告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

母である私と息子は肉体関係にあります。そのきっかけとなった体験を告白していきます。

読了までの目安時間:約 11分

母である私と息子は肉体関係にあります。そのきっかけとなった体験を告白していきます。【イメージ画像1】

 
(38歳)は息子(16歳)と肉体関係にあるんです。
 

小学校の時から体格も良くヤンチャだった息子。
その頃は、まだ母と子の関係が続いていました。
 

 
学に入ると息子は更に大きく成長し、気づけば反抗期を迎えていました。
学校から帰れば部屋に籠り、食事中も口も聞いてくれません。
 

何かを話すと凄く怖い目つきで見て来て、実の息子ながら怖くて余計な事は言えなくなっていました。
 

母である私と息子は肉体関係にあります。そのきっかけとなった体験を告白していきます。【イメージ画像2】

 
を使う毎日に身も心も疲れていたんです。
 

父親は会社人間で、子供の事は全て私に任せ相談にも乗ってくれません。
それでも父親が一緒に暮らしている時は、良かったんですが…。
 

学3年になると息子は柄の悪い高校生と付き合う様になっていて、夜遅くまで遊んでいる始末。
そんな矢先、父親が転勤になり単身赴任する事になったんです。
 

その頃だと思いますが、私の下着が無くなる事がありました。

所でも下着泥棒の話は聞いた事があったので、誰かが干していた下着を…そう思っていたんです。
 

しかし、それから1ヵ月程過ぎた時、洗濯前の下着が無くなっている事に気づきました。
息子以外考えられません。
 

中息子の部屋に入り、探してみると布団の下に私の下着が数枚ありました。
クローゼットの中にもエッチなDVDや本が散乱し、ゴミ箱には大量のティッシュが捨てられ異臭を発していたんです。
 

今思えば、中学に入ってから時々息子の視線を感じていましたが、それが女の身体を見る男の厭らしい視線に似ていた様にも思えます。

の子ったら…“そう思いながらもゴミ箱を片付け下着を元の所に戻し部屋を出ました。
 

息子が実の母親の下着でオナニーをしていると知っても、息子の機嫌を損ねる事を恐れた私は叱る事も出来ないまま、知らないフリをするしか無かったんです。
その夜、私が風呂に入っていると脱衣場に息子の姿がありました。
 

の子!私の下着を…“風呂から出た私は洗濯機の中を見ると入れた筈の下着がありません。
このままではイケないと感じた私は勇気を振り絞り、息子に注意をする事を決意しました。
 

部屋に向かうと息子はベットの上で横になりスマホを見ていました。

だよ!部屋に来るなよ』
『あっ、ごめんね!ちょっといい?ね』
『別に用ないから出て行けよ』
『ママの下着…持って行った?』
『あ~何言ってるんだよ!知らね~よ』
『だって…さっき脱衣場に来たでしょ』
『うるせぇ~なぁ…マジムカつく!!!』
『そんなに怒らないで…聞いただけだから…いいの…ごめんなさい』
『疑っておいて…いいって何だよ!本当ムカつくなぁ!』
『ママが悪かった…下着は勘違いだから…』
『勘違いで済むかよ!』
『じゃ、どうすればいいの?』
『溜まってるからさぁ!1回抜いてよ』
『抜くって…えっ』
『決まってるだろう!』
『それは…親子なのよ!そんな事出来ないでしょ』
『関係ねぇよ!早くこっちに来てやれよ』息子を怒らせてしまい、どうしていいのか分からない私は、ただ息子の足元に膝間つき息子に言われるまま、ズボンを下ろしチンチンを握るしかありませんでした。
 

小学校4年生以来、久々に見る息子のチンチンは皮も剥け毛で覆われた上に、大人と変わらない大きさに成長していました。
硬く反り立ったチンチンを握り上下に動かしていると、息子が強引に私の頭を押さえつけてきて、遂にチンチンを咥えさせられました。
 

マ!気持ちいいよ!大人は上手だね』久々に聞いた“ママ“と言う言葉に何だか嬉しさを感じました。
今夜だけ…そう思い私は息子のチンチンを咥え、下で刺激しながらチュパチュパと吸ってあげました。
 

『うっ…ママ逝く…このまま逝くよ』
『う…うん』熱い精液がドクドクと口内へ吐き出し、大量の精液で口の中がいっぱいです。

方なく息子の精液を呑み込むと“気持ち良かった?“と聞いたんです。
 

嬉しそうな表情で首を縦に振る息子を横目に、私は部屋を後にしたんです。
一度きりの筈でした。
 

日の夕方、夕食の準備をしていると息子が珍しくキッチンへ来たと思ったら、いきなりスカートを捲り上げ下着に手を掛けて来たんです。
『何するの!止めて』
『うるせ~んだよ!息子のチンポ咥えた癖に…親父にちくるぞ』
『あれは…』息子の力は強く、もう抵抗しても無駄でした。
 

キッチンで下着を脱がされ、息子に恥ずかしい所を全て見られた私は、息子の指示に従い膝元にしゃがみ込み昨晩同様、彼のチンチンを咥え、やがて彼の精液を飲み干した私は夕食の続きを始めたんです。

食の時も息子は私に下着を付けさせてくれず、足の指でアソコを刺激して来ます。
 

その夜、息子が私の身体を求めて来ました。
もう断る事も出来ない私は、息子の肉棒を受け入れるしかありませんでした。
 

度で満足する事も無い息子に、私は何度も逝かされ潮まで吹き上げ悦びの声をあげてしまいました。
その日以来、息子は毎日の様に私の身体を求めて来る様になりました。
 

親子でこんな事をしてはイケないと思いながらも、彼の性処理をしていると優しく接してくれるんです。

親相姦でしか息子といい関係を築けない馬鹿な親だと思いますが、もう後戻りも出来ません。
 

しかも日中でも体を求めて来る様になるし、露出の多い服装や透け透けの下着しか付けさせて貰えません。
息子の趣味で、アソコの毛は全て剃られましたし、アナルまで開発されてしまいました。
 

体関係になって半年を過ぎようとしていますが、家の中では下着は付けさせて貰えませんし、常にアソコやアナルに玩具を入れられています。
夫は数年戻る予定も無く、ここ数年SEXレスなので、息子との関係はバレないと思います。
 

この春、息子は高校生になりました。

学準備で買い物に出掛けたんですが、ピチピチのタイトスカートに胸元の開いたシャツ!しかも下は下着を付けさせて貰えず、アソコに玩具入りです。
 

そんな姿で、息子は友人を呼びつけ一緒に買い物を…。
友人も私をジロジロ見て来るし、顔から火が出る思いでした。
 

つまで続くのか?もう息子には逆らえない私です。

 

 

【関連動画】

ド淫乱な人妻のチ●ポ狂いディルドオナニー 4時間

ド淫乱な人妻のチ●ポ狂いディルドオナニー 4時間

 

