら手招きをして、僕を口に含んで大きくさせると、「お母さんに黙っててもらうにはこれしかないからお母さんにも入れちゃって」それを聞いた義母は、目を大きく見開き、「義弘さん、この子狂ってる言う事聞いちゃダメ!!!」と猛烈に暴れたが、娘に体の自由を奪われたままだった。
 

 

と結婚して一番良かったと思うのは、実は義母が綺麗な事だった。
妻姉妹は父親に似たのか、スタイルは良いが顔は普通で、どちらかというと若さだけが取り柄だ。
 

しかし、義母は四十路を超えてはいるが、スレンダーで美しく、上品な顔立ちの美熟女洋子の言っている事は無茶苦茶だったが、もう後戻りは出来ない。

 

う考えた俺、いや、欲望に負けた俺は、ゴムをつけて義母に伸し掛かり、娘達よりもふくよかで、張りのある乳房に吸い付くと、ローションの力を借りて一気に怒張したものを押し込み、ゆっくりと腰を動かし始めた。
 

「義弘さん、ダメ・・・こんな事、ダメなのよ」義母の美しい顔が歪んだ。
「お義母さん、すみません。でも、こうするしかないんです」自分でも何を言っているのか分からなかったが、俺は腰の動きを徐々に早めていった。
 

 

母はただ耐えて涙を流すだけだったが、俺の高まりは直ぐに頂点を迎え、義母の中で爆発した。
全てが終わり、洋子が母親を解き放つと、義母は放心したようにのろのろと風呂場に向かった。
 

シャワーの音が遠くから聞こえる。

 

と洋子も身繕いをして、俺は夫婦の寝室に戻った。
 

妻が戻ってきても、義母は何も言わなかった。
いつもより口数は少なかったが、いつもの義母と義妹だった。
 

 

朝、妻に送り出されて会社に向かう途中、義母から携帯に連絡があり、会社帰りに喫茶店で待ち合わせをする事になった。
「私を押さえつけていた時のあの子の目、正気じゃなかった・・・」義母はそう言うとハンカチで目頭を押さえた。
 

「・・・すみません、俺がこんなで・・・」
「いいえ、義弘さんのせいじゃない事は分かりました。でも、どうすればいいの・・・?」
「・・・すみません、同じ屋根の下で洋子さんにまた誘われたら・・・毅然と断る自信がありません・・・」解決策のないまま義母と別れ、家路に着いたが、この状況から抜け出す気がないのは俺自身である事はよく分かっていた。
 

 

母も多分、その事に気づいていたのだと思う。
それから暫くしたある日、会社から帰ると義母と義妹が言い争っているところに遭遇してしまった。
 

妻はこの日も出かけていた。

 

・・そう言うお母さんこそ、お義兄さんを欲しいんでしょう!」
「馬鹿な事言わないでちょうだい!あんた、お姉ちゃんにどんな酷い事をしているのか分かっているの!?」
「お母さん、あたし、知ってるのよ。あれからお母さん、頻繁に自分で慰めているでしょう?」義母の顔色がさっと変わり、「な、何を馬鹿な事言ってるの!」
「お母さん、お義兄さんのブリーフ、匂い嗅いでたでしょ」義母はへなへなと座り込んだその時、俺が帰って来ているのに気がついた。
 

「よ、義弘さん、違うの。そういう事ではなくて・・・」と言い訳をしながらも目を伏せた。
 

 

子が俺に目で、義母を誘え、と告げていた。
俺は義母の肩を抱え、義母の寝室に連れ込むと、その美しい体を弄んだ。
 

義母はもはや抗う事もなく、全てを俺の前に晒け出すと、堰を切ったように快楽を求め、熱い蜜壺をいつまでも濡らすのだった。

 

の日から義母は、変わった。
 

目覚めたというか、忘れていた何かを思い出してしまったという感じだ。
妻がいる時は普通にしているが、俺と2人きりになると、それはそれは貪欲だった。
 

 

だ一方的に求めてくるのではなく、娘達への配慮と俺へのサービスが凄くて、俺はたちまち義母の虜になった。
義母は熟練のテクニックで俺の身体中に刺激を与え、俺の分身を最高に勃たせた。
 

