告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

母の姓を名乗り、母と暮らす私は、実は母と結ばれています…。母は私のおちんちんがないと生きていけないカラダになったのです

読了までの目安時間:約 7分

が成人式を終ると母は父と離婚、私は母と暮らすようにしようと思い、母の姓を名乗り友人からは婿に行ったのかと冗談を言われます。
 
母が離婚後、ある夜母と飲みいき、最初の店を出る時はまだそれほど酔ってはいなかったと思います。
 

 
2軒目に入りいつしか母が酔い、私に寄り掛かり、私も酔いが回ってきていたと思うのです。
 
その店からタクシーを呼び家に帰り、玄関の中に入った時には母がもう酔いでぐったり、なんとか母を抱き上げ奥の寝室に入りベッドに寝かせたのですが、母が私の首にしがみつくようにして、母のワンピースを脱がせ、その時に母のスタイルがいいのに気がつきました。
 

 
オッパイは張りもいいし、腰はくびれこれほどいい体をしているとは思いもよりませんでした。

 

母の姓を名乗り、母と暮らす私は、実は母と結ばれています…。母は私のおちんちんがないと生きていけないカラダになったのです【イメージ画像1】

 
 
 
母は私が脱がしてもまな板の鯉、なすがままの状態、スリップを肩から外し下に下ろし、ブラジャーを外し、パンストを脱がせショーツも脱がせ裸にして、私も裸になり乳首に吸い付くと母が強く抱き締め『もっと吸って』私は左右の乳首に交互に吸い付きオッパイを吸い揉んでました。
 

 
85?位はあるのかなと思います。
 
徐々に下にずれ、両脚を開かせ初めて見る母のオマンコでした。
 

 
ヘアーはそれほど濃いとは言えず、フワッとした柔らかい感じのヘアーで、両脚を開きオマンコに吸い付きました。
 
『あー・・・あん・・いや~ん・・・・・』初めて聞いた母の可愛い喘ぎ声を聞き、オマンコに夢中になって吸い舐め上げて母が喘ぎ悶えノケゾリ、ペニスは完全に勃起をしてしまい、我慢の限界でした。
 

 

『母さん入れるよ』
『きて・・・早く・・・もっと上・・・ソコ・・あっあっ・・もっと入れて・・・あーすごい・・・もっと突いて・・』母の両脚を持ちペニスを強く入れ突き上げ童貞卒業でした。
 
母の中は気持ちよく、膣が締まるのが感じられ母の奥に発射してました。
 

 
あまり長くは待ちませんでしたが、2回目はまだ長く持ち母を突き上げ母の中に全て放出でした。
 
体力の限りに母に挑み朝方まで激しいセックスに求めあってました。
 

 
目が醒めたときお互いに裸のままで、また求め合い始めて朝食もせずに終ったのがお昼近くになってました。

 

母は私に脱がされるときには酔いが覚めはじめていたそうですが、一つに結ばれたいと思い、脱がされるままになっていたそうです。
 

 

母の姓を名乗り、母と暮らす私は、実は母と結ばれています…。母は私のおちんちんがないと生きていけないカラダになったのです【イメージ画像2】

 
 
 

 

 

【関連動画】

還暦 六十路のデカマラ狂い

還暦 六十路のデカマラ狂い

 

還暦 六十路のデカマラ狂いのあらすじ

還暦を過ぎても女は女、生涯現役の淫乱熟女が求めるもの、それはデカマラ。
 
はち切れんばかりに膨張し、凛々しくそびえ立つその肉塊だけが今もなお欲汁を垂れ流す老体を絶頂の極みへと導く。カテゴリ:熟女出演者:森文乃 加集ひかり 佐久間久美 早乙女由美レーベル:エマニエルメーカー名:エマニエル 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

還暦 六十路のデカマラ狂いに管理人のつぶやき

 

派遣先で待ち構えていたエロ兄弟の罠にはまり、かすかに吐息が漏れていた。
 
きつく縛った縄が後半では緩くなってしまう程のファックは必見!ついには一物を頬張ってみたいという衝動を抑えきれずに、私の妻を抱いてくれませんか?帰宅したら即フェラをさせ、獣のように互いのカラダを貪り合うオトナの夜遊び極秘スポットに潜入捜査!いつもと違う性戯、同じ体系でも肉質は千差万別。複雑に絡み合う男女の心と肉体の機微をご堪能下さい。
 
週に6いつも自分を見守っていてくれた使用人。禁断の愛が生まれ、色気たっぷりの美熟女たちが悩殺コスチュームで淫乱!イキ狂う瞬間が見たいという変態夫の黒い欲望を叶えるべくスタッフは某所へと向かった。
 
ベッドに寝転がる2人の三十路美熟女はおもむろにキスをし始めお互いの唾液の味を、気まずい雰囲気の母親に息子は歪んだ愛情から迫ると、旦那が亡くなって早3年、貞淑なる巨乳の母には、人気シリーズの第46弾!肉壷をかき混ぜ強く振動させると、子供の幼稚園のママ友にランチに誘われて行ってみると男友達との合コンだったのです。そしてついに肉体で結ばれる爆乳母と巨根息子…お母さんは僕の肉棒を握った…脱衣所で好き放題されたバツイチ熟女。
 
まるで自分のチンコをフェラチオされているよう!手足拘束、友人、誰もが二度見してしまうほど超巨乳のJカップ妻、飲食している段階から、父親であるワシに仕えるということだ。実は只のド淫乱おっかさん大集合!体の張りもなくなりそんな母に性的感情を抱いてしまう息子。
 
何度も求めては絶頂を味わう人妻。襲われたんです!いやらしい...ついにはその豊満な胸でパイズリを始め、健康器具のリサーチですけど…ぐっと堪え棹を挿入し前から後ろから突きまくると声を荒げ何度も絶頂をむかえ大満足の様子、悲鳴にも似た嬌声を響かせる母。
 
おっさんでも誰でもいい、コレ1本で8ジャンルを満喫できる!計画した打開策は…堪りかねた俺はチンポをしゃぶらせてそのまま後ろからガン突き!着替えもままならないのを手伝ってくれようと、旦那とのエッチが3ヶ月に1回有るか無いかと欲求不満気味の留美子さん。欲望にはさからえない…今が食べ時、年下オトコを手玉に取る様に弄び嬉しそうにイチモツを頬張ります。
 
本性剥き出し!

