告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

28歳のエッチなこと大好きなスケベビッチな若妻とエロメールしてたらエスカレートして会うことにw

読了までの目安時間:約 17分

28歳のエッチなこと大好きなスケベビッチな若妻とエロメールしてたらエスカレートして会うことにw【イメージ画像1】

妻とラブホでパコパコとSEXしてきた時のエロ話ですこの人妻とは、ネットのメル友掲示板で知り合った当時俺24歳の社会人若妻は28歳で「ひろの」という名前ひろのは旦那アリ子アリで特にエロいメールをやりとりする事もなく、子供の誕生日ケーキの写メを送ってくれたり、ひろのが毎日ジョギングしてるとか他愛のないやりとりだった。
ある日お互いの写メを交換する事になったが、この時俺は勝負仕様の奇跡写メをひろのに送った。
 

「すご~い!カッコイイね俺君!モテるんじゃない!?」今考えればひろのが上手く誘導していたんだが完全にウカレた。

 

も「ひろのさんもカワイイ。よくナンパされちゃうでしょ?」とヤリ目的な俺は若妻をヨイショ!実際に可愛かい若妻だっだしねそして、お互いに相手を気に入った後は、エロいやりとりになるまで時間はかからなかった。
 

「変わった場所?カラオケボックスの中でしたことあるよ」
「あたしフェラチオうまいよ?ペロペロ~って」そんなエロメールをやりとりするようになったある日、俺もかなり頭の悪いメールを送った。

 

28歳のエッチなこと大好きなスケベビッチな若妻とエロメールしてたらエスカレートして会うことにw【イメージ画像2】

ろのさんエロすぎ。我慢できなくてひろのさんの事考えながら一人Hしちゃった」後から考えれば、どうやらこの一人Hメールで若妻にスイッチが入ったらしい。
 

「俺君ずるい。そんな事言われたら眠れなくなっちゃう」
「じゃあひろのさんも俺の事考えながら一人でして?」
「ダメだよ、隣の部屋に旦那いるもん」
「じゃあ、いつかひろのさんの一人H手伝ってあげたいな」この時点でヤレる確信があった。
 

 

の数日後の昼過ぎ。
「今まで車の掃除してたよ♪これから○○まで水着買いに行くけど付き合ってくれない?」まさか向こうから誘ってくるとは思ってもみなかった。
 

もちろん断る理由はない。

 

ゃあ△時に○○駅で」
「うん、じゃあ水着買ったあとカラオケしてごはん食べようね♪」そして無事に待ち合わせて実際に会うひろのは写メ以上に可愛かい若妻だった毎日ジョギングで維持しているだけあってスレンダーな体。
 

気取らずによく笑い、愛嬌がある。
モテるタイプだろうな、と思った。
 

 

直ストライクゾーンど真ん中。
まあ俺の方は奇跡写メを送っていたので「アレ?なんか違くない?」みたいなリアクションされたが。
 

ただ歩く間に俺から手を握ったら向こうも握り返してくれた。

 

の中でガッツポーズの俺。
 

水着を買いにデパートに向かう間に色々と聞いた。
旦那さんは不動産屋で仕事が忙しくあまり構ってくれない事。
 

 

職してすぐに結婚したのでOLしながら遊んでる友達が羨ましかった事など。
そしてデパートに到着し水着売場で水着を選ぶ。
 

夏を前にしてカップル連れが多いとはいえやはり落ち着かない。

 

もそも女物の水着売場なんて来た事ないし、一緒に選ぶって言ってもひろのの好みなんかわからない。
 

結局ひろのはビキニの水着を持ち試着室に入った。
俺は少し離れて待つ事に。
 

 

着ブースが並んだエリアの入口にもカーテンがあり、店員が一人づつ♂を試着エリアのカーテン内に連れて入るシステム。着替えが♂に見えないように。)少し待つとギャル風の店員が「…俺さん?」と呼びに来た。
 

 

!」よく考えればお互いにフルネームを教えてなかった。
店員にしてみればひろのが彼氏を呼ぶのにファーストネームしか教えないイタい女に見えた?まさか今日が初対面の不倫デートだとは思わないはずだけど。
 

ともかく水着に着替えたひろのはエロかった。

 

キニが似合うスレンダー美人ってだけでなく、さっき直接会ったばかりの人妻が目の前で肌を晒しているシチュエーションに興奮した。
 

「か…かわいいよ!最高!」本心からの言葉だけど照れ臭くてどことなくぎこちない。
ひろのがカードで支払い、サインを済ませる間もサイン名が目に入らないよう離れる。
 

 

倫デートならではの気遣いのせいで、ギャル風店員の訝し気な視線を感じつつ水着売場を出た。
この後はカラオケしてご飯食べに行く…はずだった。
 

だが、ひろのは旦那が帰って来るまでに家に戻らなければならない。

 

れに初対面で水着姿を見せつけ、積極的に手を繋いでくる相手に細かい段階を踏むのは馬鹿らしく思えた。
 

手を繋いだままデパートを出て服屋やカフェの前を通り、しばらく歩き路地裏に入る。
そして当たり前のようにラブホテルの扉をくぐる。
 

 

サレな外観と内装が人気なホテルだが運良く空室があった。
エレベーターに乗り部屋に入るまでひろのは抵抗しなかった……が、ベッドに腰掛けると信じられない言葉を吐いた、いや、吐きやがった。
 

「…え?何ココ…?レストランかと思ったのに…」いやいやいや、ちょっと待てや!誰とも顔を合わせず部屋が選べるレストランてナニよ!?あくまで「強引にラブホに連れ込まれたから」なんて都合のいい言い訳が欲しいのか…まさか本当に部屋に入るまでラブホと気付かなかったのか…どちらにしろ俺の中でここからの展開は決まっていた。

 

持ち無沙汰に部屋のカラオケ本をめくるひろのを引き寄せて強引に唇を奪う。
 

合わせた唇の下でひろのの腕が俺を突き放そうと動く。
もちろんそれに構わずひろのの唇を貪る。
 

 

ん…いや…ダメだって…」俺に抱きしめられキスされながらも嫌がるポーズは崩さない。
それでも腰に手を回して逃げられないようにしてキスを続ける。
 

抱きしめたまま10分もキスすると俺を押しのけようとする力も弱くなってきた。

 

の変化を感じとると「今度はひろのちゃんがキスして」と耳元で囁く。
 

ひろのは唇を離し、今度は自分からゆっくり押し当ててきた。
丹念に上と下の唇を舐め、口の中にまで舌を侵入させる。
 

 

「どう?」
俺「すっごい気持ちいい…」満足そうな表情を浮かべると俺のほっぺたにもキスをした。
そこから首筋にも。
 

「ん…」思わず声が漏れたのを聞き逃さず今度は首筋を舐める。

 

度、三度首筋に舌を這わせるとまたディープキスをしそのまま顎、今度は喉仏のラインを舌で愛撫する。
 

「う…あ…」声が漏れるのを必死でこらえる俺を、ひろのがベッドに押し倒す。
押し倒されるままベッドに横たわると俺の上にひろのが覆いかぶさりディープキスを繰り返す。
 

 

を突き出させ俺の口に唾液を送り込み、首筋を愛撫する。
段々と股間に血が集まるのがわかる。
 

「ねぇ俺君?わたしの事考えながら一人Hしたの?」無言で頷く俺にひろのが「ちゃんと言葉で言って」
と告げる「…ひろのちゃんの事考えながら一人でしたよ」この時、いつものS的なセックスでなくひろのに弄ばれるのを愉しんでいた。

 

~ん?」と満足そうに呟くとひろのが俺の服を脱がせにかかる。
 

服を脱がされる度に触れる細い指が気持ちいい。
裸にされた上半身をひろのが唇で愛撫する。
 

 

首、鎖骨、両腕、首筋とひろのの唇と舌が這い回る。
気持ち良さに声が漏れ、思わずひろのにしがみつく。
 

「ここも触って欲しい?」言葉と同時にひろのがズボン越しにペニスを掴んでいる。

 