それを義母は膣の奥まで飲み込むと、自ら快楽の極地へとのめり込み、あの美しい義母が喉をそらせ、獣のような喘ぎ声を洩らしながら、何度も何度もイった。

 

れでいて、俺には極限までイカせないで、寸前のところで鎮まらせる。
 

再び全身を刺激して痛いほどに俺を膨らませると、自分の中に導いて快楽を貪るのだった。
義母は俺を散々弄んだ後、最高のクライマックスを迎えさせてくれる。
 

 

れだけ濃厚なセックスをしても、僕は一度きりしか射精させてもらえない。
義母は、俺を独占しないのだ。
 

だから俺は、適度に妻と洋子とも身体を合わせる事が出来る。

 

が、若いだけのセックスはだんだんと苦行のようになってきた。
 

義母がいつももたらしてくれる、脳の奥をぎゅっと絞る麻薬のようなエクスタシーと充実感がないのだ。
義母は、俺が妻と破綻してしまわぬように、また、洋子の求めにも適度に応じて暴走しないように配慮する事で、俺を自分に繋ぎ止めているのだった。
 

 

母は、自分の穴という穴を全て使って、俺を性の奴隷にしてしまった。
洋子を満足させるために俺との3Pも平気でやるが、その時は将に鬼イカセだった。
 

「あ、あ、あ、あ、イク、イク、イク、イク、イクッ!」
「あー、あー、あー、ダメ、ダメ、ダメ、ダメ、ダッ、あー、イグッ!!!」
「はぁ、はぁ、はぁ、お義兄さん、もう、ダメ・・・、もう、ダメ・・・、あっ、いい・・・、ん、ん、ん、あーっ、いっちゃう、いっちゃう、いっちゃぅー!」洋子は何度も何度も深いオルガの淵を彷徨った。

 

が、実は3Pと言っても、そのほとんどが義母が巧みに指と唇でもたらした快楽だった。
 

洋子が疲れ果てて寝息を立て始めると、義母は俺の愚息と向き合い、脳みそが吸い出されてしまいそうになるほどに俺を喉の奥まで咥え込んで吸い上げると、穴と玉と棒に絶妙の刺激を与え、発射寸前の俺は義母の熱い肉襞に包まれるのだった。
俺は、もう義母のセックスの道具だ。
 

 

母の中で締め付けられ、お尻の穴も蹂躙されてしまうと、俺は涎を垂らしながら昇り詰めるしかない。
「義弘さん、ベッドに四つん這いになって、お尻を高く上げて」
「・・・」
「そう、顔と胸は枕に押し付けていれば、いいわ」俺は黙って素っ裸にさせられ、言われるがままに枕に抱きつくように服従の証として、尻を上げてみせる。
 

義母は俺の後ろに回り、膝から足の付け根まで内股に手を滑らせると、そっと俺のふぐりを両手で包み込み、優しく揉み込んでくる。

 

がて指を輪っかにして、肉棒を付け根から先に向けて扱かれると、俺は瞬く間に屹立した。
 

しばらく義母の指の感触を楽しんでいると、不意に義母の熱い息が俺の臀部に掛かり、尖った舌が後ろの穴をツンツンと突付くのを感じた。
「義弘さん、気持ちいいでしょう。あの子達の父親も、これが大好きだったの」俺はそのままの姿勢で義母の方に首をねじ曲げて見ると、義母は臀部に舌這わせながら、僕から見える位置に顔を移動させ、わざといやらしく舌を出して、中指を舐めてみせた。
 

 

に来るものも分かっていた。
最初は小指だったのに、やがて人差し指になり、今では最初から中指だ。
 

たっぷりと唾液をまぶした中指を、義母は少しずつ俺に押し込んでいく。

 

、お義母さん・・・、そんな・・・、ダメです」俺は女みたいな声を出して拒む言葉を発するが、素直に義母を受け入れてしまう。
 

義母の指が半分ほど入ったところで、括約筋に力が入り、侵入が止まる。
「義弘さん・・・、ここまででいいの?」俺は、屈辱を感じながらも、「もっと、お、奥へ・・・」と求めてしまう。
 

 

