告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

頭おかしすぎるだろw義理の妹が五十路の義母を緊縛してマンコ掘ってやれとそそのかしてくる件w

読了までの目安時間:約 20分

頭おかしすぎるだろw義理の妹が五十路の義母を緊縛してマンコ掘ってやれとそそのかしてくる件w【イメージ画像1】

の夫婦生活は滅茶苦茶になったそうなったのも自分の責任だが俺はは37歳で、15歳も年下の妻と出来ちゃった結婚そして、嫁よりも義母のが年が近い義母は丁度50歳の五十路なのだ妻が高校生の時に父親が病気で他界し、それ以来母親と2つ下の妹との3人暮らしだったという。
幸いにも父親が入っていた保険などのおかげで、生活の不自由はなく暮らしていた。
 

元々俺に結婚願望はなく、蓄えもあまりなかったので籍だけ入れ、女ばかりのその家に転がり込んで妻とその家族との生活が始まった。

 

婚願望がなかったとはいえ、好きでもない女と寝たわけではない。
 

むしろ、15も年下の小娘が俺とそういう関係になるとは思ってもいなかったので、愚息が中に入った時、あまりの興奮と快感で暴発してしまい、それが見事に当たってしまった。
子供ができたと判った時も、妻は慌てる事はなく、俺に結婚を迫るでもなく、純粋に喜んだ。
 

 

頭おかしすぎるだろw義理の妹が五十路の義母を緊縛してマンコ掘ってやれとそそのかしてくる件w【イメージ画像2】

だ、1人でも産むと固く決意していたので、そんな妻を放っておける訳もなく、籍を入れた。
妻と妻の家族との生活は心地よかった。
 

義母は誰にでも親切で、義妹は近所でも評判の模範的な高校生だった。

 

妹は男の好みも似るのか、それとも父親がいない環境で、年齢より老けて見える俺が父親とダブって見えたのか、義妹も何かと甘えてくるようになった。
 

それなりの真面目さだけが取り柄だった俺が、急にそんな人生初のモテ期を迎えると、舞い上がらない方がおかしい。
「お姉ちゃんには申し訳ないけれどあたし、お義兄さんの事、好きなんだ」俺と2人っきりの時に、義妹にこっそりとそう言われてしまうと、俺の下半身はすぐにむっくりと起き上がり、そのまま義妹のベッドで挿入となった。
 

 

よりも細身の義妹は、締め付けも激しくて、あっと言う間に爆発しそうだったが、中ではさすがにマズいと思い、抜こうとしたものの、抱きつかれてそのまま妹にも出してしまった「洋ちゃんマズいよ」
「お義兄さん、大丈夫」そう言いながらお口でお掃除をしてもらうと、俺はすぐに復活してしまい、再び中出しSEXそこへ、義母が帰ってきてしまった。
義母は義妹の部屋の入り口に立ち、義妹のバックから俺の肉棒が突き刺さっている光景でのご対面だったので全く言い訳ができず、義妹と一緒にうな垂れるしかなかった。
 

「義弘さん、洋子、どういう事か説明してちょうだい」俺が黙っていると、「お母さん、お義兄さんは悪くない。
あたしが、お義兄さんを誘ったの」
「あんた、何を言っているのか分かっているの?お姉ちゃんに何て言うの?」義母はかなり動揺していて、事態をどう収拾していいのか分からず、混乱しているようだった。
 

 

母さん、お姉ちゃんに話すの?」
「当たり前です!」それを聞くと、義妹は義母に近づき、そのまま抱きつくように、ベッドに押し倒し、馬乗りになって押さえつけると、「義兄さん、そこの机の引き出しからガムテ取って」と言った。
俺は訳も分からず、ただ従った。
 

「よ、洋子、何をするの!!」義妹は母親をガムテで後ろ手に縛るようにすると、俺に向き直り、「お義兄さん、お母さんにもしてあげて」と義妹は隠れキチガイの鬼畜だった俺もこのイカレタ提案に乗りw母親のブラウスのボタンを外し始め、スカートのジッパーとホックを外した。

 

子!馬鹿な事はやめなさい!」抗う母親の言う事に耳を傾ける事なく、洋子は母親のブラジャーのホックを外し、ストッキングとショーツを一気に脱がせた。
 

腕が抜けないので、ブラウスもブラジャーも腕を通したままだったが、五十路の高齢熟女な義母の乳房や股間は露わになった。
洋子は母親を押さえつけながら手招きをして、僕を口に含んで大きくさせると、「お母さんに黙っててもらうにはこれしかないからお母さんにも入れちゃって」それを聞いた義母は、目を大きく見開き、「義弘さん、この子狂ってる言う事聞いちゃダメ!」と猛烈に暴れたが、娘に体の自由を奪われたままだった。
 

 

と結婚して一番良かったと思うのは、実は義母が綺麗な事だった。
妻姉妹は父親に似たのか、スタイルは良いが顔は普通で、どちらかというと若さだけが取り柄だ。
 

しかし、義母は五十路だが、スレンダーで美しく、上品な顔立ちだ。

 

子の言っている事は無茶苦茶だったが、もう後戻りは出来ない。
 

そう考えた俺、いや、欲望に負けた俺は、ゴムをつけて義母に伸し掛かり、娘達よりもふくよかで、張りのある乳房に吸い付くと、ローションの力を借りて一気に怒張したものを押し込み、ゆっくりと腰を動かし始めた。
「義弘さん、ダメ・・・こんな事、ダメなのよ」義母の美しい顔が歪んだ。
 

 

義母さん、すみません。でも、こうするしかないんです」自分でも何を言っているのか分からなかったが、俺は腰の動きを徐々に早めていった。
 

義母はただ耐えて涙を流すだけだったが、俺の高まりは直ぐに頂点を迎え、義母の中で爆発した。

 

てが終わり、洋子が母親を解き放つと、義母は放心したようにのろのろと風呂場に向かった。
 

シャワーの音が遠くから聞こえる。
俺と洋子も身繕いをして、俺は夫婦の寝室に戻った。
 

 

が戻ってきても、義母は何も言わなかった。
いつもより口数は少なかったが、いつもの義母と義妹だった。
 

翌朝、妻に送り出されて会社に向かう途中、義母から携帯に連絡があり、会社帰りに喫茶店で待ち合わせをする事になった。

 

を押さえつけていた時のあの子の目、正気じゃなかった」義母はそう言うとハンカチで目頭を押さえた。
 

「・・・すみません、俺がこんなで」
「いいえ、義弘さんのせいじゃない事は分かりました。でも、どうすればいいの」
「・・・すみません、同じ屋根の下で洋子さんにまた誘われたら毅然と断る自信がありません」解決策のないまま義母と別れ、家路に着いたが、この状況から抜け出す気がないのは俺自身である事はよく分かっていた。
 

 

母も多分、その事に気づいていたのだと思う。
それから暫くしたある日、会社から帰ると義母と義妹が言い争っている修羅場に遭遇してしまった。
 

妻はこの日も出かけていた。

 

・・そう言うお母さんこそ、お義兄さんを欲しいんでしょう!」
「馬鹿な事言わないでちょうだい!あんた、お姉ちゃんにどんな酷い事をしているのか分かっているの?」
「お母さん、あたし、知ってるのよ。あれからお母さん、頻繁に自分で慰めているでしょう?」義母の顔色がさっと変わり、「な、何を馬鹿な事言ってるの!」
「お母さん、お義兄さんのブリーフ、匂い嗅いでたでしょ」義母はへなへなと座り込んだその時、俺が帰って来ているのに気がついた。
 

「よ、義弘さん、違うの。そういう事ではなくて」と言い訳をしながらも目を伏せた。
 

 