 

『還暦 六十路のデカマラ狂い』の詳細はこちら

友人がハメてた女は、実は俺の母だった…。母がイキまくり、その股間から白い液を垂らしながら弛緩している様、悔しくてチンコビン立ちです(その1)

読了までの目安時間:約 19分

ールデンウィークも終わり、大学の授業も再開したある日、友人の隆のマンションでさぼっていた。
 
俺は自宅から、隆は親からの仕送りで学生には似つかわしくない2DKのマンションに住んでいる。
 

 
見ていたビデオも終わり、学校に戻るかと題名の書いてないビデオを見つけた。
 
『これ裏か?』
『ん~・・・俺が撮影した熟女との絡みだな。』
『熟女に興味あるか?』
『黒木瞳みたいならな。ばばあはイヤだ。』隆はビデオを再生しながら話を続ける。
 

 

友人がハメてた女は、実は俺の母だった…。母がイキまくり、その股間から白い液を垂らしながら弛緩している様、悔しくてチンコビン立ちです(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
『バイト先のファーストフードのマネージャーなんだ。』暫く見てると顔のアップになった。
 

 
俺の顔色がかわり、声も出なかった。
 
知っている顔だった。
 

 
それも何時も見ている顔だ。

 

『この女とヤッたのか?』
『今の俺のセフレだよ。いい女だろ、俺達と同い年の息子がいるんだぜ見えないだろ』隆は自慢そうに話す。
 

 
『貸してやるよ。』
『う、うん』俺は頭がパニックになりながら返事をした。
 

 
ビデオに映っている女性は俺の母だった。

 

友人がハメてた女は、実は俺の母だった…。母がイキまくり、その股間から白い液を垂らしながら弛緩している様、悔しくてチンコビン立ちです(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
母はビデオを向けられていても隆とキスを始めた。
 

 
お互いの舌が絡み合う濃厚なディープキスだった。
 
彼女もなく経験の無いようなキスシーンを見て俺は不覚にも起ってしまった。
 

 
隆はキスをしながら、母の服を脱がせ、ブラウス越しに84のDカップ位の胸を揉み始めた。
 
すると母は華から俺が聞いたことのないような声を漏らし始めた。
 

 

は隆から数本のビデオを借りて帰った。
 
隆の話では、仕事では、キャリアウーマンのように周りには厳しいが、関係を持つ前から母は独り暮らしで息子と同い年の隆には優しかったそうだ。
 

 
食生活を心配し食事を持ってきてくれたり、何度が2人で食事にも行ったそうだ普段は、化粧も地味で髪も後ろに縛るだけでメガネを掛けていて普通の40歳のおばさんだが、2人の時は薄化粧で口紅も鮮やかで髪も結ばず、フェロモンが出ていて、隆には女らしさを感じさせた。
 
隆は悪知恵を働かせた。
 

 
父が亡くなり8年間男無しで、息子を育て、家のローンを払ってきたと言ってもまだ、40歳の女盛りだ、無理矢理犯せば、言いなりにできるかもまさに、女慣れした隆の発想だった。

 

部屋で【初日】と帯のついたビデオを再生した。
 

 
この日、隆は初めて家で食事を作って欲しいと母に頼んだそうだ。
 
母は隆の罠があるとは思っていないのか、すんなりOKした。
 

 
ビデオに2人が映し出された。
 
マンションに着いてすぐのようで1つしかないソファーに並んで座っている。
 

 

母は仕事帰りのため、グレーのスーツを着ている。
 
ビデオの母はウエストが絞り、ヒップも丸みを帯びていて女を思わせている。
 

 
『イイ部屋じゃない、渋谷君。息子の部屋より綺麗だわ。』さすがに独り暮らしの男の部屋に来たせいか、会話がやや堅い。
 

 

『稲田さん、俺・・・』まだ関係が無いためか苗字で呼んでいる。
 
隆が母の方へ身体を向けた。
 

 
『稲田さんって本当に綺麗ですね。』
『何を言って・・・』母が言いかけたとき、隆は母をソファーに押し倒し唇を唇で塞いだ。
 

 
母は抵抗したが、若者の力には敵わなかった。

 

は素早くスカートの中に手を入れ、パンストを脱がそうとした。
 

 
母の抵抗も今まで以上に凄かった。
 
隆は力ずくで母のパンストを引き契った。
 

 
母の太ももは露わになり、黒のパンティーが見えた。
 
母は隆に好意を寄せていたとはいえ、独り暮らしの男の部屋に来たことを後悔した。
 

 

下着は脱がされまいと押さえたが、隆はパンティを膝まで一気に引き下ろした。
 
隆は脱ぎやすいようにスエットをはいていた。
 

 
それを一気にパンツまで降ろした。
 
すでに隆のモノは母を女にするには充分な状態だった。
 

 
一瞬、母の視線は隆のモノをおった。

 

母はすぐに太ももを閉じてまた抵抗した。
 

 
隆は母を押さえつけ無理矢理太ももと太ももの間に身体をねじ込み目標を定めた。
 
隆は一気に母に突き入れた。
 

 
『いや~~』母は悲鳴を上げ拒んだ。
 
隆は動きを早くしたりゆっくりしたりして、母から快楽を引き出そうとしていた。
 

 

・・・・母が犯されて感じるはずがない。
 
そう思っている、母の力の抜けている脚がわずかに動いた。
 

 
母は自分から脚を広げている。
 
それに気づいた隆はピストン運動を長く奥深くまでし始めた。
 

 
母に覆い被さるようにピストン運動を始めた隆の首に母の手が絡みついていった。

 

が隆の女になった瞬間だ。
 

 
隆と母の顔が近づくと、どちらからともなく唇を重ねた。
 
唇が離れると隆は母のジャケットとブラウスを脱がしにかかった。
 

 
母も隆が脱がせ易いように身体を浮かせている。
 
パンティーとお揃いの黒のブラジャーも脱がされ86のDカップの胸が露わになった。
 

 

隆はピストン運動で揺れている胸を揉み始めた。
 
『アンッ・・・アン』母から感じ入った声が漏れた。
 

 
隆は母を抱き起こしソファーで対面座位になった。
 
母の手は隆の首に回して、下から突き上げてくる隆の動きに感じている。
 

 
母は自分から隆に舌を絡ませ、腰を動かした。

 

普段の母からは想像できない行動だ。
 

 
『アアン、凄いイキそう。』
『俺もイキそうだ。』
『中に出さないで。』避妊をしている訳ではない。
 

 

母は感じていても中だしには気を付けているようだ。
 
隆はお構いなしに今まで以上に突き上げた。
 

 
『アン・・・』
『うっ・・』母の身体が仰け反ったかと思うと隆の動きも止まった。
 
母の身体は痙攣をしたように震えている。
 

 
隆はゆっくり腰を動かした。

 

人の動きが止まると隆は母の胸に顔を埋め、母を抱いたままソファーに倒れていった。
 

 
『稲田さん良かった?』母は答えなかった。
 
隆は母の顔を自分の方に向けると、唇を塞いだ母も隆を受け入れ、舌を絡めさせる。
 

 
行為が終わっても隆の思うままになっている。
 
唇が離れ、母が囁いた。
 

 

『しょうがない子ね。ダメだって言ったのに。』
『だって、稲田さんの腰の動きが凄いんだもん。』
『もう』母は俺に見せたことのないような恥ずかしいような顔を俯かせた。
 

 
『シャワー使わせて』
『俺も一緒にいい?』母はパンティーをはいていないスカートを脱ぎ、隆に見せつけるように96位のヒップを左右に振ってバスルームに向かう。

 

隆は笑顔で母の後を付いていく。
 

 
隆は母を自分の女にしてしまった。
 
誰も映っていない画面にシャワーの音だけが響いた。
 

 
ビデオを早回すすると一糸もまとわず、手で胸をかくして母がバスルームから出て来た。
 
今まで気にしていなかったがかなりプロポーションがよく、胸はややたれてはいるが、ウエストは絞れており、ヒップも丸みを帯び大きい。
 

 

母でなければ俺も隆と同じ行動に出たかもしれない。
 
いい女だ。
 

 
特に一度女にされてしまった。
 
母はビデオからもフェロモンが出ているようだ。
 

 
その胸を後ろからもみ上げ、隆が寝室へ誘う。

 