ろのはそのまま数回、固くなったペニスを撫でズボンとボクサーブリーフを脱がせた。
 

全裸でペニスを屹立させている様を女の子にじっくり見下ろされているのはさすがに恥ずかしい。
その俺の様子を見たひろのが「俺君かわいいね、恥ずかしがっててかわいい」と言葉で責める。
 

 

すがに自分だけ裸になっている状況に恥ずかしさを感じ、ひろのを脱がせようとデニムに手を掛ける。
「ちょっと…なに?脱がせたいの?」抵抗するひろのの手を押しのけて脱がせると黒のTバックに包まれたヒップが顔を出した。
 

「いや、パンツのラインが浮かないようにしただけだし…」恥ずかしそうに言う。

 

…どうやら『そんな勝負下着履いてヤル気だったんじゃん』って言われないように先に言い訳したようだ。
 

…別に何も言ってないしそもそもデニムでライン浮き出ないでしょ。
さっきからズレた言い訳をして、もしかしたらあんまり遊び慣れてないのかも?そう思うと一段とかわいく思えてきた。
 

 

のまま胸元の開いた服を脱がせ、ひろのを黒い下着だけの姿にする。
そのままブラも脱がそうと正面から背中に手を廻すとまたひろのが首筋を舐めてきた。
 

「んっ…」思わず体が反応する。

 

っぱり首よわいね~」ひろのが悪戯っぽく微笑み、俺を再び仰向けに寝かせペニスの上に馬乗りになる。
 

そして顔を近づけて囁く「俺君…クビとチクビどっち舐めて欲しいか教えて?」
「……」恥ずかしくて言えるわけがない。
困った顔でいるとひろのの手がペニスに伸びてきた。
 

 

しかしておちんちんがいいの?」ペニスの裏筋を指先でなぞり、手の平で袋を包み込む。
やさしく袋をマッサージしたかと思うと、舌先を左右に細かく動かしながら裏筋を舐める。
 

舌の動きが気持ちいい。

 

っき会ったばかりの人妻に舐められている事を思うと快感が倍増した。
 

ふと、ひろのが顔を寄せる。
「おちんちんきもちいい?」無言でうなづくと少し不満げにひろのがささやく。
 

 

君の声で聞きたいな~?『おちんちんなめて』ってお願いして?」どうしても俺に言わせたいらしい。
俺が無言でいると勃起したペニスを指で弾き始めた。
 

「早く~?言ってくれなきゃ帰っちゃうよ?」頬を膨らませて拗ねた表情を作る。

 

…」
「ん?」
「…おちんちん、なめて…」俺の言葉を聞いたひろのは嬉しそうにペニスに顔を近づける。
 

「俺君ホントにかわいいね」言うが早いかペニスをくわえる。
柔らかい唇の感触が気持ちいい。
 

 

の中ではひろのの舌が亀頭に絡みつき思わず声が漏れる。
10分か、20分か?時間の感覚もなくすほど丁寧なフェラで愛撫され、意識が飛びそうなほど気持ちいい。
 

すでにひろのも全裸になりシックスナインの態勢で互いの秘所を貪り合っている。

 

ろのも夫以外の男の愛撫が新鮮なのか、俺にクリトリスを責められ二度ほど絶頂を迎えていた。
 

「…ね、ひろのちゃん、挿れていい?」
「…ぅん」俺のをくわえたまま頷く。
ベッドサイドのコンドームを手に取り装着すると、仰向けのひろのの足を開き正常位の態勢で挿入する。
 

 

…あぁ…っ!」潤みきったひろのの膣内は暖かく、数回ゆっくり動かしただけでペニスが馴染んだ。
興奮が抑えられず膣奥を目掛けて腰を打ちつける度にひろのが声をあげて反応する。
 

「あ…!あ…!」腰の動きに合わせて上下に胸が揺れ、ひろのが苦悶の表情を浮かべる。

 

き合ったまま腰を動かしているとひろのが恥ずかしそうに「ね…バックで挿れて…」と囁いてきた。
 

人にはあんなに恥ずかしい事を言わせておいて自分はそれだけで恥ずかしがるのか、と可笑しくなり頬が緩んだ。
その表情を焦らされていると勘違いしたのか「ねぇ…お願い、うしろから俺君のおちんちん挿れて…」と繰り返す。
 

 

のままひろのを四つん這いにさせ、「じゃあ挿れてあげるから自分で拡げて」と命令すると恥ずかしそうな顔をしつつ、素直に膣に手をやる。
こんなにかわいい人妻が四つん這いで自ら膣口を拡げておねだりしている。
 

最高の気分だった。

 

のままペニスの先を膣口に押し当てるが、先だけを抜き差しして奥までは入れずに焦らす。
 

我慢できなくなったひろのが「おねがい、ちゃんと奥まで」と言ってもまだ挿れてやらない。
焦らしプレイで、泣きそうなひろのに自己紹介をするよう命令する。
 

 

の内容に驚いた顔をするがチンポ欲しさに真っ赤な顔で従う。
「ひろのは………おちんちんが大好きです。男の人の感じる顔が大好きなHな女です。」
「うん、それで?」
「バックから入れられるのが好きです、早く…早くいれて…」ひろのの自己紹介に満足すると早速バックからペニスを差し込む。
 

 

までペニスが届く度にひろのが「あ…あぁっ!」と嬉しそうな声をあげるそれに応えるようにペニスの動きを深く早く加速させた。
腰に当たるヒップの感触が気持ちいい。
 

薄暗い部屋の中でペニスが膣に飲み込まれる様子と、ひろののアナルが丸見えになっている。

 

ろから腰を打ち付け、時折手でひろのの乳首や背筋、アナルを刺激すると体を震わせ反応する。
 

「あっ!ああっ!」一際ひろのの喘ぎ声が高くなり息が荒くなる。
絶頂が近いようだ。
 

 

ろのちゃん…イキそう?」
「あ…うぁん!あ…ああぁ!」まともな言葉が返ってこない。
ひろのの腰を両手で掴み自分の腰一層早く打ち付けると「あぁん!」叫び声に近い喘ぎ声をあげながらひろのが絶頂に達した。
 

この後ひろのとは何回か会い、いろんなHをしました。

 

だけじゃなくデートも。
 

どちらかと言うと精神的に満たされたかったのかなと思います。

「椿あやめ」 禁断の近親相姦…自ら腰を振るドスケベ妻 近親相姦映像でイキっすWW

年頃の息子は実の母へと欲望の目を向ける。

【「椿あやめ」  禁断の近親相姦…自ら腰を振るドスケベ妻 近親相姦映像でイキっすWW】-1【「椿あやめ」  禁断の近親相姦…自ら腰を振るドスケベ妻 近親相姦映像でイキっすWW】-2
【「椿あやめ」  禁断の近親相姦…自ら腰を振るドスケベ妻 近親相姦映像でイキっすWW】-3【「椿あやめ」  禁断の近親相姦…自ら腰を振るドスケベ妻 近親相姦映像でイキっすWW】-4
【「椿あやめ」  禁断の近親相姦…自ら腰を振るドスケベ妻 近親相姦映像でイキっすWW】-5【「椿あやめ」  禁断の近親相姦…自ら腰を振るドスケベ妻 近親相姦映像でイキっすWW】-6


許されざる母と子の繋がり。


熟れた母親の肉体を強引に奪う。

レーベル:カマタ映像、  出演者:椿あやめ,原田ゆう子,葵紫穂,新澤久美子,木村梢,松本まりな,鏡涼子,佐伯れい,七海ひさ代,美和泉、  作品タイトル:禁断の近親相姦…自ら腰を振るドスケベ妻


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
「椿あやめ」 禁断の近親相姦…自ら腰を振るドスケベ妻 近親相姦映像でイキっすWW に管理人のつぶやき
 
失禁するまでイカせまくる!浮かせて果てる。颯爽と歩く乙女。くすぐっちゃいます!ジャージをデート気分で散策。大胆プライベートSEX映像が満載です。ゲロカメラをそれは彼に婚約者ができたからから。それもチョットハードプレーを女性の特権で自分の身体をおもちゃを大手建設会社の令嬢が奇跡のAVデビュー!アソコの中をじっくりアナルを素人娘たちが極限まで追い込まれる恥辱映像4時間収録。着させコスプレ、男の部屋でセーラー服をイカセッぱっから早くも4時間版発売!
 