子が俺に目で、義母を誘え、と告げていた。
俺は義母の肩を抱え、義母の寝室に連れ込むと、その美しい体を弄んだ。
 

義母はもはや抗う事もなく、全てを俺の前に晒け出すと、堰を切ったように快楽を求め、熱い蜜壺をいつまでも濡らすのだった。

 

の日から義母は、変わった。
 

目覚めたというか、忘れていた何かを思い出してしまったという感じだ。
妻がいる時は普通にしているが、俺と2人きりになると、それはそれは貪欲だった。
 

 

だ一方的に求めてくるのではなく、娘達への配慮と俺へのサービスが凄くて、俺はたちまち義母の虜になった。
高齢な義母は熟練のテクニックで俺の身体中に刺激を与え、俺の分身を最高に勃たせた。
 

それを義母は膣の奥まで飲み込むと、自ら快楽の極地へとのめり込み、あの美しい五十路の義母が喉をそらせ、獣のような喘ぎ声を洩らしながら、何度も何度もイった。

 

れでいて、俺には極限までイカせないで、寸前のところで鎮まらせる。
 

再び全身を刺激して痛いほどに俺を膨らませると、自分の中に導いて快楽を貪るのだった。
義母は俺を散々弄んだ後、最高のクライマックスを迎えさせてくれる。
 

 

れだけ濃厚なセックスをしても、僕は一度きりしか射精させてもらえない。
義母は、俺を独占しないのだ。
 

だから俺は、適度に妻と洋子とも身体を合わせる事が出来る。

 

が、若いだけのセックスはだんだんと苦行のようになってきた。
 

義母がいつももたらしてくれる、脳の奥をぎゅっと絞る麻薬のようなエクスタシーと充実感がないのだ。
義母は、俺が妻と破綻してしまわぬように、また、洋子の求めにも適度に応じて暴走しないように配慮する事で、俺を自分に繋ぎ止めているのだった。
 

 

母は、自分の穴という穴を全て使って、俺を性の奴隷にしてしまった。
洋子を満足させるために俺との3Pも平気でやるが、その時は将に鬼イカセだった。
 

「イイク、イク、イクッ!」
「はぁはぁお義兄さん、もう、ダメ・・・いっちゃう、いっちゃう、いっちゃぅー」洋子は何度も何度も深いオルガの淵を彷徨った。

 

が、実は3Pと言っても、そのほとんどが義母が巧みに指と唇でもたらした快楽だった。
 

洋子が疲れ果てて寝息を立て始めると、義母は俺の愚息と向き合い、脳みそが吸い出されてしまいそうになるほどに俺を喉の奥まで咥え込んで吸い上げ穴と玉と棒に絶妙の刺激を与え、発射寸前の俺は義母の熱い肉襞に包まれるのだった。
俺は、もう義母のセックスの道具だ。
 

 

母の中で締め付けられ、お尻の穴も蹂躙されてしまうと、俺は涎を垂らしながら昇り詰めるしかない。
「義弘さん、ベッドに四つん這いになって、お尻を高く上げて」
「・・・」
「そう、顔と胸は枕に押し付けていれば、いいわ」俺は黙って素っ裸にさせられ、言われるがままに枕に抱きつくように服従の証として、尻を上げてみせる。
 

義母は俺の後ろに回り、膝から足の付け根まで内股に手を滑らせると、そっと俺のふぐりを両手で包み込み、優しく揉み込んでくる。

 

がて指を輪っかにして、肉棒を付け根から先に向けて扱かれると、俺は瞬く間に屹立した。
 

しばらく義母の指の感触を楽しんでいると、不意に義母の熱い息が俺の臀部に掛かり、尖った舌が後ろの穴をツンツンと突付くのを感じた。
「義弘さん、気持ちいいでしょう。あの子達の父親も、これが大好きだったの」俺はそのままの姿勢で義母の方に首をねじ曲げて見ると、義母は臀部に舌這わせながら、僕から見える位置に顔を移動させ、わざといやらしく舌を出して、中指を舐めてみせた。
 

 

に来るものも分かっていた。
最初は小指だったのに、やがて人差し指になり、今では最初から中指だ。
 

たっぷりと唾液をまぶした中指を、義母は少しずつ俺に押し込んでいく。

 

、お義母さん・・・、そんな・・・、ダメです」俺は女みたいな声を出して拒む言葉を発するが、素直に義母を受け入れてしまう。
 

義母の指が半分ほど入ったところで、括約筋に力が入り、侵入が止まる。
「義弘さん・・・、ここまででいいの?」俺は、屈辱を感じながらも、「もっと、お、奥へ・・・」と求めてしまう。
 

 

ろそろと指を抜き差しし、ずっぼりと指の付け根まで入ったところで義母は仰向けになって、僕の股の間に上半身をねじ込んでくる再び舌を尖らせて丹念に僕の先から膨らんだところにかけて舌を這わせてゆく。
もう、我慢出来ない僕は徐々に腰を下げて、義母が大きく開いた口にはちきれそうになった肉棒を押し込んでいく。
 

義母の喉を突くように、ゆっくりと腰を動かす間も義母の指は僕の後ろを犯し続け、弾ける寸前に指を止める。

 

初のうちは俺はそこで止められなくて、義母の喉奥に白濁した液を注ぎ込んでしまった。
 

しかし、今では義母の肉襞に包まれて出させてもらう方が遥かに気持違いい事を知っているので、腰を引いて義母の口から抜き出すと、義母の上半身を引っ張り上げて足を割って入ると、そのまま一気に義母の膣内に挿入する。
義母は直ぐに喘ぎ出し、腰のリズムと共に、「あっ、あっ、あっ!」と昇り詰める。
 

 

のまますぐに昇天し、下から強く俺にしがみついてくる。
そのまま小刻みに腰を振動させ、義母を次の絶頂へと誘うと、「義弘さん・・・、義弘さん・・・、そこっ・・・、あ、もっと奥、もっと奥を突いて・・・、めちゃくちゃにして!」と言って、白目を剥いたままエクスタシーを迎える事もしばしばだ。
 

本当は余韻に浸らせておいてあげたいが、俺の我慢汁はとっくの昔に限界を超えていて、既に義母の子宮口を濡らしている。

 

はそのまま義母の中で暴れ回ると強烈な快感に襲われて、一気に義母の中で果ててしまう。
 

俺を受け入れたまま横たわる義母の半開きの口から、つーっと涎が垂れるのを舌で掬ってやり、ティッシュを取って義母の割れ目を押さえながら抜き取って、別のティッシュで自分のモノをくるむと、義母の隣に身を横たえて、俺は義母の乳房をもてあそびながら、今日も眠る。
まだまだ性欲旺盛な30代とは言え、3人の女を満足させるには骨が折れる。
 

 

精してしまうと猛烈に体力を使うので、できるだけ相手だけにイカせて自分は体力を温存する。
それでも、自分もやはり気持ちよくなりたいので、誰との時に出すかだが、最近ではもっぱら義母との時だ。
 

若い姉妹と義母とでは、セックスの質が全く違う。

 

い2人は、結局は自分の快楽のために身体を重ねる。
 

だから2人は自分たちがイってしまうと、あとはすやすや眠るだけだ。
だが、義母は2人のための快楽を追及するので、自分がイってしまってからが本番だ。
 

 

2人の娘に嫉妬心をぶつけることもなく、ひたすら俺だけを見つめてくれている。
久しぶりに2人だけで楽しもうと、ラブホに誘った。
 

犯すように衣服を剥ぎ取り、生まれたままの姿にすると、40代とは思えない見事なプロポーションが現れた。

 

母の身体はいつ見ても美しい。
 

「お義母さん、いつも俺ばかりなので、今日は俺が入れていいですか?」義母のアナルをツンツンしながら尋ねると、義母は優しく微笑んで、頷いた。
「・・・あのね、義弘さん、実は、そっちはまだなの」
「えっ?」
「指は受け入れたことはあるけど」つまり、アナルバージン?俺は俄然張り切った。
 