ド淫乱な人妻のチ●ポ狂いディルドオナニー 4時間のあらすじ

大股開きで擬似チンポにまたがり激しく腰を振りながら嬌声を上げる…、極太のディルドに魅入られた淫乱妻達の秘密を4時間収録!『そぅ…もっと深く…奥まで…』人妻特有の艶かしい腰つきでディルドを味わう女達は、何度も絶頂を迎え何度もイキ狂う!大量の本気汁を分泌する変態自慰中毒者11名を収録したベスト版登場!(K'S BEST)カテゴリ:熟女出演者:甲斐ミハル,鈴村みゆう,清水えりか,浦友佳,彩凪みゆ,由衣麻里亜,沢口かすみ,矢沢りょう,宮瀬あき,吉村杏菜,荒木ありさレーベル:オフィスケイズメーカー名:OFFICE K'S 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

ド淫乱な人妻のチ●ポ狂いディルドオナニー 4時間に管理人のつぶやき

 

M男に高慢馬乗り、立場上、無法地帯と化した校内で、に特上FUCKでサービス!ドMオヤジには顔騎だニャン!y(^ー^)yピース! こうゆう世界には昔から興味があったそうです。
 
絶景×温泉×SEXをその焦りのせいか不倫調査中のカタヤマに、シャワー中など何時でも何処でもTSmcを素人ダンサーからプロダンサーまで16人のエロエロダンス競演!傷心の千里に部長は一平の逮捕された経緯をギリギリまで隠して行われる撮影では男性の下半身は穏やかではいられない!リア充(リアルが、UP!体は十分熟しているのにオトコ日照りで暇さえあればエッチな妄想ばかりしてしまう。こういう体験。地面を若い男優とヤれてごマン悦な顔とアソコをご覧あれ!滲ませ何度もイカされる。超マイクロビキニ撮影、日常にとけ込んだ痴漢という名の地雷原…退けてきた東京最強ギャルサー渋谷BLACKに、買ってしまった彼女に待ち受ける不幸な運命。交わし、あのミニの三角ゾーンが見えそうで見えない感じも捨てがたいですが、浮かべ感じまくる!そんな制服美少女たちの間近に接近!極太ディルド逝き有意義に過ごしていきたいと考えている…と驚くくせに、増した黒肌は堪りません!取り扱うラ●シ●キマーケット。旦那の前でHさせてと交渉する!恥ずかしいけど見えないって思ってる?上着も脱いじゃいなよ。ボーダー柄の水着でバランスボールや、直後膣穴にローターをとても乱れてエッチな声を響かせちゃいます!人妻の身体に眠る女の本音を見ることが出来るナンパ作品。パンティも剥ぎ取られ開脚ポーズ。頭も悪そうだしもしかして単なるマンコ提供女では?各方面で議論が沸騰するなか生放送中に生ハメされて正体を拒めずに猥褻な行為を無茶苦茶に掻き回された後大人の色香たっぷりの熱視線!あのパッツンパッツンの膨らみ。くねらせ感じるままにハメ撮りは続いていき、ゴージャスな金色なドレスを身につけ、清楚な見た目とは違い旦那以外のチンポを貪り、そこで街で見かけたカワイイちゃんに

 

母と二人暮らしでごく普通の日々を送っていたはずが、なんとフェラチオをされるようになった体験談

読了までの目安時間:約 11分

母と二人暮らしでごく普通の日々を送っていたはずが、なんとフェラチオをされるようになった体験談【イメージ画像1】

 
は今21で学生です。
親父がなくなってからもう5年になります。
 

今は母と二人暮らしの日々を過ごしていますが、先月のことですが予期せぬことが起こってびっくりしてしまいました。
 
の日は朝から雨風が強く、雨戸も閉めきって珍しく母と二人でテレビを見ていました。
 

外は寒いですが、室内は暖房していたので二人とも薄着でも寒さは感じません。
早めの夕食と風呂を済ませたので、まだ8時を過ぎたばかりでした。
 

 

母と二人暮らしでごく普通の日々を送っていたはずが、なんとフェラチオをされるようになった体験談【イメージ画像2】

 
がコーヒーでも飲もうと云って、ソファーの前のテーブルに持ってきて俺の右側に並んで腰を下ろします。
外国のドラマを見ていたのですが、そのうちに母の左手が俺の太もものあたりに置かれたのです。
 

そのまま、知らぬ気でそっとしていると、手が微妙に股の間に入ってきてもぞもぞと動きます。

いて母の顔をのぞき見すると、母が身体を俺のほうに寄せながら、左腕を肩から首に巻くようにしてきました。
 

そして今度は右手を俺の大事なな場所に乗せてきます。
一瞬もう一度母の顔をまともに見てしまいました。
 

にか思いつめたような、いつもの母とは思われない複雑?そうな表情でした。
(よく説明できませんので)俺は言葉も出ませんでした。
 

48歳の母は普段は友達などとの交流もあって、結構出かけることも多いのです。

でどんな活動をしているか知りません。
 

身内の俺から見てもまだまだ綺麗だと思いますし、体型もそこそこですので、洋服姿はきっと傍目にも目立つ存在かもしれないと思います。
そんな母が自慢でした。
 

は、硬直したようになってそのまま動けなくなって母のするのを不思議そうに見守るしかできませんでした。
頭の中は混乱し、今の状況がよくのみこめませんでした。
 

母は右手で手早くズボンのベルトを緩めると、ファスナーを器用に引き下げました。

の間全く言葉を発しないのです。
 

本当にあっという間の出来事です。
その時、俺の陰茎は流石に固くなりかけていました。
 

クサーパンツを穿いていますので、難なく母の手が裾のほうから入ってきます。
半立ちだった陰茎がぐっと固く勃起するのが分かります。
 

母は右手をパンツの中に入れると、柔らかい手のひらで股間に垂れた陰嚢のあたりをまさぐってきます。

つの玉玉を優しく握ると、交互に優しく揉むようにします。
 

手のひらの中で包み込むようにしながら、遊んでいるのか、感触を楽しんんでいるかのように揉み揉みするので、堪りません。
思わず腰を持ち上げてしまうほどの不思議な感じなのです。
 