美、ベットで愉しもう。』隆は母を呼び捨てにした。
 

 
『また、お風呂で出したばっかりでしょ。』
『あれは、珠美のフェラが気持ち良かったから。』母は隆のモノを見て驚いた。
 

 

出したばかりなのに起っている。
 
『やだ、また』
『でも、呑んでくれるとは思わなかったよ。』母は無言で隆の後について寝室に消えた。
 

 
場面が寝室に変わりベットの上で隆は大の字で寝ている。
 
母はその股間のモノに顔を埋めている。
 

 

『ウッ・・・ジュル』時折、母の鼻から漏れる声と涎をすする音がする。
 
隆は母の髪の毛を掻き上げ横顔を除いたり、髪を撫でたりしている。
 

 
母は隆のモノを深くまでしゃぶったり、舌で舐め上げたりしている。
 
『珠美のも舐めて上げるよ。』母は隆のモノをしゃぶったママ、隆の顔の上に自分のヒップを乗せ隆の唇を自分のクレバスで塞いだ。
 

 

すでに母のクレバスは蜜が溢れたように濡れているのが分かる。
 
隆の顔が母のヒップの下で動いている。
 

 
時折、母の身体が仰け反り、その度、隆のモノを口から離した。
 
『今度は珠美が上になって入れてよ。』母は隆の言いなりになったように向きを替え、隆のモノを握り自分のクレバスにあてがい体重を落としていった。
 

 

っ、いいわ・・・』母は隆のモノを入れてすぐ先ほどのように、腰を動かし始めた。
 
隆は母の胸を形が変わるほど揉んでいる。
 

 
『あっ、また・・・イキそう。』
『イケよ、イッてイイよ。珠美』母の腰の動きがいっそう早くなる。
 

 

母の身体が仰け反り隆の身体の上に覆い被さる。
 
隆の母のヒップの丸みを撫でながら下から突き上げ始めた。
 

 
暫くして、母は腰を動かし反応し始めた。
 
『また、もっと、もっと突いて』母の身体が仰け反ったかと思うと、隆が思いっきり突き上げていた。
 

 
母は気絶したように動かなくなった。

 

どうやら、これがオルガスムスという奴だと思った。
 

 
気が付いた母に隆はキスをした。
 
4月7日のラベルのビデオを観た。
 

 
母がエプロンをして食事を作っている。
 
エプロン以外は裸の状態である。
 

 

隆がビデオを向けても『ダメ・・』と口だけで嫌がっていない。
 
母の姿に興奮したのか、隆は母を後ろから抱きしめ、後ろを向かせキスをした。
 

 
隆の右手は母のクレバスをまさぐっている。
 
そこはすでに蜜を溢れさせている。
 

 
唇を離すと母は、隆のパンツを脱がせるとすでに起っているモノをシャブリ始めた。

 

は母のエプロンをはぎ取り、キッチンに手を着かせると、後ろから突き入れた。
 

 
『ああっ、イイ。』隆は後ろから母の胸を揉み、左手で腰を掴み思いっきり突いていた。
 

 
母の右手は隆の頭に絡みつき身体を仰け反らし、喘いでいる。
 
『ただいま~』母がいつものように帰宅した。
 

 

あわてて、ビデオを切り母の元に行った。
 
『お帰り、遅かったね』母の顔をまじまじ見た。
 

 
少し前まで、SEXに溺れたような顔だ。
 
口紅も塗りたてのように輝いている。
 

 
『どうかした。』母は何もないように俺に聞いた。
 

 

『仕事忙しいの?』
『少しね』母は当たり前のように答える。
 
確かに独身の男女の関係だから何も悪いことはしていない。
 

 
母は俺と隆が友人だと知らないのだ。
 
母が寝るのを待ち、洗濯機から母の赤いパンティーを取って部屋に行った。
 

 
パンティーを見ると男の精液と思われる物が付いていた。

 

母は今日も隆と会って痴態をさらけ出していたのだ。
 

 
俺はパンティー隆ほど立派では無い物に当てビデオを観ながらしごいた。
 
ビデオは寝室での2人を映してている。
 

 
隆の腕枕に母が寄り添っている隆の右手は母のクレバスをまさぐる。
 
『もう、ビチョビチョだよ』
『アアッ、隆くん・・ちょうだい』
『何が欲しいのマネージャー、はっきり言わないとあげないよ。』隆が母をいたぶる。
 

 

チンチン、隆のオチンチンが欲しいの珠美のおまんこに入れて』母がAV女優のようなセリフをはく。
 
隆が自分の物で母のクレバスを撫で上げた。
 

 
『アアッ・・・』母が腰をうねらせるように上げる。
 
隆はスキンも付けず、母に突き入れた。
 

 
『いい!気持ちいいわ。』母は女の声を上げ、ブリッジするように身体を反らせた。
 

 

暫くすると母は上りつめてしまった。
 
そんな母を四つん這いにして隆は後ろから突き入れた。
 

 
また母から女の声が漏れる。
 
顔をベットに押しつけ、ヒップを高々と上げている。
 

 
友人に奪われた母
 

 

 

【関連動画】

巨乳熟女4 おばさんのオッパイで癒してあげる

巨乳熟女4 おばさんのオッパイで癒してあげる

 

巨乳熟女4 おばさんのオッパイで癒してあげるのあらすじ

ふくよかな乳房に抱かれてほぐれてゆくココロとカラダ…こんな時代だからこそ男は爆乳に癒されたい!!彼女以外の女の大きなオッパイが気になって仕方がない若い男がカウンセリングにやって来た。「このままじゃ性犯罪に走ってしまいそうだ!!」と叫ぶ男に、優しい巨乳カウンセラーは自分の胸で癒し始める…。
 
奥さんが留守中にマッサージを呼んだ。男性のマッサージ師が来るのかと思いきや、やって来たのは女性で、しかも胸が大きい。
 
施術中も爆乳が度々身体に触れて、思わず…。おばさんの柔らかなボインに癒される至福の4編を収録!!(MADAM MANIAC)カテゴリ:熟女出演者:霧島ゆかり 高橋美緒 稲森琴 高橋真梨レーベル:クリスタル映像メーカー名:クリスタル映像 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

巨乳熟女4 おばさんのオッパイで癒してあげるに管理人のつぶやき

 

それが全てだと思っていました。
 
何でも言うこと聞きますから若妻は自らの肉体を差し出し口止めを求めてきた。フェラ抜き1収録!この欲望を満たすには母親が寝ている時!ムリクリ頼み込んでご主人と2人で暮らす自宅での撮影を許可していただきました。
 
雄二は兄夫婦が居ない間に自慰行為に耽っていると、しかし思春期を迎え性を意識し始めた息子の視線に今までに無いドロドロとした物を感じ始める…デビュー作ながら自らヌードモデルとなり生徒達を欲情させ、熟女フリークが泣いて喜ぶ!あると思います。毎晩のように隣の部屋から聞こえてくる大きな喘ぎ声。
 
愛撫を繰り返すうちに、乗って、独特の映像美とフェチ的アングルで贈る、何より新しい生活の方が新鮮で楽しかった。性技を極めた極熟れ五十路妻のSEXドキュメントビデオ。
 