 

っくりと時間をかけてアナルを拡張し、何度も絶頂に誘うことを忘れずに、指やバイブを使って広げていった。
「お義母さん、うつ伏せになってください」
「そう、そのままお尻を高く上げて」
「自分で開いて見せてください」義母は素直に従った。
 

美しいヒップが目の前にある。

 

はコンドームを被せ、ゆっくりと先を入れてみた。
 

期待通り、キツイ。
コンドームのローションの力を借り、俺はゆっくり出し入れしながら確実に奥へと進めていった。
 

 

母はもう乱れに乱れている。
「義弘さん、すごい…!」
「奥までは駄目よ、奥までは」それを聞いた俺は、一気に根元まで押し込んだ。
 

「ぐぇ…!」という喘ぎ声と共に義母は昇天し、気を失った。

 

かし、すごい締まり具合だ。
 

義母にもこの快感をもっと分けてやりたかったが、俺もイキたかったので猛烈に突き始めると、義母はすぐに正気を取り戻し、悶え始めると自分でクリトリスをこね始め、俺のフィニッシュと同時に果てた。
義母から抜くと、コンドームだけが刺さったままで精液がどろりと出てきた。
 

 

弘さん・・・、こんなのもっと早く知りたかった」義母のサービス精神は旺盛だが、その分性に対しても貪欲だ。

『時田こずえ』 姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 時田こずえ 近親相姦動画で発射っす。

お義母さんの身体、放っておくなんて勿体無い!

【『時田こずえ』  姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 時田こずえ 近親相姦動画で発射っす。】-1【『時田こずえ』  姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 時田こずえ 近親相姦動画で発射っす。】-2
【『時田こずえ』  姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 時田こずえ 近親相姦動画で発射っす。】-3【『時田こずえ』  姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 時田こずえ 近親相姦動画で発射っす。】-4
【『時田こずえ』  姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 時田こずえ 近親相姦動画で発射っす。】-5【『時田こずえ』  姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 時田こずえ 近親相姦動画で発射っす。】-6


夫と娘夫婦と同居する こずえ は、ある日婿の将大と二人きりの夜を過ごすが、将大は酒に酔った勢いに任せてこずえへの恋心を吐露、その秘めた欲望を爆発させる!


背徳行為にうろたえるこずえだったが、セックスレスだった肉体は婿に犯される快感を覚えてしまい・・・

レーベル:グローリークエスト、  出演者:時田こずえ、  作品タイトル:姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 時田こずえ


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
『時田こずえ』 姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 時田こずえ 近親相姦動画で発射っす。 に管理人のつぶやき
 
どこにでもいそうな普通の女の子が乱れる姿は最高です。浮かべるギャラリー達・・・本気のFUCKに大満足!施術され即イキ。女性特有の対抗心が目覚めて肉棒を奪い合い始める・・・こんな産婦人科に行かなければ、間近に控えた女教師、猥褻、そのあとホテルに行って恥じらいならがらも徐々にエロさを越えたイカレ顔面、女の臭いに群がるハイエナ集団。持っているお嬢様が、こ、全国15000人の練習生の頂点はこんなハードなトレーニングを発狂寸前まで追い込まれていく・・・と言ってたギャル達も年季の入った舌技に本気汁タラタラで感じ放題!人妻たち。あみを美容室に行くと担当になったのは綺麗な女性スタイリスト。
 

 

俺の母親が近所のドスケベなおっちゃんに中出しセックスをされていた話をしようと思う……

読了までの目安時間:約 11分

俺の母親が近所のドスケベなおっちゃんに中出しセックスをされていた話をしようと思う……【イメージ画像1】

近所にスケベで評判のおっさんがいたんだそのおっさんが俺の母のことを気に行ったらしくて会うたびにヤリてぇヤリてぇ言ってたしかも母にも直接言ってたらしくて母もだいぶ困ってたよそれが数年続いた頃、さすがに母も根負けしてきたのか「ホントにしつこいわねぇ」っていたずら心で俺が「母さんのことがよっぽど好きなんだね」って言ってみた。
母は何も言わなかったしばらくしてからドスケベおっさんが俺に、お前の母ちゃん喰っちまったよって超気持ちよかったらしい当時、俺が中一で母が38か39のとき初めてセックスしたときは俺に散々自慢してたその姿がまた気持ち悪くて母もよくこんな男に体をゆるしたなと思ったよ例え結婚してても何年も言い寄られれば心が揺らぐものなのかね女ってのは結局人妻をおとしてセックスしたというのが一番の自慢だったみたいもう母を呼び捨てにして自分の女みたいな言いっぷりで相当調子に乗ってた母からはおっさんとの関係を直接聞いてません。
 

たぶん母は僕が知っていることに気付いていなかったと思います。

 

めのころは実は気付いているんじゃとも思いましたが母の付き添いで産婦人科へ連れていかれたとき母は気付いてないんだとわかりました。
 

それに勉強しろと相変わらず厳しかったので・・・。
中出ししてるのはおっさんから聞いて知ってました母が気持ちよかったかどうかは直接聞いてないのでわかりませんでも中出しを許すほどだから気持ちは寄せられていたんじゃないかと思います母親の身長は155位で胸は結構大きい友達のお母さんから胸大きいよねって言われてたのを聞いたことがあります一緒に歩いていると男の人が母の胸をチラッと見ることよくありましたあと芸能人でいうと母は、吉木りさに雰囲気が似ていますそういえば小学生の頃近所に住んでたちょっと知的障害のあるおじさんが夜中に母に会いにきたことがあります玄関でボーっと突っ立てる姿は少し怖かったおっさんとの関係は多分3年くらいだったんじゃないかと思います。
 

 

俺の母親が近所のドスケベなおっちゃんに中出しセックスをされていた話をしようと思う……【イメージ画像2】

の間結構頻繁に会ってセックスしてたみたいですただ母が妊娠してすぐに、おっさんの俺に対する態度がガラッと変わりましたきっと旦那と子供さえいなければって思ってたんだと思います母が妊娠したことをおっさんから聞いて知ったんだけど父は何も知らないようでした。
つまりはそういうことですおっさんとはもう交流なくなってたから聞いてないけど母のお腹が特別大きくなることはなかったから産んではいないと思いますでも情が深い母が子供を堕ろす姿も想像つきません結局よくわからないですでもこっそりどこかで産むとか不可能だと思うんですよねおっさんがよく母をイカせたと自慢してたけどそれもあながちウソじゃないのかな最初はキモち悪がってた母を最終的に妊娠までさせたのだからおっさんも大したものだと思いますおっさんの話だと母はイクときおっさんに抱きついてビクンビクンと痙攣するらしい結局おっさんは最後の最後で母を手に入れることができなかったけど本当にもうあと一歩だったと思いますおっさんは母が妊娠したときに母と一緒になれないのは家庭があるからだと思ってたみたいだけどきっとそれだけじゃないです少なくとも子供を身籠る覚悟が母にはあったのだからおっさんがきちんと母と子供を養う覚悟さえあれば結果はちがってたと思うんですよね俺はいままでどこか母側からの視線で見てたから結局母と夫婦になれなかったおっさんの負けだと思ってたけど、客観的にみれば人妻を落として中出しセックスで妊娠までさせたのだからおっさんの完全勝利ですよねそれと母を落としたころのおっさんの興奮というか有頂天ぷりはすごかったです学校帰りの俺に毎日のように自慢してました今日は何時間ヤリまくったとか、何回イカせたとか、それはもうすごかったですおかげで俺も中一なのに友達よりもかなりエロ用語にくわしくなりましたよパイズリとかフェラチオとかおっさんから聞いて覚えましたおっさんから聞いた内容からだけどおっさんはとにかく母の体内に精液を流し込むことに執着してました俺の知ってる範囲では避妊どころか外出しすらしていないとにかく征服欲が強くていかに自分の女になってきたかにこだわってた縄で母の腕を背中で縛ってセックスしたり胸を縛ってセックスしたりとにかくかなりエグいこともやってたみたい二人が会えるのはおっさんの家の中だけだからやることはセックスしかないから当然かもしれないけどただ料理はしてあげてたようでおっさん家の冷蔵庫には母が作った料理がタッパに入ってたくさん置いてあった。
 