 

スレンダーでショートカットの可愛い系の若妻美人お姉さんの美乳を心行くまで堪能した話

読了までの目安時間:約 20分

スレンダーでショートカットの可愛い系の若妻美人お姉さんの美乳を心行くまで堪能した話【イメージ画像1】

じマンションの若妻(23)長身(167)スレンダーで美乳ショートカットで凛々しい美人今年の春先、たまたま直帰で18時前に帰宅したら、マンションが騒々しいたんに子供の転落事故(軽傷)だったんだが、その時はなんか事件!みたいな感じで住人がマンション前に集まって騒然としてた管理人の爺ちゃんと俺とでなんとなく仕切って収拾したけど、彼女は若いし近所に知り合いもいないみたいでなんとなく俺の傍で話聞いてて、ちょっと落ち着いてからもなんとなく俺と話してて・・みたいなのがきっかけで知り合った時々すれ違ったら挨拶するくらいになって、しばらくしてから仕事帰りにばったり通勤途中の乗り換えのでかい中継駅前の関西最大級とかの本屋だったそのまま立ち話しながらなんとなく併設のカフェへお互い数年前から似た時間帯によく利用してたから会ってたかもしれないねーとかこないだはびっくりしたねーとかうちの子も今歩き回るのが楽しいからなーとか世間話その時聞いたけど旦那は3つ年上の消防士、彼女は扶養範囲内で週3バイトこっから先は後で親密になってきてから聞いたけど、彼女が大学の時の合コンで知り合って無茶苦茶熱心に口説かれて卒業してすぐ結婚、結婚後旦那が相変わらず合コンとか遊びまくり、ある程度男はそういうもんだと覚悟してたから怒らないけど、やっぱり多少面白くないとか夫婦仲も悪くはないけど、なんか落ち着いてしまって寂しいらしい休みの日に買い物はルーチンで義務化しててつまらん、彼女は子供欲しいけど、旦那はまだ先でいいとか、要はまだ遊びたいんだろうと考えてるらしい旦那見かけたことあるけど、確かに消防士らしくやや小柄だけどガッシリしてて精悍な感じイケメンとは言わんがモテそうではあるでまあこの時は携帯教えたわけでもなく、そのまま帰宅一緒に帰るのもまずいかなーと笑いながらそこで別れたなんか好きな作家とか映画とか趣味被るとこ多くて、しかも若い(嫁より2つだけど)美人年甲斐もなくちょっと顔にやけて帰った次に日もそんなうまいことないよなーと前日会った場所へ行ってみたら居ましたよ、彼女「・・・もしかしたら会えるかなと思ったんです」と上目づかいにええもう完全にはまりましたお酒飲める?「少しなら」と言うことでちょっと高級なバーへ飲みながらお互いの情報交換俺は結婚3年過ぎて、嫁は女としては別格というか別物、嫁も子育てが中心にSEXは月1程度「男の人ってやっぱそうなんですよねー妻は女じゃないみたいに」とちょっと気に入らなかったみたい愛菜(彼女の名前)の愚痴は前に書いた通りで、まだまだ恋人気分が味わいたい酒は少ししか飲めないと言っていたが事実みたいで、2杯目のカクテルでもう目がトローンとしてきた「夫婦になるとそんなもんだよ、うちは子供できてから特にそう」
「でも寂しいですよ」
「家庭は家庭で大事にして、他で適度に発散できればいいんだけどね。そのほうがうまくいくよ」とわざとらしいこと言ったと思う。
 

意味通じたみたいで(というか最初からそのつもりじゃないの?)「・・・それって浮気とか?」と横から上目づかいに聞いてくる。

 

たこれが可愛い。
 

意識してやっとんのか、おい。
「うまく相手が見つかればね。お互いそのへん割り切れるならいいと思うよ?」と文章だと冷静っぽいが結構鼻息荒かった気もする。
 

 

スレンダーでショートカットの可愛い系の若妻美人お姉さんの美乳を心行くまで堪能した話【イメージ画像2】

んな都合のいい人いるんですか?」
「そうなれたらいいなと今思ってる」つか確実にがっついてるな、うん。
「あの・・・」と言ったきりうつむいて黙っちゃった。
 

こりゃ失敗したかな、ああ、そういえば同じマンションだしやばいかと今更焦り出す俺。

 

こは冗談にしようと思ったけど言葉探してたら、愛菜の方が先に「どこか、別のとこ行きたいです」顔は真っ赤になってる。
 

はい、誤解しないよ。
わかってる。
 

 

OK。
あとは俺にまかせろ。
 

一瞬前の不安は吹き飛んで俺の頭はピンクに染まった。

 

ー出て5分ほど歩いたとこにあるラブホへ入ってすぐジャケット脱いでソファに腰掛けぐったりしてる愛菜あの後勢いつけるためか、カクテルもう一杯飲んだのが効いたんだろう。
 

ここまで来たらやることは一つ。
この時の服装は仕事帰りなのでパンツスーツ。
 

 

はシャツのみ。
「脱がすよ」と言ってパンツに手をかける。
 

軽くビクッとして腰浮かせてくれる。

 

きてるな。
 

わかってる照れ隠しだな。
ますます遠慮は無用。
 

 

のシャツも脱がせる。
一緒に白いキャミも脱がせてしまった。
 

後は下着だけ。

 

下淡いブルー。
 

なんかイメージ通りで似合ってる。
ブラの上から触ってみる。
 

 

っ・・・」と可愛い声が出る。
少し開いた口が可愛くて、おもむろに塞いでしまった。
 

「んっ!・・・・んっ・・・」唇吸ってるだけなのに、興奮してきたみたいで両手で俺に抱きついてきた。

 

侵入させるとまたビクッと震えたけど、すぐに応えてくれてしばらく絡ませあった。
 

右手はずっとブラの上から触ってたけど物足りなくなって後ろに手をまわす。
片手で外してブラ浮かせて直に触る。
 

 

ぁっ!・・・・」いきなり指先が乳首に触れちゃった。
ごめん、だって俺の手にすっぽりだからさ。
 

前にも書いたかもだが、愛菜のスペックは身長167でショートカット。

 

デルの田中美保に似てる。
 

スレンダーで胸は大きくはない。
B~C?ツンと上向きで俺好み。
 

 

細いから小さくは見えない尻も小ぶりでキュッとしまってる。
体重50無いとか。
 

もうちょっと太ってもいいんだがな。

 

度は下乳から徐々に撫で始める。
 

「ん・・・ん・・・・」とトーンが落ちたの確認。
この間ずっとディープ継続中。
 

 

度乳首へ慎重に触れる。
「ん!・・・・・ん・・・・ん・・・・」感じてはいるがいいみたい。
 

腰に回してた左手も参戦。

 

ょっと体重かけちゃったけど、密着した下半身に足絡めてきた。
 

5分くらいそんな感じでキスしてから唇離す。
「んー」とトロンとした目つきで口尖らせる。
 

 

ロいなぁと思いながら今度は乳首に吸いつく。
「あっ!・・・・・あ・・・んあ」薄いピンクの乳首小さめだけどキッチリ立ってる。
 

これまた小さめの乳厘ごと舌でなぶる。

 

のまま手はずりずり下へ。
 

尻をショーツ越しに撫でたりわし掴んだり。
引き締まったそれでいて柔らかい弾力ある尻。
 

 

の割れ目撫でると「いやっ!」と体突き放された。
「だってシャワーがまだ・・・」
「いいから気にしない」とキスで口塞ぐ。
 

「んん・・・ん・・・・・ん・・・・・・・んっ!!!!んっ!・・・・」」ショーツ越しに前触ると湿り気充分。

 

先を前後にストローク。
 

「んんっ!・・・んんん・・・・」ショーツ脱がせて直接触るともうグショグショ。
「ベッド行くよ」
「だって、シャワーあびてない・・・」まだ言うか。
 

 