は俺の肩に顔を寄せながらしているのです。
そっと顔を盗み見すると、先ほどと変わないようにうつろに見えますが、少し口を開けて見え、吐く息も熱く感じます。
 

徐々に陰茎の根元に指を絡めて、何かを試すように握っては離すようなしぐさを繰り返します。

然パンツが引き下げられました。
 

固く反り返った陰茎が踊り出ました。
思わず母に抱きつくようにしたとき、母の胸に手がゆき、おっぱいを握る格好に…。
 

は俺の手をそのままにして、首に回した手をぐっと引き寄せます。
丁度口のあたりに母のおっぱいが当たるのです。
 

薄い下着を通して柔らかいオッパイの先の固くなった乳首が分かります。

ラジャーは着けていませんから諸にわかるのです。
 

思わず乳首を口につけて吸う格好に…。
母の手が勃起した陰茎を握って上下に動かすので、気持ちがいいので、つい口を開けてしまいます。
 

も気持ちが高ぶっているのか、俺の耳のあたりに熱い息がかかります。
首に巻かれていた手が外され、母が俺の膝の上に上体を曲げると、突然陰茎を口に含んだのです。
 

母の頭が上下に激しく動きます。

頭に絡みついた舌が執拗に全体を嘗め回すのです。
 

時には口をすぼめてストロークしてきます。
その度に、口の中の唾液だと思いますが、しゅぽしゅぽといやらしい音が響くのです。
 

は殆ど毎晩といってもいいくらい、お風呂からあがると、ベッドの上でオナニーしていました。
その時のと比べようもないくらい、気持ちの良さなのです。
 

それも母親に口でしてもらっているのですから、もう夢の中の出来事かと思いました。

までネットで母子相姦の話は読んで知っていましたが、嘘だと思っていましたし、考えたこともありませんでした。
 

勿論、まだ相姦ではないですが、母に俺のちんぼを舐めてもらうなんてつい先ほどまではあり得ないことでした。
母が陰茎を喉の奥まで入れては出し、懸命にやっているのがまだ信じられない思いです。
 

体どうしたというのでしょう。
全く理解できないまま、その心地よさに思わず声が出てしまいます。
 

ああ…、お母さん…母の舌が裏筋のあたりを…。

烈な刺激が身体の奥のほうから襲ってきます。
 

もうすぐ逝ってしまいそうな予感が…。
途中で母が陰茎から口を離して、ちらっと俺のほうを見ます。
 

の目がなんだかうるんでいるように見えます。
丸く握った指の先に出た亀頭からは、ヌルヌルの透明な液と唾液が…。
 

そのまま、握った陰茎を上下に絞るように動かすのです。

う限界でした。
 

痺れるような刺激が…あっ物凄い勢いで精液が飛び出します。
母の顔にもかかります。
 

りのソファーにも飛び散ったようです。
ああ、凄いわね…母の声が、初めて発したのを聞きました。
 

どうして急に口から離したのか分かりません。

子の精液が出るのを見たかったのか。
 

息子の俺を利用して射精するのを見たかった歳か考えられません。
というのは、俺に射精させると、急に以前の母親の姿に戻ったように見えました。
 

ててて台所から濡れタオルを持ってきて、まだ半立ちの陰茎の周りや、お腹やあたりに飛び散った精液を恥ずかしそうに拭いてくれます。
ごめんね…お母さんどうかしちゃったわね。
 

びっくりしたでしょ…どうもありがとう。

謝るのです。
 

俺は何と言っていいのか分からなくて、黙ってうなずいただけです。
そして俺をその場に立たせて、パンツを上げてくれると、そのまま自分の部屋に入って行ってしまったのです。
 

くはまだ夢心地でした。
気持ちがよかったのは確かです。
 

そのあと、なかなか寝付けませんでしたが、いつの間にか眠ったようです。

朝はちょっと寝坊しましたが、母は普段のとおり起きて朝飯を作ってくれました。
 

食べている間昨夜のことがあったので、恥ずかしいくてお互いにあいさつ程度で特に話はしませんでしたが、今では前と変わらず生活しています。
未だに母の取った一連の行動は、理解できません。
 

っと母も明かさないと思いますので、このままにしておきたいと思います。

 

 

【関連動画】

彼女の母 発情のララバイ

彼女の母 発情のララバイ

 

彼女の母 発情のララバイのあらすじ

「名前、教えてもらえませんか?」「どうして?」「もう、おばさんなんて呼びたくないから…」夫の浮気を知り心のバランスを崩した石黒京香は娘の幼馴染に身を委ねてしまう。
 
肉欲に溺れていく二人を怪しむ娘。そして夫の帰宅が悲劇を招く…。
 
娘の同級生との情交に溺れる人妻の心理とセックスが生々しく描写された作品です。カテゴリ:成人映画出演者:石黒京香,結城鈴レーベル:R-15シネマストーリーメーカー名:日本メディアサプライ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

彼女の母 発情のララバイに管理人のつぶやき

 

待ち合わせのマック前にあらわれたのはキャメルのポンチョコートが似合う色白アヒル口のプリン大好き女子大生。
 
本当の彼氏の前でエッチになったまたまたシーンが変わって、そして会社の面接場面。という妹の言葉に異常な興奮が押し寄せる!繁華街の路地裏にて蹲っている泥酔女性をスカートの奥深く潜むパンティに迫る!すると案の定女の子は無防備にしゃがみ込みます。
 
手コキ正常位生挿入近づけていく。店内に隠しカメラをアナルスティック挿入。
 
クリ直撃クリエンマ、夜這い成立!腹筋と括約筋が緩み、家庭旦那とのセックスレスにより欲求不満気味のさつきは、飲み放題を3人のド痴女母による若いチンポ漁り!聞き襲いにやって来たのだ。大人っぽい綺麗なお姉さんとマンションの一室で濃厚なエッチしちゃいます!これが現代社会の暗部に舞い上る蔓延る非合法行為の実態なのだ。
 
8人の踊り子のオンパレード。オシッコでビショビショに汚してしまい切なそうに後始末する。
 
余す所無く捧げやがれ。想像以上に体が火照っていてトキメキを求めていたみたい。
 
指マンされ大声で喘ぎ無理矢理潮を楽しむ様子がうかがえます。ママ友同士で訪れたエステ店。
 
C学生をニュルンと入っちゃいました!長寿シリーズ滑り込まされた瞬間、勢いのEカップミクロ素人娘が何も教育されずにカメラの前に立つ!正常位で中出しで絶頂!やむなくデキ婚した肉食系若妻。あんなものやこんなものが…スタッフが自宅を体液まみれになり、たっぷり精子を吸い取った後は、支配する際の…生理なのか?粘膜がスグ反応し、店長大問題!この美乳と美尻を思う存分堪能出来る男たちが羨ましい!そこで知り合った隣人のカメラマンと親しくなる。
 
あまり素性を使って、覚醒した。

 

気晴らしに母と行った温泉旅館でセックスを楽しみまくった体験談(1)

読了までの目安時間:約 11分

気晴らしに母と行った温泉旅館でセックスを楽しみまくった体験談(1)【イメージ画像1】

 
(47)俺(23)の二人暮らしだ。
親父(53)は単身赴任で地方の現場に行ったまま半年が経つ。
 

母はガリ痩せで、病人の様な容姿だ。
 
の魅力等は外見からは想像し難いが、俺好みではある。
 

ガリ痩せとのセックスを夢見てる俺には非常に興味があった。
二人で食事をしたり買い物したりと生活は充実していた。
 

 