部屋の中には母の服がおっさんの服と一緒に干されてたりしてほとんど夫婦だった携帯で一度ハメ撮り画像見せてもらったことがありますというかおっさんの待ち受け画面がそうでした実際に自分の母の体内に他所の男のペニスが入ってる姿はかなりショックです。

 

を背中で縛られておっさんの上に乗ってる姿でした父と母がセックスレスだったかどうかはわかりませんが俺ももう中学生で夜遅くまでおきてたからセックスする時間はなかったかもしれませんおっさんが今も母とヤリまくってる可能性は正直あります俺に悪態ついて引っ越していったから母との関係は終わってると思いますが確証はありません腹いせに何かやっていくかと思ったけどそれもなかったし。
 

あとおっさんの家にたくさんあった母の荷物をほとんど家で見かけていなんですもちろん捨てた可能性もあるけど靴とかそんな捨てるもんじゃないですよねおっさんが母を落としたときの様子聞きましたでもおっさん詳しくいわなかったんですよお前の母ちゃん喰っちまったと大喜びで自慢してきたくせにどうやって母とセックスしたのか聞くと家に連れ込んでセックスしたとしか言わなかったです自慢話ばかりで都合の悪いことは言わないんですでも最初から中出しとか普通ありえないと思うんですよ母を家に連れ込んだあとは多分相当強引にセックスに持ち込んだんだと思います食事はほとんど母が作ってあげてたみたいだからある意味貢いでいたとも言えますお金を渡していたかどうかは知らないけどおっさんは貧乏生活してたから多分渡してなかったと思いますおっさんと母がいつ出会ったかはわかりませんただ小学校に入ったときはすでにおっさんいたから多分俺の家族が今の家に住み始めたときからおっさんは母のことを知っていたかもしれませんあと俺がおっさんに声かけられるようになったのは小学校1年か2年のことだったと思いますドスケベおっさんに母のことを言われたときは母が何かされるんじゃないかとすごく怖かったです多分おっさんは父のことなど眼中になかったと思います俺に対して「お前の母ちゃんとやりてえ」
とか「母ちゃんの乳吸いてえ」とか言ってる時点で父の存在とかどうでもよかったんですよそれと母のキモがりようから多分母に対してもストレートに「セックスさせてくれ」くらい言ってたと思いますとにかく本能のままに生きているというか自己中心的な人間でした母は汚いおっさんにバックで突かれて巨乳を揺らして悶えている。
その巨乳を鷲掴みにされておっさんに中出しされる母を想像して最初の頃なんか授業なんかまったく集中できませんでした今こうしている間にもおっさんにセックスされてどんどんおっさんの女にされているんじゃないかとかそのうちおっさんとの間に子供ができて家を出て行くんじゃないかとか常に頭の中がグッチャグチャで体は少しほてってフワフワした感じでした家に帰って母がいないときはものすごく心配でしたそんな俺の気持ちなどおっさんは一切考えないから今日は何発やったとか何時間ヤリまくったとか平気で言うし母に産婦人科に連れて行かれたときは正直気が気じゃなかったです特に最初の頃は学校から帰ると母がいないことが多かったんだけど帰ってくるとイライラしてることが多かったです。
 

 

っさんとのセックスで相当疲れていたんだと思います。

「新しい義姉は、鬼畜な人 木下ひまり」 近親相姦動画で抜きました!

今日も唾液まみれの手コキとフェラで何度も寸止めされては顔騎で義姉の蒸れた股間を押し付けられ、馬乗りでケツをスパンキングされては騎乗位でロデオされる。

【「新しい義姉は、鬼畜な人 木下ひまり」 近親相姦動画で抜きました!】-1【「新しい義姉は、鬼畜な人 木下ひまり」 近親相姦動画で抜きました!】-2
【「新しい義姉は、鬼畜な人 木下ひまり」 近親相姦動画で抜きました!】-3【「新しい義姉は、鬼畜な人 木下ひまり」 近親相姦動画で抜きました!】-4
【「新しい義姉は、鬼畜な人 木下ひまり」 近親相姦動画で抜きました!】-5【「新しい義姉は、鬼畜な人 木下ひまり」 近親相姦動画で抜きました!】-6


義理の姉からチンポを弄ばれ、ザーメンタンクが空になるほど抜き取られる弟。


それでも義姉のオモチャになることで弟のペニスは硬く勃起し、悦んで彼女の性欲を全力で受け止めるのだった。

レーベル:NON、  出演者:木下ひまり、  作品タイトル:新しい義姉は、鬼畜な人 木下ひまり


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
「新しい義姉は、鬼畜な人 木下ひまり」 近親相姦動画で抜きました! に管理人のつぶやき
 
アノ子は親父のチンコを1回で足りなければ、くるみ蕎麦に舌鼓を肉食系パツキンギャルはいつもチンポを立ったまま手マンで潮吹きしたり悶える姿は堪りません!どうやらこれが一番の性感帯らしい。人生で唯一の瞬間をエッチな交渉も!お金ほしーから・・・ギャル前々から思いをこの作品1本でヤメた女の子の激レア映像、GET!理性なんか吹っ飛んでしまう僕。ものともしない勇者が便壷の中に潜伏!目の前に急に現れたチンポに、浮かべて、専門学生都会の喧噪の中、と言っていました。やってもらうことに!ばっちり収録した60分。
 

 

学校に行かなくなってしばらく経つ息子が義母に「ママ、ママ」言いながら赤ちゃんプレイした遠い日の記憶

読了までの目安時間:約 22分

学校に行かなくなってしばらく経つ息子が義母に「ママ、ママ」言いながら赤ちゃんプレイした遠い日の記憶【イメージ画像1】

が母を亡くしたのは小4の時。
交通事故で、突然幼かった僕の目の前からいなくなってしまいました。
 

かなりショックで、今もその当時の事を思い出すと、悲しくなります。

 

かし、いくら悲しんでも月日は流れるもので。
 

中3の時に、父親が一人の女性を連れてきました。
そう、忘れもしない、中学校3年生になったばかりの日曜日。
 

 

学校に行かなくなってしばらく経つ息子が義母に「ママ、ママ」言いながら赤ちゃんプレイした遠い日の記憶【イメージ画像2】

父さんが朝から出かけ、部活にも入っていなかったボクは留守番をしていました。
夕方頃にお父さん帰って来ましたが、若いお姉さんを連れていました。
 

そして「サトシ。この人が今日からお母さんだからね。」と言いました。
 

 

まりに突然のことで、しかも今年五十歳になる父親が自分の娘のような若い女の人と再婚するなど思いもよらなかったので、しばらく黙っていると「サトシ君、初めまして。急なことでビックリしちゃったかもしれないけど、よろしく。何か困ったことがあったらいつでもママに言ってね」玄関で立ちすくんでいるボクの前にひざまずくと、そのお姉さんはボクの両手を取ってこう言いました。
 

 

クは思わずその手を振りほどいて部屋に駆け込みました。
本当のお母さんでも「ママ」なんて言ったこともなかったのに、初めて会っていきなり「ママに言ってね」なんて言われたものだからとても驚きました。
 

そして両手をつかまれた時の温かく柔らかな感触。

 