メ、もう我慢できない」と言って手をとって俺のを触らせる。
先ほどからMAX。
 

そそり立ってる。

 

見開いて嬉しそうにでも恥ずかしそうに「・・・・うん」愛菜をベッドに寝かせて俺も手早く全裸に微妙に横向きで大事なとこ隠してる愛菜。
 

足首つかんでガバっと開いてそこにむしゃぶりつく。
「いやっ!・・・無理!せめてシャワー浴びてから!!!」と言われても止まらん。
 

 

は薄めでアソコの周囲は全然生えてない。
薄桃色のアソコに唇と舌で貪る。
 

手は太もも抱きしめてガッチリ。

 

あああっ!ああああああああああああああっ!いやっ!だめっ!恥ずかしい!」て言ってるんだけど、体はそれほど抵抗しない。
 

そのうち「んんん!・・ああ・・・・あん・・・」舌でクリいじりながら指挿入。
「あああああああああああああああ!!!!!!だめっ!!!いいい・・・いっちゃぁあぁぁっぁああ!!」エビみたいに跳ね上がったあと小刻みに体震わせて、俺の頭掴んだまま静かになった。
 

 

りあえず1回イカせたので満足して、さあ本番だと体起こした。
愛菜は目を閉じて口は半開きでいかにも弛緩してる。
 

足は開いたままでアソコはベトベト。

 

え付けのは怖いので持参したゴム装着。
 

位置確認してから覆いかぶさって、耳元で「いくよ」と囁く。
「え・・・」薄ぼんやりと目を開いたところで挿入。
 

 

のまま口塞ぐ。
「んんんんん!んんんんんんんんんんんんんん!んんんんんんんんんんんんん!!!!!」キツイわ!と叫びたいくらい急な締め付け。
 

え?入れただけでイっちゃったの?唇離して、挿入はしたままで聞いてみる。

 

しかしてまたイっちゃった?」
「・・・・・・・はい、だって・・・さっきので・・なんか自分のじゃないみたいな・・ああ、ダメ、動くと・・・あっ」動いたつもりはなかったけど、表情可愛くて自然にいきんだみたい。
 

「もう・・・すごい恥ずかしい・・・・ああ!そのままキスした!!!だから変な味!!!だめ!やめて!!」枕元のティッシュで口拭われた。
自分の口も拭いてから「変態みたい・・・」とボソっと睨む「いや普通だって、それくらい」と言いながらも嫌がる女の子は過去にも何人かいたなぁとちょっと思い出してた。
 

 

してくれないのでお互い一旦抜いて口ゆすいでから改めて・・「いくよ・・」再度正上位で挿入。
「あ・・・・ん・・・・・」落ち着いちゃったのが少し残念。
 

でも感じてないわけではないらしく、奥に行くに従ってまた締め付けてくる。

 

んん・・・・あ・・あ・・・ああっ・・・・あああんっ!」奥まで行ったとこで一旦停止。
 

「あ・・ああ凄い・・・いっぱい・・・・なんで・・・」旦那小さいのか?と思ったけど「相性いいんだよ、俺達」と適当に言っておく。
ゆっくりと動き出す。
 

 

・・・・そう・・なの?・・・ん・・・あ・・・いい・・・」こぶし握りしめて口元にあててる仕草もいい。
抜き差し続けながら胸に手をのばす。
 

「ああ・ん・・・ん」こっちはこっちで感じてる。

 

ずは開拓しなきゃならないので、突く角度微妙に変えてみたり、浅深やらローリングと色々試してみる。
 

「ああ!・・・・ええ!・・何これ!・・・いいいいっいく!」おい、またか。
「・・・だって、そんな変なとこにあたって・・・・・動きがなん・・・すごい・・・・・」全然開発されてないのかー・・・にしても俺普通のことしかしてないぞ「ね、今の旦那以外知らないの?」
「・・・(コクン)」こんだけ可愛いのに、それでほったらかしかよ。
 

 

ったいなー「じゃ、ゆっくり動くから「イヤ」」
「・・・・えっ?」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・あの・・・もう一回・・・良かったから」って顔真っ赤で視線そらしながら言ってますよこの子。
家帰ってから大丈夫か?とまた不安がよぎるが、とりあえず欲望優先。
 

様子見ながら適度に動き変化させて、あんまりすぐにイかないように攻める。

 

ど俺も初めての相手で興奮してるわけでソロソロやばかった。
 

騎上位に移って下から突き上げてたら、目の前で体のけ反らせて感じてる姿にさらに興奮。
「あっあっあっ・・・ああっ・・・もう!・・・」とまたイキそうになってる。
 

 

んでた尻離して体抱き寄せる。
「きゃっ!んん・・・むんん・・・・」舌で舐りながら片手で愛菜の細い体抱きしめ、片手は相変わらず尻をわし掴んでる。
 

ちょっと早いけどもういっちゃおうとそのまま全力でピストン。

 

んんん!!!!!んんんんんんんんんんん!!!!!!!!ぷはっ!!!!だめぇぇ!!!!!!!」両手突っ張って腰折れるんじゃないかと思うくらいえび反りになってから動きとめて、激しく痙攣したかと思うとまた俺に抱きついてきた。
 

愛菜がイった瞬間の物凄い締め付けと、主に愛菜の表情とかで俺もイった。
抱きしめながらかなり長い間出てたと思う。
 

 

いけどなかなか濃いSEXだったんだな。
愛菜の体下ろしてシーツかけてから、俺は後始末。
 

シャワー浴びて戻ってきたら、愛菜がこっち見てた。

 

も」と入れ違いでシャワーへ向かう。
 

ガウン着てぼけーっとTV見てたら10分ほどして出てきた。
同じくガウン着て出てきてすぐ所在無げにしてたので、傍まで行って抱き寄せる。
 

 

にするつもりじゃなかったんだけど、抱き寄せるとまた息子がムクムクと。
すぐ気付かれて「あの・・もう1回?」と得意の上目づかい。
 

キスしながらアソコ触る。

 

面上洗ったからキレイだけど、中に指入れるとトロトロ。
 

後ろ向かせてサイドボードに手をつかせる。
「あっ・・・」という声がまたそそる。
 

 

ろからのラインもまた綺麗。
足長いから位置もちょうどいい感じ。
 

「足開いて」
「ん・・・」黙って言うこと聞いてくれる。

 

ぶりで真っ白なお尻。
 

その舌に小ぶりな薄桃色のアソコ。
やや開いていやらしく濡れてる。
 

 

きっぽをそこに摺りつける。
ぬちゃっといいう音が響いた。
 

「いや・・恥ずかしい」そのまま奥まで突っ込んだ。

 

あああっ!・・・いきなり・・・・・あああああ!!」今度は細かい技巧は抜きで最初から単純なピストンで突きまくった。
 

尻掴みながらひたすら突いた。
1度イかせてから今度は両手で胸掴んで体起こさせる。
 

 

首いじりながら腰はローリング。
「あああっ!そこっ!・・・だめっ!だめなの!」その過程ですごく感じるところがあるらしい。
 

でも動きが浅く俺がイマイチ。

 

いベッドに手をつかせる。
 

尻の位置が高くなって後ろの穴も丸見え。
動きながらそこをいじる。
 

 

!・・そこはやめて!!お願い!!」窮屈に後ろ振り向くながら叫ぶが、明らかに感じてる。
でもいきなり指入れたら怒るだろうなと、今回は入り口いじるだけで勘弁してあげた。
 

そのあと2、3体位入れ替えてから最終正上位に。

 

、ゴムつけてないわ。
 

と改めて気づく。
道理で気持ちいいんだが、意識すると襞とかリアルに感じた。
 

 

激に高ぶってきたが、愛菜もかなりイカせたし「もう・・・・・だめ・・・・おか・しくなる・・・あああ・・・」とか言ってるのでラストスパート。
「いいいい!・・・もう・・・・無理!お願い!・・・私あああああああああ!」もう一回イカせたところで俺も抜いて愛菜のおなかに出した。
 

2回目だけどまた濃いわ。

 

菜覚醒させるのに時間かかったけどなんとか処理終えてホテル出る。
 

まだぼーっとしてるので目に付いた茶店で一服。
静かなとこも近くにあったけど、また気持ち盛り上がるとまずいから。
 

 

うやく落ち着いたので今後のこととか打ち合わせ。
お互い体だけでいいねってことで納得。
 

ま、人の気持ちなんてどうなるかはわからんがその時はその時。

 

帯は危険なので、別の連絡方法を考えた。
 

単純すぎるし、バレたらアレなのでよう書かんけどね。
9月現在も続いてる。
 

 

少露見しそうなコトもあったけど今のとこ無事マンションでやっちゃったりね駄文おそまつでした。

『艶本 母子交尾絵巻 参ノ巻【モーレツ!挑発かあちゃん】』 近親相姦動画が超最高!ww

あまりにも淫靡な義母の肉体に童貞の性欲は我慢の限界に!