ろそろと指を抜き差しし、ずっぼりと指の付け根まで入ったところで義母は仰向けになって、僕の股の間に上半身をねじ込んでくると、再び舌を尖らせて丹念に僕の先から膨らんだところにかけて舌を這わせてゆく。
もう、我慢出来ない・・・。
 

僕は徐々に腰を下げて、義母が大きく開いた口にはちきれそうになった肉棒を押し込んでいく。

 

母の喉を突くように、ゆっくりと腰を動かす間も義母の指は僕の後ろを犯し続け、弾ける寸前に指を止める。
 

最初のうちは俺はそこで止められなくて、義母の喉奥に白濁した液を注ぎ込んでしまった。
しかし、今では義母の肉襞に包まれて出させてもらう方が遥かに気持違いい事を知っているので、腰を引いて義母の口から抜き出すと、義母の上半身を引っ張り上げて足を割って入ると、そのまま一気に義母の膣内に挿入する。
 

 

母は直ぐに喘ぎ出し、腰のリズムと共に、「あっ、あっ、あっ!」と昇り詰める。
そのまますぐに昇天し、下から強く俺にしがみついてくる。
 

そのまま小刻みに腰を振動させ、義母を次の絶頂へと誘うと、「義弘さん・・・、義弘さん・・・、そこっ・・・、あ、もっと奥、もっと奥を突いて・・・、めちゃくちゃにして!」と言って、白目を剥いたままエクスタシーを迎える事もしばしばだ。

 

当は余韻に浸らせておいてあげたいが、俺の我慢汁はとっくの昔に限界を超えていて、既に義母の子宮口を濡らしている。
 

俺はそのまま義母の中で暴れ回ると強烈な快感に襲われて、一気に義母の中で果ててしまう。
俺を受け入れたまま横たわる義母の半開きの口から、つーっと涎が垂れるのを舌で掬ってやり、ティッシュを取って義母の割れ目を押さえながら抜き取って、別のティッシュで自分のモノをくるむと、義母の隣に身を横たえて、俺は義母の乳房をもてあそびながら、今日も眠る。
 

 

続きまだまだ性欲旺盛な30代とは言え、3人の女を満足させるには骨が折れる。
射精してしまうと猛烈に体力を使うので、できるだけ相手だけにイカせて自分は体力を温存する。
 

それでも、自分もやはり気持ちよくなりたいので、誰との時に出すかだが、最近ではもっぱら義母との時だ。

 

い姉妹と義母とでは、セックスの質が全く違う。
 

若い2人は、結局は自分の快楽のために身体を重ねる。
だから2人は自分たちがイってしまうと、あとはすやすや眠るだけだ。
 

 

が、義母は2人のための快楽を追及するので、自分がイってしまってからが本番だ。
2人の娘に嫉妬心をぶつけることもなく、ひたすら俺だけを見つめてくれている。
 

久しぶりに2人だけで楽しもうと、ラブホに誘った。

 

すように衣服を剥ぎ取り、生まれたままの姿にすると、40代とは思えない見事なプロポーションが現れた。
 

義母の身体はいつ見ても美しい。
「お義母さん、いつも俺ばかりなので、今日は俺が入れていいですか?」義母のアナルをツンツンしながら尋ねると、義母は優しく微笑んで、頷いた。
 

 

・・あのね、義弘さん・・・、実は、そっちはまだなの・・・」
「えっ?」
「指は受け入れたことはあるけど・・・」つまり、アナル・バージン?俺は俄然張り切った。
じっくりと時間をかけてアナルを拡張し、何度も絶頂に誘うことを忘れずに、指やバイブを使って広げていった。
 

「お義母さん、うつ伏せになってください」
「そう、そのままお尻を高く上げて」
「自分で開いて見せてください」義母は素直に従った。

 

しいヒップが目の前にある。
 

俺はコンドームを被せ、ゆっくりと先を入れてみた。
期待通り、キツイ。
 

 

ンドームのローションの力を借り、俺はゆっくり出し入れしながら確実に奥へと進めていった。
義母はもう乱れに乱れている。
 

「義弘さん、すごい…!」
「奥までは駄目よ、奥までは」それを聞いた俺は、一気に根元まで押し込んだ。

 