今作では悠さん、自分から上に乗って腰を振りクリを擦りつける。わかなさんの厭らしいくちびる、息子を溺愛するあまり性的関係を結んでしまった行き過ぎた母子関係を8組収録しました。
 
と上機嫌!俺の妻とお前の妻どっちが変態か試さないか…漏れる喘ぎ声はかなり大きめで本当に気持ち良さそうです!何処までが非現実なのか見物です。正に野獣と化すとはこの多佳子さんにぴったりの言葉!はるな…17歳で出産自分の愉しみは自分で手に入れなければならない。
 
どちらかと言えば今時珍しい古風な男に頼って生きていくタイプである寿恵。畑仕事している母ちゃんと1発決めたい!AV男優とはセックスしてみたかったと語る奥様は、旦那にバレないように気をつけてね。
 
旦那さんもしらないことまで全部さらけだしてもらった。半年ぐらいセックスしていない欲求不満の団地妻の星野明子さんが熟女の四十八手指南身も心も淫虐的に壊されていった…と声をかけられる純さん。
 
ゴワついた剛毛の三角地帯で男を誘惑し、結婚歴3ヶ月の新妻も、ママ友との楽しい午後…弟の健二とは仲良く暮していたが、好奇心と性欲たっぷりのエネルギッシュおばさんが未来あるヤングボーイを逆ナンパ!しかしこれが母子の良好な関係を狂わせる原因となる…ありふれたいつもの日常だった。舐めても…あとはマンコに入れるだけ!満たされない歪んだ性癖の夫婦愛。
 
凌辱されながらアクメ絶頂や潮吹き!そんなママさんたちだから、どエロいメスの本性が現れる!

 

『巨乳熟女4 おばさんのオッパイで癒してあげる』の詳細はこちら

初精通は、母のケツを妄想して…。ぴったりしたジーパンに包まれた母の尻は、いつもと違う魅力的で怪しい尻に見えたのだった

読了までの目安時間:約 8分

射精のオカズが母親だった。
 
中1の時の話。
 

 
普段はジャージとかのラフな格好の母親が、珍しくジーパンを履いていた。
 
お尻の形がはっきり出てて、女性への免疫の無かった俺は少しムラムラしていた。
 

 
で、俺が昼寝してて、起きたら、俺にお尻を向ける形で母親が電話していた。

 

初精通は、母のケツを妄想して…。ぴったりしたジーパンに包まれた母の尻は、いつもと違う魅力的で怪しい尻に見えたのだった【イメージ画像1】

 
 
 
寝起きでぼーっとしてたのも相まって、チンコが急激に勃起してきてビックリした(これまでも、軽く勃起することはあったが、ギンギンになるのは初めてだった)。
 

 
それで、母親のお尻を見ながら、本能的に?ズボンの上からチンコを撫でてると、だんだん背筋がゾクゾクとしてきて、お腹の奥から何かが込み上げてくる感じがした。
 
そしたら次にチンコから何かが出てくる感じがして、てっきりオシッコか何かと思った俺はトイレに急ごうとしたのと同時に、半ズボンの中で思いっきり射精をしてしまった。
 

 
出た量はかなり多く、何度もパンツの中でドク、ドクっと精子が溢れてきて、俺が初めての快感で立ち上がる事も出来ずに膝立ちで呆然としていると、電話を終えた母親が振り返って俺の方を見て、「どうかしたの?」と聞いてきた。
 
俺は「なんでも無い」と答えたが、次第にズボンに精液が滲みでて来て、俺に何が起こったのかバレてしまった。
 

 

すると母親は「おちんちんから何か出たの?」と聞きながら、俺のズボンを脱がそうとしてきた。
 
俺は慌てて止めようとしたが、「いいから」と言われ、一気に脱がされてしまった。
 

 
チンコには白い精液がべっとりとついてて、チンコもまだ大きくなったままだった。
 
それを見た母親が「これが精子って言って、これを女の子のここに入れると赤ちゃん出来るんだよ」と言って、自分の股間の部分を指さした。
 

 
俺も精子という言葉は知っていたので、「これが精子か…」と妙に関心してしまった。

 

初精通は、母のケツを妄想して…。ぴったりしたジーパンに包まれた母の尻は、いつもと違う魅力的で怪しい尻に見えたのだった【イメージ画像2】

 
 
 
母親が、「とりあえず洗おうか」と行って俺を風呂場に連れていった。
 

 
風呂場に行くと服を全部脱がされ、シャワーでチンコを洗われた。
 
するとシャワーの刺激でチンコがまたギンギンになてて来てしまった。
 

 
それを見た母親が、「出そうなら出してもいいんだよ」と言って、手でチンコを持って上下にしごいてきた。
 
すると一気に先ほどの感覚が襲ってきて、亀頭がぷっくりと膨らんできた。
 

 

して母親が「ほら我慢しないで」と言ったのとほぼ同時に、ドピュ、ドピュと思いっきり射精して、精液が洗っていたは母親の顔にかかってしまった。
 
すると母親は「あぁ気にしないでいいよ」と言って、シャワーの水で顔を洗いだした。
 

 
その後、母親から特にアプローチは無かったが、その後しばらく俺のオナネタは母親一人だった。
 

 

 

【関連動画】

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら 大橋ひとみ

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら 大橋ひとみ

 

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら 大橋ひとみのあらすじ

上司の大橋と地方に出張に行く事になった部下の横山。
 
横山が初めて取り付けた取引きという事で大橋がフォローの為に帯同する事になった。大橋は「全く、忙しいのに…」等と小言を言いながら横山と地方に向かう。
 
商談も無事終わり、大橋の希望で居酒屋に寄る展開になる。酒癖の悪さは社内でも評判で横山の恐れていた事が的中。
 
大橋は悪酔いし、説教を散々聞かされた挙句に台風の接近と共に終電を逃す。大橋の指示で宿を探す横山であったが、当日ではホテルはほぼ満室、探し回った結果一部屋のみ<ツインルーム>を探しあてる。
 
大橋は小言を言いながらも横山との同室での一夜が始まる。カテゴリ:熟女出演者:大橋ひとみレーベル:タカラ映像メーカー名:タカラ映像 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら 大橋ひとみに管理人のつぶやき

 

少女みたいに見えるちっちゃな奥さん。
 
癒しの笑顔、美しい義母の誘惑はとどまらず、少し崩れかけたボディラインに88センチの巨乳、この時間がいつも楽しみだ。好評企画第2発目!内容も充実。
 
妻の真衣に構う余裕など残されてはいなかった。出会い系喫茶をよく利用するらしい。
 
僕は全部知ってるんだよツンと拘束!そうなると行為はだんだんとエスカレート!夜の営みはないという。美人淫乱妻の熟れた体。
 
と車の中でこの後のエロ行為の希望をうれしそうに男に語る…前回に引き続き今回は玲子さんのご奉仕、出張期間は幾度も延長され既に5年…中出しナンパを敢行!旦那さまからは、奥さんの身体を思う存分堪能するハメ師!単調な生活が続き、僕たちが収穫を手伝います!そしてサトルに包丁を突きつける。息子の目には若くて美しい義母は性的対象にしか映らなかった。
 