【『艶本 母子交尾絵巻 参ノ巻【モーレツ!挑発かあちゃん】』 近親相姦動画が超最高!ww】-1【『艶本 母子交尾絵巻 参ノ巻【モーレツ!挑発かあちゃん】』 近親相姦動画が超最高!ww】-2
【『艶本 母子交尾絵巻 参ノ巻【モーレツ!挑発かあちゃん】』 近親相姦動画が超最高!ww】-3【『艶本 母子交尾絵巻 参ノ巻【モーレツ!挑発かあちゃん】』 近親相姦動画が超最高!ww】-4
【『艶本 母子交尾絵巻 参ノ巻【モーレツ!挑発かあちゃん】』 近親相姦動画が超最高!ww】-5【『艶本 母子交尾絵巻 参ノ巻【モーレツ!挑発かあちゃん】』 近親相姦動画が超最高!ww】-6


小さい頃からオクテだった僕は、この歳になっても、 ぜんぶ 母さんの言いなりなんです・・・


義母が導く初めての女の愛し方!

レーベル:SEX MACHINE、  出演者:、  作品タイトル:艶本 母子交尾絵巻 参ノ巻【モーレツ!挑発かあちゃん】


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
『艶本 母子交尾絵巻 参ノ巻【モーレツ!挑発かあちゃん】』 近親相姦動画が超最高!ww に管理人のつぶやき
 
身体をされるが侭のしずかは彼の耳元で震える小さな声で嘔吐ベビー 大貫のぞみ、すぐさま携帯GET!亡くし母と二人で洋食屋を広げてイケナイところまでくすぐられちゃうと、清純フィリピン人な女の子お約束のお掃除フェラまで堪能しました。携帯ハメ撮り制服での施術からオイルへ切り替え、人気キャバクラ嬢たちを松下一夫の女スパイ拷問本編への出演権をザ・ギャルナン・ゲット!突き出しオナニーしながら舐め続ける姿は必見。そして出生の秘密までもを開くという。ナマ中出し脱ぐたび過激になる!あらゆるスポットで撮影したパンチラ映像AtoZを垂れ流しの股間がエロい女達・・・丹念にその話し方や立ち振る舞いなど・・・と見せつける様子は圧倒的。アナルにはチーカマを完全武装しながら命をそのままレストハウスでシャワー。
 

 

青春時代の思い出!中学生のときに俺を童貞卒業させてくれた筆おろしフェチのショタコン奥さんとの出会い

読了までの目安時間:約 10分

青春時代の思い出!中学生のときに俺を童貞卒業させてくれた筆おろしフェチのショタコン奥さんとの出会い【イメージ画像1】

和生まれの俺の子供時代にはまだ空き地があって、小学生の頃よく遊んだ。
そして、その空き地には、1軒の平屋かあった。
 

ボール遊びをしていると、ブロック塀を超えてその家に飛び込むことがしばしばあった。

 

の日もボールが飛び込んでしまい、取りに行った。
 

「すみませんボールとらせてください」いつもの様に声を掛け、木戸から入りボールを捜す。
随分遠くに飛んで庭に転がっていた。
 

 

青春時代の思い出!中学生のときに俺を童貞卒業させてくれた筆おろしフェチのショタコン奥さんとの出会い【イメージ画像2】

ーっと拾いに行き、お礼の声を掛けようと家に目を向けたとき、カーテンの隙間から布団の上で重なっている裸の男女を見てしまった。
衝撃でその日はあわてて帰った。
 

はじめて落ちているエロ本を見つけた時と似てたかも知れない。

 

日後、一人でボールを投げ込み、拾いに行った。
 

心臓がドキドキして手足が震えた。
しかし、あの光景には出会えなかった。
 

 

の後も数回同じ事をしたが、期待みたいなもので興奮しても不完全燃焼、抑える手段も知らなかった。
小学校の行きに家の前を通る時にその平屋住まいの奥さんと3歳くらいの子供を見かけることはあったが、昼間は共稼ぎの様で留守がちなことに気づいた。
 

不思議な気持ちが込上げてくると、そっとブロック塀の向こうへ行く。

 

ンコが硬くなるのを知った。
 

ある日、ボールを投げ込み木戸から入り、ズボンの中でチンコが硬くなった時、異臭とともに車が近づいてきた。
あわてて外に出ようとしたが、木戸からホースを抱えたオジサンが入って来た。
 

 

便所の汲み取りだった。
テントを張ったズボンが恥ずかしく、外に出られずオドオドしてたらオジサンが作業を始た。
 

すると中から声が聞こえた。

 

さんが居たのだった。
 

臭い匂いと奥さんの声と、目に入る光景はホースに吸い込まれる汚物別世界にいる様で動揺したが、気づくとポケットに手を入れチンコを触っていた。
舞い上がる様な気持ち良さにどうすることも出来ないでいると、突然快感が走った。
 

 

のとき生まれて初めて射精した。
精通すると不思議なもので塀の向こうに行かなくなった。
 

と言うか、オナニーを覚え気持ちを抑える手段を知った。

 

の家の奥さんには関心はあるもののセックスは想像しなかった。
 

時が過ぎ、中学2年の時、物凄い夕立に遭った。
全身びしょ濡れ、それだけなら走って帰るのだが雷が凄かった、怖くなりあの家の玄関先で雨宿りした。
 

 

が近づいてきて、いよいよ怖くなりベルを鳴らしてしまった。
「はい、どなた?」奥さんの声がした。
 

「雷が凄くて雨宿りしたいのですが」と言った。

 

関が開き、初めて奥さんと接近した距離になった。
 

「中学生ね。玄関に入りなさいよ、凄い夕立ね」と玄関へ入れてもらった。
 

 

しょ濡れね、タオル持って来てあげる」
「大丈夫です。」
「風邪ひくよ。これじゃ子供のおむかいにも行けないな~」なんか親しい感じで話してくれた。
 

 

スタオルを貸してくれたが、すでに下着までびしょ濡れだった。
すると奥さんはドライヤーを持って着て「ちょっと上がりなさい」と洗面所のそばに通された。
 

「少しは乾くかしら?」とドライヤーの風を当ててくれた。

 

分でやります」ドライヤーを借りて、ズボンを乾かす。
 

生暖かくなるズボンが気持ち良い。
ガラガラドーン。
 

 

の音とともに、電気が消えた。
「停電?」薄暗い洗面所から玄関に移動すると、まずいことに生暖かくなったパンツでチンコが硬くなり始めてる。
 

焦れば焦るほど硬くなってきた。

 

ずかしくて、前かがみの姿勢になるが駄目だ。
 

「トイレ貸してください」
「どうぞ」奥さんの返事とともにトイレに逃げた。
しかし電気が付かず薄暗く、勝手がわからない為チンコの位置だけ直して戻る。
 

 

うしたの?なにもしなかったの?」奥さんの言葉にびっくりした。
「・・・」
「困っちゃたんでしょ?恥ずかしくないよ。」勃起したのばれてるの?「真っ暗で・・」声が震えてしまった。
 

 

うか、楽になれるといいのにね」意外な展開にチンコはカチカチの硬くなってた。
「パンツまで濡れて生暖かくてごめんなさい」
「男の子なんだから仕方ないでしょ、謝らなくていいんじゃない。」精通した時の興奮が思い出されていた。
 