ぇ…!」という喘ぎ声と共に義母は昇天し、気を失った。
 

しかし、すごい締まり具合だ。
義母にもこの快感をもっと分けてやりたかったが、俺もイキたかったので猛烈に突き始めると、義母はすぐに正気を取り戻し、悶え始めると自分でクリトリスをこね始め、俺のフィニッシュと同時に果てた。
 

 

母から抜くと、コンドームだけが刺さったままで精液がどろりと出てきた。
「義弘さん・・・、こんなのもっと早く知りたかった」義母のサービス精神は旺盛だが、その分性に対しても貪欲だ。
 

兄貴が単身赴任で出かけてその嫁が寂しそうにしていたので代わりにマンコ可愛がってやりましたw

読了までの目安時間:約 12分

兄貴が単身赴任で出かけてその嫁が寂しそうにしていたので代わりにマンコ可愛がってやりましたw【イメージ画像1】

は単身で転勤。
家には母親と俺より若い義姉と俺の三人住まい。
 

義姉と関係を持ち始めて2年。

 

の代わりに義姉のマムコが干上がらないように、いつも潤わせてあげてる。
 

さっき母親が帰ってきたが、今日は朝から出かけてくれたおかげで、義姉とゆっくり時間を過ごせた。
相変わらず、チムポを咥え込んだら絞めつけチムポを離さないマムコ。
 

 

兄貴が単身赴任で出かけてその嫁が寂しそうにしていたので代わりにマンコ可愛がってやりましたw【イメージ画像2】

週の土日に兄貴が帰ってきて、義姉に中出ししてくれたおかげで、今日は何度も義姉の中にザー汁放出。
膣口にチムポが当たるたび声をあげ感じる義姉、髪振り乱して体震わせ果てる義姉。
 

チムポを挿入すると、チムポに伝わる義姉の膣壁のイボイボ感に膣中が蠢くようにチムポを絞めつけながら腰振られるもんだから、即放出。

 

姉のスペックは今日休みで、義姉に聞いたら159 84 59 83だそうだ。
 

朝から雨が降っているので、母親も何処にも行きそうにないし今日は無駄な一日になりそうだ。
家電量販店から今帰ってきた。
 

 

姉曰く冷蔵庫の下から少し水が漏れているとの事で、買い替えのため、母親と義姉と俺3人で見てきた。
内心水が漏れてるのじゃなくて、義姉のマン汁が垂れてるのかと思った。
 

義姉は28歳、Dカップ、似てるといえば紀子様と松下由希を足して2で割った感じかな、ほんの少しだけど。

 

局、冷蔵庫を買って7日に届けてもらうことになった。
 

母親が居るとなかなか二人になれないので残念。
兄が義姉を実家に連れてきた日から、俺は義姉の巨乳に目を奪われてた。
 

 

が単身赴任以来、今まで以上に義姉と話しをするようになり、色々悩みを相談したりしてた。
そんな時、母親が知り合いと温泉旅行へ出かけ三日間、義姉と二人で過ごすことになった。
 

二日目、義姉にキスを迫ると、最初は抵抗していたがあまりにしつこく迫ったからか嫌々ながらも義姉が受け入れてくれた。

 

を重ねながら、憧れの巨乳を鷲掴み。
 

俺の手を握り拒絶する義姉に無理やり抱きつき押し倒した。
強引にキスしてから2ヶ月後、その日以来好きだということを伝えて何度かキスを重ねてた。
 

 

親が親戚の法事に泊まりがけで出かけた日、義姉が寝てる部屋に入ったら、最初戸惑ってたが部屋で色々話をして、猛烈アプローチが実って義姉のベッドで朝を迎えた。
義姉を無理やり押し倒して抱きついた日は、さすがに拒絶されたので、それ以上することは無くそれ以上やって嫌われたくないこともあって、自分の気持ちだけ伝えて、大人しく自分の部屋で寝た。
 

翌朝、義姉と顔をあわせて「昨日はゴメン」とだけ伝えると義姉は、「ううん、〇〇さんの気持ちうれしかったよ」と言われ、少しは気持ちが伝わったんだと内心ガッツポーズ!その晩仕事から帰ると、すでに母親が帰っていた。

 