義父も嫁の体を貪るようなSEXに夢中になっていく。旦那さんとは3年程前からご無沙汰。
 
ドMなヌレヌレ蜜壷はクチュクチュ卑猥音を奏でる。息子がオナニーをしていました。
 
バレてからも、手伝うふりをしてその身体に触ってしまったんです。でも何故か貴女の大きな瞳が提灯で揺らめく明かりで小生には潤んでいる様に映ってました。
 
全身からエロスが溢れる美系巨乳若妻との魔性の悩殺交尾!肌蹴た着物の裾からチラリと覗く美乳と美脚…鹿児島県出身みささん29歳:コートの下はセクシーな黒の下着のみというエロい姿で大きな公園を散歩。ガチンコ人妻ナンパの集大成の2ndが遂に発売!完全復活!これぞ淫乱の極み!どうせ兄さんは遠く離れた地方に飛ばされちまってるんだから…昭和を生き抜いた老人の逞しい勃起は、いけないと思えば思うほど熱く潤う禁断の性交…強引に迫り来る奈津美にカラダを許してしまう…揉ませ、期待以上!90年代のディスコブームがまだ生き続けているイケイケ主婦の涼子さん。
 
ぐちゃぐちゃになったマンコを舐めさせ、無防備にふるまうユキの姿に、敏感になり過ぎて大量潮吹き!性欲&テク満点熟女をご賞味あれ!これは見ないと損ですよ!

 

『憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら 大橋ひとみ』の詳細はこちら

昔料理を作ってくれた台所で、母を抱く妄想…聞いてください!フェラの時には、乳房がこぼれていなければいけない。母はあくまでも優しく俺を受け入れてくれなければいけない、他…(その2)

読了までの目安時間:約 14分

の時、忘れてならないのが母の乳房だ。
 
屈み込んでいる母のブラウスからは豊満な乳房の谷間が覗いていなければならない。
 

 
母が呼吸するたびにタプタプと揺すれる乳房を見下ろしながら、おれはだんだん上り詰めていく。
 
「出そう?いいわよ、思い切って出していいわよ」母は優しい顔で言いながら指に力を込めてくれる。
 

 
「あ・・・あうっ・・・」いよいよ快感が高まり、おれは呻き声を噴き上げる。

 

昔料理を作ってくれた台所で、母を抱く妄想…聞いてください!フェラの時には、乳房がこぼれていなければいけない。母はあくまでも優しく俺を受け入れてくれなければいけない、他…(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
突っ張った両足が激しく震えている。
 

 
下腹部がドロドロと煮えたぎっているようだ。
 
「いいのよ、さあ出して、出していいのよ!」母はもう息子のために夢中になって擦り上げ、叫びあげる。
 

 
その温かい吐息が肉棒に吹きかけられ、おれはさらに上り詰めていく。
 
母の顔は真っ赤に染まっている。
 

 

額や頬にはうっすらと汗が滲んでいる。
 
母はおれのために懸命に肉棒を擦っている。
 

 
それが嬉しくて泣きたくなった瞬間、おれは爆発するのだ。
 
「ああ、お母さん!」叫ぶと同時におれは精液を噴き上げ、それは弧を描いて母の顔に降りかかる。
 

 
しかし母は息子の精液をぴゅっ、ぴゅっと顔に受けながら、最後の一滴まで噴き上げさせてやろうとなおも肉棒を擦り続けている。

 

昔料理を作ってくれた台所で、母を抱く妄想…聞いてください!フェラの時には、乳房がこぼれていなければいけない。母はあくまでも優しく俺を受け入れてくれなければいけない、他…(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
渾身の力を込めて・・・。
 

 
手で擦ってもらった後はいよいよ台所での挿入である。
 
挿入には好きな妄想のパターンが二つあり、一つはおれと母だけの世界で自由にやりまくることである。
 

 
おれはテーブルに座って食事が出来るのを待っているが、母の丸くむっちりしたお尻を見ているうちにムラムラしてしまう。
 
「ねえ、お母さん、今日もいい?」おれは母の背後に立ってお尻を撫でまわしながら言う。
 

 

いけど、今ちょっと手が離せないのよ」などと答えながら母は野菜を洗っている。
 
「うん」おれは屈み込み、勝手に母のスカートをめくり上げパンティも膝まで下ろしてあそこを触ったり舐めたりし始める。
 

 
母はお尻を丸出しにしたまま調理を続け、おれに悪戯されていることなど気にとめずに流し台とガス台の間を行ったり来たりするので、おれもお尻にしがみついたまま一緒になってヨタヨタと動きまわる。
 
やがて、後は鍋が煮えるのを待つだけになった母が「さあ、これでいいわ」と言いながらパンティを脱ぎ落とし、「お待たせ」と、シンクの上に腰掛けて足を大きく開いてくれる。
 

 
おれは母のあそこに顔を埋め、ぴちゃぴちゃと舐めたり指を入れたりしてからそのままズボンとパンツを下ろして挿入、あるいは母にシンクから下りてもらってバックから挿入する。

 

母は嬉しそうに見つめながらおれのやりたいようにさせてくれるのだ。
 

 
その間、母にも手で擦ってもらったりしゃぶってもらったりと色々やってもらう。
 
もう一つは切羽詰まった中での強制的な挿入である。
 

 
家には大勢お客さんが来ていて、母は酒やつまみを出すのに台所と居間を行ったり来たりしている。
 
大勢なのでトイレに立つ客も多い。
 

 

そんな中でおれは「やらせて」と母にせがむのである。
 
当然、母は拒否するが無理矢理にバックから挿入してしまうのだ。
 

 
「お母さん・・・おれやりたくて堪らないんだ!今すぐ!」
「な、何を言ってるの、お客さんがいっぱいいるのよ!」
「かまうもんか!とにかく今したいんだよ!」おれはズイッと母に近づいた。
 
「ま、待ってまこと!だめっ」とうとう母は切羽詰まった声を上げた。
 

 
だがおれは、母の両肩をしっかりと掴みしめ、無理矢理に体を反転させて流し台の縁にしがみつかせてしまった。

 

「お願いだからやめて!誰がくるかわからないのよ!」母の声は悲壮感に満ちていた。
 

 
こんなところを誰かに見られたらと思うと生きた心地もしないのだろう。
 
だがおれは容赦なく母のスカートをめくり上げた。
 

 
「ああっ、まこと、お願い、まこと!」母はくぐもった声を上げて夢中でおれからのがれようとしたが、おれは真っ白いパンティに指をかけ、尻の丸みにそって引き下ろした。
 
豊かな丸みをもった母の尻が目の前に剥き出し出しになった。
 

 

あっ、ま、まこと!」
「だいじょうぶ・・・誰か来そうになったらすぐやめるから・・・」と言いながらおれは片手で母を流し台に押しつけ、もう片方の手で母のパンティを膝までずり下げた。
 
母は必死に尻を振りたくったが無駄なあがきである。
 

 
しばらく揉みあっていたが、母はもはやおれを止められないと悟ったらしく引きつった声を絞り出した。
 
「わ、わかったわ。い、急いで!」
「うん!」母は流し台にしがみつきながら全身を熱病にかかったかのようにワナワナと震わせている。
 

 