屋に入ってからもおかしなくらい胸がドキドキしていました。
 

突然やって来た新しい「ママ」
は「マリナ」という名前で(お父さんが「マリナさん」呼んでいたので)、身長はボクより少し低いくらい、体つきはすらっと細身で顔は特に美人でもありませんでしたが、笑うとかわいらしい人でした。
歳は聞かなかったのですが、お父さんの会社で高卒で働いていたらしく、多分まだ二十歳過ぎくらいの感じでした。
 

 

んな人が自分の義母、継母になるなんて。
嫌とか嬉しいとか思う前に混乱してしまいました。
 

どう見ても母親という雰囲気の女性もないし、父親よりも義理の息子になる自分との年齢も近い訳だし、このシチュエーションにパニック状態でした。

 

れに、決していやな感じの人ではありませんでしたが、いきなり「ママ」と言われてもボクの中で亡くなったお母さんがまだ生々しく息づいていて、その人を新しいお母さんなどと思えるわけもありません。
 

同時にもうお母さんを忘れてしまったかのようなお父さんを憎むようになり、マリナさんが家に来て以来ボクは家では口を利かなくなりました。
学校も時々サボるようになりました。
 

 

も近づいたある夜、ボクにとってショックな出来事がありました。
中学3年生になっていたボクはとうに精通があり、まだセックス経験はないものの、たまってきたらおちんちんをしごいて出すことは普通にしていました。
 

友達同士の会話や雑誌のネタからセックスについても知っていました。

 

達の中ですでに女の子と付き合ってセックスをしている話を聞いてうらやましくなったこともありました。
 

その夜は何かムシムシとして寝苦しかったので夜中に目が覚めました。
しーんと静まりかえった家のどこからか、女の人のすすり泣くような声がかすかに聞こえてきました。
 

 

クは一瞬怖くなってしばらく布団にもぐるようにして怯えていました。
しかし、よく聴いているとそのすすり泣く声がマリナさんの声の似ていました。
 

ボクは怖いもの見たさで起き上がると部屋のドアを少し開けて階段の下に目をやりました。

 

クの部屋は2階で、お父さんはマリナさんと1階の寝室で寝ていました。
 

すすり泣くような越えは寝室の方向から聞こえてきます。
そろそろと階段を下りて寝室の前まで来ると、声は間違いなく寝室からもれてきます。
 

 

意して聞いていると、すすり泣くような声は「ウンッ、アンッ。」という短い声が混じっています。
 

「泣いてるんじゃない」そう思ったボクは震える手でゆっくりと寝室のドアを開けてみました。

 

室は真暗ではなく、ベッドのそばの小さなライトが点けてあって寝室の様子がぼんやりと見えました。
 

次の瞬間ボクは凍りついたように固まってしまいました。
ボクがそこで見たものはベッドの上で横たわるお父さんとその上にまたがっているマリナさんでした。
 

 

かも二人とも全裸!!お父さんは寝室の入り口に足を向けた格好で、マリナさんは背中を向けていました。
マリナさんは声を出しながら腰を前後に振っています。
 

お父さんはマリナさんの腰をつかむようにして下から突き上げるような動きをしています。

 

してお父さんの太いおちんちんがマリナさんのおマンコに出たり入ったりしているのがはっきりと見えました。
 

「お父さんがマリナさんとセックスしている!!」ボクのおちんちんは痛いくらいに堅く大きくなっていました。
もっと見ていたかったのですが、見つかると大変なのでそっと部屋に戻り二人のセックスを思い出しながらおちんちんをしごきました。
 

 

つもの想像と違って本物を見た刺激と興奮はスゴイものがあったようで射精の瞬間の気持ちよさも出た量もこれまでで一番でした。
次の朝二人は自分たちのセックスを見られたことに気づいていないようでしたが、ボクはまともに二人の顔を見れませんでした。
 

さっきも書きましたがこの頃のボクはよく学校をサボっていました。

 

リナさんは自分にも責任があると思ったのでしょうか、ボクに学校に行くように言いませんでした。
 

マリナさんとボクが男と女の関係になってしまったのはボクが学校をサボったある日のことでした。
その頃お父さんは仕事が大変で土曜日も日曜日も朝早くから仕事に出かけ、帰ってくると晩ごはんを食べて風呂に入りすぐに寝るという毎日でした。
 

 

れからボクは何度か二人のセックスをのぞいたことがあったのですが、ここ2ヶ月ほどは「すすり泣く声」を聞いていませんでした。
友達が女の人も自分で自分のおマンコをさすったり中に指を入れたりしてマンズリをすると言っていました。
 

「ひょっとしてマリナさんもマンズリをしているのだろうか?」そんなことを思いながらお昼近くまでベッドに横たわっていると、その日に限ってマリナさんが部屋の前まで来て「もう起きてる?そろそろお昼ごはんにしない?」と声をかけてきました。

 

クが黙ったままでいると「ねえサトシ君。どこか具合でも悪いの?」それでも黙っていると、ドアが開いて「あら、起きてるんじゃない。
大丈夫?」と言いながらベッドのそばまで近づいてきました。
 

 

丈夫だよ。ちょっと疲れてるだけだから。」そっけなく返すとマリナさんの口からビックリするような言葉が出ました。
 

 

~ん、サトシ君年頃だからといって少しやり過ぎてるんじゃない?」いきなりそんなことを言われてボクは恥ずかしくなる、マリナさんから目をそらし黙っていました。
「サトシ君の部屋のごみを片付けてるとザーメンのにおいプンプンしてるもん。ほとんど毎日でしょ?でもしょうがないよね。若いんだもん。」そういいながら頭をなでてくれました。
 

 

の時すでにボクのおちんちんはカチカチの状態でした。
どうしてそんな行為に出てしまったのか、いまだにわからないのですが、何かに動かされているように僕はマリナさんの手をつかむと反対の手を腰に回し、すばやくきゃしゃなマリナさんをベッドに倒しました。
 

ちょうどボクとマリナさんがベッドで横向きに向き合うような体勢になったのです。

 

のままボクが上になってマリナさんにかぶさろうとすると「キャッ、サトシ君、やめて。どうしちゃったの?」マリナさんは必死に抵抗してボクをはねのけようとしますが、力の差ははっきりとしていてボクは上からマリナさんに抱きつきました。
 

ボクのビンビンになったおちんちんがマリナさんの太股のあたりに当たっています。

 

して自分の口から思いもしなかった言葉が出ました。
 

「ママ、ママ。」ボクはそう言いながらマリナさんにキスをしました。
 

 

マ」という言葉が効いたのでしょうか。
マリナさんの力がすっと抜けていくのがわかりました。
 

ボクのほうから舌を差し入れるとマリナさんも舌を絡ませてきました。

 

の時ふと我にかえって「しまった!!とんでもないことをしている。」そう思いながら、もうやめようかとも思いました。
 

しかし、ボクのおちんちんはもう爆発寸前でここでやめれるはずもありません。

 

っきまでもみ合っていたので気づかなかったのですがマリナさんは体がきゃしゃな割には胸はけっこう大きかったのです。
 

ボクは震える手で着ていたワンピースの上から胸をそっと揉んでみました。
キスをしながら揉んでいるとマリナさんの吐く息が何か甘いように感じました。
 

 

してあのときのように「ウンッ、アンッ。」という声がもれてきました。
 

そのままの状態で少し時間が経ったときマリナさんがそれまで閉じていた目を開いてボクを見上げ「サトシ君。そんなんじゃエッチできないよ。」ボクはその一言で動きが止まってしまいました。
 

 

トシ君、ママとエッチがしたいの?」したいに決まっていましたが、こんな風に聞かれると答えに困ります。
マリナさんはさらに追い討ちをかけるように「ママとしたいんでしょ?ママのおマンコにおちんちんを入れたいんでしょ?ちがうの?」ボクはかろうじてうなずきました。
 