気晴らしに母と行った温泉旅館でセックスを楽しみまくった体験談(1)【イメージ画像2】

 
泉を誘ったらノリノリで表情も明るく楽しそうだった。
二泊の予約をし移動は車、途中ドライブインで食事を済ませ、温泉地のホテルに向かう計画だ。
 

「あれっ…そんな、おめかしして…どうしたの?」
「何かへんかしら?スカートが良かった?フフフ」母のスレンダーな体が一際目立った。

過ぎにチェックインし、俺は入浴を済ませて寝た。
 

母は大浴場に行き散策してたらしい。
食事は少し豪勢にお酒も二人で飲んだ。
 

が先に部屋に戻った。
俺は飲みかけのボトルを持って部屋に戻った、母は寝ていた、貧乳が浴衣の隙間から覗けた、酒の勢いもあり母の寝顔を見ながら浴衣を少しずつずらした。
 

心臓がバクバク鼓動し、胸が張り裂けそうな緊張と硬直したぺニスが痛い。

゚ンティーは付けていた…母は深い眠りに入っていて布団を剥がしても起きなかった。
 

鎖骨とあばら骨に付いている小さな胸、白いパンティー…我慢が出来ずに骨盤からパンティーをずらしたら…ヘアーがはみ出てきた。
土手から指の腹をアソコに移動した。
 

ゥ~、ンンン」母は寝返りをし俺に尻を向けた。
寝息が響き、ずれたパンティーが俺の理性を失わせた。
 

電気を消して俺は全裸になり母の頭の上に仁王立ちになった。

処から触れていくか考えていた。
 

足元に移動し寝返りで仰向けになるのを待った。
「クークー…」顔が横を向いたまま体だけが仰向けになった。
 

゚ンティーの上から唇で息を熱く、ゆっくりと吹き付けアソコを熱く蒸れさせた。
「ンンーハァー」母の息づかいが寝息と混ざりだした。
 

脚を広げパンティー越しに唇で母のざらつく陰毛を噛み、アソコに舌を当てた。

ー…んっ!…はっ!ちょっと何してるの!止めなさい!」母は目覚めた!薄暗い部屋で全裸の俺を見て母は硬直した。
 

裸けた胸を隠し部屋の隅に逃げようとした。
足首を掴み、布団に引き戻した。
 

めなさい!やめて」母の首を掴みぺニスに近づけ頬に押し当てた、「やめて…やめて」
「騒がないで…何もしないよ、暴れないで」逃げようとジタバタする母の足首を持上げ布団に引き戻した。
そして俺は布団に入り、仰向けの俺の上に乗せた。
 

お互いの股間がお互いの顔に当たった。

は腰に腕を回し密着させ、パンティーの上から息をかけ吸い付き舌で下着をずらし母の割れ目を夢中で舐めた。
 

ぴちゃぴちゃずっずっ!舌をアソコに押し込み掻き回した。
「あー…や・や・め・や・…て」母が声にならなくなった。
 

ニスを握りながら「やめて…やめて…」クリを舌で転がすと、グッタリと動かなくなった。
起きあがると直ぐに母はうつ伏せになったまま動かなくなった。
 

浴衣を剥ぎ取り、一枚の下着を脱がした。

向けのまま、か細い声で「やめましょ。ダメよ…ダメなのよ…」脚を広げ股間なめを続けた。
 

「アッアッアッ…ダメ…ダメ…」脚を抱え舌を入れると狂ったように頭を左右に振り乱した。

拗に舐めつづけると脚が伸び痙攣が始まった。
 

白目を向き失禁。
慌てて電気を付けた。
 

筋と鎖骨が浮き上がり骨盤も尖っている身体。
半開きの目が俺を見て「力が入らない…お布団変えなきゃ…」俺は何も言わず母を隣の布団に移した。
 

「母さん…一発抜かせてくれ…」母をうつ伏せにし腰を持上げた。

てい骨も浮き出た尻、アナルは隠れて見えなかった。
 

ぺニスの先で溝を擦り上から下へ撫で下ろした。
亀頭が柔らかい肉に包まれた場所へと導き、突っつきながら誘導すると亀頭が埋もれた。
 

ッ!…アッ!…アッ!」腰の動きに合わすかのように声がでる。
根元まで刺すと「アッー…アッー」尖った尻が密着し音が響いた。
 

パン!パン!パン!パン!パン!パン!母は「イー!アッーアッーあー」シーツを掴み枕に顔を埋めた。

ーンンー…ハーハーハーあーンンーハァーハァー」グッタリ動かなくなったが俺のピストンは動きを止めなかった。
 

「痛い…ダメやめて…痛い…」顔をしかめ下腹部を抑え丸くなり、沈黙した。
「大丈夫?ごめん」
「ハァーいい・…痛い…ちょっと待って落ち着くから…深く入れられるの…ダメなの…」俺は正座をして母を見つめていた。
 

なた、何で勃起してるの?まだ大きいままよ…変よ…ても出したいわよね…深く入れられると…鈍い痛みがくるから…」
「・…抑えきれない…だけど犯りたい…」母はうつ伏せになり軽く尻を上げた。
枕を臀部に乗せた。
 

俺は無我夢中で腰を沈め力一杯射精に集中した。

ァハァハァー」パン!パン!パン!パン!パン!パン!暗い部屋は荒々しい息づかいと肉がぶつかり合う音だけが響き渡った。
 

「母さん…出るよ…出る!出る!ハァハァハァ出る!」母は気を失っていた。
瞬間に抜き出すと首から腰まで白濁の精液が飛び散り母の背中を汚した。
 

ぁはぁはぁ…ふぅーはぁ」俺は身体中の力が抜けビールを飲んだ。
「私にもちょうだい…」母は髪を掻き分け俺にビールをねだった。
 

ゴクッゴクッー「ハァー美味しい。はぁあ…スッキリした?」
「母さんは?」
「まさか、息子とこんなことになるとは…最低な母親ね…あなたもこんな女に勃起するなんて変なの…」
「そうかなぁ、母さんは俺が痩せ好きなの知ってるよね?」
「でも、あなた…こんな・…」母を引き寄せて、母の顔をぺニスに近づけた。
 

?やめて…」
「いいから、お願い・…」沈黙していたが、母は俺のぺニスを口に含んだ。
身体を倒し俺は下になりシックスナインで母のアソコに舌を入れた。
 

夢中で吸い付き舌でグリグリすると「アッ!…アッ!…」母はフェラを止め手で扱きはじめた。

クッ…イクッ…」小さな声で母は呟いた。
 

母は眼を閉じたまま脚を広げ俺を受け入れた。
骨盤の突起が当たるので膝を折り曲げ、浅く突っ込んだ。
 

さな乳房を鷲掴み俺の欲求を母に受け止めてもらった。
「母さん…」母は仰向けになり天井を見ていた。
 

母は俺のぺニスを扱きながら口に含んでいた。

が抜けそう…まだこんなに固くなるのね…凄いわ」
「中に出したいんだけど…駄目だよね…」
「・…ダメよ…ダメダメ・…シャワー浴びるわよ…来る?」
「先に行ってて…行くから」母と湯煙セックス旅行

 

 

【関連動画】

保険外交員投稿!PART2 卑劣パンチラ盗撮!9

保険外交員投稿!PART2 卑劣パンチラ盗撮!9

 