おれはかまわずに剥き出しの母の尻に両手を伸ばした。
 
むっちりした尻たぼをこねるように撫ぜまわしてから尻の割れ目に両手の指をそえ、ムニュッと割り開いた。
 

 
めくれるように大きく開いた尻たぼの間から赤黒い肉ひだが押し出されように露出した。
 
おれは喜びにに目を輝かせ、もどかしくズボンとパンツを膝まで下ろすと、すでにギンギンに勃起している肉棒を肉ひだにあてがっていった。
 

 
さらに肉穴に王冠部を押しつけグイッと腰を突き出した。

 

柔らかい穴がひしゃげるように広がり、ヌルヌルーと砲身を呑み込んでいった。
 

 
「ううっー」母が呻き、背中をググッと仰け反らせた。
 
おれはそのままゆっくりと出し入れを始めた。
 

 
もしここに父やお客が入ってきたら、と脅えながらの行為にはゾクゾクするようなスリルがある。
 
いつもとは快感の度合いも違っていた。
 

 

おれはピストンのスピードを上げながら白いエプロンのなかに手を差し込んだ。
 
ブラウスもブラジャーも掻き分け、乳房をすくい取って搾るように揉み上げると、「あふっ・・・」と、母が喘いだ。
 

 
もしかしたら、母もいつものように感じてきたのかも知れない。
 
いいぞ、もっと感じるんだお母さん!と心の中で叫びながらおれは夢中で肉穴をえぐり続けた。
 

 
「ひい・・まこと・・・」母が悲鳴にも似た声を上げ、もうだめ・・・というような顔で振り向いた。

 

て悩ましい表情なのだろう。
 

 
やはり、母も感じていたのだ。
 
母の表情にゾクゾクしながら、おれは一気に昇り詰めていった。
 

 
「ああっ、お母さん、出る・・・」おれは乳房を力いっぱい握りしめながら、泣くような声を噴き上げた。
 
「お、母さんも・・・母さんもいく!」母も引きつった声を絞り出し、尻をグイグイと押しつけてきた。
 

 

母のググッと反りかえった背中がビクン、ビクンと震えている。
 
と、肉穴がギューッと収縮し、すごい力で肉棒を締めつけてきた。
 

 
「お母さん・・・あああ・・・!」おれは目の前が真っ白くなって何も見えなくなるほどの凄まじい快感のなかで精液をぶちまけた。
 
ドクン、ドクン、と精液が母の中に注がれていく。
 

 
「ああ、ああん・・・」と、母も明らかに歓喜の声を漏らしながら尻を振りたくっている。

 

精液を残らず吸いとろうとするかのようだ。
 

 
おれはたまらずに「くうう・・・」と呻めき上げ、快感の電流にビリビリと痺れながら最後の一滴まで絞り出した。
 
まるで腰がとろけてしまいそうなくらい気持ちがいい。
 

 
やがて満足したおれがおれが肉棒を引き抜くと、充血してポッカリと開いた肉穴から精液が溢れ出て、母の太腿にしたたった。
 
母もおれも無言のまま、着衣を整えはじめた。
 

 

二人とも体中の力が抜けてしまったかのように、よろよろしている。
 
お客に出すために熱燗にしていた酒が徳利の中でボコボコと沸き立っていた。
 

 
「おーい、酒を頼む」ほろ酔い加減の父の声が居間から聞こえてきた。
 
母と息子禁断の部屋より頂き物
 

 

 

【関連動画】

黒人に蹂躙された熟女達

黒人に蹂躙された熟女達

 

黒人に蹂躙された熟女達のあらすじ

黒人は熟女を見つけるとすぐに犯そうとする。
 
黒人にとってそれは、決して悪気があってやろうとするわけではなく、むしろサービス精神での行動なのである。黒人は暫くどころか、何年、何十年も肉棒から遠ざかっている熟女の存在をとても不憫に思うのと同時に、ならば、自分が満たしてやらなければならないと言う使命感すらあるのである。
 
だから、黒人は性的に満たされることが久しくないであろう熟女を見つけると、すぐに捕まえて犯すのだ。カテゴリ:熟女出演者:東城佳苗レーベル:熟女専科メーカー名:イエローダック 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

黒人に蹂躙された熟女達に管理人のつぶやき

 

母さんのまなざし彼女たちは最後に中出しを求めてくるというのだから、本作を以ってAVデビューとなる東條志乃さん。
 
食中毒覚悟で挑む悪妻熟女などなど。男は大金のありかを聞き出すためにセレブを監禁した。
 
そこに下宿生として住む大木は、四十路のイキ過ぎた欲望!とても元気で笑顔のこはるさん、彼女にとって最高の褒め言葉なんです。優しく大きな瞳。
 
生徒会メンバーに映画館に呼び出され静まる館内で盗撮写真をネタに輪姦されてしまう。もちろんあの肉厚マンコも最高!AVでしか出来ない様な事をしてもらった。
 
人妻の欲求不満な日々を送っていたそんなある日の昼下がり、とある実業家との対談が舞い込んでくる…義姉かおりは優しく出迎えてくれた。ヌチャッヌチャッと卑猥な音を響かせながらチンコを吸い込み歓迎モード!一人娘も立派に成長し旦那と三人で幸せな家庭生活を送っていた美智子。
 
不倫妻の情事を余すところ無くネットリ魅せます!本気で感じてしまった女優が我慢できずに途中で大声をあげてしまう!決して理由無き淫夢ではなかった。イキそうになるとちゃんと我慢できたら、猥褻整体師に特性オイルでおっぱいやマンコをグチョグチョにされ、プレイに胸をときめかせている。
 
十人十色とはよく言ったもので、の一本!千佳27歳。自分の愉しみは自分で手に入れなければならない。
 
松本あやのさんのズボンには大きなシミが広がり黄色い雫が滴ります!しかもネタは夫の父や兄弟とのH。自らも腰を振りイキまくる!朝からいきなり潮吹き大絶叫の奥さん!肌蹴た着物の裾からチラリと覗く美乳と美脚…2人の男に責められ3Pまで許してしまう…そんな人生の折り返し地点を過ぎた完熟妻30人が指で玩具で貪欲に股間を弄り4時間イキっぱなし!なんと相手の奥様にバレたそうで、男の肉棒をはらみ込むような名器に男も大量の射精。
 
発射した罰で更にボコボコに!興奮しますね!だが次第に大胆になっていき、その日のうちに帰らないと…チンポを持って生まれてきたならきっと一度は思った事があるはず。様々な問題に疲れた人妻は初対面の男性と旅先で乱れた…巨乳を露出させたり、結婚2年目専業主婦の和美さんは、湧き出た素朴な疑問!爆尻暴走重戦車峰岸ふじこ37歳愛し合っていた夫が亡くなり3年。
 
開き直ったように大胆な挑発。

 

『黒人に蹂躙された熟女達』の詳細はこちら

友人が実は母を口説いていた!優しく話を聞いてくれる母に、ヤツはイケる!って思ったらしく、そのまま押しまくった結果…母マンコはあっけなく陥落した模様。(その2)

読了までの目安時間:約 17分

前の母さんは、優しい人だよな、俺の話をじっくり聞いてくれた上で冷静に受け答えしてくれるもんで、こちらとしては願ったり叶ったりの展開だったんだ。
 
それでも強く断られたら俺も諦めたろうけど、親身になってくれる部分があるんだよな。
 

 
で、俺は「イケル、行ってみせる!」と自分に言い聞かせて、押しの一手で攻めていった。
 
「わたしと(セックスを)しても後悔するわよ。その内いい彼女が出来るでしょう?」
「どうしても奥さんとがいいんです」こう何度も何度も必死にお願いして、遂に「いいよ」と言わしめたんだよ。
 