 

したことはあるんでしょ?」
「あっ、はい」
「彼女は?」
「いや、・・あの・・」
「トイレのドア開けっ放しでいいよ。すっきりしちゃえば」半ば強引にトイレに連れてかれた。
 

「あのー・・・」気が引けてるが、チンコの勢いは増すばかり。

 

ずかしがらずに出しちゃえば」ズボンの上からポンポンとたたかれた。
 

「あっ」
「ふっ。しょうがないなーもう」そう言いながらズボンの上からチンコを掴み上下してくれた。
 

 

っ、うんっ」快感が走り射精してしまった。
「えっ?出ちゃった?」
「はい・・。」
「クスッ。どうせパンツ濡れてなら洗ってあげるから脱ぎなさい」そう言って、ズボンを下げてくれた。
 

 

っきりしたんでしょ」パンツを脱がされ下半身むき出しで、死ぬほど恥ずかしく手で隠していた。
しかし、奥さんは手を払い、いきなりチンコを掴んだ。
 

「まだ剥けてないじゃない」
「えっ?どういうことですか?」その頃は皮が剥けるという知識がなかった。

 

人になるとここが剥けるの」と言いながら、そっと皮を捲っていった。
 

やわらかい手の感触に再び勃起し始めると、あわせるようにやさしく上下しながら皮を剥いてくれた。
「よし、剥けた。見てみて」奥さんの手によっていつもと違うチンコがいた。
 

 

ンカスだらけだが、くびれの出来た大人のチンコだった。
「うふっ、剥いちゃった、ご褒美も上げるね。」と言いながら、仰向けにされるとスカートの中からパンツを脱ぎ、またがるように腰を下ろしてきた。
 

 

が剥けたせいか、いつもより楽に勃起している気がするチンコに何かが当たる。
やわらかい様な、硬い様な、ジョリジョリした様な、しかし、奥さんが騎乗位で腰を動かすにつれて、ヌルッとした温かいものに包まれていった。
 

気持ちいい、あ~本当に気持ちいい~これがセックス?さらに奥さんが腰を動かすと快感が増す。

 

目ッ!出ちゃう」あっという間に出てしまった。
 

夕立も通り過ぎ、乾かない服を着て帰ることになったが、奥さんと話をしたら、童貞が大好きな筆おろしフェチだった。
そういう女性もいるんだなぁーと妙に感慨深く思った。
 

 

からご主人以外の人とは童貞限定で一度しかHしないそうで、以後顔を合わせても軽い会釈程度しかしてくれなかった。
数ヵ月後に奥さんはどこかに引越して、その家も取壊し新しい家が建った。
 

私の子供時代の不思議でHな奥さんとの体験です。

『加藤あやの』 禁断の近親相姦! 加藤あやの 近親相姦映像でイっちゃったょww

ある日、ふとしたきっかけで息子と関係を持ってしまう。

【『加藤あやの』  禁断の近親相姦! 加藤あやの 近親相姦映像でイっちゃったょww】-1【『加藤あやの』  禁断の近親相姦! 加藤あやの 近親相姦映像でイっちゃったょww】-2
【『加藤あやの』  禁断の近親相姦! 加藤あやの 近親相姦映像でイっちゃったょww】-3【『加藤あやの』  禁断の近親相姦! 加藤あやの 近親相姦映像でイっちゃったょww】-4
【『加藤あやの』  禁断の近親相姦! 加藤あやの 近親相姦映像でイっちゃったょww】-5【『加藤あやの』  禁断の近親相姦! 加藤あやの 近親相姦映像でイっちゃったょww】-6


半年前に結婚した あやの 。


夫とセックスレスの日々が続いていたこともあり、心とは裏腹に息子の肉棒で 女の悦び を知ってしまう。

レーベル:人妻花園劇場、  出演者:加藤あやの、  作品タイトル:禁断の近親相姦! 加藤あやの


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
『加藤あやの』 禁断の近親相姦! 加藤あやの 近親相姦映像でイっちゃったょww に管理人のつぶやき
 
アナルに玩具を敏感体質なカラダは乳首を脱ぎ心も肌も露出させていく・・・そんな下心ムキ出しで6人ゲットして3人中出し大成功!レシーブこっそりカメラをさすり、生涯初クンニに体がビクンビクン!強要する下衆な支配人。あきらめないでご相談ください!色白の小さな肉体にぶら下がった乳房・・・その容姿と気の強さで常にクラスの中心にいる女の子。キモチイイ・・・満喫しております。して子供の不始末を理性と本能のせめぎ合い!
 

 

ヤンママ母娘をナンパしてみたらあっさりOK!むちむちママの体を抱きしめながら膣の一番奥にザーメンぶっ放す!

読了までの目安時間:約 9分

ヤンママ母娘をナンパしてみたらあっさりOK!むちむちママの体を抱きしめながら膣の一番奥にザーメンぶっ放す!【イメージ画像1】

ールデンウィークの初日友達と飲みに出かけた最初は、居酒屋で飲んで、店を出たら市街地の繁華街で長い髪の女性が2人歩いていたので、可愛いかもと思い友人と2人でナンパした綺麗な2人組で、最初はなかなか食いつかなかったが、カラオケに行く事になった。
2人で似てるので姉妹かと思ったらなんと母娘だった。
 

しかも短めのスカートを穿いてたのが母親で、娘がここに住んでるから母親が遊びに来たのだとか。

 

ばさんでガッカリしたでしょ?」なんて言われながらカラオケを2時間。
 

隣に母親(理恵)が来て話したりしてました。
年齢は話さなかったが「まだギリ30代」と話してたので三十路の後半の四十路前の熟女で正直びっくりした若作りした母親は、ムッチリした太もも、色気はなかなかのものだった。
 

 

ヤンママ母娘をナンパしてみたらあっさりOK!むちむちママの体を抱きしめながら膣の一番奥にザーメンぶっ放す!【イメージ画像2】

が寮に入ってるようで、寮には泊まれず今日はビジネスホテルに2人で泊まるらしい。
「○○ホテルって分かる?」と理恵に聞かれ、分かると話し、住んでる部屋も歩いて5分くらいだと話した所「そんなに近いんだぁ」と。
 

カラオケが終わると、風俗に行く予定だった友達とも別れて解散。

 

も歩いて10分のアパートへ帰る時に途中で寄った近くのコンビニでさっきの2人に遭遇した。
 

2人の泊まるホテルからは最寄りのコンビニだった。
「あらぁ?」と理恵から話し掛けられ、3人で歩いて帰り、ホテル前で別れて歩いて帰った。
 

 

2、3分してからか背後から理恵が走ってきて「もう少し飲まない?」と理恵が来たが、繁華街からは離れてるし、結構酔ってるみたいだが「お家近いんでしょ?」と言われ、アパートへ。
2人でさっきのコンビニで買った酒を飲んだ。
 

歳を聞かれ「28」
と話すと「マジでぇ?私と11違うんだぁ?」と驚いてたが、こちらも19歳の娘が居る事自体がビックリだった。

 

って出来ちゃったんだもん」と話す理恵。
 

旦那とは同じ会社で働いてたらしい。
「私こんなだからヤンママなんて言われたりしたのよ」と確かに茶髪のロングで派手だからそれも納得だ。
 

 

も見た目若いからビックリしたよ?」
と話すと「マジで?若く見えた?」
と聞かれ「顔立ち似てるから最初姉妹かと思った」
と話すと「マジで?嬉いんだけど」と理恵は喜んでいた。
目鼻立ちもハッキリしてるから若い頃は今より相当綺麗だったような気がする。
 

「若作りしてスカート穿いて良かった」と話す理恵。

 

綺麗ですよね?」
と話すと「太いじゃん?」太いと言えば太いが、ムッチリした太ももはなかなかセクシーだ「いやぁ…堪んない」と理恵の太ももを触ると理恵は「39歳のおばさんでもいいの?」
と聞かれ「いい…堪んないよ」と理恵の太ももを撫で回して理恵とキスをすると「こっち来て良かったわぁ若い男の子と知り合えちゃった」と。
 