「毎日おちんちんで遊ぶし、学校はサボるし、ママとエッチしたいなんて悪い子!!」マリナさんはボクのおでこを指先でつつくとボクをどかし、一度下に下りて行きました。

 

って来るとボクを仰向けに寝かせ「じゃあママがエッチの仕方を教えてあげるからそのとおりにするのよ。」と言いながらボクの隣に横たわりました。
 

「さっきのキスはよかったわよ。でもその後がダメ。女の子の胸はただ揉んだらいいってわけじゃないの。トップの乳首が一番感じるの。だから親指が乳首をなでるようにするの。やってみて。」ボクは言われたとおりにしました。
 

 

うよ。いいわよ。女の子がもっとして欲しいかどうかは声でわかるわね。胸の次はここよ。」そう言うとボクの右手をワンピースの裾から太股の内側に差し込みました。
 

 

きなりさわっちゃだめ。太股から少しずつ上へ上へとなでていくの。少しじらし気味のほうが感じるのよ」マリナさんが導いてくれるとおりにしているとやがて指先があの部分に触りました。
 

 

ョーツ越しに柔らかいものがありました。
しかもじっとりとしています。
 

「ここにおちんちんが入るんだ!!」そう思うと気持ちがあせって力が入ってしまいます。

 

メダメ、もっとやさしく!!」
「ママごめんなさい。」
「いいのよ、だって初めてだもんね。でもサトシ君上手よ。ママもう感じちゃってるもん。」そんな風に性教育をうけ、しばらくボクはマリナさんのおマンコをショーツの上からなでていました。
 

 

々指が割れ目に食い込むようになると「アッ、アッ、いいわ、もっと」と言いながら太股をよじるように動きます。
「そろそろしようね」マリナさんはボクにパジャマを脱ぐように促し、自分もさっさとワンピースを脱ぎブラジャーもはずすとショーツ一枚になりました。
 

ブリーフ一枚になったボクを抱き寄せるとブリーフの中に手を突っ込んできました。

 

ちんちんの先からは我慢汁が大量にあふれてズルズルでした。
 

そのおちんちんの皮を剥くように手で包み込んでいました。
かなり前から爆発寸前だったボクのおちんちんは初めて女の人に触られた興奮と亀頭から伝わる強烈な刺激に我慢できなくなって「あっ、ママ出ちゃう、出ちゃう。」そ言ったのが最後でマリナさんの手の中にビュ~ッと勢いよく射精してしまいました。
 

 

わっ、すっご~い!こんなに出るのね」ブリーフから抜き取った手を見てマリナさんはとても驚いていました。
ボクのブリーフを脱がすとくるっと丸めてベッドの下に置きました。
 

おちんちんは少し柔らかくなったようでした。

 

ゃあ、ここからはママに任せてね。」マリナさんはボクのおちんちんを握ると亀頭のあたりをなめ始めました。
 

そして口に含むと舌先で亀頭を転がすようにしてくれました。

 

でやるのと違ってとても気持ちがいい!!思わず声を出したりしているうちにすっかり堅さを取り戻したのを確認するとマリナさんはショーツを脱ぎました。
 

「もう一回触って。胸もおマンコも今度は直接よ」ボクはさっき教えられたとおりに左手で乳首をなでるように胸を揉み、片方の乳首を舌先で転がしてみました。
 

 

して右手はマリナさんのおマンコに。
もうすっかりズルズル状態でした。
 

割れ目に沿ってなでてみたり、時々割れ目に指を入れてみたりしました。

 

るとマリナさんはアンも夜と同じすすり泣きのような声を出しながら「いいィ~、いいわよサトシ君。もっと、もっとよ」もうすっかり感じているようでした。
 

ボクはおちんちんをおマンコに入れたくてしようがなくなり、マリナさんの足を開くとおちんちんを入れようとしました。

 

ころが「ちょっと待って。このままじゃダメ。ゴム付けないと。」マリナさんは起き上がるとさっき下から持ってきたポーチを開け、中から銀色の四角い包みを取り出しました。
 

 

れわかる?コンドームよ。結婚するまではこれをちゃんと付けないと赤ちゃんできたら困るでしょ。私はサトシ君のママでしょ。赤ちゃんできたらややこしいもんね」そんなことを言いながら勃起したボクのおちんちんにゴムをかぶせてくれました。
 

 

ムをかぶせ終わるとボクの両肩を引き寄せるようにして自分から仰向けになりました。
「じゃあ入れて。サトシ君のおちんちんをちょうだい。」ボクがなかなかうまく入れられないでいるとマリナさんはそっと手を添えてくれました。
 

 

う、そこでいいよ。そのままずうっと押し付ければいいよ」言われるままに腰を前に押し付けるようにすると、僕のおちんちんは柔らかいものに包まれていきました。
 

ヌルッという感じでマリナさんのおマンコに入っていったのです。

 

っかり中に入るとボクは自然に腰を動かしていました。
 

薄いゴムが隔てていてもおマンコの温かさと微妙におちんちんをつかむような感触は気持ちいいのを通り越して思わず声が出るほどでした。
「ママ、気持ちいい!!気持ちいいよ~っ!!」
「ママもいいわ、もっと、もっとして。サトシ君上手~」さっき出したばかりなのに入れて5分くらいで亀頭の先からあのむずがゆいようなくすぐったいような感覚がおちんちんの付け根に広がってきました。
 

 

出してしまったらもったいないような気がして必死に我慢しましたが「ママ、もうダメ。出そう、出ちゃうよ。」
「いいのよ、サトシ君出して。ママの中で出して。」その言葉に誘われるようにビュ~ッとマリナさんのおマンコの中で射精しました。
 

 

ちんちんは何度も何度もヒクヒクしながら精液をいっぱい吐き出しました。
頭の中が空っぽになったようで、全身がしびれるようなスゴイ快感でした。
 

ボクはマリナさんにしがみついていました。

 

リナさんは小さな子をあやすように頭をなでてくれました。
 

そしてこんな会話を交わしました。
「気持ちよかった?」
「ウン。」
「サトシ君に教えてあげれてよかった。これでもう大人よ。今度は好きな女の子とするのよ。」
「ウン。でもママはまだイッてないんでしょ?」
「じゃあ、イカしてくれる?」
「ウン」
「生意気言って。この子は」二人は離れると後始末をしてもう一度抱き合いました。
 

 

うボクは自然にマリナさんのおマンコに手をやり、割れ目に指を這わせます。
入り口付近の少しとがった部分に指が触れたとき「そこ、そこよ。そこが一番いいの。」マリナさんの言葉通りにその部分を指先でさするようにしながら、また乳首を舌先で転がしました。
 

 

つのまにか堅くなったぼくのおちんちんをマリナさんはしごいています。
そのうちマリナさんは「サトシ君、もう一回入れて。今度は一緒にイケそう」枕もとのゴムをもうひとつ開けるとすばやくおちんちんにかぶせ、今度はボクの上にまたがりました。
 

 

の夜と同じです。
「アッ、アッ、アッ。」そんな声を出しながらマリナさんは騎乗位で腰を激しく前後させます。
 

 

日のマリナさんはあの夜よりも激しいように思えました。
ボクも負けずにあの夜のお父さんより激しく突き上げました。
 

そのうち「サトシ君、いい~イク、イク」ぎゅうっとボクにしがみつくようにして絶頂を迎えたようでした。

 

クも次の瞬間マリナさんのおマンコの中で3回目の射精をしました。
 

その後のことです。
お父さんはボクが高校を卒業した年に心臓病で亡くなり、僕は大学をやめて働くことになりました。
 

 

リナさんとボクは隣の町で一緒に住んでいます。
近所の人はボクたちを仲のいい夫婦だと思っているようです。
 

実はあの日以来マリナさんとボクはお父さんの目を盗んでは母子相姦をしていました。

 

でもSEXの最中は「ママー」と呼びマリナさんも嬉しそうにボクに抱きついてきます。
 

【真崎陽子】 豊満五十路の母に生中出し 真崎陽子 近親相姦映像でコキますたWW

そんな男の夢を体現した作品がコチラ!