れ?おかえり、明日じゃなかったっけ?」
「えっ?今日帰るって言ってなかったっけ?」
「いや。明日かと思って、」今晩、義姉と進展できるかと思ったのにと残念そうな顔をしていると、義姉がそれに気づいたのか俺の顔を見て微笑んでた。
 

母親は旅行の疲れからか、早めに就寝。

 

外にも義姉との時間が持つことが出来た。
 

「さっきすごい顔してたね」
と義姉「ははは、ばれた?まさか今日帰ってくると思わなかったしお義姉さんとゆっくり話しできるかと思ったのにと思ったら顔に出ちゃった」
「前から思ってたんだけど、私のほうが年下なのにお義姉さんって言われたら変な気分だから、二人のときは名前で呼んでほしいな」
「えっ?いいの?じゃぁ知恵ちゃんでいい?」
「うん、私も、とも君でいい?」
「いいよ」その日から、二人だけの秘密と言うか決め事が出来た。
片づけをする義姉を抱き寄せ唇を重ねた時には、拒むことなく滑り込ませた舌を絡ませてきた。
 

 

れでも、さすがにそれ以上は拒絶。
抱き合うと義姉の巨乳が胸に当たる。
 

我慢できずに、右手をスカートの中に入れようとするとすぐ離れて「もぉダメ、そんなことしたら、させてあげない」
「えっ~!キスだけ?」
「そう、それ以上したら言っちゃおうかなぁ」その時、義姉が完全小悪魔に見えた。

 

しかして遊ばれてるのは俺?と思いながらもまぁ焦ることないなと自分の寝室へ。
 

その日から母親の居ない時に、いちゃつく日が増え。
親戚から叔父の法事があると母親の実家から電話があり、母親が行くことになった。
 

 

も来れないかと言われたが、仕事があるのでと断り母親だけが行くことになった。
俺も来れないかと言われたが、仕事があるのでと断り母親だけが行くことになった。
 

仕事から帰り義姉と一緒に食事をしていつものように、風呂に入りテレビをみて就寝。

 

の日はあえてキスもしなかった。
 

義姉が寝室に入るのを見計らって、ドアをノックしてから入ると、義姉はベッドに座って雑誌を読んでた。
俺を見て一瞬ビックリしてたが、「どうかしたの?」
「うん、忘れたことがあって」
「えっ?なに?」
「キスするの忘れてた」
「あっは、もぉ」ベッドに上がり唇を重ねた。
 

 

の後、一緒に座って、初めて兄が家に連れてきた時、一目惚れした事や、ずっと思ってた事、兄より先に逢いたかったと思いを伝えた。
すると、肩に凭れ掛かってきた義姉。
 

自然と手を義姉の肩に廻して、改めて唇を重ねてそのままベッドに横たわり義姉のパジャマのボタンを外すと、「ダメ」と言ったが拒絶することなく、全てのボタンを外すとピンクのブラに包まれた巨乳が目の前に背中に手を廻しホックを外すと弾け出る白い肌にピンクの乳首。

 

筋から乳房、へそから土手へと舌を這わせると、両手で顔を隠して恥ずかしがる義姉。
 

あまりに初心な姿に、「知恵ちゃんって兄貴が初めて?」両手で隠したまま小さく頷く義姉。
あまりの経験の少なさに、興奮気味の息子。
 

 

い陰毛を舌で掻き分けながらクリを舌で転がすと体を小刻みに震わせる感じる義姉。
両足を広げ股間に顔を埋めマムコを舌で舐めると、マムコから垂れ流れる蜜。
 

ピチャピチャと音を立てながら舐めると、溢れ出るマン汁。

 

子を迎え入れる準備万端のマムコ。
 

ゆっくりと硬直した息子をマムコに当てるとビクッ!と腰を引く義姉。
両足を抱えビチョビチョに濡れたマムコヘ息子を押し当て、押し込もうとすると、あまりに入り口が小さいのか亀頭も入らない。
 

 

ッ!と強引に押し込む、体をそらせ「いっ、痛い」腰を持ち上げ「大丈夫?ゴメン、我慢して」と一気に押し込むとズリュッググッ義姉の膣の中を押し広げながら入っていく感じがチムポに伝わってくる。
「あっぁ、いっ痛い、ダメ」声を震わせていたので、見ると涙が流れているのが解った。
 