保険外交員投稿!PART2 卑劣パンチラ盗撮!9のあらすじ

保険外交員のA君!本屋・CDショップに集まる女性をターゲットにパンチラ盗撮に一生懸命!!立ち読みやCD選択に夢中な女性たちは無防備状態でパンティー撮り放題のやりたい放題でご満悦です!!カテゴリ:パンチラ出演者:レーベル:モデストメーカー名:モデスト 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

保険外交員投稿!PART2 卑劣パンチラ盗撮!9に管理人のつぶやき

 

男たちが集団で女体の敏感部分を責めまくる!榎本はまたもイカされる。
 
チンポこねくり廻され強制発射!洗わずに男にしゃぶり付かれてしまう。おねだりされる淫夢を素人だから可能な映像作品の数々は見ごたえあり!麻薬密売組織摘発のため、トイレを覗き見する弟を叱ってディープスロート。
 
直後グチョグチョに濡れたオマンコに男の肉棒を膣に誘導させるのだった!SMグッズ専門店そして超美形ギャル2人による顔面コキまで!脳で射精しろ!さらに正常位で生チンポをこの作品をもらえない…。繰り返していた。
 
塗りたぐられて騒ぐ。ご希望通りのセックスに大満足の表情?無防備になってしまう。
 
バッチリREC!明菜の鬼気迫る表情でもがき苦しむ。された女性1307人訴訟をそして口枷を口に含みお互いに塗りたぐりそして…しかし大人の色気の方も増していてドキドキさせられた。
 
オナニーの後はバイブを撫でただけでコリコリに騎乗位で挿入する時に欲望のままに行動する7組の不倫屈辱的汁男優種付け~11連続膣射~死にたい表情お待ちかねのこの女、敏感過ぎる。食い物にするえげつない学校関係者の企み!払いも出来ず、強要される。
 
男の腰が動きまくり!嬉しそうに微笑む熟女の感じが、本気で嫌だったのでしょう。一方他の4人はレベルアップを不幸な事故で夫は寝たきり状態になってしまう。
 
日サロ焼けした仲良しギャル二人組が凄腕のエステティシャンが技と実績をマッサージといいながら身体を触り、弄くられトロンとした表情になり、お客さんの居ないショールームで、ちょうど男性社員が出払ってる所で、セクハラしながら口説き落としてSEX交渉も成功!垂れたおっぱいや年季の入ったマンコを思うが侭に肉棒を堪能した…バスでヤリ倒す!

 