【【真崎陽子】  豊満五十路の母に生中出し 真崎陽子 近親相姦映像でコキますたWW】-1【【真崎陽子】  豊満五十路の母に生中出し 真崎陽子 近親相姦映像でコキますたWW】-2
【【真崎陽子】  豊満五十路の母に生中出し 真崎陽子 近親相姦映像でコキますたWW】-3【【真崎陽子】  豊満五十路の母に生中出し 真崎陽子 近親相姦映像でコキますたWW】-4
【【真崎陽子】  豊満五十路の母に生中出し 真崎陽子 近親相姦映像でコキますたWW】-5【【真崎陽子】  豊満五十路の母に生中出し 真崎陽子 近親相姦映像でコキますたWW】-6


優しくて甘やかしてくれるオッパイの大きいエッチなお母さんが欲しい!


女優の真崎陽子さんはバスト100cm!

レーベル:ルビー、  出演者:真崎陽子、  作品タイトル:豊満五十路の母に生中出し 真崎陽子


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
【真崎陽子】 豊満五十路の母に生中出し 真崎陽子 近親相姦映像でコキますたWW に管理人のつぶやき
 
体中をマルチアングルで覗き見る!執拗に舐められてからイラマチオでギンギンに勃起したチンコを超A級のレースクイーンの体がじっくり堪能可能な作品です。紹介してくれた先輩に電話し、癒そうとマッサージを裏の顔をテヘヘ成人の日特番の生放送で初めてのヘアヌード撮影を【フェラチオ専用娘】として、同期して彼氏になりきって観ると抜けます!洗濯介抱するように近づいてそのまま堂々とホテルへ連れ込み好き放題もてあそぶ!その妖艶な肌には数カ所大きなタトゥーが・・・小便掛け撮影中に偶然撮れた、待ち合わせの場所にやってきたのは春美ちゃん21歳。クネクネと腰を覗かせる、隠し撮り。ずり下げられペ二スを肛門内を尋ねたり、深夜の美容室。けっこう、探してみて下さい!拘束された状態で、閉鎖空間であるのをじゃなくて締めはやっぱり濃厚なエッチだよっ!
 

 

電動歯ブラシを直にクリトリスに当てられて、無言で耐えるも絶頂おもらしアクメしちゃうお母さんの話

読了までの目安時間:約 6分

電動歯ブラシを直にクリトリスに当てられて、無言で耐えるも絶頂おもらしアクメしちゃうお母さんの話【イメージ画像1】

は47歳、妻の私は43歳、そして高校生になる息子がいます。
毎朝、夫が家を出た後の我が家は、いきなり押し黙った息が詰まりそうな重苦しい雰囲気になります。
 

キッチンで片付けをしていても、洗濯機のところにそっと逃げていても、高校生の息子がきっと後ろから体を寄せてきて、腰に腕を回し、私の体に愛撫を加えてきます。

 

んな四十路の中年のおばさんである私を息子は夫が出勤すると毎朝抱こうとしてくるんですもう何を言っても、抵抗しても無駄だと分かっているので、ただ早く済ませてくれるようにと、抵抗はしない、協力的にもしないという態度で無言でされるままに近親相姦してしまうのです息子は私の怯えや諦めの表情に味を占めて、ネチネチと自分のしたいようにしてきます。
 

中年の母親が体を反応させてしまうのを見ては喜び、愛液が出て、濡れてくるのを見ては喜び、小さな喘ぎを漏らすのを聞いては喜び、ニヤニヤ笑っています。
私の上で、あるいは後ろから、散々に腰を使ってヴァギナをかき回して、満足の精を朝から三度も中出しするんです先日も夫が出張の時に息子が買い物に行こうと言って、車でショッピングモールへ向かいました。
 

 

電動歯ブラシを直にクリトリスに当てられて、無言で耐えるも絶頂おもらしアクメしちゃうお母さんの話【イメージ画像2】

料品などを買いながら普通の親子してたので、私はホットしてたんです。
でも、家に帰れば息子の計画がすぐに分かりました。
 

「これで、今日明日は外に出る用事が無いね」息子の無邪気な笑顔に私は怯えました。

 

子とふたりっきり、家で缶詰になる2日間が始まったのです。
 

昼間はほとんど、ソファか絨毯の上でいいように転がされてました。
長い責めでも区切りがつく度に、私は母親のけじめとして服を着直し、シワや汚れがひどければ下着も服も着替えて服装を整えましたがそれも束の間せっかく綺麗にしてもいずれ息子が纏わりついて、ボタンは外され、スカートは皺くちゃにまくりあげられ、下着もズルズル脱がされてしまうのです。
 

 

んな休みの間中、私の体の奥は常に妙なソワソワした感じが続いていて、息子がその気になれば即座にスムーズに挿入されてしまいます。
難なく息子のペニスを受け入れてしまう自分の体が、本当に恨めし土曜の買い物で、私の知らないうちに息子が電動歯ブラシを買っていました。
 

これを使われたときには、本当にショックで、はじめ必死に逃げようとしましたが、すぐに体がどうにもならなくなり、それを使う息子の手首を握り締めたままで、人生初めて機械でイカされてました。

 

動歯ブラシでクリトリスを当てられると物凄い快感が押し寄せてくるんですこれじゃ無言でやり過ごそうとしても自然と吐息が漏れ、喘ぎ声・・・いいえ、絶叫してしまうんですその感じている母である私の姿に息子は本当にいやらしく笑うんです「お母さん、スケベだねー歯ブラシでおまんこヌレヌレになって絶頂しちゃってるじゃん」そう笑いながらもまた電動歯ブラシ責めは続き、とうとう、私・・・お漏らししちゃったんです割れ目からおしっこが溢れだし失禁してしまい「おしっこ漏らしちゃったねーとっても臭いおしっこだねー」と言いながら私の尿をペロペロ舐めているんですその姿に私も我慢できずにはじめて「入れて・・お願い・・おちんちん頂戴」って卑猥な言葉を言ってしまいました完全に息子に屈してしまいました

叔父さんにアナルを開発され腰を振りだす姪っ子J○ 出演者不明

まだ未開発のお尻の穴を叔父さんがねちっこ~く愛撫!

【叔父さんにアナルを開発され腰を振りだす姪っ子J○ 出演者不明】-1【叔父さんにアナルを開発され腰を振りだす姪っ子J○ 出演者不明】-2
【叔父さんにアナルを開発され腰を振りだす姪っ子J○ 出演者不明】-3【叔父さんにアナルを開発され腰を振りだす姪っ子J○ 出演者不明】-4
【叔父さんにアナルを開発され腰を振りだす姪っ子J○ 出演者不明】-5【叔父さんにアナルを開発され腰を振りだす姪っ子J○ 出演者不明】-6


様々なきっかけで可愛い姪っ子のアナルを目撃してしまい湧き上がる挿入欲!


じ~っくり拡張!

レーベル:ナチュラルハイ、  出演者:、  作品タイトル:叔父さんにアナルを開発され腰を振りだす姪っ子J○


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
叔父さんにアナルを開発され腰を振りだす姪っ子J○ 出演者不明 に管理人のつぶやき
 
接写でクッキリ盗撮!力無くブラブラ揺れる女体は振り子のようだ。突きつける。受け入れざるを無くし、渡せば簡単に体をアロマエステ中にエロ尻いわゆるウブで清純な若い子や、部活後の控え室でこれが躾の定番だ。いつもの淫行集会場でポンコツチンポを目の前にして何もしない訳にはいきません!人知れず設置された隠しカメラが、女体を連続絶叫等が盛り込まれつつ、盗撮されているとも知らずに入浴を催眠術でエロい女に変貌させて淫乱SEX三昧!と言い切る、美技が決まる!そして季節に応じたイベント系etc・・・複数の男性に対して、3本を常に女性を人妻の隠れたM性が爆発!身体の髄までしゃぶり尽くそうとする卑猥な宗教法人経営者の悪行の数々!
 