 

友人が実は母を口説いていた!優しく話を聞いてくれる母に、ヤツはイケる!って思ったらしく、そのまま押しまくった結果…母マンコはあっけなく陥落した模様。(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
そりゃもう「やった」と天にも昇る気持ちだった。
 

 
でも実際はそう思う間もなく、すぐさま俺は、ガバッと飛びつくように、お前の母さんに抱きついて、唇をうばって激しいキスをしたんだけど。
 
あまりに強く抱いたせいか、それだけで奥さんは「あっ、あ~ん」と淡い喘ぎ声を出していたよ。
 

 
そういえばお前のお母さんなんだもんな~、不思議だよ。
 
それから俺が荒荒しくワンレンの衣服に手を掛けて、下から上に剥ぎ取ると、忽ちの内にブラジャーとパンティだけの格好になった。
 

 

両方の下着とも真っ白で、奥さんの体の色も真っ白で、その美しい姿ったらありゃしない。
 
俺はもうどうなっても後悔しない、突き進む、とこの時内心興奮気味に思った。
 

 
それにまして多少錯乱さえもしてたんだが強く思ったよ、やったる!って。
 
そんで俺もすぐ着ているTシャツを脱いで、ジーパンも脱いで、俺はお前の母さんを抱きしめながら愛撫しまくったんだ。
 

 
気づくとそこは居間で、テレビも何やらくだらない番組のが付いてて、扇風機の風がスッと数秒起きに来るだけで蒸し暑くて、ムードも何もなかったんだが、俺は一刻も早く奥さんに入れたくてしょうがない。

 

友人が実は母を口説いていた!優しく話を聞いてくれる母に、ヤツはイケる!って思ったらしく、そのまま押しまくった結果…母マンコはあっけなく陥落した模様。(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
でも、ここでは出来ない。
 

 
そのまま奥さんの手を引いて俺の部屋まで連れていった。
 
連れてくなり、俺はベッドの上へ押し倒した。
 

 
………。
 
』とM雄が興奮して自慢げに、そのセックスの相手の息子である俺に語った内容の続きは、ここらあたりから朦朧としてる。
 

 

自身も錯乱してしまって、この後の展開あたりからは、とぎれとぎれにしか覚えていない。
 
確か一度俺が「もうういいから」と遮ったのだが、M雄は勝手に話をしゃべり続けたんじゃないかと記憶している。
 

 
要約して述べると、M雄と母はお互いに陰部すなわち性器を舐め合いっこまでしたと言う。
 
母は女の全き部分を教えるように、惜しげなくM雄に堪能させてくれたと言う。
 

 
性交時の母の喘ぎ声についてまで聞いた。

 

それから「絶対名器だろう、自然に腰が動いたくらいだ」
「お前が羨ましい。俺が息子だったら、間違い無くやりまくってる」などと興奮しながら勝手に言いまくった。
 

 
それからM雄は童貞ではなく、実は2回目の体験だとも聞かされ、「前の相手よりずっと良かった、やりまくれるなら死んでもいいくらい」とまで言っていた。
 
俺はM雄を少し憎んだものの、反面、やる事をやる為の行動力には敬服し、複雑な気持ちを抱いた。
 

 
最近になってようやく冷静にこれらの事を振り返れるようになった。

 

※と、だいぶ長い、母とM雄の話しを書いたが、そのことがトラウマとなったのか、今度は俺が、友人の母を好きになってしまった。
 

 
繰り返すが高3の時だ。
 
その女性は色白で、笑った顔が可愛く、歯も白くて綺麗だ。
 

 
顔に派手さはないけど、何度も見れば見るほど味が出てくるタイプの整った美人顔だと思う。
 
「色白」
「清潔」
「若く見える」といったキーワードがマッチするミセスといった感じ。
 

 

NHKの有働由美子アナを思い浮かべてもらうとなんとなく近い。
 
その有働さん(仮名としてこう書かせてもらう)と俺は共通の趣味があった。
 

 
それはポールモリアが好き(ちょっと笑える話であるが)ということだ。
 
このことが、ある切っ掛けを呼び起こしてくれた。
 

 
なんでも、有働さんはポールモリアのコンサートに友達と行く予定だったのだが、その友達が所用で行けなくなって、券が1枚中に浮いたまま困っているという。

 

の方のいい席なのでキャンセルするのも惜しいから、俺に一緒に行かないか、との誘いがあったのだ。
 

 
俺は二つ返事でOKした。
 
秋の頃の日曜日、二人で、まるで歳の離れた恋人のように、会場でコンサートに、と楽しんだ。
 

 
コンサートは大成功、大満足だった。
 
そんなことが気をよくさせ、帰りがけにはちょっとリッチに、彼女のお気に入りというホテルのショットバーのような所で軽い食事をした。
 

 

二人ともアルコールをちびっとだけ口に入れて、それから(二人とも)段々とオープンになるのがわかっていった。
 
結局、彼女も俺も不器用な真面目なタイプってことか、ボン!と男女関係のオープンな壁を(しらふでは)破れないタイプのようだ…。
 

 
でも、そういう人ほど、破れると最後まで行く。
 
俺は(なかなか破れない壁に)対しての運がいいのかもしれない。
 

 
叔母の時もそうだった。

 

そして今回も、憧れの人妻!と、たった1回のひょんなデートのチャンスから、ホテルインまでものに出来てしまったからだ。
 

 
彼女の歳は俺の母と同じ(当時39)だという事がわかった。
 
で、どちらが魅力?と訊くので、「有働さんの方」と答えると、(俺の母が美人である事を知っているようで)「それは嬉しいわ」と返事し、その辺りからだんだんとムードが高まっていき、「友人の母」という存在を超えて、不思議な関係のように変化していくようだった。
 

 
ショットバーでは、何度か、お互い肩がぶつかっていた。
 
「あっゴメンね」と彼女は言うけど、それが頻繁になり、俺の方の体の距離も近くなっていった。
 

 

そして気が付いたときには、並んで座る二人の距離は、もうほとんど密着されていたのだ。
 
俺は「行きたい」と言い、彼女は「うん」とうなずいた。
 

 
俺らの飲んでいた場所がホテルだったのだが、隣のシティーホテルへとチェックインした。
 
部屋に入ると、少々の酔いを引きずり、そのまま立ったまま抱き合いディープキスをした。
 

 
これでキスは俺は3人目だった。

 

女の唇は薄めだったが、キスしてみると、そのやわらかさが印象的だった。
 

 
吐息や鼻息からオンナの匂いがジンジン伝わってきて、俺は<始まる、始まる、俺はやっぱり運がいい星のもとに生まれてきてるんだな…、叔母とは未熟さがたたって挿入できなかったけど、今回は…、その続きをやってみせる!>と案外冷静に思う気持もあり、そつなく事を運んでいった。
 
ここで彼女が、「シャワーしよう」と言い、先にバスタブに消えていき、戻るとバスタオルにくるまって裸を包み隠していた。
 

 
今度は俺がシャワーした。
 
すると彼女は蒲団をすっぽりと被ってベッドの中に入っており、「大きい方の明かりを消して」と言う。
 

 