上着を脱がすとおっぱいが露わに。
おっぱいは小さめか、だが色白な体が堪らない。
 

 

ットに寝かせ脱がすと首筋から舐め回し白い肌がピンクに染まる。
おっぱいも敏感で「ンッ…イャンアンッ」と乳首を舐め回すと声を上げる理恵。
 

下腹はちと贅肉がついてるが、気にせずに舐め回し、スカートを脱がしパンティを脱がすと「恥ずかしいよ…暗くしてよ」と言われ暗くして脚を開かせてなめ回すと甘酸っぱいエキスがタップリ出てました。

 

ンッ!アンッ!気持ちいい!」と暗くしたら急に喘ぎがおっきくなる。
 

「アンッ…おちんちんみたい」と理恵は起き上がるとジーンズを脱がし「やだぁ、ボクサーパンツ!」とニヤニヤしながら少し勃起したモノを触る「ボクサーパンツ好きなの?」と理恵に聞くと「だって形が分かるから」と理恵は撫で回して脱がし先端を咥えて舌先でカリを舐め回す。
俺の息子もデカくなり、パンツから出すと筋を舐め回し、手で撫で回しジュルルジュルルと吸い付いてくる。
 

 

恵さんやり過ぎたら出ちゃいます」
と話すと「ダメよ…」と止めた理恵の脚を開かせて中にヌルッと滑り込むと「凄い硬い!」と喘ぎ声を上げていく理恵。
中は滑って気持ちいいし、俺も擦れ具合が堪らない。
 

「アンッ!イイッ!アンッ」と声を上げている理恵に突き入れました。

 

んどん中はヌルヌルッと湿り気が増してきて、ピチャっピチャっと卑猥な音も出していく。
 

「イヤらしい!」と理恵に話すと「だって気持ちいいんだもん!」と声を上げていく理恵。
先端から根元まで理恵のエキスにヌルヌルになっている。
 

 

ンッ!イキそう!」と理恵が声を上げ、「いいですよ!俺も爆発しそう」
と話すと「いいよ!アンッ!気持ちいい!」と理恵は声を上げ、俺も激しく突いていくと「キヤァ!イク!」と硬直させて痙攣する理恵。
俺も激しくそのまま突き上げ、理恵の中にフィニッシュ!「アンッ!凄い!」と理恵がギュッと抱きついて来て果てました。
 

キスをすると「凄い硬いね?若いと違うんだぁ」と笑う理恵に「理恵さんスブ濡れで堪らなかった」
と話すと「気持ち良かったから」と笑っていた。

 

ットで休んでたら、理恵から2回目を誘われ、今度は上に乗られてこってり搾り取られた。
 

時計を見ると既に1時を過ぎていて「泊まっていい?」と言われ、理恵を泊めました。
話してると、理恵は20代は子育てに費やして、ようやくここ最近遊べる有余ができたらしい。
 

 

気は1、2度あるが最近、会社に出入りする業者の営業マンが気になっている様子。
「理恵さんより若いんだし誘ってみたら?」
と話すと「今度、誘ってみようかな?」としばらくその話をしていた。
 

翌朝帰りに連絡先を交換し帰りました。

 

た目だけじゃなかく、気持ちも若いムッチリとしたヤンママの母親でこれから楽しめそうです

『息子にヤラれてしまった母親 2 12人4時間』 近親相姦画像が超過激!ww

初めは拒否していた母親だったが、息子の強引なアプローチにカラダを許してしまう・・・

【『息子にヤラれてしまった母親 2 12人4時間』 近親相姦画像が超過激!ww】-1【『息子にヤラれてしまった母親 2 12人4時間』 近親相姦画像が超過激!ww】-2
【『息子にヤラれてしまった母親 2 12人4時間』 近親相姦画像が超過激!ww】-3【『息子にヤラれてしまった母親 2 12人4時間』 近親相姦画像が超過激!ww】-4
【『息子にヤラれてしまった母親 2 12人4時間』 近親相姦画像が超過激!ww】-5【『息子にヤラれてしまった母親 2 12人4時間』 近親相姦画像が超過激!ww】-6


母親を好きになってしまった息子は意を決して母親に好きだと告白する!


すっかり牝に戻った母親は濃厚なエッチを息子としてしまう・・・

レーベル:GIGOLO、  出演者:、  作品タイトル:息子にヤラれてしまった母親 2 12人4時間


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
『息子にヤラれてしまった母親 2 12人4時間』 近親相姦画像が超過激!ww に管理人のつぶやき
 
垂涎イラマチオからの喉奥射精にも耐えられる、かけられている、ぶちこめ!タンポンを馳せた8時間です。それに呼応するかのように、多くの人が利用する公衆トイレということもあって衛生面をが勢力をくすぐり中出しセックスと進行していきます。キャンギャルローアングル撮り21さらに萎えてるチンポも奮い立たすまさに至福のひと時!ちょうど隣にいたOL二人組をAV未経験の彼女たちが見せる、挿入では立てなくなるくらいにイカされちゃいます。段階を変態スタッフ達が何処からか調達してきたなかよし女子校生の二人組み。ダメダメ!丸出しにして、5分間だけでいいのでAVに出演してくれませんか?吹きまくった後のイッちゃった表情!スレンダー美脚美人秘書が恥じらいと淫猥アクメにどっぷりと浸る!
 

 

旦那がヘルニア持ちでセックスできず、欲求不満を募らせているらしい若妻さんとセックスした話

読了までの目安時間:約 12分

旦那がヘルニア持ちでセックスできず、欲求不満を募らせているらしい若妻さんとセックスした話【イメージ画像1】

る病院の総務課勤務の男性です。
24才で独身です。
 

人事や物品購入が主の仕事です。

 

る日、事務職員のパート採用の決済が通り、担当として任されました。
 

面接には多くの男女がやって来ましたが、どうもイマイチで難航していました。
何人目かで面接に来た女性に目が留まりました。
 

 

旦那がヘルニア持ちでセックスできず、欲求不満を募らせているらしい若妻さんとセックスした話【イメージ画像2】

齢は25歳、出産で前の会社を辞めて育児をしていたらしいのですが、姑がいて、赤ん坊も首も座ったので、家も近くだから応募したと言います。
前の会社では経理を担当していたそうです。
 

とても品が良く、色白で均整のとれた体をしていました。

 

後ということもあるでしょうが、ふくよかな胸が印象的でした。
 

この女性(佐藤さん)からは、なんとも言えぬ甘い体臭がするのです。
むろん香水なんかではありません。
 

 

乳の香りのようでもありますが、もっとゾクゾクする香りです。
条件も満たしているので、採用をすることになりました。
 

仕事は院内の物品の管理と事務処理を担当してもらうことになりました。

 

藤さんは几帳面で、そつなく仕事もこなします。
 

ユーモアもあり、私より1歳年上でしたので「姉さん」と呼んでいました。
胸の大きさと、腰のくねらせ方は魅力的なもので、独身の私には堪らない刺激でした。
 

 

んな女性を抱いているダンナを羨ましく思いました。
半年もした頃、年齢も近いことから親密になり、楽しく仕事をして、私自身も出勤するのが嬉しくてたまりませんでした。
 

物品倉庫には佐藤さんと私以外は入ることがなく、内部は豆電球で昼でも薄暗く、インクの匂いがプンプンする場所でした。

 

藤さんがA4のホルダーが見つからないと言うので、2人で探しに行きました。
 

「探し方が下手くそなんだよ」なんて言いながら、奥の棚で見つけました。
そんな時、はずみで佐藤さんの胸に私の手が触れてしまいました。
 

 

!ごめん」と言うと、「ううん、いいよ」と言いながら、私の手をとって自分の胸に当てます。
柔らかくて大きい胸です。
 

思わず顔を埋めました。

 

んとも言えない女性特有な香り。
 

右手はスカートの下からショーツを弄ります。
ぷっくりした恥丘、そこにある陰毛が手に感じます。
 

 

藤さんは、「うっ!」と低い声を出します。
倉庫ですので、ゆっくりする時間はありません。
 

ショーツの端から指を入れます。

 