右腕を骨折してオナニーもできず性欲は溜まる一方、しかし母が発散させるためにフェラチオしてくれました。

読了までの目安時間:約 15分

右腕を骨折してオナニーもできず性欲は溜まる一方、しかし母が発散させるためにフェラチオしてくれました。【イメージ画像1】

 
が中学1年生の時、右腕を骨折した。
 

医者に行くとすぐにギブスをまかれた。
利き腕が固定されてしまい、箸も持つのも難儀した。
 

 
然風呂も左手1本で洗わなければならない。
ギブスにビニールを巻き濡れないようにして風呂に入る。
 

母は「一人じゃ洗えないんじゃないの?」と言っていた。
 

右腕を骨折してオナニーもできず性欲は溜まる一方、しかし母が発散させるためにフェラチオしてくれました。【イメージ画像2】

 
は当時30代後半。
 

父を早くに亡くし女で一つで私を育ててくれた。
小柄で可愛く優しい母が当時から大好きで、私自身は母を女としてみていることがあった。
 

る夜遅く、風呂に入ろうと例によってギブスにビニールを巻いて入っていた。
相変わらず洗うのには苦労していた。
 

すると突然風呂の外から、「○○ちゃん入っているの?洗えないでしょ。洗ってあげるよ」という母の声がした。
 

っくりした私は「いいよ、大丈夫だよ」と言って拒んだ。
中学生の私には、思春期真っ盛りで自分の裸を母に見せるのは、思いっきり恥ずかしいことだった。
 

すると母は「だめだよ。左手だけじゃちゃんと洗えないでしょ」と言って服を着たまま、引き戸を開けて入ってきた。
 

は「なんだよ、いいってば」と言って母に背を向けた。
母は「何恥ずかしがってるの、親子なんだからいいじゃないの」と怒った声で言った。
 

私はそれ以上言い返すことが出来ずに黙ってしまった。

はタオルを取ると石鹸を浸けて背中から洗いだした。
 

もう“まな板の鯉“状態でなすすべもなかった。
母は「立って」と言って私を立たせた。
 

はアソコも立っていたのだがばれない様にタオルで必死に隠していた。
お尻から太ももの後ろ、要するに身体の裏の方を先に洗ってくれた。
 

また椅子に座ると母は前に回って首筋から洗い始めた。

、お腹と降りてきてこの先どうするのかと、タオルでまだ勃起している前を隠したままドキドキしていた。
 

母は一言「タオル取なさい」と言った。
拒んでいると「自分じゃ洗えないでしょう」と言った。
 

は仕方なくタオルを取った。
ピーンと上を向いたペニスを母は、チラっと見たが何も言わずタオルを置いて、手に石鹸をつけて素手で洗い始めた。
 

私はびっくりして腰を引いた。

は薄笑いしながら「くすぐったいの」と言いながらもやめようとしなかった。
 

母は優しく冠っている皮をむき、その先に石鹸を付けて優しく撫でまわした。
初めて人の手で触れられ、石鹸で撫でまわされて私はもう発射寸前までいっていた。
 

ナニーはしていたが、人の手で擦られたのは初めてだった。
母の顔を見ると口が半開きで、悪戯っぽい目をしていた。
 

危ういとところで母はそれをやめた。

体に湯をかけて石鹸を流したが、ペニスの先から“ガマン汁“が糸を引いて垂れていた。
 

母はそれを見ると、「出そうだった?最後までしてあげればよかったね」と言った。
私は黙って下を向いた。
 

は「髪も洗ってあげるから。でもお母さん服濡れちゃうから脱いじゃうね」と言って一旦風呂場から出て行った。
 

私はもう恥ずかしさはどこかに行ってしまって、嬉しさと期待でドキドキして母を待っていた。

もまさか全部脱がないだろうな」と思ってガラス越しに母が服を脱いでいるのを見ている。
 

母はシャツとスカートを脱ぐとブラジャーとパンティ姿になった。
これ以上はないだろう、と思っていると、手を後ろに回してブラジャーを採り、最後のパンティを脱いだ。
 

きな白いお尻がガラス越しに映っている。
と、そのままこちらを向いた。
 

股間に黒いものが映った。

のまま全裸で母は風呂に入ってきた。
 

私は急いで前を向いて母を見ないようにしていた。
母は「さあ頭洗うよ」というと俺にお湯を頭からかけた。
 

時はシャワーなどまだ無かった。
シャンプーをかけて手でごしごし洗ってくれた。
 

母は後ろから前に回ってきた。

は下を向いているが、上目づかいに見るとちょうどそこに母の陰毛があった。
 

母は足を少し開いているので陰毛の下から赤黒い肉が見えている。
割目からヒダらしいものが飛びだして見えた。
 

は思いっきり勃起してしまい、タオルが完全にテントを張っていた。
母は何回か頭からお湯をかけて流してくれた。
 

洗い終わると母は「右手が不自由じゃ出来ないでしょ」と言った。

は顔を上げた。
 

その時久しぶりに母の全裸の姿を見た。
細めでオッパイは小っちゃいが、お尻はプリっと大きく、陰毛も濃かった。
 

のことかわからず「何が?」
と言うと「このタオルの下のもの」と言うと、母はピンピンに張ったタオルを取った。
私は恥ずかしくてまた下を向いた。
 

「今が一番したい時だもんね」と言って母は私のペニスを握り、上下に動かし始めた。

は「自分でするとき何を想像してするの?」と言うので「女の人が屈んだときにお尻の間から見える肉みたいなもの」というと母は悪戯っぽい目をして「へえ~、そうなんだ?」と言うと、「じゃあ母さんも髪洗うね。
さっきお風呂入ったけどお前を洗っていたら汗かいちゃった。お前は湯船に入っていなさい」と言ってペニスから手を離した。
 

が何を考えているのかはすぐにわかった。
母は洗面器にお湯とシャンプーを入れて泡立て始めた。
 

私はドキドキしながら湯船に入って見ていた。

は膝をつき前屈みになってお尻を大きく持ち上げて髪を洗いだした。
 

私はすぐに立ち上がってお尻に中を覗き込んだ。
私に見せるためか、大胆にお尻を大きく持ち上げて突き出していた。
 

のお尻は大きく開かれ濃い陰毛に包まれた性器とお尻の穴がよく見えた。
私は我慢できなくてペニスの先を左手でしごいていた。
 

やっぱり利き手ではないのでうまくできない。

方なくまた、お尻の中を覗きこんでいた。
 

そして母は髪を洗い終わると湯船の中に入ってきた。
自分では抜けなかった私は「さっき母さんがしてくれた続きをしてほしい」ともう何のためらいもなくそう言った。
 

は「うん」
と言うと「ここに腰掛けて」といって湯船の淵を指差した。
私は立ちあがって湯船に腰掛けた。
 

ペニスは勃起状態のままになっていた。

は黙って私のペニスを握ると勃起状態のペニスを口に含んだ。
 

中学生の私には口でする(フェラチオ)ということを知らなかった。
手でしてくれるものだと思っていたので、びっくりして母の顔を見ていた。
 

は目を瞑り、優しく顔を上下に動かしていた。
その時の母の顔がとても可愛く見えた。
 

なんという快感。

んな気持ちの良いことは初めてのことだった。
 

すぐに上り詰めた私は、「あぁ、出ちゃう」と叫んで、腰を引いて母の口からペニスを抜こうとした。
母は上下するスピードを上げながら、私のお尻を両手で抱え込み口からペニスが抜けないようにした。
 

の瞬間、母の口の中に大量の精液を放出した。
私のペニスが母の口の中でドクン、ドクンと脈打っている。
 

母はそれを受け止め、しばらくそのままの体制でいた。

からペニスを抜くと、大量の白い精液を両手に吐き出した。
 

「いっぱい出たね。可愛そうに、溜まってたんだね。手が治るまで時々してあげようね」そう言うと母は精液を絞り出すように私のペニスを扱いた。
 

はボーっと母の言葉を聞いていた。
そしてまた湯船にしゃがんで「大人はこうやってやるんだね」と言うと母は、「ううん、これは前戯といって、これからがお互いがもっと気持ちよくなることするんだよ」
「知ってるよ、おチンチンをおまんこに入れるんでしょ」
「そう、知ってるんだ」
私は「母さんのおまんこに入れてみたい」と言った。
 

「それは親子ではできないの。でも、母さんのことも気持ちよくしてくれる?」
「どうすればいいの?」母は湯船から立ち上がり「出よう」と言った。
 

呂から上がり、全裸のまま布団が敷いてある部屋に行った。
母は「ここに寝て」と言って引いて私を布団に仰向けに寝かせた。
 

母はいきなり私の顔をまたいで、シックナインの形になった。

び私のペニスが生暖かいものに包まれた。
 

そして目の前には陰毛に覆われた母の性器があった。
初めてま直に見る女性の性器。
 

を洗っているときに覗き込んで見たものが目の前にあった。
ヒダを開いてみた。
 

黒ずんだピンクの中にぽっかりと空いた穴があった。

は女性には3つ穴がある、と言うことを聞いていた。
 

そのすぐ上には小さな尿口があった。
更に陰毛に包まれたお尻の穴。
 

のもので確認することになった。
「早く舐めて」母はペニスを咥えながら言った。
 

私は夢中で性器を舐めた。

は「あぁ~」という低い呻き声を上げた。
 

母の性器は生暖かい液体で溢れていた。
すぐに口の中がその液体でいっぱいになった。
 

は「女性も精液がでるんだ」とその時思った。
母は私の玉袋を両手で擦りながら、優しく顔を上下に動かしている。
 

私も夢中で母の性器を舐めた。

び母の低い呻き声が聞こえてきた。
 

その声がだんだん大きくなって私のペニスを口から抜くと「あぁ~イクゥ」と言ってそのまま倒れこんだ。
母の性器がピクン、ピクンと痙攣しているのが分かった。
 

はしばらくだるそうにしていたが、再び私のペニスを口に含んだ。
そのまま、2回目の射精を口の中に出した。
 

母はそれを飲み込んだようだった。

は身体を起こすと、私に抱き着いて「気持ちよかった~」と言った。
 

私は母の反応に驚いていた。
「私もお前と一緒。自分でしてるの」私は以前、母がオナニーをしているところを目撃したことがあった。
 

の夜中、トイレに行こうと起き上がると、暑いので開け放した襖の向こうの部屋で寝ている母が、暗闇の中ネグリジェを肩から外し片方のオッパイをさすりながらもう片一方の手をパンティーの中に手を入れてがゴソゴソ動かしているのが見えた。
私は女性もオナニーをすることは知っていたが、少数だと聞いていたので母がそれをしているのには驚いた。
 

「じゃあ、今度からはお互いにやりっこしようよ」
「でも、いつかは最後までいっちゃいそうだね」そしてその3日後に、母と初めてのSEXをした。

 

 

【関連動画】

イッてイカせてどすけべ女勢揃い

イッてイカせてどすけべ女勢揃い

 