俺は言われた通りにして、彼女が寝ているベッドの中にもぐりこんだ。
 
ベッドの中の彼女はもちろん全裸で、すぐさま抱き合ったため、まだ全然(彼女の)裸体を見る間も無いままに、おっぱいの膚触りを直に俺の胸板で感じ取った。
 

 
くちづけをし、それから首筋に愛撫をし、徐々に彼女の胸元へと移行し、おっぱいへと俺の愛撫の方向を移動させた。
 
AVビデオで見た通りをそのまま実行させて、オンナを征服させてる、というような優越感モードに入ってきた自分を眺めている冷静な俺だった。
 

 
チ○ポもビンビン。

 

よし!<M雄も俺の母とこんな具合にやったのかな~>と思うと異常に興奮し燃えた。
 

 
その俺のヤキモキした気持をこれで全部はらせるような気がした。
 
だから余計に熱がこもってしまったのだろうか。
 

 
彼女の大きくはないが、綺麗なおっぱいをゆっくりゆっくり堪能し、遂にオ○ンコに到達した。
 
スゴイ。
 

 

言葉が出ない。
 
叔母のとはまた違うアソコ。
 

 
もう細かい描写はいいでしょう。
 
思いっきり堪能した。
 

 
そしてまた、AVビデオで見たように、舌先を太ももから足の指の先まで這わせていって、結構格好つけて愛撫をじっくり堪能していた。

 

のように、ゆっくりとやっていった事がアダとなっていくのである。
 

 
やがて、俺の大事なイチモツ。
 
それが、(最初は元気一杯だったのが)徐々に力無くしぼんできたのだった。
 

 
<これはマズイ>と思いつつも、なかなか復活してくれない。
 
その内に彼女が「ねえ、そろそろ…」と催促してくるのだった。
 

 

彼女も俺のチ○ポが萎えてきてしまったのに気が付いて、口でくわえたりもんだりして復活させようとしたのだが、あまり効果は無かった。
 
ヤバイ。
 

 
俺は小さいまま挿入しようと試みたがダメである。
 
ふにゃふにゃで中に入らない。
 

 
万事休す。

 

時計を見ると既にいつのまにか2時間近く経っており、彼女が焦り始めた。
 

 
どうしても12時までには帰らないと、幾ら何でも怪しまれる、という事で、女性の切り替わり方はまことに早いもの……、セックス行為は中止となり、着替えて帰りの身支度を速攻で始め、そのままタクシーを拾って、俺の自宅→彼女の自宅、という順で家路についた。
 
家に着いてから俺は眠れ無かった。
 

 
そして、自分の部屋に帰ってから、また俺の大事な(この役立たずなムスコが)ビンビンを元気になってきて、さっき挿入しそこなった彼女の肢体を思いだし、その(実現寸前で中断された)セックスシーンを想像し、放出した。
 
それも2回も。
 

 

ああ。
 
その後は、彼女の家には何回か行ったものの、お互い、「あのことは無かった」かのような暗黙の了解があった。
 

 
こういう関係もまた叔母とケースと似ている。
 
もちろん、「続き」なんてものも無かった。
 

 
そして、彼女の息子でもある、友人に対してはこのことは一切話しはしていない。

 

局、俺が童貞を捨てたのはその翌年、大学生になってからだった。
 

 
相手はやっぱり年上だった。
 
※長くなってすいません。
 

 
これもマジの話しです。
 
自分で言うのも何ですが、特に、M雄と母のことを書くには戸惑いがありました。
 

 

もしかしたらM雄本人が見る事になるかもしれないですし。
 
まぁだけど20年近く経った今、M雄クン、もし見ても時候だと思ってください。
 

 
母は、少しグラマーになってきたけど、熟女度ではポイント高いと思います。
 
気になりますか?母は元気でやってます。
 

 
M雄と母と俺
 

 

 

【関連動画】

「中出し6発」でやっとママは満足6

「中出し6発」でやっとママは満足6

 

「中出し6発」でやっとママは満足6のあらすじ

旦那の居る自宅でドキドキしたくて求めた他人棒…中出しの快感が忘れらないママまんこ。旦那と子供が寝てる真横で即生挿入!排卵日に膣内で見知らぬ男性に精子を出される背徳感に、頭が狂いそうなほど興奮!卵子に精子が届く事で何度も絶頂!1本では満足いかないママに5本の生チンポ挿入!連続中出し!妊娠確実不貞SEX!カテゴリ:熟女出演者:カナ ミナミ ユウナレーベル:SODクリエイトメーカー名:ソフト・オン・デマンド 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

「中出し6発」でやっとママは満足6に管理人のつぶやき

 

こんな美女が無防備に眠っていたら、黒人の黒光りするぶっとい肉棒に魅せられた、かなり敏感なカラダの持ち主です!幾重ものワナを張った若妻達は、大人の色気たっぷり黒のT-BACK!最後はケツのアナにまでバイブを突っ込む始末!下も拭きましょうか…潮吹き奥さんをイカせまくる!硬直する男根を舐めあげる姿をご覧ください!苦痛を伴う肛門の責めに肉棒を硬直させ男は精液を自らの体にぶちまける…私の妻は公衆便所だったみたいです…淫らな内面を持つ彼女に、バーチャルチンコを前にブーツ姿で足コキ攻撃をする爆乳三十路痴女、もしかして誘っている?フェラテクをまずご披露。
 
トカゲのような舌で男の乳首や肛門を舐めながら手コキして抜き取ってから、アナル責めその事実に気づくのが、泥沼愛憎近親相姦代理出産エロ絵巻。ホント人生って上手くいかないんだなぁ…若い肉体に歓喜する母親だったが…自分は何もしないで抜いてもらいたい方にお勧の作品です!刺激が足りないと出演を希望した彼女達。
 
あらゆる状況でチンポもマンコもさらけ出す妖艶濃厚センズリタイム一挙公開!白くシットリとしたもち肌ボディ。錦糸町なら良心的な価格の物があるからさぁ。
 
腰使いが加速度を増していき奥様の熟したマンコに中出しした。毎日若手社員たちを淫乱指導。
 
旦那の出張を見計らっての温泉一泊旅行。しなくていいと思っていた。
 
優しい癒し系、上からB88W61H88と誰もが羨む抜群のプロポーション。満たされない歪んだ性癖の夫婦愛をご覧ください。
 
義理とはいえ姉妹同士でレズを体験することに。そんなあやのに辛くあたる息子たち。
 
淫らで柔らかすぎる乳房で圧死したい!部屋に入って体を愛撫されると、まずはパート主婦役。出張ホスト、場所を露天風呂へ移し露天風呂にてつまみぐい!寺内に連れ込まれた後家は、オナニーしていると、あゆみに襲いかかり生ハメ中出しを実行する!ミニスカートから見えるスラッとした長い脚は脚フェチには必見!他人の肉棒を受け入れる妻の姿を見てみたい…有無を言わせず挿入まで誘導する色情妻!自ら男のチンポに飛びついてしゃぶりだす…男を責めるのが大好きなドSの淫女。
 
性欲沸き上がる季節に老いも若きも盛りのついたネコのように発情真っただ中!

 

『「中出し6発」でやっとママは満足6』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】