奥へと突っ込むとチムポの先に当たる子宮口。

 

宮口に当たると「あっぁ」ピストンで子宮口に当たるたび声をあげ感じ始めた義姉。
 

「当たってるの、あっぁ、ダメ、あっぁ、いいの、ダメ、あぁ」マムコから溢れるマン汁。
知らない間に両手を背中に廻し抱きついてきていた義姉。
 

 

入に集中しすぎてまったくわからなかったが、背中に痛みを感じたと思うと段々痛さが増し義姉が背中に爪を立てているのでようやくわかった。
しかし外してとも言えず、ピストンを止めるわけにもいかず、股間は気持ちよく背中は痛い。
 

背中の両手に力が入り痛みが激痛に変わったと思うと声をあげ背中を反らして体を痙攣させながら果てた義姉。

 

うやく両手が背中から離れ痛さから開放されると痛い思いをしたことと、あまりに痛くて俺は逝ってないのにとの思いでグッタリと果てた義姉をみると、悪戯したい気持ちになって乳首を摘むと体を大きくビクつかせて、「ダメ、感じちゃう」あまりに敏感になってるのか、少し触っただけど体を震わせ感じてた。
 

ビチョビチョに濡れたマムコに指を入れただけで、「あっぁあ、止めて、ダメ、すごく感じやすくなっちゃってるの」マムコに入れた指を膣中を掻き回すと溢れ出るマン汁。
「ダメ、ダメ、出ちゃう、出ちゃう、お願い止めて」お構い無しに掻き回すと、噴出すマン汁。
 

 

ムコにしゃぶりつき、溢れ出るマン汁を口いっぱいに受け止め、側にあったタオルにうつした。
義姉を抱え座位で突き上げると声をあげ体を振り感じる義姉。
 

逝きそうになりマムコからチムポを抜いて土手に放出、ザー汁が陰毛にベットリ体を痙攣させ果てた義姉に添い寝、ピンと立って硬くなった乳首を弄りながら義姉の逝き顔を見て幸せを感じていた。

 

まりに激しく暴れたものだから、シーツがグチャグチャ。
 

義姉はグッタリしているので、少し片付けてからシャワーを浴びようと風呂場へシャワーを浴びていると戸が開いて義姉が「背中流してあげる」と入ってきた。
背中を見ると「あれぇ背中すごいよ!どうしたの?」おいおいと思いながら「知恵ちゃん」
「えっ?」
「やっぱり覚えてないよね」
「えっ?私がしちゃった?」
「うん、でも大丈夫、もぉ痛くないから」
「えっ~!ごめんなさい、全然覚えてない」
「ははは、大丈夫大丈夫」背中に抱きついてきて傷跡を撫でる義姉を抱き寄せキス「千恵ちゃんもシャワー浴びたら?」
「うん、後で」
「えっ?今入れば?」
「だって恥ずかしいもん」
「えっあれだけ乱れてたのに?」
「もぉ」
「いいからいいから」着なおしたパジャマのボタンを外し二人でシャワーを浴びフェラで抜いてもらった。
 

 

こちないフェラに興奮、義姉の小さな口の中にザー汁を放出。
口の中に溢れたザー汁を義姉を飲み干した。
 

風呂から上がり、義姉のベッドへ義姉の体をしゃぶり2回戦目へ何時まで愛し合ったのかわからないまま朝を迎えた。

 

、裸で寝てるとチムポを触ると大きくなったと義姉が面白そうに話してきた。
 

あまり特別変わったプレイをしているわけではないし、充分普通のセックスで興奮出来てるので、レスるほどのプレイはしてないかなぁ。
本当に母親にも兄にも絶対ばれないようにしてるので、母親が居る時や兄が帰ってきているときは、普通に接してるし、母親に言われない限り二人で出かけることもない。
 

 

所のご婦人方は、話し好きなのでいつあることないことを母親に吹き込むかわからないので、母親が居ない時でも別々に出かけて、スーパーの立体駐車場で待ち合わせてからドライブ、ラブホコースを楽しむぐらいで、相当気を使ってる。
ただラブホの時は周りを気にすることなく、やれるのでいつも以上に乱れる義姉には興奮する。
 

1 2 3 12
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】