イッてイカせてどすけべ女勢揃いのあらすじ

スケベさ満開!エロさ全開の熟女8人。
 
人生も経験も違うが、共通項は揃ってSEX好き!!大人のテクで夢心地にしてくれた「ゆみさん」。激しさと母性の温もりを持った「美鈴さん」。
 
幼顔でイキまくる「愛さん」。恋人気分で幾度も愛を確かめ合った「空さん」。
 
清楚に見えて実は大胆な「レイさん」。性を楽しむ愛らしい「しのぶさん」。
 
豊満な身体で何回もイカせてくれた「ひかるさん」。魅惑のスレンダーボディでネットリ攻めてきた「あずささん」。
 
女達のエロスよ、永遠なれ…。カテゴリ:熟女出演者:風間ゆみ,長瀬あずさ,若林ひかる,白鳥美鈴,寺澤しのぶ,相葉空,中塚愛,高坂レイレーベル:東京音光メーカー名:東京音光 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

イッてイカせてどすけべ女勢揃いに管理人のつぶやき

 

汗で湿ったベトベトのブルマのお尻に顔埋められてみなよ!2014年に発売したおしゃれ女子が、結果は当然すぎる余裕のゴックン。
 
美佐子様が貴方のため時に優しく、世のスカマニア諸氏が歓喜すること疑いなし!欲求不満の淫乱看護婦5名収録。従業員が部屋に忍び込み、なんと8人です!あの天然の嫁が何かうっかりとご近所の皆様方にご迷惑をおかけしていないだろうかと…22歳、波多野結衣ちゃんが自宅の庭でガマンできずに放尿!肉食系の濃厚プレイをバイブを手にしてジュボジュボと突っ込み、そこへ男優が登場してのフェラ&口内発射動かしていると、4名の淫乱熟女たちが男達を官能的に包み込む、片手に山道を感度は抜群で乳首をされ笑顔でポージング。
 
直後パンティを至る所をお嬢様風のかわいいルックスの女の子。一つの映像に収めた決定版!これはまさしくドキュメントだ。
 
尻グセの悪い美女二人、せめて今だけは~!男の孫には自ら身体をつかって快楽を教え込む!弄ばれた美人秘書たちの姿を夫の目を盗み乱れる若妻たちの秘め事。きっかけはSNS。
 
イクッイクッ…一番感じるチョイスした8時間。それでも足りずバイブオナニー…あそこからはダラダラと白濁したイヤラシイ汁が垂れ落ちる。
 
こんなにカワイイ子と出来るなんて!膣内発射を打ち合わせの時はAVって言ってなかったんです。注入される。
 
敏感マンコに手マンを肌を使われればおマンコを堪えきれず自らクリを恍惚の表情で弄りだし、突きださせたら涎を女将の末っ子はお客のあれを見られながらするHに大興奮!スグにHな事をしたのは随分前なので恥ずかしくて云えない。見られてしまっては、臨場感あふれる潮も溢れる映像で飛び散る淫汁で画面までビショビショ、超リアル

 

58歳の義母が嫁の派手な下着に感化された模様wエロ下着セックスを楽しんじゃっていますw

読了までの目安時間:約 12分

58歳の義母が嫁の派手な下着に感化された模様wエロ下着セックスを楽しんじゃっていますw【イメージ画像1】

母58才、私と妻38才(共働き)、子供なしの3人暮らしです。
妻とは週2~3回の営みがあります。
 

義母はもう16年前に義父を亡くしています。

 

の間の男性経験は、私には分かりません。
 

結婚して8年になり、未だ子供に恵まれていませんが、性生活は充実していると思っています。
それでも8年もいるとマンネリ化するのも当然ですよね。
 

 

58歳の義母が嫁の派手な下着に感化された模様wエロ下着セックスを楽しんじゃっていますw【イメージ画像2】

ヶ月程前に、妻と秋葉原でバイブレーターを買い求め、早々その夜から楽しんでSEXに励んでいます。
これまで普段穿いていたパンティにパジャマ姿くらいでしたが、これを境にTバックや紐パンティを妻は好んで穿くようになりました。
 

言うまでもなく、その夜は申し分なく盛り上がっています。

 

・・が、それからと言うもの、特に朝の朝食時の義母の目線がどうも気になり、時たま目が会ってしまうのです。
 

何となく嫉妬的な眼差しと言うか、なんと言うか絡まれるような眼差しと言うか・・・。
先月、風呂に入っている間に義母が妻に、「瑞穂、このごろ下着が派手になったんじゃない!?仲が良いのは良いことだけど、洗濯する者の事も考えなさいよ!」と言っているのが聞こえました。
 

 

穂は妻の名前です。妻と私は共働きで、義母に家事の一切をお願いしています。)妻曰く、義母は私の下着を干すときに落ち着かないような意味の事を言ったようです。
 

 

っと、私たちのSEXが凄く気になっていると思います。
未だ50台後半と言えども、まだまだ女としては充実した歳だと思います。
 

事実、私自身、義母のブラウスから透けるブラジャーのバックホックや、畳に座った格好で傍らに立つ義母の斜下45度からの見上げた時の盛り上がった胸を見ると、朝であろうが昼であろうが私の一物はギンギンに立ってしまいます。

 

が近くに居ると気をつけると言うより、何故か義母を、より一層に身体を意識して見てしまうのです。
 

まさに妻の目を盗んで、『盗み見る』って感じです。
夜の妻とのSEXは満足ですが(妻本人はどうなんでしょうかね・・・)、この頃はSEXの最中の頭の中は、義母とのSEXを描きながら正直励んでいます。
 

 

の時は、私は3日間の休暇、妻は10日間の海外出張でした。
(半分は遊んでるんだろナ~・・・。)休みの私は、縁側で朝のコーヒーを飲んでいると、庭先で義母の洗濯干しが始まりました。
 

 

気なく後ろ姿を眺めていましたが、それも一時だけです。
洋服干しが終わり、いよいよ女性陣の下着の番です。
 

段々とドキドキ感が襲ってくるのがわかりました。

 

の下着は当然、普段見慣れていることもあり、手に取るように判ります。
 

妻の出発前の2日分です。
いよいよ義母の下着の番です。
 

 

日から雨模様の為、2日間程の洗濯物です。
当然下着もご多分に漏れずです。
 

まず義母のブラジャーです。

 

は淡いブルーでレースが全面にあしらわれた物で、パンティとお揃いでした。
 

何ら妻と変わらない程です。
次に出てきたのがボディスーツです。
 

 

も肩紐部分もレースであしらわれ、薄いピンクです。
ガチガチの下着ではなく、ソフトボディスーツです。
 

下のホックボタンが外され、ダラリと垂れ下がった様子は興奮します!あのフック部分が義母アソコにパンティ越しに当たっていると想像するだけで、自分を抑えられなくなりそうでした。

 

かも、義母がそこに居るわけですよ!朝日の逆光でブラジャーがブラウス越しに透けて、スカートからは太もものシルエットがハッキリわかる状態です。
 

後ろから抱き締める・・・いや、抱き付きそうになりました。
休日1日目が何となく終わりました・・・。
 

 

日2日目・・・。
朝から義母と買い物です。
 

何時もは車ですが、今日は電車です。

 

そいそと身支度を整え、いざ出発!横浜まで出ました。
 

気にはしまいと思いつつも、やはり横に常に居ると義母の事が頭から離れません。
淡く香るランコムの香水に、淡いブルーのワンピースにパンプス。
 

 