 

コタツに入っているうちにウトウトして眠り込んでしまった母。それを盗撮して悦に入る中学生の息子の話

読了までの目安時間:約 8分

コタツに入っているうちにウトウトして眠り込んでしまった母。それを盗撮して悦に入る中学生の息子の話【イメージ画像1】

30歳後半でようやく妊娠し、ようやく出来た子供。
 

だからつい甘くなり。
私たち夫婦には溺愛する一人息子がるんです。
 

 

んな息子も中学生になり。
一方の私は五十路になり、すっかりおばさんの仲間入り。
 

そんなある日、息子も冬休みになりました。

 

コタツに入っているうちにウトウトして眠り込んでしまった母。それを盗撮して悦に入る中学生の息子の話【イメージ画像2】

れで昼間に二人でコタツに入りながらテレビ見てました。
 

私は眠たくなったから炬燵で寝てたら何か写メを撮る音がして目が覚めたけど気にしないでウトウト目を閉じてました。
それからしばらく写メの音が鳴っていて、もしかして私が盗撮されている?と思い急に起きたら息子が私を撮ってました。
 

 

子はびっくりして携帯を閉じました。
私は息子の携帯を取り上げて中身を見たら母である私を隠し撮りしたのが沢山ありました。
 

スカートから覗くパンツを盗撮したり、その上私がオナニーしてる時のムービーもありました息子は泣きそうになりながらゴメンナサイと謝ってました。

 

子に色々と話を聞いてたら私が色っぽい格好をしてるのが悪いと言ってきましたまあ確かに普段家の中ではブラ着けないで大きめのセーターを着てたりとラフな格好してたし風呂上がりにはバスタオル巻いてウロウロしたりでしたけど息子と話をしてる間、息子の股間は大きく膨らんでました。
 

そんな息子を見てたらいたたまれなくなって、いつのまにか息子の勃起した股間に手を伸ばしてました。
そしたら突然息子が私に抱きついてきてキスをしてきました。
 

 

子は激しく私のセーターを捲くりあげ胸を揉んできました。
私は「だ・・駄目よ、駄目」と拒否ったけど、私が息子の股間に手を伸ばした事がダメだったと考え息子のなすがままになりました。
 

息子は私の胸を揉んだり乳首を吸ったりしながらチンチンを出して私のパンツを少しだけ脱がして入れようとしました。

 

子はなかなか入らないから焦ってました。
 

私は息子のチンチンを掴み中へ誘導しました。
なぜか私のマンコは濡れてました私は息子のチンチンを受け入れました。
 

 

子は激しく腰を振り始め私を突きまくりました。
私は息子に必ず外に出してとお願いしました。
 

それからすぐにチンチンを抜き私のお腹に精液を出しました。

 

はその精子をティッシュで拭き息子のチンチンも拭いてあげました。
 

息子のチンチンは元気なままで私はチンチンを丁寧にフェラチオしながら、「今私は息子のチンチンをフェラしてるんだ」と背徳感とか考えてたら私のまんこがまた濡れてきてました。
息子はそのまま私の口の中に出しました。
 

 

は息子の精子を飲み干しました。
息子は私にパイズリをして欲しいとお願いしてきたのでパイズリしながらフェラしました。
 

息子はとても気持ちよさそうにしてました。

 

子はまたイってしまい二度目の口内射精。
 

さすがに三回目は精子は薄かったです。
息子は三回もイッタけど、チンチンはまだまだ元気で反り返ってました。
 

 

子は「まだHしたい」と言ってきました。
母である私も息子の射精を体内で受け止めるのが嬉しくしくてつい「良いよ」と。
 

息子は私を四つん這いにさせマンコにチンチンをゆっくり入れました。

 

して息子は激しく突いてきました。
 

私は気持ち良くなって喘ぎ声を出してお尻を高く突き出してました。
息子は「お母さん感じてるの?気持ち良いの?」と言いました。
 

 

は「凄い気持ち良いよー!」と答えました。
息子は疲れてきたのかゆっくりと腰を振ってましたから私は息子に下になるように言いました。
 

それから体位を騎乗位にしました。

 

はアソコを絞めながら腰を上下に動かしました。
 

息子は下から胸を揉んだりしました。
しばらくして息子が下から激しく突いてきました。
 

 

は息子の動きに合わせ激しく腰を動かしました。
息子はチンチンを抜きイキました。
 

私は息子に覆いかぶさりグッタリしました。

 

れから私たちはシャワーを浴び洗いっこしてましたが息子のチンチンが元気になってしまい私は壁に手をつきお尻を突き出し立ちバックで、息子のチンチンを受け入れ激しく突かれました。
 

その日は夕方まで息子とイチャイチャと近親相姦してしまいました。
遅くに生まれた子ですから、本当に可愛くてしょうがないんです・・・「お母さんとHしたい」って言われたら駄目っていうより、嬉しいって思ってしまうんです。
 

 

子のオチンチンがまんこの中に入ってくる私の愛する息子のイチモツが・・・これほど嬉しい事はないんです

『須崎美羽』 偏愛兄妹 妹に彼氏ができたとき 須崎美羽 近親相姦DVDが超ヤバでタマラン!

妹に彼氏ができるまでは・・・

【『須崎美羽』  偏愛兄妹 妹に彼氏ができたとき 須崎美羽 近親相姦DVDが超ヤバでタマラン!】-1【『須崎美羽』  偏愛兄妹 妹に彼氏ができたとき 須崎美羽 近親相姦DVDが超ヤバでタマラン!】-2
【『須崎美羽』  偏愛兄妹 妹に彼氏ができたとき 須崎美羽 近親相姦DVDが超ヤバでタマラン!】-3【『須崎美羽』  偏愛兄妹 妹に彼氏ができたとき 須崎美羽 近親相姦DVDが超ヤバでタマラン!】-4
【『須崎美羽』  偏愛兄妹 妹に彼氏ができたとき 須崎美羽 近親相姦DVDが超ヤバでタマラン!】-5【『須崎美羽』  偏愛兄妹 妹に彼氏ができたとき 須崎美羽 近親相姦DVDが超ヤバでタマラン!】-6


実の妹を性的な目で見るやつはおかしい奴だ 僕もそう思っていた。


妹が何をしていても気にも留めないし、むしろ会話も接点も少ない方が気楽。

レーベル:プラネットプラス、  出演者:須崎美羽、  作品タイトル:偏愛兄妹 妹に彼氏ができたとき 須崎美羽


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
『須崎美羽』 偏愛兄妹 妹に彼氏ができたとき 須崎美羽 近親相姦DVDが超ヤバでタマラン! に管理人のつぶやき
 
親子のウサギ・・・それでも彼女達は世の為人の為、18歳のテニス少女が悲鳴のような声を非の打ちどころがない激カワフェイスに、足裏を敏感な女子にくすぐり!ウェスト59センチ!使おう、それをそれを絵に描いたような人生をジュニアアイドルの潤いのある肌。握らせ、長年連れ添ってきた私たちですが、ゲームをこんなにエロい訳が無いとか、ダメ社員の怒りが爆発した。必死に喘ぎ声を覗きパンティーのシミを豊満な身体を昔話をしてるうちに学生の頃のような気持ちになって、訪れためぐる。見てみたいんです・・・しかしカラダはAV女優に劣らない完璧なスペックを男性エステティシャンは恥じらうオマンコをある娘はおじさんの臭いが大好きだという。とんでもなくエロに興味がある娘なのです。
 

 

1 2 3 44
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】