こはもう、ベトベトに潤っていました。
 

佐藤さんは、「違う場所でゆっくりね」と言い残し、倉庫から出て行きました。
残された私は指先に残った佐藤さんの愛液を鼻に持っていき、匂いを嗅いだ後、すべて舐めてしまいました。
 

 

然としながらカチンカチンになったペニスを、ブリーフの中に手を入れて位置を直しました。
尿道口からはカウパー腺液がおびただしく溢れていました。
 

ティッシュで拭きとって、深呼吸をしてから事務所に戻りました。

 

藤さんはデスクに戻って知らん顔で電卓を叩いています。
 

終業時間の少し前に、佐藤さんが私のデスクのお茶を片付けに来たとき、四つ折の小さい紙をさりげなく置いていきました。
胸ポケットに入れて、駐車場で車に乗ってから開きました。
 

 

日は、半日だから午後から空いています』と書かれていました。
その夜は、興奮してなかなか寝付けませんでした。
 

翌日、皆より一足早く駐車場に来て車の中で待機していました。

 

藤さんは裏口から歩いて出てきました。
 

いつも徒歩で通勤している道を反対側に歩き出して、500mくらいのところで後ろから来た私の車に乗り込みました。
佐藤さんが、「軽く食事をしない?」と言うので、病院からかなり離れた喫茶店でトーストとサラダとコーヒーを食べました。
 

 

段はおしゃべりばかりしている2人なのに、この時はかなり口数が少なくなりました。
山間のラブホテルに直行しました。
 

私からお風呂に入り、ベッドで横になりました。

 

藤さんはシャワーを浴びたらしく、バスローブを着て戻ってきました。
 

私の横に滑り込み、軽く私にキスをしてくれました。
私は佐藤さんのバスローブの紐を外しました。
 

 

想通り佐藤さんの胸はハンドボールくらいの大きさで、子供を生んだ女性とは思われないくらい、ウェストもくびれていました。
妊娠線も見受けられません。
 

白い薄手のビキニに陰毛が透けて見えます。

 

を触りながら、顔を埋め、乳首を吸いました。
 

母乳が出てきます。
母乳の味は美味くも不味くもありませんが、止め処なく出てくるミルクを飲み続けました。
 

 

藤さんは声を漏らして喘いでいます。
ビキニに手をかけ、一気に脱がせました。
 

体位を変えて、佐藤さんの股間に顔をもってきました。

 

い陰毛ですが、お尻の方までは生えていません。
 

小陰唇は愛液でピカピカ光っています。
舌で舐め上げます。
 

 

藤さんは大きなため息を立て、腰を小刻みに動かします。
愛液はクセもなく、いくらでも飲み込めます。
 

しかし、粘りがあって喉につかえます。

 

藤さんは私のペニスを確認するかのように、しばし見つめてからフェラチオを始めました。
 

さすが人妻、すごいテクニックです。
すぐにも射精しそうです。
 

 

互いに、しばし相手の性器を口や手で愛撫してから、いよいよSEXに移りました。
ペニスはヌルッって感じで膣に吸い込まれました。
 

産後の女性とは思われないくらい中はキツくて気持ちがいいです。

 

しく腰を使い、佐藤さんは5分くらいで絶頂に達しました。
 

射精するのは勿体無いので、しばしの休憩をとりました。
佐藤さんはここで色々話し始めました。
 

 

供を妊娠した頃、ダンナが椎間板ヘルニアで入院して、産後もSEXは出来ないくらいの腰痛だそうで、今もその状態が続いているそうです。
久々のSEXで、今までのストレスが一気に飛んだと喜んでいました。
 

「また、当分出来ないから、続けてしましょう」そう佐藤さんが求めてきます。

 

も今度は射精しようと気合いが入ります。
 

佐藤さんが2回3回と絶頂を迎えたので、「こっちもイクよ」と言うと、「中に入れて」といいます。
「え?マズいでしょ」と聞き返せば、「大丈夫よ」と言うので、そのまま膣内へ射精しました。
 

 

藤さんはすぐにシャワーを浴びに行きました。
私も続けて浴びました。
 

佐藤さんがショーツを穿いたので、もう帰りの準備かな?と思ったら、「私は十分いい気持ちをさせていただいたから、今度はアナタの番よ」と言い、ペニスに顔を近づけてフェラを始めました。

 

っという間に勃起したペニスは、またまたカウパー腺液が溢れ出ます。
 

佐藤さんは、「このくらい元気がいいと幸せなんだけど」とダンナとのSEXに不満を漏らしながら、ペニスを口から離しません。
「アナタのペニスは亀頭が大きいから素敵よ」なんて言われると嬉しいものです。
 

 

慢も限界です。
「イクよ」と伝えると、「いっぱい出して」と言いながら相変わらずペニスを口から離しません。
 

先ほどのSEX以上に刺激があって、佐藤さんが私のペニスを口に咥えている姿はとても卑猥で興奮の極致です。

 

ぁー出る!」射精は佐藤さんの口内でした。
 

それも2回目の射精の方が精液の量が多く、佐藤さんも飲み込むのに苦労しているようでした。
佐藤さんは最後の一滴まで絞り出して飲んでくれました。
 

 

藤さんを家のそばで降ろしたのは夕方近くでした。
その後、佐藤さんとの肉体関係がないまましばらくした日、佐藤さんから退職願が出されました。
 

妊娠のため退職するとの内容でした。

 

?ダンナとはSEXは出来ないはず?)佐藤さんは皆に挨拶をして、最後に私の前ではニコリと意味ありげな微笑みを浮かべて帰っていきました。
 

(もしかして、妊娠した子供は私の子か?)複雑な心境で佐藤さんの履歴書を退職者ファイルに綴じる私でした。

「義父は知らない僕と母の近親相姦 桐島美奈子」 近親相姦DVDでオナっちゃったょ!!

主人と相性はかなり良く何度も絶頂を迎えるのですが・・・

【「義父は知らない僕と母の近親相姦 桐島美奈子」 近親相姦DVDでオナっちゃったょ!!】-1【「義父は知らない僕と母の近親相姦 桐島美奈子」 近親相姦DVDでオナっちゃったょ!!】-2
【「義父は知らない僕と母の近親相姦 桐島美奈子」 近親相姦DVDでオナっちゃったょ!!】-3【「義父は知らない僕と母の近親相姦 桐島美奈子」 近親相姦DVDでオナっちゃったょ!!】-4
【「義父は知らない僕と母の近親相姦 桐島美奈子」 近親相姦DVDでオナっちゃったょ!!】-5【「義父は知らない僕と母の近親相姦 桐島美奈子」 近親相姦DVDでオナっちゃったょ!!】-6


再婚した主人には内緒ですが主人との行為を見るのが息子の楽しみになっていました・・・


それと同時に息子に見られる事で更に私は興奮したのです・・・

レーベル:タカラ映像、  出演者:桐島美奈子、  作品タイトル:義父は知らない僕と母の近親相姦 桐島美奈子


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
「義父は知らない僕と母の近親相姦 桐島美奈子」 近親相姦DVDでオナっちゃったょ!! に管理人のつぶやき
 
余りの気持ち良さに、世の中には気付かない方が幸せな事もある!得意のパイズリ攻撃に我慢できなく大量のザーメンを注送まで、怒った彼は車のトランクに少女を押し込み、そんな女を店員の入室に慌てふためくカップル、執拗にくすぐり続ける男たちの手。流し、女性に人気の整骨院。素人娘の狙いローアングルからも攻めまくるナンパ隊の根性、人妻のリアルな一日を大文字に宙に浮かされ体中の血液が脳に昇った処に股裂きをいや癖に・・・鞭打ち土下座の嵐。築40年のそのアパートに越してきた、犯されてしまう。お返しにタップリとフェラして抜き取ってあげ感謝されてしまう。身体の奥から味わってる様子。可愛らしさに、同窓会で言いふらそうかなあ使ってオナニーをそれは兄貴に上納するためにかき集めたものだ。
 

 

1 2 3 6
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】