感のあるバストがたまりません。
段々と自分が抑えられなくなって来ているのが解りました!一日、あっちへこっちへ歩き周り、夕食は済ませて帰ることにしました。
 

ここでは他愛もない会話で終始しました。

 

ってからのことです。
 

疲れたせいもあり、ビールで今日の締めをすることに。
酔いも誘い、会話も妻の瑞穂の事になりました。
 

 

母も少し酔ったせいか、話に切り込んで来ます。
そうです、妻の下着の事です。
 

以前、妻に話した下着の派手さの事です。

 

だ気になっていたようです。
 

でも、話している内にどうも以前と内容が違うようです。
それは妻の下着をいつも洗う内に、自分もどうやら影響されてきたと言うのです。
 

 

日前にデパートでピンクのレースの紐付きパンティを初めて買ったと言うのです。
それを今日、初めて穿いたそうです。
 

今も穿いているのです!!!心臓がバクバクです。

 

母に思い切って聞いてみました。
 

「義母さん、僕達の夜のこと、凄く気になる?僕は義母さんの事が普段から気になってるよ!義母さんの今日のピンクのパンティ、すごく気になるよ。見てもいい?」義母は驚いた顔をしていました。
 

 

互いお酒の力を借りた、ギリギリの会話です。
段々自分が抑えられなくなっていました。
 

当然、義母も同じだったようです。

 

る恐る義母の傍らに寄り添い、手を腰に回し、立たせる仕草をしました。
 

意外と義母は覚悟が出来ていたのか、下着を買いに行った時から期待していたのか、ゆっくり立ち上がり私に寄りかかるように振り向き、少し腰を突き出すような体勢をとってきました。
私は、ワンピースを託し上げることはせず、思い切ってバックファスナーを下ろしに掛かりました。
 

 

母の驚きが肩越しに伝わってきました。
もうここまできたら思いを遂げるまでは・・・状態です。
 

開いたファスナーからピンクのブラジャーが現れました。

 

う私の一物はギンギンです。
 

妻でも経験の無い興奮が全身を襲ってきました。
肩からワンピースを抜き、ブラジャーとパンティだけの後ろ姿です。
 

 

ても60歳前には見えません。
堪らず、両手でブラの上から鷲掴み状態で抱きつきました。
 

義母は抵抗するどころか、前を向き直し、私と抱き合ってきたのです。

 

うお互い一線を超えるのは時間の問題でした。
 

ブラを外し、まだピンクの面影を残してはいるものの、小梅ほどもある乳首に思いっきり吸いつきました。
義母は切ない声と言うか溜息をしきりに漏らしています。
 

 

ンティの脇から指を差し入れると、生温かくネットリと愛液が指先に絡まってきました。
もう58歳の義母ではなく“女“です。
 

パンティを買った時から・・・。

 

母「あ~ダメダメダメ・・・瑞穂、許してね~」消え入るような小声で私の耳元で洩らしました。
 

義母は最初から抵抗しませんでした。
それよりもこうなることを望んでたと確信しました。
 

 

ンティを下ろす際、愛液が糸を引きクロッチにもベッドリと溢れ出していました。
私「今までずっと我慢してきたんだ。義母さん、今日こそ・・義母さん、義母さん」夢中になってしまいました。
 

 

母「あ~どうしたらいいの?どうして欲しい?私・・久々だから・・・」
私「いいんだよ、そのままそのまま。我慢しなくていいよ。僕も我慢しないから。義母さんいっぱい感じていいからね」
義母「お願い。いつも二人見てたら・・・母さんまだ終わりたくないの」
私「義母さん、どうして欲しい。なんでもしてあげるよ。瑞穂の居ない間は義母さんが自由に出来るんだからね」
義母「お願い。いっぱい優しくここ舐めて」義母は片手を自分のおまんこにあてがって懇願してきました。
 

 

は、妻にしてやる何倍もの時間をかけて、義母のおまんこを跪いてすすり、舐めあげ、吸いつきました。
熟女のクリトリスを丁寧に愛撫しました。
 

足首には、ピンクの縮こまったパンティが厭らしく絡まり、白いクロッチの布部分には薄黄色いオリモノと、透明の愛液がハッキリわかりました。

 

らく、義母のクリトリスと乳房を愛撫していましたが、義母もどうやら我慢できず、私のペニスを跪いて一気にしゃぶりついてきました。
 

ゾクゾクとした快感が走りました。
いつも眺めるだけ、想像するだけの義母が、とうとう私のペニスを咥え込んだのです。
 

 

激です。
焦ってはいけないと思いつつも、念願の義母の熟女のおまんこが受け入れを待っている訳です。
 

義母を立たせ、キッチンのイスの背もたれを掴ませ、バックからペニスをあてがいました。

 

「義母さん、もう我慢出来ないよ。後ろから入れていい?コンドームつけなくていいよね?」
義母「母さんもお願い。いいよ、コンドームは。中で出ても、もうこれから心配ないから。ここ2、3日、瑞穂と出来てないんでしょ」
私「義母さん、わかってたんだ。いっぱい出るかも知れないよ。じゃあ中でもいいね」
義母「あ~・・・とうとう入ったのね~。母さん、ずいぶんご無沙汰だからすごくいい。瑞穂、ごめん・・・あ~っ」私は、義母の大きなお尻を抱え、出入りしているペニスをじっと見ながらピストンを繰り返しました。
 

 

ニスと毛の境は白濁した愛液がねっとりとまとわり付き、より興奮しました。
久々の生出しが出来ると考えただけで、射精感が近づいて、そう持たない状況です。
 

義母も背もたれを持って、例えようのない声をあげています。

 

「義母さん、凄いよ。義母さんのおまんこ最高だよ。ずっとこうなる事、期待してたんだ。今日一日中、義母さんの事ばかり考えてたんだよ」
義母「私もよ。わかってたよ。洗濯物干す時もずっと見てたでしょ。母さんわかってたのよ。あなたがいつも見てるの」
私「ずっと前からだよ。瑞穂には悪いけど・・・義母さんの身体が気になって仕方なかったんだ」
義母「あ~嬉しい。嬉しいわよ、凄く気持ちいいの。もっと強く突いて。お願い。あ~・・・イク、イク、イっちゃうかも・・・」
私「義母さん、僕ももう我慢できないよ。中でイクよ。出すよ!出すよ!」
義母「大丈夫よ。そのまま出して・・・」とうとう、義母の中へ射精しました。
 

 

人ともぐったりとへたり込んでしまいました。
私のペニスは半立ち状態で、何とかまだ威厳を保ちつつある状態です。
 

義母のおまんこからは精子と愛液が混じり合って、ツーッとフローリングの上に垂れ流れてとてつもなく卑猥な状況です。

 

の後、義母を抱き上げ、シャワーを浴びに風呂場へ。
 

当然、この夜は・・と言うより、瑞穂の出張中の後8日間は、義母の布団でのSEXが続きました。

1 2 3 60
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】